(仮訳)オーストラリア産のThysanothecium属2分類群
Elix, JA. 2009. Two new taxa of Thysanothecium (Cladoniaceae: Ascomycota) from Australia. Australasian Lichenology. Available at: https://www.anbg.gov.au/abrs/lichenlist/AL_64.pdf [Accessed August 12, 2019] 【R3-06486】2019/8/12投稿

【お読みください】
大菌輪のコンテンツ「論文3行まとめ」は、あくまで論文の検索の補助として提供されている情報です。作成者は専門家ではなく、翻訳や内容の解釈が誤っている場合がありうるので、正確な情報は必ず元の論文で確認してください。また、このページのリンクは必ずしも有効ではありません(大菌輪未掲載の種や、MycoBank/Species fungorum未登録の種がありうるため)。

3行まとめ

オーストラリアから新亜種Thysanothecium hookeri subsp. xanthonicumおよび新種T. sorediatumを記載した。
前者は西オーストラリアの半乾燥地域において土壌に生じ、小型でねじれた偽子柄を有し、基本種とは地衣成分が異なっていた。
後者はクイーンズランド州およびニューサウスウェールズ州においてユーカリの基部や焦げた材に生じ、地衣体に小粒状の粉芽を伴い、偽子柄が稀で微小であることなどで特徴づけられた。
Australia, Western Australia, road to Mt. Gibson Homestead, 7.5 km E of Great Northern Highway

(新亜種)

Thysanothecium hookeri subsp. xanthonicum Elix
語源…キサントンの
mycobank_logoSpecies_Fungorum

【よく似た種との区別】
Thysanothecium hookeri
地衣成分としてウスニン酸を含む
本種と異なり小鱗片表面が斑点状ではなく斑点状でないか弱い斑点状である
本種と異なり偽子柄が微小という特徴を欠く
本種と異なり地衣成分として5_7-ジクロロ-3-O-メチルノルリケキサントンおよび3-O-メチルアセモンを含まない
本種と異なり地衣成分としてバルバチン酸および4-O-デメチルバルバチン酸を含む
Australia, Queensland, Broadwater State Forest Park, 45 km NW of Ingham

(新種)

Thysanothecium sorediatum Elix
語源…粉芽の
mycobank_logoSpecies_Fungorum

【よく似た種との区別】
Lepraria yunnaniana
形態的に類似している(混同のおそれがある)
地衣成分が類似している
本種と異なり偽子柄を欠く
本種と異なり黒色の粉子器を欠く
本種と異なり下生菌糸を有する
Thysanothecium scutellatum(フクレヘラゴケ)
本種と異なり初生菌糸が通常顕著な小鱗片状だが痂状をなすこともある
本種と異なり粉芽を欠く
本種と異なり皮層を有する
本種と異なり地衣成分としてウスニン酸を相当量含む
本種と異なりウスニン酸を偽子柄のみに含むという特徴を欠く