最終更新日:2019/03/24


Pleurotus nebrodensis (Inzenga) Quél.[MB#168802]

<和名・学名とその根拠資料>
※本ページには以下の和名・学名をまとめています

Pleurotus nebrodensis【MycoBank現行学名】

【海外掲載サイト一覧】
Asociación Micológica El Royo (1)
[個人・団体][スペイン語]
MycoDB (1)
[個人・団体][フランス語]
Wildscreen Arkive (1)
[個人・団体][英語]
www.pharmanatur.com (1)
[個人・団体][フランス語]

(関連論文)

★=新種(新亜種・新品種・新変種) ■= 新産種 ▲=新組み合わせ ◆=新学名 ●=新階級 (無印)=その他

ID 仮訳
R3-06063 ロシア、スヴェルドロフスク州におけるハラタケ類の新記録
(2018年、Botanica)
New records of agaricoid fungi from Sverdlovsk Region, Russia
keisaihikaku
R3-05097■ イエメン産担子菌類の追補
(2008年、Feddes Repertorium)
Further Basidiomycetes from Yemen
keisaihikaku
R3-04076■ イラク北部、クルディスタン地域における大型担子菌類の新産種
(2017年、African Journal of Plant Science)
New records of basidiomycetous macrofugi from Kurdistan region – Northern Iraq
keisaihikaku
R3-03326 著名な栽培きのこ、バイリングはPleurotus eryngii種複合体とは別種であった
(2016年、Scientific Reports)
The famous cultivated mushroom Bailinggu is a separate species of the Pleurotus eryngii species complex
keisaihikaku
R3-02696 中国南西部における新規食用きのこ資源、Pleurotus abieticola
(2015年、Mycosystema)
A new edible mushroom resource, Pleurotus abieticola, in southwestern China
keisaihikaku
R3-01851 ルーマニア新産のPleurotus eryngii var. elaeoselini
(2012年、Mycotaxon)
Pleurotus eryngii var. elaeoselini, first record from Romania
keisaihikaku
R3-00402 インドのヒマーチャル・プラデーシュ州、ラホールバレーの温帯乾燥気候の冷涼な砂漠地帯において見出された、非常に美味な食用きのこの新種、Pleurotus himalayaensis Dhancholia
(2013年、American-Eurasian journal of agricultural & environmental sciences)
Pleurotus himalayaensis Dhancholia Sp. nov. A Highly Delicious Edible Mushroom from Dry Temperate Cold Desert Zone of Lahoul Valley in Himachal Pradesh (India)
keisaihikaku

※MycoBankのシノニムリストを基に自動生成された図です。完全な図を描くには情報が不完全なので、参考程度でお願いいたします。
※灰色の線は同属他種の変遷を表しています。
SF MB Scholar Wikipedia (en) Wikipedia (jp) Google GBIF Discover Life
Species Fungorum mycobank Google scholar Google検索 Discover Life