最終更新日:2018/03/18


Lycoperdon caudatum J. Schröt.[MB#219073]

<和名・学名とその根拠資料>
※本ページには以下の和名・学名をまとめています

Lycoperdon caudatum【MycoBank現行学名】
アラゲホコリタケモドキ【日本産きのこ目録2016】→Lycoperdon caudatum

【国内掲載サイト一覧】
Wild Mushrooms From Tokyo (1)(2)
[個人・団体]
きのこワールド (1)
[個人・団体]
ドキッときのこ (1)
[個人・団体]
中標津で見つけた植物 (1)
[個人・団体]
北海道のきのこ (1)
[個人・団体]
地上生きのこ図鑑 (1)
[個人・団体]
気分はき・の・こ (1)
[個人・団体]
遊々きのこ (1)
[個人・団体]
【海外掲載サイト一覧】
Atlas grzybów Polski (1)
[個人・団体][ポーランド語]

(関連論文)

今のところありません。

Lycoperdon americanum1 – 【Lycoperdon bispinosum5(フタトゲホコリタケ)】 – 【Lycoperdon caudatum10(アラゲホコリタケモドキ)】 – 【Lycoperdon compactum1(ヤケアトホコリタケ)】 – 【Lycoperdon curtisii4(ヒダホコリタケ)】 – 【Lycoperdon decipiens2(タカネホコリタケ)】 – 【Lycoperdon echinatum34(アラゲホコリタケ)】 – 【Lycoperdon ericaeum6(ヒタチノスナジホコリタケ)】 – Lycoperdon flavotinctum2Lycoperdon floccosum1Lycoperdon frigidum1Lycoperdon glabrescens1 – 【Lycoperdon henningsii1(コメツブホコリタケ)】 – Lycoperdon lambinonii2 – 【Lycoperdon lividum39(キホコリタケ)】 – 【Lycoperdon mammiforme15(ワタゲホコリタケ)】 – Lycoperdon marginatum8Lycoperdon mauryanum1 – 【Lycoperdon molle23(コゲホコリタケ)】 – 【Lycoperdon nigrescens38(クロホコリタケ)】 – Lycoperdon nitidum1Lycoperdon norvegicum2Lycoperdon pedicellatum1 – 【Lycoperdon perlatum100(ホコリタケ)】 – Lycoperdon pulcherrimum2 – 【Lycoperdon purpurascens1(クロゲチャブクロ)】 – Lycoperdon pusillum1 – 【Lycoperdon pyriforme66(タヌキノチャブクロ)】 – 【Lycoperdon rimulatum1(クロチャホコリタケ)】 – Lycoperdon scabrum2Lycoperdon spadiceum1 – 【Lycoperdon subincarnatum8(アバタチャブクロ)】 – 【Lycoperdon umbrinoides2(ネッタイツブホコリタケ)】 – 【Lycoperdon umbrinum20(ツブホコリタケ)

※MycoBankのシノニムリストを基に自動生成された図です。完全な図を描くには情報が不完全なので、参考程度でお願いいたします。
※灰色の線は同属他種の変遷を表しています。
SF MB Scholar Wikipedia (en) Wikipedia (jp) Google GBIF Discover Life
Species Fungorum mycobank Google scholar Google検索 Discover Life