最終更新日:2021/01/09【2020リロード完了済みレコード】


Ophiocordyceps nutans (Pat.) G.H. Sung, J.M. Sung, Hywel-Jones & Spatafora [MB#504313]

<和名・学名とその根拠資料>
※本ページには以下の和名・学名をまとめています

Cordyceps nutans→(MB現行学名)→Ophiocordyceps nutans
Ophiocordyceps nutans(MB現行学名)
カメムシタケ→(日本産きのこ目録2020)→(MB現行学名)→Ophiocordyceps nutans

【国内掲載サイト一覧】
N.M.I.自然薬食微生物研究所
(as カメムシタケ)
(1)(2)
Web版 宮城のキノコ図鑑
(as カメムシタケ)
(1)
oso的キノコ写真図鑑
(as カメムシタケ)
(1)
oso的キノコ擬人化図鑑
(1)
いしかわ きのこ図鑑
(as カメムシタケ)
(1)
きのこワールド
(as カメムシタケ)
(1)
きのこ採取録
(as カメムシタケ)
(1)
きのこ雑記
(as カメムシタケ)
(1)
キノコと休日
(as カメムシタケ)
(1)(2)(3)
ドキッときのこ
(as カメムシタケ)
(1)
三河の植物観察
(as カメムシタケ)
(1)
奈良県のキノコ
(as カメムシタケ)
(1)
山口県近辺で見られるきのこ
(as ミミカキタケ(カメムシタケ))
(1)
弘前大学白神自然環境研究所
(as カメムシタケ)
(1)
昆虫病原糸状菌データベース
(as Cordyceps nutans)
(1)
札幌近郊のきのこ
(as カメムシタケ)
(1)
東京きのこ同好会 ミニきのこ図鑑
(as カメムシタケ)
(1)
森林生物情報一覧
(as カメムシタケ)
(1)
福島 きのこ図鑑
(as カメムシタケ)
(1)
自然観察雑記帳
(as カメムシタケ)
(1)
菌界に分け入る きのこ探索図鑑
(as カメムシタケ)
(1)
遊々きのこ
(as カメムシタケ)
(1)
【海外掲載サイト一覧】
Atlas of Invertebrate-Pathogenic Fungi of Thailand
(1)
台湾真菌知識庫
(as Cordyceps nutans)
(1)

(関連論文)

★=新種(新亜種・新品種・新変種) ■=新産種 ▲=新組み合わせ ◆=新学名 ●=新階級 (無印)=その他

Ophiocordyceps acicularis1(コロモコメツキムシタケ)】 – Ophiocordyceps agriotidis1 – 【Ophiocordyceps asyuensis1(キイロクビオレタケ)】 – Ophiocordyceps australis1 – 【Ophiocordyceps blattae1(ゴキブリタケ)】 – Ophiocordyceps brunneipunctata1Ophiocordyceps buquetii2 – 【Ophiocordyceps cicadellidicola1(ヨコバイタケ)】 – 【Ophiocordyceps clavata3(クチキフサノミタケ)】 – 【Ophiocordyceps clavulata6(カイガラムシタケ)】 – 【Ophiocordyceps coccidiicola3(カイガラムシツブタケ)】 – 【Ophiocordyceps cochlidiicola1(イラガハリタケ)】 – Ophiocordyceps communis1 – 【Ophiocordyceps crinalis3(コツブイモムシハリタケ)】 – 【Ophiocordyceps curculionum1(ゾウムシタケ)】 – 【Ophiocordyceps dipterigena11(ハエヤドリタケ)】 – 【Ophiocordyceps discoideicapitata2(フトクビハエヤドリタケ)】 – Ophiocordyceps ditmarii7 – 【Ophiocordyceps elongatistromata1(ツキヌキハチタケ)】 – 【Ophiocordyceps entomorrhiza14(オサムシタンポタケ)】 – 【Ophiocordyceps ferruginosa9(サビイロクビオレタケ)】 – 【Ophiocordyceps formicarum9(マルミアリタケ)】 – Ophiocordyceps formosana1 – 【Ophiocordyceps forquignonii7(ハエノエリマキタンポタケ)】 – 【Ophiocordyceps gracilioides4(ウスイロタンポタケ)】 – Ophiocordyceps halabalaensis1Ophiocordyceps irangiensis2 – 【Ophiocordyceps japonensis2(アリタケ)】 – Ophiocordyceps karstii1 – 【Ophiocordyceps konnoana2(マルミノコガネムシタケ)】 – Ophiocordyceps larvicola4 – 【Ophiocordyceps longissima3(エゾハルゼミタケ)】 – 【Ophiocordyceps melolonthae5(タケダコメツキムシタケ)】 – 【Ophiocordyceps michiganensis1(クチキウスイロツブタケ)】 – 【Ophiocordyceps myrmecophila9(ニューギニアトゲアリタケ)】 – 【Ophiocordyceps neovolkiana9(コガネムシタンポタケ)】 – 【Ophiocordyceps nigrella1(コガネムシハナヤスリタケ)】 – 【Ophiocordyceps nigripoda1(アシグロクビオレタケ)】 – 【Ophiocordyceps nutans27(カメムシタケ)】 – 【Ophiocordyceps odonatae10(タンポヤンマタケ)】 – Ophiocordyceps ootakii1 – 【Ophiocordyceps osuzumontana3(ヒメハリタケ)】 – 【Ophiocordyceps oxycephala2(トガリスズメバチタケ)】 – 【Ophiocordyceps pentatomae2(クビオレカメムシタケ)】 – Ophiocordyceps pseudolloydii3 – 【Ophiocordyceps pseudolongissima2(イリオモテセミタケ)】 – 【Ophiocordyceps pulvinata5(コブガタアリタケ)】 – 【Ophiocordyceps purpureostromata5(ムラサキクビオレタケ)】 – Ophiocordyceps ravenelii1 – 【Ophiocordyceps robertsii2(オオトウチュウカソウ)】 – 【Ophiocordyceps satoi1(クビオレアリタケ)】 – 【Ophiocordyceps sessilis1(ツブガタアリタケ)】 – Ophiocordyceps siamensis1 – 【Ophiocordyceps sinensis7(トウチュウカソウ)】 – 【Ophiocordyceps sobolifera12(セミタケ)】 – 【Ophiocordyceps sphecocephala21(ハチタケ)】 – 【Ophiocordyceps stylophora7(クチキツトノミタケ)】 – 【Ophiocordyceps superficialis6(ジムシヤドリタケ)】 – Ophiocordyceps thanathonensis1 – 【Ophiocordyceps tricentri5(アワフキムシタケ)】 – 【Ophiocordyceps unilateralis4(タイワンアリタケ)】 – Ophiocordyceps variabilis3Ophiocordyceps verrucosa1 – 【Ophiocordyceps yakusimensis2(ヤクシマセミタケ)
SF MB Scholar Wikipedia (en) Wikipedia (jp) Google GBIF Discover Life
Species Fungorum mycobank Google scholar Google検索 Discover Life
形質一覧 (Trait Circusデータセット 2020/10/10版準拠)
※上の表のデータは記載文から半自動的に抽出されたものです。正確な情報は必ず元の文献で確認してください。Notice: The data in the table above is semi-automatically extracted from the description. Please be sure to check the original documents for accurate information.
References(※表のボタンにカーソルを合わせると文献番号が表示される)
[1] 「フィールドブック福井の里山・奥山きのこ図鑑」
[2] 「冬虫夏草生態図鑑」
[3] 「山渓フィールドブックスきのこ」
[4] 「日本のきのこ 増補改訂新版」