最終更新日:2018/03/29


Chlorophyllum venenatum (Bon) Lange & Vellinga[MB#560140]

<和名・学名とその根拠資料>
※本ページには以下の和名・学名をまとめています

Macrolepiota venenata→(MycoBank現行学名)→【Chlorophyllum venenatum】

【海外掲載サイト一覧】
Atlas grzybów Polski (1)
(Macrolepiota venenata)

[個人・団体][ポーランド語]
Fichas Micológicas (1)
(Macrolepiota venenata)

[個人・団体][スペイン語]
Guide des champignons d’Europe occidentale (1)
(Macrolepiota venenata)

[個人・団体][フランス語]
errotari – Asociation Micologica de Durango (1)
(Macrolepiota venenata)

[個人・団体][スペイン語]

(統制形質組み合わせ「CCC」)

 

CCC一覧 (大菌輪CCCデータセット ver1.31準拠)
※上の表のデータは記載文から半自動的に抽出されたものです。正確な情報は必ず元の文献で確認してください。Notice: Data on this table is extracted semi-automatically from taxonomical descriptions. Be sure to check the original sources carefully.
References(※表のボタンにカーソルを合わせると文献番号が表示される)
[13017] https://pbsociety.org.pl/journals/index.php/am/article/download/am.2011.010/2233

(関連論文)

今のところありません。

Chlorophyllum agaricoides7(スナタマゴタケ)】 – 【Chlorophyllum alborubescens5(イロガワリシロカラカサタケ)】 – Chlorophyllum brunneum16 – 【Chlorophyllum hortense1(フタツミカラカサタケ)】 – 【Chlorophyllum molybdites43(オオシロカラカサタケ)】 – 【Chlorophyllum neomastoideum16(ドクカラカサタケ)】 – Chlorophyllum olivieri4 – 【Chlorophyllum rhacodes35(カラカサタケモドキ)】 – Chlorophyllum venenatum4

※MycoBankのシノニムリストを基に自動生成された図です。完全な図を描くには情報が不完全なので、参考程度でお願いいたします。
※灰色の線は同属他種の変遷を表しています。
SF MB Scholar Wikipedia (en) Wikipedia (jp) Google GBIF Discover Life
Species Fungorum mycobank Google scholar Google検索 Discover Life