最終更新日:2019/10/05


Cladosporium herbarum (Pers.) Link[MB#231458]

<和名・学名とその根拠資料>
※本ページには以下の和名・学名をまとめています

Cladosporium herbarum【MycoBank現行学名】

【海外掲載サイト一覧】
ASCOfrance.fr (1)(2)
[個人・団体][フランス語(英語)]
MYCOTA (1)
[研究機関][フランス語、英語]
Northern Ireland Fungus Group (1)(2)
[個人・団体][英語]

(関連論文)

★=新種(新亜種・新品種・新変種) ■= 新産種 ▲=新組み合わせ ◆=新学名 ●=新階級 (無印)=その他

ID 仮訳
R3-06630 Cladosporium herbarumは北米西部においてリュウキンカの葉の斑点病を引き起こす
(2008年、Plant Health Progress)
Cladosporium herbarum Causes a Leaf Spot on Marshmarigold in Western North America
keisaihikaku
R3-05751 ウッタラーカンド・ヒマラヤ、ドゥーン・バレーの耕作地における土壌生微小菌類の形態-分類学的多様性
(2017年、Phytotaxonomy)
Morpho-Taxonomic diversity of soil microfungi in selected croplands of Doon Valley of Uttarakhand Himalayas
keisaihikaku
R3-05578 イランにおけるイチゴ生産の新たな障害:Cladosporium属菌
(2017年、Phytopathologia Mediterranea)
Cladosporium species, a new challenge in strawberry production in Iran
keisaihikaku
R3-05304 オーストラリア産Ramularia属菌の注釈付きチェックリスト
(2005年、Australasian Plant Pathology)
An annotated check list of Ramularia species in Australia
keisaihikaku
R3-03897 ヨーロッパ産の稀産種Cladosporium epichloës、およびその他の菌寄生性の種について
(2010年、Polish Botanical Journal)
Cladosporium epichloës, a rare European fungus, with notes on other fungicolous species
keisaihikaku
R3-03018 ヒトおよび動物の感染症に関連するCladosporium属新種
(2016年、Persoonia)
New species of Cladosporium associated with human and animal infections
keisaihikaku
R3-02611 ルーマニア、モルダヴィア地方において観賞植物に生じた腐生菌および寄生菌
(2012年、Lucrări Ştiinţifice seria Agronomie)
Saprophytic and parasitic fungi on ornamental plants from moldova area (Romania)
keisaihikaku
R3-02210 イラン産Cladosporium属菌の知見への追加
(2015年、Mycologia Iranica)
Additions to the knowledge of the genus Cladosporium in Iran
keisaihikaku

※MycoBankのシノニムリストを基に自動生成された図です。完全な図を描くには情報が不完全なので、参考程度でお願いいたします。
※灰色の線は同属他種の変遷を表しています。
SF MB Scholar Wikipedia (en) Wikipedia (jp) Google GBIF Discover Life
Species Fungorum mycobank Google scholar Google検索 Discover Life