最終更新日:2018/08/23


Schizophyllum commune Fr.[MB#208403]

<和名・学名とその根拠資料>
※本ページには以下の和名・学名をまとめています

Schizophyllum commune【MycoBank現行学名】
スエヒロタケ【日本産きのこ目録2016】→Schizophyllum commune

【国内掲載サイト一覧】
oso的キノコ写真図鑑 (1)
[個人・団体]
あやしいきのこ (1)
[個人・団体]
いしかわ きのこ図鑑 (1)
[行政]
うちなー通信 (1)
[個人・団体]
きのこワールド (1)
[個人・団体]
きのこ日和 (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)
[個人・団体]
きのこ雑記 (1)
[個人・団体]
キノコと休日 (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)
[個人・団体]
キノコ迷写真館 (1)
[個人・団体]
ドキッときのこ (1)
[個人・団体]
三十九さんの部屋 (1)
[個人・団体]
三河の植物観察 (1)
[個人・団体]
中標津で見つけた植物 (1)
[個人・団体]
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会 JATAFF (1)
[個人・団体]
兵庫きのこ研究会 キノコの写真図鑑 (1)
[個人・団体]
写真で見るキノコ図鑑 (1)
[個人・団体]
和田匠平の楽しいきのこワールド! (1)
[個人・団体]
奈良県のキノコ (1)
[研究機関]
山口県近辺で見られるきのこ (1)
[行政]
川崎みどり研究所 – 植木の病害虫写真 (1)
[個人・団体]
徒然花鳥風月 (1)
[個人・団体]
札幌近郊のきのこ (1)
[個人・団体]
材上生きのこ図鑑 (1)(2)
[個人・団体]
東京きのこ同好会 ミニきのこ図鑑 (1)
[個人・団体]
生息地 (1)
[個人・団体]
筑波実験植物園きのこ図鑑 (1)
[研究機関]
自然観察雑記帳 (1)
[個人・団体]
菌界に分け入る きのこ探索図鑑 (1)
[個人・団体]
貴美子/白い絵の具と水彩画 (1)
[個人・団体]
身近なキノコ図鑑 (1)(2)
[個人・団体]
進化する菌類・地衣類図鑑 (1)
[研究機関]
遊々きのこ (1)
[個人・団体]
野生きのこの世界 (1)
[研究機関]
陶器山の自然 きのこ編 (1)
[個人・団体]
麻ブログにわかきのこ図鑑 (1)
[個人・団体]
【海外掲載サイト一覧】
A Photographic Guide To The Fungi of Southern England (1)
[個人・団体][英語]
Asociación Micológica El Royo (1)
[個人・団体][スペイン語]
Atlas grzybów Polski (1)
[個人・団体][ポーランド語]
Bill Leithhead’s Webspace – Fungi Home Page (1)
[個人・団体][英語]
California Fungi (1)
[個人・団体][英語]
ChampYves (1)
[個人・団体][フランス語]
Champignons de Charente-Maritime, Charente et Deux-Sèvres. (1)
[個人・団体][フランス語][PDFファイル]
E-Flora BC (1)
[研究機関][英語]
Faune Flore Fonge Massif Central (1)
[個人・団体][フランス語]
Fichas Micológicas (1)
[個人・団体][スペイン語]
First Nature (1)
[個人・団体][英語]
FoQ Fungi of Queensland (1)
[個人・団体][英語][PDFファイル]
Fungi Growing on Wood (1)
[研究機関][英語]
Fungi of Orange County, California (1)
[研究機関][英語]
Gruppo Micologico Alta Valtellina (1)
[個人・団体][イタリア語]
Guide des champignons d’Europe occidentale (1)
[個人・団体][フランス語]
Howard County Bird Club (1)
[個人・団体][英語][PDFファイル]
Indiana Mushrooms (1)
[個人・団体][英語]
Jim Lindsey (1)
[個人・団体][英語]
MICOWEB (1)
[個人・団体][イタリア語]
Micobotánica-Jaén (1)
[個人・団体][スペイン語][PDFファイル]
MushroomExpert.Com (1)
[個人・団体][英語]
Mushrooms in Bulgaria (1)(2)(3)
[個人・団体][英語、ブルガリア語]
MycoDB (1)
[個人・団体][フランス語]
MycoQuebec (1)
[個人・団体][フランス語]
Mycology Online (1)
[研究機関][英語]
NaturaMalta (1)
[個人・団体][英語]
Northern Ireland Fungus Group (1)
[個人・団体][英語]
Spisek gob na gobe.si – Gobarsko društvo Lisička Maribor (1)
[個人・団体][スロベニア語]
The Hidden Forest (1)
[個人・団体][英語]
Tom Volk’s Fungi (1)
[個人・団体][英語]
VIRTUAL MYCOTA: NZ Fungi Identification (1)
[個人・団体][英語]
errotari – Asociation Micologica de Durango (1)
[個人・団体][スペイン語]
www.FUNGIKINGDOM.net (1)
[個人・団体][英語]
www.pharmanatur.com (1)
[個人・団体][フランス語]

(関連論文)

★=新種(新亜種・新品種・新変種) ■= 新産種 ▲=新組み合わせ ◆=新学名 ●=新階級 (無印)=その他

ID 仮訳
R3-05409■ インド、グジャラート州、ラタンマハル野生生物保護区における材生息菌の新産種
(2014年、International Letters of Natural Sciences)
New records of Lignicolous fungi from Ratanmahal Wildlife Sanctuary, Gujarat, India
keisaihikaku
R3-05219■ インド、グジャラート州産の材生息性大型菌類
(2016年、World Scientific News)
Lignicolous Macro Fungi from Gujarat, India
keisaihikaku
R3-05097 イエメン産担子菌類の追補
(2008年、Feddes Repertorium)
Further Basidiomycetes from Yemen
keisaihikaku
R3-05046 中国産の病原性木材腐朽菌
(2007年、Forest Pathology)
Pathogenic wood-decaying fungi in China
keisaihikaku
R3-05011 コロンビア新産の大型菌類 (1):アンティオキア県メデジンの都市環境に産した大型菌類
(2011年、Actualidades Biológicas)
Nuevos registros de macromicetes de Colombia i. Macromicetes recolectados en zonas urbanas de Medellín (Antioquia)
keisaihikaku
R3-04825 インド、ウッタラーカンド・ヒマラヤに産した薬用きのこ類
(2018年、Current Research in Environmental & Applied Mycology)
Healing mushrooms of Uttarakhand Himalaya, India
keisaihikaku
R3-04753■ メキシコ、チアパス州産大型菌類の多様性の知見への追加
(2017年、Revista Mexicana de Micología)
Adiciones al conocimiento sobre la diversidad de los hongos (macromicetes) de Chiapas, México
keisaihikaku
R3-04234 インド、ナブサリにおける肉質菌類の生物多様性の研究
(2013年、International Journal of Biodiversity and Conservation)
Studies on biodiversity of fleshy fungi in Navsari (South Gujarat), India
keisaihikaku
R3-04161■ インド、グジャラート州、ラジピプラにおける病原性木材腐朽菌によるコウエンボクの腐朽
(2013年、Journal on New Biological Reports)
Rotting of Peltophorum ferrugineum (Decne.) Benth. by pathogenic lignicolous fungi in Rajpipla, Gujarat, India
keisaihikaku
R3-04076■ イラク北部、クルディスタン地域における大型担子菌類の新産種
(2017年、African Journal of Plant Science)
New records of basidiomycetous macrofugi from Kurdistan region – Northern Iraq
keisaihikaku
R3-03583 URMハーバリウムの再検討:ブラジル・アマゾン新産のヒダナシタケ目菌類
(2009年、Revista Brasileira de Botânica)
Revisão do Herbário URM. Novas ocorrências de Aphyllophorales para a Amazônia brasileira
keisaihikaku
R3-03307 ブドウの白色腐朽に関連するヨーロッパ産担子菌類の注釈付きチェックリスト
(2015年、Phytopathologia Mediterranea)
An annotated checklist of European basidiomycetes related to white rot of grapevine (Vitis vinifera)
keisaihikaku
R3-02980■ ロシア、東シベリア、エニセイ川盆地中部に産したヒダナシタケ類Shiryaev, AG. & Kotiranta, H., 2016. Aphyllophoroid fungi (Basidiomycota) of the middle part of Yenisei River basin, East Siberia, Russia. Karstenia. Available at: https://www.researchgate.net/publication/294535534_Aphyllophoroid_fungi_Basidiomycota_of_the_middle_part_of_Yenisei_River_basin_East_Siberia_Russia [Accessed June 2, 2016].
(2016年、Karstenia)
Aphyllophoroid fungi (Basidiomycota) of the middle part of Yenisei River basin, East Siberia, Russia
keisaihikaku
R3-02903■ インド、アーンドラ・プラデーシュ州、クリシュナ地区で採集された材生息菌の新産種
(2014年、International Letters of Natural Sciences)
New records of Lignicolous fungi from Krishna District, Andhra Pradesh, India
keisaihikaku

※MycoBankのシノニムリストを基に自動生成された図です。完全な図を描くには情報が不完全なので、参考程度でお願いいたします。
※灰色の線は同属他種の変遷を表しています。
SF MB Scholar Wikipedia (en) Wikipedia (jp) Google GBIF Discover Life
Species Fungorum mycobank Google scholar Google検索 Discover Life
日本菌類百選(日本菌学会、2007年)
1 タマゴタケ – 2 イボテングタケ – 3 ベニテングタケ – 4 テングタケ – 5 タマゴテングタケ – 6 ドクツルタケ – 7 ホテイシメジ – 8 ヤチヒロヒダタケ – 9 ナラタケ – 10 アスペルギルス・ニガー – 11 キコウジ – 12ヒウガハンチクキン日向斑竹菌 – 13 ツチグリ – 14 アスナロ天狗巣病菌 – 15 クロカワ – 16 ヤマドリタケ – 17 キリノミタケ – 18 ツバキキンカクチャワンタケ – 19 クラドスポリウム・クラドスポリオイデス – 20 ドクササコ – 21 コレオフォーマ・エンペトリ – 22 ヒトヨタケ – 23 オオセミタケ – 24 サナギタケ – 25 ヒトクチタケ – 26 ウスキキヌガサタケ – 27 コウヤクマンネンハリタケ – 28 ソライロタケ – 29 クサウラベニタケ – 30 ウラベニホテイシメジ – 31 カンゾウタケ – 32 エノキタケ – 33 ツリガネタケ – 34 コレラタケ – 35 キツネノサカズキ – 36 マンネンタケ – 37 イネ馬鹿苗病菌 – 38 マイタケ – 39 ヤマブシタケ – 40 サクラシメジ – 41 ニガクリタケ – 42 クリタケ – 43タケリタケ – 44 ブナシメジ – 45 カワウソタケ – 46 クモタケ – 47 ツクツクボウシタケ – 48 ハツタケ – 49 アカモミタケ – 50 チチタケ – 51 オニフスベ – 52 エブリコ – 53 アカヤマドリ – 54 シイタケ – 55 ホコリタケ – 56 ハタケシメジ – 57 シャカシメジ – 58 ホンシメジ – 59 ニオウシメジ – 60 イネいもち病菌 – 61 アミガサタケ – 62 ヤコウタケ – 63 ウスキブナノミタケ – 64オルピディウム・ヴィシアエ – 65 ツキヨタケ – 66 ホネタケ – 67 ペニシリウム・シトリナム – 68ファッフィア・ロドツィーマ – 69 ナメコ – 70 フィコミケス・ニテンス – 71スギノタマバリタケ – 72 スギヒラタケ – 73 タモギタケ – 74 ヒラタケ – 75 カエンタケ – 76 タマチョレイタケ – 77 コウボウフデ – 78 ヒカゲシビレタケ – 79 ホウキタケ – 80 リゾムコール・プシルス – 81 ショウロ – 82リゾプス・ニグリカンス – 83ロドスポリディウム・トルロイデス – 84 ショウゲンジ – 85 ニセクロハツ – 86 コウタケ – 87 スエヒロタケ – 88 キツネノヤリ – 89 アミタケ – 90 ハナイグチ – 91 サクラ天狗巣病菌 – 92オオシロアリタケ – 93 トリコデルマ・ハルジアヌム – 94 カワラタケ – 95 バカマツタケ – 96 マツタケ – 97 ハエトリシメジ – 98 カキシメジ – 99 イボセイヨウショウロ – 100 タマノリイグチ