最終更新日:2020/10/11【2020リロード完了済みレコード】


Lampteromyces japonicus (Kawam.) Singer [MB#287508]

<和名・学名とその根拠資料>
※本ページには以下の和名・学名をまとめています

Lampteromyces japonicus(MB現行学名)
Omphalotus japonicus→(MB現行学名)→Lampteromyces japonicus
ツキヨタケ→(日本産きのこ目録2020)→(MB現行学名)→Lampteromyces japonicus

【国内掲載サイト一覧】
BBW倶楽部 きのこ図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
Web版 宮城のキノコ図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
Wild Mushrooms From Tokyo
(as ツキヨタケ)
(1)
oso的キノコ写真図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
oso的キノコ擬人化図鑑
(as Omphalotus japonicus)
(1)
あやしいきのこ
(1)(2)(3)
いしかわ きのこ図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
きのこの話。 – ほぼ日刊イトイ新聞
(as ツキヨタケ)
(1)(2)
きのこアルバム | HOKTOきのこらぼ
(as ツキヨタケ)
(1)(2)
きのこワールド
(as ツキヨタケ)
(1)
きのこ写真
(as ツキヨタケ)
(1)
きのこ図鑑(きのこと胞子)
(as ツキヨタケ)
(1)
きのこ採取録
(as ツキヨタケ)
(1)
きのこ雑記
(as ツキヨタケ)
(1)
キノコ迷写真館
(as ツキヨタケ)
(1)
ドキッときのこ
(as ツキヨタケ)
(1)
ブナ帯のきのこ図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
レッドデータブックまつやま2012
(as ツキヨタケ)
(1)
兵庫きのこ研究会 キノコの写真図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
奈良県のキノコ
(as ツキヨタケ)
(1)
山口県近辺で見られるきのこ
(as ツキヨタケ)
(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)
弘前大学白神自然環境研究所
(as ツキヨタケ)
(1)
札幌近郊のきのこ
(as ツキヨタケ)
(1)
東京きのこ同好会 ミニきのこ図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
毒キノコ図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
神奈川の自然
(as ツキヨタケ)
(1)
神奈川県の野生きのこ図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
福島 きのこ図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
紅天会の拠点
(as ツキヨタケ)
(1)
自然毒のリスクプロファイル
(as ツキヨタケ)
(1)(2)(3)
自然観察雑記帳
(as ツキヨタケ)
(1)
菅平高原のキノコ
(as ツキヨタケ)
(1)
菌界に分け入る きのこ探索図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
進化する菌類図鑑
(as ツキヨタケ)
(1)
遊々きのこ
(as ツキヨタケ)
(1)
野生きのこの世界
(as ツキヨタケ)
(1)
食品衛生の窓
(as ツキヨタケ)
(1)
【海外掲載サイト一覧】
掲載サイトはまだありません。

(関連論文)

★=新種(新亜種・新品種・新変種) ■=新産種 ▲=新組み合わせ ◆=新学名 ●=新階級 (無印)=その他
今のところありません。

SF MB Scholar Wikipedia (en) Wikipedia (jp) Google GBIF Discover Life
Species Fungorum mycobank Google scholar Google検索 Discover Life
形質一覧 (Trait Circusデータセット 2020/10/10版準拠)
※上の表のデータは記載文から半自動的に抽出されたものです。正確な情報は必ず元の文献で確認してください。Notice: The data in the table above is semi-automatically extracted from the description. Please be sure to check the original documents for accurate information.
References(※表のボタンにカーソルを合わせると文献番号が表示される)
[1] 「フィールドブック福井の里山・奥山きのこ図鑑」
[2] 「京都府レッドデータブック2002」
[3] 「兵庫のきのこ図鑑」
[4] 「山渓フィールドブックスきのこ」
[5] 「日本のきのこ 増補改訂新版」
[6] 「日本の毒きのこ」