「論文3行まとめ」は、大菌輪管理人がその日に読んだ論文(主に分類学分野)を要約して紹介するコンテンツです。
最近かなり忙しいので十分更新できていない状況ですが、日々こつこつと追加していければと思います。

「論文3行まとめ」の目的

  1. 「全菌類の電子図鑑」Mycoscouter構想に向けたデータ収集
  2. タグ(索引語)からの検索、世界地図からの検索、日本語キーワードによる検索など、一般的な検索エンジンにない検索手段を提供し、論文に対するアクセス性の向上を図る
  3. 論文の要点を日本語に翻訳することにより、非専門家の理解を阻む「言語の壁」を可能な限り低くすることを目指す
  4. 記載文や識別形質などをセマンティックに(機械が読みやすいように)記述し、将来のサイバータクソノミー (cybertaxonomy) に資するデータを提供する
  5. いちおう、論文に関わる職業に就いているので、そのスキルを活かしたプロボノ (pro bono) 活動
  6. 私自身の筋トレ

最終更新日:2018/11/4
紹介させていただいた論文の数:5644

エクセルファイルをダウンロード

sekaitizumenutagmenu

世界地図…2015/4/20更新【諸事情により更新停止中、よりよいマッピング手段を考えています】
タグ…2018/7/28更新(6698件、R3-05503まで反映)、1か月に一度くらいの頻度で更新したかった

中間報告

2013年11月23日~2014年11月23日に収集したデータの統計の一部を公開します(スライド5枚)。
これらはあくまで基礎的なデータをまとめたもので、より専門的な解析結果は今後アマチュア雑誌などに投稿する予定です。

スライド1スライド2スライド35f63f49b6b7d98988e1002a4a4f2d6d5スライド5

【お読みください】
大菌輪のコンテンツ「論文3行まとめ」は、あくまで論文の検索の補助として提供されている情報です。作成者は専門家ではなく、翻訳や内容の解釈が誤っている場合がありうるので、正確な情報は必ず元の論文で確認してください。また、各ページのリンクは必ずしも有効ではありません(大菌輪未掲載の種や、MycoBank/Species fungorum未登録の種がありうるため)。
最新の50記事を表示しています。
フィルタリング、並べ替え機能が使用できます。表の上で矢印キーを押すとスクロールできます。実は右の方に【タグ一覧】【書誌情報】【3行抄録】【掲載種一覧】の列があるので、それらを対象とした検索も可能です。複数のキーワードで検索したい時には半角スペースで区切ります。(【例】日本 新種 2016年)

※全てのデータを掲載すると非常に重くなってしまい、まともに表示できなくなってしまうので、不本意ながらこの表は直近1000件を抽出したものとなっています。エクセルファイルには全データがありますので、ダウンロードして検索してください。
A列B列出版年雑誌名タグ英文題名3行まとめ13行まとめ23行まとめ3掲載種一覧_x分類群一覧
R3-05644形態形質および分子データにより明らかになった東南アジア産のPhysisporinus属1新種2018Mycosystema2018年の論文/published in 2018, Mycosystema, シンガポール/Singapore, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusMorphological characters and molecular data reveal a new species of Physisporinus (Basidiomycota) from Southeast Asiaシンガポール、ブキ・ティマ自然保護区において腐朽材に発生した菌を検討し、Physisporinus sulphureusとして新種記載した。本種は子実体が背着生で、孔口が硫黄色であり、担子胞子が比較的小型で、シスチジアが菌糸状厚壁であることなどで特徴づけられた。本種がPhysisporinus属クレードに含まれ、かつシスチジアを有することから、本属の属概念を改訂する必要が生じた。Physisporinus sulphureus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meripilaceae/トンビマイタケ科
R3-05643ブラジル南部、大西洋岸森林産のクリイロイグチ属1新種2018Nova Hedwigia2018年の論文/published in 2018, Nova Hedwigia, TreeBASE, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), クスノキ科/Lauraceae, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, フトモモ科/Myrtaceae, ブラジル/Brazil, マメ科/Fabaceae, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEM, 隠蔽種/cryptic speciesA new species of Gyroporus (Gyroporaceae, Boletales) from Atlantic Forest in Southern Brazilブラジル、リオグランデ・ド・スル州およびサンタカタリーナ州の大西洋岸森林で採集された菌を検討し、Gyroporus austrobrasiliensisとして新種記載した。本種は当初形態的に類似するG. castaneusと同定されたが、担子胞子のサイズや側シスチジアの形状などが異なっていた。また、Singerによってアマゾナス州で採集された標本も本新種の特徴に合致したが、属レベルまでの同定に留められた。Gyroporus austrobrasiliensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目
R3-05642台湾新産の多孔菌12種2018Fungal Science2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Fungal Science, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, 分子同定/molecular identification, 南投県/Nantou, 台中市/Taichung, 台東県/Taitung, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 呈色反応/chemical reaction, 嘉義県/Chiayi County, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宜蘭県/Yilan, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 桃園市/Taoyuan, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 花蓮県/Hualien, 菌類相調査/mycofloristic survey, 配列決定/sequencing, 高雄市/KaohsiungTwelve species of polypores (basidiomycetes) new to Taiwan台湾新産種としてAbundisporus pubertatisなど12種を報告した。各種について生態写真および生息環境、腐朽の種類、地理的分布などに関する情報を掲載した。各種についてDNAバーコーディングを行い、形態に基づく同定結果を確かめた。Abundisporus pubertatis■ / Antella chinensis■ / Ceriporia purpurea■ / Luteoporia albomarginata■ / Megasporia yunnanensis■ / Megasporoporia bannaensis■ / Neodatronia sinensis■ / Obba rivulosa■ / Pseudowrightoporia crassihypha■ / Pseudowrightoporia japonica■ / Pseudowrightoporia oblongispora■ / Tinctoporellus hinnuleus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Steccherinaceae/ニクハリタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Russulales/ベニタケ目
R3-05641エンドファイト物語の進展:新科オキシドティス科およびOxydothis属6新種2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, Mycosphere, アブラヤシ属/Elaeis, エンドファイト/endophyte, カンノンチク属/Rhapis, クラビー県/Krabi, サゴヤシ属/Metroxylon, ソンクラー県/Songkhla, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, チエンラーイ県/Chiang Rai, トウ属/Calamus, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 胞子の発芽/germination of sporesAn advance in the endophyte story: Oxydothidaceae fam. nov. with six new species of OxydothisOxydothis属菌の形態学的検討および分子系統解析を実施し、本属に対して新科オキシドティス科を提唱した。本科は子嚢果が埋生または宿主表面から僅かに隆起し、子嚢胞子が無色糸状または紡錘形で1隔壁を有することなどで特徴づけられ、ヴィアレア科およびヨードスフェリア科に近縁であった。O. calamicolaなど、タイにおいてヤシに発生した6新種を記載した。Oxydothis calamicola★ / Oxydothis garethjonesii★ / Oxydothis metroxylonicola★ / Oxydothis metroxylonis★ / Oxydothis palmicola★ / Oxydothis rhapidicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目
R3-05640インド、マハーバレーシュワル産の新規および特異な不完全糸状菌類2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, シンネマ形成菌/synnematous fungus, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare speciesNew and unusual hyphomycetes from Mahabaleshwar, Indiaインド、マハーラーシュトラ州のマハーバレーシュワルにおいてリターから分離された菌を検討し、Tetraploa circinataおよびVamsapriya mahabaleshwarensisの2新種を記載した。前者は分生子の付属糸が長く螺旋状で表面が疣状、後者は分生子鎖が分枝し、分生子形成細胞がポリトレト型であることなどで特徴づけられた。また、糞生菌として報告されていた稀産種のGliophragma setosumをリターから初めて報告した。Gliophragma setosum / Tetraploa circinata★ / Vamsapriya mahabaleshwarensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Tetraplosphaeriaceae/テトラプロスフェリア科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05639インド、西ガーツ産の分生子形成菌の新種、Stigmina koyanensis2016Plant Pathology & Quarantine2016年の論文/published in 2016, Plant Pathology & Quarantine, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, インド/India, クワ科/Moraceae, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, リター菌/litter fungi, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 走査型電子顕微鏡/SEMStigmina koyanensis – a new conidial fungus from Western Ghats of Indiaインド、マハーラーシュトラ州においてイチジク属植物の葉に生じた菌を検討し、Stigmina koyanensisとして新種記載した。本種は葉の下面にスポロドキアを形成し、分生子の頂部に淡色の嘴を有し、表面が平滑であることなどで特徴づけられた。本新種を含む、クワ科植物を宿主とするStigmina属菌の検索表を掲載した。Stigmina koyanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05638ロシア、トランスバイカル・テリトリー、コダール山脈産の岩上生地衣の新種および新産種2018Plant and Fungal Systematics2018年の論文/published in 2018, Plant and Fungal Systematics, オキセピン類/oxepins, コケ上に生える菌/fungi on moss, ザバイカリエ地方/Zabaykalsky, シベリア/Siberia, スチクチン酸類/stictic acids, タイプスタディ/type study, ツンドラ/tundra, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew species and records of saxicolous lichens from the Kodar Range (Trans-Baikal Territory, Russia)ロシア、コダール山脈において岩上生地衣の調査を実施し、Circinaria scyphuliferaを新種記載した。また、ロシア新産種として2種、シベリア南部新産種として3種、コダール山脈新産種として56種を報告した。トランスバイカル・テリトリーにおけるレッドデータブック掲載種としてFuscopannaria ahlneriを記録した。Adelolecia kolaensis■ / Allantoparmelia alpicola■ / Aspicilia dendroplaca■ / Aspicilia dudinensis■ / Aspicilia nikrapensis■ / Aspicilia pergibbosa■ / Aspicilia permutata■ / Aspicilia sublapponica■ / Aspicilia supertegens■ / Aspicilia transbaicalica■ / Bryodina rhypariza■ / Candelariella aurella■ / Chaenotheca furfuracea■ / Circinaria caesiocinerea■ / Circinaria hoffmanniana■ / Circinaria scyphulifera★ / Dermatocarpon luridum■ / Dermatocarpon miniatum■ / Dermatocarpon vellereum■ / Diploschistes gypsaceus■ / Eiglera flavida■ / Fuscidea submollis■ / Fuscopannaria ahlneri■ / Hypogymnia austerodes■ / Lathagrium cristatum■ / Lecanora rupicola■ / Lepra monogona■ / Leproplaca cirrochroa■ / Leptogium cyanescens■ / Lithographa tesserata■ / Massalongia carnosa■ / Melanelixia villosella■ / Pannaria conoplea■ / Pertusaria digrediens■ / Pertusaria flavicans■ / Phaeophyscia primaria■ / Placopsis gelida■ / Polycauliona candelaria■ / Polychidium muscicola■ / Protoblastenia rupestris■ / Protoparmeliopsis muralis■ / Psilolechia lucida■ / Rhizocarpon eupetraeum■ / Rhizocarpon norvegicum■ / Rhizocarpon polycarpum■ / Rimularia badioatra■ / Rinodina milvina■ / Sporodictyon cruentum■ / Stereocaulon nanodes■ / Tetramelas concinnus■ / Thelignya lignyota■ / Toninia diffracta■ / Toninia squalida■ / Verrucaria muralis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Fuscideaceae/フスキデア科_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Xylographaceae/ザイログラファ科_Massalongiaceae/マッサロンギア科_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科_Trapeliaceae/トラペリア科_Psoraceae/プソラ科_Psilolechiaceae/プシロレキア科_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Caliciaceae/ピンゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科
R3-05637ネクトリオイド菌、Nectria pseudopezizaに対する新属Xanthonectria2016Ascomycete.org2016年の論文/published in 2016, Ascomycete.org, Smyrnium属, アオイ科/Malvaceae, カバノキ科/Betulaceae, クロウメモドキ属/Rhamnus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, シナノキ属/Tilia, セリ科/Apiaceae, タイプスタディ/type study, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, トネリコ属/Fraxinus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ハナウド属/Heracleum, ハリエニシダ属/Ulex, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒユ科/Amaranthaceae, マツナ属/Suaeda, マメ科/Fabaceae, マルメロ属/Cydonia, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, レダマ属/Spartium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 河川/riverXanthonectria, a new genus for the nectrioid fungus Nectria pseudopeziza類縁関係が不明であったNectria pseudopezizaを検討し、本種に対して新属Xanthonectriaを提唱した。本属は子座を形成せず、子嚢果が黄色~鮮橙色で、子嚢胞子が長紡錘形多隔壁、Acremonium属類似のアナモルフを有することなどで特徴づけられた。本属はバイオネクトリア科に含まれ、子嚢果が無毛である点などでOchronectria属菌と類似していた。Xanthonectria pseudopeziza▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-05636形態および系統に基づき明らかになったトルコ新産のシャグマアミガサタケ属菌2018Mantar Dergisi2018年の論文/published in 2018, Mantar Dergisi, コナラ属/Quercus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハッキャリ県, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 新産種報告/new recordMorphology and Phylogeny Reveal a New Record Gyromitra for Turkish Mycobiotaトルコ、ハッキャリ県において採集されたGyromitra brunneaをトルコ新産種として報告した。本報告により、トルコ産の既知のシャグマアミガサタケ属菌は7種となった。本種を含む分子系統解析を実施したほか、記載文および3種の形質比較表などを掲載した。Gyromitra brunnea■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Discinaceae/フクロシトネタケ科
R3-05635探せば見つかる:オーストリア、シュタイアーマルク州、イェーガーベルク産子嚢菌の稀産種および興味深い種2015Joannea Botanik2015年の論文/published in 2015, Joannea Botanik, アオイ科/Malvaceae, ウコギ科/Araliaceae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, オーストリア/Austria, オーストリア新産種/Austria_new record, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, キイチゴ属/Rubus, キヅタ属/Hedera, クリ属/Castanea, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, シナノキ属/Tilia, シュタイアーマルク州/Steiermark, スグリ属/Ribes, スグリ科/Grossulariaceae, セリ科/Apiaceae, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, ドイツ語/German, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ニワトコ属/Sambucus, ハナウド属/Heracleum, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, ルピナス属, レンプクソウ科/Adoxaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水辺/waterside, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 色素産生/pigment production, 菌類相調査/mycofloristic surveyWer suchet, der findet: Seltene und interessante Ascomycota vom Jägerberg (Steiermark, Österreich)オーストリア、グラーツ西方のイェーガーベルクにおいて子嚢菌類の調査を実施し、53種を記録した。そのうちAcanthostigma revocatumなど10種をオーストリア新産種として報告した。また、さらに10種をシュタイアーマルク州新産種として報告した。Acanthostigma minutum / Acanthostigma revocatum■ / Anteaglonium globosum■ / Apiognomonia hystrix / Arnium apiculatum■ / Asteromassaria macrospora / Barbatosphaeria barbirostris■ / Capronia pulcherrima■ / Capronia semi-immersa■ / Ceratostomella pyrenaica■ / Daldinia childiae■ / Daldinia vernicosa / Diatrype undulata / Dothiora ribesia / Eutypella dissepta / Godronia ribis / Graphostroma platystoma / Helminthosphaeria stuppea■ / Hercospora tiliae / Heyderia cucullata / Hyaloscypha daedaleae / Ionomidotis fulvotingens / Karstenia idaei / Lachnum brevipilosum / Lachnum impudicum / Lopadostoma fagi / Lophiotrema boreale■ / Mollisia caespiticia / Mollisina rubi / Myrmaecium fulvopruinatum / Nectriella halonata■ / Nemania aureolutea / Orbilia carpoboloides / Orbilia comma■ / Orbilia xanthoguttulata / Patinellaria sanguinea / Phaeotrichosphaeria britannica■ / Plectania melastoma■ / Proliferodiscus pulveraceus / Protounguicularia transiens■ / Psilachnum lanceolatoparaphysatum / Psiloglonium lineare / Rodwayella citrinula■ / Schizothecium conicum / Stomiopeltis betulae■ / Synaptospora setosa■ / Thyronectria pinicola / Thyronectria sinopica / Trichoderma citrinoviride■ / Trichoderma sambuci / Unguicularia incarnatina■ / Velutarina rufo-olivaceaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Anteagloniaceae/アンテアグロニウム科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Gnomoniaceae/グノモニア科_Sordariales/フンタマカビ目_Pleomassariaceae/プレオマッサリア科_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Diatrypaceae/シトネタケ科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Dothioraceae/ドチオラ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Godroniaceae/ゴドロニア科_Graphostromataceae/グラフォストロマ科_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科_Helotiaceae/ビョウタケ科_Hyaloscyphaceae/ヒアロスキファ科_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcosomataceae/クロチャワンタケ科_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科_Capnodiales/カプノディウム目_Micropeltidaceae/ミクロペルティス科_Coniochaetales/コニオケータ目_Coniochaetaceae/コニオケータ科_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-05634メキシコおよびベネズエラにおける新産属、Byssosphaeria2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アラグア州/Aragua, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, ベネズエラ/Venezuela, ベネズエラ新産種/Venezuela_new record, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 雲霧林/cloud forestFirst record of the genus Byssosphaeria (Pleosporales) in Mexico and VenezuelaメキシコからByssosphaeria jamaicana、ベネズエラからB. schiedermayerianaをそれぞれ報告した。両種とも雲霧林に生じ、前者はコナラ属植物の殻斗、後者は腐朽材にそれぞれ群生していた。メキシコおよびベネズエラにおけるByssosphaeria属菌の報告は初となった。Byssosphaeria jamaicana■ / Byssosphaeria schiedermayeriana■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科
R3-05633韓国においてフウ属植物の果実に生じた新産種、Xylaria persicaria2007Mycobiology2007年の論文/published in 2007, Mycobiology, フウ属/Liquidambar, フウ科/Altingiaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordNew Record of Xylaria persicaria on Liquidambar Fruits in Korea韓国、慶尚南道において2種のフウ属植物の果実に生じた菌を検討し、形態学的検討および分子系統解析の結果からXylaria persicariaと同定した。本種を韓国新産種として報告した。同じ基質に発生する種にX. liquidambarisがあるが、当該種が有効か明らかでないことから、X. persicariaと同定した。Xylaria persicaria■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05632Terfezia属菌の遺伝的多様性:北アフリカ産の新種および新産種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アルジェリア/Algeria, アルジェリア新産種/Algeria_new record, キク科/Asteraceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン/Spain, ティアレット県, テベッサ県, ヒマワリ属/Helianthus, ベシャール県, 乾燥地域/dry area, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北アフリカ新産種/North Africa_new record, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂漠/desert, 砂質ローム土壌/sandy loam soil, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 隠蔽種/cryptic speciesGenetic diversity of the genus Terfezia (Pezizaceae, Pezizales): New species and new record from North Africaアルジェリアおよびスペイン産のTerfezia属菌を対象に形態学的検討および分子系統解析を実施し、6種を認めた。そのうち、アルジェリアで採集された疣状~網目状の子嚢胞子を有する菌をT. crassiverrucosaとして新種記載した。また、T. eliocrocaeを北アフリカ新産種として報告した。Terfezia crassiverrucosa★ / Terfezia eliocrocae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Terfeziaceae/イモタケ科
R3-05631コロンビア、キンディオ県のグアドゥア林に産した新種、Colpoma guadueticola2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Guadua属, Mycotaxon, イネ科/Poaceae, キンディオ県, コロンビア/Columbia, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forestColpoma guadueticola sp. nov. in a guadual forest from Quindio Department, ColombiaコロンビアにおいてGuadua angustifoliaの枯稈に生じた菌を検討し、Colpoma guadueticolaとして新種記載した。本種は子嚢盤が様々な形状をとり、子実層面が黄色、子嚢胞子が長い糸状で、側糸頂部が二叉または不規則に分枝することなどで特徴づけられた。本新種を含むColpoma属菌の検索表を掲載した。Colpoma guadueticola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-05630スロバキア新産種、Hemileucoglossum littorale2017Catathelasma2017年の論文/published in 2017, Catathelasma, スロバキア/Slovakia, スロバキア新産種/Slovakia_new record, バンスカー・ビストリツァ県/Banská Bystrica, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 草地/grasslandFirst record of Hemileucoglossum littorale in SlovakiaHemileucoglossum littoraleをスロバキア新産種として報告した。本種は高茎湿生草原に生じ、柄が剛毛状で、子嚢胞子が無色、側糸に褐色アモルファスの物質が凝集することなどで特徴づけられた。スロバキア産標本は原記載(デンマーク産標本)とは子嚢および子嚢胞子のサイズがより大きい点が異なっていた。Hemileucoglossum littorale■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Geoglossomycetes/テングノメシガイ綱_Geoglossales/テングノメシガイ目_Geoglossaceae/テングノメシガイ科
R3-05629北米産Inocybe geophyllaグループ:I. lilacina周辺の淡紫色の種の改訂2018Mycologia2018年の論文/published in 2018, Mycologia, Notholithocarpus属, PDAB, TreeBASE, イチゴノキ属/Arbutus, カナダ/Canada, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カリフォルニア州/California, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, クロベ属/Thuja, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, コロラド州/Colorado, スノキ属/Vaccinium, タイプスタディ/type study, ツガ属/Tsuga, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トウヒ属/Picea, トガサワラ属/Pseudotsuga, ニューファンドランド・ラブラドール州/Newfoundland and Labrador, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ピートボグ/peat bog, フウ属/Liquidambar, フウ科/Altingiaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ペカン属/Carya, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロッキー山脈/Rocky Mountains, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 沿岸域/coastal area, 湿地帯/wetland, 環境配列/environmental sequence, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 米国/USA, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complexThe Inocybe geophylla group in North America: a revision of the lilac species surrounding I. lilacinaInocybe geophyllaグループを対象に分子系統解析を実施し、全ての淡紫色の種が単系統群を形成しないことを示した。北米産のI. ionocephalaおよびI. sublilacinaを新種記載し、I. lilacinaをホロタイプ標本に基づき再定義した。北米産I. lilacinaサブグループの検索表を掲載した。Inocybe ionocephala★ / Inocybe lilacina / Inocybe pallidicremea / Inocybe sublilacina★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05628Xanthoparmelia mexicanaグループの系統学的研究と分類学的改訂、および1新種の記載2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, イダルゴ州/Hidalgo, オアハカ州/Oaxaca, オキセピン類/oxepins, グアナフアト州/Guanajuato, ケレタロ州/Queretaro, サカテカス州/Zacatecas, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, サン・ルイス・ポトシ州/San Luis Potosí, スチクチン酸類/stictic acids, プエブラ州/Puebla, メキシコ/Mexico, メキシコシティ/Mexico City, メヒコ州/Estado de Mexico, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 多系統群/polyphyletic group, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 種の境界/species delimitation, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic species, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyPhylogenetic study and taxonomic revision of the Xanthoparmelia mexicana group, including the description of a new species (Parmeliaceae, Ascomycota)Xanthoparmelia mexicanaグループの分子系統解析を実施し、隠蔽種の一つをX. pedregalensisとして新種記載した。本新種はサラジン酸、ノルスチクチン酸、および1つの未知成分を含むことなどで特徴づけられた。クレードの一つを狭義のX. mexicanaとして認識したが、本種のメキシコにおける分布は確定できず、従来考えられていたほど普通種でないことが示唆された。Xanthoparmelia ajoensis■ / Xanthoparmelia mexicana■ / Xanthoparmelia moctezumensis■ / Xanthoparmelia pedregalensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05627インド北部産のキツネノカラカサ型の興味深いきのこ類2012Mycosphere2012年の論文/published in 2012, Mycosphere, インド/India, インド新産種/India_new record, パンジャーブ州(インド)/Punjab (India), ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, フトモモ属/Syzygium, フトモモ科/Myrtaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 胞子紋/spore printSome interesting lepiotoid mushrooms from North IndiaインドからLepiota roseifolia、L. plumbicolor、およびL. atrodiscaの3種をインド新産種として報告した。L. roseifoliaはヒマーチャル・プラデーシュ州においてPinus roxburhgiiの樹下に、L. plumbicolorはパンジャーブ州において土壌に発生した。L. atrodiscaはヒマーチャル・プラデーシュ州においてムラサキフトモモのリター上に発生した。Lepiota atrodisca■ / Lepiota plumbicolor■ / Lepiota roseifolia■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05626インド新産属、Cryptomarasmius2018Journal of Threatened Taxa2018年の論文/published in 2018, Journal of Threatened Taxa, アジア新産種/Asia_new record, インド/India, インド新産種/India_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 腐生菌/saprobe, 西ベンガル州/West Bengal, 誤同定/misidentificationFirst record of fungus Cryptomarasmius T.S. Jenkinson & Desjardin (Physalacriaceae: Agaricales: Basidiomycota) from Indiaインド、西ベンガル州からCryptomarasmius exustoidesをインド新産種として報告した。本種はこれまでニュージーランドおよびハワイから知られており、インド産の初のCryptomarasmius属菌となった。記載文、生態写真などを掲載し、ITS+nrLSUに基づく分子系統解析を実施した。Cryptomarasmius exustoides■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科
R3-05625トルコ新産のクロイボタケ綱の属、Rhizodiscina2018Acta Biologica Turcica2018年の論文/published in 2018, Acta Biologica Turcica, カバノキ科/Betulaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハンノキ属/Alnus, リゼ県/Rize, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forestRhizodiscina Hafellner, a new genus record for Turkish Dothideomycetesトルコ、リゼ県からトルコ新産種としてRhizodiscina lignyotaを報告した。Rhizodiscina属菌のトルコからの報告は初となった。本種はハンノキ属植物の枝に発生しており、子実層面がオリーブコーヒー色~褐黒色、子嚢胞子が楕円状棍棒形であることなどで特徴づけられた。Rhizodiscina lignyota■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Patellariales/パテラリア目_Patellariaceae/パテラリア科
R3-05624タイにおいてマングローブの一種、Xylocarpus granatumの腐朽に関与するFulvifomes属3種2014Mycoscience2014年の論文/published in 2014, Mycoscience, クラビー県/Krabi, センダン科/Meliaceae, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, チャンタブリー県/Chanthaburi, トラン県, トラート県/Trat, ナコーンシータンマラート県/Nakhon Si Thammarat, ホウガンヒルギ属, マングローブ林/mangrove forest, ラノーン県/Ranong, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 好塩菌/halophilic fungi, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesThree species of Fulvifomes (Basidiomycota, Hymenochaetales) associated with rots on mangrove tree Xylocarpus granatum in ThailandタイにおいてXylocarpus granatumを宿主とするFulvifomes属3新種を記載した。3種とも多年生無柄の子実体で、F. xylocarpicolaは2菌糸型、D. siamensisは肉が1菌糸型、F. halophilusは肉が類2菌糸型であることなどで特徴づけられた。また、新組み合わせF. mangrovicusを提唱し、全世界のFulvifomes属菌の検索表を掲載した。Fulvifomes halophilus★ / Fulvifomes mangrovicus▲ / Fulvifomes merrillii / Fulvifomes rimosus / Fulvifomes siamensis★ / Fulvifomes swieteniae / Fulvifomes xylocarpicola★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05623タトラ山脈産寄生性微小菌 (3):Spermosporina gymnadeniae、スロバキア新産種およびポーランドにおける新規生息地2008Biologia2008年の論文/published in 2008, Biologia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, スロバキア/Slovakia, スロバキア新産種/Slovakia_new record, テガタチドリ属, ハクサンチドリ属, プレショウ県/Prešov, ポーランド/Poland, ラン科/Orchidaceae, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEMParasitic microfungi of the Tatra Mountains. 3. Spermosporina gymnadeniae (Hyphomycetes): species new to Slovakia and new records from PolandSpermosporina gymnadeniaeをタトラ山脈において採集し、スロバキア新産種として報告した。本種は既にタトラ山脈のポーランド側における分布が知られていたが、ポーランド側でも新規生息地が見出された。本種の新宿主としてDactylorhiza fuchsiiを報告した。Spermosporina gymnadeniae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Plectosphaerellaceae/プレクトスフェレラ科
R3-05622新種Ramularia gratiolae2008Fritschiana2008年の論文/published in 2008, Fritschiana, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オオアブノメ属, オーストリア/Austria, ゴマノハグサ科/Scrophulariaceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シュタイアーマルク州/Steiermark, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungiRamularia gratiolae sp. nov. (Hyphomycetes)オーストリア、グラーツの植物園においてGratiola officinalisの葉に見出された菌を検討し、Ramularia gratiolaeとして新種記載した。本種は宿主の葉に病変を引き起こしたが、真の斑点を欠き、葉の下面に不明瞭な分生子柄の叢を形成した。本種は菌糸体が内在性または部分的に表在性で、分生子が鎖生し、長い円筒形で、隔壁を欠くことなどで特徴づけられた。Ramularia gratiolae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05621バングラデシュ新産の不完全糸状菌、Trichothecium roseum Link2008Bangladesh Journal of Plant Taxonomy2008年の論文/published in 2008, Bangladesh Journal of Plant Taxonomy, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ダッカ管区/Dhaka, ツナソ属/Corchorus, バングラデシュ/Bangladesh, バングラデシュ新産種/Bangladesh_new record, ヒヨコマメ属/Cicer, マメ科/Fabaceae, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungusTrichothecium roseum Link – A new record of hyphomycetous fungus for Bangladeshバングラデシュ新産種としてTrichothecium roseumを報告した。本種はダッカにおいてコウマの果実表面およびヒヨコマメの莢表面から分離された。記載文、感染した莢およびコロニーの写真、顕微鏡写真およびスケッチなどを掲載した。Trichothecium roseum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-05620インド新産の背着生で管孔を有さないハラタケ綱菌類2017Czech Mycology2017年の論文/published in 2017, Czech Mycology, アカシア属/Acacia, アジア新産種/Asia_new record, イチジク属/Ficus, インド/India, インド新産種/India_new record, ウルシ科/Anacardiaceae, キバナキョウチクトウ属, キョウチクトウ属/Nelium, キョウチクトウ科/Apocynaceae, ギンゴウカン属/Leucaena, クワ属/Morus, クワ科/Moraceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, チャンディーガル連邦直轄領/Chandigarh, パンジャーブ州(インド)/Punjab (India), マメ科/Fabaceae, マンゴー属/Mangifera, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 腐生菌/saprobeNew records of resupinate, non-poroid agaricomycetous fungi from Indiaインドのパンジャーブ州およびチャンディーガルにおいてコウヤクタケ類の調査を実施した。Amethicium luteoincrustatumなど9種をインド新産種として報告した。マグワをErythricium hypnophilumの新宿主として報告した。Amethicium luteoincrustatum■ / Athelidium aurantiacum■ / Dendrothele commixta■ / Erythricium hypnophilum■ / Gloeodontia columbiensis■ / Peniophorella incrustatissima■ / Scytinostroma ahmadii■ / Scytinostroma corneri■ / Tretomyces lutescens■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科
R3-05619イラン西部産のイネ科植物を宿主とする新規Fusarium属菌2018International Journal of Plant Research2018年の論文/published in 2018, International Journal of Plant Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, コムギ属/Triticum, トウモロコシ属/Zea, リニアグロース/linear growth, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 単菌糸分離/single hypha isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 萎黄病/chlorosis, 選択培地/selective mediumNew Fusarium species from poaceae in western Iranイラン西部においてイネ科植物を宿主とするFusarium属菌の調査を実施した。形態学的検討およびITS領域の配列解析により、15種を同定した。イラン新産種としてF. concentricum、F. falciforme、およびF. torulosumの3種が明らかになった。Fusarium concentricum■ / Fusarium falciforme■ / Fusarium torulosum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05618中国北部産のヤナギ属植物を宿主とするCytospora属菌2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, チベット自治区/Tibet, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 北京市/Beijing, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 寧夏回族自治区/Ningxia, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 甘粛省/Gansu, 表面殺菌法/surface sterilization method, 遼寧省/Liaoning, 陝西省/Shaanxi, 青海省/Chinghai, 黒竜江省/HeilongjiangCytospora from Salix in Northern China中国においてヤナギ属植物を宿主とするCytospora属菌の形態学的検討および分子系統解析を実施し、4種を同定した。そのうち、甘粛省においてSalix cupularisに見出された、嘴状の子座を形成するをC. rostrataとして新種記載した。また、中国におけるC. niveaの新宿主としてヤナギ属植物を報告した。Cytospora chrysosperma / Cytospora nivea / Cytospora rostrata★ / Valsa populinaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-05617Paracollema属の有効記載2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, Studies in Fungi, 命名法/nomenclature, 地衣類/lichen, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 葉状地衣/foliose lichenThe genus Paracollema validated (Collemataceae, Peltigerales, Lecanoromycetes)Otálora et al. (2013[“2014”]) が提唱した新属Paracollemaは、識別子のミスプリント(規約42.1条違反)で無効名となっていた。それに伴い、同新属における2種の新組み合わせも無効名となっていた。本報告で以上の1属2種を改めて有効に記載した。Paracollema almbornii▲ / Paracollema italicum▲
R3-05616マレーシア産のNawawia属1新種および本属の形質比較表2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ペラ州/Perak, マレーシア/Malaysia, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 走査型電子顕微鏡/SEM, 難培養性菌/uncultured fungiA new species of Nawawia from Malaysia, with a synopsis of the genusマレーシアにおいて水中に沈んだ材に発生した菌を検討し、Nawawia quadrisetulataとして新種記載した。本種はスポロドキアを形成し、分生子に4(-5)本の小剛毛を有する一方、基部に小剛毛を欠くことなどで特徴づけられた。本新種を含むNawawia属菌の形質比較表を掲載した。Nawawia quadrisetulata★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05615ブラジルのセラードに産したウツボホコリ属1新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, サバンナ/savannah, ブラジル/Brazil, マットグロッソ州/Mato Grosso, 二次代謝産物/secondary metabolite, 変形菌類/slime mold, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 色素産生/pigment production, 走査型電子顕微鏡/SEMA new species of Arcyria from the Brazilian Cerradoブラジル、マットグロッソ州のセラードで採集された変形菌の一種を検討し、Arcyria cerradensisとして新種記載した。本種は炭化した植物の幹に発生しており、子実体が鮮黄色で、細毛体に輪状装飾を有することなどで特徴づけられた。本新種を含む黄色のウツボホコリ属変形菌の検索表を掲載した。Arcyria cerradensis★Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Trichiales/ケホコリ目_Arcyriaceae/ウツボホコリ科
R3-05614トルコ産のムラサキホコリ属1新種2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, アダナ県/Adana, トルコ/Turkey, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 変形菌類/slime mold, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 走査型電子顕微鏡/SEMA new Stemonitis species from Turkeyトルコ、アダナ県の森林で採集された変形菌の一種を検討し、Stemonitis mediterraneensisとして新種記載した。本種はモミ属の腐朽材に発生し、胞子が帯黄褐色~淡褐色疣状であり、細毛体が平滑であることなどで特徴づけられた。本新種および類縁種を含む検索表を掲載した。Stemonitis mediterraneensis★Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科
R3-05613イラン北東部においてローソンヒノキに生じたTruncatella angustataの初記録2017Mycologia Iranica2017年の論文/published in 2017, Mycologia Iranica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, ゴレスターン州/Golestan, ヒノキ属/Chamaecyparis, ヒノキ科/Cupressaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 発生頻度/frequency of occurrence, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 表面殺菌法/surface sterilization methodThe first record of Truncatella angustata from Chamaecyparis lawsoniana trees in the northeast of Iranイラン、ゴレスターン州において植栽されたローソンヒノキに発生したTruncatella angustataを報告した。20%を超える樹木が枝枯病の病徴を示し、罹病木の葉から本種が分離された。本種はイランからローソンヒノキの斑点病の病原菌として既に記録されていたが、詳細な説明はなされていなかった。Truncatella angustataAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目
R3-05612グアテマラ産の新種、Craspedodidymum guatemalense2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, グアテマラ/Guatemala, コナラ属/Quercus, サカテペケス県, ブナ科/Fagaceae, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forestCraspedodidymum guatemalense sp. nov. from Guatemalaグアテマラにおいてコナラ属植物の腐朽樹皮に生じた微小菌の一種を検討し、Craspedodidymum guatemalenseとして新種記載した。本種は分生子が褐色ソーセージ形~蚕豆形で単細胞であることなどで特徴づけられた。本新種を含むCraspedodidymum属の検索表を掲載した。Craspedodidymum guatemalense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科
R3-05611ブラジル南部およびアルゼンチン北東部産のタケ生息性の管孔を有するタバコウロコタケ目菌類2009Fungal Diversity2009年の論文/published in 2009, Chusquea属, Fungal Diversity, アルゼンチン/Argentina, イネ科/Poaceae, タイプスタディ/type study, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ブラジル/Brazil, ホウライチク属/Bambusa, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 熱帯域/tropicsOn poroid Hymenochaetales growing on bamboos in Southern Brazil and NE Argentinaブラジル、リオグランデ・ド・スル州においてタケに発生した菌を検討し、Fomitiporia sanctichampagnatiiとして新種記載した。また、新組み合わせF. spinescensおよびF. uncinataを提唱した。タケ生息性の広義キコブタケ属菌の検索表を掲載した。Fomitiporia sanctichampagnatii★ / Fomitiporia spinescens▲ / Fomitiporia uncinata▲ / Phellinus bambusarumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05610Rhizoplacopsis weichingiiの正しい学名、Boreoplaca ultrafrigida2009Mycosystema2009年の論文/published in 2009, Mycosystema, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ロシア/Russia, 中国/China, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 痂状地衣/crustose lichenBoreoplaca ultrafrigida (Umbilicariales), the correct name for Rhizoplacopsis weichingiiBoreoplaca ultrafrigidaのタイプ標本を検討し、本種がRhizoplacopsis weichingiiと同一であることを示した。これに伴い、Rhizoplacopsis属をBoreoplaca属のシノニムとした。また、従来ロシアのみから知られていたB. ultrafrigidaが中国に分布することも示された。Boreoplaca ultrafrigida■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Ophioparmaceae/イワザクロゴケ科
R3-05609中国の亜熱帯および熱帯域に産し、形態および分子データを基に記載された新属Erythrophylloporus2018Mycosystema2018年の論文/published in 2018, Mycosystema, TreeBASE, コナラ属/Quercus, シイ属/Castanopsis, ツバキ科/Theaceae, ブナ科/Fagaceae, マテバシイ属/Lithocarpus, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 広東省/Guangdong, 新属提唱/new genus, 森林/forest, 江西省/Jiangxi, 浙江省/Zhejiang, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMErythrophylloporus (Boletaceae, Boletales), a new genus inferred from morphological and molecular data from subtropical and tropical China中国、海南・広東・江西・浙江省の常緑広葉樹林で採集された菌を検討し、新属新種Erythrophylloporus cinnabarinusとして記載した。本種は子実体が帯赤橙色~帯黄赤色で、子実層托が赤色の襞状、傷つくと暗紫色~帯黒青色に変色し、担子胞子が楕円形、シスチジアに暗黄褐色色素が含まれることなどで特徴づけられた。分子系統解析で本種はイグチ科クレードに含まれ、形態的に類似するコショウイグチ属や同じ襞状子実層托を有する属とは類縁性が示されなかった。Erythrophylloporus cinnabarinus★
R3-05608インド、カルナータカ州、コダグ県産のシッフネルラ科菌類2011Journal of Threatened Taxa2011年の論文/published in 2011, Carallia属, Journal of Threatened Taxa, アカネ科/Rubiaceae, インド/India, ウマノスズクサ属, ウマノスズクサ科, カルナータカ州/Karnataka, サツマイナモリ属, シソ科/Lamiaceae, ハマゴウ属/Vitex, ヒルギ科/Rhizophoraceae, 付着器/appressorium, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiSchiffnerulaceous fungi of Kodagu, Karnataka, Indiaインド、カルナータカ州から葉面菌の4新種を記載した。Questieriella ophiorrhizaeはサツマイナモリ属、Sarcinella caralliaeはCarallia属、Schiffnerula aristolochiaeはウマノスズクサ属、Sc. hoddurensisはハマゴウ属植物をそれぞれ宿主としていた。Sa. caralliaeはヒルギ科、i>Sc. aristolochiaeはウマノスズクサ科植物を宿主とする初のシッフネルラ科菌として報告された。Questieriella ophiorrhizae★ / Sarcinella caralliae★ / Schiffnerula aristolochiae★ / Schiffnerula hoddurensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Englerulaceae/エングレルラ科
R3-05607ブラジル産ラッシタケ属菌の知見の追加2013Mycosphere2013年の論文/published in 2013, Chusquea属, Mycosphere, イネ科/Poaceae, エスピリトサント州/Espirito Santo, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リター菌/litter fungi, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主選好性/host selectivity, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 降水量/precipitationContributions towards the knowledge of Favolaschia (Mycenaceae, Agaricomycetes) from Brazilブラジル、サンタカタリーナ州およびエスピリトサント州の大西洋岸森林からラッシタケ属4種を報告した。Favolaschia dealbataをブラジル新産種、F. selloanaをブラジル南東部新産種としてそれぞれ報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Favolaschia cinnabarina / Favolaschia dealbata■ / Favolaschia rubra / Favolaschia selloana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-05606グアテマラ産の新規および興味深い地衣類の記録 (1)2007Willdenowia2007年の論文/published in 2007, Baccharis属, Enterolobium属, Tabebuia属, Tecoma属, Willdenowia, アオイ科/Malvaceae, アカシア属/Acacia, アカネ科/Rubiaceae, アルタ・ベラパス県/Alta Verapaz, イトスギ属/Cupressus, ウスバヒメヤシ属/Geonoma, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, キク科/Asteraceae, キダチチョウセンアサガオ属/Brugmansia, キリモドキ属/Jacaranda, グアテマラ/Guatemala, グアテマラ新産種/Guatemala_new record, グアテマラ県/Departamento de Guatemala, ケツァルテナンゴ県/Quetzaltenango, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ上地衣, コケ生息菌/bryophilous fungus, コナラ属/Quercus, コラノキ属, コーヒーノキ属/Coffea, サンタ・ローサ県/Santa Rosa, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, セイヨウカリン属/Mespilus, トネリコ属/Fraxinus, ナス科/Solanaceae, ニワトコ属/Sambucus, ネムノキ属/Albizia, ノウゼンカズラ科/Bignoniaceae, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒルギ科/Rhizophoraceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, マングローブ林/mangrove forest, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, モクマオウ属/Casuarina, モクマオウ科/Casuarinaceae, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ユッカ属/Yucca, リュウゼツラン科/Agavaceae, レンプクソウ科/Adoxaceae, 不完全地衣/anamorphic lichen, 中米新産種/Central America_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 未知成分/unknown component, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 砂質土壌/sandy soil, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNew or interesting lichen records from Guatemala Iグアテマラの4地域において地衣類相を調査し、184分類群を報告した。そのうち12種が新熱帯、52種が中米、159種がグアテマラにおける新産種であった。各分類群について生態、地衣成分などを掲載した。Acanthothecis hololeucoides■ / Agonimia opuntiella■ / Arthonia cinnabarina■ / Arthonia muscigena■ / Asterothyrium monosporum■ / Auriculora byssomorpha■ / Bactrospora myriadea■ / Baeomyces rufus■ / Bryophagus gloeocapsa■ / Bunodophoron melanocarpum■ / Calenia aspidota■ / Calicium hyperelloides■ / Caloplaca cerina■ / Candelaria concolor■ / Candelariella rosulans■ / Candelina mexicana■ / Candelina submexicana■ / Canoparmelia amabilis■ / Canoparmelia carneopruinata■ / Canoparmelia texana■ / Catillaria nigroclavata■ / Chrysothrix xanthina■ / Cladonia coccifera■ / Cladonia corymbites■ / Cladonia pyxidata■ / Coccocarpia palmicola■ / Coenogonium pulchrum■ / Collema pulcellum■ / Cresponea proximata■ / Cryptothecia rubrocincta■ / Dermatocarpon americanum■ / Dictyonema glabratum■ / Dirinaria applanata■ / Dirinaria confluens■ / Dirinaria papillulifera■ / Dirinaria picta■ / Endocarpon pusillum■ / Erioderma glabrum■ / Erioderma verruculosum■ / Everniastrum sorocheilum■ / Everniastrum vexans■ / Fellhanera fuscatula■ / Fellhanera subfuscatula■ / Flavoparmelia caperata■ / Flavopunctelia borrerioides■ / Flavopunctelia flaventior■ / Glyphis cicatricosa■ / Graphis anguilliformis■ / Gyalectidium denticulatum■ / Gyalectidium imperfectum■ / Gyalideopsis vainioi■ / Halecania viridescens■ / Hemithecium chrysenteron■ / Heterodermia albicans■ / Heterodermia circinalis■ / Heterodermia diademata■ / Heterodermia galactophylla■ / Heterodermia granulifera■ / Heterodermia isidiophora■ / Heterodermia japonica■ / Heterodermia magellanica■ / Heterodermia podocarpa■ / Heterodermia squamulosa■ / Hyperphyscia adglutinata■ / Hyperphyscia pandani■ / Hypotrachyna aspera■ / Hypotrachyna brevirhiza■ / Hypotrachyna revoluta■ / Hypotrachyna rockii■ / Hypotrachyna showmanii■ / Hypotrachyna sinuosa■ / Japewiella tavaresiana■ / Lecania turicensis■ / Lepraria incana■ / Lepraria lobificans■ / Lepraria nivalis■ / Lepraria umbricola■ / Lepraria vouauxii■ / Leprocaulon arbuscula■ / Leptogium azureum■ / Leptogium cochleatum■ / Leptogium cyanescens■ / Leptogium marginellum■ / Leptogium milligranum■ / Leptogium phyllocarpum■ / Lobaria tenuis■ / Megalospora tuberculosa■ / Micarea peliocarpa■ / Myriotrema compunctum■ / Normandina pulchella■ / Ocellularia perforata■ / Opegrapha herbarum■ / Opegrapha ochrocheila■ / Oropogon loxensis■ / Pannaria malmei■ / Parmeliella miradorensis■ / Parmeliella pannosa■ / Parmelinopsis afrorevoluta■ / Parmelinopsis horrescens■ / Parmelinopsis minarum■ / Parmotrema austrosinense■ / Parmotrema chiapense■ / Parmotrema pseudocrinitum■ / Parmotrema rampoddense■ / Parmotrema sorediiferum■ / Parmotrema subisidiosum■ / Parmotrema xanthinum■ / Paulia rhizophora■ / Paulia wrightii■ / Peltigera didactyla■ / Peltigera dolichorrhiza■ / Peltigera neopolydactyla■ / Phaeographis dendritica■ / Phaeophyscia hispidula■ / Phyllobaeis erythrella■ / Physcia dubia■ / Physcia integrata■ / Physcia poncinsii■ / Physcia sorediosa■ / Physcia tribacia■ / Platygramme caesiopruinosa■ / Porina leptalea■ / Protoblastenia rupestris■ / Pseudocyphellaria aurata■ / Punctelia borreri■ / Punctelia colombiana■ / Punctelia perreticulata■ / Punctelia subrudecta■ / Pyxine eschweileri■ / Pyxine meissnerina■ / Ramalina aspera■ / Ramalina celastri■ / Relicina abstrusa■ / Schismatomma rediunta■ / Scoliciosporum gallurae■ / Scoliciosporum umbrinum■ / Stereocaulon microcarpum■ / Stereocaulon myriocarpum■ / Stereocaulon pachycephalum■ / Sticta weigelii■ / Syncesia psaroleuca■ / Teloschistes flavicans■ / Thalloloma hypoleptum■ / Thelenella modesta■ / Thelotrema lepadinum■ / Thelotrema spondaicum■ / Thelotrema stylothecium■ / Trapelia coarctata■ / Umbilicaria leprosa■ / Usnea rubicunda■ / Xanthoparmelia conspersa■ / Xanthoparmelia cumberlandia■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Ascomycota/子嚢菌門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Gomphillaceae/ヒゲゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Baeomycetales/センニンゴケ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Catillariaceae/カティラリア科_Chrysothricaceae/コガネゴケ科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Coccocarpiaceae/コッコカルピア科_Coenogoniaceae/セノゴニウム科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Pannariaceae/ハナビラゴケ科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Leprocaulaceae/レプロカウロン科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Lobariaceae/カブトゴケ科_Megalosporaceae/メガロスポラ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Psoraceae/プソラ科_Roccellaceae/ロクセラ科_Scoliciosporaceae/スコリシオスポリウム科_Thelenellaceae/オオアミゴケ科_Trapeliaceae/トラペリア科_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-05605ウクライナ産の異担子器を有するコウヤクタケ類の新記録2012Turkish Journal of Botany2012年の論文/published in 2012, Turkish Journal of Botany, アオイ科/Malvaceae, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, トウヒ属/Picea, ドネツィク州/Donetsk, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ハンノキ属/Alnus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ラン型菌根/orchid mycorrhiza, ルハーンシク州/Luhansk, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 気温/temperature, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationNew records of corticioid fungi with heterobasidia from Ukraineウクライナ東部、セーベルスキー・ドネツ川盆地の森林から15種の異担子器を有するコウヤクタケ類を報告した。そのうちBasidiodendron rimulentumなど11種をウクライナ新産種として報告した。その他にはウクライナからの2番目の報告、ステップおよび平野部からの初報告の種などが含まれた。Basidiodendron eyrei■ / Basidiodendron rimulentum■ / Ceratobasidium cornigerum■ / Eichleriella deglubens■ / Exidiopsis galzinii■ / Exidiopsis griseobrunnea■ / Helicogloea lagerheimii■ / Stypella grilletii■ / Thanatephorus fusisporus / Tulasnella albida■ / Tulasnella eichleriana■ / Tulasnella pallida■ / Tulasnella saveloides■ / Tulasnella thelephorea■ / Tulasnella violea■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科_Cantharellales/アンズタケ目_Ceratobasidiaceae/ツノタンシキン科_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Atractiellomycetes/アトラクティエラ綱_Atractiellales/アトラクティエラ目_Phleogenaceae/フレオゲナ科_Tulasnellaceae/ツラスネラ科
R3-05604Parapterulicium属の再分類、ラクノクラディウム科およびカワタケ科の研究および新属Baltazaria2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), クローニング/cloning, コウヤクタケ類/corticioid fungi, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, サンパウロ州/São Paulo, タイプスタディ/type study, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 共有派生形質/synapomorphy, 再発見/rediscovery, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 環境配列/environmental sequence, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEMReclassification of Parapterulicium Corner (Pterulaceae, Agaricales), contributions to Lachnocladiaceae and Peniophoraceae (Russulales) and introduction of Baltazaria gen. nov.ブラジルにおいて再発見されたParapterulicium属菌を検討し、分子系統解析によりベニタケ目のカワタケ科クレードとの類縁性が示された。Parapterulicium属が側系統群であったことから、新属Baltazariaを提唱した。P. octopoditesおよびScytinostroma属3種を本新属に移した。Baltazaria eurasiaticogalactina▲ / Baltazaria galactina▲ / Baltazaria neogalactina▲ / Baltazaria octopodites▲■ / Parapterulicium subarbusculumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pterulaceae/フサタケ科
R3-05603オクラホマ州新産種、Chorioactis geaster2017Oklahoma Native Plant Record2017年の論文/published in 2017, Oklahoma Native Plant Record, オクラホマ州/Oklahoma, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 生物地理学/biogeography, 稀産種/rare species, 米国/USA, 腐生菌/saprobe, 草地/grasslandFirst Record of Chorioactis geaster from Oklahoma米国オクラホマ州における新産種としてChorioactis geasterを報告した。本種は米国ではテキサス州からのみ知られていた。本種はリターおよび木質残渣のある草地に散生しており、埋もれた材から発生しているのかどうかは不明であった。Chorioactis geaster■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目
R3-05602ローマカミツレ属を宿主とする初の黒穂菌の新種、Thecaphora anthemidis2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, キク科/Asteraceae, ギリシャ/Greece, ホストシフト/host shift, ローマカミツレ属/Anthemis, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南エーゲ地方/South Aegean, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 黒穂菌/smut fungiThe first smut fungus, Thecaphora anthemidis sp. nov. (Glomosporiaceae), described from Anthemis (Asteraceae)ギリシャ、ロードス島においてAnthemis chiaを宿主とする黒穂菌を検討し、Thecaphora anthemidisとして新種記載した。本種は緩い胞子団を頭状花および花柄に形成し、その特徴で同属他種と区別された。本種はローマカミツレ属植物を宿主とする初の黒穂菌として報告された。Thecaphora anthemidis★Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Glomosporiaceae/グロモスポリア科
R3-05601続・好塩性:Wallemia属の極限環境における生活様式についての新たな洞察、および新種Wallemia hederaeの記載2015Fungal Diversity2015年の論文/published in 2015, CFU, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Fungal Diversity, β-ガラクトシダーゼ/β-galactosidase, β-グルコシダーゼ/β- glucosidase, アピザイム/API ZYM, アルカリホスファターゼ, イネ科/Poaceae, ウコギ科/Araliaceae, エステラーゼ/esterase, オオムギ属/Hordeum, キヅタ属/Hedera, キモトリプシン, クロアチア/Croatia, グルコシダーゼ/glucosidase, コナラ属/Quercus, スライド培養法/slide culture method, スロベニア/Slovenia, デンマーク/Denmark, ハチの巣/honeycomb, バイオマス測定/biomass measurement, ブナ科/Fagaceae, ポジェガ=スラヴォニア郡, モデル生物/model organism, リター菌/litter fungi, リパーゼ/lipase, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 加工食品/processed food, 加水分解酵素/hydrolase, 動物の巣/animal nest, 吸光度/absorbance, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分濃度/salinity, 塩分濃度適性/salinity aptitude, 塩化マグネシウム耐性, 好塩菌/halophilic fungi, 好稠菌/osmophilic fungus, 室内環境/indoor condition, 新種記載/new species, 昆虫の巣/insect nest, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 極限環境/extreme environment, 機械学習, 気温/temperature, 水分活性/water activity, 水試料/water sample, 池沼/ponds and swamps, 沈泥/silt, 沿岸域/coastal area, 湿度/humidity, 発生頻度/frequency of occurrence, 砂地/sand, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 空中真菌/air-borne fungus, 細胞外酵素/extracellular enzyme, 耐塩性菌/salt-tolerant fungus, 花生息菌/floricolous fungus, 草地/grassland, 蜂蜜/honey, 資化試験/assimilation test, 選択培地/selective medium, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 酸性ホスファターゼ, 降水量/precipitation, 食品汚染/Food contamination, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatography, 魚類生息菌Halophily reloaded: new insights into the extremophilic life-style of Wallemia with the description of Wallemia hederae sp. nov様々な地域において空中から分離されたWallemia属菌株について、300を超える低水分活性の基質における生長を調査した。スロベニアおよびクロアチアにおいてキヅタ属植物などから分離された菌を検討し、W. hederaeとして新種記載した。NaCl添加培地での様々な細胞外酵素の活性試験の結果からも、Wallemia属菌が低水分活性に適応してきたことが示唆された。Wallemia hederae★Basidiomycota/担子菌門_Wallemiomycetes/ワレミア綱_Wallemiales/ワレミア目_Wallemiaceae/ワレミア科
R3-05600Ambrosiodmus属養菌性キクイムシの共生担子菌の新種、Flavodon ambrosius2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Ambrosiodmus属, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンブロシア菌/ambrosia fungus, キクイムシ科/Scolytidae, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, フウ属/Liquidambar, フウ科/Altingiaceae, フロリダ州/Florida, メタゲノム/metagenomics, ヤマモモ属/Myrica, ヤマモモ科/Myricaceae, 側系統群/paraphyletic group, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 昆虫の巣/insect nest, 材生息菌/lignicolous fungus, 次世代シーケンシング/next generation sequencing, 米国/USA, 菌嚢/mycangium, 菌園/fungus gardenFlavodon ambrosius sp. nov., a basidiomycetous mycosymbiont of Ambrosiodmus ambrosia beetles米国フロリダ州においてAmbrosiodmus属甲虫の菌嚢および菌園から分離された菌を検討し、Flavodon ambrosiusとして新種記載した。本種はタマチョレイタケ目に含まれる担子菌で、分子系統解析ではF. flavusに近縁であった。本種は培養下で分節分生子を形成し、有性世代は認められなかった。Flavodon ambrosius★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05599ボウフラに対して病原性を有する卵菌、Crypticola clavuliferaの分類および系統学的解析2018Fungal Biology2018年の論文/published in 2018, Forcipomyia属, Fungal Biology, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, サトイモ属/Colocasia, サトイモ科/Araceae, ヌカカ科/Ceratopogonidae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 水生昆虫/aquatic insect, 生活環/life cycle, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation inductionTaxonomic and phylogenetic analysis of the Oomycota mosquito larvae pathogen Crypticola clavulifera系統学的位置が不明なボウフラの病原菌Crypticola clavuliferaについて、形態学的検討および複数遺伝子に基づく分子系統解析を実施した。本種は卵菌類のミズカビ綱クレードに含まれ、その中で最も早期に分岐したクラスターに位置づけられた。本種はアトキンシエラ目のAtkinsiella dubiaに近縁であった。Crypticola clavuliferaOomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Myzocytiopsidales/ミゾキティオプシス目
R3-05598Dichostereum属の系統分類、および中国南部産の3新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, Dacrydium属, MycoKeys, TreeBASE, オーストラリア/Australia, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シイ属/Castanopsis, ブナ科/Fagaceae, マキ科/Podocarpaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 安徽省/Anhui, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 江西省/Jiangxi, 海南省/Hainan, 湖北省/Hubei, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/YunnanTaxonomy and phylogeny of Dichostereum (Russulales), with descriptions of three new species from southern China中国からDichostereum austrosinense、D. boidinii、およびD. eburneumの3新種を記載した。これらの新種はそれぞれ大型の担子胞子およびグレオシスチジア、厚い子実体と小型の担子胞子、淡色の子実体および肉に含まれる結晶などで特徴づけられた。中国産Dichostereum属5種の検索表を掲載した。Dichostereum austrosinense★ / Dichostereum boidinii★ / Dichostereum eburneum★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科
R3-05597ヨーロッパ産コガサタケ属2新種およびコガサタケ属・ツチイチメガサ属モノグラフの訂正2009Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2009年の論文/published in 2009, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, アブルッツォ州/Abruzzo, エラッタ/errata, オーストリア/Austria, ケルンテン州/Kärnten, ドイツ語/German, ハリエンジュ属/Robinia, マメ科/Fabaceae, モノグラフ/monograph, 亜節概念, 亜節概念の修正, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEMTwo new Conocybe species from Europe and corrections to the monograph Conocybe-Pholiotinaイタリア産Conocybe panaeoloidesおよびオーストリア産C. reinwaldiiの2新種を記載した。前者の記載に伴い、柄が根状である場合が含まれるようにSubleiosporae亜節の概念を修正した。また、2009年のモノグラフに掲載された検索表を修正し、誤記を訂正した。Conocybe panaeoloides★ / Conocybe reinwaldii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科
R3-05596オキナタケ科菌類の観察 (31):新種Conocybe volviradicata2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, トルコ/Turkey, ムーラ県/Mugla, 堆肥/compost, 庭園/garden, 新種記載/new species, 畑地/farmland, 胞子紋/spore printObservations on the Bolbitiaceae 31. Conocybe volviradicata sp. nov.トルコ、ムーラ県において庭園の施肥土壌に発生した菌を検討し、Conocybe volviradicataとして新種記載した。本種はSingerella節に含まれ、柄につばを有し、基部が長い根状であることなどで特徴づけられた。本種はトルコにおいて12番目に報告されたコガサタケ属菌となった。Conocybe volviradicata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科
R3-05595中国雲南省産の新規かつ興味深いヌメリガサ属1種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, シイ属/Castanopsis, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 土壌深部/deep soil, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 胞子紋/spore print, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 雲南省/Yunnan, 食用きのこ/edible mushroomsA new and noteworthy species of Hygrophorus from Yunnan, China中国雲南省の亜高山帯森林においてCastanopsis delavayiの樹下に発生した菌を検討し、Hygrophorus robustusとして新種記載した。本種は傘がローアンバー~淡黄褐色で襞が黄褐色、柄がオオシロアリタケのように頑丈で、マツタケ臭があることなどで特徴づけられ、現地の市場で食用に販売されていた。本種はマツタケのシロのようなコロニーを形成し、帯黒色の炭化した菌根が見出された。Hygrophorus robustus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科
R3-05594台湾産Pestalotiopsis属菌の追加2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, GCPSR, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, クスノキ科/Lauraceae, シロダモ属/Neolitsea, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 台北市/Taipei, 台湾/Taiwan, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種の境界/species delimitation, 腐生菌/saprobeAdditions to Pestalotiopsis in Taiwan台湾台北市で採集された菌を検討し、Pestalotiopsis formosanaおよびP. neolitseaeとして新種記載した。前者は枯れたイネ科草本、後者はNeolitsea villosaの生葉にそれぞれ発生しており、前者は腐生菌である一方、後者は病原性が確かめられた。後者は台湾においてNeolitsea villosaの斑点病を引き起こす初の病原菌として報告された。Pestalotiopsis formosana★ / Pestalotiopsis neolitseae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科
R3-05593トルコ新産の大型菌類2種2006Turkish Journal of Botany2006年の論文/published in 2006, Turkish Journal of Botany, コナラ属/Quercus, コンヤ県/Konya, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 降水量/precipitationTwo New Taxa Records for the Macrofungi of TurkeyLachnum virgineumおよびHymenoscyphus fructigenusの2種をトルコ新産種として報告した。コンヤ県の森林において、前者はマツの球果、後者はオークの枝に発生していた。両種の記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Hymenoscyphus fructigenus■ / Lachnum virgineum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Hyaloscyphaceae/ヒアロスキファ科
R3-05592南アジアおよび東南アジア産の新規および興味深いラブルベニア目菌類2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Clivina属, Craspedophorus属, Leiochrodes属, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, インド/India, インドネシア/Indonesia, インドネシア新産種/Indonesia_new record, インド新産種/India_new record, オオキノコムシ科/Erotylidae, オサムシ科/Carabidae, クチヒゲハネカクシ属, コガシラハネカクシ属/Philonthus, ゴミムシダマシ科/Tenebrionidae, シンガポール/Singapore, シンガポール新産種, ハネカクシ科/Staphylinidae, パプアニューギニア/Papua New Guinea, パプアニューギニア新産種/Papua New Guinea_new record, フィリピン/Philippines, フィリピン新産種/Philippines_new record, マニラ首都圏/Metro Manila, ミズスマシ科/Gyrinidae, ミルン湾州, ムネスジウミベハネカクシ属, 中部カリマンタン州, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 種内変異/intraspecific variation, 西スマトラ州/West Sumatra, 西ヌサ・トゥンガラ州, 西ベンガル州/West BengalNew and interesting Laboulbeniales from southern and southeastern Asiaアメリカ自然史博物館の昆虫標本23,000点以上を調査し、フィリピンからLaboulbenia erotylidarumおよびL. popliteaの2新種を記載した。前者はオオキノコムシ科甲虫、後者はCraspedophorus属甲虫をそれぞれ宿主としていた。この他にインド、インドネシア、パプアニューギニア、シンガポールから新産種を報告した。Blasticomyces lispini / Cantharomyces orientalis■ / Dimeromyces rugosus■ / Laboulbenia anoplogenii / Laboulbenia cafii■ / Laboulbenia erotylidarum★ / Laboulbenia poplitea★ / Laboulbenia satanas / Laboulbenia timurensis■ / Monoicomyces stenusae■ / Ormomyces clivinae■ / Peyritschiella princepsAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-05591ベトナム産のHeliocephala属1新種2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ドンナイ省/Dong Nai, ベトナム/Vietnam, リター菌/litter fungi, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯モンスーン林/tropical monsoon forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forestA new species of Heliocephala from Vietnamベトナム、ドンナイ省において腐朽葉に見出されたアナモルフ菌の一種を検討し、Heliocephala vietnamensisとして新種記載した。本種は分生子形成細胞が分生子柄頂部に集まりをなし、分生子が淡褐色、倒棍棒形~類舟形で3隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種はHeliocephala属のうち2種のみと類似していたが、分生子柄や分生子の形態が異なっていた。Heliocephala vietnamensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05590Tricholosporum goniospermum:遺伝的多様性およびキシメジ亜目(旧トリコロマトイドクレード)との系統関係2017Sydowia2017年の論文/published in 2017, Sydowia, TreeBASE, アペニン山脈/Apennines, イタリア/Italy, ウンブリア州/Umbria, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 協調進化/concerted evolution, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 生物地理学/biogeography, 種内変異/intraspecific variation, 統計解析/statistical analysis, 雑種形成/hybridization, 食用きのこ/edible mushroomsTricholosporum goniospermum, genetic diversity and phylogenetic relationship with the Tricholomatineae [formerly tricholomatoid clade]イタリア中部産のTricholosporum goniospermumについて、形態学的検討および分子系統解析を実施した。ITS領域の塩基配列多型から、イタリア中部の集団が北部と遺伝的に異なることが示された。分子系統解析により、Tricholosporum属がキシメジ亜目クレードにおいて孤立した位置にあり、キシメジ科との類縁性は薄いことなどが示された。Tricholosporum goniospermumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05589バイーア州南部の大西洋岸森林に産したアナモルフ菌類:新産種および新種Dactylaria pseudomanifesta2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Harleyodendron属, Mycotaxon, Parinari属, Samanea属, アカテツ科/Sapotaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウルシ科/Anacardiaceae, クリソバラヌス科/Chrysobalanaceae, ココヤシ属/Cocos, サポジラ属/Manilkara, テリハボク属/Calophyllum, テリハボク科/Calophyllaceae, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, マメ科/Fabaceae, マンゴー属/Mangifera, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyAnamorphic fungi of the Atlantic forest of southern Bahia: New records and Dactylaria pseudomanifesta sp. novブラジル、バイーア州で採集されたアナモルフ菌の一種を検討し、Dactylaria pseudomanifestaとして新種記載した。本種はManilkara maximaの腐朽葉に生じ、分生子が淡褐色倒棍棒形~洋独楽形で3隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、リターに生じたBeltraniella fertilisなど9種をブラジル新産種として報告した。Beltraniella fertilis■ / Chaetosphaeria innumera■ / Dactylaria pseudomanifesta★ / Dictyosporium oblongum■ / Idriella acerosa■ / Inesiosporium longispirale■ / Pseudobeltrania macrospora■ / Scolecobasidium tropicum■ / Sporidesmium coffeicola■ / Triscelophorus curviramifer■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Beltraniaceae/ベルトラニア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dictyosporiaceae/ディクティオスポリウム科_Helotiaceae/ビョウタケ科_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科
R3-05588オーストラリア産の新種、Dentipellis tasmanica2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, オーストラリア/Australia, タスマニア州/Tasmania, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification keyDentipellis tasmanica sp. nov. (Hericiaceae, Basidiomycota) from Australiaオーストラリア、タスマニア州においてナンキョクブナ属の一種の材に生じた菌を検討し、Dentipellis tasmanicaとして新種記載した。本種は子実体が一年生で背着生、刺がクリーム色で乾燥時肉桂色、担子胞子が粗面、厚壁胞子を形成し、1菌糸型であることなどで特徴づけられた。本新種を含む全世界の狭義Dentipellis属菌の検索表を掲載した。Dentipellis tasmanica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Hericiaceae/サンゴハリタケ科
R3-05587ほつれた糸を結ぶ:鳥によって散布される新熱帯産根状菌糸束形成菌の系統分類の改訂2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, TreeBASE, エクアドル/Ecuador, カヨ州/Cayo, ガイアナ/Guyana, スクンビオス県/Sucumbíos, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ベリーズ/Belize, ペルー/Peru, マットグロッソ州/Mato Grosso, レクトタイプ指定/lectotype designation, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 動物の巣/animal nest, 動物散布/animal dispersal, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 散布様式/dispersal style, 新組み合わせ提唱/new combination, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 鳥の巣/bird’s nest, 鳥散布/bird dispersionTying up loose threads: revised taxonomy and phylogeny of an avian-dispersed Neotropical rhizomorph-forming fungus生殖構造を形成せず、進化的起源が不明であったRhizomorpha corynecarposを検討した。分子系統解析により本種がホウライタケ科のBrunneocorticium bisporumと近縁であることを示し、本種をBrunneocorticium属に移した。本種は様々な鳥の巣の材料として用いられ、それによって長距離の散布が可能になっていると考えられた。Brunneocorticium corynecarpon▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05586β-チューブリンおよびアクチン遺伝子に基づく系統解析により、中国の淡水環境に産した新種Phaeoacremonium ovaleが支持された2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 雲南省/YunnanBeta-tubulin and Actin gene phylogeny supports Phaeoacremonium ovale as a new species from freshwater habitats in China中国雲南省の小川において腐朽材から分離された菌を検討し、Phaeoacremonium ovaleとして新種記載した。本種は子嚢果が半埋生し頸部が長く、子嚢胞子が卵形~楕円形、分生子が卵状~楕円形であることなどで特徴づけられた。本種はβ-チューブリンおよびアクチン遺伝子に基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Phaeoacremonium ovale★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Togniniaceae/トグニニア科
R3-05585新熱帯産Amanita crebresulcata Bas:ブラジル北東部における新記録2007Hoehnea2007年の論文/published in 2007, Hoehnea, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 森林/forest, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitationThe Neotropical Amanita crebresulcata Bas: new citation from Northeast Brazilブラジル、ペルナンブーコ州の大西洋岸森林で採集されたAmanita crebresulcataをブラジル北東部新産種として報告した。本種は初めアマゾナス州から記載され、アマゾン以外からの報告は2番目となった。本種はホロタイプ標本とは担子胞子のサイズおよび形状が類似していたが、傘表皮の形態が異なっていた。Amanita crebresulcata■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05584東アジア産のコウヤクタケ型担子菌の1新種、Hypochnicium pini2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ソウル特別市/Seoul, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湖北省/Hubei, 複合種/species complex, 韓国/South KoreaHypochnicium pini, a new corticioid basidiomycete in East Asia韓国ソウルおよび中国湖北省で採集されたコウヤクタケ類の一種を検討し、Hypochnicium piniとして新種記載した。本種は子実体が淡黄色で担子胞子が類球形~広楕円形、シスチジアが単型であることなどで特徴づけられた。韓国産Hypochnicium属菌の検索表を掲載した。Hypochnicium pini★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05583南米南部産スミイボゴケ属型地衣類の2新種、1新組み合わせ、および4新産種2018Australasian Lichenology2018年の論文/published in 2018, Australasian Lichenology, アトラノリン類/atranorins, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, アンデス山脈/Andes, エクアドル/Ecuador, エクアドル新産種/Ecuador_new record, オキセピン類/oxepins, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, キサントン類/xanthones, スチクチン酸類/stictic acids, タイプスタディ/type study, チリ/Chile, チリ新産種/Chile_new record, チンボラソ県/Chimborazo, ティエラ・デル・フエゴ州/Tierra del Fuego, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヒースランド/heathland, ビオビオ州/Biobío, リケキサントン類/lichexanthones, レクトタイプ指定/lectotype designation, ロス・ラゴス州/Los Lagos, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine regionTwo new species, a new combination and four new records of saxicolous buellioid lichens (Ascomycota, Caliciaceae) from southern South Americaチリ産のAmandinea puertomonttensisおよびアルゼンチン産のTetramelas fuegiensisの2新種を記載した。また、新組み合わせBuellia pygmaeaを提唱した。Amandinea fuscoatratulaなど3種1変種を南米新産種として報告した。Amandinea fuscoatratula■ / Amandinea puertomonttensis★ / Amandinea subplicata■ / Buellia ocellata■ / Buellia pygmaea▲● / Buellia stellulata■ / Tetramelas fuegiensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-05582イラン、ペルシャ湾のハラー森林保護区において分離された子嚢菌の新種、Aureobasidium mangrovei2018Antonie van Leeuwenhoek2018年の論文/published in 2018, Antonie van Leeuwenhoek, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イラン/Iran, ウレアーゼ試験/urease test, エンドファイト/endophyte, キツネノマゴ科/Acanthaceae, デンプン/starch, ヒルギダマシ属/Avicennia, ビタミン要求性/vitamin requirement, ホルモズガーン州/Hormozgan, マングローブ林/mangrove forest, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 沿岸域/coastal area, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 耐塩性菌/salt-tolerant fungus, 資化試験/assimilation test, 選択培地/selective medium, 酵母/yeast, 黒色酵母/black yeastAureobasidium mangrovei sp. nov., an ascomycetous species recovered from Hara protected forests in the Persian Gulf, Iranイランにおいてヒルギダマシの健全葉から分離された黒色酵母様の菌を検討し、Aureobasidium mangroveiとして新種記載した。本種は系統的に近縁な2種と異なり、15%塩化ナトリウム添加培地において生育可能であった。本種は顕微鏡的形態によっては同属他種と明瞭に識別されなかった。Aureobasidium mangrovei★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Dothioraceae/ドチオラ科
R3-05581Ilex elmerrillianaに生じたCoccomyces属1新種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, モチノキ属/Ilex, モチノキ科/Aquifoliaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 安徽省/Anhui, 山地/mountains, 帯線/zone line, 新種記載/new species, 漂白/bleachingA new species of Coccomyces (Rhytismatales, Ascomycota) on Ilex elmerrilliana中国安徽省においてIlex elmerrillianaの落葉に生じた菌を検討し、Coccomyces ilicisとして新種記載した。本種は子嚢果および分生子果とともに、灰褐色または褐色の細い帯線を形成した。本種は子嚢の幅が広く、子実上層および外被層を欠くことなどで特徴づけられた。Coccomyces ilicis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-05580カタールの塩分濃度の高い海洋環境から分離された担子菌酵母の新種、Naganishia qatarensis2018International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2018年の論文/published in 2018, CFU (Colony Forming Unit), International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, pH(水質)/pH (water), アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, カタール/Qatar, スライド培養法/slide culture method, デンプン/starch, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分濃度/salinity, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 水温/water temperature, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 菌類相調査/mycofloristic survey, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance testNaganishia qatarensis sp. nov., a novel basidiomycetous yeast species from a hypersaline marine environment in Qatarカタールにおいて海水から分離された担子菌酵母の一種を検討し、Naganishia qatarensisとして新種記載した。本種はITS+nrLSUに基づく分子系統解析でNaganishia cerealisなどに近縁であった。本種は系統的に近縁な種とは35°Cで生育可能であること、細胞外デンプン様物質を産生しないこと、炭素源および窒素源の資化能などによって区別された。Naganishia qatarensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Filobasidiales/フィロバシディウム目_Filobasidiaceae/フィロバシディウム科
R3-05579クックフオン国立公園におけるフクロタケ属菌の新記録2018Vietnam Journal of Science Technology and Engineering2018年の論文/published in 2018, Vietnam Journal of Science Technology and Engineering, ニンビン省, ベトナム/Vietnam, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食毒不明/edibility unknown, 食用きのこ/edible mushroomsNew records of genus Volvariella (Pluteaceae) from Cuc Phuong National Parkベトナム、ニンビン省のクックフオン国立公園ににおいて大型菌類の調査を実施し、フクロタケ属5種を記録した。そのうちVolvariella volvaceaなど4種を本国立公園における新産種として報告した。各種の記載文などのほか、掲載種の検索表を掲載した。Volvariella gloiocephala■ / Volvariella murinella / Volvariella pusilla■ / Volvariella taylorii■ / Volvariella volvacea■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-05578イランにおけるイチゴ生産の新たな障害:Cladosporium属菌2017Phytopathologia Mediterranea2017年の論文/published in 2017, Phytopathologia Mediterranea, すす病/sooty mold, イラン/Iran, オランダイチゴ属/Fragaria, コッホの原則/Koch_s postulation, コルデスターン州/Kurdistan, バラ科/Rosaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 実腐病/fruit rot, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新病害報告/new disease, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温室/greenhouse, 畑地/farmland, 花生息菌/floricolous fungus, 複合種/species complexCladosporium species, a new challenge in strawberry production in Iranイランのイチゴ生産地域において2種の病原菌による新規の病害が見出された。2種をCladosporium macrocarpumおよびC. limoniformeと同定し、それらの病原性を接種試験で確かめた。両種のイランにおけるイチゴの病原菌としての報告は初となった。Cladosporium limoniforme / Cladosporium macrocarpumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科
R3-05577華中産の新種、Peltigera neodegenii2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 二次構造/secondary structure, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 湖北省/Hubei, 生物多様性調査/biodiversity survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichenPeltigera neodegenii sp. nov. from Central China中国湖北省で採集された地衣の一種を検討し、Peltigera neodegeniiとして新種記載した。本種は裂片中央部に光沢を有し、裂片下面に顕著な隆起した脈を有し、Nostoc属シアノバクテリアを共生藻とすることなどで特徴づけられた。本種を含む分子系統解析およびITS2領域の二次構造解析を実施した。Peltigera neodegenii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Peltigeraceae/ツメゴケ科
R3-05576台湾産ハリサシカビ属2新種および台湾産ハリサシカビ属菌の検索表2007Botanical Studies2007年の論文/published in 2007, Botanical Studies, Thamnostylum属, ネズミ科/Muridae, リヒテイミア科, 南投県/Nantou, 台湾/Taiwan, 土壌菌/soil fungi, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 糞生菌/coprophilous fungi, 苗栗県/Miaoli, 菌寄生菌/mycoparasiteTwo new species of Syncephalis from Taiwan, with a key to the Syncephalis species found in Taiwan台湾からSyncephalis clavataおよびS. formosanaの2新種を記載した。前者は分節胞子嚢が分枝し、分節胞子が樽形であること、後者は分節胞子嚢が分枝し、分節胞子が円筒形であることなどでそれぞれ特徴づけられた。台湾産ハリサシカビ属菌9種の検索表を掲載した。Syncephalis clavata★ / Syncephalis formosana★Zoopagomycota/トリモチカビ門_Zoopagomycotina/トリモチカビ亜門_Zoopagomycetes/トリモチカビ綱_Zoopagales/トリモチカビ目
R3-05575台湾産分節胞子嚢形成性菌 (7):エダカビ属の2新産種2010Fungal Science2010年の論文/published in 2010, Fungal Science, Metarhizium属, アオカビ属, ウサギ科/Leporidae, ウシ科/Bovidae, ケカビ属/Mucor, ケカビ科/Mucoraceae, コウジカビ科, ネズミ科/Muridae, バッカクキン科/Clavicipitaceae, ヤギ属/Capra, 分子同定/molecular identification, 動物園/zoo, 台北市/Taipei, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 嘉義市/Chiayi, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 新竹市/Hsinchu, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌寄生菌/mycoparasite, 走査型電子顕微鏡/SEM, 配列決定/sequencingThe merosporangiferous fungi from Taiwan (VII): Two new records of Piptocephalis台湾で採集されたPiptocephalis fresenianaおよびP. xenophilaを台湾新産種として報告した。前者はヤギ、マウス、ウサギの糞から分離され、Mucor hiemalisを宿主としていた。後者は土壌から分離され、Paecilomyces marquandiiやアオカビ属菌などを宿主としていた。Piptocephalis freseniana■ / Piptocephalis xenophila■Zoopagomycota/トリモチカビ門_Zoopagomycotina/トリモチカビ亜門_Zoopagomycetes/トリモチカビ綱_Zoopagales/トリモチカビ目
R3-05574二輪生筆状体から白色の分生子塊を形成する新種、Penicillium albobiverticillium2010Fungal Science2010年の論文/published in 2010, Fungal Science, アナモルフ菌/anamorphic fungi, リター菌/litter fungi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 台湾/Taiwan, 培養性状/colony characteristics, 宜蘭県/Yilan, 新種記載/new species, 森林/forest, 水溶性色素/water-soluble pigment, 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEMPenicillium albobiverticillium sp. nov., a new species producing white conidial masses from biverticillate penicillia台湾宜蘭県の森林において広葉樹の腐朽葉から分離された菌を検討し、Penicillium albobiverticilliumとして新種記載した。本種は筆状体が二輪生、フィアライドが針状、分生子塊が白色であり、培養下で赤色の水溶性色素および血赤色の滲出物を豊富に産生することなどで特徴づけられた。本種はBiverticillium亜属に含まれ、全ての他種と分生子柄、分生子の形態および赤色色素の存在によって区別された。Penicillium albobiverticillium★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-05573台湾新産のハラタケ属4種2010Fungal Science2010年の論文/published in 2010, Fungal Science, 台中市/Taichung, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 新産種報告/new record, 草地/grasslandFour species of Agaricus (Basidiomycotina) new to Taiwan台湾新産種としてAgaricus comtulus、A. porphyrizon、A. romagnesii、およびA. silvaticusを報告した。各種は台湾台中市において草地または土壌から発生していた。各種の記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Agaricus comtulus■ / Agaricus porphyrizon■ / Agaricus romagnesii■ / Agaricus silvaticus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05572インド産の担子菌類3新種2013Turkish Journal of Botany2013年の論文/published in 2013, Turkish Journal of Botany, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, パンジャーブ州(インド)/Punjab (India), ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, フトモモ科/Myrtaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 草地/grasslandThree new species of basidiomycetous fungi from IndiaインドからLepiota indica、Lepiota attenuispora、およびLimacella magnaの3新種を記載した。Le. indicaは帯褐色で小型刺状の鱗片に覆われ、Le. attenuisporaはささくれ状で傘縁部に被膜が懸垂することなどで特徴づけられた。Li. magnaは傘および柄が褐色鱗片に覆われ、担子胞子が大型で、傘表皮が毛状被であることなどで特徴づけられた。Lepiota attenuispora★ / Lepiota indica★ / Limacella magna★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05571パキスタン新産種、Ceriporia lacerata2018Asian Journal of Mycology2018年の論文/published in 2018, Asian Journal of Mycology, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, ネムノキ属/Albizia, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, マメ科/Fabaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 文献調査/literature survey, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobeCeriporia lacerata (Phanerochaetaceae, Basidiomycota): A new record from Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州からCeriporia lacerataをパキスタン新産種として報告した。本種との同定は形態形質およびITS領域の分子データに基づき行った。本種はビルマネムの樹皮に生じており、背着生で1菌糸型、クランプを欠くことなどで特徴づけられた。Ceriporia lacerata■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05570ベネズエラのエル・アビラに産したアナモルフ菌2新種および微小菌類2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Clusia属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, フクギ科/Clusiaceae, ベネズエラ/Venezuela, リター菌/litter fungi, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 首都地区(ベネズエラ)/Capital District (Venezuela)Two new anamorphic fungi and some microfungi recorded from ‘El Ávila,’ Venezuelaベネズエラ、アビラ山において枯死植物基質に生じる微小菌類を調査した。Phaeodactylium biseptatumおよびPolyschema amoenumのアナモルフ菌2新種を記載した。前者は分生子が棍棒形で2隔壁を有し、後者は分生子柄が数珠状、分生子が紡錘形~舟形で4-5隔壁を有することなどでそれぞれ特徴づけられた。Phaeodactylium biseptatum★ / Polyschema amoenum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-05569キューバ産の胞子果形成性グロムス類の新種、Glomus herrerae2017Current Research in Environmental & Applied Mycology2017年の論文/published in 2017, Current Research in Environmental & Applied Mycology, Melinis属, アオイ科/Malvaceae, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, イネ科/Poaceae, オオバコ科/Plantaginaceae, キューバ/Cuba, キンゴジカ属/Sida, ギョウギシバ属/Cynodon, ササハギ属, サバンナ/savannah, スベリヒユ属/Portulaca, スベリヒユ科/Portulacaceae, セイタカカナビキソウ属, ナンバンクサフジ属, ピナール・デル・リオ州/Pinar del Río, マメ科/Fabaceae, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 土壌菌/soil fungi, 撹乱地/disturbed place, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitationGlomus herrerae, a new sporocarpic species of Glomeromycetes from Cubaキューバにおいてサバンナの土壌から採集された菌を検討し、Glomus herreraeとして新種記載した。本種は大型の胞子果を形成し、胞子壁が2層からなることなどで特徴づけられた。本新種を含む、大型暗褐色の胞子果を形成するアーバスキュラー菌根菌の検索表を掲載した。Glomus herrerae★Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Glomerales/グロムス目_Glomeraceae/グロムス科
R3-05568東アジア産のマクカワタケ型菌類の2新属、HydnophanerochaeteおよびOdontoefibula2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北京市/Beijing, 台中市/Taichung, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 屏東県/Pingtung, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 材生息菌/lignicolous fungus, 花蓮県/Hualien, 茨城県/IbarakiHydnophanerochaete and Odontoefibula, Two New Genera of Phanerochaetoid Fungi (Polyporales, Basidiomycota) from East AsiaPhanerochaete odontoideaを基準種とする新属Hydnophanerochaeteを提唱した。また、中国・日本・台湾産の新属新種Odontoefibula orientalisを記載した。両新属は子実層托が歯牙状で、前者は厚壁の生殖菌糸および準結合菌糸、後者は子実体がKOHで暗赤色に呈色し、子実体形成菌糸層が薄壁~僅かに厚壁の菌糸からなることなどで特徴づけられた。Hydnophanerochaete odontoidea▲ / Odontoefibula orientalis★
R3-05567さび菌が宿主として知られるLecanicillium uredinophilumはキチン質の体を持つ動物にも発生する2018Asian Journal of Mycology2018年の論文/published in 2018, Asian Journal of Mycology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 生物農薬/biopesticide, 雲南省/YunnanLecanicillium uredinophilum known from rusts, also occurs on animal hosts with chitinous bodies中国雲南省において昆虫に発生した菌を検討し、Lecanicillium uredinophilumと同定した。本種の中国からの報告は初であり、さび菌ではなく昆虫に発生した報告も初となった。本種との同定結果はnrLSU+nrSSU+tef1-α+RPB2+RPB1+ITSに基づく分子系統解析によっても支持された。Lecanicillium uredinophilum■Ascomycota/子嚢菌門
R3-05566オーストラリア産のチャワンタケ科の新属新種、Antrelloides atroceracea2018Swainsona2018年の論文/published in 2018, Swainsona, オーストラリア/Australia, ヒースランド/heathland, ラテライト/laterite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 南オーストラリア州/South Australia, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 粘土質土壌/clayey soil, 西オーストラリア州/Western Australia, 走査型電子顕微鏡/SEMAntrelloides atroceracea, a new genus and species in the Pezizaceae (Pezizales) from Australiaオーストラリア、カンガルー島などで採集された菌を検討し、新属新種Antrelloides atroceraceaとして記載した。本種は子嚢盤が黒色クッション状で、柄が土壌中に埋生し、内部が洞穴状で、蝋質で脆いことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でチャワンタケ科クレードに含まれ、Lepidotia hispidaやPeziza natrophilaなどに近縁であった。Antrelloides atroceracea★
R3-05565菌類学的多様性の記載 (1)2018Acta Botanica Brasilica2018年の論文/published in 2018, Acta Botanica Brasilica, Poincianella属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, エンドファイト/endophyte, オジギソウ属/Mimosa, ハナアナナス属/Tillandsia, バンジロウ属/Psidium, パイナップル科/Bromeliaceae, パライバ州/Paraiba, フトモモ科/Myrtaceae, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, マメ科/Fabaceae, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 南米新産種/South America_new record, 培養性状/colony characteristics, 実腐病/fruit rot, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 水溶性色素/water-soluble pigment, 温度適性/temperature aptitude, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 色素産生/pigment productionMycological Diversity Description IブラジルからQuambalaria fabacearumおよびNeopestalotiopsis brasiliensisの2新種を記載した。前者はMimosa tenuifloraのエンドファイト、後者はグアバ果実のポストハーベスト病害の原因菌としてそれぞれ分離された。Diaporthe inconspicuaの詳細な再記載を行い、N. egyptiacaをアメリカ大陸新産種として報告し、Umbelopsis isabellinaをエンドファイトとして報告した。Diaporthe inconspicua / Neopestalotiopsis brasiliensis★ / Neopestalotiopsis egyptiaca■ / Quambalaria fabacearum★ / Umbelopsis isabellinaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科_Basidiomycota/担子菌門_Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門
R3-05564ポーランド北中部、クヤヴィ地域産のマルミゴケ属地衣について2014Ecological Questions2014年の論文/published in 2014, Ecological Questions, ポーランド/Poland, 切片/section, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 検索表/identification key, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 都市環境/urban environmentNotes on the genus Thelidium (Verrucariaceae, lichenized Ascomycota) in the Kujawy region (north-central Poland)ポーランドにおいてThelidium incavatumなど5種のマルミゴケ属地衣を採集し、各種について記載文などを掲載した。採集地の多くが産業地域あるいは都市部であり、採集された種には低地においてはごく稀な種が含まれた。これらの種の検索表を掲載した。Thelidium incavatum / Thelidium minutulum / Thelidium papulare / Thelidium rimosulum / Thelidium zwackhiiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-05563綿毛状ホシゴケ科地衣の新属Cryptophaeaおよびその系統的位置2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, エモジン類/emodins, コンゴ民主共和国/Democratic Republic of the Congo, パリエチン類/parietins, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 庭園/garden, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 東部州(コンゴ民主共和国)/Eastern (Democratic Republic of the Congo), 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenCryptophaea, a new genus of byssoid Arthoniaceae (lichenized Ascomycota) and its phylogenetic positionコンゴ民主共和国において採集された樹皮生地衣の一種を検討し、新属新種Cryptophaea phaeosporaとして記載した。本属は地衣体が綿毛状痂状で、子器が帯褐色で斑点形綿毛状、子嚢胞子が帯灰色~褐色石垣状、地衣成分としてパリエチンを含むことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でGlomerulophoron属と姉妹群を形成した。Cryptophaea phaeospora★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-05562マハーラシュトラ州北部産の淡水生の子嚢菌-10: 小川の胞子2014Annals of Plant Sciences2014年の論文/published in 2014, Annals of Plant Sciences, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 稀産種/rare speciesAquatic fungi from North Maharashtra-X. Stream sporaインド、マハーラーシュトラ州において水泡に見出された分生子を検討し、9種を同定した。そのうちDiplocladiella tricladioides、Filosporella aquatica、Scutisporus brunneus、およびIyengaria asymmetricaをインド新産種として報告した。また、Brachydesmiella caudataなど5種をマハーラーシュトラ州新産種として報告した。Brachydesmiella caudata■ / Diplocladiella tricladioides■ / Filosporella aquatica■ / Flabellospora octacladia■ / Flagellospora curvula■ / Iyengarina asymmetrica■ / Magdalaenaea monogramma■ / Phalangispora bharathensis■ / Scutisporus brunneus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05561韓国において海洋環境から分離されたアオカビ属Citrina節4新産種および酵素活性2015Journal of Microbiology2015年の論文/published in 2015, Journal of Microbiology, β-グルコシダーゼ/β- glucosidase, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルギナーゼ, エンドグルカナーゼ/endoglucanase, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 済州特別自治道/Jeju, 細胞外酵素/extracellular enzyme, 選択培地/selective medium, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 韓国/South KoreaNew record and enzyme activity of four species in Penicillium section Citrina from marine environments in Korea韓国の沿岸域において分離されたアオカビ属Citrina節菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Penicillium hetheringtonii、P. paxilli、P. terrigenum、およびP. westlingiiの4種を韓国新産種として報告した。全分離株について酵素活性を調査し、4種6菌株がβ-グルコシダーゼ活性を有することを確かめた。Penicillium hetheringtonii■ / Penicillium paxilli■ / Penicillium terrigenum■ / Penicillium westlingii■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-05560ブラジル、リオグランデ・ド・スル州新産のPholiota spumosa (Fr.) Singer2003Biociências2003年の論文, Biociências, Biociências, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 植林地/plantation, 胞子紋/spore printPholiota spumosa (Fr.) Singer (Strophariaceae, Basidiomycota): first record from Rio Grande do Sul, Brazilブラジル、サンタマリア地域から、Pholiota spumosaをリオグランデ・ド・スル州新産種として報告した。本報告はブラジル全体でも2番目の報告となった。本標本はヨーロッパ産標本よりシスチジアが小型であったが、アルゼンチンおよびチリ産標本の記載とは一致した。Pholiota spumosa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05559砂漠の土壌クラストから分離された担子菌アナモルフ酵母の新種、Kurtzmanomyces shapotouensis2013International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2013年の論文/published in 2013, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, 中国/China, 乾燥地域/dry area, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半乾燥地域/semi-arid area, 土壌クラスト, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 寧夏回族自治区/Ningxia, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 気温/temperature, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 砂漠/desert, 資化試験/assimilation test, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 降水量/precipitationKurtzmanomyces shapotouensis sp. nov., an anamorphic, basidiomycetous yeast isolated from desert soil crusts中国寧夏回族自治区、Tengger砂漠において土壌クラストから分離された担子菌アナモルフ酵母の一種を検討し、Kurtzmanomyces shapotouensisとして新種記載した。本種が分離された環境は他のKurtzmanomyces属菌のいずれとも異なっていた。本種は同属他種とは生理学的形質および分子系統解析の結果などで区別された。Kurtzmanomyces shapotouensis★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Agaricostilbomycetes/アガリコスティルバム綱_Agaricostilbomycetidae/アガリコスティルバム亜綱_Agaricostilbales/アガリコスティルバム目_Chionosphaeraceae/キオノスフェラ科
R3-05558Entyloma anadelphiaeの識別:ギニアにおいてAnadelphia pumilaの葉および茎に感染する黒穂菌の再分類および再記載2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Anadelphia属, Phytotaxa, イネ科/Poaceae, タイプスタディ/type study, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 独立種/independent species, 稀産種/rare species, 黒穂菌/smut fungiThe identity of Entyloma anadelphiae: reclassification and redescription of leaf and stem smut infecting Anadelphia pumila in GuineaAnadelphia pumilaに黒穂病を引き起こすEntyloma anadelphiaeのタイプ標本を再検討した。形態形質に基づき、本種をJamesdicksonia属に移した。本種は近年のモノグラフでJ. dactylidisのシノニムとされたが、それとは別種であることが明らかになった。Jamesdicksonia anadelphiae▲Basidiomycota/担子菌門_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱_Exobasidiomycetidae/エクソバシデイウム亜綱_Georgefischeriales/ジョージフィッシェリア目_Georgefischeriaceae/ジョージフィッシェリア科
R3-05557インド、アッサム州においてキクの葉から記録された新種、Corynespora dendranthema2018World Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences2018年の論文/published in 2018, World Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, アッサム州/Assam, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, キク属/Chrysanthemum, キク科/Asteraceae, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花卉圃場/flower fieldCorynespora dendranthema. A Novel Species Recorded from Leaves of Chrysanthemum from Assam, Indiaインド、アッサム州においてDendranthema grandifloraの葉に生じたを検討し、Corynespora dendranthemaとして新種記載した。本種は宿主の葉に重度の斑点病を引き起こし、最終的に枯死に至らしめた。本種は中国産のC. cassicolaとは病徴および分生子柄、分生子などの形態が異なっていた。Corynespora dendranthema★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Corynesporascaceae/コリネスポラスカ科
R3-05556インド産Parasola属の1新種および1新産種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, アジアゾウ属/Elephas, インド/India, インド新産種/India_new record, ケララ州/Kerala, ゾウ科/Elephantidae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 糞生菌/coprophilous fungi, 腐生菌/saprobeA new species and a new record of Parasola from Kerala State, Indiaインド、ケララ州の森林においてゾウの糞に生じた菌を検討し、Parasola parvulaとして新種記載した。本種は子実体が小型で傘が中央から縁部に向かって紫褐色~帯灰赤色~褐色であり、柄が淡い帯紫褐色、担子胞子がレモン形または六角形であることなどで特徴づけられた。また、同じくゾウの糞に発生したP. lilatinctaをインド新産種として報告した。Parasola lilatincta■ / Parasola parvula★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-05555中国北東部産の新種、Russula brunneovinacea2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEM, 長白山脈/Changbai MountainsRussula brunneovinacea sp. nov., from northeastern China中国吉林省で採集された菌を検討し、Russula brunneovinaceaとして新種記載した。本種は傘が濃い帯褐ワイン色で肉が乾燥すると灰色を帯び、担子胞子が類球形~広楕円形でアミロイドの胞子盤を有し、疣状であることなどで特徴づけられた。本種は形態形質および分子系統解析の結果から、暫定的にIntegroidinae亜節に置かれた。Russula brunneovinacea★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05554北海道においてBovista dermoxanthaのミイラ化したグレバに子実体を形成したCollybia cirrata2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, シバフダンゴタケ属, ハラタケ科/Agaricaceae, 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 北海道/Hokkaido, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主の同定/identification of host, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新称和名/new Japanese name, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEMFructification of Collybia cirrata on mummified gleba of Bovista dermoxantha in Hokkaido, Northern Japan北海道上川郡の大雪山系から日本新産種としてCollybia cirrata(新称和名:ホコリヤグラタケ)を報告した。本種はBovista dermoxanthaの子実体に発生しており、これは本種の宿主としての腹菌類の初報告となった。日本産標本は北米およびヨーロッパ産標本とは担子胞子のサイズが僅かに異なっていたが、その他の形態形質は全て一致した。Collybia cirrata■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05553襞を有するきのこのインド新産種、Amanita spissacea2018Journal of Threatened Taxa2018年の論文/published in 2018, Journal of Threatened Taxa, インド/India, インド新産種/India_new record, ミゾラム州/Mizoram, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiThe gilled mushroom Amanita spissacea (Amanitaceae): a new report for Indiaインド、ミゾラム州において系統的なきのこ類の調査を実施し、Amanita spissaceaをインド新産種として報告した。同定は形態形質およびITS領域の塩基配列に基づき行った。記載文、写真、スケッチ、系統樹などを掲載した。Amanita spissacea■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05552知見に乏しいポーランド産地衣類の研究 (1):Absconditella属2008Folia Cryptogamica Estonica2008年の論文/published in 2008, Folia Cryptogamica Estonica, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, ピートボグ/peat bog, ポモージェ県/Pomorskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミズゴケ属/Sphagnum, ミズゴケ科/Sphagnaceae, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare speciesContribution to the knowledge of some poorly known lichens in Poland. I. The genus Absconditellaポーランド産Absconditella属地衣の調査を実施し、4種を報告した。ポーランド新産種としてA. pauxillaを報告した。また、A. lignicolaをポーランド各地から報告し、本種が普通種であることを示した。Absconditella delutula / Absconditella lignicola / Absconditella pauxilla■ / Absconditella sphagnorumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Stictidaceae/スティクティス科
R3-05551Vulpicida tubulosusの既知の分布範囲を超える地点からのハーバリウム記録2014Polish Journal of Environmental Studies2014年の論文/published in 2014, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Polish Journal of Environmental Studies, コンタミ/contamination, ポーランド/Poland, ヴァルミア=マズールィ県/Warmian-Masurian, 保全生態学/conservation ecology, 収蔵標本/stored specimen, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 絶滅危惧種/endangered species, 葉状地衣/foliose lichen, 遺存種/relict species, 隔離分布/disjunct distributionHerbarium Record of Vulpicida tubulosus (Lichenized Ascomycota) from Locality Beyond Its Known Distribution Rangeポーランド産のVulpicida tubulosusの標本を検討し、本種が1985年にポーランド北部から採集されていたことを示した。同採集地は当時放牧地であり、その後マツ林が発達したが、おそらくそれを直接の原因として、近年の調査では本種を採集することができなかった。標本からの塩基配列データの取得は不成功であり、コンタミ菌のDNAのみが増幅された。Vulpicida tubulosus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05550ケートチリウム目におけるすす病菌の新科、トリコメリウム科2012Fungal Diversity2012年の論文/published in 2012, Fungal Diversity, Sanchezia属, すす病/sooty mold, イチジク属/Ficus, ウコギ科/Araliaceae, ウルシ科/Anacardiaceae, キツネノマゴ科/Acanthaceae, クワ科/Moraceae, ゲッキツ属/Murraya, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, チエンラーイ県/Chiang Rai, ナツメヤシ属/Phoenix, バンジロウ属/Psidium, フカノキ属/Schefflera, フトモモ科/Myrtaceae, マンゴー属/Mangifera, ミカン科/Rutaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 標本入手不可/specimen not available, 水田/paddy field, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 葉面菌/leaf surface fungiTrichomeriaceae, a new sooty mould family of Chaetothyrialesタイ産Trichomerium属菌の分子系統解析を実施し、本属に対して新科トリコメリウム科を提唱した。T. foliicola、T. deniqulatum、T. gloeosporumの3新種を記載した。T. coffeicolaの標本および塩基配列データを入手できないことから、T. foliicolaを属の基準種とすることを提案した。Trichomerium deniqulatum★ / Trichomerium foliicola★ / Trichomerium gloeosporum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Trichomeriaceae/トリコメリウム科
R3-05549ブラジル産のヤシ生息菌の新種、Brunneiapiospora brasiliensis2012Nova Hedwigia2012年の論文/published in 2012, Nova Hedwigia, アブラヤシ属/Elaeis, キャベツヤシ属/Euterpe, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 難培養性菌/uncultured fungiBrunneiapiospora brasiliensis sp. nov. (Clypeosphaeriaceae) on palms from Brazilブラジルにおいてギニアアブラヤシおよびアサイーの枯れた葉軸に生じた菌を検討し、Brunneiapiospora brasiliensisとして新種記載した。本種は子嚢胞子に鞘を伴わず、成熟時狭窄することなどで特徴づけられ、同属他種とは子嚢果や子嚢胞子のサイズなどが異なっていた。また、Brunneiapiospora属全種の検索表および形質比較表を掲載した。Brunneiapiospora brasiliensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Clypeosphaeriaceae/クリペオスフェリア科
R3-05548ベラルーシ南部産のコウヤクタケ型担子菌類の稀産種および知見に乏しい種2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, カバノキ科/Betulaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, トウヒ属/Picea, ハシバミ属/Corylus, ブナ科/Fagaceae, ベラルーシ/Belarus, ホメリ州/Homyel, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobeRare or little known corticioid basidiomycetes from southern Belarusベラルーシ南部で採集された6種のコウヤクタケ類を報告した。そのうちCrustodontia chrysocreasなど5種をベラルーシ新産種として報告した。これらの種はいずれもベラルーシあるいはその他のヨーロッパ諸国における稀産種であった。Corticium chrysocreas■ / Hyphoderma cryptocallimon■ / Hyphoderma transiens / Oliveonia citrispora■ / Trechispora caucasica■ / Trechispora minuta■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Cantharellales/アンズタケ目_Oliveoniaceae/オリヴェオニア科_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-05547ポーランド北東部、ビエブジャ国立公園産の土壌生接合菌類2010Polish Botanical Journal2010年の論文/published in 2010, Jaccardの類似度指数/Jaccard similarity index, Polish Botanical Journal, ピートボグ/peat bog, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, リター菌/litter fungi, 分離頻度/isolation frequency, 土壌pH/soil pH, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 液化/deliquescence, 温帯域/temperate zone, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 選択培地/selective mediumSoil zygomycetous fungi in Biebrza national park (Northeast Poland)ポーランド、ビエブジャ国立公園のピートランドにおいて土壌生接合菌類の調査を実施し、150試料から41種を得た。Mortierella ambiguaおよびM. capitataをポーランド新産種として報告した。また、未同定のブラシカビ属2種を見出したが、それぞれ一度しか分離されなかったため新種記載を行わなかった。Coemansia thaxteri / Mortierella ambigua■ / Mortierella capitata■ / Mortierella verrucosaKickxellomycotina/キクセラ亜門_Kickxellales/キクセラ目_Kickxellaceae/キクセラ科_Mortierellomycotina/クサレケカビ亜門_Mortierellales/クサレケカビ目_Mortierellaceae/クサレケカビ科
R3-05546トルコ新産の大型菌類、Leucocoprinus cepistipes2018Süleyman Demirel Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi2018年の論文/published in 2018, Süleyman Demirel Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, リゼ県/Rize, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌類相調査/mycofloristic surveyLeucocoprinus cepistipes, A New Coprinoid Species Record for Turkish MacromycotaLeucocoprinus cepistipesをトルコ新産種として報告した。本種はリゼ県において路傍のおが屑から発生していた。本種の報告により、トルコ産キヌカラカサタケ属菌の種数は7となった。Leucocoprinus cepistipes■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05545韓国およびチリ産のコガネゴケ属地衣の新種および新産種2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, コキンボ州/Coquimbo, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, ジロホール酸/gyrophoric acid, チリ/Chile, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, バラ科/Rosaceae, パタゴニア/Patagonia, ヒノキ科/Cupressaceae, ピナストル酸類/pinastric acids, フェニル酢酸類/phenylacetic acids, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, メタセコイア属/Metasequoia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 全羅南道/Jeollanam-do, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 沿岸域/coastal area, 済州特別自治道/Jeju, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 韓国/South KoreaNew Species and New Record of Genus Chrysothrix (Chrysotrichaceae, Arthoniales) from South Korea and Chile韓国およびチリにおいて採集されたコガネゴケ属地衣の形態学的・化学的検討を実施し、5種を同定した。そのうち1種はチリ産の新種で、Chrysothrix chilensisとして記載された。また、韓国新産種としてC. xanthinaを報告した。Chrysothrix candelaris / Chrysothrix chilensis★ / Chrysothrix granulosa / Chrysothrix pavonii / Chrysothrix xanthina■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Chrysothricaceae/コガネゴケ科
R3-05544Nigrograna属のエンドファイトの代表種における新組み合わせ2018Czech Mycology2018年の論文/published in 2018, Czech Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 属概念/genus concept, 新組み合わせ提唱/new combination, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungiNew taxonomic combinations in endophytic representatives of the genus NigrogranaNigrograna属は従来Biatriospora属のシノニムと考えられていたが、別属であることが示された。これに伴い、Biatriospora属菌のうち、Nigrograna mackinnoniiに系統的に近縁な4種をNigrograna属に移した。Nigrograna属には海洋あるいは河口に生息する菌、植物のエンドファイト、腐生菌など生態的に多様な菌が含まれることが示された。Nigrograna antibiotica▲ / Nigrograna carollii▲ / Nigrograna peruviensis▲ / Nigrograna yasuniana▲Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Nigrogranaceae/ニグログラナ科
R3-05543サウジアラビアにおいて貯蔵リンゴ果実に生じたRhizopus oryzaeの初記録2018Plant Pathology & Quarantine2018年の論文/published in 2018, Plant Pathology & Quarantine, コッホの原則/Koch_s postulation, サウジアラビア/Saudi Arabia, バラ科/Rosaceae, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, リンゴ属/Malus, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 軟腐病/soft rot, 隠蔽種/cryptic speciesFirst record of Rhizopus oryzae from stored apple fruits in Saudi Arabiaサウジアラビアにおいてリンゴ果実に軟腐症状を引き起こした菌を検討し、Rhizopus oryzaeと同定した。形態学的検討および分子系統解析を実施したほか、接種試験により病原性を確かめた。R. oryzaeはサウジアラビアにおけるリンゴ果実の収穫後軟腐病の病原菌として初めて報告された。Rhizopus oryzaeMucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Mucoraceae/ケカビ科
R3-05542オーストラリア産のさび菌の新種Uromycladium naracoortensis、および既に記載のあるUromycladium属菌の新知見2010Polish Botanical Journal2010年の論文/published in 2010, Polish Botanical Journal, さび菌/rust fungi, アカシア属/Acacia, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, ゴール/gall, ビクトリア州/Victoria, マメ科/Fabaceae, 二核吸器/binuclear haustorium, 切片/section, 吸器/haustorium, 奇形/malformation, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生活環/life cycle, 短世代型生活環/microcyclic life cycle, 種内変異/intraspecific variation, 胞子発達様式/spore development styleUromycladium naracoortensis, a new species of rust fungi (Uredinales) from Australia, with new observations on described Uromycladium speciesオーストラリアにおいてAcacia irrorataなどのアカシア属植物に発生したさび菌の一種を検討し、Uromycladium naracoortensisとして新種記載した。本種の生活環は精子世代および冬胞子世代からなる短世代型であり、冬胞子は2つの稔性細胞および1つのシストからなっていた。また、その他のUromycladium属菌についても、現行の記載を補完する目的で形態、発達様式、生活環などについて新たに検討した。Uromycladium fusisporum / Uromycladium naracoortensis★ / Uromycladium notabile / Uromycladium robinsoniiBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pileolariaceae/ピレオラリア科
R3-05541新種Melomastia italicaの分類学的位置およびディフロロマイセス目の系統学的再評価2017Cryptogamie Mycologie2017年の論文/published in 2017, Cryptogamie Mycologie, アーティファクト/artifact, イタリア/Italy, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobeTaxonomic Position of Melomastia italica sp. nov. and Phylogenetic Reappraisal of Dyfrolomycetales分類未確定とされてきたMelomastia属の分類学的位置を検討し、本属がクロイボタケ綱ディフロロマイセス目プリューロトレマ科に含まれることを示した。イタリア、エミリア=ロマーニャ州においてブドウの枯枝から分離された菌を検討し、Melomastia italicaとして新種記載した。Dyfrolomyces maolanensisをMelomastia属に移した。Melomastia italica★ / Melomastia maolanensis▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dyfrolomycetales/ディフロロマイセス目
R3-05540臨床検体由来のPithomyces属菌:同定および抗真菌薬感受性プロファイル2014Medical Mycology2014年の論文/published in 2014, MEC, Medical Mycology, MIC, アジアゾウ属/Elephas, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, ゾウ科/Elephantidae, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水試料/water sample, 獣医真菌学/veterinary mycology, 病原真菌/pathogenic fungi, 痰検体/sputum specimen, 米国/USA, 臨床検体/clinical specimensPithomyces species (Montagnulaceae) from clinical specimens: identification and antifungal susceptibility profiles米国において臨床検体から分離されたPithomyces属菌を検討し、4種を同定した。P. chartarumおよびP. sacchariが最も高頻度で分離され、Pithomyces sp. I、P. maydicusがそれに続いた。分離菌株は8種の抗真菌薬に対し、概して高い感受性を示した。Pithomyces chartarum / Pithomyces maydicus / Pithomyces sacchariAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Astrosphaeriellaceae/アストロスフェリエラ科
R3-05539南西アジア、特にイラン産のロウソクゴケモドキ属地衣2012Nova Hedwigia2012年の論文/published in 2012, Nova Hedwigia, アジア新産種/Asia_new record, アフガニスタン/Afghanistan, アフガニスタン新産種, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, エスファハーン州/Isfahan, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, ゴレスターン州/Golestan, サマンガーン州, ザンジャーン州/Zanjan, シノニム/synonym, セムナーン州, ソグド州, タイプスタディ/type study, タジキスタン/Tajikistan, タジキスタン新産種/Tajikistan_new record, ハマダーン州/Hamadan, ファールス州/Fars, マーザンダラーン州/Mazandaran, ラザヴィー・ホラーサーン州/Razavi Khorasan, レクトタイプ指定/lectotype designation, ロレスターン州/Lorestan, 北ホラーサーン州/North Khorasan, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 疑問種/doubtful species, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variation, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complex, 西アーザルバーイジャーン州/West Azerbaijan, 鱗片状地衣/squamulose lichenA conspectus of the lichen genus Candelariella in southwest Asia with emphasis on Iranイラン産ロウソクゴケモドキ属地衣に関する知見をまとめ、15種を記録した。そのうち2種をアジア新産種、4種をイラン新産種として報告した。また、Candelariella aggregataをタジキスタン、C. antennariaをアフガニスタン新産種としてそれぞれ報告し、1種のレクトタイプ標本を指定した。Candelariella aggregata■ / Candelariella antennaria■ / Candelariella arctica / Candelariella aurella / Candelariella coralliza / Candelariella kansuensis■ / Candelariella kuusamoënsis / Candelariella lutella■ / Candelariella medians / Candelariella oleaginescens / Candelariella placodizans / Candelariella plumbea / Candelariella reflexa / Candelariella rhodax / Candelariella rosulans■ / Candelariella viae-lacteae / Candelariella vitellina / Candelariella xanthostigmaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目
R3-05538インド、西ガーツの森林に産した4種のアナモルフ菌(および2新種)2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, カルナータカ州/Karnataka, ゴア州/Goa, シンアナモルフ/synanamorph, リター菌/litter fungi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity surveyFour anamorphic fungi (with two new species) from forests of Western Ghats, Indiaインド、ゴア州の森林においてリターから分離された菌を検討し、Anaselenosporella indicaおよびArachnophora goanensisの2新種を記載した。前者は分生子形成細胞が多出芽型シンポジオ状で分生子が無色円筒形、後者は有色の星形分生子に加え、シンアナモルフの無色紡錘形の分生子を有することなどで特徴づけられた。また、インド新産種としてCatenosynnema micheliaeおよびCheiromyceopsis echinulataを報告した。Anaselenosporella indica★ / Arachnophora goanensis★ / Catenosynnema micheliae■ / Cheiromyceopsis echinulata■Ascomycota/子嚢菌門
R3-05537インド、西ガーツの生物多様性ホットスポットの熱帯落葉樹林における地衣化子嚢菌の新種および新産種2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Hopea属, Lannea属, Odina属, Turkish Journal of Botany, インド/India, インド新産種/India_new record, ウルシ科/Anacardiaceae, オキセピン類/oxepins, カルナータカ州/Karnataka, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, サルスベリ属/Lagerstroemia, スチクチン酸類/stictic acids, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, ミソハギ科/Lythraceae, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 再発見/rediscovery, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew species and new records of lichenized Ascomycota from tropical deciduous forests of the Western Ghats biodiversity hotspot, Indiaインド、カルナータカ州で採集された地衣の一種を検討し、Stirtonia ghattensisとして新種記載した。また、Pertusaria mesotropaをインド、Arthothelium aphanocarpumをインド本土、5種を西ガーツにおける新産種としてそれぞれ報告した。全世界のStirtonia属28種の検索表を掲載した。Arthothelium aphanocarpum■ / Bacidia subannexa■ / Graphis caesiella■ / Graphis handelii■ / Hemithecium scariosum■ / Pertusaria coccodes■ / Pertusaria mesotropa■ / Stirtonia ghattensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科
R3-05536東南アジアにおいてParaserianthes falcatariaに”gall rust”を引き起こした新種Uromycladium falcatarium2014Australasian Plant Pathology2014年の論文/published in 2014, Australasian Plant Pathology, Paraserianthes属, TreeBASE, こぶ病, インドネシア/Indonesia, ゴール/gall, フィリピン/Philippines, ホストシフト/host shift, マメ科/Fabaceae, マレーシア/Malaysia, ラグナ州/Laguna, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 東ティモール, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 種分化/speciation, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesUromycladium falcatarium sp. nov., the cause of gall rust on Paraserianthes falcataria in south-east Asia東南アジア諸国においてParaserianthes falcatariaに”gall rust”を引き起こした病原菌を検討し、Uromycladium falcatariumとして新種記載した。本種はアカシア属植物を宿主とするU. tepperianumに近縁であり、アカシア属からのホストジャンプにより種分化が起こった可能性が高いと考えられた。本新種を含むUromycladium属菌の検索表を掲載した。Uromycladium falcatarium★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pileolariaceae/ピレオラリア科
R3-05535ヨーロッパ産クギタケ属菌の多様性およびC. rutilusのタイプ指定2018IMA fungus2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, IMA fungus, TreeBASE, UNITE, イギリス/United kingdom, エピタイプ指定/epitype designation, オート=コルス県/Haute-Corse, カラマツ属/Larix, キプロス/Cyprus, スコットランド/Scotland, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ドイツ/Germany, バレアレス諸島自治州/Balearic Islands, バーデン=ヴュルテンベルク州/Baden-Württemberg, ヒースランド/heathland, フィンランド/Finland, フランス/France, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マレー, モミ属/Abies, ラッピ県/Lappi, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 新亜属提唱/new subgenus, 新種記載/new species, 新節提唱/new section, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 砂質土壌/sandy soil, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 節概念/section concept, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 蛇紋岩土壌/serpentine soil, 酸性土壌/acidic soilDiversity of Chroogomphus (Gomphidiaceae, Boletales) in Europe, and typification of C. rutilusヨーロッパ産クギタケ属菌類の調査を実施し、キプロスおよびイギリス産の新種Chroogomphus subfulmineusを含む8種を認めた。新亜属Siccigomphusおよび3新節を提唱した。ヨーロッパ産クギタケ属菌の検索表を掲載した。Chroogomphus britannicus / Chroogomphus fulmineus / Chroogomphus helveticus / Chroogomphus mediterraneus / Chroogomphus rutilus / Chroogomphus subfulmineus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Gomphidiaceae/オウギタケ科
R3-05534インドにおけるイグチ科きのこ類の分布:インド中部のサラノキ林における新記録2018International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences2018年の論文/published in 2018, International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences, インド/India, サラノキ属/Shorea, チャッティースガル州/Chhattisgarh, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsDistribution of Boleteceous Mushrooms in India, Some New Records from Sal Forest of Central Indiaインドにおけるイグチ科菌類の分布記録をまとめ、計84種からなる目録を作成した。最も多かった属はイグチ属(37種)で、オニイグチ属(9種)、ニガイグチ属(7種)がそれに続いた。インド中部のサラノキ林から、当該地域における新産種としてBoletellus ananasなど6種を報告し、記載文などを掲載した。Boletellus ananas■ / Boletellus chrysenteroides■ / Boletellus corneri■ / Boletellus dissiliens■ / Boletellus pseudochrysenteroides■ / Boletus edulis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05533輸入検疫で発見されたツワブキ斑点病(新称)2010植物防疫所調査研究報告/Research bulletin of the Plant Protection Service Japan2010年の論文/published in 2010, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キク科/Asteraceae, スライド培養法/slide culture method, ツワブキ属, リニアグロース/linear growth, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新病害報告/new disease, 新称和名/new Japanese name, 日本/Japan, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 植物防疫所調査研究報告/Research bulletin of the Plant Protection Service Japan, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 胞子形成誘導/sporulation induction, 表面殺菌法/surface sterilization methodLeaf Spot of Farfugium japonicum Caused by Alternaria cinerariae Intercepted at Plant Quarantine in Japan成田空港において米国産ツワブキ苗から新規斑点病害が見出された。分離された菌を形態形質および分子系統解析の結果からAlternaria cinerariaeと同定した。接種試験により本種のツワブキおよびサイネリア、シロタエギクに対する病原性を明らかにし、日本初報告の本病害を「ツワブキ斑点病」と命名した。Alternaria cinerariaePezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05532タイ産のハラタケ属Pseudochitonia亜属における1新節および新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, BEAST, MycoKeys, TreeBASE, シェッファー反応/Schäffer reaction, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子時計/molecular clock, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 新節提唱/new section, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 走査型電子顕微鏡/SEMA new section and species of Agaricus subgenus Pseudochitonia from Thailandタイ、チエンマイ県の熱帯雨林で採集された菌を検討し、Agaricus angusticystidiatusとして新種記載した。分子系統解析の結果から、本種に対して新節Cymbiformesを提唱した。本節は子実体の強いヨードホルム臭、舟形の担子胞子などで特徴づけられた。Agaricus angusticystidiatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05531分子系統解析によりXanthoparmelia tasmanicaにおける半隠蔽種が明らかになった2011Bibliotheca Lichenologica2011年の論文/published in 2011, Bibliotheca Lichenologica, INAASE, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾフラン類/benzofurans, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 半隠蔽種/semi-cryptic species, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新組み合わせ提唱/new combination, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 隠蔽種/cryptic speciesMolecular analyses reveal semi-cryptic species in Xanthoparmelia tasmanicaXanthoparmelia tasmanicaを対象に分子系統解析を実施し、本種が少なくとも2つの地理的に異なる系統からなることを示した。オーストラリア産の系統を狭義のX. tasmanicaとし、北米産の系統に本種のシノニムとされていたParmelia hypofuscaの学名をあてた。P. hypofuscaをXanthoparmelia属に移した。Xanthoparmelia hypofusca▲ / Xanthoparmelia tasmanicaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05530根圏土壌から分離された酵母の新種、Lindnera rhizosphaerae2011International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2011年の論文/published in 2011, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アミノ酸要求性/amino acid requirement, アルゼンチン/Argentina, デンプン/starch, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, パタゴニア/Patagonia, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 酸耐性試験/acid resistance testLindnera rhizosphaerae sp. nov., a yeast species isolated from rhizospheric soilアルゼンチン、パタゴニアの森林において分離された酵母の一種を検討し、Lindnera rhizosphaeraeとして新種記載した。本種はナンキョクブナ属植物の根圏土壌から分離され、その菌根根圏群集の一部をなしていた。本種は分子系統解析でL. rhodanensisに最も近縁であった。Lindnera rhizosphaerae★
R3-05529Phoma canadensis Allesch.:Pyrenochaeta cavaのシノニム2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イズハハコ属/Conyza, キク科/Asteraceae, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, リター菌/litter fungi, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 命名法/nomenclature, 標本入手不可/specimen not availablePhoma canadensis Allesch.: a synonym of Pyrenochaeta cavaPhoma canadensisのアイソタイプ標本を再検討し、分類学的位置を確かめた。本種はドイツにおいてヒメムカシヨモギの枯茎から報告され、その後米国から一度報告されただけの曖昧な種であった。本種がPyrenochaeta cavaのシノニムであることを示した。Pyrenochaeta cavaPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Cucurbitariaceae/ククルビタリア科
R3-05528中国南部産の食用イグチの新種、Rubroboletus esculentus2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 四川省/Sichuan, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 民族菌類学/ethnomycology, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 雲南省/Yunnan, 食用きのこ/edible mushroomsA new edible bolete, Rubroboletus esculentus, from Southwestern China中国四川省および雲南省で採集された菌を検討し、Rubroboletus esculentusとして新種記載した。本種は傘が鮮赤色で湿時非常に粘性があり、管孔が血赤色~帯褐赤色、柄が黄色で表面が小粒状、芳香があり、担子胞子が平滑であることなどで特徴づけられた。本新種を含む東アジア産Rubroboletus属菌の検索表を掲載した。Rubroboletus esculentus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目
R3-05527インド、マニプル州においてビハール・ヘアリー・キャタピラー、Spilarctia obliquaに発生した昆虫病原菌、Entomophaga aulicaeの初報告2011Phytoparasitica2011年の論文/published in 2011, Phytoparasitica, Spilarctia属, インド/India, コドラート調査/quadrat survey, ヒトリガ科, マニプル州/Manipur, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 核染色/nuclear staining, 気温/temperature, 湿度/humidity, 生物農薬/biopesticide, 致死率/mortality rate, 複合種/species complex, 降水量/precipitationFirst record of the entomopathogenic fungus Entomophaga aulicae on the Bihar hairy caterpillar Spilarctia obliqua in Manipur, Indiaインド、マニプル州においてヒトリガ科の害虫Spilarctia obliquaに発生した昆虫病原菌の一種を検討し、Entomophaga aulicaeと同定した。本種のマニプル州からの報告は初となった。宿主は茎の頂部に登った状態で死亡して感染率は57%にも達し、二次分生子、三次分生子、休眠胞子の形成が認められた。Entomophaga aulicae■Entomophthoromycota/ハエカビ門_Entomophthoromycotina/ハエカビ亜門_Entomophthoromycetes/ハエカビ綱_Entomophthorales/ハエカビ目_Entomophthoraceae/ハエカビ科
R3-05526ロシア、トランスバイカル・テリトリー、コダール山脈産の地衣生菌類2016Folia Cryptogamica Estonica2016年の論文/published in 2016, Aspilidea属, Athallia属, Folia Cryptogamica Estonica, Melanelixia属, Melanohalea属, Pleopsidium属, Polycauliona属, Protopannaria属, Rhizoplaca属, アオシモゴケ科/Icmadophilaceae, アジア新産種/Asia_new record, イワアバタゴケ属, イワアバタゴケ科/Hymeneliaceae, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, カイガラゴケ属/Psora, カイガラゴケ科/Psoraceae, カラクサゴケ属/Parmelia, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, キゴケ属/Stereocaulon, キゴケ科/Stereocaulaceae, クボミゴケ属/Aspicilia, クボミゴケ科/Aspiciliaceae, クロイボゴケ科/Tephromelataceae, クロウラムカデゴケ属/Phaeophyscia, ゴール/gall, シベリア/Siberia, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チズゴケ属/Rhizocarpon, チズゴケ科/Rhizocarpaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ツブミイボゴケ属/Biatora, ツメゴケ科/Peltigeraceae, ツンドラ/tundra, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, ニクイボゴケ属/Ochrolechia, ニクイボゴケ科/Ochrolechiaceae, ニセクロイボゴケ属, ニセザクロゴケ属/Ramboldia, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ハナビラゴケ科/Pannariaceae, ハリガネキノリ属/Bryoria, ヒロハセンニンゴケ属/Baeomyces, ヒロハセンニンゴケ科/Baeomycetaceae, フクロゴケ属/Hypogymnia, ヘリトリゴケ属/Porpidia, ヘリトリゴケ科/Lecideaceae, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, ムシゴケ属/Thamnolia, ヤイトゴケ属/Solorina, ヤマヒコノリ属/Evernia, ロウソクゴケモドキ属/Candelariella, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 北半球新産種/Northern Hemisphere_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 気温/temperature, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 絶対寄生菌/obligate parasite, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation, 高山帯/alpine regionLichenicolous fungi from Kodar Range, Trans-Baikal Territory of Russiaロシア、トランスバイカル・テリトリーにおいて地衣生菌類および関連菌類を調査し、124標本を採集して63分類群を報告した。そのうち47種が調査地における新産種であり、Plectocarpon melanohaleaeは北半球新産種、6分類群はロシアおよびアジアから初報告であった。また、Didymocyrtis consimilisにおけるAthallia属地衣など新宿主も報告した。Abrothallus bertianus■ / Abrothallus parmeliarum■ / Arthonia clemens■ / Arthonia digitatae■ / Arthonia molendoi■ / Carbonea vitellinaria■ / Catillaria stereocaulorum■ / Cercidospora punctillata■ / Cercidospora thamnoliae■ / Dactylospora amygdalariae■ / Dactylospora deminuta■ / Dactylospora glaucomarioides■ / Dactylospora pertusariicola■ / Didymocyrtis consimilis■ / Diplolaeviopsis ranula■ / Endococcus alectoriae■ / Endococcus macrosporus■ / Endococcus propinquus■ / Endococcus verrucisporus■ / Epibryon conductrix■ / Epigloea filifera■ / Epigloea soleiformis■ / Lasiosphaeriopsis stereocaulicola■ / Lichenodiplis lecanorae■ / Lichenostigma alpinum■ / Lichenostigma maureri / Lichenostigma rupicolae■ / Merismatium decolorans■ / Muellerella erratica■ / Muellerella lichenicola■ / Neolamya peltigerae■ / Nesolechia fusca■ / Opegrapha geographicola■ / Plectocarpon melanohaleae■ / Pronectria robergei■ / Pyrenidium actinellum■ / Roselliniella stereocaulorum■ / Rosellinula haplospora / Sagediopsis aspiciliae■ / Sagediopsis fissurisedens■ / Sagediopsis pertusariicola■ / Sphaerellothecium contextum■ / Stigmidium conspurcans■ / Stigmidium mitchellii■ / Stigmidium pumilum■ / Stigmidium solorinarium■ / Taeniolella beschiana■ / Talpapellis peltigerae■ / Tetramelas phaeophysciae■ / Unguiculariopsis lettaui■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Catillariaceae/カティラリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科_Pseudoperisporiaceae/シュードペリスポリウム科_Epigloeaceae/エピグレア科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Nitschkiaceae/ニチュキア科_Lichenotheliaceae/リチェノテリア科_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Lecanographaceae/レカノグラファ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Dacampiaceae/ダカンピア科_Adelococcaceae/アデロコッカス科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-05525Boletus radicansに近縁な新種、Boletus kluzakii2006Czech Mycology2006年の論文/published in 2006, Czech Mycology, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 切片/section, 南ボヘミア州/South Bohemian, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 子実体発生調査/survey of fruiting bodies, 子実体発達様式/fruiting body development style, 新種記載/new species, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 非合法名/illegitimate nameBoletus kluzakii, a new species related to Boletus radicansチェコ、南ボヘミア州で採集された菌を検討し、Boletus kluzakiiとして新種記載した。本種は傘がばら桃色または帯紫桃色などで赤変性があり、管孔が黄色で青変性があり、柄が黄色で網目模様があり、苦味があることなどで特徴づけられた。本種はB. radicansに最も近縁であったが、傘の色や変色性などが異なっていた。Boletus kluzakii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05524シンガポール産のイグチ型の新属新種、Spongispora temasekensis2018Mycologia2018年の論文/published in 2018, Hopea属, Mycologia, TreeBASE, シンガポール/Singapore, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMSpongispora temasekensis, a new boletoid genus and species from SingaporeシンガポールにおいてHopea odorata樹下に発生した菌を検討し、新属新種Spongispora temasekensisとして記載した。本種は管孔が類白色~淡黄色で褐変し、柄表面が網目状で、担子胞子が卵状~広楕円形でスポンジ状の装飾を有することなどで特徴づけられた。本新属を含むイグチ科Leccinoideae亜科の検索表を掲載した。Spongispora temasekensis★
R3-05523韓国においてナラに生息するPlatypus koryoensisと関係を持つ新種、Raffaelea quercus-mongolicae2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, Platypus属, アンブロシア菌/ambrosia fungus, コナラ属/Quercus, ソウル特別市/Seoul, ナガキクイムシ科/Platypodidae, ナラ枯れ/oak wilt, ブナ科/Fagaceae, ホストシフト/host shift, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分布域の変化/changes in the distribution area, 地理的分布/geographical distribution, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気候変動/climate change, 生長速度/growth rate, 菌嚢/mycangium, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 養菌性キクイムシ/ambrosia beetleRaffaelea quercus-mongolicae sp. nov. associated with Platypus koryoensis on oak in Korea韓国において養菌性キクイムシPlatypus koryoensisの感染を受け枯死したコナラ属樹木から分離された菌を検討し、Raffaelea quercus-mongolicaeとして新種記載した。本種は日本におけるナラ枯れの原因菌、R. quercivoraと系統的に近縁であり、形態的にも類似していた。一方、両種の宿主範囲、関係を持つ甲虫の種、分生子のサイズ、ITSおよびβ-チューブリンの塩基配列などは顕著に異なっていた。Raffaelea quercus-mongolicae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-05522マングローブ林において採集された担子菌類アナモルフ菌の新種Sympodiomycopsis kandeliae、およびSympodiomycopsis lanaiensisの新組み合わせJaminaea lanaiensisとしての再分類2011International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2011年の論文/published in 2011, DNA-DNAハイブリダイゼーション/DNA-DNA hybridization, GC含量/GC content, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, ヒルギ科/Rhizophoraceae, ビタミン要求性/vitamin requirement, マングローブ林/mangrove forest, メヒルギ属/Kandelia, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 台南市/Tainan, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 新竹市/Hsinchu, 新竹県/Hsinchu, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 湿地帯/wetland, 発酵試験/fermentation test, 花生息菌/floricolous fungus, 資化試験/assimilation test, 走査型電子顕微鏡/SEM, 選択培地/selective medium, 酵母/yeast, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographySympodiomycopsis kandeliae sp. nov., a basidiomycetous anamorphic fungus from mangroves, and reclassification of Sympodiomycopsis lanaiensis as Jaminaea lanaiensis comb. nov.台湾のマングローブ林においてKandelia candelの花から分離されたアナモルフ菌の一種を検討し、Sympodiomycopsis kandeliaeとして新種記載した。本種はS. paphiopediliとのDNA-DNAハイブリダイゼーション試験からも新種と判断された。また、新組み合わせJaminaea lanaiensisを提唱した。Jaminaea lanaiensis▲ / Sympodiomycopsis kandeliae★Basidiomycota/担子菌門_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱_Exobasidiomycetidae/エクソバシデイウム亜綱_Microstromatales/ミクロストロマ目_Microstromataceae/ミクロストロマ科
R3-05521ブラジル・パラナ州、サンカミロ州立公園産のキツネノカラカサ型ハラタケ科菌類2012Mycosphere2012年の論文/published in 2012, Mycosphere, アマニチン類/amanitins, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リター菌/litter fungi, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 生物多様性調査/biodiversity survey, 移入種/alien species, 胞子紋/spore print, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEMLepiotoid Agaricaceae (Basidiomycota) from São Camilo State Park, Paraná State, Brazilブラジル、パラナ州のサンカミロ州立公園において大型菌類の調査を実施した。Lepiota elaiophyllaなど6種のキツネノカラカサ型菌類を同定した。Macrolepiota colombianaをブラジル新産種、Leucoagaricus rubrotinctusをパラナ州新産種としてそれぞれ報告した。Lepiota elaiophylla / Leucoagaricus lilaceus■ / Leucoagaricus rubrotinctus■ / Leucocoprinus cretaceus / Macrolepiota colombiana■ / Rugosospora pseudorubiginosaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05520コロンビア、クンディナマルカ県における新産種、Hydnopolyporus fimbriatus (Cooke) D.A. Reid2017Boletín Científico. Centro de Museos. Museo de Historia Natural2017年の論文/published in 2017, Boletín Científico. Centro de Museos. Museo de Historia Natural, Myrcianthes属, クンディナマルカ県/Cundinamarca, コナラ属/Quercus, コロンビア/Columbia, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 再発見/rediscovery, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 気温/temperature, 移入種/alien species, 都市環境/urban environment, 降水量/precipitationPrimer Registro de Hydnopolyporus fimbriatus (Cooke) D.A. Reid (Polyporales: Meripilaceae) Para el Departamento de Cundinamarca, Colombiaコロンビア、クンディナマルカ県からHydnopolyporus fimbriatusを初めて報告した。本種はコロンビアにおいては1930年にバジェ・デル・カウカ県から報告されたが、その後の報告がなかった。本種はQuercus humboldtii、Myrcianthes leucoxyla、およびEucalyptus globulusの生木の根から発生していた。Hydnopolyporus fimbriatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meripilaceae/トンビマイタケ科
R3-05519ブルガリア産のMycena seynii2017Acta Zoologica Bulgarica2017年の論文/published in 2017, Acta Zoologica Bulgarica, orthographic variant, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヴァルナ州, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 移入種/alien species, 種内変異/intraspecific variationMycena seynii Quél. (Agaricales: Mycenaceae) in Bulgariaブルガリアの植林地において採集されたMycena seyniiをブルガリア新産種として報告した。本種は移入種であり、外来のマツ属植物の球果に発生していた。担子胞子のQ値が本種と類似種との区別に有用であることを示した。Mycena seynii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-05518ボリビアのアンデスにおいて見出されたPlectocarpon属菌の3新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, Ricasolia属, アンデス山脈/Andes, ウメノキゴケ属/Parmotrema, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, カラタチゴケ属/Ramalina, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, コチャバンバ県/Cochabamba, タイプスタディ/type study, タリハ県/Tarija, チュキサカ県, ボリビア/Bolivia, ボリビア新産種/Bolivia_new record, ユンガス/yungas, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 子実体発達様式/fruiting body development style, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌寄生菌/mycoparasite, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 雲霧林/cloud forestThree new lichenicolous species of the genus Plectocarpon (Ascomycota: Lecanographaceae) discovered in the Bolivian Andesボリビアの熱帯山地林からPlectocarpon dimorphosporum、P. parmotrematis、およびP. ramalinaeの3新種を記載した。これらの新種は強い凸形の子嚢果および1-3隔壁の子嚢胞子、円形の子嚢果および3隔壁の子嚢胞子、黒色楕円形の子嚢果および無色3隔壁の子嚢胞子などでそれぞれ特徴づけられた。また、稀産種のProtounguicularia fasciculataをボリビア新産種として報告した。Plectocarpon dimorphosporum★ / Plectocarpon parmotrematis★ / Plectocarpon ramalinae★ / Protounguicularia fasciculata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Lecanographaceae/レカノグラファ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Hyaloscyphaceae/ヒアロスキファ科
R3-05517中国南西部産の担子菌類水生不完全菌の新種、Classicula sinensis2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 吸器/haustorium, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 重慶市/ChongqingClassicula sinensis, a new species of basidiomycetous aquatic hyphomycetes from southwest China中国重慶市において腐朽葉から分離された水生不完全菌の一種を検討し、Classicula sinensisとして新種記載した。本種は水生不完全菌としては少数派の担子菌に属し、分子系統解析ではC. fluitansに近縁であった。本種は分生子が無色倒棍棒形または舟形で毛髪状の付属糸を有し、培養下でクランプおよび吸器枝を頻繁に認めた。Classicula sinensis★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Classiculomycetes/クラシキュラ綱_Classiculales/クラシキュラ目
R3-05516Rhizopus oryzaeによるマクワウリの軟腐病2010Mycobiology2010年の論文/published in 2010, Mycobiology, ウリ科/Cucurbitaceae, キュウリ属/Cucumis, コッホの原則/Koch_s postulation, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 韓国/South KoreaSoft Rot on Cucumis melo var. makuwa Caused by Rhizopus oryzae韓国においてマクワウリに軟腐病とみられる病害を引き起こした菌をRhizopus oryzaeと同定した。マクワウリにおけるR. oryzaeの発生の報告は初となった。本種の病原性は接種試験により確かめられた。Rhizopus oryzaeMucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Mucoraceae/ケカビ科
R3-05515Stromaticumクレードに含まれる中国新産のTrichoderma属2種2018微生物学通報/Microbiology China2018年の論文/published in 2018, TrichoBLAST, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北京市/Beijing, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山東省/Shandong, 微生物学通報/Microbiology China, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 東アジア新産種/East Asia_new record, 温室/greenhouse, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 選択培地/selective mediumTwo Chinese new records of the genus Trichoderma in the Stromaticum cladeTrichoderma ivorienseおよびT. barbatumの2種を中国新産種として報告した。両種はそれぞれ北京市、山東省において土壌試料から選択培地で分離された。両種は分子系統解析でStromaticumクレードに含まれ、塩基配列に基づき同定されたが、形態的に異なるため別種の可能性も考えられた。Trichoderma barbatum■ / Trichoderma ivoriense■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-05514熱帯においてタケに発生した広義Aleurodiscus属2新種2017Mycoscience2017年の論文/published in 2017, Mycoscience, TreeBASE, イネ科/Poaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ハノイ市/Hanoi, ベトナム/Vietnam, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeTwo new species of Aleurodiscus s.l. (Russulales, Basidiomycota) on bamboo from tropics中国およびベトナムの熱帯域においてタケに発生した2種の菌を検討し、Aleurodiscus tenuissimusおよびA. tropicusとして新種記載した。前者は担子胞子表面が小刺状でアカントフィシスを欠き、後者は担子胞子表面が平滑で豊富にアカントフィシスを有することなどで特徴づけられた。全世界のタケ生息性Aleurodiscus属6種の検索表を掲載した。Aleurodiscus tenuissimus★ / Aleurodiscus tropicus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科
R3-05513Neoregelia carolinaeを宿主とする新種の病原菌、Exserohilum neoregeliae2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オランダ/Netherlands, コッホの原則/Koch_s postulation, パイナップル科/Bromeliaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 千葉県/Chiba, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 日本/Japan, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 異隔壁/distoseptum, 葉枯病/leaf blotch, 観賞植物/ornamental plantExserohilum neoregeliae sp. nov., a new pathogen of Neoregelia carolinaeオランダから日本に輸入されたNeoregelia carolinaeの葉に生じていた病原菌を検討し、Exserohilum neoregeliaeとして新種記載した。本種は分生子が長嘴形で基部が倒円錐形であり、顕著なへそを有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でE. minorと単系統群を形成した。Exserohilum neoregeliae★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05512黒穂菌の新産種 (4):新組み合わせMicrobotryum coronariae2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, センノウ属/Lychnis, タイプスタディ/type study, ナデシコ科/Caryophyllaceae, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, ペルニク州/Pernik, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 葯黒穂菌/anther smut, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiNew records of smut fungi. 4. Microbotryum coronariae comb. nov.Ustilago coronariaeに対して新組み合わせMicrobotryum coronariaeを提唱した。本種はブルガリアの山地に発生し、カッコウセンノウを宿主としていた。本種をブルガリア新産種として報告した。Microbotryum coronariae▲Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Microbotryomycetidae/ミクロボトリウム菌亜綱_Microbotryales/ミクロボトリウム目_Microbotryaceae/ミクロボトリウム科
R3-05511韓国新産の土壌由来Trichoderma属菌:T. albolutescens、T. asperelloides、T. orientale、T. spirale、およびT. tomentosum2017Mycobiology2017年の論文/published in 2017, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ソウル特別市/Seoul, 不稔菌糸/sterile mycelium, 二次代謝産物/secondary metabolite, 全羅北道/Jeollabuk-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水辺/waterside, 江原道/Kangwon-do, 河川/river, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 色素産生/pigment production, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordFive New Records of Soil-Derived Trichoderma in Korea: T. albolutescens, T. asperelloides, T. orientale, T. spirale, and T. tomentosum韓国において土壌生Trichoderma属菌の多様性調査を実施し、26菌株を分離した。T. albolutescens、T. asperelloides、T. orientale、T. spirale、およびT. tomentosumの5種を韓国新産種として報告した。これら5種の記載文、コロニー写真、顕微鏡写真などを掲載した。Trichoderma albolutescens■ / Trichoderma asperelloides■ / Trichoderma orientale■ / Trichoderma spirale■ / Trichoderma tomentosum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-05510イタリアにおけるピスタチオの潰瘍病および衰退の原因菌である新種Liberomyces pistaciae2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, コッホの原則/Koch_s postulation, シチリア州/Sicily, シノニム/synonym, スペルマチア/spermatia, タイプスタディ/type study, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 生長速度/growth rate, 胞子形成誘導/sporulation induction, 胴枯病/dogare-byo (canker), 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 誤同定/misidentificationLiberomyces pistaciae sp. nov., the causal agent of pistachio cankers and decline in Italyイタリア、シチリア州においてピスタチオに病害を引き起こした菌を検討し、Liberomyces pistaciaeとして新種記載した。形態学的検討および分子系統解析を実施したほか、温度適性などを検討し、接種試験により本種の病原性を確かめた。また、当初本種と誤同定されていたAsteromella pistaciarumが再検討の結果、全く異なる病原菌であることを示し、この種のレクトタイプ標本を指定した。Liberomyces pistaciae★ / Septoria pistaciarumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05509アゾレス諸島産のツバキ属およびミカン属植物を宿主とするDiaporthe属菌2018Phytopathologia Mediterranea2018年の論文/published in 2018, Phytopathologia Mediterranea, アゾレス諸島/Azores islands, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, ポルトガル/Portugal, ポルトガル新産種/Portugal_new record, マカロネシア/Macaronesia, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 南欧新産種/South Europe_new record, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 枝枯病/branch blight, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 表面殺菌法/surface sterilization methodSpecies of Diaporthe on Camellia and Citrus in the Azores Islandsポルトガル、アゾレス諸島においてツバキ属およびミカン属植物を宿主とするDiaporthe属菌の多様性を調査した。形態学的検討および分子系統解析の結果から、チャノキの葉に斑点を生じた菌をD. portugallicaとして新種記載した。また、マンダリンオレンジに発生したD. citriをヨーロッパ新産種として報告した。Diaporthe citri■ / Diaporthe portugallica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科
R3-05508イラン産のハラタケ属Xanthodermatei節菌類2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, イトスギ属/Cupressus, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, ギーラーン州/Gilan, コケ上に生える菌/fungi on moss, ゴレスターン州/Golestan, シェッファー反応/Schäffer reaction, ヒノキ科/Cupressaceae, マーザンダラーン州/Mazandaran, 側系統群/paraphyletic group, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 森林/forest, 検索表/identification key, 毒きのこ/poisonous mushroom, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 誤同定/misidentification, 都市環境/urban environmentAgaricus section Xanthodermatei in Iranイランにおいてハラタケ属菌の調査を実施し、12標本の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Xanthodermatei節に属するAgaricus iodosmus、A. moelleri、A. phaeolepidotus、およびA. xanthodermusの4種を同定した。そのうちA. iodosmusなど3種をイラン新産種として報告した。Agaricus iodosmus■ / Agaricus moelleri / Agaricus phaeolepidotus■ / Agaricus xanthodermus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05507複数遺伝子の系統解析および形態学的検討により明らかになった中国貴州省産の新種、Ophiocordyceps tettigonia2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, キリギリス科, ヤブキリ属, 中国/China, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 石灰岩/limestone, 貴州省/GuizhouMultigene phylogeny and morphology reveal a new species, Ophiocordyceps tettigonia, from Guizhou Province, China中国貴州省赤水丹霞において土中のヤブキリ属成虫に発生した菌を検討し、Ophiocordyceps tettigoniaとして新種記載した。本種は宿主が特異かつ二次子嚢胞子の幅が広いことなどで同属他種と区別された。本種は複数遺伝子に基づく分子系統解析においても、いずれの同属他種とも異なる系統を形成した。Ophiocordyceps tettigonia★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-05506中国産Chrysomyxa属菌の既知種2017西昌学院学報(自然科学版)/Journal of Xichang University (Natural Science Edition)2017年の論文/published in 2017, さび菌/rust fungi, イソツツジ属/Ledum, イチヤクソウ属/Pyrola, イチヤクソウ科/Pyrolaceae, スノキ属/Vaccinium, ツガ属/Tsuga, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, ユサン属/Keteleeria, 中国/China, 中国語/Chinese, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 生活環/life cycle, 異種寄生性/heteroecism, 疑問種/doubtful species, 短世代型生活環/microcyclic life cycle, 西昌学院学報(自然科学版)Known Species of the Genus Chrysomyxa Unger (Uredinales, Chrysomyxaceae) in China中国におけるChrysomyxa属の既知種12種を掲載した。トウヒ属に精子およびさび胞子世代を生じる種と、夏胞子および冬胞子を形成する種の検索表をそれぞれ掲載した。この他3種を疑問種として掲載した。Chrysomyxa deformans / Chrysomyxa himalensis / Chrysomyxa keteleeriae / Chrysomyxa komarovii / Chrysomyxa pirolata / Chrysomyxa qilianensis / Chrysomyxa rhododendri / Chrysomyxa stilbae / Chrysomyxa succinea / Chrysomyxa taihaensis / Chrysomyxa tsugae-yunnanensis / Chrysomyxa woroniniiBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Coleosporiaceae/コレオスポリウム科
R3-05505パキスタン産Coprinellus属菌およびその4新種の記載2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, アカシア属/Acacia, ウッドチップ生息菌/wood chip inhabiting fungus, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, クワ属/Morus, クワ科/Moraceae, パキスタン/Pakistan, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), マメ科/Fabaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 腐生菌/saprobe, 草地/grasslandThe genus Coprinellus (Basidiomycota; Agaricales) in Pakistan with the description of four new speciesパキスタンからCoprinellus campanulatus、C. disseminatus-similis、C. pakistanicus、およびC. tenuisの4新種を記載した。そのうち2種がMicacei節、1種がDomestici節に含まれ、1種が独自の系統を形成した。本報告により、パキスタン産のCoprinellus属既知種は8種となった。Coprinellus campanulatus★ / Coprinellus disseminatus-similis★ / Coprinellus pakistanicus★ / Coprinellus tenuis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-05504ブラジルの大西洋岸森林に産した新種、Phallus aureolatus2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, サンパウロ州/São Paulo, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 亜熱帯雨林/subtropical rainforest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 山地/mountains, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 腹菌類/gastromycetesPhallus aureolatus (Phallaceae, Agaricomycetes), a new species from the Brazilian Atlantic Forestブラジルの亜熱帯雨林に産した菌を検討し、Phallus aureolatusとして新種記載した。本種は菌網が白色で長く、托頂部に白色の傘を伴い、つぼが帯桃色、根状菌糸束が帯紫色であることなどで特徴づけられた。ブラジル産の広義スッポンタケ属菌の検索表を掲載した。Phallus aureolatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-05503ブラジル南部産のPhallus rubicundus2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, Parapiptadenia属, Studies in Fungi, ウッドチップ生息菌/wood chip inhabiting fungus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, マメ科/Fabaceae, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 腹菌類/gastromycetesPhallus rubicundus in South Brazilブラジル、パラナ州の森林からPhallus rubicundusをブラジル南部新産種として報告した。本種はブラジルにおいてはサンパウロ州で一度記録されたのみであり、季節性の半落葉樹林からの報告は初であった。本種は腐朽の非常に進んだ切り株の基部付近、ウッドチップに覆われた地面、Parapiptadeniaの落果上などに発生していた。Phallus rubicundus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-05502ブラジル、パライバ州における腹菌類の知見への追加2011Revista Brasileira de Biociências2011年の論文/published in 2011, Revista Brasileira de Biociências, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 切片/section, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic surveyContribution to the knowledge of gasteroid fungi (Agaricomycetes, Basidiomycota) from the state of Paraíba, Brazilブラジル、パライバ州において腹菌類の調査を実施し、8種を同定した。そのうちAseröe floriformisなど6種がパライバ州新産種であった。Cyathus limbatusはパライバ州からの初めて報告されたチャダイゴケ属菌となった。Aseroë floriformis■ / Cyathus limbatus■ / Geastrum lageniforme■ / Geastrum saccatum■ / Geastrum setiferum / Morganella pyriformis■ / Phallus indusiatus■ / Scleroderma nitidumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科_Boletales/イグチ目_Sclerodermataceae/ニセショウロ科
R3-05501イタリア、アプリアにおいて洞窟チーズから分離された新種、Penicillium gravinicasei2018International Journal of Food Microbiology2018年の論文/published in 2018, International Journal of Food Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, チーズ/cheese, マイコトキシン/mycotoxin, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 洞窟/cave, 生長速度/growth rate, 発酵食品/fermented food, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyPenicillium gravinicasei, a new species isolated from cave cheese in Apulia, Italyイタリア、グラヴィーナ・イン・プーリアにおいて洞窟チーズから分離された菌を検討し、Penicillium gravinicaseiとして新種記載した。本種はCinnamopurpurea節に含まれ、オクラトキシンAなどのマイコトキシンを産生しなかった。本種は5%塩化ナトリウム添加培地において生長が速く、この性質がチーズに生息する理由の一つと考えられた。Penicillium gravinicasei★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-05500オーストラリア産のAustroboletus属新種2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Allocasuarina属, Corymbia属, Mycological Progress, Tristaniopsis属, Xanthostemon属, アカシア属/Acacia, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ノーザンテリトリー/Northern Territory, フトモモ科/Myrtaceae, マメ科/Fabaceae, モクマオウ科/Casuarinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 砂地/sand, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 配列決定/sequencingNew species of Austroboletus (Boletaceae) in AustraliaオーストラリアからAustroboletus austrovirens、A. viscidoviridis、A. roseialbusの3新種を記載した。これらの新種は緑色の傘および柄の装飾、オリーブ緑色で粘性のある傘および柄の褐色網目、ばら色を帯びた白色の傘などでそれぞれ特徴づけられた。いずれの種もAustroboletus属に含まれることはITS領域の塩基配列決定により裏付けられた。Austroboletus austrovirens★ / Austroboletus roseialbus★ / Austroboletus viscidoviridis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05499ロシア、東シベリア中部、ツングースカ川盆地に産したヒダナシタケ類2016Karstenia2016年の論文/published in 2016, Karstenia, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, クラスノヤルスク地方/Krasnoyarsk, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コケ上に生える菌/fungi on moss, シベリア/Siberia, トウヒ属/Picea, ハンノキ属/Alnus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ロシア/Russia, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 呈色反応/chemical reaction, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationAphyllophoroid fungi (Basidiomycota) in Tunguska River basin, central East Siberia, Russiaロシア、ツングースカ川盆地の亜寒帯林においてヒダナシタケ類の調査を実施した。248分類群を同定し、その約半数がコウヤクタケ類であった。非典型的あるいは未同定の標本について短い記載文を掲載した。Athelia bombacina / Hyphoderma mutatum / Hyphoderma occidentale / Leptosporomyces mutabilis / Mycoacia fuscoatra / Osteina obducta / Repetobasidium erikssonii / Rigidoporus crocatus / Tubulicrinis glebulosus / Tulasnella violea / Tyromyces canadensisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Meripilaceae/トンビマイタケ科_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Cantharellales/アンズタケ目_Tulasnellaceae/ツラスネラ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05498アルゼンチンにおけるLeucocoprinus cretaceusおよびL. fragilissimusの存在2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, コリエンテス州/Corrientes, サン・ペドロ県/San Pedro, ナンヨウスギ属/Araucaria, ナンヨウスギ科/Araucariaceae, ミシオネス州/Misiones, リター菌/litter fungi, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 液化/deliquescence, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 草地/grasslandPresence of Leucocoprinus cretaceus and L. fragilissimus in ArgentinaLeucocoprinus cretaceusおよびL. fragilissimusをアルゼンチン新産種として報告した。両種はアルゼンチン北部の大西洋岸森林で採集され、前者はパラナマツの樹皮、後者は材およびリターなどに発生した。両種を含むアルゼンチン産キヌカラカサタケ属菌の検索表を掲載した。Leucocoprinus cretaceus■ / Leucocoprinus fragilissimus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05497アルゼンチン、パタゴニア地域に産した新種、Pseudotricharina lanigera2017Ascomycete.org2017年の論文/published in 2017, Ascomycete.org, アルゼンチン/Argentina, アンデス山脈/Andes, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, パタゴニア/Patagonia, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 環境配列/environmental sequence, 稀産種/rare species, 胞子の発芽/germination of sporesPseudotricharina lanigera (Pezizales), a new species from the Patagonian region of Argentinaアルゼンチン、リオネグロ州のナンキョクブナ林において採集された菌を検討し、Pseudotricharina lanigeraとして新種記載した。本報告は南半球からのPseudotricharina属菌の初報告となった。本種は分子系統解析で基準種と姉妹群を形成したが、Pseudotricharina属に最も近縁な属は明らかにならなかった。Pseudotricharina lanigera★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-05496アセタケ属Napipedinae亜節の結節状胞子を有する新種、Inocybe sphagnophila2017Mycologia Bavarica2017年の論文/published in 2017, Mycologia Bavarica, UNITE, イタリア/Italy, オーストリア/Austria, オーバーエスターライヒ州/Oberösterreich, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, コケ上に生える菌/fungi on moss, ザクセン=アンハルト州/Sachsen-Anhalt, ザルツブルク州/Salzburg, ザールラント州/Saarland, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ドイツ/Germany, ドイツ語/German, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, ハンノキ属/Alnus, バイエルン州/Bayern, バーデン=ヴュルテンベルク州/Baden-Württemberg, ピートボグ/peat bog, フランス/France, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, ミズゴケ属/Sphagnum, ミズゴケ科/Sphagnaceae, モミ属/Abies, ラインラント=プファルツ州/Rheinland-Pfalz, 亜高山帯/subalpine zone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 湿地帯/wetland, 米国/USA, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 酸性土壌/acidic soilInocybe sphagnophila sp. nov., eine neue Art der höckersporigen Untersektion Napipedinae der Gattung Inocybe (Agaricales)ドイツおよびオーストリアの湿ったボグなどにおいて採集された菌を検討し、Inocybe sphagnophilaとして新種記載した。本種は類白色のクモの巣膜を有し、担子胞子が小型で子実層シスチジアが短いことなどで特徴づけられた。I. pseudoumbrinaのタイプ標本を検討し、本種がI. assimilataと同種であることを示した。Inocybe assimilata / Inocybe sphagnophila★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05495中国南部産の子実層托および肉が海緑色に変色する新種、Tylopilus callainus2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南西諸島/Nansei Islands, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 日本/Japan, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 福建省/Fujian, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 鹿児島県/KagoshimaTylopilus callainus, a new species with a sea-green color change of hymenophore and context from the south of China中国海南省および福建省で採集された菌を検討し、Tylopilus callainusとして新種記載した。本種は傘が褐色で、子実層托および肉が傷つくと海緑色に変色し、傘表皮が毛状被であることなどで特徴づけられた。TEF1に基づく分子系統解析で、本種は狭義のニガイグチ属クレードにおいて独立の系統を形成し、中国産のT. aff. ballouiと同定された標本が本種に近縁であった。Tylopilus callainus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05494韓国産のアンズタケ属新種2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, クマシデ属/Carpinus, クリ属/Castanea, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, 全羅北道/Jeollabuk-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 忠清北道/Chungcheongbuk-do, 新種記載/new species, 江原道/Kangwon-do, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 韓国/South KoreaNew Cantharellus species from the Republic of Korea韓国で採集された2種の菌を検討し、Cantharellus koreanusおよびC. albovenosusとして新種記載した。前者はアカマツ、コナラ属、クマシデ属など様々な樹種の樹下に発生し、Parvocantharellus亜属に含まれ、C. appalachiensisに類似かつ近縁であった。後者はクリおよびカラマツの樹下に発生し、Cinnabarinus亜属に含まれ、明るい橙色の傘および柄、純白の皺襞などで特徴づけられた。Cantharellus albovenosus★ / Cantharellus koreanus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目
R3-05493オーストラリア産の地衣類6新種2017Telopea2017年の論文/published in 2017, Allocasuarina属, Telopea, アカシア属/Acacia, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, オーストラリア/Australia, キツネノマゴ科/Acanthaceae, スチクチン酸類/stictic acids, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, セトラル酸類/cetraric acids, タスマニア州/Tasmania, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ノーザンテリトリー/Northern Territory, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヒルギダマシ属/Avicennia, フトモモ科/Myrtaceae, フマル酸類/fumarates, マメ科/Fabaceae, マングローブ林/mangrove forest, モクマオウ科/Casuarinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 南オーストラリア州/South Australia, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 池沼/ponds and swamps, 沿岸域/coastal area, 湿地帯/wetland, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographySix new lichen species (Ascomycota) from AustraliaオーストラリアからBapalmuia rotatilisなど6新種を記載した。4新種はニューサウスウェールズ州、1新種はタスマニア州、1新種はノーザンテリトリーおよび南オーストラリア州に産した。2新種を含むオーストラリア産Ramboldia属地衣の検索表を掲載した。Bapalmuia rotatilis★ / Fellhanera incolorata★ / Opegrapha gilmorei★ / Protoparmelia ewersii★ / Ramboldia buleensis★ / Ramboldia subplicatula★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Ramboldiaceae/ランブルディア科
R3-05492顕著な芳香を発するタイ北部産のイグチ科の新種、Pulveroboletus fragrans2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, TreeBASE, シイ属/Castanopsis, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 子実体発達様式/fruiting body development style, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEMPulveroboletus fragrans, a new Boletaceae species from Northern Thailand, with a remarkable aromatic odorタイ、チエンマイ県の森林においてブナ科樹木の樹下に発生した菌を検討し、Pulveroboletus fragransとして新種記載した。本種は傘および柄が粘質の被膜に覆われ、柄の最上部が紫色で、強い芳香を発することなどで特徴づけられた。本種は稀産種と考えられ、芳香を有する特徴も非常に稀で、それにより全ての同属他種と識別可能であった。Pulveroboletus fragrans★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05491Favolus属菌の系統分類2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, Mycologia, TreeBASE, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宜蘭県/Yilan, 広東省/Guangdong, 広西チワン族自治区/Guangxi, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 気温/temperature, 海南省/Hainan, 湖南省/Hunan, 熱帯域/tropics, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 福建省/Fujian, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanPhylogeny and taxonomy of Favolus (Basidiomycota)中国および台湾の亜熱帯~熱帯で採集されたFavolus属菌14標本を検討した。Favolus niveus、F. septatus、F. pseudoemerici、F. subtropicusの4新種を記載した。Favolus属とNeofavolus属の地理的分布の差異を規定する重要な要因が気温である可能性を示した。Favolus niveus★ / Favolus pseudoemerici★ / Favolus septatus★ / Favolus subtropicus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05490タイ産チブサゴケ型モジゴケ科地衣の2新産種2017Chiang Mai Journal of Science2017年の論文/published in 2017, Chiang Mai Journal of Science, アジア新産種/Asia_new record, ウボンラーチャターニー県/Ubon Ratchathani, オキセピン類/oxepins, サトゥーン県, スチクチン酸類/stictic acids, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 北半球新産種/Northern Hemisphere_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 東南アジア新産種/Southeast Asia_new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyTwo New Records of Lichens of Thelotremoid Graphidaceae (Ascomycota: Ostropales) from ThailandAstrochapsa pulvereodiscaおよびPseudotopeliopsis longisporaをタイ新産種として報告した。前者はウボンラーチャターニー県の常緑樹林において樹皮上に、後者はサトゥーン県の熱帯雨林において樹皮上にそれぞれ発生した。前者は子器が円形から不規則な長形で粉霜を伴い、子嚢胞子が褐色石垣状であること、後者は子嚢胞子が長く、横隔壁を有することなどでそれぞれ特徴づけられた。Astrochapsa pulvereodiscus■ / Pseudotopeliopsis longispora■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05489腐生性シンネマ形成性微小菌類:メキシコにおける新産種および既知種2018Revista Mexicana de Biodiversidad2018年の論文/published in 2018, Revista Mexicana de Biodiversidad, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, コナラ属/Quercus, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ブナ科/Fagaceae, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 北米新産種/North America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 雲霧林/cloud forestSaprophytic synnematous microfungi. New records and known species for Mexicoメキシコ、ベラクルス州から18種の腐生性シンネマ形成性菌をメキシコ新産種として報告した。各種について記載文、顕微鏡写真、基質および地理的分布に関する情報などを掲載した。本報告により、メキシコ産シンネマ形成性微小菌類の既知種は28属40種となった。Arthrobotryum stilboideum■ / Bactrodesmium longisporum■ / Blastocatena pulneyensis■ / Cephalotrichum microsporum■ / Cephalotrichum purpureofuscum■ / Coremiella cubispora■ / Didymostilbe capsici■ / Drumopama girisa■ / Gangliostilbe costaricensis■ / Hyalosynnema multiseptatum■ / Menisporopsis anisospora■ / Menisporopsis multisetulata■ / Menisporopsis profusa■ / Phaeoisaria clavulata■ / Phaeoisaria infrafertilis■ / Phaeoisaria sparsa■ / Phragmocephala elliptica■ / Roigiella lignicola■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Pleurotheciales/プレウロセシウム目_Pleurotheciaceae/プリューロセシウム科
R3-05488Diplodia africanaによるJuniperus phoeniceaの立ち枯れ病:新宿主および北半球からの初報告2011Phytopathologia Mediterranea2011年の論文/published in 2011, Phytopathologia Mediterranea, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, エンドファイト/endophyte, コッホの原則/Koch_s postulation, サルデーニャ自治州/Sardinia, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 分子同定/molecular identification, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 北半球新産種/Northern Hemisphere_new record, 南欧新産種/South Europe_new record, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 病原力/virulence, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胞子形成誘導/sporulation induction, 配列決定/sequencingDiplodia africana causing dieback on Juniperus phoenicea: a new host and first report in the northern hemisphereイタリア、カプレーラ島からJuniperus phoeniceaの枝枯病を報告した。形態形質およびDNA配列に基づき、分離された菌をDiplodia africanaと同定し、接種試験で病原性を確かめた。J. phoeniceaは本種の新宿主であり、本種の北半球からの報告は初となった。Diplodia africana■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-05487アレルギー誘発性の雑草、ブタクサに対するしばしば隠れた病原菌である新属新種Cryptophyllachora eurasiaticaの生物学の解明2018Scientific Reports2018年の論文/published in 2018, Scientific Reports, TreeBASE, ウクライナ/Ukraine, キエフ州/Kiev, キク科/Asteraceae, スペルマチア/spermatia, ソウル特別市/Seoul, タイプスタディ/type study, ハンガリー/Hungary, ブタクサ属/Ambrosia, ヘヴェシュ県/Heves, ペシュト県/Pest, 京畿道/Gyeonggi-do, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 接種試験/inoculation test, 散布様式/dispersal style, 斑点病/spot disease, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新規プライマー設計/novel primer designation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 特異的PCR/specific PCR, 生活環/life cycle, 生物農薬/biopesticide, 移入種/alien species, 絶対寄生菌/obligate parasite, 胞子の発芽/germination of spores, 花生息菌/floricolous fungus, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEM, 難培養性菌/uncultured fungi, 韓国/South KoreaDeciphering the biology of Cryptophyllachora eurasiatica gen. et sp. nov., an often cryptic pathogen of an allergenic weed, Ambrosia artemisiifoliaブタクサの病原菌Phyllachora ambrosiaeの分類学的位置を検討し、新属Cryptophyllachora属に移した。また、ハンガリー、ウクライナ、および韓国に産したブタクサの病原菌を検討し、C. eurasiaticaとして新種記載した。本新種の病態形成をTEMで検討したほか、接種試験を実施し、地理的分布や感染様式に関する仮説を提唱した。Cryptophyllachora ambrosiae▲ / Cryptophyllachora eurasiatica★
R3-05486Pseudospiropes属1新種および中国新産のCordana属およびSporidesmiopsis属菌2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, Tsoongiodendron属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, モクレン科/Magnoliaceae, ヤマモガシ属/Helicia, ヤマモガシ科/Proteaceae, 中国/China, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 異隔壁/distoseptum, 雲南省/YunnanA new species of Pseudospiropes and new Cordana and Sporidesmiopsis records from China中国雲南省においてTsoongiodendron odorumの枯れ枝に生じた菌を検討し、Pseudospiropes xishuangbannicusとして新種記載した。また、Cordana lithuanicaおよびSporidesmiopsis dennisiiを中国新産種として報告した。前者は海南省においてHelicia pyrrhobotrya、後者は雲南省においてカイノキの枯れ枝にそれぞれ発生していた。Cordana lithuanica■ / Pseudospiropes xishuangbannicus★ / Sporidesmiopsis dennisii■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-05485中国貴州省産のMyrmecridium属1新種2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 畑地/farmland, 貴州省/GuizhouA new Myrmecridium species from Guizhou, China中国貴州省において畑地土壌から分離された菌を検討し、Myrmecridium obovoideumとして新種記載した。本種は分生子が倒卵状または紡錘形であり、翼状のゼラチン質の鞘を伴い、基部に暗色類截断状のへそを有することなどで特徴づけられた。本新種を含むMyrmecridium属の検索表を掲載した。Myrmecridium obovoideum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱
R3-05484形態計量解析によって支持されたオンタリオ州南部産の新種C. selvaeを含む、北米産ホソピンゴケ属地衣の概略2018Botany2018年の論文/published in 2018, Botany, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, クラスター分析/cluster analysis, 主成分分析/principal component analysis, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布図/scatter plot, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 走査型電子顕微鏡/SEMA synopsis of Chaenotheca in North America, including a new species from southern Ontario, C. selvae, supported by morphometric analysesカナダ、オンタリオ州で採集されたピンゴケ型地衣の一種を検討し、Chaenotheca selvaeとして新種記載した。本種は同属他種とは子器の柄が直線状で屈曲しないこと、子嚢胞子に装飾を欠くこと、Stichococcus属共生藻を有すること、22件の形態形質に基づく除歪対応分析を実施したほか、北米産ホソピンゴケ属25種の検索表を掲載した。Chaenotheca selvae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科
R3-05483ヒメムキタケ属の新種およびHohenbuehelia atrocoerulea – Nematoctonus robustus複合種について2018Persoonia2018年の論文/published in 2018, Persoonia, アルバータ州/Alberta, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, カバノキ科/Betulaceae, カルタゴ州/Cartago, コスタリカ/Costa Rica, コナラ属/Quercus, コンタミ/contamination, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ハンノキ属/Alnus, ピートボグ/peat bog, ブナ科/Fagaceae, プンタレナス州/Puntarenas, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, ワイオミング州/Wyoming, 交配型/mating type, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 種概念/species concept, 米国/USA, 線虫寄生菌/nematode parasitic fungus, 線虫捕捉菌/nematode trapping fungus, 複合種/species complex, 誤同定/misidentificationNew species of Hohenbuehelia, with comments on the Hohenbuehelia atrocoerulea – Nematoctonus robustus species complex米国、カナダ、およびコスタリカに産したHohenbuehelia algonquinensisなど4新種を記載した。また、H. nigraがシジミタケ属に含まれることを示したほか、新組み合わせH. robustaを提唱した。西欧および北米北東部産の半円形の子実体を形成するヒメムキタケ属菌の検索表を掲載した。Hohenbuehelia algonquinensis★ / Hohenbuehelia canadensis★ / Hohenbuehelia carlothornii★ / Hohenbuehelia nimueae★ / Hohenbuehelia robusta▲ / Resupinatus nigerBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05482形態および分子の形質に基づく中国南部産のHyphodontia dimiticaおよびH. subefibulataの新種記載2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, コウヤクタケ類/corticioid fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 江西省/Jiangxi, 海南省/Hainan, 湖南省/HunanHyphodontia dimitica and H. subefibulata spp. nov. (Schizoporaceae, Hymenochaetales) from southern China based on morphological and molecular characters中国南部で採集された2種の菌を検討し、Hyphodontia dimiticaおよびH. subefibulataとして新種記載した。前者は子実層托が管孔状で孔口面がクリーム色~黄褐色、担子胞子が楕円形、2菌糸型で生殖菌糸が厚壁であることなどで特徴づけられた。後者は子実層托が針状で黄褐色~暗褐色、担子胞子が類球形~広楕円形、シスチジアを有し、1菌糸型で生殖菌糸が厚壁であることなどで特徴づけられた。Hyphodontia dimitica★ / Hyphodontia subefibulata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科
R3-05481パキスタン産の新種、Lepiota himalayensis2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 温帯湿潤林/temperate wet forest, 湿度/humidity, 生物多様性調査/biodiversity survey, 降水量/precipitationLepiota himalayensis (Basidiomycota, Agaricales), a new species from Pakistanパキスタンの温帯湿潤林においてAbies pindrowの樹下に生じた菌を検討し、Lepiota himalayensisとして新種記載した。本種は傘が帯橙褐色で帯黒色の鱗片に覆われ、担子胞子が楕円形で、縁シスチジアが狭棍棒形~棍棒形であることなどで特徴づけられた。本種はITS領域に基づく分子系統解析でクレードIに含まれ、L. farinolensと姉妹群を形成した。Lepiota himalayensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05480パキスタン、ラーワルピンディーにおける不完全糸状菌の新産種2015Journal of Bioresource Management2015年の論文/published in 2015, Alstonia属, Journal of Bioresource Management, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, イネ科/Poaceae, ウロコタケ科/Stereaceae, キウロコタケ属/Stereum, キョウチクトウ科/Apocynaceae, キワタ属/Bombax, クワ科/Moraceae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タケ生息菌/bambusicolous fungus, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), ホウライチク属/Bambusa, リター菌/litter fungi, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 湿室法/moist chamber method, 腐生菌/saprobe, 花生息菌/floricolous fungusFirst Report: Hyphomycetous Fungi from Rawalpindi, Pakistanパキスタン、ラーワルピンディーから4種のパキスタン新産種を報告した。Beniowskia sphaeroidea、Graphium putredinis、Phaeoisaria clematidis、およびTilachlidium ramosumを報告した。各種はそれぞれキウロコタケ属菌の子実体、Alstonia属の樹木、キワタ属の花、タケの腐朽稈/インドゴムノキの材に発生した。Beniowskia sphaeroidea■ / Graphium putredinis■ / Phaeoisaria clematidis■ / Tilachlidium ramosum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科_Pleurotheciales/プレウロセシウム目_Pleurotheciaceae/プリューロセシウム科_Hypocreales/ニクザキン目
R3-05479スポンジ状の組織を有する新種、Phlebopus spongiosus2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, ティエンザン省/Tien Giang, ベトナム/Vietnam, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 熱帯域/tropics, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 食用きのこ/edible mushroomsPhlebopus spongiosus sp. nov. (Boletales, Boletinellaceae) with a sponge-like tissueベトナムのミカン園に発生した菌を検討し、Phlebopus spongiosusとして新種記載した。本種は組織がスポンジ状であり、未熟な管孔内部の空間を側シスチジア状の細胞が満たしていることなどで特徴づけられた。また、未熟な孔口が薄い隔膜に塞がれる点、胞子紋が暗褐色である点も同属他種に見られない特徴であった。Phlebopus spongiosus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletinellaceae/ミダレアミイグチ科
R3-05478黒海地方北部において泥灰石灰岩に生じたウクライナ新産の地衣類および地衣生菌類2018Ukrainian Botanical Journal2018年の論文/published in 2018, Ukrainian Botanical Journal, Xanthocarpia属, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, カクレホウネンゴケ属, クリミア共和国/Republic of Crimea, ザポリージャ州/Zaporizhia, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, ヘルソン州/Kherson, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, ムィコラーイウ州/Mykolaiv, 先駆種/pioneer species, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 菌類相調査/mycofloristic survey, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenNew for Ukraine species of lichens and lichenicolous fungi from marl limestones in the Northern Black Sea Regionウクライナ、黒海地方北部からウクライナ新産の地衣類6種および地衣生菌類2種を報告した。Lichenochora wasseriの新宿主としてXanthocarpia lacteaを報告した。各種について子器切片の写真、生態および分布データなどを掲載した。Acaroconium punctiforme■ / Aspicilia subfarinosa■ / Lichenochora wasseri■ / Psorotichia montinii■ / Verrucaria bernaicensis■ / Verrucaria papillosa■ / Verrucaria schindleri■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Phyllachorales/フィラコラ目_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-05477中国においてトクサバモクマオウに発生したマンネンタケ属2新種の形態および分子に基づく同定2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, モクマオウ属/Casuarina, モクマオウ科/Casuarinaceae, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 沿岸域/coastal area, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 福建省/Fujian, 腐生菌/saprobe, 薬用きのこ/medicinal mushroomsMorphological and molecular identification of two new Ganoderma species on Casuarina equisetifolia from China中国南東部においてトクサバモクマオウの生木に発生した2種の菌を検討し、それぞれGanoderma angustisporum、G. casuarinicolaとして新種記載した。前者は子実体が無柄で担子胞子が僅かに截断状の扁桃形であり、既知のどのマンネンタケ属菌よりも担子胞子の幅が狭いことなどで特徴づけられた。後者は傘が帯赤褐色で強い光沢を有し、担子胞子が截断状の楕円形であることなどで特徴づけられた。Ganoderma angustisporum★ / Ganoderma casuarinicola★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-05476インド中部産大型菌類の多様性 (13):Leucocoprinus badhamiiおよびLeucocoprinus birnbaumii2018Van Sangyan2018年の論文/published in 2018, Van Sangyan, インド/India, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 毒きのこ/poisonous mushroom, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungiDiversity of macro-fungi in Central India-XIII: Leucocoprinus badhamii and Leucocoprinus birnbaumiiインド、マディヤ・プラデーシュ州からLeucocoprinus badhamiiおよびL. birnbaumiiの2種を報告した。前者をインド中部新産種として報告した。インド産キヌカラカサタケ属菌24種の分布および生息環境などに関する知見をまとめた。Leucocoprinus badhamii■ / Leucocoprinus birnbaumiiBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05475アフリカ産のイグチの新種、Chalciporus africanus2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, Uapaca属, カメルーン/Cameroon, コミカンソウ科/Phyllanthaceae, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 東部州(カメルーン)/East Province (Cameroon), 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiChalciporus africanus, a new bolete species from Africaカメルーンの熱帯雨林で採集された菌を検討し、Chalciporus africanusとして新種記載した。本種はコショウイグチ属とRubinoboletus属の中間的な形質を有していた。本種は固有種のUapaca guineensisの樹下に発生していた。Chalciporus africanus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05474ワインセラーの表面から分離された酵母の新種、Candida patagonica2007Antonie van Leeuwenhoek2007年の論文/published in 2007, Antonie van Leeuwenhoek, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, PCR-RFLP, RFLP解析/RFLP analysis, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アルゼンチン/Argentina, デンプン/starch, パタゴニア/Patagonia, ビタミン要求性/vitamin requirement, 二型性/dimorphism, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 室内環境/indoor condition, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵/fermentation, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 選択培地/selective medium, 酵母/yeast, 醸造/brewingCandida patagonica sp. nov., a new species of yeast from cellar surfacesアルゼンチン、パタゴニア北部のワインセラーにおいて発酵用の樽から分離された酵母を検討し、Candida patagonicaとして新種記載した。本種は偽菌糸を豊富に形成し、有性生殖は認めなかった。生理学的形質や分子系統解析およびPCR-RFLPの結果からも本新種の記載が支持された。Candida patagonica★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-05473エジプト、北東ナイルデルタにおけるマンネンタケ属2種の初記録2015Mycosphere2015年の論文/published in 2015, Mycosphere, きのこ栽培/mushroom cultivation, イチジク属/Ficus, エジプト/Egypt, クワ科/Moraceae, ダカリーヤ県, ディムヤート県/Damietta, バイオマス測定/biomass measurement, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, リニアグロース/linear growth, 人工栽培/artificial cultivation, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 奇形/malformation, 子実体原基/fruiting body primordium, 子実体発達様式/fruiting body development style, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根株心腐病/butt heart rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物学的効率/biological efficiency, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 統計解析/statistical analysis, 腐生菌/saprobe, 菌床栽培/mushroom bed cultivation, 表面殺菌法/surface sterilization methodFirst record of two Ganoderma species from North East Nile Delta-Egyptエジプトにおいてベンガルボダイジュおよびレモンにそれぞれ根株心腐病を引き起こした多孔菌を採集した。形態学的検討および分子系統解析の結果、Ganoderma resinaceumiおよびマンネンタケ属の一種と同定された。両者をおが屑培地で栽培して成熟した子実体までの発達過程を観察し、マンネンタケ属の一種については鹿角状の形態も認めた。Ganoderma resinaceum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-05472ロシア産Antrodia属菌の新種および特筆すべき種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アオイ科/Malvaceae, コナラ属/Quercus, サマラ州/Samara, シナノキ属/Tilia, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トウヒ属/Picea, ニジニ・ノヴゴロド州/Nizhny Novgorod, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, 呈色反応/chemical reaction, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 褐色腐朽菌/brown rot fungiNew and noteworthy Antrodia species (Polyporales, Basidiomycota) in Russiaロシアにおいて広葉樹に発生した褐色腐朽菌の一種を検討し、Antrodia minutaとして新種記載した。本種は子実体が小型の傘状で、担子胞子が円筒形、2菌糸型で骨格菌糸を有することなどで特徴づけられた。また、新組み合わせFibroporia pseudorennyiを提唱したほか、F. gossypiumの分生子形成世代を初めて記録した。Antrodia malicola / Antrodia minuta★ / Antrodia sitchensis / Cartilosoma ramentaceum / Fibroporia pseudorennyi▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05471インド新産の黒穂菌2種2014International Journal of Research in Botany2014年の論文/published in 2014, International Journal of Research in Botany, イネ科/Poaceae, インド/India, エノコログサ属/Setaria, ギョウギシバ属/Cynodon, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 腥黒穂病/bunt, 花生息菌/floricolous fungus, 黒穂菌/smut fungiTwo new Smuts for Indiaインド、マハーラーシュトラ州からSporisorium normanensisおよびTilletia setariae-parvifloraeをインド新産種として報告した。前者はギョウギシバ、後者はSetaria tomentosaを宿主としていた。後者はタイから新種記載され、S. parvifloraeが宿主として知られていた。Sporisorium normanensis■ / Tilletia setariae-parviflorae■Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Ustilaginaceae/クロボキン科_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱_Exobasidiomycetidae/エクソバシデイウム亜綱_Tilletiales/ナマグサクロボキン目_Tilletiaceae/ナマグサクロボキン科
R3-05470ポーランド北東部、ビエブジャ国立公園産菌類の予備的研究 (3):微小菌類-新規データ2016Acta Mycologica2016年の論文/published in 2016, Acta Mycologica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アマドコロ属/Polygonatum, ガマズミ属/Viburnum, キク科/Asteraceae, キジカクシ科/Asparagaceae, サンザシ属/Crataegus, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ソラマメ属/Vicia, トウヒ属/Picea, バラ科/Rosaceae, ピートボグ/peat bog, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ヨモギ属/Artemisia, リター菌/litter fungi, レンプクソウ科/Adoxaceae, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 卵菌類/Oomycetes, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 希釈平板法/dilution plate method, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂丘/dune, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉面菌/leaf surface fungi, 釣菌法/baiting method, 難培養性菌/uncultured fungiPreliminary studies of fungi in the Biebrza National Park (NE Poland). Part III. Micromycetes – new dataポーランド、ビエブジャ国立公園において微小菌類の調査を実施し、292分類群を記録した。そのうち接合菌が27種、子嚢菌が232種、担子菌が27種であり、卵菌や細胞性粘菌も含まれた。67.5%にあたる197種が本国立公園における新産種であり、19種がポーランド新産種であった。Candelabrum spinulosum■ / Cephalotrichum nanum■ / Cercosporella lindaviana■ / Colletotrichum veratrina■ / Daldinia decipiens■ / Discosia fitzpatrickii■ / Discosia kabati■ / Discosia potentillae■ / Discosia quercicola■ / Mycosphaerella osborniae■ / Nemania aenea■ / Phaeosphaeria inclusa■ / Phomopsis amygdaliana■ / Pilobolus nanus■ / Piptocephalis fimbriata■ / Seimatosporium foliicola■ / Sphaceloma viburni■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Discosiaceae/ディスコシア科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科_Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Zoopagomycota/トリモチカビ門_Zoopagomycotina/トリモチカビ亜門_Zoopagomycetes/トリモチカビ綱_Zoopagales/トリモチカビ目_Myriangiales/ミリアンギウム目_Elsinoaceae/エルシノエ科
R3-05469ブルガリア産ハラタケ目菌類の稀産種および興味深い種に関する新規データ2014Ecologia Balkanica2014年の論文/published in 2014, Ecologia Balkanica, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ハンノキ属/Alnus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブルガリア/Bulgaria, ムクロジ科/Sapindaceae, リター菌/litter fungi, 保全生態学/conservation ecology, 堆肥/compost, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 植林地/plantation, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 絶滅危惧種/endangered species, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew Data about Some Rare and Interesting Agaricales Species in Bulgariaブルガリア産ハラタケ目菌類27種を報告した。ブルガリアからの2番目の報告となる種や稀産種なども含まれた。Agaricus bohusiiなど6種はブルガリアのレッドリストに掲載される保全対象種であった。Agaricus bohusii / Agaricus cupreobrunneus / Agaricus impudicus / Amanita caesarea / Amanita ovoidea / Amanita vittadinii / Battarrea phalloides■ / Chlorophyllum agaricoides / Conocybe pubescens■ / Conocybe rickenii■ / Coprinopsis radiata / Coprinus alopecius■ / Cortinarius bivelus / Hebeloma anthracophilum■ / Hebeloma fusipes / Hygrophorus piceae / Hymenogaster bulliardii / Hymenogaster hessei / Laccaria bicolor / Laccaria tortilis■ / Melanoleuca brevipes■ / Naucoria alnetorum / Pluteus aurantiorugosus / Pluteus petasatus / Stropharia luteonitens / Tricholoma hordum / Tubaria dispersa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科_Tricholomataceae/キシメジ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05468ブルガリア産大型菌類の稀産種および特筆すべき種2012Trakia Journal of Sciences2012年の論文/published in 2012, Trakia Journal of Sciences, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シッポゴケ属/Dicranum, シッポゴケ科/Dicranaceae, スギゴケ属/Polytrichum, スギゴケ科/Polytrichaceae, スッポンタケ類/phalloid fungi, ソバカズラ属/Fallopia, ソフィア州/Sofia, タデ科/Polygonaceae, ハンノキ属/Alnus, ピートボグ/peat bog, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブラゴエヴグラト州/Blagoewgrad, ブルガス州/Burgas, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミズゴケ属/Sphagnum, ミズゴケ科/Sphagnaceae, リター菌/litter fungi, ロヴェチ州, 保全生態学/conservation ecology, 再発見/rediscovery, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子紋/spore print, 腹菌類/gastromycetes, 膠質菌/jelly fungi, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungiSome rare and noteworthy larger fungi in Bulgaria23種のブルガリア産大型菌類を報告した。Paxillus rubicundulusをブルガリア新産種として報告した。残りの既知種の中には稀産種や絶滅危惧種も含まれた。Amanita strobiliformis / Cantharellus amethysteus / Cantharellus friesii / Cantharellus pallens / Clitocybe radicellata / Crinipellis mauretanica / Cudonia confusa / Discina ancilis / Ditiola peziziformis / Geopora arenicola / Gymnopus quercophilus / Laccaria proxima / Laccaria tortilis / Leotia lubrica / Leucocortinarius bulbiger / Leucopaxillus compactus / Marasmius collinus / Mutinus caninus / Paxillus rubicundulus■ / Pterula multifida / Spathularia flavida / Trichoglossum hirsutum / Tricholoma focaleBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cantharellales/アンズタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Cudoniaceae/ホテイタケ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Discinaceae/フクロシトネタケ科_Dacrymycetes/アカキクラゲ綱_Dacrymycetales/アカキクラゲ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科_Leotiaceae/ズキンタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科_Boletales/イグチ目_Paxillaceae/ヒダハタケ科_Pterulaceae/フサタケ科_Geoglossomycetes/テングノメシガイ綱_Geoglossales/テングノメシガイ目_Geoglossaceae/テングノメシガイ科
R3-05467全世界のヌメリイグチ属菌の検索表2013Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2013年の論文/published in 2013, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, 分類学的変遷/taxonomic changes, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 毒きのこ/poisonous mushroom, 疑問種/doubtful species, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsA world-wide key to the genus Suillusヌメリイグチ属の属および種レベルの検索表を作成した。また、Suillus americanus f. helveticusなど7件の新組み合わせを提唱した。全種の索引のほか、S. granulatusなど数種の分類に関するコメントを掲載した。Suillus americanus▲● / Suillus bresadolae▲● / Suillus grevillei▲● / Suillus pseudobrevipes▲● / Suillus umbrinus▲ / Suillus viscidus▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05466インド産の腐生性海生菌の新種Deniquelata vittalii、およびインド東海岸のマズーペット・マングローブにおける海生菌2新産種2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, アカザ科/Chenopodiaceae, インド/India, インド新産種/India_new record, サクラソウ科/Primulaceae, タミル・ナードゥ州/Tamil Nadu, ツノヤブコウジ属/Aegiceras, マツナ属/Suaeda, マングローブ林/mangrove forest, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 湿室法/moist chamber method, 潮間帯/intertidal zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵/fermentation, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 選択培地/selective mediumDeniquelata vittalii sp. nov., a novel Indian saprobic marine fungus on Suaeda monoica and two new records of marine fungi from Muthupet mangroves, East coast of Indiaインドのマングローブ林においてSuaeda monoicaの腐朽材に発生した海生菌の一種を検討し、Deniquelata vittaliiとして新種記載した。本報告はDeniquelata属菌の海生菌としての初報告となった。また、同所からFarasanispora avicenniaeおよびHysterium rhizophoraeをインド新産種として報告し、両種の新宿主を記録した。Deniquelata vittalii★ / Farasanispora avicenniae■ / Hysterium rhizophorae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Montagnulaceae/モンタグニュラ科_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科
R3-05465トリコモナスカス科の新属新種、Spencermartinsiella europaea2011International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2011年の論文/published in 2011, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, ウレアーゼ試験/urease test, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, コマーロム・エステルゴム県/Komárom-Esztergom, サクラ属/Prunus, スライド培養法/slide culture method, デンプン/starch, トネリコ属/Fraxinus, ノーグラード県/Nógrád, ハンガリー/Hungary, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブダペスト市/Budapest, ブナ科/Fagaceae, メチロトローフ酵母/methylotrophic yeast, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 二型性/dimorphism, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEM, 選択培地/selective medium, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance test, 集積培養/enrichment cultureSpencermartinsiella europaea gen. nov., sp. nov., a new member of the family Trichomonascaceaeハンガリーにおいて腐朽材から分離された酵母を検討し、新属新種Spencermartinsiella europaeaとして記載した。本種はヘテロタリックで、小歯上に出芽型分生子を形成し、半球形またはヘルメット形の子嚢胞子を含む単胞子性子嚢を形成した。本種は分子系統解析でトリコモナスカス科クレードに含まれ、複数の未記載種の酵母と近縁であった。Spencermartinsiella europaea★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-05464中国熱帯域産のイグチの新種、Lanmaoa rubriceps2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiLanmaoa rubriceps, a new bolete from tropical China中国海南省で採集された菌を検討し、Lanmaoa rubricepsとして新種記載した。本種は傘が橙赤色~深紅色で孔口が傷つくと青変、のちに赤褐色に変色し、傘表皮が毛状被であることなどで特徴づけられた。Lanmaoa属の形態形質がCyanoboletus属と重なることを示し、両属を統合するべきと提案した。Lanmaoa rubriceps★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05463Aplosporella thailandica:新種が明らかにしたアプロスポレラ科における有性-無性世代の繋がり2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, Mycosphere, TreeBASE, シノニム/synonym, スペルマチア/spermatia, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeAplosporella thailandica; a novel species revealing the sexual-asexual connection in Aplosporellaceae (Botryosphaeriales)タイ、チエンラーイ県において枯茎に生じた菌を検討し、Aplosporella thailandicaとして新種記載した。本種の有性世代はBagnisiella属に類似し、本科におけるテレオモルフ-アナモルフ関係が初めて分子データから立証された。また、アプロスポレラ科の無性世代におけるスペルマチアおよび厚壁胞子の形成を初めて報告した。Aplosporella thailandica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Aplosporellaceae/アプロスポレラ科
R3-05462コナラ属アカガシ亜属におけるErysiphe quercicolaの初記録2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コナラ属/Quercus, フェノロジー/phenology, ブナ科/Fagaceae, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生活環/life cycle, 絶対寄生菌/obligate parasite, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 複合種/species complexFirst record of Erysiphe quercicola (Ascomycota: Erysiphales) on species of Quercus subgenus Cyclobalanopsis (evergreen oaks, Fagaceae)日本においてアラカシおよびシラカシの葉に生じた菌を検討し、Erysiphe quercicolaと同定した。本種は従来コナラ属においてはコナラ亜属の種(ウバメガシ)が宿主として知られており、アカガシ亜属からの報告は初となった。本種は多犯性菌であることが既に明らかになっており、本種を含むE. alphitoides複合種5種のうち、アカガシ亜属を宿主とする種は本種のみであった。Erysiphe quercicolaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05461インド、ケララ州産のGerronema属2新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/riverTwo new species of Gerronema (Agaricales, Basidiomycota) from Kerala State, Indiaインド、ケララ州の森林で採集された2種の菌を検討し、それぞれGerronema kuruvenseおよびG. keralenseとして新種記載した。前者は子実体が小型で傘が橙黄色の漏斗状、襞が帯灰黄色でやや垂生し、担子胞子が非アミロイドで、側シスチジアを欠くことなどで特徴づけられた。後者は襞が垂生し柄が平滑、担子胞子が楕円形~類扁桃形または扁桃形で非アミロイド、傘シスチジアが集まりをなすことなどで特徴づけられた。Gerronema keralense★ / Gerronema kuruvense★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-05460中国南部産のシクエストレート菌の新種、Rossbeevera yunnanensis2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タイプスタディ/type study, 中国/China, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 腹菌類/gastromycetes, 雲南省/YunnanRossbeevera yunnanensis (Boletaceae, Boletales), a new sequestrate species from southern China中国雲南省で採集されたシクエストレート菌の一種を検討し、Rossbeevera yunnanensisとして新種記載した。本種は外皮が顕著に薄く、担子胞子が大型で紡錘状~紡錘形であることなどで特徴づけられた。嘴状突起と胞子長の比(HA/S比)が胞子の形状の記述に有用であることを示した。Rossbeevera yunnanensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05459インド、ケララ州産のホウライタケ属Globulares節の1新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 多系統群/polyphyletic group, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子紋/spore printA new species of Marasmius section Globulares from Kerala State, Indiaインド、ケララ州で採集された菌を検討し、Marasmius cystidiatusとして新種記載した。本種は傘が帯褐橙色で中央部が細かくひび割れ、柄表面が粉状で、側シスチジアおよび柄シスチジアを有する点などで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、Globulares節クレードにおいて独自の系統を形成した。Marasmius cystidiatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-05458フィンランド産の腐朽材上に生息する地衣類および地衣生菌類の多様性への追加2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, ウーシマー県/Uusimaa, カイヌー県/Kainuu, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カンタ=ハメ県/Kanta-Häme, クロサビコゴケ属/Placynthiella, コドラート調査/quadrat survey, トウヒ属/Picea, トラペリア科/Trapeliaceae, ヒースランド/heathland, フィンランド/Finland, フィンランド新産種/Finland_new record, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北カルヤラ県/North Karelia, 北欧新産種/Nordic_new record, 南西スオミ県/Southwest Finland, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 指標種/indicator species, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare speciesAdditions to the diversity of lichens and lichenicolous fungi living on decaying wood in Finlandフィンランドの13地域において腐朽材上に生息する痂状地衣および地衣生菌の多様性を調査した。Epigloea urospermaをフィンランド、Lecania furfuraceaをフェノスカンジアにおける新産種としてそれぞれ報告した。また、6種のMicarea属地衣を検討した。Epigloea urosperma■ / Lecania furfuracea■ / Micarea contexta / Micarea melaeniza / Micarea nigella / Micarea nowakii / Micarea soralifera / Micarea tomentosaAscomycota/子嚢菌門_Epigloeaceae/エピグレア科_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科
R3-05457中国産のSuillus spraguei複合種の2新種2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, GCPSR, Mycologia, TreeBASE, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 日本/Japan, 森林/forest, 植林地/plantation, 湖南省/Hunan, 生物地理学/biogeography, 群馬県/Gunma, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 貴州省/Guizhou, 長白山脈/Changbai Mountains, 長野県/Nagano, 隠蔽種/cryptic species, 雲南省/Yunnan, 韓国/South KoreaTwo new species in the Suillus spraguei complex from China北米東部および東アジア産のSuillus spragueiと同定された標本を検討し、本種が少なくとも3種の隠蔽種を含む複合種であることを示した。中国、日本、韓国において五葉松を宿主とする種をS. kwangtungensisとして新種記載した。また、中国南部においてPinus kwangtungensisを宿主とする種をS. phylopictusとして新種記載した。Suillus kwangtungensis★ / Suillus phylopictus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05456パキスタン新産のイグチ目菌類2016Pakistan Journal of Botany2016年の論文/published in 2016, Pakistan Journal of Botany, ギルギット・バルティスタン州/Gilgit-Baltistan, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 民族菌類学/ethnomycology, 水辺/waterside, 河川/river, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsNew Records of Order Boletales from Pakistanパキスタン、ギルギット・バルティスタン州において担子菌類の調査を実施し、Aureoboletus gentilisなどイグチ目菌類8種を報告した。そのうち6種がパキスタン新産種とみられた。ヌメリイグチ属菌の検索表を掲載した。Aureoboletus gentilis■ / Boletus reticulatus■ / Boletus subtomentosus■ / Suillus bovinus■ / Suillus granulatus / Suillus luteus■ / Suillus placidus / Suillus viscidus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05455ビーブレッドおよび蜂蜜から分離された絶対好稠性酵母の新種、Zygosaccharomyces favi2014Antonie van Leeuwenhoek2014年の論文/published in 2014, Antonie van Leeuwenhoek, ウレアーゼ試験/urease test, クローニング/cloning, デンプン/starch, ハチの巣/honeycomb, ハンガリー/Hungary, ビタミン要求性/vitamin requirement, ミツバチ属/Apis, ミツバチ科/Apidae, 二次構造/secondary structure, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 好稠菌/osmophilic fungus, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 昆虫の巣/insect nest, 最大生長温度/maximum growth temperature, 水分活性/water activity, 水試料/water sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 種内変異/intraspecific variation, 突然変異誘発, 蜂蜜/honey, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid productionZygosaccharomyces favi sp. nov., an obligate osmophilic yeast species from bee bread and honeyハンガリーにおいてビーブレッドおよび蜂蜜から分離された酵母を検討し、Zygosaccharomyces faviとして新種記載した。本新種は浸透圧の低い培地で生育できない点などで特徴づけられた。本種は球形~類球形の子嚢胞子を形成し、分子系統解析でZygosaccharomyces属クレードに含まれた。Zygosaccharomyces favi★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-05454DELTA支援表現型解析により同定されたTaifanglania属2新種2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, DELTA, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, メギ属/Berberis, メギ科/Berberidaceae, 中国/China, 四川省/Sichuan, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 江蘇省/Jiangsu, 耐熱性菌/heat-tolerant fungusTwo new Taifanglania species identified through DELTA-assisted phenetic analysis中国四川省および江蘇省において分離された土壌菌について、形態学的検討およびDELTAシステムによる解析を実施した。その結果を基に、Taifanglania berberidisおよびT. jiangsuensisの2新種を記載した。前者はコロニーが褐色でフィアライドの基部が膨らみ、分生子が紡錘形である点、後者はコロニーが黄色で分生子が楕円形または紡錘形で鎖生することなどでそれぞれ特徴づけられた。Taifanglania berberidis★ / Taifanglania jiangsuensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-05453熱帯産の種、Trametes lactineaは米国東部に広く分布する2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, コネチカット州/Connecticut, バージニア州/Virginia, フロリダ州/Florida, ペンシルバニア州/Pennsylvania, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 移入種/alien species, 米国新産種/USA_new record, 腐生菌/saprobeTropical Trametes lactinea is widely distributed in the eastern USATrametes lactineaを米国新産種として報告した。本種は米国東部のバージニア州からコネチカット州にかけての複数箇所で採集され、局所的にごく普通種であることが明らかになった。本種と類似のT. elegansとの形質比較表を掲載した。Trametes lactinea■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05452インド・ヒマラヤ産のニガイグチ属2新種および1新産種、およびそれらの形態学的詳細と系統学的推定2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, Open Database License, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コナラ属/Quercus, シイ属/Castanopsis, シッキム州/Sikkim, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complexTwo new species and one new record of the genus Tylopilus (Boletaceae) from Indian Himalaya with morphological details and phylogenetic estimationsインド、シッキム州およびウッタラーカンド州で採集された2種の菌を検討し、Tylopilus himalayanusおよびT. pseudoballouiとして新種記載した。前者は針葉樹の樹下に発生して傘が帯赤褐色~褐色で柄に網目を欠き、後者は広葉樹の樹下に発生し、傘が橙黄色~褐黄色で粘性があり、孔口面が淡黄色で桃色を帯び、柄に網目を欠くことなどで特徴づけられた。また、日本、中国などから知られていたT. neofelleusをインド新産種として報告した。Tylopilus himalayanus★ / Tylopilus neofelleus■ / Tylopilus pseudoballoui★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05451中国、チベット産の新種Aureoboletus quercus-spinosae2017Mycoscience2017年の論文/published in 2017, Mycoscience, コナラ属/Quercus, チベット自治区/Tibet, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 亜高山帯/subalpine zone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 温帯域/temperate zone, 生物地理学/biogeography, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungiAureoboletus quercus-spinosae, a new species from Tibet of ChinaチベットにおいてQuercus spinosaの樹下に発生した菌を検討し、Aureoboletus quercus-spinosaeとして新種記載した。本種は子実体が小型で、傘が淡黄色~帯褐赤色、管孔が帯灰黄色~オリーブ黄色で僅かに青変し、担子胞子が大型であることなどで特徴づけられた。本種は地理的分布が近く、傘の粘性や管孔の色なども類似しているA. duplicatoporusおよびA. zangiiと姉妹群を形成した。Aureoboletus quercus-spinosae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05450ブラジル、パラナ州産Clitocella属およびRhodocybe属菌の新種、新組み合わせ、および記録2018Darwiniana nueva serie2018年の論文/published in 2018, Darwiniana nueva serie, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEMNew species, new combination, and notes on Clitocella and Rhodocybe (Entolomataceae) from Paraná state, Brazilブラジル、パラナ州で採集された菌を検討し、そのうちの一種をClitocella pallescensとして新種記載した。ブラジル新産種のClitocybe himantiigenaをClitocella属に移した。また、Rhodocybe galerinoidesおよびC. himantiigenaをブラジル新産種として報告した。Clitocella himantiigena▲■ / Clitocella pallescens★ / Rhodocybe caelatoidea / Rhodocybe galerinoides■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05449Boletus rubricitrinusはPulchroboletus属に含まれる2017Czech Mycology2017年の論文/published in 2017, Czech Mycology, TreeBASE, エピタイプ指定/epitype designation, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, フロリダ州/Florida, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新組み合わせ提唱/new combination, 環境配列/environmental sequence, 種の境界/species delimitation, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌核/sclerotium, 菌根菌/mycorrhizal fungiBoletus rubricitrinus belongs in Pulchroboletus (Boletaceae)Boletus rubricitrinusの分子データを初めて検討した。分子系統解析の結果に基づき、本種をPulchroboletus属に移した。また、米国フロリダ州産の標本を本種のエピタイプ標本に指定した。Pulchroboletus rubricitrinus▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05448ギリシャ産地下生菌の近年の記録2008Acta Mycologica2008年の論文/published in 2008, Acta Mycologica, カバノキ科/Betulaceae, ギリシャ/Greece, ギリシャ新産種/Greece_new record, コナラ属/Quercus, ゴジアオイ属/Cistus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ハシバミ属/Corylus, ハンニチバナ科/Cistaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白トリュフ/white truffle, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 酸性土壌/acidic soil, 食用きのこ/edible mushrooms, 黒トリュフ/black truffleRecent records of hypogeous fungi in Greeceギリシャから初報告となる地下生菌の23分類群を掲載した。その中には商業的な価値の高い食用きのこも含まれた。温暖かつ乾燥した気候にもかかわらず、ギリシャにおける地衣生菌の多様性が高いことが示された。Balsamia vulgaris■ / Elaphomyces muricatus■ / Gautieria graveolens■ / Gautieria morchellaeformis■ / Genea fragrans■ / Hydnocystis clausa■ / Hymenogaster bulliardii■ / Hysterangium calcareum■ / Melanogaster broomeanus■ / Melanogaster variegatus■ / Melanogaster vittadinii■ / Tuber aestivum■ / Tuber borchii■ / Tuber brumale■ / Tuber excavatum■ / Tuber melanosporum■ / Tuber mesentericum■ / Tuber panniferum■ / Tuber puberulum■ / Tuber rufum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Elaphomycetales/ツチダンゴ目_Elaphomycetaceae/ツチダンゴ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科_Hysterangiales/ヒステランギウム目_Hysterangiaceae/ヒステランギウム科_Boletales/イグチ目_Melanogastraceae/メラノガステル科_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-05447ギリシャ産地下生菌の新規データ:特にWakefieldia macrosporaおよびGeopora clausaについて2011Mycologia Balcanica2011年の論文/published in 2011, Mycologia Balcanica, アッティカ地方/Attica, オリーブ属/Olea, ギリシャ/Greece, ギリシャ新産種/Greece_new record, コナラ属/Quercus, ゴジアオイ属/Cistus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, チャボトウジュロ属/Chamaerops, テッサリア地方/Thessaly, ハンニチバナ科/Cistaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤシ科/Arecaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew data on hypogeous fungi from Greece with special reference to Wakefieldia macrospora (Hymenogastraceae, Agaricales) and Geopora clausa (Pyronemataceae, Pezizales)ギリシャ産の地下生菌としてBalsamia vulgarisなど5種の新規データを掲載した。そのうちHydnocystis piligera、Sclerogaster compactus、Wakefieldia macrosporaをギリシャ新産種として報告した。分子系統解析の結果、Wakefieldia属がワカフサタケ属に近縁であることなどが示された。Balsamia vulgaris / Geopora clausa / Hydnocystis piligera■ / Sclerogaster compactus■ / Wakefieldia macrospora■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Sclerogastraceae/スクレロガスター科_Octavianiaceae/ホシミノタマタケ科
R3-05446分子および形態学的根拠に基づき明らかになった中国熱帯産のキクラゲ目の1新属新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収斂進化/convergent evolution, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeMolecular and morphological evidence reveal a new genus and species in Auriculariales from tropical China中国雲南省で採集された材生息菌の一種を検討し、新属新種Grammatus labyrinthinusとして記載した。本種は子実体が一年生で背着生、子実層托が類孔口状で、担子器に縦隔壁を有し、担子胞子が長楕円形~円筒形、2菌糸型であることなどで特徴づけられた。また、形態学的検討および分子系統解析の結果を基に、Heteroradulum semisを本新属に移した。Grammatus labyrinthinus★ / Grammatus semis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科
R3-05445甲虫の腸内から分離された子嚢菌酵母の2新種、Candida baotianmanensisおよびCandida pseudoviswanathii2015International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2015年の論文/published in 2015, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, Polyphaga属, ウレアーゼ試験/urease test, オオクワガタ属, クワガタムシ科, ケシキスイ科/Nitidulidae, デンプン/starch, フチケケシキスイ属, ムカシゴキブリ科, 中国/China, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 山地/mountains, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 河南省/Henan, 温帯域/temperate zone, 発酵試験/fermentation test, 種の境界/species delimitation, 胞子形成誘導/sporulation induction, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance testCandida baotianmanensis sp. nov. and Candida pseudoviswanathii sp. nov., two ascosporic yeast species isolated from the gut of beetles中国河南省において昆虫の腸内から分離された酵母を検討し、Candida baotianmanensisおよびC. pseudoviswanathiiの2新種を記載した。前者はケシキスイ科およびムカシゴキブリ科昆虫、後者はクルビデンスオオクワガタおよび甲虫の幼虫から分離された。分子系統解析で両種はCandida/Lodderomycesクレードに含まれた。Candida baotianmanensis★ / Candida pseudoviswanathii★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-05444Lodderomyces属クレードに含まれるD-キシロース発酵性の酵母の新種、Nematodospora anomalae2016International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2016年の論文/published in 2016, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, ウレアーゼ試験/urease test, コガネムシ科/Scarabaeidae, スジコガネ属, デンプン/starch, バイオエタノール/bioethanol, 中国/China, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 河南省/Henan, 発酵/fermentation, 発酵試験/fermentation test, 種の境界/species delimitation, 統計解析/statistical analysis, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance test, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNematodospora anomalae sp. nov., a novel and D-xylose-fermenting yeast species in the Lodderomyces clade中国河南省においてスジコガネ属甲虫から分離された酵母を検討し、Nematodospora anomalaeとして新種記載した。本種はD-キシロース発酵能を有し、同じく甲虫から分離されたN. valgiに近縁であった。本新種は分子系統解析でLodderomyces属クレードに含まれ、当該クレードが複数の属からなる非単系統群であることも示された。Nematodospora anomalae★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Debaryomycetaceae/デバリオマイセス科
R3-05443単胞子性で黄色の地衣体を有する新種Rhizocarpon smaragdulumおよびアルタイ山脈産のチズゴケ属地衣の新産種2017The Lichenologist2017年の論文/published in 2017, The Lichenologist, アルタイ共和国/Altai Republic, アルタイ山脈/Altai Mountains, シベリア/Siberia, ツンドラ/tundra, トゥヴァ共和国/Tyva, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, マロン酸類/malonic acids, リゾカルプ酸/rhizocarpic acid, ロシア/Russia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 同所的種分化/sympatric speciation, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 種分化/speciation, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 菌寄生菌/mycoparasite, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 隔離分布/disjunct distribution, 高山帯/alpine regionRhizocarpon smaragdulum, a new monosporic yellow-thalline species and some additional species of the genus Rhizocarpon from the Altai Mountains (Siberia)シベリアで採集された地衣の一種を検討し、Rhizocarpon smaragdulumとして新種記載した。本種は地衣体が黄色、子嚢が単胞子性、子嚢胞子が無色石垣状であり、リゾカルプ酸を含むことなどで特徴づけられた。また、シベリア新産種としてR. atroflavescens、アルタイ山脈新産種としてR. norvegicumをそれぞれ報告した。Rhizocarpon atroflavescens■ / Rhizocarpon norvegicum■ / Rhizocarpon smaragdulum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科
R3-05442コスタリカ、ラ・セルバ生物学実験所産の新種、Cyathus tenuicorticalis2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Studies in Fungi, エレディア州/Heredia, コスタリカ/Costa Rica, シクエストレート菌/sequestrate fungus, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 降水量/precipitationCyathus tenuicorticalis (Agaricales, Basidiomycota), a new species from La Selva Biological Station, Costa Ricaコスタリカにおいて腐朽材に発生した腹菌の一種を検討し、Cyathus tenuicorticalisとして新種記載した。本種は外皮表面が顕著な剛毛状で、小塊粒の皮層が非常に薄く2層からなることなどで特徴づけられた。本種はBrodieの分類におけるグループIVとグループVIIの特徴を併せ持っていた。Cyathus tenuicorticalis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05441トルコ産のRoccella elisabethaeおよびその地衣生菌Arthonia follmanniana2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, メルスィン県/Mersin, リトマスゴケ属/Roccella, リトマスゴケ科/Roccelaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 樹状地衣/fruticose lichen, 珪質岩/siliceous rocksRoccella elisabethae with lichenicolous Arthonia follmanniana in Turkeyトルコ新産種としてRoccella elisabethaeおよびその地衣生菌Arthonia follmannianaを報告した。両種はメルスィン県において珪質岩の岩壁に発生していた。R. elisabethaeはA. follmannianaの新宿主として報告された。Arthonia follmanniana■ / Roccella elisabethae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Roccellaceae/ロクセラ科
R3-05440パキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州産のさび菌の新産種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, さび菌/rust fungi, イネ科/Poaceae, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, チガヤ属/Imperata, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, モロコシ属/Sorghum, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungiNew reports of rust fungi from Malakand, Khyber Pakhtunkhwa, Pakistanパキスタン新産種としてPuccinia microsporaおよびP. nakanishikiiを報告した。前者はチガヤ、後者はセイバンモロコシをそれぞれ宿主としていた。両種の記載文、生態写真、顕微鏡写真、胞子のスケッチなどを掲載した。Puccinia microspora■ / Puccinia nakanishikii■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-05439中国産の地下生腹菌の新種Lactarius sulphosmusおよびハラタケ型の新種Russula vinosobrunneola2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, UNITE, シクエストレート菌/sequestrate fungus, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 福建省/Fujian, 胞子紋/spore print, 腹菌化/gastromycetization, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒竜江省/HeilongjiangHypogeous gasteroid Lactarius sulphosmus sp. nov. and agaricoid Russula vinosobrunneola sp. nov. (Russulaceae) from China中国福建省の亜熱帯林で採集された地下生菌の一種を検討し、Lactarius sulphosmusとして新種記載した。また、黒竜江省の針葉樹林に発生した菌をRussula vinosobrunneolaとして新種記載した。前者は白色の乳液と強い硫黄臭、叉状分岐する担子胞子の装飾などで、後者は黄色の胞子紋および担子胞子の網目状装飾などでそれぞれ特徴づけられた。Lactarius sulphosmus★ / Russula vinosobrunneola★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05438P. rudectaグループの新種Punctelia eganiiおよびその本属初の二次代謝産物2011Opuscula Philolichenum2011年の論文/published in 2011, Opuscula Philolichenum, アトラノリン類/atranorins, アラバマ州/Alabama, キサントン類/xanthones, サリチル酸類/salicylic acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, リケキサントン類/lichexanthones, レカノール酸/lecanoric acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 化学型/chemical type, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 種概念/species concept, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyPunctelia eganii, a new species in the P. rudecta group with a novel secondary compound for the genus米国アラバマ州で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Punctelia eganiiとして新種記載した。本種はP. rudectaグループに含まれ、当該種と形態的に同一であった。本種からはハクテンゴケ属初の二次代謝産物となるリケキサントンが見出された。Punctelia eganii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05437ガイアナ産の新規イグチ科菌類:新属新種Binderoboletus segoi、新属新種Guyanaporus albipodus、新属新種Singerocomus rubriflavus、およびXerocomus inundabilisに対する新組み合わせ2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, Aldina属, Dicymbe属, Mycologia, TreeBASE, アッパー・デメララ=ベルビセ州/Upper Demerara-Berbice, ガイアナ/Guyana, ガイアナ新産種/Guyana_new record, クユニ=マザルニ州/Cuyuni-Mazaruni, コドラート調査/quadrat survey, タイプスタディ/type study, ポタロ・シパルニ州/Potaro-Siparuni, マメ科/Fabaceae, ラテライト/laterite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 子実体発生調査/survey of fruiting bodies, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMNew Boletaceae taxa from Guyana: Binderoboletus segoi gen. and sp. nov., Guyanaporus albipodus gen. and sp. nov., Singerocomus rubriflavus gen. and sp. nov., and a new combination for Xerocomus inundabilisガイアナのパカライマ山地および周辺地域から3種の新属新種(Binderoboletus segoi、Guyanaporus albipodus、Singerocomus rubriflavus)を記載した。また、ブラジルのみから知られていたXerocomus inundabilisを再記載し、本種をSingerocomus属に移した。各種について複数遺伝子に基づく分子系統解析および担子胞子のSEM観察などを行った。Binderoboletus segoi★ / Guyanaporus albipodus★ / Singerocomus inundabilis▲■ / Singerocomus rubriflavus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05436アラスカ州レイククラーク国立公園およびカットマイ国立公園保護区における地衣類の生物多様性および生態2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, アラスカ州/Alaska, オキセピン類/oxepins, カバノキ科/Betulaceae, カルボン酸類/carboxylic acids, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, スチクチン酸類/stictic acids, ツンドラ/tundra, デプシド類/depsides, トウヒ属/Picea, ハンノキ属/Alnus, パンナリン類/pannarins, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, マツ科/Pinaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 化学型/chemical type, 北米新産種/North America_new record, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 垂直分布/vertical distribution, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 未知成分/unknown component, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 発生頻度/frequency of occurrence, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 複合種/species complex, 誤同定/misidentification, 配列決定/sequencing, 降水量/precipitation, 降雪量, 高山帯/alpine regionBiodiversity and ecology of lichens of Katmai and Lake Clark National Parks and Preserves, Alaska米国アラスカ州のレイククラーク国立公園およびカットマイ国立公園保護区において地衣類の調査を実施した。地衣類896分類群、地衣生菌類15分類群、非地衣化菌類7分類群を報告し、4件の新組み合わせを提唱した。これらには10新種(全て既報で報告済)、北米新産種6種(1種報告済)、アラスカ州新産種16種が含まれた。Aspicilia bicensis■ / Aspicilia sipeana■ / Calicium parvum■ / Calicium trabinellum■ / Caloplaca fuscorufa■ / Cetraria minuscula▲ / Chaenotheca phaeocephala■ / Chaenothecopsis epithallina■ / Enchylium bachmanianum▲ / Fuscidea intercincta■ / Lecanora laatokkensis■ / Lecanora leucococca■ / Lecanora pringlei■ / Protomicarea alpestris▲ / Protoparmelia memnonia■ / Ptychographa xylographoides■ / Rhizocarpon leptolepis■ / Rhizocarpon oederi■ / Rhizocarpon sinense■ / Rinodina badiexcipula■ / Rinodina colobina■ / Rinodina milvina■ / Rinodina willeyi■ / Sclerophora coniophaea■ / Varicellaria lactea■ / Zahlbrucknerella fabispora■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Fuscideaceae/フスキデア科_Psoraceae/プソラ科_Xylographaceae/ザイログラファ科_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Ochrolechiaceae/ニクイボゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科
R3-05435カラマツ属植物を宿主とするインドおよびネパールのヒマラヤ亜高山帯産の新種、Suillus adhikarii2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, インド/India, カラマツ属/Larix, シッキム州/Sikkim, スライド培養法/slide culture method, ネパール/Nepal, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ科/Pinaceae, 中部開発区域/Central Development Region (Nepal), 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 検索表/identification key, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiSuillus adhikarii, a new species from the subalpine Himalaya of India and Nepal associated with Larixインドおよびネパールのヒマラヤ山脈の亜高山帯で採集された菌を検討し、Suillus adhikariiとして新種記載した。本種は2種のカラマツ属樹木と菌根を形成しているとみられ、傘に中丘を有し、孔口面が黄色で傷つくと橙褐色~褐色に変色し、柄に襟状の顕著な肉桂褐色の領域を有することなどで特徴づけられた。ヒマラヤ産のカラマツ属樹木が宿主として知られているヌメリイグチ属菌の検索表を掲載した。Suillus adhikarii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05434パキスタン、ヒマラヤ西部産の新種Suillus marginielevatusおよび新産種S. triacicularis2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, コナラ属/Quercus, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食毒不明/edibility unknownSuillus marginielevatus, a new species and S. triacicularis, a new record from Western Himalaya, Pakistanパキスタンの温帯湿潤林で採集された菌を検討し、Suillus marginielevatusとして新種記載した。本種は傘の縁部がめくれ上がり、柄が屈曲し、つばを欠くことなどで特徴づけられた。また、S. triacicularisをパキスタン新産種として報告した。Suillus marginielevatus★ / Suillus triacicularis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05433ブラジルにおいて油糧種子作物に炭腐病を引き起こす、5遺伝子領域のベイズ解析により明らかになったMacrophomina属の新規系統学的種2018European journal of Plant Pathology2018年の論文/published in 2018, European journal of Plant Pathology, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, トウゴマ属/Ricinus, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナンヨウアブラギリ属/Jatropha, バイーア州/Bahia, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, マメ科/Fabaceae, ラッカセイ属/Arachis, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 炭腐病, 畑地/farmland, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 菌核/sclerotium, 隠蔽種/cryptic speciesBayesian analyses of five gene regions reveal a new phylogenetic species of Macrophomina associated with charcoal rot on oilseed crops in Brazil油糧種子作物に炭腐病を引き起こすMacrophomina属菌の形態学的・系統学的検討を実施した。Ricinus communisおよびJatropha gossypifoliaから分離された菌株がM. phaseolinaと異なることを示し、M. euphorbiicolaとして新種記載した。本種は培養下で胞子を形成せず、M. phaseolinaとは隠蔽種として分子データのみにより区別された。Macrophomina euphorbiicola★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-05432全世界のヌメリイグチ属菌ITS配列の系統学的評価により支持された形態学的に定義された種および判明したシノニムと未記載分類群2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Mycologia, TreeBASE, UNITE, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 共進化/coevolution, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 未記載種/undescribed species, 環境配列/environmental sequence, 生物地理学/biogeography, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 種概念/species concept, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 非合法名/illegitimate namePhylogenetic assessment of global Suillus ITS sequences supports morphologically defined species and reveals synonymous and undescribed taxa全世界のヌメリイグチ属菌を対象とした、ITSバーコード領域に基づく大規模な系統学的研究を実施した。形態に基づく種の境界が系統学的種と概ね一致することが判明した一方、ITSのみでは解明されなかった種群や未記載種の存在も明らかになった。Suillus tomentosus var. discolorを種に昇格させるとともに、数種のシノニムを提唱した。Suillus discolor▲●Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05431中国熱帯域産のウツロイイグチ属菌2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungiThe genus Xanthoconium (Boletaceae, Boletales) in tropical China中国海南省の熱帯林で採集された菌を検討し、、Xanthoconium fusciccepsとして新種記載した。本種は傘が暗褐色で表面が小皺状または点状、担子胞子が黄金色、シスチジアに黄金褐色の色素を含むことなどで特徴づけられた。また、従来広東省(亜熱帯域)から知られていたX. sinensisを海南省から報告した。Xanthoconium fusciceps★ / Xanthoconium sinense■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05430顕著に放射状に配列した孔口を有するコショウイグチ属1新種2016Mycoscience2016年の論文/published in 2016, Mycoscience, TreeBASE, コウヨウザン属/Cunninghamia, コナラ属/Quercus, シイ属/Castanopsis, ヒノキ科/Cupressaceae, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 湖南省/Hunan, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌根菌/mycorrhizal fungiA new species of Chalciporus (Boletaceae, Boletales) with strongly radially arranged pores中国湖南省および広東省で採集された菌を検討し、Chalciporus radiatusとして新種記載した。本種は子実層托が帯赤褐色~褐色で垂生し、孔口が放射状に配列し、味が温和であることなどで特徴づけられた。コショウイグチ属菌のほとんどが特定の大陸に限って分布するが、本種はC. piperatus以外で唯一、中国および近隣諸国における分布が記録された種となった。Chalciporus radiatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05429メキシコ新産種、Mayamontana coccolobae2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Byrsonima属, Gymnopodium属, Studies in Fungi, アカミノキ属, カンペチェ州/Campeche, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, キントラノオ科/Malpighiaceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タデ科/Polygonaceae, ハマベブドウ属/Coccoloba, マメ科/Fabaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分布域の変化/changes in the distribution area, 切片/section, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 都市環境/urban environmentFirst record of Mayamontana coccolobae (Stephanosporaceae: Agaricales) from Mexico半地下生菌のMayamontana coccolobaeをメキシコ新産種として報告した。本種はベリーズのみから知られており、本報告は全世界で2番目となった。本種はメキシコにおいては撹乱を受けた低地林および都市部の庭園に発生しており、ベリーズから分布域が拡大した可能性も考えられた。Mayamontana coccolobae■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科
R3-05428中国湖南省産のイグチの新種、Aureoboletus formosus2015Mycological Progress2015年の論文/published in 2015, Mycological Progress, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 湖南省/Hunan, 菌根菌/mycorrhizal fungiAureoboletus formosus, a new bolete species from Hunan Province of China中国湖南省の広葉樹林地上に単生~散生した菌を検討し、Aureoboletus formosusとして新種記載した。本種は傘が桃色~帯褐赤色で粘性を有し、管孔が鮮黄色で老成すると帯灰黄色に変色し、担子胞子が大型であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析ではAureoboletus属クレードにおいて独自の系統を形成した。Aureoboletus formosus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05427中国におけるHyalorbilia属菌の1新産種および既知種4種の新規分布2016雲南農業大学学報(自然科学)2016年の論文/published in 2016, アジア新産種/Asia_new record, ツルサイカチ属/Dalbergia, マメ科/Fabaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 切片/section, 四川省/Sichuan, 培養性状/colony characteristics, 安徽省/Anhui, 広東省/Guangdong, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 江蘇省/Jiangsu, 江西省/Jiangxi, 河南省/Henan, 浙江省/Zhejiang, 湖北省/Hubei, 湖南省/Hunan, 福建省/Fujian, 貴州省/Guizhou, 雲南省/Yunnan, 雲南農業大学学報(自然科学)A New Record and New Distributions of Four Known Species of Hyalorbilia from China中国新産種として、従来チェコから知られていたHyalorbilia fusisporaを報告した。本種は子嚢胞子がほぼ紡錘状であり、”spore body”が球形であることなどで特徴づけられた。また、H. berberidisなど4種の既知種の新規採集地を報告した。Hyalorbilia arcuata■ / Hyalorbilia berberidis / Hyalorbilia erythrostigma■ / Hyalorbilia fusispora■ / Hyalorbilia juliae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科
R3-05426Dictyosporium属新種、Dictyocheirospora属の新組み合わせ、およびディクティオスポリウム科のバックボーン系統樹の改訂2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, タチノウゼン属, チエンラーイ県/Chiang Rai, トラート県/Trat, ナツメヤシ属/Phoenix, ノウゼンカズラ科/Bignoniaceae, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, パンガー県/Phang Nga, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 洞窟/cave, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 貴州省/GuizhouNew species in Dictyosporium, new combinations in Dictyocheirospora and an updated backbone tree for Dictyosporiaceaeタイの4県および中国貴州省の河川において水中に沈んだ材に生じた菌を検討し、Dictyocheirospora属3種およびDictyosporium属4種を得た。そのうちDictyos. tubulatumおよびDictyos. tratenseの2新種を記載した。これらの種を含むディクティオスポリウム科菌類の系統樹を掲載するとともに、Dictyocheirospora属に4件の新組み合わせを提唱した。Dictyocheirospora bannica■ / Dictyocheirospora hydei▲ / Dictyocheirospora indica▲ / Dictyocheirospora musae▲ / Dictyocheirospora rotunda / Dictyocheirospora tetraploides▲ / Dictyosporium nigroapice / Dictyosporium tratense★ / Dictyosporium tubulatum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dictyosporiaceae/ディクティオスポリウム科
R3-05425中国産材生息性淡水生菌類 (1):雲南省北西部産の新属新種Aquadictyospora lignicolaおよび新産種Pseudodictyosporium wauense2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanLignicolous freshwater fungi from China I : Aquadictyospora lignicola gen. et sp. nov. and new record of Pseudodictyosporium wauense from northwestern Yunnan Province中国雲南省の河川において水中に沈んだ材を採集し、湿室法で得られた菌を検討した。そのうちの一種を新属新種Aquadictyospora lignicolaとして記載した。また、Pseudodictyosporium wauenseを中国新産種として報告した。Aquadictyospora lignicola★ / Pseudodictyosporium wauense■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dictyosporiaceae/ディクティオスポリウム科
R3-05424新属新種Chlorostroma subcubisporum、およびThuemenella cubisporaの系統的位置について2007Sydowia2007年の論文/published in 2007, Sydowia, アカコブタケ属/Hypoxylon, クロサイワイタケ科/Xylariaceae, ノースカロライナ州/North Carolina, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 米国/USA, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 難培養性菌/uncultured fungiChlorostroma subcubisporum gen. et sp. nov. and notes on the systematic position of Thuemenella cubispora米国ノースカロライナ州においてHypoxylon perforatumの子座に生じた核菌の一種を検討し、新属新種Chlorostroma subcubisporumとして記載した。本種は子座が緑色で、子嚢頂部に顕著な構造を欠き、子嚢胞子が褐色でいくぶん立方体状であり、発芽溝を有することなどで特徴づけられた。また、Thuemenella cubisporaはNodulisporium属類似のアナモルフを有することから暫定的にクロサイワイタケ科に含められていたが、分子データによりそれが強く裏付けられた。Chlorostroma subcubisporum★ / Thuemenella cubisporaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05423Allopsalliota属の再検討によりMicropsalliota属のシノニムであることが示唆された2016Mycoscience2016年の論文/published in 2016, Mycoscience, TreeBASE, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, サンザシ属/Crataegus, シェッファー反応/Schäffer reaction, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トネリコ属/Fraxinus, ニワトコ属/Sambucus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, レンプクソウ科/Adoxaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新組み合わせ提唱/new combination, 胞子紋/spore printA reexamination of Allopsalliota indicates synonymy with Micropsalliota (Agariceae, Agaricaceae, Agaricales, Basidiomycota)単型属Allopsalliota属の基準種、A. geesteraniを形態形質および分子系統解析に基づき再検討した。その結果から、本属をMicropsalliota属のシノニムとする結論に至った。また、Micropsalliota属がLeucoagaricus-Leucocoprinusクレードよりもハラタケ属により近縁であることも示された。Micropsalliota geesterani▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05422チェコにおいてセロリの苗に生じた新産種、Pythium mastophorum2017Czech Mycology2017年の論文/published in 2017, Czech Mycology, オランダミツバ属, コッホの原則/Koch_s postulation, セリ科/Apiaceae, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, 分子同定/molecular identification, 南モラヴィア州/South Moravian, 卵菌類/Oomycetes, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 新規プライマー設計/novel primer designation, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温室/greenhouse, 特異的PCR/specific PCR, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 致死率/mortality rate, 萎凋病/wilt, 表面殺菌法/surface sterilization method, 配列決定/sequencingFirst record of Pythium mastophorum on celery seedlings in the Czech Republicチェコ、南モラヴィア州の温室においてセロリの苗に発生した根腐病の原因菌を検討した。形態学的検討およびITS領域の塩基配列に基づき、原因菌をPythium mastophorumと同定した。接種試験により本種のセロリおよびパセリに対する病原性を確かめた。Pythium mastophorum■Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Pythiales/フハイカビ目_Pythiaceae/フハイカビ科
R3-05421形態および分子の証拠により支持された日本産のエンドファイトの新種、Chaetomella endophytica2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 山口県/Yamaguchi, 新種記載/new species, 日本/Japan, 森林/forest, 表面殺菌法/surface sterilization methodMorphological and molecular evidence support a new endophytic fungus, Chaetomella endophytica from Japan山口県においてRosa arvensisから分離されたエンドファイトの一種を検討し、Chaetomella endophyticaとして新種記載した。本種は同属他種よりも分生子のサイズが小さいことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でサブクレードIに含まれ、C. zambiensisと姉妹群を形成した。Chaetomella endophytica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Chaetomellaceae/ケートメラ科
R3-05420韓国産の新種、Tubakia seoraksanensis2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江原道/Kangwon-do, 葉面菌/leaf surface fungi, 配列決定/sequencing, 韓国/South KoreaTubakia seoraksanensis, a new species from Korea韓国江原道雪岳山においてモンゴリナラの葉に生じた菌を検討し、Tubakia seoraksanensisとして新種記載した。本種は宿主の葉に壊死性の病斑を生じ、中肋に沿って分生子果を形成した。本種はコロニーの色が類似するT. japonicaよりも分生子のサイズがずっと小型であった。Tubakia seoraksanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-05419中国北西部産の見過ごされてきた岩上生地衣の新種、Diploschistes wui2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, TreeBASE, サリチル酸類/salicylic acids, レカノール酸/lecanoric acid, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyDiploschistes wui sp. nov., an overlooked saxicolous lichen from Northwestern China中国、新疆ウイグル自治区で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Diploschistes wuiとして新種記載した。本種は地衣体が帯青灰色で薄く、子器盤に粉霜を欠き、子嚢が8胞子性で、子嚢胞子が小型であることなどで特徴づけられた。ITS領域の分子系統解析では、本種はD. scruposusグループあるいはDiploschistes亜属のクレードにおいて独自の系統を形成した。Diploschistes wui★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05418rDNAオペロンリピートの内部多様性により明らかになったブドウの生態系に存在する新種、Ogataea uvarumにおける初期の進行中の種分化2018Frontiers in Microbiology2018年の論文/published in 2018, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, Frontiers in Microbiology, SNP解析/SNP genotyping, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イタリア/Italy, ウレアーゼ試験/urease test, キシラナーゼ/xylanase, クローニング/cloning, グルコシダーゼ/glucosidase, デンプン/starch, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, プッリャ州/Puglia, プロテイナーゼ/proteinase, メタゲノム/metagenomics, リパーゼ/lipase, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 協調進化/concerted evolution, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 次世代シーケンシング/next generation sequencing, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 誤同定/misidentification, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 酸産生/acid productionEarly Ongoing Speciation of Ogataea uvarum Sp. Nov. Within the Grape Ecosystem Revealed by the Internal Variability Among the rDNA Operon Repeatsイタリア、プッリャ州のブドウ園において分離された酵母の一種を検討し、Ogataea uvarumとして新種記載した。本種の塩基配列にサンガーシーケンシングによりダブルピークが複数認められたことから、クローニングにより単一コピーの解析を行い、種内変異の頻度を明らかにした。変異の存在によって次世代シーケンシングによるα多様性の推定が過大になるおそれを指摘するとともに、rDNAシストロンのコピー数の多様性を酵母の種分化過程の指標として利用できる可能性を示した。Ogataea uvarum★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-05417中国の熱帯域に産したエンドファイトの新種、Pestalotiopsis hainanensisの分子および形態学的記載2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, マキ属/Podocarpus, マキ科/Podocarpaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子形成誘導/sporulation induction, 菌類相調査/mycofloristic survey, 表面殺菌法/surface sterilization methodMolecular and morphological description of Pestalotiopsis hainanensis sp. nov., a new endophyte from a tropical region of China中国海南省においてイヌマキの幹から分離されたエンドファイトを検討し、Pestalotiopsis hainanensisとして新種記載した。本種は分生子の縦横比が大きく、基部に付属糸を欠くことなどで特徴づけられた。本種と類似の同属他種との形質比較表を掲載した。Pestalotiopsis hainanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科
R3-05416分子および形態学的解析により支持された米国中西部産の黄色のアンズタケの新種、Cantharellus chicagoensis2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, Mycologia, TreeBASE, UNITE, イリノイ州/Illinois, インディアナ州/Indiana, ウィスコンシン州/Wisconsin, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種の境界/species delimitation, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiCantharellus chicagoensis sp. nov. is supported by molecular and morphological analysis as a new yellow chanterelle in midwestern United States米国イリノイ州を中心に採集された菌を検討し、Cantharellus chicagoensisとして新種記載した。本種は局所的には普通種であり、傘縁部が未熟時に帯緑黄色、成熟時中央部が小鱗片状、胞子紋が黄色であり、芳香を欠くことなどで特徴づけられた。分子系統解析の結果、シカゴ地域には本新種を含むC. cibariusグループの菌が5種存在することが示された。Cantharellus chicagoensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目
R3-05415中国産タバコウロコタケ属菌 (4):新種H. parmastoiおよび中国新産種H. ustulata2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, コウヤクタケ類/corticioid fungi, チベット自治区/Tibet, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 安徽省/Anhui, 広東省/Guangdong, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 温帯域/temperate zone, 稀産種/rare species, 貴州省/Guizhou, 雲南省/YunnanHymenochaete in China. 4. H. parmastoi sp. nov. and H. ustulata new to China中国チベット自治区、雲南省、貴州省、広西チワン族自治区、安徽省で採集された菌を検討し、Hymenochaete parmastoiとして新種記載した。本種は子実体が帯黄褐色であり、担子胞子が卵状~楕円形で、剛毛に結晶を伴うことなどで特徴づけられた。また、広東省で採集されたH. ustulataを中国新産種として報告した。Hymenochaete parmastoi★ / Hymenochaete ustulata■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05414Abies albaに生じたブルガリア新産種、Delphinella abietis2017Silva Balcanica2017年の論文/published in 2017, Silva Balcanica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, パザルジク州/Pazardzhik, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, リター菌/litter fungi, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 枝枯病/branch blight, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湿度/humidity, 生活環/life cycle, 腐生菌/saprobe, 萎凋病/wilt, 降水量/precipitationFirst report of Delphinella abietis (O. Rostrup) E. Müller on Abies alba mill. in BulgariaDelphinella abietisをブルガリア新産種として報告した。本種はAbies albaの針葉に萎凋および乾燥の症状を引き起こした。また、同じ木の針葉に他のブルガリア新産種、Scolicosporium campsospermaも見出された。Delphinella abietis■ / Scolecosporium camptospermum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Dothioraceae/ドチオラ科
R3-05413カルナータカ州新産種Poronia pileiformis2018Kavaka2018年の論文/published in 2018, Kavaka, アジアゾウ属/Elephas, インド/India, カルナータカ州/Karnataka, ゾウ科/Elephantidae, 切片/section, 新産種報告/new record, 森林/forest, 湿度/humidity, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationPoronia pileiformis (Berk.)Fr.-A new report to KarnatakaPoronia pileiformisをインド、カルナータカ州新産種として報告した。本種は半常緑林においてゾウの糞に発生していた。本種の記載文および生態写真、切片の写真、顕微鏡写真などを掲載した。Poronia pileiformis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05412台湾においてOphiocordyceps macroacicularisの子実体に発生したプレオスポラ目の新科ツェナニア科2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, Ophiocordyceps属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オフィオコルディセプス科, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 南投県/Nantou, 単胞子分離/single spore isolation, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 培養性状/colony characteristics, 宿主の同定/identification of host, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 菌寄生菌/mycoparasite, 難培養性菌/uncultured fungiTzeananiaceae, a new pleosporalean family associated with Ophiocordyceps macroacicularis fruiting bodies in Taiwan台湾南投県においてOphiocordyceps macroacicularis(台湾新産種)の子実体上の菌糸体から分離された菌を検討し、新属新種Tzeanania taiwanensisとして記載した。本種は分生子形成細胞が全出芽型で円筒形、分生子が無色円筒形薄壁で単細胞であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でプレオスポラ目クレードにおいて独自の系統を形成したため、Tzeanania属のみを含む新科ツェナニア科を提唱した。Ophiocordyceps macroacicularis■ / Tzeanania taiwanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-05411韓国においてリンゴ果実に”bitter rot”を引き起こしたColletotrichum属2種、C. fructicolaおよびC. siamenseの初報告2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, バラ科/Rosaceae, リニアグロース/linear growth, リンゴ属/Malus, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 炭疽病/anthracnose, 生長速度/growth rate, 病原力/virulence, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complexFirst Report of Two Colletotrichum Species Associated with Bitter Rot on Apple Fruit in Korea – C. fructicola and C. siamense韓国安東市において”bitter rot”の病徴を示したリンゴ果実から分離された菌を検討し、Colletotrichum fructicolaおよびC. siamenseの2種を同定した。接種試験により両種の病原性を確かめた。本報告は韓国において両種がリンゴ果実の”bitter rot”を引き起こす初の報告となった。Colletotrichum fructicola / Colletotrichum siamenseAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-05410インド、マハーラーシュトラ州、アムラーワティー、アムラーワティー地域におけるXylaria属菌の多様性2013International Research Journal of Biological Sciences2013年の論文/published in 2013, International Research Journal of Biological Sciences, イネ科/Poaceae, インド/India, シソ科/Lamiaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, チーク属/Tectona, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, リター菌/litter fungi, 切片/section, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic surveyDiversity of Xylaria Species from Amravati Region, Amravati, MS, Indiaインド、マハーラーシュトラ州、アムラーワティーからXylaria属8種を報告した。各種について記載文や基質の情報などを掲載した。全種の子嚢殻、子嚢、および子嚢胞子のサイズの比較表を掲載した。Xylaria aristata / Xylaria axifera / Xylaria bambusae / Xylaria feejeensis / Xylaria kamatii / Xylaria mellisii / Xylaria microceras / Xylaria pallidaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05409インド、グジャラート州、ラタンマハル野生生物保護区における材生息菌の新産種2014International Letters of Natural Sciences2014年の論文/published in 2014, International Letters of Natural Sciences, インド/India, インド新産種/India_new record, グジャラート州/Gujarat, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationNew records of Lignicolous fungi from Ratanmahal Wildlife Sanctuary, Gujarat, Indiaインド、グジャラート州、ラタンマハル野生生物保護区において材生息菌の調査を実施し、担子菌と子嚢菌合わせて30分類群を記録した。全分類群が本保護区における新産種であった。記録された種の中にはインドまたはグジャラート州における新産種も含まれた。Auricularia auricula■ / Coriolopsis aspera■ / Coriolopsis gallica■ / Coriolus versicolor■ / Daedalea andamani■ / Daldinia concentrica■ / Flavodon flavus■ / Fomitopsis pinicola■ / Fomitopsis rosea■ / Ganoderma applanatum■ / Ganoderma lucidum■ / Hexagonia apiaria■ / Hexagonia tenuis■ / Hyphodontia comptopsis■ / Hypoxylon rubiginosum■ / Lenzites palisotii■ / Lenzites stereoides■ / Navisporus floccosa■ / Phellinus gilvus■ / Phellinus nilgheriensis■ / Polyporus violaceocinerascens■ / Polyporus xanthopus■ / Schizophyllum commune■ / Trametes gibbosa■ / Trametes lactinea■ / Vararia pallescens■ / Xylaria polymorpha■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Russulales/ベニタケ目_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05408ポーランド新産種、Volvariella caesiotincta P. D. Orton2009Acta Mycologica2009年の論文/published in 2009, Acta Mycologica, コナラ属/Quercus, ドルヌィ・シロンスク県/Dolnoslezské, ブナ科/Fagaceae, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植生調査/vegetation survey, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 都市環境/urban environmentVolvariella caesiotincta P. D. Orton, a new species in the mycobiota of Polandポーランド、ヴロツワフで採集されたVolvariella caesiotinctaをポーランド新産種として報告した。本種はQuercus roburの腐朽材基部に発生していた。本種はヨーロッパ諸国およびモロッコから報告されているが、稀産種であり各国のレッドリストに掲載されている種であった。Volvariella caesiotincta■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-054075種のイラク新産種を含むサラーフッディーン県産の10種の未報告大型担子菌類2018International Journal of Current Research in Biosciences and Plant Biology2018年の論文/published in 2018, International Journal of Current Research in Biosciences and Plant Biology, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, サラーフッディーン県/Saladin, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 水辺/waterside, 河川/river, 液化/deliquescence, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland, 降水量/precipitationTen Previously Unreported Basidiomycota Macrofungi from Salahadin Governorate Including Five New Records to Iraqイラク、サラーフッディーン県からAgrocybe praecoxなど2目6科9属10種の担子菌類を報告した。そのうちPanaeolus papilionaceusなど5種をイラク新産種として報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Agrocybe praecox■ / Clitocybe flavidella■ / Conocybe deliquescens■ / Coprinopsis romagnesiana■ / Lentinus tigrinus■ / Panaeolus papilionaceus■ / Parasola plicatilis■ / Psathyrella candolleana■ / Psathyrella spadiceogrisea■ / Volvopluteus gloiocephalus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-05406西部産の5針葉マツPinus albicaulisを宿主とする新種、Amanita alpinicola2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アイダホ州/Idaho, カリフォルニア州/California, フェノロジー/phenology, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モンタナ州/Montana, ワシントン州/Washington, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 土壌からのDNA抽出/dna extraction from soil, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 太平洋岸北西部/Pacific Ocean Northwest, 宿主の同定/identification of host, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 環境配列/environmental sequence, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 高山帯/alpine regionAmanita alpinicola sp. nov., associated with Pinus albicaulis, a western 5-needle pine米国モンタナ州の高山帯において5針葉マツの樹下に発生した菌を検討し、Amanita alpinicolaとして新種記載した。本種は1954年にSmithによりアイダホ州からA. alpinaの仮名で発表されていたが、無効学名であったので再度記載した。本種は子実体が地下に発生し、傘はクリーム色~淡黄色で内在性の外被膜組織のパッチを有し、系統的にはA. muscariaグループに最も近縁であった。Amanita alpinicola★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05405中国においてタケにすす点状の病徴を引き起こした種、Phialophora sessilis2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, Yushania属, すす点病/sooty blotch, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, マダケ属/Phyllostachys, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湖北省/Hubei, 菌核/sclerotiumPhialophora sessilis, a species causing flyspeck signs on bamboo in China中国湖北省において2種のタケ類に発生したPhialophora sessilisを中国新産種として報告した。本種の宿主としてタケを初めて報告した。中国産標本は形態的には既報と微妙な差異が認められたものの、ITSデータからは本種との同定結果が支持された。Phialophora sessilis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-05404トルコのコルキス地域に産したヌメリガサ属の新種、Hygrophorus yadigariiおよびその属内における孤立した系統的位置2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Turkish Journal of Botany, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 胞子紋/spore printA new species of Hygrophorus, H. yadigarii sp. nov. (Hygrophoraceae), with an isolated systematic position within the genus from the Colchic part of Turkeyトルコ、トラブゾン県においてシデ類の樹下に発生した菌を検討し、Hygrophorus yadigariiとして新種記載した。本種は子実体がやや叢生~群生し、子実体が帯灰色で粘性を有する点などで近縁種ともかなりの差異が認められた。本種を含む形質比較表および検索表を掲載した。Hygrophorus yadigarii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科
R3-05403インド新産の野生食用きのこ、Hygrophorus pudorinusおよびその肉眼的・顕微鏡的形態2017Nelumbo2017年の論文/published in 2017, Nelumbo, アジア新産種/Asia_new record, インド/India, インド新産種/India_new record, シッキム州/Sikkim, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsFirst Report of Hygrophorus pudorinus (A Wild Edible Mushroom) from India with Macro- and Micro-Morphologyインド、シッキム州の亜高山帯で採集されたHygrophorus pudorinusをインド新産種として報告した。本種は北米から最初に記載され、ヨーロッパからも報告されており、インドからの報告もあるがいかなる形態の記載も図表も伴っていなかった。本種はシッキム州の現地住民により食用きのことして珍重されていることが明らかになった。Hygrophorus pudorinus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科
R3-05402アルタイ山脈産の新種Sporastatia crassulataおよびSporastatia属の検索表と追加種についての所見2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, The Lichenologist, アルタイ共和国/Altai Republic, アルタイ山脈/Altai Mountains, サリチル酸類/salicylic acids, シベリア/Siberia, ジロホール酸/gyrophoric acid, タイプスタディ/type study, ツンドラ/tundra, トゥヴァ共和国/Tyva, レカノール酸/lecanoric acid, ロシア/Russia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜高山帯/subalpine zone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 検索表/identification key, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine region, 鱗片状地衣/squamulose lichenSporastatia crassulata, a new species from the Altai Mountains with a key to Sporastatia and remarks on some additional speciesロシアおよび中国のアルタイ山脈で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Sporastatia crassulataとして新種記載した。本種は地衣体が顕著な厚い鱗片状であること、子器が地衣体の高さよりも下に位置することなどで特徴づけられた。また、S. karakorinaを変種から種に昇格させるとともに、本属の検索表を掲載した。Sporastatia crassulata★ / Sporastatia karakorina▲● / Sporastatia subasiaticaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Rhizocarpales/チズゴケ目_Sporastatiaceae/スポラスタティア科
R3-05401Golovinomyces neosalviaeのアルゼンチン新産種としての確実な記録2018Schlechtendalia2018年の論文/published in 2018, Schlechtendalia, うどんこ病/powdery mildew, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, シソ科/Lamiaceae, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南米新産種/South America_new record, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungiFirst confirmed record of Golovinomyces neosalviae from ArgentinaアルゼンチンにおいてSalvia officinalisに発生して当初Erysiphe biocellataと同定された標本を再検討し、Golovinomyces neosalviaeと同定した。本種はアルゼンチン新産種であり、南米全体からの報告も初の可能性があった。アルゼンチンにおいては同種の宿主からG. biocellatusが既に報告されているが、この標本はG. neosalviaeとは一致せず、未同定に留まった。Golovinomyces neosalviae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05400タバコウロコタケ属の新規分類群およびH. caucasicaについて2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アラグア州/Aragua, イネ科/Poaceae, オーストラリア/Australia, カメルーン/Cameroon, ケニア/Kenya, タイプスタディ/type study, タケ生息菌/bambusicolous fungus, タスマニア州/Tasmania, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ブラジル/Brazil, ベネズエラ/Venezuela, マツ科/Pinaceae, メリダ州/Merida, モミ属/Abies, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南西州(カメルーン)/Southwest (Cameroon), 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 新亜種記載/new subspecies, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東部州(ケニア)/East Province (Kenya), 森林/forest, 独立種/independent species, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 誤同定/misidentificationNew taxa of Hymenochaete (Agaricomycetes, Hymenochaetales) with a note on H. caucasica各地の収蔵標本を検討し、Hymenochaete cystidiataなど5種1亜種を記載した。これらの新規分類群はオーストラリア、ブラジル、カメルーン、ケニア、およびベネズエラにおいてそれぞれ採集された。また、H. caucasicaを再記載し、H. minusculaのシノニムではなく独立種と認めた。Hymenochaete caucasica / Hymenochaete cystidiata★ / Hymenochaete fuscotestacea★ / Hymenochaete leppii★ / Hymenochaete muroiana★ / Hymenochaete patellaris★ / Hymenochaete spinulosetosa★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05399Psilocybe serbica var. bohemica – オーストリアに産する証明2016Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2016年の論文/published in 2016, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, オーストリア/Austria, オーストリア新産種/Austria_new record, ケルンテン州/Kärnten, ドイツ語/German, リター菌/litter fungi, 分子同定/molecular identification, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complex, 配列決定/sequencingPsilocybe serbica var. bohemica – ein österreichischer Nachweisオーストリア、ケルンテン州の森林においてPsilocybe serbica var. bohemicaを採集し、本変種のオーストリアにおける分布を初めて確かめた。本変種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。本変種のP. serbicaとの類縁性をITS領域の塩基配列から確かめた。Psilocybe serbica■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05398インド産テロシステス科地衣の新産種あるいは興味深い種2017Cryptogam Biodiversity and Assessment2017年の論文/published in 2017, Cryptogam Biodiversity and Assessment, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, エモジン類/emodins, カエデ属/Acer, コナラ属/Quercus, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, バラ科/Rosaceae, パリエチン類/parietins, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モモ属, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 氷河/glacier, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew records or otherwise interesting species of Teloschistaceae (lichenized fungi) from IndiaLWGハーバリウム収蔵のインド産テロシステス科地衣を再検討した。Oxneria huculica、Variospora flavescens、およびZeroviella esfahanensisをインド新産種として報告した。また、稀産種あるいは興味深い種として、Golubkovaea trachyphyllaなど4種を掲載した。Golubkovia trachyphylla / Massjukiella candelaria / Massjukiella polycarpa / Oxneria huculica■ / Seirophora contortuplicata / Variospora flavescens■ / Zeroviella esfahanensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-05397メキシコ、ベラクルス州、ハラパの都市緑化地域において見出された新種、Galerella xalapensis2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, フェノロジー/phenology, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 都市環境/urban environmentGalerella xalapensis sp. nov. found in an urban green area in Xalapa, Veracruz, Mexicoメキシコ、ベラクルス州のハラパで採集された菌を検討し、Galerella xalapensisとして新種記載した。本種は傘が淡い帯灰褐色で微かに扇畳状の溝線を有し、柄が白色~帯黄色無毛、担子胞子がさび褐色楕円形厚壁であることなどで特徴づけられた。本種はメキシコから初めて報告されたGalerella属菌となった。Galerella xalapensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科
R3-05396近年記載された新種、Aspergillus brasiliensisによる角膜炎:2例の症例報告2010Journal of Medical Case Reports2010年の論文/published in 2010, Journal of Medical Case Reports, M38-A, MIC, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ヒト病原菌/human pathogen, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 微量液体希釈法/broth microdilution method, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗真菌薬耐性/antifungal drug resistance, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 臨床検体/clinical specimens, 角膜炎/keratitisKeratitis caused by the recently described new species Aspergillus brasiliensis: two case reports49歳女性および35歳女性の角膜炎患者から分離された菌をAspergillus brasiliensisと同定し、本種による初の感染を報告した。両菌株はフルコナゾールに耐性を有した一方、ナタマイシンに感受性を示したが、本剤単剤での使用による治療は奏効しなかった。本種は黒色のコウジカビ属菌による角膜感染の相当の割合を占めている可能性が考えられた。Aspergillus brasiliensisAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05395チベットおよび周辺地域からのハラタケ属Xanthodermatei節およびHondenses節11新種の記載2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, イトスギ属/Cupressus, シェッファー反応/Schäffer reaction, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, チベット自治区/Tibet, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トウヒ属/Picea, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 石灰岩/limestone, 福建省/Fujian, 草地/grassland, 雲南省/YunnanA description of eleven new species of Agaricus sections Xanthodermatei and Hondenses collected from Tibet and the surrounding areasチベット南部および周辺地域からハラタケ属11新種を記載した。また、米国から記載されたAgaricus malangelus (nom. prov.) を中国新産種として報告した。また、5標本については重要な形質を欠いていたことから命名を行わなかった。Agaricus brunneogracilis★ / Agaricus daliensis★ / Agaricus grandiomyces★ / Agaricus gregariomyces★ / Agaricus karstomyces★ / Agaricus melanocapus★ / Agaricus nigrogracilis★ / Agaricus pusillobulbosus★ / Agaricus sinoplacomyces★ / Agaricus tibetensis★ / Agaricus tytthocarpus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05394ブラジル新産種、Phaeoisaria triseptataおよびSpadicoides heterocolorata2016Studies in Fungi2016年の論文/published in 2016, Studies in Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンアナモルフ/synanamorph, シンネマ形成菌/synnematous fungus, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 南米新産種/South America_new record, 新産種報告/new record, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropicsNew records of Phaeoisaria triseptata and Spadicoides heterocolorata for Brazilブラジル、バイーア州の半乾燥地域で採集されたPhaeoisaria triseptataおよびSpadicoides heterocolorataをブラジル新産種として報告した。前者は未同定樹木の樹皮、後者は未同定植物の腐朽葉にそれぞれ発生していた。前者は原記載とは分生子柄が短い点と分生子に二型を有する点で、後者は分生子柄の形状およびシンアナモルフを欠く点で異なっていた。Phaeoisaria triseptata■ / Spadicoides heterocolorata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Pleurotheciales/プレウロセシウム目_Pleurotheciaceae/プリューロセシウム科
R3-05393新属Fusiconidiumの形態形質とDNAに基づく分類、およびメラノンマ科の2新規分類群2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, キンポウゲ科/Ranunculaceae, センニンソウ属/Clematis, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanMorphological characterization and DNA based taxonomy of Fusiconidium gen. nov. with two novel taxa within Melanommataceae (Pleosporales)新属Fusiconidiumに新種F. mackenzieiおよびF. aquaticumを記載した。前者はイタリアにおいてClematis vitalbaの枯枝から、後者は中国において水中に沈んだ腐朽材からそれぞれ分離された。複数遺伝子に基づく分子系統解析により本種がプレオスポラ目メラノンマ科に含まれることを示した。Fusiconidium aquaticum★ / Fusiconidium mackenziei★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科
R3-05392パキスタン産のLecidea属地衣1新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, ジロホール酸/gyrophoric acid, パキスタン/Pakistan, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 複合種/species complex, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyA new species of Lecidea (Lecanorales, Ascomycota) from Pakistanパキスタン、スワートで採集された岩上生地衣の一種を検討し、Lecidea aptrootiiとして新種記載した。本種は地衣体が不規則な小区画状、子器がレキデア型で粉霜を欠き、子嚢胞子が楕円形であることなどで特徴づけられた。本種はパキスタンから報告された6番目のLecidea属地衣となった。Lecidea aptrootii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科
R3-05391イタリアにおいてハルガヤに生じた新種、Sulcispora supratumida2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, イタリア/Italy, イネ科/Poaceae, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, タイプスタディ/type study, ハルガヤ属/Anthoxanthum, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexSulcispora supratumida sp. nov. (Phaeosphaeriaceae, Pleosporales) on Anthoxanthum odoratum from Italyイタリアにおいてハルガヤの葉に生じた菌を検討し、Sulcispora supratumidaとして新種記載した。本種は子嚢果が埋生し、子嚢胞子に6隔壁を有して2番目の細胞が膨大する点などで、属の基準種のS. pleurosporaと区別された。ITS+nrLSU+nrSSU+tef-1に基づく分子系統解析の結果、Sulcispora属がフェオスフェリア科の系統に含まれることが示唆された。Sulcispora supratumida★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-05390ベネズエラ・アンデスの山地雲霧林に産したClandestinotrema属新種2018Plant and Fungal Systematics2018年の論文/published in 2018, Plant and Fungal Systematics, アンデス山脈/Andes, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, ベネズエラ/Venezuela, メリダ州/Merida, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 雲霧林/cloud forestA new species of Clandestinotrema (Ascomycota: Ostropales: Graphidaceae) from montane cloud forest in the Venezuelan Andesベネズエラの雲霧林に産した樹皮生地衣の一種を検討し、Clandestinotrema carboneraとして新種記載した。本種は地衣体がオリーブ緑色、子嚢胞子に3-5隔壁を有し、主要な地衣成分としてヒポスチクチン酸を含むことなどで特徴づけられた。また、同所においてC. leucomelaenumとして報告された種が実際にはC. pauperiusであることを示した。Clandestinotrema carbonera★ / Clandestinotrema pauperiusAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科
R3-05389中国南部産のAureoboletus属1新種および1新組み合わせ2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 海南省/Hainan, 走査型電子顕微鏡/SEMA new species and a new combination in the genus Aureoboletus (Boletales, Boletaceae) from southern China中国海南省の森林で採集された菌を検討し、Auroboletus clavatusとして新種記載した。本種は子実体が大型で傘に僅かに粘性を有し、担子胞子が類球形で、傘表皮が棍棒形の菌糸からなることなどで特徴づけられた。また、Boletellus longicollisをAuroboletus属に移した。Aureoboletus clavatus★ / Aureoboletus longicollis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05388イラン新産種、Suillellus comptus2017Mycologia Iranica2017年の論文/published in 2017, Mycologia Iranica, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, ケルマンシャー州, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 菌根菌/mycorrhizal fungiSuillellus comptus, new report for the Mycobiota of Iranイラン西部、ケルマンシャー州で採集されたSuillellus comptusをイラン新産種として報告した。本種はオークの樹下に発生していた。形態学的検討およびITS領域に基づく分子系統解析を実施した。Suillellus comptus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05387Ventenata属を宿主とする黒穂菌の2新種:スロバキア産のTilletia elizabethaeおよびトルコ産のT. ventenatae2018Willdenowia2018年の論文/published in 2018, Ventenata属, Willdenowia, イズミル県/Izmir, イネ科/Poaceae, スロバキア/Slovakia, トルコ/Turkey, トレンチーン県/Trenčín, 侵略的外来種/invasive alien species, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 移入種/alien species, 稀産種/rare species, 腥黒穂病/bunt, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiTwo new smut fungi on Ventenata (Poaceae): Tilletia elizabethae from Slovakia and T. ventenatae from Turkeyスロバキアからヒトツノコシ力ニツリを宿主とするTilletia elizabethae、トルコからVentenata subenervisを宿主とするT. ventenataeをそれぞれ新種記載した。両種は同じVentenata属植物を宿主としていたが、互いに胞子塊の色および黒穂胞子のサイズが異なっていた。両種をドイツ産T. separataと比較し、イネ科Ventenatinae亜連を宿主とするTilletia属菌の検索表を掲載した。Tilletia elizabethae★ / Tilletia separata / Tilletia ventenatae★Basidiomycota/担子菌門_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱_Exobasidiomycetidae/エクソバシデイウム亜綱_Tilletiales/ナマグサクロボキン目_Tilletiaceae/ナマグサクロボキン科
R3-05386米国カリフォルニア州産のキツネノカラカサ類 (5):Lepiota oculataおよびその類似種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, Sequoia属, オレゴン州/Oregon, カリフォルニア州/California, コケ上に生える菌/fungi on moss, タイプスタディ/type study, トガサワラ属/Pseudotsuga, ヒノキ科/Cupressaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 米国/USA, 胞子紋/spore printLepiotaceous fungi in California, U.S.A. – 5. Lepiota oculata and its look-alikes米国カリフォルニア州に産したLepiota oculataおよびその類似種を検討した。Leucoagaricus paraplesius、Leu. ophthalmus、およびLeu. infuscatusの3新種を記載した。これらの種の検索表を掲載し、Lep. oculataの正式な転属は行わなかった。Lepiota oculata / Leucoagaricus infuscatus★ / Leucoagaricus ophthalmus★ / Leucoagaricus paraplesius★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05385クロアチア新産の稀産種、Entoloma reinwaldii2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, イストラ郡/Istria, クロアチア/Croatia, クロアチア新産種/Croatia_new record, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variationEntoloma reinwaldii, a rare species new to Croatia稀産種のEntoloma reinwaldiiをクロアチア新産種として報告した。本種はイタリアにおいて類似の地中海性の生息環境から報告され、フランス、スペインからも知られていた。クロアチア産標本は傘が淡紫色を帯びる点、襞が上生~陥入する点、襞縁部が完全に不稔ではない点などが既報と異なっていた。Entoloma reinwaldii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05384イタリアにおいてアボカドに胴枯病を引き起こす新種、Neocosmospora perseae2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, クスノキ科/Lauraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, シチリア州/Sicily, リニアグロース/linear growth, ワニナシ属/Persea, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 散布様式/dispersal style, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水溶性色素/water-soluble pigment, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 生長速度/growth rate, 胴枯病/dogare-byo (canker), 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complexNeocosmospora perseae sp. nov., causing trunk cankers on avocado in Italyイタリア、シチリア州の果樹園においてアボカドに発生した胴枯病を検討し、分離された菌をNeocosmospora perseaeとして新種記載した。本新種の病原性は接種試験により確かめられ、Euwallacea属甲虫の介在は確認されなかった。本種は分子系統解析でFSSC 37および38に近縁であり、同じワニナシ属に病原性を有するNeocosmospora属菌の普通種とは遠縁であった。Neocosmospora perseae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05383芝のダラースポット病を引き起こす病原菌からなる新属Clarireedia2018Fungal Biology2018年の論文/published in 2018, Fungal Biology, MAT遺伝子/MAT gene, イギリス/United kingdom, イタリア/Italy, イチゴツナギ属/Poa, イネ科/Poaceae, エピタイプ指定/epitype designation, オハイオ州/Ohio, オランダ/Netherlands, カナダ/Canada, ギョウギシバ属/Cynodon, サトイモ科/Araceae, ザゼンソウ属, スズメノヒエ属/Paspalum, タイプスタディ/type study, ダラースポット病, ドクムギ属/Lolium, ドミニカ共和国/Dominican Republic, ナギナタガヤ属/Festuca, ニュージャージー州/New Jersey, ニューヨーク州/New York, ヌカボ属/Agrostis, ネオタイプ指定/neotype designation, ノースカロライナ州/North Carolina, ミシシッピ州/Mississippi, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 栄養摂取様式/nutrition style, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 芝生/lawn, 草地/grasslandClarireedia : A new fungal genus comprising four pathogenic species responsible for dollar spot disease of turfgrassダラースポット病の病原菌であるSclerotinia homoeocarpaの分類学的位置を検討し、本種に対して新属Clarireediaを提唱した。本属がキンカクキン科ではなくトウヒキンカクキン科に含まれることを示し、ネオタイプおよびエピタイプ標本を指定した。また、本属にC. bennettii、C. jacksonii、およびC. monteithianaの3新種を記載した。Clarireedia bennettii★ / Clarireedia homoeocarpa▲ / Clarireedia jacksonii★ / Clarireedia monteithiana★
R3-05382Pachira glabraの葉の斑点病を引き起こしたDiaporthe属1新種2018Tropical Plant Pathology2018年の論文/published in 2018, Pachira属, TreeBASE, Tropical Plant Pathology, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種の境界/species delimitation, 胞子形成誘導/sporulation inductionA novel species of Diaporthe causing leaf spot in Pachira glabraブラジル、ミナスジェライス州においてPachira glabraの葉の病斑に生じた菌を検討した。形態学的検討および複数遺伝子領域に基づく分子系統解析からなる多相的アプローチにより、本種をDiaporthe pachiraeとして新種記載した。接種試験により、本種の宿主に対する病原性を確かめた。Diaporthe pachirae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科
R3-05381イタリアにおいてビワ罹病木に関連するボトリオスフェリア科菌類および新種Diplodia rosacearumの記載2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, コッホの原則/Koch_s postulation, シチリア州/Sicily, スペイン/Spain, トキワサンザシ属/Pyracantha, バラ科/Rosaceae, バレンシア州/Valencia, ビワ属/Eriobotrya, ブルガリア/Bulgaria, プロヴディフ州/Plovdiv, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 統計解析/statistical analysis, 胞子形成誘導/sporulation induction, 胴枯病/dogare-byo (canker)Botryosphaeriaceae species associated with diseased loquat trees in Italy and description of Diplodia rosacearum sp. nov.イタリア、シチリア州の果樹園において胴枯病を引き起こしたビワから分離されたボトリオスフェリア科菌類を検討した。以前トキワサンザシ属植物から分離されたものと同一の菌を検討し、Diplodia rosacearumとして新種記載した。接種試験により、本新種に加えてNeofusicoccum parvumおよびD. seriataのビワに対する病原性を示した。Diplodia rosacearum★ / Neofusicoccum vitifusiformePezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-05380汎世界的に分布する二列性黒色のコウジカビ属新種、Aspergillus brasiliensis2007International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2007年の論文/published in 2007, AFLP分析/AFLP analysis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルカロイド/alkaloid, オランダ/Netherlands, オーストラリア/Australia, キシラナーゼ/xylanase, クラスター分析/cluster analysis, サンパウロ州/São Paulo, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ノースカロライナ州/North Carolina, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ブラジル/Brazil, ポルトガル/Portugal, マイコトキシン/mycotoxin, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 米国/USA, 菌核/sclerotium, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 酸産生/acid production, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyAspergillus brasiliensis sp. nov., a biseriate black Aspergillus species with world-wide distributionブラジル、オーストラリア、米国、オランダ、およびポルトガルにおいて土壌やブドウなどから分離された菌を検討し、Aspergillus brasiliensisとして新種記載した。本種はNigri節に含まれ、分生子の装飾が独特な小刺状で、同節他種とは分子系統解析やAFLP分析などで区別された。本種はA. nigerおよびA. tubingensisと共通する代謝産物を産生したが、独自の化合物も複数認められた。Aspergillus brasiliensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05379ノルウェー新産のフンタマカビ綱3種2018Agarica2018年の論文/published in 2018, Agarica, エストフォル県/Østfold, カバノキ科/Betulaceae, コメツキムシ科, トネリコ属/Fraxinus, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ハンノキ属/Alnus, ホルダラン県/Hordaland, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, モクセイ科/Oleaceae, ローガラン県/Rogaland, ヴェストフォル県/Vestfold, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 菌寄生菌/mycoparasiteThree species of Sordariomycetes (Ascomycota: Pezizomycotina) new to NorwayノルウェーからHypoxylon subticinense、Ophiocordyceps stylophora、およびParanectria oropensisの3種をノルウェー新産種として報告した。これらの菌はそれぞれエストフォル県、ヴェストフォル県、ローガラン県/ホルダラン県の森林において採集された。これらの菌はそれぞれセイヨウトネリコ、コメツキムシの一種、ムカデゴケ属などの地衣類を宿主としていた。Hypoxylon subticinense■ / Ophiocordyceps stylophora■ / Paranectria oropensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-05378マルティニーク産の新種、Protocreopsis korfii2015Ascomycete.org2015年の論文/published in 2015, Ascomycete.org, オウムバナ属/Heliconia, オウムバナ科/Heliconiaceae, フランス/France, マルティニーク/Martinique, リター菌/litter fungi, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 西インド諸島/The West IndiesProtocreopsis korfii (Hypocreales, Bionectriaceae), a new species from Martinique (French West Indies)マルティニークにおいてHeliconia bihaiに発生した菌を検討し、Protocreopsis korfiiとして新種記載した。本種は子嚢果が淡橙色で、明瞭な白色~黄褐色の子座に囲まれることなどで特徴づけられた。本種は子嚢胞子のサイズや表面が平滑である点などで同属他種と区別された。Protocreopsis korfii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-05377Ophiodothella angustissimaの生物学的所見2018North American Fungi2018年の論文/published in 2018, North American Fungi, すす点病/sooty blotch, ジョージア州/Georgia, スノキ属/Vaccinium, ツツジ科/Ericaceae, フェノロジー/phenology, メラニン/melanin, 二次代謝産物/secondary metabolite, 共進化/coevolution, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 子実体原基/fruiting body primordium, 寄生菌/parasite, 感染戦略/infection strategy, 感染様式/mode of infection, 散布様式/dispersal style, 斑点病/spot disease, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水散布/disparsal by water, 生活環/life cycle, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子射出/spore discharge, 胞子散布/spore dispersal, 色素産生/pigment production, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超微細構造/ultrastructure, 越冬/wintering, 透過型電子顕微鏡/TEM, 難培養性菌/uncultured fungi, 風散布/wind dispersalObservations on the Biology of Ophiodothella angustissima米国ジョージア州においてVaccinium arboreumにすす点病を引き起こすOphiodothella angustissimaの生活環を研究した。本種が病斑を引き起こした葉は地上で越冬し、春になると子嚢殻を形成した。宿主には子嚢胞子により感染し、夏の間に宿主上で分生子層を形成して、分生子により植物全体に感染を広げていた。Ophiodothella angustissimaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Phyllachorales/フィラコラ目_Phyllachoraceae/フィラコラ科
R3-05376中国産のCamptophora属とCyphellophora属の新種、およびこれらの属における有性世代の初報告2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, すす病/sooty mold, カバノキ科/Betulaceae, ツバキ科/Theaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ハンノキ属/Alnus, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, ヒメツバキ属/Schima, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 葉面菌/leaf surface fungi, 雲南省/YunnanNew species of Camptophora and Cyphellophora from China, and first report of sexual morphs for these genera中国雲南省からCyphellophora jingdongensisおよびCamptophora schimaの2新種を記載した。また、Ca. hylomeconisを中国新産種として報告した。これらの種はそれぞれCyphellophoraおよびCamptophora属において初めて有性世代が報告された例となった。Camptophora hylomeconis■ / Camptophora schimae★ / Cyphellophora jingdongensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Chaetothyriaceae/ケートチリウム科
R3-05375ブラジル・アマゾンの森林に産した微小菌類2新種:Atrogeniculata submersaおよびNigrolentilocus amazonicus2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, パラー州/Pará, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 腐生菌/saprobeTwo new microfungi from Brazilian Amazon Forest: Atrogeniculata submersa and Nigrolentilocus amazonicusブラジルにおいて河川に沈んだ葉に生じた新属新種Atrogeniculata submersaおよび新種Nigrolentilocus amazonicusを記載した。前者は分生子柄が膝折状で分生子形成細胞がモノフィアライド~ポリフィアライド、分生子が球形、洋梨形~広楕円形であることなどで特徴づけられた。後者は分生子が倒棍棒形で単生し、2隔壁を有することなどで特徴づけられた。Atrogeniculata submersa★ / Nigrolentilocus amazonicus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目
R3-05374アルゼンチン、パタゴニアにおいてナンキョクブナ属植物と関係を持つ酵母の新種、Lachancea nothofagi2010International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2010年の論文/published in 2010, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アルゼンチン/Argentina, サンタクルス州/Santa Cruz, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ネウケン州/Neuquén, パタゴニア/Patagonia, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 樹液/sap, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水試料/water sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 菌根/mycorrhiza, 資化試験/assimilation test, 選択培地/selective medium, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 酸耐性試験/acid resistance testLachancea nothofagi sp. nov., a yeast associated with Nothofagus species in Patagonia, Argentinaアルゼンチン、パタゴニアの天然林においてナンキョクブナ属植物の樹皮、樹液、根圏などから分離された酵母の一種を検討し、Lachancea nothofagiとして新種記載した。本種はNothofagus nervosa、N. antarctica、およびN. pumilioの3種のナンキョクブナ属植物から分離され、同属植物との関係性が示唆された。本種は分子系統解析でL. thermotoleransクレードに含まれ、L. meyersiiと姉妹群を形成した。Lachancea nothofagi★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-05373スペイン産のPleurotelloides節の新種Clitopilus gallaecicus2013Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2013年の論文/published in 2013, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, ガリシア州/Galicia, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, ブナ科/Fagaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusClitopilus gallaecicus, a new species in section Pleurotelloides from Spainスペイン、ガリシア州においてQuercus roburの材に生じた菌を検討し、Clitopilus gallaecicusとして新種記載した。本種は子実体がヒラタケ型、傘が大型でクリーム色~黄褐色、担子胞子が大型であることなどでPleurotelloides節の他種と区別された。本種の他に担子胞子が唯一10 μmを超えるC. daamsiiは、本種とは傘のサイズおよび色、柄の有無などが異なっていた。Clitopilus gallaecicus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05372形態形質および分子データによって明らかにされた中国南部産のコショウイグチ属2新種2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 浙江省/Zhejiang, 海南省/Hainan, 湖南省/Hunan, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungiTwo new species of Chalciporus (Boletaceae) from southern China revealed by morphological characters and molecular data中国からChalciporus citrinoaurantiusおよびC. hainanensisの2新種を記載した。前者はレモン色~帯灰橙色の傘および橙色~ばら桃色の管孔、後者は黄色~帯褐橙色の傘および橙黄色~帯褐橙色の管孔などで特徴づけられた。中国産コショウイグチ属菌の検索表を掲載した。Chalciporus citrinoaurantius★ / Chalciporus hainanensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05371スペイン産のトリハダゴケ属地衣を宿主とする新種、Lichenostigma epirupestre2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, スペイン/Spain, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, マドリード州/Madrid, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 検索表/identification key, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyLichenostigma epirupestre a new lichenicolous species on Pertusaria from Spainスペイン中部においてPertusaria pertusa var. rupestrisに生じた地衣生菌の一種を検討し、Lichenostigma epirupestreとして新種記載した。本種は子嚢果下面から褐色の栄養菌糸が生じて宿主内部に侵入するという特徴を有していたが、宿主への傷害は認められなかった。Lichenostigma属Lichenostigma亜属の検索表を掲載した。Lichenostigma epirupestre★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Lichenotheliaceae/リチェノテリア科
R3-05370インド新産の木材腐朽菌、Coltriciella dependens (Berk. & M.A. Curtis) Murrill2018Journal of Threatened Taxa2018年の論文/published in 2018, Journal of Threatened Taxa, インド/India, インド新産種/India_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, メーガーラヤ州/Meghalaya, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 腐生菌/saprobe, 菌根菌/mycorrhizal fungiColtriciella dependens (Berk. & M.A. Curtis) Murrill, a new addition to wood-rotting fungi of Indiaインド、メーガーラヤ州で採集されたColtriciella dependensをインド新産種として報告した。本種は部分的に焼けたPinus kesiyaの基部に生じた。本種はメーガーラヤ州における6番目の木材腐朽菌として報告された。Coltriciella dependens■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05369新種Amanita tullossianaおよびテングタケ属2新産種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiAmanita tullossiana, a new species, and two new records of Amanitaインド、ウッタラーカンド州の広葉樹林で採集された菌を検討し、Amanita tullossianaとして新種記載した。本種は傘が灰色~帯褐灰色で羊毛状~類フェルト状の外被膜の名残に覆われ、柄が根状で基部が数列の鱗片に覆われ、担子胞子が広楕円形~楕円形であることなどで特徴づけられた。また、Lepidella節のA. griseoverrucosaおよびA. virgineoidesをインド新産種として報告した。Amanita griseoverrucosa■ / Amanita tullossiana★ / Amanita virgineoides■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05368ハキリアリの一種、Acromyrmex lundiiのごみ捨て場から分離された担子菌酵母の新種、Rhodosporidiobolus geoffroeae2017International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2017年の論文/published in 2017, Geoffroea属, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アリの巣/ant nest, アリ科/Formicidae, アルゼンチン/Argentina, ウレアーゼ試験/urease test, サンタフェ州/Santa Fe, デンプン/starch, ヒメハキリアリ属/Acromyrmex, ビタミン要求性/vitamin requirement, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 昆虫の巣/insect nest, 最大生長温度/maximum growth temperature, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 畑地/farmland, 発酵試験/fermentation test, 虫散布/dispersal by insects, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastRhodosporidiobolus geoffroeae sp. nov., a basidiomycetous yeast isolated from the waste deposit of the attine ant Acromyrmex lundiiアルゼンチン、サンタフェ州においてハキリアリの一種の巣外ごみ捨て場から39コロニーの酵母を分離した。そのうち担子菌酵母の一種を検討し、Rhodosporidiobolus geoffroeaeとして新種記載した。D1/D2領域に基づく分子系統解析の結果、本種はRhodosporidiobolus属の数種に近縁であったが、炭素源資化能などの生理学的形質が異なっていた。Rhodosporidiobolus geoffroeae★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Sporidiobolaceae/スポリディオボルス科
R3-05367トルコおよび中東新産の3種の地衣化菌類2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アルダハン県/Ardahan, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 中東新産種/Middle East_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 降水量/precipitationThree lichenized fungi new to Turkey and the Middle EastBuellia sequaxおよびTrapeliopsis gelatinosaを中東新産種、Arthonia calcareaをトルコ新産種としてそれぞれ報告した。これらの種はいずれもアルダハン県で採集され、2種が石灰岩、1種が珪質岩上に生じていた。各種について記載文および分布、基質などの情報を掲載し、類似種との相違点などを記述した。Arthonia calcarea■ / Buellia sequax■ / Trapeliopsis gelatinosa■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Trapeliaceae/トラペリア科
R3-05366インド、ウッタル・プラデーシュ州、チャンドラプラバダムにおいて分離された魚類に感染するミズカビの稀産種、Achlya ambisexualisの分類について2018Indian Journal of Fisherie2018年の論文/published in 2018, Indian Journal of Fisheries, インド/India, ウッタル・プラデーシュ州/Uttar Pradesh, フェノロジー/phenology, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 卵菌類/Oomycetes, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 好ケラチン菌/kerationophillic fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 釣菌法/baiting method, 魚類生息菌, 魚類病原菌/fish pathogenTaxonomic note on a rare fish infecting freshwater mould Achlya ambisexualis Raper 1939 (Achlyaceae) isolated from Chandraprabha dam, Uttar Pradesh, Indiaインド、ウッタル・プラデーシュ州において土壌および水から釣菌法で分離された卵菌の一種を検討し、Achlya ambisexualisと同定した。本種はインドから既に報告されていたが、記載文および写真を初めて正式に発表した。本種は稀産種で、雌雄異株で卵胞子が偏心生であることなどで特徴づけられた。Achlya ambisexualis■Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Saprolegniales/ミズカビ目_Saprolegniaceae/ミズカビ科
R3-05365フィンランドおよびノルウェー産の新種の地衣Verrucaria tenebrosa、およびV. hydrophila複合種に含まれる着生性分類群の分類について2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, ウーシマー県/Uusimaa, カバノキ科/Betulaceae, タイプスタディ/type study, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ハンノキ属/Alnus, パイヤト=ハメ県/Päijät-Häme, フィンランド/Finland, ラッピ県/Lappi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 北カルヤラ県/North Karelia, 北ポフヤンマー県/Northern Ostrobothnia, 半隠蔽種/semi-cryptic species, 収蔵標本/stored specimen, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 極限環境/extreme environment, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水生地衣類/aquatic lichen, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesVerrucaria tenebrosa (Verrucariaceae), a new lichen species from Finland and Norway, and notes on the taxonomy of epiphytic taxa belonging to the V. hydrophila complexフィンランドおよびノルウェーで採集された地衣の一種を検討し、Verrucaria tenebrosaとして新種記載した。本種はこの属で最も日陰に発生する性質を有し、地衣体が薄くて色の変異が大きく、被子器が疎らに生じ、子嚢胞子の幅が比較的広いことなどで特徴づけられた。また、V. hydrophilaがV. lignicolaと近縁であることを示し、V. lignicolaをV. sublobulataと同種とする仮説を棄却した。Verrucaria lignicola / Verrucaria tenebrosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-05364トルコ新産種、Leucocoprinus brebissonii2017Anatolian Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Anatolian Journal of Botany, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 草地/grasslandLeucocoprinus brebissonii (Godey) Locq, A New Record for Turkish MycobiotaLeucocoprinus brebissoniiをトルコ新産種として報告した。本種はトラブゾン県に発生し、傘が白色で中央部が暗褐色の繊維に覆われ、条線を有し、胞子紋が白色、担子胞子がメタクロマティックで厚壁であることなどで特徴づけられた。本種の報告により、トルコ産キヌカラカサタケ属菌の種数は6となった。Leucocoprinus brebissonii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05363トルコ産ビョウタケ科菌類の追加2018Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi2018年の論文/published in 2018, Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, トカット県/Tokat, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity surveyA New Addition to Turkish Helotiaceaeトルコ新産種としてHymenoscyphus lepismoidesを報告した。本種はトカット県の山地においてセイヨウシデの腐朽枝に発生していた。本種の記載文およびトルコ産類似種2種との形質比較表を掲載した。Hymenoscyphus lepismoides■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-05362Mycopepon属の形態および系統分類2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 新階級提唱/new status, 根圏/rhizosphere, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobe, 貴州省/GuizhouMorphology and phylogeny of Mycopepon中国貴州省においてタケに発生した2種の菌を検討し、Mycopepon bambusaeおよびM. fusoidisporusとして新種記載した。前者は子嚢胞子が褐色~暗褐色紡錘形で3隔壁を有し、暗褐色楕円形~紡錘形で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、M. smithii var. mexicanumを種に昇格させた。Mycopepon bambusae★ / Mycopepon fusoidisporus★ / Mycopepon mexicanus●Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科
R3-05361ディクティオスポリウム科の新属Neodendryphiella2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, カタルーニャ州/Catalonia, キューバ/Cuba, クスノキ科/Lauraceae, スペイン/Spain, バラ科/Rosaceae, ミチョアカン州/Michoacan, メキシコ/Mexico, リター菌/litter fungi, リンゴ属/Malus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 希釈平板法/dilution plate method, 庭園/garden, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 標本入手不可/specimen not available, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 糞生菌/coprophilous fungi, 誤同定/misidentification, 釣菌法/baiting methodNeodendryphiella, a novel genus of the Dictyosporiaceae (Pleosporales)新属Neodendryphiellaを提唱し、N. mali、N. michoacanensis、およびN. tarraconensisの3新種を記載した。本属は分生子形成細胞がポリトレト型で求頂性の分生子鎖を生じ、孔が暗色で厚い壁に囲まれることなどで特徴づけられた。また、分生子に最大7隔壁を有することなどで特徴づけられる新種D. variabilisを記載した。Dendryphiella variabilis★ / Neodendryphiella mali★ / Neodendryphiella michoacanensis★ / Neodendryphiella tarraconensis★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05360Laboulbenia slackensisおよび新種L. littoralis:生態的種分化の結果として生じた2つの同胞種2014Mycologia2014年の論文/published in 2014, Cafius属, Mycologia, イタリア/Italy, ウェスト=フランデレン州, オランダ/Netherlands, ゼーラント州/Zeeland, ハネカクシ科/Staphylinidae, フランス/France, ベルギー/Belgium, ホストシフト/host shift, マンシュ県/Manche, ヴァンデ県/Vendée, ヴェネト州/Veneto, 仮説提唱/hypothesis proposed, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 同胞種/sibling species, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 水辺/waterside, 沿岸域/coastal area, 湿地帯/wetland, 生殖的隔離/reproductive isolation, 種の境界/species delimitation, 種分化/speciation, 統計解析/statistical analysis, 絶対寄生菌/obligate parasite, 誤同定/misidentificationLaboulbenia slackensis and L. littoralis sp. nov. (Ascomycota, Laboulbeniales), two sibling species as a result of ecological speciationベルギーから、Cafius xantholomaを宿主とするLaboulbenia littoralisを新種記載した。形態学的検討の結果、本種はオサムシを宿主とするL. slackensisの姉妹種と考えられた。同一の生息環境を共有する宿主間で、異なる科をまたぐホストシフトが起こったという仮説を提唱した。Laboulbenia littoralis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-05359ブリティッシュコロンビア州産の新種、Santessoniella saximontana2007Bibliotheca Lichenologica2007年の論文/published in 2007, Bibliotheca Lichenologica, カナダ/Canada, クロベ属/Thuja, タイプスタディ/type study, ヒノキ科/Cupressaceae, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, ロッキー山脈/Rocky Mountains, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 石灰岩/limestone, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichenSantessoniella saximontana, a new lichen species from British Columbiaカナダ、ブリティッシュコロンビア州のロッキー山脈においてベイスギの樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Santessoniella saximontanaとして新種記載した。本種は地衣体が帯黒褐色でカリフラワー状に分枝し、子器が凸形で子嚢胞子が平滑であることなどで特徴づけられた。北米産モクズゴケ属(広義)地衣の検索表を掲載した。Santessoniella saximontana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-05358Entoloma jahniiのスロバキアからの報告およびそのE. byssisedumとの差異について2012Czech Mycology2012年の論文/published in 2012, Czech Mycology, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コシツェ県/Košický, コナラ属/Quercus, スロバキア/Slovakia, スロバキア新産種/Slovakia_new record, バンスカー・ビストリツァ県/Banská Bystrica, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, プレショウ県/Prešov, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 誤同定/misidentificationEntoloma jahnii (Fungi, Agaricales) reported from Slovakia and notes on differences with E. byssisedumスロバキアのハーバリウムにおいてチャヒラタケ型の子実体を有するイッポンシメジ属菌類の収蔵標本の再検討を行った。Entoloma jahniiをスロバキア新産種として報告した。本種としばしば誤同定されていたE. byssisedumの形態形質を検討し、両種の差異を論じた。Entoloma byssisedum / Entoloma jahnii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05357メキシコ、チアパス州のラカンドニア熱帯林に産したAuricularia fuscosuccineaの白化型2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, チアパス州/Chiapas, メキシコ/Mexico, 切片/section, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 膠質菌/jelly fungi, 降水量/precipitation, 食用きのこ/edible mushroomsAn albino form of Auricularia fuscosuccinea from Lacandonia tropical forest, Chiapas, Mexicoメキシコ、チアパス州の熱帯林からAuricularia fuscosuccineaの白化型を報告した。本種は短い乾季を除いて一年中、高温多湿の林内において腐朽材上に発生していた。白化型と典型的な本種には、子実体の色以外に違いを認めなかった。Auricularia fuscosuccineaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科
R3-05356トルコ産Cryptomarasmius corbariensis:ユーラシアにおける本種の初の分子データ2018Nova Hedwigia2018年の論文/published in 2018, Nova Hedwigia, アジア新産種/Asia_new record, オスマニエ県/Osmaniye, オリーブ属/Olea, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, モクセイ科/Oleaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 移入種/alien speciesCryptomarasmius corbariensis (Physalacriaceae, Agaricales) in Turkey with first molecular data on the species from Eurasiaトルコ、オスマニエ県で採集されたCryptomarasmius corbariensisをアジア新産種として報告した。本種はオリーブの枯れ葉および枝に発生していた。ユーラシア産の本種の分子データを初めて取得し、ITS領域に基づく分子系統解析を実施した。Cryptomarasmius corbariensis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科
R3-05355ヒースローの菌類2017Field Mycology2017年の論文/published in 2017, Field Mycology, イギリス/United kingdom, イングランド/England, グレーター・ロンドン/Greater London, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungiFungi at Heathrowイギリス、グレーター・ロンドンのヒースロー空港において大型菌類の調査を実施した。Tricholoma populinumなど6種の記載文、生態写真などを掲載した。そのうちRussula persicinaおよびArrhenia rickeniiをミドルセックスにおける新産種として報告した。Arrhenia rickenii■ / Rhodocybe popinalis / Russula persicina■ / Schizophyllum amplum / Stropharia pseudocyanea / Tricholoma populinumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05354Melanagromyza sojae成虫に感染するOphiocordyceps dipterigenaのブラジルにおける初記録2018Ciência Rural2018年の論文/published in 2018, Ciência Rural, Melanagromyza属, ダイズ属/Glycine, ハモグリバエ科, ブラジル/Brazil, マメ科/Fabaceae, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 亜熱帯域/subtropics, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 生物農薬/biopesticide, 畑地/farmlandFirst record of Ophiocordyceps dipterigena (Ascomycota: Hypocreales: Ophiocordycipitaceae) infecting adults of Melanagromyza sojae (Diptera: Agromyzidae) in Brazilブラジルからハモグリバエの一種、Melanagromyza sojaeに感染したOphiocordyceps dipterigenaを報告した。本種のリオグランデ・ド・スル州のダイズ畑において採集され、同州から既に知られていたが、M. sojae成虫からの報告は初であった。本種のM. sojaeに対する生物農薬としての利用可能性を指摘した。Ophiocordyceps dipterigenaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-05353タンザニア、キゴマ州産クロラッパタケ属菌のインベントリ2018Tanzania Journal of Science2018年の論文/published in 2018, Tanzania Journal of Science, アフリカ新産種/Africa_new record, キゴマ州/Kigoma, タンザニア/Tanzania, タンザニア新産種/Tanzania_new record, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation, 食用きのこ/edible mushroomsInventory of the Genus Craterellus Persoon from Kigoma Region, Tanzaniaタンザニア、キゴマ州の森林においてクロラッパタケ属菌の調査を実施した。Craterellus cornucopioidesおよびC. odoratusをタンザニア新産種として報告した。また、その他に新種の可能性がある1種を認めた。Craterellus cornucopioides■ / Craterellus odoratus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目
R3-05352中国新産のアオキノリ属地衣4種2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, チベット自治区/Tibet, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 四川省/Sichuan, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 湖南省/Hunan, 種内変異/intraspecific variation, 葉状地衣/foliose lichen, 藍藻地衣/cyanolichen, 雲南省/YunnanFour new records of Leptogium from China中国新産種としてLeptogium askotense、L. coralloideumi、L. milligranum、およびL. subtileを報告した。これらの新産種は四川省、雲南省、チベット自治区、および湖南省から報告され、樹皮やコケなどに発生していた。各種の記載文、標本写真などを掲載し、類似種との相違点などを記述した。Leptogium askotense■ / Leptogium coralloideum■ / Leptogium milligranum■ / Leptogium subtile■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目
R3-053512新種を含むカルパティア山脈高山帯産のワカフサタケ属菌類2015Mycologia2015年の論文/published in 2015, Mycologia, TreeBASE, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, コケ上に生える菌/fungi on moss, シビウ県, ジリナ県/Žilina, スロバキア/Slovakia, チョウノスケソウ属/Dryas, ドゥンボヴィツァ県/Dâmboviţa, ハンニチバナ属/Helianthemum, ハンニチバナ科/Cistaceae, バラ科/Rosaceae, プラホヴァ県/Prahova, プレショウ県/Prešov, ポーランド/Poland, マウォポルスカ県/Małopolska, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ルーマニア/Romania, ヴルチャ県, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 森林/forest, 検索表/identification key, 珪質岩/siliceous rocks, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 高山帯/alpine regionThe genus Hebeloma in the alpine belt of the Carpathians including two new speciesカルパティア山脈の高山帯においてワカフサタケ属菌の調査を実施し、11種を同定した。そのうちHebeloma grandisporumおよびH. oreophilumの2新種を記載した。また、1種を高山帯から、1種をハンニチバナ属植物の近傍から、9種をカルパティア山脈高山帯から、それぞれ初めて報告した。Hebeloma aanenii■ / Hebeloma alpinum / Hebeloma dunense■ / Hebeloma grandisporum★ / Hebeloma laterinum■ / Hebeloma marginatulum / Hebeloma mesophaeum■ / Hebeloma naviculosporum■ / Hebeloma oreophilum★ / Hebeloma vaccinum■ / Hebeloma velutipes■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05350インド、アンダマン諸島において未同定のタケの枝に生じた新種、Kamalomyces polyseptatus2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, アンダマン・ニコバル諸島/Andaman and Nicobar Islands, イネ科/Poaceae, インド/India, タケ生息菌/bambusicolous fungus, リター菌/litter fungi, 切片/section, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobeKamalomyces polyseptatus sp. nov. from an unidentified bamboo twig in Andaman Islands, Indiaインド、アンダマン諸島においてタケの枝に生じた菌を検討し、Kamalomyces polyseptatusとして新種記載した。本種は子嚢果が暗褐色~黒色で球形~類球形、黒色の菌糸体に覆われ、子嚢が棍棒形、子嚢胞子が無色蠕虫形で横隔壁を有することなどで特徴づけられた。Kamalomyces属の検索表を掲載した。Kamalomyces polyseptatus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱
R3-05349新門ハエカビ門およびハエカビ型菌類の再分類2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, ダニ寄生菌/mite parasitic fungus, ダニ生息菌/mite inhabiting fungus, メラニン/melanin, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 散布様式/dispersal style, 新目提唱/new order, 新綱提唱/new class, 新門提唱/new phylum, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 核の挙動/behavior of nuclear, 核分裂/nuclear division, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子射出/spore discharge, 胞子散布/spore dispersal, 腐生菌/saprobe, 超微細構造/ultrastructureEntomophthoromycota: a new phylum and reclassification for entomophthoroid fungiハエカビ目が独自の単系統を形成することを認め、本目に対して新門ハエカビ門を提唱するとともに、ハエカビ亜門を不要名とした。また、本門にバシディオボルス綱、ネオジギテス綱、ハエカビ綱の3新綱およびネオジギテス目を新設した。Ballocephala属およびZygnemomyces属をハエカビ目から除外し、キクセラ亜門に含まれるべきとした。
R3-05348アフリカ中部の熱帯雨林に産した被実性の新種、Lactarius megalopterusは動物体内を介した胞子散布への適応を示す2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, カメルーン/Cameroon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, 仮説提唱/hypothesis proposed, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物散布/animal dispersal, 南西州(カメルーン)/Southwest (Cameroon), 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 胞子散布/spore dispersal, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌食/mycophagy, 走査型電子顕微鏡/SEM, 降水量/precipitation, 食毒不明/edibility unknownLactarius megalopterus, a new angiocarpous species from a tropical rainforest in Central Africa, shows adaptations to endozoochorous spore dispersalカメルーンの熱帯雨林で採集された被実性の子実体を有する一種を検討し、Lactarius megalopterusとして新種記載した。本種は担子胞子の装飾が非常に丈の高い翼状であることで特徴づけられた。胞子の形質のほか、子実体の芳香や温和な味などから、本種の胞子散布に哺乳類による菌食が関与しているという仮説を提唱した。Lactarius megalopterus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05347タイ新産種、Borofutus dhakanus2017Archives of Biological Sciences2017年の論文/published in 2017, Archives of Biological Sciences, ウボンラーチャターニー県/Ubon Ratchathani, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 粘土質土壌/clayey soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 食用きのこ/edible mushroomsFirst record of Borofutus dhakanus (Boletaceae, Leccinoideae) in Thailandタイ、チエンマイ県のフタバガキ林で採集されたBorofutus dhakanusをタイ新産種として報告した。タイ産標本はホロタイプに類似の環境に発生し、傘が僅かに小さく、担子胞子が僅かに短かった。本種がタイ北東部において市場で販売されている食用きのこであることを初めて示した。Borofutus dhakanus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05346カメルーン産のAuritella属新種および全世界の既知種の検索表2017IMA fungus2017年の論文/published in 2017, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Gilbertiodendron属, IMA fungus, Uapaca属, カメルーン/Cameroon, コミカンソウ科/Phyllanthaceae, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 東部州(カメルーン)/East Province (Cameroon), 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物地理学/biogeography, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew species of Auritella (Inocybaceae) from Cameroon, with a worldwide key to the known speciesカメルーンの熱帯雨林からAuritella hispidaおよびA. spiculosaの2新種を記載した。全世界の本属菌の検索表を掲載した。分子データを基に、本属菌が外生菌根菌であることを初めて確定した。Auritella hispida★ / Auritella spiculosa★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05345野生の種子および果実に生じる菌類の追加 (2):ホウオウボクの種子の莢に生じたタイ新産種、Parascedosporium putredinis2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンラーイ県/Chiang Rai, ホウオウボク属/Poinciana, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeAdditions to wild seed and fruit fungi 2: Parascedosporium putredinis: a new Thailand record from Delonix regia seed podsタイ、チエンラーイ県においてホウオウボクの種子の莢(新基質)に発生したParascedosporium putredinisをタイ新産種として報告した。天然基質および寒天培地上における本種の形態を記録し、分子系統解析を実施した。タイ産標本はホロタイプより分生子が大きく、ITS2塩基が異なっていたが、同種と判断された。Parascedosporium putredinis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-05344トルコ産樹皮生変形菌類の新産種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, クルクラーレリ県/Kırklareli, コナラ属/Quercus, サカリヤ県/Sakarya, チャナッカレ県/Çanakkale, トルコ/Turkey, バルケスィル県/Balıkesir, ビレジク県/Bilecik, ブナ科/Fagaceae, ブルサ県/Bursa, 変形菌類/slime mold, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew records of corticolous myxomycetes from Turkeyトルコのマルマラ地方からAmaurochaete tubulinaなど8種の変形菌類をトルコ新産種として報告した。これらの種はいずれもコナラ属の樹皮に生じていた。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真、類似種との相違点などを掲載した。Amaurochaete tubulina■ / Comatricha longipila■ / Diderma cinereum■ / Diderma lenticulare■ / Diderma umbilicatum■ / Physarum serpula■ / Stemonitis inconspicua■ / Symphytocarpus confluens■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科_Physarales/モジホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科_Physaraceae/モジホコリ科
R3-05343インドにおけるTrichaleurina javanica (Rehm) M. Carbone, Agnello & P. Alvaradoの分布2018Plant Biosystems2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Plant Biosystems, インド/India, グジャラート州/Gujarat, タマリンド属/Tamarindus, マメ科/Fabaceae, 分子同定/molecular identification, 地理的分布/geographical distribution, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 食毒不明/edibility unknownDistribution of Trichaleurina javanica (Rehm) M. Carbone, Agnello & P. Alvarado (Chorioactidaceae) in Indiaインド、グジャラート州のササンにおいてTrichaleurina javanicaを採集した。形態学的検討およびDNAバーコードによる同定を行った。本種のグジャラート州からの報告は初であり、インドにおける本種の分子同定も初となった。Trichaleurina javanica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-05342新種Microbotryum lagerheimii2007Mycologia Balcanica2007年の論文/published in 2007, Mycologia Balcanica, イェヴレボリ県/Gävleborg, イタリア/Italy, ウプサラ県/Uppsala, ウーシマー県/Uusimaa, エステルイェータランド県/Östergötlands, オロモウツ州/Olomouc, オーストリア/Austria, オーランド諸島/Åland, カンタ=ハメ県/Kanta-Häme, キュメンラークソ県/Kymenlaakso, ケルンテン州/Kärnten, サタクンタ県/Satakunta, ザクセン州/Sachsen, シュタイアーマルク州/Steiermark, スウェーデン/Sweden, スコーネ県/Skåne, センノウ属/Lychnis, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, デンマーク/Denmark, デンマーク首都地域/Capital Region of Denmark, トレンティーノ=アルト・アディジェ州/Trentino-Alto Adige, トロムス県/Troms, ドイツ/Germany, ドルヌィ・シロンスク県/Dolnoslezské, ナデシコ科/Caryophyllaceae, ニーダーエスターライヒ州/Niederösterreich, ノルウェー/Norway, バイエルン州/Bayern, パイヤト=ハメ県/Päijät-Häme, ピルカンマー県/Pirkanmaa, フィンランド/Finland, ブレーキンゲ県/Blekinge, ヘッセン州/Hessen, ポーランド/Poland, マゾフシェ県/Mazowsze, マンテマ属/Silene, ラインラント=プファルツ州/Rheinland-Pfalz, ラッピ県/Lappi, ラトビア/Latvia, ルブシュ県/Lubusz, レニングラード州/Leningrad, ロシア/Russia, ヴェストラ・イェータランド県/Västra Götaland, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北ユラン地域/North Jutland, 南モラヴィア州/South Moravian, 南西スオミ県/Southwest Finland, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 花生息菌/floricolous fungus, 葯黒穂菌/anther smut, 西スオミ州/Länsi-Suomen, 走査型電子顕微鏡/SEM, 非合法名/illegitimate name, 黒穂菌/smut fungiMicrobotryum lagerheimii sp. nov. (Microbotryaceae)マンテマ属およびセンノウ属植物を宿主とする葯黒穂菌を検討した。Lychnis viscariaなど3種の植物を宿主とする種をMicrobotryum lagerheimiiとして新種記載した。本種は同じSilene vulgarisを宿主とするM. silenes-inflataeとは胞子の色が異なっていた。Microbotryum lagerheimii★ / Microbotryum silenes-inflataeBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Microbotryomycetidae/ミクロボトリウム菌亜綱_Microbotryales/ミクロボトリウム目_Microbotryaceae/ミクロボトリウム科
R3-05341タイ産のコーヒー豆から分離されたコウジカビ属Nigri節の2新種2008International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2008年の論文/published in 2008, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルカロイド/alkaloid, コーヒーノキ属/Coffea, タイ/Thailand, チュムポーン県/Chumphon, ネオキサリン類/neoxalines, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 庭園/garden, 新種記載/new species, 日本/Japan, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未知成分/unknown component, 生長速度/growth rate, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 種概念/species concept, 菌核/sclerotium, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEM, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyTwo novel species of Aspergillus section Nigri from Thai coffee beansタイにおいてコーヒー豆から分離されたAspergillus aculeatinusおよびA. sclerotiicarbonariusの2新種を記載した。前者は分生子が小型で類球形~楕円形であり、ネオキサリン類、アクレアシン、セカロン酸類などの二次代謝産物を産生した。後者は菌核を豊富に形成したほか、未解明のインドールアルカロイド類を産生した一方、オクラトキシンAを産生しなかった。Aspergillus aculeatinus★ / Aspergillus sclerotiicarbonarius★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05340栄養価の高い民間療法の薬草、Sorghum vulgareに生じた新種、Cercospora bahraichensis2016Agricultural Science Research Journal2016年の論文/published in 2016, Agricultural Science Research Journal, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, モロコシ属/Sorghum, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungiCercospora bahraichensis sp nov. on Sorghum vulgare- a great potent nutrimental potent ethnomedicinal plantインド、ウッタル・プラデーシュ州のバーライチにおいてSorghum vulgareに生じた菌を検討し、Cercospora bahraichensisとして新種記載した。本種は宿主の葉に激しい斑点性病害を引き起こした。本種は同一の宿主に発生するC. sorghiとは形態的に大きく異なっていた。Cercospora bahraichensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05339インド、ヒマラヤ北西部においてPinus roxburghiiと関係を持つ新種、Suillus triacicularis2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 稀産種/rare species, 種分化/speciation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiSuillus triacicularis sp. nov., a new species associated with Pinus roxburghii from northwestern Himalayas, Indiaインド、ヒマラヤ北西部で採集された菌を検討し、Suillus triacicularisとして新種記載した。本種はPinus roxburghiiを宿主とする初のヌメリイグチ属菌として報告された。本種はS. granulatusに形態的にごく類似するが、傘および肉の色や管孔の小滴の有無などが異なっていた。Suillus triacicularis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05338イタリア新産種、Rhizopogon rocabrunaeおよびR. pumilionum2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, シクエストレート菌/sequestrate fungus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, リグーリア州/Liguria, ロンバルディア州/Lombardia, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungiFirst records of Rhizopogon rocabrunae and R. pumilionum (Boletales) from Italyイタリア、リグーリア州からごく稀な種、Rhizopogon rocabrunaeをイタリア新産種として報告した。また、この種と同定されていたロンバルディア州産の古い標本をR. pumilionumと再同定し、本種もイタリア新産種として報告した。前者はモミ属、後者はマツ属の樹下に発生し、外皮がそれぞれ帯赤橙色、黄褐色であった。Rhizopogon pumilionum■ / Rhizopogon rocabrunae■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Rhizopogonaceae/ショウロ科
R3-05337ブラジルにおいて新熱帯産のラン、Epidendrum secundumに生じた新種Pseudocercospora epidendri2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Epidendrum属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ミナスジェライス州/Minas Gerais, ラン科/Orchidaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 生長速度/growth rate, 草地/grassland, 葉面菌/leaf surface fungiPseudocercospora epidendri sp. nov. on the neotropical orchid, Epidendrum secundum from Brazilブラジル、ミナスジェライス州においてEpidendrum secundumの葉に生じた斑点病を検討した。新種Pseudocercospora epidendriを記載し、接種試験によってその病原性を確かめた。本種はラン科植物を宿主とする5番目のPseudocercospora属菌として報告された。Pseudocercospora epidendri★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05336ポーランド産の新規あるいは興味深い地衣生菌類の記録 (8)2010Herzogia2010年の論文/published in 2010, Herzogia, Mycobilimbia属, Psilolechia属, Trapeliopsis属, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, エイランタイ属/Cetraria, カラクサゴケ属/Parmelia, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, キゴケ属/Stereocaulon, キゴケ科/Stereocaulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, ゴイシゴケ科/Lecideaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, トウヒ属/Picea, トラペリア科/Trapeliaceae, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, ドルヌィ・シロンスク県/Dolnoslezské, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ピンゴケ科/Caliciaceae, プシロレキア科/Psilolechiaceae, ホソピンゴケ属/Chaenotheca, ポドラシェ県/Podlaskie, ポモージェ県/Pomorskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Małopolska, マゾフシェ県/Mazowsze, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 中欧新産種/Central Europe_new record, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 緑藻/green algae, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 藻類生息菌/algicolous fungusNew or Interesting Records of Lichenicolous Fungi from Poland VIIIポーランド産の地衣生菌46種を報告した。Taeniolella rolfiiを中欧新産種、Arthonia digitataeおよびTrichonectria rubefaciensをポーランド新産種として報告した。その他、カルパティア山脈、ポーランド低地部などにおける新産種を報告し、Thelocarpon impresellumおよびT. intermediellumを初めて地衣生菌として報告した。Arthonia digitatae■ / Chaenothecopsis savonica■ / Chaenothecopsis viridireagens / Lichenoconium lecanorae / Phaeosporobolus alpinus■ / Roselliniella stereocaulorum / Taeniolella rolfii■ / Taeniolella trapeliopseos■ / Thelocarpon impressellum / Thelocarpon intermediellum / Trichonectria rubefaciens■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Thelocarpales/テロカルポン目_Thelocarpaceae/テロカルポン科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-05335ワシントン山の高山帯における簡易地衣調査 – 北米新産種Claurouxia chalybeioides、Porina norrlinii、およびStereocaulon leucophaeopsisの報告2010Opuscula Philolichenum2010年の論文/published in 2010, Opuscula Philolichenum, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, ニューハンプシャー州/New Hampshire, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ラクトン類/lactones, ロバール酸類/lobaric acids, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 北米新産種/North America_new record, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 樹状地衣/fruticose lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 高山帯/alpine regionA brief lichen foray in the Mount Washington alpine zone – including Claurouxia chalybeioides, Porina norrlinii and Stereocaulon leucophaeopsis new to North America米国ニューハンプシャー州、ワシントン山の高山帯において地衣類の予備的調査を実施した。Claurouxia chalybeioides、Porina norrlinii、およびStereocaulon leucophaeopsisの3種を北米新産種として報告した。また、Frutidella caesioatraを米国新産種として報告した。Carbonea vorticosa / Cladonia luteoalba / Claurouxia chalybeioides■ / Frutidella caesioatra■ / Helocarpon crassipes■ / Lecanora chlorophaeodes / Lecidea commaculans■ / Micarea marginata / Opegrapha gyrocarpa■ / Porina norrlinii■ / Protothelenella corrosa■ / Rhizocarpon anaperum■ / Rhizocarpon intersitum■ / Stereocaulon leucophaeopsis■ / Toninia squalescens■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Helocarpaceae/ヘロカルポン科_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Protothelenellaceae/プロトテレネラ科_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科
R3-05334中国産Microstoma属1新種および本属既知種の検索表2018Mycosystema2018年の論文/published in 2018, Mycosystema, カラマツ属/Larix, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 中国語/Chinese, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification keyA new species of Microstoma (Sarcoscyphaceae) from China with a key to known species of the genus中国、内モンゴル自治区の森林において腐朽材に生じた菌を検討し、Microstoma radicatumとして新種記載した。本種は子嚢盤外面が帯赤色、淡橙赤色~橙赤色で子実層面がばら赤色~赤色、柄の基部が根状であることなどで特徴づけられた。本属既知種の検索表を掲載した。Microstoma radicatum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科
R3-05333スペイン、グラン・カナリア島産の稀な腹菌、Queletia mirabilis2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, カナリア諸島/Canary Islands, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, タイプスタディ/type study, マカロネシア/Macaronesia, 新産種報告/new record, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEMQueletia mirabilis, a rare gasteroid species in Gran Canaria, Spainスペイン、グラン・カナリア島から稀産種のQueletia mirabilisを報告した。本種は一年中浸水する砂地に発生しており、マカロネシアおよびスペインからの本種の報告は初となった。SEMで本種の胞子の装飾および弾糸を観察した。Queletia mirabilis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05332ルーマニア新産種Neolecta vitellina、およびその生息環境およびフェノロジーについて2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, コケ上に生える菌/fungi on moss, スチャヴァ県/Suceava, トウヒ属/Picea, フェノロジー/phenology, マツ科/Pinaceae, ルーマニア/Romania, ルーマニア新産種/Romania_new record, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 稀産種/rare species, 配列決定/sequencingNeolecta vitellina, first record from Romania, with notes on habitat and phenology稀産種のNeolecta vitellinaをルーマニア新産種として報告した。本種は東カルパティア山脈においてドイツトウヒの樹下に発生した。ルーマニア産標本はITS配列がノルウェーおよび米国産と99%一致し、形態的にも一致した。Neolecta vitellina■Ascomycota/子嚢菌門_Taphrinomycotina/タフリナ菌亜門_Neolectomycetes/ヒメカンムリタケ綱_Neolectomycetidae/ヒメカンムリタケ亜綱_Neolectales/ヒメカンムリタケ目_Neolectaceae/ヒメカンムリタケ科
R3-05331Maculatumクレードに属するメキシコ産のトリュフの新種、Tuber aztecorum2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, シクエストレート菌/sequestrate fungus, マツ科/Pinaceae, メキシコ/Mexico, メヒコ州/Estado de Mexico, モミ属/Abies, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 新種記載/new species, 森林/forest, 生物地理学/biogeography, 隠蔽種/cryptic speciesTuber aztecorum sp. nov., a truffle species from Mexico belonging to the Maculatum clade (Tuberaceae, Pezizales)メキシコ中部で採集されたトリュフの一種を検討し、Tuber aztecorumとして新種記載した。本種は固有種のAbies religiosaを宿主とし、子実体が帯赤褐色で、子嚢胞子が球形~広楕円形であることなどで特徴づけられた。本種はMaculatumクレードに含まれ、T. castilloiと姉妹群を形成した。Tuber aztecorum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-05330温帯産のSkeletocutis属多孔菌2新種2018Annales Botanici Fennici2018年の論文/published in 2018, Annales Botanici Fennici, Phellinidium属, エステルイェータランド県/Östergötlands, エストニア/Estonia, オップラン県/Oppland, カイヌー県/Kainuu, カレリア共和国/Karelia Republic, シノニム/synonym, スウェーデン/Sweden, タイプスタディ/type study, タバコウロコタケ科/Hymenochaetaceae, ダーラナ県/Dalarna, トウヒ属/Picea, ニジニ・ノヴゴロド州/Nizhny Novgorod, ノルウェー/Norway, パイヤト=ハメ県/Päijät-Häme, ヒーウ県/Hiu, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ラッピ県/Lappi, ロシア/Russia, ヴァルガ県/Valga, 中部ポフヤンマー県/Central Ostrobothnia, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 北カルヤラ県/North Karelia, 北サヴォ県/Northern Savonia, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 沿海地方/Primorye, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forestTwo new temperate polypore species of Skeletocutis (Polyporales, Basidiomycota)北欧からSkeletocutis delicataおよびS. exilisの2新種を記載した。両種はトウヒ属倒木の幹に生じ、Phellinidium ferrugineofuscumとしばしば関係を持ち、同属他種とは孔口の形態や担子胞子のサイズなどが異なっていた。S. friataのタイプ標本を検討し、本種をTyromyces chioneusのシノニムとした。Skeletocutis delicata★ / Skeletocutis exilis★ / Tyromyces chioneusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05329山東省の海岸に産した材生息性海生菌 (4):中国新産属Buergenerula2008Mycosystema2008年の論文/published in 2008, Mycosystema, Spartina属, イネ科/Poaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 呈色反応/chemical reaction, 山東省/Shandong, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 潮間帯/intertidal zone, 福建省/FujianWood–inhabiting marine fungi from the coast of Shandong, China IV. Buergenerula, a genus new to China中国山東省の潮間帯において流木およびSpartina属植物の稈に生じた海生菌の一種を検討し、Buergenerula spartinaeと同定した。Buergenerula属菌の中国からの報告は初となった。本種とSphaerulina pedicellataおよびB. biseptataの形質比較表を掲載した。Buergenerula spartinae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Magnaporthaceae/マグナポルテ科
R3-05328ウクライナの北部黒海地域に産した新種Roselliniella lecideaeおよびその他の興味深い地衣生菌類2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Dimelaena属, Lepra属, Myriolecis属, Turkish Journal of Botany, Xanthocarpia属, アナイボゴケ属/Verrucaria, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イワタケ科/Umbilicariaceae, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カエデ属/Acer, カワイワタケ属/Dermatocarpon, キウメノキゴケ属/Flavoparmelia, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, キゴケ科/Stereocaulaceae, クリミア共和国/Republic of Crimea, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, コナラ属/Quercus, ゴイシゴケ属/Lecidea, ゴイシゴケ科/Lecideaceae, ザポリージャ州/Zaporizhia, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チェルニーヒウ州/Chernihiv, チズゴケ属/Rhizocarpon, チズゴケ科/Rhizocarpaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ドニプロペトロウシク州/Dnipropetrovsk, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ピンゴケ科/Caliciaceae, ブナ科/Fagaceae, ヘルソン州/Kherson, ホシゴケ属/Arthonia, ホシゴケ科/Arthoniaceae, ムィコラーイウ州/Mykolaiv, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 東欧新産種/East Europe_new record, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 石灰岩/limestone, 砂地/sand, 腐生菌/saprobe, 菌寄生菌/mycoparasiteRoselliniella lecideae sp. Nov. and other interesting lichenicolous fungi from the Northern Black sea Region (Ukraine)ウクライナにおいてLecidea fuscoatraの地衣体に生じた菌を検討し、Roselliniella lecideaeとして新種記載した。本種は子嚢殻が球形で孔口を有し、子嚢が8胞子性、子嚢胞子が褐色楕円形単細胞、周糸が無色で2-3隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、11種のウクライナ新産種を含む20種の地衣生菌類を報告し、Roselliniella属既知種の検索表を掲載した。Arthonia molendoi / Brackelia lunkei / Clypeococcum cladonema■ / Cornutispora lichenicola■ / Dactylospora parasitica■ / Endococcus macrosporus■ / Henfellra muriformis■ / Intralichen baccisporus■ / Lichenoconium aeruginosum■ / Lichenohendersonia squamarinae■ / Lichenostigma dimelaenae■ / Pronectria xanthoriae■ / Refractohilum achromaticum■ / Roselliniella lecideae★ / Rosellinula frustulosae■ / Sistotrema brinkmannii / Stigmidium epistigmellum■ / Stigmidium stygnospila■ / Taeniolella delicata■ / Trichothecium roseum / Zwackhiomyces lithoiceae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Lichenotheliaceae/リチェノテリア科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Collemopsidiales/コレモプシディウム目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科
R3-05327インド産テングタケ科菌類の多様性および分布:中央インドのサラノキ林における2新産種2018Indian Journal of Tropical Biodiversity2018年の論文/published in 2018, Indian Journal of Tropical Biodiversity, インド/India, サラノキ属/Shorea, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyDiversity and distribution of amanitaceous mushrooms in India, two new reports from sal forest of central India中央インドのサラノキ林に産するテングタケ科菌類を調査し、14州で計80種を記録した。そのうち73種がテングタケ属菌、1種がCatatrama属菌、4種がLimacella属菌、2種がSaproamanita属菌であった。Amanita bisporigeraおよびA. pantherinaをマディヤ・プラデーシュ州のサラノキ林における新産種として報告した。Amanita bisporigera■ / Amanita pantherina■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05326アジア新産種、Urocystis narcissi2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, スイセン属/Narcissus, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ヒガンバナ科/Amaryllidaceae, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 稀産種/rare species, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiUrocystis narcissi, a new record from Asiaパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州で採集された黒穂菌の稀産種、Urocystis narcissiをアジア新産種として報告した。本種は従来スペインのみから知られており、Narcissus tazettaは本種の新宿主として報告された。本種の記載文、生態写真および胞子団の光学顕微鏡・SEM写真などを掲載した。Urocystis narcissi■Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Urocystidales/ウロシスティス目_Urocystidaceae/ウロシスティス科
R3-05325中国亜熱帯域に産したテングタケ属Vaginatae節のつばを持つ新種、Amanita cingulata2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 森林/forest, 江西省/Jiangxi, 湖南省/Hunan, 種の境界/species delimitationAmanita cingulata, a new annulate species of Amanita sect. Vaginatae from subtropical China中国湖南省および江西省の亜熱帯林で採集された菌を検討し、Amanita cingulataとして新種記載した。本種は子実体が小型で傘が白色、短い条線を有し、白色で脆いつばを有し、担子胞子が楕円形~長形であることなどで特徴づけられた。Vaginatae節でつばを有する種は主に熱帯アフリカから知られていたが、アジアからは初の報告となった。Amanita cingulata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05324マレーシア産テングタケ属Caesareae節菌について2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, Mycologia, TreeBASE, ジョホール州/Johor, セランゴール州/Selangor, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, ペラ州/Perak, マレーシア/Malaysia, マレーシア新産種/Malaysia_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 新規プライマー設計/novel primer designation, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌輪/fairy ring, 誤同定/misidentificationNotes on Amanita section Caesareae from Malaysiaマレーシア産テングタケ属Caesareae節菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。新種Amanita malayensisを含む7種の系統学的種を認めた。4種の既知種を同定し、残り2つの系統学的種はデータ不足から未記載に留めた。Amanita aporema■ / Amanita javanica / Amanita malayensis★ / Amanita princeps / Amanita similisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05323タイ産のケートチリウム目2新種、Phaeosaccardinula coffeicolaおよびTrichomerium chiangmaiensis2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, すす病/sooty mold, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コーヒーノキ属/Coffea, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiPhaeosaccardinula coffeicola and Trichomerium chiangmaiensis, two new species of Chaetothyriales (Eurotiomycetes) from Thailandタイ、チエンマイ県においてアラビカコーヒーノキの生葉に発生したすす病類似の菌を検討し、Phaeosaccardinula coffeicolaおよびTrichomerium chiangmaiensisの2新種を記載した。前者は葉の上面にすす病様の被覆を生じ、子嚢胞子が石垣状で、子嚢および子嚢胞子が小型であることで近縁種と区別された。後者は通常4本の腕を有する淡い帯オリーブ色または褐色の分生子を形成し、分生子の腕が小さいことなどで近縁種と区別された。Phaeosaccardinula coffeicola★ / Trichomerium chiangmaiensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Chaetothyriaceae/ケートチリウム科_Trichomeriaceae/トリコメリウム科
R3-05322中国においてHippophae属植物に発生した多孔菌の新種、Fomitiporia rhamnoides2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, Hippophae属, MycoKeys, グミ科/Elaeagnaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山西省/Shanxi, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 河北省/Hebei, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeFomitiporia rhamnoides sp. nov. (Hymenochaetales, Basidiomycota), a new polypore growing on Hippophae from China中国においてHippophae rhamnoidesの生木に発生した多孔菌の一種を検討し、Fomitiporia rhamnoidesとして新種記載した。本種は子実体が多年生で傘状、孔口面に顕著な光沢を有し、担子胞子が無色球形平滑厚壁、シスチジオールを有することなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは孔口のサイズが小型である点などが異なっていた。Fomitiporia rhamnoides★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05321ブラジル、バイーア州の半乾燥地域の高地に産した印象的な新種、Amanita viridissima2016Plant Ecology and Evolution2016年の論文/published in 2016, Guapira属, Plant Ecology and Evolution, オシロイバナ科/Nyctaginaceae, タデ科/Polygonaceae, ハマベブドウ属/Coccoloba, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiAmanita viridissima (Amanitaceae, Basidiomycota), a striking new species from highlands of the semiarid region of Bahia, Brazilブラジル、バイーア州の森林で見出された菌を検討し、Amanita viridissimaとして新種記載した。本種は子実体が中型で緑色、外被膜が有色で、担子胞子が長形、時に円筒形であることなどで特徴づけられた。本種はSolitariae亜節に含まれたが、本亜節において有色の種は非常に稀であり、同じく緑色を帯びる2種とも形態的に異なっていた。Amanita viridissima★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05320中国産の致命的なテングタケ属菌2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, GCPSR, Mycologia, TreeBASE, アマニチン類/amanitins, コナラ属/Quercus, フェノロジー/phenology, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 広東省/Guangdong, 採集地マッピング/collection site mapping, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 検索表/identification key, 毒きのこ/poisonous mushroom, 海南省/Hainan, 温帯域/temperate zone, 湖北省/Hubei, 湖南省/Hunan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 猛毒きのこ/deadly poisonous mushrooms, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 陝西省/Shaanxi, 雲南省/YunnanLethal Amanita species in China中国産のテングタケ属Phalloideae節の菌を複数遺伝子の分子系統解析により検討した。Amanita griseoroseaなど4新種を含む13種を認めた。中国産の致命的なテングタケ属菌の検索表を掲載した。Amanita exitialis / Amanita fuliginea / Amanita fuligineoides / Amanita griseorosea★ / Amanita molliuscula★ / Amanita pallidorosea / Amanita parviexitialis★ / Amanita rimosa / Amanita subfuliginea★ / Amanita subjunquillea / Amanita subpallidorosea / Amanita virosaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05319台湾産葉生息性不完全糸状菌2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, アオイ科/Malvaceae, アカネ科/Rubiaceae, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アワダン属/Mellicope, インゲンマメ属/Phaseolus, ウリ科/Cucurbitaceae, オオスズメウリ属, カギカズラ属, カタバミ属/Oxalis, カタバミ科/Oxalidaceae, カッコウアザミ属/Ageratum, キク科/Asteraceae, サクラ属/Prunus, サンタンカ属, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, タマシダ属, ツタノハヒルガオ属/Merremia, ツルシダ科, ツルマンリョウ属/Myrsine, トケイソウ属/Passiflora, トケイソウ科/Passifloraceae, トロロアオイ属/Abelmoschus, バラ科/Rosaceae, ヒマワリヒヨドリ属/Chromolaena, ヒルガオ科/Convolvulaceae, ヘゴ属/Cyathea, ヘゴ科/Cyatheaceae, マメ科/Fabaceae, ミカン科/Rutaceae, ヤブコウジ科/Myrsinaceae, リュウビンタイ属/Angiopteris, リュウビンタイ科/Marattiaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 付着器/appressorium, 切片/section, 南投県/Nantou, 台北市/Taipei, 台南市/Tainan, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 嘉義県/Chiayi County, 培養性状/colony characteristics, 宜蘭県/Yilan, 寄生菌/parasite, 屏東県/Pingtung, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 生長速度/growth rate, 疑問種/doubtful species, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 難培養性菌/uncultured fungiFoliicolous hyphomycetes from Taiwan台湾においてThladiantha punctata、Nephrolepis auriculata、タイミンタチバナに生じた菌をそれぞれ新種記載した。また、アジア新産種としてPericoniella rhachidicola、台湾新産種として2種を報告した。その他、数種について新宿主を報告した。Cercosporella thladianthae★ / Passalora perfoliati / Periconiella rhachidicola■ / Pseudocercospora abelmoschi / Pseudocercospora cruenta / Pseudocercospora eupatorii-formosani / Pseudocercospora ixorae / Pseudocercospora nephrolepidis★ / Pseudocercospora sarcocephali■ / Pseudocercospora stahlii / Pseudocercospora subtorulosa■ / Pseudocercospora timorensis / Pseudocercosporella oxalidis / Stenella myrsines★ / Stenella persicae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Teratosphaeriaceae/テラトスフェリア科
R3-05318フィリピン、ヌエヴァ・エシハ州、カラングラン、プンカンに産した大型菌類2008Journal of Agricultural Technology2008年の論文/published in 2008, Journal of Agricultural Technology, ヌエヴァ・エシハ州, フィリピン/Philippines, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 湿度/humidity, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushroomsSome species of macrofungi at Puncan, Carranglan, Nueva Ecija in the Philippinesフィリピン、ヌエヴァ・エシハ州、プンカン地区の森林において大型菌類の調査を実施し、7種を同定した。1種はキクラゲ科、4種はタマチョレイタケ科、2種はハラタケ目菌類であった。各種について記載文、生態写真などを掲載した。Auricularia fuscosuccinea / Cantharellus minor / Coltricia perennis / Gloeoporus dichrous / Hohenbuehelia petaloides / Phellinus pini / Trametes versicolorBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科_Cantharellales/アンズタケ目_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05317ドミニカ共和国産Saproamanita manicata2016RMR Boll. AMER2016年の論文/published in 2016, RMR Boll. AMER, イタリア語/Italian, シノニム/synonym, ドミニカ共和国/Dominican Republic, プエルト・プラタ州/Puerto Plata, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新形質報告/new character, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 生長速度/growth rate, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 食毒不明/edibility unknownSaproamanita manicata in Repubblica Dominicanaドミニカ共和国からSaproamanita manicataを報告した。本種は傘が類白色で、黄褐色疣状~羊毛状の被膜に覆われ、襞が類白色で桃色を帯び、柄が非塊茎状、担子胞子が球形~類球形であることなどで特徴づけられた。S. nauseosaを本種のシノニムと推定した。Saproamanita manicataBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05316インド新産のテングタケ属4分類群2016Biodiversitas2016年の論文/published in 2016, Biodiversitas, インド/India, インド新産種/India_new record, トウヒ属/Picea, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentificationFour newly recorded Amanita taxa from Indiaインド、ヒマーチャル・プラデーシュ州からインド新産種として3種1変種のテングタケ属菌を報告した。Amanita flavoconiaは明るい黄色の傘、A. flavoconia var. inquinataは橙黄色~帯黄橙色~帯褐橙色の傘などで特徴づけられた。A. pilosellaは傘が帯褐ベージュ色または帯灰褐色で、A. porphyriaは柄が帯灰色の小鱗片に覆われて紫色を帯び、つぼに縁取りを有することなどで特徴づけられた。Amanita flavoconia■ / Amanita pilosella■ / Amanita porphyria■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05315ポーランド新産種、Agrocybe putaminum2016Polish Botanical Journal2016年の論文/published in 2016, Polish Botanical Journal, オポーレ県/Opole, フェノロジー/phenology, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, ルブシュ県/Lubusz, 保全生態学/conservation ecology, 分布域の変化/changes in the distribution area, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 堆肥/compost, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 畑地/farmland, 移入種/alien species, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexAgrocybe putaminum (Agaricales, Basidiomycota), New for Polandポーランド南西部からAgrocybe putaminumをポーランド新産種として報告した。本種は藁と土壌が混ざった堆肥に生じ、柄がビロード状で溝を有し、柄シスチジアがほぼ全面を覆うことなどで特徴づけられた。本種は他のヨーロッパ諸国と同様、ポーランドにおいても移入種と考えられた。Agrocybe putaminum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05314ベトナム、ダクラク省、チューヤンシン国立公園産テングタケ属菌の種多様性2018Journal of Scientific and Engineering Research2018年の論文/published in 2018, Journal of Scientific and Engineering Research, ダクラク省/Đắk Lắk, フェノロジー/phenology, ベトナム/Vietnam, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 垂直分布/vertical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 毒きのこ/poisonous mushroom, 民族菌類学/ethnomycology, 気温/temperature, 湿度/humidity, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushrooms, 高山帯/alpine regionSpecies Diversity of the Genus Amanita Dill. Ex Boehm. (1760) in Chu Yang Sin National Park, Daklak, Vietnamベトナムのチューヤンシン国立公園においてテングタケ属菌の調査を実施した。15種を同定し、そのうちAmanita abruptaなど8種を中央高地における主な種として記録した。テングタケ属菌の発生は通常、85%の高湿度かつ海抜800–1200mの範囲で、6-11月に認められた。Amanita abrupta / Amanita amanitoides / Amanita caesarea / Amanita caesareoides / Amanita cokeri / Amanita concentrica / Amanita flavoconia / Amanita levistriata / Amanita multisquamosa / Amanita pantherina / Amanita phalloides / Amanita pilosella / Amanita solitaria / Amanita vaginataBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05313中国南西部産の新種、Neoalbatrellus odorus2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 雲南省/YunnanNeoalbatrellus odorus Sp. nov. (Albatrellaceae, Russulales) from Southwest China中国雲南省の森林に発生した菌を検討し、Neoalbatrellus odorusとして新種記載した。本種は子実体が濃紫色~暗紫色で肉質、孔口面が白色、柄が淡紫色~帯青紫色で、担子胞子が厚壁非アミロイドであることなどで特徴づけられた。本種はITSおよびnrLSUに基づく分子系統解析で独自の系統を形成し、同属他種と形態的に異なっていた。Neoalbatrellus odorus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目
R3-05312韓国新産の木材腐朽菌5種2016Mycobiology2016年の論文/published in 2016, Mycobiology, アジア新産種/Asia_new record, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, マタタビ属/Actinidia, マタタビ科/Actinidiaceae, 亜熱帯域/subtropics, 京畿道/Gyeonggi-do, 仁川広域市, 全羅北道/Jeollabuk-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 忠清北道/Chungcheongbuk-do, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 気候変動/climate change, 江原道/Kangwon-do, 済州特別自治道/Jeju, 温帯域/temperate zone, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordFive New Wood Decay Fungi (Polyporales and Hymenochaetales) in Korea韓国新産種として木材腐朽菌2科5属5種を報告した。Aurantiporus、Favolus、Loweomycesの3属は韓国新産属となった。各種について記載文、写真、スケッチなどを掲載し、分子系統解析を実施した。Aurantiporus fissilis■ / Favolus acervatus■ / Hymenochaetopsis rigidula■ / Loweomyces fractipes■ / Neofavolus mikawai■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科_Meripilaceae/トンビマイタケ科
R3-05311クコのエンドファイト菌類および韓国新産のColletotrichum属2種の特性2014International Journal of Molecular Sciences2014年の論文/published in 2014, International Journal of Molecular Sciences, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, クコ属/Lycium, スライド培養法/slide culture method, ナス科/Solanaceae, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 草地/grassland, 表面殺菌法/surface sterilization method, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordEndophytic Fungi from Lycium chinense Mill and Characterization of Two New Korean Records of Colletotrichum韓国忠清南道においてクコの葉および果実から表面殺菌法で分離されたエンドファイトを検討した。10種の形態学的種を分子同定したところ、全て子嚢菌であった。クコをColletotrichum fructicolaおよびC. brevisporumの新宿主として報告し、後者を韓国新産種として報告した。Colletotrichum brevisporum■ / Colletotrichum fructicolaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-05310スロベニア産地衣類の研究 (12):ロガルスカ・ドリナ産の地衣2010Hladnikia2010年の論文/published in 2010, Hladnikia, アルプス山脈/Alps, カエデ属/Acer, コケ上に生える菌/fungi on moss, スロベニア/Slovenia, スロベニア新産種/Slovenia_new record, トネリコ属/Fraxinus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地衣成分/lichen compound, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine regionContribution to the lichen biota of Slovenia XII. Some lichens from Logarska dolinaスロベニア、ロガルスカ・ドリナにおいて地衣類の調査を実施し、94種の地衣を報告した。Bacidia subacerinaおよびLopadium disciformeをスロベニア新産種として報告した。Bilimbia accedensなど6種をスロベニアの高山帯植物区系から初めて報告した。Bacidia subacerina■ / Bilimbia accedens■ / Lecanora leptyrodes■ / Lopadium disciforme■ / Megalaria grossa■ / Mycobilimbia epixanthoides■ / Rinodina efflorescens■ / Sclerophora peronella■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Lecideales/レキデア目_Lopadiaceae/ロパディウム科_Lecideaceae/レキデア科_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科
R3-05309ウェールズ産のリンゴの枝に生じたMarchandiobasidium aurantiacumおよびEfibulobasidium rolleyi:2種の特異的な菌類2011Field Mycology2011年の論文/published in 2011, Field Mycology, イギリス/United kingdom, イギリス新産種/United Kingdom_new record, ウェールズ/Wales, コウヤクタケ類/corticioid fungi, バラ科/Rosaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, リンゴ属/Malus, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子紋/spore print, 膠質菌/jelly fungi, 菌寄生菌/mycoparasiteMARCHANDIOBASIDIUM AURANTIACUM and EFIBULOBASIDIUM ROLLEYI: two unusual fungi on a Welsh apple twigウェールズの庭園においてリンゴの枝に発生した2種の寄生菌を報告した。Marchandiobasidium aurantiacumはPhyscia tenellaに生じていた。後者は枝に直接生じ、ヨーロッパからの報告は初とみられた。Efibulobasidium rolleyi■ / Marchandiobasidium aurantiacumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-05308ツゲ属植物に発生したパキスタン新産種、Uromyces ambiens2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, さび菌/rust fungi, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 切片/section, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 文献調査/literature survey, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 稀産種/rare speciesA new report of Uromyces ambiens on Buxus from Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州においてBuxus wallichianaに生じたさび菌の一種を検討し、Uromyces ambiensと同定した。9月には淡黄色の精子器、11月と1月には精子器と冬胞子堆の両方を認めた。本種をパキスタン新産種として報告し、Buxus wallichianaを本種の新宿主として報告した。Uromyces ambiens■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-05307中国山西省に産したタバコウロコタケ属2新種および中国新産種H. colliculosa2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, シソ科/Lamiaceae, ハマゴウ属/Vitex, マメ科/Fabaceae, ミズキ属/Cornus, ミズキ科/Cornaceae, ムレスズメ属/Caragana, メギ属/Berberis, メギ科/Berberidaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山西省/Shanxi, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusTwo new species of Hymenochaete (Hymenochaetaceae, Basidiomycota) and H. colliculosa new to China from Shanxi Province中国山西省からHymenochaete angustisporaおよびH. verruculosaの2新種を記載した。前者はタイワンニンジンボクに生じ背着生、後者はミズキ属の一種に生じ半背着生で子実層面が小疣状であることなどで特徴づけられた。また、中国新産種としてメギ属の一種に生じたH. colliculosaを報告した。Hymenochaete angustispora★ / Hymenochaete colliculosa■ / Hymenochaete verruculosa★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05306タイ産Nypa fruticansにおいて新たに記録されたエンドファイト、Akanthomyces muscariusの系統的位置2018Current Research in Environmental & Applied Mycology2018年の論文/published in 2018, Current Research in Environmental & Applied Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, クラビー県/Krabi, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, ニッパヤシ属, マングローブ林/mangrove forest, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単菌糸分離/single hypha isolation, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 表面殺菌法/surface sterilization methodPhylogenetic placement of Akanthomyces muscarius, a new endophyte record from Nypa fruticans in Thailandタイ、クラビー県においてニッパヤシの健全葉から分離されたエンドファイトを検討し、Akanthomyces muscariusと同定した。本種をタイ新産種として報告するとともに、ニッパヤシを新宿主として報告した。分子系統解析の結果、本種はLecanicillium属菌と姉妹群を形成した。Akanthomyces muscarius■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科
R3-05305西ヨーロッパ、アルモリカ山塊の海岸に産したチャシブゴケ科地衣の新種、Myriolecis massei2018The Bryologist2018年の論文/published in 2018, The Bryologist, イギリス/United kingdom, キサントン類/xanthones, クロマトグラム/chromatogram, コート=ダルモール県/Court d’Armor, ジャージー, タイプスタディ/type study, チャンネル諸島, フィニステール県/Finistere, フランス/France, マンシュ県/Manche, モルビアン県/Morbihan, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 先駆種/pioneer species, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 色素産生/pigment production, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyMyriolecis massei, a new species of Lecanoraceae from the coasts of the Armorican Massif in Western Europeフランス(ブルターニュ、ノルマンディー)およびチャンネル諸島の沿岸域に産した岩上生地衣の一種を検討し、Myriolecis masseiとして新種記載した。本種は痂状地衣であり、地衣体がC+橙色で塩素化キサントン類を含むことなどで特徴づけられた。本新種を含む、C+あるいはKC+のヨーロッパ海岸域産Myriolecis属地衣の検索表を掲載した。Myriolecis massei★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05304オーストラリア産Ramularia属菌の注釈付きチェックリスト2005Australasian Plant Pathology2005年の論文/published in 2005, Australasian Plant Pathology, Corymbia属, Craspedia属, Digitalis属, Hedypnois属, Melampsora属, Muehlenbeckia属, Protea属, Ramularia属, アメリカボウフウ属/Pastinaca, イヌスイバ属, イネ科/Poaceae, ウツボグサ属, オオバコ属/Plantago, オオバコ科/Plantaginaceae, オヒゲシバ属/Chloris, オランダイチゴ属/Fragaria, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, カッコウアザミ属/Ageratum, キク科/Asteraceae, キランソウ属, キンポウゲ属/Ranunculus, キンポウゲ科/Ranunculaceae, クイーンズランド州/Queensland, クサヨシ属/Phalaris, クロヨナ属/Pongamia, コウゾリナ属, サクラソウ属/Primula, サクラソウ科/Primulaceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シソ科/Lamiaceae, スイカズラ科/Caprifoliaceae, スズメノチャヒキ属/Bromus, セリ科/Apiaceae, タイプスタディ/type study, タスマニア州/Tasmania, タデ科/Polygonaceae, タンポポ属/Taraxacum, ダイオウ属/Rheum, ダイコンソウ属/Geum, ドクムギ属/Lolium, ナギナタガヤ属, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ノーザンテリトリー/Northern Territory, ハッカ属/Mentha, ハマゴウ属/Vitex, バラ科/Rosaceae, ビクトリア州/Victoria, フトモモ科/Myrtaceae, フランスギク属, ベニカノコソウ属, マイコスフェレラ科, マメ科/Fabaceae, ミヤコグサ属/Lotus, メランプソラ科, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤブタビラコ属/Lapsana, ヤマナラシ属/Populus, ヤマモガシ科/Proteaceae, レンリソウ属/Lathyrus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 移入種/alien species, 菌寄生菌/mycoparasite, 葉面菌/leaf surface fungi, 西オーストラリア州/Western AustraliaAn annotated check list of Ramularia species in Australiaオーストラリア産Ramularia属菌の収蔵標本を再検討し、28種からなる注釈付きチェックリストを作成した。Cladosporium myrtacearum、Ramularia craspediicola、およびR. muehlenbeckiaeの3新種を記載したほか、オーストラリア新産種を複数報告した。また、Ramularia属の一種と同定されていた標本の再検討に基づき、Cladosporium uredinicolaなど別属の4種をオーストラリア新産種として報告した。Cladosporium myrtacearum★ / Cladosporium uredinicola■ / Neoramularia karelii■ / Passalora perfoliati■ / Pseudocercospora pongamiae-pinnatae■ / Ramularia ajugae■ / Ramularia bellunensis■ / Ramularia craspediicola★ / Ramularia deusta■ / Ramularia gei■ / Ramularia grevilleana / Ramularia heraclei / Ramularia inaequale / Ramularia lamii■ / Ramularia lapsanae■ / Ramularia muehlenbeckiae★ / Ramularia occidentalis■ / Ramularia paspali■ / Ramularia pratensis / Ramularia primulae / Ramularia proteae / Ramularia pusilla■ / Ramularia rhabdospora / Ramularia rubella / Ramularia simplex / Ramularia sphaeroidea / Ramularia uredinis■ / Ramularia valerianae / Ramularia variabilis / Ramularia veronicae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05303ノルウェーの亜寒帯雨林においてMycoblastus affinisに発生した地衣生菌の新種、Arthonia toensbergii2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, クロアカゴケ属/Mycoblastus, ソール・トロンデラーグ県/Sør-Trøndelag, テフロメラ科, トウヒ属/Picea, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, バラ科/Rosaceae, マツ科/Pinaceae, リンゴ属/Malus, ローガラン県/Rogaland, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantationArthonia toensbergii, a new lichenicolous fungus on Mycoblastus affinis from the boreal rainforests in Norwayノルウェーの亜寒帯雨林においてMycoblastus affinisの地衣体に生じた菌を検討し、Arthonia toensbergiiとして新種記載した。本種は子嚢果が黒色で、子嚢胞子が無色スリッパ形、1隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、A. parietinariaをノルウェー新産種として報告した。Arthonia parietinaria■ / Arthonia toensbergii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-05302ブラジルの半乾燥地域、カーチンガ・バイオームに産した分生子形成菌:新種Subramaniomyces pulcherおよびSporidesmium circinophorumについて2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カキノキ属/Diospyros, カキノキ科/Ebenaceae, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, シンアナモルフ/synanamorph, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 新形質報告/new character, 湿室法/moist chamber method, 降水量/precipitationConidial fungi from the semi-arid Caatinga biome of Brazil. Subramaniomyces pulcher sp. nov. and notes on Sporidesmium circinophorumブラジルのカーチンガ・バイオームで採集された菌を検討し、Subramaniomyces pulcherとして新種記載した。本種は分生子が鎖生し、節間分生子が褐色~暗褐色でレモン形~広紡錘形、頂端分生子が無色針状であることなどで特徴づけられた。また、Sporidesmium circinophorumのSelenosporella属類似シンアナモルフを報告した。Sporidesmium circinophorum / Subramaniomyces fusisaprophyticus / Subramaniomyces pulcher★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科
R3-05301メキシコ、テワカン=クイカトラン生物圏保護区におけるテングタケ属菌の新産種2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, きのこ中毒/mushroom poisoning, オアハカ州/Oaxaca, メキシコ/Mexico, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 民族菌類学/ethnomycology, 猛毒きのこ/deadly poisonous mushrooms, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食毒不明/edibility unknown, 食用きのこ/edible mushroomsNew records of Amanita from Tehuacán-Cuicatlán Biosphere Reserve, Méxicoメキシコ、オアハカ州のテワカン=クイカトラン生物圏保護区からAmanita caesareaなど9種のテングタケ属菌を報告した。全種が本調査地における新産種であり、A. onustaはオアハカ州からの報告も初であった。4種が食用、5種が毒きのこであり、そのうち1種は致命的な猛毒きのこであった。Amanita caesarea■ / Amanita flavoconia■ / Amanita flavorubescens■ / Amanita fulva■ / Amanita onusta■ / Amanita pantherina■ / Amanita rubescens■ / Amanita vaginata■ / Amanita verna■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05300複数遺伝子の分子系統解析によりイラン産Ramularia属菌の新産種および新宿主が明らかになった2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, エノキグサ属/Acalypha, カバノキ科/Betulaceae, ギーラーン州/Gilan, クワ科/Moraceae, サクラ属/Prunus, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種概念/species concept, 複合種/species complex, 西アーザルバーイジャーン州/West AzerbaijanMultigene phylogeny reveals a new species and novel records and hosts in the genus Ramularia from Iranイランの3州において分離された菌の分子系統解析を実施し、Ramularia eucalypti複合種の3種を同定した。ギーラーン州においてAlnus subcordataに発生した菌をR. taleshinaとして新種記載した。R. maliをアジア新産種、R. glenniiをイラン新産種としてそれぞれ報告した。Ramularia glennii■ / Ramularia mali■ / Ramularia taleshina★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05299ノルウェー新産の二重壁子嚢を有する子嚢菌類20種2017Agarica2017年の論文/published in 2017, Agarica, Normandina属, アウスト・アグデル県/Aust-Agder, アオイ科/Malvaceae, アサ科/Cannabaceae, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, アーケシュフース県/Akershus, エストフォル県/Østfold, エビコウヤクタケ属, カエデ属/Acer, カラハナソウ属, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, ソグン・オ・フィヨーラネ県/Sogn og Fjordane, タマバリタケ科/Physalacriaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, テレマルク県/Telemark, トネリコ属/Fraxinus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, ホルダラン県/Hordaland, ムクロジ科/Sapindaceae, ムーレ・オ・ロムスダール県/Møre og Romsdal, モクセイ科/Oleaceae, ローガラン県/Rogaland, ヴェストフォル県/Vestfold, ヴェスト・アグデル県/Vest-Agder, 切片/section, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 淡水域/freshwater, 草地/grassland, 菌寄生菌/mycoparasiteTwenty species of bitunicate ascomycetes new to NorwayAntealophiotrema brunneosporumなど20種をノルウェー新産種として報告した。そのうち15種がクロイボタケ綱、5種がユーロチウム綱ケートチリウム亜綱に含まれていた。各種について生態写真、顕微鏡写真、特徴、標本情報などを掲載した。Antealophiotrema brunneosporum■ / Botryosphaeria corticola■ / Capronia munkii■ / Capronia normandinae■ / Capronia parasitica■ / Capronia spinifera■ / Didymosphaeria massarioides■ / Exosporiella fungorum■ / Helminthosporium oligosporum■ / Jahnula aquatica■ / Lophiostoma fuckelii■ / Lophiostoma rugulosum■ / Massaria macra■ / Massaria platanoidea■ / Massarina rubi■ / Moristroma quercinum■ / Navicella elegans■ / Poetschia buellioides■ / Splanchnonema pupula■ / Splanchospora ampullacea■ / Trematosphaeria hydrela■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Didymosphaeriaceae/ディディモスフェリア科_Massarinaceae/マッサリナ科_Jahnulales/ヤーヌラ目_Aliquandostipitaceae/アリクァンドスティピテ科_Lophiostomataceae/ロフィオストマ科_Pyrenulales/サネゴケ目_Massariaceae/マッサリア科_Dacampiaceae/ダカンピア科_Patellariales/パテラリア目_Patellariaceae/パテラリア科_Pleomassariaceae/プレオマッサリア科
R3-05298タイにおいてユーカリ属植物の葉に生じた新種、Pseudocercospora flavomarginata2006Fungal Diversity2006年の論文/published in 2006, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, タイ/Thailand, フトモモ科/Myrtaceae, プラーチーンブリー県/Prachinburi, ベトナム/Vietnam, ユーカリ属/Eucalyptus, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種分化/speciation, 萎黄病/chlorosis, 葉面菌/leaf surface fungi, 複合種/species complexPseudocercospora flavomarginata sp. nov., from Eucalyptus leaves in ThailandタイおよびベトナムにおいてEucalyptus camaldulensisおよびその雑種の葉に斑点病害を引き起こした菌を検討した。形態学的検討および分子系統解析の結果に基づき、本種をPseudocercospora flavomarginataとして新種記載した。本種は複数遺伝子に基づく分子系統解析でP. paraguayensisおよびP. basiramiferaと姉妹群を形成した。Pseudocercospora flavomarginata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05297ポーランド北東部、ビャウォビエジャ・フォレストにおけるアナモルフ菌の新規データ2010Polish Botanical Journal2010年の論文/published in 2010, Polish Botanical Journal, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エゾコウゾリナ属, キク科/Asteraceae, キンポウゲ科/Ranunculaceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シャジクソウ属/Trifolium, ジンチョウゲ属, ジンチョウゲ科/Thymelaeaceae, センダングサ属/Bidens, ツクバネソウ属, ナデシコ科/Caryophyllaceae, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マメ科/Fabaceae, ミスミソウ属/Hepatica, ミミナグサ属/Cerastium, メランチウム科/Melanthiaceae, ヤエムグラ属/Galium, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉面菌/leaf surface fungiNew data on anamorphic fungi in the Białowieża Forest (Northeast Poland)ポーランドのビャウォビエジャ・フォレストにおいてアナモルフ菌の調査を実施し、10種を報告した。全種が調査地における新産種であり、そのうちSeptoria roemerianaはポーランド新産種として報告された。Galium schultesiiをPassalora galii、Trifolium campestreをCercospora zebrinaの新宿主としてそれぞれ報告した。Cercospora paridis■ / Cercospora zebrina■ / Endoconospora cerastii■ / Marssonina daphnes■ / Passalora galii■ / Ramularia inaequale■ / Septoria bidentis■ / Septoria cerastii■ / Septoria hepaticicola■ / Septoria roemeriana■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科
R3-05296うどんこ病菌の分類、宿主範囲、および地理的分布2008Schlechtendalia2008年の論文/published in 2008, Ibicella属, Nolana属, Schlechtendalia, Tinguarra属, Todaroa属, Tolmiea属, うどんこ病/powdery mildew, アジサイ科/Hydrangeaceae, オアハカ州/Oaxaca, カエデ属/Acer, ガマズミ属/Viburnum, キク科/Asteraceae, ギリシャ/Greece, ケイトウ属, ケシ科/Papaveraceae, ゴマ属/Sesamum, ゴマ科/Pedaliaceae, サクラ属/Prunus, ザクセン州/Sachsen, シマバラソウ属, ズダヤクシュ属, セリ科/Apiaceae, センダングサ属/Bidens, タケニグサ属/Macleaya, タヌキモ属, タヌキモ科/Lentibulariaceae, チョウマメ属/Clitoria, トウダイグサ属/Euphorbia, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, トチノキ属/Aesculus, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ナス科/Solanaceae, ネモフィラ属, ノルトライン=ヴェストファーレン州/Nordrhein-Westfalen, バイカウツギ属/Philadelphus, バラ科/Rosaceae, ヒユ科/Amaranthaceae, フウチョウソウ属/Cleome, フウチョウソウ科/Capparaceae, フェヌグリーク属, フランス/France, ブランデンブルク州/Brandenburg, ブリュッセル市/Brussels, ベルギー/Belgium, ベルギー新産種/Belgium_new record, ベンケイソウ科/Crassulaceae, マメ科/Fabaceae, マンネングサ属/Sedum, ミゾハコベ科, ムクロジ科/Sapindaceae, ムラサキ科/Boraginaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, モクシュンギク属, ユキノシタ科/Saxifragaceae, レンプクソウ科/Adoxaceae, 付着器/appressorium, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水田/paddy field, 江原道/Kangwon-do, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 移入種/alien species, 葉面菌/leaf surface fungi, 都市環境/urban environment, 非合法名/illegitimate name, 韓国/South KoreaTaxonomy, host range and distribution of some powdery mildew fungi (Erysiphales)フランス、ドイツ、ギリシャ、メキシコ産などのうどんこ病菌を検討し、数種について新宿主や新規分布域を報告した。Oidium sesamiとして記載されたが無効となっていた種を再検討し、O. pedaliacearumを新種記載した。Sphaerotheca alpina f. macrosporaを新組み合わせ・新階級Podosphaera macrosporaとした。Erysiphe celosiae / Erysiphe cruciferarum / Erysiphe flexuosa■ / Erysiphe hedwigii / Erysiphe heraclei / Erysiphe prunastri / Erysiphe sedi■ / Erysiphe trifolii / Golovinomyces cichoracearum / Golovinomyces orontii / Neoerysiphe cumminsiana / Oidium clitoriae■ / Oidium pedaliacearum★ / Oidium pedilanthi■ / Podosphaera macrospora▲● / Sawadaea bicornis / Sawadaea tulasneiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05295Brachybotrys paridiformisに生じた新種Phacellium brachybotrydis2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Brachybotrys属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ムラサキ科/Boraginaceae, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江原道/Kangwon-do, 韓国/South KoreaPhacellium brachybotrydis sp. nov. on Brachybotrys paridiformis韓国江原道においてBrachybotrys paridiformisの葉に退色を引き起こした菌を検討し、Phacellium brachybotrydisとして新種記載した。本種はシンネマの基部のみが着色し、分生子形成細胞が末端生あるいは側生で無色、分生子も無色であることなどで特徴づけられた。本種は宿主が同一のサーコスポロイド菌および形態的に類似する同属他種とは、シンネマの色や分生子の形態などが異なっていた。Phacellium brachybotrydis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05294ノルウェー南東部の石灰質シナノキ属森林に産した稀な類白色~淡黄褐色のフウセンタケ属Calochroi節菌2018Agarica2018年の論文/published in 2018, Agarica, ノルウェー/Norway, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半隠蔽種/semi-cryptic species, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新形質報告/new character, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 遺存林/relict forestsRare, whitish-pale ochre Cortinarius species of sect. Calochroi from calcareous Tilia forests in South East Norwayノルウェー南東部のシナノキ属森林で採集されたフウセンタケ属Calochroi節の5種を報告した。5種中3種は傘および塊茎下面がKOHで桃色~血赤色に強く呈色する一方、残り2種は塊茎下面のみが呈色し、両群は担子胞子のサイズでも識別された。全種について記載文および写真を掲載し、ITS領域に基づく分子系統解析を実施した。Cortinarius albertii / Cortinarius catharinae / Cortinarius insignibulbus / Cortinarius parasuaveolens / Cortinarius subgracilisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-05293カイガラムシの新たな病原菌である新種Lecanicillium sabanense2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, Pulvinaria属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, カタカイガラムシ科, クワ科/Moraceae, クンディナマルカ県/Cundinamarca, コロンビア/Columbia, サバンナ/savannah, ボゴタ/Bogota, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 微小粒子状物質, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 気温/temperature, 湿度/humidity, 生物農薬/biopesticide, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 複合種/species complex, 都市環境/urban environment, 降水量/precipitationLecanicillium sabanense sp. nov. (Cordycipitaceae) a new fungal entomopathogen of coccidsコロンビア、ボゴタにおいてカタカイガラムシ科害虫の一種、Pulvinaria caballeroramosaeに発生した病原菌を検討した。本種は同属他種とは宿主上でのフィアライドの配列、綿毛状の菌糸体、分生子のサイズなどが異なっていた。本種はPM10濃度が低い地点で観察されたものの、都市におけるカイガラムシに対する生物農薬としての利用が期待された。Lecanicillium sabanense★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05292新属・新組み合わせParengyodontium albumによる無色菌糸症2016Medical Mycology2016年の論文/published in 2016, MALDI-TOF MS, Medical Mycology, MIC, YeastOne, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エピタイプ指定/epitype designation, エンドウ属/Pisum, カルコフルオールホワイト/calcofluor white, クラスター分析/cluster analysis, グラム染色/Gram stain, グロコット染色/Grocott staining, タイプスタディ/type study, ドイツ/Germany, ヒト病原菌/human pathogen, ヘマトキシリン・エオシン染色/hematoxylin and eosin staining, マメ科/Fabaceae, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗酸染色, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 日和見感染症/opportunistic infection, 標本入手不可/specimen not available, 水試料/water sample, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 無色菌糸症, 生体組織診断/biopsy, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 皮膚スワブ/skin swab, 皮膚炎/dermatitis, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 組織染色/histological stain, 結膜炎, 肺炎/pneumonia, 脳膿瘍/brain abscess, 臨床検体/clinical specimens, 致死的転帰/fatal outcome, 蛍光染色/fluorescent staining, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 血液検体/blood specimen, 複合種/species complex, 質量分析法/mass spectrometry, 走査型電子顕微鏡/SEM, 隠蔽種/cryptic speciesCutaneous hyalohyphomycosis due to Parengyodontium album gen. et comb. nov.免疫抑制療法を受ける腎移植患者の皮膚生検標本から分離された糸状菌の一種を検討し、Engyodontium albumと同定した。本種に対して新属Parengyodontiumを提唱するとともに、本種が3種の隠蔽種を含む複合種であることを示唆した。本種がポサコナゾールおよびボリコナゾールに対して感受性を有することを示した。Parengyodontium album▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科
R3-05291ブラジルのセラード・バイオームに産したPhlebopus beniensis2018Rodriguésia2018年の論文/published in 2018, Rodriguésia, クマツヅラ科/Verbenaceae, ゴイアス州/Goias, ハリマツリ属, ブラジル/Brazil, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 菌食/mycophagyPhlebopus beniensis (Boletinellaceae, Boletales) in the Brazilian Cerrado biomeブラジル、ゴイアス州のセラード・バイオームで採集されたPhlebopus beniensisを報告した。本種はブラジルにおいては大西洋岸森林のみから知られており、セラード・バイオームからは初記録となった。本種は撹乱された草地や森林に生じ、昆虫による菌食が認められた。Phlebopus beniensis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletinellaceae/ミダレアミイグチ科
R3-05290チェコ共和国で見出されたPseudobaeospora albidula2018Czech Mycology2018年の論文/published in 2018, Czech Mycology, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, ニワトコ属/Sambucus, ハシバミ属/Corylus, ハリエンジュ属/Robinia, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, リター菌/litter fungi, レンプクソウ科/Adoxaceae, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered speciesPseudobaeospora albidula (Agaricales) found in the Czech RepublicPseudobaeospora albidulaをチェコからおそらく初めて報告した。本種は子実体全体が類白色で、顕著な辛味を有することなどで特徴づけられた。本種をチェコ産大型菌類のレッドリストに「絶滅寸前 (CR)」カテゴリとして加えることを提案した。Pseudobaeospora albidula■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05289プレオスポラ科の新種、Curvularia mosaddeghii2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, エンドファイト/endophyte, ササゲ属/Vigna, フトモモ属/Syzygium, フトモモ科/Myrtaceae, フーゼスターン州/Khuzestan, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 異隔壁/distoseptum, 菌類相調査/mycofloristic surveyCurvularia mosaddeghii sp. nov., a novel species from the family Pleosporaceaeイランのフーゼスターン州、アフヴァーズにおいてフトモモ属およびササゲ属植物から分離された菌を検討し、Curvularia mosaddeghiiとして新種記載した。本種は分生子の幅が狭く、同じく幅の狭いへそを有することなどで特徴づけられた。本種はITS+GPDH+EF1-αに基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Curvularia mosaddeghii★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05288中国産の新種の地衣、Pertusaria albiglobosa2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, キサントン類/xanthones, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, リケキサントン類/lichexanthones, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 新種記載/new species, 秦嶺山脈/Qinling Mountains, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 陝西省/Shaanxi, 高山帯/alpine region, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyPertusaria albiglobosa, a new lichen from China中国陝西省で採集された地衣の一種を検討し、Pertusaria albiglobosaとして新種記載した。本種は高山帯の草地において腐朽したコケに発生していた。本種は地衣体が白色で球形の疣を有し、子嚢胞子が平滑、地衣成分として2′-O-メチルペルラトリン酸および4,5-ジクロロリケキサントンを含むことなどで特徴づけられた。Pertusaria albiglobosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科
R3-05287タバスコ州産腐生性アナモルフ菌の研究 (2)2007Revista Mexicana de Micología2007年の論文/published in 2007, Revista Mexicana de Micología, Scheelea属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タバスコ州/Tabasco, マイクロオーン/microawn, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異隔壁/distoseptum, 菌類相調査/mycofloristic surveyContribución al conocimiento de los hongos anamorfos saprobios del Estado de Tabasco. IIメキシコ、タバスコ州において腐生性アナモルフ菌の調査を実施した。メキシコ新産種17種を含む44種(全てタバスコ州新産種)を報告した。メキシコ新産種については記載文、顕微鏡写真、地理的分布情報などを掲載した。Acrogenospora sphaerocephala■ / Acumispora biseptata■ / Acumispora phragmospora■ / Alysidiopsis pipsissewae■ / Bactrodesmium palmicola■ / Beltrania rhombica■ / Beltraniella portoricensis■ / Brachysporiella gayana■ / Canalisporium caribense■ / Candelabrum brocchiatum■ / Candelabrum microsporum■ / Curvularia senegalensis■ / Dactylaria chrysosperma■ / Dictyochaeta simplex■ / Dwayabeeja sundara■ / Ellisembia adscendens■ / Ellisembia antillana■ / Hansfordia pulvinata■ / Helicoma muelleri■ / Helicosporium griseum■ / Helicosporium panacheum■ / Helicoön peruamazonense■ / Helminthosporium palmigenum■ / Helminthosporium solani■ / Henicospora minor■ / Hermatomyces sphaericus■ / Idriella rara■ / Imicles aquatica■ / Junewangia globulosa■ / Monodictys castaneae■ / Periconia byssoides■ / Periconia echinochloae■ / Phragmospathula phoenicis■ / Piricauda cochinensis■ / Pseudobeltrania havanensis■ / Sporidesmiella pachyanthicola■ / Sporidesmium filirostratum■ / Tetraploa aristata■ / Thozetella cristata■ / Wiesneriomyces laurinus■ / Zygosporium echinosporum■ / Zygosporium masonii■ / Zygosporium minus■ / Zygosporium oscheoides■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Beltraniaceae/ベルトラニア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Massarinaceae/マッサリナ科_Helotiaceae/ビョウタケ科_Periconiaceae/ペリコニア科_Melanommataceae/メラノンマ科_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科_Tetraplosphaeriaceae/テトラプロスフェリア科
R3-05286新種Sporidesmiopsis mallotiおよび中国南部産の新産種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アカメガシワ属/Mallotus, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 海南省/HainanSporidesmiopsis malloti sp. nov. and new records from southern China中国海南省においてアカメガシワ属植物の枯枝に生じた菌を検討し、Sporidesmiopsis mallotiとして新種記載した。本種は分生子柄が頂部で分枝し、分生子に3-7隔壁を有することなどで特徴づけられた。Sporidesmiopsis属の検索表を掲載するとともに、Gangliostilbe malabaricaおよびVamsapriya indicaを中国新産種として報告した。Gangliostilbe malabarica■ / Sporidesmiopsis malloti★ / Vamsapriya indica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05285バッカクキン科菌類の系統に基づく命名法2017IMA fungus1F=1N, 2017年の論文/published in 2017, IMA fungus, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ガイアナ/Guyana, ゴキブリ科/Blattidae, シノニム/synonym, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ポタロ・シパルニ州/Potaro-Siparuni, リター菌/litter fungi, 優先権/priority, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的変遷/taxonomic changes, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 命名法/nomenclature, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungusA phylogenetically-based nomenclature for Cordycipitaceae (Hypocreales)命名規約の改正に伴い、バッカクキン科菌類にAkanthomyces、Ascopolyporusなど9属を残すことを提唱した。一方でEvlachovaea、Granulomanusなど8属を棄却した。HevansiaおよびBlackwellomycesの2新属および新種Beauveria blattidicolaを記載した。Akanthomyces attenuatus▲ / Akanthomyces coccidioperitheciatus▲ / Akanthomyces dipterigenus▲ / Akanthomyces lecanii▲ / Akanthomyces muscarius▲ / Akanthomyces sabanensis▲ / Akanthomyces tuberculatus▲ / Beauveria acridophila▲ / Beauveria blattidicola★ / Beauveria diapheromeriphila▲ / Beauveria locustiphila▲ / Beauveria scarabaeidicola▲ / Beauveria staphylinidicola▲ / Blackwellomyces cardinalis▲ / Blackwellomyces pseudomilitaris▲ / Cordyceps amoene-rosea▲ / Cordyceps cateniannulata▲ / Cordyceps cateniobliqua▲ / Cordyceps coleopterorum▲ / Cordyceps farinosa▲ / Cordyceps fumosorosea▲ / Cordyceps ghanensis▲ / Cordyceps javanica▲ / Cordyceps kintrischica▲ / Cordyceps locusticola▲ / Cordyceps oncoperae▲ / Cordyceps poprawskii▲ / Cordyceps tenuipes▲ / Hevansia arachnophila▲ / Hevansia cinerea▲ / Hevansia koratensis▲ / Hevansia longispora▲ / Hevansia nelumboides▲ / Hevansia novoguineensis▲ / Hevansia ovolongata▲ / Hevansia websteri▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-05284セイシェル産の樹皮生地衣の新種、Cryptothecia stockeri2016Herzogia2016年の論文/published in 2016, Herzogia, カルボン酸類/carboxylic acids, セイシェル/Seychelles, テリハボク属/Calophyllum, テリハボク科/Calophyllaceae, バンジロウ属/Psidium, フトモモ科/Myrtaceae, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenCryptothecia stockeri (Arthoniales, Arthoniaceae), a New Corticolous Lichen Species from the Seychellesセイシェルで採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Cryptothecia stockeriとして新種記載した。本種は子嚢胞子が小型であり、プソロミン酸を有することなどで特徴づけられた。セイシェル産Cryptothecia属地衣全種の検索表を掲載した。Cryptothecia stockeri★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-05283セルビア産の昆虫病原菌の新種、Entomophaga aulicae2018Acta Zoologica Bulgaria2018年の論文/published in 2018, Acta Zoologica Bulgaria, アウトブレイク/outbreak, セルビア/Serbia, セルビア新産種/Serbia_new record, ドクガ属, ドクガ科/Lymantriidae, ラシュカ郡, 個体群動態/population dynamics, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 湿度/humidity, 生物農薬/biopesticide, 絶対寄生菌/obligate parasite, 致死率/mortality rate, 降水量/precipitationEntomophaga aulicae – new entomopathogenic fungus in the Republic of Serbiaセルビアの森林において害虫であるドクガの一種、Euproctis chrysorrhoeaが高確率で死亡する現象が報告された。原因を調査したところ寄生菌のEntomophaga aulicaeによるものと判明し、本種をセルビア新産種として報告した。本種は当該害虫の個体群密度制御において顕著な役割を果たしていることが示された。Entomophaga aulicae■Entomophthoromycota/ハエカビ門_Entomophthoromycotina/ハエカビ亜門_Entomophthoromycetes/ハエカビ綱_Entomophthorales/ハエカビ目_Entomophthoraceae/ハエカビ科
R3-05282Erianthus rufipilusの花から分離された酵母の新種、Starmerella jinningensis2013International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2013年の論文/published in 2013, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, Erianthus属, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イネ科/Poaceae, ウレアーゼ試験/urease test, デンプン/starch, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌分析/soil analysis, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 気温/temperature, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 熱帯域/tropics, 発酵試験/fermentation test, 花生息菌/floricolous fungus, 虫散布/dispersal by insects, 資化試験/assimilation test, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵母/yeast, 降水量/precipitation, 雲南省/Yunnan, 鳥散布/bird dispersionStarmerella jinningensis sp. nov., a yeast species isolated from flowers of Erianthus rufipilus中国雲南省においてErianthus rufipilusの花から分離された酵母の一種を検討し、Starmerella jinningensisとして新種記載した。本種は分子系統解析でCandida bombiおよびC. apicolaに近縁であった。本種の出芽細胞の光学顕微鏡写真、SEM写真などを掲載した。Starmerella jinningensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-05281第三紀の遺存種、Gymnospermium odessanumにべと病を引き起こす新種Peronospora odessana2015Mycological Progress2015年の論文/published in 2015, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Gymnospermium属, Mycological Progress, べと病/downy mildew, ウクライナ/Ukraine, オデッサ州/Odessa, ホストシフト/host shift, メギ科/Berberidaceae, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 稀産種/rare species, 種分化/speciation, 絶対寄生菌/obligate parasite, 絶滅危惧種/endangered species, 遺存種/relict speciesPeronospora odessana sp. nov., a downy mildew pathogen of a Tertiary relict species, Gymnospermium odessanumウクライナにおいてGymnospermium odessanumにべと病を引き起こした卵菌の一種を検討し、Peronospora odessanaとして新種記載した。本種はメギ科植物を宿主とする第二の種として報告され、宿主と同様に絶滅危惧種であると考えられた。本種は分子系統解析で、同じく春の地中植物を宿主とする菌に近縁であった。Peronospora odessana★Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-05280ミャンマーにおいて琥珀に生じた白亜紀中期の分生子殻形成菌、新属新種Palaeomycus epallelus2018Historical Biology2018年の論文/published in 2018, Historical Biology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カチン州/Kachin, ミャンマー/Myanmar, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 化石菌類/fossil fungi, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最古の化石/the oldest fossil, 琥珀/amber, 白亜紀/CretaceousA mid-Cretaceous pycnidia, Palaeomycus epallelus gen. et sp. nov., in Myanmar amber白亜紀中期、オーブ期のミャンマー産琥珀に見出された葉上生の分生子殻を検討し、新属新種Palaeomycus epallelusとして記載した。本種の分生子殻は球形で単一の円形の孔口を有し、分生子は分生子柄先端に生じ、無色卵状~楕円形無隔壁であることなどで特徴づけられた。本種は被子植物の葉に見出された最古の分生子殻の例となった。Palaeomycus epallelus★
R3-05279Torula compniacensisに対する新属、Baudoinia2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, すす病/sooty mold, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エピタイプ指定/epitype designation, カエデ属/Acer, シャラント県, スライド培養法/slide culture method, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, フランス/France, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単菌糸分離/single hypha isolation, 培養性状/colony characteristics, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 散布様式/dispersal style, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 生物劣化/biodeterioration, 生長速度/growth rate, 空中真菌/air-borne fungus, 耐熱性菌/heat-tolerant fungus, 耐熱性試験/heat tolerance test, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子散布/spore dispersalBaudoinia, a new genus to accommodate Torula compniacensis建物の外壁などに生じる菌、Torula compniacensisに対して新属Baudoiniaを提唱した。本属は分子系統解析でカプノディウム目クレードに含まれ、Friedmanniomyces属に近縁であることが示された。各地で分離された菌株の形態学的検討、分子系統解析、および耐熱性試験などを実施し、レクトタイプおよびエピタイプ標本を指定した。Baudoinia compniacensis▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目
R3-05278北米北西部産の保全優先度が高い特筆すべき地衣の新種、Sticta torii2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, アラスカ州/Alaska, オレゴン州/Oregon, カナダ/Canada, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, トウヒ属/Picea, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, マツ科/Pinaceae, リンゴ属/Malus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 稀産種/rare species, 米国/USA, 絶滅危惧種/endangered species, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichenSticta torii sp. nov., a remarkable lichen of high conservation priority from northwestern North America北米北西部(米国およびカナダ)で採集された地衣の一種を検討し、Sticta toriiとして新種記載した。本種は稀産種であり、アラスカ、ブリティッシュコロンビア州、およびオレゴン州の5ヶ所でしか見出されてこなかった。本新種を含む北米北西部産ヨロイゴケ属地衣の検索表を掲載した。Sticta torii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Lobariaceae/カブトゴケ科
R3-05277インド新産の大型菌、Nitschkia macrospora Teng2018Journal of Threatened Taxa2018年の論文/published in 2018, Journal of Threatened Taxa, インド/India, インド新産種/India_new record, カルナータカ州/Karnataka, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forestMacrofungus Nitschkia macrospora Teng (Ascomycetes: Nitschkiaceae), a new report to Indiaインド、カルナータカ州からインド新産種としてNitschkia macrosporaを報告した。本種は落葉樹林において未同定樹木の材から発生していた。本種の記載文、生態写真および子嚢胞子の顕微鏡写真などを掲載した。Nitschkia macrospora■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Nitschkiaceae/ニチュキア科
R3-05276インドにおいてシッソノキに根腐病を引き起こしたArmillaria tabescensの初報告2013Current Biotica2013年の論文/published in 2013, Current Biotica, インド/India, ジャールカンド州/Jharkhand, ツルサイカチ属/Dalbergia, マメ科/Fabaceae, ラテライト/laterite, 子実体発生調査/survey of fruiting bodies, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 根圏/rhizosphere, 根状菌糸束/rhizomorph, 根腐病/root rot, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胞子紋/spore print, 致死率/mortality rate, 萎黄病/chlorosis, 降水量/precipitationFirst report of Armillaria tabescens (Scop.) causing root rot on Dalbergia sissoo Roxb. in Indiaインド、ジャールカンド州の森林においてシッソノキの根腐症状および枯死を引き起こした菌を検討した。子実体、菌糸体、根状菌糸束などの形態学的検討を実施し、原因菌をArmillaria tabescensと同定した。枯死木の根圏土壌を採集し、健全木の根系に配置したところ、5本中3本が2ヶ月以内に枯死した。Armillaria tabescensBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科
R3-05275西アフリカ、サントメ・プリンシペ共和国産のウラベニガサ属菌2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, サントメ・プリンシペ/São Tomé and Principe, サントメ・プリンシペ新産種/São Tomé and Principe_new record, シノニム/synonym, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 沿岸域/coastal area, 種内変異/intraspecific variationThe genus Pluteus (Basidiomycota, Agaricales, Pluteaceae) from Republic of São Tomé and Príncipe, West Africaサントメ・プリンシペから2新種および4新産種のウラベニガサ属菌を報告した。Pluteus thomensisは傘が暗褐色皺状で柄が帯桃白色であり、P. hirtellusは傘中央部が微細な暗褐色の鱗片状であることなどで特徴づけられた。サントメ・プリンシペ産ウラベニガサ属菌の検索表を掲載した。Pluteus albidus■ / Pluteus albostipitatus■ / Pluteus chrysaegis■ / Pluteus hirtellus★ / Pluteus losulus■ / Pluteus thomensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-05274盤菌の一種、Pestalopezia brunneopruinosaはPestalotiopsis gibbosaでありフンタマカビ綱に属する2018PLOS ONE1F=1N, 2018年の論文/published in 2018, PLOS ONE, TreeBASE, エピタイプ指定/epitype designation, カナダ/Canada, シノニム/synonym, シラタマノキ属/Gaultheria, タイプスタディ/type study, ツツジ科/Ericaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 新規プライマー設計/novel primer designation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 沿岸域/coastal area, 胞子の発芽/germination of spores, 難培養性菌/uncultured fungiThe cup fungus Pestalopezia brunneopruinosa is Pestalotiopsis gibbosa and belongs to Sordariomycetes同種と疑われてきたPestalopezia brunneopruinosaとPestalotia gibbosaを検討した。形態学的検討および分子系統解析の結果から、両種が同一であることを示し、新組み合わせPestalotiopsis gibbosaを提唱した。本報告により、フンタマカビ綱菌類が杯状の子嚢果を形成することが初めて示された。Pestalotiopsis gibbosa▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科
R3-05273Zythia nepenthisに対する新組み合わせ、Microthia nepenthis2018Czech Mycology2018年の論文/published in 2018, Czech Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウツボカズラ属, ウツボカズラ科, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, プラハ/Prague, リター菌/litter fungi, 再発見/rediscovery, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温室/greenhouse, 茎枯病/stem blight, 茎腐病/stem rot, 葉枯病/leaf blotchMicrothia nepenthis, a new combination for Zythia nepenthisチェコ、プラハにおいて温室のウツボカズラ属植物から分離された菌を検討し、Zythia nepenthisと同定した。本種は茎枯、葉枯、茎腐症状などを示した宿主から分離されたが、病原性は現在のところ不明であった。分子系統解析の結果を基に、本種をMicrothia属に移した。Microthia nepenthis▲■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Cryphonectriaceae/クリフォネクトリア科
R3-05272クラドスポリウム類似の不完全糸状菌3種の分類、命名法、および系統:Sorocybe resinae、Seifertia azaleae、およびAmorphotheca resinaeのHormoconis属アナモルフ2007Studies in Mycology2007年の論文/published in 2007, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Studies in Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カラマツ属/Larix, シノニム/synonym, シンアナモルフ/synanamorph, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイプスタディ/type study, ツガ属/Tsuga, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トウヒ属/Picea, トガサワラ属/Pseudotsuga, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 保存名, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的変遷/taxonomic changes, 分類未確定/classification undetermined, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 枝枯病/branch blight, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 樹脂生菌/resin inhabiting fungus, 水試料/water sample, 生物劣化/biodeterioration, 生長速度/growth rate, 花生息菌/floricolous fungusTaxonomy, nomenclature and phylogeny of three cladosporium-like hyphomycetes, Sorocybe resinae, Seifertia azaleae and the Hormoconis anamorph of Amorphotheca resinae分類および命名法上の混乱があるSorocybe resinae、Seifertia azaleae、およびAmorphotheca resinaeのHormoconis属アナモルフを検討した。分子系統解析の結果、A. resinaeがミクソトリカム科に含まれた一方、S. resinaeはハーポトリキエラ科のCapronia属に近縁であった。また、Pycnostysanus azaleaeがクロイボタケ綱に含まれることを示したが、正確な系統的位置は不明確であった。Amorphotheca resinae / Seifertia azaleae / Sorocybe resinaePezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Amorphothecaceae/アモルフォセカ科_Ascomycota/子嚢菌門_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-05271Phallus glutinolensの修正2009Mycological Progress2009年の論文/published in 2009, Mycological Progress, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, ブラジル/Brazil, 再発見/rediscovery, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新形質報告/new character, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 腹菌類/gastromycetesAn emendation of Phallus glutinolensブラジル、大西洋岸森林においてPhallus glutinolensの新たな標本を採集した。Möllerによる原記載が未熟な標本に基づいていることを示し、本種の種概念に修正を加えた。本種を含むブラジル産スッポンタケ属菌の検索表を掲載した。Phallus glutinolensBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-05270インド産の地衣類の属、Cryptotheciaの追加分布記録2017Cryptogam Biodiversity and Assessment2017年の論文/published in 2017, Cryptogam Biodiversity and Assessment, アッサム州/Assam, アルナーチャル・プラデーシュ州/Arunachal Pradesh, アーンドラ・プラデーシュ州/Andhra Pradesh, イトスギ属/Cupressus, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, ウッタル・プラデーシュ州/Uttar Pradesh, オキセピン類/oxepins, オリッサ州, カルナータカ州/Karnataka, カルボン酸類/carboxylic acids, キサントン類/xanthones, ケララ州/Kerala, コンフルエンチン酸類/confluentic acids, ゴア州/Goa, サリチル酸類/salicylic acids, シッキム州/Sikkim, ジロホール酸/gyrophoric acid, スチクチン酸類/stictic acids, タミル・ナードゥ州/Tamil Nadu, チャッティースガル州/Chhattisgarh, デプシド類/depsides, ヒノキ科/Cupressaceae, ビハール州/Bihar, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, ミゾラム州, メーガーラヤ州/Meghalaya, リケキサントン類/lichexanthones, レカノール酸/lecanoric acid, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 西ベンガル州/West BengalAdditional distributional records of the lichen genus Cryptothecia in Indiaインドの各州からCryptothecia属地衣、計25種を報告した。これらの多くは「不稔の標本」の再検討により報告された。各種について特徴や地理的分布などの情報を掲載した。Cryptothecia albomaculans■ / Cryptothecia albomaculata■ / Cryptothecia assimilis■ / Cryptothecia awasthii■ / Cryptothecia culbersonae■ / Cryptothecia dispersa■ / Cryptothecia effusa■ / Cryptothecia elata■ / Cryptothecia elongata■ / Cryptothecia eungellae■ / Cryptothecia farinosa■ / Cryptothecia faveolata■ / Cryptothecia faveomaculata■ / Cryptothecia involuta■ / Cryptothecia lunulata■ / Cryptothecia macrospora■ / Cryptothecia obtecta■ / Cryptothecia polymorpha■ / Cryptothecia porosa■ / Cryptothecia punctulata■ / Cryptothecia scripta■ / Cryptothecia stirtonii■ / Cryptothecia striata■ / Cryptothecia subtecta■ / Cryptothecia verrucominuta■ / Cryptothecia verruculifera■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-05269バングラデシュからのLimacella属菌の初報告、および1新種の記載2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, サラノキ属/Shorea, バングラデシュ/Bangladesh, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, ロンプール管区/Rangpur, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 水辺/waterside, 河川/river, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complexFirst report of Limacella from Bangladesh, with a new species descriptionバングラデシュにおいてサラソウジュの樹下に発生した菌を検討し、Limacella bangladeshanaとして新種記載した。本種は傘がクリーム白色~帯白褐色で橙褐色を帯び、担子胞子が球形、クランプが普通に見られることなどで特徴づけられた。本報告はバングラデシュからのLimacella属菌の初報告となった。Limacella bangladeshana★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05268オーストラリアにおいてEucalyptus cladocalyxおよびその他のユーカリ類に重度の胴枯病を引き起こす新種、Caliciopsis pleomorpha2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Fungal Systematics and Evolution, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, コッホの原則/Koch_s postulation, タイプスタディ/type study, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ビクトリア州/Victoria, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization methodCaliciopsis pleomorpha sp. nov. (Ascomycota: Coryneliales) causing a severe canker disease of Eucalyptus cladocalyx and other eucalypt species in AustraliaオーストラリアにおいてEucalyptus cladocalyxに重度の胴枯病を引き起こした菌を検討し、Caliciopsis pleomorphaとして新種記載した。本種による病害は、植林地などにおいてE. cladocalyx以外のユーカリ属植物にも認められた。本種は接種試験でも広範なユーカリ属植物に対して様々な重症度の病害を引き起こし、ユーカリ林における潜在的な脅威と考えられた。Caliciopsis pleomorpha★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Coryneliales/コリネリア目_Coryneliaceae/コリネリア科
R3-05267ポーランド新産種、Micarea contextaおよびM. lynceola2011Polish Botanical Journal2011年の論文/published in 2011, Polish Botanical Journal, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, トウヒ属/Picea, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マツ科/Pinaceae, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 稀産種/rare speciesMicarea contexta and M. lynceola (lichenized Ascomycota), new for Polandポーランドおよびカルパティア山脈新産種としてMicarea contextaおよびM. lynceolaを報告した。両種の肉眼的・顕微鏡的形質の写真を初めて文献上に掲載した。ポーランド産タマイボゴケ属地衣全種の検索表を掲載した。Micarea contexta■ / Micarea lynceola■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科
R3-05266ポルトガル産微小菌類:新種Minimelanolocus manifestusおよび新組み合わせVermiculariopsiella pediculata2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ノルテ地方/Norte, ポルトガル/Portugal, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combinationMicrofungi from Portugal: Minimelanolocus manifestus sp. nov. and Vermiculariopsiella pediculata comb. nov.ポルトガルにおいて腐朽葉に生じたアナモルフ菌の一種を検討し、Minimelanolocus manifestusとして新種記載した。本種は分生子形成細胞がシンポジオ状で、分生子が淡褐色の中央細胞およびほぼ無色の末端細胞からなる舟形で、(2-)3隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、分生子形成様式の類似性などを根拠に、Gyrothrix pediculataをVermiculariopsiella属に移した。Minimelanolocus manifestus★ / Vermiculariopsiella pediculata▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱
R3-05265フィリピン産のモジゴケ属地衣の新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, イフガオ州, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, フィリピン/Philippines, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 北イロコス州, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew species in the family Graphidaceae (Ascomycota: Ostropales) from the Philippinesフィリピン、ルソン島からThalloloma nitidum、Thelotrema isidiosum、およびThe. megasporumの3新種を記載した。Tha. nitidumは光沢のある地衣体やノルスチクチン酸、The. isidiosumは珊瑚状の裂芽や樽形二重縁の子器などで特徴づけられた。The. megasporumは帯褐色で厚い地衣体や樽形二重縁の子器、単胞子性の子嚢、無色大型の子嚢胞子などで特徴づけられた。Thalloloma nitidum★ / Thelotrema isidiosum★ / Thelotrema megasporum★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05264Nimbya属とEmbellisia属の再検討、およびAlternaria celosiaeおよびA. perpunctulataの新組み合わせ2012Mycological Progress2012年の論文/published in 2012, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新組み合わせ提唱/new combination, 新規プライマー設計/novel primer designation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 異隔壁/distoseptumNimbya and Embellisia revisited, with nov. comb for Alternaria celosiae and A. perpunctulataNimbya属、Embellisia属、および近縁属の系統関係を再検討した。複数遺伝子の分子系統解析の結果、Nimbya属およびEmbellisia属の正確な系統的位置は不明であり、いずれも多系統群であることが示された。Nimbya属グループIIの2種に対し、新組み合わせAlternaria celosiaeおよびA. perpunctulataを提唱した。Alternaria celosiae▲ / Alternaria perpunctulata▲Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05263ブラジル南部、パンパ・バイオームの外来種森林に産したニセショウロ属菌の形態・分子解析2015Mycosphere2015年の論文/published in 2015, Mycosphere, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 種内変異/intraspecific variation, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentification, 走査型電子顕微鏡/SEMMorphological and molecular analyses in Scleroderma (Basidiomycota) associated with exotic forests in Pampa biome, southern Brazilブラジル、リオグランデ・ド・スル州で採集されたニセショウロ属菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Scleroderma albidum、S. citrinum、およびS. verrucosumの3種を同定した。分子系統解析では本属菌は、担子胞子の装飾が小刺状でクランプを欠くクレード1と、網目状装飾でクランプを持つクレード2に分けられた。Scleroderma albidum / Scleroderma citrinumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Sclerodermataceae/ニセショウロ科
R3-05262トルコ新産種、Marasmiellus vaillantii2018Mantar Dergisi2018年の論文/published in 2018, Mantar Dergisi, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forestMarasmiellus vaillantii (Pers.) Singer (Omphalotaceae), a New Record for the Turkish Mycotaトルコ、トラブゾン県で採集されたMarasmiellus vaillantiiをトルコ新産種として報告した。本種は森林においてツツジ属樹木の枝に発生していた。本種はトルコ産シロホウライタケ属菌として5番目に報告された種となった。Marasmiellus vaillantii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-05261イギリス固有種、Enterographa sorediataは広範に分布するSyncesia myrticolaである2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, The Lichenologist, アイルランド/Ireland, イギリス/United kingdom, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, シノニム/synonym, セトラル酸類/cetraric acids, タイプスタディ/type study, トネリコ属/Fraxinus, ハンノキ属/Alnus, ブナ科/Fagaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, モクセイ科/Oleaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布様式/dispersal style, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyThe British endemic Enterographa sorediata is the widespread Syncesia myrticola (Roccellaceae, Arthoniales)イギリス固有種の樹皮生痂状地衣、Enterographa sorediataが、分子系統解析の結果からSyncesia myrticolaと同種であることを明らかにした。本結果は子器および粉芽塊の形態、地衣成分などの証拠からも裏付けられた。本種のイギリスおよびアイルランドにおける改訂版分布図を掲載し、粉芽型が内陸、稔性型が海岸域に分布することを示した。Syncesia myrticolaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科
R3-05260トルコ新産種、Serpula lacrymans (Wulfen) J.Schröt2010Biological Diversity and Conservation2010年の論文/published in 2010, Biological Diversity and Conservation, イスタンブール県/Istanbul, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 乾腐病/dry rot, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 沿岸域/coastal area, 湿度/humidity, 生物劣化/biodeterioration, 腐生菌/saprobe, 都市環境/urban environmentA new record for Turkish Mycota: Serpula lacrymans (Wulfen) J.Schrötトルコ、イスタンブールで採集されたナミダタケをトルコ新産種として報告した。本種はドルマバフチェ宮殿のマツ材に発生し、乾腐を引き起こした。記載文、生態写真、および担子胞子の顕微鏡写真などを掲載した。Serpula lacrymans■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Serpulaceae/ナミダタケ科
R3-05259ブラジル、リオグランデ・ド・スル州、モロ・サンタナ産の多孔菌類2010Hoehnea2010年の論文/published in 2010, Hoehnea, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationPolypores from Morro Santana, Rio Grande do Sul, Brazilブラジル、ポルトアレグレのモロ・サンタナにおいて多孔菌類の調査を実施し、44種を同定した。全種の検索表を掲載し、Datronia caperataなど6種については記載文およびスケッチを掲載した。リオグランデ・ド・スル州新産種としてTinctoporellus epimiltinusを報告した。Abundisporus subflexibilis / Amauroderma brasiliense / Antrodiella duracina / Ceriporia xylostromatoides / Coriolopsis rigida / Datronia caperata / Dichomitus setulosus / Fomitella supina / Ganoderma australe / Ganoderma resinaceum / Gloeoporus dichrous / Grammothele subargentea / Hyphodontia flavipora / Hyphodontia paradoxa / Inonotus splitgerberi / Junghuhnia polycystidifera / Nigroporus vinosus / Oxyporus obducens / Pachykytospora papyracea / Perenniporia martii / Perenniporia medulla-panis / Phellinus contiguus / Phellinus ferreus / Phellinus gilvus / Phellinus grenadensis / Phellinus rimosus / Phellinus umbrinellus / Phylloporia chrysites / Phylloporia fruticum / Polyporus alveolaris / Polyporus guianensis / Polyporus punctatus / Pycnoporus sanguineus / Rigidoporus lineatus / Rigidoporus microporus / Rigidoporus ulmarius / Skeletocutis lenis / Skeletocutis roseola / Tinctoporellus epimiltinus■ / Trametes villosa / Trechispora regularis / Trichaptum sector / Tyromyces leucomallusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Schizoporaceae/アナタケ科_Meripilaceae/トンビマイタケ科_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-05258Dothiorina属:分類学的概念およびその分生子形成についての論評2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, カバノキ科/Betulaceae, タイプスタディ/type study, チュブ州/Chubut, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ナシ属/Pyrus, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ネウケン州/Neuquén, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 属の境界/genus boundary, 属概念/genus concept, 新産種報告/new record, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 疑問種/doubtful species, 稀産種/rare species, 難培養性菌/uncultured fungiDothiorina: taxonomic concepts and comments on its conidiogenesisアルゼンチン新産種としてNothofagus pumilioの樹皮に生じたDothiorina tulasneiを報告した。Dothiorina属菌の属概念およびChalara属類似の分生子形成について議論した。本属の全種を検討し、D. discoideaをHainesia属類似の除外種、D. subcarneaを疑問種とした。Dothiorina tulasnei■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱
R3-05257アーバスキュラー菌根形成性グロムス菌綱の装飾を有する新種、Ambispora brasiliensis2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌菌/soil fungi, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 胞子の発芽/germination of spores, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 難培養性菌/uncultured fungiAmbispora brasiliensis, a new ornamented species in the arbuscular mycorrhiza-forming Glomeromycetesブラジル、ミナスジェライス州で採集されたアーバスキュラー菌根菌の一種を検討し、Ambispora brasiliensisとして新種記載した。本種はグロムス型とアカウロスポラ型の2型の胞子を有し、後者に水疱状の顕著な装飾を有することなどで特徴づけられた。本種のグロムス型の胞子は一度しか観察されず、無色球形で壁は2層からなり平滑であった。Ambispora brasiliensis★Mucoromycota/ケカビ門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Archaeosporales/アーケオスポラ目
R3-05256日本産リティズマ科菌類の新種および新産種2014Mycological Progress2014年の論文/published in 2014, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Mycological Progress, アオキ属/Aucuba, ガリア科/Garryaceae, クスノキ科/Lauraceae, シキミ属/Illicium, シロダモ属/Neolitsea, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, マツブサ科/Schisandraceae, リター菌/litter fungi, 京都府/Kyoto, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 帯線/zone line, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 漂白/bleachingNew species and new records of Rhytismataceae from Japan京都府から6種のリティズマ科菌類を報告し、そのうち3種を新種記載した。Coccomyces ellipticusはアオキ、C. illiciiはシキミの枯れ葉に生じ、Discocainia nervalisは未同定の被子植物の葉脈に生じていた。この他、新組み合わせTerriera mangiferaeを報告し、C. delta、C. sericea、C. sinensisを日本新産種として報告した。Coccomyces delta■ / Coccomyces ellipticus★ / Coccomyces illicii★ / Coccomyces sinensis■ / Discocainia nervalis★ / Terriera mangiferae▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-05255Bionectria属の1新種および中国新産種2種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 浙江省/Zhejiang, 熱帯域/tropics, 雲南省/YunnanA new species and two new Chinese records of Bionectria (Bionectriaceae, Hypocreales)中国雲南省において枯れ葉に生じた菌を検討し、Bionectria wenpingiiとして新種記載した。本種は子嚢殻が平滑で、典型的なClonostachys属アナモルフを有することなどで特徴づけられた。また、中国新産種として浙江省産のB. grammicosporaおよび雲南省産のB. pityrodesを報告した。Bionectria grammicospora■ / Bionectria pityrodes■ / Bionectria wenpingii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-05254ノルウェー最北部、バランゲル半島産の新種、Lecidella varangrica2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, アトラノリン類/atranorins, キサントン類/xanthones, ノルウェー/Norway, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フィンマルク県/Finnmark, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyLecidella varangrica sp. nov. from the Varanger Peninsula, northernmost Norwayノルウェー、フィンマルク県、バランゲル半島の海岸で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Lecidella varangricaとして新種記載した。本種は形態形質や地衣成分などからL. asemaグループに含まれるとみられた。本種は子器が小型、粉芽塊を有し、主要な地衣成分としてアオテアロンを含むことなどで特徴づけられた。Lecidella varangrica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05253プレオスポラ目Pleosporinaeの狭義Camarosporium属菌とその2新種2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, エニシダ属/Cytisus, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, キンポウゲ科/Ranunculaceae, ハリエンジュ属/Robinia, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeCamarosporium sensu stricto in Pleosporinae, Pleosporales with two new speciesイタリアで採集されたcamarosporium類似の分生子果不完全菌について、形態学的検討および分子系統解析を実施した。センニンソウ属植物を宿主とするCamarosporium clematidisおよびハリエンジュ属植物を宿主とするC. robiniicolaの2新種を記載した。また、エニシダ属植物の枯幹に発生した菌をC. spartiiと同定した。Camarosporium clematidis★ / Camarosporium robiniicola★ / Camarosporium spartiiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Camarosporiaceae/カマロスポリウム科
R3-05252南極および周辺地域に産した地衣の新種、Psoroma antarcticum2018Polar Biology2018年の論文/published in 2018, Polar Biology, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島/South Georgia and the South Sandwich Islands, サウス・オークニー諸島/South Orkney Islands, サウス・シェトランド諸島/South Shetland Islands, タイプスタディ/type study, チリ/Chile, ノルウェー/Norway, ブーベ島, マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州/Magallanes y la Antártica Chilena, メラニン/melanin, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南極/Antarctic, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 極地/polars, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂漠/desert, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenPsoroma antarcticum, a new lichen species from Antarctica and neighbouring areas南極のサウス・シェトランド諸島およびサウスジョージア島、ティエラ・デル・フエゴ、ブーベ島に産した鱗片状地衣の一種を検討し、Psoroma antarcticumとして新種記載した。本種はコケ、地衣、土壌などの上に発生し、分子系統解析ではPsoroma属(狭義)クレードにおいて単系統群を形成した。本種はP. hypnorumと形態的に類似し、系統的にも近縁であったが、地衣体のメラニンの色、子器や子嚢胞子などの形態が異なっていた。Psoroma antarcticum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-05251タイ北部産の新種Colletotrichum acidae、およびアヤメ属植物におけるC. dematiumの新記録2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, SILVA, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アヤメ属/Iris, アヤメ科/Iridaceae, クラスノダール地方/Krasnodar, コミカンソウ属/Phyllanthus, コミカンソウ科/Phyllanthaceae, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 腐生菌/saprobe, 花卉圃場/flower field, 複合種/species complexColletotrichum acidae sp. nov. from northern Thailand and a new record of C. dematium on Iris sp.タイ、チエンラーイ県においてPhyllanthus acidusに発生した菌を検討し、Colletotrichum acidaeとして新種記載した。本種はC. truncatum複合種に属し、腐生菌であり、C. fusiformeと姉妹群を形成した。また、ロシア、ソチにおいてアヤメ属の一種(新宿主)に発生したC. dematiumを報告した。Colletotrichum acidae★ / Colletotrichum dematiumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-05250ノルウェー産のrhodopolioidクレードのイッポンシメジ属菌2018Agarica2018年の論文/published in 2018, Agarica, UNITE, アオイ科/Malvaceae, エストフォル県/Østfold, オップラン県/Oppland, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, スヴァールバル諸島/Svalbard Islands, ソール・トロンデラーグ県/Sør-Trøndelag, タイプスタディ/type study, テレマルク県/Telemark, トウヒ属/Picea, ヌールラン県.ヌール・トロンデラーグ県, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, ブスケルー県/Buskerud, ブナ科/Fagaceae, ホルダラン県/Hordaland, マツ科/Pinaceae, ムーレ・オ・ロムスダール県/Møre og Romsdal, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半隠蔽種/semi-cryptic species, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 誤同定/misidentification, 高山帯/alpine regionEntoloma species of the rhodopolioid clade (subgenus Entoloma; Tricholomatinae, Basidiomycota) in Norwayノルウェー産のrhodopolioidクレードに含まれるイッポンシメジ属菌24種を記録した。そのうち未記載種を含む10種をノルウェー新産種として報告した。11種が主にヤナギ属およびハンノキ属、5種がカバノキ属植物などと関係を持っているとみられた。Entoloma alpicola / Entoloma atrosericeum / Entoloma bisporigerum / Entoloma boreale■ / Entoloma borgenii / Entoloma bryorum / Entoloma eminens■ / Entoloma lividoalbum / Entoloma majaloides / Entoloma melenosmum / Entoloma nidorosum / Entoloma noordeloosi■ / Entoloma politum / Entoloma rhodopolium / Entoloma rubrobasis■ / Entoloma sericatum / Entoloma serpens■ / Entoloma sinuatum / Entoloma sordidulum / Entoloma svalbardenseBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05249ベラルーシ産の新種、Athelicium hallenbergii2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, ベラルーシ/Belarus, ミンスク市/Minsk, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variationAthelicium hallenbergii sp. nov. (Basidiomycetes) from Belarusベラルーシ、ミンスク市の森林で採集された菌を検討し、Athelicium hallenbergiiとして新種記載した。本種はヤマナラシ属、コナラ属、およびヤナギ属植物の樹皮に発生していた。本種はAthelicium属の2番目の種であり、基準種とは担子器や担子胞子、菌糸のサイズなどが異なっていた。Athelicium hallenbergii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05248ロシア極東、サハリン島産の新規および特筆すべき地衣類とその類縁菌類 (2)2018Folia Cryptogamica Estonica2018年の論文/published in 2018, Folia Cryptogamica Estonica, カバノキ科/Betulaceae, キハダ属/Phellodendron, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, サハリン州/Sakhalin, ジロホール酸/gyrophoric acid, セトラル酸類/cetraric acids, トウヒ属/Picea, ニワトコ属/Sambucus, ハンノキ属/Alnus, ブナ科/Fagaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, マツ科/Pinaceae, ミカン科/Rutaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, レンプクソウ科/Adoxaceae, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 降水量/precipitation, 高山帯/alpine region, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyNew and noteworthy records of lichens and allied fungi from Sakhalin Island, Russian Far East, IIロシア、サハリン島において地衣類の調査を実施し、20種を報告した。Eopyrenula intermediaをユーラシア大陸新産種、Fauriea orientochinensisおよびHafellia subnexaをロシア新産種としてそれぞれ報告した。2種の極東ロシア新産種、5種の極東ロシア南部新産種を報告した。Acrocordia cavata■ / Arthothelium ruanum■ / Bryobilimbia hypnorum■ / Calicium salicinum■ / Caloplaca scotoplaca■ / Collema japonicum■ / Diploschistes muscorum■ / Eopyrenula intermedia■ / Fauriea orientochinensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiales/モノブラスティア目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Peltigerales/ツメゴケ目_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05247ナラ類しおれ病の病原菌、Ceratocystis fagacearumに対する新属Bretziella2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, MycoKeys, Q-bank, アイオワ州/Iowa, エピタイプ指定/epitype designation, コナラ属/Quercus, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ナラ枯れ/oak wilt, ブナ科/Fagaceae, ミネソタ州/Minnesota, レクトタイプ指定/lectotype designation, 交配試験/mating test, 侵略的外来種/invasive alien species, 保存名, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 移入種/alien species, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 萎凋病/wiltBretziella, a new genus to accommodate the oak wilt fungus, Ceratocystis fagacearum (Microascales, Ascomycota)分子系統解析でクワイカビ科クレードにおいて独自の系統を形成したCeratocystis fagacearumに対して新属Bretziellaを提唱した。原記載と同一の宿主樹種(コナラ属)および地域(米国ミネソタ州、アイオワ州)から得られた分離菌株を検討した。シノニムであるChalara quercinaのレクトタイプ標本およびEndoconidiophora fagacearumのレクトタイプおよびエピタイプ標本を指定した。Bretziella fagacearum▲
R3-05246インド産の稀な単型属のハラタケ類、Conchomyces bursiformisに関する追記2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, インド/India, ケララ州/Kerala, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobeAdditional notes on Conchomyces bursiformis (Agaricales), a rare monotypic agaric from Indiaインド、ケララ州の常緑樹林で採集されたチャヒラタケ型の菌について、形態学的検討および分子系統解析を実施した。本種をインドではカシミールから報告されている稀産種のConchomyces bursiformisと同定した。傘の粘性、傘シスチジア、傘表皮のゼラチン層、傘表皮菌糸の螺旋状帯など、先行研究で述べられていなかった形質を報告した。Conchomyces bursiformis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05245トルコ産菌類相の新知見2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Turkish Journal of Botany, イトスギ属/Cupressus, ガズィアンテプ県/Gaziantep, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヒノキ科/Cupressaceae, ブナ科/Fagaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌核/sclerotium, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew contributions to the Turkish Ascomycotaトルコ、ガズィアンテプ県およびトラブゾン県において菌類の調査を行い、7科9属10種をトルコ新産種として報告した。Coccomyces、Kompsoscypha、Lasiosphaeris、Pseudopithyella、およびStrobiloscypha属をトルコ新産属として報告した。各種について記載文、写真、標本情報、類似種との相違点などを掲載した。Anthracobia macrocystis■ / Coccomyces delta■ / Coccomyces dentatus■ / Kompsoscypha chudei■ / Lasiosphaeris hirsuta■ / Pithya cupressina■ / Plicaria carbonaria■ / Pseudopithyella minuscula■ / Sclerotinia trifoliorum■ / Strobiloscypha cupressina■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Pezizaceae/チャワンタケ科_Sclerotiniaceae/キンカクキン科
R3-05244天然の生息環境においてバクヤギクに対する病原性を有するCytospora属1新種2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Carpobrotus属, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, ハマミズナ科/Aizoaceae, 凍結切片/frozen section, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南アフリカ/South Africa, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 沿岸域/coastal area, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 統計解析/statistical analysis, 萎凋病/wilt, 西ケープ州/Western CapeA new Cytospora species pathogenic on Carpobrotus edulis in its native habitat南アフリカ、ケープタウン近郊の海岸においてバクヤギクに病害を生じた菌を検討し、Cytospora carpobrotiとして新種記載した。本種は宿主の葉の萎凋および木質の茎の枯死を引き起こし、有性世代は見出されなかった。接種試験では茎に不明瞭な病変を認め、そこから菌が再分離されたものの、新鮮な葉には病徴が現れなかった。Cytospora carpobroti★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-05243カナダ、ニューファンドランド産の新種、Hymenelia parva2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, カナダ/Canada, タイプスタディ/type study, ニューファンドランド・ラブラドール州/Newfoundland and Labrador, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 汽水域/brackish waters, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichenHymenelia parva (Hymeneliaceae, Ostropomycetidae): A new species from Newfoundland, Canadaカナダ、ニューファンドランドの河口域で採集された岩上生痂状地衣の一種を検討し、Hymenelia parvaとして新種記載した。本種は地衣体が淡い小区画状で、子器が微小な壺形で無色であることなどで特徴づけられた。本種は子器が小型で色素を欠き、共生藻が緑藻であることなどで他のHymenelia/Ionaspis複合属の種と区別された。Hymenelia parva★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Hymeneliales/ハイメネリア目_Hymeneliaceae/ハイメネリア科
R3-05242アイスランド産糞生菌相への追加2011Acta Botanica Islandica2011年の論文/published in 2011, Acta Botanica Islandica, Bray-Curtisの類似度指数/Bray-Curtis similarity index, Sørensenの類似度指数/Sørensen similarity index, アイスランド/Iceland, アイスランド新産種/Iceland_new record, アナウサギ属/Oryctolagus, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウサギ科/Leporidae, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, オジロジカ属/Odocoileus, カモ科, キジ科/Phasianidae, シカ科/Cervidae, ノウサギ属/Lepus, ヒツジ属/Ovis, ライチョウ属/Lagopus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的多様度指数/taxonomic diversity index, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布図/scatter plot, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 湿室法/moist chamber method, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 種の豊富さ/species richness, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 草地/grassland, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 鳥の糞/bird droppingsAdditions to the Coprophilous Mycota of Icelandアイスランドにおいて草食動物や鳥の糞から湿室法で得られた糞生菌を調査し、75種を記録した。そのうち19種をアイスランド新産種として報告した。2002年と2006年の調査における観察種数の比較、類似度の算出などを行った。Ascobolus crenulatus■ / Camptosphaeria citrinella■ / Coprinus radiatus■ / Coprotus disculus / Hypocopra merdaria■ / Laetisaria fuciformis■ / Melanospora brevirostris / Pilaira moreaui■ / Podospora intestinacea■ / Podospora pilosa■ / Pseudombrophila cervaria■ / Saccobolus citrinus■ / Schizothecium tetrasporum■ / Sordaria alcina■ / Sporormiella grandispora / Sporormiella heptamera■ / Sporormiella lageniformis / Sporormiella longispora■ / Sporormiella megalospora / Sporormiella octomera / Sporormiella octonalis■ / Sporormiella subtilis / Syspastospora parasitica■ / Thecotheus crustaceus■ / Thelebolus microsporus / Thelebolus stercoreus / Unguiculella tityrii■ / Viennotidia fimicola■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Ascobolaceae/スイライカビ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ceratostomataceae/セラトストマ科_Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Sordariaceae/フンタマカビ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Thelebolales/テレボルスキン目_Hyaloscyphaceae/ヒアロスキファ科_Microascales/ミクロアスカス目
R3-05241アイスランド新産種、Hypoxylon macrosporum2011Acta Botanica Islandica2011年の論文/published in 2011, Acta Botanica Islandica, アイスランド/Iceland, アイスランド新産種/Iceland_new record, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 亜寒帯域/subarctic, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アイスランド/Austfirðir, 腐生菌/saprobeHypoxylon macrosporum P. Karst., a new species for Icelandアイスランド、東アイスランドで採集されたHypoxylon macrosporumをアイスランド新産種として報告した。本種はSalix phylicifoliaの付着したままの枯枝に発生していた。本種は従来スカンジナビアのほかフランス、スイス、グリーンランド、米国、カナダから知られていた。Hypoxylon macrosporum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科
R3-05240海生Dactylospora属菌の1新種およびその子嚢菌門ユーロチウム綱における系統的類縁性2014Botanica Marina2014年の論文/published in 2014, BEAST, Botanica Marina, TreeBASE, パラフィン切片/paraffin section, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 台湾/Taiwan, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungiA new species of marine Dactylospora and its phylogenetic affinities within the Eurotiomycetes, Ascomycota台湾北部の磯において採集された材生息菌の一種を検討し、Dactylospora vrijmoediaeとして新種記載した。本種は子嚢胞子が類球形~広楕円形で無色の厚い鞘を有し、分子系統解析で他の海生Dactylospora属菌に近縁であった。海生Dactylospora属菌は地上生の同属菌と異なる未知の系統を形成した。Dactylospora vrijmoediae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科
R3-05239新種Graphis nudanorstictaおよび中国新産のモジゴケ属地衣2種2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安徽省/Anhui, 山地/mountains, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyGraphis nudanorsticta sp. nov. and two new records of Graphis spp. from China中国安徽省で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Graphis nudanorstictaとして新種記載した。本種はリレラがnuda型かつノルスチクチン酸を含むことなどで特徴づけられた。また、G. caribicaおよびG. contortuplicataの2種を中国新産種として報告した。Graphis caribica■ / Graphis contortuplicata■ / Graphis nudanorsticta★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05238屋久島産の小房子嚢菌類の新産種2006Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany2006年の論文/published in 2006, Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany, イネ科/Poaceae, ウコギ科/Araliaceae, カンノンチク属/Rhapis, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ハリギリ属/Kalopanax, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 切片/section, 南西諸島/Nansei Islands, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation, 鹿児島県/KagoshimaSome New Records of Loculoascomycetes from Yakushima Island, Southern Japan屋久島からByssosphaeria schiedermayerianaなど6種の小房子嚢菌類を報告した。そのうち5種を日本新産種として報告し、記載文および写真などを掲載した。また、Dendryphiopsis atraのテレオモルフであるKirschsteiniothelia incrustansを日本から初めて報告し、テレオモルフ-アナモルフ関係を確かめた。Byssosphaeria schiedermayeriana■ / Glonium clavisporum■ / Herpotrichia macrotricha■ / Hysterographium fraxini■ / Kirschsteiniothelia incrustans / Rhytidhysteron rufulum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Gloniaceae/グロニア科_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科_Kirschsteiniotheliaceae/キルシュシュタイニオテリア科
R3-05237中国南部産の液滴を伴う新種、Leucoagaricus tangerinus2014Mycological Progress2014年の論文/published in 2014, Mycological Progress, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 福建省/Fujian, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanLeucoagaricus tangerinus, a new species with drops from Southern China中国雲南省、福建省、広東省の森林で採集された菌を検討し、Leucoagaricus tangerinusとして新種記載した。本種は傘表面に淡橙色~帯褐橙色の繊維状小鱗片を伴い、柄が類白色で無色の液滴を伴い、担子胞子が楕円形であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でどの既知種とも異なる系統を形成し、傘の色や縁シスチジアの形態などが同属他種と異なっていた。Leucoagaricus tangerinus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05236ジローナにおいて見出された2種の興味深いナヨタケ属菌2010Micologia e vegetazione mediterranea2010年の論文/published in 2010, Micologia e vegetazione mediterranea, カタルーニャ州/Catalonia, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 稀産種/rare species, 腐植土/humusDos Psathyrella interesantes halladas en Gironaスペイン、カタルーニャ州のジローナからPsathyrella phegophilaおよびP. pseudogordoniiの2種を報告した。前者はヨーロッパブナの樹下に発生し、スペインにおいては従来ナバラ州およびアストゥリアス州のみから知られていた。後者はごく稀な種で、従来イングランド、ドイツ、イタリアから知られていたが、スペインからの報告は初となった。Psathyrella phegophila■ / Psathyrella pseudogordonii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-05235ヒマラヤ東部のインド、アルナーチャル・プラデーシュ州における地衣類相への大型地衣の追加2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, アルナーチャル・プラデーシュ州/Arunachal Pradesh, インド/India, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜高山帯/subalpine zone, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 垂直分布/vertical distribution, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine regionNew additions of macrolichens to the lichen flora of Arunachal Pradesh, India in Eastern Himalayaインド、アルナーチャル・プラデーシュ州において地衣類の調査を実施し、79種類を記録した。そのうち5科12属17種をアルナーチャル・プラデーシュ州新産種として報告した。そのうち1種が樹状地衣、16種が葉状地衣であった。Bryoria tenuis■ / Cetrelia collata■ / Cetrelia olivetorum■ / Dermatocarpon vellereum■ / Everniastrum neocirrhatum■ / Hypogymnia alpina■ / Hypogymnia enteromorpha■ / Hypogymnia pseudohypotrypa■ / Hypogymnia thomsoniana■ / Myelochroa metarevoluta■ / Parmelinella chozoubae■ / Parmotrema praesorediosum■ / Parmotrema saccatilobum■ / Peltigera collina■ / Physcia caesia■ / Sticta nylanderiana■ / Umbilicaria vellea■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Peltigerales/ツメゴケ目_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Lobariaceae/カブトゴケ科_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-05234ブラジルの大西洋岸森林から報告された有柄ホコリタケ類の稀産種、Tulostoma reticulatum2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, 南米新産種/South America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂丘/dune, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEMTulostoma reticulatum (Agaricales, Basidiomycota), a rare stalked puffball reported from the Brazilian Atlantic rainforest従来オーストラリアのみから知られていた稀産種のTulostoma reticulatumを、ブラジルの大西洋岸森林から報告した。本種は砂質土壌に発生し、オーストラリア産標本とは柄のサイズが小さい以外は非常に類似していた。本種の記載文、担子胞子のSEM写真などを掲載したほか、同属他種との相違点を挙げた。Tulostoma reticulatum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05233マグナポルテ目の単系統属概念に向けて:Harpophora属無性世代を有する種2015Mycologia2015年の論文/published in 2015, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ属/Oryza, イネ科/Poaceae, シノニム/synonym, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungiToward monophyletic generic concepts in Magnaporthales: species with Harpophora asexual statesHarpophora属類似の無性世代を有する種を対象に分子系統解析を実施したところ、多系統群であることが示唆された。Harpophora属を、その基準種が含まれることが明らかになったGaeummanomyces属のシノニムとした。また、Harpophora oryzaeに対して新属Falciphoraを提唱した。Falciphora oryzae▲ / Gaeumannomyces radicicola▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Magnaporthaceae/マグナポルテ科
R3-05232アニュラタスカス科類似分類群の自然分類に向けて:新目アトラクトスポラ目および6新科の導入2017Fungal Diversity2017年の論文/published in 2017, BEAST, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タイ/Thailand, タケ生息菌/bambusicolous fungus, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, リター菌/litter fungi, 分子時計/molecular clock, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新目提唱/new order, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 消失性子嚢/evanescent asci, 淡水域/freshwater, 無効学名/invalid name, 稀産種/rare species, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeTowards a natural classification of Annulatascaceae-like taxa: introducing Atractosporales ord. nov. and six new familiesタイの河川で採集されたアニュラタスカス科類似水生菌類の形態学的検討および分子系統解析を実施した。分子系統解析の結果を基に、3科からなる新目アトラクトスポラ目およびコンラリウム科など6新科を提唱した。また、Atractospora thailandensisなど9新種を記載した。Atractospora thailandensis★ / Conlarium aquaticum★ / Dictyosporella thailandensis★ / Diluviicola aquatica★ / Fluminicola aquatica★ / Fluminicola saprophytica★ / Fluminicola thailandensis★ / Pseudoproboscispora thailandensis★ / Sporidesmium thailandense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordari