最終更新日:2021/01/09【2020リロード完了済みレコード】


Phallus luteus (Liou & L. Hwang) T. Kasuya [MB#512085]

<和名・学名とその根拠資料>
※本ページには以下の和名・学名をまとめています

Phallus luteus(MB現行学名)
ウスキキヌガサタケ→(日本産きのこ目録2020)→(MB現行学名)→Phallus luteus

【国内掲載サイト一覧】
きのこワールド
(as ウスキキヌガサタケ)
(1)
キノコと休日
(as ウスキキヌガサタケ)
(1)(2)
レッドデータブックまつやま2012
(as ウスキキヌガサタケ)
(1)
京都府レッドデータブック2015
(as ウスキキヌガサタケ)
(1)
愛媛県レッドデータブック
(as ウスキキヌガサタケ)
(1)
【海外掲載サイト一覧】
ChampYves
(1)
MycoDB
(1)

(関連論文)

★=新種(新亜種・新品種・新変種) ■=新産種 ▲=新組み合わせ ◆=新学名 ●=新階級 (無印)=その他

Phallus aurantiacus1(ダイダイスッポンタケ)】 – Phallus cinnabarinus1 – 【Phallus flavocostatus22(キイロスッポンタケ)】 – 【Phallus hadriani22(アカダマスッポンタケ)】 – Phallus imperialis1 – 【Phallus impudicus81(スッポンタケ)】 – Phallus impudicus var. imperialis1 – 【Phallus impudicus var. togatus16(マクキヌガサタケ)】 – 【Phallus indusiatus49(キヌガサタケ)】 – 【Phallus luteus8(ウスキキヌガサタケ)】 – Phallus merulinus1Phallus multicolor3Phallus ravenelii8Phallus roseus1 – 【Phallus rubicundus16(アカダマノオオタイマツ)】 – 【Phallus rubrovolvatus11(アカダマキヌガサタケ)】 – 【Phallus rugulosus15(キツネノタイマツ)】 – Phallus squamulosus1 – 【Phallus tenuis4(ヒメスッポンタケ)
SF MB Scholar Wikipedia (en) Wikipedia (jp) Google GBIF Discover Life
Species Fungorum mycobank Google scholar Google検索 Discover Life
形質一覧 (Trait Circusデータセット 2020/10/10版準拠)
※上の表のデータは記載文から半自動的に抽出されたものです。正確な情報は必ず元の文献で確認してください。Notice: The data in the table above is semi-automatically extracted from the description. Please be sure to check the original documents for accurate information.
References(※表のボタンにカーソルを合わせると文献番号が表示される)
[1] http://www.mycobank.org/BioloMICS.aspx?Table=Taxa%20descriptions&Rec=26345&Fields=All
[2] 「京都府レッドデータブック2015」
[3] 「兵庫のきのこ図鑑」
[4] 「日本のきのこ 増補改訂新版」