最終更新日:2018/03/18


Ramaria botrytis (Pers.) Ricken[MB#356843]

<和名・学名とその根拠資料>
※本ページには以下の和名・学名をまとめています

Clavaria botrytis→(MycoBank現行学名)→Ramaria botrytis【ホウキタケ
Ramaria botrytis【MycoBank現行学名】
ホウキタケ【日本産きのこ目録2016】→Ramaria botrytis

【国内掲載サイト一覧】
KINOKO WEB (1)
[個人・団体]
TAKUTAKU.web -キノコの部屋 (1)
[個人・団体]
Wild Mushrooms From Tokyo (1)
[個人・団体]
oso的キノコ写真図鑑 (1)
[個人・団体]
あやしいきのこ (1)
[個人・団体]
いしかわ きのこ図鑑 (1)
[行政]
きのこアルバム | HOKTOきのこらぼ (1)
[個人・団体]
きのこワールド (1)
[個人・団体]
きのこ図鑑(きのこと胞子) (1)
[個人・団体]
きのこ図鑑(花笠氏) (1)
[個人・団体]
きのこ雑記 (1)
[個人・団体]
ふるさときのこ考 (1)(2)
[行政]
キノコと休日 (1)
[個人・団体]
キノコ迷写真館 (1)
[個人・団体]
ドキッときのこ (1)
[個人・団体]
五感で観察する WEB自然図鑑 (1)
[個人・団体]
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会 JATAFF (1)
[個人・団体]
写真で見るキノコ図鑑 (1)
[個人・団体]
北海道のきのこ (1)
[個人・団体]
和田匠平の楽しいきのこワールド! (1)
[個人・団体]
山と渓ときのこと酒と (1)
[個人・団体]
山と自然の旅 きのこ図鑑 (1)
[個人・団体]
岐阜のきのこ (1)
[個人・団体]
愛媛県レッドデータブック (1)
[行政]
札幌近郊のきのこ (1)(2)
[個人・団体]
東京きのこ同好会 ミニきのこ図鑑 (1)
[個人・団体]
気分はき・の・こ (1)
[個人・団体]
生息地 (1)
[個人・団体]
石川県/いしかわの食べられるきのこ29種 (1)
[行政]
遊々きのこ (1)
[個人・団体]
野生きのこの世界 (1)
[研究機関]
【海外掲載サイト一覧】
Atlante dei funghi (1)
(Clavaria botrytis)

[個人・団体][イタリア語]
Atlas grzybów Polski (1)
[個人・団体][ポーランド語]
California Fungi (1)
[個人・団体][英語]
ChampYves (1)
[個人・団体][フランス語]
Champignons de Charente-Maritime, Charente et Deux-Sèvres. (1)
[個人・団体][フランス語][PDFファイル]
E-Flora BC (1)
[研究機関][英語]
Faune Flore Fonge Massif Central (1)
[個人・団体][フランス語]
Fichas Micológicas (1)
[個人・団体][スペイン語]
First Nature (1)
[個人・団体][英語]
Gruppo Micologico Alta Valtellina (1)
[個人・団体][イタリア語]
Guide des champignons d’Europe occidentale (1)
[個人・団体][フランス語]
Howard County Bird Club (1)
[個人・団体][英語][PDFファイル]
Indiana Mushrooms (1)
[個人・団体][英語]
MushroomExpert.Com (1)
[個人・団体][英語]
Mushrooms in Bulgaria (1)(2)(3)
[個人・団体][英語、ブルガリア語]
MycoDB (1)
[個人・団体][フランス語]
Pilzflora Ehingen (1)
[個人・団体][ドイツ語]
Spisek gob na gobe.si – Gobarsko društvo Lisička Maribor (1)
[個人・団体][スロベニア語]
errotari – Asociation Micologica de Durango (1)
[個人・団体][スペイン語]
www.FUNGIKINGDOM.net (1)
[個人・団体][英語]
www.pharmanatur.com (1)
[個人・団体][フランス語]

(統制形質組み合わせ「CCC」)

 

CCC一覧 (大菌輪CCCデータセット ver1.31準拠)
※上の表のデータは記載文から半自動的に抽出されたものです。正確な情報は必ず元の文献で確認してください。Notice: Data on this table is extracted semi-automatically from taxonomical descriptions. Be sure to check the original sources carefully.
References(※表のボタンにカーソルを合わせると文献番号が表示される)
[12623] https://www.fs.fed.us/pnw/pubs/pnw_gtr476.pdf

(関連論文)

★=新種(新亜種・新品種・新変種) ■= 新産種 ▲=新組み合わせ ◆=新学名 ●=新階級 (無印)=その他

Ramaria abietina2Ramaria acrisiccescens3Ramaria alborosea1Ramaria anziana1 – 【Ramaria apiculata9(チャホウキタケモドキ)】 – Ramaria apiculata var. brunnea2Ramaria araiospora5Ramaria araiospora var. rubella1Ramaria aurantiaca1 – 【Ramaria aurea22(コガネホウキタケ)】 – Ramaria australiana1Ramaria avellaneovertex1Ramaria bataillei5 – 【Ramaria botrytis56(ホウキタケ)】 – Ramaria botrytis var. aurantiiramosa1 – 【Ramaria botrytoides9(コホウキタケ)】 – 【Ramaria broomei7(コアラホウキタケ)】 – Ramaria brunneicontusa1Ramaria brunneomaculata1 – 【Ramaria campestris2(*ササナバ)】 – Ramaria capitata1Ramaria capitata var. ochraceosalmonicolor2Ramaria caulifloriformis1Ramaria cettoi1Ramaria cinereocarnea1Ramaria citrinocuspidata1Ramaria condensata2Ramaria conjunctipes1Ramaria conjunctipes var. tsugensis1Ramaria curta1Ramaria cystidiophora1Ramaria cystidiophora var. citronella2Ramaria cystidiophora var. fabiolens1Ramaria cystidiophora var. maculans1Ramaria daucipes1Ramaria decurrens3Ramaria distinctissima1Ramaria distinctissima var. americana1Ramaria eosanguinea1 – 【Ramaria ephemeroderma5(ウスカワホウキタケ)】 – Ramaria eumorpha6Ramaria fagetorum3Ramaria fagicola1Ramaria fasciculata1Ramaria fennica32Ramaria filicicola3 – 【Ramaria flaccida21(*ヒメホウキタケ)】 – 【Ramaria flava24(キホウキタケ)】 – Ramaria flava var. aurea1Ramaria flava var. parvispora1Ramaria flava var. pinicola1 – 【Ramaria flavescens7(イオウホウキタケ)】 – Ramaria flavigelatinosa3Ramaria flavobrunnescens6Ramaria flavobrunnescens var. aromatica1Ramaria flavobrunnescens var. aurea1Ramaria flavoides2Ramaria flavosalmonicolor2 – 【Ramaria formosa49(ハナホウキタケ)】 – Ramaria gelatiniaurantia1Ramaria gelatinosa2Ramaria gelatinosa var. oregonensis1Ramaria gigantea1Ramaria gracilis16Ramaria grandipes1Ramaria holorubella1Ramaria ignicolor3Ramaria junquilleovertex1Ramaria krieglsteineri1Ramaria largentii11Ramaria leptoformosa1Ramaria longispora2Ramaria lorithamnus3Ramaria lutea4Ramaria maculatipes1Ramaria magnipes1Ramaria mutabilis2Ramaria myceliosa6Ramaria neoformosa6 – 【Ramaria obtusissima5(トサカホウキタケ)】 – Ramaria ochracea4Ramaria pallida12Ramaria piedmontiana1Ramaria praecox3Ramaria primulina1Ramaria pyrispora1Ramaria rasilispora1Ramaria rasilispora var. scatesiana2Ramaria roellinii3Ramaria rubella9Ramaria rubella f. blanda3Ramaria rubricarnata var. verna1 – 【Ramaria rubrievanescens1(サクラホウキタケ)】 – Ramaria rubripermanens4Ramaria samuelsii2Ramaria sandaracina3Ramaria sanguinea9Ramaria schildii2Ramaria spinulosa3 – 【Ramaria stricta26(チャホウキタケ)】 – Ramaria stricta var. concolor2Ramaria stuntzii2 – 【Ramaria subbotrytis14(サンゴホウキタケ)】 – 【Ramaria subtilis5(ホソキホウキタケ)】 – Ramaria suecica2 – 【Ramaria testaceoflava5(チャトサカホウキタケ)】 – Ramaria varians1 – 【Ramaria versatilis5(カレキノホウキタケ)】 – Ramaria vinosimaculans1Ramaria violaceibrunnea3Ramaria watlingii1 – 【Ramaria xanthosperma3(アカアザホウキタケ)】 – Ramaria zeppelinospora1Ramaria zippelii5

※MycoBankのシノニムリストを基に自動生成された図です。完全な図を描くには情報が不完全なので、参考程度でお願いいたします。
※灰色の線は同属他種の変遷を表しています。
SF MB Scholar Wikipedia (en) Wikipedia (jp) Google GBIF Discover Life
Species Fungorum mycobank Google scholar Google検索 Discover Life
日本菌類百選(日本菌学会、2007年)
1 タマゴタケ – 2 イボテングタケ – 3 ベニテングタケ – 4 テングタケ – 5 タマゴテングタケ – 6 ドクツルタケ – 7 ホテイシメジ – 8 ヤチヒロヒダタケ – 9 ナラタケ – 10 アスペルギルス・ニガー – 11 キコウジ – 12ヒウガハンチクキン日向斑竹菌 – 13 ツチグリ – 14 アスナロ天狗巣病菌 – 15 クロカワ – 16 ヤマドリタケ – 17 キリノミタケ – 18 ツバキキンカクチャワンタケ – 19 クラドスポリウム・クラドスポリオイデス – 20 ドクササコ – 21 コレオフォーマ・エンペトリ – 22 ヒトヨタケ – 23 オオセミタケ – 24 サナギタケ – 25 ヒトクチタケ – 26 ウスキキヌガサタケ – 27 コウヤクマンネンハリタケ – 28 ソライロタケ – 29 クサウラベニタケ – 30 ウラベニホテイシメジ – 31 カンゾウタケ – 32 エノキタケ – 33 ツリガネタケ – 34 コレラタケ – 35 キツネノサカズキ – 36 マンネンタケ – 37 イネ馬鹿苗病菌 – 38 マイタケ – 39 ヤマブシタケ – 40 サクラシメジ – 41 ニガクリタケ – 42 クリタケ – 43タケリタケ – 44 ブナシメジ – 45 カワウソタケ – 46 クモタケ – 47 ツクツクボウシタケ – 48 ハツタケ – 49 アカモミタケ – 50 チチタケ – 51 オニフスベ – 52 エブリコ – 53 アカヤマドリ – 54 シイタケ – 55 ホコリタケ – 56 ハタケシメジ – 57 シャカシメジ – 58 ホンシメジ – 59 ニオウシメジ – 60 イネいもち病菌 – 61 アミガサタケ – 62 ヤコウタケ – 63 ウスキブナノミタケ – 64オルピディウム・ヴィシアエ – 65 ツキヨタケ – 66 ホネタケ – 67 ペニシリウム・シトリナム – 68ファッフィア・ロドツィーマ – 69 ナメコ – 70 フィコミケス・ニテンス – 71スギノタマバリタケ – 72 スギヒラタケ – 73 タモギタケ – 74 ヒラタケ – 75 カエンタケ – 76 タマチョレイタケ – 77 コウボウフデ – 78 ヒカゲシビレタケ – 79 ホウキタケ – 80 リゾムコール・プシルス – 81 ショウロ – 82リゾプス・ニグリカンス – 83ロドスポリディウム・トルロイデス – 84 ショウゲンジ – 85 ニセクロハツ – 86 コウタケ – 87 スエヒロタケ – 88 キツネノヤリ – 89 アミタケ – 90 ハナイグチ – 91 サクラ天狗巣病菌 – 92オオシロアリタケ – 93 トリコデルマ・ハルジアヌム – 94 カワラタケ – 95 バカマツタケ – 96 マツタケ – 97 ハエトリシメジ – 98 カキシメジ – 99 イボセイヨウショウロ – 100 タマノリイグチ