最終更新日:2018/03/18


Inonotus flavidus (Berk.) Ryvarden[MB#106930]

<和名・学名とその根拠資料>
※本ページには以下の和名・学名をまとめています

Inonotus flavidus【MycoBank現行学名】
ラッコタケ→(日本産きのこ目録2016)→Onnia flavida→(MycoBank現行学名)→Inonotus flavidus→(日本産きのこ目録2016)→【ラッコタケ】(編集者の判断でMycoBankのCurrent Nameを不採用)

【国内掲載サイト一覧】
Wild Mushrooms From Tokyo (1)
[個人・団体]
きのこ雑記 (1)
[個人・団体]
レッドデータブックとちぎ (1)
[行政]
レッドデータブックまつやま2012 (1)
[行政]
台湾真菌知識庫 (1)
[研究機関]
愛媛県レッドデータブック (1)
[行政]

(統制形質組み合わせ「CCC」)

 

CCC一覧 (大菌輪CCCデータセット ver1.31準拠)
※上の表のデータは記載文から半自動的に抽出されたものです。正確な情報は必ず元の文献で確認してください。Notice: Data on this table is extracted semi-automatically from taxonomical descriptions. Be sure to check the original sources carefully.
References(※表のボタンにカーソルを合わせると文献番号が表示される)
[5106] http://www.bcrc.firdi.org.tw/fungi/fungal_detail.jsp?id=FU200802130024

(関連論文)

今のところありません。

Inonotus albertinii1Inonotus andersonii2Inonotus arizonicus1Inonotus chihshanyenus1Inonotus chilanshanus1Inonotus chondromyelus1Inonotus corrosus2 – 【Inonotus cuticularis10(アラゲカワウソタケ)】 – 【Inonotus dryadeus28(*マクラタケ)】 – 【Inonotus flavidus6(*ラッコタケ)】 – Inonotus fushanus1Inonotus glomeratus4 – 【Inonotus hispidus28(ヤケコゲタケ)】 – Inonotus krawtzewii1Inonotus leporinus6Inonotus lloydii1Inonotus luteoumbrinus1Inonotus micantissimus1 – 【Inonotus mikadoi14(カワウソタケ)】 – Inonotus munzii1Inonotus nidus-pici2 – 【Inonotus nodulosus7(コガネカワウソタケ)】 – Inonotus nothofagi1 – 【Inonotus obliquus22(カバノアナタケ)】 – 【Inonotus pachyphloeus1(クロスジサルノコシカケ)】 – 【Inonotus patouillardii3(ナンバンオオカワウソタケ)】 – Inonotus porrectus1Inonotus quercustris1 – 【Inonotus radiatus26(*ミヤマウラギンタケ)】 – Inonotus rickii1Inonotus rodwayi1Inonotus splitgerberi1Inonotus subiculosus2 – 【Inonotus tabacinus6(*キヌハダタケ)】 – Inonotus texanus1Inonotus triqueter2Inonotus ulmicola1 – 【Inonotus vallatus12(*アズマタケ)

※MycoBankのシノニムリストを基に自動生成された図です。完全な図を描くには情報が不完全なので、参考程度でお願いいたします。
※灰色の線は同属他種の変遷を表しています。
SF MB Scholar Wikipedia (en) Wikipedia (jp) Google GBIF Discover Life
Species Fungorum mycobank Google scholar Google検索 Discover Life