「論文3行まとめ」は、大菌輪管理人がその日に読んだ論文(主に分類学分野)を要約して紹介するコンテンツです。
最近かなり忙しいので十分更新できていない状況ですが、日々こつこつと追加していければと思います。

「論文3行まとめ」の目的

  1. 「全菌類の電子図鑑」Mycoscouter構想に向けたデータ収集
  2. タグ(索引語)からの検索、世界地図からの検索、日本語キーワードによる検索など、一般的な検索エンジンにない検索手段を提供し、論文に対するアクセス性の向上を図る
  3. 論文の要点を日本語に翻訳することにより、非専門家の理解を阻む「言語の壁」を可能な限り低くすることを目指す
  4. 記載文や識別形質などをセマンティックに(機械が読みやすいように)記述し、将来のサイバータクソノミー (cybertaxonomy) に資するデータを提供する
  5. いちおう、論文に関わる職業に就いているので、そのスキルを活かしたプロボノ (pro bono) 活動
  6. 私自身の筋トレ

最終更新日:2018/1/14
紹介させていただいた論文の数:4759

sekaitizumenutagmenu

世界地図…2015/4/20更新【諸事情により更新停止中、よりよいマッピング手段を考えています】
タグ…2017/11/25更新(6300件、R3-04608まで反映)、1か月に一度くらいの頻度で更新したかった

中間報告

2013年11月23日~2014年11月23日に収集したデータの統計の一部を公開します(スライド5枚)。
これらはあくまで基礎的なデータをまとめたもので、より専門的な解析結果は今後アマチュア雑誌などに投稿する予定です。

スライド1スライド2スライド35f63f49b6b7d98988e1002a4a4f2d6d5スライド5

【お読みください】
大菌輪のコンテンツ「論文3行まとめ」は、あくまで論文の検索の補助として提供されている情報です。作成者は専門家ではなく、翻訳や内容の解釈が誤っている場合がありうるので、正確な情報は必ず元の論文で確認してください。また、各ページのリンクは必ずしも有効ではありません(大菌輪未掲載の種や、MycoBank/Species fungorum未登録の種がありうるため)。
最新の50記事を表示しています。
フィルタリング、並べ替え機能が使用できます。表の上で矢印キーを押すとスクロールできます。実は右の方に【タグ一覧】【書誌情報】【3行抄録】【掲載種一覧】の列があるので、それらを対象とした検索も可能です。複数のキーワードで検索したい時には半角スペースで区切ります。(【例】日本 新種 2016年)

※全てのデータを掲載すると非常に重くなってしまい、まともに表示できなくなってしまうので、不本意ながらこの表は直近1000件を抽出したものとなっています。エクセルファイルには全データがありますので、ダウンロードして検索してください。
A列B列出版年雑誌名タグ英文題名3行まとめ13行まとめ23行まとめ3掲載種一覧_x分類群一覧
R3-04759新種Cylindrocarpon pauciseptatumおよび幅広く主に3隔壁の大分生子を形成するCylindrocarpon属菌について2008Mycological Research2008年の論文/published in 2008, Erica属, Mycological Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, スロベニア/Slovenia, ツツジ科/Ericaceae, ニュージーランド/New Zealand, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ベイ・オブ・プレンティ地方/Bay of Plenty, 不稔菌糸/sterile mycelium, 二次代謝産物/secondary metabolite, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 種複合体/species complex, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胞子形成誘導/sporulation induction, 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 隠蔽種/cryptic speciesCylindrocarpon pauciseptatum sp. nov., with notes on Cylindrocarpon species with wide, predominantly 3-septate macroconidiaスロベニアにおいてblack foot病のブドウの根から分離された菌を検討し、Cylindrocarpon pauciseptatumとして新種記載した。本種は分子系統解析でCyl. destructans複合種に近縁であったが、異なる系統を形成した。また、本種はニュージーランドにおいてErica melantheraの根からも見出され、C. theobromicolaと同定されていた。Cylindrocarpon pauciseptatum★ / Cylindrocarpon theobromicola / Neonectria austroradicicola▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04758中国産イワノリモドキ属地衣2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, テルペノイド/terpenoids, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安徽省/Anhui, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 江西省/Jiangxi, 浙江省/Zhejiang, 湖南省/Hunan, 脂肪酸/fatty acid, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 貴州省/Guizhou, 鱗片状地衣/squamulose lichenThe lichen genus Kroswia in China中国の浙江省および四川省で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Kroswia episporaとして新種記載した。また、K. crystallifera(中国本土からの初報告)およびK. gemmascensを報告した。イワノリモドキ属全種の検索表を掲載した。Kroswia crystallifera■ / Kroswia epispora★ / Kroswia gemmascens■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-04757中国産の2新種、Talaromyces heiheensisおよびT. mangshanicus2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 湖南省/Hunan, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 黒竜江省/HeilongjiangTalaromyces heiheensis and T. mangshanicus, two new species from China中国において腐朽材および土壌から分離された2種の菌を検討し、それぞれTalaromyces heiheensis、T. mangshanicusとして新種記載した。前者はTrachyspermi節に含まれ、CYA25°Cでの生長が遅く、分生子柄が二輪生および三輪生、フィアライドが針状、分生子が橙色類球形~楕円形平滑であることなどで特徴づけられた。後者はTalaromyces節に含まれ、CYA25°Cでの生長が遅く、分生子柄が二輪生、フィアライドがアンプル形、分生子が帯灰紫色類球形~楕円形小刺状、帯紫赤色の水溶性色素を産生することなどで特徴づけられた。Talaromyces heiheensis★ / Talaromyces mangshanicus★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04756中国南部、海南島産の新種Candida pseudocylindraceaおよびCandida wuzhishanensis2009Mycosystema2009年の論文/published in 2009, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, Mycosystema, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 集積培養/enrichment cultureCandida pseudocylindracea sp. nov. and Candida wuzhishanensis sp. nov. from Hainan Island, southern China中国海南島の熱帯雨林において腐朽材から分離された2種のアナモルフ酵母を検討し、Candida pseudocylindraceaおよびC. wuzhishanensisとして新種記載した。前者はC. cylindracea、後者はC. llanquihuensisに最も近縁であったが、いずれも分子系統解析で独自の系統を形成した。また、後者はスクロース、マルトース、セロビオースなどの資化能によっても区別された。Candida pseudocylindracea★ / Candida wuzhishanensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-04755トルコ新産のチャヒラタケ属菌2014Biological Diversity and Conservation2014年の論文/published in 2014, Biological Diversity and Conservation, イズミル県/Izmir, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungusNew Crepidotus (Fr.) Staude record for Turkish mycotaCrepidotus cinnabarinusをトルコ新産種として報告した。本種はイズミル県において広葉樹の切り株に発生した。本種は子実体が橙赤色であることなどで特徴づけられ、本種の発見によりトルコ産の既知の本属菌は12となった。Crepidotus cinnabarinus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04754トルコ新産の稀なアンズタケ属菌2014Biological Diversity and Conservation2014年の論文/published in 2014, Biological Diversity and Conservation, イスタンブール県/Istanbul, トルコ/Turkey, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsA new and rare record for Turkish Cantharellusトルコ新産種として稀産種のCantharellus melanoxerosを報告した。本種はイスタンブール県においてブナ属植物の樹下に発生した。本種は子実体が小型~中型で傘がサフラン色、傷つくと黒変し、襞が帯桃ばら色~紫色、柄が帯黄色~帯桃淡紫色であることなどで特徴づけられた。Cantharellus melanoxeros■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Cantharellaceae/アンズタケ科
R3-04753メキシコ、チアパス州産大型菌類の多様性の知見への追加2017Revista Mexicana de Micología2017年の論文/published in 2017, Revista Mexicana de Micología, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, チアパス州/Chiapas, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationAdiciones al conocimiento sobre la diversidad de los hongos (macromicetes) de Chiapas, Méxicoメキシコ、チアパス州、サルト・デ・アグア市において大型菌類の多様性調査を実施した。子嚢菌門6分類群、担子菌門28分類群を報告し、その全てがサルト・デ・アグア市から初報告となった。メキシコ新産種としてHygrocybe subminutulaを、チアパス州新産種としてClavulinopsis corniculataをそれぞれ報告した。Armillaria mellea■ / Auricularia auricula-judae■ / Auricularia mesenterica■ / Auricularia nigricans■ / Clavulinopsis corniculata■ / Cookeina speciosa■ / Cookeina tricholoma■ / Cymatoderma dendriticum■ / Daldinia eschscholtzii■ / Earliella scabrosa■ / Favolus tenuiculus■ / Hexagonia hydnoides■ / Hygrocybe subminutula■ / Lentinus crinitus■ / Lentinus tricholoma■ / Lentinus velutinus■ / Lenzites betulina■ / Oudemansiella canarii■ / Panus guaraniticus■ / Panus neostrigosus■ / Parasola plicatilis■ / Phellinus gilvus■ / Phylacia globosa■ / Pleurotus djamor■ / Pycnoporus sanguineus■ / Schizophyllum commune■ / Trametes elegans■ / Trametes maxima■ / Trametes polyzona■ / Trametes versicolor■ / Trametes villosa■ / Xylaria feejeensis■ / Xylaria telfairii■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科_Clavariaceae/シロソウメンタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科
R3-04752新種Dendryphiella fasciculataおよびその他のDendryphiella属菌について2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeDendryphiella fasciculata sp. nov. and notes on other Dendryphiella speciesタイ、チエンマイ県において材に発生したアナモルフ菌を検討し、Dendryphiella fasciculataとして新種記載した。本種は分生子柄が束状でポリトレト型、分生子形成細胞が末端生および節間生で、分生子が淡褐色から褐色~暗褐色になる楕円形~紡錘形で3隔壁を有し、表面が疣状であることなどで特徴づけられた。Dendryphiella属菌の現在受け入れられている種および除外種の全てについて解説し、本属の検索表を掲載した。Dendryphiella fasciculata★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04751形態形質および系統解析に基づき明らかになった南アフリカ産のGanoderma lucidum複合種における1新種2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, イチジク属/Ficus, クワズール・ナタール州/KwaZulu-Natal, クワ科/Moraceae, 乾燥地域/dry area, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種複合体/species complex, 腐生菌/saprobeMorphological characters and phylogenetic analysis reveal a new species within the Ganoderma lucidum complex from South Africa南アフリカにおいてイチジク属樹木に発生した白色腐朽菌を検討し、Ganoderma aridicolaとして新種記載した。本種は傘が帯褐灰色~黒色で顕著な環紋を有し、孔口が小型で白色、肉が帯褐灰色、担子胞子が広楕円形で粗い小刺状であることなどで特徴づけられた。ITS+EF1-αに基づく分子系統解析でも本種がG. lucidum複合種に含まれることが確かめられた。Ganoderma aridicola★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-04750基部系統に位置するPhyllactinia属菌に類似の無性世代を有する新種Leveillula buddlejae2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ゴマノハグサ科/Scrophulariaceae, ネパール/Nepal, フジウツギ属/Buddleia, 中部開発区域/Central Development Region (Nepal), 付着器/appressorium, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungiLeveillula buddlejae sp. nov., a new species with an asexual morph resembling phylogenetically basal Phyllactinia speciesネパールにおいてBuddleja asiaticaの葉に発生したうどんこ病菌の一種を検討し、Leveillula buddlejaeとして新種記載した。本種は分生子柄が子座ではなく表在性の菌糸のみから生じ、分生子に2型があることなどで特徴づけられた。本種の形態は基部系統のPhyllactinia属菌に類似していたが、分子系統解析でLeveillula属クレードに含まれた。Leveillula buddlejae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04749形態および複数遺伝子の系統解析に基づくインド産マングローブ生菌、Vaginatispora microarmatisporaの新種記載2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, サクラソウ科/Primulaceae, タミル・ナードゥ州/Tamil Nadu, ツノヤブコウジ属, マングローブ林/mangrove forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 湿室法/moist chamber method, 潮間帯/intertidal zone, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeIntroducing the new Indian mangrove species, Vaginatispora microarmatispora (Lophiostomataceae) based on morphology and multigene phylogenetic analysisインド、タミル・ナードゥ州においてマングローブの材に生じた海生菌の一種を検討し、Vaginatispora microarmatisporaとして新種記載した。本種は同属他種とは生息環境、子嚢果の頸部の長さ、子嚢胞子のサイズや付属糸などが異なっていた。Vaginatispora属全種の形質比較表および検索表を掲載した。Vaginatispora microarmatispora★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Lophiostomataceae/ロフィオストマ科
R3-04748米国ウィスコンシン州においてFraxinus nigra生木に発生した新種Inonotus macrosporus2011North American Fungi2011年の論文/published in 2011, North American Fungi, ウィスコンシン州/Wisconsin, トネリコ属/Fraxinus, モクセイ科/Oleaceae, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 栄養摂取様式/nutrition style, 米国/USA, 誤同定/misidentificationInonotus macrosporus sp. nov. (Fungi: Basidiomycota: Hymenochaetales) on live Fraxinus nigra in Wisconsin, United States of America米国ウィスコンシン州においてFraxinus nigraの生木に発生した菌を検討し、Inonotus macrosporusとして新種記載した。本種は子実体が傘状、肉が2層からなり、担子胞子が大型有色厚壁で、子実層に剛毛、実質に剛毛状菌糸を有することなどで特徴づけられた。これらの形質の組み合わせは他のキコブタケ属およびカワウソタケ属菌には従来知られてこなかった。Inonotus macrosporus★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04747大西洋岸森林におけるNigrohydnum nigrum Ryvardenの新規分布記録2013Check List2013年の論文/published in 2013, Check List, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 誤同定/misidentificationNew distribution record of Nigrohydnum nigrum Ryvarden (Polyporales: Basidiomycota) in the Atlantic forest収蔵標本の再検討過程で見出された稀産種のNigrohydnum nigrumを報告した。本種は従来アマゾン盆地およびパラナ州から知られていたが、リオグランデ・ド・スル州からの報告は初となった。供試標本は原記載の70年前に採集され、Daeadelea subcoriaceaと同定されていた。Nigrohydnum nigrum■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科
R3-04746Polyporus dictyopus複合種の解明:Atroporus属の復活および新属Neodictyopusの分離2017PLOS ONE2017年の論文/published in 2017, PLOS ONE, TreeBASE, アルゼンチン/Argentina, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ミシオネス州/Misiones, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 多系統群/polyphyletic group, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 疑問種/doubtful species, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種複合体/species complex, 粗大木質デブリ/coarse woody debris, 腐生菌/saprobe, 隔離分布/disjunct distributionDecrypting the Polyporus dictyopus complex: Recovery of Atroporus Ryvarden and segregation of Neodictyopus gen. nov. (Polyporales, Basidiomyocta)Polyporus dictyopusと同定された新熱帯産標本の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Atroporus属を復活させてA. diabolicusおよびA. rufoatratusをこれに含めた。また、新属Neodictyopusを提唱してN. dictyopusおよび2新種をこれに含めた。Atroporus diabolicus / Atroporus infernalis / Atroporus rufoatratus▲ / Neodictyopus atlanticae★ / Neodictyopus dictyopus▲ / Neodictyopus gugliottae★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04745ザトウムシを宿主とする初のラブルベニア目菌類:新属Opilionomyces2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Dicranolasma属, Phytotaxa, イスタンブール県/Istanbul, ギリシャ/Greece, クモ寄生菌/spider parasitic fungus, ディクラノラスマ科, トルコ/Turkey, ブルサ県/Bursa, プロトプラスト/protoplast, メルスィン県/Mersin, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 子実体原基/fruiting body primordium, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 感染様式/mode of infection, 散布様式/dispersal style, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 生活環/life cycle, 石灰質土壌/calcareous soil, 西ギリシャ地方/Ditiki Ellada, 部位特異性/site specificityFirst Laboulbeniales from harvestmen: the new genus Opilionomycesトルコおよびギリシャにおいて3種のDicranolasma属ザトウムシに寄生していた菌を検討し、新属新種Opilionomyces dicranolasmatisとして記載した。本種はザトウムシから初めて報告されたラブルベニア類であり、托が1列の細胞からなり2つに分かれることなどで特徴づけられた。本種は部位特異性を示し、触肢および鋏角の周辺に限って分布することが性的感染に関連しているとみられた。Opilionomyces dicranolasmatis★
R3-04744Placynthium pannariellum – スイス新産の小型の藍藻地衣2016Meylania2016年の論文/published in 2016, Meylania, アルプス山脈/Alps, シュヴィーツ州/Schwyz, スイス/Switzerland, スイス新産種/Switzerland_new record, ドイツ語/German, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 藍藻地衣/cyanolichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenPlacynthium pannariellum – eine kleine, in der Schweiz bisher unbekannte Cyanoflechteスイス新産種としてPlacynthium pannariellumを報告した。本種はベードメレンヴァルトの2ヶ所において乾燥した石灰岩の岩壁に生じ、他の中欧産標本と同様に不稔であった。本種の種内変異、基質、生息環境、生態、混同しやすい種などについて記述した。Placynthium pannariellum■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Placynthiaceae/クロサビゴケ科
R3-04743スイス新産種Lecania subfusculaおよびPsorotichia lutophila:Anton Gisler (1820-1888) 地衣類コレクションにおけるさらなる発見2017Meylania2017年の論文/published in 2017, Meylania, コケ上に生える菌/fungi on moss, スイス/Switzerland, スイス新産種/Switzerland_new record, チューリッヒ州/Zurich, ドイツ語/German, ニトヴァルデン準州/Nidwalden, 先駆種/pioneer species, 収蔵標本/stored specimen, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 菌類学者/mycologist, 誤同定/misidentificationLecania subfuscula und Psorotichia lutophila neu für die Schweiz – Weitere Entdeckungen im Flechtenherbar von Anton Gisler (1820–1888)Lecania subfusculaおよびPsorotichia lutophilaの2種の地衣をスイス新産種として報告した。前者はニトヴァルデン準州、後者はチューリッヒ州において19世紀に採集され、Anton Gislerの標本庫に収蔵されていた。両種について写真および解説を掲載した。Lecania subfuscula■ / Psorotichia lutophila■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科
R3-04742Mycena viscidocruentaを基準種とする新属、Cruentomycena2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, カバノキ科/Betulaceae, タイプスタディ/type study, ハンノキ属/Alnus, ラッカーゼ/laccase, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新学名提唱/new scientific name, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 沿海地方/Primorye, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 花生息菌/floricolous fungus, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 隔離分布/disjunct distribution, 非合法名/illegitimate nameA new genus, Cruentomycena, with Mycena viscidocruenta as type species分子系統解析の結果を基に、Mycena viscidocruentaに対して新属Cruentomycenaを提唱した。本属はpanelloidクレードにおいてPanellus stypticusおよびP. pusillusと姉妹群を形成した。また、本属にロシア沿海地方産の新種C. kedrovayaeを加えた。Cruentomycena kedrovayae★ / Cruentomycena viscidocruenta▲Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-04741Paralepistopsis amoenolens:トルコ新産の稀な毒きのこ2017Turkish Journal of Life Sciences2017年の論文/published in 2017, Turkish Journal of Life Sciences, ウスパルタ県/Isparta, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヒマラヤスギ属/Cedrus, マツ科/Pinaceae, 呈色反応/chemical reaction, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore printParalepistopsis amoenolens: First Record of A Rare and Poisonous Taxon in Turkeyトルコ、ウスパルタ県からトルコ新産種としてParalepistopsis amoenolensを報告した。本種はCedrus libaniの樹下に発生し、この樹種は初の報告となった。トルコ産標本の傘、柄、担子器、担子胞子などの計測値を先行研究の値と比較し、同等であることを確認した。Paralepistopsis amoenolens■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-04740中国南部産のAureoboletus属のスレンダーな新種2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiA new slender species of Aureoboletus from southern China中国広西チワン族自治区において広葉樹林の地上に発生した菌を検討し、Aureoboletus tenuisとして新種記載した。本種は子実体が小型で形状が細長く、傘が淡褐色、帯赤褐色~暗褐色で粘性を有し皺状で、担子胞子が比較的短いことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でA. thibetanusと姉妹群を形成し、形態的にも系統的にもそれと異なっていた。Aureoboletus tenuis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04739腐朽材から分離された酵母の新種、Spencermartinsiella silvicola2016International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2016年の論文/published in 2016, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アミノ酸要求性/amino acid requirement, キシラナーゼ/xylanase, デンプン/starch, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 二型性/dimorphism, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 種の境界/species delimitation, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 集積培養/enrichment cultureSpencermartinsiella silvicola sp. nov., a yeast species isolated from rotting woodブラジル、ミナスジェライス州の大西洋岸森林において腐朽材から分離された酵母の一種を検討し、Spencermartinsiella silvicolaとして新種記載した。本種はラフィノースを資化不能である点が同属他種と異なっていた。また、アナモルフのみが知られるCandida cellulosicolaをSpencermartinsiella属に移した。Spencermartinsiella cellulosicola▲ / Spencermartinsiella silvicola★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Trichomonascaceae/トリコモナスカス科
R3-04738南米新産種、Resupinatus poriaeformis2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, ヒルギ科/Rhizophoraceae, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マングローブ林/mangrove forest, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 走査型電子顕微鏡/SEMFirst record of Resupinatus poriaeformis (Agaricomycetes) from South Americaブラジル、ペルナンブーコ州のマングローブ林から南米新産種としてResupinatus poriaeformisを報告した。本種はRhizophora mangleの材に生じ、灰色小型の子実体や球形の担子胞子などで特徴づけられた。また、南米産本属菌の検索表を掲載した。Resupinatus poriaeformis■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04737インド、カシミールからのヒャクニチソウ属植物に葉枯病を引き起こすAlternaria zinniaeの初報告2017International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences2017年の論文/published in 2017, International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, キク科/Asteraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, ヒャクニチソウ属, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花卉圃場/flower field, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization methodFirst Report of Alternaria zinniae causing Blight in Zinnia sp. from Kashmir, Indiaインド、カシミールにおいてヒャクニチソウ属の一種に激しい葉枯病を引き起こした菌を検討し、Alternaria zinniaeと同定した。接種試験により分離菌株の病原性を確かめた。カシミール渓谷における本病害および本種の報告は初となった。Alternaria zinniae■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04736タイにおいてインドソケイ属植物のさび菌に生じたRamularia coleosporii2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, Coleosporium属, Studies in Fungi, インドソケイ属/Plumeria, キョウチクトウ科/Apocynaceae, コレオスポリウム科, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンラーイ県/Chiang Rai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 生物農薬/biopesticide, 菌寄生菌/mycoparasiteRamularia coleosporii (Mycosphaerella) on Plumeria rust in Thailandタイ、チエンラーイ県においてPlumeria rubraの葉に生じたColeosporium plumeriaの夏胞子堆に寄生したRamularia coleosporiiを報告した。本報告は本種のタイにおける当該宿主からの初報告となった。また、本種がインドソケイ属植物の葉のさび菌に発生した報告はなく、生物農薬としての潜在的有用性が示唆された。Ramularia coleosporii■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04735ニュージーランド、キャンベル島産の特筆すべき子実層内部に生じるArthothelium属菌2017The Lichenologist2017年の論文/published in 2017, Dracophyllum属, The Lichenologist, イボゴケ属/Bacidia, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, ツツジ科/Ericaceae, ニュージーランド/New Zealand, 亜南極諸島/Sub-Antarctic Islands, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 菌寄生菌/mycoparasiteA remarkable, endohymenial species of Arthothelium (Arthoniales) from Campbell Island, New Zealandニュージーランド、キャンベル島においてイボゴケ属地衣の一種の子実層に生じた菌を検討し、Arthothelium hymeniicolaとして新種記載した。本種はArthothelium属初の地衣生菌であり、子嚢果を形成せず、。本種の属および科の所属は暫定的であり、クッケラ科に含まれる可能性も示唆された。Arthothelium hymeniicola★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-04734Coprinopsis cinereaによる皮膚および軟組織の局所感染の初記載2018New Microbes and New Infections2018年の論文/published in 2018, New Microbes and New Infections, アゾール系抗真菌薬/azole antifungal drug, グロコット染色/Grocott staining, ヒト病原菌/human pathogen, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 新疾患報告/new animal disease, 生体組織診断/biopsy, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 組織染色/histological stain, 臨床検体/clinical specimensFirst description of a local Coprinopsis cinerea skin and soft tissue infection肺転移を伴う腎芽腫に対して免疫抑制療法を受けていた6歳女児にCoprinopsis cinereaによる創傷感染が生じた。本種は従来免疫不全の患者に播種性感染を引き起こすことが知られていたが、皮膚および軟組織の局所感染は初報告となった。本症例にはデブリードマンおよびポサコナゾール経口投与による経験的治療が奏効した。Coprinopsis cinereaFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-04733パナマ産の新規および興味深い地衣類2017The Bryologist2017年の論文/published in 2017, Pelliciera属, The Bryologist, キサントン類/xanthones, チリキ県/Chiriquí, テトラメリスタ科, パナマ/Panama, ヒョウモンメダイゴケ属, ベラグアス県, マングローブ林/mangrove forest, リケキサントン類/lichexanthones, リトマスゴケ科/Roccelaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 北半球新産種/Northern Hemisphere_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew and interesting lichens from PanamaパナマからAnisomeridium trichialis、Arthothelium isidiatum、Astrothelium flavomegaspermum、Mycocalicium chiodectonicola、およびPolymeridium xanthopleurotheciumの5新種を記載した。また、パナマ新産種として41種を報告した。本報告によりパナマ産地衣類の既知分類群数は739に増加した。Anisomeridium trichialis★ / Arthonia isidiata■ / Arthothelium isidiatum★ / Astrothelium aeneum■ / Astrothelium flavomegaspermum★ / Astrothelium macrocarpum■ / Astrothelium megaspermum■ / Astrothelium ochrothelium■ / Astrothelium scorioides■ / Astrothelium sphaerioides■ / Candelariella reflexa■ / Chiodecton complexum■ / Chiodecton malmei■ / Coenogonium subdentatum■ / Coenogonium subvirescens■ / Cryptothecia fabispora■ / Dyplolabia afzelii■ / Gassicurtia caririensis■ / Graphis dendrogramma■ / Graphis glaucescens■ / Graphis subtecta■ / Lecanora achroa■ / Lecanora helva■ / Lecanora tropica■ / Leucodecton occultum■ / Malmidea psychotrioides■ / Megalaria bengalensis■ / Mycocalicium chiodectonicola★ / Ocellularia dolichotata■ / Ochrolechia africana■ / Pertusaria flavoisidiata■ / Phaeographis brasiliensis■ / Phaeographis dendritica■ / Phaeographis leiogrammodes■ / Phaeographis spondaica■ / Phyllopsora haemophaea■ / Polymeridium xanthopleurothecium★ / Pseudopyrenula subgregaria■ / Psoroglaena cubensis■ / Pyrenula fetivica■ / Pyrenula immissa■ / Pyrenula nitidula■ / Sclerophyton seriale■ / Stegobolus radians■ / Stigmatochroma gerontoides■ / Traponora asterella■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Trypetheliales/トリペテリウム目_Trypetheliaceae/トリペテリウム科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Candelariaceae/ロウソクゴケ科_Roccellaceae/ロクセラ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Malmideaceae/マルミデア科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Verrucariales/アナイボゴケ目_Verrucariaceae/アナイボゴケ科_Pyrenulaceae/サネゴケ科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-04732新種Albatrellus roseus:パキスタン初の本属菌2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, トウヒ属/Picea, パキスタン/Pakistan, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forestAlbatrellus roseus sp. nov. (Albatrellaceae; Basidiomycota), the first representative of the genus from Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州のスワート地区において温帯林地上に発生した菌を検討し、Albatrellus roseusとして新種記載した。本種は傘が帯黄褐色~帯桃赤色、孔口面が白色~帯黄色で赤変性を有し、担子胞子が大型であることなどで特徴づけられた。本種はパキスタンから初めて報告されたニンギョウタケモドキ属菌となった。Albatrellus roseus★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Albatrellaceae/ニンギョウタケモドキ科
R3-047311つの種に3つの遺伝子型があるRicasolia amplissima、およびアラスカ州南東部産の新規分類群2017The Lichenologist2017年の論文/published in 2017, BEAST, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, The Lichenologist, アラスカ州/Alaska, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 化学型/chemical type, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新亜種記載/new subspecies, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 生殖的隔離/reproductive isolation, 生物地理学/biogeography, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種複合体/species complex, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌食/mycophagy, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 遺伝子交換/genetic exchange, 遺伝子型/genotype, 遺伝的浮動/genetic drift, 隔離分布/disjunct distributionRicasolia amplissima (Lobariaceae): one species, three genotypes and a new taxon from south-eastern AlaskaRicasolia amplissimaの遺伝的多様性を分子系統解析により検討した。本種が2つの進化的中心を持つことが示され、そのうちアラスカ産の系統を新亜種sheiyiとして記載した。また、Lobaria japonicaに対して新組み合わせR. japonicaを提唱した。Ricasolia amplissima / Ricasolia amplissima★ / Ricasolia japonica▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Lobariaceae/カブトゴケ科
R3-04730Pistacia integerrimaを宿主とする菌類およびインドからの1新種、1新産種の報告2018Acta Mycologica2018年の論文/published in 2018, Acta Mycologica, さび菌/rust fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization methodFungi associated with Pistacia integerrima with a description of a new species and one new record from IndiaインドにおいてPistacia integerrimaにさび病および葉枯病を引き起こした菌類を調査した。そのうち、成熟した葉のみに生じたさび菌の一種をSkierka himalayensisとして新種記載した。また、Pileolaria pistaciaeおよびPestalotiopsis属の一種をインド新産種として報告した。Pileolaria pistaciae■ / Skierka himalayensis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pileolariaceae/ピレオラリア科
R3-04729北米東部産の黒色のツチダンゴ属3新種およびヨーロッパ産の種に関する記録2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Fungal Systematics and Evolution, ウェストバージニア州/West Virginia, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, サウスカロライナ州/South Carolina, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シノニム/synonym, ツガ属/Tsuga, トウヒ属/Picea, ノースカロライナ州/North Carolina, バージニア州/Virginia, フロリダ州/Florida, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミシシッピ州/Mississippi, メリーランド州/Maryland, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 標本入手不可/specimen not available, 稀産種/rare species, 米国/USA, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 隔離分布/disjunct distributionThree new black Elaphomyces species (Elaphomycetaceae, Eurotiales, Ascomycota) from eastern North America with notes on selected European species北米東部からElaphomyces loebiae、E. cibulae、およびE. mitchelliaeの3新種を記載した。これらはそれぞれMalacodermei節、Ceratogaster節、Ascoscleroderma節に含まれ、それぞれ主に広葉樹、コナラ属植物、広葉樹/針葉樹と関係を持っていた。また、E. persoonii var. minorをE. cyanosporusのシノニムとした。Elaphomyces cibulae★ / Elaphomyces cyanosporus / Elaphomyces loebiae★ / Elaphomyces mitchelliae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Elaphomycetales/ツチダンゴ目_Elaphomycetaceae/ツチダンゴ科
R3-04728ゾンビアント菌、Ophiocordyceps unilateralisのエピタイプ指定および再記載2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Fungal Systematics and Evolution, アリ科/Formicidae, エピタイプ指定/epitype designation, オオアリ属/Camponotus, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, レクトタイプ指定/lectotype designation, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主の同定/identification of host, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 種内変異/intraspecific variation, 種複合体/species complex, 誤同定/misidentification, 追熟/ripeningEpitypification and re-description of the zombie-ant fungus, Ophiocordyceps unilateralis (Ophiocordycipitaceae)Ophiocordyceps unilateralisの原記載を批判的に再検討し、宿主を改めてCamponotus sericeiventrisと同定した。ホロタイプ標本が失われ、原記載も重要な情報を欠いていたことから、本種のエピタイプ標本を指定して再記載した。また、本種は分子系統解析で新世界クレードに含まれ、独自の系統を形成した。Ophiocordyceps unilateralisFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-04727多目的資源としてのオンライン画像データベース:AntWeb.orgのスクリーニングによるRickia wasmanniiの新規アリ宿主の発見2017Journal of Hymenoptera Research2017年の論文/published in 2017, Journal of Hymenoptera Research, アリ科/Formicidae, インターネットを活用した情報収集/using the Internet for research, ギリシャ/Greece, ギリシャ新産種/Greece_new record, クシケアリ属/Myrmica, スクリーニング/screening, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 西ギリシャ地方/Ditiki ElladaOnline image databases as multi-purpose resources: discovery of a new host ant of Rickia wasmannii Cavara (Ascomycota, Laboulbeniales) by screening AntWeb.orgオンラインデータベース、AntWeb.orgに収載されているクシケアリ属アリの画像1804枚を対象に、外部寄生菌のスクリーニングを実施した。133種397標本を目視で検討し、ギリシャで採集されたMyrmica hellenicaにおけるRickia wasmanniiの感染を確かめた。このアリは本種の新宿主であり(10種目)、ギリシャにおける本種の報告も初となった(18ヶ国目)。Rickia wasmannii■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目_Laboulbeniaceae/ラブルベニア科
R3-04726Berkleasmium属基準種における無性世代と有性世代の対応関係2017IMA fungus1F=1N, 2017年の論文/published in 2017, IMA fungus, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カナダ/Canada, ケベック州/Quebec, シノニム/synonym, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, テネシー州/Tennessee, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ノースカロライナ州/North Carolina, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 優先権/priority, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 米国/USAAsexual-sexual morph connection in the type species of Berkleasmium分子系統解析により、Berkleasmium属の基準種、B. concinnumがNeoacanthostigma septoconstrictumの無性世代であることを示した。タイプ標本の再検討で両種が同時に発生していたことを確認し、両種を同種と結論づけてN. septoconstrictumをシノニムとした。タイ、プラチュワップキーリーカン県の河川において腐朽材に発生していた標本を基にN. thailandicumを新種記載した。Berkleasmium concinnum / Neoacanthostigma thailandicum★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-04725メキシコにおけるCerinomyces属の初記録2009Revista Mexicana de Biodiversidad2009年の論文/published in 2009, Revista Mexicana de Biodiversidad, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タイプスタディ/type study, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 文献調査/literature search, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyPrimer registro del género Cerinomyces (Fungi: Dacrymycetales) en Méxicoメキシコ、キンタナ・ロー州において採集されたCerinomyces lagerheimiiを報告した。Cerinomyces属菌のメキシコからの報告は初となった。本種は子実層面が平滑で、担子胞子に1-3隔壁を有し、菌糸にクランプを欠くことなどで特徴づけられた。Cerinomyces lagerheimii■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Basidiomycotina/担子菌亜門_Dacrymycetes/アカキクラゲ綱_Dacrymycetales/アカキクラゲ目_Cerinomycetaceae/セリノマイセス科
R3-04724Phytophthora属クレード6aの新種:最近の放散のエビデンス2018Persoonia2018年の論文/published in 2018, Banksia属, Dryad, Hibbertia属, Persoonia, アーティファクト/artifact, オーストラリア/Australia, ススキノキ属/Xanthorrhoea, ススキノキ科/Xanthorrhoeaceae, ヒースランド/heathland, ビワモドキ科/Dilleniaceae, モクマオウ属/Casuarina, モクマオウ科/Casuarinaceae, ヤマモガシ科/Proteaceae, リター菌/litter fungi, リニアグロース/linear growth, 不稔菌糸/sterile mycelium, 乾燥地域/dry area, 共進化/coevolution, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 形質の頻度分布/frequency distribution of the character, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 水試料/water sample, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 湿地帯/wetland, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 種複合体/species complex, 西オーストラリア州/Western Australia, 釣菌法/baiting method, 降水量/precipitation, 隠蔽種/cryptic species, 雑種形成/hybridizationNew species from Phytophthora Clade 6a: evidence for recent radiationオーストラリア、西オーストラリア州の乾燥地域からクレード6aのPhytophthora属卵菌を報告した。その中からP. balyanboodja、P. condilina、P. cooljarloo、P. kwongonina、およびP. pseudorosacearumの5新種を記載した。これらの種はいずれもヒースランドの根圏土壌および植物から分離され、全て35°Cで生育可能で生長が速いことなどで特徴づけられた。Phytophthora balyanboodja★ / Phytophthora condilina★ / Phytophthora cooljarloo★ / Phytophthora kwongonina★ / Phytophthora pseudorosacearum★Chromista/クロミスタ_Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-04723新種Neohelicosporium fusisporumおよびNeohelicosporium属における有性世代の初記録2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, Studies in Fungi, アオイ科/Malvaceae, クラビー県/Krabi, タイ/Thailand, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 胞子の発芽/germination of sporesNeohelicosporium fusisporum sp. nov. (Tubeufiaceae) and a first record of a sexual morph within Neohelicosporiumタイ、クラビー県においてアオイ科植物の果実に発生した菌を検討し、Neohelicosporium fusisporumとして新種記載した。本種は子嚢が二重壁で、子嚢胞子が無色~淡褐色の紡錘形、分生子形成細胞および分生子の幅が狭いことなどで特徴づけられた。また、本種は従来無性世代しか知られていなかったNeohelicosporium属における初の有性世代の報告となった。Neohelicosporium fusisporum★
R3-04722メヒコ州テマスカルテペック市における大型菌類の新産種2011Revista Mexicana de Micología2011年の論文/published in 2011, Revista Mexicana de Micología, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, メヒコ州/Estado de Mexico, モミ属/Abies, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 糞生菌/coprophilous fungi, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 食用きのこ/edible mushroomsNuevos registros de macromicetos para el municipio de Temascaltepec, Estado de Méxicoメキシコ、メヒコ州のテマスカルテペック市から43種の大型菌類を同市における新産種として報告した。そのうちGymnopilus luteofoliusはメキシコ新産種であった。各種の生態写真を掲載し、G. luteofoliusについては走査型電子顕微鏡写真も撮影した。Agaricus augustus■ / Astraeus hygrometricus■ / Boletellus projectellus■ / Boletus edulis■ / Boletus luridus■ / Cortinarius cinnamomeus■ / Crepidotus cesatii■ / Crepidotus mollis■ / Gomphus floccosus■ / Gymnopilus luteofolius■ / Hygrophoropsis aurantiaca■ / Hygrophorus russula■ / Hypomyces hyalinus■ / Hypomyces lactifluorum■ / Hypomyces macrosporus■ / Inocybe geophylla■ / Inocybe lutescens■ / Inocybe obscura■ / Laccaria laccata■ / Laccaria trichodermophora■ / Lacrymaria lacrymabunda■ / Lactarius chrysorrheus■ / Lactarius vietus■ / Lactarius volemus■ / Lycoperdon pyriforme■ / Lycoperdon umbrinum■ / Mycena epipterygia■ / Mycena glaucopa■ / Mycena haematopus■ / Mycena inclinata■ / Pholiota squarrosa■ / Psilocybe coprophila■ / Psilocybe cubensis■ / Rhodophyllus sericeus■ / Russula albonigra■ / Russula virescens■ / Strobilomyces floccopus■ / Suillus bovinus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Boletales/イグチ目_Diplocystaceae/ディプロシスティス科_Boletaceae/イグチ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Inocybaceae/アセタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Hygrophoropsidaceae/ヒロハアンズタケ科_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-04721Karoowia属はXanthoparmelia属にネストされる非関連クレードを含む2010Australian Systematic Botany2010年の論文/published in 2010, Australian Systematic Botany, シノニム/synonym, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 多糖類/polysaccharides, 形質の頻度分布/frequency distribution of characters, 文献調査/literature search, 新学名提唱/new scientific name, 新組み合わせ提唱/new combination, 痂状地衣/crustose lichen, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 走査型電子顕微鏡/SEM, 適応放散/adaptive radiation, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyThe genus Karoowia (Parmeliaceae, Ascomycota) includes unrelated clades nested within XanthoparmeliaKaroowia属の種を対象に分子系統解析を実施し、本属が多系統群であることを示した。本属はXanthoparmelia属とは地衣体が類痂状であることなどを基に分けられていたが、この形質は同属の複数の内部クレードで独自に獲得されていた。この結果を基に、Karoowia属をXanthoparmelia属のシノニムとした。Xanthoparmelia adligans▲ / Xanthoparmelia arquata▲ / Xanthoparmelia ganymedea▲ / Xanthoparmelia insipida▲ / Xanthoparmelia leptoplaca▲ / Xanthoparmelia lyrigera▲ / Xanthoparmelia microscopica▲ / Xanthoparmelia mucinae◆ / Xanthoparmelia perspersa▲ / Xanthoparmelia protocetrarica▲ / Xanthoparmelia ralla▲ / Xanthoparmelia salazinica▲ / Xanthoparmelia saxeti▲ / Xanthoparmelia scitula▲ / Xanthoparmelia spissa▲ / Xanthoparmelia subchalybaeizans▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-04720タイにおいて野生のゾウの糞に生じたPanaeolus antillarum2017Current Research in Environmental & Applied Mycology2017年の論文/published in 2017, Current Research in Environmental & Applied Mycology, DNAバーコーディング/DNA barcoding, アジアゾウ属/Elephas, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, ゾウ科/Elephantidae, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, ナコーンナーヨック県/Nakhon Nayok, 分子同定/molecular identification, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 新産種報告/new record, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 配列決定/sequencingPanaeolus antillarum (Basidiomycota, Psathyrellaceae) from wild elephant dung in Thailandタイのカオヤイ国立公園においてゾウの糞に発生したPanaeolus antillarumを報告した。本種の同定結果は形態のほか、ITS領域の塩基配列によっても裏付けられた。タイ産標本はアンティル産標本とは傘の色、担子胞子の形態、基質などが異なっていたが、塩基配列は同一であった。Panaeolus antillarum■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-04719新組み合わせRicasolia virensのシアノモルフ2016Opuscula Philolichenum2016年の論文/published in 2016, Opuscula Philolichenum, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, シナノキ属/Tilia, トネリコ属/Fraxinus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ノルウェー/Norway, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 散布様式/dispersal style, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 沿岸域/coastal area, 生活環/life cycle, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 誤同定/misidentificationThe cyanomorph of Ricasolia virens comb. nov. (Lobariaceae, lichenized Ascomycetes)Lobaria virensに対して新組み合わせRicasolia virensを提唱した。また、本種のシアノモルフおよびフォトシンビオデームを初めて報告した。本種はクロロモルフの生育中にシアノモルフが腐朽、消失する性質を有していた。Ricasolia virens▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Lobariaceae/カブトゴケ科
R3-04718セルビア産のトリュフの新種、Tuber petrophilum2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycortaxon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ズラティボル郡/Zlatibor, セルビア/Serbia, ディナル・アルプス山脈/Dinaric Alps, トウヒ属/Picea, フェノロジー/phenology, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitation, 黒トリュフ/black truffleTuber petrophilum, a new truffle species from Serbiaセルビア、タラ山において石灰岩に溜まった土の中に見出されたトリュフの一種を検討し、Tuber petrophilumとして新種記載した。本種は子嚢果が微小で帯赤黒色、子嚢胞子が卵状、楕円形~類紡錘形で刺状装飾を有することなどで特徴づけられた。本種がITS領域に基づく分子系統解析で含まれたT. melanosporum系統の検索表を掲載した。Tuber petrophilum★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-04717イラン、セミーロム地域におけるリンゴのCytospora潰瘍病の研究2011Journal of Agricultural Technology2011年の論文/published in 2011, Journal of Agricultural Technology, イラン/Iran, エスファハーン州/Isfahan, バラ科/Rosaceae, リンゴ属/Malus, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/canker, 種内変異/intraspecific variation, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization methodStudies on Cytospora canker disease of apple trees in Semirom region of Iranイラン、エスファハーン州のセミーロム地域においてリンゴの木にCytospora潰瘍病を引き起こした菌を検討した。C. cincta、C. schulzeriなどテレオモルフ、アナモルフ合わせて6種を同定した。C. leucostomaのイランにおけるリンゴからの報告は初となった。Cytospora chrysosperma■ / Cytospora leucostoma■ / Leucostoma cinctum■ / Valsa malicola■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-04716Carpinus betulusを宿主とするリトアニア産微小菌類 (2):アナモルフ菌2007Botanica Lithuanica2007年の論文/published in 2007, Botanica Lithuanica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アリートゥス郡/Alytus, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, マリヤンポレ郡, リター菌/litter fungi, リトアニア/Lithuania, リトアニア新産種/Lithuania_new record, ヴィリニュス郡/Vilnius, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 地理的分布/geographical distribution, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveyMicroscopic fungi on Carpinus betulus in Lithuania. 2. Anamorphic fungiリトアニアにおいてCarpinus betulusに見出されたアナモルフ菌の一覧を作成した。材、樹皮、枝、幹、切り株、落葉、果実などから47属59種を報告した。そのうちChaetopsis griseaなど21種がリトアニア新産種であった。Alysidium resinae / Aposphaeria agminalis■ / Asteroma carpini / Bactrodesmium spilomeum / Bispora betulina■ / Brachysporium nigrum / Camposporium cambrense / Chaetopsis grisea■ / Chalara cylindrosperma / Cheirospora botryospora / Chloridium clavaeforme / Chloridium lignicola / Chloridium preussii■ / Chloridium virescens / Cordana pauciseptata / Corynesporopsis quercicola■ / Cryptocoryneum condensatum / Cryptosporiopsis fasciculata■ / Cytospora ambiens / Cytospora leucostoma / Dactylaria congregata■ / Dactylaria parvispora / Dendryphion nanum■ / Dendryphiopsis atra■ / Diaporthe carpini■ / Dictyosporium toruloides / Discosporina deplanata■ / Endophragmiella biseptata / Endophragmiella corticola■ / Endophragmiella ellisii■ / Gonytrichum caesium / Helicomyces roseus■ / Helicosporium vegetum / Hendersonia carpini■ / Kylindria zignoëllae / Lauriomyces catenatus / Melanconium microspermum / Melanconium ramulorum■ / Menispora caesia / Menispora ciliata / Monodictys paradoxa / Monostichella robergei / Oedemium minus / Oncopodiella trigonella / Periconia cookei / Phialocephala fusca■ / Phomopsis sordida / Pleurothecium recurvatum / Pseudospiropes obclavatus■ / Pseudospiropes subuliferus■ / Sporoschisma juvenile / Stachybotrys dichroa■ / Stilbospora macrosperma / Taeniolella alta / Taeniolella stilbospora / Taeniolina scripta■ / Trimmatostroma betulinum / Truncatella angustata / Tubercularia vulgarisFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Botryobasidiaceae/ボトリオバシディウム科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Gnomoniaceae/グノモニア科_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Trichosphaeriaceae/トリコスフェリア科_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科_Valsaceae/ヴァルサ科_Torulaceae/トルラ科_Diaporthaceae/ディアポルテ科_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Melanconidaceae/メラノコニス科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Chaetosphaerellaceae/ケートスフェレラ科_Vibrisseaceae/ピンタケ科_Incertaesedis/所属未確定_Helotiaceae/ビョウタケ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Stachybotryaceae/スタキボトリス科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04715ウズベキスタンのビャクシン林に産したAntrodia属1新種2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, ウズベキスタン/Uzbekistan, ジザフ州/Jizzakh, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiA new species of Antrodia (Basidiomycota, Polyporales) from juniper forest of Uzbekistanウズベキスタン、ジザフ州のビャクシン林で採集された褐色腐朽菌の一種を検討し、Antrodia uzbekistanicaとして新種記載した。本種は子実体が一年生で背着生、孔口が大型、担子胞子が無色円筒形薄壁、2菌糸型で生殖菌糸にクランプを有し、厚壁胞子がシアノフィリックであることなどで特徴づけられた。本種はITS+nrLSUに基づく分子系統解析でAntrodia属クレードにおいて独自の系統を形成した。Antrodia uzbekistanica★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-04714新組み合わせPyrofomes juniperinus、北米に産するP. demidoffiiの姉妹種2017Annales Botanici Fennici2017年の論文/published in 2017, Annales Botanici Fennici, オクラホマ州/Oklahoma, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ニュージャージー州/New Jersey, バージニア州/Virginia, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ミズーリ州/Missouri, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 材生息菌/lignicolous fungusPyrofomes juniperinus, comb. nova, the North American sibling of P. demidoffii (Polyporales, Basidiomycota)北米産の従来Pyrofomes demidoffiiと同定されてきた種がそれとは別種のPolyporus juniperinusであることを示した。この種をPolyporus属からPyrofomes属に移した。また、Pyropolyporus earleiについてもタイプ標本を検討し、P. juniperinusの亜種とした。Pyrofomes juniperinus▲■ / Pyrofomes juniperinus▲●Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04713トルコにおいて石灰岩に発生した粉芽を有する新種、Lecania sessilisoraliata2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, トルコ/Turkey, ブルドゥル県/Burdur, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 気温/temperature, 湿度/humidity, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 降水量/precipitationLecania sessilisoraliata, a new sorediate lichen species from limestone in Turkeyトルコ、ブルドゥル県において石灰岩に発生した地衣の一種を検討し、Lecania sessilisoraliataとして新種記載した。本種は地衣体が淡いオリーブ色の小区画状で、子器が小型、粉芽塊が類白色無柄、粉芽が小粒状であることなどで特徴づけられた。本種はL. baeommaとは分布および粉芽塊の色が異なっていた。Lecania sessilisoraliata★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-04712北欧の老齢針葉樹林に生じた地衣の新種、Cliostomum piceicola2017Herzogia2017年の論文/published in 2017, Herzogia, アトラノリン類/atranorins, イェムトランド県/Jämtland, ウスニン酸類/usnic acids, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コミ共和国/Komi Republic, スウェーデン/Sweden, トウヒ属/Picea, ヌールラン県/Nordland, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ベンゾフラン類/benzofurans, マツ科/Pinaceae, ロシア/Russia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyCliostomum piceicola, a new lichen species from oldgrowth coniferous forests in northern Europeスカンジナビアおよびロシアの老齢林で採集された地衣を検討し、Cliostomum piceicolaとして新種記載した。本種は主にドイツトウヒの樹皮および材に発生し、地衣体表面が微細な疣状で、未知の地衣成分を含むことなどで特徴づけられた。本種はCliostomum corrugatumと混同されてきたが、分布、形態、化学成分、生態などが異なっていた。Cliostomum piceicola★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-04711パパイヤを宿主とするうどんこ病菌 – 混乱と隠れた多様性の物語2017Mycosphere1F=1N, 2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, エピタイプ指定/epitype designation, カリフォルニア州/California, ゲレーロ州/Guerrero, シノニム/synonym, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, チエンラーイ県/Chiang Rai, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, パパイヤ属/Carica, パパイヤ科/Caricaceae, メキシコ/Mexico, レクトタイプ指定/lectotype designation, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的変遷/taxonomic changes, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 無効学名/invalid name, 疑問種/doubtful species, 種複合体/species complex, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 隠蔽種/cryptic speciesPowdery mildew species on papaya – a story of confusion and hidden diversityパパイヤを宿主とするうどんこ病菌を検討し、Erysiphe caricae-papayae(新種)、E. fallax(新種)、E. diffusa、E. caricae、およびE. necatorを同定した。Oidium caricaeをE. diffusaの異タイプシノニムとし、新組み合わせPodosphaera caricicolaのエピタイプおよびレクトタイプ標本を指定した。パパイヤを宿主とするうどんこ病菌の検索表を掲載した。Erysiphe caricae / Erysiphe diffusa / Erysiphe fallax★ / Erysiphe necator / Podosphaera caricicola▲ / Podosphaera xanthiiFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04710タイの水生環境において見出されたSporoschisma属新種2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeNew species of Sporoschisma (Chaetosphaeriaceae) from aquatic habitats in Thailandタイのプラチュワップキーリーカン県において小川に沈んだ材に生じた菌を検討し、Sporoschisma palauenseおよびS. longicatenatumの2新種を記載した。前者は褐色3隔壁の分生子、後者は長い分生子鎖などで特徴づけられ、いずれも有性世代は見出されなかった。また、同所で採集されたS. hemipsilaの記載文および写真などを掲載した。Sporoschisma hemipsila / Sporoschisma longicatenatum★ / Sporoschisma palauense★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科
R3-04709針葉樹の葉を占有するChalara属新種2011Fungal Diversity2011年の論文/published in 2011, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アーティファクト/artifact, ウプサラ県/Uppsala, ウースチー州/Usti, エピタイプ指定/epitype designation, エンドファイト/endophyte, コンタミ/contamination, シンアナモルフ/synanamorph, スウェーデン/Sweden, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, トウヒ属/Picea, ドイツ/Germany, ネステッドPCR/nested PCR, ヒマラヤスギ属/Cedrus, フランス/France, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, リターバッグ/litter bag, リター菌/litter fungi, リトアニア/Lithuania, レクトタイプ指定/lectotype designation, ヴォクリューズ県/Vaucluse, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南ボヘミア州/South Bohemian, 収斂進化/convergent evolution, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 胞子散布/spore dispersal, 腐生菌/saprobe, 虫散布/dispersal by insects, 誤同定/misidentification, 難培養性菌/uncultured fungiNew species of Chalara occupying coniferous needles針葉樹の葉から分離されたChalara属菌を検討した。その中からC. holubovae、C. hyalocuspica、C. pseudoaffinis、およびC. rectaの4新種を記載した。C. piceae-abietisのエピタイプ標本を指定した一方、他の2種は適切な標本が見出されなかった。Chalara austriaca / Chalara holubovae★ / Chalara hyalocuspica★ / Chalara longipes / Chalara piceae-abietis / Chalara pseudoaffinis★ / Chalara recta★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門
R3-04708中国雲南省産の目立つ青色の新種のきのこ、Entoloma mengsongense2017Turkish Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Turkish Journal of Botany, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新種記載/new species, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/YunnanEntoloma mengsongense sp. nov. (Entolomataceae, Agaricales), a remarkable blue mushroom from Yunnan Province, China中国雲南省で採集された菌を検討し、Entoloma mengsongenseとして新種記載した。本種は子実体が空色~帯緑青色、傘が円錐形~扁平凹形で帯黄褐色の被膜を伴い、担子胞子が立方体状正方形であることなどで特徴づけられた。本種はInocephalus亜属の特徴を有し、他の青色の近縁種とは形態および分子系統に基づき区別された。Entoloma mengsongense★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-04707韓国においてマツの木に生じたCladosporium属エンドファイト2種2008Mycobiology2008年の論文/published in 2008, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 大田広域市/Daejeon, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 生物多様性調査/biodiversity survey, 表面殺菌法/surface sterilization method, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordTwo Species of Endophytic Cladosporium in Pine Trees in Korea韓国、大田広域市の山地においてマツの針葉に生息するエンドファイトを調査した。Cladosporium oxysporumおよびC. sphaerospermumの2種を韓国新産種として報告した。両種の同定は培養性状、顕微鏡的形質、およびITS領域の配列を基に行った。Cladosporium oxysporum■ / Cladosporium sphaerospermum■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科
R3-04706韓国新産の大型菌類8種2017The Korean Journal of Mycology2017年の論文/published in 2017, The Korean Journal of Mycology, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, リター菌/litter fungi, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 堆肥/compost, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 江原道/Kangwon-do, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordEight Previously Unreported Species of Macrofungi from Korea韓国の江原道、全羅南道、および忠清南道において大型菌類の調査を実施した。Coprinopsis romagnesiana、Daldinia loculataなど8種を韓国新産種として報告した。各種を形態形質およびrDNA配列データに基づき同定した。Coprinopsis romagnesiana■ / Daldinia loculata■ / Gymnopus biformis■ / Gymnopus montagnei■ / Gymnopus sepiiconicus■ / Hebeloma danicum■ / Pholiota limonella■ / Russula brevipes■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-04705トルコ新産属、Acrodictys、Corynespora、Karstenula、Oncopodium、およびSporocadus属2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クルシェヒル県/Kırşehir, クロウメモドキ属/Rhamnus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, グミ属/Elaeagnus, グミ科/Elaeagnaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 降水量/precipitationAcrodictys, Corynespora, Karstenula, Oncopodium, and Sporocadus: new genera for Turkeyトルコ、クルシェヒル県からAcrodictysなど5つの属をトルコ新産属として報告した。これらの種はヤナギ属、クロウメモドキ属、グミ属植物などの材に発生していた。各種について記載文などを掲載した。Acrodictys elliptica■ / Corynespora cambrensis■ / Karstenula rhodostoma■ / Oncopodium elaeagni■ / Sporocadus pezizoides■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Corynesporascaceae/コリネスポラスカ科_Didymosphaeriaceae/ディディモスフェリア科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Amphisphaeriaceae/アンフィスフェリア科
R3-04704ブラジルおよびガイアナ産のキクバナイグチ属Boletellus節菌の研究2017Current Research in Environmental & Applied Mycology2017年の論文/published in 2017, Current Research in Environmental & Applied Mycology, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), ガイアナ/Guyana, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiStudies on Boletellus sect. Boletellus in Brazil and Guyanaブラジル、ペルナンブーコ州で採集された菌を検討し、Boletellus cremeovelosusとして新種記載した。本種は子実体が全く桃色、赤色、紫色などを帯びず、傘表面が中央部ほど直立する柔らかい鱗片状であることなどで特徴づけられた。また、南米新産種としてB. ananas var. crassotunicatusを報告した。Boletellus ananas / Boletellus ananas■ / Boletellus cremeovelosus★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04703糞および淡水試料由来の韓国新産種3種2017The Korean Journal of Mycology2017年の論文/published in 2017, Melanoplus属, The Korean Journal of Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クマネズミ属, ネズミ科/Muridae, バッタ科, 光州広域市/Gwangju, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 虫糞/insect frass, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordThree Unrecorded Fungal Species from Fecal and Freshwater Samples in Korea韓国新産種としてAlbifimbria terrestris、Cephaliophora tropica、およびMariannaea aquaticolaの3種を報告した。これらは光州においてバッタの糞、ラットの糞、河川の水から分離された。各種について記載文およびコロニーの写真、顕微鏡写真を掲載し、分子系統解析を実施した。Albifimbria terrestris■ / Cephaliophora tropica■ / Mariannaea aquaticola■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Stachybotryaceae/スタキボトリス科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04702コスタリカの都市遺存林において見出された新規の地衣共生様式を有する菌類の新系統、Eremithallus costaricensis2008Symbiosis2008年の論文/published in 2008, Symbiosis, クローニング/cloning, コスタリカ/Costa Rica, サンホセ州/San Jose, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新属提唱/new genus, 新目提唱/new order, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 遺存林/relict forests, 都市環境/urban environmentEremithallus costaricensis (Ascomycota: Lichinomycetes: Eremithallales), a new fungal lineage with a novel lichen symbiotic lifestyle discovered in an urban relict forest in Costa Ricaコスタリカの森林から新種の地衣、Eremithallus costaricensisを記載し、本種を新目新科新属に置いた。本種の地衣化様式は未知の型であり、自身の地衣体を形成せず、さながらヤドカリのように樹皮の細胞内の共生藻と菌糸を介した関係を有していた。本種は形態的にオストロパ目菌類に類似していたが、分子系統解析ではリキナ目に近縁な独自の系統を形成した。Eremithallus costaricensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Eremithallales/エレミタルス目_Melaspileaceae/メラスピレア科
R3-04701rDNA配列データに基づきZygosporium属に対して設立された新科ザイゴスポリウム科2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, Ptychosperma属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, タコノキ属/Pandanus, タコノキ科/Pandanaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新科提唱/new family, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanEstablishment of Zygosporiaceae fam. nov. (Xylariales, Sordariomycetes) based on rDNA sequence data to accommodate Zygosporium分子系統解析により、Zygosporium属が強く支持される単系統群を形成することを示し、本属に対して新科ザイゴスポリウム科を提唱した。本属は従来ミクロドチウム科の姉妹群と考えられていたが、コノセッシア科と近縁であることが示された。タイ産のZ. oscheoidesおよび中国産のZ. minus標本を検討し、それぞれをリファレンス標本に指定した。Zygosporium minus■ / Zygosporium oscheoidesFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門
R3-04700新種Xerocomellus redeuilhii2016Rivista di Micologia2016年の論文/published in 2016, Rivista di Micologia, UNITE, アサダ属/Ostrya, イタリア/Italy, イタリア語/Italian, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 石灰質土壌/calcareous soil, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentificationXerocomellus redeuilhii sp. nov.南欧においてコナラ属樹下などの石灰質土壌に発生した菌を検討し、Xerocomellus redeuilhiiとして新種記載した。本種は従来、北米産のX. dryophilusと誤同定されていた。本種はX. dryophilusとは傘表皮の末端細胞の形態などが異なっていた。Xerocomellus redeuilhii★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04699ツボカビ目の新種、Rhizidium phycophilum2009Mycologia2009年の論文/published in 2009, Mycologia, オーストラリア/Australia, キチン, キチン分解菌, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, 側系統群/paraphyletic group, 共培養/coculture, 冷温帯雨林/cool temperate rainforest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 土壌菌/soil fungi, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 緑藻/green algae, 腐生菌/saprobe, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEM, 釣菌法/baiting method, 鞭毛/flagellum, 鞭毛装置/flagellar apparatusRhizidium phycophilum, a new species in Chytridialesオーストラリア、ニューサウスウェールズ州の冷温帯雨林において採集された菌を検討し、Rhizidium phycophilumとして新種記載した。本種は土壌から花粉を用いて分離されたが、キチン分解性を有するとともに、緑藻と関係を持つとみられた。本種は同属他種とは遊走子嚢のサイズや装飾、遊走子の放出様式などが異なり、分子系統解析で単系統群を形成するとともに独自の超微細構造を有していた。Rhizidium phycophilum★Fungi/菌界_Chytridiomycota/ツボカビ門_Chytridiomycetes/ツボカビ綱_Chytridiales/ツボカビ目_Chytridiaceae/ツボカビ科
R3-04698ロシア新産種、Heterodermia incana2017Herzogia2017年の論文/published in 2017, Herzogia, アトラノリン類/atranorins, サハリン州/Sakhalin, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 隔離分布/disjunct distribution, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyHeterodermia incana (Physciaceae), a new record for Russiaロシア、サハリンから稀産種のHeterodermia incanaを報告した。本種は従来熱帯から知られており、この記録は最北であるとともに広い隔離分布が示された。HPTLCでは主要な成分としてアトラノリンおよびゼオリンが検出された。Heterodermia incana■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-04697形態データおよび分子系統学的根拠に基づく新熱帯産の新属新種Aegis boa2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, アルゼンチン/Argentina, サルタ州/Salta, ユンガス/yungas, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestAegis boa (Polyporales, Basidiomycota) a new neotropical genus and species based on morphological data and phylogenetic evidencesアルゼンチン北西部の山地で採集された菌を検討し、新属新種Aegis boaとして記載した。本種は担子胞子がソーセージ形であり、1菌糸型で生殖菌糸が幅広く厚壁であることなどで特徴づけられた。本種はAntrodiella aurantilaetaおよびマイタケ属菌とともにGrifolaクレードをなし、その内部で独立の系統を形成した。Aegis boa★
R3-04696養菌性キクイムシの坑道から分離された子嚢菌酵母の2新種、Wickerhamomyces scolytoplatypiおよびCyberlindnera xylebori2013International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2013年の論文/published in 2013, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, GC含量/GC content, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, Scolytoplatypus属, Xyleborus属, Xylosandrus属, キクイムシ科/Scolytidae, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ユビキノン/ubiquinone, 二型性/dimorphism, 京都府/Kyoto, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北海道/Hokkaido, 呈色反応/chemical reaction, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 宮城県/Miyagi, 岩手県/Iwate, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新潟県/Niigata, 新種記載/new species, 日本/Japan, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 養菌性キクイムシ/ambrosia beetle, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyTwo novel ascomycetous yeast species, Wickerhamomyces scolytoplatypi sp. nov. and Cyberlindnera xylebori sp. nov., isolated from ambrosia beetle galleries養菌性キクイムシの坑道から分離されたWickerhamomyces scolytoplatypiおよびCyberlindnera xyleboriの2新種を記載した。前者は岩手県、北海道、新潟県においてショウグンキクイムシの感染を受けたブナなどから分離された。後者は宮城県、京都府においてそれぞれXyleborus属、Xylosandrus属キクイムシの坑道から分離された。Cyberlindnera xylebori★ / Wickerhamomyces scolytoplatypi★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Wickerhamomyceteae/ウィッカーハモマイセス綱
R3-04695Diaporthe属は側系統群である2017IMA fungus1F-1N, 2017年の論文/published in 2017, IMA fungus, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, オシロイバナ科/Nyctaginaceae, カエデ属/Acer, カタバミ科/Oxalidaceae, カンレンボク属, キク科/Asteraceae, クスノキ科/Lauraceae, グミ属/Elaeagnus, グミ科/Elaeagnaceae, コミカンソウ属/Phyllanthus, コミカンソウ科/Phyllanthaceae, コーヒーノキ属/Coffea, ゴレンシ属/Averrhoa, サルスベリ属/Lagerstroemia, シロダモ属/Neolitsea, タイプスタディ/type study, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, トキワマンサク属/Loropetalum, トチュウ属, トチュウ科, ヌマミズキ科/Nyssaceae, ハンノキ属/Alnus, ヒマワリ属/Helianthus, フウ属/Liquidambar, フウ科/Altingiaceae, ブーゲンビリア属, マンサク科/Hamamelidaceae, ミソハギ科/Lythraceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ラオス/Laos, リニアグロース/linear growth, ロウバイ属, ロウバイ科, 中国/China, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新学名提唱/new scientific name, 新種記載/new species, 日本/Japan, 未記載種/undescribed species, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 江西省/Jiangxi, 浙江省/Zhejiang, 潰瘍病/canker, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 移入種/alien species, 種の境界/species delimitation, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 種複合体/species complex, 胞子形成誘導/sporulation induction, 表面殺菌法/surface sterilization method, 雲南省/YunnanDiaporthe is paraphyleticDiaporthe属菌の分類を検討して8新種を記載し、Phomopsis属12種を本属に移した。複数遺伝子に基づく分子系統解析により、本属が側系統群であることを明らかにした。しかし、単系統群の複数属に分割するには時期尚早であり、さらなる標本とデータセットを要するとした。Diaporthe acutispora★ / Diaporthe averrhoae▲ / Diaporthe camptothecae▲ / Diaporthe chimonanthi▲ / Diaporthe elaeagni-glabrae★ / Diaporthe eucommiae▲ / Diaporthe eucommiicola▲ / Diaporthe glabrae▲ / Diaporthe helianthi / Diaporthe incompleta★ / Diaporthe lagerstroemiae▲ / Diaporthe liquidambaris▲ / Diaporthe loropetali▲ / Diaporthe magnoliicola▲◆ / Diaporthe michelina▲ / Diaporthe phyllanthicola▲ / Diaporthe podocarpi-macrophylli★ / Diaporthe undulata★ / Diaporthe velutina★ / Diaporthe xishuangbanica★ / Diaporthe yunnanensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科
R3-04694Octaviania asterospermaの近年の生態および分布データ2010Acta Mycologica2010年の論文/published in 2010, Acta Mycologica, アオイ科/Malvaceae, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シナノキ属/Tilia, トウヒ属/Picea, ハシバミ属/Corylus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ポーランド/Poland, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 動物散布/animal dispersal, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布様式/dispersal style, 文献調査/literature search, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 石灰岩/limestone, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子散布/spore dispersal, 腹菌類/gastromycetes, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌食/mycophagy, 走査型電子顕微鏡/SEMOctaviania asterosperma (hypogeous Basidiomycota) Recent data to ecology and distributionOctaviania asterospermaの中欧における分布に関する新規データを報告した。採集された標本に基づく記載文を掲載し、ポーランドにおける本種の全採集地をマッピングした。また、ポーランドの2ヶ所で採集された標本はSepedonium laevigatumによる寄生を受けていた。Octaviania asterosperma / Sepedonium laevigatumFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Boletales/イグチ目_Octavianiaceae/ホシミノタマタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-04693中国産Atraporiella属1新種の形態学的・分子生物学的同定2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanMorphological and molecular identification of a new species of Atraporiella (Polyporales, Basidiomycota) in China中国雲南省で採集された多孔菌の一種を検討し、Atraporiella yunnanensisとして新種記載した。本種は子実体が背着生で孔口面がクリーム色、傷つくと速やかに暗褐色~黒色、担子胞子が僅かにソーセージ形、1菌糸型でクランプを有することなどで特徴づけられた。本種はITS+nrLSUに基づく分子系統解析でA. neotropicaに近縁であった。Atraporiella yunnanensis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱
R3-04692フェオスフェリア科の新種および無性世代/有性世代の対応関係2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イネ科/Poaceae, イラン/Iran, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, クルマバソウ属/Asperula, ゴレスターン州/Golestan, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ヨシ属/Phragmites, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩類土壌/saline soil, 希釈平板法/dilution plate method, 新属提唱/new genus, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 水辺/waterside, 汽水域/brackish waters, 湿地帯/wetland, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanNovel fungal species of Phaeosphaeriaceae with an asexual/sexual morph connection中国雲南省においてイネ科植物に生じた菌を検討し、新属新種Yunnanensis phragmitisとして記載した。また、イラン産の土壌菌の新種、Neosetophoma iranianumを記載した。イタリアからWojnowicia dactylidisの有性世代を初めて報告した。Neosetophoma iranianum★ / Wojnowicia dactylidis / Yunnanensis phragmitis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科
R3-04691ヒマーチャル・プラデーシュ州における不完全糸状菌類の多様性 (1)2016Journal on New Biological Reports2016年の論文/published in 2016, Journal on New Biological Reports, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, インド/India, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ナツメヤシ属/Phoenix, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, マツ科/Pinaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobeHyphomycetes diversity of Himachal Pradesh-Iインド、ヒマーチャル・プラデーシュ州からDendryphiopsis atra、Melanographium citri、Moorella speciosa、Sporoschisma mirabile、およびVirgaria nigraの5種を報告した。そのうち2種を北西ヒマラヤ新産種、1種をヒマーチャル・プラデーシュ州新産種として報告した。各種の記載文、顕微鏡写真などを掲載した。Dendryphiopsis atra■ / Melanographium citri■ / Moorella speciosa■ / Sporoschisma mirabile■ / Virgaria nigra■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04690中国産のマクカワタケ科に含まれるKOH陽性多孔菌の新属、新組み合わせGeliporus exilisporus2017Mycoscience2017年の論文/published in 2017, Mycoscience, TreeBASE, コナラ属/Quercus, シイ属/Castanopsis, タイプスタディ/type study, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeGeliporus exilisporus gen. et comb. nov., a xanthochroic polypore in Phanerochaetaceae from ChinaInonotopsis exilisporaに対して新属Geliporusを提唱した。本種は子実体が背着生で、KOHで暗色に呈色し、担子胞子が長楕円形~円筒形、1菌糸型でクランプを欠くことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でマクカワタケ科クレードに含まれ、Hyphodermella属に近縁であった。Geliporus exilisporus▲Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-04689裸子植物を宿主とするOnnia属菌の地球規模多様性および系統分類2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, Mycologia, TreeBASE, チベット自治区/Tibet, トウヒ属/Picea, ニュージャージー州/New Jersey, バージニア州/Virginia, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミシガン州/Michigan, メリーランド州/Maryland, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 地理的分布/geographical distribution, 安徽省/Anhui, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 浙江省/Zhejiang, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USAGlobal diversity and phylogeny of Onnia (Hymenochaetaceae) species on gymnosperms裸子植物を宿主とするOnnia属菌を検討し、O. subtriquetra、O. microspora、およびO. tibeticaの3新種を記載した。これらはそれぞれ米国、中国、中国において見出され、いずれもマツ属植物を宿主としていた。裸子植物を宿主とする本属菌の検索表を掲載した。Onnia microspora★ / Onnia subtriquetra★ / Onnia tibetica★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04688エジプト新産種、Lecanicillium aphanocladii2017Journal of Bacteriology & Mycology: Open Access2017年の論文/published in 2017, Journal of Bacteriology & Mycology: Open Access, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エジプト/Egypt, エジプト新産種/Egypt_new record, コンタミ/contamination, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 虫散布/dispersal by insectsNew Record of Lecanicillium aphanocladii Family: Cordycipitaceae from Egyptエジプト新産種としてLecanicillium aphanocladiiを報告した。本種は保存されたPDA培地のコンタミ菌として見出され、ダニなどによって運ばれたと考えられた。顕微鏡的形質および培養性状を基に同定し、nrLSUの配列決定によってその結果を確かめた。Lecanicillium aphanocladii■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱
R3-04687タスマニア産の高山性地衣の顕著な新属、Cameronia属2012The Lichenologist2012年の論文/published in 2012, The Lichenologist, オーストラリア/Australia, ジベンゾフラン類/dibenzofurans, タスマニア州/Tasmania, デプシド類/depsides, パンナリン類/pannarins, ヒースランド/heathland, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 未記載種/undescribed species, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 高山帯/alpine region, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyCameronia (lichenized Ascomycetes), a remarkable new alpine genus from Tasmaniaオーストラリア、タスマニアの高山帯に産した地衣類を検討し、新属Cameroniaを提唱した。本属は地衣体が痂状で被子器が深く埋生し、子嚢が4胞子性で子嚢胞子が無色石垣状であることなどで特徴づけられた。本属にタスマニア高地固有種のC. pertusarioidesおよびC. tectaの2新種を含めた。Cameronia pertusarioides★ / Cameronia tecta★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Baeomycetales/センニンゴケ目
R3-04686サブサハラアフリカ産Fomitiporia属:形態および複数遺伝子に基づく系統解析によりギニア-コンゴ熱帯雨林産の3新種が支持された2010Mycologia2010年の論文/published in 2010, Gilbertiodendron属, Mycologia, Ocotea属, TreeBASE, エスチュエール州, オゴウェ・イヴィンド州/Ogooué-ivindo, ガボン/Gabon, クスノキ科/Lauraceae, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物地理学/biogeography, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 菌食/mycophagy, 隔離分布/disjunct distributionFomitiporia in sub-Saharan Africa: morphology and multigene phylogenetic analysis support three new species from the Guineo-Congolian rainforestガボンからFomitiporia nobilissima、F. gabonensis、およびF. ivindoensisの3新種を記載した。これらの新種は子実体が傘状で担子胞子が小型、剛毛を欠くことなどで特徴づけられ、傘の形態や孔口面の色などが互いに異なり、それぞれ分子系統解析で独自の系統を形成した。サブサハラアフリカ産の本属菌6種の検索表を掲載し、新組み合わせF. apiahynaを提唱した。Fomitiporia apiahyna▲ / Fomitiporia gabonensis★ / Fomitiporia ivindoensis★ / Fomitiporia nobilissima★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04685オーストラリア産ニセザクロゴケ属地衣のさらなる追加2016Muelleria2016年の論文/published in 2016, Dacrydium属, Muelleria, アントラキノン類/anthraquinones, オーストラリア/Australia, シキミモドキ属, シキミモドキ科/Winteraceae, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, タスマニア州/Tasmania, ビクトリア州/Victoria, マキ科/Podocarpaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 色素産生/pigment production, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine regionFurther additions to the lichen genus Ramboldia (Lecanoraceae) from Australiaオーストラリア、ビクトリア州からRamboldia atromarginataを、タスマニア州からR. greenianaをそれぞれ新種記載した。前者は樹皮生で子器縁部が帯黒褐色であることで、後者は岩上生で地衣体が裂芽状であることなどでそれぞれ特徴づけられた。また、Lecidea subsericeaがRamboldia stuartiiのシノニムであることを示した。Ramboldia atromarginata★ / Ramboldia greeniana★ / Ramboldia stuartiiFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-04684ブラジル、パラナ州西部産のヒメムキタケ属菌2017Acta Biológica Paranaense2017年の論文/published in 2017, Acta Biológica Paranaense, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 種内変異/intraspecific variationHohenbuehelia (Pleurotaceae) in western Paraná, Brazilブラジル、パラナ州西部の大西洋岸森林から5種のヒメムキタケ属菌を報告した。そのうちHohenbuehelia mastrucataをパラナ州新産種として報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Hohenbuehelia angustata / Hohenbuehelia bullulifera / Hohenbuehelia mastrucata■ / Hohenbuehelia paraguayensis / Hohenbuehelia portegnaFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pleurotaceae/ヒラタケ科
R3-04683形態および分子の証拠により支持されたタイ産の新種のトリュフ、Tuber lannaense2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, TreeBASE, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 新種記載/new species, 森林/forest, 独立種/independent species, 白トリュフ/white truffle, 砂質ローム土壌/sandy loam soil, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMMorphological and molecular evidence support a new truffle, Tuber lannaense, from Thailandタイ、チェンマイ県で採集された地下生菌の一種を検討し、Tuber lannaenseとして新種記載した。本種はカバノキ属およびクマシデ属樹木を宿主とし、子嚢果が黄褐色~褐色でグレバが暗褐色、子嚢胞子が狭楕円形~楕円形で刺状の網目を有することなどで特徴づけられた。また、従来シノニムとされていたT. furfuraceumとT. huidongenseが別種であることを示した。Tuber lannaense★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-04682Thaxterの収集品に隠されていたお宝:アフリカのゾウムシ科昆虫に寄生する新種Laboulbenia camerunensis2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, カメルーン/Cameroon, シギゾウムシ属, ゾウムシ科/Curculionidae, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 菌類学者/mycologistLong-hidden in Thaxter’s treasure trove: Laboulbenia camerunensis sp. nov. parasitic on African CurculionidaeThaxterの永久プレパラートコレクションにおいて、カメルーン産のシギゾウムシ属甲虫に寄生していたラブルベニア菌の一種を見出し、Laboulbenia camerunensisとして新種記載した。本種はゾウムシ科を宿主とする7番目の種であり、アフリカの報告は初であった。本種は基部に2隔壁を有し、最も外側の枝が暗色である特徴的な外部付属糸を有し、これにより同属他種と区別された。Laboulbenia camerunensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目_Laboulbeniaceae/ラブルベニア科
R3-04681多肉植物に生じたヌカホコリ属変形菌の1新種2017Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2017年の論文/published in 2017, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, Opuntia属, アンダルシア州/Andalusia, エストレマドゥーラ州/Extremadura, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, カナリア諸島/Canary Islands, サボテン科/Cactaceae, スペイン/Spain, バハ・カリフォルニア州/Baja California, マカロネシア/Macaronesia, メキシコ/Mexico, リター菌/litter fungi, 乾燥地域/dry area, 変形菌類/slime mold, 新種記載/new species, 植林地/plantation, 走査型電子顕微鏡/SEMA new species of Hemitrichia in succulent plantsスペインおよびメキシコにおいてOpuntia属植物に生じた変形菌の一種を検討し、Hemitrichia succulenticolaとして新種記載した。本種は子実体が橙褐色球形、細毛体が管状の糸からなり、胞子が大型疣状であることなどで特徴づけられた。本種は細毛体に塊茎状の膨大部を有し、この特徴からH. minorと混同されてきた。Hemitrichia succulenticola★Protozoa/プロトゾア_Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Trichiales/ケホコリ目_Trichiaceae/ケホコリ科
R3-04680イタリア、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州産の新種、Coprinopsis aesontiensis2016Micologia e vegetazione mediterranea2016年の論文/published in 2016, Micologia e vegetazione mediterranea, イタリア/Italy, フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州/Friuli-Venezia Giulia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore printCoprinopsis aesontiensis, a new species found in Friuli Venezia Giulia, Italyイタリア、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州において埋もれ木から発生した菌を検討し、Coprinopsis aesontiensisとして新種記載した。本種は子実体が比較的しっかりとしており液化せず、傘が淡灰色で、側シスチジアを欠くことなどで特徴づけられた。本種はITS+nrLSUに基づく分子系統解析で液化せず、被膜が発達し、側シスチジアを欠くか稀であることなどで特徴づけられるcanocepsサブクレードに含まれた。Coprinopsis aesontiensis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-04679ブラジル産Neopestalotiopsis属葉面菌の1新種2016Agrotrópica1F=1N, 2016年の論文/published in 2016, Agrotrópica, Vismia属, オトギリソウ科/Hypericaceae, バイオマス測定/biomass measurement, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生長速度/growth rate, 葉面菌/leaf surface fungiA New Epifoliar Species of Neopestalotiopsis from Brazilブラジル、ペルナンブーコ州の大西洋岸森林においてVismia guianensisの葉に生じた菌を検討し、Neopestalotiopsis本種は同属他種とは子嚢胞子の形態などが異なり、ITSおよびEF1-αに基づく分子系統解析でも独自の系統を形成した。有性世代を有するNeopestalotiopsis属およびPestalotiopsis属の検索表を掲載した。Neopestalotiopsis pernambucana★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱
R3-04678パキスタン産の新種Russula brunneopurpureaおよびその外生菌根2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, ヒマラヤスギ属/Cedrus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 酸性土壌/acidic soil, 降水量/precipitationRussula brunneopurpurea sp. nov. and its ectomycorrhiza from Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州においてヒマラヤスギの樹下に発生した菌を検討し、Russula brunneopurpureaとして新種記載した。本種は傘が紫色~帯褐紫色で襞が類白色~帯黄色、担子胞子が類球形で顕著な疣を有し、子実層シスチジアが紡錘形、微突形、嘴形であることなどで特徴づけられた。土壌コアから得られた外生菌根の形態を検討するとともに、外生菌根由来の塩基配列が本新種の子実体由来のものと一致することを確かめた。Russula brunneopurpurea★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-04677アルゼンチンへのRelicina subabstrusaの分布域拡大およびその熱帯域における分布パターン2017Check List2017年の論文/published in 2017, Check List, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, フォルモーサ州, ベンゾフラン類/benzofurans, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 生物地理学/biogeography, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyRange extension of Relicina subabstrusa (Parmeliaceae, lichenized Ascomycota) in Argentina and its distribution pattern in the Neotropicsアルゼンチン、フォルモーサ州からRelicina subabstrusaをアルゼンチン新産種として報告した。本種の新熱帯における分布マップを作成した。また、新熱帯産キフトネゴケ属地衣の検索表を改訂した。Relicina subabstrusa■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-04676コスタリカ産の新種のヒステリウム科菌類2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Chusquea属, Mycologia, イネ科/Poaceae, グアナカステ州/Guanacaste, コスタリカ/Costa Rica, サンホセ州/San Jose, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 胞子の発芽/germination of sporesSome new hysteriaceous Fungi from Costa RicaコスタリカからGloniella gracilis、Graphyllium panduratum、Hysterium asymmetricum、およびHysterographium pulchrumの4新種を記載した。4種はいずれも材生息菌で、3種はグアナカステ州、1種はサンホセ州において見出された。各新種は近縁種とは子嚢胞子のサイズや隔壁数などが異なっていた。Gloniella gracilis★ / Graphyllium panduratum★ / Hysterium asymmetricum★ / Hysterographium pulchrum★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科
R3-04675中国南西部産のUlocladium属2新種2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Mycologia, アカザ属/Chenopodium, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラナ属/Brassica, アブラナ科/Cruciferae, タイプスタディ/type study, ヒユ科/Amaranthaceae, 中国/China, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 畑地/farmland, 貴州省/Guizhou, 雲南省/YunnanTwo new species of Ulocladium from Southwest China中国からUlocladium subcucurbitaeおよびU. brassicaeの2新種を記載した。前者は貴州省においてウラジロアカザの葉から分離され、長楕円形の分生子を形成することなどで特徴づけられた。後者は雲南省においてBrassica pekinensisの葉から分離され、培養7日で主に狭卵状、倒棍棒形で僅かに屈曲する分生子を形成することなどで特徴づけられた。Ulocladium brassicae★ / Ulocladium subcucurbitae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04674ポーランドにおいて鹿の角から分離されたAmauroascus kuehniiおよびその他の菌類2016Polish Botanical Journal2016年の論文/published in 2016, Polish Botanical Journal, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, ケラチン分解菌, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Małopolska, 中欧新産種/Central Europe_new record, 地理的分布/geographical distribution, 培地pH測定, 培養性状/colony characteristics, 好ケラチン菌/kerationophillic fungus, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 稀産種/rare species, 走査型電子顕微鏡/SEMAmauroascus kuehnii and other fungi isolated from a deer horn in Polandポーランドにおいて鹿の角から分離された好ケラチン菌4種を報告した。唯一のケラチン分解菌であったAmauroascus kuehniiは、スペインに続きヨーロッパから2番目の生息地の報告となった。また、本種の基質として鹿の角を初めて報告した。Amauroascus kuehnii■ / Isaria fumosorosea / Mortierella elongata / Penicillium spinulosumFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Onygenales/ホネタケ目_Onygenaceae/ホネタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科_Zygomycota/接合菌門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mortierellales/クサレケカビ目_Mortierellaceae/クサレケカビ科_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04673中国南部産のヒダナシタケ類2新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeTwo new species of aphyllophoroid fungi (Basidiomycota) from southern China中国、広西チワン族自治区からPerenniporia nonggangensisおよびAporpium obtusisporumの2新種を記載した。前者は子実体が背着生~半背着生、孔口面がクリーム色~帯灰クリーム色、担子胞子が類球形~広楕円形であることなどで特徴づけられた。後者は子実層托が孔口状~襞状で担子胞子が卵状楕円形、ハイファルペグを傘表面と管孔の両方に豊富に有することなどで特徴づけられた。Aporpium obtusisporum★ / Perenniporia nonggangensis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Aporpiaceae/アポルピウム科_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04672Ocotea porphyriaからのアカコブタケ属菌の初記録2017Lilloa2017年の論文/published in 2017, Lilloa, Ocotea属, アルゼンチン/Argentina, クスノキ科/Lauraceae, サルタ州/Salta, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 色素産生/pigment productionPrimeras citas del género Hypoxylon (Ascomycota, Hypoxylaceae) sobre Ocotea porphyria (Lauraceae)Ocotea porphyriaを宿主とするアカコブタケ属菌の多様性を調査した。アルゼンチンからHypoxylon cf. undulatumを初めて報告した。また、H. flavoargillaceumおよびH. lenormandiiの宿主としてクスノキ科植物を初めて記録した。Hypoxylon flavoargillaceum / Hypoxylon lenormandiiFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04671イラク北東部、スレイマニヤ県新産の7種の大型子嚢菌類2016Journal of Biology Agriculture and Healthcare2016年の論文/published in 2016, Journal of Biology Agriculture and Healthcare, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, スレイマニヤ県/Sulaymaniyah, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食毒不明/edibility unknownSeven new records of ascomycetous macrofungi from Suliamaniya province (Northeast of Iraq)イラク北東部、スレイマニヤ県の森林から7種の子嚢菌をイラク新産種として報告した。Helvella acetabulumなどノボリリュウ属5種、アミガサタケ属1種、およびTarzetta属1種を報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Helvella acetabulum■ / Helvella compressa■ / Helvella costifera■ / Helvella crispa■ / Helvella lacunosa■ / Morchella esculenta■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科_Morchellaceae/アミガサタケ科
R3-04670中国産アカコブタケ属菌 (2):新種H. dengiiおよび中国新産種H. crocopeplum2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 色素産生/pigment production, 雲南省/YunnanHypoxylon from China – 2: H. dengii sp. nov. and H. crocopeplum new to China中国の広東省および雲南省において樹皮に発生した菌を検討し、Hypoxylon dengiiとして新種記載した。本種は子嚢胞子の発芽溝が直線状で、稀にペリスポアが裂開することなどで特徴づけられた。また、中国新産種としてH. crocopeplumを報告した。Hypoxylon crocopeplum■ / Hypoxylon dengii★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04669Thysanorea papuanaの形態学的・生物地理学的改訂2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アーティファクト/artifact, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 文献調査/literature search, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 桃園市/Taoyuan, 標本入手不可/specimen not available, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 生物地理学/biogeography, 種内変異/intraspecific variation, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超微細構造/ultrastructure, 配列決定/sequencing, 高雄市/KaohsiungRevision of the morphology and biogeography of Thysanorea papuana台湾産標本を基に、Thysanorea papuanaの形態および地理的分布を再検討した。また、本種を台湾新産種として報告した。Ramichloridium lignicolaを本種のシノニムとし、Alysidiopsis lignicolaがシノニムである可能性を指摘した。Thysanorea papuana■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-04668新種Endophragmiella bogoriensis Rifai2008Reinwardtia2008年の論文/published in 2008, Reinwardtia, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インドネシア/Indonesia, ヤエヤマアオキ属/Morinda, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 西ジャワ州/West JavaEndophragmiella bogoriensis Rifai, spec. nov. (Hyphomycetes)インドネシアのボゴールで採集されたアナモルフ菌の一種を検討し、Endophragmiella bogoriensisとして新種記載した。本種はヤエヤマアオキの枯れた小枝に発生していた。本種は分生子が褐色の楕円形~広長楕円形で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。Endophragmiella bogoriensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科
R3-04667オーストラリア産コガネゴケ属地衣2007The Lichenologist2007年の論文/published in 2007, Acacia属, Atherosperma属, Athrotaxis属, Banksia属, Callitris属, Hakea属, Olearia属, Pomaderris属, The Lichenologist, アテロスペルマ科/Atherospermataceae, アトラノリン類/atranorins, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, カバノキ科/Betulaceae, カンタベリー地方/Canterbury, キク科/Asteraceae, キサントン類/xanthones, ギズボーン地方/Gisborne, ギョリュウバイ属/Leptospermum, クイーンズランド州/Queensland, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, コナラ属/Quercus, コバノブラシノキ属/Melaleuca, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, タスマニア州/Tasmania, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ニュージーランド/New Zealand, ニュージーランド新産種/New Zealand_new record, ネパール/Nepal, ノーザンテリトリー/Northern Territory, ノーフォーク島/Norfolk Island, ハンノキ属/Alnus, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ピナストル酸類/pinastric acids, フェニル酢酸類/phenylacetic acids, フトモモ科/Myrtaceae, フラン類/furans, ブナ科/Fagaceae, ブルピン酸類/vulpinic acids, ヘゴ属/Cyathea, ヘゴ科/Cyatheaceae, マキ属/Podocarpus, マキ科/Podocarpaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ヤマモガシ科/Proteaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, ラテライト/laterite, リケキサントン類/lichexanthones, 不完全地衣/anamorphic lichen, 中部開発区域/Central Development Region (Nepal), 二次代謝産物/secondary metabolite, 冷温帯雨林/cool temperate rainforest, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 温帯雨林/temperate rainforest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 西オーストラリア州/Western Australia, 隠蔽種/cryptic species, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyThe genus Chrysothrix in AustraliaオーストラリアからChrysothrix occidentalis、C. palaeophila、およびC. tchupalensisの3新種を記載した。また、新組み合わせC. sulphurellaを提唱し、C. granulosaをオーストラリアおよびニュージーランド新産種として報告した。オーストラリア産コガネゴケ属地衣の検索表を掲載した。Chrysothrix candelaris / Chrysothrix chlorina / Chrysothrix flavovirens / Chrysothrix granulosa■ / Chrysothrix occidentalis★ / Chrysothrix palaeophila★ / Chrysothrix pavonii / Chrysothrix sulphurella▲ / Chrysothrix tchupalensis★ / Chrysothrix xanthinaFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Chrysothricaceae/コガネゴケ科
R3-04666メキシコ、オアハカ州、ラグナス・チャカウア国立公園の熱帯乾燥林に産した子嚢菌類2014Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2014年の論文/published in 2014, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, オアハカ州/Oaxaca, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 色素産生/pigment production, 菌類相調査/mycofloristic surveyAscomicetos del bosque tropical caducifolio en el Parque nacional Lagunas de Chacahua, Oaxaca, Méxicoメキシコ、ラグナス・チャカウア国立公園において25種の子嚢菌類を記録した。そのうちBionectria byssicolaなど6種をメキシコ新産種として記録した。また、15種をオアハカ州新産種として報告した。Annulohypoxylon multiforme■ / Annulohypoxylon nitens■ / Bionectria byssicola■ / Biscogniauxia capnodes■ / Camillea coroniformis■ / Camillea cyclisca■ / Cookeina tricholoma / Cosmospora vilior■ / Daldinia caldariorum■ / Daldinia eschscholtzii / Entonaema pallidum■ / Fracchiaea heterogenea■ / Hypocreopsis macrostoma■ / Hypoxylon haematostroma / Hypoxylon lenormandii■ / Nemania serpens■ / Peroneutypa scoparia■ / Phillipsia domingensis / Phylacia poculiformis■ / Phylacia sagraeana■ / Rhytidhysteron rufulum■ / Thelonectria jungneri■ / Xylaria cubensis■ / Xylaria poitei■ / Xylaria scruposa■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Nitschkiaceae/ニチュキア科_Hypocreaceae/ニクザキン科_Diatrypaceae/シトネタケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科
R3-04665ブラジルの大西洋岸森林に産したスッポンタケ類の新種、Phallus fluminensis2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, Studies in Fungi, イネ科/Poaceae, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ブラジル/Brazil, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetesPhallus fluminensis (Phallaceae, Basidiomycota), a new species of stinkhorn from the Brazilian Atlantic rainforestブラジル、リオデジャネイロ市で採集されたスッポンタケ類の一種を検討し、Phallus fluminensisとして新種記載した。本種は托が生長段階によらず類球形、偽柄が白色、つぼが帯赤褐色、根状菌糸束が帯赤褐色で太いことなどで特徴づけられた。ブラジル産スッポンタケ属菌の検索表を掲載した。Phallus fluminensis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-04664Glutinoglossum属、特にGlutinoglossum glutinosum種複合体の理解に向けて2018Persoonia2018年の論文/published in 2018, Persoonia, TreeBASE, イギリス/United kingdom, イチイ属/Taxus, イチイ科/Taxaceae, イネ科/Poaceae, エピタイプ指定/epitype designation, カバノキ科/Betulaceae, カラチャイ・チェルケス自治州, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, キク科/Asteraceae, クラスノヤルスク地方/Krasnoyarsk, コケ上に生える菌/fungi on moss, サンザシ属/Crataegus, ザクセン州/Sachsen, シベリア/Siberia, ジリナ県/Žilina, スロバキア/Slovakia, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, トレンチーン県/Trenčín, ドイツ/Germany, ノガリヤス属/Calamagrostis, ノヴゴロド州/Novgorod, ハシバミ属/Corylus, ハバロフスク地方/Khabarovsk, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, バンスカー・ビストリツァ県/Banská Bystrica, フィンランド/Finland, フランス/France, ブラチスラヴァ県/Bratislava, プスコフ州/Pskov, ベトナム/Vietnam, ヤナギタンポポ属/Hieracium, ユダヤ自治州/Jewish Autonomous, ラッピ県/Lappi, ラムドン省/Lâm Đồng, リベレツ州/Liberec, レクトタイプ指定/lectotype designation, レニングラード州/Leningrad, ロシア/Russia, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 沿岸域/coastal area, 沿海地方/Primorye, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 疑問種/doubtful species, 石灰岩/limestone, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種複合体/species complex, 胞子の発芽/germination of spores, 草地/grasslandTowards an understanding of the genus Glutinoglossum with emphasis on the Glutinoglossum glutinosum species complex (Geoglossaceae, Ascomycota)Glutinoglossum属菌の分子系統解析を実施し、G. circinatumなど7新種を記載した。G. glutinosum var. lubricumのレクトタイプ標本、G. glabrum var. majusのエピタイプ標本をそれぞれ指定した。G. heptaseptatumの子嚢胞子が子嚢内部で分生子を形成し発芽することを見出した。Glutinoglossum circinatum★ / Glutinoglossum glutinosum / Glutinoglossum heptaseptatum / Glutinoglossum lumbricale★ / Glutinoglossum orientale★ / Glutinoglossum peregrinans★ / Glutinoglossum proliferatum★ / Glutinoglossum pseudoglutinosum★ / Glutinoglossum triseptatum★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Geoglossomycetes/テングノメシガイ綱_Geoglossales/テングノメシガイ目_Geoglossaceae/テングノメシガイ科
R3-04663ユーラシアおよび北米産のウスニン酸を含む不稔の新種、Lecanora stanislai2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, アウスト・アグデル県/Aust-Agder, アオイ科/Malvaceae, アディゲ共和国/Adygea, アラスカ州/Alaska, アーカンソー州/Arkansas, イソノキ属/Frangula, ウクライナ/Ukraine, ウスニン酸類/usnic acids, カエデ属/Acer, カナダ/Canada, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カリフォルニア州/California, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, クマシデ属/Carpinus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, コナラ属/Quercus, ザカルパッチャ州/Zakarpattia, シナノキ属/Tilia, ゼオリン類/zeorins, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, トリテルペン類/triterpenes, ナナカマド属/Sorbus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ノルウェー/Norway, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブスケルー県/Buskerud, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, ベンゾフラン類/benzofurans, ポドラシェ県/Podlaskie, ポモージェ県/Pomorskie, ポーランド/Poland, マツ属/Pinus, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, モラヴィア・スレスコ州/Moravian-Silesian, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, ワシントン州/Washington, ヴァルミア=マズールィ県/Warmian-Masurian, 不完全地衣/anamorphic lichen, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 米国/USA, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyLecanora stanislai, a new, sterile, usnic acid containing lichen species from Eurasia and North Americaヨーロッパおよび北米で採集された樹皮生痂状地衣の一種を検討し、Lecanora stainislaiとして新種記載した。本種は地衣体がごく薄く、粉芽がいくぶん連続的な層をなし、地衣成分としてウスニン酸を含むことなどで特徴づけられた。また、本種に類似するL. expallensの系統的位置を初めて明らかにした。Lecanora stanislai★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科
R3-04662ピレネー山脈産好雪性変形菌類:分類および種多様性について その1:モジホコリ目およびケホコリ目2008Nova Hedwigia2008年の論文/published in 2008, Nova Hedwigia, アラゴン州/Aragon, アンドラ, アンドラ新産種, エネルギー分散型X線分析/energy dispersive X-ray analysis, カタルーニャ州/Catalonia, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, キイチゴ属/Rubus, スノキ属/Vaccinium, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ニワトコ属/Sambucus, ハシバミ属/Corylus, バラ科/Rosaceae, ピレネー山脈/Pyrenees, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, リター菌/litter fungi, レンプクソウ科/Adoxaceae, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 好雪性変形菌/nivicolous myxomycetes, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 種複合体/species complex, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌体の化学組成/chemical composition, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超微細構造/ultrastructure, 隔離分布/disjunct distribution, 高山帯/alpine regionNivicolous myxomycetes from the Pyrenees: notes on taxonomy and species diversity. Part 1. Physarales and Trichialesピレネー山脈において好雪性変形菌の調査を実施し、モジホコリ目およびケホコリ目の20分類群を同定した。そのうち8分類群をピレネー山脈新産種、2分類群をスペイン新産種、2分類群をアンドラ新産種としてそれぞれ報告した。Diderma peyerimhoffiiの子嚢壁の構造をX線解析したほか、2属の代表種について子嚢壁の化学組成を比較検討した。Dianema corticatum / Diderma alpinum / Diderma fallax / Diderma globosum■ / Diderma niveum / Diderma peyerimhoffii / Didymium dubium / Didymium nivicolum■ / Lepidoderma aggregatum■ / Lepidoderma carestianum■ / Lepidoderma chailletii / Physarum albescens■ / Physarum alpestre■ / Physarum vernum / Prototrichia metallica / Trichia alpina / Trichia contorta / Trichia favoginea / Trichia lutescens■ / Trichia sordida■Protozoa/プロトゾア_Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Trichiales/ケホコリ目_Dianemataceae/イトホコリ科_Physarales/モジホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科_Physaraceae/モジホコリ科_Trichiaceae/ケホコリ科
R3-04661ブラジル産のBertiella属1新種および認められている種の検索表2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, セアラー州/Ceará, ブラジル/Brazil, 半乾燥地域/semi-arid area, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveyA new species of Bertiella (Melanommataceae) from Brazil and a key to accepted speciesブラジルの半乾燥地域において枯枝に発生した菌を検討し、Bertiella gelatinosaとして新種記載した。本種は本属菌としては唯一、子嚢胞子がゼラチン質の鞘に包まれることなどで特徴づけられた。Bertiella属全種の形質比較表および検索表を掲載した。Bertiella gelatinosa★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Massarinaceae/マッサリナ科
R3-04660アメリカニンジンに”rusted root”病を引き起こした新種のアナモルフ菌、Rhexocercosporidium panacis2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, pH適性/pH aptitude, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウコギ科/Araliaceae, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, トチバニンジン属/Panax, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 統計解析/statistical analysis, 表面殺菌法/surface sterilization methodRhexocercosporidium panacis sp. nov., a new anamorphic species causing rusted root of ginseng (Panax quinquefolius)カナダにおいて”rusted root”の症状を示したアメリカニンジンの根から分離された菌を検討し、Rhexocercosporidium panacisとして新種記載した。本種はニンジンの病原菌であるR. carotaeと分生子の離脱様式が同一であった。一方、両種は宿主のほか、分生子の形態などが異なり、分子系統解析でも異なる系統を形成した。Rhexocercosporidium panacis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目
R3-04659アフリカ産のSyncesia属地衣2新種2010The Lichenologist2010年の論文/published in 2010, Erica属, The Lichenologist, アモロニ・マニア地域圏/Amoroni Mania, スミレモ属/Trentepohlia, セトラル酸類/cetraric acids, タイプスタディ/type study, ツツジ科/Ericaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, マダガスカル/Madagascar, ルワンダ/Rwanda, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 南部州(ルワンダ)/Province du Sud (Rwanda), 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 脂肪酸/fatty acid, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyTwo new species of Syncesia (Arthoniales, Roccellaceae) from AfricaルワンダからSyncesia afromontana、マダガスカルからS. madagascariensisをそれぞれ新種記載した。前者は地衣体が綿毛状で子嚢胞子に7隔壁を有し、地衣体にプロトセトラル酸を含み、ごく稀な固有種とみられた。後者は地衣体が痂状で子嚢胞子に5隔壁を有することなどで特徴づけられた。Syncesia afromontana★ / Syncesia madagascariensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科
R3-04658カリフォルニア州北部においてベイローレルに立ち枯れ病および胴枯病を引き起こすボトリオスフェリア科菌類、および新種Dothiorella californicaの記載2017Fungal Biology2017年の論文/published in 2017, TreeBASE, Umbellularia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, カリフォルニア州/California, クスノキ科/Lauraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 水辺/waterside, 河川/river, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization methodBotryosphaeriaceae species associated with dieback and canker disease of bay laurel in northern California with the description of Dothiorella californica sp. nov.カリフォルニア州北部において立ち枯れ病および胴枯病の症状を示したベイローレルを調査し、Botryosphaeria dothidea、Neofusicoccum nonquaesitum、および新種Dothiorella californicaを分離した。これらの菌のベイローレルに対する病原性を調査したところ、本新種は弱い病原菌あるいはエンドファイトと考えられた。本新種は北米においてベイローレルに発生した初のDothiorella属菌として報告された。Dothiorella californica★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Botryosphaeriaceae/ボトリオスフェリア科
R3-04657潜在的分布範囲の南限におけるMarasmius epidryas:西バルカン山脈における個体群の発見2010Sydowia2010年の論文/published in 2010, Sydowia, チョウノスケソウ属/Dryas, ツンドラ/tundra, バラ科/Rosaceae, マケドニア/Macedonia, マケドニア新産種/Macedonia_new record, モンテネグロ/Montenegro, モンテネグロ新産種/Montenegro_new record, リター菌/litter fungi, 亜高山帯/subalpine zone, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 生物地理学/biogeography, 石灰質土壌/calcareous soil, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland, 隔離分布/disjunct distribution, 高山帯/alpine regionMarasmius epidryas at the southern edge of its potential distribution range: discovery of populations in the western Balkan mountainsバルカン半島西部においてMarasmius epidryasの分布南限とみられる生息地を見出した。本報告は本種のバルカン半島西部の山脈からの初報告であり、マケドニアおよびモンテネグロからの初報告ともなった。本種の分布マップとともに記載文、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Marasmius epidryas■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-04656ブラジルで見出されたコウジカビ属Nigri節の新種、Aspergillus labruscus2017Scientific Reports2017年の論文/published in 2017, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルカロイド/alkaloid, カゼイナーゼ, カゼイン, キサントン類/xanthones, セカロン酸類/secalonic acids, タンナーゼ, タンニン/tannin, トランセクト調査/transect survey, ネオキサリン類, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 加水分解試験/hydrolysis test, 加水分解酵素/hydrolase, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 宿主選好性/host selectivity, 感染率/infection rate, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 気温/temperature, 湿度/humidity, 発生頻度/frequency of occurrence, 細胞外酵素/extracellular enzyme, 菌核/sclerotium, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超高速液体クロマトグラフィー/ultra high performance liquid chromatography, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 降水量/precipitation, 食品汚染/Food contamination, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyAspergillus labruscus sp. nov., a new species of Aspergillus section Nigri discovered in Brazilブラジルにおいてブドウジュース原料のVitis labrusca果実表面に発生した菌を検討し、Aspergillus labruscusとして新種記載した。本種は菌糸体が黄色で鮭肉色~桃色の菌核および粗面の分生子を豊富に形成し、セカロン酸Dおよびネオキサリンを産生した。本種はオクラトキシン類やフモニシン類などのマイコトキシンを産生しなかった。Aspergillus labruscus★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04655インド、西ガーツ産の新種、Manoharachariella indica2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of sporesManoharachariella indica sp. nov. from the Western Ghats, Indiaインド、マハーラーシュトラ州において枯枝に生じた菌を検討し、Manoharachariella indicaとして新種記載した。本種は分生子が樽形、倒洋梨形、楕円形などで網状隔壁を有し、PDAおよびMEA培地での成長が非常に遅いことなどで特徴づけられた。本種は唯一の同属他種とは分生子柄の長さおよび隔壁数と分生子のサイズなどが異なっていた。Manoharachariella indica★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Diademaceae/ディアデマ科
R3-04654Arthrographis属の系統分類学的定義2014Persoonia2014年の論文/published in 2014, Persoonia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, カタルーニャ州/Catalonia, コロラド州/Colorado, シンアナモルフ/synanamorph, スペイン/Spain, テキサス州/Texas, テレオモルフ-アナモルフ関係, フロリダ州/Florida, ユタ州/Utah, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 尿試料, 底泥/sediment, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新学名提唱/new scientific name, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 水辺/waterside, 河川/river, 海生菌/marine fungi, 消失性子嚢/evanescent asci, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 臨床検体/clinical specimens, 酵母/yeast, 隠蔽種/cryptic speciesPhylogenetic circumscription of Arthrographis (Eremomycetaceae, Dothideomycetes)Arthrographis属およびArthropsis属の全種を対象に分子系統解析を実施し、いずれも多系統群であることを明らかにした。Arthrographis chlamydospora、A. curvata、A. globosa、およびA. longisporaの4新種を記載した。また、従来テレオモルフ-アナモルフ関係にあるとされていたEremomyces langeroniiとA. kalraeが同種ではないことを示した。Arthrographis arxii◆ / Arthrographis chlamydospora★ / Arthrographis curvata★ / Arthrographis globosa★ / Arthrographis longispora★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Eremomycetaceae/エレモマイセス科
R3-04653ヨーロッパ新産の東アジア産多孔菌の一種、Favolus gracilisporus2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, エノキ属/Celtis, コマーロム・エステルゴム県/Komárom-Esztergom, ニレ科/Ulmaceae, ハンガリー/Hungary, ハンガリー新産種/Hungary_new record, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 中欧新産種/Central Europe_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungusFavolus gracilisporus (Polyporaceae, Basidiomycota), an East Asian polypore species new to the European mycobiotaハンガリーにおいて採集されたFavolus gracilisporusをヨーロッパ新産種として報告した。本種はコマーロム・エステルゴム県において植樹されたエノキ属樹木の幹に発生していた。ITS領域に基づく分子系統解析でも本種の同定が確かめられた。Favolus gracilisporus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04652複雑な胞子壁を有する新種の菌、Acaulospora endographis2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, Wet-sieving法/wet sieving method, アクレ州/Acre, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, トラップカルチャー/trap culture, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 共培養/coculture, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 土壌菌/soil fungi, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 撹乱地/disturbed place, 新種記載/new species, 森林/forest, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 酸性土壌/acidic soil, 降水量/precipitationAcaulospora endographis (Glomeromycetes), a new fungus with a complex spore wallブラジルの熱帯雨林において頻繁に採集されたアーバスキュラー菌根菌の一種を検討し、Acaulospora endographisとして新種記載した。本種は胞子が10層構造で、4番目の層 (OWL4) に独特の刺状装飾を有することなどで特徴づけられた。本種は当該装飾により全ての同属他種と容易に区別された。Acaulospora endographis★Fungi/菌界_Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycetes/グロムス綱_Diversisporales/ディバーシスポラ目_Acaulosporaceae/アカウロスポラ科
R3-04651培養および分子データに基づくプレオスポラ目トゥベウフィア科、Aquaphila albicansのテレオモルフ、Tubeufia asiana2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, TreeBASE, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ナコーンラーチャシーマー県/Nakhon Ratchasima, プラーチーンブリー県/Prachinburi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 標本入手不可/specimen not available, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 釣菌法/baiting methodTubeufia asiana, the teleomorph of Aquaphila albicans in the Tubeufiaceae, Pleosporales, based on cultural and molecular dataタイにおいて水中に沈んだ材に発生した菌を検討し、Tubeufia asianaとして新種記載した。本種は子嚢果が黒色剛毛状、子嚢胞子が無色~淡褐色で複数隔壁を有し、分生子が螺旋状ではないことなどで特徴づけられ、Aquaphila albicansのテレオモルフであることが示された。分子系統解析の結果から、螺旋形の分生子がトゥベウフィア科クレードにおいて少なくとも一度喪失したと推定された。Tubeufia asiana★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-04650淡水環境に産した新属Neotubeufiaおよび新種Tubeufia guangxiensis2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, クラビー県/Krabi, タイ/Thailand, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 腐生菌/saprobeNeotubeufia gen. nov. and Tubeufia guangxiensis sp. nov. (Tubeufiaceae) from freshwater habitatsタイおよび中国において淡水に沈んだ材に生じた菌を検討し、新属新種Neotubeufia krabiensisおよび新種Tubeufia guangxiensisを記載した。前者は子嚢果が暗色、子嚢が円筒形、子嚢胞子が円筒状紡錘形であることなどで特徴づけられ、Tubeufia属と異なる系統を形成した。後者は子嚢果、子嚢、子嚢胞子が本属の基準種に類似していたが、材上にアナモルフを形成し、分生子が螺旋状であることなどで特徴づけられた。Neotubeufia krabiensis★ / Tubeufia guangxiensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-04649Xanthagaricus属2新種およびアジア産Heinemannomyces属菌について2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, MycoKeys, TreeBASE, ダッカ管区/Dhaka, バングラデシュ/Bangladesh, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 江西省/Jiangxi, 走査型電子顕微鏡/SEMTwo new species of Xanthagaricus and some notes on Heinemannomyces from Asia中国およびバングラデシュで採集された菌を検討し、それぞれXanthagaricus flavosquamosusおよびX. necopinatusとして新種記載した。両種とも子実体が黄色で、前者は担子胞子が疣状で縁シスチジアが短棍棒形、後者は縁シスチジアが棍棒形~狭棍棒形、担子胞子表面が小皺状粗面であることなどで特徴づけられた。また、中国新産種としてHeinemannomyces splendidissimusを報告し、Xanthagaricus属菌の検索表を掲載した。Heinemannomyces splendidissimus■ / Xanthagaricus flavosquamosus★ / Xanthagaricus necopinatus★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04648ベルギーにおいてヨーロッパハンノキに発生したMelampsoridium betulinum2010Revue du Cercle de Mycologie de Bruxelles2010年の論文/published in 2010, Revue du Cercle de Mycologie de Bruxelles, さび菌/rust fungi, カバノキ科/Betulaceae, ハンノキ属/Alnus, フランス語/French, フラームス=ブラバント州, ブラバン・ワロン州/Brabant wallon, ブリュッセル市, ベルギー/Belgium, ベルギー新産種/Belgium_new record, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungiMelampsoridium betulinum (Fr.) Kleb. sur aulne glutineux en Belgiqueベルギーにおいてヨーロッパハンノキの葉に発生したさび菌、Melampsoridium betulinumを報告した。本種のベルギーからの報告は初とみられた。葉の下面に黄金褐色の夏胞子堆が生じ、さらに小型の斑点状の冬胞子堆が生じたものもあった。Melampsoridium betulinum■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniastraceae/プクシニアストラム科
R3-04647中国新産のケコガサタケ属3種2017Mycosystema2017年の論文/published in 2017, Mycosystema, コケ上に生える菌/fungi on moss, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒竜江省/HeilongjiangThree species of Galerina new to China中国新産種としてGalerina pumila、G. atkinsoniana、およびG. styliferaの3種を報告した。前2種は内モンゴル自治区においてコケ上に発生し、後1種は黒竜江省においてリター上に発生した。ITS領域の塩基配列を取得し、形態に基づき行われた以前の同定を確かめた。Galerina atkinsoniana■ / Galerina pumila■ / Galerina stylifera■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-04646中国新産のOphiocordyceps属1種2015微生物学通報/Microbiology China2015年の論文/published in 2015, コウモリガ科/Hepialidae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 微生物学通報/Microbiology China, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 生物農薬/biopesticide, 生長速度/growth rate, 系統ネットワーク/phylogenetic network, 表面殺菌法/surface sterilization method, 貴州省/GuizhouA new record of the genus Ophiocordyceps from China中国貴州省においてコウモリガ科昆虫に発生した菌をOphiocordyceps macroacicularisのアナモルフと同定し、これを中国新産種として報告した。本種はフィアライドに2型を有し、分生子が瓤嚢形あるいは卵形であることなどで特徴づけられた。本種と類似のHirsutella属菌との形質比較表を掲載した。Ophiocordyceps macroacicularis■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-04645中国、チベットのラサ川渓谷において分離された土壌生暗色不完全糸状菌類2010Mycosystema2010年の論文/published in 2010, Mycosystema, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サクラ属/Prunus, チベット自治区/Tibet, バラ科/Rosaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 広西チワン族自治区/Guangxi, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 畑地/farmland, 草地/grassland, 高山帯/alpine regionSoil dematiaceous hyphomycetes from Lhasa River Valley, Tibet, Chinaチベットのラサ川渓谷において土壌菌15属25種を分離した。そのうちGliomastix tibetensis、Monodictys tibetensis、およびPhialomyces microsporusを新種記載した。また、Chrysosporium keratinophilumを中国新産種として報告した。Chrysosporium keratinophilum■ / Gliomastix tibetensis★ / Monodictys tibetensis★ / Phialomyces microsporus★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Onygenales/ホネタケ目_Onygenaceae/ホネタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-04644韓国産のモジゴケ属地衣1新種2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, HPLC, Mycotaxon, キサントン類/xanthones, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 済州特別自治道/Jeju, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 韓国/South KoreaA new species of Graphis (lichenized Ascomycetes) from South Korea韓国、済州島においてモミ属樹木の樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Graphis flavopalmicolaとして新種記載した。本種は地衣体が帯白灰色で平滑~小皺状、リレラが分枝しないか不規則に分枝し、果殻が完全に炭化し、子嚢胞子に5-9隔壁を有し、地衣成分としてリケキサントンを含むことなどで特徴づけられた。本種は地衣体がUV+淡黄色で、その特徴が類似種のG. palmicolaと異なっていた。Graphis flavopalmicola★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-04643Trechispora thelephoraの系統学的研究2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 祖先形質推定/ancestral character estimationA phylogenetic study of Trechispora thelephora同属他種の多くと異なる形状の子実体を形成するTrechispora thelephoraの系統的位置を検討した。本属において有柄傘状の子実体が祖先形質であり、背着生の子実体が派生形質であることが示唆された。本種の記載文、写真、およびスケッチを掲載した。Trechispora thelephoraFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-04642ナフタレン臭のある北米産Hodophilus属菌の種の定義2016Botany2016年の論文/published in 2016, Botany, TreeBASE, アーカンソー州/Arkansas, イノモトソウ属/Pteris, イノモトソウ科/Pteridaceae, タイプスタディ/type study, テネシー州/Tennessee, ノースカロライナ州/North Carolina, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 河川/river, 種の境界/species delimitation, 米国/USA, 芝生/lawn, 草地/grasslandCircumscription of species of Hodophilus (Clavariaceae, Agaricales) in North America with naphthalene odours北米産のナフタレン臭を有するHodophilus属菌を検討し、5種を認めた。H. hesleriおよびH. smithiiの2新種を記載し、他の3種はCamarophyllopsis属から本属に転属させた。複数遺伝子に基づく系統解析で北米とヨーロッパにまたがり分布する種がないことを示し、傘表皮の末端細胞の形態および柄シスチジアの幅を本属の分類に新たに取り入れた。Hodophilus hesleri★ / Hodophilus paupertinus▲ / Hodophilus peckianus▲ / Hodophilus smithii★ / Hodophilus subfuscescens▲Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Clavariaceae/シロソウメンタケ科
R3-04641オハイオ州においてダイズから分離された新種、Pythium delawarii2009Mycologia2009年の論文/published in 2009, Mycologia, オハイオ州/Ohio, ダイズ属/Glycine, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 苗腐敗病/cutting rot, 選択培地/selective mediumPythium delawarii – a new species isolated from soybean in Ohio米国オハイオ州においてダイズから分離された卵菌の一種を検討し、Pythium delawariiとして新種記載した。本種は遊走子嚢が球形、卵胞子が非充満性で、造精器が雌雄異菌糸性であることなどで特徴づけられた。本種は宿主に病原性を有し、苗立ち枯れ病を引き起こした。Pythium delawarii★Chromista/クロミスタ_Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Pythiales/フハイカビ目_Pythiaceae/フハイカビ科
R3-04640エジプトにおいて淡水環境に産した分生子果不完全菌の新属新種、Lolia aquatica2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アスワン県, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, エジプト/Egypt, ケナ県, ソハーグ県/Sohag, ヨシ属/Phragmites, リター菌/litter fungi, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber methodLolia aquatica gen. et sp. nov. (Lindgomycetaceae, Pleosporales), a new coelomycete from freshwater habitats in Egyptエジプトのナイル川および灌漑用水において沈んだ材に発生した分生子果不完全菌の一種を検討し、新属新種Lolia aquaticaとして記載した。本種は分生子層が真珠白色でゼラチン質、分生子の基部に1本、次端部に3-5本の付属糸を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析ではプレオスポラ目リンドゴマイセス科クレードにおいて独自の系統を形成した。Lolia aquatica★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Lindgomycetaceae/リンドゴマイセス科
R3-04639フィンランド新産の変形菌11種2016Karstenia2016年の論文/published in 2016, GBIF, Karstenia, コナラ属/Quercus, セリ科/Apiaceae, ツリフネソウ属/Impatiens, ツリフネソウ科/Balsaminaceae, トウヒ属/Picea, ニワトコ属/Sambucus, ピルカンマー県/Pirkanmaa, フィンランド/Finland, フィンランド新産種/Finland_new record, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ラッピ県/Lappi, リター菌/litter fungi, レンプクソウ科/Adoxaceae, 中央スオミ県/Keski-Suomi, 北カルヤラ県/North Karelia, 南西スオミ県/Southwest Finland, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyEleven Myxomycete species new to FinlandフィンランドからClastoderma debaryanumなど11種をフィンランド新産種として報告した。そのうち4種は湿室法により得られ、その他はフィールドで直接採集された。本報告によりフィンランド産の変形菌類の既知種は225種となった。Clastoderma debaryanum■ / Comatricha longipila■ / Cribraria atrofusca■ / Cribraria mirabilis■ / Cribraria pertenuis■ / Cribraria stellifera■ / Licea eleanorae■ / Physarum braunianum■ / Physarum flavicomum■ / Physarum mutabile■ / Stemonitis marjana■Protozoa/プロトゾア_Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Echinosteliales/ハリホコリ目_Clastodermataceae/クビナガホコリ科_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科_Liceales/コホコリ目_Cribrariaceae/アミホコリ科_Liceaceae/コホコリ科_Physarales/モジホコリ目_Physaraceae/モジホコリ科_Fungi/菌界_Incertaesedis/所属未確定
R3-04638トルコ産Rosellinia corticiumについて2013Ot Sistematik Botanik Dergisi2013年の論文/published in 2013, Ot Sistematik Botanik Dergisi, カバノキ科/Betulaceae, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハシバミ属/Corylus, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungusA note on Rosellinia corticium (Schwein.) Sacc. in Turkeyトルコ、トラブゾン県のArsin地区からRosellinia corticiumをトルコ新産種として報告した。本種はトルコから報告された4番目のRosellinia属菌となった。本種はセイヨウハシバミの枯れ枝に発生していた。Rosellinia corticium■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04637インド、ジャンムー・カシミール州、ラダック産のピロネマキン科大型菌類2017Current Research in Environmental & Applied Mycology2017年の論文/published in 2017, Current Research in Environmental & Applied Mycology, インド/India, インド新産種/India_new record, コケ上に生える菌/fungi on moss, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, 地下生菌/hypogeous fungi, 新産種報告/new record, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 食用きのこ/edible mushroomsSome pyronemataceous macrofungi from Ladakh (J&K), Indiaインド、ラダックにおいて大型子嚢菌類の調査を実施し、ピロネマキン科6種を同定した。Geopora arenicola、G. sepulta、Pulvinula convexella、P. miltina、Anthracobia macrocystis、およびGeopyxis majalisを報告した。そのうちGeopora sepultaおよびGeopyxis majalisをインド新産種として報告した。Anthracobia macrocystis■ / Geopora arenicola■ / Geopora sepulta■ / Geopyxis majalis■ / Peziza miltina■ / Pulvinula convexella■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-04636オークに発生した2種の子座形成性核菌類のノルウェー新産種、Annulohypoxylon minutellumおよびObolarina dryophila2014Agarica2014年の論文/published in 2014, Agarica, コナラ属/Quercus, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ブナ科/Fagaceae, ヴェストフォル県/Vestfold, 二次代謝産物/secondary metabolite, 北欧新産種/Nordic_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 色素産生/pigment productionAnnulohypoxylon minutellum and Obolarina dryophila (Xylariales), two stromatic pyrenomycetes on oak new to NorwayAnnulohypoxylon minutellumおよびObolarina dryophilaをノルウェー新産種として報告した。前者はスカンジナビア全体からの報告も初であった。両種はヴェストフォル県において落ちたばかりのコナラ属樹木の枝に発生していた。Annulohypoxylon minutellum■ / Obolarina dryophila■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04635イラン北部産のクロサイワイタケ科菌類のさらなる記録2014Rostaniha2014年の論文/published in 2014, charcoal disease, Parrotia属, Rostaniha, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, カキノキ属/Diospyros, カキノキ科/Ebenaceae, ギーラーン州/Gilan, コナラ属/Quercus, セイヨウカリン属/Mespilus, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, マンサク科/Hamamelidaceae, マーザンダラーン州/Mazandaran, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 色素産生/pigment production, 菌類相調査/mycofloristic surveyMore records of xylariaceous fungi from North of Iranイラン北部においてクロサイワイタケ科菌類の子実体を採集、調査した。Annulohypoxylon nitensなど8分類群を同定し、うち7分類群をイラン新産種として報告した。調査した全分類群を含むイラン産クロサイワイタケ科菌類の検索表を掲載した。Annulohypoxylon nitens■ / Biscogniauxia anceps■ / Biscogniauxia capnodes■ / Biscogniauxia mediterranea / Biscogniauxia plana■ / Hypoxylon flavoargillaceum■ / Jumillera cinerea■ / Nemania illita■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04634米国アーカンソー州およびテキサス州産のDiatrype属菌2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アサダ属/Ostrya, アーカンソー州/Arkansas, カバノキ科/Betulaceae, クルミ科/Juglandaceae, コナラ属/Quercus, テキサス州/Texas, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ペカン属/Carya, モチノキ属/Ilex, モチノキ科/Aquifoliaceae, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 米国/USA, 腐生菌/saprobeThe genus Diatrype (Ascomycota, Diatrypaceae) in Arkansas and Texas (USA)米国アーカンソー州およびテキサス州においてDiatrype属7種を記録した。そのうちD. caryaeおよびD. ilicinaの2種を新種記載した。前者はペカン属植物を宿主とし、子座が黒色の稔性部位と淡褐色の不稔部位からなり、後者はモチノキ属植物を宿主とした。Diatrype atlantica / Diatrype caryae★ / Diatrype decorticata / Diatrype ilicina★ / Diatrype platystoma / Diatrype stigma / Diatrype stigmaoidesFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Diatrypaceae/シトネタケ科
R3-04633中国産のホロモルフの新種、Lasiodiplodia chinensis2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, カンラン属/Canarium, カンラン科/Burseraceae, スノキ属/Vaccinium, スペルマチア/spermatia, ツツジ科/Ericaceae, テンニンカ属/Rhodomyrtus, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, パラゴムノキ属/Hevea, ピンポンノキ属/Sterculia, フトモモ科/Myrtaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 山東省/Shandong, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 海南省/Hainan, 温帯域/temperate zone, 熱帯域/tropics, 腐生菌/saprobeLasiodiplodia chinensis, a new holomorphic species from China中国で海南省よび山東省で採集された菌を検討し、Lasiodiplodia chinensisとして新種記載した。本種は子嚢が棍棒形~広棍棒形で子嚢胞子が無色紡錘形単細胞、分生子が初め無色でのちに有色になり、卵状~楕円形単細胞であることなどで特徴づけられた。本種はテレオモルフが知られている同属他種とは形態的あるいは系統的に異なっていた。Lasiodiplodia chinensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Botryosphaeriaceae/ボトリオスフェリア科
R3-04632柄に暗色の細点を有するHodophilus属菌:ヨーロッパには2種以上の種が存在する2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, TreeBASE, イギリス/United kingdom, イングランド/England, ウェスト・ヨークシャー/West Yorkshire, ウェールズ/Wales, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, スウェーデン/Sweden, スロバキア/Slovakia, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, デンマーク/Denmark, デンマーク首都地域/Capital Region of Denmark, トルナヴァ県/Trnava, トレンチーン県/Trenčín, ネオタイプ指定/neotype designation, ノール県, フランス/France, ブラチスラヴァ県/Bratislava, ペンブルックシャー/Pembrokeshire, モンマスシャー/Monmouthshire, ヴェストラ・イェータランド県/Västra Götaland, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 中央ユラン地域/Central Jutland, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 種の境界/species delimitation, 種概念/species concept, 草地/grasslandHodophilus (Clavariaceae, Agaricales) species with dark dots on the stipe: more than one species in Europe従来Hodophilus属菌で柄に暗色の細点を有する種はH. atropunctusのみとされてきた。分子系統解析の結果、本種が2つのクレードからなることを明らかにし、そのうち淡色の種にH. atropunctusの名前を当てた。もう片方の暗色の種をH. variabilipesとして新種記載した。Hodophilus atropunctus / Hodophilus variabilipes★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Clavariaceae/シロソウメンタケ科
R3-04631台湾産不完全糸状菌:Akanthomyces属菌および類縁種2007Fungal Science2007年の論文/published in 2007, Fungal Science, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnema forming fungus, フウ属/Liquidambar, フウ科/Altingiaceae, リター菌/litter fungi, 単胞子分離/single spore isolation, 台中市/Taichung, 台北市/Taipei, 台湾/Taiwan, 培養性状/colony characteristics, 桃園市/Taoyuan, 湿室法/moist chamber method, 腐生菌/saprobeHyphomycetes from Taiwan. Akanthomyces and allied species台湾新産種としてAkanthomyces johnsonii、Amphichaetella echinata、およびAtractilina paraciticaの3種を報告した。また、Gliomastix fusigeraおよびVerticimonosporium diffractumを報告した。各種について記載文、スケッチ、顕微鏡写真などを掲載した。Akanthomyces johnsonii■ / Amphichaetella echinata■ / Atractilina parasitica■ / Gliomastix fusigera / Verticimonosporium diffractumFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-04630韓国産Hyaloperonospora属卵菌の多様性、系統、および宿主特異性2017Mycobiology2017年の論文/published in 2017, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Mycobiology, べと病/downy mildew, アブラナ科/Cruciferae, イヌガラシ属, グンバイナズナ属, タネツケバナ属/Cardamine, フウチョウソウ属/Cleome, フウチョウソウ科/Capparaceae, ヤマハタザオ属, 京畿道/Gyeonggi-do, 優先権/priority, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 収蔵標本/stored specimen, 吸器/haustorium, 命名法/nomenclature, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 江原道/Kangwon-do, 無効学名/invalid name, 生物多様性調査/biodiversity survey, 絶対寄生菌/obligate parasite, 釜山広域市, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordDiversity, Phylogeny, and Host-Specialization of Hyaloperonospora Species in Korea韓国で採集されたHyaloperonospora属卵菌の乾燥標本の形態学的検討および分子系統解析を実施した。韓国産の種として14種を認め、そのうち3種をPeronospora属から本属に移した。この他に本属の未記載種 (Peronospora cf. cleomes) を韓国新産種として報告した。Hyaloperonospora arabidis-glabrae▲■ / Hyaloperonospora dentariae■ / Hyaloperonospora nasturtii-montani▲■ / Hyaloperonospora nasturtii-palustris▲■ / Hyaloperonospora thlaspeos-arvensis■Chromista/クロミスタ_Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目_Peronosporaceae/ツユカビ科
R3-04629韓国産の菌生息性子嚢菌の属、Hypomyces属2017Mycobiology2017年の論文/published in 2017, Mycobiology, アセタケ科/Inocybaceae, チャヒラタケ属/Crepidotus, ベニタケ属/Russula, ベニタケ科/Russulaceae, 分子同定/molecular identification, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新産種報告/new record, 標本入手不可/specimen not available, 江原道/Kangwon-do, 種内変異/intraspecific variation, 菌寄生菌/mycoparasite, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordThe Fungicolous Ascomycetes Genus Hypomyces in Korea韓国からHypomyces luteovirensおよびH. tubariicolaを報告した。両種は江原道においてベニタケ属菌の子実体、慶尚北道においてチャヒラタケ属菌の子実体にそれぞれ生じた。韓国産の本属菌としては従来H. chrysospermusのみが知られており、これら2種は韓国新産種として報告された。Hypomyces luteovirens■ / Hypomyces tubariicola■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-04628スウェーデン最北部、Pältsan(Bealccan山)に産した新規および興味深い地衣類2016Graphis Scripta2016年の論文/published in 2016, Graphis Scripta, Protoparmelia属, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, クロゴケ属/Andraea, クロゴケ科/Andreaeaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, スウェーデン/Sweden, スウェーデン新産種/Sweden_new record, スギゴケ属/Polytrichum, スギゴケ科/Polytrichaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, チョウノスケソウ属/Dryas, ノールボッテン県/Norrbotten, バラ科/Rosaceae, ヒースランド/heathland, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 北半球新産種/Northern Hemisphere_new record, 北欧新産種/Nordic_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 河川/river, 漂白/bleaching, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 高山帯/alpine regionNew and interesting records of lichens from Pältsan (Mt Bealccan) in northernmost Swedenスウェーデン、Pältsan(Bealccan山)において地衣類の調査を実施した。Austroplaca subtiroliensisなど5種をスウェーデン新産種として報告した。また、Absconditella annexaなど稀産種あるいは稀にしか採集されない13種を報告した。Absconditella annexa / Arthrorhaphis vacillans■ / Farnoldia micropsis / Gyalidea lecideopsis■ / Gyalidea polyspora■ / Ionaspis ventosa■ / Lecanora lecanoricola / Lecanora leptacinella / Lecidea commaculans / Pachyascus lapponicus / Phacographa protoparmeliae■ / Placidiopsis pseudocinerea / Placynthium pulvinatum■ / Schadonia fecunda / Scytinium aquale■ / Solorina octospora■ / Thelocarpon sphaerosporumFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Stictidaceae/スティクティス科_Arthrorhaphidaceae/レモンイボゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideaceae/レキデア科_Gomphillaceae/ヒゲゴケ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Hymeneliaceae/ハイメネリア科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Verrucariaceae/アナイボゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Placynthiaceae/クロサビゴケ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Collemataceae/イワノリ科_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Thelocarpaceae/テロカルポン科
R3-04627インド、ウッタラーカンド州におけるテングタケ属菌の6新産種2017Current Research in Environmental & Applied Mycology2017年の論文/published in 2017, Current Research in Environmental & Applied Mycology, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コナラ属/Quercus, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ネジキ属/Lyonia, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤマモモ属/Myrica, ヤマモモ科/Myricaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類民族学, 食用きのこ/edible mushroomsSix new records of genus Amanita (Amanitaceae) from Uttarakhand, Indiaインド、ウッタラーカンド州のヒマラヤ山脈からAmanita caesaroidesなどインド新産種6種を報告した。各種について記載文、スケッチ、写真などを掲載するとともに、検索表を作成した。Amanita caesaroidesが調査地の高標高域で食用にされていることを報告した。Amanita caesareoides■ / Amanita griseofolia■ / Amanita orientifulva■ / Amanita pallidorosea■ / Amanita parvipantherina■ / Amanita princeps■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amanitaceae/テングタケ科
R3-04626ポーランドにおけるSarcodontia croceaの新規採集地2017Acta Mycologica2017年の論文/published in 2017, Acta Mycologica, ウッチ県/Łódź, オオキノコムシ科/Erotylidae, コキノコムシ科/Mycetophagidae, コブゴミムシダマシ科, バラ科/Rosaceae, ポトカルパチェ県/Podkarpackie, ポモージェ県/Pomorskie, ポーランド/Poland, マゾフシェ県/Mazowsze, ミジンムシ科, ミセトビオント, リンゴ属/Malus, 保全生態学/conservation ecology, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 菌食/mycophagyNew localities of Sarcodontia crocea (Polyporales, Basidiomycota) in Polandポーランドのポモージェ県、マゾフシェ県、ウッチ県、およびポトカルパチェ県からSarcodontia croceaの新規採集地7ヶ所を報告した。12本のリンゴの木に発生が確認され、品種”Niedzwetzkyana”における発生は初報告となった。子実体から4科(コブゴミムシダマシ科、オオキノコムシ科、コキノコムシ科、ミジンムシ科)にまたがる甲虫の種が見出された。Sarcodontia crocea■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-04625中国貴州省産のAcrophialophora属1新種2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 耐熱性菌/heat-tolerant fungus, 貴州省/GuizhouA new species of Acrophialophora from Guizhou Province, China中国貴州省において土壌から分離された菌を検討し、Acrophialophora liboensisとして新種記載した。本種はフィアライドに顕著な頸部を有し、長い分生子鎖を形成し、分生子が卵形~楕円形で鎖生することなどで特徴づけられた。本種はITS+β-チューブリンに基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Acrophialophora liboensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門
R3-04624ヒマラヤ山脈産の地上生の新種、Aspicilia tibetica2010Mycological Progress2010年の論文/published in 2010, Mycological Progress, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, タイプスタディ/type study, チベット自治区/Tibet, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 極限環境/extreme environment, 痂状地衣/crustose lichen, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine region, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyAspicilia tibetica, a new terricolous species of the Himalayasチベットにおいて土壌および植物残渣に生じた地衣の一種を検討し、Aspicilia tibeticaとして新種記載した。本種は白色~淡灰色の痂状で子嚢が8胞子性、子嚢胞子が球形~楕円形、地衣成分を欠くことなどで特徴づけられた。本新種を含む、非放浪性のクボミゴケ属地衣の形質比較表を掲載した。Aspicilia tibetica★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科
R3-04623オーストラリア東部産のホウネンゴケ科地衣の2新種および1新産種2017Australasian Lichenology2017年の論文/published in 2017, Australasian Lichenology, HPLC, オーストラリア/Australia, オーストラリア首都特別地域/Australian Capital Territory, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, マロン酸類/malonic acids, リゾカルプ酸/rhizocarpic acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 酸性土壌/acidic soil, 鱗片状地衣/squamulose lichenTwo new species and a new record of Acarosporaceae (lichenized Ascomycota) from eastern Australiaオーストラリア首都特別地域において石灰岩に生じた地衣の一種を検討し、Sarcogyne canberrenseとして新種記載した。また、クイーンズランド州およびニューサウスウェールズ州において酸性土壌に生じた地衣を検討し、S. tholiferaとして新種記載した。オーストラリア新産種としてCaeruleum heppiiを報告し、オーストラリア産ホウネンゴケ科地衣の検索表を掲載した。Caeruleum heppii■ / Lecania turicensis■ / Sarcogyne canberrensis★ / Sarcogyne meridionalis■ / Sarcogyne tholifera★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-04622新熱帯におけるEchinoporia属菌の新産種および地理的分布マップ2015Check List2015年の論文/published in 2015, Check List, サンパウロ州/São Paulo, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forestNew records and geographic distribution map of Echinoporia Ryvarden (Schizoporaceae, Basidiomycota) species in the Neotropicsブラジル、サンパウロ州において、ブラジルから2番目の報告となるEchinoporia inermisを採集した。また、大西洋岸森林における新産種としてE. acleiferaを報告した。新熱帯におけるEchinoporia属菌の採集地をマッピングした。Echinoporia aculeifera■ / Echinoporia inermis■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizoporaceae/アナタケ科
R3-04621Umbilicaria leiocarpaのレクトタイプ指定2017Graphis Scripta2017年の論文/published in 2017, Graphis Scripta, オート=ピレネー県/Hautes-Pyrénées, タイプスタディ/type study, ピレネー山脈/Pyrenees, フランス/France, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的変遷/taxonomic changes, 収蔵標本/stored specimen, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 菌類学者/mycologist, 葉状地衣/foliose lichenLectotypification of Umbilicaria leiocarpa (Umbilicariaceae)ドゥ・カンドールによって記載されたが、標本の所在が特定されてこなかったUmbilicaria leiocarpaを再検討した。Louis Ramond de Carbonnièresによってフランス、ピレネー山脈で採集された元の標本がBBFハーバリウムに収蔵されていることが明らかになった。6つの小さな地衣体が並んだシートのうち、子器を豊富に形成していたことから1番目の地衣体をレクトタイプ標本に選定した。Umbilicaria leiocarpaFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Umbilicariales/イワタケ目_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-04620ブラジル南部産サビアナタケ属菌2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 種内変異/intraspecific variationFuscoporia (Basidiomycota, Hymenochaetales) in Southern Brazilブラジル南部産のキコブタケ属35種を再検討した結果、9種がサビアナタケ属に含まれることを示した。これらの種は担子胞子が無色薄壁で非デキストリノイドかつ非シアノフィリック、子実層剛毛を有し、生殖菌糸に結晶を伴うなど、サビアナタケ属の概念に一致する形態形質を有していた。Fuscoporia callimorpha、F. flavomarginata、およびF. rhabarbarinaの3新組み合わせを提唱した。Fuscoporia callimorpha▲ / Fuscoporia contigua / Fuscoporia ferrea / Fuscoporia ferruginosa / Fuscoporia flavomarginata▲ / Fuscoporia gilva / Fuscoporia punctatiformis / Fuscoporia rhabarbarina▲ / Fuscoporia wahlbergiiFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04619台湾産コウヤクタケ類3新種2007Botanical Studies2007年の論文/published in 2007, Botanical Studies, クスノキ科/Lauraceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ニッケイ属/Cinnamomum, 亜熱帯域/subtropics, 切片/section, 台中市/Taichung, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 嘉義県, 山地/mountains, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 温帯域/temperate zone, 高山帯/alpine regionThree new species of corticioid fungi from Taiwan台湾からDentipellis taiwaniana、Peniophora formosana、およびPhanerochaete granulataの3新種を記載した。各種はそれぞれ台中市、台中市、嘉義県においてクスノキの腐朽幹、被子植物の枝、被子植物の枝に発生していた。Dentipellis属6種の検索表を掲載した。Dentipellis taiwaniana★ / Peniophora formosana★ / Phanerochaete granulata★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Hericiaceae/サンゴハリタケ科_Peniophoraceae/カワタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-04618新種Xanthagaricus pakistanicus:パキスタンからの当該属の初報告2017Turkish Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Turkish Journal of Botany, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 多系統群/polyphyletic group, 新種記載/new species, 森林/forest, 腐生菌/saprobeXanthagaricus pakistanicus sp. nov. (Agaricaceae): first report of the genus from Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州のマツ林地上に発生した菌を検討し、Xanthagaricus pakistanicusとして新種記載した。本種は傘が帯黄色で暗褐色の小鱗片に覆われ、柄が帯黄色繊維状、担子胞子が球形、傘の小鱗片が偽柔組織からなることなどで特徴づけられ、パキスタン初の本属菌となった。また、Xanthagaricus属において6種の新組み合わせを提唱し、本属全種の形質比較表を掲載した。Xanthagaricus calicutensis▲ / Xanthagaricus epipastus▲ / Xanthagaricus ochraceoluteus▲ / Xanthagaricus pakistanicus★ / Xanthagaricus rufomarginatus▲ / Xanthagaricus subaeruginosus▲ / Xanthagaricus taiwanensis▲Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04617オーストラリア東部産のトリハダゴケ属地衣の7新種および1新産種2017Australasian Lichenology2017年の論文/published in 2017, Australasian Lichenology, オキセピン類/oxepins, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, キサントン類/xanthones, キツネノマゴ科/Acanthaceae, クイーンズランド州/Queensland, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ヒルギダマシ属/Avicennia, ヒースランド/heathland, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, マングローブ林/mangrove forest, ラクトン類/lactones, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographySeven new species and a new record in the lichen genus Pertusaria (Pertusariales, lichenized Ascomycota) from eastern AustraliaオーストラリアからPertusaria gadgarrensis、P. glebulosaなど7新種を記載した。これらの新種は類縁種とは基質、稔性の有無、裂芽や粉芽の形態、子嚢胞子のサイズ、地衣成分などが異なっていた。また、P. violaceaをオーストラリア新産種として報告した。Pertusaria gadgarrensis★ / Pertusaria glebulosa★ / Pertusaria hiatensis★ / Pertusaria lumbschii★ / Pertusaria quadraginta★ / Pertusaria salazinica★ / Pertusaria ternata★ / Pertusaria violacea■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科
R3-04616伝統的なBorassus akeassiiのパームワイン、バンジから分離された酵母の新種、Hanseniaspora jakobsenii2015International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2015年の論文/published in 2015, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, PCRフィンガープリンティング/PCR fingerprinting, rep-PCR, パルミラヤシ属, ブルキナファソ/Burkina Faso, ヤシ科/Arecaceae, 上流域地方(ブルキナファソ)/Hauts-Bassins (Burkina Faso), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 水試料/water sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵/fermentation, 発酵試験/fermentation test, 発酵食品/fermented food, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastHanseniaspora jakobsenii sp. nov., a yeast isolated from Bandji, a traditional palm wine of Borassus akeassiiブルキナファソの伝統的なパームワイン、バンジから分離された酵母の一種を検討し、Hanseniaspora jakobseniiとして新種記載した。本種は無性胞子、有性胞子のいずれも形成せず、トレハロースおよびマルトースを資化可能である点などが近縁種と異なっていた。本種は分子系統解析でKloeckera lindneriおよびH. valbyensisに近縁であったが異なる系統を形成し、rep-PCR法によるプロファイルも異なっていた。Hanseniaspora jakobsenii★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycodaceae/サッカロマイコデス科
R3-04615ハウスダストから分離されたAureobasidium属類似の種に対するクロイボタケ目の新科新属2017IMA fungus2017年の論文/published in 2017, IMA fungus, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カナダ/Canada, カリフォルニア州/California, サスカチュワン州/Saskatchewan, ハウスダスト/house dust, 乾燥耐性/xelotolerance, 二型性/dimorphism, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 培養性状/colony characteristics, 好稠菌/osmophilic fungus, 室内環境/indoor condition, 希釈平板法/dilution plate method, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 水分活性/water activity, 米国/USA, 終点希釈法/extinction dilution method, 胞子の発芽/germination of spores, 選択培地/selective medium, 酵母/yeast, 黒色酵母/black yeastA new family and genus in Dothideales for Aureobasidium-like species isolated from house dust11ヶ国で採集されたハウスダストから7904菌株を分離し、Aureobasidium属およびHormonema属に類似するが系統的に異なる菌群を見出した。クロイボタケ目系統に含まれた本菌群を新科ザラリア科とし、Zalaria obscuraおよびZ. albaの2新種を含めた。これらの種は生長が遅く、全出芽型の分生子形成を行い、有性世代は見出されず、Hormonema属菌とは形態的にほぼ区別がつかなかった。Zalaria alba★ / Zalaria obscura★
R3-04614新熱帯新産種、Syncephalis clavata2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, Thamnostylum属, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, パカ属/Cuniculus, パカ科/Cuniculidae, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, リヒトハイミア科/Lichtheimiaceae, 動物園/zoo, 南米新産種/South America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新産種報告/new record, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌寄生菌/mycoparasiteSyncephalis clavata (Zoopagales, Zygomycetes), a first record from the neotropicsブラジル、ペルナンブーコ州から糞生の菌寄生菌、Syncephalis clavataを報告した。本種は台湾のみから知られており、新熱帯からの報告は初となった。本種は動物園のローランドパカの糞から湿室法で得られ、台湾産標本と同様にThamnostylum piriformeを宿主としていた。Syncephalis clavata■Fungi/菌界_Zygomycota/接合菌門_Zoopagomycotina/トリモチカビ亜門_Zoopagales/トリモチカビ目_Piptocephalidaceae/エダカビ科
R3-04613ポーランド産Suillus lakei:新規データ2017Acta Mycologica2017年の論文/published in 2017, Acta Mycologica, トガサワラ属/Pseudotsuga, ポーランド/Poland, マツ科/Pinaceae, ヴィエルコポルスカ県/Wielkopolska, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 移入種/alien species, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungiSuillus lakei (Murrill) A. H. Sm. & Thiers (Boletales, Basidiomycota) in Poland: new dataポーランドから既に移入種として報告されていたSuillus lakeiについて、3番目となる採集地を報告した。本種はヴィエルコポルスカ県においてダグラスファー近傍の草地に発生しており、同県からの2番目の報告となった。本種は2012年より前からポーランドに移入していたものの、発見が稀であること、他種と混同されたことなどから報告されなかったという可能性が考えられた。Suillus lakeiFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-04612中国雲南省の淡水環境に産した新種、Lentithecium cangshanense2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 雲南省/YunnanLentithecium cangshanense sp. nov. (Lentitheciaceae) from freshwater habitats in Yunnan Province, China中国雲南省の小川において沈んだ材に生じた菌を検討し、Lentithecium cangshanenseとして新種記載した。本種は子嚢果が球形、子嚢が倒棍棒形~円筒形、子嚢胞子が帯黄色~褐色紡錘形であることなどで特徴づけられた。分子系統解析で、本種はプレオスポラ目レンティセシウム科クレードにおいて独自の系統を形成した。Lentithecium cangshanense★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Lentitheciaceae/レンティテシウム科
R3-04611Boeremia属、Epicoccum属新種の分類および複数遺伝子に基づく系統学的評価、およびAscochyta属、Didymella属の新産種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, Ononis属, アカネ科/Rubiaceae, アルハンゲリスク州/Arkhangelsk, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, シナガワハギ属/Melilotus, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トスカーナ州/Tuscany, ニガキ科/Simaroubaceae, ニワウルシ属/Ailanthus, マメ科/Fabaceae, ヤエムグラ属/Galium, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeTaxonomy and multigene phylogenetic evaluation of novel species in Boeremia and Epicoccum with new records of Ascochyta and Didymella (Didymellaceae)ロシアおよびイタリアからそれぞれBoeremia galiicolaおよびEpicoccum mackenzieiの2新種を記載した。後者は天然において初めて見出されたEpicoccum属菌の有性世代であり、本属のOnonis属植物からの報告も初であった。また、ロシアおよびイタリアにおける新産種としてAscochyta medicaginicolaおよびDidymella macrostomaを報告し、前者については有性世代を初めて報告した。Ascochyta medicaginicola■ / Boeremia galiicola★ / Didymella macrostoma■ / Epicoccum mackenziei★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Didymellaceae/ディディメラ科_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04610韓国においてチャイニーズメープルから分離されたエンドファイト、Paraconiothyrium brasilienseの初記録2014Korean Journal of Mycology2014年の論文/published in 2014, Korean Journal of Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, カエデ属/Acer, ムクロジ科/Sapindaceae, 光州広域市/Gwangju, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 表面殺菌法/surface sterilization method, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordFirst Record of Endophytic Paraconiothyrium brasiliense Isolated from Chinese Maple Leaves in Korea韓国、光州において葉から分離された菌をParaconiothyrium brasilienseと同定し、韓国新産種として報告した。この同定結果はITS領域の塩基配列が当該種のものと99%一致したことからも裏付けられた。分離菌株は培養下で気生菌糸を形成せず、黒色点状の分生子殻を多数形成した。Paraconiothyrium brasiliense■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Didymosphaeriaceae/ディディモスフェリア科
R3-04609ネパール、カトマンズ渓谷におけるイグチ類の3新産種2007Journal of Basic and Applied Mycology2007年の論文/published in 2007, Journal of Basic and Applied Mycology, ネパール/Nepal, ネパール新産種/Nepal_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中部開発区域/Central Development Region (Nepal), 呈色反応/chemical reaction, 垂直分布/vertical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食毒不明/edibility unknownThree New Record of Boletes From Kathmandu Valley, Nepalネパール、カトマンズ渓谷からBoletellus emodensis、Gyroporus atroviolaceus、およびStrobilomyces mirandusの3種を報告した。これらの種はマツ林の地上に発生し、いずれもネパール新産種として報告された。イグチ類の属および種レベルの検索表を掲載した。Boletellus emodensis■ / Gyroporus atroviolaceus■ / Strobilomyces mirandus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科_Gyroporaceae/クリイロイグチ科
R3-04608シチリア新産のコウヤクタケ類2016Check List2016年の論文/published in 2016, Check List, Erica属, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, イチゴノキ属/Arbutus, イトスギ属/Cupressus, イナゴマメ属/Ceratonia, キコブタケ属/Phellinus, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, ゴジアオイ属/Cistus, シソ科/Lamiaceae, シチリア州/Sicily, タバコウロコタケ科/Hymenochaetaceae, ツツジ科/Ericaceae, ハンニチバナ科/Cistaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, マンネンロウ属/Rosmarinus, ユーカリ属/Eucalyptus, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew records of corticioid fungi from Sicilyイタリア、シチリア州において材生息性コウヤクタケ類の調査を実施し、25種を本地域における新産種として報告した。そのうち、稀産種のSubulicystidium perlongisporumをイタリア新産種として報告した。同じく稀産種のDendrophora versiformisおよびKavinia alboviridisも報告に含めた。Acanthophysellum dextrinoideocerussatum■ / Amylocorticium cebennense■ / Coronicium gemmiferum■ / Dendrophora versiformis■ / Hyphoderma medioburiense■ / Hyphodontia juniperi■ / Kavinia alboviridis■ / Lagarobasidium detriticum■ / Laxitextum bicolor■ / Leptosporomyces fuscostratus■ / Leptosporomyces mutabilis■ / Leptosporomyces septentrionalis■ / Phanerochaete jose-ferreirae■ / Sistotrema brinkmannii■ / Sistotrema muscicola■ / Sistotrema oblongisporum■ / Subulicystidium perlongisporum■ / Trechispora microspora■ / Trechispora stellulata■ / Tubulicium vermiferum■ / Tubulicrinis calothrix■ / Tubulicrinis medius■ / Tubulicrinis subulatus■ / Xylodon rimosissimus■ / Xylodon spathulatus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amylocorticiaceae/アミロコルティシウム科_Pterulaceae/フサタケ科_Peniophoraceae/カワタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Lentariaceae/レンタリア科_Schizoporaceae/アナタケ科_Hericiaceae/サンゴハリタケ科_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-04607中国、天山山脈に産したユスリカの消化管に生息するハルペラ目2新種およびその他のトリコミケス類2010Mycologia2010年の論文/published in 2010, Lucid, Mycologia, アジア新産種/Asia_new record, トリコミケス類/Trichomycetes, ユスリカ科/Chironomidae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 付着器/appressorium, 地理的分布/geographical distribution, 天山山脈/Tian Shan, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新属新種, 新産種報告/new record, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 水生昆虫/aquatic insect, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 生活環/life cycle, 腸内生息菌/fungus in intestinal tractTwo New Harpellales Inhabiting the Digestive Tracts of Midge Larvae and Other Trichomycetes from Tianshan Mountains, China中国、新疆ウイグル自治区においてユスリカの腸に見出された菌を検討し、新属新種Sinotrichium chironomidarumおよび新種Stachylina tianensisとして記載した。また、従来オーストラリアのみから知られていたSmittium rupestreを報告した。この他にParamoebidium属の複数種を見出したが、形質の乏しさから同定できなかった。Sinotrichium chironomidarum★ / Smittium rupestre■ / Stachylina tianensis★Fungi/菌界_Zygomycota/接合菌門_Kickxellomycotina/キクセラ亜門_Harpellales/ハルペラ目_Legeriomycetaceae/レゲリオマイセス科_Harpellaceae/ハルペラ科
R3-04606イタリア新産種のCraterium aureonucleatum、Perichaena quadrata、およびPhysarum mutabile2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Erica属, Mycotaxon, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, キイチゴ属/Rubus, コナラ属/Quercus, シチリア州/Sicily, ツツジ科/Ericaceae, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 蓚酸カルシウム/calcium oxalateFirst records of Craterium aureonucleatum, Perichaena quadrata, and Physarum mutabile in Italyイタリア新産種として変形菌類のCraterium aureonucleatum、Perichaena quadrata、およびPhysarum mutabileを報告した。これらの種はシチリア州、パンテッレリーア島のガリッグおよびマキ植生において見出された。各種はそれぞれQuercus ilex、Rubus ulmifolius、およびQ. ilexとErica arboreaを基質としていた。Craterium aureonucleatum■ / Perichaena quadrata■ / Physarum mutabile■Protozoa/プロトゾア_Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Physarales/モジホコリ目_Physaraceae/モジホコリ科_Trichiales/ケホコリ目_Trichiaceae/ケホコリ科
R3-04605Phytophthora melonisの再記載2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, PCR-SSCP法, ウリ科/Cucurbitaceae, カラスウリ属, キュウリ属/Cucumis, タイプスタディ/type study, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt)Redescription of Phytophthora melonisキュウリの病原菌であるPhytophthora melonisについて、タイプ標本を含む複数の標本を再検討した。その結果、原記載の記述と異なり、本種は遊走子嚢に乳頭突起を欠き、厚壁胞子を形成しないことが明らかになった。本種の記載文を再度掲載したほか、SSCP分析でのバンドパターンがP. drechsleriと異なることを示した。Phytophthora melonisChromista/クロミスタ_Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-04604クルミ科植物を宿主とする新属Juglanconis、および新科ユグランコニス科2017Persoonia2017年の論文/published in 2017, Persoonia, アストゥリアス州/Asturias, アリエージュ県/Ariège, オーストリア/Austria, ギリシャ/Greece, クルミ属/Juglans, クレタ地方/Crete, ケルンテン州/Kärnten, サワグルミ属/Pterocarya, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, ニーダーエスターライヒ州/Niederösterreich, ネオタイプ指定/neotype designation, フランス/France, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分布域の変化/changes in the distribution area, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気候変動/climate change, 種内変異/intraspecific variationJuglanconis gen. nov. on Juglandaceae, and the new family Juglanconidaceae (Diaporthales)分子系統解析により、クルミ科植物を宿主とするMelanconis属菌が当該属と異なる系統を形成することを示し、新属Juglanconisとして独立させた。本属はMelanconis属とは分生子の色や、壁内面の疣の有無などが異なっていた。J. appendiculataなどの新種を記載したほか、本属の全ての種の検索表を掲載した。Juglanconis appendiculata★ / Juglanconis juglandina▲ / Juglanconis oblonga▲ / Juglanconis pterocaryae▲ / Melanconium ershadiiFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Melanconidaceae/メラノコニス科
R3-04603クシケアリ属のアリを宿主とするラブルベニア目菌類の研究 (3):Rickia wasmanniiの代替宿主としてのアリ共生節足動物2016Parasite2016年の論文/published in 2016, Parasite, アリの巣/ant nest, アリノスアブ属, アリ科/Formicidae, クシケアリ属/Myrmica, コナダニ科, ダニ寄生菌/mite parasitic fungus, ネオピグメフォルス科, ハイドゥー・ビハール県/Hajdú-Bihar, ハナアブ科, ハンガリー/Hungary, ヒゲダニ科, ヒサシダニ科, ヘヴェシュ県/Heves, ホストシフト/host shift, ボルショド・アバウーイ・ゼンプレーン県/Borsod-Abaúj-Zemplén, 動物の巣/animal nest, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 昆虫の巣/insect nest, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 生活環/life cycleStudies of Laboulbeniales on Myrmica ants (III): myrmecophilous arthropods as alternative hosts of Rickia wasmannii従来クシケアリ属のアリに限って寄生すると考えられていたRickia wasmanniiが巣内に共生するダニも宿主とすることを示した。また、本種の未熟な子実体がMicrodon myrmicaeを宿主とすることを示し、Rickia属のハエ類からの初報告となった。以上の知見から、本種はアリの巣という微小環境に適応している可能性があり、宿主からの特異的な養分の獲得にはそれほど依存していないと考えられた。Rickia wasmanniiFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目_Laboulbeniaceae/ラブルベニア科
R3-04602中国東部、大別山地に産した厚壁胞子形成性のConidiobolus属1新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, キャノピープレート法/canopy plate, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 安徽省/Anhui, 射出胞子/ballistospore, 山地/mountains, 新種記載/new species, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子射出/spore dischargeA new species of Conidiobolus with chlamydospores from Dabie Mountains, Eastern China中国安徽省において土壌から分離された菌を検討し、Conidiobolus dabieshanensisとして新種記載した。本種は厚壁胞子を形成すること、分生子が発芽すると細長く屈曲する菌糸を生じることなどで特徴づけられた。本種はnrLSUに基づく分子系統解析でクレード1に含まれ、形態的に類似するC. adiaeretusとは異なる系統に位置した。Conidiobolus dabieshanensis★Fungi/菌界_Zygomycota/接合菌門_Entomophthoromycotina/ハエカビ亜門_Entomophthorales/ハエカビ目_Ancylistaceae/アンキリステス科
R3-04601インド産の好熱性Conidiobolus属1新種2008Mycopathologia2008年の論文/published in 2008, Mycopathologia, インド/India, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, リター菌/litter fungi, 培養性状/colony characteristics, 好熱菌/thermophile, 射出胞子/ballistospore, 新種記載/new species, 核染色/nuclear staining, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子射出/spore discharge, 胞子発達様式/spore development style, 腐生菌/saprobeA New Thermophilic Species of Conidiobolus from Indiaインド、マハーラーシュトラ州においてリターから分離された好熱菌の一種を検討し、Conidiobolus thermophilusとして新種記載した。本種は40-45°Cが生育適温であり、Conidiobolus属の耐熱/好熱菌としては初めて知られた例となった。本種は生長が速く、分生子を射出するとともに接合胞子を豊富に形成した。Conidiobolus thermophilus★Fungi/菌界_Zygomycota/接合菌門_Entomophthoromycotina/ハエカビ亜門_Entomophthorales/ハエカビ目_Ancylistaceae/アンキリステス科
R3-04600インド、東ガーツ産モジゴケ属地衣の新種および新産種2016Tropical Plant Research2016年の論文/published in 2016, Tropical Plant Research, アーンドラ・プラデーシュ州/Andhra Pradesh, インド/India, インド新産種/India_new record, オキセピン類/oxepins, キサントン類/xanthones, クワ科/Moraceae, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, パンノキ属/Artocarpus, ラクトン類/lactones, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew species and new records of Graphis (Ostropales: Graphidaceae) from Eastern Ghats, Indiaインド、アーンドラ・プラデーシュ州で採集された地衣を検討し、Graphis neeladriensisとして新種記載した。本種は痂状でリレラが分枝しないか疎らに分枝し、地衣体がUV+黄色、子嚢胞子が石垣状であることなどで特徴づけられた。また、G. plumieraeおよびG. subalbostriataをインド新産種として報告した。Graphis neeladriensis★ / Graphis plumierae■ / Graphis subalbostriata■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-04599ロシア、北西コーカサス地方、アブラウ半島における地衣形成菌および地衣生菌の新規および興味深い記録2017Flora Mediterranea2017年の論文/published in 2017, Flora Mediterranea, アオイ科/Malvaceae, アナイボゴケ属/Verrucaria, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, ウコギ科/Araliaceae, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, ウルシ科/Anacardiaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カイノキ属/Pistacia, カバノキ科/Betulaceae, カラタチゴケ属/Ramalina, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, キヅタ属/Hedera, クマシデ属/Carpinus, クラスノダール地方, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, トネリコ属/Fraxinus, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, ナリアイウメノキゴケ属/Parmelina, ハマナツメ属/Paliurus, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, ロウソクゴケモドキ属/Candelariella, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 降水量/precipitationNew and noteworthy records of lichen-forming and lichenicolous fungi from Abrau Peninsula (NW Caucasus, Russia)ロシア、コーカサス地方のアブラウ半島において地衣類および地衣生菌の調査を実施し、ウトリッシュ地域における新産種として98種を報告した。そのうち10種をコーカサス地域、5種をロシア新産種として報告した。本報告により、調査地域における既知種は約380種となった。Absconditella lignicola■ / Acarospora fuscata■ / Agonimia tristicula■ / Arthopyrenia cinereopruinosa■ / Athallia cerinella■ / Athallia cerinelloides■ / Athallia pyracea■ / Athallia skii■ / Bacidia circumspecta■ / Bacidina delicata■ / Blastenia hungarica■ / Calicium glaucellum■ / Caloplaca aegatica■ / Caloplaca atroflava■ / Caloplaca cerina■ / Caloplaca chlorina■ / Caloplaca raesaenenii■ / Chaenothecopsis pusilla■ / Circinaria fruticulosa■ / Circinaria hispida■ / Cladonia parasitica■ / Coenogonium pineti■ / Collema subflaccidum■ / Collema subnigrescens■ / Diplotomma hedinii■ / Dirina fallax■ / Flavoplaca navasiana■ / Gyalecta derivata■ / Gyalecta flotowii■ / Gyalolechia flavovirescens■ / Hazslinszkya gibberulosa■ / Intralichen christiansenii■ / Lecanographa lyncea■ / Lecanora bolcana■ / Lecanora confusa■ / Lecanora hagenii■ / Lecanora horiza■ / Lecanora saligna■ / Lecanora subcarpinea■ / Lecidea fuscoatra■ / Lecidea grisella■ / Lecidella achristotera■ / Lecidella flavosorediata■ / Lepraria eburnea■ / Lepraria finkii■ / Lichenoconium erodens■ / Melanohalea infumata■ / Melaspilea enteroleuca■ / Micarea denigrata■ / Micarea prasina■ / Mycocalicium subtile■ / Nephroma laevigatum■ / Opegrapha niveoatra■ / Opegrapha vulgata■ / Parmelia serrana■ / Peltigera collina■ / Pertusaria constricta■ / Pertusaria flavida■ / Pertusaria hymenea■ / Pertusaria rupestris■ / Phaeophyscia cernohorskyi■ / Placopyrenium fuscellum■ / Placynthiella dasaea■ / Polycauliona phlogina■ / Polysporina simplex■ / Pycnora praestabilis■ / Pyrenula nitidella■ / Rhizocarpon distinctum■ / Rinodina plana■ / Rinodina teichophila■ / Roccella phycopsis■ / Roselliniopsis tartaricola■ / Rostania occultata■ / Rufoplaca subpallida■ / Schismatomma graphidioides■ / Sclerococcum serusiauxii■ / Scoliciosporum umbrinum■ / Scytinium aragonii■ / Scytinium leptogioides■ / Scytinium palmatum■ / Scytinium schraderi■ / Scytinium subaridum■ / Scytinium turgidum■ / Squamarina cartilaginea■ / Staurothele guestphalica■ / Teloschistes chrysophthalmus■ / Thelidium olivaceum■ / Toninia opuntioides■ / Trapelia coarctata■ / Trapelia placodioides■ / Variospora flavescens■ / Verrucaria elaeina■ / Verrucaria hydrophila■ / Verrucaria muralis■ / Verrucaria praetermissa■ / Vouauxiella lichenicola■ / Xanthocarpia crenulatella■ / Xanthoriicola physciae■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Stictidaceae/スティクティス科_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Verrucariaceae/アナイボゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Arthopyreniaceae/アースロピレニア科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Caliciaceae/ピンゴケ科_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Collemataceae/イワノリ科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科_Gyalectaceae/ジアレクタ科_Eremithallales/エレミタルス目_Melaspileaceae/メラスピレア科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Lecideaceae/レキデア科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Nephromataceae/ウラミゴケ科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Trapeliaceae/トラペリア科_Candelariales/ロウソクゴケ目_Pyrenulales/サネゴケ目_Pyrenulaceae/サネゴケ科_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科
R3-04598ベリーズ産のヤマイグチ属1新種2009Brittonia2009年の論文/published in 2009, Brittonia, カヨ州/Cayo, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, ベリーズ/Belize, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungiA new species of Leccinum (Basidiomycota, Boletales) from Belizeベリーズで採集された菌を検討し、Leccinum viscosumとして新種記載した。本種はオーク-マツ混交林の砂質土壌に発生した。本種は傘表面に粘性を有し、子実体に青変性があり、柄の基部が珊瑚色または橙桃色をしばしば緩やかに帯びることなどで特徴づけられた。Leccinum viscosum★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04597トルコ新産の地下生チチタケ属の一種2017Mantar Dergisi2017年の論文/published in 2017, Mantar Dergisi, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyA Hypogeous Lactarius sp., New to Turkish Mycobiota地下生のLactarius stephensiiをトルコ新産種として報告した。本種はトラブゾン県においてブナ-トウヒ混交林の土壌に発生していた。本種はトルコ産の地下生担子菌としては52番目、チチタケ属菌としては57番目の種となった。Lactarius stephensii■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-04596Torula属類似の属の研究:Bahusaganda属、Bahusandhika属、Pseudotorula属、および新属Simmonsiella2016IMA fungus2016年の論文/published in 2016, Cattleya属, Coprosma属, IMA fungus, Laelia属, Melicytus属, Odontoglossum属, Oncidium属, Sabal属, Serenoa属, アカネ科/Rubiaceae, アズマザサ属/Sasaella, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, インドネシア/Indonesia, ウコギ科/Araliaceae, オークランド地方/Auckland, キク科/Asteraceae, シノニム/synonym, スミレ科/Violaceae, タイプスタディ/type study, ツリフネソウ属/Impatiens, ツリフネソウ科/Balsaminaceae, トウモロコシ属/Zea, ナツメヤシ属/Phoenix, ニュージーランド/New Zealand, ハケヤシ属/Rhopalostylis, フカノキ属/Schefflera, フロリダ州/Florida, ブタクサ属/Ambrosia, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ラン科/Orchidaceae, リター菌/litter fungi, 優先権/priority, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 米国/USA, 西ジャワ州/West Java, 走査型電子顕微鏡/SEMStudies in genera similar to Torula: Bahusaganda, Bahusandhika, Pseudotorula, and Simmonsiella gen. nov.Torula属および類似の7属を検討し、新属Simmonsiellaを提唱した。Bahusaganda属に2新種および3新組み合わせ、Bahusandhika属に1新種および2新組み合わせ、Pseudotorula属に1新組み合わせを加えた。Latorua属をBahusandhika属のシノニムとし、その他種レベルでも数種をシノニムとした。Bahusaganda ambrosiae▲ / Bahusaganda elaeodes▲ / Bahusaganda elliseverhartii★ / Bahusaganda heteromorpha▲ / Bahusaganda simmonsii★ / Bahusandhika caligans / Bahusandhika grootfonteinensis▲ / Bahusandhika hughesii★ / Bahusandhika intercalaris / Bahusandhika rhombica▲ / Bahusandhika terrestris▲ / Pseudotorula helica / Pseudotorula sundara▲ / Simmonsiella ndjilensis▲ / Torula verrucosporaFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Incertaesedis/所属未確定_Torulaceae/トルラ科
R3-04595中国産の淡水生アニュラタスカス科2新種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, 中国/China, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 貴州省/Guizhou, 難培養性菌/uncultured fungi, 雲南省/YunnanTwo new freshwater species of Annulatascaceae from China中国雲南省の河川において沈んだ材に生じた2種を検討し、それぞれAnnulatascus menglensis、A. vaginataとして新種記載した。前者は子嚢果の頸部が無色、子嚢が円筒形で、子嚢胞子が無色紡錘形で鞘も付属糸も欠くことなどで特徴づけられた。後者は子嚢果が膜状で槍形の剛毛を有し、子嚢が長円筒形で、子嚢胞子が単細胞でゼラチン質の鞘に包まれることなどで特徴づけられた。Annulatascus menglensis★ / Aqualignicola vaginata★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Annulatascaceae/アニュラタスカス科
R3-04594中国熱帯域に産した新属新種Luteoporia albomarginata2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeLuteoporia albomarginata gen. et sp. nov. (Meruliaceae, Basidiomycota) from tropical China中国海南省において腐朽材に生じた白色腐朽菌の一種を検討し、新属新種Luteoporia albomarginataとして記載した。本種は子実体が一年生で背着生、孔口が黄色、担子胞子が無色楕円形~長楕円形薄壁、シスチジア様の菌糸を有し、1菌糸型でクランプを有することなどで特徴づけられた。ITS+nrLSUに基づく分子系統解析で本新種はシワタケ科の系統に含まれた。Luteoporia albomarginata★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-04593ロシア産の新種、Dematiopleospora fusiformisの系統分類2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, キク科/Asteraceae, ノコギリソウ属/Achillea, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, ロストフ州/Rostov, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland, 難培養性菌/uncultured fungiPhylogenetic taxonomy of Dematiopleospora fusiformis sp. nov. (Phaeosphaeriaceae) from Russiaロシア、ロストフ州においてAchillea millefoliumの枯茎に生じた菌を検討し、Dematiopleospora fusiformisとして新種記載した。本種は子嚢果の孔口に剛毛を伴い、子嚢胞子が淡褐色紡錘形で石垣状であることなどで特徴づけられた。本種をD. mariaeおよびD. cirsiiとともに狭義のDematiopleospora属菌として扱うべきとした。Dematiopleospora fusiformis★
R3-04592形態および塩基配列に基づく手法によりPetromyces alliaceusと同定された不稔の臨床分離菌株2007Journal of Clinical Microbiology2007年の論文/published in 2007, Journal of Clinical Microbiology, MIC, アスペルギルス症/aspergillosis, アゾール系抗真菌薬/azole antifungal drug, ヒト病原菌/human pathogen, 不稔菌糸/sterile mycelium, 侵襲性アスペルギルス症/invasive aspergillosis, 免疫学的検査/immunological test, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水試料/water sample, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 胞子形成誘導/sporulation induction, 臨床検体/clinical specimens, 致死的転帰/fatal outcomeNonsporulating Clinical Isolate Identified as Petromyces alliaceus (Anamorph Aspergillus alliaceus) by Morphological and Sequence-Based Methods造血幹細胞移植後に侵襲性肺アスペルギルス症に罹患した54歳女性から分離された菌を検討し、Petromyces alliaceusと同定した。分離菌株は不稔であり、空の子嚢果を形成したが、胞子形成誘導によって分生子を豊富に形成したほか、ITS領域の塩基配列からも同定結果が確かめられた。本報告はPetromyces属菌による侵襲的感染の稀な例であり、アムホテリシンBやカスポファンギンなどの抗真菌薬に対する低い感受性が認められた。Petromyces alliaceusFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04591米国アラスカ州産の新種、Acarospora toensbergii2017Opuscula Philolichenum2017年の論文/published in 2017, Opuscula Philolichenum, アラスカ州/Alaska, ツンドラ/tundra, 二次代謝産物/secondary metabolite, 先駆種/pioneer species, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 子実体発達様式/fruiting body development style, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 独立種/independent species, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 米国/USA, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 高山帯/alpine regionAcarospora toensbergii (Acarosporaceae), a new species from Alaska, U.S.A.米国アラスカ州において珪質岩に生じた地衣の一種を検討し、Acarospora toensbergiiとして新種記載した。本種は子器が単生し、果托の縁が褐色、子実層および子実下層がアミロイド、二次代謝産物を欠くことなどで特徴づけられた。また、北米産のA. gallicaおよびA. variegataが誤同定であったこと、A. canadensisがA. glaucocarpaのシノニムでないことを示した。Acarospora canadensis / Acarospora toensbergii★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-04590インドにおいてカックロールに花腐病を引き起こしたChoanephora infundibuliferaの初報告2017Indian Phytopathology2017年の論文/published in 2017, Indian Phytopathology, インド/India, ウリ科/Cucurbitaceae, カロテノイド/carotenoids, コッホの原則/Koch_s postulation, ツルレイシ属, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気温/temperature, 湿度/humidity, 畑地/farmland, 病原力/virulence, 色素産生/pigment production, 花生息菌/floricolous fungus, 花腐病/flower rot, 西ベンガル州/West BengalFirst report of Choanephora infundibulifera causing blossom blight of teasle gourd in Indiaインド、西ベンガル州においてカックロールの花に生じた病原菌を検討し、Choanephora infundibuliferaと同定した。接種試験により病原性を確かめるとともに、ITS領域に基づく分子系統解析を実施した。本報告はChoanephora infundibuliferaによるカックロールの花腐病の初報告となった。Choanephora infundibulifera
R3-04589Sporothrix属とOphiostoma属の離別:厄介な関係性の解決2016Studies in Mycology1F=1N, 2016年の論文/published in 2016, Cyrtogenius属, Dendroctonus属, Hylastes属, Orthotomicus属, Protea属, Studies in Mycology, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, クリ属/Castanea, コナラ属/Quercus, シロキクラゲ属/Tremella, シロキクラゲ科/Tremellaceae, スイセン属/Narcissus, スポロトリクム症/sporotrichosis, ゾウムシ科/Curculionidae, タイプスタディ/type study, ツガサルノコシカケ属/Fomitopsis, ツガサルノコシカケ科/Fomitopsidaceae, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ヒガンバナ科/Amaryllidaceae, ヒト病原菌/human pathogen, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, ホコリダニ属, ホコリダニ科, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヤマモガシ科/Proteaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 保留名/conserved name, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 命名法/nomenclature, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 坑道/gallery, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 散布様式/dispersal style, 新学名提唱/new scientific name, 新組み合わせ提唱/new combination, 新規プライマー設計/new primer design, 日和見感染症/opportunistic infection, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮下キクイムシ/bark beetle, 無効学名/invalid name, 病原真菌/pathogenic fungi, 稀産種/rare species, 種複合体/species complex, 胞子散布/spore dispersal, 花生息菌/floricolous fungus, 虫散布/dispersal by insects, 非合法名/illegitimate nameThe divorce of Sporothrix and Ophiostoma: solution to a problematic relationshipSporothrix属とOphiostoma属の系統関係を明らかにするために、複数遺伝子に基づく分子系統解析を実施した。その結果、Sporothrix属が51分類群からなる良好に支持された単系統群を形成することを示し、6つの種複合体を定義した。Sporothrix属の属概念を有性世代も含めるよう修正し、26新組み合わせを提唱するとともに、以前Ophiostoma属として扱われていた2種に新学名を与えた。Sporothrix abietina▲ / Sporothrix aurorae▲ / Sporothrix bragantina▲ / Sporothrix candida▲ / Sporothrix cantabriensis▲ / Sporothrix dentifunda▲ / Sporothrix dombeyi◆ / Sporothrix epigloea▲ / Sporothrix eucalyptigena▲ / Sporothrix eucastaneae▲ / Sporothrix euskadiensis▲ / Sporothrix fumea▲ / Sporothrix fusiformis▲ / Sporothrix gemella▲ / Sporothrix gossypina▲ / Sporothrix lunata▲ / Sporothrix narcissi▲ / Sporothrix nebularis▲ / Sporothrix nigrograna▲ / Sporothrix palmiculminata▲ / Sporothrix phasma▲ / Sporothrix polyporicola▲ / Sporothrix prolifera▲ / Sporothrix protea-sedis▲ / Sporothrix rossii◆ / Sporothrix stenoceras▲ / Sporothrix thermara▲ / Sporothrix zambiensis▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-04588新階級・新組み合わせTylopilus aquarius、およびそのブラジル産の新変種2017Sydowia2017年の論文/published in 2017, Sydowia, タイプスタディ/type study, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新変種記載/new variety, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 配列決定/sequencingTylopilus aquarius, comb. et stat. nov., and its new variety from BrazilTylopilus potamogeton var. aquariusを種に昇格させ、T. aquariusとした。また、ブラジルのパライバ州およびリオグランデ・ド・ノルテ州から本種の新変種、megistusを記載した。本変種は基本種より子実体が大型で、担子胞子のサイズが小さいことなどで特徴づけられた。Tylopilus aquarius▲● / Tylopilus aquarius★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04587形態および分子系統に基づくインド産のベニタケ科3新種2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Hopea属, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMThree new species of Russulaceae from India based on morphology and molecular phylogenyインド、ケララ州からLactifluus umbonatus、Lactifluus indicus、およびLactarius keralensisの3新種を記載した。Lf. umbonarusおよびLf. indicusの報告はインドからのLactifluus属Gerardii亜属の初報告となった。また、Lactifluus indicusはインド産のヒラタケ型Lactifluus属菌としては2番目の例となった。Lactarius keralensis★ / Lactifluus indicus★ / Lactifluus umbonatus★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-04586Ophiobolus属のトルコ新産種2016Communications Faculty of Science University of Ankara Series C2016年の論文/published in 2016, Communications Faculty of Science University of Ankara Series C, クルシェヒル県/Kırşehir, スイカズラ属/Lonicera, スイカズラ科/Caprifoliaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungusA new record of Ophiobolus Riess for Turkeyトルコ新産種としてOphiobolus periclymeniを報告した。本種はLonicera caucasicaの枯れた小枝から発生していた。トルコ産標本の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Ophiobolus periclymeni■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科
R3-04585中国産のPhoma属2新種の特徴づけのための多相分類学的アプローチ2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, TreeBASE, アザミ属/Cirsium, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ガマズミ属/Viburnum, キク科/Asteraceae, ハシドイ属/Syringa, モクセイ科/Oleaceae, レンプクソウ科/Adoxaceae, 中国/China, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 北京市/Beijing, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湖北省/Hubei, 表面殺菌法/surface sterilization methodA polyphasic approach to characterise two novel species of Phoma (Didymellaceae) from China中国からPhoma odoratissimiおよびP. segeticolaの2新種を記載した。前者はViburnum odoratissimumおよびSyringa oblate、後者はCirsium segetumを宿主としていた。本報告はそれらの宿主からのPhoma属菌の初報告となった。Phoma odoratissimi★ / Phoma segeticola★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04584Melanconiella属菌の宿主範囲および分布範囲の拡張および中国産の新種、M. cornuta2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, ミズキ属/Cornus, ミズキ科/Cornaceae, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 潰瘍病/canker, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胴枯病/dogare-byo (canker), 陝西省/ShaanxiHost and geographic range extensions of Melanconiella, with a new species M. cornuta in China中国陝西省においてミズキ属およびクルミ属植物に病害を引き起こした菌を検討し、Melanconiella cornutaとして新種記載した。本種はMelanconiella属菌がミズキ科およびクルミ科植物に生じた初の例となった。また、本属菌はほとんどがヨーロッパおよび北米から報告されているが、アジアにも未記載のさらなる種が存在することが示唆された。Melanconiella cornuta★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Melanconidaceae/メラノコニス科
R3-04583ヨーロッパ新産種、Kirschsteiniothelia thujina2015Ascomycete.org2015年の論文/published in 2015, Ascomycete.org, アラゴン州/Aragon, アリエージュ県/Ariège, オート=ピレネー県/Hautes-Pyrénées, オード県/Aude, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, ピレネー山脈/Pyrenees, フランス/France, フランス新産種/France_new record, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材の切片/sections of wood, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 西欧新産種/Western Europe_new record, 青変菌/blue stain fungiKirschsteiniothelia thujina (Peck) D. Hawksw. (Kirschsteiniotheliaceae), reported from Europe for the first timeフランスおよびスペインのピレネー山脈においてAbies albaの枝や幹に繰り返し発生した菌を検討し、Kirschsteiniothelia thujinaと同定した。本種は材の深部を帯灰青色に変色させる性質を有していた。ヨーロッパ産の標本は子嚢胞子が北米産のものより常に短く、異なる分類群である可能性も否定できなかった。Kirschsteiniothelia thujina■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Kirschsteiniotheliaceae/キルシュシュタイニオテリア科
R3-04582中国南部産のPhyllosticta属エンドファイト2新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, シキミ属/Illicium, スペルマチア/spermatia, セッコク属/Dendrobium, マツブサ科/Schisandraceae, ラン科/Orchidaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 広西チワン族自治区/Guangxi, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 江西省/Jiangxi, 生長速度/growth rate, 表面殺菌法/surface sterilization methodTwo new endophytic species of Phyllosticta (Phyllostictaceae, Botryosphaeriales) from Southern China中国においてDendrobium nobileおよびトウシキミのエンドファイトとして分離された菌を検討し、それぞれPhyllosticta dendrobii、P. illiciiとして新種記載した。前者は分生子が小型であること、後者は分生子頂部に粘質の長い付属糸を有することなどで、それぞれ本属菌の多くと異なっていた。本報告はセッコク属およびシキミ属からのPhyllosticta属菌の初報告となった。Phyllosticta dendrobii★ / Phyllosticta illicii★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Botryosphaeriaceae/ボトリオスフェリア科
R3-04581Leucocoprinus birnbaumii (Corda) Singer:インド、西ベンガル州の大型菌類相への追加2011Journal of Mycology and Plant Pathology2011年の論文/published in 2011, Journal of Mycology and Plant Pathology, インド/India, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 毒きのこ/poisonous mushroom, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 西ベンガル州/West BengalLeucocoprinus birnbaumii (Corda) Singer: An Addition to Macrofungal Flora of West Bengal, Indiaインド、西ベンガル州における新産種としてLeucocoprinus birnbaumiiを報告した。本種はインドにおいてはウッタル・プラデーシュ州、タミル・ナードゥ州、アーンドラ・プラデーシュ州から既に知られていた。記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載し、類似種との相違点を記述した。Leucocoprinus birnbaumii■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04580トルコ産腹菌類への追加2015Orman Fakültesi Dergisi2015年の論文/published in 2015, Orman Fakültesi Dergisi, コンヤ県/Konya, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew Additions to Turkish Gasteroid FungiGautieria morchelliformis、Hysterangium stoloniferum、およびGymnomyces mistiformisの3種をトルコ新産種として報告した。各種の記載文、生態写真、顕微鏡写真、生態、分布などを掲載した。3種はいずれもコンヤ県の森林で採集され、本報告によりトルコ産腹菌類の数は111に増加した。Gautieria morchelliformis■ / Gymnomyces mistiformis■ / Hysterangium stoloniferum■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科_Hysterangiales/ヒステランギウム目_Hysterangiaceae/ヒステランギウム科
R3-04579中国においてチャノキに着生する地衣類の多様性2008Acta Botanica Yunnanica2008年の論文/published in 2008, Acta Botanica Yunnanica, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, 不完全地衣/anamorphic lichen, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 宿主生長阻害, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 酸産生/acid production, 雲南省/YunnanDiversity of Epiphytic Lichens on Tea Trees in Yunnan, China中国雲南省においてチャノキに生じた地衣類を調査し、25属51種を同定した。そのうちLepraria lobificansおよびProtoblastenia amagiensisを中国新産種、他の20種を雲南省新産種として報告し、45種をチャノキから初めて報告した。地衣類が酸産生および当年枝の生長阻害により、チャノキの生育および茶の品質に悪影響を与えることを見出した。Bulbothrix isidiza■ / Cladonia ramulosa■ / Coccocarpia palmicola■ / Dirinaria applanata■ / Everniastrum rhizodendroideum■ / Graphis aperiens■ / Haematomma puniceum■ / Lecanora leprosa■ / Lepraria incana■ / Lepraria lobificans■ / Parmotrema eurysacum■ / Peltigera microphylla■ / Physcia aipolia■ / Protoblastenia amagiensis■ / Pyxine sorediata■ / Ramalina commixta■ / Tephromela atra■ / Thecaria montagnei■ / Usnea aciculifera■ / Usnea bismolliuscula■ / Usnea pseudogatai■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Coccocarpiaceae/コッコカルピア科_Caliciaceae/ピンゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Haematommataceae/ザクロゴケ科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Psoraceae/プソラ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Tephromelataceae/テフロメラ科
R3-04578韓国における地衣類相:サルオガセ属2013Mycobiology2013年の論文/published in 2013, Mycobiology, アルカン/alkane, ウスニン酸類/usnic acids, エベルン酸類/evernic acids, オキセピン類/oxepins, カペラート酸類/caperatic acids, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, タムノール酸類/thamnolic acids, トリカルボン酸類/tricarboxylic acids, バルバチン酸類/barbatic acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フタル酸類/phthalates, フマル酸類/fumarates, ブルゲアン酸類/bourgeanic acids, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, プロピオン酸類/propionic acids, ベンゾフラン類/benzofurans, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordLichen Mycota in South Korea: The Genus Usnea韓国地衣類研究所収蔵のサルオガセ属地衣を検討し、8種を同定した。そのうち、韓国新産種としてUsnea hakonensisを報告した。韓国産のサルオガセ属全種の検索表を掲載した。Usnea diffracta / Usnea hakonensis■ / Usnea longissima / Usnea nipparensis / Usnea pangiana / Usnea rubrotincta / Usnea subfloridana / Usnea trichodeoidesFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-04577パキスタンの温帯湿潤林に産した新種、Descolea quercina2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, MycoKeys, コナラ属/Quercus, パキスタン/Pakistan, ブナ科/Fagaceae, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungiDescolea quercina (Bolbitiaceae), a new species from moist temperate forests in Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州で採集された菌を検討し、Descolea quercinaとして新種記載した。本種は子実体が中型~大型で傘が帯黄褐色鱗片状、条線の目立つつばを有し、担子胞子がレモン形で表面が疣状であることなどで特徴づけられた。本種が新種であることはITSおよびnrLSUに基づく分子系統解析によっても示された。Descolea quercina★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-04576新種Monocillium gamsiiおよびMonocillium bulbillosum:Heterodera filipjeviの卵に寄生する線虫関連菌の2種2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, Heterodera属, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンカラ県/Ankara, イネ科/Poaceae, コムギ属/Triticum, スライド培養法/slide culture method, タイプスタディ/type study, トルコ/Turkey, ヘテロデラ科, ヨズガト県/Yozgat, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 半乾燥地域/semi-arid area, 卵寄生菌, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 温度適性/temperature aptitude, 生活環/life cycle, 生物農薬/biopesticide, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 線虫寄生菌/nematode parasitic fungus, 菌核/sclerotium, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEMMonocillium gamsii sp. nov. and Monocillium bulbillosum: two nematode-associated fungi parasitising the eggs of Heterodera filipjeviトルコのコムギ畑において線虫の一種、Heterodera filipjeviの卵に寄生した菌を検討し、Monocillium gamsiiとして新種記載した。本種は培養可能であり、in vitroで宿主の卵に対する寄生性および暗褐色の微小菌核の形成が示された。本種に近縁であることが示されたM. bulbillosumもH. filipjeviに対する病原性を有していた。Monocillium bulbillosum / Monocillium gamsii★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Niessliaceae/ニースリア科
R3-04575インド、西ガーツ地方産のGonatophragmium属1新種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ニシキギ科/Celastraceae, ハリツルマサキ属/Maytenus, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 難培養性菌/uncultured fungiA new species of Gonatophragmium from Western Ghats, Indiaインド、マハーラーシュトラ州においてMaytenus rothianaの葉に壊死性病変を生じた菌を検討し、Gonatophragmium mayteniとして新種記載した。本種は分生子がほぼ無色~帯オリーブ色の直線状で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは分生子柄や分生子の形態などが異なっていた。Gonatophragmium mayteni★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Acrospermales/アクロスペルマム目_Acrospermaceae/アクロスペルマム科
R3-04574ブラジルの半乾燥地域に産したホコリタケ類の新種、Mycenastrum catimbauense2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Studies in Fungi, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, コンタミ/contamination, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEM, 降水量/precipitationMycenastrum catimbauense (Agaricales, Basidiomycota), a new puffball species from the Brazilian semi–arid regionブラジル、ペルナンブーコ州において採集された腹菌類の一種を検討し、Mycenastrum catimbauenseとして新種記載した。本種は子実体が帯灰褐色~暗褐色で単生し、内皮が断片化し、グレバが暗褐色、担子胞子が球形有柄、弾糸が刺状であることなどで特徴づけられた。本種の担子胞子は同属他種の多くよりも大型で、装飾も網目状である点が異なっていた。Mycenastrum catimbauense★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04573メキシコ、ソノラ州産の興味深い腹菌類およびセコティオイド菌類2007Persoonia2007年の論文/published in 2007, Bursera属, Cercidium属, Olneya属, Persoonia, カンラン科/Burseraceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, セコティオイド菌類/secotioid fungus, ソノラ州/Sonora, タイプスタディ/type study, マメ科/Fabaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 乾燥地域/dry area, 北米新産種/North America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 砂地/sand, 砂漠/desert, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEMSome interesting gasteroid and secotioid fungi from Sonora, Mexicoメキシコ、ソノラ州から9種の腹菌類0およびセコティオイド菌類の稀産種を報告した。そのうち、Abstoma stuckertiiに対して新組み合わせDisciseda stuckertiiを提唱した。全ての種について担子胞子の走査型電子顕微鏡写真を掲載した。Agaricus texensis / Araneosa columellata / Calvatia bicolor■ / Calvatia craniiformis■ / Calvatia pygmaea■ / Disciseda hyalothrix / Disciseda stuckertii▲■ / Disciseda verrucosa / Endoptychum arizonicumFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04572オニソテツ属植物に生じる葉生息性微小菌類2008Persoonia2008年の論文/published in 2008, Persoonia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オニソテツ属, クワズール・ナタール州/KwaZulu-Natal, ザミア科, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類未確定/classification undetermined, 南アフリカ/South Africa, 固有種/endemic species, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 栄養摂取様式/nutrition style, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種複合体/species complex, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 腐生菌/saprobe, 菌寄生菌/mycoparasite, 葉枯病/leaf blotch, 西ケープ州/Western Cape, 隠蔽種/cryptic speciesFoliicolous microfungi occurring on Encephalartos南アフリカにおいてオニソテツ属植物の枯死葉および罹病葉に生息する微小菌類を調査した。Phaeomoniella capensis、Saccharata kirstenboschensis、Teratosphaeria altensteinii、およびT. encephalartiの4新種を記載した。また、Cladophialophora proteaeなどについてオニソテツ属植物を新宿主として報告し、3種の未記載種を掲載した。Catenulostroma microsporum / Cladophialophora proteae / Dactylaria leptosphaeriicola / Phaeomoniella capensis★ / Saccharata kirstenboschensis★ / Teratosphaeria altensteinii★ / Teratosphaeria encephalarti★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Teratosphaeriaceae/テラトスフェリア科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Phaeomoniellales/フェオモニエラ目_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04571イランにおいてジュズダマに葉枯病を引き起こすBipolaris coicis2013Australasian Plant Disease Notes2013年の論文/published in 2013, Australasian Plant Disease Notes, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, イラン/Iran, コッホの原則/Koch_s postulation, ジュズダマ属/Coix, マーザンダラーン州/Mazandaran, 分子同定/molecular identification, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 異隔壁/distoseptum, 葉枯病/leaf blotch, 配列決定/sequencingBipolaris coicis causing adlay leaf blight in Iranイラン、マーザンダラーン州において葉枯病に罹病したジュズダマから分離された菌を検討し、Bipolaris coicisと同定した。イランにおける本種のジュズダマへの感染の報告は初となった。同定は形態およびITS領域の塩基配列に基づいて行い、接種試験により本種の病原性を確かめた。Bipolaris coicisFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04570トルコ新産のハラタケ目菌類2017Biological Diversity and Conservation2017年の論文/published in 2017, Biological Diversity and Conservation, オリーブ属/Olea, ガズィアンテプ県/Gaziantep, コケ上に生える菌/fungi on moss, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 河川/riverNew additions to Turkish AgaricalesChromocyphella muscicola、Crepidotus pallidusなど6種をトルコ新産種として報告した。本報告はクロモシフェラ科およびCryptomarasmius属の初報告、Lachnella属およびガマノホタケ属の2番目の報告となった。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Chromocyphella muscicola■ / Crepidotus pallidus■ / Cryptomarasmius corbariensis■ / Lachnella villosa■ / Mycena meliigena■ / Typhula setipes■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Niaceae/ニア科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Typhulaceae/ガマノホタケ科
R3-04569Candida albicans/LodderomycesクレードのD-キシロース発酵性の新種、Spathaspora boniae2017International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2017年の論文/published in 2017, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, GC含量/GC content, HPLC, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アミノ酸要求性/amino acid requirement, キシロースデヒドロゲナーゼ, キシロースレダクターゼ/xylose reductase, デンプン/starch, バイオエタノール/bioethanol, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 側系統群/paraphyletic group, 全ゲノム解析/whole genome analysis, 共発酵, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 酸産生試験Spathaspora boniae sp. nov., a D-xylose-fermenting species in the Candida albicans/Lodderomyces cladeブラジルの大西洋岸森林において腐朽材から分離された酵母を検討し、Spathaspora boniaeとして新種記載した。本種は分子系統解析で近縁でCandida albicans/Lodderomycesクレードに含まれた。本種の全ゲノムデータを解析し、他のSpathaspora属菌およびCandida属菌も含め、キシロース代謝関連の遺伝子を検討した。Spathaspora boniae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-04568Diaporthe属菌による新興の柑橘類病害2017IMA fungus2017年の論文/published in 2017, IMA fungus, Microcitrus属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルガルヴェ地方/Algarve, アンダルシア州/Andalusia, イタリア/Italy, イピロス地方/Epirus, カラブリア州/Calabria, ギリシャ/Greece, クレタ地方/Crete, コッホの原則/Koch_s postulation, シチリア州/Sicily, スペイン/Spain, スリナム/Suriname, ダイズ属/Glycine, バレアレス諸島自治州/Balearic Islands, バレンシア州/Valencia, パラマリボ地方, ブラジル/Brazil, プッリャ州/Puglia, ペロポネソス地方/Pelopónnisos, ポルトガル/Portugal, マメ科/Fabaceae, マルタ/Malta, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 不稔菌糸/sterile mycelium, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 収蔵標本/stored specimen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 幹腐病/stem rot, 庭園/garden, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 枝枯病/branch blight, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湿室法/moist chamber method, 潰瘍病/canker, 生物多様性調査/biodiversity survey, 病原力/virulence, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 種複合体/species complex, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胞子形成誘導/sporulation induction, 胴枯病/dogare-byo (canker), 色素産生/pigment production, 花卉圃場/flower field, 茎枯病/stem blight, 萎凋病/wilt, 表面殺菌法/surface sterilization method, 西ギリシャ地方Emerging citrus diseases in Europe caused by species of Diaportheギリシャ、イタリア、マルタ、ポルトガル、およびスペインにおいて、柑橘類の病害に関連するDiaporthe属菌の発生、多様性、および病原性を検討した。複数遺伝子に基づく分子系統解析および予備的な病原性試験を実施し、既知種3種を同定したほか、D. limonicola、D. melitensis、D. infertilisの2新種を記載した。ヨーロッパにおいてミカン属植物から初めてD. baccaeおよびD. novemを報告した一方、D. citriは見出されなかった。Diaporthe baccae / Diaporthe infertilis★ / Diaporthe limonicola★ / Diaporthe melitensis★ / Diaporthe novemFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科
R3-04567ロシア、カムチャツカ半島産の地衣生菌類2012The Bryologist2012年の論文/published in 2012, Melanohalea属, Rhizoplaca属, The Bryologist, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, ウラミゴケ属/Nephroma, ウラミゴケ科/Nephromataceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カブトゴケ属/Lobaria, カムチャツカ地方/Kamchatka, カラクサゴケ属/Parmelia, ゴヘイゴケモドキ属/Parmeliopsis, ゴール/gall, サルオガセ属/Usnea, サルオガセ科/Usneaceae, サンゴゴケ属/Sphaerophorus, シロキクラゲ属, シロキクラゲ科, スミイボゴケ属/Buellia, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, トウヒ属/Picea, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, ナナカマド属/Sorbus, ニクイボゴケ属/Ochrolechia, ニクイボゴケ科, ハイマツゴケ属/Vulpicida, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ハリガネキノリ属/Bryoria, バラ科/Rosaceae, ヒゲアワビゴケ属/Tuchermannopsis, ピンゴケ科/Caliciaceae, フクロゴケ属/Hypogymnia, マツ科/Pinaceae, ヤマヒコノリ属/Evernia, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 漂白/bleaching, 生物地理学/biogeography, 種概念/species concept, 膠質菌/jelly fungi, 菌寄生菌/mycoparasite, 降水量/precipitationLichenicolous fungi from the Kamchatka Peninsula, Russiaロシアのカムチャツカ半島から51種の地衣生菌を報告した(うち48種はカムチャツカ新産種)。新属新種Epinephroma kamchaticaと新種Endococcus peltigericolaおよびStigmidium buelliaeを記載した。また、ロシアおよびアジア新産種として計5種を報告した。Abrothallus parmeliarum■ / Abrothallus peyritschii■ / Abrothallus welwitschii■ / Arthonia fuscopurpurea■ / Arthonia lecanorina■ / Arthophacopsis parmeliarum■ / Biatoropsis usnearum■ / Briancoppinsia cytospora■ / Capronia peltigerae■ / Carbonea supersparsa■ / Corticifraga fuckelii■ / Endococcus peltigericola★ / Epicladonia simplex■ / Epicladonia stenospora■ / Epinephroma kamchatica★ / Lichenoconium erodens■ / Lichenoconium lecanorae■ / Lichenoconium usneae■ / Lichenodiplis lecanorae / Lichenopuccinia poeltii■ / Muellerella erratica■ / Muellerella lichenicola■ / Nesolechia oxyspora■ / Phacopsis cephalodioides■ / Phacopsis huuskonenii■ / Phaeopyxis punctum■ / Phaeosporobolus alpinus■ / Phaeosporobolus usneae■ / Phoma lobariicola■ / Plectocarpon nephromeum / Plectocarpon peltigerae■ / Polycoccum pulvinatum■ / Pronectria erythrinella■ / Roselliniella cladoniae■ / Scutula miliaris■ / Skyttea lecanorae / Skyttella mulleri■ / Sphaerellothecium minutum■ / Sphaerellothecium propinquellum■ / Sphaerellothecium reticulatum■ / Stigmidium buelliae★ / Stigmidium pumilum■ / Stigmidium squamariae■ / Taeniolella pertusariicola■ / Thamnogalla crombiei■ / Tremella cetrariicola■ / Tremella hypogymniae■ / Zwackhiomyces sphinctrinoides■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Coelomycetes/分生子果不完全菌綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Verrucariaceae/アナイボゴケ科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Micareaceae/ミカレア科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Odontotremataceae/オドントトレマ科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Pyrenulales/サネゴケ目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科
R3-04566アラゴアス州の半乾燥地域、カーチンガ植生に産した痂状および微小葉状樹皮生地衣の新産種2011Acta Botanica Brasilica2011年の論文/published in 2011, Acta Botanica Brasilica, アラゴアス州/Alagoas, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 降水量/precipitationNovas ocorrências de liquens corticícolas crostosos e microfoliosos em vegetação de Caatinga no semi-árido de Alagoasブラジル、アラゴアス州の半乾燥地域において採集された25種の樹皮生地衣をアラゴアス州新産種として報告した。また、1種がブラジル北東部地域、4種がブラジルにおける新産種であった。これらの地衣類は10の科にわたり、ムカデゴケ科、チャシブゴケ科、モジゴケ科の順に多かった。Baculifera entochlora■ / Baculifera pseudomicromera■ / Baculifera xylophila■ / Chrysothrix chlorina■ / Cratiria obscurior■ / Dirinaria confluens■ / Glyphis cicatricosa■ / Glyphis scyphulifera■ / Glyphis substriatula■ / Graphis palmyrensis■ / Graphis seminuda■ / Hafellia curatellae■ / Hafellia demutans■ / Hafellia desertica■ / Helminthocarpon leprevostii■ / Heterodermia albicans■ / Heterodermia dissecta■ / Lecanora caesiorubella■ / Lecanora hypocrocina■ / Leucodecton occultum■ / Pertusaria dehiscens■ / Pertusaria flavens■ / Pertusaria tetrathalamia■ / Physcia sorediosa■ / Polymeridium proponens■ / Pseudopyrenula subnudata■ / Pyrenula anomala■ / Pyxine berteriana■ / Ramboldia haematites■ / Stigmatochroma gerontoides■ / Vainionora flavovirens■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciaceae/ピンゴケ科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Chrysothricaceae/コガネゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目_Trypetheliaceae/トリペテリウム科_Pyrenulaceae/サネゴケ科
R3-04565マカロネシアの島嶼に産したHydnophlebia属3新種2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, Launaea属, MycoKeys, Prosopis属, Sarcostemma属, TreeBASE, UNITE, カナリア諸島/Canary Islands, カーボベルデ/Cape Verde, ガガイモ科/Asclepiadaceae, キク科/Asteraceae, クワ科/Moraceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, ナツメヤシ属/Phoenix, ハリグワ属/Maclura, ブナ科/Fagaceae, マカロネシア/Macaronesia, マメ科/Fabaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 乾燥地域/dry area, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 固有種/endemic species, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification keyThree new species of Hydnophlebia (Polyporales, Basidiomycota) from the Macaronesian Islandsマカロネシア(カナリア諸島およびカーボベルデ諸島)からHydnophlebia canariensis、H. gorgonea、およびH. meloiの3新種を記載した。各種について形態学的検討およびITS、nrLSUに基づく分子系統解析を実施した。また、H. chrysorhizaおよびH. omnivoraのタイプ標本の形態学的検討を実施し、本属菌の検索表を掲載した。Hydnophlebia canariensis★ / Hydnophlebia chrysorhiza / Hydnophlebia gorgonea★ / Hydnophlebia meloi★ / Hydnophlebia omnivoraFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-04564トルコ中部において褐色のホウネンゴケ属地衣に生じた新種、Lichenostigma anatolicum2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, スィヴァス県/Sivas, トルコ/Turkey, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌寄生菌/mycoparasiteLichenostigma anatolicum sp. nov. (Ascomycota, Lichenotheliaceae) on a brown Acarospora from central Turkeyトルコにおいてホウネンゴケ属地衣に生じた菌を検討し、Lichenostigma anatolicumとして新種記載した。感染により宿主の子器形成が抑制されているとみられたことから、本種は弱い病原菌と考えられたが、その他の損傷は認められなかった。本種を他のホウネンゴケ属地衣を宿主とする地衣生菌、および他のLichenostigma亜属の種と比較した。Lichenostigma anatolicum★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Lichenotheliaceae/リチェノテリア科
R3-04563メキシコ産のホソホコリ属変形菌1新種2017Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2017年の論文/published in 2017, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, Cylindropuntia属, Forchhammeria属, Olneya属, Prosopis属, イトラン属/Istanbul, キジカクシ科/Asparagaceae, サボテン科/Cactaceae, ソノラ州/Sonora, チワワ州/Chihuahua, フウチョウソウ科/Capparaceae, マメ科/Fabaceae, メキシコ/Mexico, 乾燥地域/dry area, 変形菌類/slime mold, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湿室法/moist chamber method, 砂漠/desert, 走査型電子顕微鏡/SEMA new species of Macbrideola (Myxomycetes) from Mexicoメキシコのチワワ砂漠およびソノラ砂漠において複数種の樹皮から湿室法で得られた変形菌の一種を検討し、Macbrideola deserticolaとして新種記載した。本種は子嚢が類球形で短い柄を有し、軸柱が子嚢の1/3-1/2に達し、細毛体が不規則な網目状をなし、胞子が球形で表面が疣状であることなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは子嚢や細毛体の形態などが異なっていた。Macbrideola deserticola★Protozoa/プロトゾア_Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科
R3-04562植物基質から分離された酵母の新種、Yamadazyma riverae2015International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2015年の論文/published in 2015, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, Vellozia属, アミノ酸要求性/amino acid requirement, アリの巣/ant nest, アリ科/Formicidae, イバラキノコアリ属/Mycocepurus, エンドファイト/endophyte, デンプン/starch, トカンティンス州/Tocantins, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブラジル/Brazil, ベロジア科/Berojia, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 昆虫の巣/insect nest, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 菌園/fungus garden, 虫散布/dispersal by insects, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 酸耐性試験/acid resistance testYamadazyma riverae sp. nov., a yeast species isolated from plant materialsブラジルのミナスジェライス州など3州で植物基質などから分離された酵母の一種を検討し、Yamadazyma riveraeとして新種記載した。本種はヘテロタリックで、子嚢が1-2胞子性、子嚢胞子が帽子形であることなどで特徴づけられた。分子系統解析ではCandida insectorumが本種に最も近縁であった。Yamadazyma riverae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-04561ブラジル南東部、大西洋岸熱帯雨林に産した多孔菌類:傘を持つ種2015Brazilian Journal of Botany2015年の論文/published in 2015, Acacia属, Brazilian Journal of Botany, サンパウロ州/São Paulo, タイプスタディ/type study, マメ科/Fabaceae, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 独立種/independent species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 種複合体/species complex, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 降水量/precipitationPolypores from an Atlantic rainforest area in southeast Brazil: pileate speciesブラジル、サンパウロ州の大西洋岸森林において多孔菌類の調査を実施し、35種の傘を持つ種を新たに同定した。Abundisporus subflexibilisなど8種をサンパウロ州新産種として報告した。本調査地に産する44種の検索表を掲載した。Abundisporus subflexibilis■ / Amauroderma exile■ / Amauroderma praetervisum■ / Amauroderma pseudoboletus■ / Amauroderma rude■ / Amauroderma schomburgkii■ / Antrodia malicola■ / Antrodiella angulatopora■ / Antrodiella duracina■ / Antrodiella semisupina■ / Coriolopsis rigida■ / Datronia caperata■ / Datronia stereoides■ / Favolus brasiliensis■ / Flabellophora parva■ / Flaviporus liebmannii■ / Fomitella supina■ / Fuscocerrena portoricensis■ / Fuscoporia gilva■ / Ganoderma australe■ / Gloeoporus dichrous■ / Gloeoporus thelephoroides■ / Hexagonia papyracea■ / Inonotus iodinus■ / Junghuhnia undigera■ / Nigroporus vinosus■ / Perenniporia martii■ / Perenniporiella neofulva■ / Phellinus rimosus■ / Phylloporia spathulata■ / Polyporus ciliatus■ / Polyporus dictyopus■ / Polyporus puttemansii■ / Pycnoporus sanguineus■ / Rigidoporus lineatus■ / Rigidoporus microporus■ / Rigidoporus ulmarius■ / Skeletocutis roseola■ / Trametes elegans■ / Trametes membranacea■ / Trametes ochracea■ / Trametes villosa■ / Trichaptum sector■ / Tyromyces atroalbus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科_Meripilaceae/トンビマイタケ科
R3-04560スペイン、バレアレス諸島のフォルメンテラ島において見出された地中海産の背着生の新種、Phaeomarasmius siquierii2011Micologia e vegetazione mediterranea2011年の論文/published in 2011, Micologia e vegetazione mediterranea, スペイン/Spain, バレアレス諸島自治州/Balearic Islands, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusPhaeomarasmius siquierii (Agaricoid clade, Tubariaceae), a new Mediterranean resupinate species found in Formentera (Balearic Islands, Spain)スペイン、バレアレス諸島においてJuniperus phoeniceaの生木に生じた菌を検討し、Phaeomarasmius siquieriiとして新種記載した。本種は子実体が微小なチャヒラタケ型で、シスチジアが褐色円筒形厚壁であることなどで特徴づけられた。本種はヨーロッパ産のP. erinaceusおよびP. rimulincolaとは形態が非常に異なっていた。Phaeomarasmius siquieri★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04559室内に生息する台湾新産種、Cladosporium halotolerans2016Fungal Science2016年の論文/published in 2016, Fungal Science, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 培養性状/colony characteristics, 室内環境/indoor condition, 新産種報告/new record, 桃園市/Taoyuan, 誤同定/misidentificationCladosporium halotolerans, a new record of an indoor fungus in Taiwan台湾桃園市において室内の壁から分離されたCladosporium halotoleransを台湾新産種として報告した。ITS領域の塩基配列はC. halotoleransのタイプ菌株由来の塩基配列と100%一致した。BLASTではC. sphaerospermumあるいはC. cladosporioidesとラベルされた配列が検索結果の上位にきたが、それらは各々の種のタイプ菌株由来の配列と異なっていた。Cladosporium halotolerans■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科
R3-04558Coprinopsis rugosomagnispora:ポーランド産のヒトヨタケ類の顕著な新種2017Plant Systematics and Evolution2017年の論文/published in 2017, Plant Systematics and Evolution, TreeBASE, フェノロジー/phenology, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, マウォポルスカ県/Małopolska, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 森林/forest, 液化/deliquescence, 粘土質土壌/clayey soil, 走査型電子顕微鏡/SEMCoprinopsis rugosomagnispora: a distinct new coprinoid species from Poland (Central Europe)ポーランド、ポドラシェ県およびマウォポルスカ県の混交林および針葉樹林に発生した菌を検討し、Coprinopsis rugosomagnisporaとして新種記載した。本種は担子胞子が非常に大型のレモン形で装飾を有し、担子器とシスチジアが大型、被膜が球形平滑の細胞からなることなどで特徴づけられた。分子系統解析では、本新種は形態的に類似するNivei亜節ではなく、Lanatuli亜節の形態形質を有する種からなるクレードに含まれた。Coprinopsis rugosomagnispora★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-04557韓国産Wrightoporia属菌2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, シノニム/synonym, ソウル特別市/Seoul, タイプスタディ/type study, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 忠清北道/Chungcheongbuk-do, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordThe genus Wrightoporia in Korea韓国のソウルおよび忠清北道で採集されたWrightoporia japonicaを韓国新産種として報告した。また、本属の未同定種の記載文、生態写真、スケッチなどを掲載した。W. luteolaのタイプ標本を検討し、これをW. japonicaの背着生型(同種)とした。Wrightoporia japonica■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Wrightoporiaceae/ノリミアナタケ科
R3-04556日本産のEntoloma rhodopoliumに近縁な新種の分子系統解析およびそのPCR-RFLPを用いた同定法2017Scientific Reports2017年の論文/published in 2017, PCR-RFLP, PCRフィンガープリンティング/PCR fingerprinting, RFLP解析/RFLP analysis, Scientific Reports, きのこ中毒/mushroom poisoning, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北海道/Hokkaido, 山形県/Yamagata, 岡山県/Okayama, 島根県/Shimane, 新潟県/Niigata, 新種記載/new species, 日本/Japan, 未記載種/undescribed species, 東京都/Tokyo, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 稀産種/rare species, 食毒不明/edibility unknown, 食用きのこ/edible mushrooms, 鳥取県/TottoriMolecular phylogenetic analysis of new Entoloma rhodopolium-related species in Japan and its identification method using PCR-RFLP日本産Entoloma rhodopolium類縁菌(クサウラベニタケ)の分子系統解析を実施し、ヨーロッパ産の種と比較した。日本産の種は3つのクレードに分類されたが、ヨーロッパ産のE. rhodopoliumと同一のものはなく、E. lacus、E. subrhodopolium、E. pseudorhodopoliumとして新種記載した。これらの種と、形態的に酷似する食用のE. sarcopum(ウラベニホテイシメジ)とを判別するために、PCR-RFLP法が簡易同定法として有効であることを示した。Entoloma lacus★ / Entoloma pseudorhodopolium★ / Entoloma sarcopum / Entoloma subrhodopolium★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-04555ブラジル南部産Protostropharia属菌の分類2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Mycosphere, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 偽菌核/pseudosclerotium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収蔵標本/stored specimen, 堆肥/compost, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic surveyTaxonomy of the south Brazilian species of Protostropharia (Strophariaceae, Agaricales)ブラジル南部からProtostropharia alcis subsp. austrobrasiliensis、P. dorsipora、およびP. semiglobataを報告した。P. alcis subsp. austrobrasiliensisをサンタカタリーナ州から、P. dorsiporaをパラナ州から、それぞれ初めて報告した。これら3分類群の検索表を掲載した。Protostropharia alcis■ / Protostropharia dorsipora■ / Protostropharia semiglobataFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-04554オーストラリア、ニューサウスウェールズ州南部産の地衣類の5新種および1新産種2017Telopea2017年の論文/published in 2017, Telopea, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, スチクチン酸類/stictic acids, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyFive new lichen species (Ascomycota) and a new record from southern New South Wales, Australiaオーストラリア、ニューサウスウェールズ州で採集された地衣を検討し、Catillaria gerroanaなど5新種を記載した。これらの種はいずれも沿岸域または台地において岩上に発生していた。また、オーストラリア新産種としてArthonia lapidicolaを報告した。Arthonia lapidicola■ / Catillaria gerroana★ / Fellhanera robusta★ / Menegazzia fortuita★ / Ramboldia curvispora★ / Sarcogyne maritima★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Catillariaceae/カティラリア科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-04553中国において植物の葉から分離された単輪生で分生子柄頂部が膨大するAspergilloides節の2新種、Penicillium fusisporumおよびP. zhuangii2014PLOS ONE2014年の論文/published in 2014, PLOS ONE, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, チベット自治区/Tibet, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 菌核/sclerotium, 陝西省/ShaanxiPenicillium fusisporum and P. zhuangii, Two New Monoverticillate Species with Apical-Swelling Stipes of Section Aspergilloides Isolated from Plant Leaves in China中国において植物の葉から分離された2種を検討し、Penicillium fusisporumおよびP. zhuangiiとして新種記載した。両種はいずれも分生子柄が単輪生で頂部が膨大する特徴を有し、前者はツツジ属、後者はカバノキ属およびツツジ属植物の葉から分離された。前者は生長が速く、分生子柄表面が疣状、分生子が紡錘形~長楕円形、肉桂色の菌核を形成することなどで、後者は生長速度が中程度、分生子柄が平滑、分生子が球形~卵状であることなどで特徴づけられた。Penicillium fusisporum★ / Penicillium zhuangii★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04552新種C. chinaeucensisを含む中国南部産のユーカリ属樹木に生じるCeratocystis属菌の分類および病原性2013Fungal Diversity2013年の論文/published in 2013, Fungal Diversity, TreeBASE, コッホの原則/Koch_s postulation, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 最小生長温度/minimum growth temperature, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 病原力/virulence, 種複合体/species complex, 統計解析/statistical analysis, 胞子形成誘導/sporulation induction, 腐生菌/saprobeTaxonomy and pathogenicity of Ceratocystis species on Eucalyptus trees in South China, including C. chinaeucensis sp. nov.中国広東省のユーカリ植林地においてCeratocystis属菌の調査を実施し、C. acaviivoraおよび未記載種を分離した。形態学的検討および分子系統解析の結果に基づき、後者を新種C. chinaeucensisとして記載した。両種について、接種試験によりユーカリ属樹木の異なる種およびクローンに対する病原性を検討した。Ceratocystis chinaeucensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Ceratocystidaceae/セラトシスティス科
R3-04551メキシコ、ベラクルス州の低地および低山の熱帯雨林に産したハエ目昆虫を宿主とするハルペラ目菌類2011Mycologia2011年の論文/published in 2011, Atrichopogon属, Mycologia, Tribelos属, アシマダラブユ属, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, クワズイモ属/Alocasia, サトイモ科/Araceae, トリコミケス類/Trichomycetes, ヌカカ科, ハモンユスリカ属, ヒゲユスリカ属, ファイトテルマータ/phytotelmata, ブユ科/Simuliidae, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, ユスリカ属, ユスリカ科/Chironomidae, 付着器/appressorium, 北米新産種/North America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 植林地/plantation, 水温/water temperature, 水生昆虫/aquatic insect, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 種複合体/species complex, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 雲霧林/cloud forest, 静水環境/lentic environmentDipteran-associated Harpellales from lowland and submontane tropical rain forests of Veracruz (Mexico)メキシコ、ベラクルス州においてハエ目昆虫を宿主とするハルペラ目菌類の調査を実施した。Genistellospora dorsicaudataを新種記載し、G. guanacastensisの有性胞子を見出して種概念を修正した。G. homothallicaなど13種をメキシコ新産種として報告した。Genistellospora dorsicaudata★ / Genistellospora guanacastensis■ / Genistellospora homothallica■ / Harpella melusinae■ / Harpella tica■ / Pennella montana■ / Simuliomyces microsporus■ / Smittium aciculare■ / Smittium brasiliense■ / Smittium culisetae■ / Smittium dipterorum■ / Smittium microsporum■ / Smittium simulii■ / Smittium tronadorium■ / Stachylina grandispora■ / Stachylina paucispora■Fungi/菌界_Zygomycota/接合菌門_Kickxellomycotina/キクセラ亜門_Harpellales/ハルペラ目_Legeriomycetaceae/レゲリオマイセス科_Harpellaceae/ハルペラ科
R3-04550Phoma属類似のダイズ病原菌の分類学的再検討2009Mycological Research2009年の論文/published in 2009, GCPSR, Mycological Research, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ダイズ属/Glycine, マメ科/Fabaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種の境界/species delimitation, 種概念/species concept, 胞子形成誘導/sporulation induction, 誤同定/misidentificationTaxonomical re-evaluation of Phoma-like soybean pathogenic fungiGCPSRに基づき、Phoma sojicolaおよびPhyllosticta sojicolaの分類学的地位を再検討した。前者がP. pinodella、後者がP. exigua var. exiguaと同種であることを示した。従来Phoma属の解析に用いられてこなかったEF1-αに加え、β-チューブリン遺伝子も本属の系統解析に有用であることを示した。Phoma exigua / Phoma pinodellaFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04549ポーランド新産種、Meottomyces dissimulans2016Polish Botanical Journal2016年の論文/published in 2016, Polish Botanical Journal, カバノキ科/Betulaceae, シロンスク県/Silesian, ハンノキ属/Alnus, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 胞子紋/spore printMeottomyces dissimulans (Agaricales, Basidiomycota), new for Polandポーランド南西部で発見されたMeottomyces dissimulansをポーランド新産種として報告した。本種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。本種は落葉樹、特にヤマナラシ属およびヤナギ属植物の材および腐朽葉に対して選好性を有していた。Meottomyces dissimulans■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-04548南アフリカにおいてカタバミ属植物に生じた特異な葯黒穂菌の新種、Thecaphora capensis2008Persoonia2008年の論文/published in 2008, Persoonia, TreeBASE, カタバミ属/Oxalis, カタバミ科/Oxalidaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 葯黒穂菌/anther smut, 西ケープ州/Western Cape, 走査型電子顕微鏡/SEM, 部位特異性/site specificity, 黒穂菌/smut fungiThecaphora capensis sp. nov., an unusual new anther smut on Oxalis in South Africa南アフリカ、西ケープ州においてOxalis lanata var. roseaに生じた葯黒補菌を検討し、Thecaphora containsとして新種記載した。本種はアフリカにおいて初めて見出されたThecaphora属菌であり、宿主の葯に黒穂胞子を生じる本属菌の初報告となった。本種に感染した宿主の外観は健常時とそれほど変わらないが、葯が帯赤褐色の黒穂胞子の塊に置き換わることなどで特徴づけられた。Thecaphora capensis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycotina/クロボキン亜門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Glomosporiaceae/グロモスポリア科
R3-04547新属TubulicrinopsisおよびAmauromyces pallidusについての覚書2007Annales Botanici Fennici2007年の論文/published in 2007, Annales Botanici Fennici, カイヌー県/Kainuu, カンタ=ハメ県/Kanta-Häme, コウヤクタケ類/corticioid fungi, スギ属/Cryptomeria, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ノルウェー/Norway, ヒノキ科/Cupressaceae, フィンランド/Finland, フィンランド新産種/Finland_new record, フトモモ科/Myrtaceae, ヘードマルク県/Hedmark, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 北カルヤラ県/North Karelia, 北ポフヤンマー県/Northern Ostrobothnia, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification keyTubulicrinopsis gen. nov. (Basidiomycota, Aphyllophorales) and notes on Amauromyces pallidus新属Tubulicrinopsisを提唱し、T. ellipsospora、T. granulosaの2新種を本属に含め、Amauromyces farinaceusを本新属に移した。本新属は担子器の基部が厚壁であることなどで特徴づけられた。また、Botryobasidium ellipsosporumをフィンランド新産種として報告した。Amauromyces pallidus / Botryobasidium ellipsosporum■ / Tubulicrinopsis cystidiata★ / Tubulicrinopsis ellipsospora★ / Tubulicrinopsis farinacea▲ / Tubulicrinopsis granulosa★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Cantharellales/アンズタケ目_Botryobasidiaceae/ボトリオバシディウム科
R3-04546台湾産Kernia属2種2008Taiwania2008年の論文/published in 2008, Taiwania, アジアスイギュウ属/Bubalus, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ド・バリー胞/De Barry’s bubble, ヤギ属/Capra, 台中市/Taichung, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 嘉義市/Chiayi, 屏東県/Pingtung, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 糞生菌/coprophilous fungi, 苗栗県/MiaoliTwo Species of Kernia (Plectomycetes) in TaiwanKernia nitidaおよびK. pachypleuraを台湾新産種として報告した。前者は苗栗県においてヤギの糞に、後者は台中県、嘉義県、屏東県においてそれぞれヤギ、スイギュウ、ウシの糞に見出された。両種は閉子嚢殻の形状および表面性状が異なっていた。Kernia nitida■ / Kernia pachypleura■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-04545ブドウ園土壌から分離されたChaetomium属2新産種およびイラク産の種のチェックリスト2015Journal of Agricultural Technology2015年の論文/published in 2015, Journal of Agricultural Technology, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 消失性子嚢/evanescent asci, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 菌類相調査/mycofloristic survey, 選択培地/selective mediumTwo New Records of Chaetomium Species Isolated From Soil under Grapevine Plantations and a Checklist of the Genus in Iraqイラクのブドウ園土壌から分離されたChaetomium longicolleumおよびC. madrasenseをイラク新産種として報告した。前者は子嚢果が長洋梨形で細長い嘴を有する点、後者は子嚢胞子がレモン形または不規則形で片側に顕著な膨らみがある点などでそれぞれ特徴づけられた。21種を含むイラク産Chaetomium属菌の検索表を掲載した。Chaetomium longicolleum■ / Chaetomium madrasense■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-04544中国産無性型アナモルフの新資料:さび胞子世代の数種2016Mycosystema2016年の論文/published in 2016, Mycosystema, さび菌/rust fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カナメモチ属/Photinia, キツネノマゴ属/Justicia, キツネノマゴ科/Acanthaceae, セリ科/Apiaceae, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, マツ科/Pinaceae, メギ属/Berberis, メギ科/Berberidaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 切片/section, 四川省/Sichuan, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 河北省/Hebei, 雲南省/YunnanAdditional notes on anamorphic rust fungi of China I. Some aecial form species中国においてバラ属植物に生じたCaeoma taianumおよびPicea likiangensisに生じたPeridermium falciformeを新種記載した。Roestelia wenshanensisに対して新組み合わせAecidium wenshanenseを提唱した。また、A. adhatodae、A. ligustici、およびA. montanumを中国新産種として報告した。Aecidium adhatodae■ / Aecidium ligustici■ / Aecidium montanum■ / Aecidium wenshanense▲ / Caeoma taianum★ / Peridermium falciforme★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目
R3-04543ザ・バウンダリー・ウォーターズ・カヌー・エリア・ワイルダーネスに産したミネソタ州新産種、Leptogium rivulare2017Evansia2017年の論文/published in 2017, Evansia, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, ミネソタ州/Minnesota, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 保全生態学/conservation ecology, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 生物地理学/biogeography, 稀産種/rare species, 米国/USA, 絶滅危惧種/endangered species, 葉状地衣/foliose lichen, 藍藻地衣/cyanolichenLeptogium rivulare (Ach.) Mont. new to Minnesota, from the Boundary Waters Canoe Area Wilderness藍藻地衣の稀産種、Leptogium rivulareを米国ミネソタ州における新産種として報告した。また、カナダのオンタリオ州において本種の新たな生息地を見出した。本種は生息地特異性を有し、絶滅が危惧されているが、近年の探索によって従来考えられていたよりも普通かつ広範に分布することが明らかになっていた。Leptogium rivulare■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Collemataceae/イワノリ科
R3-04542ブラジル新産種、Chromocyphella muscicola2007Revista Brasileira de Biociências2007年の論文/published in 2007, Revista Brasileira de Biociências, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new recordChromocyphella muscicola (Fr.) Donk. (Basidiomycota, Agaricales): primeira citação para o Brasilブラジル、ジュイス・デ・フォーラ国立大学において採集されたChromocyphella muscicolaをブラジル新産種として報告した。本種は従来コケのみに生える種とされていたが、今回地衣に生じた例を初めて報告した。本種は稀産種ではないと思われたが、子実体が微小であり、おそらく気付かれにくいと考えられた。Chromocyphella muscicola■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04541ブラジル、ペルナンブーコ州の大西洋岸森林に産したRipartitella属菌2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 走査型電子顕微鏡/SEMRipartitella (Agaricales) from an Atlantic Forest in Pernambuco, Brazilブラジル、ペルナンブーコ州の熱帯雨林で採集されたRipartitella albaおよびR. brasiliensisを報告した。前者をブラジル新産種として、後者を調査地域における新産種としてそれぞれ報告した。両種の記載文、担子器および担子胞子の走査型電子顕微鏡写真、検索表などを掲載した。Ripartitella alba■ / Ripartitella brasiliensis■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04540中国西部産の食用菌、巴楚蘑菇の種の解明2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, Mycologia, TreeBASE, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 民族菌類学/ethnomycology, 砂質土壌/sandy soil, 種の境界/species delimitation, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 食用きのこ/edible mushroomsSpecies clarification of the culinary Bachu mushroom in western China中国、新疆ウイグル自治区において食用および薬用にされ、従来Helvella leucopusi>と同定されていた「巴楚蘑菇」を検討した。形態学的検討および分子系統解析の結果から、このきのこが2種からなることを示し、H. bachuおよびH. subspadiceaとして新種記載した。両種は子実層面の色、子嚢胞子のサイズ、托髄層や柄表皮の幅などが異なっていた。Helvella bachu★ / Helvella spadicea / Helvella subspadicea★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科
R3-04539ブラジル、サンパウロ州の大西洋岸森林に産したCystoderma、Cystodermella、およびRipartitella属菌2009Hoehnea2009年の論文/published in 2009, Hoehnea, TreeBASE, サンパウロ州/São Paulo, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 胞子紋/spore printCystoderma, Cystodermella and Ripartitella in Atlantic Forest, São Paulo State, Brazilブラジル、サンパウロ州の大西洋岸森林からCystoderma chocoanum、Cystodermella contusifolia、C. sipariana、およびRipartitella brasiliensisを報告した。そのうちC. chocoanumはタイプロカリティのコロンビア以外からの初報告となった。報告した4種を含む検索表を掲載した。Cystoderma chocoanum■ / Cystodermella contusifolia / Cystodermella sipariana / Ripartitella brasiliensisFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04538台湾新産種、Williopsis saturnusおよびZygowilliopsis californica2007Fungal Science2007年の論文/published in 2007, Fungal Science, ウレアーゼ試験/urease test, スライド培養法/slide culture method, デンプン/starch, 分子同定/molecular identification, 南投県/Nantou, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 呈色反応/chemical reaction, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 宜蘭県/Yilan, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新産種報告/new record, 新竹県/Hsinchu, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 消失性子嚢/evanescent asci, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 花蓮県/Hualien, 苗栗県/Miaoli, 資化試験/assimilation test, 配列決定/sequencing, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 酸耐性試験/acid resistance testNew records of Williopsis saturnus and Zygowilliopsis californica in Taiwan台湾新産種として酵母のWilliopsis saturnusおよびZygowilliopsis californicaを報告した。前者はmrakii、subsufficiens、およびsuaveolensの3変種と同定された。前者は新竹県など5県、後者は苗栗県など3県の土壌から分離された。Williopsis saturnus■ / Zygowilliopsis californica■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科_Phaffomycetaceae/ファッフォマイセス科
R3-04537台湾新産の不完全糸状菌4種2014Fungal Science2014年の論文/published in 2014, Fungal Science, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnema forming fungus, リター菌/litter fungi, 単胞子分離/single spore isolation, 台北市/Taipei, 台南市/Tainan, 台東県/Taitung, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyFour new records of hyphomycetes in Taiwan台湾新産種としてFusariella obstipa、Harzia verrucose、Helicosporium pannosum、およびParascedosporium putredinisを報告した。これらの種は台南市、台北市、台東県において腐朽葉や茎などから分離された。各種について記載文、顕微鏡写真、スケッチなどを掲載した。Fusariella obstipa■ / Harzia verrucosa■ / Helicosporium pannosum■ / Parascedosporium putredinis■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ceratostomataceae/セラトストマ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-04536メキシコ産ノボリリュウ属菌の再検討2013Revista Mexicana de Biodiversidad2013年の論文/published in 2013, Revista Mexicana de Biodiversidad, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タイプスタディ/type study, ハリスコ州/Jalisco, バハ・カリフォルニア州/Baja California, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, モクマオウ属/Casuarina, モクマオウ科/Casuarinaceae, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 疑問種/doubtful species, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 誤同定/misidentificationRevisión del género Helvella (Ascomycota: Fungi) en Méxicoメキシコ産ノボリリュウ属菌類の再検討を実施し、18種を認めた。さらに、本研究でHelvella compressaをメキシコ新産種として報告した。メキシコ産の種および類縁種を含む検索表を掲載した。Helvella acetabulum / Helvella albella / Helvella atra / Helvella compressa■ / Helvella costifera / Helvella crispa / Helvella cupuliformis / Helvella elastica / Helvella ephippium / Helvella fibrosa / Helvella lactea / Helvella lacunosa / Helvella leucomelaena / Helvella macropus / Helvella pezizoides / Helvella queletii / Helvella solitaria / Helvella stevensii / Helvella subglabra / Helvella sulcataFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科
R3-04535ブラジル中西部地域、セラード・バイオーム産のアカキクラゲ属新産種2017Check List2017年の論文/published in 2017, Check List, ゴイアス州/Goias, タイプスタディ/type study, ブラジリア連邦直轄区/Distrito Federal (Brazil), ブラジル/Brazil, 再発見/rediscovery, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 膠質菌/jelly fungiNew records of Dacrymycetes (Fungi: Basidiomycota) from the Cerrado Biome (Brazilian Savanna) and Midwest Region, Brazilブラジル中西部、ゴイアス州のセラード・バイオームにおいてアカキクラゲ属菌の調査を実施した。Dacrymyces chrysospermusなど4種を本地域およびブラジル中西部における新産種として報告した。Calocera corneaをゴイアス州新産種として報告するとともに、連邦直轄区から44年ぶりに報告した。Calocera cornea■ / Dacrymyces chrysospermus■ / Dacryopinax elegans■ / Dacryopinax maxidorii■ / Dacryopinax spathularia■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Basidiomycotina/担子菌亜門_Dacrymycetes/アカキクラゲ綱_Dacrymycetales/アカキクラゲ目_Dacrymycetaceae/アカキクラゲ科
R3-04534ブラジルのFLORおよびSPハーバリウムにおける広義カワウソタケ属菌2010Sydowia2010年の論文/published in 2010, Sydowia, キツネノマゴ科/Acanthaceae, サンパウロ州/São Paulo, ヒルギダマシ属/Avicennia, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity surveyInonotus s.l. (Hymenochaetales) in the Brazilian herbaria FLOR and SPブラジルのFLORおよびSPハーバリウム収蔵の、カワウソタケ属と同定された標本を再検討した。Inocutis属2種およびカワウソタケ属3種を同定し、新組み合わせInoc. porrectaを南米新産種として報告した。また、ブラジル産の種のチェックリストおよび検索表を掲載した。Inocutis jamaicensis / Inocutis porrecta▲■ / Inonotus patouillardii■ / Inonotus radiatus■ / Inonotus splitgerberiFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04533ボトリオスフェリア科のアナモルフの新属、Endomelanconiopsis2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Heisteria属, Mycologia, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, オラクス科/Olacaceae, カカオ属/Theobroma, コロン県, タイプスタディ/type study, パナマ/Panama, パナマ県/Panama (Province), 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 気温/temperature, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 降水量/precipitation, 難培養性菌/uncultured fungiEndomelanconiopsis, a new anamorph genus in the Botryosphaeriaceaeボトリオスフェリア科において新属Endomelanconiopsis属を提唱し、アナモルフ菌の新種E. endophyticaおよび新組み合わせE. microsporaを含めた。本属は分生子形成様式が全出芽型で分生子が褐色単細胞、縦方向の発芽溝を有することなどで特徴づけられた。新種E. endophyticaはパナマにおいてカカオおよびHeisteria属植物からエンドファイトとして分離された。Endomelanconiopsis endophytica★ / Endomelanconiopsis microspora▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-04532インド北東部、メーガーラヤ州における野生食用きのこの調査報告2016Current Research in Environmental & Applied Mycology2016年の論文/published in 2016, Current Research in Environmental & Applied Mycology, インド/India, メーガーラヤ州/Meghalaya, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsDocumentation of wild edible mushrooms from Meghalaya, Northeast Indiaインド、メーガーラヤ州のShyrwatおよびアッパー・シロン保護林における野生きのこの多様性を調査し、14科16属22種を同定した。現地住民への聞き取りの結果、11種が食用として扱われていた。そのうち7種を調査地域における新産種として報告した。Laccaria laccata■ / Lactarius deliciosus■ / Lactarius indigo■ / Lactarius rubidus■ / Russula olivacea■ / Russula parvovirescens■ / Suillus bovinus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-04531アメリカ産Fulvifomes属2新種2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, Krugiodendron属, MycoKeys, TreeBASE, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, グアテマラ/Guatemala, グアナカステ州/Guanacaste, コスタリカ/Costa Rica, フロリダ州/Florida, ペテン県/Petén, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 米国/USATwo new species of Fulvifomes (Hymenochaetales, Basidiomycota) from Americaグアテマラおよびコスタリカ、米国で採集された菌を検討し、それぞれFulvifomes centroamericanusおよびF. krugiodendriとして新種記載した。前者は子実体が多年生で同心円状の溝を有し、孔口が小型で、担子胞子が帯黄色類球形厚壁であることなどで特徴づけられた。後者はKrugiodendron属植物の生木に生じ、傘が暗灰色で殻皮に覆われ、孔口面が帯灰褐色、担子胞子が帯黄褐色類球形厚壁、2菌糸型であることなどで特徴づけられた。Fulvifomes centroamericanus★ / Fulvifomes krugiodendri★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04530中国南西部産の新種、Mensularia rhododendri2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, タイプスタディ/type study, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 貴州省/GuizhouMensularia rhododendri (Hymenochaetaceae, Basidiomycota) from southwestern China中国貴州省においてツツジ属樹木に生じた菌を検討し、Mensularia rhododendriとして新種記載した。本種はMensularia属の形態形質を有し、nrLSUに基づく分子系統解析では同属のクレードにおいて独自の系統を形成した。本種は形態的にM. hastiferaに類似していたが、孔口のサイズや菌糸状剛毛の形態などが異なっていた。Mensularia rhododendri★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04529チベット、ネパール、およびブータン産Platismatia erosaの形態学的・化学的研究2012The Bryologist2012年の論文/published in 2012, The Bryologist, アトラノリン類/atranorins, カペラート酸類/caperatic acids, スペルマチア/spermatia, チベット自治区/Tibet, ネパール/Nepal, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブータン, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 化学型/chemical type, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 垂直分布/vertical distribution, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新形質報告/new character, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 脂肪酸/fatty acid, 色素産生/pigment production, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyMorphological and chemical studies on Platismatia erosa (Parmeliaceae) from Tibet, Nepal and Bhutanチベットおよびその周辺で採集されたPlatismatia erosa21標本を検討した。本種の粉子を初めて報告し、P. glaucaと比較した。薄層クロマトグラフィーで本属において知られていなかったパンナル酸および”jackinic acid”を検出し、2つの化学型を認めた。Platismatia erosaFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-04528中国新産のPetriella属およびPseudallescheria属4種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 甘粛省/Gansu, 生長速度/growth rate, 陝西省/ShaanxiFour new Chinese records of Petriella and Pseudallescheria (Microascales)Petriella guttulata、P. sordida、Pseudallescheria boydii、およびPs. ellipsoideaを中国新産種として報告した。これらの種は陝西省あるいは甘粛省において土壌あるいは植物残渣上に見出された。各種の記載文および子嚢果、子嚢胞子の写真を掲載した。Petriella guttulata■ / Petriella sordida■ / Pseudallescheria boydii■ / Pseudallescheria ellipsoidea■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-04527地衣生異担子菌類の新種あるいは興味深い種2007Opuscula Philolichenum2007年の論文/published in 2007, Cavernularia属, Niebla属, Opuscula Philolichenum, アイルランド/Ireland, アリゾナ州/Arizona, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カナダ/Canada, カナダ新産種/Canada_new record, カラタチゴケ属/Ramalina, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, カリフォルニア州/California, キウメノキゴケ属/Flavoparmelia, グリーンランド/Greenland, ケリー州/Kerry, ゴール/gall, サルオガセ属/Usnea, サルオガセ科/Usneaceae, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, デンマーク/Denmark, ニューメキシコ州/New Mexico, ノルウェー/Norway, バハ・カリフォルニア州/Baja California, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, メキシコ/Mexico, 吸器/haustorium, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 膠質菌/jelly fungi, 菌寄生菌/mycoparasite, 隠蔽種/cryptic speciesNew or Interesting Lichenicolous Heterobasidiomycetes地衣生シロキクラゲ属菌の3新種を記載した。Tremella nashiiは米国およびノルウェーにおいてサルオガセ属地衣に、T. nieblaeはメキシコおよび米国においてNiebla属地衣に、T. tuckeraei>は米国およびアイルランドにおいてカラタチゴケ属地衣にそれぞれ発生した。Cystobasidium hypogymniicolai>の新宿主としてCavernulariai>属地衣、T. caloplacaeの新宿主としてオオロウソクゴケ属地衣をそれぞれ報告した。Cystobasidium hypogymniicola / Tremella caloplacae■ / Tremella nashii★ / Tremella nieblae★ / Tremella tuckerae★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Cystobasidiomycetes/フクロタンシキン綱_Cystobasidiales/シストバシディウム目_Cystobasidiaceae/フクロタンシキン科_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科
R3-04526イラン、オルーミーイェ湖国立公園の高塩分土壌から分離されたコウジカビ属の2新種2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, HPLC, Mycological Progress, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, シトリニン類, シノニム/synonym, ヒューレ細胞/Hülle cell, マイコトキシン/mycotoxin, 二次代謝産物/secondary metabolite, 代謝産物プロファイル/extrolite profile, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分濃度/salinity, 塩類土壌/saline soil, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 極限環境/extreme environment, 水分活性/water activity, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 沿岸域/coastal area, 無効学名/invalid name, 生長速度/growth rate, 耐塩性菌/salt-tolerant fungus, 色素産生/pigment production, 西アーザルバーイジャーン州/West Azerbaijan, 超高速液体クロマトグラフィー, 選択培地/selective mediumTwo novel Aspergillus species from hypersaline soils of The National Park of Lake Urmia, Iranイランにおいて土壌から分離された2種の菌を検討し、Aspergillus iranicusおよびA. urmiensisとして新種記載した。前者はTerrei節に含まれ、シトリニン、グレガチン類、およびテレキノンを産生する点や分生子の色などで特徴づけられた。後者はFlavipedes節に含まれ、コロニーが黄褐色、頂嚢が球形~類球形で、既知のコウジカビ属の二次代謝産物に一致しない物質を複数産生した。Aspergillus iranicus★ / Aspergillus micronesiensis / Aspergillus templicola / Aspergillus urmiensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04525インド、アンダマン・ニコバル諸島の熱帯域において分離されたTrichoderma属未報告種2010Journal of Mycology and Plant Pathology2010年の論文/published in 2010, Journal of Mycology and Plant Pathology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンダマン・ニコバル諸島/Andaman and Nicobar Islands, インド/India, インド新産種/India_new record, クスノキ科/Lauraceae, コショウ属/Piper, コショウ科/Piperaceae, ニクズク属/Myristica, ニクズク科/Myristicaceae, ニッケイ属/Cinnamomum, フトモモ属/Syzygium, フトモモ科/Myrtaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 種複合体/species complex, 選択培地/selective mediumUnreported Species of Trichoderma Isolated from Tropical Regions of Andaman and Nicobar Islands in Indiaインドのアンダマン・ニコバル諸島において根圏土壌から分離されたTrichoderma属菌を検討した。分生子柄、分生子、フィアライド、厚壁胞子などの形態およびコロニーの性状などを基に、分離菌株を5グループに分類した。塩基配列を基に7種を同定し、そのうちT. erinaceumなど4種をインド新産種として報告した。Trichoderma asperellum■ / Trichoderma brevicompactum■ / Trichoderma erinaceum■ / Trichoderma ovalisporum■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-04524韓国においてシイタケ栽培に用いられたオーク材の樹皮腐朽を引き起こしたStemonitis splendensの初報告2014Mycobiology2014年の論文/published in 2014, Mycobiology, きのこ栽培/mushroom cultivation, きのこ栽培の害菌/harmful fungi in mushroom cultivation, きのこ農園/mushroom farm, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 人工栽培/artificial cultivation, 原木栽培/bed log cultivation, 培養性状/colony characteristics, 変形体/plasmodium, 変形菌類/slime mold, 子実体原基/fruiting body primordium, 寄生菌/parasite, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 韓国/South KoreaFirst Report of Stemonitis splendens Rostaf Causing Bark Decay of Oak Logs Used for Shiitake Cultivation in Korea韓国、慶尚南道のきのこ農家において、シイタケ栽培のほだ木樹皮に重度の腐朽を引き起こした変形菌をStemonitis splendensと同定した。培養下において胞子の発芽、変形体、子実体原基、および子実体を観察した。本報告は韓国における本種による樹皮腐朽の初報告となった。Stemonitis splendensFungi/菌界_Incertaesedis/所属未確定
R3-04523パラグアイ新産の知見に乏しいハリタケ型の種、Donkia pulcherrima2017Steviana2017年の論文/published in 2017, Steviana, サン・ペドロ県, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, パラグアイ/Paraguay, パラグアイ新産種/Paraguay_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forestDonkia pulcherrima (Polyporales, Phanerochaetaceae) una especie hidnoide poco conocida, nueva cita para el Paraguayパラグアイ、サン・ペドロ県のラグナ・ブランカ自然保護区で採集されたDonkia pulcherrimaをパラグアイ新産種として報告した。本種は子実層托が針状、担子胞子が小型の楕円形~ソーセージ形で、シスチジアが豊富であり、生殖菌糸に2-3重のクランプを有することなどで特徴づけられた。本種の記載文、生態写真、顕微鏡写真に加え、地理的分布、生態などに関する知見を掲載した。Donkia pulcherrima■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-04522ブラジルのマングローブ環境に産したLycogala epidendrum2010Revista Brasileira de Biociências2010年の論文/published in 2010, r-K戦略説, Revista Brasileira de Biociências, ヒルギ科/Rhizophoraceae, ブラジル/Brazil, マラニョン州/Maranhão, マングローブ林/mangrove forest, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, 地理的分布/geographical distribution, 変形体/plasmodium, 変形菌類/slime mold, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 種内変異/intraspecific variation, 降水量/precipitationOccurrence of Lycogala epidendrum (Myxomycetes) in a mangrove environment in Brazilブラジル、マラニョン州のマングローブ林で採集されたLycogala epidendrumを報告した。本報告はマラニョン州におけるコホコリ目変形菌の初報告となった。また、本報告はL. epidendrumのマングローブ林からの初報告であることが示唆された。Lycogala epidendrum■Protozoa/プロトゾア_Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Liceales/コホコリ目_Reticulariaceae/レティクラリア科
R3-04521淡水産子嚢菌類:フランスおよびヨーロッパ新産種、Submersisphaeria aquatica2016Ascomycete.org2016年の論文/published in 2016, Ascomycete.org, pH(水質)/pH (water), ソーヌ=エ=ロワール県/Saône-et-Loire, トガサワラ属/Pseudotsuga, ニエーヴル県, ヌマスギ属/Taxodium, ヌマミズキ属/Nyssa, ヌマミズキ科/Nyssaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ピートボグ/peat bog, フランス/France, フランス新産種/France_new record, マツ科/Pinaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 標本入手不可/specimen not available, 水温/water temperature, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 西欧新産種/Western Europe_new record, 難培養性菌/uncultured fungi, 静水環境/lentic environmentFreshwater Ascomycetes: Submersisphaeria aquatica (Annulatascaceae), reported for the first time from France (Morvan) and from Europeフランスのモルヴァン地域において小川に沈んだ材に発生したSubmersisphaeria aquaticaをヨーロッパ新産種として報告した。本種は従来オーストラリアおよび米国のみから知られ、子嚢果が埋生し、子嚢が円筒形、子嚢胞子が褐色紡錘形で2細胞からなり、両極に杯状の付属物を有することなどで特徴づけられた。子嚢胞子の付属物の近傍に微小な発芽孔が存在することを初めて示したが、ホロタイプ標本は入手できず検討できなかった。Submersisphaeria aquatica■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Annulatascaceae/アニュラタスカス科
R3-04520グレートプレーンズおよびオザーク高原に産した新属Monoblastiopsis2008Opuscula Philolichenum2008年の論文/published in 2008, Opuscula Philolichenum, カンザス州/Kansas, コロラド州/Colorado, スミレモ属/Trentepohlia, テキサス州/Texas, ミズーリ州/Missouri, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 河川/river, 石灰岩/limestone, 米国/USA, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenMonoblastiopsis (Dothideomycetes, Pleosporales, incertae sedis), a new genus from the Great Plains and Ozark Highlands米国で採集された岩上生地衣の2新種を基に、新属Monoblastiopsis属を提唱した。本属は被子器が表在性で孔口周糸を有し、子嚢が広円筒形~棍棒形、子嚢胞子に隔壁を欠き、緑藻を共生藻とすることなどで特徴づけられた。M. konzanaはカンザス州、ミズーリ州、およびテキサス州、M. nigrocortinaはコロラド州およびカンザス州にそれぞれ分布し、いずれも石灰質の基質に生じていた。Monoblastiopsis konzana★ / Monoblastiopsis nigrocortina★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04519アイダホ州において貯蔵テンサイ根に腐敗を起こしたアオカビ属1新種2017Plant Disease2017年の論文/published in 2017, Plant Disease, アイダホ州/Idaho, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, ヒユ科/Amaranthaceae, フダンソウ属/Beta, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 室内環境/indoor condition, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気温/temperature, 温度適性/temperature aptitude, 湿度/humidity, 畑地/farmland, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 耐冷菌/cold-tolerant fungus, 酸産生/acid productionA Novel Penicillium sp. Causes Rot in Stored Sugar Beet Roots in Idaho米国アイダホ州において室内貯蔵中のテンサイの根に病斑を生じた菌を検討し、Penicillium cellarumとして新種記載した。本種はβ-チューブリン、RPB2に基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。接種試験により本種の病原性を確かめた。Penicillium cellarum★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04518地中海盆地の常緑オーク林で採集された新種、Cantharellus ilicis2008Revista Catalana de Micologia2008年の論文/published in 2008, Revista Catalana de Micologia, アラゴン州/Aragon, アンダルシア州/Andalusia, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, ナバラ州/Navarra, バレアレス諸島自治州/Balearic Islands, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 切片/section, 命名法/nomenclature, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 石灰質土壌/calcareous soil, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種複合体/species complex, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsCantharellus ilicis sp. nov., a new species from the Mediterranean basin collected in evergreen Quercus forestsスペインにおいてオーク樹下の石灰質土壌に発生した菌を検討し、Cantharellus ilicisとして新種記載した。本種は傘が明るい橙黄色で子実層托および柄が類白色、担子胞子が長いことなどで特徴づけられた。地中海地域に産するCantharellus節の種の検索表を掲載した。Cantharellus ilicis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Cantharellaceae/アンズタケ科
R3-04517インド・ヒマラヤ新産の野生きのこ、Retiboletus kauffmaniiの形態および系統2017Indian Journal of Plant Sciences2017年の論文/published in 2017, Indian Journal of Plant Sciences, インド/India, インド新産種/India_new record, シッキム州/Sikkim, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, マテバシイ属/Lithocarpus, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 奇形/malformation, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiMorphology and Phylogeny of Retiboletus kauffmanii (Boletaceae): A New Record of Wild Mushroom from Indian Himalayaインド、シッキム州のヒマラヤ山脈からRetiboletus kauffmaniiをインド新産種として報告した。本種は従来中国から知られており、インド産標本は傘表面が顕著な疣状である点が異なっていた。nrLSUに基づく分子系統解析を実施したところ、種レベルの識別には十分でなかったが、インド産と中国産の標本が同種であることは示唆された。Retiboletus kauffmanii■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04516海岸生地衣の新種、Lecanora oyensis2011Bulletin de Association Française de Lichénologie2011年の論文/published in 2011, Bulletin de Association Française de Lichénologie, キサントン類/xanthones, ジロホール酸/gyrophoric acid, フランス/France, フランス語/French, ヴァンデ県/Vendée, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation, 顕微結晶法/microcrystal methodLecanora oyensis sp. nov., une nouvelle espèce de lichen maritimeフランスの大西洋沿岸で採集された菌を検討し、Lecanora oyensisとして新種記載した。本種は潮上帯の珪質岩に生じ、地衣成分としてジロホール酸を含むことなどで特徴づけられた。本種は狭義のL. dispersaグループに含まれた。Lecanora oyensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科
R3-04515スペイン南部産の樹皮生Tubulicium属1新種2007Persoonia2007年の論文/published in 2007, Persoonia, アンダルシア州/Andalusia, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, ブナ科/Fagaceae, 呈色反応/chemical reaction, 文献調査/literature survey, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungusA new corticicolous species of the genus Tubulicium (Polyporales) from southern SpainスペインにおいてQuercus canariensisの生木樹皮に生じた菌を検討し、Tubulicium papillatosporumとして新種記載した。本種は担子胞子が広扁桃形で、先端が乳頭状であることなどで特徴づけられた。また、パナマ産のXenasma属菌に対して、新組み合わせT. macrosporumを提唱した。Tubulicium macrosporum▲ / Tubulicium papillatosporum★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-04514イスラエル、カルメル山国立公園およびアトリット・ビーチにおける地衣類の新記録2013Herzogia2013年の論文/published in 2013, Herzogia, アトラノリン類/atranorins, アナイボゴケ属/Verrucaria, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, イスラエル/Israel, イスラエル新産種/Israel_new record, イナゴマメ属/Ceratonia, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, コナラ属/Quercus, コンフルエンチン酸類/confluentic acids, サリチル酸類/salicylic acids, デプシド類/depsides, ハイファ地区/Haifa, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブナ科/Fagaceae, マメ科/Fabaceae, 中東新産種/Middle East_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenNew records of lichens from Mount Carmel National Park and Atlit Beach (Israel)イスラエルのカルメル山国立公園から27種、アトリット・ビーチから9種の地衣類をそれぞれ報告した。そのうち10種をイスラエル新産種として報告した。Arthonia pinastri、Collema subnigrescens、およびEnterographa crassaは中東新産種であった。Arthonia albopulverea■ / Arthonia pinastri■ / Bacidia bacillifera■ / Caloplaca navasiana■ / Caloplaca oasis■ / Collema subnigrescens■ / Enterographa crassa■ / Gyalecta truncigena■ / Lecania spadicea■ / Lecanora symmicta■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Peltigerales/ツメゴケ目_Collemataceae/イワノリ科_Roccellaceae/ロクセラ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科
R3-04513Chaetospermum属菌の形態および系統2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エピタイプ指定/epitype designation, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, チエンマイ県/Chiang Mai, チエンラーイ県/Chiang Rai, パンガー県/Phang Nga, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 追熟/ripeningMorphology and phylogeny of Chaetospermum (asexual coelomycetous Basidiomycota)タイ北部および南部において枯死葉から繰り返し分離されたChaetospermum属菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。C. camelliaeおよびC. artocarpiを同定し、両種のエピタイプ標本を指定した。分子系統解析の結果から、本属が担子菌門ロウタケ目に含まれることを示した。Chaetospermum artocarpi / Chaetospermum camelliaeFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門
R3-04512ヨウシュヤマゴボウの葉および茎に壊死を引き起こすMycosphaerella属新種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, シンアナモルフ/synanamorph, スペルマチア/spermatia, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ブラジル/Brazil, ヤマゴボウ属/Phytolacca, ヤマゴボウ科/Phytolaccaceae, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropicsA new species of Mycosphaerella associated with foliage and stem necrosis on Phytolacca americanaeブラジルにおいてヨウシュヤマゴボウに生じた菌を検討し、Mycosphaerella americanaeとして新種記載した。本種は宿主の茎および葉に壊死を引き起こした。本種のアナモルフはSeptoria属、スペルマチア世代はAsteromella属であった。Mycosphaerella americanae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04511ヨーロッパおよびアジアにおけるGastropila fragilisの新規採集地2012Czech Mycology2012年の論文/published in 2012, Czech Mycology, アジア新産種/Asia_new record, アハル州, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トルクメニスタン/Turkmenistan, トルクメニスタン新産種, ブラゴエヴグラト州/Blagoewgrad, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, ロストフ州/Rostov, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 東欧新産種/East Europe_new record, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 種概念/species concept, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEMNew localities of Gastropila fragilis (Lycoperdaceae) in Europe and Asiaブルガリア、ロシア、およびトルクメニスタンから稀産種のGastropila fragilisトルクメニスタンからの報告はアジアからの初報告となった。ブルガリアでは本種は乾燥した草地において砂質土壌に発生し、ロシアでも乾燥した荒れた草地に発生していた。Gastropila fragilis■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04510Pycnothelia papillariaのロバストな形態型であるCladonia trapezunticaの分類学的研究および保全調査2016Turkish Journal of Botany2016年の論文/published in 2016, Turkish Journal of Botany, アトラノリン類/atranorins, ギレスン県/Giresun, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 再発見/rediscovery, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 湿度/humidity, 種内変異/intraspecific variation, 絶滅危惧種/endangered species, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyCladonia trapezuntica (Cladoniaceae, lichenized Ascomycota): a robust morphotype of Pycnothelia papillaria, a taxonomic study with conservational surveyトルコにおいてCladonia trapezunticaを再発見し、本種がPycnothelia papillariaの変異の範疇に収まることを示した。本種はP. papillariaとはクッション状の形態および高い子柄などが異なっていたが、分子系統解析により同種であることが示唆された。この措置によりP. papillariaの分布南東限がトルコに拡大したが、この種はトルコにおいては絶滅危惧種と見なされた。Pycnothelia papillaria■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科
R3-04509インド、ジャンムー・カシミール州産のスッポンタケ属3種2016Journal of Threatened Taxa2016年の論文/published in 2016, Journal of Threatened Taxa, インド/India, インド新産種/India_new record, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, スッポンタケ類/phalloid fungi, ヒマラヤ山脈/Himalayas, リター菌/litter fungi, 亜熱帯域/subtropics, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 畑地/farmland, 腹菌類/gastromycetes, 降水量/precipitationThree species of Phallus (Basidiomycota: Agaricomycetes: Phallaceae) from Jammu & Kashmir, Indiaインド、ジャンムー・カシミール州からPhallus macrosporus、P. rubicundus、およびP. hadrianiを報告した。これらの種をそれぞれインド、ジャンムー・カシミール州、ジャンムー県における新産種として報告した。各種を含む検索表を掲載した。Phallus hadriani■ / Phallus macrosporus■ / Phallus rubicundus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-04508Calvitimela talayana:北米における興味深い隔離分布2009Opuscula Philolichenum2009年の論文/published in 2009, HPLC, Opuscula Philolichenum, アトラノリン類/atranorins, ウスニン酸類/usnic acids, カナダ/Canada, カナダ新産種/Canada_new record, コンタミ/contamination, タイプスタディ/type study, ツンドラ/tundra, ヌナブト準州/Nunavut, ノースウエスト準州/Northwest Territories, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ベンゾフラン類/benzofurans, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 北極圏/Arctic, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 極地/polars, 珪質岩/siliceous rocks, 生物地理学/biogeography, 痂状地衣/crustose lichen, 脂肪酸/fatty acid, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 隔離分布/disjunct distributionCalvitimela talayana (Ascomycotina, Lecanorales), an interesting disjunction in North Americaカナダのヌナブト準州およびノースウエスト準州から、Calvitimela talayanaをカナダ新産種として報告した。本種はアパラチア山脈における分布も知られており、北米において興味深い隔離分布を示した。C. perlataのホロタイプ標本を検討したところ、ウスニン酸および痕跡的なゼオリンを検出したが、コンタミの可能性が考えられた。Calvitimela talayana■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Tephromelataceae/テフロメラ科
R3-04507テングタケ科およびモエギタケ科のパキスタン新産種2015Pakistan Journal of Phytopathology2015年の論文/published in 2015, Pakistan Journal of Phytopathology, ギルギット・バルティスタン州/Gilgit-Baltistan, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 食用きのこ/edible mushroomsNew record of Amanitaceae and Strophariaceae from Pakistanパキスタン、ギルギット・バルティスタン州からテングタケ属2種およびフミヅキタケ属2種を報告した。Amanita ovoidea、Agrocybe pracecox、およびAgrocybe duraをパキスタン新産種として報告した。これにAmanita rubescensを加えた4種について、記載文、生態写真、および走査型電子顕微鏡写真などを掲載した。Agaricus praecox■ / Agrocybe dura■ / Amanita ovoidea■ / Amanita rubescensFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Amanitaceae/テングタケ科
R3-04506中国産カノシタ科菌類の研究 (4): 新種Mycoleptodonoides tropicalisおよび中国産の種の検索表2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, 中国/China, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 雲南省/YunnanHydnaceous fungi of China 4. Mycoleptodonoides tropicalis sp. nov., and a key to the species in China中国雲南省の熱帯林で採集された菌を検討し、Mycoleptodonoides tropicalisとして新種記載した。本種は子実体が扇形で担子胞子が球形~類球形、平滑で非アミロイド、シスチジアが糸状であることなどで特徴づけられた。また、中国産ブナハリタケ属菌の検索表を掲載した。Mycoleptodonoides tropicalis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-04505アマゾニア産の稀産種、Mycena lacrimansは生物発光を示す2007Edinburgh Journal of Botany2007年の論文/published in 2007, Edinburgh Journal of Botany, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 新形質報告/new character, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 発光きのこ/luminous mushroom, 稀産種/rare speciesMycena lacrimans, a rare species from Amazonia, is bioluminescent稀産種のMycena lacrimansをブラジル、アマゾナス州のタイプロカリティの付近から採集して再検討した。本種が発光きのこであることを初めて報告し、写真、顕微鏡的形質のイラスト、および同属他種との比較を初めて掲載した。本種は特に柄の頂部から強く明るい帯緑黄色の光を発した。Mycena lacrimansFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-04504Cortinarius alpinusによる外生菌根菌の形態学的・系統学的種概念の例示2008Sommerfeltia2008年の論文/published in 2008, Sommerfeltia, シノニム/synonym, バイオマス測定/biomass measurement, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 亜高山帯/subalpine zone, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 命名法/nomenclature, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 極限環境/extreme environment, 標本入手不可/specimen not available, 無効学名/invalid name, 生殖的隔離/reproductive isolation, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 種複合体/species complex, 統計解析/statistical analysis, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 高山帯/alpine regionCortinarius alpinus as an example for morphological and phylogenetic species concepts in ectomycorrhizal fungiフウセンタケ属Myxacium節の菌を対象に形態学的検討および分子系統解析を実施した。その結果を基に、Cortinarius favreiをC. alpinusのシノニムとした一方、C. absarokensisは傘直径および平均乾重量で判別可能な別種とした。本菌群における担子胞子のサイズおよびITS領域の差異は僅かで、判別には不十分であった。Cortinarius absarokensis / Cortinarius alpinusFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-04503ホザキナナカマド属植物に生じたうどんこ病の初報告2013New Disease Reports2013年の論文/published in 2013, New Disease Reports, うどんこ病/powdery mildew, イギリス/United kingdom, イングランド/England, サリー/Surrey (England), バラ科/Rosaceae, ホザキナナカマド属/Sorbaria, 分子同定/molecular identification, 子実体原基/fruiting body primordium, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 配列決定/sequencingFirst report of powdery mildew on Sorbariaイギリスのウィズレー王立園芸協会植物園においてホザキナナカマド属植物に生じたうどんこ病を報告した。ITS領域の塩基配列はErysiphe alphitoidesと100%一致したが、形態的には完全には一致せず、広義の本種と同定した。本報告はホザキナナカマド属のうどんこ病の初報告となった。Erysiphe alphitoidesFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04502ブラジルの大西洋岸森林に産したヒメツチグリ属菌 – ブラジル新産種2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEM, 遺存林/relict forestsGeastrum from the Atlantic Forest in northeast Brazil – new records for Brazilブラジルの大西洋岸森林からGeastrum morganiiおよびG. quadrifidumをブラジル新産種として報告した。また、G. albonigrumの報告はブラジル北東部から初、南米からは2番目の報告となった。各種について記載文、生態写真、走査型電子顕微鏡写真などを掲載した。Geastrum albonigrum■ / Geastrum morganii■ / Geastrum quadrifidum■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科
R3-04501根に関連するExophiala属1新種2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Microthlaspi属, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラナ科/Cruciferae, エンドファイト/endophyte, オランダ/Netherlands, タイプスタディ/type study, デンマーク/Denmark, ドイツ/Germany, ドゥー県/Doubs, バーデン=ヴュルテンベルク州/Baden-Württemberg, ヒト病原菌/human pathogen, フランス/France, ブルガリア/Bulgaria, ペルニク州, リニアグロース/linear growth, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮説提唱/hypothesis proposed, 共有派生形質/synapomorphy, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 南極/Antarctic, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 極地/polars, 生長速度/growth rate, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 臨床検体/clinical specimens, 足白癬/tinea pedisA new species of Exophiala associated with rootsアブラナ科のMicrothlaspi perfoliatumの根からエンドファイトとして分離された菌を検討し、Exophiala radicisとして新種記載した。本種はコロニーの生長が遅く、酵母状の生長を示さず、近縁種とはコロニーや分生子の形態、地理的起源などが異なっていた。分子系統解析の結果、ヒトや他の植物から分離された菌も本種と同定され、本種が北半球に広く分布することが示唆された。Exophiala radicis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-04500新種Trimmatostroma arctoparmeliae、およびハルツ山地とその周辺に産した地衣類、地衣生菌類と類縁菌2017Herzogia2017年の論文/published in 2017, Herzogia, Myriospora属, Protoparmelia属, Pseudevernia属, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, キゴケ科/Stereocaulaceae, キッコウゴケ属/Diploschistes, クマシデ属/Carpinus, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, クロウラムカデゴケ属/Phaeophyscia, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, ゴイシゴケ属/Lecidea, ゴイシゴケ科/Lecideaceae, サクラ属/Prunus, サンザシ属/Crataegus, ザクセン=アンハルト州/Sachsen-Anhalt, セトラル酸類/cetraric acids, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チズゴケ属/Rhizocarpon, チズゴケ科/Rhizocarpaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, テューリンゲン州/Thüringen, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ナナカマド属/Sorbus, ニクイボゴケ属/Ochrolechia, ニワトコ属/Sambucus, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, バイエルン州/Bayern, バラ科/Rosaceae, ヒースランド/heathland, フクロゴケ属/Hypogymnia, フマル酸類/fumarates, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ヘリトリゴケ属, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, マツ科/Pinaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, モジゴケ属/Graphis, モジゴケ科/Graphidaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, レプラゴケ属/Lepraria, レンプクソウ科/Adoxaceae, ワゴケ属, 中欧新産種/Central Europe_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 再発見/rediscovery, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 種複合体/species complex, 絶滅危惧種/endangered species, 膠質菌/jelly fungi, 草地/grassland, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 遺存林/relict forestsTrimmatostroma arctoparmeliae sp. nov. and noteworthy records of lichenized, lichenicolous and allied fungi from the Harz Mountains and surrounding regionsドイツ、ハルツ山地から地衣類21種、地衣生菌類37種を報告した。また、ワゴケ属地衣に生じた地衣生菌の一種を検討し、Trimmatostroma arctoparmeliaeとして新種記載した。2種を中欧新産種、6種をドイツ新産種として報告した。Abrothallus caerulescens■ / Acaroconium punctiforme■ / Agonimia repleta■ / Arthonia phaeophysciae■ / Arthonia ruana■ / Arthrorhaphis arctoparmeliae■ / Caloplaca chrysodeta / Catinaria atropurpurea■ / Cliostomum griffithii■ / Didymocyrtis pseudeverniae■ / Dirina fallax■ / Elixia flexella■ / Endococcus brachysporus■ / Endococcus exerrans■ / Endococcus macrosporus■ / Endococcus propinquus■ / Endococcus stigma■ / Eopyrenula leucoplaca / Erythricium aurantiacum■ / Gyalecta incarnata■ / Hyperphyscia adglutinata / Hypotrachyna afrorevoluta■ / Lasiosphaeriopsis lecanorae■ / Leptogium intermedium■ / Lichenoconium pyxidatae■ / Lichenoconium xanthoriae■ / Lichenodiplis pertusariicola / Lichenostigma alpinum■ / Lichenostigma chlaroterae■ / Lichenostigma cosmopolites■ / Lichenothelia rugosa■ / Lichenothelia tenuissima■ / Muellerella erratica■ / Muellerella pygmaea / Muellerella ventosicola■ / Mycobilimbia pilularis / Paranectria oropensis■ / Pertusaria lactescens■ / Pertusaria pupillaris■ / Phaeophyscia pusilloides■ / Polycoccum kerneri■ / Porpidia flavocruenta / Pronectria xanthoriae■ / Pyrenochaeta xanthoriae■ / Scoliciosporum gallurae■ / Sphaerellothecium atryneae■ / Sphaerellothecium contextum■ / Taeniolella beschiana■ / Taeniolella punctata■ / Thelocarpon coccosporum■ / Toninia candida / Tremella diploschistina■ / Trichonectria anisospora■ / Trimmatostroma arctoparmeliae★ / Verrucaria policensis■ / Vouauxiella lichenicola■ / Xanthoriicola physciae■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Verrucariaceae/アナイボゴケ科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Arthrorhaphidaceae/レモンイボゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Roccellaceae/ロクセラ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Agyriales/マダラゴケ目_Elixiaceae/エリクシア科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Ostropales/オストロパ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Nitschkiaceae/ニチュキア科_Peltigerales/ツメゴケ目_Collemataceae/イワノリ科_Lichenotheliaceae/リチェノテリア科_Lecideaceae/レキデア科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Cucurbitariaceae/ククルビタリア科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Thelocarpaceae/テロカルポン科_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目
R3-04499インドネシア産のCystotheca属アナモルフの新種、Setoidium castanopsidis2013Mycoscience2013年の論文/published in 2013, Mycoscience, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インドネシア/Indonesia, シイ属/Castanopsis, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ブナ科/Fagaceae, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungiSetoidium castanopsidis, a new species of anamorphic Cystotheca (Ascomycota, Erysiphales) from Indonesiaインドネシア、西ジャワ州においてCastanopsis javanicaに発生したうどんこ病菌を検討し、Setoidium castanopsidisとして新種記載した。本種は顕著な乳首状の付着器を有することなどで特徴づけられ、テレオモルフは見出されなかった。本種はCystotheca tjibodensisとは異なる系統を形成し、形態的にも異なっていた。Setoidium castanopsidis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04498マケドニア共和国産イグチ科菌類(ヤマドリタケ属を除く)2007Turkish Journal of Botany2007年の論文/published in 2007, Turkish Journal of Botany, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, トウヒ属/Picea, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マケドニア/Macedonia, マケドニア新産種/Macedonia_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 保全生態学/conservation ecology, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 森林/forest, 植林地/plantation, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyThe Family Boletaceae s.l. (Excluding Boletus) in the Republic of Macedoniaマケドニアにおいてイグチ科菌類の系統的調査を始めて実施し、8属31種を記録した。キヒダタケ属およびハンノキイグチ属をマケドニアから初めて報告した。また、8種をマケドニア新産種として報告した。Chalciporus amarellus■ / Gyrodon lividus■ / Leccinum variicolor■ / Leccinum vulpinum■ / Phylloporus pelletieri■ / Suillus mediterraneensis■ / Xerocomus ferrugineus■ / Xerocomus rubellus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科_Paxillaceae/ヒダハタケ科_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-04497シドヴィエラ科の形態系統学的研究によりいくつかの新属が明らかになった2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Cybianthus属, Mycosphere, TreeBASE, イワヒゲ属/Cassiope, エピタイプ指定/epitype designation, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, キイチゴ属/Rubus, キク科/Asteraceae, シノニム/synonym, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, タイプスタディ/type study, ツツジ科/Ericaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トレンティーノ=アルト・アディジェ州/Trentino-Alto Adige, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ヤグルマギク属/Centaurea, ヤブコウジ科/Myrsinaceae, リター菌/litter fungi, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 属の境界/genus boundary, 斑点病/spot disease, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温帯域/temperate zone, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungiMorphophylogenetic study of Sydowiellaceae reveals several new generaシドヴィエラ科菌類を対象に分子系統解析を実施し、Italiomyces、Ranulospora、およびTenuiappendiculaの3新属を提唱した。また、既知種に対する新属としてAlborbis、Breviappendix、およびParagnomoniaを提唱した。Sydowiella centaureiiおよびSillia karsteniiの2新種を記載し、本科各属の検索表を掲載した。Alborbis galericulata▲ / Breviappendix rosae▲ / Breviappendix rostellata▲ / Breviappendix rubi▲ / Cainiella borealis / Calosporella innesii / Chapeckia nigrospora / Hapalocystis berkeleyi / Italiomyces centaureii★ / Lambro oharana / Paragnomonia fragariae▲ / Ranulospora alnii★ / Rossmania ukurunduensis / Sillia karstenii★ / Sydowiella centaureii★ / Tenuiappendicula alnicola★ / Tortilispora aurantiaca▲ / Uleoporthe orbiculataFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hyponectriaceae/ハイポネクトリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Melanconidaceae/メラノコニス科_Incertaesedis/所属未確定_Zygochytriales/ジゴキトリウム目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-04496Lophiotrema lennartiiとLophiotrema kerstiniae – ノルウェーおよびスウェーデン産の2新種2017Sydowia2017年の論文/published in 2017, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Myricaria属, Sydowia, ウプサラ県/Uppsala, オップラン県/Oppland, キンポウゲ科/Ranunculaceae, ギョリュウ科/Tamaricaceae, スウェーデン/Sweden, トリカブト属/Aconitum, ノルウェー/Norway, ヘードマルク県/Hedmark, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リター菌/litter fungi, 亜寒帯域/subarctic, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温帯域/temperate zone, 砂質土壌/sandy soil, 腐生菌/saprobeLophiotrema lennartii and Lophiotrema kerstiniae – two new species from Norway and Swedenノルウェー南部においてMyricaria germanicaの枯枝およびAconitum lycoctonum ssp. septentrionaleの枯れ茎に生じた菌を検討し、Lophiotrema lennartiiとして新種記載した。また、スウェーデン南東部においてヤナギ属植物に生じた菌を検討し、L. kerstiniaeとして新種記載した。前者は子嚢胞子が非常に特徴的な形態であり、後者は子嚢胞子が大型でしばしば尖り、1隔壁を有し、粘液質の鞘に包まれることなどで特徴づけられた。Lophiotrema kerstiniae★ / Lophiotrema lennartii★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Lophiostomataceae/ロフィオストマ科
R3-04495ポルトガル産の微小菌類2新種:新属新種Magnohelicospora ibericaおよび新種Phaeodactylium stadleri2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, オオハマガヤ属/Ammophila, ノルテ地方/Norte, ポルトガル/Portugal, リター菌/litter fungi, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification keyTwo new microfungi from Portugal: Magnohelicospora iberica gen. & sp. nov. and Phaeodactylium stadleri sp. nov.ポルトガルの森林から新属新種Magnohelicospora ibericaおよび新種Phaeodactylium stadleriを記載した。前者は分生子が褐色で密なコイル状であり、分生子形成細胞が多出芽型、シンポジオ状であることなどで特徴づけられた。後者は分生子がほぼ無色~淡褐色の倒卵形~棍棒形で表面が粗い小疣状であり、0-2隔壁を有することなどで特徴づけられた。Magnohelicospora iberica★ / Phaeodactylium stadleri★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門
R3-04494パキスタン産のPhallus hadrianiおよびP. roseus2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, ツルサイカチ属/Dalbergia, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), ヒマラヤ山脈/Himalayas, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 植林地/plantation, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetesPhallus hadriani and P. roseus from Pakistanパキスタン新産種としてPhallus hadrianiおよびP. roseusを報告した。前者はカイバル・パクトゥンクワ州の温帯林に発生し、後者はパンジャーブ州においてDalbergia sissooの樹下に発生した。P. roseusの分子データを初めて取得し、本種がimpudicus/hadrianiグループと明瞭に異なる系統を形成することを示した。Phallus hadriani■ / Phallus roseus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-04493Amniculicola属2新種およびその類縁種の系統学的・形態学的評価2009Persoonia2009年の論文/published in 2009, Persoonia, アリエージュ県/Ariège, オート=ガロンヌ県/Haute-Garonne, カバノキ科/Betulaceae, シェラン地域/Zealand, デンマーク/Denmark, トネリコ属/Fraxinus, ハンノキ属/Alnus, フランス/France, メラニン/melanin, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 水生菌/aquatic fungi, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 色素産生/pigment productionPhylogenetic and morphological assessment of two new species of Amniculicola and their allies (Pleosporales)デンマークおよびフランスから、それぞれAmniculicola immersaおよびA. parvaの2新種を記載した。両種は淡水に沈んだ材から生じ、他の類縁種とともに基質の材を紫色に染める性質を有していた。分子系統解析では、両種は他のヨーロッパ産淡水生菌4種とともに単系統とみられるクレードを形成した。Amniculicola immersa★ / Amniculicola parva★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Amniculicolaceae/アムニクリコラ科
R3-04492パナマ産のPuttemansia属1新種および子嚢菌門の新産種追加2010Sydowia2010年の論文/published in 2010, Asplundia属, Cecropia属, Coccocypselum属, Genipa属, Hoffmannia属, Hura属, Palicourea属, Posoqueria属, Sauvagesia属, Sydowia, すす病/sooty mold, アカネ科/Rubiaceae, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, イガニガクサ属/Hyptis, イネ科/Poaceae, イモノキ属, イワヒバ属/Selaginella, イワヒバ科/Selaginellaceae, エゴノキ属/Styrax, エゴノキ科/Styracaceae, オクナ科/Ochnaceae, オジギソウ属/Mimosa, ガマズミ属/Viburnum, キツネノマゴ属/Justicia, キツネノマゴ科/Acanthaceae, クスノキ科/Lauraceae, ケクロピア科/Cecropiaceae, コショウ属/Piper, コショウ科/Piperaceae, サンゴバナ属, シソ科/Lamiaceae, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, シノニム/synonym, スズメノヒエ属/Paspalum, タイプスタディ/type study, タケ生息菌/bambusicolous fungus, チリキ県/Chiriquí, ツルメヒシバ属, トウガラシ属/Capsicum, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナス科/Solanaceae, ヌスビトハギ属/Desmodium, パナマ/Panama, パナマソウ科/Cyclanthaceae, パナマ新産種/Panama_new record, パナマ県/Panama (Province), ボカス・デル・トーロ県/Bocas del Toro, ボチョウジ属/Psychotria, マキ属/Podocarpus, マキ科/Podocarpaceae, マメ科/Fabaceae, レンプクソウ科/Adoxaceae, ワニナシ属/Persea, 中米新産種/Central America_new record, 付着器/appressorium, 切片/section, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 撹乱地/disturbed place, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 葉面菌/leaf surface fungiA new species of Puttemansia (Tubeufiaceae, Pleosporales) and new records of further Ascomycota from Panamaパナマにおいてタケの葉に発生した菌を検討し、Puttemansia verrucosaとして新種記載した。本種は子嚢胞子に小疣状の装飾を有することなどで特徴づけられた。また、33種の子嚢菌をパナマ新産種として報告した(1種はアメリカ大陸新産種)。Aleuria aurantia■ / Amazonia psychotriae■ / Asteridiella anastomosans■ / Asteridiella ochnacearum■ / Asteridiella perseae■ / Balladynopsis urtiagae■ / Camarops scleroderma■ / Corynelia oreophila■ / Cycloschizon styracis■ / Dysrhynchis amazonica■ / Irenopsis selaginellarum■ / Leotia atrovirens■ / Meliola acanthacearum■ / Meliola aequatoriensis■ / Meliola anceps■ / Meliola capsicola■ / Meliola carludovicae■ / Meliola gaillardiana■ / Meliola gymnanthicola■ / Meliola lictorea■ / Meliola longiseta■ / Meliola mimosacearum■ / Meliola ouroupariae■ / Meliola patouillardii■ / Myriogenospora paspali■ / Parodiella perisporioides■ / Perisporiopsis megalospora■ / Perisporiopsis urae■ / Puttemansia verrucosa★ / Rhynchomeliola pulchella■ / Rhytidhysteron rufulum■ / Rosenscheldiella styracis■ / Unguiculariopsis ravenelii■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Meliolales/メリオラ目_Meliolaceae/メリオラ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Parodiopsidaceae/パロディオプシス科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Boliniales/ボリニア目_Boliniaceae/ボリニア科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Coryneliales/コリネリア目_Coryneliaceae/コリネリア科_Parmulariaceae/パームラリア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Leotiaceae/ズキンタケ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科_Venturiaceae/ヴェンテュリア科_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-04491深刻な葉の病害を引き起こすKirramyces destructansに近縁な、オーストラリア熱帯域産の新種のユーカリの病原菌、Kirramyces viscidus2007Australasian Plant Pathology2007年の論文/published in 2007, Australasian Plant Pathology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, シンアナモルフ/synanamorph, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 種内変異/intraspecific variationKirramyces viscidus sp. nov., a new eucalypt pathogen from tropical Australia closely related to the serious leaf pathogen, Kirramyces destructansオーストラリア、クイーンズランド州においてユーカリに病害を引き起こした菌を検討し、Kirramyces viscidusとして新種記載した。本種は同じくユーカリの病原菌であるK. destructansに近縁で、類似の病徴を引き起こした。本種は近縁種と異なり、分生子に強い疎水性および粘性を有することなどで特徴づけられ、培養下では厚壁胞子様の構造を生じるシンアナモルフを形成した。Kirramyces viscidus★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04490ポーランド産の見過ごされてきた地衣、Cladonia asahinae2007Polish Botanical Journal2007年の論文/published in 2007, Polish Botanical Journal, コケ上に生える菌/fungi on moss, セトラル酸類/cetraric acids, フマル酸類/fumarates, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Lesser Poland, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 化学型/chemical type, 収蔵標本/stored specimen, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 樹状地衣/fruticose lichen, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 脂肪酸/fatty acid, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyCladonia asahinae, a lichen species overlooked in Polandポーランド産の約1500点の地衣類標本のうち、独特な地衣成分(フマルプロトセトラル酸、ランギホルム酸、ノルランギホルム酸)を含むものを見出し、Cladonia asahinaeと同定した。本種はベスキド山地において路傍の土壌から発生していた。本種のポーランドからの報告は初であり、極めて稀とみられ、おそらく絶滅危惧種と考えられた。Cladonia asahinae■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科
R3-04489ニュージーランド産のニバレノールをマイコトキシンとして産生する新種、Fusarium praegraminearumはコムギに赤かび病を引き起こす2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, GCPSR, MAT遺伝子/MAT gene, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, ウェリントン地方/Wellington, ガスクロマトグラフィー/gas chromatography, クロマトグラム/chromatogram, コムギ属/Triticum, セスキテルペン類/sesquiterpenes, ゼアラレノン類, トウモロコシ属/Zea, トリコテセン類/trichothecenes, ニバレノール類/nivalenols, マイコトキシン/mycotoxin, リター菌/litter fungi, リニアグロース/linear growth, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 種複合体/species complex, 質量分析法/mass spectrometry, 赤かび病/fusarium blight, 遺伝子型/genotypeFusarium praegraminearum sp. nov., a novel nivalenol mycotoxin-producing pathogen from New Zealand can induce head blight on wheatニュージーランド、ウェリントン郊外のトウモロコシ畑においてリターから分離された菌を検討し、Fusarium praegraminearumとして新種記載した。本種はマイコトキシンとしてトリコテセン類(ニバレノール類)、クルモリン類、ゼアラレノンなどを産生した。本種は13遺伝子に基づく分子系統解析でBクレードの最基部に位置し、接種試験ではコムギに中等度の赤かび病を引き起こすことが示された。Fusarium praegraminearum★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04488Cephaliophora tropica:ヨーロッパからの3番目の記録2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, pH(水質)/pH (water), アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウッチ県/Łódź, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, 地理的分布/geographical distribution, 好ケラチン菌/kerationophillic fungus, 文献調査/literature survey, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 水温/water temperature, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 淡水域/freshwater, 都市環境/urban environment, 釣菌法/baiting methodCephaliophora tropica: a third European recordポーランド、ウッチ市においてヘビの皮を用いた釣菌法で得られたCephaliophora tropicaを報告した。本種の地理的分布を調査して表にまとめ、それが全球にわたることを示した。本種はヨーロッパにおいてハンガリーとフィンランドから知られておらず、本報告は3番目の報告、かつポーランドからの初報告となった。Cephaliophora tropica■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目
R3-04487フランスにおいてミルクブレッドロールから分離された新種、Cladosporium lebrasiae2016Fungal Biology2016年の論文/published in 2016, Fungal Biology, GCPSR, SNP解析/SNP genotyping, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, フランス/France, フーリエ変換赤外分光分析, 主成分分析/principal component analysis, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 加工食品/processed food, 培養性状/colony characteristics, 散布図/scatter plot, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 温度適性/temperature aptitude, 種複合体/species complex, 空中真菌/air-borne fungus, 赤外分光法, 食品汚染/Food contaminationCladosporium lebrasiae, a new fungal species isolated from milk bread rolls in Franceフランス、ブルターニュにおいて汚染されたミルクブレッドロールから分離された菌を検討し、Cladosporium lebrasiaeとして新種記載した。本種はC. sphaerospermum種複合体に含まれ、他の構成種とは形態および系統が異なっていた。フーリエ変換赤外分光分析で得られた赤外線スペクトルデータを基に、本種が近縁種と識別可能であることを示した。Cladosporium lebrasiae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科
R3-04486ミクロボトリウム菌綱の酵母の新属Heitmania、およびHeitmania litseae、H. castanopsis、H. elacocarpiの3新種2017International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2017年の論文/published in 2017, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, クスノキ科/Lauraceae, シイ属/Castanopsis, スノキ属/Vaccinium, ツツジ科/Ericaceae, デンプン/starch, ハマビワ属/Litsea, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブナ科/Fagaceae, ホルトノキ属/Elaeocarpus, ホルトノキ科/Elaeocarpaceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 射出胞子/ballistospore, 山地/mountains, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 気温/temperature, 浙江省/Zhejiang, 発酵試験/fermentation test, 胞子射出/spore discharge, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 降水量/precipitationHeitmania gen. nov., a new yeast genus in Microbotryomycetes, and description of three novel species: Heitmania litseae sp. nov., Heitmania castanopsis sp. nov. and Heitmania elacocarpi sp. nov.中国南部の亜熱帯広葉樹林において葉から分離されたアナモルフ酵母に対して新属Heitmaniaを提唱した。本属にH. litseae、H. castanopsis、およびH. elacocarpiの3新種を含めた。本属はミクロボトリウム菌綱において独自の系統を形成したが、目以下の分類は確定されなかった。Heitmania castanopsis★ / Heitmania elacocarpi★ / Heitmania litseae★
R3-04485日本産の新種Lipomyces chichibuensis、およびLipomyces kononenkoae、Lipomyces spencermartinsiaeのタイプ菌株の再特定2014International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2014年の論文/published in 2014, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, DNA-DNAハイブリダイゼーション, GC含量/GC content, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, ウレアーゼ試験/urease test, タイプスタディ/type study, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, ユビキノン/ubiquinone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 埼玉県/Saitama, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 日本/Japan, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 植林地/plantation, 気温/temperature, 発酵試験/fermentation test, 脂質蓄積, 蛍光染色/fluorescent staining, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastLipomyces chichibuensis sp. nov., isolated in Japan, and reidentification of the type strains of Lipomyces kononenkoae and Lipomyces spencermartinsiae埼玉県秩父において土壌から分離した酵母の一種を検討し、Lipomyces chichibuensisとして新種記載した。本種はLipomyces属に共通の形質を有し、EF1-αに基づく分子系統解析で異なる系統を形成した。また、Lipomyces属2種のタイプ菌株が置き換わっていたことを見出し、表現形質およびDNA-DNAハイブリダイゼーションに基づき、カルチャーコレクションから正しい菌株を特定した。Lipomyces chichibuensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Lipomycetaceae/リポマイセス科
R3-04484ヨーロッパの地中海地域に産したEmericella属4新種2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, HPLC, Mycologia, アフラトキシン/aflatoxin, アルゼンチン/Argentina, アンダルシア州/Andalusia, イタリア/Italy, オリーブ属/Olea, キサントン類/xanthones, シクロペンタン類, スペイン/Spain, スロベニア/Slovenia, チュニジア/Tunisia, テレイン類, バリトリオール類, ヒューレ細胞/Hülle cell, フラン類/furans, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ベンジルアルコール類, マイコトキシン/mycotoxin, モクセイ科/Oleaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 未知成分/unknown component, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 耐熱性菌/heat-tolerant fungus, 色素産生/pigment production, 走査型電子顕微鏡/SEM, 選択培地/selective medium, 酸産生/acid productionFour new species of Emericella from the Mediterranean region of EuropeEmericella discophora、E. filifera、E. olivicola、およびE. stella-marisの4新種を記載した。これらの新種はそれぞれ、チュニジアとスロベニア、アルゼンチンとスロベニアと中国、イタリア、スペインにおいて分離された。子嚢胞子は2種が赤道面に星形の鶏冠状隆起を有し、1種が長い付属糸が放射状に生じ、1種が赤道面の鶏冠状隆起が幅広く全縁、という形態であった。Emericella discophora★ / Emericella filifera★ / Emericella olivicola★ / Emericella stella-maris★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04483中国および日本に産したホロモルフの2新種、Colletotrichum aracearumおよびC. camelliae-japonicae2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, GCPSR, Mycosphere, Philodendron属, TreeBASE, サトイモ科/Araceae, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, ホウライショウ属/Monstera, リニアグロース/linear growth, 中国/China, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 日本/Japan, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 種複合体/species complex, 胞子形成誘導/sporulation inductionColletotrichum aracearum and C. camelliae-japonicae, two holomorphic new species from China and Japan中国広東省においてホウライショウ(モンステラ)およびPhilodendron selloumの葉から分離された菌をColletotrichum aracearumとして新種記載した。また、日本から輸出されたヤブツバキの葉から分離された菌をC. camelliae-japonicaeとして新種記載した。分子系統解析で前者は既知の種複合体には属さず、後者はC. boninense種複合体に属することが示された。Colletotrichum aracearum★ / Colletotrichum camelliae-japonicae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-04482日本産ウドンコカビ目の2新種、Erysiphe viburni-plicatiおよびPodosphaera photiniae2015Mycoscience2015年の論文/published in 2015, Mycoscience, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, カナメモチ属/Photinia, カマツカ属, ガマズミ属/Viburnum, バラ科/Rosaceae, レンプクソウ科/Adoxaceae, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 富山県, 属概念/genus concept, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新潟県/Niigata, 新種記載/new species, 日本/Japan, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMErysiphe viburni-plicati and Podosphaera photiniae, two new species of Erysiphales (Ascomycota) from Japan既にPodosphaera属菌として報告されていたものの、正式に記載されていなかった種を含む、日本産うどんこ病菌2種を新種記載した。両種は新潟県で採集され、Erysiphe viburni-plicatiはケナシヤブデマリ、Podosphaera photiniaeはカマツカをそれぞれ宿主としていた。Podosphaera属でもCystotheca属でもなく、Erysiphe属菌が単子嚢性の閉子嚢殻を形成することを示した。Erysiphe viburni-plicati★ / Podosphaera photiniae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04481ウズベキスタン産ガマノホタケ属菌に関する所見2015Mycoscience2015年の論文/published in 2015, Mycoscience, TreeBASE, ウズベキスタン/Uzbekistan, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, タシュケント州, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 積雪深, 腐生菌/saprobe, 菌核/sclerotium, 降水量/precipitationRemarks on Typhula sp. in Uzbekistanウズベキスタン、タシュケント州において採集された菌核の標本を検討した。ITS領域の塩基配列はイラン産のガマノホタケ属の一種と高い相同性を示し、分子系統解析ではT. variabilisと異なる系統を形成した。菌核の”rind cell”の形態はT. subvariabilisに類似していた。
R3-04480インド産モジゴケ科地衣の新組み合わせ2017The Lichenologist2017年の論文/published in 2017, The Lichenologist, インド/India, オキセピン類/oxepins, シノニム/synonym, スチクチン酸類/stictic acids, タイプスタディ/type study, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 固有種/endemic species, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 属概念/genus concept, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新組み合わせ提唱/new combination, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew combinations in the family Graphidaceae (lichenized Ascomycota: Ostropales) from Indiaモジゴケ科地衣の属概念の変更に伴い、インド産の6種に対してDiorygma aeolumなどの新組み合わせを提唱した。各種について記載文および地衣体の拡大写真、顕微鏡写真などを掲載した。また、3種のタイプ標本を検討し、それぞれ異なる種のシノニムとした。Diorygma aeolum▲ / Diorygma spilotum▲ / Kalbographa hypoglaucoides▲ / Nitidochapsa leprieurii / Pallidogramme awasthii▲ / Pallidogramme divaricoides▲ / Phaeographis firmula▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-04479トルコ新産種、Typhula spathulata2017Czech Mycology2017年の論文/published in 2017, Czech Mycology, イスタンブール県/Istanbul, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブナ科/Fagaceae, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 森林/forest, 菌核/sclerotiumTyphula spathulata – first record from Turkeyトルコ、イスタンブール県からTyphula spathulataをトルコ新産種として報告した。本種はQuercus petraeaの近傍のコケの生えた土壌から発生していた。本報告はトルコからのガマノホタケ属菌の初報告となり、本属はトルコ産ガマノホタケ科の2番目の属となった。Typhula spathulata■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Typhulaceae/ガマノホタケ科
R3-04478タイ産ヤシ生息性ボトリオスフェリア科菌類 – Archontophoenix alexandraeに生じた新種Barriopsis archontophoenicis2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, Mycosphere, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ユスラヤシ属, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeBotryosphaeriaceae from palms in Thailand – Barriopsis archontophoenicis sp. nov, from Archontophoenix alexandraeタイ、チエンマイ県においてArchontophoenix alexandraeに発生した菌を検討し、Barriopsis archontophoenicisとして新種記載した。本種は孔口が乳頭状ではなく、子嚢胞子が小型であることなどで同属他種と区別された。ボトリオスフェリア科において培養下での有性世代の形成はごく稀であるが、本種は培養6ヶ月後に有性世代を形成した。Barriopsis archontophoenicis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Botryosphaeriaceae/ボトリオスフェリア科
R3-04477インドにおいて脂漏性皮膚炎患者および健常者から分離された新種の酵母、Malassezia arunalokei2016Journal of Clinical Microbiology2016年の論文/published in 2016, AFLP分析/AFLP analysis, Journal of Clinical Microbiology, PCR-RFLP, PCRフィンガープリンティング/PCR fingerprinting, RFLP解析/RFLP analysis, β-グルコシダーゼ/β- glucosidase, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, インド/India, カタラーゼ/catalase, クラスター分析/cluster analysis, タイプスタディ/type study, チャンディーガル連邦直轄領/Chandigarh, ハリヤーナー州/Haryana, パンジャーブ州(インド)/Punjab (India), ヒト病原菌/human pathogen, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 加水分解試験/hydrolysis test, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 生長速度/growth rate, 界面活性剤耐性試験/detergent-resistant test, 病原真菌/pathogenic fungi, 皮膚スワブ/skin swab, 皮膚炎/dermatitis, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 種内変異/intraspecific variation, 統計解析/statistical analysis, 脂漏性皮膚炎, 脂質好性菌類/lipophilic fungus, 資化試験/assimilation test, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityMalassezia arunalokei sp. nov., a Novel Yeast Species Isolated from Seborrheic Dermatitis Patients and Healthy Individuals from Indiaインドで実施した前向き症例対照研究において、脂漏性皮膚炎患者および健常者から分離された酵母を検討し、Malassezia arunalokeiとして新種記載した。形態学的検討のほか、分子系統解析、RFLP解析、蛍光AFLP解析を実施し、本種が近縁種のM. restrictaと区別されることを示した。EF1-α遺伝子のエクソン1を本属の系統解析で初めて用い、この領域でも両種が区別可能であることを示した。Malassezia arunalokei★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycotina/クロボキン亜門_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱
R3-04476Nothocybe系統に含まれるアセタケ属1新種2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Acacia属, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, タイプスタディ/type study, マメ科/Fabaceae, モクマオウ属/Casuarina, モクマオウ科/Casuarinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMA new species of Inocybe representing the Nothocybe lineageインド、ケララ州で採集された菌を検討し、Inocybe distinctaとして新種記載した。本種は鱗片状~亀裂状の傘や豆形~卵状楕円形で平滑な担子胞子などで特徴づけられ、分子系統解析でNothocybeクレードに含まれた。I. cutifractaのホロタイプ標本およびこの種に同定されたスリランカ産標本を検討した。Inocybe cutifracta / Inocybe distincta★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04475トルコ新産のトリュフの属、Picoa Vittad.2010Biological Diversity and Conservation2010年の論文/published in 2010, Biological Diversity and Conservation, エラズー県/Elazig, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シャンルウルファ県/Şanlıurfa, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity surveyPicoa Vittad., a new truffle genus record for Turkeyトルコのエラズー県およびシャンルウルファ県から地下生子嚢菌のPicoa lefebvreiを報告した。本報告はトルコからのPicoa属の初報告となった。本報告により、トルコ産の既知の子嚢菌トリュフ類は7種となった。Picoa lefebvrei■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科
R3-04474オレゴン州の海岸砂丘に産した新種、Lambiella arenosa2017The Bryologist2017年の論文/published in 2017, The Bryologist, オレゴン州/Oregon, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 痂状地衣/crustose lichen, 砂丘/dune, 砂地/sand, 種複合体/species complex, 米国/USALambiella arenosa, a new species from the coastal Oregon dunesオレゴン州の海岸砂丘においてマツ属植物の樹皮に生じた痂状地衣の一種を検討し、Lambiella arenosaとして新種記載した。本種は北米東部に分布するL. caecaに類似していたが、地衣体の形態や子嚢胞子のサイズなどが異なっていた。既に配列決定された本菌群の地衣が第3の未記載種かどうかは、データ不足で結論づけられなかった。Lambiella arenosa★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱
R3-04473Flammulina rossicaの新規採集品2008Czech Mycology2008年の論文/published in 2008, Czech Mycology, カバノキ科/Betulaceae, サウスダコタ州/South Dakota, ドイツ/Germany, ハンノキ属/Alnus, バイエルン州/Bayern, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 材生息菌/lignicolous fungus, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 米国/USANew collections of Flammulina rossicaドイツおよび米国サウスダコタ州で採集された標本を検討し、Flammulina rossicaと同定した。本種が稀ではあるものの北半球に広範に分布することが示された。本種の分布、生態、形態などに関する知見をまとめた。Flammulina rossicaFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科
R3-04472中国南部産の背着生ウスキアナタケ属4新種の形態および分子による同定2013Mycologia2013年の論文/published in 2013, Mycologia, TreeBASE, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 雲南省/YunnanMorphological and molecular identification of four new resupinate species of Perenniporia (Polyporales) from southern China中国南部からPerenniporia hainaniana、P. macropora、P. russeimarginata、およびP. subtephroporaの4新種を記載した。これらはいずれも子実体が背着生で、分子系統解析で狭義のPerenniporia属クレードに含まれた。狭義のウスキアナタケ属および関連する属・クレードの検索表、および本属各種の検索表を掲載した。Perenniporia hainaniana★ / Perenniporia macropora★ / Perenniporia russeimarginata★ / Perenniporia subtephropora★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04471トルコ新産種、Inocybe godeyi2017Ot Sistematik Botanik Dergisi2017年の論文/published in 2017, Ot Sistematik Botanik Dergisi, イスタンブール県/Istanbul, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 毒きのこ/poisonous mushroom, 菌根菌/mycorrhizal fungiThe first record of Inocybe godeyi (Cortinariaceae) in Turkeyトルコ新産種としてInocybe godeyiを報告した。本種はイスタンブル県の森林においてFagus orientalisの樹下に発生した。本種は傘が老成すると淡クリーム色~淡黄褐色から橙色~赤色に変色し、柄の基部が縁取りのある塊茎状であることなどで特徴づけられた。Inocybe godeyi■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04470形態および分子データに基づく南米産の新種Kavinia chacoserrana2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Lithraea属, Mycosphere, TreeBASE, アルゼンチン/Argentina, ウルシ科/Anacardiaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コルドバ州/Cordoba, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 種複合体/species complexKavinia chacoserrana sp. nov. (Gomphales, Basidiomycota): a new species from South America based on morphological and molecular dataアルゼンチンにおいて落枝に発生した菌を検討し、Kavinia chacoserranaとして新種記載した。本種は子実体が背着生で、子実層面が白色~淡い帯黄色の針状で、担子胞子が紡錘形~円筒形であることなどで特徴づけられた。分子系統解析の結果から、K. alboviridisが少なくとも異なる2種からなる種複合体であることを示した。Kavinia chacoserrana★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Lentariaceae/レンタリア科
R3-04469アルゼンチンのパタゴニアで見出されたLeotia lubrica2013Darwiniana nueva serie2013年の論文/published in 2013, Darwiniana nueva serie, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, カエデ属/Acer, チュブ州/Chubut, パタゴニア/Patagonia, ムクロジ科/Sapindaceae, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new recordLeotia lubrica (Ascomycota, Leotiaceae) found in Patagonia, Argentinaアルゼンチン、チュブ州で採集されたLeotia lubricaをアルゼンチン新産種として報告した。本報告はアルゼンチンからのズキンタケ属菌の初報告となった。本種の記載文および生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Leotia lubrica■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Leotiaceae/ズキンタケ科
R3-04468トルコ新産の膠質子嚢菌の属2010SDU Journal of Science2010年の論文/published in 2010, SDU Journal of Science, カバノキ科/Betulaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハンノキ属/Alnus, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveyA New Jelly Ascomycetous Genus Record for Turkish Mycobiotaトルコ、トラブゾン県で採集されたLeotia lubricaを報告した。トルコからのLeotia属の報告は初となった。本種の記載文および生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Leotia lubrica■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Leotiaceae/ズキンタケ科
R3-04467アタトゥルクダム湖盆地における大型菌類の多様性の研究2015Turkish Journal of Botany2015年の論文/published in 2015, Turkish Journal of Botany, アドゥヤマン県/Adıyaman, コケ上に生える菌/fungi on moss, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シャンルウルファ県/Şanlıurfa, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 糞生菌/coprophilous fungi, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushroomsContributions to the macrofungal diversity of Atatürk Dam Lake basinトルコ、アタトゥルクダム湖盆地の57ヶ所において大型菌類の調査を実施し、38科122分類群を同定した。そのうちSowerbyella rhenanaなど6種をトルコ新産種として報告した。Sowerbyella属は属のレベルでもトルコから初の報告となった。Cheilymenia theleboloides■ / Galeropsis desertorum■ / Peziza pseudoviolacea■ / Peziza ripensis■ / Sowerbyella rhenana■ / Tulostoma melanocyclum■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Pezizaceae/チャワンタケ科_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04466インド、ケララ州のマラバール野生動物保護区に産した新種、Amazonia atlantiicola2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, Atlantia属, Studies in Fungi, すす病/sooty mold, インド/India, ケララ州/Kerala, ミカン科/Rutaceae, 付着器/appressorium, 宿主特異性/host specificity, 新種記載/new species, 葉面菌/leaf surface fungiAmazonia atlantiicola sp. nov. (Ascomycetes, Meliolales) from Malabar Wildlife Sanctuary in Kerala State, Indiaインド、ケララ州においてAtlantia属の一種の葉に生じた菌を検討し、Amazonia atlantiicolaとして新種記載した。本種は葉の両面(主に上面)に生じ、コロニーがビロード状、子嚢殻が散在し、子嚢胞子が円筒形で4隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は付着器が互生および対生する点が同じミカン科植物を宿主とする同属他種と異なっていた。Amazonia atlantiicola★
R3-04465トウヒの針葉から記載されたスポロドキア形成性の新種、Bactrodesmium gabretae2010Nova Hedwigia2010年の論文/published in 2010, Nova Hedwigia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, チェコ/Czech, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 分離頻度/isolation frequency, 分類未確定/classification undetermined, 南ボヘミア州/South Bohemian, 収斂進化/convergent evolution, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 生長速度/growth rate, 異隔壁/distoseptum, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 表面殺菌法/surface sterilization method, 配列決定/sequencingBactrodesmium gabretae (anamorphic Helotiales), a new sporodochial species described from spruce needlesドイツトウヒの針葉から分離されたアナモルフ菌の一種を検討し、Bactrodesmium gabretaeとして新種記載した。本種はコロニーが類白色で黒色のスポロドキア様構造を形成し、分生子が暗色倒卵形~楕円形で1-3つの異隔壁を有することなどで特徴づけられた。分子系統解析で本種はビョウタケ目クレードに含まれ、科の所属は未確定であったが、暫定的にBactrodesmium属に置かれた。Bactrodesmium gabretae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-04464新熱帯に産したハラタケ目の外生菌根菌の新属、Guyanagarika2016Fungal Biology2016年の論文/published in 2016, Dicymbe属, Fungal Biology, TreeBASE, ガイアナ/Guyana, クユニ=マザルニ州/Cuyuni-Mazaruni, ポタロ・シパルニ州/Potaro-Siparuni, マメ科/Fabaceae, 共有派生形質/synapomorphy, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 山地/mountains, 根状菌糸束/rhizomorph, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 統計解析/statistical analysis, 胞子紋/spore print, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 隠蔽種/cryptic speciesGuyanagarika, a new ectomycorrhizal genus of Agaricales from the Neotropicsガイアナ産のDicymbe属植物と関係を持つ3種の外生菌根菌を検討し、これらを新属Guyanagarikaの新種として記載した。3新種は形態的に識別困難なほど類似していたが、1種は担子胞子のサイズが有意に小さく、分子系統解析でそれぞれ異なる系統を形成した。本種はCallistosporium属などと姉妹群を形成し、新熱帯のみに分布が知られている唯一の外生菌根菌の属となった。Guyanagarika anomala★ / Guyanagarika aurantia★ / Guyanagarika pakaraimensis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-04463形態および分子データにより支持されたインド産のCorneriella属1新種2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, タイプスタディ/type study, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新種記載/new species, 森林/forestA new species of the genus Corneriella from India supported by morphological and molecular dataインド、ケララ州で採集されたキシメジ型の菌を検討し、Corneriella indicaとして新種記載した。本種は属に特徴的な縁シスチジアを欠くことなどで特徴づけられ、襞の縁部は不稔でシスチジア状の突出した実質菌糸からなっていた。本種は当初Porpoloma属菌と考えられたが、分子系統解析によりCorneriella属により近縁であることが明らかになった。Corneriella indica★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-04462バラ科植物に生じたAlternaria属1新種2016Mycosystema2016年の論文/published in 2016, Mycosystema, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バラ科/Rosaceae, ビワ属/Eriobotrya, 中国/China, 中国語/Chinese, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 貴州省/GuizhouA new species of Alternaria on the Rosaceae中国貴州省においてビワの葉に生じた菌を検討し、Alternaria eriobotryaeとして新種記載した。本種は宿主の葉に明瞭な黒色の斑点を生じ、同じバラ科植物を宿主とする種とは分生子の形態などが異なっていた。gpdおよびAlta1に基づく分子系統解析で、本新種はA. alternataグループにおいて独自の系統を形成した。Alternaria eriobotryae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04461従来Phellinopsis occidentalisの名称が当てられていた種の合法名、新組み合わせPhellinopsis overholtsii2014Mycosystema2014年の論文/published in 2014, Mycosystema, 分類学的変遷/taxonomic changes, 命名法/nomenclature, 新組み合わせ提唱/new combination, 無効学名/invalid name, 非合法名/illegitimate namePhellinopsis overholtsii comb. nov. (Hymenochaetales, Basidiomycota), a legitimate name for the species previously labeled as Phellinopsis occidentalis米国に分布するPhellinopsis occidentalisの学名について変遷をまとめた。この種の基礎異名であるFomes occidentalisが非合法名であることから、この学名も無効であることを指摘した。合法名のPhellinus overholtsiiを基にした新組み合わせ、Phellinopsis overholtsiiを提唱した。Phellinopsis overholtsii▲Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04460Pseudocercospora solanaceaの再検討およびナス属植物を宿主とするPseudocercospora属菌とその検索表2017Schlechtendalia2017年の論文/published in 2017, Schlechtendalia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 優先権/priority, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 無効学名/invalid name, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendationPseudocercospora solanacea revisited and a survey of Pseudocercospora spp. on Solanum with a key to the speciesPseudocercospora solanaceaのタイプ標本に基づく再検討を実施した。Cercospora atromarginalisなど3種のレクトタイプ標本を指定し、3種をP. atromarginalisのシノニムとした。ナス属植物を宿主とするPseudocercospora属およびParacercospora属菌の検索表を掲載した。Paracercospora egenula / Pseudocercospora atromarginalis / Pseudocercospora carolinensis / Pseudocercospora fasciculata / Pseudocercospora marcelliana / Pseudocercospora modesta / Pseudocercospora rugosi / Pseudocercospora solanacea / Pseudocercospora solani-pseudocapsicicola / Pseudocercospora solani-torvicola / Pseudocercospora trichophila / Pseudocercospora venezuelaeFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04459ネパール新産のチャワンタケ、Peziza fimeti2013Ecoprint2013年の論文/published in 2013, Ecoprint, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ネパール/Nepal, ネパール新産種/Nepal_new record, 中部開発区域/Central Development Region (Nepal), 新産種報告/new record, 糞生菌/coprophilous fungiPeziza fimeti (Pezizales: Pezizaceae): New Record of a Cup Fungus from Nepalネパールにおいてウシの糞に発生したPeziza fimetiを報告した。本種はインド亜大陸およびネパールにおける新産種であった。本種はネパールから初めて報告された糞生チャワンタケ属菌となった。Peziza fimeti■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-04458韓国の農地土壌から分離された子嚢菌の2新産種2017The Korean Journal of Mycology2017年の論文/published in 2017, The Korean Journal of Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordTwo New Records of Ascomycetes from Crop Field Soils in Korea韓国慶尚南道において農地土壌からRhinocladiella similisおよびToxicocladosporium irritansを分離し、韓国新産種として報告した。本研究で分離された菌株の各形質を、先行研究の記載と比較した。両種の同定結果はITS領域に基づく分子系統解析によっても確かめられた。Rhinocladiella similis■ / Toxicocladosporium irritans■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科
R3-04457ハンガリー新産の地衣、Xanthoparmelia mougeotii2017Studia botanica hungarica2017年の論文/published in 2017, GBIF, Studia botanica hungarica, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, スチクチン酸類/stictic acids, ハンガリー/Hungary, ハンガリー新産種/Hungary_new record, ベンゾフラン類/benzofurans, ボルショド・アバウーイ・ゼンプレーン県/Borsod-Abaúj-Zemplén, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 垂直分布/vertical distribution, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 珪質岩/siliceous rocks, 稀産種/rare species, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 絶滅危惧種/endangered species, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyXanthoparmelia mougeotii (Parmeliaceae, lichenised Ascomycetes) new to the lichen flora of Hungaryハンガリー新産種としてXanthoparmelia mougeotiiを報告した。本種の発生地は最も近い既知の採集地であるスロバキアのストレチュノから200 km以上も離れていた。本種は稀産種でハンガリーにおいては1ヶ所でしか知られていないため、「絶滅寸前」としてレッドリストに掲載することを提案した。Xanthoparmelia mougeotii■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-04456カンガルー島産の粉霜を伴う子器を有するイボゴケ属地衣2種2017Swainsona2017年の論文/published in 2017, Swainsona, オーストラリア/Australia, コバノブラシノキ属/Melaleuca, タイプスタディ/type study, フトモモ科/Myrtaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 南オーストラリア州/South Australia, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 色素産生/pigment production, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyTwo species of Bacidia De Not. with pruinose apothecia from Kangaroo Islandオーストラリア、カンガルー島からBacidia septosiorを報告し、B. brigitteaeを新種記載した。両種は子器に粉霜を伴うことで特徴づけられ、当初同一種とも考えられた。両種は子嚢および子嚢胞子のサイズ、子嚢胞子の隔壁数などが異なっていた。Bacidia brigitteae★ / Bacidia septosiorFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-04455中国の黄河源流域において土壌から分離されたMonodictys属およびVeronaea属の新種2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 青海省/ChinghaiNew species of Monodictys and Veronaea from soil in the Yellow River source area, China中国の黄河源流域からMonodictys macrosporaおよびVeronaea latisporaの2新種を記載した。前者は分生子柄が淡褐色で、分生子が褐色~暗褐色で無数の球形の細胞からなることなどで特徴づけられた。後者は分生子がほぼ無色~淡褐色の広倒卵形で、幅が比較的広いことなどで特徴づけられた。Monodictys macrospora★ / Veronaea latispora★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-04454Ziziphus mauritianaに褐斑病を引き起こすPhomopsis属新種2008Mycosystema2008年の論文/published in 2008, Mycosystema, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, ナツメ属/Ziziphus, 中国/China, 中国語/Chinese, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 寄生菌/parasite, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 褐斑病/brown spot, 配列決定/sequencingA new species of Phomopsis causing brown spot of Ziziphus mauritiana中国、広西チワン族自治区においてZiziphus mauritianaの葉に褐斑病を引き起こした菌を検討し、Phomopsis mauritianaとして新種記載した。本種は分生子果が類球形で、α分生子が楕円形または槍形であることなどで特徴づけられた。本種の形質を同じナツメ属植物を宿主とする本属菌と比較し、表にまとめた。Phomopsis mauritiana★Fungi/菌界_Incertaesedis/所属未確定
R3-04453シッキムから記載され、164年後に再発見されたPleurotus placentodes2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, エピタイプ指定/epitype designation, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, タイプスタディ/type study, チベット自治区/Tibet, トウヒ属/Picea, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 亜高山帯/subalpine zone, 再発見/rediscovery, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 横断山脈/Hengduan Mountains, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 雲南省/Yunnan, 食用きのこ/edible mushrooms, 高山帯/alpine regionPleurotus placentodes, originally described from Sikkim, rediscovered after 164 years1852年にインドのシッキムから記載され、タイプ標本のみしか知られていないPleurotus placentodesを中国南西部から報告した。本種が以前同種とも考えられたP. djamorとは異なる独立種であることを示した。本種は担子胞子が類卵形~楕円形でQ値が小さいことなどで特徴づけられた。Pleurotus placentodes■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pleurotaceae/ヒラタケ科
R3-04452Stemphylium属の再検討2017Studies in Mycology2017年の論文/published in 2017, Armeria属, Cremanthodium属, Leucospermum属, Studies in Mycology, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, アカザ科/Chenopodiaceae, アキノノゲシ属/Lactuca, アッケシソウ属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラナ属/Brassica, アブラナ科/Cruciferae, アメリカサトイモ属, イソマツ属, イソマツ科/Plumbaginaceae, イネ科/Poaceae, インゲンマメ属/Phaseolus, インディアナ州/Indiana, ウマゴヤシ属/Medicago, ウリ科/Cucurbitaceae, エピタイプ指定/epitype designation, オオバコ属/Plantago, オオバコ科/Plantaginaceae, オゴノリ属, オゴノリ科, オダマキ属/Aquilegia, オランダ/Netherlands, オランダイチゴ属/Fragaria, カナダ/Canada, カナダ新産種/Canada_new record, カンザス州/Kansas, キク属/Chrysanthemum, キク科/Asteraceae, キツネノマゴ科/Acanthaceae, キュウリ属/Cucumis, キンポウゲ科/Ranunculaceae, クララ属/Sophora, ゲンゲ属/Astragalus, シノニム/synonym, シャジクソウ属/Trifolium, スイス/Switzerland, タイプスタディ/type study, タカネツメクサ属/Minuartia, ダイコンソウ属/Geum, ツユクサ属/Commelina, ツユクサ科/Commelinaceae, ティチーノ州/Ticino, トウガラシ属/Capsicum, トウダイグサ属/Euphorbia, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナシ属/Pyrus, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, ナデシコ科/Caryophyllaceae, ニュージーランド/New Zealand, ニュージーランド新産種/New Zealand_new record, ネオタイプ指定/neotype designation, ネギ属/Allium, バラ科/Rosaceae, ヒガンバナ科/Amaryllidaceae, ヒユ属/Amaranthus, ヒユ科/Amaranthaceae, ヒルギダマシ属/Avicennia, フダンソウ属/Beta, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, ヘチマ属/Luffa, ベンケイソウ科/Crassulaceae, マメ科/Fabaceae, マンネングサ属/Sedum, ヤマモガシ科/Proteaceae, ヨシ属/Phragmites, リンゴ属/Malus, レクトタイプ指定/lectotype designation, ワイカト地方/Waikato, ワタ属/Gossypium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 沿岸域/coastal area, 湿地帯/wetland, 福岡県/Fukuoka, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 紅藻/red algae, 藻類生息菌/algicolous fungus, 貴州省/GuizhouStemphylium revisitedオランダにおいてテンサイに広がった斑点病の病原菌の検討にあたって、Stemphylium属全体の再検討を実施した。分子系統解析の結果、種に対応する28のクレードを認め、そのうち5つを新種記載した。22種をシノニムとし、2新組み合わせを提唱し、エピタイプ、レクトタイプ、ネオタイプを選定した。Stemphylium amaranthi / Stemphylium armeriae▲ / Stemphylium astragali / Stemphylium beticola■ / Stemphylium canadense★ / Stemphylium chrysanthemicola★ / Stemphylium drummondii / Stemphylium eturmiunum / Stemphylium gracilariae / Stemphylium halophilum▲ / Stemphylium lancipes / Stemphylium lucomagnoense★ / Stemphylium lycopersici / Stemphylium novae-zelandiae★ / Stemphylium simmonsii★ / Stemphylium solani / Stemphylium vesicariumFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04451ツマミタケ属の2種:西ベンガル州産大型菌類への追加2010Journal of the Botanical Society of Bengal2010年の論文/published in 2010, Journal of the Botanical Society of Bengal, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, リター菌/litter fungi, 切片/section, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 植林地/plantation, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 竹林/bamboo forest, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食毒不明/edibility unknownTwo species of Lysurus Fr. : addition to the macrofungi of West Bengalインド、西ベンガル州新産種としてLysurus periphragmoidesを報告した。記載文および子実体、担子胞子、柄の細胞、つぼの細胞のスケッチを掲載した。また、この他にツマミタケ属の一種を報告した。Lysurus periphragmoides■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-04450インド産のサーコスポロイド菌2新種2017International Journal of Current Research2017年の論文/published in 2017, International Journal of Current Research, アサ科/Cannabaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ウラジロエノキ属/Trema, クズイモ属, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, マメ科/Fabaceae, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 病原力/virulence, 西ベンガル州/West BengalTwo New Cercosporoid Fungi from Indiaインド、西ベンガル州においてPachyrhizus angulatusの葉に生じた菌を検討し、Cercospora pachyrhizicolaとして新種記載した。また、Trema orientalisの葉に生じた菌を検討し、Curvularia tremaeとして新種記載した。両種はそれぞれが含まれる属において、各々の宿主から報告された初の種であった。Cercospora pachyrhizicola★ / Curvularia tremae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-0444913ヶ国において観賞樹、果樹、および在来植物を宿主とした多犯性の新種Phytophthora niederhauserii2014Mycologia2014年の論文/published in 2014, Acacia属, Banksia属, Grevillea属, Mycologia, Spathiphyllum属, TreeBASE, アヤメ属/Iris, アヤメ科/Iridaceae, イギリス/United kingdom, イスラエル/Israel, イソマツ科/Plumbaginaceae, イタリア/Italy, イチジク属/Ficus, イモノキ属, イワタバコ科/Gesneriaceae, イングランド/England, ウコギ科/Araliaceae, オオイワギリソウ属, オガサワラフトモモ属/Metrosideros, オランダ/Netherlands, オーストラリア/Australia, カイセリ県/Kayseri, カリフォルニア州/California, キヅタ属/Hedera, キマメ属/Cajanus, クスノキ科/Lauraceae, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, クロベ属/Thuja, クワ科/Moraceae, コショウ科/Piperaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, ゴジアオイ属/Cistus, サクラ属/Prunus, サダソウ属, サトイモ科/Araceae, サリー/Surrey (England), ザクロ属/Punica, ザラ県/Zara, シチリア州/Sicily, シュウカイドウ属/Begonia, シュウカイドウ科/Begoniaceae, ススキノキ属/Xanthorrhoea, ススキノキ科/Xanthorrhoeaceae, スペイン/Spain, ソリチャ属, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ツボサンゴ属, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, トルコ/Turkey, ノルウェー/Norway, ノースカロライナ州/North Carolina, ハンガリー/Hungary, ハンニチバナ科/Cistaceae, バラ科/Rosaceae, バレアレス諸島自治州/Balearic Islands, バレンシア州/Valencia, ヒノキ属/Chamaecyparis, ヒノキ科/Cupressaceae, ビクトリア州/Victoria, ビャクシン属/Juniperus, フカノキ属/Schefflera, フトモモ科/Myrtaceae, ブダペスト市/Budapest, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ブラシノキ属, ベンケイソウ科/Crassulaceae, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, マルケ州/Marche, ミソハギ科/Lythraceae, モミ属/Abies, ヤマモガシ科/Proteaceae, ユキノシタ科/Saxifragaceae, リグーリア州/Liguria, リュウキュウベンケイ属/Kalanchoe, ルリマツリ属, レイランドヒノキ属/Cupressocyparis, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 千葉県/Chiba, 南アフリカ/South Africa, 卵菌類/Oomycetes, 台湾/Taiwan, 命名法/nomenclature, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 彰化県, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 日本/Japan, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 果樹園/orchard, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 温室/greenhouse, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 生物地理学/biogeography, 生長速度/growth rate, 移入種/invasive species, 種内変異/intraspecific variation, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 米国/USA, 胞子形成誘導/sporulation induction, 胴枯病/dogare-byo (canker), 致死率/mortality rate, 茎腐病/stem rot, 萎黄病/chlorosis, 西オーストラリア州/Western Australia, 西ケープ州/Western Cape, 誤同定/misidentification, 釣菌法/baiting method, 非合法名/illegitimate namePhytophthora niederhauserii sp. nov., a polyphagous species associated with ornamentals, fruit trees and native plants in 13 countries13ヶ国において25科33種の植物の根、根頭、および茎から分離された卵菌の一種を検討し、Phytophthora niederhauseriiとして新種記載した。本種は遊走子嚢が楕円形で乳頭状ではなく、菌糸の膨大部が数珠状に浅裂し、造精器が底着性であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析ではITSクレード7bに含まれ、P. sojaeなどに近縁であった。Phytophthora niederhauserii★Chromista/クロミスタ_Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-04448チリ産のUncinia属植物を宿主とする新種、Farysia unciniae2007Mycologia Balcanica2007年の論文/published in 2007, Mycologia Balcanica, Uncinia属, カヤツリグサ科/Cyperaceae, チリ/Chile, ラ・アラウカニア州/Araucanía, 切片/section, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiFarysia unciniae sp. nov. (Ustilaginomycetes) on Uncinia (Cyperaceae) from ChileチリにおいてUncinia multifariaに発生した黒穂菌の一種を検討し、Farysia unciniaeとして新種記載した。本種の胞子および弾糸の光学顕微鏡および走査型電子顕微鏡写真を掲載した。本種はスゲ属植物以外に初めて発生したFarysia属菌であった。Farysia unciniae★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycotina/クロボキン亜門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Anthracoideaceae/アントラコイデア科
R3-04447ブラジルおよびコスタリカ産の淡水生子嚢菌の新種および新産種2013Mycologia2013年の論文/published in 2013, Mycologia, pH(水質)/pH (water), アメリカ大陸新産種/Americas_new record, エレディア州/Heredia, コスタリカ/Costa Rica, コスタリカ新産種/Costa Rica_new record, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リター菌/litter fungi, 中米新産種/Central America_new record, 南米新産種/South America_new record, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水温/water temperature, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 難培養性菌/uncultured fungiNew species and new records of freshwater ascomycetes from Brazil and Costa Ricaブラジルおよびコスタリカにおいて淡水産水生菌の調査を実施し、Torrentispora pilosaおよびVertexicola ascoliberatusの2新種を記載した。また、その他に西半球新産の4種、南米新産の3種、ブラジル新産の2種の計9種を報告した。Torrentispora属の属概念を修正し、Torrentispora属およびVertexicola属の検索表を掲載した。Aniptodera chesapeakensis■ / Annulatascus biatriisporus■ / Annulatascus velatispora■ / Anthostomella aquatica■ / Chaetosphaeria lignomollis■ / Jahnula seychellensis■ / Ophioceras venezuelense■ / Tamsiniella labiosa■ / Torrentispora crassiparietis■ / Torrentispora pilosa★ / Vertexicola ascoliberatus★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Halosphaeriaceae/ハロスフェリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Annulatascaceae/アニュラタスカス科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Magnaporthaceae/マグナポルテ科
R3-04446中国およびタイ産のニクアツベニサラタケ属菌2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 腐生菌/saprobeThe genus Phillipsia from China and Thailandニクアツベニサラタケ属菌の形態学的検討および分子系統解析を実施し、形質比較表を掲載した。タイから子嚢盤が大型で紫赤色、子嚢胞子が無色楕円形でゼラチン質の鞘に包まれることなどで特徴づけられるP. gelatinosaを新種記載した。また、中国からP. subpurpureaを報告し、本種の子嚢胞子がゼラチン質の鞘に包まれることを初めて示した。Phillipsia gelatinosa★ / Phillipsia subpurpureaFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科
R3-04445インド産の新種Clonostachys indicus2017Kavaka2017年の論文/published in 2017, Kavaka, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, インド/India, クワ科/Moraceae, チャンディーガル連邦直轄領/Chandigarh, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity surveyClonostachys indicus sp. nov. from IndiaインドにおいてFicus virensの枯れ枝の樹皮から分離された菌を検討し、Clonostachys indicusとして新種記載した。本種は2型(Verticillium型および2-4輪生)の分生子柄を有し、分生子が無色の類球形~卵状であることなどで特徴づけられた。同じく2型の分生子柄を有するClonostachys属全種の形質を表にまとめた。Clonostachys indicus★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-04444新属Juncaceicolaの系統分類2016Cryptogamie Mycologie2016年の論文/published in 2016, Cryptogamie Mycologie, Sesleria属, アワガエリ属/Phleum, イグサ科/Juncaceae, イネ科/Poaceae, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, カニツリグサ属/Trisetum, カモガヤ属/Dactylis, キク科/Asteraceae, スズメノヤリ属/Luzula, タイプスタディ/type study, トスカーナ州/Tuscany, ノコギリソウ属/Achillea, リター菌/litter fungi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeTaxonomy and phylogeny of Juncaceicola gen. nov. (Phaeosphaeriaceae, Pleosporinae, Pleosporales)フェオスフェリア科の新属Juncaceicolaを提唱し3新種および4新組み合わせを含めた。本種は子嚢果が球形~類球形で微小な乳頭突起を有し、子嚢胞子が帯黄褐色楕円形~紡錘形で3-4隔壁を有することなどで特徴づけられた。J. achilleaeはノコギリソウ属、J. dactylidisはカモガヤ属、J. luzulaeはスズメノヤリ属植物をそれぞれ宿主としていた。Juncaceicola achilleae★ / Juncaceicola alpina▲ / Juncaceicola dactylidis★ / Juncaceicola luzulae★ / Juncaceicola oreochloae▲ / Juncaceicola padellana▲ / Juncaceicola typharum▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-04443ニュージーランド、キャンベル島産の本属2番目の種を含むXenolecia属地衣の研究2017The Lichenologist2017年の論文/published in 2017, The Lichenologist, イギリス/United kingdom, オキセピン類/oxepins, コンフルエンチン酸類/confluentic acids, スチクチン酸類/stictic acids, チリ/Chile, ニュージーランド/New Zealand, ヒースランド/heathland, ピートボグ/peat bog, フォークランド諸島/Falkland Islands, ロス・ラゴス州/Los Lagos, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜南極諸島/Sub-Antarctic Islands, 再発見/rediscovery, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布図/scatter plot, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 水辺/waterside, 河川/river, 淡水域/freshwater, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyThe genus Xenolecia (Lecideaceae s. lat., Lecanoromycetidae inc. sed.), including a second species in the genus from Campbell Island, New Zealandニュージーランドのキャンベル島で採集された地衣の一種を検討し、Xenolecia cataractarumとして新種記載した。本種はX. spadicommaとは子器および子嚢胞子のサイズ、子実上層の色素、髄層のアミロイド性、地衣成分などが異なっていた。また、X. spadicommaを原記載以来初めて報告し、子嚢胞子のサイズのプロット結果から今回採集された標本が別種である可能性を指摘した。Xenolecia cataractarum★ / Xenolecia spadicomma■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideaceae/レキデア科
R3-04442水生子嚢菌類の2つの新系統:新属Atractospora、新属新種Rubellisphaeria、および新種Myrmecridium montsegurinumの有性世代2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, TreeBASE, アリエージュ県/Ariège, ウコギ科/Araliaceae, カバノキ科/Betulaceae, キヅタ属/Hedera, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トネリコ属/Fraxinus, ニワトコ属/Sambucus, ハンノキ属/Alnus, ピレネー=アトランティック県/Pyrénées-Atlantiques, ピートボグ/peat bog, フランス/France, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, モミ属/Abies, レンプクソウ科/Adoxaceae, ロワール県/Loire, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 胞子の発芽/germination of spores, 難培養性菌/uncultured fungiTwo new lineages of aquatic ascomycetes: Atractospora gen. nov. and Rubellisphaeria gen. et sp. nov., and a sexual morph of Myrmecridium montsegurinum sp. nov.淡水中に沈んだ材に発生した子嚢殻を形成する子嚢菌の2属、AtractosporaおよびRubellisphaeriaを記載した。前者は子嚢殻が暗色で埋生~半埋生、子嚢胞子が紡錘形厚壁で3新種と1新組み合わせを含み、後者は子嚢殻がほぼ無色~帯赤褐色で埋生し、子嚢胞子が楕円形平滑で1新種を含んだ。Myrmecridium属の有性世代を初めて報告し、新種M. montsegurinumを記載した。Atractospora decumbens★ / Atractospora ellipsoidea▲ / Atractospora reticulata★ / Atractospora verruculosa★ / Myrmecridium montsegurinum★ / Rubellisphaeria abscondita★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱
R3-04441中国西部産の新種、Wynnella subalpinaの形態および系統的位置2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, コケ上に生える菌/fungi on moss, チベット自治区/Tibet, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 亜高山帯/subalpine zone, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 誤同定/misidentificationMorphology and phylogenic position of Wynnella subalpina sp. nov. (Helvellaceae) from western China中国のチベット自治区および四川省で採集された菌を検討し、Wynnella subalpinaとして新種記載した。本種は子嚢盤がウサギの耳の形をしており、子実層面が褐色~帯黒褐色、柄に肋脈を有することなどで特徴づけられた。Wynnella属は従来単型属とされてきたが、本種はW. silvicolaとは子嚢盤や子嚢胞子の形態が異なり、系統的にも異なっていた。Wynnella subalpina★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科
R3-04440パラグアイ新産のスッポンタケ類2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, パラグアイ/Paraguay, パラグアイ新産種/Paraguay_new record, フェノロジー/phenology, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 中央県(パラグアイ), 亜熱帯域/subtropics, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 植林地/plantation, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic survey, 都市環境/urban environmentNew records of Phallales from Paraguayパラグアイ、中央県においてClathrus columnatusなど4種のスッポンタケ類を採集した。これらの種をパラグアイ新産種として報告した。各種について生態写真および肉眼的・顕微鏡的形質を含む記載文を掲載した。Clathrus columnatus■ / Itajahya galericulata■ / Itajahya rosea■ / Mutinus argentinus■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-04439中国安徽省産のConidiobolus属1新種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 安徽省/Anhui, 射出胞子/ballistospore, 新種記載/new species, 種内変異/intraspecific variation, 胞子射出/spore discharge, 腐生菌/saprobeA new species of Conidiobolus (Ancylistaceae) from Anhui, China中国安徽省で落葉リターから分離された菌を検討し、Conidiobolus sinensisとして新種記載した。本種はクッション状の菌糸体から一次分生子柄を形成することなどで特徴づけられた。同様の形質を有する同属2種は分生子柄の長さ、菌糸体の色や形状などが異なり、分子系統解析でも異なる系統を形成した。Conidiobolus sinensis★Fungi/菌界_Zygomycota/接合菌門_Entomophthoromycotina/ハエカビ亜門_Entomophthorales/ハエカビ目_Ancylistaceae/アンキリステス科
R3-04438中国産Fibroporia属菌の分子系統および分類2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, TreeBASE, チベット自治区/Tibet, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 江西省/Jiangxi, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiMolecular phylogeny and taxonomy of Fibroporia (Basidiomycota) in China中国の江西省およびチベット自治区で採集された褐色腐朽菌の一種を検討し、Fibroporia albicansとして新種記載した。本種は子実体が一年生の背着生で孔口面が新鮮時白色~クリーム色、孔口が微細で根状菌糸束を有し、担子胞子が楕円形~長楕円形、2菌糸型であることなどで特徴づけられた。本種を含む中国産Fibroporia属菌の検索表を掲載した。Fibroporia albicans★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04437ローズマリーに生じたGolovinomyces orontiiおよびその他のうどんこ病菌2012Plant Pathology & Quarantine2012年の論文/published in 2012, Plant Pathology & Quarantine, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シソ科/Lamiaceae, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, マンネンロウ属/Rosmarinus, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種複合体/species complex, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 配列決定/sequencingGolovinomyces orontii and other powdery mildews on Rosmarinus officinalisローズマリーに発生したGolovinomyces orontiiのアナモルフ、Euoidium violaeをドイツ新産種として報告した。他のローズマリーに関連するうどんこ病菌としてG. biocellatus、Neoërysiphe galeopsidis、Leveillula duriaeiを掲載した。検討した種の検索表を掲載した。Golovinomyces biocellatus / Golovinomyces orontii■ / Leveillula duriaei / Neoërysiphe galeopsidisFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04436ニュージーランド、チャタム諸島産のチャシブゴケ属地衣の新種、Lecanora kohu2017New Zealand Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Melicytus属, Muehlenbeckia属, New Zealand Journal of Botany, アトラノリン類/atranorins, スミレ科/Violaceae, タデ科/Polygonaceae, チャタム諸島/Chatham Islands, ニュージーランド/New Zealand, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, プソロミン酸/psoromic acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyLecanora kohu, a new species of Lecanora (lichenised Ascomycota: Lecanoraceae) from the Chatham Islands, New Zealandニュージーランドのチャタム諸島で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Lecanora kohuとして新種記載した。本種は典型的なチャシブゴケ属地衣とは形態的に大きく異なっており、地衣体が連続的な小区画状で子器が埋生することなどで特徴づけられた。本種の保全状況はニュージーランドの脅威分類システムで「情報不足」と判定された。Lecanora kohu★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科
R3-04435プレオスポラ目ロフィオストマ科のMacrodiplodiopsis属2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, シノニム/synonym, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobeMacrodiplodiopsis in Lophiostomataceae, Pleosporalesイタリアで採集されたMacrodiplodiopsis属の基準種、M. desmazieriを検討した。nrLSU+nrSSU+EF1-αに基づく分子系統解析を実施し、本種を含む菌群がロフィオストマ科に含まれることを示した。Floricola属およびMisturatosphaeria属をMacrodiplodiopsisのシノニムとし、計10種をこの属に移した。Macrodiplodiopsis aurantiacinotata▲ / Macrodiplodiopsis claviformis▲ / Macrodiplodiopsis cruciformis▲ / Macrodiplodiopsis desmazieri / Macrodiplodiopsis kenyensis▲ / Macrodiplodiopsis mariae▲ / Macrodiplodiopsis minima▲ / Macrodiplodiopsis striata▲ / Macrodiplodiopsis tennesseensis▲ / Macrodiplodiopsis uniseptata▲ / Macrodiplodiopsis uniseriata▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04434中国産Platygramme属地衣の分類学的研究2013The Lichenologist2013年の論文/published in 2013, The Lichenologist, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 福建省/Fujian, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyTaxonomical studies on the lichen genus Platygramme (Graphidaceae) in China中国産のPlatygramme属地衣を検討し、海南省からP. hainanensisおよびP. lueckingiiの2新種を記載した。また、P. pudicaおよびP. platylomaを中国新産種として報告した。その他に3種の本属菌を報告し、中国産の種の検索表を掲載した。Platygramme discurrens / Platygramme hainanensis★ / Platygramme lueckingii★ / Platygramme muelleri / Platygramme pachyspora / Platygramme platyloma■ / Platygramme pudica■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-04433“Botryosphaeria” obtusaのアナモルフ、Diplodia seriata2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アレンテージョ/Alentejo, エピタイプ指定/epitype designation, サクラ属/Prunus, シノニム/synonym, ソケイ属/Jasminum, タイプスタディ/type study, ナシ属/Pyrus, ハリエンジュ属/Robinia, バラ科/Rosaceae, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ポルトガル/Portugal, マメ科/Fabaceae, モクセイ科/Oleaceae, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種内変異/intraspecific variation, 胞子形成誘導/sporulation inductionDiplodia seriata, the anamorph of “Botryosphaeria” obtusaBotryosphaeria obtusaについて、本種がBotryosphaeria属に含まれなくなったことから、タイプ標本の再検討により、従来不明確であったアナモルフの正しい学名を明らかにした。Diplodia seriataが利用可能な最も古く適切な学名であることを示した。本種が分子系統解析ではいくつかのサブクレードを認めるものの、汎世界的に分布する多犯性菌の単一種であることを示し、ポルトガル産標本を本種のエピタイプ標本として選定した。Diplodia seriataFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Botryosphaeriaceae/ボトリオスフェリア科
R3-04432トルコ新産のピロネマキン科菌類2011Biological Diversity and Conservation2011年の論文/published in 2011, Biological Diversity and Conservation, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new recordNew additions to Turkish PyronemataceaeMelastiza chateriおよびScutellinia armatosporaをトルコ新産種として報告した。両種はトラブゾン県において路傍の露出した土に発生していた。両種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Melastiza chateri■ / Scutellinia armatospora■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-04431パキスタン新産種、Pileolaria terebinthi2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, さび菌/rust fungi, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMFirst record of Pileolaria terebinthi (Pucciniales) in Pakistanパキスタンにおいてカイノキに発生したさび菌、Pileolaria terebinthiをパキスタン新産種として報告した。葉の両面に夏胞子堆および冬胞子堆が生じ、精子世代およびさび胞子世代は見出されなかった。本種は同じカイノキを宿主とするP. pistaciaeとは夏胞子および冬胞子の形態が異なっていた。Pileolaria terebinthi■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pileolariaceae/ピレオラリア科
R3-04430Ascochyta pisiのテレオモルフである新種Didymella pisi2009Mycological Research2009年の論文/published in 2009, MAT遺伝子/MAT gene, Mycological Research, エンドウ属/Pisum, クローニング/cloning, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, マメ科/Fabaceae, ワシントン州/Washington, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 種複合体/species complex, 米国/USA, 褐斑病/brown spot, 輪紋病/ringspotDidymella pisi sp. nov., the teleomorph of Ascochyta pisiエンドウ褐斑病の病原菌であるAscochyta pisiのテレオモルフをDidymella pisiとして新種記載した。有性世代はin vitroでの培養下で誘導され、接種試験では宿主に病斑を生じた。PCRによる交配型アッセイおよび交配試験により、本種がヘテロタリックであることを示した。Didymella pisi★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Didymellaceae/ディディメラ科
R3-04429中国産の新種、Dactylella pseudobrevistipitata2011Annals of Microbiology2011年の論文/published in 2011, Annals of Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 雲南省/YunnanDactylella pseudobrevistipitata, a new species from China中国雲南省でOrbilia属菌の子嚢胞子から得られたアナモルフ菌の一種を検討し、Dactylella pseudobrevistipitataとして新種記載した。本種は分生子柄がごく短く、分生子柄が円筒形で1-5隔壁を有することなどで特徴づけられた。ITS領域に基づく分子系統解析では、最も近縁な種との配列類似度は83%に過ぎなかった。Dactylella pseudobrevistipitata★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科
R3-04428Dactylella属複合体およびVermispora属の分類 (1):形態およびITS塩基配列データに基づく属概念2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 属複合体/genus complex, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 腐生菌/saprobeTaxonomy of Dactylella complex and Vermispora. I. Generic concepts based on morphology and ITS sequences dataDactylella属、Vermispora属の形態学的検討および分子系統解析を実施した。分子系統解析の結果からDactylella属が多系統群であることが示すとともに3つ目の顕著なグループの存在を確かめ、この菌群を新属Brachyphorisとした。修正した属概念に基づく属レベルの検索表を掲載した。Brachyphoris oviparasitica▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科
R3-04427海藻に生じた2新種を含むAscotricha属菌の分子系統2015Mycologia2015年の論文/published in 2015, Mycologia, アオサ属, アオサ科, オキツノリ属/Ahnfeltiopsis, オキツノリ科/Phyllophoraceae, カヤモノリ科/Scytosiphonaceae, フクロノリ属/Colpomenia, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 山東省/Shandong, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 水生菌/aquatic fungi, 海生菌/marine fungi, 海藻/seaweed, 潮間帯/intertidal zone, 紅藻/red algae, 緑藻/green algae, 藻類生息菌/algicolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEMMolecular phylogeny of Ascotricha, including two new marine algae-associated species中国山東省において潮間帯の緑藻および紅藻から分離されたAscotricha longipilaおよびA. parvisporaの2新種を記載した。また、新組み合わせA. sinuosaを提唱した。本属の形質比較表および検索表を掲載した。Ascotricha longipila★ / Ascotricha parvispora★ / Ascotricha sinuosa▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04426アゾレス諸島産のコウヤクタケ類の新種、Lagarobasidium calongei2009Anales del Jardín Botánico de Madrid2009年の論文/published in 2009, Anales del Jardín Botánico de Madrid, アゾレス諸島/Azores islands, ポルトガル/Portugal, マカロネシア/Macaronesia, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 配列決定/sequencingLagarobasidium calongei (Aphyllophorales, Basidiomycota), a new species of corticioid fungi from Azores Islandsアゾレス諸島で採集されたコウヤクタケ類の一種を検討し、Lagarobasidium calongeiとして新種記載した。本種は担子胞子が平滑厚壁で、棍棒形の薄壁シスチジアおよび円筒形の骨格菌糸状シスチジアを有することなどで特徴づけられた。本種はL. detriticumに非常に類似していたが、担子胞子の形態、2型のシスチジアを有する点、ITS領域の塩基配列などが異なっていた。Lagarobasidium calongei★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizoporaceae/アナタケ科
R3-04425ベトナム、ヴィンフック省においてダイズにうどんこ病を引き起こしたErysiphe diffusaの同定2017Vietnam Journal of Science Technology and Engineering2017年の論文/published in 2017, Vietnam Journal of Science Technology and Engineering, うどんこ病/powdery mildew, アウトブレイク/outbreak, コッホの原則/Koch_s postulation, ダイズ属/Glycine, ベトナム/Vietnam, マメ科/Fabaceae, ヴィンフック省/Vĩnh Phúc, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 畑地/farmland, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiIdentification of the fungus Erysiphe diffusa causing powdery mildew disease on soybeans in Vinh Phuc, Vietnamベトナム、ヴィンフック省においてダイズに損害を与えたうどんこ病菌を検討し、Erysiphe diffusaと同定した。分離菌株は閉子嚢殻を形成しなかったが、Erysiphe属の形態形質を示し、ITS領域の塩基配列からも同定結果が裏付けられた。温室での接種試験により、この菌のダイズに対する病原性を確かめた。Erysiphe diffusaFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04424中国産フトネゴケ属地衣2016The Lichenologist2016年の論文/published in 2016, Cotoneaster属, The Lichenologist, アトラノリン類/atranorins, イチジク属/Ficus, イネ科/Poaceae, カバノキ科/Betulaceae, クスノキ科/Lauraceae, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, クワ科/Moraceae, コナラ属/Quercus, コミカンソウ属/Phyllanthus, コミカンソウ科/Phyllanthaceae, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, ジロホール酸/gyrophoric acid, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, ニッケイ属/Cinnamomum, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ラクトン類/lactones, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新産種報告/new record, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 福建省/Fujian, 種内変異/intraspecific variation, 菌体の化学組成/chemical composition, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 雲南省/YunnanThe genus Bulbothrix (Parmeliaceae) in China中国産フトネゴケ属地衣約400標本を検討し、2新種 (Bulbothrix mammillariaおよびB. lacinia) を含む9種を掲載した。中国新産種としてB. scortellaおよびB. meizosporaを報告した。中国産の本属菌全種の検索表を掲載した。Bulbothrix asiatica / Bulbothrix isidiza / Bulbothrix lacinia★ / Bulbothrix mammillaria★ / Bulbothrix meizospora■ / Bulbothrix scortella■ / Bulbothrix setschwanensis / Bulbothrix subscortea / Bulbothrix tabacinaFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-04423ギリシャ、中央エーゲ海、キクラデス諸島、アンドロス島産のモリノカレバタケ属2新種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, ギリシャ/Greece, コケ上に生える菌/fungi on moss, リター菌/litter fungi, 南エーゲ地方/South Aegean, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 沿岸域/coastal area, 草地/grasslandTwo new Gymnopus species from the Island of Andros (Kiklades, C. Aegean, Greece)ギリシャのアンドロス島からGymnopus dysosmusおよびG. amygdalisporusの2新種を記載した。前者は子実体が暗色で不快なニンニク臭があり、傘表皮菌糸がアルカリで帯緑褐色に呈色することなどで特徴づけられた。後者は傘が帯オリーブ色~”dark date brown”、襞が疎、担子胞子が広楕円形~扁桃形という、Alcalivirentes亜節としては独特の特徴を有していた。Gymnopus amygdalisporus★ / Gymnopus dysosmus★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-04422中国新産種、Protostropharia luteonitens2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, Studies in Fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 偽菌核/pseudosclerotium, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 河川/river, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 草地/grassland, 雲南省/YunnanProtostropharia luteonitens (Basidiomycota, Agaricales): new to China中国雲南省からProtostropharia luteonitensを中国新産種として報告した。本種は傘に尖った乳頭突起および粘性を有し、時に偽菌核を有し、担子器が2胞子性、担子胞子が暗色大型、クリソシスチジアを欠くことなどで特徴づけられた。本種は雲南省全土での4年間の採集で1標本しか見出されず、ごく稀な種と考えられた。Protostropharia luteonitens■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-04421ニュージーランド産の新種Echinosphaeria medusaおよび関連種の記録2008Australasian Mycologist2008年の論文/published in 2008, Australasian Mycologist, オタゴ地方/Otago, ニュージーランド/New Zealand, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusEchinosphaeria medusa, a new species from New Zealand, with notes on related speciesニュージーランドにおいて湿った材に発生した菌を検討し、Echinosphaeria medusaとして新種記載した。本種は子嚢殻が絡まった毛に覆われ、子嚢胞子が無色~褐色のソーセージ形であることなどで特徴づけられた。本種はE. canescensと形態的にほぼ識別不能であったが、子嚢殻の毛の形態などが異なっていた。Echinosphaeria canescens / Echinosphaeria medusa★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科
R3-04420インド、西ベンガル州産のCorynespora属2新種2017International Journal of Current Research and Review2017年の論文/published in 2017, International Journal of Current Research and Review, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, カイガンタバコ属/Calotropis, ガガイモ科/Asclepiadaceae, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナンヨウアブラギリ属/Jatropha, フェノロジー/phenology, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 西ベンガル州/West BengalTwo New Species of Corynespora from West Bengal, Indiaインド、西ベンガル州で採集された2種の菌を検討し、Corynespora calotropidisおよびC. jatrophaeとして新種記載した。前者はCalotropis gigantea、後者はJatropha curcusの罹病葉にそれぞれ見出された。従来これらの植物を宿主とするCorynespora属菌は知られてこなかった。Corynespora calotropidis★ / Corynespora jatrophae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Corynesporascaceae/コリネスポラスカ科
R3-04419ハワイおよびフィジーに産した新種、Ceratocystis uchidae2017Mycoscience2017年の論文/published in 2017, MAT遺伝子/MAT gene, Mycoscience, TreeBASE, アメリカサトイモ属, サトイモ属/Colocasia, サトイモ科/Araceae, ハワイ州/Hawaii, フィジー/Fiji, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/new primer design, 未記載種/undescribed species, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 種複合体/species complex, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 雑種形成/hybridizationCeratocystis uchidae, a new species on Araceae in Hawaii and Fijiハワイおよびフィジーにおいてサトイモ属およびアメリカサトイモ属植物の球茎から分離された菌を検討し、Ceratocystis uchidaeとして新種記載した。本種はアジア-オーストラリアクレードに含まれ、近縁種とは子嚢殻のサイズや32°Cでの生長速度などが異なっていた。本種は雲南省産未記載種およびC. polychromaとは交配試験で稔性を示さなかったが、C. cercfabiensisとは部分的に稔性を示した。Ceratocystis uchidae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Ceratocystidaceae/セラトシスティス科
R3-04418ラ・パルマ島産のさらなる新規あるいは興味深い地衣類および地衣生菌類2017Folia Cryptogamica Estonica2017年の論文/published in 2017, Erica属, Folia Cryptogamica Estonica, Ocotea属, オトギリソウ属/Hypericum, オトギリソウ科/Hypericaceae, カナリア諸島/Canary Islands, カラタチゴケ属/Ramalina, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, クスノキ科/Lauraceae, クリ属/Castanea, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, ゲッケイジュ属/Laurus, サルオガセ属/Usnea, サルオガセ科/Usneaceae, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, セトラル酸類/cetraric acids, ツツジ科/Ericaceae, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ブナ科/Fagaceae, ブルゲアン酸/bourgeanic acid, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マンジュウゴケ属, マンジュウゴケ科, モチノキ属/Ilex, モチノキ科/Aquifoliaceae, ヤマモモ属/Myrica, ヤマモモ科/Myricaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenFurther new or interesting lichens and lichenicolous fungi from La Palma (Canary Islands, Spain)地衣類および地衣生菌類45分類群をラ・パルマ島から初めて報告した。そのうち12種はカナリア諸島新産種であった。カラタチゴケ属地衣を宿主とする地衣生菌、Didymocyrtis canarienisを新種記載した。Bacidia viridifarinosa■ / Bacidina brittoniana■ / Buellia stellulata■ / Caloplaca asserigena■ / Catillaria usneicola■ / Cladonia conista■ / Cladonia floerkeana■ / Cladonia nana■ / Cladonia polydactyla■ / Cliostomum griffithii■ / Didymocyrtis canariensis★ / Everniastrum sorocheilum■ / Graphis scripta■ / Hypotrachyna afrorevoluta■ / Hypotrachyna rockii■ / Koerberia biformis■ / Lambinonia strigulae■ / Lecania naegelii■ / Lecanora farinaria■ / Lecanora strobilina■ / Lecanora subsaligna■ / Lecidea erythrophaea■ / Lecidella euphorea■ / Lepraria finkii■ / Lepraria umbricola■ / Leptogium coralloideum■ / Malmidea fuscella■ / Micarea peliocarpa■ / Pertusaria pupillaris■ / Pertusaria pustulata■ / Phaeophyscia endococcina■ / Ramboldia subcinnabarina■ / Rinodina biloculata■ / Scoliciosporum gallurae■ / Stigmidium cladoniicola■ / Thelotrema laurisilvae■ / Topelia rosea■ / Trapelia corticola■ / Trapelia glebulosa■ / Trapeliopsis pseudogranulosa■ / Tremella ramalinae■ / Usnea flavocardia■ / Usnea fragilescens■ / Usnea geissleriana■ / Usnea glabrata■ / Usnea macaronesica■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Catillariaceae/カティラリア科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Peltigerales/ツメゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Lecideaceae/レキデア科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Collemataceae/イワノリ科_Malmideaceae/マルミデア科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Stictidaceae/スティクティス科_Trapeliaceae/トラペリア科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科
R3-04417米国カリフォルニア州産のキツネノカラカサ科菌類 (6):Lepiota castanescens2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, カリフォルニア州/California, タイプスタディ/type study, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 散布図/scatter plot, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveyLepiotaceous fungi in California, U.S.A. 6. Lepiota castanescensLepiota castanescensのタイプ標本および米国カリフォルニア州産標本を検討した。本種は子実体が細長く、傘が比較的小型で中央部がパッチ状でその周囲が鱗片状、全体に触れたり成熟したりすると橙赤色~赤色に変色する性質を有することなどで特徴づけられた。記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチ、ITS領域に基づく系統樹などを掲載した。Lepiota castanescensFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04416テングタケ属の普通種の稀な白色型2011Field Mycology2011年の論文/published in 2011, Field Mycology, ギリシャ/Greece, ギリシャ新産種/Greece_new record, ペロポネソス地方/Pelopónnisos, 中央ギリシャ地方/Central Greece, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungiTwo rare white forms of common Amanita speciesAmanita muscariaおよびA. rubescensの白色型をギリシャから初めて報告した。前者はヨーロッパからの2番目の報告となった。後者は子実体が純白で触れた場所が強く赤変する特徴を有していた。Amanita muscaria■ / Amanita rubescens■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amanitaceae/テングタケ科
R3-04415中国産のNeomensularia属1新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 湖南省/HunanA new species of Neomensularia (Hymenochaetales, Basidiomycota) from China中国湖南省で採集された多孔菌の一種を検討し、Neomensularia rectisetaとして新種記載した。本種は子実体が多年生傘状、傘表面に同心円状の溝線があり、肉が2層、担子胞子が帯黄色、子実層剛毛が直線状錐形であることなどで特徴づけられた。子実体が多年生で子実層剛毛が直線状の種は本属に知られていなかったため、属概念を修正した。Neomensularia rectiseta★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04414中国産Aplosporella属菌の1新種および興味深い記録2016Sydowia2016年の論文/published in 2016, Sydowia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カエデ属/Acer, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, サクラ属/Prunus, ナツメ属/Ziziphus, ハナズオウ属/Cercis, バラ科/Rosaceae, ボケ属, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, リニアグロース/linear growth, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 北京市/Beijing, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 河南省/Henan, 生長速度/growth rate, 胞子形成誘導/sporulation induction, 雲南省/YunnanA new species and interesting records of Aplosporella from China中国雲南省においてソメイヨシノの枯れ枝に発生した菌を検討し、Aplosporella macropycnidiaとして新種記載した。本種は分生子殻が大型で中央に孔口を有し、分生子が褐色疣状、側糸が目立つことなどで特徴づけられた。また、ハナズオウに生じた中国新産種A. prunicolaおよび4宿主に生じたA. javeediiを報告した。Aplosporella javeedii / Aplosporella macropycnidia★ / Aplosporella prunicola■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Aplosporellaceae/アプロスポレラ科
R3-04413ジョチュウギクの葉および根頭に感染を引き起こした2新種、Paraphoma chlamydocopiosaおよびParaphoma pye2017Plant Pathology2017年の論文/published in 2017, Plant Pathology, Q-bank, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オーストラリア/Australia, キク科/Asteraceae, タスマニア州/Tasmania, バイオマス測定/biomass measurement, ヨモギギク属/Tanacetum, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 統計解析/statistical analysis, 色素産生/pigment production, 萎黄病/chlorosis, 表面殺菌法/surface sterilization method, 誤同定/misidentificationParaphoma chlamydocopiosa sp. nov. and Paraphoma pye sp. nov., two new species associated with leaf and crown infection of pyrethrumオーストラリア、タスマニア州においてジョチュウギクの葉および根頭の壊死部から分離された2種の菌を検討し、Paraphoma chlamydocopiosaおよびParaphoma pyeとして新種記載した。前者は培養下で赤色色素を産生し、後者は顕著な2室の分生子殻を生じることなどで特徴づけられた。両種とも接種試験で根組織に感染しバイオマスの顕著な減少を引き起こしたほか、葉には病変を生じた。Paraphoma chlamydocopiosa★ / Paraphoma pye★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04412インド南西部の2つの植物園に産した大型菌類2017Journal of Threatened Taxa2017年の論文/published in 2017, Calycopteris属, Journal of Threatened Taxa, Vateria属, インド/India, カルナータカ州/Karnataka, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シクンシ科/Combretaceae, シロアリ科/Termitidae, スッポンタケ類/phalloid fungi, バイオマス測定/biomass measurement, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, ラテライト/laterite, リター菌/litter fungi, 保全生態学/conservation ecology, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 固有種/endemic species, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 絶滅危惧種/endangered species, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 虫糞/insect frass, 食用きのこ/edible mushroomsMacrofungi in two botanical gardens in southwestern Indiaインド、カルナータカ州、マンガロール大学の植物園および樹木園から11種の大型菌類を報告した。そのうち5種が食用きのこ、1種が薬用きのこであった。Russula adustaおよびR. atropurpureaは固有種かつ絶滅危惧種のVateria indicaを宿主とする外生菌根菌であった。Clathrus delicatus / Collybia aurea / Entoloma serrulatum / Lepiota echinella / Leucoagaricus rubrotinctus / Lycoperdon lividum / Russula adusta / Russula atropurpurea / Termitomyces microcarpus / Tetrapyrgos nigripesFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Agaricaceae/ハラタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科_Lyophyllaceae/シメジ科_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-04411チリ、ホーン岬諸島産のケビラゴケ属苔類に活物寄生する新種、Dactylospora inopina2017Nova Hedwigia2017年の論文/published in 2017, Nova Hedwigia, ケビラゴケ属, ケビラゴケ科, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ寄生菌/bryoparasitic fungus, コケ生息菌/bryophilous fungus, チリ/Chile, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州/Magallanes y la Antártica Chilena, ヤスデゴケ属/Frullania, ヤスデゴケ科/Frullaniaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 胞子の発芽/germination of spores, 降水量/precipitationDactylospora inopina (Lecanorales), a new biotrophic parasite on Radula (Hepaticae) from the Cape Horn Archipelago, Chileチリにおいて苔類のRadula flavifoliaおよびR. magellanicaに寄生した盤菌の一種を検討し、Dactylospora inopinaとして新種記載した。本種は子嚢盤が小型疣状で子嚢が多胞子性、子嚢胞子が褐色類円筒形で4細胞からなることなどで特徴づけられた。本種は本属で初めてケビラゴケ属苔類を宿主する菌として、また子嚢が多胞子性かつ子嚢胞子が多隔壁の種として報告された。Dactylospora inopina★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科
R3-04410アジア新産種、Trichoglossum rasum2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, アジア新産種/Asia_new record, インド/India, インド新産種/India_new record, メーガーラヤ州/Meghalaya, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 多系統群/polyphyletic group, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungiNew record of Trichoglossum rasum from Asia稀産種のTrichoglossum rasumをインド、メーガーラヤ州からアジア新産種として報告した。本種を含む分子系統解析を初めて実施した。本属の全既知種19種について、子実体、剛毛、子嚢、および子嚢胞子を含む形質比較表を掲載した。Trichoglossum rasum■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Geoglossomycetes/テングノメシガイ綱_Geoglossales/テングノメシガイ目_Geoglossaceae/テングノメシガイ科
R3-04409トクサ属植物に生じた特有の無性世代を有する新属新種の盤菌、Rommelaarsia flavovirens2015Ascomycete.org2015年の論文/published in 2015, Ascomycete.org, vital taxonomy, オランダ/Netherlands, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, シャラント=マリティーム県/Charente-Maritime, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トクサ属/Equisetum, トクサ科/Equisetaceae, フェノロジー/phenology, フランス/France, フローニンゲン州/Groningen, リター菌/litter fungi, 乾燥耐性/xelotolerance, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 北ブラバント州/North Brabant, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 沿岸域/coastal area, 温帯域/temperate zone, 石灰質土壌/calcareous soil, 草地/grasslandRommelaarsia flavovirens gen. et sp. nov. (Helotiales), a new discomycete on Equisetum with a peculiar asexual stateオランダおよびフランスにおいてスギナの枯れ茎に生じた盤菌の一種を検討し、新属新種Rommelaarsia flavovirensとして記載した。本種は子嚢盤が小型で帯緑オリーブ黄色の毛状であり、スポロドキアから大型の全出芽型で隔壁のある分生子を生じることなどで特徴づけられた。有性世代と無性世代が同種であることをDNA解析により確かめたほか、本種がヒナノチャワンタケ科に含まれる可能性を示した。Rommelaarsia flavovirens★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目
R3-04408トルコ新産の地衣類3分類群2017Bangladesh Journal of Plant Taxonomy2017年の論文/published in 2017, Bangladesh Journal of Plant Taxonomy, アジア新産種/Asia_new record, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ビトリス県, ムシュ県, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 湿度/humidity, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 降水量/precipitationThree Lichen Taxa New for Turkeyトルコのビトリス県およびムシュ県において地衣類の調査を実施し、3分類群をトルコから初めて報告した。Aspicilia asiatica、Lecanora subcarnea var. soralifera、およびThelidium minutulumを報告した。そのうちL. subcarnea var. soraliferaはアジアからの初報告となった。Aspicilia asiatica■ / Lecanora subcarnea■ / Thelidium minutulum■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Verrucariaceae/アナイボゴケ科
R3-04407Hypoderma属1新種および中国産H. rubiの記載2007Nova Hedwigia2007年の論文/published in 2007, Nova Hedwigia, コウヨウザン属/Cunninghamia, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 安徽省/Anhui, 帯線/zone line, 新種記載/new species, 雲南省/YunnanA new species of Hypoderma and description of H. rubi (Ascomycota) from China中国雲南省においてツツジ属植物の枝に発生した菌を検討し、Hyphoderma urniformeとして新種記載した。本種は子嚢果が壺形で、唇が赤褐色でよく発達し、子嚢胞子が楕円形~長楕円形でゼラチン質の鞘に包まれることなどで特徴づけられた。また、安徽省からH. rubiを報告し、中国産標本の詳細な情報を初めて提供した。Hypoderma urniforme★ / Hysterium rubiFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科
R3-04406Bicornispora属の分類学的位置および新種Bicornispora seditiosaの出現2015Mycologia2015年の論文/published in 2015, Mycologia, アンダルシア州/Andalusia, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, カエデ属/Acer, コナラ属/Quercus, コンタミ/contamination, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, フェノロジー/phenology, ブナ科/Fagaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 帯線/zone line, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 植林地/plantation, 標本入手不可/specimen not available, 消失性子嚢/evanescent asci, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 菌核/sclerotium, 走査型電子顕微鏡/SEMTaxonomic position of the genus Bicornispora and the appearance of a new species Bicornispora seditiosaスペイン、アンダルシア州においてAcer monspessulanumおよびPistacia terebinthusの葉に発生した菌を検討し、Bicornispora seditiosaとして新種記載した。分子系統解析の結果から、培養下での発達が類似するが子嚢果の形態が大きく異なるBicornispora属とLambertella属が近縁であることを示した。また、形態学的検討および分子系統解析に基づき、Ciboria asphodeliをRutstroemia属に移した。Bicornispora seditiosa★ / Lambertella palmeri / Rutstroemia asphodeli▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Rutstroemiaceae/ルトストロエミア科
R3-04405Aquaticheirospora属の形態学的・分子生物学的特性およびマッサリナ科の系統分類2007Botanical Journal of the Linnean Society2007年の論文/published in 2007, Botanical Journal of the Linnean Society, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnema forming fungus, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 収斂進化/convergent evolution, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeMorphological and molecular characterization of Aquaticheirospora and phylogenetics of Massarinaceae (Pleosporales)タイ、チエンマイ県において小川に沈んだ材に発生したシンネマ形成菌の一種を検討し、新属新種Aquaticheirospora lignicolaとして記載した。本種は分生子に散開する腕を有し、他の類似属とはシンネマを形成し、分生子がその頂部の分生子形成細胞から生じることなどで特徴づけられた。分子系統解析の結果、本種はプレオスポラ目マッサリナ科に近縁であり、掌状の分生子は収斂進化の結果とみられた。Aquaticheirospora lignicola★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04404南極の浅海域海底堆積物から分離された担子菌酵母の新種、Rhodotorula portillonensis2013International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2013年の論文/published in 2013, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, サウス・シェトランド諸島/South Shetland Islands, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南極/Antarctic, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 底泥/sediment, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 極地/polars, 気温/temperature, 水生菌/aquatic fungi, 海生菌/marine fungi, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 菌類相調査/mycofloristic survey, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 酸耐性試験/acid resistance test, 降水量/precipitationRhodotorula portillonensis sp. nov., a basidiomycetous yeast isolated from Antarctic shallow-water marine sediment南極海の浅海域海底堆積物から分離された担子菌酵母の一種を検討し、Rhodotorula portillonensisとして新種記載した。本種は培養下で桃色のコロニーを形成し、ITSおよびD1/D2に基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。本種は同属他種とは炭素源の資化能、抗生物質添加培地での生育可能性などの生理学的特性により識別された。Rhodotorula portillonensis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Sporidiobolales/スポリディオボルス目_Sporidiobolaceae/スポリディオボルス科
R3-04403ウズベキスタン産の新種、Hyphodontia zhixiangii2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, ウズベキスタン/Uzbekistan, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ジザフ州, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusHyphodontia zhixiangii sp. nov. (Schizoporaceae, Basidiomycota) from Uzbekistanウズベキスタンにおいてビャクシン属植物に生じた菌を検討し、Hyphodontia zhixiangiiとして新種記載した。本種は子実体が一年生で背着生、子実層托が”grandinioid”~”odontioid”で、担子胞子が楕円形~広楕円形平滑薄壁、偽頭状の有隔シスチジアを有することなどで特徴づけられた。本種はITS領域に基づく分子系統解析で、Hyphodontiaクレードにおいて独自の系統を形成した。Hyphodontia zhixiangii★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科
R3-04402付属糸を有する分生子果不完全菌2属の形態および系統:Ciliochorella属およびDiscosia属2015Sydowia2015年の論文/published in 2015, Sydowia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobe, 追熟/ripeningMorphology and phylogeny of two appendaged genera of coelomycetes: Ciliochorella and Discosiaアンフィスフェリア科菌類のnrLSUに基づく分子系統解析を実施し、分生子に付属糸を有するCiliochorellaおよびDiscosiaの両属が本科に含まれることを示した。形態学的検討およびβ-チューブリン遺伝子に基づく分子系統解析を組み合わせることで、Discosia属の種が識別可能であることを示した。タイ産のC. mangiferaeおよびD. brasiliensisの形態学的検討を実施し、記載文などを掲載した。Ciliochorella mangiferae / Discosia brasiliensisFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱
R3-04401中国雲南省産のSkeletocutis属1新種2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 横断山脈/Hengduan Mountains, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 種複合体/species complex, 雲南省/YunnanA new species of Skeletocutis (Polyporales, Basidiomycota) from Yunnan of China中国雲南省において被子植物の材に発生した菌を検討し、Skeletocutis yunnanensisとして新種記載した。本種は子実体が背着生で孔口面がクリーム色~黄褐色、孔口が角形で全縁、担子胞子がソーセージ形、生殖菌糸が微細な結晶に覆われ、2菌糸型であることなどで特徴づけられた。本種はITS+nrLSUに基づく分子系統解析で独自の系統を形成し、S. portcrosensisなどに近縁であった。Skeletocutis yunnanensis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04400中国に生息するクローナル草本、Calamagrostis epigeiosと共生する子座形成性Neotyphodium属菌の新種2009Mycologia2009年の論文/published in 2009, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, エンドファイト/endophyte, グラスエンドファイト/grass-endophyte, ノガリヤス属/Calamagrostis, 中国/China, 共進化/coevolution, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 感染様式/mode of infection, 新種記載/new species, 水辺/waterside, 江蘇省/Jiangsu, 淡水域/freshwater, 湿地帯/wetland, 生長速度/growth rateA new stromata-producing Neotyphodium species symbiotic with clonal grass Calamagrostis epigeios (L.) Roth. grown in China中国江蘇省においてCalamagrostis epigeiosに子座を生じた菌を検討し、Neotyphodium stromatolongumとして新種記載した。本種は子座が非常に長いなどことで特徴づけられ、子嚢殻および成熟した子嚢を形成せず、培養性状および形態はエピクロエ・エンドファイトに類似していた。本種はtubBおよびEF1-αに基づく分子系統解析で独自の系統を形成し、Epichloë amarillansなどに近縁であった。Neotyphodium stromatolongum★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-04399中国南西部産のSkeletocutis subincarnata種複合体の1新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 多系統群/polyphyletic group, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 種複合体/species complex, 腐生菌/saprobe, 貴州省/GuizhouA new species in the Skeletocutis subincarnata complex (Polyporales, Basidiomycota) from southwestern China中国貴州省においてPinus armandiiの落枝に発生した多孔菌の一種を検討し、Skeletocutis pseudo-odoraとして新種記載した。本種はS. subincarnata種複合体に含まれ、子実体が背着生で孔口が新鮮時雪白色、孔口が円形、担子胞子がソーセージ形で2菌糸型であることなどで特徴づけられた。ITS領域に基づく分子系統解析で、Skeletocutis属またはTyromyces属が単系統群でないことが示唆された。Skeletocutis pseudo-odora★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04398ブラジル産樹木、Lecythis pisonisの葉に輪紋病を引き起こした新種、Periconiella lecythidis2007Mycological Progress2007年の論文/published in 2007, Mycological Progress, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, サガリバナ科/Lecythidaceae, パラダイスナットノキ属, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 生長速度/growth rate, 輪紋病/ringspotPericoniella lecythidis sp. nov., the causal agent of a zonate leaf spot disease of the Brazilian tree Lecythis pisonisブラジル、ミナスジェライス州においてLecythis pisonisの葉に輪紋症状を引き起こした菌を検討し、Periconiella lecythidisとして新種記載した。本種は分生子鎖が本属で唯一長くて分枝し、PDA培地での生長が遅く、リバースが褐紫色に着色することなどで特徴づけられた。宿主苗に対する接種試験により本種の病原性を確かめた。Periconiella lecythidis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04397新種Scheffersomyces parashehatae、Scheffersomyces xylosifermentans、Candida broadrunensis、およびCandida manassasensis:木材摂食性の昆虫と関係を持つ新種の酵母、およびその生態とバイオ燃料への潜在的利用可能性2013International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2013年の論文/published in 2013, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, DNAバーコーディング/DNA barcoding, forma asexualis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, Odontotaenius属, Xylopinus属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, キシロースレダクターゼ/xylose reductase, クロツヤムシ科/Passalidae, ゴミムシダマシ科/Tenebrionidae, セルロース分解能, バイオ燃料, バージニア州/Virginia, ビタミン要求性/vitamin requirement, 二型性/dimorphism, 交配試験/mating test, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 多系統群/polyphyletic group, 嫌気培養/anaerobic culture, 属の境界/genus boundary, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵/fermentation, 発酵試験/fermentation test, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 酸産生/acid production, 酸耐性試験/acid resistance testScheffersomyces parashehatae f.a., sp. nov., Scheffersomyces xylosifermentans f.a., sp. nov., Candida broadrunensis sp. nov. and Candida manassasensis sp. nov., novel yeasts associated with wood-ingesting insects, and their ecological and biofuel implications米国バージニア州においてクロツヤムシ科およびゴミムシダマシ科甲虫およびその生息材から分離されたScheffersomycesクレードの酵母を検討した。複数遺伝子の分子系統解析に基づき、Scheffersomyces parashehatae、S. xylosifermentansなど4新種を記載した。Scheffersomyces属は多系統群であり、本属の範囲を基準種S. stipitisに近縁かつキシロース発酵能を有する菌群に限るべきとした。Candida broadrunensis★ / Candida manassasensis★ / Scheffersomyces parashehatae★ / Scheffersomyces xylosifermentans★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Debaryomycetaceae/デバリオマイセス科
R3-04396イラン新産の多孔菌類、およびギーラーン州産多孔菌類のチェックリスト2016Czech Mycology2016年の論文/published in 2016, Czech Mycology, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, ギーラーン州/Gilan, コナラ属/Quercus, セイヨウカリン属/Mespilus, ハリエンジュ属/Robinia, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, マメ科/Fabaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 粗大木質デブリ/coarse woody debris, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 都市環境/urban environment, 降水量/precipitationNew records of polypores from Iran, with a checklist of polypores for Gilan Provinceイラン、ギーラーン州において多孔菌類の調査を実施し、Antrodiella fragransなど5種をイラン新産種として報告した。また、Coriolopsis gallicaなど7種をギーラーン州新産種として報告した。本報告により、ギーラーン州産多孔菌類の既知種は66種となった。Antrodiella fragrans■ / Ceriporia aurantiocarnescens■ / Coriolopsis gallica■ / Fomitiporia punctata■ / Hapalopilus nidulans■ / Inonotus cuticularis■ / Oligoporus hibernicus■ / Oligoporus tephroleucus■ / Phylloporia ribis■ / Polyporus tuberaster■ / Polyporus udus■ / Tyromyces kmetii■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04395サカリヤ県で採集されたトルコ新産の菌類2016Biological Diversity and Conservation2016年の論文/published in 2016, Biological Diversity and Conservation, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, サカリヤ県/Sakarya, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 菌根菌/mycorrhizal fungiSome new additions to Turkish mycobiota from Sakarya regionトルコ、サカリヤ県から3種の大型菌類をトルコ新産種として報告した。Hymenoscyphus serotinus、Hypoxylon macrosporum、およびInocybe grammopodiaを報告した。各種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Hymenoscyphus serotinus■ / Hypoxylon macrosporum■ / Inocybe grammopodia■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Helotiaceae/ビョウタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04394Curvularia eragrostidisの新宿主Eriocaulon sedgwickii:初報告2012Plant Sciences Feed2012年の論文/published in 2012, Plant Sciences Feed, インド/India, コッホの原則/Koch_s postulation, ホシクサ属/Eriocaulon, ホシクサ科/Eriocaulaceae, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungusEriocaulon sedgwickii Fyson – A New Host of Curvularia eragrostidis (P. Henn.) ]. A. Meyer: The First Reportインド、マハーラーシュトラ州のカースプラトーにおいてEriocaulon sedgwickiiの花序に発生したCurvularia eragrostidisを報告した。本種はモンスーンの間に出現し、調査地の約80%の植物に損害を与えた。接種試験により本種の病原性を確かめた。Curvularia eragrostidisFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04393Acer platanoidesに発生したブルガリア新産種、Cryptostroma corticale2014Silva Balcanica2014年の論文/published in 2014, Silva Balcanica, アウトブレイク/outbreak, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カエデ属/Acer, ソフィア市/Sofia, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, ムクロジ科/Sapindaceae, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 降水量/precipitationFirst report of Cryptostroma corticale (Ellis & Everh.) PH Greg. & S. Waller on Acer platanoides L. in BulgariaブルガリアからCryptostroma corticaleによる”sooty bark disease”を初めて報告した。本種はソフィア市の公園および庭園に植栽されたAcer platanoidesの樹皮に生じていた。本種が発生した2014年は、それまでの年が干魃であったのに対して降水量が顕著に増加し、過去20年間の平均の2倍であった。Cryptostroma corticale■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門
R3-04392インド産のEpicladonia属地衣生菌の1新種2017Kavaka2017年の論文/published in 2017, Kavaka, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, ゲジゲジゴケ属/Heterodermia, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, ムカデゴケ科/Physciaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyA new species of lichenicolous fungus Epicladonia from Indiaインドにおいてゲジゲジゴケ属地衣の子器に発生した地衣生菌の一種を検討し、Epicladonia heterodermiaeとして新種記載した。本種は分生子殻が杯形で凝集して子座をなし、分生子が無色狭楕円形、0(-2)隔壁を有することなどで特徴づけられた。Epicladonia属既知種の検索表を掲載した。Epicladonia heterodermiae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門
R3-04391アウター・ヘブリディーズ産のSilene acaulisおよびS. unifloraの葯黒穂菌、およびMicrobotryum silenes-acaulisのITS遺伝子型の評価2017IMA fungus2017年の論文/published in 2017, IMA fungus, TreeBASE, アウター・ヘブリディーズ/Outer Hebrides, イギリス/United kingdom, スコットランド/Scotland, ナデシコ科/Caryophyllaceae, マンテマ属/Silene, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 沿岸域/coastal area, 生物地理学/biogeography, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 葯黒穂菌/anther smut, 走査型電子顕微鏡/SEM, 遺伝子型/genotype, 黒穂菌/smut fungiAnther smuts of Silene acaulis and S. uniflora in the Outer Hebrides, including an assessment of ITS genotypes of Microbotryum silenes-acaulisスコットランド、アウター・ヘブリディーズにおいてSilene acaulisおよびS. unifloraに発生した葯黒穂菌を形態学的・分子生物学手法により検討した。Microbotryum silenes-acaulisおよびM. silenes-inflataeの2種を同定し、アウター・ヘブリディーズにおけるS. acaulisの葯黒穂菌を初めて報告した。現在利用可能な全ITS配列を用いてM. silenes-acaulisの7遺伝子型(北米3、ヨーロッパ4)を特定した。Microbotryum silenes-acaulis■ / Microbotryum silenes-inflataeFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Microbotryomycetidae/ミクロボトリウム菌亜綱_Microbotryales/ミクロボトリウム目_Microbotryaceae/ミクロボトリウム科
R3-04390イランにおけるザクロのエンドファイトQuambalaria cyanescensの特筆すべき記録2017Czech Mycology2017年の論文/published in 2017, Czech Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, エンドファイト/endophyte, ザクロ属/Punica, ミソハギ科/Lythraceae, 分離頻度/isolation frequency, 半乾燥地域/semi-arid area, 南ホラーサーン州/South Khorasan, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 花生息菌/floricolous fungus, 表面殺菌法/surface sterilization methodA noteworthy record of endophytic Quambalaria cyanescens from Punica granatum in Iranイラン、南ホラーサーン州においてザクロの花から分離されたQuambalaria cyanescensを報告した。本報告はイランからの本種の完全な記載の初報告となった。また、本種をミソハギ科植物のエンドファイトとして初めて報告した。Quambalaria cyanescensFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門
R3-04389クイーンズランド植物病原菌ハーバリウム (BRIP) のAlcornコレクションにおいて同定されたBipolaris属8新種2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Austrostipa属, Axonopus属, GCPSR, Mycological Progress, SNP解析/SNP genotyping, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, エノコログサ属/Setaria, オーストラリア/Australia, カモノハシ属/Ornithorhynchus, クイーンズランド州/Queensland, シバ属/Zoysia, スズメノヒエツナギ属, タツノツメガヤ属/Dactyloctenium, ニクキビモドキ属/Urochloa, 不稔菌糸/sterile mycelium, 交配試験/mating test, 共進化/coevolution, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 収蔵標本/stored specimen, 固有種/endemic species, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 異隔壁/distoseptum, 種の境界/species delimitation, 種概念/species concept, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 菌類学者/mycologistEight novel Bipolaris species identified from John L. Alcorn’s collections at the Queensland Plant Pathology Herbarium (BRIP)クイーンズランド植物病原菌ハーバリウム (BRIP) 収蔵のBipolaris属菌の標本を再検討し、8新種を記載した。これらの新種はいずれもオーストラリアにおいてイネ科植物の葉の病斑から分離された。ITS、GAPDH、EF1-α、nrLSUの複数遺伝子を解析し、種の境界の決定にはGCPSRの考え方を適用した。Bipolaris austrostipae★ / Bipolaris axonopicola★ / Bipolaris bamagaensis★ / Bipolaris shoemakeri★ / Bipolaris simmondsii★ / Bipolaris sivanesaniana★ / Bipolaris subramanianii★ / Bipolaris woodii★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04388Endocena属:DNAのエビデンスは同一の菌が異なる形態をなすことを支持する2017The Lichenologist2017年の論文/published in 2017, Endocena属, The Lichenologist, アオシモゴケ科/Icmadophilaceae, アルゼンチン/Argentina, イギリス/United kingdom, コケ上に生える菌/fungi on moss, シシガシラ科/Blechnaceae, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, タムノール酸類/thamnolic acids, チリ/Chile, ティエラ・デル・フエゴ州/Tierra del Fuego, ヒリュウシダ属/Blechnum, ヒースランド/heathland, ピートボグ/peat bog, フォークランド諸島/Falkland Islands, マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州/Magallanes y la Antártica Chilena, レクトタイプ指定/lectotype designation, ロス・ラゴス州/Los Lagos, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新変種記載/new variety, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 沿岸域/coastal area, 湿地帯/wetland, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 遺伝子型/genotype, 降水量/precipitation, 隠蔽種/cryptic species, 高山帯/alpine regionThe genus Endocena (Icmadophilaceae): DNA evidence suggests the same fungus forms different morphologies地衣類の単型属、Endocena属を検討し、形態的に異なるChirleja属を分子系統解析の結果を基に本属のシノニムとし、新組み合わせE. buckiiを提唱した。また、フォークランド諸島産の痂状で粉芽を形成するE. informisを変種falklandicaとして記載した。Endocena属における地衣生菌の発生(Spirographa fusisporellaおよびSphaerellothecium属未記載種)を初めて記録した。Endocena buckii▲ / Endocena informis / Endocena informis★ / Spirographa fusisporellaFungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Icmadophilaceae/アオシモゴケ科_Ostropales/オストロパ目_Odontotremataceae/オドントトレマ科
R3-04387中国南部産のサビアナタケ属1新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 海南省/Hainan, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanA new species of Fuscoporia (Hymenochaetales, Basidiomycota) from southern China中国の海南省および雲南省において被子植物の落枝に発生した菌を検討し、Fuscoporia subferreaとして新種記載した。本種は子実体が一年生で背着生、担子胞子が無色円筒形平滑薄壁であることなどで特徴づけられた。本種は形態的にF. ferreaに類似していたが、孔口および担子胞子のサイズ、地理的分布、分子系統解析などで識別された。Fuscoporia subferrea★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-04386Placidium lacinulatumに生じたSphaerellothecium属1新種2009Opuscula Philolichenum2009年の論文/published in 2009, Opuscula Philolichenum, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, カリフォルニア州/California, ヒメカワイワタケ属/Placidium, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 米国/USAA New Species of Sphaerellothecium (Mycosphaerellaceae) on Placidium lacinulatum米国カリフォルニア州においてPlacidium lacinulatumに発生した地衣生菌の一種を検討し、Sphaerellothecium breussiiとして新種記載した。本種は宿主の小鱗片上に黒色の子嚢果を多数形成し、無色1隔壁の子嚢胞子を形成することなどで特徴づけられた。本種の菌糸体は容易に視認できないものの、属に典型的な形態で、暗褐色薄壁の菌糸からなり、個々の細胞が不規則に膨大していた。Sphaerellothecium breussii★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04385熱帯域において分離されたシストバシディウム綱の新種の酵母、Occultifur tropicalis2015International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2015年の論文/published in 2015, forma asexualis, HPLC, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イネ科/Poaceae, ウレアーゼ試験/urease test, サトウキビ属/Saccharum, スライド培養法/slide culture method, タイ/Thailand, デンプン/starch, ナコーンサワン県, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブラジル/Brazil, ユビキノン/ubiquinone, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, ロッブリー県/Lopburi, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 射出胞子/ballistospore, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 熱帯域/tropics, 畑地/farmland, 発酵試験/fermentation test, 葉面菌/leaf surface fungi, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid productionOccultifur tropicalis f.a., sp. nov., a novel cystobasidiomycetous yeast species isolated from tropical regionsタイおよびブラジルにおいてサトウキビの葉面および根圏から分離されたアナモルフ酵母の一種を検討し、Occultifur tropicalisとして新種記載した。本種はO. brasiliensisおよびO. externusと系統的に近縁であったが、D1/D2領域およびITS領域の塩基配列にそれぞれ差異が認められた。また、本種はそれら2種とは炭素源や窒素源の資化能、塩化ナトリウムやシクロヘキシミド添加培地での生育能なども異なっていた。Occultifur tropicalis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Cystobasidiomycetes/フクロタンシキン綱_Cystobasidiales/シストバシディウム目_Cystobasidiaceae/フクロタンシキン科
R3-04384ブラジルにおいて沈んだ材に生じた新属新種、Dictyoaquaphila appendiculata2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バイーア州/Bahia, パラー州/Pará, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropicsDictyoaquaphila appendiculata gen. & sp. nov. from submerged wood from Brazilブラジルのパラー州およびバイーア州の河川において沈んだ材に発生した菌を検討し、新属新種Dictyoaquaphila appendiculataとして記載した。本種は顕著な分生子柄を有し、分生子形成様式が単出芽型および多出芽型、分生子が扁長類球形~広楕円状紡錘形で、網状隔壁および付属糸を有することなどで特徴づけられた。本種はDictyodesmium属菌などに類似していたが、コロニーや分生子の形態などが異なっていた。Dictyoaquaphila appendiculata★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門
R3-04383韓国の農地土壌から分離された新産種:Phialocephala lagerbergii2016The Korean Journal of Mycology2016年の論文/published in 2016, The Korean Journal of Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 江原道/Kangwon-do, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordPhialocephala lagerbergii : A New Record from Crop Field Soil in Korea韓国江原道三陟市の農地土壌から分離されたPhialocephala lagerbergiiを韓国新産種として報告した。分生子柄の分枝パターン、フィアライドの配列および構造、ITS領域の塩基配列などを基に同定した。コロニーの性状および分生子柄、フィアライド、分生子のサイズおよび形状を先行研究の記載と比較した。Phialocephala lagerbergii■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Vibrisseaceae/ピンタケ科
R3-04382アジェロマイセス科の温度により二型性を示す全身性病原菌の新規分類群2017Mycoses2017年の論文/published in 2017, MAT遺伝子/MAT gene, Mycoses, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イスラエル/Israel, ゲノムサイズ/genome size, スライド培養法/slide culture method, ヒト病原菌/human pathogen, ブラストマイセス症/blastomycosis, レソト, 二型性/dimorphism, 交配型/mating type, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 全ゲノム解析/whole genome analysis, 全ゲノム配列決定/whole genome sequencing, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 南アフリカ/South Africa, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 属の境界/genus boundary, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新規プライマー設計/new primer design, 日和見感染症/opportunistic infection, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 温度適性/temperature aptitude, 生体組織診断/biopsy, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 肺炎/pneumonia, 脳膿瘍/brain abscess, 臨床検体/clinical specimens, 西ケープ州/Western Cape, 誤同定/misidentification, 酵母/yeastNovel taxa of thermally dimorphic systemic pathogens in the Ajellomycetaceae (Onygenales)臨床検体から分離された未分類のEmmonsia属菌およびBlastomyces属菌を対象に、形態学的検討および全ゲノム配列決定を含む系統学的検討を実施した。Emmonsia pasteurianaに対して新属Emergomycesを提唱したほか、南アフリカにおいて播種性感染を引き起こした病原菌をEme. africanusとして新種記載した。また、他の二型性病原菌の一種を検討し、Blastomyces percursusとして新種記載した。Blastomyces percursus★ / Emergomyces africanus★ / Emergomyces pasteurianus▲Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Onygenales/ホネタケ目_Ajellomycetaceae/アジェロマイセス科
R3-04381二型性病原菌の新種Emergomyces orientalis、播種性感染の原因菌2017Mycoses2017年の論文/published in 2017, CTスキャン/CT scan, Mycoses, PAS染色, アゾール系抗真菌薬/azole antifungal drug, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ゴモリ染色/Gomori staining, スライド培養法/slide culture method, ヒト病原菌/human pathogen, ヘマトキシリン・エオシン染色/hematoxylin and eosin staining, 中国/China, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山西省/Shanxi, 抗真菌薬/antifungal drug, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 水試料/water sample, 生体組織診断/biopsy, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 痰検体/sputum specimen, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 組織染色/histological stain, 耐熱性試験/heat tolerance test, 臨床検体/clinical specimens, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEM, 酵母/yeastA novel dimorphic pathogen, Emergomyces orientalis (Onygenales), agent of disseminated infection中国山西省の64歳男性に感染を引き起こした病原真菌を検討し、Emergomyces orientalisとして新種記載した。本種は二型性を有し、28°Cでアレウロ型分生子を形成し、37°Cで酵母細胞を形成したが、40°Cでは生育せず、不応胞子の形成も認めなかった。患者の症状は全身の播種性皮膚病変、咳嗽、発熱などで、肺に結節状陰影が認められ、アムホテリシンB+イトラコナゾール治療が奏効して退院した。Emergomyces orientalis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Onygenales/ホネタケ目_Ajellomycetaceae/アジェロマイセス科
R3-04380ボヘミアンカルストにおいて記録された特筆すべき地衣類、地衣生菌類、およびその他の類縁菌類2007Bryonora2007年の論文/published in 2007, Bryonora, アトラノリン類/atranorins, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, カイガラゴケ属, カイガラゴケ科, カエデ属/Acer, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, キゴウゴケ属, キゴウゴケ科, クボミゴケ属/Aspicilia, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, セトラル酸類/cetraric acids, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, デプシド類/depsides, ニワトコ属/Sambucus, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, パンナリン類/pannarins, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フジカワゴケ属/Toninia, ブナ科/Fagaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, ムクロジ科/Sapindaceae, メガスポラ科/Megasporaceae, レンプクソウ科/Adoxaceae, ロウソクゴケモドキ属/Candelariella, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 不完全地衣/anamorphic lichen, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobe, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenNoteworthy lichens, lichenicolous and other allied fungi recorded in Bohemian Karstチェコ、ボヘミアンカルストから地衣類、地衣生菌類など50分類群を報告した。そのうちCandelariella aurella f. smaragdulaなど13分類群をチェコから初めて報告した。また、Pyrenocollema saxicolaをボヘミア、その他24種をボヘミアンカルストにおける新産種として報告した。Absconditella lignicola / Acarospora glaucocarpa / Acarospora heppii■ / Acrocordia conoidea■ / Agonimia opuntiella■ / Amphisphaeria fallax / Anaptychia ciliaris■ / Anema notarisii / Anema tumidulum / Bacidia fuscoviridis / Bacidia herbarum / Caloplaca stillicidiorum■ / Candelariella medians■ / Catillaria minuta■ / Cercidospora solearispora■ / Dirina stenhammari■ / Intralichen baccisporus■ / Intralichen lichenicola■ / Lecania cuprea■ / Lecanora agardhiana■ / Lecanora rouxii■ / Lempholemma chalazanum■ / Lepraria crassissima■ / Lepraria nivalis■ / Lepraria vouauxii■ / Lichenoconium erodens■ / Lichinella nigritella / Muellerella erratica■ / Opegrapha dolomitica■ / Opegrapha paraxanthodes■ / Opegrapha suecica■ / Opegrapha vermicellifera■ / Petractis hypoleuca■ / Pyrenocollema saxicola■ / Rinodina zwackhiana■ / Sclerococcum griseisporodochium■ / Staurothele rufa■ / Steinia geophana■ / Stigmidium neofusceliae■ / Stigmidium psorae■ / Strangospora ochrophora■ / Thelenella muscorum■ / Thelocarpon epibolum■ / Toninia athallina / Toninia diffracta■ / Toninia physaroides■ / Toninia subdispersa■ / Verrucaria beltraminiana■ / Verrucaria compacta■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Stictidaceae/スティクティス科_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Verrucariales/アナイボゴケ目_Verrucariaceae/アナイボゴケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Amphisphaeriaceae/アンフィスフェリア科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Candelariales/ロウソクゴケ目_Candelariaceae/ロウソクゴケ科_Catillariaceae/カティラリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科_Aphanopsidaceae/アファノプシス科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Thelenellaceae/オオアミゴケ科_Thelocarpaceae/テロカルポン科
R3-04379日本の鳥取県の二次林に産した暗色有隔壁エンドファイトの新種、Cladophialophora inabaensis2016Microbes and Environments2016年の論文/published in 2016, DSE (dark septate endophyte), Microbes and Environments, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 日本/Japan, 最大生長温度/maximum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 釣菌法/baiting method, 鳥取県/TottoriCladophialophora inabaensis sp. nov., a New Species among the Dark Septate Endophytes from a Secondary Forest in Tottori, Japan鳥取県においてナスの根から分離されたエンドファイトの一種を検討し、Cladophialophora inabaensisとして新種記載した。本種はPDA培地で生長が遅く、菌糸体が暗色で隔壁を有し、形態的にCladophialophora属の全既知種と異なっていた。本種は宿主に対する接種でエンドファイトとしての性質を示した。Cladophialophora inabaensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-04378タイ新産種、Gymnopilus dilepis2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, ラムパーン県/Lampang, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 配列決定/sequencingGymnopilus dilepis, a new record in Thailandタイ、ラムパーン県の森林から、タイ新産種としてGymnopilus dilepisを報告した。同定は形態およびITS領域の塩基配列(日本産標本と100%一致)に基づき行った。本種は同属他種とは担子胞子のサイズなどが異なっていた。Gymnopilus dilepis■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-04377草本を宿主とし屈曲した分生子を有するColletotrichum属菌2009Fungal Diversity2009年の論文/published in 2009, Fungal Diversity, Lupinus属, Stylosanthes属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アーティファクト/artifact, イタリア/Italy, インゲンマメ属/Phaseolus, インド/India, ウコン属, エピタイプ指定/epitype designation, オランダ/Netherlands, オリヅルラン属, カヤツリグサ属/Cyperus, カヤツリグサ科/Cyperaceae, キジカクシ科/Asparagaceae, ギボウシ属, ササゲ属/Vigna, シャク属, ショウガ科/Zingiberaceae, ジンバブエ/Zimbabwe, セリ科/Apiaceae, セルビア/Serbia, タイプスタディ/type study, タヌキマメ属/Crotalaria, チェコ/Czech, チシマゼキショウ属/Tofieldia, チシマゼキショウ科/Tofieldiaceae, トウガラシ属/Capsicum, ドイツ/Germany, ナギイカダ属/Ruscus, ナシ属/Pyrus, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, ナデシコ属/Dianthus, ナデシコ科/Caryophyllaceae, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, ネギ属/Allium, バラ科/Rosaceae, ヒガンバナ科/Amaryllidaceae, ヒゴタイサイコ属/Eryngium, ヒユ科/Amaranthaceae, プラハ/Prague, ベルリン/Berlin, ペンシルベニア州, ホウレンソウ属/Spinacia, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, マメ科/Fabaceae, メキシコ/Mexico, ヤブラン属, ユトレヒト州/Utrecht, ユリ属/Lilium, ユリ科/Liliaceae, ラッカセイ属/Arachis, リター菌/litter fungi, リンゴ属/Malus, レクトタイプ指定/lectotype designation, ロードアイランド州/Rhode Island, ヴォイヴォディナ自治州/Vojvodina, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 二次代謝産物/secondary metabolite, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 炭疽病/anthracnose, 生長速度/growth rate, 種概念/species concept, 米国/USA, 胞子形成誘導/sporulation induction, 色素産生/pigment production, 菌核/sclerotium, 葉枯病/leaf blotch, 誤同定/misidentificationColletotrichum species with curved conidia from herbaceous hosts炭疽病の病原菌として重要であるが生きた菌株のないColletotrichum属の基準種C. lineolaを再度採集し、エピタイプ標本を選定した。複数遺伝子に基づく分子系統解析により、本種を含む屈曲した分生子を有する菌群に20クレードを認め、C. anthrisciなど4新種を記載した。また、2新組み合わせを提唱し、C. truncatumなど4種のエピタイプ標本を選定した。Colletotrichum anthrisci★ / Colletotrichum chlorophyti / Colletotrichum circinans / Colletotrichum curcumae / Colletotrichum dematium / Colletotrichum fructi / Colletotrichum lilii / Colletotrichum lineola / Colletotrichum liriopes★ / Colletotrichum phaseolorum / Colletotrichum rusci★ / Colletotrichum spaethianum▲ / Colletotrichum spinaciae / Colletotrichum tofieldiae▲ / Colletotrichum truncatum / Colletotrichum verruculosum★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-04376ブラジルの半乾燥地域カーチンガ・バイオームから見出された分生子形成菌、Helicosporium属の新種および新産種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, Syagrus属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 南米新産種/South America_new record, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEM, 降水量/precipitationConidial fungi from the semi-arid Caatinga biome of Brazil. New species and new records of Helicosporiumブラジル、カーチンガ・バイオームで採集された菌を検討し、Helicosporium vesiculiferumとして新種記載した。本種は腐朽枝に生じ、分生子柄に頂嚢を有することなどで特徴づけられた。1種をアメリカ大陸、2種を南米、2種をブラジルにおける新産種としてそれぞれ報告し、本属菌の検索表を掲載した。Helicosporium aureum■ / Helicosporium gracile■ / Helicosporium griseum / Helicosporium nizamabadense■ / Helicosporium panacheum■ / Helicosporium pannosum / Helicosporium vesiculiferum★ / Helicosporium virescens■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-04375キューバ、グアンタナモ南海岸で採集された海生菌の新産種2010Serie Oceanológica2010年の論文/published in 2010, Serie Oceanológica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キューバ/Cuba, キューバ新産種/Cuba_new record, グアンタナモ州, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic surveyNuevos registros de hongos marinos en el litoral sur de Guantánamo, Cubaキューバ、グアンタナモ州の海岸で海生菌の調査を実施した。子嚢菌18種、アナモルフ菌6種、および担子菌1種が得られた。Corollospora colossaなど6種をキューバ新産種として報告した。Cirrenalia adarca■ / Cirrenalia tropicalis■ / Corollospora colossa■ / Dryosphaera tropicalis■ / Lindra crassa■ / Trichocladium medullare■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Halosphaeriaceae/ハロスフェリア科_Ascomycetes/子嚢菌綱_Lulworthiales/ルルワーシア目_Lulworthiaceae/ルルワーシア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-04374トルコ新産の大型菌類2007Turkish Journal of Botany2007年の論文/published in 2007, Turkish Journal of Botany, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, カイセリ県/Kayseri, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 地理的分布/geographical distribution, 堆肥/compost, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 膠質菌/jelly fungi, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew Records for the Macrofungi of Turkeyトルコ、カイセリ県で採集された大型菌類の標本を検討した。Clitocybe catinus、Conocybe appendiculataなど6科6種をトルコ新産種として報告した。各種について記載文、生態写真、担子胞子のスケッチなどを掲載した。Clitocybe catinus■ / Conocybe appendiculata■ / Coprinus macrocephalus■ / Guepinia helvelloides■ / Psathyrella leucotephra■ / Russula olivaceoviolascens■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-04373ユーラシアおよび北米に産した新種Candelariella blastidiata、および灰色の地衣体を有するロウソクゴケモドキ属地衣の検索表2017The Lichenologist2017年の論文/published in 2017, Parkinsonia属, The Lichenologist, アオイ科/Malvaceae, アリゾナ州/Arizona, アルタイ共和国/Altai Republic, アルタイ山脈/Altai Mountains, ウルシ科/Anacardiaceae, オレンブルク州, カイノキ属/Pistacia, カエデ属/Acer, カルボン酸類/carboxylic acids, サマラ州/Samara, シナノキ属/Tilia, シベリア/Siberia, スロバキア/Slovakia, ノースダコタ州/North Dakota, バンスカー・ビストリツァ県/Banská Bystrica, プルビン酸類/pulvinic acids, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ラクトン類/lactones, ロシア/Russia, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 鱗片状地衣/squamulose lichenCandelariella blastidiata sp. nov. (Ascomycota, Candelariaceae) from Eurasia and North America, and a key for grey thalli Candelariellaロシア、スロバキア、米国、中国に産した樹皮生地衣の一種を検討し、Candelariella blastidiataとして新種記載した。本種は地衣体が灰色鱗片状で子器が黄色、ブラスティディアを有し、子嚢が8胞子性であることなどで特徴づけられた。また、全世界の灰色の地衣体を有するロウソクゴケモドキ属地衣の検索表を掲載した。Candelariella blastidiata★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Candelariaceae/ロウソクゴケ科
R3-04372ブラジルにおいてCaesalpinia echinata根圏に発生した分生子果不完全菌の新種、Corniculariella brasiliensis2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ジャケツイバラ属/Caesalpinia, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類未確定/classification undetermined, 固有種/endemic species, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forestCorniculariella brasiliensis, a new species of coelomycetes in the rhizosphere of Caesalpinia echinata (Fabaceae, Caesalpinioideae) in Brazilブラジル、ペルナンブーコ州においてCaesalpinia echinataの根圏土壌から分離された菌を検討し、Corniculariella brasiliensisとして新種記載した。本種は初めて熱帯から報告された本属菌で、無性世代のみが見出され、分生子が鎌形で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は全ての同属他種と分生子のサイズ、形状、隔壁数などが異なっていた。Corniculariella brasiliensis★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科
R3-04371トルコ新産のチャワンタケ属菌2013Biological Diversity and Conservation2013年の論文/published in 2013, Biological Diversity and Conservation, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, メルスィン県/Mersin, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂丘/dune, 砂地/sand, 菌類相調査/mycofloristic surveyA new Peziza record for Turkish Mycobiotaトルコ新産種としてPeziza ammophilaを報告した。本種はメルスィン県の海岸砂丘に発生し、地下で深い杯状の子嚢盤が発達することなどで特徴づけられた。本種はトルコ産チャワンタケ属菌としては22番目の種となった。Peziza ammophila■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-04370新種Botryobasidium baicalinum2007Annales Botanici Fennici2007年の論文/published in 2007, Annales Botanici Fennici, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シベリア/Siberia, タイプスタディ/type study, ブリヤート共和国/Buryat Republic, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ロシア/Russia, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantationBotryobasidium baicalinum sp. nova (Aphyllophorales, Basidiomycetes)ロシア、バイカル湖においてマツ属植物に発生した菌を検討し、Botryobasidium baicalinumとして新種記載した。本種は担子胞子が舟形で、シスチジアが長く薄壁で厚壁胞子を形成し、常に菌糸にクランプを有することなどで特徴づけられた。本種はB. parvisetosumに類似していたが、担子胞子の形状や厚壁胞子の装飾、子実体形成菌糸層の菌糸の幅などが異なっていた。Botryobasidium baicalinum★ / Botryobasidium parvisetosumFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Botryobasidiaceae/ボトリオバシディウム科
R3-04369新種Pluteus nothopellitus、およびウラベニガサ属Pluteus節の白色の種の総説2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, オランダ/Netherlands, カバノキ科/Betulaceae, ガリシア州/Galicia, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, ドイツ/Germany, ドレンテ州/Drenthe, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, フトモモ科/Myrtaceae, フレヴォラント州/Flevoland, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ヘルダーラント州/Gelderland, ミシガン州/Michigan, ユトレヒト州/Utrecht, ユーカリ属/Eucalyptus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰質土壌/calcareous soil, 種概念/species concept, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 誤同定/misidentificationPluteus nothopellitus sp.nov. and a review of white species in Pluteus section Pluteusスペイン、ドイツ、オランダ、米国において広葉樹の材に発生した菌を検討し、Pluteus nothopellitusとして新種記載した。本種は子実体が白色で、担子胞子が比較的大型で、クランプを欠くことなどで特徴づけられた。本新種と同じPluteus節に含まれる、白色の子実体を形成する分類群についてまとめ、全ての既知種の検索表を掲載した。Pluteus nothopellitus★ / Pluteus pellitusFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-04368トルコの東部黒海沿岸に産したムツノウラベニタケ属Rufobrunnea節の2新種2017Turkish Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Turkish Journal of Botany, UNITE, トウヒ属/Picea, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 腐生菌/saprobe, 草地/grasslandTwo new Rhodocybe species (sect. Rufobrunnea, Entolomataceae) from the East Black Sea coast of Turkeyトルコ、トラブゾン県で採集された2種の菌を検討し、Rhodocybe asaniiおよびR. asyaeとして新種記載した。前者は傘が小型で帯赤ベージュ色、凸形~平らで、襞が上生~湾生、柄表面が粉状で、担子胞子が小型であることなどで特徴づけられた。後者は傘が小型で鮭肉色、盤状あるいは僅かに杯状で、襞が垂生し、柄表面が粉状であることなどで特徴づけられた。Rhodocybe asanii★ / Rhodocybe asyae★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-04367米国カリフォルニア州中部海岸に産した岩上生地衣の新種、Naetrocymbe herrei2009Opuscula Philolichenum2009年の論文/published in 2009, Opuscula Philolichenum, カリフォルニア州/California, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 属概念/genus concept, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 気候変動/climate change, 沿岸域/coastal area, 無効学名/invalid name, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenNaetrocymbe herrei (Pleosporales; Ascomycetes), a new lichenized saxicolous species from the coast of central California, U.S.A.米国カリフォルニア州の海岸で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Naetrocymbe herreiとして新種記載した。本種は地衣体が鈍い褐色で薄く目立たず、地衣化の遷移段階を示す可能性があり、Naetrocymbe属地衣としては特異な性質を有していた。本種は最高潮位より上ではあるが海水の飛沫を浴びる場所に生育しており、地球温暖化に伴う水位上昇による影響が考えられた。Naetrocymbe herrei★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Naetrocymbaceae/ネトロキンベ科
R3-04366Macrolepiota procera (Scop.) Singer – インド北東部、ナガランド州における食用きのこの新産属2017Asian Journal of Agriculture2017年の論文/published in 2017, Asian Journal of Agriculture, インド/India, ナガランド州/Nagaland, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 降水量/precipitation, 食用きのこ/edible mushroomsMacrolepiota procera (Scop.) Singer (Agaricomycetes) – a new generic record of edible mushroom for Nagaland, Northeast Indiaインド、ナガランド州で採集されたMacrolepiota proceraを報告した。インド北東部における本種の報告は初であった。記載文、生態写真、担子胞子の顕微鏡写真などを掲載した。Macrolepiota procera■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04365ロシア産の新種Steccherinum tenuispinum、およびその他の3種について2007Annales Botanici Fennici2007年の論文/published in 2007, Annales Botanici Fennici, アオイ科/Malvaceae, ウワミズザクラ属/Padus, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, ツガサルノコシカケ属/Fomitopsis, ツガサルノコシカケ科/Fomitopsidaceae, トウヒ属/Picea, ニジニ・ノヴゴロド州/Nizhny Novgorod, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, レニングラード州/Leningrad, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 再発見/rediscovery, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobeSteccherinum tenuispinum (Polyporales, Basidiomycota), a new species from Russia, and notes on three other speciesロシアにおいてヨーロッパヤマナラシ材上のツガサルノコシカケ子実体に発生した菌を検討し、Steccherinum tenuispinumとして新種記載した。また、稀産種のS. narymicumおよびS. murashkinskyiの新記録を掲載した(前者は原記載以来初報告)。S. bourdotiiをロシア新産種として報告した。Steccherinum bourdotii■ / Steccherinum murashkinskyi / Steccherinum narymicum / Steccherinum tenuispinum★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-04364ニクイロアナタケ属の新種2007Annales Botanici Fennici2007年の論文/published in 2007, Annales Botanici Fennici, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ニジニ・ノヴゴロド州/Nizhny Novgorod, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 沿海地方/Primorye, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 石灰質土壌/calcareous soil, 腐生菌/saprobeNew species in Junghuhnia (Polyporales, Basidiomycota)ロシアの広葉樹林においてヨーロッパヤマナラシの幹に発生したニクイロアナタケ属3新種を記載した。Junghuhnia autumnaleは半背着生~傘状で子実層托が淡黄褐色~帯赤褐色、J. imbricataは有柄でシスチジアに豊富な結晶を伴うことなどで特徴づけられた。J. microporaは背着生で孔口が小型であり、どの北半球産同属他種よりも担子胞子が小型であった。Junghuhnia aurantilaeta▲■ / Junghuhnia autumnale★ / Junghuhnia imbricata★ / Junghuhnia micropora★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-04363ラトビア新産の地衣類および関連菌類2017Folia Cryptogamica Estonica2017年の論文/published in 2017, Folia Cryptogamica Estonica, イワザクロゴケ科/Ophioparmaceae, コナウロコゴケ属/Hypocenomyce, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, トウヒ属/Picea, ピートボグ/peat bog, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ラトビア/Latvia, ラトビア新産種/Latvia_new record, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 痂状地衣/crustose lichen, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 葉状地衣/foliose lichenLichens and allied fungi new for Latviaラトビア新産種としてCalicium parvumなど6種の地衣を報告した。また、同じくラトビア新産種として2種の地衣生菌および2種の腐生性ピンゴケ類を報告した。中でもMicrocalicium arenariumは、全ての隣国でごく僅かな採集地しか知られていないごく稀な種であった。Calicium parvum■ / Calicium trabinellum■ / Carbonicola anthracophila■ / Carbonicola myrmecina■ / Chaenothecopsis savonica■ / Clypeococcum hypocenomycis■ / Illosporium carneum■ / Microcalicium arenarium■ / Peltigera extenuata■ / Pycnora sorophora■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ascomycetes/子嚢菌綱_Microcaliciaceae/ミクロカリキウム科_Peltigerales/ツメゴケ目_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Candelariales/ロウソクゴケ目
R3-04362Cryptadelphia属の新種と稀産種、およびそれらのBrachysporium属アナモルフ2007Nova Hedwigia2007年の論文/published in 2007, Nova Hedwigia, アリートゥス郡/Alytus, カウナス郡/Kaunas, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, タウラゲ郡/Taurage, テルシェイ郡/Telšiai, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トネリコ属/Fraxinus, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, パネヴェジース郡/Panevėžys, ブナ科/Fagaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, リトアニア/Lithuania, リトアニア新産種/Lithuania_new record, ヴィリニュス郡/Vilnius, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 東欧新産種/East Europe_new record, 森林/forest, 稀産種/rare speciesA new and a rare species of Cryptadelphia and their Brachysporium anamorphsリトアニアにおいて広葉樹腐朽材に発生した菌を検討し、Cryptadelphia fusiformisとして新種記載した。本種は分生子が広紡錘形~レモン形で3隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、ヨーロッパ新産種としてC. pendulisporaおよびアナモルフのBrachysporium pendulisporumを報告した。Brachysporium fusiforme★ / Cryptadelphia fusiformis★ / Cryptadelphia pendulispora■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Trichosphaeriaceae/トリコスフェリア科
R3-04361グレートスモーキー・マウンテンズ国立公園産の不完全糸状菌、および3新種の記載2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, pH(水質)/pH (water), アナモルフ菌/anamorphic fungi, アミラーゼ/amylase, エンドグルカナーゼ/endoglucanase, キシラナーゼ/xylanase, グルコシダーゼ/glucosidase, セルラーゼ/cellulase, テネシー州/Tennessee, ポリガラクツロナーゼ/polygalacturonase, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水温/water temperature, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異隔壁/distoseptum, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 細胞外酵素/extracellular enzyme, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 静水環境/lentic environmentHyphomycetes from the Great Smoky Mountains National Park, including three new speciesグレートスモーキー・マウンテンズ国立公園において不完全糸状菌の調査を実施し、16種を報告した。そのうちAlysidiopsis prolificans、Corynespora curvispora、およびDesertella fumimontarumの3種を新種記載した。11種を米国新産種、15種を本国立公園における新産種としてそれぞれ報告した。Alysidiopsis prolificans★ / Brachydesmiella orientalis■ / Canalisporium pulchrum■ / Cheiromyces lignicola■ / Corynespora curvispora★ / Dactylaria hyalotunicata■ / Dactylaria tunicata■ / Delortia palmicola■ / Desertella fumimontarum★ / Helicosporium gigasporum■ / Helicoön gigantisporum■ / Neta patuxentica■ / Xylomyces chlamydosporus■ / Xylomyces elegans■ / Zanclospora novae-zelandiae■Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Corynesporascaceae/コリネスポラスカ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiales/ビョウタケ目_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Jahnulales/ヤーヌラ目_Aliquandostipitaceae/アリクァンドスティピテ科
R3-04360形態および分子の根拠に基づく中国熱帯域産の新種、Ceriporia albomellea2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeCeriporia albomellea (Phanerochaetaceae, Basidiomycota), a new species from tropical China based on morphological and molecular evidences中国海南省で採集された多孔菌の一種を検討し、Ceriporia albomelleaとして新種記載した。本種は子実体が背着生で薄く、子実体形成菌糸層が白色で、担子胞子が楕円形~長楕円形であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でC. variegataに近縁であったがITS領域の塩基配列が十分異なり、孔口面の色やシスチジアの形態も異なっていた。Ceriporia albomellea★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-04359ブラジルの大西洋岸森林における新産の腹菌類、ツチグリ類、およびホコリタケ類2016Anales del Jardín Botánico de Madrid2016年の論文/published in 2016, Anales del Jardín Botánico de Madrid, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEM, 降水量/precipitationNovelties of gasteroid fungi, earthstars and puffballs, from the Brazilian Atlantic rainforestブラジル、ミナスジェライス州において腹菌類の調査を行い、同州の新産種として11種を報告した。そのうちGeastrum javanicum、Bovista cunninghamii、およびLycoperdon lambinoniiをブラジル新産種として報告した。各種の担子胞子の走査型電子顕微鏡写真、ヒメツチグリ属菌の検索表などを掲載した。Bovista cunninghamii■ / Geastrum fimbriatum■ / Geastrum javanicum■ / Geastrum lageniforme■ / Geastrum morganii■ / Geastrum rufescens■ / Geastrum saccatum■ / Geastrum schweinitzii■ / Geastrum triplex■ / Lycoperdon lambinonii■ / Morganella fuliginea■Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科
R3-04358メキシコ、イダルゴ州のFagus grandifolia subsp. mexicana林に産した新種、Marthamyces coronadoae2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, イダルゴ州/Hidalgo, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, メキシコ/Mexico, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 遺存林/relict forests, 雲霧林/cloud forestMarthamyces coronadoae sp. nov. in a Fagus grandifolia subsp. mexicana forest from Hidalgo State, Méxicoメキシコ、イダルゴ州の雲霧林においてFagus grandifolia subsp. mexicanaの葉に生じた菌を検討し、Marthamyces coronadoaeとして新種記載した。本種は子嚢盤が開口すると4-5つの帯褐ベージュ色の歯状に裂け、子実層面が淡黄色~淡灰色であり、子嚢胞子が放出後屈曲したりコイル状になったりすることなどで特徴づけられた。本新種を含むアメリカ大陸産Marthamyces属菌の検索表を掲載した。Marthamyces coronadoae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-04357パラグアイ産の新熱帯の新種、Amylosporus guaraniticus2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, パラグアイ/Paraguay, 中央県(パラグアイ), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 室内環境/indoor condition, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity surveyAmylosporus guaraniticus sp. nov. (Wrightoporiaceae, Russulales) a new neotropical species from Paraguayパラグアイにおいてコンクリートの壁などから発生した菌を検討し、Amylosporus guaraniticusとして新種記載した。本種は子実体が一年生で傘状肉質、管孔を有し、担子胞子がアミロイドで、2菌糸型で生殖菌糸にクランプを有し、骨格菌糸が非アミロイドであることなどで特徴づけられた。Amylosporus属菌の検索表を掲載した。Amylosporus guaraniticus★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Bondarzewiaceae/ミヤマトンビマイ科
R3-04356ニューサウスウェールズ州、カノーボラス山に産した地衣の2新種2014Telopea2014年の論文/published in 2014, HPLC, Telopea, オーストラリア/Australia, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ヒースランド/heathland, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyTwo new lichens from Mount Canobolas, New South Walesオーストラリア、ニューサウスウェールズ州で採集された地衣を検討し、Gyalideopsis halocarpaおよびSarcogyne sekikaicaの2新種を記載した。前者はモルタルに生じ、子器が帯黒色で周囲にハロ状の輪を有し、子嚢が(4-)8胞子性で子嚢胞子が石垣状であることなどで特徴づけられた。後者は地衣体が厚い小区画状でセキカ酸を含み、子嚢が40-60(-80)胞子性であることなどで特徴づけられた。Gyalideopsis halocarpa★ / Sarcogyne sekikaica★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Gomphillaceae/ヒゲゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-04355ルワンダ産の葉状地衣の新種、Heterodermia pindurae2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, オトギリソウ属/Hypericum, オトギリソウ科/Hypericaceae, スチクチン酸類/stictic acids, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ルワンダ/Rwanda, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 北部州(ルワンダ), 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 西部州(ルワンダ)Heterodermia pindurae (Physciaceae) – a new foliose lichen from Rwandaルワンダのヴォルカン国立公園およびニュングウェ国立公園で採集された葉状地衣の一種を検討し、Heterodermia pinduraeとして新種記載した。本種はHypericum revolutumの細い小枝に生じ、形態を基にHeterodermia comosaグループに含められた。本種は地衣体が微小でシリアが帯黒色、子器が杯状で縁部に粉芽を生じ、地衣成分としてノルスチクチン酸などを含むことなどで特徴づけられた。Heterodermia pindurae★Fungi/菌界_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-04354Stiptophyllum erubescensについて2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブラジル/Brazil, 偽菌核/pseudosclerotium, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiA note on Stiptophyllum erubescens南米熱帯域固有種の褐色腐朽菌の一種、Stiptophyllum erubescensの標本を検討した。ブラジル、サンタカタリーナ州産の新鮮な標本を用い、肉眼的形質および顕微鏡的形質を記述した。特に担子器と担子胞子について正確に記録し、先行研究の記述と比較した。Stiptophyllum erubescensFungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04353中国産のMegasporia属3新種2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, MycoKeys, TreeBASE, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeThree new species of Megasporia (Polyporales, Basidiomycota) from China中国からMegasporia rimosa、M. tropica、およびM. yunnanensisの3新種を記載した。これら3種はいずれも被子植物の落枝に発生し、それぞれ広西チワン族自治区、海南省、雲南省において採集された。また、Megasporia属既知種の検索表を掲載した。Megasporia rimosa★ / Megasporia tropica★ / Megasporia yunnanensis★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04352イタリア産の新種、Antrodiella semistipitata2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, イタリア/Italy, カバノキ科/Betulaceae, トレンティーノ=アルト・アディジェ州/Trentino-Alto Adige, ハシバミ属/Corylus, 再発見/rediscovery, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusAntrodiella semistipitata (Basidiomycetes, Polyporales), a new species from Italyイタリア、トレントにおいてハシバミ属植物の枝に発生した菌を検討し、Antrodiella semistipitataとして新種記載した。本種は子実体の形状がやや柄を持ち独特で、顕微鏡的形質からも明らかに新種と判断された。本新種を含むヨーロッパ産Antrodiella属菌の検索表を掲載した。Antrodiella semistipitata★Fungi/菌界_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-04351インド、マハーラーシュトラ州に産したマンネンタケ属菌の新産種2007Asian Journal of Plant Sciences2007年の論文/published in 2007, Asian Journal of Plant Sciences, Azadirachta属, Gliricidia属, イチジク属/Ficus, インド/India, インド新産種/India_new record, ウルシ科/Anacardiaceae, クロヨナ属/Pongamia, クワ科/Moraceae, ココヤシ属/Cocos, シソ科/Lamiaceae, ジャケツイバラ属/Caesalpinia, センダン科/Meliaceae, タマリンド属/Tamarindus, チーク属/Tectona, ツルサイカチ属/Dalbergia, パンノキ属/Artocarpus, ビンロウ属/Areca, ホウオウボク属/Poinciana, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, マホガニー属/Swietenia, マメ科/Fabaceae, マンゴー属/Mangifera, モクマオウ属/Casuarina, モクマオウ科/Casuarinaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 切片/section, 呈