「論文3行まとめ」は、大菌輪管理人がその日に読んだ論文(主に分類学分野)を要約して紹介するコンテンツです。
最近かなり忙しいので十分更新できていない状況ですが、日々こつこつと追加していければと思います。

「論文3行まとめ」の目的

  1. 「全菌類の電子図鑑」Mycoscouter構想に向けたデータ収集
  2. タグ(索引語)からの検索、世界地図からの検索、日本語キーワードによる検索など、一般的な検索エンジンにない検索手段を提供し、論文に対するアクセス性の向上を図る
  3. 論文の要点を日本語に翻訳することにより、非専門家の理解を阻む「言語の壁」を可能な限り低くすることを目指す
  4. 記載文や識別形質などをセマンティックに(機械が読みやすいように)記述し、将来のサイバータクソノミー (cybertaxonomy) に資するデータを提供する
  5. いちおう、論文に関わる職業に就いているので、そのスキルを活かしたプロボノ (pro bono) 活動
  6. 私自身の筋トレ

最終更新日:2018/9/8
紹介させていただいた論文の数:5473

エクセルファイルをダウンロード

sekaitizumenutagmenu

世界地図…2015/4/20更新【諸事情により更新停止中、よりよいマッピング手段を考えています】
タグ…2018/7/28更新(6698件、R3-05503まで反映)、1か月に一度くらいの頻度で更新したかった

中間報告

2013年11月23日~2014年11月23日に収集したデータの統計の一部を公開します(スライド5枚)。
これらはあくまで基礎的なデータをまとめたもので、より専門的な解析結果は今後アマチュア雑誌などに投稿する予定です。

スライド1スライド2スライド35f63f49b6b7d98988e1002a4a4f2d6d5スライド5

【お読みください】
大菌輪のコンテンツ「論文3行まとめ」は、あくまで論文の検索の補助として提供されている情報です。作成者は専門家ではなく、翻訳や内容の解釈が誤っている場合がありうるので、正確な情報は必ず元の論文で確認してください。また、各ページのリンクは必ずしも有効ではありません(大菌輪未掲載の種や、MycoBank/Species fungorum未登録の種がありうるため)。
最新の50記事を表示しています。
フィルタリング、並べ替え機能が使用できます。表の上で矢印キーを押すとスクロールできます。実は右の方に【タグ一覧】【書誌情報】【3行抄録】【掲載種一覧】の列があるので、それらを対象とした検索も可能です。複数のキーワードで検索したい時には半角スペースで区切ります。(【例】日本 新種 2016年)

※全てのデータを掲載すると非常に重くなってしまい、まともに表示できなくなってしまうので、不本意ながらこの表は直近1000件を抽出したものとなっています。エクセルファイルには全データがありますので、ダウンロードして検索してください。
A列B列出版年雑誌名タグ英文題名3行まとめ13行まとめ23行まとめ3掲載種一覧_x分類群一覧
R3-05473エジプト、北東ナイルデルタにおけるマンネンタケ属2種の初記録2015Mycosphere2015年の論文/published in 2015, Mycosphere, きのこ栽培/mushroom cultivation, イチジク属/Ficus, エジプト/Egypt, クワ科/Moraceae, ダカリーヤ県, ディムヤート県/Damietta, バイオマス測定/biomass measurement, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, リニアグロース/linear growth, 人工栽培/artificial cultivation, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 奇形/malformation, 子実体原基/fruiting body primordium, 子実体発達様式/fruiting body development style, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根株心腐病/butt heart rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物学的効率/biological efficiency, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 統計解析/statistical analysis, 腐生菌/saprobe, 菌床栽培/mushroom bed cultivation, 表面殺菌法/surface sterilization methodFirst record of two Ganoderma species from North East Nile Delta-Egyptエジプトにおいてベンガルボダイジュおよびレモンにそれぞれ根株心腐病を引き起こした多孔菌を採集した。形態学的検討および分子系統解析の結果、Ganoderma resinaceumiおよびマンネンタケ属の一種と同定された。両者をおが屑培地で栽培して成熟した子実体までの発達過程を観察し、マンネンタケ属の一種については鹿角状の形態も認めた。Ganoderma resinaceum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-05472ロシア産Antrodia属菌の新種および特筆すべき種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アオイ科/Malvaceae, コナラ属/Quercus, サマラ州/Samara, シナノキ属/Tilia, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トウヒ属/Picea, ニジニ・ノヴゴロド州/Nizhny Novgorod, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, 呈色反応/chemical reaction, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 褐色腐朽菌/brown rot fungiNew and noteworthy Antrodia species (Polyporales, Basidiomycota) in Russiaロシアにおいて広葉樹に発生した褐色腐朽菌の一種を検討し、Antrodia minutaとして新種記載した。本種は子実体が小型の傘状で、担子胞子が円筒形、2菌糸型で骨格菌糸を有することなどで特徴づけられた。また、新組み合わせFibroporia pseudorennyiを提唱したほか、F. gossypiumの分生子形成世代を初めて記録した。Antrodia malicola / Antrodia minuta★ / Antrodia sitchensis / Cartilosoma ramentaceum / Fibroporia pseudorennyi▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05471インド新産の黒穂菌2種2014International Journal of Research in Botany2014年の論文/published in 2014, International Journal of Research in Botany, イネ科/Poaceae, インド/India, エノコログサ属/Setaria, ギョウギシバ属/Cynodon, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 腥黒穂病/bunt, 花生息菌/floricolous fungus, 黒穂菌/smut fungiTwo new Smuts for Indiaインド、マハーラーシュトラ州からSporisorium normanensisおよびTilletia setariae-parvifloraeをインド新産種として報告した。前者はギョウギシバ、後者はSetaria tomentosaを宿主としていた。後者はタイから新種記載され、S. parvifloraeが宿主として知られていた。Sporisorium normanensis■ / Tilletia setariae-parviflorae■Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Ustilaginaceae/クロボキン科_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱_Exobasidiomycetidae/エクソバシデイウム亜綱_Tilletiales/ナマグサクロボキン目_Tilletiaceae/ナマグサクロボキン科
R3-05470ポーランド北東部、ビエブジャ国立公園産菌類の予備的研究 (3):微小菌類-新規データ2016Acta Mycologica2016年の論文/published in 2016, Acta Mycologica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アマドコロ属/Polygonatum, ガマズミ属/Viburnum, キク科/Asteraceae, キジカクシ科/Asparagaceae, サンザシ属/Crataegus, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ソラマメ属/Vicia, トウヒ属/Picea, バラ科/Rosaceae, ピートボグ/peat bog, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ヨモギ属/Artemisia, リター菌/litter fungi, レンプクソウ科/Adoxaceae, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 卵菌類/Oomycetes, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 希釈平板法/dilution plate method, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂丘/dune, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉面菌/leaf surface fungi, 釣菌法/baiting method, 難培養性菌/uncultured fungiPreliminary studies of fungi in the Biebrza National Park (NE Poland). Part III. Micromycetes – new dataポーランド、ビエブジャ国立公園において微小菌類の調査を実施し、292分類群を記録した。そのうち接合菌が27種、子嚢菌が232種、担子菌が27種であり、卵菌や細胞性粘菌も含まれた。67.5%にあたる197種が本国立公園における新産種であり、19種がポーランド新産種であった。Candelabrum spinulosum■ / Cephalotrichum nanum■ / Cercosporella lindaviana■ / Colletotrichum veratrina■ / Daldinia decipiens■ / Discosia fitzpatrickii■ / Discosia kabati■ / Discosia potentillae■ / Discosia quercicola■ / Mycosphaerella osborniae■ / Nemania aenea■ / Phaeosphaeria inclusa■ / Phomopsis amygdaliana■ / Pilobolus nanus■ / Piptocephalis fimbriata■ / Seimatosporium foliicola■ / Sphaceloma viburni■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Discosiaceae/ディスコシア科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科_Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Zoopagomycota/トリモチカビ門_Zoopagomycotina/トリモチカビ亜門_Zoopagomycetes/トリモチカビ綱_Zoopagales/トリモチカビ目_Myriangiales/ミリアンギウム目_Elsinoaceae/エルシノエ科
R3-05469ブルガリア産ハラタケ目菌類の稀産種および興味深い種に関する新規データ2014Ecologia Balkanica2014年の論文/published in 2014, Ecologia Balkanica, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ハンノキ属/Alnus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブルガリア/Bulgaria, ムクロジ科/Sapindaceae, リター菌/litter fungi, 保全生態学/conservation ecology, 堆肥/compost, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 植林地/plantation, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 絶滅危惧種/endangered species, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew Data about Some Rare and Interesting Agaricales Species in Bulgariaブルガリア産ハラタケ目菌類27種を報告した。ブルガリアからの2番目の報告となる種や稀産種なども含まれた。Agaricus bohusiiなど6種はブルガリアのレッドリストに掲載される保全対象種であった。Agaricus bohusii / Agaricus cupreobrunneus / Agaricus impudicus / Amanita caesarea / Amanita ovoidea / Amanita vittadinii / Battarrea phalloides■ / Chlorophyllum agaricoides / Conocybe pubescens■ / Conocybe rickenii■ / Coprinopsis radiata / Coprinus alopecius■ / Cortinarius bivelus / Hebeloma anthracophilum■ / Hebeloma fusipes / Hygrophorus piceae / Hymenogaster bulliardii / Hymenogaster hessei / Laccaria bicolor / Laccaria tortilis■ / Melanoleuca brevipes■ / Naucoria alnetorum / Pluteus aurantiorugosus / Pluteus petasatus / Stropharia luteonitens / Tricholoma hordum / Tubaria dispersa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科_Tricholomataceae/キシメジ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05468ブルガリア産大型菌類の稀産種および特筆すべき種2012Trakia Journal of Sciences2012年の論文/published in 2012, Trakia Journal of Sciences, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シッポゴケ属/Dicranum, シッポゴケ科/Dicranaceae, スギゴケ属/Polytrichum, スギゴケ科/Polytrichaceae, スッポンタケ類/phalloid fungi, ソバカズラ属/Fallopia, ソフィア州/Sofia, タデ科/Polygonaceae, ハンノキ属/Alnus, ピートボグ/peat bog, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブラゴエヴグラト州/Blagoewgrad, ブルガス州/Burgas, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミズゴケ属/Sphagnum, ミズゴケ科/Sphagnaceae, リター菌/litter fungi, ロヴェチ州, 保全生態学/conservation ecology, 再発見/rediscovery, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子紋/spore print, 腹菌類/gastromycetes, 膠質菌/jelly fungi, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungiSome rare and noteworthy larger fungi in Bulgaria23種のブルガリア産大型菌類を報告した。Paxillus rubicundulusをブルガリア新産種として報告した。残りの既知種の中には稀産種や絶滅危惧種も含まれた。Amanita strobiliformis / Cantharellus amethysteus / Cantharellus friesii / Cantharellus pallens / Clitocybe radicellata / Crinipellis mauretanica / Cudonia confusa / Discina ancilis / Ditiola peziziformis / Geopora arenicola / Gymnopus quercophilus / Laccaria proxima / Laccaria tortilis / Leotia lubrica / Leucocortinarius bulbiger / Leucopaxillus compactus / Marasmius collinus / Mutinus caninus / Paxillus rubicundulus■ / Pterula multifida / Spathularia flavida / Trichoglossum hirsutum / Tricholoma focaleBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cantharellales/アンズタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Cudoniaceae/ホテイタケ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Discinaceae/フクロシトネタケ科_Dacrymycetes/アカキクラゲ綱_Dacrymycetales/アカキクラゲ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科_Leotiaceae/ズキンタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科_Boletales/イグチ目_Paxillaceae/ヒダハタケ科_Pterulaceae/フサタケ科_Geoglossomycetes/テングノメシガイ綱_Geoglossales/テングノメシガイ目_Geoglossaceae/テングノメシガイ科
R3-05467全世界のヌメリイグチ属菌の検索表2013Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2013年の論文/published in 2013, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, 分類学的変遷/taxonomic changes, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 毒きのこ/poisonous mushroom, 疑問種/doubtful species, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsA world-wide key to the genus Suillusヌメリイグチ属の属および種レベルの検索表を作成した。また、Suillus americanus f. helveticusなど7件の新組み合わせを提唱した。全種の索引のほか、S. granulatusなど数種の分類に関するコメントを掲載した。Suillus americanus▲● / Suillus bresadolae▲● / Suillus grevillei▲● / Suillus pseudobrevipes▲● / Suillus umbrinus▲ / Suillus viscidus▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05466インド産の腐生性海生菌の新種Deniquelata vittalii、およびインド東海岸のマズーペット・マングローブにおける海生菌2新産種2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, アカザ科/Chenopodiaceae, インド/India, インド新産種/India_new record, サクラソウ科/Primulaceae, タミル・ナードゥ州/Tamil Nadu, ツノヤブコウジ属/Aegiceras, マツナ属/Suaeda, マングローブ林/mangrove forest, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 湿室法/moist chamber method, 潮間帯/intertidal zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵/fermentation, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 選択培地/selective mediumDeniquelata vittalii sp. nov., a novel Indian saprobic marine fungus on Suaeda monoica and two new records of marine fungi from Muthupet mangroves, East coast of Indiaインドのマングローブ林においてSuaeda monoicaの腐朽材に発生した海生菌の一種を検討し、Deniquelata vittaliiとして新種記載した。本報告はDeniquelata属菌の海生菌としての初報告となった。また、同所からFarasanispora avicenniaeおよびHysterium rhizophoraeをインド新産種として報告し、両種の新宿主を記録した。Deniquelata vittalii★ / Farasanispora avicenniae■ / Hysterium rhizophorae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Montagnulaceae/モンタグニュラ科_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科
R3-05465トリコモナスカス科の新属新種、Spencermartinsiella europaea2011International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2011年の論文/published in 2011, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, ウレアーゼ試験/urease test, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, コマーロム・エステルゴム県/Komárom-Esztergom, サクラ属/Prunus, スライド培養法/slide culture method, デンプン/starch, トネリコ属/Fraxinus, ノーグラード県/Nógrád, ハンガリー/Hungary, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブダペスト市/Budapest, ブナ科/Fagaceae, メチロトローフ酵母/methylotrophic yeast, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 二型性/dimorphism, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEM, 選択培地/selective medium, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance test, 集積培養/enrichment cultureSpencermartinsiella europaea gen. nov., sp. nov., a new member of the family Trichomonascaceaeハンガリーにおいて腐朽材から分離された酵母を検討し、新属新種Spencermartinsiella europaeaとして記載した。本種はヘテロタリックで、小歯上に出芽型分生子を形成し、半球形またはヘルメット形の子嚢胞子を含む単胞子性子嚢を形成した。本種は分子系統解析でトリコモナスカス科クレードに含まれ、複数の未記載種の酵母と近縁であった。Spencermartinsiella europaea★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-05464中国熱帯域産のイグチの新種、Lanmaoa rubriceps2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiLanmaoa rubriceps, a new bolete from tropical China中国海南省で採集された菌を検討し、Lanmaoa rubricepsとして新種記載した。本種は傘が橙赤色~深紅色で孔口が傷つくと青変、のちに赤褐色に変色し、傘表皮が毛状被であることなどで特徴づけられた。Lanmaoa属の形態形質がCyanoboletus属と重なることを示し、両属を統合するべきと提案した。Lanmaoa rubriceps★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05463Aplosporella thailandica:新種が明らかにしたアプロスポレラ科における有性-無性世代の繋がり2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, Mycosphere, TreeBASE, シノニム/synonym, スペルマチア/spermatia, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeAplosporella thailandica; a novel species revealing the sexual-asexual connection in Aplosporellaceae (Botryosphaeriales)タイ、チエンラーイ県において枯茎に生じた菌を検討し、Aplosporella thailandicaとして新種記載した。本種の有性世代はBagnisiella属に類似し、本科におけるテレオモルフ-アナモルフ関係が初めて分子データから立証された。また、アプロスポレラ科の無性世代におけるスペルマチアおよび厚壁胞子の形成を初めて報告した。Aplosporella thailandica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Aplosporellaceae/アプロスポレラ科
R3-05462コナラ属アカガシ亜属におけるErysiphe quercicolaの初記録2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コナラ属/Quercus, フェノロジー/phenology, ブナ科/Fagaceae, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生活環/life cycle, 絶対寄生菌/obligate parasite, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 複合種/species complexFirst record of Erysiphe quercicola (Ascomycota: Erysiphales) on species of Quercus subgenus Cyclobalanopsis (evergreen oaks, Fagaceae)日本においてアラカシおよびシラカシの葉に生じた菌を検討し、Erysiphe quercicolaと同定した。本種は従来コナラ属においてはコナラ亜属の種(ウバメガシ)が宿主として知られており、アカガシ亜属からの報告は初となった。本種は多犯性菌であることが既に明らかになっており、本種を含むE. alphitoides複合種5種のうち、アカガシ亜属を宿主とする種は本種のみであった。Erysiphe quercicolaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05461インド、ケララ州産のGerronema属2新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/riverTwo new species of Gerronema (Agaricales, Basidiomycota) from Kerala State, Indiaインド、ケララ州の森林で採集された2種の菌を検討し、それぞれGerronema kuruvenseおよびG. keralenseとして新種記載した。前者は子実体が小型で傘が橙黄色の漏斗状、襞が帯灰黄色でやや垂生し、担子胞子が非アミロイドで、側シスチジアを欠くことなどで特徴づけられた。後者は襞が垂生し柄が平滑、担子胞子が楕円形~類扁桃形または扁桃形で非アミロイド、傘シスチジアが集まりをなすことなどで特徴づけられた。Gerronema keralense★ / Gerronema kuruvense★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-05460中国南部産のシクエストレート菌の新種、Rossbeevera yunnanensis2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タイプスタディ/type study, 中国/China, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 腹菌類/gastromycetes, 雲南省/YunnanRossbeevera yunnanensis (Boletaceae, Boletales), a new sequestrate species from southern China中国雲南省で採集されたシクエストレート菌の一種を検討し、Rossbeevera yunnanensisとして新種記載した。本種は外皮が顕著に薄く、担子胞子が大型で紡錘状~紡錘形であることなどで特徴づけられた。嘴状突起と胞子長の比(HA/S比)が胞子の形状の記述に有用であることを示した。Rossbeevera yunnanensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05459インド、ケララ州産のホウライタケ属Globulares節の1新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 多系統群/polyphyletic group, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子紋/spore printA new species of Marasmius section Globulares from Kerala State, Indiaインド、ケララ州で採集された菌を検討し、Marasmius cystidiatusとして新種記載した。本種は傘が帯褐橙色で中央部が細かくひび割れ、柄表面が粉状で、側シスチジアおよび柄シスチジアを有する点などで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、Globulares節クレードにおいて独自の系統を形成した。Marasmius cystidiatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-05458フィンランド産の腐朽材上に生息する地衣類および地衣生菌類の多様性への追加2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, ウーシマー県/Uusimaa, カイヌー県/Kainuu, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カンタ=ハメ県/Kanta-Häme, クロサビコゴケ属/Placynthiella, コドラート調査/quadrat survey, トウヒ属/Picea, トラペリア科/Trapeliaceae, ヒースランド/heathland, フィンランド/Finland, フィンランド新産種/Finland_new record, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北カルヤラ県/North Karelia, 北欧新産種/Nordic_new record, 南西スオミ県/Southwest Finland, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 指標種/indicator species, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare speciesAdditions to the diversity of lichens and lichenicolous fungi living on decaying wood in Finlandフィンランドの13地域において腐朽材上に生息する痂状地衣および地衣生菌の多様性を調査した。Epigloea urospermaをフィンランド、Lecania furfuraceaをフェノスカンジアにおける新産種としてそれぞれ報告した。また、6種のMicarea属地衣を検討した。Epigloea urosperma■ / Lecania furfuracea■ / Micarea contexta / Micarea melaeniza / Micarea nigella / Micarea nowakii / Micarea soralifera / Micarea tomentosaAscomycota/子嚢菌門_Epigloeaceae/エピグレア科_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科
R3-05457中国産のSuillus spraguei複合種の2新種2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, GCPSR, Mycologia, TreeBASE, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 日本/Japan, 森林/forest, 植林地/plantation, 湖南省/Hunan, 生物地理学/biogeography, 群馬県/Gunma, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 貴州省/Guizhou, 長白山脈/Changbai Mountains, 長野県/Nagano, 隠蔽種/cryptic species, 雲南省/Yunnan, 韓国/South KoreaTwo new species in the Suillus spraguei complex from China北米東部および東アジア産のSuillus spragueiと同定された標本を検討し、本種が少なくとも3種の隠蔽種を含む複合種であることを示した。中国、日本、韓国において五葉松を宿主とする種をS. kwangtungensisとして新種記載した。また、中国南部においてPinus kwangtungensisを宿主とする種をS. phylopictusとして新種記載した。Suillus kwangtungensis★ / Suillus phylopictus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05456パキスタン新産のイグチ目菌類2016Pakistan Journal of Botany2016年の論文/published in 2016, Pakistan Journal of Botany, ギルギット・バルティスタン州/Gilgit-Baltistan, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 民族菌類学/ethnomycology, 水辺/waterside, 河川/river, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsNew Records of Order Boletales from Pakistanパキスタン、ギルギット・バルティスタン州において担子菌類の調査を実施し、Aureoboletus gentilisなどイグチ目菌類8種を報告した。そのうち6種がパキスタン新産種とみられた。ヌメリイグチ属菌の検索表を掲載した。Aureoboletus gentilis■ / Boletus reticulatus■ / Boletus subtomentosus■ / Suillus bovinus■ / Suillus granulatus / Suillus luteus■ / Suillus placidus / Suillus viscidus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05455ビーブレッドおよび蜂蜜から分離された絶対好稠性酵母の新種、Zygosaccharomyces favi2014Antonie van Leeuwenhoek2014年の論文/published in 2014, Antonie van Leeuwenhoek, ウレアーゼ試験/urease test, クローニング/cloning, デンプン/starch, ハチの巣/honeycomb, ハンガリー/Hungary, ビタミン要求性/vitamin requirement, ミツバチ属/Apis, ミツバチ科/Apidae, 二次構造/secondary structure, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 好稠菌/osmophilic fungus, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 昆虫の巣/insect nest, 最大生長温度/maximum growth temperature, 水分活性/water activity, 水試料/water sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 種内変異/intraspecific variation, 突然変異誘発, 蜂蜜/honey, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid productionZygosaccharomyces favi sp. nov., an obligate osmophilic yeast species from bee bread and honeyハンガリーにおいてビーブレッドおよび蜂蜜から分離された酵母を検討し、Zygosaccharomyces faviとして新種記載した。本新種は浸透圧の低い培地で生育できない点などで特徴づけられた。本種は球形~類球形の子嚢胞子を形成し、分子系統解析でZygosaccharomyces属クレードに含まれた。Zygosaccharomyces favi★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-05454DELTA支援表現型解析により同定されたTaifanglania属2新種2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, DELTA, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, メギ属/Berberis, メギ科/Berberidaceae, 中国/China, 四川省/Sichuan, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 江蘇省/Jiangsu, 耐熱性菌/heat-tolerant fungusTwo new Taifanglania species identified through DELTA-assisted phenetic analysis中国四川省および江蘇省において分離された土壌菌について、形態学的検討およびDELTAシステムによる解析を実施した。その結果を基に、Taifanglania berberidisおよびT. jiangsuensisの2新種を記載した。前者はコロニーが褐色でフィアライドの基部が膨らみ、分生子が紡錘形である点、後者はコロニーが黄色で分生子が楕円形または紡錘形で鎖生することなどでそれぞれ特徴づけられた。Taifanglania berberidis★ / Taifanglania jiangsuensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-05453熱帯産の種、Trametes lactineaは米国東部に広く分布する2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, コネチカット州/Connecticut, バージニア州/Virginia, フロリダ州/Florida, ペンシルバニア州/Pennsylvania, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 移入種/alien species, 米国新産種/USA_new record, 腐生菌/saprobeTropical Trametes lactinea is widely distributed in the eastern USATrametes lactineaを米国新産種として報告した。本種は米国東部のバージニア州からコネチカット州にかけての複数箇所で採集され、局所的にごく普通種であることが明らかになった。本種と類似のT. elegansとの形質比較表を掲載した。Trametes lactinea■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05452インド・ヒマラヤ産のニガイグチ属2新種および1新産種、およびそれらの形態学的詳細と系統学的推定2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, Open Database License, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コナラ属/Quercus, シイ属/Castanopsis, シッキム州/Sikkim, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complexTwo new species and one new record of the genus Tylopilus (Boletaceae) from Indian Himalaya with morphological details and phylogenetic estimationsインド、シッキム州およびウッタラーカンド州で採集された2種の菌を検討し、Tylopilus himalayanusおよびT. pseudoballouiとして新種記載した。前者は針葉樹の樹下に発生して傘が帯赤褐色~褐色で柄に網目を欠き、後者は広葉樹の樹下に発生し、傘が橙黄色~褐黄色で粘性があり、孔口面が淡黄色で桃色を帯び、柄に網目を欠くことなどで特徴づけられた。また、日本、中国などから知られていたT. neofelleusをインド新産種として報告した。Tylopilus himalayanus★ / Tylopilus neofelleus■ / Tylopilus pseudoballoui★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05451中国、チベット産の新種Aureoboletus quercus-spinosae2017Mycoscience2017年の論文/published in 2017, Mycoscience, コナラ属/Quercus, チベット自治区/Tibet, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 亜高山帯/subalpine zone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 温帯域/temperate zone, 生物地理学/biogeography, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungiAureoboletus quercus-spinosae, a new species from Tibet of ChinaチベットにおいてQuercus spinosaの樹下に発生した菌を検討し、Aureoboletus quercus-spinosaeとして新種記載した。本種は子実体が小型で、傘が淡黄色~帯褐赤色、管孔が帯灰黄色~オリーブ黄色で僅かに青変し、担子胞子が大型であることなどで特徴づけられた。本種は地理的分布が近く、傘の粘性や管孔の色なども類似しているA. duplicatoporusおよびA. zangiiと姉妹群を形成した。Aureoboletus quercus-spinosae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05450ブラジル、パラナ州産Clitocella属およびRhodocybe属菌の新種、新組み合わせ、および記録2018Darwiniana nueva serie2018年の論文/published in 2018, Darwiniana nueva serie, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEMNew species, new combination, and notes on Clitocella and Rhodocybe (Entolomataceae) from Paraná state, Brazilブラジル、パラナ州で採集された菌を検討し、そのうちの一種をClitocella pallescensとして新種記載した。ブラジル新産種のClitocybe himantiigenaをClitocella属に移した。また、Rhodocybe galerinoidesおよびC. himantiigenaをブラジル新産種として報告した。Clitocella himantiigena▲■ / Clitocella pallescens★ / Rhodocybe caelatoidea / Rhodocybe galerinoides■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05449Boletus rubricitrinusはPulchroboletus属に含まれる2017Czech Mycology2017年の論文/published in 2017, Czech Mycology, TreeBASE, エピタイプ指定/epitype designation, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, フロリダ州/Florida, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新組み合わせ提唱/new combination, 環境配列/environmental sequence, 種の境界/species delimitation, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌核/sclerotium, 菌根菌/mycorrhizal fungiBoletus rubricitrinus belongs in Pulchroboletus (Boletaceae)Boletus rubricitrinusの分子データを初めて検討した。分子系統解析の結果に基づき、本種をPulchroboletus属に移した。また、米国フロリダ州産の標本を本種のエピタイプ標本に指定した。Pulchroboletus rubricitrinus▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05448ギリシャ産地下生菌の近年の記録2008Acta Mycologica2008年の論文/published in 2008, Acta Mycologica, カバノキ科/Betulaceae, ギリシャ/Greece, ギリシャ新産種/Greece_new record, コナラ属/Quercus, ゴジアオイ属/Cistus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ハシバミ属/Corylus, ハンニチバナ科/Cistaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白トリュフ/white truffle, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 酸性土壌/acidic soil, 食用きのこ/edible mushrooms, 黒トリュフ/black truffleRecent records of hypogeous fungi in Greeceギリシャから初報告となる地下生菌の23分類群を掲載した。その中には商業的な価値の高い食用きのこも含まれた。温暖かつ乾燥した気候にもかかわらず、ギリシャにおける地衣生菌の多様性が高いことが示された。Balsamia vulgaris■ / Elaphomyces muricatus■ / Gautieria graveolens■ / Gautieria morchellaeformis■ / Genea fragrans■ / Hydnocystis clausa■ / Hymenogaster bulliardii■ / Hysterangium calcareum■ / Melanogaster broomeanus■ / Melanogaster variegatus■ / Melanogaster vittadinii■ / Tuber aestivum■ / Tuber borchii■ / Tuber brumale■ / Tuber excavatum■ / Tuber melanosporum■ / Tuber mesentericum■ / Tuber panniferum■ / Tuber puberulum■ / Tuber rufum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Elaphomycetales/ツチダンゴ目_Elaphomycetaceae/ツチダンゴ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科_Hysterangiales/ヒステランギウム目_Hysterangiaceae/ヒステランギウム科_Boletales/イグチ目_Melanogastraceae/メラノガステル科_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-05447ギリシャ産地下生菌の新規データ:特にWakefieldia macrosporaおよびGeopora clausaについて2011Mycologia Balcanica2011年の論文/published in 2011, Mycologia Balcanica, アッティカ地方/Attica, オリーブ属/Olea, ギリシャ/Greece, ギリシャ新産種/Greece_new record, コナラ属/Quercus, ゴジアオイ属/Cistus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, チャボトウジュロ属/Chamaerops, テッサリア地方/Thessaly, ハンニチバナ科/Cistaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤシ科/Arecaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew data on hypogeous fungi from Greece with special reference to Wakefieldia macrospora (Hymenogastraceae, Agaricales) and Geopora clausa (Pyronemataceae, Pezizales)ギリシャ産の地下生菌としてBalsamia vulgarisなど5種の新規データを掲載した。そのうちHydnocystis piligera、Sclerogaster compactus、Wakefieldia macrosporaをギリシャ新産種として報告した。分子系統解析の結果、Wakefieldia属がワカフサタケ属に近縁であることなどが示された。Balsamia vulgaris / Geopora clausa / Hydnocystis piligera■ / Sclerogaster compactus■ / Wakefieldia macrospora■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Sclerogastraceae/スクレロガスター科_Octavianiaceae/ホシミノタマタケ科
R3-05446分子および形態学的根拠に基づき明らかになった中国熱帯産のキクラゲ目の1新属新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収斂進化/convergent evolution, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeMolecular and morphological evidence reveal a new genus and species in Auriculariales from tropical China中国雲南省で採集された材生息菌の一種を検討し、新属新種Grammatus labyrinthinusとして記載した。本種は子実体が一年生で背着生、子実層托が類孔口状で、担子器に縦隔壁を有し、担子胞子が長楕円形~円筒形、2菌糸型であることなどで特徴づけられた。また、形態学的検討および分子系統解析の結果を基に、Heteroradulum semisを本新属に移した。Grammatus labyrinthinus★ / Grammatus semis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科
R3-05445甲虫の腸内から分離された子嚢菌酵母の2新種、Candida baotianmanensisおよびCandida pseudoviswanathii2015International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2015年の論文/published in 2015, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, Polyphaga属, ウレアーゼ試験/urease test, オオクワガタ属, クワガタムシ科, ケシキスイ科/Nitidulidae, デンプン/starch, フチケケシキスイ属, ムカシゴキブリ科, 中国/China, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 山地/mountains, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 河南省/Henan, 温帯域/temperate zone, 発酵試験/fermentation test, 種の境界/species delimitation, 胞子形成誘導/sporulation induction, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance testCandida baotianmanensis sp. nov. and Candida pseudoviswanathii sp. nov., two ascosporic yeast species isolated from the gut of beetles中国河南省において昆虫の腸内から分離された酵母を検討し、Candida baotianmanensisおよびC. pseudoviswanathiiの2新種を記載した。前者はケシキスイ科およびムカシゴキブリ科昆虫、後者はクルビデンスオオクワガタおよび甲虫の幼虫から分離された。分子系統解析で両種はCandida/Lodderomycesクレードに含まれた。Candida baotianmanensis★ / Candida pseudoviswanathii★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-05444Lodderomyces属クレードに含まれるD-キシロース発酵性の酵母の新種、Nematodospora anomalae2016International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2016年の論文/published in 2016, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, ウレアーゼ試験/urease test, コガネムシ科/Scarabaeidae, スジコガネ属, デンプン/starch, バイオエタノール/bioethanol, 中国/China, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 河南省/Henan, 発酵/fermentation, 発酵試験/fermentation test, 種の境界/species delimitation, 統計解析/statistical analysis, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance test, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNematodospora anomalae sp. nov., a novel and D-xylose-fermenting yeast species in the Lodderomyces clade中国河南省においてスジコガネ属甲虫から分離された酵母を検討し、Nematodospora anomalaeとして新種記載した。本種はD-キシロース発酵能を有し、同じく甲虫から分離されたN. valgiに近縁であった。本新種は分子系統解析でLodderomyces属クレードに含まれ、当該クレードが複数の属からなる非単系統群であることも示された。Nematodospora anomalae★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Debaryomycetaceae/デバリオマイセス科
R3-05443単胞子性で黄色の地衣体を有する新種Rhizocarpon smaragdulumおよびアルタイ山脈産のチズゴケ属地衣の新産種2017The Lichenologist2017年の論文/published in 2017, The Lichenologist, アルタイ共和国/Altai Republic, アルタイ山脈/Altai Mountains, シベリア/Siberia, ツンドラ/tundra, トゥヴァ共和国/Tyva, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, マロン酸類/malonic acids, リゾカルプ酸/rhizocarpic acid, ロシア/Russia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 同所的種分化/sympatric speciation, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 種分化/speciation, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 菌寄生菌/mycoparasite, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 隔離分布/disjunct distribution, 高山帯/alpine regionRhizocarpon smaragdulum, a new monosporic yellow-thalline species and some additional species of the genus Rhizocarpon from the Altai Mountains (Siberia)シベリアで採集された地衣の一種を検討し、Rhizocarpon smaragdulumとして新種記載した。本種は地衣体が黄色、子嚢が単胞子性、子嚢胞子が無色石垣状であり、リゾカルプ酸を含むことなどで特徴づけられた。また、シベリア新産種としてR. atroflavescens、アルタイ山脈新産種としてR. norvegicumをそれぞれ報告した。Rhizocarpon atroflavescens■ / Rhizocarpon norvegicum■ / Rhizocarpon smaragdulum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科
R3-05442コスタリカ、ラ・セルバ生物学実験所産の新種、Cyathus tenuicorticalis2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Studies in Fungi, エレディア州/Heredia, コスタリカ/Costa Rica, シクエストレート菌/sequestrate fungus, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 降水量/precipitationCyathus tenuicorticalis (Agaricales, Basidiomycota), a new species from La Selva Biological Station, Costa Ricaコスタリカにおいて腐朽材に発生した腹菌の一種を検討し、Cyathus tenuicorticalisとして新種記載した。本種は外皮表面が顕著な剛毛状で、小塊粒の皮層が非常に薄く2層からなることなどで特徴づけられた。本種はBrodieの分類におけるグループIVとグループVIIの特徴を併せ持っていた。Cyathus tenuicorticalis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05441トルコ産のRoccella elisabethaeおよびその地衣生菌Arthonia follmanniana2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, メルスィン県/Mersin, リトマスゴケ属/Roccella, リトマスゴケ科/Roccelaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 樹状地衣/fruticose lichen, 珪質岩/siliceous rocksRoccella elisabethae with lichenicolous Arthonia follmanniana in Turkeyトルコ新産種としてRoccella elisabethaeおよびその地衣生菌Arthonia follmannianaを報告した。両種はメルスィン県において珪質岩の岩壁に発生していた。R. elisabethaeはA. follmannianaの新宿主として報告された。Arthonia follmanniana■ / Roccella elisabethae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Roccellaceae/ロクセラ科
R3-05440パキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州産のさび菌の新産種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, さび菌/rust fungi, イネ科/Poaceae, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, チガヤ属/Imperata, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, モロコシ属/Sorghum, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungiNew reports of rust fungi from Malakand, Khyber Pakhtunkhwa, Pakistanパキスタン新産種としてPuccinia microsporaおよびP. nakanishikiiを報告した。前者はチガヤ、後者はセイバンモロコシをそれぞれ宿主としていた。両種の記載文、生態写真、顕微鏡写真、胞子のスケッチなどを掲載した。Puccinia microspora■ / Puccinia nakanishikii■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-05439中国産の地下生腹菌の新種Lactarius sulphosmusおよびハラタケ型の新種Russula vinosobrunneola2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, UNITE, シクエストレート菌/sequestrate fungus, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 福建省/Fujian, 胞子紋/spore print, 腹菌化/gastromycetization, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒竜江省/HeilongjiangHypogeous gasteroid Lactarius sulphosmus sp. nov. and agaricoid Russula vinosobrunneola sp. nov. (Russulaceae) from China中国福建省の亜熱帯林で採集された地下生菌の一種を検討し、Lactarius sulphosmusとして新種記載した。また、黒竜江省の針葉樹林に発生した菌をRussula vinosobrunneolaとして新種記載した。前者は白色の乳液と強い硫黄臭、叉状分岐する担子胞子の装飾などで、後者は黄色の胞子紋および担子胞子の網目状装飾などでそれぞれ特徴づけられた。Lactarius sulphosmus★ / Russula vinosobrunneola★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05438P. rudectaグループの新種Punctelia eganiiおよびその本属初の二次代謝産物2011Opuscula Philolichenum2011年の論文/published in 2011, Opuscula Philolichenum, アトラノリン類/atranorins, アラバマ州/Alabama, キサントン類/xanthones, サリチル酸類/salicylic acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, リケキサントン類/lichexanthones, レカノール酸/lecanoric acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 化学型/chemical type, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 種概念/species concept, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyPunctelia eganii, a new species in the P. rudecta group with a novel secondary compound for the genus米国アラバマ州で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Punctelia eganiiとして新種記載した。本種はP. rudectaグループに含まれ、当該種と形態的に同一であった。本種からはハクテンゴケ属初の二次代謝産物となるリケキサントンが見出された。Punctelia eganii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05437ガイアナ産の新規イグチ科菌類:新属新種Binderoboletus segoi、新属新種Guyanaporus albipodus、新属新種Singerocomus rubriflavus、およびXerocomus inundabilisに対する新組み合わせ2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, Aldina属, Dicymbe属, Mycologia, TreeBASE, アッパー・デメララ=ベルビセ州/Upper Demerara-Berbice, ガイアナ/Guyana, ガイアナ新産種/Guyana_new record, クユニ=マザルニ州/Cuyuni-Mazaruni, コドラート調査/quadrat survey, タイプスタディ/type study, ポタロ・シパルニ州/Potaro-Siparuni, マメ科/Fabaceae, ラテライト/laterite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 子実体発生調査/survey of fruiting bodies, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMNew Boletaceae taxa from Guyana: Binderoboletus segoi gen. and sp. nov., Guyanaporus albipodus gen. and sp. nov., Singerocomus rubriflavus gen. and sp. nov., and a new combination for Xerocomus inundabilisガイアナのパカライマ山地および周辺地域から3種の新属新種(Binderoboletus segoi、Guyanaporus albipodus、Singerocomus rubriflavus)を記載した。また、ブラジルのみから知られていたXerocomus inundabilisを再記載し、本種をSingerocomus属に移した。各種について複数遺伝子に基づく分子系統解析および担子胞子のSEM観察などを行った。Binderoboletus segoi★ / Guyanaporus albipodus★ / Singerocomus inundabilis▲■ / Singerocomus rubriflavus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05436アラスカ州レイククラーク国立公園およびカットマイ国立公園保護区における地衣類の生物多様性および生態2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, アラスカ州/Alaska, オキセピン類/oxepins, カバノキ科/Betulaceae, カルボン酸類/carboxylic acids, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, スチクチン酸類/stictic acids, ツンドラ/tundra, デプシド類/depsides, トウヒ属/Picea, ハンノキ属/Alnus, パンナリン類/pannarins, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, マツ科/Pinaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 化学型/chemical type, 北米新産種/North America_new record, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 垂直分布/vertical distribution, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 未知成分/unknown component, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 発生頻度/frequency of occurrence, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 複合種/species complex, 誤同定/misidentification, 配列決定/sequencing, 降水量/precipitation, 降雪量, 高山帯/alpine regionBiodiversity and ecology of lichens of Katmai and Lake Clark National Parks and Preserves, Alaska米国アラスカ州のレイククラーク国立公園およびカットマイ国立公園保護区において地衣類の調査を実施した。地衣類896分類群、地衣生菌類15分類群、非地衣化菌類7分類群を報告し、4件の新組み合わせを提唱した。これらには10新種(全て既報で報告済)、北米新産種6種(1種報告済)、アラスカ州新産種16種が含まれた。Aspicilia bicensis■ / Aspicilia sipeana■ / Calicium parvum■ / Calicium trabinellum■ / Caloplaca fuscorufa■ / Cetraria minuscula▲ / Chaenotheca phaeocephala■ / Chaenothecopsis epithallina■ / Enchylium bachmanianum▲ / Fuscidea intercincta■ / Lecanora laatokkensis■ / Lecanora leucococca■ / Lecanora pringlei■ / Protomicarea alpestris▲ / Protoparmelia memnonia■ / Ptychographa xylographoides■ / Rhizocarpon leptolepis■ / Rhizocarpon oederi■ / Rhizocarpon sinense■ / Rinodina badiexcipula■ / Rinodina colobina■ / Rinodina milvina■ / Rinodina willeyi■ / Sclerophora coniophaea■ / Varicellaria lactea■ / Zahlbrucknerella fabispora■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Fuscideaceae/フスキデア科_Psoraceae/プソラ科_Xylographaceae/ザイログラファ科_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Ochrolechiaceae/ニクイボゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科
R3-05435カラマツ属植物を宿主とするインドおよびネパールのヒマラヤ亜高山帯産の新種、Suillus adhikarii2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, インド/India, カラマツ属/Larix, シッキム州/Sikkim, スライド培養法/slide culture method, ネパール/Nepal, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ科/Pinaceae, 中部開発区域/Central Development Region (Nepal), 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 検索表/identification key, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiSuillus adhikarii, a new species from the subalpine Himalaya of India and Nepal associated with Larixインドおよびネパールのヒマラヤ山脈の亜高山帯で採集された菌を検討し、Suillus adhikariiとして新種記載した。本種は2種のカラマツ属樹木と菌根を形成しているとみられ、傘に中丘を有し、孔口面が黄色で傷つくと橙褐色~褐色に変色し、柄に襟状の顕著な肉桂褐色の領域を有することなどで特徴づけられた。ヒマラヤ産のカラマツ属樹木が宿主として知られているヌメリイグチ属菌の検索表を掲載した。Suillus adhikarii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05434パキスタン、ヒマラヤ西部産の新種Suillus marginielevatusおよび新産種S. triacicularis2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, コナラ属/Quercus, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食毒不明/edibility unknownSuillus marginielevatus, a new species and S. triacicularis, a new record from Western Himalaya, Pakistanパキスタンの温帯湿潤林で採集された菌を検討し、Suillus marginielevatusとして新種記載した。本種は傘の縁部がめくれ上がり、柄が屈曲し、つばを欠くことなどで特徴づけられた。また、S. triacicularisをパキスタン新産種として報告した。Suillus marginielevatus★ / Suillus triacicularis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05433ブラジルにおいて油糧種子作物に炭腐病を引き起こす、5遺伝子領域のベイズ解析により明らかになったMacrophomina属の新規系統学的種2018European journal of Plant Pathology2018年の論文/published in 2018, European journal of Plant Pathology, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, トウゴマ属/Ricinus, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナンヨウアブラギリ属/Jatropha, バイーア州/Bahia, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, マメ科/Fabaceae, ラッカセイ属/Arachis, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 炭腐病, 畑地/farmland, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 菌核/sclerotium, 隠蔽種/cryptic speciesBayesian analyses of five gene regions reveal a new phylogenetic species of Macrophomina associated with charcoal rot on oilseed crops in Brazil油糧種子作物に炭腐病を引き起こすMacrophomina属菌の形態学的・系統学的検討を実施した。Ricinus communisおよびJatropha gossypifoliaから分離された菌株がM. phaseolinaと異なることを示し、M. euphorbiicolaとして新種記載した。本種は培養下で胞子を形成せず、M. phaseolinaとは隠蔽種として分子データのみにより区別された。Macrophomina euphorbiicola★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-05432全世界のヌメリイグチ属菌ITS配列の系統学的評価により支持された形態学的に定義された種および判明したシノニムと未記載分類群2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Mycologia, TreeBASE, UNITE, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 共進化/coevolution, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 未記載種/undescribed species, 環境配列/environmental sequence, 生物地理学/biogeography, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 種概念/species concept, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 非合法名/illegitimate namePhylogenetic assessment of global Suillus ITS sequences supports morphologically defined species and reveals synonymous and undescribed taxa全世界のヌメリイグチ属菌を対象とした、ITSバーコード領域に基づく大規模な系統学的研究を実施した。形態に基づく種の境界が系統学的種と概ね一致することが判明した一方、ITSのみでは解明されなかった種群や未記載種の存在も明らかになった。Suillus tomentosus var. discolorを種に昇格させるとともに、数種のシノニムを提唱した。Suillus discolor▲●Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05431中国熱帯域産のウツロイイグチ属菌2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungiThe genus Xanthoconium (Boletaceae, Boletales) in tropical China中国海南省の熱帯林で採集された菌を検討し、、Xanthoconium fusciccepsとして新種記載した。本種は傘が暗褐色で表面が小皺状または点状、担子胞子が黄金色、シスチジアに黄金褐色の色素を含むことなどで特徴づけられた。また、従来広東省(亜熱帯域)から知られていたX. sinensisを海南省から報告した。Xanthoconium fusciceps★ / Xanthoconium sinense■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05430顕著に放射状に配列した孔口を有するコショウイグチ属1新種2016Mycoscience2016年の論文/published in 2016, Mycoscience, TreeBASE, コウヨウザン属/Cunninghamia, コナラ属/Quercus, シイ属/Castanopsis, ヒノキ科/Cupressaceae, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 湖南省/Hunan, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌根菌/mycorrhizal fungiA new species of Chalciporus (Boletaceae, Boletales) with strongly radially arranged pores中国湖南省および広東省で採集された菌を検討し、Chalciporus radiatusとして新種記載した。本種は子実層托が帯赤褐色~褐色で垂生し、孔口が放射状に配列し、味が温和であることなどで特徴づけられた。コショウイグチ属菌のほとんどが特定の大陸に限って分布するが、本種はC. piperatus以外で唯一、中国および近隣諸国における分布が記録された種となった。Chalciporus radiatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05429メキシコ新産種、Mayamontana coccolobae2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Byrsonima属, Gymnopodium属, Studies in Fungi, アカミノキ属, カンペチェ州/Campeche, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, キントラノオ科/Malpighiaceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タデ科/Polygonaceae, ハマベブドウ属/Coccoloba, マメ科/Fabaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分布域の変化/changes in the distribution area, 切片/section, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 都市環境/urban environmentFirst record of Mayamontana coccolobae (Stephanosporaceae: Agaricales) from Mexico半地下生菌のMayamontana coccolobaeをメキシコ新産種として報告した。本種はベリーズのみから知られており、本報告は全世界で2番目となった。本種はメキシコにおいては撹乱を受けた低地林および都市部の庭園に発生しており、ベリーズから分布域が拡大した可能性も考えられた。Mayamontana coccolobae■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科
R3-05428中国湖南省産のイグチの新種、Aureoboletus formosus2015Mycological Progress2015年の論文/published in 2015, Mycological Progress, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 湖南省/Hunan, 菌根菌/mycorrhizal fungiAureoboletus formosus, a new bolete species from Hunan Province of China中国湖南省の広葉樹林地上に単生~散生した菌を検討し、Aureoboletus formosusとして新種記載した。本種は傘が桃色~帯褐赤色で粘性を有し、管孔が鮮黄色で老成すると帯灰黄色に変色し、担子胞子が大型であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析ではAureoboletus属クレードにおいて独自の系統を形成した。Aureoboletus formosus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05427中国におけるHyalorbilia属菌の1新産種および既知種4種の新規分布2016雲南農業大学学報(自然科学)2016年の論文/published in 2016, アジア新産種/Asia_new record, ツルサイカチ属/Dalbergia, マメ科/Fabaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 切片/section, 四川省/Sichuan, 培養性状/colony characteristics, 安徽省/Anhui, 広東省/Guangdong, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 江蘇省/Jiangsu, 江西省/Jiangxi, 河南省/Henan, 浙江省/Zhejiang, 湖北省/Hubei, 湖南省/Hunan, 福建省/Fujian, 貴州省/Guizhou, 雲南省/Yunnan, 雲南農業大学学報(自然科学)A New Record and New Distributions of Four Known Species of Hyalorbilia from China中国新産種として、従来チェコから知られていたHyalorbilia fusisporaを報告した。本種は子嚢胞子がほぼ紡錘状であり、”spore body”が球形であることなどで特徴づけられた。また、H. berberidisなど4種の既知種の新規採集地を報告した。Hyalorbilia arcuata■ / Hyalorbilia berberidis / Hyalorbilia erythrostigma■ / Hyalorbilia fusispora■ / Hyalorbilia juliae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科
R3-05426Dictyosporium属新種、Dictyocheirospora属の新組み合わせ、およびディクティオスポリウム科のバックボーン系統樹の改訂2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, タチノウゼン属, チエンラーイ県/Chiang Rai, トラート県/Trat, ナツメヤシ属/Phoenix, ノウゼンカズラ科/Bignoniaceae, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, パンガー県/Phang Nga, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 洞窟/cave, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 貴州省/GuizhouNew species in Dictyosporium, new combinations in Dictyocheirospora and an updated backbone tree for Dictyosporiaceaeタイの4県および中国貴州省の河川において水中に沈んだ材に生じた菌を検討し、Dictyocheirospora属3種およびDictyosporium属4種を得た。そのうちDictyos. tubulatumおよびDictyos. tratenseの2新種を記載した。これらの種を含むディクティオスポリウム科菌類の系統樹を掲載するとともに、Dictyocheirospora属に4件の新組み合わせを提唱した。Dictyocheirospora bannica■ / Dictyocheirospora hydei▲ / Dictyocheirospora indica▲ / Dictyocheirospora musae▲ / Dictyocheirospora rotunda / Dictyocheirospora tetraploides▲ / Dictyosporium nigroapice / Dictyosporium tratense★ / Dictyosporium tubulatum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dictyosporiaceae/ディクティオスポリウム科
R3-05425中国産材生息性淡水生菌類 (1):雲南省北西部産の新属新種Aquadictyospora lignicolaおよび新産種Pseudodictyosporium wauense2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanLignicolous freshwater fungi from China I : Aquadictyospora lignicola gen. et sp. nov. and new record of Pseudodictyosporium wauense from northwestern Yunnan Province中国雲南省の河川において水中に沈んだ材を採集し、湿室法で得られた菌を検討した。そのうちの一種を新属新種Aquadictyospora lignicolaとして記載した。また、Pseudodictyosporium wauenseを中国新産種として報告した。Aquadictyospora lignicola★ / Pseudodictyosporium wauense■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dictyosporiaceae/ディクティオスポリウム科
R3-05424新属新種Chlorostroma subcubisporum、およびThuemenella cubisporaの系統的位置について2007Sydowia2007年の論文/published in 2007, Sydowia, アカコブタケ属/Hypoxylon, クロサイワイタケ科/Xylariaceae, ノースカロライナ州/North Carolina, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 米国/USA, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 難培養性菌/uncultured fungiChlorostroma subcubisporum gen. et sp. nov. and notes on the systematic position of Thuemenella cubispora米国ノースカロライナ州においてHypoxylon perforatumの子座に生じた核菌の一種を検討し、新属新種Chlorostroma subcubisporumとして記載した。本種は子座が緑色で、子嚢頂部に顕著な構造を欠き、子嚢胞子が褐色でいくぶん立方体状であり、発芽溝を有することなどで特徴づけられた。また、Thuemenella cubisporaはNodulisporium属類似のアナモルフを有することから暫定的にクロサイワイタケ科に含められていたが、分子データによりそれが強く裏付けられた。Chlorostroma subcubisporum★ / Thuemenella cubisporaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05423Allopsalliota属の再検討によりMicropsalliota属のシノニムであることが示唆された2016Mycoscience2016年の論文/published in 2016, Mycoscience, TreeBASE, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, サンザシ属/Crataegus, シェッファー反応/Schäffer reaction, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トネリコ属/Fraxinus, ニワトコ属/Sambucus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, レンプクソウ科/Adoxaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新組み合わせ提唱/new combination, 胞子紋/spore printA reexamination of Allopsalliota indicates synonymy with Micropsalliota (Agariceae, Agaricaceae, Agaricales, Basidiomycota)単型属Allopsalliota属の基準種、A. geesteraniを形態形質および分子系統解析に基づき再検討した。その結果から、本属をMicropsalliota属のシノニムとする結論に至った。また、Micropsalliota属がLeucoagaricus-Leucocoprinusクレードよりもハラタケ属により近縁であることも示された。Micropsalliota geesterani▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05422チェコにおいてセロリの苗に生じた新産種、Pythium mastophorum2017Czech Mycology2017年の論文/published in 2017, Czech Mycology, オランダミツバ属, コッホの原則/Koch_s postulation, セリ科/Apiaceae, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, 分子同定/molecular identification, 南モラヴィア州/South Moravian, 卵菌類/Oomycetes, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 新規プライマー設計/novel primer designation, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温室/greenhouse, 特異的PCR/specific PCR, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 致死率/mortality rate, 萎凋病/wilt, 表面殺菌法/surface sterilization method, 配列決定/sequencingFirst record of Pythium mastophorum on celery seedlings in the Czech Republicチェコ、南モラヴィア州の温室においてセロリの苗に発生した根腐病の原因菌を検討した。形態学的検討およびITS領域の塩基配列に基づき、原因菌をPythium mastophorumと同定した。接種試験により本種のセロリおよびパセリに対する病原性を確かめた。Pythium mastophorum■Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Pythiales/フハイカビ目_Pythiaceae/フハイカビ科
R3-05421形態および分子の証拠により支持された日本産のエンドファイトの新種、Chaetomella endophytica2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 山口県/Yamaguchi, 新種記載/new species, 日本/Japan, 森林/forest, 表面殺菌法/surface sterilization methodMorphological and molecular evidence support a new endophytic fungus, Chaetomella endophytica from Japan山口県においてRosa arvensisから分離されたエンドファイトの一種を検討し、Chaetomella endophyticaとして新種記載した。本種は同属他種よりも分生子のサイズが小さいことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でサブクレードIに含まれ、C. zambiensisと姉妹群を形成した。Chaetomella endophytica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Chaetomellaceae/ケートメラ科
R3-05420韓国産の新種、Tubakia seoraksanensis2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江原道/Kangwon-do, 葉面菌/leaf surface fungi, 配列決定/sequencing, 韓国/South KoreaTubakia seoraksanensis, a new species from Korea韓国江原道雪岳山においてモンゴリナラの葉に生じた菌を検討し、Tubakia seoraksanensisとして新種記載した。本種は宿主の葉に壊死性の病斑を生じ、中肋に沿って分生子果を形成した。本種はコロニーの色が類似するT. japonicaよりも分生子のサイズがずっと小型であった。Tubakia seoraksanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-05419中国北西部産の見過ごされてきた岩上生地衣の新種、Diploschistes wui2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, TreeBASE, サリチル酸類/salicylic acids, レカノール酸/lecanoric acid, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyDiploschistes wui sp. nov., an overlooked saxicolous lichen from Northwestern China中国、新疆ウイグル自治区で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Diploschistes wuiとして新種記載した。本種は地衣体が帯青灰色で薄く、子器盤に粉霜を欠き、子嚢が8胞子性で、子嚢胞子が小型であることなどで特徴づけられた。ITS領域の分子系統解析では、本種はD. scruposusグループあるいはDiploschistes亜属のクレードにおいて独自の系統を形成した。Diploschistes wui★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05418rDNAオペロンリピートの内部多様性により明らかになったブドウの生態系に存在する新種、Ogataea uvarumにおける初期の進行中の種分化2018Frontiers in Microbiology2018年の論文/published in 2018, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, Frontiers in Microbiology, SNP解析/SNP genotyping, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イタリア/Italy, ウレアーゼ試験/urease test, キシラナーゼ/xylanase, クローニング/cloning, グルコシダーゼ/glucosidase, デンプン/starch, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, プッリャ州/Puglia, プロテイナーゼ/proteinase, メタゲノム/metagenomics, リパーゼ/lipase, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 協調進化/concerted evolution, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 次世代シーケンシング/next generation sequencing, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 誤同定/misidentification, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 酸産生/acid productionEarly Ongoing Speciation of Ogataea uvarum Sp. Nov. Within the Grape Ecosystem Revealed by the Internal Variability Among the rDNA Operon Repeatsイタリア、プッリャ州のブドウ園において分離された酵母の一種を検討し、Ogataea uvarumとして新種記載した。本種の塩基配列にサンガーシーケンシングによりダブルピークが複数認められたことから、クローニングにより単一コピーの解析を行い、種内変異の頻度を明らかにした。変異の存在によって次世代シーケンシングによるα多様性の推定が過大になるおそれを指摘するとともに、rDNAシストロンのコピー数の多様性を酵母の種分化過程の指標として利用できる可能性を示した。Ogataea uvarum★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-05417中国の熱帯域に産したエンドファイトの新種、Pestalotiopsis hainanensisの分子および形態学的記載2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, マキ属/Podocarpus, マキ科/Podocarpaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子形成誘導/sporulation induction, 菌類相調査/mycofloristic survey, 表面殺菌法/surface sterilization methodMolecular and morphological description of Pestalotiopsis hainanensis sp. nov., a new endophyte from a tropical region of China中国海南省においてイヌマキの幹から分離されたエンドファイトを検討し、Pestalotiopsis hainanensisとして新種記載した。本種は分生子の縦横比が大きく、基部に付属糸を欠くことなどで特徴づけられた。本種と類似の同属他種との形質比較表を掲載した。Pestalotiopsis hainanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科
R3-05416分子および形態学的解析により支持された米国中西部産の黄色のアンズタケの新種、Cantharellus chicagoensis2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, Mycologia, TreeBASE, UNITE, イリノイ州/Illinois, インディアナ州/Indiana, ウィスコンシン州/Wisconsin, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種の境界/species delimitation, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiCantharellus chicagoensis sp. nov. is supported by molecular and morphological analysis as a new yellow chanterelle in midwestern United States米国イリノイ州を中心に採集された菌を検討し、Cantharellus chicagoensisとして新種記載した。本種は局所的には普通種であり、傘縁部が未熟時に帯緑黄色、成熟時中央部が小鱗片状、胞子紋が黄色であり、芳香を欠くことなどで特徴づけられた。分子系統解析の結果、シカゴ地域には本新種を含むC. cibariusグループの菌が5種存在することが示された。Cantharellus chicagoensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目
R3-05415中国産タバコウロコタケ属菌 (4):新種H. parmastoiおよび中国新産種H. ustulata2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, コウヤクタケ類/corticioid fungi, チベット自治区/Tibet, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 安徽省/Anhui, 広東省/Guangdong, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 温帯域/temperate zone, 稀産種/rare species, 貴州省/Guizhou, 雲南省/YunnanHymenochaete in China. 4. H. parmastoi sp. nov. and H. ustulata new to China中国チベット自治区、雲南省、貴州省、広西チワン族自治区、安徽省で採集された菌を検討し、Hymenochaete parmastoiとして新種記載した。本種は子実体が帯黄褐色であり、担子胞子が卵状~楕円形で、剛毛に結晶を伴うことなどで特徴づけられた。また、広東省で採集されたH. ustulataを中国新産種として報告した。Hymenochaete parmastoi★ / Hymenochaete ustulata■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05414Abies albaに生じたブルガリア新産種、Delphinella abietis2017Silva Balcanica2017年の論文/published in 2017, Silva Balcanica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, パザルジク州/Pazardzhik, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, リター菌/litter fungi, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 枝枯病/branch blight, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湿度/humidity, 生活環/life cycle, 腐生菌/saprobe, 萎凋病/wilt, 降水量/precipitationFirst report of Delphinella abietis (O. Rostrup) E. Müller on Abies alba mill. in BulgariaDelphinella abietisをブルガリア新産種として報告した。本種はAbies albaの針葉に萎凋および乾燥の症状を引き起こした。また、同じ木の針葉に他のブルガリア新産種、Scolicosporium campsospermaも見出された。Delphinella abietis■ / Scolecosporium camptospermum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Dothioraceae/ドチオラ科
R3-05413カルナータカ州新産種Poronia pileiformis2018Kavaka2018年の論文/published in 2018, Kavaka, アジアゾウ属/Elephas, インド/India, カルナータカ州/Karnataka, ゾウ科/Elephantidae, 切片/section, 新産種報告/new record, 森林/forest, 湿度/humidity, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationPoronia pileiformis (Berk.)Fr.-A new report to KarnatakaPoronia pileiformisをインド、カルナータカ州新産種として報告した。本種は半常緑林においてゾウの糞に発生していた。本種の記載文および生態写真、切片の写真、顕微鏡写真などを掲載した。Poronia pileiformis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05412台湾においてOphiocordyceps macroacicularisの子実体に発生したプレオスポラ目の新科ツェナニア科2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, Ophiocordyceps属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オフィオコルディセプス科, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 南投県/Nantou, 単胞子分離/single spore isolation, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 培養性状/colony characteristics, 宿主の同定/identification of host, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 菌寄生菌/mycoparasite, 難培養性菌/uncultured fungiTzeananiaceae, a new pleosporalean family associated with Ophiocordyceps macroacicularis fruiting bodies in Taiwan台湾南投県においてOphiocordyceps macroacicularis(台湾新産種)の子実体上の菌糸体から分離された菌を検討し、新属新種Tzeanania taiwanensisとして記載した。本種は分生子形成細胞が全出芽型で円筒形、分生子が無色円筒形薄壁で単細胞であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でプレオスポラ目クレードにおいて独自の系統を形成したため、Tzeanania属のみを含む新科ツェナニア科を提唱した。Ophiocordyceps macroacicularis■ / Tzeanania taiwanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-05411韓国においてリンゴ果実に”bitter rot”を引き起こしたColletotrichum属2種、C. fructicolaおよびC. siamenseの初報告2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, バラ科/Rosaceae, リニアグロース/linear growth, リンゴ属/Malus, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 炭疽病/anthracnose, 生長速度/growth rate, 病原力/virulence, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complexFirst Report of Two Colletotrichum Species Associated with Bitter Rot on Apple Fruit in Korea – C. fructicola and C. siamense韓国安東市において”bitter rot”の病徴を示したリンゴ果実から分離された菌を検討し、Colletotrichum fructicolaおよびC. siamenseの2種を同定した。接種試験により両種の病原性を確かめた。本報告は韓国において両種がリンゴ果実の”bitter rot”を引き起こす初の報告となった。Colletotrichum fructicola / Colletotrichum siamenseAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-05410インド、マハーラーシュトラ州、アムラーワティー、アムラーワティー地域におけるXylaria属菌の多様性2013International Research Journal of Biological Sciences2013年の論文/published in 2013, International Research Journal of Biological Sciences, イネ科/Poaceae, インド/India, シソ科/Lamiaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, チーク属/Tectona, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, リター菌/litter fungi, 切片/section, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic surveyDiversity of Xylaria Species from Amravati Region, Amravati, MS, Indiaインド、マハーラーシュトラ州、アムラーワティーからXylaria属8種を報告した。各種について記載文や基質の情報などを掲載した。全種の子嚢殻、子嚢、および子嚢胞子のサイズの比較表を掲載した。Xylaria aristata / Xylaria axifera / Xylaria bambusae / Xylaria feejeensis / Xylaria kamatii / Xylaria mellisii / Xylaria microceras / Xylaria pallidaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05409インド、グジャラート州、ラタンマハル野生生物保護区における材生息菌の新産種2014International Letters of Natural Sciences2014年の論文/published in 2014, International Letters of Natural Sciences, インド/India, インド新産種/India_new record, グジャラート州/Gujarat, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationNew records of Lignicolous fungi from Ratanmahal Wildlife Sanctuary, Gujarat, Indiaインド、グジャラート州、ラタンマハル野生生物保護区において材生息菌の調査を実施し、担子菌と子嚢菌合わせて30分類群を記録した。全分類群が本保護区における新産種であった。記録された種の中にはインドまたはグジャラート州における新産種も含まれた。Auricularia auricula■ / Coriolopsis aspera■ / Coriolopsis gallica■ / Coriolus versicolor■ / Daedalea andamani■ / Daldinia concentrica■ / Flavodon flavus■ / Fomitopsis pinicola■ / Fomitopsis rosea■ / Ganoderma applanatum■ / Ganoderma lucidum■ / Hexagonia apiaria■ / Hexagonia tenuis■ / Hyphodontia comptopsis■ / Hypoxylon rubiginosum■ / Lenzites palisotii■ / Lenzites stereoides■ / Navisporus floccosa■ / Phellinus gilvus■ / Phellinus nilgheriensis■ / Polyporus violaceocinerascens■ / Polyporus xanthopus■ / Schizophyllum commune■ / Trametes gibbosa■ / Trametes lactinea■ / Vararia pallescens■ / Xylaria polymorpha■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Russulales/ベニタケ目_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05408ポーランド新産種、Volvariella caesiotincta P. D. Orton2009Acta Mycologica2009年の論文/published in 2009, Acta Mycologica, コナラ属/Quercus, ドルヌィ・シロンスク県/Dolnoslezské, ブナ科/Fagaceae, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植生調査/vegetation survey, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 都市環境/urban environmentVolvariella caesiotincta P. D. Orton, a new species in the mycobiota of Polandポーランド、ヴロツワフで採集されたVolvariella caesiotinctaをポーランド新産種として報告した。本種はQuercus roburの腐朽材基部に発生していた。本種はヨーロッパ諸国およびモロッコから報告されているが、稀産種であり各国のレッドリストに掲載されている種であった。Volvariella caesiotincta■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-054075種のイラク新産種を含むサラーフッディーン県産の10種の未報告大型担子菌類2018International Journal of Current Research in Biosciences and Plant Biology2018年の論文/published in 2018, International Journal of Current Research in Biosciences and Plant Biology, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, サラーフッディーン県/Saladin, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 水辺/waterside, 河川/river, 液化/deliquescence, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland, 降水量/precipitationTen Previously Unreported Basidiomycota Macrofungi from Salahadin Governorate Including Five New Records to Iraqイラク、サラーフッディーン県からAgrocybe praecoxなど2目6科9属10種の担子菌類を報告した。そのうちPanaeolus papilionaceusなど5種をイラク新産種として報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Agrocybe praecox■ / Clitocybe flavidella■ / Conocybe deliquescens■ / Coprinopsis romagnesiana■ / Lentinus tigrinus■ / Panaeolus papilionaceus■ / Parasola plicatilis■ / Psathyrella candolleana■ / Psathyrella spadiceogrisea■ / Volvopluteus gloiocephalus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-05406西部産の5針葉マツPinus albicaulisを宿主とする新種、Amanita alpinicola2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アイダホ州/Idaho, カリフォルニア州/California, フェノロジー/phenology, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モンタナ州/Montana, ワシントン州/Washington, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 土壌からのDNA抽出/dna extraction from soil, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 太平洋岸北西部/Pacific Ocean Northwest, 宿主の同定/identification of host, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 環境配列/environmental sequence, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 高山帯/alpine regionAmanita alpinicola sp. nov., associated with Pinus albicaulis, a western 5-needle pine米国モンタナ州の高山帯において5針葉マツの樹下に発生した菌を検討し、Amanita alpinicolaとして新種記載した。本種は1954年にSmithによりアイダホ州からA. alpinaの仮名で発表されていたが、無効学名であったので再度記載した。本種は子実体が地下に発生し、傘はクリーム色~淡黄色で内在性の外被膜組織のパッチを有し、系統的にはA. muscariaグループに最も近縁であった。Amanita alpinicola★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05405中国においてタケにすす点状の病徴を引き起こした種、Phialophora sessilis2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, Yushania属, すす点病/sooty blotch, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, マダケ属/Phyllostachys, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湖北省/Hubei, 菌核/sclerotiumPhialophora sessilis, a species causing flyspeck signs on bamboo in China中国湖北省において2種のタケ類に発生したPhialophora sessilisを中国新産種として報告した。本種の宿主としてタケを初めて報告した。中国産標本は形態的には既報と微妙な差異が認められたものの、ITSデータからは本種との同定結果が支持された。Phialophora sessilis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-05404トルコのコルキス地域に産したヌメリガサ属の新種、Hygrophorus yadigariiおよびその属内における孤立した系統的位置2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Turkish Journal of Botany, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 胞子紋/spore printA new species of Hygrophorus, H. yadigarii sp. nov. (Hygrophoraceae), with an isolated systematic position within the genus from the Colchic part of Turkeyトルコ、トラブゾン県においてシデ類の樹下に発生した菌を検討し、Hygrophorus yadigariiとして新種記載した。本種は子実体がやや叢生~群生し、子実体が帯灰色で粘性を有する点などで近縁種ともかなりの差異が認められた。本種を含む形質比較表および検索表を掲載した。Hygrophorus yadigarii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科
R3-05403インド新産の野生食用きのこ、Hygrophorus pudorinusおよびその肉眼的・顕微鏡的形態2017Nelumbo2017年の論文/published in 2017, Nelumbo, アジア新産種/Asia_new record, インド/India, インド新産種/India_new record, シッキム州/Sikkim, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsFirst Report of Hygrophorus pudorinus (A Wild Edible Mushroom) from India with Macro- and Micro-Morphologyインド、シッキム州の亜高山帯で採集されたHygrophorus pudorinusをインド新産種として報告した。本種は北米から最初に記載され、ヨーロッパからも報告されており、インドからの報告もあるがいかなる形態の記載も図表も伴っていなかった。本種はシッキム州の現地住民により食用きのことして珍重されていることが明らかになった。Hygrophorus pudorinus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科
R3-05402アルタイ山脈産の新種Sporastatia crassulataおよびSporastatia属の検索表と追加種についての所見2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, The Lichenologist, アルタイ共和国/Altai Republic, アルタイ山脈/Altai Mountains, サリチル酸類/salicylic acids, シベリア/Siberia, ジロホール酸/gyrophoric acid, タイプスタディ/type study, ツンドラ/tundra, トゥヴァ共和国/Tyva, レカノール酸/lecanoric acid, ロシア/Russia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜高山帯/subalpine zone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 検索表/identification key, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine region, 鱗片状地衣/squamulose lichenSporastatia crassulata, a new species from the Altai Mountains with a key to Sporastatia and remarks on some additional speciesロシアおよび中国のアルタイ山脈で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Sporastatia crassulataとして新種記載した。本種は地衣体が顕著な厚い鱗片状であること、子器が地衣体の高さよりも下に位置することなどで特徴づけられた。また、S. karakorinaを変種から種に昇格させるとともに、本属の検索表を掲載した。Sporastatia crassulata★ / Sporastatia karakorina▲● / Sporastatia subasiaticaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Rhizocarpales/チズゴケ目_Sporastatiaceae/スポラスタティア科
R3-05401Golovinomyces neosalviaeのアルゼンチン新産種としての確実な記録2018Schlechtendalia2018年の論文/published in 2018, Schlechtendalia, うどんこ病/powdery mildew, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, シソ科/Lamiaceae, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南米新産種/South America_new record, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungiFirst confirmed record of Golovinomyces neosalviae from ArgentinaアルゼンチンにおいてSalvia officinalisに発生して当初Erysiphe biocellataと同定された標本を再検討し、Golovinomyces neosalviaeと同定した。本種はアルゼンチン新産種であり、南米全体からの報告も初の可能性があった。アルゼンチンにおいては同種の宿主からG. biocellatusが既に報告されているが、この標本はG. neosalviaeとは一致せず、未同定に留まった。Golovinomyces neosalviae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05400タバコウロコタケ属の新規分類群およびH. caucasicaについて2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アラグア州/Aragua, イネ科/Poaceae, オーストラリア/Australia, カメルーン/Cameroon, ケニア/Kenya, タイプスタディ/type study, タケ生息菌/bambusicolous fungus, タスマニア州/Tasmania, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ブラジル/Brazil, ベネズエラ/Venezuela, マツ科/Pinaceae, メリダ州/Merida, モミ属/Abies, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南西州(カメルーン)/Southwest (Cameroon), 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 新亜種記載/new subspecies, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東部州(ケニア)/East Province (Kenya), 森林/forest, 独立種/independent species, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 誤同定/misidentificationNew taxa of Hymenochaete (Agaricomycetes, Hymenochaetales) with a note on H. caucasica各地の収蔵標本を検討し、Hymenochaete cystidiataなど5種1亜種を記載した。これらの新規分類群はオーストラリア、ブラジル、カメルーン、ケニア、およびベネズエラにおいてそれぞれ採集された。また、H. caucasicaを再記載し、H. minusculaのシノニムではなく独立種と認めた。Hymenochaete caucasica / Hymenochaete cystidiata★ / Hymenochaete fuscotestacea★ / Hymenochaete leppii★ / Hymenochaete muroiana★ / Hymenochaete patellaris★ / Hymenochaete spinulosetosa★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05399Psilocybe serbica var. bohemica – オーストリアに産する証明2016Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2016年の論文/published in 2016, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, オーストリア/Austria, オーストリア新産種/Austria_new record, ケルンテン州/Kärnten, ドイツ語/German, リター菌/litter fungi, 分子同定/molecular identification, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complex, 配列決定/sequencingPsilocybe serbica var. bohemica – ein österreichischer Nachweisオーストリア、ケルンテン州の森林においてPsilocybe serbica var. bohemicaを採集し、本変種のオーストリアにおける分布を初めて確かめた。本変種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。本変種のP. serbicaとの類縁性をITS領域の塩基配列から確かめた。Psilocybe serbica■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05398インド産テロシステス科地衣の新産種あるいは興味深い種2017Cryptogam Biodiversity and Assessment2017年の論文/published in 2017, Cryptogam Biodiversity and Assessment, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, エモジン類/emodins, カエデ属/Acer, コナラ属/Quercus, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, バラ科/Rosaceae, パリエチン類/parietins, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モモ属, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 氷河/glacier, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew records or otherwise interesting species of Teloschistaceae (lichenized fungi) from IndiaLWGハーバリウム収蔵のインド産テロシステス科地衣を再検討した。Oxneria huculica、Variospora flavescens、およびZeroviella esfahanensisをインド新産種として報告した。また、稀産種あるいは興味深い種として、Golubkovaea trachyphyllaなど4種を掲載した。Golubkovia trachyphylla / Massjukiella candelaria / Massjukiella polycarpa / Oxneria huculica■ / Seirophora contortuplicata / Variospora flavescens■ / Zeroviella esfahanensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-05397メキシコ、ベラクルス州、ハラパの都市緑化地域において見出された新種、Galerella xalapensis2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, フェノロジー/phenology, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 都市環境/urban environmentGalerella xalapensis sp. nov. found in an urban green area in Xalapa, Veracruz, Mexicoメキシコ、ベラクルス州のハラパで採集された菌を検討し、Galerella xalapensisとして新種記載した。本種は傘が淡い帯灰褐色で微かに扇畳状の溝線を有し、柄が白色~帯黄色無毛、担子胞子がさび褐色楕円形厚壁であることなどで特徴づけられた。本種はメキシコから初めて報告されたGalerella属菌となった。Galerella xalapensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科
R3-05396近年記載された新種、Aspergillus brasiliensisによる角膜炎:2例の症例報告2010Journal of Medical Case Reports2010年の論文/published in 2010, Journal of Medical Case Reports, M38-A, MIC, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ヒト病原菌/human pathogen, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 微量液体希釈法/broth microdilution method, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗真菌薬耐性/antifungal drug resistance, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 臨床検体/clinical specimens, 角膜炎/keratitisKeratitis caused by the recently described new species Aspergillus brasiliensis: two case reports49歳女性および35歳女性の角膜炎患者から分離された菌をAspergillus brasiliensisと同定し、本種による初の感染を報告した。両菌株はフルコナゾールに耐性を有した一方、ナタマイシンに感受性を示したが、本剤単剤での使用による治療は奏効しなかった。本種は黒色のコウジカビ属菌による角膜感染の相当の割合を占めている可能性が考えられた。Aspergillus brasiliensisAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05395チベットおよび周辺地域からのハラタケ属Xanthodermatei節およびHondenses節11新種の記載2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, イトスギ属/Cupressus, シェッファー反応/Schäffer reaction, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, チベット自治区/Tibet, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トウヒ属/Picea, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 石灰岩/limestone, 福建省/Fujian, 草地/grassland, 雲南省/YunnanA description of eleven new species of Agaricus sections Xanthodermatei and Hondenses collected from Tibet and the surrounding areasチベット南部および周辺地域からハラタケ属11新種を記載した。また、米国から記載されたAgaricus malangelus (nom. prov.) を中国新産種として報告した。また、5標本については重要な形質を欠いていたことから命名を行わなかった。Agaricus brunneogracilis★ / Agaricus daliensis★ / Agaricus grandiomyces★ / Agaricus gregariomyces★ / Agaricus karstomyces★ / Agaricus melanocapus★ / Agaricus nigrogracilis★ / Agaricus pusillobulbosus★ / Agaricus sinoplacomyces★ / Agaricus tibetensis★ / Agaricus tytthocarpus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05394ブラジル新産種、Phaeoisaria triseptataおよびSpadicoides heterocolorata2016Studies in Fungi2016年の論文/published in 2016, Studies in Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンアナモルフ/synanamorph, シンネマ形成菌/synnematous fungus, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 南米新産種/South America_new record, 新産種報告/new record, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropicsNew records of Phaeoisaria triseptata and Spadicoides heterocolorata for Brazilブラジル、バイーア州の半乾燥地域で採集されたPhaeoisaria triseptataおよびSpadicoides heterocolorataをブラジル新産種として報告した。前者は未同定樹木の樹皮、後者は未同定植物の腐朽葉にそれぞれ発生していた。前者は原記載とは分生子柄が短い点と分生子に二型を有する点で、後者は分生子柄の形状およびシンアナモルフを欠く点で異なっていた。Phaeoisaria triseptata■ / Spadicoides heterocolorata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Pleurotheciales/プレウロセシウム目_Pleurotheciaceae/プリューロセシウム科
R3-05393新属Fusiconidiumの形態形質とDNAに基づく分類、およびメラノンマ科の2新規分類群2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, キンポウゲ科/Ranunculaceae, センニンソウ属/Clematis, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanMorphological characterization and DNA based taxonomy of Fusiconidium gen. nov. with two novel taxa within Melanommataceae (Pleosporales)新属Fusiconidiumに新種F. mackenzieiおよびF. aquaticumを記載した。前者はイタリアにおいてClematis vitalbaの枯枝から、後者は中国において水中に沈んだ腐朽材からそれぞれ分離された。複数遺伝子に基づく分子系統解析により本種がプレオスポラ目メラノンマ科に含まれることを示した。Fusiconidium aquaticum★ / Fusiconidium mackenziei★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科
R3-05392パキスタン産のLecidea属地衣1新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, ジロホール酸/gyrophoric acid, パキスタン/Pakistan, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 複合種/species complex, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyA new species of Lecidea (Lecanorales, Ascomycota) from Pakistanパキスタン、スワートで採集された岩上生地衣の一種を検討し、Lecidea aptrootiiとして新種記載した。本種は地衣体が不規則な小区画状、子器がレキデア型で粉霜を欠き、子嚢胞子が楕円形であることなどで特徴づけられた。本種はパキスタンから報告された6番目のLecidea属地衣となった。Lecidea aptrootii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科
R3-05391イタリアにおいてハルガヤに生じた新種、Sulcispora supratumida2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, イタリア/Italy, イネ科/Poaceae, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, タイプスタディ/type study, ハルガヤ属/Anthoxanthum, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexSulcispora supratumida sp. nov. (Phaeosphaeriaceae, Pleosporales) on Anthoxanthum odoratum from Italyイタリアにおいてハルガヤの葉に生じた菌を検討し、Sulcispora supratumidaとして新種記載した。本種は子嚢果が埋生し、子嚢胞子に6隔壁を有して2番目の細胞が膨大する点などで、属の基準種のS. pleurosporaと区別された。ITS+nrLSU+nrSSU+tef-1に基づく分子系統解析の結果、Sulcispora属がフェオスフェリア科の系統に含まれることが示唆された。Sulcispora supratumida★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-05390ベネズエラ・アンデスの山地雲霧林に産したClandestinotrema属新種2018Plant and Fungal Systematics2018年の論文/published in 2018, Plant and Fungal Systematics, アンデス山脈/Andes, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, ベネズエラ/Venezuela, メリダ州/Merida, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 雲霧林/cloud forestA new species of Clandestinotrema (Ascomycota: Ostropales: Graphidaceae) from montane cloud forest in the Venezuelan Andesベネズエラの雲霧林に産した樹皮生地衣の一種を検討し、Clandestinotrema carboneraとして新種記載した。本種は地衣体がオリーブ緑色、子嚢胞子に3-5隔壁を有し、主要な地衣成分としてヒポスチクチン酸を含むことなどで特徴づけられた。また、同所においてC. leucomelaenumとして報告された種が実際にはC. pauperiusであることを示した。Clandestinotrema carbonera★ / Clandestinotrema pauperiusAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科
R3-05389中国南部産のAureoboletus属1新種および1新組み合わせ2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 海南省/Hainan, 走査型電子顕微鏡/SEMA new species and a new combination in the genus Aureoboletus (Boletales, Boletaceae) from southern China中国海南省の森林で採集された菌を検討し、Auroboletus clavatusとして新種記載した。本種は子実体が大型で傘に僅かに粘性を有し、担子胞子が類球形で、傘表皮が棍棒形の菌糸からなることなどで特徴づけられた。また、Boletellus longicollisをAuroboletus属に移した。Aureoboletus clavatus★ / Aureoboletus longicollis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05388イラン新産種、Suillellus comptus2017Mycologia Iranica2017年の論文/published in 2017, Mycologia Iranica, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, ケルマンシャー州, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 菌根菌/mycorrhizal fungiSuillellus comptus, new report for the Mycobiota of Iranイラン西部、ケルマンシャー州で採集されたSuillellus comptusをイラン新産種として報告した。本種はオークの樹下に発生していた。形態学的検討およびITS領域に基づく分子系統解析を実施した。Suillellus comptus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05387Ventenata属を宿主とする黒穂菌の2新種:スロバキア産のTilletia elizabethaeおよびトルコ産のT. ventenatae2018Willdenowia2018年の論文/published in 2018, Ventenata属, Willdenowia, イズミル県/Izmir, イネ科/Poaceae, スロバキア/Slovakia, トルコ/Turkey, トレンチーン県/Trenčín, 侵略的外来種/invasive alien species, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 移入種/alien species, 稀産種/rare species, 腥黒穂病/bunt, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiTwo new smut fungi on Ventenata (Poaceae): Tilletia elizabethae from Slovakia and T. ventenatae from Turkeyスロバキアからヒトツノコシ力ニツリを宿主とするTilletia elizabethae、トルコからVentenata subenervisを宿主とするT. ventenataeをそれぞれ新種記載した。両種は同じVentenata属植物を宿主としていたが、互いに胞子塊の色および黒穂胞子のサイズが異なっていた。両種をドイツ産T. separataと比較し、イネ科Ventenatinae亜連を宿主とするTilletia属菌の検索表を掲載した。Tilletia elizabethae★ / Tilletia separata / Tilletia ventenatae★Basidiomycota/担子菌門_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱_Exobasidiomycetidae/エクソバシデイウム亜綱_Tilletiales/ナマグサクロボキン目_Tilletiaceae/ナマグサクロボキン科
R3-05386米国カリフォルニア州産のキツネノカラカサ類 (5):Lepiota oculataおよびその類似種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, Sequoia属, オレゴン州/Oregon, カリフォルニア州/California, コケ上に生える菌/fungi on moss, タイプスタディ/type study, トガサワラ属/Pseudotsuga, ヒノキ科/Cupressaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 米国/USA, 胞子紋/spore printLepiotaceous fungi in California, U.S.A. – 5. Lepiota oculata and its look-alikes米国カリフォルニア州に産したLepiota oculataおよびその類似種を検討した。Leucoagaricus paraplesius、Leu. ophthalmus、およびLeu. infuscatusの3新種を記載した。これらの種の検索表を掲載し、Lep. oculataの正式な転属は行わなかった。Lepiota oculata / Leucoagaricus infuscatus★ / Leucoagaricus ophthalmus★ / Leucoagaricus paraplesius★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05385クロアチア新産の稀産種、Entoloma reinwaldii2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, イストラ郡/Istria, クロアチア/Croatia, クロアチア新産種/Croatia_new record, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variationEntoloma reinwaldii, a rare species new to Croatia稀産種のEntoloma reinwaldiiをクロアチア新産種として報告した。本種はイタリアにおいて類似の地中海性の生息環境から報告され、フランス、スペインからも知られていた。クロアチア産標本は傘が淡紫色を帯びる点、襞が上生~陥入する点、襞縁部が完全に不稔ではない点などが既報と異なっていた。Entoloma reinwaldii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05384イタリアにおいてアボカドに胴枯病を引き起こす新種、Neocosmospora perseae2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, クスノキ科/Lauraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, シチリア州/Sicily, リニアグロース/linear growth, ワニナシ属/Persea, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 散布様式/dispersal style, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水溶性色素/water-soluble pigment, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 生長速度/growth rate, 胴枯病/dogare-byo (canker), 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complexNeocosmospora perseae sp. nov., causing trunk cankers on avocado in Italyイタリア、シチリア州の果樹園においてアボカドに発生した胴枯病を検討し、分離された菌をNeocosmospora perseaeとして新種記載した。本新種の病原性は接種試験により確かめられ、Euwallacea属甲虫の介在は確認されなかった。本種は分子系統解析でFSSC 37および38に近縁であり、同じワニナシ属に病原性を有するNeocosmospora属菌の普通種とは遠縁であった。Neocosmospora perseae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05383芝のダラースポット病を引き起こす病原菌からなる新属Clarireedia2018Fungal Biology2018年の論文/published in 2018, Fungal Biology, MAT遺伝子/MAT gene, イギリス/United kingdom, イタリア/Italy, イチゴツナギ属/Poa, イネ科/Poaceae, エピタイプ指定/epitype designation, オハイオ州/Ohio, オランダ/Netherlands, カナダ/Canada, ギョウギシバ属/Cynodon, サトイモ科/Araceae, ザゼンソウ属, スズメノヒエ属/Paspalum, タイプスタディ/type study, ダラースポット病, ドクムギ属/Lolium, ドミニカ共和国/Dominican Republic, ナギナタガヤ属/Festuca, ニュージャージー州/New Jersey, ニューヨーク州/New York, ヌカボ属/Agrostis, ネオタイプ指定/neotype designation, ノースカロライナ州/North Carolina, ミシシッピ州/Mississippi, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 栄養摂取様式/nutrition style, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 芝生/lawn, 草地/grasslandClarireedia : A new fungal genus comprising four pathogenic species responsible for dollar spot disease of turfgrassダラースポット病の病原菌であるSclerotinia homoeocarpaの分類学的位置を検討し、本種に対して新属Clarireediaを提唱した。本属がキンカクキン科ではなくトウヒキンカクキン科に含まれることを示し、ネオタイプおよびエピタイプ標本を指定した。また、本属にC. bennettii、C. jacksonii、およびC. monteithianaの3新種を記載した。Clarireedia bennettii★ / Clarireedia homoeocarpa▲ / Clarireedia jacksonii★ / Clarireedia monteithiana★
R3-05382Pachira glabraの葉の斑点病を引き起こしたDiaporthe属1新種2018Tropical Plant Pathology2018年の論文/published in 2018, Pachira属, TreeBASE, Tropical Plant Pathology, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種の境界/species delimitation, 胞子形成誘導/sporulation inductionA novel species of Diaporthe causing leaf spot in Pachira glabraブラジル、ミナスジェライス州においてPachira glabraの葉の病斑に生じた菌を検討した。形態学的検討および複数遺伝子領域に基づく分子系統解析からなる多相的アプローチにより、本種をDiaporthe pachiraeとして新種記載した。接種試験により、本種の宿主に対する病原性を確かめた。Diaporthe pachirae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科
R3-05381イタリアにおいてビワ罹病木に関連するボトリオスフェリア科菌類および新種Diplodia rosacearumの記載2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, コッホの原則/Koch_s postulation, シチリア州/Sicily, スペイン/Spain, トキワサンザシ属/Pyracantha, バラ科/Rosaceae, バレンシア州/Valencia, ビワ属/Eriobotrya, ブルガリア/Bulgaria, プロヴディフ州/Plovdiv, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 統計解析/statistical analysis, 胞子形成誘導/sporulation induction, 胴枯病/dogare-byo (canker)Botryosphaeriaceae species associated with diseased loquat trees in Italy and description of Diplodia rosacearum sp. nov.イタリア、シチリア州の果樹園において胴枯病を引き起こしたビワから分離されたボトリオスフェリア科菌類を検討した。以前トキワサンザシ属植物から分離されたものと同一の菌を検討し、Diplodia rosacearumとして新種記載した。接種試験により、本新種に加えてNeofusicoccum parvumおよびD. seriataのビワに対する病原性を示した。Diplodia rosacearum★ / Neofusicoccum vitifusiformePezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-05380汎世界的に分布する二列性黒色のコウジカビ属新種、Aspergillus brasiliensis2007International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2007年の論文/published in 2007, AFLP分析/AFLP analysis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルカロイド/alkaloid, オランダ/Netherlands, オーストラリア/Australia, キシラナーゼ/xylanase, クラスター分析/cluster analysis, サンパウロ州/São Paulo, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ノースカロライナ州/North Carolina, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ブラジル/Brazil, ポルトガル/Portugal, マイコトキシン/mycotoxin, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 米国/USA, 菌核/sclerotium, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 酸産生/acid production, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyAspergillus brasiliensis sp. nov., a biseriate black Aspergillus species with world-wide distributionブラジル、オーストラリア、米国、オランダ、およびポルトガルにおいて土壌やブドウなどから分離された菌を検討し、Aspergillus brasiliensisとして新種記載した。本種はNigri節に含まれ、分生子の装飾が独特な小刺状で、同節他種とは分子系統解析やAFLP分析などで区別された。本種はA. nigerおよびA. tubingensisと共通する代謝産物を産生したが、独自の化合物も複数認められた。Aspergillus brasiliensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05379ノルウェー新産のフンタマカビ綱3種2018Agarica2018年の論文/published in 2018, Agarica, エストフォル県/Østfold, カバノキ科/Betulaceae, コメツキムシ科, トネリコ属/Fraxinus, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ハンノキ属/Alnus, ホルダラン県/Hordaland, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, モクセイ科/Oleaceae, ローガラン県/Rogaland, ヴェストフォル県/Vestfold, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 菌寄生菌/mycoparasiteThree species of Sordariomycetes (Ascomycota: Pezizomycotina) new to NorwayノルウェーからHypoxylon subticinense、Ophiocordyceps stylophora、およびParanectria oropensisの3種をノルウェー新産種として報告した。これらの菌はそれぞれエストフォル県、ヴェストフォル県、ローガラン県/ホルダラン県の森林において採集された。これらの菌はそれぞれセイヨウトネリコ、コメツキムシの一種、ムカデゴケ属などの地衣類を宿主としていた。Hypoxylon subticinense■ / Ophiocordyceps stylophora■ / Paranectria oropensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-05378マルティニーク産の新種、Protocreopsis korfii2015Ascomycete.org2015年の論文/published in 2015, Ascomycete.org, オウムバナ属/Heliconia, オウムバナ科/Heliconiaceae, フランス/France, マルティニーク/Martinique, リター菌/litter fungi, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 西インド諸島/The West IndiesProtocreopsis korfii (Hypocreales, Bionectriaceae), a new species from Martinique (French West Indies)マルティニークにおいてHeliconia bihaiに発生した菌を検討し、Protocreopsis korfiiとして新種記載した。本種は子嚢果が淡橙色で、明瞭な白色~黄褐色の子座に囲まれることなどで特徴づけられた。本種は子嚢胞子のサイズや表面が平滑である点などで同属他種と区別された。Protocreopsis korfii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-05377Ophiodothella angustissimaの生物学的所見2018North American Fungi2018年の論文/published in 2018, North American Fungi, すす点病/sooty blotch, ジョージア州/Georgia, スノキ属/Vaccinium, ツツジ科/Ericaceae, フェノロジー/phenology, メラニン/melanin, 二次代謝産物/secondary metabolite, 共進化/coevolution, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 子実体原基/fruiting body primordium, 寄生菌/parasite, 感染戦略/infection strategy, 感染様式/mode of infection, 散布様式/dispersal style, 斑点病/spot disease, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水散布/disparsal by water, 生活環/life cycle, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子射出/spore discharge, 胞子散布/spore dispersal, 色素産生/pigment production, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超微細構造/ultrastructure, 越冬/wintering, 透過型電子顕微鏡/TEM, 難培養性菌/uncultured fungi, 風散布/wind dispersalObservations on the Biology of Ophiodothella angustissima米国ジョージア州においてVaccinium arboreumにすす点病を引き起こすOphiodothella angustissimaの生活環を研究した。本種が病斑を引き起こした葉は地上で越冬し、春になると子嚢殻を形成した。宿主には子嚢胞子により感染し、夏の間に宿主上で分生子層を形成して、分生子により植物全体に感染を広げていた。Ophiodothella angustissimaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Phyllachorales/フィラコラ目_Phyllachoraceae/フィラコラ科
R3-05376中国産のCamptophora属とCyphellophora属の新種、およびこれらの属における有性世代の初報告2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, すす病/sooty mold, カバノキ科/Betulaceae, ツバキ科/Theaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ハンノキ属/Alnus, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, ヒメツバキ属/Schima, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 葉面菌/leaf surface fungi, 雲南省/YunnanNew species of Camptophora and Cyphellophora from China, and first report of sexual morphs for these genera中国雲南省からCyphellophora jingdongensisおよびCamptophora schimaの2新種を記載した。また、Ca. hylomeconisを中国新産種として報告した。これらの種はそれぞれCyphellophoraおよびCamptophora属において初めて有性世代が報告された例となった。Camptophora hylomeconis■ / Camptophora schimae★ / Cyphellophora jingdongensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Chaetothyriaceae/ケートチリウム科
R3-05375ブラジル・アマゾンの森林に産した微小菌類2新種:Atrogeniculata submersaおよびNigrolentilocus amazonicus2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, パラー州/Pará, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 腐生菌/saprobeTwo new microfungi from Brazilian Amazon Forest: Atrogeniculata submersa and Nigrolentilocus amazonicusブラジルにおいて河川に沈んだ葉に生じた新属新種Atrogeniculata submersaおよび新種Nigrolentilocus amazonicusを記載した。前者は分生子柄が膝折状で分生子形成細胞がモノフィアライド~ポリフィアライド、分生子が球形、洋梨形~広楕円形であることなどで特徴づけられた。後者は分生子が倒棍棒形で単生し、2隔壁を有することなどで特徴づけられた。Atrogeniculata submersa★ / Nigrolentilocus amazonicus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目
R3-05374アルゼンチン、パタゴニアにおいてナンキョクブナ属植物と関係を持つ酵母の新種、Lachancea nothofagi2010International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2010年の論文/published in 2010, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アルゼンチン/Argentina, サンタクルス州/Santa Cruz, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ネウケン州/Neuquén, パタゴニア/Patagonia, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 樹液/sap, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水試料/water sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 菌根/mycorrhiza, 資化試験/assimilation test, 選択培地/selective medium, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 酸耐性試験/acid resistance testLachancea nothofagi sp. nov., a yeast associated with Nothofagus species in Patagonia, Argentinaアルゼンチン、パタゴニアの天然林においてナンキョクブナ属植物の樹皮、樹液、根圏などから分離された酵母の一種を検討し、Lachancea nothofagiとして新種記載した。本種はNothofagus nervosa、N. antarctica、およびN. pumilioの3種のナンキョクブナ属植物から分離され、同属植物との関係性が示唆された。本種は分子系統解析でL. thermotoleransクレードに含まれ、L. meyersiiと姉妹群を形成した。Lachancea nothofagi★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-05373スペイン産のPleurotelloides節の新種Clitopilus gallaecicus2013Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2013年の論文/published in 2013, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, ガリシア州/Galicia, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, ブナ科/Fagaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusClitopilus gallaecicus, a new species in section Pleurotelloides from Spainスペイン、ガリシア州においてQuercus roburの材に生じた菌を検討し、Clitopilus gallaecicusとして新種記載した。本種は子実体がヒラタケ型、傘が大型でクリーム色~黄褐色、担子胞子が大型であることなどでPleurotelloides節の他種と区別された。本種の他に担子胞子が唯一10 μmを超えるC. daamsiiは、本種とは傘のサイズおよび色、柄の有無などが異なっていた。Clitopilus gallaecicus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05372形態形質および分子データによって明らかにされた中国南部産のコショウイグチ属2新種2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 浙江省/Zhejiang, 海南省/Hainan, 湖南省/Hunan, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungiTwo new species of Chalciporus (Boletaceae) from southern China revealed by morphological characters and molecular data中国からChalciporus citrinoaurantiusおよびC. hainanensisの2新種を記載した。前者はレモン色~帯灰橙色の傘および橙色~ばら桃色の管孔、後者は黄色~帯褐橙色の傘および橙黄色~帯褐橙色の管孔などで特徴づけられた。中国産コショウイグチ属菌の検索表を掲載した。Chalciporus citrinoaurantius★ / Chalciporus hainanensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05371スペイン産のトリハダゴケ属地衣を宿主とする新種、Lichenostigma epirupestre2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, スペイン/Spain, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, マドリード州/Madrid, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 検索表/identification key, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyLichenostigma epirupestre a new lichenicolous species on Pertusaria from Spainスペイン中部においてPertusaria pertusa var. rupestrisに生じた地衣生菌の一種を検討し、Lichenostigma epirupestreとして新種記載した。本種は子嚢果下面から褐色の栄養菌糸が生じて宿主内部に侵入するという特徴を有していたが、宿主への傷害は認められなかった。Lichenostigma属Lichenostigma亜属の検索表を掲載した。Lichenostigma epirupestre★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Lichenotheliaceae/リチェノテリア科
R3-05370インド新産の木材腐朽菌、Coltriciella dependens (Berk. & M.A. Curtis) Murrill2018Journal of Threatened Taxa2018年の論文/published in 2018, Journal of Threatened Taxa, インド/India, インド新産種/India_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, メーガーラヤ州/Meghalaya, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 腐生菌/saprobe, 菌根菌/mycorrhizal fungiColtriciella dependens (Berk. & M.A. Curtis) Murrill, a new addition to wood-rotting fungi of Indiaインド、メーガーラヤ州で採集されたColtriciella dependensをインド新産種として報告した。本種は部分的に焼けたPinus kesiyaの基部に生じた。本種はメーガーラヤ州における6番目の木材腐朽菌として報告された。Coltriciella dependens■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05369新種Amanita tullossianaおよびテングタケ属2新産種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiAmanita tullossiana, a new species, and two new records of Amanitaインド、ウッタラーカンド州の広葉樹林で採集された菌を検討し、Amanita tullossianaとして新種記載した。本種は傘が灰色~帯褐灰色で羊毛状~類フェルト状の外被膜の名残に覆われ、柄が根状で基部が数列の鱗片に覆われ、担子胞子が広楕円形~楕円形であることなどで特徴づけられた。また、Lepidella節のA. griseoverrucosaおよびA. virgineoidesをインド新産種として報告した。Amanita griseoverrucosa■ / Amanita tullossiana★ / Amanita virgineoides■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05368ハキリアリの一種、Acromyrmex lundiiのごみ捨て場から分離された担子菌酵母の新種、Rhodosporidiobolus geoffroeae2017International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2017年の論文/published in 2017, Geoffroea属, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アリの巣/ant nest, アリ科/Formicidae, アルゼンチン/Argentina, ウレアーゼ試験/urease test, サンタフェ州/Santa Fe, デンプン/starch, ヒメハキリアリ属/Acromyrmex, ビタミン要求性/vitamin requirement, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 昆虫の巣/insect nest, 最大生長温度/maximum growth temperature, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 畑地/farmland, 発酵試験/fermentation test, 虫散布/dispersal by insects, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastRhodosporidiobolus geoffroeae sp. nov., a basidiomycetous yeast isolated from the waste deposit of the attine ant Acromyrmex lundiiアルゼンチン、サンタフェ州においてハキリアリの一種の巣外ごみ捨て場から39コロニーの酵母を分離した。そのうち担子菌酵母の一種を検討し、Rhodosporidiobolus geoffroeaeとして新種記載した。D1/D2領域に基づく分子系統解析の結果、本種はRhodosporidiobolus属の数種に近縁であったが、炭素源資化能などの生理学的形質が異なっていた。Rhodosporidiobolus geoffroeae★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Sporidiobolaceae/スポリディオボルス科
R3-05367トルコおよび中東新産の3種の地衣化菌類2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アルダハン県/Ardahan, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 中東新産種/Middle East_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 降水量/precipitationThree lichenized fungi new to Turkey and the Middle EastBuellia sequaxおよびTrapeliopsis gelatinosaを中東新産種、Arthonia calcareaをトルコ新産種としてそれぞれ報告した。これらの種はいずれもアルダハン県で採集され、2種が石灰岩、1種が珪質岩上に生じていた。各種について記載文および分布、基質などの情報を掲載し、類似種との相違点などを記述した。Arthonia calcarea■ / Buellia sequax■ / Trapeliopsis gelatinosa■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Trapeliaceae/トラペリア科
R3-05366インド、ウッタル・プラデーシュ州、チャンドラプラバダムにおいて分離された魚類に感染するミズカビの稀産種、Achlya ambisexualisの分類について2018Indian Journal of Fisherie2018年の論文/published in 2018, Indian Journal of Fisheries, インド/India, ウッタル・プラデーシュ州/Uttar Pradesh, フェノロジー/phenology, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 卵菌類/Oomycetes, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 好ケラチン菌/kerationophillic fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 釣菌法/baiting method, 魚類生息菌, 魚類病原菌/fish pathogenTaxonomic note on a rare fish infecting freshwater mould Achlya ambisexualis Raper 1939 (Achlyaceae) isolated from Chandraprabha dam, Uttar Pradesh, Indiaインド、ウッタル・プラデーシュ州において土壌および水から釣菌法で分離された卵菌の一種を検討し、Achlya ambisexualisと同定した。本種はインドから既に報告されていたが、記載文および写真を初めて正式に発表した。本種は稀産種で、雌雄異株で卵胞子が偏心生であることなどで特徴づけられた。Achlya ambisexualis■Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Saprolegniales/ミズカビ目_Saprolegniaceae/ミズカビ科
R3-05365フィンランドおよびノルウェー産の新種の地衣Verrucaria tenebrosa、およびV. hydrophila複合種に含まれる着生性分類群の分類について2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, ウーシマー県/Uusimaa, カバノキ科/Betulaceae, タイプスタディ/type study, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ハンノキ属/Alnus, パイヤト=ハメ県/Päijät-Häme, フィンランド/Finland, ラッピ県/Lappi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 北カルヤラ県/North Karelia, 北ポフヤンマー県/Northern Ostrobothnia, 半隠蔽種/semi-cryptic species, 収蔵標本/stored specimen, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 極限環境/extreme environment, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水生地衣類/aquatic lichen, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesVerrucaria tenebrosa (Verrucariaceae), a new lichen species from Finland and Norway, and notes on the taxonomy of epiphytic taxa belonging to the V. hydrophila complexフィンランドおよびノルウェーで採集された地衣の一種を検討し、Verrucaria tenebrosaとして新種記載した。本種はこの属で最も日陰に発生する性質を有し、地衣体が薄くて色の変異が大きく、被子器が疎らに生じ、子嚢胞子の幅が比較的広いことなどで特徴づけられた。また、V. hydrophilaがV. lignicolaと近縁であることを示し、V. lignicolaをV. sublobulataと同種とする仮説を棄却した。Verrucaria lignicola / Verrucaria tenebrosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-05364トルコ新産種、Leucocoprinus brebissonii2017Anatolian Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Anatolian Journal of Botany, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 草地/grasslandLeucocoprinus brebissonii (Godey) Locq, A New Record for Turkish MycobiotaLeucocoprinus brebissoniiをトルコ新産種として報告した。本種はトラブゾン県に発生し、傘が白色で中央部が暗褐色の繊維に覆われ、条線を有し、胞子紋が白色、担子胞子がメタクロマティックで厚壁であることなどで特徴づけられた。本種の報告により、トルコ産キヌカラカサタケ属菌の種数は6となった。Leucocoprinus brebissonii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05363トルコ産ビョウタケ科菌類の追加2018Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi2018年の論文/published in 2018, Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, トカット県/Tokat, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity surveyA New Addition to Turkish Helotiaceaeトルコ新産種としてHymenoscyphus lepismoidesを報告した。本種はトカット県の山地においてセイヨウシデの腐朽枝に発生していた。本種の記載文およびトルコ産類似種2種との形質比較表を掲載した。Hymenoscyphus lepismoides■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-05362Mycopepon属の形態および系統分類2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 新階級提唱/new status, 根圏/rhizosphere, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobe, 貴州省/GuizhouMorphology and phylogeny of Mycopepon中国貴州省においてタケに発生した2種の菌を検討し、Mycopepon bambusaeおよびM. fusoidisporusとして新種記載した。前者は子嚢胞子が褐色~暗褐色紡錘形で3隔壁を有し、暗褐色楕円形~紡錘形で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、M. smithii var. mexicanumを種に昇格させた。Mycopepon bambusae★ / Mycopepon fusoidisporus★ / Mycopepon mexicanus●Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科
R3-05361ディクティオスポリウム科の新属Neodendryphiella2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, カタルーニャ州/Catalonia, キューバ/Cuba, クスノキ科/Lauraceae, スペイン/Spain, バラ科/Rosaceae, ミチョアカン州/Michoacan, メキシコ/Mexico, リター菌/litter fungi, リンゴ属/Malus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 希釈平板法/dilution plate method, 庭園/garden, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 標本入手不可/specimen not available, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 糞生菌/coprophilous fungi, 誤同定/misidentification, 釣菌法/baiting methodNeodendryphiella, a novel genus of the Dictyosporiaceae (Pleosporales)新属Neodendryphiellaを提唱し、N. mali、N. michoacanensis、およびN. tarraconensisの3新種を記載した。本属は分生子形成細胞がポリトレト型で求頂性の分生子鎖を生じ、孔が暗色で厚い壁に囲まれることなどで特徴づけられた。また、分生子に最大7隔壁を有することなどで特徴づけられる新種D. variabilisを記載した。Dendryphiella variabilis★ / Neodendryphiella mali★ / Neodendryphiella michoacanensis★ / Neodendryphiella tarraconensis★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05360Laboulbenia slackensisおよび新種L. littoralis:生態的種分化の結果として生じた2つの同胞種2014Mycologia2014年の論文/published in 2014, Cafius属, Mycologia, イタリア/Italy, ウェスト=フランデレン州, オランダ/Netherlands, ゼーラント州/Zeeland, ハネカクシ科/Staphylinidae, フランス/France, ベルギー/Belgium, ホストシフト/host shift, マンシュ県/Manche, ヴァンデ県/Vendée, ヴェネト州/Veneto, 仮説提唱/hypothesis proposed, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 同胞種/sibling species, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 水辺/waterside, 沿岸域/coastal area, 湿地帯/wetland, 生殖的隔離/reproductive isolation, 種の境界/species delimitation, 種分化/speciation, 統計解析/statistical analysis, 絶対寄生菌/obligate parasite, 誤同定/misidentificationLaboulbenia slackensis and L. littoralis sp. nov. (Ascomycota, Laboulbeniales), two sibling species as a result of ecological speciationベルギーから、Cafius xantholomaを宿主とするLaboulbenia littoralisを新種記載した。形態学的検討の結果、本種はオサムシを宿主とするL. slackensisの姉妹種と考えられた。同一の生息環境を共有する宿主間で、異なる科をまたぐホストシフトが起こったという仮説を提唱した。Laboulbenia littoralis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-05359ブリティッシュコロンビア州産の新種、Santessoniella saximontana2007Bibliotheca Lichenologica2007年の論文/published in 2007, Bibliotheca Lichenologica, カナダ/Canada, クロベ属/Thuja, タイプスタディ/type study, ヒノキ科/Cupressaceae, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, ロッキー山脈/Rocky Mountains, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 石灰岩/limestone, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichenSantessoniella saximontana, a new lichen species from British Columbiaカナダ、ブリティッシュコロンビア州のロッキー山脈においてベイスギの樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Santessoniella saximontanaとして新種記載した。本種は地衣体が帯黒褐色でカリフラワー状に分枝し、子器が凸形で子嚢胞子が平滑であることなどで特徴づけられた。北米産モクズゴケ属(広義)地衣の検索表を掲載した。Santessoniella saximontana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-05358Entoloma jahniiのスロバキアからの報告およびそのE. byssisedumとの差異について2012Czech Mycology2012年の論文/published in 2012, Czech Mycology, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コシツェ県/Košický, コナラ属/Quercus, スロバキア/Slovakia, スロバキア新産種/Slovakia_new record, バンスカー・ビストリツァ県/Banská Bystrica, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, プレショウ県/Prešov, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 誤同定/misidentificationEntoloma jahnii (Fungi, Agaricales) reported from Slovakia and notes on differences with E. byssisedumスロバキアのハーバリウムにおいてチャヒラタケ型の子実体を有するイッポンシメジ属菌類の収蔵標本の再検討を行った。Entoloma jahniiをスロバキア新産種として報告した。本種としばしば誤同定されていたE. byssisedumの形態形質を検討し、両種の差異を論じた。Entoloma byssisedum / Entoloma jahnii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05357メキシコ、チアパス州のラカンドニア熱帯林に産したAuricularia fuscosuccineaの白化型2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, チアパス州/Chiapas, メキシコ/Mexico, 切片/section, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 膠質菌/jelly fungi, 降水量/precipitation, 食用きのこ/edible mushroomsAn albino form of Auricularia fuscosuccinea from Lacandonia tropical forest, Chiapas, Mexicoメキシコ、チアパス州の熱帯林からAuricularia fuscosuccineaの白化型を報告した。本種は短い乾季を除いて一年中、高温多湿の林内において腐朽材上に発生していた。白化型と典型的な本種には、子実体の色以外に違いを認めなかった。Auricularia fuscosuccineaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科
R3-05356トルコ産Cryptomarasmius corbariensis:ユーラシアにおける本種の初の分子データ2018Nova Hedwigia2018年の論文/published in 2018, Nova Hedwigia, アジア新産種/Asia_new record, オスマニエ県/Osmaniye, オリーブ属/Olea, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, モクセイ科/Oleaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 移入種/alien speciesCryptomarasmius corbariensis (Physalacriaceae, Agaricales) in Turkey with first molecular data on the species from Eurasiaトルコ、オスマニエ県で採集されたCryptomarasmius corbariensisをアジア新産種として報告した。本種はオリーブの枯れ葉および枝に発生していた。ユーラシア産の本種の分子データを初めて取得し、ITS領域に基づく分子系統解析を実施した。Cryptomarasmius corbariensis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科
R3-05355ヒースローの菌類2017Field Mycology2017年の論文/published in 2017, Field Mycology, イギリス/United kingdom, イングランド/England, グレーター・ロンドン/Greater London, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungiFungi at Heathrowイギリス、グレーター・ロンドンのヒースロー空港において大型菌類の調査を実施した。Tricholoma populinumなど6種の記載文、生態写真などを掲載した。そのうちRussula persicinaおよびArrhenia rickeniiをミドルセックスにおける新産種として報告した。Arrhenia rickenii■ / Rhodocybe popinalis / Russula persicina■ / Schizophyllum amplum / Stropharia pseudocyanea / Tricholoma populinumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05354Melanagromyza sojae成虫に感染するOphiocordyceps dipterigenaのブラジルにおける初記録2018Ciência Rural2018年の論文/published in 2018, Ciência Rural, Melanagromyza属, ダイズ属/Glycine, ハモグリバエ科, ブラジル/Brazil, マメ科/Fabaceae, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 亜熱帯域/subtropics, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 生物農薬/biopesticide, 畑地/farmlandFirst record of Ophiocordyceps dipterigena (Ascomycota: Hypocreales: Ophiocordycipitaceae) infecting adults of Melanagromyza sojae (Diptera: Agromyzidae) in Brazilブラジルからハモグリバエの一種、Melanagromyza sojaeに感染したOphiocordyceps dipterigenaを報告した。本種のリオグランデ・ド・スル州のダイズ畑において採集され、同州から既に知られていたが、M. sojae成虫からの報告は初であった。本種のM. sojaeに対する生物農薬としての利用可能性を指摘した。Ophiocordyceps dipterigenaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-05353タンザニア、キゴマ州産クロラッパタケ属菌のインベントリ2018Tanzania Journal of Science2018年の論文/published in 2018, Tanzania Journal of Science, アフリカ新産種/Africa_new record, キゴマ州/Kigoma, タンザニア/Tanzania, タンザニア新産種/Tanzania_new record, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation, 食用きのこ/edible mushroomsInventory of the Genus Craterellus Persoon from Kigoma Region, Tanzaniaタンザニア、キゴマ州の森林においてクロラッパタケ属菌の調査を実施した。Craterellus cornucopioidesおよびC. odoratusをタンザニア新産種として報告した。また、その他に新種の可能性がある1種を認めた。Craterellus cornucopioides■ / Craterellus odoratus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目
R3-05352中国新産のアオキノリ属地衣4種2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, チベット自治区/Tibet, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 四川省/Sichuan, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 湖南省/Hunan, 種内変異/intraspecific variation, 葉状地衣/foliose lichen, 藍藻地衣/cyanolichen, 雲南省/YunnanFour new records of Leptogium from China中国新産種としてLeptogium askotense、L. coralloideumi、L. milligranum、およびL. subtileを報告した。これらの新産種は四川省、雲南省、チベット自治区、および湖南省から報告され、樹皮やコケなどに発生していた。各種の記載文、標本写真などを掲載し、類似種との相違点などを記述した。Leptogium askotense■ / Leptogium coralloideum■ / Leptogium milligranum■ / Leptogium subtile■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目
R3-053512新種を含むカルパティア山脈高山帯産のワカフサタケ属菌類2015Mycologia2015年の論文/published in 2015, Mycologia, TreeBASE, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, コケ上に生える菌/fungi on moss, シビウ県, ジリナ県/Žilina, スロバキア/Slovakia, チョウノスケソウ属/Dryas, ドゥンボヴィツァ県/Dâmboviţa, ハンニチバナ属/Helianthemum, ハンニチバナ科/Cistaceae, バラ科/Rosaceae, プラホヴァ県/Prahova, プレショウ県/Prešov, ポーランド/Poland, マウォポルスカ県/Małopolska, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ルーマニア/Romania, ヴルチャ県, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 森林/forest, 検索表/identification key, 珪質岩/siliceous rocks, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 高山帯/alpine regionThe genus Hebeloma in the alpine belt of the Carpathians including two new speciesカルパティア山脈の高山帯においてワカフサタケ属菌の調査を実施し、11種を同定した。そのうちHebeloma grandisporumおよびH. oreophilumの2新種を記載した。また、1種を高山帯から、1種をハンニチバナ属植物の近傍から、9種をカルパティア山脈高山帯から、それぞれ初めて報告した。Hebeloma aanenii■ / Hebeloma alpinum / Hebeloma dunense■ / Hebeloma grandisporum★ / Hebeloma laterinum■ / Hebeloma marginatulum / Hebeloma mesophaeum■ / Hebeloma naviculosporum■ / Hebeloma oreophilum★ / Hebeloma vaccinum■ / Hebeloma velutipes■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05350インド、アンダマン諸島において未同定のタケの枝に生じた新種、Kamalomyces polyseptatus2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, アンダマン・ニコバル諸島/Andaman and Nicobar Islands, イネ科/Poaceae, インド/India, タケ生息菌/bambusicolous fungus, リター菌/litter fungi, 切片/section, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobeKamalomyces polyseptatus sp. nov. from an unidentified bamboo twig in Andaman Islands, Indiaインド、アンダマン諸島においてタケの枝に生じた菌を検討し、Kamalomyces polyseptatusとして新種記載した。本種は子嚢果が暗褐色~黒色で球形~類球形、黒色の菌糸体に覆われ、子嚢が棍棒形、子嚢胞子が無色蠕虫形で横隔壁を有することなどで特徴づけられた。Kamalomyces属の検索表を掲載した。Kamalomyces polyseptatus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱
R3-05349新門ハエカビ門およびハエカビ型菌類の再分類2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, ダニ寄生菌/mite parasitic fungus, ダニ生息菌/mite inhabiting fungus, メラニン/melanin, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 散布様式/dispersal style, 新目提唱/new order, 新綱提唱/new class, 新門提唱/new phylum, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 核の挙動/behavior of nuclear, 核分裂/nuclear division, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子射出/spore discharge, 胞子散布/spore dispersal, 腐生菌/saprobe, 超微細構造/ultrastructureEntomophthoromycota: a new phylum and reclassification for entomophthoroid fungiハエカビ目が独自の単系統を形成することを認め、本目に対して新門ハエカビ門を提唱するとともに、ハエカビ亜門を不要名とした。また、本門にバシディオボルス綱、ネオジギテス綱、ハエカビ綱の3新綱およびネオジギテス目を新設した。Ballocephala属およびZygnemomyces属をハエカビ目から除外し、キクセラ亜門に含まれるべきとした。
R3-05348アフリカ中部の熱帯雨林に産した被実性の新種、Lactarius megalopterusは動物体内を介した胞子散布への適応を示す2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, カメルーン/Cameroon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, 仮説提唱/hypothesis proposed, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物散布/animal dispersal, 南西州(カメルーン)/Southwest (Cameroon), 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 胞子散布/spore dispersal, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌食/mycophagy, 走査型電子顕微鏡/SEM, 降水量/precipitation, 食毒不明/edibility unknownLactarius megalopterus, a new angiocarpous species from a tropical rainforest in Central Africa, shows adaptations to endozoochorous spore dispersalカメルーンの熱帯雨林で採集された被実性の子実体を有する一種を検討し、Lactarius megalopterusとして新種記載した。本種は担子胞子の装飾が非常に丈の高い翼状であることで特徴づけられた。胞子の形質のほか、子実体の芳香や温和な味などから、本種の胞子散布に哺乳類による菌食が関与しているという仮説を提唱した。Lactarius megalopterus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05347タイ新産種、Borofutus dhakanus2017Archives of Biological Sciences2017年の論文/published in 2017, Archives of Biological Sciences, ウボンラーチャターニー県/Ubon Ratchathani, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 粘土質土壌/clayey soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 食用きのこ/edible mushroomsFirst record of Borofutus dhakanus (Boletaceae, Leccinoideae) in Thailandタイ、チエンマイ県のフタバガキ林で採集されたBorofutus dhakanusをタイ新産種として報告した。タイ産標本はホロタイプに類似の環境に発生し、傘が僅かに小さく、担子胞子が僅かに短かった。本種がタイ北東部において市場で販売されている食用きのこであることを初めて示した。Borofutus dhakanus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05346カメルーン産のAuritella属新種および全世界の既知種の検索表2017IMA fungus2017年の論文/published in 2017, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Gilbertiodendron属, IMA fungus, Uapaca属, カメルーン/Cameroon, コミカンソウ科/Phyllanthaceae, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 東部州(カメルーン)/East Province (Cameroon), 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物地理学/biogeography, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew species of Auritella (Inocybaceae) from Cameroon, with a worldwide key to the known speciesカメルーンの熱帯雨林からAuritella hispidaおよびA. spiculosaの2新種を記載した。全世界の本属菌の検索表を掲載した。分子データを基に、本属菌が外生菌根菌であることを初めて確定した。Auritella hispida★ / Auritella spiculosa★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05345野生の種子および果実に生じる菌類の追加 (2):ホウオウボクの種子の莢に生じたタイ新産種、Parascedosporium putredinis2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンラーイ県/Chiang Rai, ホウオウボク属/Poinciana, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeAdditions to wild seed and fruit fungi 2: Parascedosporium putredinis: a new Thailand record from Delonix regia seed podsタイ、チエンラーイ県においてホウオウボクの種子の莢(新基質)に発生したParascedosporium putredinisをタイ新産種として報告した。天然基質および寒天培地上における本種の形態を記録し、分子系統解析を実施した。タイ産標本はホロタイプより分生子が大きく、ITS2塩基が異なっていたが、同種と判断された。Parascedosporium putredinis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-05344トルコ産樹皮生変形菌類の新産種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, クルクラーレリ県/Kırklareli, コナラ属/Quercus, サカリヤ県/Sakarya, チャナッカレ県/Çanakkale, トルコ/Turkey, バルケスィル県/Balıkesir, ビレジク県/Bilecik, ブナ科/Fagaceae, ブルサ県/Bursa, 変形菌類/slime mold, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew records of corticolous myxomycetes from Turkeyトルコのマルマラ地方からAmaurochaete tubulinaなど8種の変形菌類をトルコ新産種として報告した。これらの種はいずれもコナラ属の樹皮に生じていた。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真、類似種との相違点などを掲載した。Amaurochaete tubulina■ / Comatricha longipila■ / Diderma cinereum■ / Diderma lenticulare■ / Diderma umbilicatum■ / Physarum serpula■ / Stemonitis inconspicua■ / Symphytocarpus confluens■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科_Physarales/モジホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科_Physaraceae/モジホコリ科
R3-05343インドにおけるTrichaleurina javanica (Rehm) M. Carbone, Agnello & P. Alvaradoの分布2018Plant Biosystems2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Plant Biosystems, インド/India, グジャラート州/Gujarat, タマリンド属/Tamarindus, マメ科/Fabaceae, 分子同定/molecular identification, 地理的分布/geographical distribution, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 食毒不明/edibility unknownDistribution of Trichaleurina javanica (Rehm) M. Carbone, Agnello & P. Alvarado (Chorioactidaceae) in Indiaインド、グジャラート州のササンにおいてTrichaleurina javanicaを採集した。形態学的検討およびDNAバーコードによる同定を行った。本種のグジャラート州からの報告は初であり、インドにおける本種の分子同定も初となった。Trichaleurina javanica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-05342新種Microbotryum lagerheimii2007Mycologia Balcanica2007年の論文/published in 2007, Mycologia Balcanica, イェヴレボリ県/Gävleborg, イタリア/Italy, ウプサラ県/Uppsala, ウーシマー県/Uusimaa, エステルイェータランド県/Östergötlands, オロモウツ州/Olomouc, オーストリア/Austria, オーランド諸島/Åland, カンタ=ハメ県/Kanta-Häme, キュメンラークソ県/Kymenlaakso, ケルンテン州/Kärnten, サタクンタ県/Satakunta, ザクセン州/Sachsen, シュタイアーマルク州/Steiermark, スウェーデン/Sweden, スコーネ県/Skåne, センノウ属/Lychnis, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, デンマーク/Denmark, デンマーク首都地域/Capital Region of Denmark, トレンティーノ=アルト・アディジェ州/Trentino-Alto Adige, トロムス県/Troms, ドイツ/Germany, ドルヌィ・シロンスク県/Dolnoslezské, ナデシコ科/Caryophyllaceae, ニーダーエスターライヒ州/Niederösterreich, ノルウェー/Norway, バイエルン州/Bayern, パイヤト=ハメ県/Päijät-Häme, ピルカンマー県/Pirkanmaa, フィンランド/Finland, ブレーキンゲ県/Blekinge, ヘッセン州/Hessen, ポーランド/Poland, マゾフシェ県/Mazowsze, マンテマ属/Silene, ラインラント=プファルツ州/Rheinland-Pfalz, ラッピ県/Lappi, ラトビア/Latvia, ルブシュ県/Lubusz, レニングラード州/Leningrad, ロシア/Russia, ヴェストラ・イェータランド県/Västra Götaland, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北ユラン地域/North Jutland, 南モラヴィア州/South Moravian, 南西スオミ県/Southwest Finland, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 花生息菌/floricolous fungus, 葯黒穂菌/anther smut, 西スオミ州/Länsi-Suomen, 走査型電子顕微鏡/SEM, 非合法名/illegitimate name, 黒穂菌/smut fungiMicrobotryum lagerheimii sp. nov. (Microbotryaceae)マンテマ属およびセンノウ属植物を宿主とする葯黒穂菌を検討した。Lychnis viscariaなど3種の植物を宿主とする種をMicrobotryum lagerheimiiとして新種記載した。本種は同じSilene vulgarisを宿主とするM. silenes-inflataeとは胞子の色が異なっていた。Microbotryum lagerheimii★ / Microbotryum silenes-inflataeBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Microbotryomycetidae/ミクロボトリウム菌亜綱_Microbotryales/ミクロボトリウム目_Microbotryaceae/ミクロボトリウム科
R3-05341タイ産のコーヒー豆から分離されたコウジカビ属Nigri節の2新種2008International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2008年の論文/published in 2008, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルカロイド/alkaloid, コーヒーノキ属/Coffea, タイ/Thailand, チュムポーン県/Chumphon, ネオキサリン類/neoxalines, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 庭園/garden, 新種記載/new species, 日本/Japan, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未知成分/unknown component, 生長速度/growth rate, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 種概念/species concept, 菌核/sclerotium, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEM, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyTwo novel species of Aspergillus section Nigri from Thai coffee beansタイにおいてコーヒー豆から分離されたAspergillus aculeatinusおよびA. sclerotiicarbonariusの2新種を記載した。前者は分生子が小型で類球形~楕円形であり、ネオキサリン類、アクレアシン、セカロン酸類などの二次代謝産物を産生した。後者は菌核を豊富に形成したほか、未解明のインドールアルカロイド類を産生した一方、オクラトキシンAを産生しなかった。Aspergillus aculeatinus★ / Aspergillus sclerotiicarbonarius★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05340栄養価の高い民間療法の薬草、Sorghum vulgareに生じた新種、Cercospora bahraichensis2016Agricultural Science Research Journal2016年の論文/published in 2016, Agricultural Science Research Journal, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, モロコシ属/Sorghum, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungiCercospora bahraichensis sp nov. on Sorghum vulgare- a great potent nutrimental potent ethnomedicinal plantインド、ウッタル・プラデーシュ州のバーライチにおいてSorghum vulgareに生じた菌を検討し、Cercospora bahraichensisとして新種記載した。本種は宿主の葉に激しい斑点性病害を引き起こした。本種は同一の宿主に発生するC. sorghiとは形態的に大きく異なっていた。Cercospora bahraichensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05339インド、ヒマラヤ北西部においてPinus roxburghiiと関係を持つ新種、Suillus triacicularis2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 稀産種/rare species, 種分化/speciation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiSuillus triacicularis sp. nov., a new species associated with Pinus roxburghii from northwestern Himalayas, Indiaインド、ヒマラヤ北西部で採集された菌を検討し、Suillus triacicularisとして新種記載した。本種はPinus roxburghiiを宿主とする初のヌメリイグチ属菌として報告された。本種はS. granulatusに形態的にごく類似するが、傘および肉の色や管孔の小滴の有無などが異なっていた。Suillus triacicularis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05338イタリア新産種、Rhizopogon rocabrunaeおよびR. pumilionum2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, シクエストレート菌/sequestrate fungus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, リグーリア州/Liguria, ロンバルディア州/Lombardia, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungiFirst records of Rhizopogon rocabrunae and R. pumilionum (Boletales) from Italyイタリア、リグーリア州からごく稀な種、Rhizopogon rocabrunaeをイタリア新産種として報告した。また、この種と同定されていたロンバルディア州産の古い標本をR. pumilionumと再同定し、本種もイタリア新産種として報告した。前者はモミ属、後者はマツ属の樹下に発生し、外皮がそれぞれ帯赤橙色、黄褐色であった。Rhizopogon pumilionum■ / Rhizopogon rocabrunae■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Rhizopogonaceae/ショウロ科
R3-05337ブラジルにおいて新熱帯産のラン、Epidendrum secundumに生じた新種Pseudocercospora epidendri2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Epidendrum属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ミナスジェライス州/Minas Gerais, ラン科/Orchidaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 生長速度/growth rate, 草地/grassland, 葉面菌/leaf surface fungiPseudocercospora epidendri sp. nov. on the neotropical orchid, Epidendrum secundum from Brazilブラジル、ミナスジェライス州においてEpidendrum secundumの葉に生じた斑点病を検討した。新種Pseudocercospora epidendriを記載し、接種試験によってその病原性を確かめた。本種はラン科植物を宿主とする5番目のPseudocercospora属菌として報告された。Pseudocercospora epidendri★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05336ポーランド産の新規あるいは興味深い地衣生菌類の記録 (8)2010Herzogia2010年の論文/published in 2010, Herzogia, Mycobilimbia属, Psilolechia属, Trapeliopsis属, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, エイランタイ属/Cetraria, カラクサゴケ属/Parmelia, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, キゴケ属/Stereocaulon, キゴケ科/Stereocaulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, ゴイシゴケ科/Lecideaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, トウヒ属/Picea, トラペリア科/Trapeliaceae, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, ドルヌィ・シロンスク県/Dolnoslezské, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ピンゴケ科/Caliciaceae, プシロレキア科/Psilolechiaceae, ホソピンゴケ属/Chaenotheca, ポドラシェ県/Podlaskie, ポモージェ県/Pomorskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Małopolska, マゾフシェ県/Mazowsze, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 中欧新産種/Central Europe_new record, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 緑藻/green algae, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 藻類生息菌/algicolous fungusNew or Interesting Records of Lichenicolous Fungi from Poland VIIIポーランド産の地衣生菌46種を報告した。Taeniolella rolfiiを中欧新産種、Arthonia digitataeおよびTrichonectria rubefaciensをポーランド新産種として報告した。その他、カルパティア山脈、ポーランド低地部などにおける新産種を報告し、Thelocarpon impresellumおよびT. intermediellumを初めて地衣生菌として報告した。Arthonia digitatae■ / Chaenothecopsis savonica■ / Chaenothecopsis viridireagens / Lichenoconium lecanorae / Phaeosporobolus alpinus■ / Roselliniella stereocaulorum / Taeniolella rolfii■ / Taeniolella trapeliopseos■ / Thelocarpon impressellum / Thelocarpon intermediellum / Trichonectria rubefaciens■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Thelocarpales/テロカルポン目_Thelocarpaceae/テロカルポン科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-05335ワシントン山の高山帯における簡易地衣調査 – 北米新産種Claurouxia chalybeioides、Porina norrlinii、およびStereocaulon leucophaeopsisの報告2010Opuscula Philolichenum2010年の論文/published in 2010, Opuscula Philolichenum, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, ニューハンプシャー州/New Hampshire, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ラクトン類/lactones, ロバール酸類/lobaric acids, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 北米新産種/North America_new record, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 樹状地衣/fruticose lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 高山帯/alpine regionA brief lichen foray in the Mount Washington alpine zone – including Claurouxia chalybeioides, Porina norrlinii and Stereocaulon leucophaeopsis new to North America米国ニューハンプシャー州、ワシントン山の高山帯において地衣類の予備的調査を実施した。Claurouxia chalybeioides、Porina norrlinii、およびStereocaulon leucophaeopsisの3種を北米新産種として報告した。また、Frutidella caesioatraを米国新産種として報告した。Carbonea vorticosa / Cladonia luteoalba / Claurouxia chalybeioides■ / Frutidella caesioatra■ / Helocarpon crassipes■ / Lecanora chlorophaeodes / Lecidea commaculans■ / Micarea marginata / Opegrapha gyrocarpa■ / Porina norrlinii■ / Protothelenella corrosa■ / Rhizocarpon anaperum■ / Rhizocarpon intersitum■ / Stereocaulon leucophaeopsis■ / Toninia squalescens■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Helocarpaceae/ヘロカルポン科_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Protothelenellaceae/プロトテレネラ科_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科
R3-05334中国産Microstoma属1新種および本属既知種の検索表2018Mycosystema2018年の論文/published in 2018, Mycosystema, カラマツ属/Larix, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 中国語/Chinese, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification keyA new species of Microstoma (Sarcoscyphaceae) from China with a key to known species of the genus中国、内モンゴル自治区の森林において腐朽材に生じた菌を検討し、Microstoma radicatumとして新種記載した。本種は子嚢盤外面が帯赤色、淡橙赤色~橙赤色で子実層面がばら赤色~赤色、柄の基部が根状であることなどで特徴づけられた。本属既知種の検索表を掲載した。Microstoma radicatum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科
R3-05333スペイン、グラン・カナリア島産の稀な腹菌、Queletia mirabilis2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, カナリア諸島/Canary Islands, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, タイプスタディ/type study, マカロネシア/Macaronesia, 新産種報告/new record, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEMQueletia mirabilis, a rare gasteroid species in Gran Canaria, Spainスペイン、グラン・カナリア島から稀産種のQueletia mirabilisを報告した。本種は一年中浸水する砂地に発生しており、マカロネシアおよびスペインからの本種の報告は初となった。SEMで本種の胞子の装飾および弾糸を観察した。Queletia mirabilis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05332ルーマニア新産種Neolecta vitellina、およびその生息環境およびフェノロジーについて2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, コケ上に生える菌/fungi on moss, スチャヴァ県/Suceava, トウヒ属/Picea, フェノロジー/phenology, マツ科/Pinaceae, ルーマニア/Romania, ルーマニア新産種/Romania_new record, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 稀産種/rare species, 配列決定/sequencingNeolecta vitellina, first record from Romania, with notes on habitat and phenology稀産種のNeolecta vitellinaをルーマニア新産種として報告した。本種は東カルパティア山脈においてドイツトウヒの樹下に発生した。ルーマニア産標本はITS配列がノルウェーおよび米国産と99%一致し、形態的にも一致した。Neolecta vitellina■Ascomycota/子嚢菌門_Taphrinomycotina/タフリナ菌亜門_Neolectomycetes/ヒメカンムリタケ綱_Neolectomycetidae/ヒメカンムリタケ亜綱_Neolectales/ヒメカンムリタケ目_Neolectaceae/ヒメカンムリタケ科
R3-05331Maculatumクレードに属するメキシコ産のトリュフの新種、Tuber aztecorum2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, シクエストレート菌/sequestrate fungus, マツ科/Pinaceae, メキシコ/Mexico, メヒコ州/Estado de Mexico, モミ属/Abies, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 新種記載/new species, 森林/forest, 生物地理学/biogeography, 隠蔽種/cryptic speciesTuber aztecorum sp. nov., a truffle species from Mexico belonging to the Maculatum clade (Tuberaceae, Pezizales)メキシコ中部で採集されたトリュフの一種を検討し、Tuber aztecorumとして新種記載した。本種は固有種のAbies religiosaを宿主とし、子実体が帯赤褐色で、子嚢胞子が球形~広楕円形であることなどで特徴づけられた。本種はMaculatumクレードに含まれ、T. castilloiと姉妹群を形成した。Tuber aztecorum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-05330温帯産のSkeletocutis属多孔菌2新種2018Annales Botanici Fennici2018年の論文/published in 2018, Annales Botanici Fennici, Phellinidium属, エステルイェータランド県/Östergötlands, エストニア/Estonia, オップラン県/Oppland, カイヌー県/Kainuu, カレリア共和国/Karelia Republic, シノニム/synonym, スウェーデン/Sweden, タイプスタディ/type study, タバコウロコタケ科/Hymenochaetaceae, ダーラナ県/Dalarna, トウヒ属/Picea, ニジニ・ノヴゴロド州/Nizhny Novgorod, ノルウェー/Norway, パイヤト=ハメ県/Päijät-Häme, ヒーウ県/Hiu, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ラッピ県/Lappi, ロシア/Russia, ヴァルガ県/Valga, 中部ポフヤンマー県/Central Ostrobothnia, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 北カルヤラ県/North Karelia, 北サヴォ県/Northern Savonia, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 沿海地方/Primorye, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forestTwo new temperate polypore species of Skeletocutis (Polyporales, Basidiomycota)北欧からSkeletocutis delicataおよびS. exilisの2新種を記載した。両種はトウヒ属倒木の幹に生じ、Phellinidium ferrugineofuscumとしばしば関係を持ち、同属他種とは孔口の形態や担子胞子のサイズなどが異なっていた。S. friataのタイプ標本を検討し、本種をTyromyces chioneusのシノニムとした。Skeletocutis delicata★ / Skeletocutis exilis★ / Tyromyces chioneusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05329山東省の海岸に産した材生息性海生菌 (4):中国新産属Buergenerula2008Mycosystema2008年の論文/published in 2008, Mycosystema, Spartina属, イネ科/Poaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 呈色反応/chemical reaction, 山東省/Shandong, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 潮間帯/intertidal zone, 福建省/FujianWood–inhabiting marine fungi from the coast of Shandong, China IV. Buergenerula, a genus new to China中国山東省の潮間帯において流木およびSpartina属植物の稈に生じた海生菌の一種を検討し、Buergenerula spartinaeと同定した。Buergenerula属菌の中国からの報告は初となった。本種とSphaerulina pedicellataおよびB. biseptataの形質比較表を掲載した。Buergenerula spartinae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Magnaporthaceae/マグナポルテ科
R3-05328ウクライナの北部黒海地域に産した新種Roselliniella lecideaeおよびその他の興味深い地衣生菌類2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Dimelaena属, Lepra属, Myriolecis属, Turkish Journal of Botany, Xanthocarpia属, アナイボゴケ属/Verrucaria, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イワタケ科/Umbilicariaceae, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カエデ属/Acer, カワイワタケ属/Dermatocarpon, キウメノキゴケ属/Flavoparmelia, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, キゴケ科/Stereocaulaceae, クリミア共和国/Republic of Crimea, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, コナラ属/Quercus, ゴイシゴケ属/Lecidea, ゴイシゴケ科/Lecideaceae, ザポリージャ州/Zaporizhia, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チェルニーヒウ州/Chernihiv, チズゴケ属/Rhizocarpon, チズゴケ科/Rhizocarpaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ドニプロペトロウシク州/Dnipropetrovsk, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ピンゴケ科/Caliciaceae, ブナ科/Fagaceae, ヘルソン州/Kherson, ホシゴケ属/Arthonia, ホシゴケ科/Arthoniaceae, ムィコラーイウ州/Mykolaiv, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 東欧新産種/East Europe_new record, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 石灰岩/limestone, 砂地/sand, 腐生菌/saprobe, 菌寄生菌/mycoparasiteRoselliniella lecideae sp. Nov. and other interesting lichenicolous fungi from the Northern Black sea Region (Ukraine)ウクライナにおいてLecidea fuscoatraの地衣体に生じた菌を検討し、Roselliniella lecideaeとして新種記載した。本種は子嚢殻が球形で孔口を有し、子嚢が8胞子性、子嚢胞子が褐色楕円形単細胞、周糸が無色で2-3隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、11種のウクライナ新産種を含む20種の地衣生菌類を報告し、Roselliniella属既知種の検索表を掲載した。Arthonia molendoi / Brackelia lunkei / Clypeococcum cladonema■ / Cornutispora lichenicola■ / Dactylospora parasitica■ / Endococcus macrosporus■ / Henfellra muriformis■ / Intralichen baccisporus■ / Lichenoconium aeruginosum■ / Lichenohendersonia squamarinae■ / Lichenostigma dimelaenae■ / Pronectria xanthoriae■ / Refractohilum achromaticum■ / Roselliniella lecideae★ / Rosellinula frustulosae■ / Sistotrema brinkmannii / Stigmidium epistigmellum■ / Stigmidium stygnospila■ / Taeniolella delicata■ / Trichothecium roseum / Zwackhiomyces lithoiceae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Lichenotheliaceae/リチェノテリア科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Collemopsidiales/コレモプシディウム目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科
R3-05327インド産テングタケ科菌類の多様性および分布:中央インドのサラノキ林における2新産種2018Indian Journal of Tropical Biodiversity2018年の論文/published in 2018, Indian Journal of Tropical Biodiversity, インド/India, サラノキ属/Shorea, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyDiversity and distribution of amanitaceous mushrooms in India, two new reports from sal forest of central India中央インドのサラノキ林に産するテングタケ科菌類を調査し、14州で計80種を記録した。そのうち73種がテングタケ属菌、1種がCatatrama属菌、4種がLimacella属菌、2種がSaproamanita属菌であった。Amanita bisporigeraおよびA. pantherinaをマディヤ・プラデーシュ州のサラノキ林における新産種として報告した。Amanita bisporigera■ / Amanita pantherina■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05326アジア新産種、Urocystis narcissi2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, スイセン属/Narcissus, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ヒガンバナ科/Amaryllidaceae, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 稀産種/rare species, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiUrocystis narcissi, a new record from Asiaパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州で採集された黒穂菌の稀産種、Urocystis narcissiをアジア新産種として報告した。本種は従来スペインのみから知られており、Narcissus tazettaは本種の新宿主として報告された。本種の記載文、生態写真および胞子団の光学顕微鏡・SEM写真などを掲載した。Urocystis narcissi■Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Urocystidales/ウロシスティス目_Urocystidaceae/ウロシスティス科
R3-05325中国亜熱帯域に産したテングタケ属Vaginatae節のつばを持つ新種、Amanita cingulata2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 森林/forest, 江西省/Jiangxi, 湖南省/Hunan, 種の境界/species delimitationAmanita cingulata, a new annulate species of Amanita sect. Vaginatae from subtropical China中国湖南省および江西省の亜熱帯林で採集された菌を検討し、Amanita cingulataとして新種記載した。本種は子実体が小型で傘が白色、短い条線を有し、白色で脆いつばを有し、担子胞子が楕円形~長形であることなどで特徴づけられた。Vaginatae節でつばを有する種は主に熱帯アフリカから知られていたが、アジアからは初の報告となった。Amanita cingulata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05324マレーシア産テングタケ属Caesareae節菌について2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, Mycologia, TreeBASE, ジョホール州/Johor, セランゴール州/Selangor, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, ペラ州/Perak, マレーシア/Malaysia, マレーシア新産種/Malaysia_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 新規プライマー設計/novel primer designation, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌輪/fairy ring, 誤同定/misidentificationNotes on Amanita section Caesareae from Malaysiaマレーシア産テングタケ属Caesareae節菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。新種Amanita malayensisを含む7種の系統学的種を認めた。4種の既知種を同定し、残り2つの系統学的種はデータ不足から未記載に留めた。Amanita aporema■ / Amanita javanica / Amanita malayensis★ / Amanita princeps / Amanita similisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05323タイ産のケートチリウム目2新種、Phaeosaccardinula coffeicolaおよびTrichomerium chiangmaiensis2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, すす病/sooty mold, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コーヒーノキ属/Coffea, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiPhaeosaccardinula coffeicola and Trichomerium chiangmaiensis, two new species of Chaetothyriales (Eurotiomycetes) from Thailandタイ、チエンマイ県においてアラビカコーヒーノキの生葉に発生したすす病類似の菌を検討し、Phaeosaccardinula coffeicolaおよびTrichomerium chiangmaiensisの2新種を記載した。前者は葉の上面にすす病様の被覆を生じ、子嚢胞子が石垣状で、子嚢および子嚢胞子が小型であることで近縁種と区別された。後者は通常4本の腕を有する淡い帯オリーブ色または褐色の分生子を形成し、分生子の腕が小さいことなどで近縁種と区別された。Phaeosaccardinula coffeicola★ / Trichomerium chiangmaiensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Chaetothyriaceae/ケートチリウム科_Trichomeriaceae/トリコメリウム科
R3-05322中国においてHippophae属植物に発生した多孔菌の新種、Fomitiporia rhamnoides2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, Hippophae属, MycoKeys, グミ科/Elaeagnaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山西省/Shanxi, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 河北省/Hebei, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeFomitiporia rhamnoides sp. nov. (Hymenochaetales, Basidiomycota), a new polypore growing on Hippophae from China中国においてHippophae rhamnoidesの生木に発生した多孔菌の一種を検討し、Fomitiporia rhamnoidesとして新種記載した。本種は子実体が多年生で傘状、孔口面に顕著な光沢を有し、担子胞子が無色球形平滑厚壁、シスチジオールを有することなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは孔口のサイズが小型である点などが異なっていた。Fomitiporia rhamnoides★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05321ブラジル、バイーア州の半乾燥地域の高地に産した印象的な新種、Amanita viridissima2016Plant Ecology and Evolution2016年の論文/published in 2016, Guapira属, Plant Ecology and Evolution, オシロイバナ科/Nyctaginaceae, タデ科/Polygonaceae, ハマベブドウ属/Coccoloba, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiAmanita viridissima (Amanitaceae, Basidiomycota), a striking new species from highlands of the semiarid region of Bahia, Brazilブラジル、バイーア州の森林で見出された菌を検討し、Amanita viridissimaとして新種記載した。本種は子実体が中型で緑色、外被膜が有色で、担子胞子が長形、時に円筒形であることなどで特徴づけられた。本種はSolitariae亜節に含まれたが、本亜節において有色の種は非常に稀であり、同じく緑色を帯びる2種とも形態的に異なっていた。Amanita viridissima★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05320中国産の致命的なテングタケ属菌2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, GCPSR, Mycologia, TreeBASE, アマニチン類/amanitins, コナラ属/Quercus, フェノロジー/phenology, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 広東省/Guangdong, 採集地マッピング/collection site mapping, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 検索表/identification key, 毒きのこ/poisonous mushroom, 海南省/Hainan, 温帯域/temperate zone, 湖北省/Hubei, 湖南省/Hunan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 猛毒きのこ/deadly poisonous mushrooms, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 陝西省/Shaanxi, 雲南省/YunnanLethal Amanita species in China中国産のテングタケ属Phalloideae節の菌を複数遺伝子の分子系統解析により検討した。Amanita griseoroseaなど4新種を含む13種を認めた。中国産の致命的なテングタケ属菌の検索表を掲載した。Amanita exitialis / Amanita fuliginea / Amanita fuligineoides / Amanita griseorosea★ / Amanita molliuscula★ / Amanita pallidorosea / Amanita parviexitialis★ / Amanita rimosa / Amanita subfuliginea★ / Amanita subjunquillea / Amanita subpallidorosea / Amanita virosaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05319台湾産葉生息性不完全糸状菌2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, アオイ科/Malvaceae, アカネ科/Rubiaceae, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アワダン属/Mellicope, インゲンマメ属/Phaseolus, ウリ科/Cucurbitaceae, オオスズメウリ属, カギカズラ属, カタバミ属/Oxalis, カタバミ科/Oxalidaceae, カッコウアザミ属/Ageratum, キク科/Asteraceae, サクラ属/Prunus, サンタンカ属, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, タマシダ属, ツタノハヒルガオ属/Merremia, ツルシダ科, ツルマンリョウ属/Myrsine, トケイソウ属/Passiflora, トケイソウ科/Passifloraceae, トロロアオイ属/Abelmoschus, バラ科/Rosaceae, ヒマワリヒヨドリ属/Chromolaena, ヒルガオ科/Convolvulaceae, ヘゴ属/Cyathea, ヘゴ科/Cyatheaceae, マメ科/Fabaceae, ミカン科/Rutaceae, ヤブコウジ科/Myrsinaceae, リュウビンタイ属/Angiopteris, リュウビンタイ科/Marattiaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 付着器/appressorium, 切片/section, 南投県/Nantou, 台北市/Taipei, 台南市/Tainan, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 嘉義県/Chiayi County, 培養性状/colony characteristics, 宜蘭県/Yilan, 寄生菌/parasite, 屏東県/Pingtung, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 生長速度/growth rate, 疑問種/doubtful species, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 難培養性菌/uncultured fungiFoliicolous hyphomycetes from Taiwan台湾においてThladiantha punctata、Nephrolepis auriculata、タイミンタチバナに生じた菌をそれぞれ新種記載した。また、アジア新産種としてPericoniella rhachidicola、台湾新産種として2種を報告した。その他、数種について新宿主を報告した。Cercosporella thladianthae★ / Passalora perfoliati / Periconiella rhachidicola■ / Pseudocercospora abelmoschi / Pseudocercospora cruenta / Pseudocercospora eupatorii-formosani / Pseudocercospora ixorae / Pseudocercospora nephrolepidis★ / Pseudocercospora sarcocephali■ / Pseudocercospora stahlii / Pseudocercospora subtorulosa■ / Pseudocercospora timorensis / Pseudocercosporella oxalidis / Stenella myrsines★ / Stenella persicae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Teratosphaeriaceae/テラトスフェリア科
R3-05318フィリピン、ヌエヴァ・エシハ州、カラングラン、プンカンに産した大型菌類2008Journal of Agricultural Technology2008年の論文/published in 2008, Journal of Agricultural Technology, ヌエヴァ・エシハ州, フィリピン/Philippines, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 湿度/humidity, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushroomsSome species of macrofungi at Puncan, Carranglan, Nueva Ecija in the Philippinesフィリピン、ヌエヴァ・エシハ州、プンカン地区の森林において大型菌類の調査を実施し、7種を同定した。1種はキクラゲ科、4種はタマチョレイタケ科、2種はハラタケ目菌類であった。各種について記載文、生態写真などを掲載した。Auricularia fuscosuccinea / Cantharellus minor / Coltricia perennis / Gloeoporus dichrous / Hohenbuehelia petaloides / Phellinus pini / Trametes versicolorBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科_Cantharellales/アンズタケ目_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05317ドミニカ共和国産Saproamanita manicata2016RMR Boll. AMER2016年の論文/published in 2016, RMR Boll. AMER, イタリア語/Italian, シノニム/synonym, ドミニカ共和国/Dominican Republic, プエルト・プラタ州/Puerto Plata, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新形質報告/new character, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 生長速度/growth rate, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 食毒不明/edibility unknownSaproamanita manicata in Repubblica Dominicanaドミニカ共和国からSaproamanita manicataを報告した。本種は傘が類白色で、黄褐色疣状~羊毛状の被膜に覆われ、襞が類白色で桃色を帯び、柄が非塊茎状、担子胞子が球形~類球形であることなどで特徴づけられた。S. nauseosaを本種のシノニムと推定した。Saproamanita manicataBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05316インド新産のテングタケ属4分類群2016Biodiversitas2016年の論文/published in 2016, Biodiversitas, インド/India, インド新産種/India_new record, トウヒ属/Picea, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentificationFour newly recorded Amanita taxa from Indiaインド、ヒマーチャル・プラデーシュ州からインド新産種として3種1変種のテングタケ属菌を報告した。Amanita flavoconiaは明るい黄色の傘、A. flavoconia var. inquinataは橙黄色~帯黄橙色~帯褐橙色の傘などで特徴づけられた。A. pilosellaは傘が帯褐ベージュ色または帯灰褐色で、A. porphyriaは柄が帯灰色の小鱗片に覆われて紫色を帯び、つぼに縁取りを有することなどで特徴づけられた。Amanita flavoconia■ / Amanita pilosella■ / Amanita porphyria■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05315ポーランド新産種、Agrocybe putaminum2016Polish Botanical Journal2016年の論文/published in 2016, Polish Botanical Journal, オポーレ県/Opole, フェノロジー/phenology, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, ルブシュ県/Lubusz, 保全生態学/conservation ecology, 分布域の変化/changes in the distribution area, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 堆肥/compost, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 畑地/farmland, 移入種/alien species, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexAgrocybe putaminum (Agaricales, Basidiomycota), New for Polandポーランド南西部からAgrocybe putaminumをポーランド新産種として報告した。本種は藁と土壌が混ざった堆肥に生じ、柄がビロード状で溝を有し、柄シスチジアがほぼ全面を覆うことなどで特徴づけられた。本種は他のヨーロッパ諸国と同様、ポーランドにおいても移入種と考えられた。Agrocybe putaminum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05314ベトナム、ダクラク省、チューヤンシン国立公園産テングタケ属菌の種多様性2018Journal of Scientific and Engineering Research2018年の論文/published in 2018, Journal of Scientific and Engineering Research, ダクラク省/Đắk Lắk, フェノロジー/phenology, ベトナム/Vietnam, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 垂直分布/vertical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 毒きのこ/poisonous mushroom, 民族菌類学/ethnomycology, 気温/temperature, 湿度/humidity, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushrooms, 高山帯/alpine regionSpecies Diversity of the Genus Amanita Dill. Ex Boehm. (1760) in Chu Yang Sin National Park, Daklak, Vietnamベトナムのチューヤンシン国立公園においてテングタケ属菌の調査を実施した。15種を同定し、そのうちAmanita abruptaなど8種を中央高地における主な種として記録した。テングタケ属菌の発生は通常、85%の高湿度かつ海抜800–1200mの範囲で、6-11月に認められた。Amanita abrupta / Amanita amanitoides / Amanita caesarea / Amanita caesareoides / Amanita cokeri / Amanita concentrica / Amanita flavoconia / Amanita levistriata / Amanita multisquamosa / Amanita pantherina / Amanita phalloides / Amanita pilosella / Amanita solitaria / Amanita vaginataBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05313中国南西部産の新種、Neoalbatrellus odorus2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 雲南省/YunnanNeoalbatrellus odorus Sp. nov. (Albatrellaceae, Russulales) from Southwest China中国雲南省の森林に発生した菌を検討し、Neoalbatrellus odorusとして新種記載した。本種は子実体が濃紫色~暗紫色で肉質、孔口面が白色、柄が淡紫色~帯青紫色で、担子胞子が厚壁非アミロイドであることなどで特徴づけられた。本種はITSおよびnrLSUに基づく分子系統解析で独自の系統を形成し、同属他種と形態的に異なっていた。Neoalbatrellus odorus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目
R3-05312韓国新産の木材腐朽菌5種2016Mycobiology2016年の論文/published in 2016, Mycobiology, アジア新産種/Asia_new record, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, マタタビ属/Actinidia, マタタビ科/Actinidiaceae, 亜熱帯域/subtropics, 京畿道/Gyeonggi-do, 仁川広域市, 全羅北道/Jeollabuk-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 忠清北道/Chungcheongbuk-do, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 気候変動/climate change, 江原道/Kangwon-do, 済州特別自治道/Jeju, 温帯域/temperate zone, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordFive New Wood Decay Fungi (Polyporales and Hymenochaetales) in Korea韓国新産種として木材腐朽菌2科5属5種を報告した。Aurantiporus、Favolus、Loweomycesの3属は韓国新産属となった。各種について記載文、写真、スケッチなどを掲載し、分子系統解析を実施した。Aurantiporus fissilis■ / Favolus acervatus■ / Hymenochaetopsis rigidula■ / Loweomyces fractipes■ / Neofavolus mikawai■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科_Meripilaceae/トンビマイタケ科
R3-05311クコのエンドファイト菌類および韓国新産のColletotrichum属2種の特性2014International Journal of Molecular Sciences2014年の論文/published in 2014, International Journal of Molecular Sciences, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, クコ属/Lycium, スライド培養法/slide culture method, ナス科/Solanaceae, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 草地/grassland, 表面殺菌法/surface sterilization method, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordEndophytic Fungi from Lycium chinense Mill and Characterization of Two New Korean Records of Colletotrichum韓国忠清南道においてクコの葉および果実から表面殺菌法で分離されたエンドファイトを検討した。10種の形態学的種を分子同定したところ、全て子嚢菌であった。クコをColletotrichum fructicolaおよびC. brevisporumの新宿主として報告し、後者を韓国新産種として報告した。Colletotrichum brevisporum■ / Colletotrichum fructicolaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-05310スロベニア産地衣類の研究 (12):ロガルスカ・ドリナ産の地衣2010Hladnikia2010年の論文/published in 2010, Hladnikia, アルプス山脈/Alps, カエデ属/Acer, コケ上に生える菌/fungi on moss, スロベニア/Slovenia, スロベニア新産種/Slovenia_new record, トネリコ属/Fraxinus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地衣成分/lichen compound, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine regionContribution to the lichen biota of Slovenia XII. Some lichens from Logarska dolinaスロベニア、ロガルスカ・ドリナにおいて地衣類の調査を実施し、94種の地衣を報告した。Bacidia subacerinaおよびLopadium disciformeをスロベニア新産種として報告した。Bilimbia accedensなど6種をスロベニアの高山帯植物区系から初めて報告した。Bacidia subacerina■ / Bilimbia accedens■ / Lecanora leptyrodes■ / Lopadium disciforme■ / Megalaria grossa■ / Mycobilimbia epixanthoides■ / Rinodina efflorescens■ / Sclerophora peronella■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Lecideales/レキデア目_Lopadiaceae/ロパディウム科_Lecideaceae/レキデア科_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科
R3-05309ウェールズ産のリンゴの枝に生じたMarchandiobasidium aurantiacumおよびEfibulobasidium rolleyi:2種の特異的な菌類2011Field Mycology2011年の論文/published in 2011, Field Mycology, イギリス/United kingdom, イギリス新産種/United Kingdom_new record, ウェールズ/Wales, コウヤクタケ類/corticioid fungi, バラ科/Rosaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, リンゴ属/Malus, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子紋/spore print, 膠質菌/jelly fungi, 菌寄生菌/mycoparasiteMARCHANDIOBASIDIUM AURANTIACUM and EFIBULOBASIDIUM ROLLEYI: two unusual fungi on a Welsh apple twigウェールズの庭園においてリンゴの枝に発生した2種の寄生菌を報告した。Marchandiobasidium aurantiacumはPhyscia tenellaに生じていた。後者は枝に直接生じ、ヨーロッパからの報告は初とみられた。Efibulobasidium rolleyi■ / Marchandiobasidium aurantiacumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-05308ツゲ属植物に発生したパキスタン新産種、Uromyces ambiens2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, さび菌/rust fungi, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 切片/section, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 文献調査/literature survey, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 稀産種/rare speciesA new report of Uromyces ambiens on Buxus from Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州においてBuxus wallichianaに生じたさび菌の一種を検討し、Uromyces ambiensと同定した。9月には淡黄色の精子器、11月と1月には精子器と冬胞子堆の両方を認めた。本種をパキスタン新産種として報告し、Buxus wallichianaを本種の新宿主として報告した。Uromyces ambiens■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-05307中国山西省に産したタバコウロコタケ属2新種および中国新産種H. colliculosa2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, シソ科/Lamiaceae, ハマゴウ属/Vitex, マメ科/Fabaceae, ミズキ属/Cornus, ミズキ科/Cornaceae, ムレスズメ属/Caragana, メギ属/Berberis, メギ科/Berberidaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山西省/Shanxi, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusTwo new species of Hymenochaete (Hymenochaetaceae, Basidiomycota) and H. colliculosa new to China from Shanxi Province中国山西省からHymenochaete angustisporaおよびH. verruculosaの2新種を記載した。前者はタイワンニンジンボクに生じ背着生、後者はミズキ属の一種に生じ半背着生で子実層面が小疣状であることなどで特徴づけられた。また、中国新産種としてメギ属の一種に生じたH. colliculosaを報告した。Hymenochaete angustispora★ / Hymenochaete colliculosa■ / Hymenochaete verruculosa★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05306タイ産Nypa fruticansにおいて新たに記録されたエンドファイト、Akanthomyces muscariusの系統的位置2018Current Research in Environmental & Applied Mycology2018年の論文/published in 2018, Current Research in Environmental & Applied Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, クラビー県/Krabi, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, ニッパヤシ属, マングローブ林/mangrove forest, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単菌糸分離/single hypha isolation, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 表面殺菌法/surface sterilization methodPhylogenetic placement of Akanthomyces muscarius, a new endophyte record from Nypa fruticans in Thailandタイ、クラビー県においてニッパヤシの健全葉から分離されたエンドファイトを検討し、Akanthomyces muscariusと同定した。本種をタイ新産種として報告するとともに、ニッパヤシを新宿主として報告した。分子系統解析の結果、本種はLecanicillium属菌と姉妹群を形成した。Akanthomyces muscarius■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科
R3-05305西ヨーロッパ、アルモリカ山塊の海岸に産したチャシブゴケ科地衣の新種、Myriolecis massei2018The Bryologist2018年の論文/published in 2018, The Bryologist, イギリス/United kingdom, キサントン類/xanthones, クロマトグラム/chromatogram, コート=ダルモール県/Court d’Armor, ジャージー, タイプスタディ/type study, チャンネル諸島, フィニステール県/Finistere, フランス/France, マンシュ県/Manche, モルビアン県/Morbihan, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 先駆種/pioneer species, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 色素産生/pigment production, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyMyriolecis massei, a new species of Lecanoraceae from the coasts of the Armorican Massif in Western Europeフランス(ブルターニュ、ノルマンディー)およびチャンネル諸島の沿岸域に産した岩上生地衣の一種を検討し、Myriolecis masseiとして新種記載した。本種は痂状地衣であり、地衣体がC+橙色で塩素化キサントン類を含むことなどで特徴づけられた。本新種を含む、C+あるいはKC+のヨーロッパ海岸域産Myriolecis属地衣の検索表を掲載した。Myriolecis massei★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05304オーストラリア産Ramularia属菌の注釈付きチェックリスト2005Australasian Plant Pathology2005年の論文/published in 2005, Australasian Plant Pathology, Corymbia属, Craspedia属, Digitalis属, Hedypnois属, Melampsora属, Muehlenbeckia属, Protea属, Ramularia属, アメリカボウフウ属/Pastinaca, イヌスイバ属, イネ科/Poaceae, ウツボグサ属, オオバコ属/Plantago, オオバコ科/Plantaginaceae, オヒゲシバ属/Chloris, オランダイチゴ属/Fragaria, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, カッコウアザミ属/Ageratum, キク科/Asteraceae, キランソウ属, キンポウゲ属/Ranunculus, キンポウゲ科/Ranunculaceae, クイーンズランド州/Queensland, クサヨシ属/Phalaris, クロヨナ属/Pongamia, コウゾリナ属, サクラソウ属/Primula, サクラソウ科/Primulaceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シソ科/Lamiaceae, スイカズラ科/Caprifoliaceae, スズメノチャヒキ属/Bromus, セリ科/Apiaceae, タイプスタディ/type study, タスマニア州/Tasmania, タデ科/Polygonaceae, タンポポ属/Taraxacum, ダイオウ属/Rheum, ダイコンソウ属/Geum, ドクムギ属/Lolium, ナギナタガヤ属, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ノーザンテリトリー/Northern Territory, ハッカ属/Mentha, ハマゴウ属/Vitex, バラ科/Rosaceae, ビクトリア州/Victoria, フトモモ科/Myrtaceae, フランスギク属, ベニカノコソウ属, マイコスフェレラ科, マメ科/Fabaceae, ミヤコグサ属/Lotus, メランプソラ科, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤブタビラコ属/Lapsana, ヤマナラシ属/Populus, ヤマモガシ科/Proteaceae, レンリソウ属/Lathyrus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 移入種/alien species, 菌寄生菌/mycoparasite, 葉面菌/leaf surface fungi, 西オーストラリア州/Western AustraliaAn annotated check list of Ramularia species in Australiaオーストラリア産Ramularia属菌の収蔵標本を再検討し、28種からなる注釈付きチェックリストを作成した。Cladosporium myrtacearum、Ramularia craspediicola、およびR. muehlenbeckiaeの3新種を記載したほか、オーストラリア新産種を複数報告した。また、Ramularia属の一種と同定されていた標本の再検討に基づき、Cladosporium uredinicolaなど別属の4種をオーストラリア新産種として報告した。Cladosporium myrtacearum★ / Cladosporium uredinicola■ / Neoramularia karelii■ / Passalora perfoliati■ / Pseudocercospora pongamiae-pinnatae■ / Ramularia ajugae■ / Ramularia bellunensis■ / Ramularia craspediicola★ / Ramularia deusta■ / Ramularia gei■ / Ramularia grevilleana / Ramularia heraclei / Ramularia inaequale / Ramularia lamii■ / Ramularia lapsanae■ / Ramularia muehlenbeckiae★ / Ramularia occidentalis■ / Ramularia paspali■ / Ramularia pratensis / Ramularia primulae / Ramularia proteae / Ramularia pusilla■ / Ramularia rhabdospora / Ramularia rubella / Ramularia simplex / Ramularia sphaeroidea / Ramularia uredinis■ / Ramularia valerianae / Ramularia variabilis / Ramularia veronicae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05303ノルウェーの亜寒帯雨林においてMycoblastus affinisに発生した地衣生菌の新種、Arthonia toensbergii2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, クロアカゴケ属/Mycoblastus, ソール・トロンデラーグ県/Sør-Trøndelag, テフロメラ科, トウヒ属/Picea, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, バラ科/Rosaceae, マツ科/Pinaceae, リンゴ属/Malus, ローガラン県/Rogaland, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantationArthonia toensbergii, a new lichenicolous fungus on Mycoblastus affinis from the boreal rainforests in Norwayノルウェーの亜寒帯雨林においてMycoblastus affinisの地衣体に生じた菌を検討し、Arthonia toensbergiiとして新種記載した。本種は子嚢果が黒色で、子嚢胞子が無色スリッパ形、1隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、A. parietinariaをノルウェー新産種として報告した。Arthonia parietinaria■ / Arthonia toensbergii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-05302ブラジルの半乾燥地域、カーチンガ・バイオームに産した分生子形成菌:新種Subramaniomyces pulcherおよびSporidesmium circinophorumについて2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カキノキ属/Diospyros, カキノキ科/Ebenaceae, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, シンアナモルフ/synanamorph, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 新形質報告/new character, 湿室法/moist chamber method, 降水量/precipitationConidial fungi from the semi-arid Caatinga biome of Brazil. Subramaniomyces pulcher sp. nov. and notes on Sporidesmium circinophorumブラジルのカーチンガ・バイオームで採集された菌を検討し、Subramaniomyces pulcherとして新種記載した。本種は分生子が鎖生し、節間分生子が褐色~暗褐色でレモン形~広紡錘形、頂端分生子が無色針状であることなどで特徴づけられた。また、Sporidesmium circinophorumのSelenosporella属類似シンアナモルフを報告した。Sporidesmium circinophorum / Subramaniomyces fusisaprophyticus / Subramaniomyces pulcher★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科
R3-05301メキシコ、テワカン=クイカトラン生物圏保護区におけるテングタケ属菌の新産種2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, きのこ中毒/mushroom poisoning, オアハカ州/Oaxaca, メキシコ/Mexico, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 民族菌類学/ethnomycology, 猛毒きのこ/deadly poisonous mushrooms, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食毒不明/edibility unknown, 食用きのこ/edible mushroomsNew records of Amanita from Tehuacán-Cuicatlán Biosphere Reserve, Méxicoメキシコ、オアハカ州のテワカン=クイカトラン生物圏保護区からAmanita caesareaなど9種のテングタケ属菌を報告した。全種が本調査地における新産種であり、A. onustaはオアハカ州からの報告も初であった。4種が食用、5種が毒きのこであり、そのうち1種は致命的な猛毒きのこであった。Amanita caesarea■ / Amanita flavoconia■ / Amanita flavorubescens■ / Amanita fulva■ / Amanita onusta■ / Amanita pantherina■ / Amanita rubescens■ / Amanita vaginata■ / Amanita verna■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05300複数遺伝子の分子系統解析によりイラン産Ramularia属菌の新産種および新宿主が明らかになった2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, エノキグサ属/Acalypha, カバノキ科/Betulaceae, ギーラーン州/Gilan, クワ科/Moraceae, サクラ属/Prunus, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種概念/species concept, 複合種/species complex, 西アーザルバーイジャーン州/West AzerbaijanMultigene phylogeny reveals a new species and novel records and hosts in the genus Ramularia from Iranイランの3州において分離された菌の分子系統解析を実施し、Ramularia eucalypti複合種の3種を同定した。ギーラーン州においてAlnus subcordataに発生した菌をR. taleshinaとして新種記載した。R. maliをアジア新産種、R. glenniiをイラン新産種としてそれぞれ報告した。Ramularia glennii■ / Ramularia mali■ / Ramularia taleshina★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05299ノルウェー新産の二重壁子嚢を有する子嚢菌類20種2017Agarica2017年の論文/published in 2017, Agarica, Normandina属, アウスト・アグデル県/Aust-Agder, アオイ科/Malvaceae, アサ科/Cannabaceae, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, アーケシュフース県/Akershus, エストフォル県/Østfold, エビコウヤクタケ属, カエデ属/Acer, カラハナソウ属, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, ソグン・オ・フィヨーラネ県/Sogn og Fjordane, タマバリタケ科/Physalacriaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, テレマルク県/Telemark, トネリコ属/Fraxinus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, ホルダラン県/Hordaland, ムクロジ科/Sapindaceae, ムーレ・オ・ロムスダール県/Møre og Romsdal, モクセイ科/Oleaceae, ローガラン県/Rogaland, ヴェストフォル県/Vestfold, ヴェスト・アグデル県/Vest-Agder, 切片/section, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 淡水域/freshwater, 草地/grassland, 菌寄生菌/mycoparasiteTwenty species of bitunicate ascomycetes new to NorwayAntealophiotrema brunneosporumなど20種をノルウェー新産種として報告した。そのうち15種がクロイボタケ綱、5種がユーロチウム綱ケートチリウム亜綱に含まれていた。各種について生態写真、顕微鏡写真、特徴、標本情報などを掲載した。Antealophiotrema brunneosporum■ / Botryosphaeria corticola■ / Capronia munkii■ / Capronia normandinae■ / Capronia parasitica■ / Capronia spinifera■ / Didymosphaeria massarioides■ / Exosporiella fungorum■ / Helminthosporium oligosporum■ / Jahnula aquatica■ / Lophiostoma fuckelii■ / Lophiostoma rugulosum■ / Massaria macra■ / Massaria platanoidea■ / Massarina rubi■ / Moristroma quercinum■ / Navicella elegans■ / Poetschia buellioides■ / Splanchnonema pupula■ / Splanchospora ampullacea■ / Trematosphaeria hydrela■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Didymosphaeriaceae/ディディモスフェリア科_Massarinaceae/マッサリナ科_Jahnulales/ヤーヌラ目_Aliquandostipitaceae/アリクァンドスティピテ科_Lophiostomataceae/ロフィオストマ科_Pyrenulales/サネゴケ目_Massariaceae/マッサリア科_Dacampiaceae/ダカンピア科_Patellariales/パテラリア目_Patellariaceae/パテラリア科_Pleomassariaceae/プレオマッサリア科
R3-05298タイにおいてユーカリ属植物の葉に生じた新種、Pseudocercospora flavomarginata2006Fungal Diversity2006年の論文/published in 2006, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, タイ/Thailand, フトモモ科/Myrtaceae, プラーチーンブリー県/Prachinburi, ベトナム/Vietnam, ユーカリ属/Eucalyptus, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種分化/speciation, 萎黄病/chlorosis, 葉面菌/leaf surface fungi, 複合種/species complexPseudocercospora flavomarginata sp. nov., from Eucalyptus leaves in ThailandタイおよびベトナムにおいてEucalyptus camaldulensisおよびその雑種の葉に斑点病害を引き起こした菌を検討した。形態学的検討および分子系統解析の結果に基づき、本種をPseudocercospora flavomarginataとして新種記載した。本種は複数遺伝子に基づく分子系統解析でP. paraguayensisおよびP. basiramiferaと姉妹群を形成した。Pseudocercospora flavomarginata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05297ポーランド北東部、ビャウォビエジャ・フォレストにおけるアナモルフ菌の新規データ2010Polish Botanical Journal2010年の論文/published in 2010, Polish Botanical Journal, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エゾコウゾリナ属, キク科/Asteraceae, キンポウゲ科/Ranunculaceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シャジクソウ属/Trifolium, ジンチョウゲ属, ジンチョウゲ科/Thymelaeaceae, センダングサ属/Bidens, ツクバネソウ属, ナデシコ科/Caryophyllaceae, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マメ科/Fabaceae, ミスミソウ属/Hepatica, ミミナグサ属/Cerastium, メランチウム科/Melanthiaceae, ヤエムグラ属/Galium, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉面菌/leaf surface fungiNew data on anamorphic fungi in the Białowieża Forest (Northeast Poland)ポーランドのビャウォビエジャ・フォレストにおいてアナモルフ菌の調査を実施し、10種を報告した。全種が調査地における新産種であり、そのうちSeptoria roemerianaはポーランド新産種として報告された。Galium schultesiiをPassalora galii、Trifolium campestreをCercospora zebrinaの新宿主としてそれぞれ報告した。Cercospora paridis■ / Cercospora zebrina■ / Endoconospora cerastii■ / Marssonina daphnes■ / Passalora galii■ / Ramularia inaequale■ / Septoria bidentis■ / Septoria cerastii■ / Septoria hepaticicola■ / Septoria roemeriana■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科
R3-05296うどんこ病菌の分類、宿主範囲、および地理的分布2008Schlechtendalia2008年の論文/published in 2008, Ibicella属, Nolana属, Schlechtendalia, Tinguarra属, Todaroa属, Tolmiea属, うどんこ病/powdery mildew, アジサイ科/Hydrangeaceae, オアハカ州/Oaxaca, カエデ属/Acer, ガマズミ属/Viburnum, キク科/Asteraceae, ギリシャ/Greece, ケイトウ属, ケシ科/Papaveraceae, ゴマ属/Sesamum, ゴマ科/Pedaliaceae, サクラ属/Prunus, ザクセン州/Sachsen, シマバラソウ属, ズダヤクシュ属, セリ科/Apiaceae, センダングサ属/Bidens, タケニグサ属/Macleaya, タヌキモ属, タヌキモ科/Lentibulariaceae, チョウマメ属/Clitoria, トウダイグサ属/Euphorbia, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, トチノキ属/Aesculus, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ナス科/Solanaceae, ネモフィラ属, ノルトライン=ヴェストファーレン州/Nordrhein-Westfalen, バイカウツギ属/Philadelphus, バラ科/Rosaceae, ヒユ科/Amaranthaceae, フウチョウソウ属/Cleome, フウチョウソウ科/Capparaceae, フェヌグリーク属, フランス/France, ブランデンブルク州/Brandenburg, ブリュッセル市/Brussels, ベルギー/Belgium, ベルギー新産種/Belgium_new record, ベンケイソウ科/Crassulaceae, マメ科/Fabaceae, マンネングサ属/Sedum, ミゾハコベ科, ムクロジ科/Sapindaceae, ムラサキ科/Boraginaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, モクシュンギク属, ユキノシタ科/Saxifragaceae, レンプクソウ科/Adoxaceae, 付着器/appressorium, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水田/paddy field, 江原道/Kangwon-do, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 移入種/alien species, 葉面菌/leaf surface fungi, 都市環境/urban environment, 非合法名/illegitimate name, 韓国/South KoreaTaxonomy, host range and distribution of some powdery mildew fungi (Erysiphales)フランス、ドイツ、ギリシャ、メキシコ産などのうどんこ病菌を検討し、数種について新宿主や新規分布域を報告した。Oidium sesamiとして記載されたが無効となっていた種を再検討し、O. pedaliacearumを新種記載した。Sphaerotheca alpina f. macrosporaを新組み合わせ・新階級Podosphaera macrosporaとした。Erysiphe celosiae / Erysiphe cruciferarum / Erysiphe flexuosa■ / Erysiphe hedwigii / Erysiphe heraclei / Erysiphe prunastri / Erysiphe sedi■ / Erysiphe trifolii / Golovinomyces cichoracearum / Golovinomyces orontii / Neoerysiphe cumminsiana / Oidium clitoriae■ / Oidium pedaliacearum★ / Oidium pedilanthi■ / Podosphaera macrospora▲● / Sawadaea bicornis / Sawadaea tulasneiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05295Brachybotrys paridiformisに生じた新種Phacellium brachybotrydis2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Brachybotrys属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ムラサキ科/Boraginaceae, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江原道/Kangwon-do, 韓国/South KoreaPhacellium brachybotrydis sp. nov. on Brachybotrys paridiformis韓国江原道においてBrachybotrys paridiformisの葉に退色を引き起こした菌を検討し、Phacellium brachybotrydisとして新種記載した。本種はシンネマの基部のみが着色し、分生子形成細胞が末端生あるいは側生で無色、分生子も無色であることなどで特徴づけられた。本種は宿主が同一のサーコスポロイド菌および形態的に類似する同属他種とは、シンネマの色や分生子の形態などが異なっていた。Phacellium brachybotrydis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05294ノルウェー南東部の石灰質シナノキ属森林に産した稀な類白色~淡黄褐色のフウセンタケ属Calochroi節菌2018Agarica2018年の論文/published in 2018, Agarica, ノルウェー/Norway, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半隠蔽種/semi-cryptic species, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新形質報告/new character, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 遺存林/relict forestsRare, whitish-pale ochre Cortinarius species of sect. Calochroi from calcareous Tilia forests in South East Norwayノルウェー南東部のシナノキ属森林で採集されたフウセンタケ属Calochroi節の5種を報告した。5種中3種は傘および塊茎下面がKOHで桃色~血赤色に強く呈色する一方、残り2種は塊茎下面のみが呈色し、両群は担子胞子のサイズでも識別された。全種について記載文および写真を掲載し、ITS領域に基づく分子系統解析を実施した。Cortinarius albertii / Cortinarius catharinae / Cortinarius insignibulbus / Cortinarius parasuaveolens / Cortinarius subgracilisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-05293カイガラムシの新たな病原菌である新種Lecanicillium sabanense2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, Pulvinaria属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, カタカイガラムシ科, クワ科/Moraceae, クンディナマルカ県/Cundinamarca, コロンビア/Columbia, サバンナ/savannah, ボゴタ/Bogota, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 微小粒子状物質, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 気温/temperature, 湿度/humidity, 生物農薬/biopesticide, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 複合種/species complex, 都市環境/urban environment, 降水量/precipitationLecanicillium sabanense sp. nov. (Cordycipitaceae) a new fungal entomopathogen of coccidsコロンビア、ボゴタにおいてカタカイガラムシ科害虫の一種、Pulvinaria caballeroramosaeに発生した病原菌を検討した。本種は同属他種とは宿主上でのフィアライドの配列、綿毛状の菌糸体、分生子のサイズなどが異なっていた。本種はPM10濃度が低い地点で観察されたものの、都市におけるカイガラムシに対する生物農薬としての利用が期待された。Lecanicillium sabanense★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05292新属・新組み合わせParengyodontium albumによる無色菌糸症2016Medical Mycology2016年の論文/published in 2016, MALDI-TOF MS, Medical Mycology, MIC, YeastOne, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エピタイプ指定/epitype designation, エンドウ属/Pisum, カルコフルオールホワイト/calcofluor white, クラスター分析/cluster analysis, グラム染色/Gram stain, グロコット染色/Grocott staining, タイプスタディ/type study, ドイツ/Germany, ヒト病原菌/human pathogen, ヘマトキシリン・エオシン染色/hematoxylin and eosin staining, マメ科/Fabaceae, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗酸染色, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 日和見感染症/opportunistic infection, 標本入手不可/specimen not available, 水試料/water sample, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 無色菌糸症, 生体組織診断/biopsy, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 皮膚スワブ/skin swab, 皮膚炎/dermatitis, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 組織染色/histological stain, 結膜炎, 肺炎/pneumonia, 脳膿瘍/brain abscess, 臨床検体/clinical specimens, 致死的転帰/fatal outcome, 蛍光染色/fluorescent staining, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 血液検体/blood specimen, 複合種/species complex, 質量分析法/mass spectrometry, 走査型電子顕微鏡/SEM, 隠蔽種/cryptic speciesCutaneous hyalohyphomycosis due to Parengyodontium album gen. et comb. nov.免疫抑制療法を受ける腎移植患者の皮膚生検標本から分離された糸状菌の一種を検討し、Engyodontium albumと同定した。本種に対して新属Parengyodontiumを提唱するとともに、本種が3種の隠蔽種を含む複合種であることを示唆した。本種がポサコナゾールおよびボリコナゾールに対して感受性を有することを示した。Parengyodontium album▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科
R3-05291ブラジルのセラード・バイオームに産したPhlebopus beniensis2018Rodriguésia2018年の論文/published in 2018, Rodriguésia, クマツヅラ科/Verbenaceae, ゴイアス州/Goias, ハリマツリ属, ブラジル/Brazil, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 菌食/mycophagyPhlebopus beniensis (Boletinellaceae, Boletales) in the Brazilian Cerrado biomeブラジル、ゴイアス州のセラード・バイオームで採集されたPhlebopus beniensisを報告した。本種はブラジルにおいては大西洋岸森林のみから知られており、セラード・バイオームからは初記録となった。本種は撹乱された草地や森林に生じ、昆虫による菌食が認められた。Phlebopus beniensis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletinellaceae/ミダレアミイグチ科
R3-05290チェコ共和国で見出されたPseudobaeospora albidula2018Czech Mycology2018年の論文/published in 2018, Czech Mycology, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, ニワトコ属/Sambucus, ハシバミ属/Corylus, ハリエンジュ属/Robinia, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, リター菌/litter fungi, レンプクソウ科/Adoxaceae, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered speciesPseudobaeospora albidula (Agaricales) found in the Czech RepublicPseudobaeospora albidulaをチェコからおそらく初めて報告した。本種は子実体全体が類白色で、顕著な辛味を有することなどで特徴づけられた。本種をチェコ産大型菌類のレッドリストに「絶滅寸前 (CR)」カテゴリとして加えることを提案した。Pseudobaeospora albidula■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05289プレオスポラ科の新種、Curvularia mosaddeghii2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, エンドファイト/endophyte, ササゲ属/Vigna, フトモモ属/Syzygium, フトモモ科/Myrtaceae, フーゼスターン州/Khuzestan, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 異隔壁/distoseptum, 菌類相調査/mycofloristic surveyCurvularia mosaddeghii sp. nov., a novel species from the family Pleosporaceaeイランのフーゼスターン州、アフヴァーズにおいてフトモモ属およびササゲ属植物から分離された菌を検討し、Curvularia mosaddeghiiとして新種記載した。本種は分生子の幅が狭く、同じく幅の狭いへそを有することなどで特徴づけられた。本種はITS+GPDH+EF1-αに基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Curvularia mosaddeghii★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05288中国産の新種の地衣、Pertusaria albiglobosa2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, キサントン類/xanthones, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, リケキサントン類/lichexanthones, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 新種記載/new species, 秦嶺山脈/Qinling Mountains, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 陝西省/Shaanxi, 高山帯/alpine region, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyPertusaria albiglobosa, a new lichen from China中国陝西省で採集された地衣の一種を検討し、Pertusaria albiglobosaとして新種記載した。本種は高山帯の草地において腐朽したコケに発生していた。本種は地衣体が白色で球形の疣を有し、子嚢胞子が平滑、地衣成分として2′-O-メチルペルラトリン酸および4,5-ジクロロリケキサントンを含むことなどで特徴づけられた。Pertusaria albiglobosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科
R3-05287タバスコ州産腐生性アナモルフ菌の研究 (2)2007Revista Mexicana de Micología2007年の論文/published in 2007, Revista Mexicana de Micología, Scheelea属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タバスコ州/Tabasco, マイクロオーン/microawn, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異隔壁/distoseptum, 菌類相調査/mycofloristic surveyContribución al conocimiento de los hongos anamorfos saprobios del Estado de Tabasco. IIメキシコ、タバスコ州において腐生性アナモルフ菌の調査を実施した。メキシコ新産種17種を含む44種(全てタバスコ州新産種)を報告した。メキシコ新産種については記載文、顕微鏡写真、地理的分布情報などを掲載した。Acrogenospora sphaerocephala■ / Acumispora biseptata■ / Acumispora phragmospora■ / Alysidiopsis pipsissewae■ / Bactrodesmium palmicola■ / Beltrania rhombica■ / Beltraniella portoricensis■ / Brachysporiella gayana■ / Canalisporium caribense■ / Candelabrum brocchiatum■ / Candelabrum microsporum■ / Curvularia senegalensis■ / Dactylaria chrysosperma■ / Dictyochaeta simplex■ / Dwayabeeja sundara■ / Ellisembia adscendens■ / Ellisembia antillana■ / Hansfordia pulvinata■ / Helicoma muelleri■ / Helicosporium griseum■ / Helicosporium panacheum■ / Helicoön peruamazonense■ / Helminthosporium palmigenum■ / Helminthosporium solani■ / Henicospora minor■ / Hermatomyces sphaericus■ / Idriella rara■ / Imicles aquatica■ / Junewangia globulosa■ / Monodictys castaneae■ / Periconia byssoides■ / Periconia echinochloae■ / Phragmospathula phoenicis■ / Piricauda cochinensis■ / Pseudobeltrania havanensis■ / Sporidesmiella pachyanthicola■ / Sporidesmium filirostratum■ / Tetraploa aristata■ / Thozetella cristata■ / Wiesneriomyces laurinus■ / Zygosporium echinosporum■ / Zygosporium masonii■ / Zygosporium minus■ / Zygosporium oscheoides■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Beltraniaceae/ベルトラニア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Massarinaceae/マッサリナ科_Helotiaceae/ビョウタケ科_Periconiaceae/ペリコニア科_Melanommataceae/メラノンマ科_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科_Tetraplosphaeriaceae/テトラプロスフェリア科
R3-05286新種Sporidesmiopsis mallotiおよび中国南部産の新産種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アカメガシワ属/Mallotus, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 海南省/HainanSporidesmiopsis malloti sp. nov. and new records from southern China中国海南省においてアカメガシワ属植物の枯枝に生じた菌を検討し、Sporidesmiopsis mallotiとして新種記載した。本種は分生子柄が頂部で分枝し、分生子に3-7隔壁を有することなどで特徴づけられた。Sporidesmiopsis属の検索表を掲載するとともに、Gangliostilbe malabaricaおよびVamsapriya indicaを中国新産種として報告した。Gangliostilbe malabarica■ / Sporidesmiopsis malloti★ / Vamsapriya indica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05285バッカクキン科菌類の系統に基づく命名法2017IMA fungus1F=1N, 2017年の論文/published in 2017, IMA fungus, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ガイアナ/Guyana, ゴキブリ科/Blattidae, シノニム/synonym, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ポタロ・シパルニ州/Potaro-Siparuni, リター菌/litter fungi, 優先権/priority, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的変遷/taxonomic changes, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 命名法/nomenclature, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungusA phylogenetically-based nomenclature for Cordycipitaceae (Hypocreales)命名規約の改正に伴い、バッカクキン科菌類にAkanthomyces、Ascopolyporusなど9属を残すことを提唱した。一方でEvlachovaea、Granulomanusなど8属を棄却した。HevansiaおよびBlackwellomycesの2新属および新種Beauveria blattidicolaを記載した。Akanthomyces attenuatus▲ / Akanthomyces coccidioperitheciatus▲ / Akanthomyces dipterigenus▲ / Akanthomyces lecanii▲ / Akanthomyces muscarius▲ / Akanthomyces sabanensis▲ / Akanthomyces tuberculatus▲ / Beauveria acridophila▲ / Beauveria blattidicola★ / Beauveria diapheromeriphila▲ / Beauveria locustiphila▲ / Beauveria scarabaeidicola▲ / Beauveria staphylinidicola▲ / Blackwellomyces cardinalis▲ / Blackwellomyces pseudomilitaris▲ / Cordyceps amoene-rosea▲ / Cordyceps cateniannulata▲ / Cordyceps cateniobliqua▲ / Cordyceps coleopterorum▲ / Cordyceps farinosa▲ / Cordyceps fumosorosea▲ / Cordyceps ghanensis▲ / Cordyceps javanica▲ / Cordyceps kintrischica▲ / Cordyceps locusticola▲ / Cordyceps oncoperae▲ / Cordyceps poprawskii▲ / Cordyceps tenuipes▲ / Hevansia arachnophila▲ / Hevansia cinerea▲ / Hevansia koratensis▲ / Hevansia longispora▲ / Hevansia nelumboides▲ / Hevansia novoguineensis▲ / Hevansia ovolongata▲ / Hevansia websteri▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-05284セイシェル産の樹皮生地衣の新種、Cryptothecia stockeri2016Herzogia2016年の論文/published in 2016, Herzogia, カルボン酸類/carboxylic acids, セイシェル/Seychelles, テリハボク属/Calophyllum, テリハボク科/Calophyllaceae, バンジロウ属/Psidium, フトモモ科/Myrtaceae, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenCryptothecia stockeri (Arthoniales, Arthoniaceae), a New Corticolous Lichen Species from the Seychellesセイシェルで採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Cryptothecia stockeriとして新種記載した。本種は子嚢胞子が小型であり、プソロミン酸を有することなどで特徴づけられた。セイシェル産Cryptothecia属地衣全種の検索表を掲載した。Cryptothecia stockeri★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-05283セルビア産の昆虫病原菌の新種、Entomophaga aulicae2018Acta Zoologica Bulgaria2018年の論文/published in 2018, Acta Zoologica Bulgaria, アウトブレイク/outbreak, セルビア/Serbia, セルビア新産種/Serbia_new record, ドクガ属, ドクガ科/Lymantriidae, ラシュカ郡, 個体群動態/population dynamics, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 湿度/humidity, 生物農薬/biopesticide, 絶対寄生菌/obligate parasite, 致死率/mortality rate, 降水量/precipitationEntomophaga aulicae – new entomopathogenic fungus in the Republic of Serbiaセルビアの森林において害虫であるドクガの一種、Euproctis chrysorrhoeaが高確率で死亡する現象が報告された。原因を調査したところ寄生菌のEntomophaga aulicaeによるものと判明し、本種をセルビア新産種として報告した。本種は当該害虫の個体群密度制御において顕著な役割を果たしていることが示された。Entomophaga aulicae■Entomophthoromycota/ハエカビ門_Entomophthoromycotina/ハエカビ亜門_Entomophthoromycetes/ハエカビ綱_Entomophthorales/ハエカビ目_Entomophthoraceae/ハエカビ科
R3-05282Erianthus rufipilusの花から分離された酵母の新種、Starmerella jinningensis2013International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2013年の論文/published in 2013, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, Erianthus属, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イネ科/Poaceae, ウレアーゼ試験/urease test, デンプン/starch, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌分析/soil analysis, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 気温/temperature, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 熱帯域/tropics, 発酵試験/fermentation test, 花生息菌/floricolous fungus, 虫散布/dispersal by insects, 資化試験/assimilation test, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵母/yeast, 降水量/precipitation, 雲南省/Yunnan, 鳥散布/bird dispersionStarmerella jinningensis sp. nov., a yeast species isolated from flowers of Erianthus rufipilus中国雲南省においてErianthus rufipilusの花から分離された酵母の一種を検討し、Starmerella jinningensisとして新種記載した。本種は分子系統解析でCandida bombiおよびC. apicolaに近縁であった。本種の出芽細胞の光学顕微鏡写真、SEM写真などを掲載した。Starmerella jinningensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-05281第三紀の遺存種、Gymnospermium odessanumにべと病を引き起こす新種Peronospora odessana2015Mycological Progress2015年の論文/published in 2015, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Gymnospermium属, Mycological Progress, べと病/downy mildew, ウクライナ/Ukraine, オデッサ州/Odessa, ホストシフト/host shift, メギ科/Berberidaceae, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 稀産種/rare species, 種分化/speciation, 絶対寄生菌/obligate parasite, 絶滅危惧種/endangered species, 遺存種/relict speciesPeronospora odessana sp. nov., a downy mildew pathogen of a Tertiary relict species, Gymnospermium odessanumウクライナにおいてGymnospermium odessanumにべと病を引き起こした卵菌の一種を検討し、Peronospora odessanaとして新種記載した。本種はメギ科植物を宿主とする第二の種として報告され、宿主と同様に絶滅危惧種であると考えられた。本種は分子系統解析で、同じく春の地中植物を宿主とする菌に近縁であった。Peronospora odessana★Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-05280ミャンマーにおいて琥珀に生じた白亜紀中期の分生子殻形成菌、新属新種Palaeomycus epallelus2018Historical Biology2018年の論文/published in 2018, Historical Biology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カチン州/Kachin, ミャンマー/Myanmar, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 化石菌類/fossil fungi, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最古の化石/the oldest fossil, 琥珀/amber, 白亜紀/CretaceousA mid-Cretaceous pycnidia, Palaeomycus epallelus gen. et sp. nov., in Myanmar amber白亜紀中期、オーブ期のミャンマー産琥珀に見出された葉上生の分生子殻を検討し、新属新種Palaeomycus epallelusとして記載した。本種の分生子殻は球形で単一の円形の孔口を有し、分生子は分生子柄先端に生じ、無色卵状~楕円形無隔壁であることなどで特徴づけられた。本種は被子植物の葉に見出された最古の分生子殻の例となった。Palaeomycus epallelus★
R3-05279Torula compniacensisに対する新属、Baudoinia2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, すす病/sooty mold, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エピタイプ指定/epitype designation, カエデ属/Acer, シャラント県, スライド培養法/slide culture method, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, フランス/France, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単菌糸分離/single hypha isolation, 培養性状/colony characteristics, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 散布様式/dispersal style, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 生物劣化/biodeterioration, 生長速度/growth rate, 空中真菌/air-borne fungus, 耐熱性菌/heat-tolerant fungus, 耐熱性試験/heat tolerance test, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子散布/spore dispersalBaudoinia, a new genus to accommodate Torula compniacensis建物の外壁などに生じる菌、Torula compniacensisに対して新属Baudoiniaを提唱した。本属は分子系統解析でカプノディウム目クレードに含まれ、Friedmanniomyces属に近縁であることが示された。各地で分離された菌株の形態学的検討、分子系統解析、および耐熱性試験などを実施し、レクトタイプおよびエピタイプ標本を指定した。Baudoinia compniacensis▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目
R3-05278北米北西部産の保全優先度が高い特筆すべき地衣の新種、Sticta torii2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, アラスカ州/Alaska, オレゴン州/Oregon, カナダ/Canada, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, トウヒ属/Picea, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, マツ科/Pinaceae, リンゴ属/Malus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 稀産種/rare species, 米国/USA, 絶滅危惧種/endangered species, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichenSticta torii sp. nov., a remarkable lichen of high conservation priority from northwestern North America北米北西部(米国およびカナダ)で採集された地衣の一種を検討し、Sticta toriiとして新種記載した。本種は稀産種であり、アラスカ、ブリティッシュコロンビア州、およびオレゴン州の5ヶ所でしか見出されてこなかった。本新種を含む北米北西部産ヨロイゴケ属地衣の検索表を掲載した。Sticta torii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Lobariaceae/カブトゴケ科
R3-05277インド新産の大型菌、Nitschkia macrospora Teng2018Journal of Threatened Taxa2018年の論文/published in 2018, Journal of Threatened Taxa, インド/India, インド新産種/India_new record, カルナータカ州/Karnataka, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forestMacrofungus Nitschkia macrospora Teng (Ascomycetes: Nitschkiaceae), a new report to Indiaインド、カルナータカ州からインド新産種としてNitschkia macrosporaを報告した。本種は落葉樹林において未同定樹木の材から発生していた。本種の記載文、生態写真および子嚢胞子の顕微鏡写真などを掲載した。Nitschkia macrospora■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Nitschkiaceae/ニチュキア科
R3-05276インドにおいてシッソノキに根腐病を引き起こしたArmillaria tabescensの初報告2013Current Biotica2013年の論文/published in 2013, Current Biotica, インド/India, ジャールカンド州/Jharkhand, ツルサイカチ属/Dalbergia, マメ科/Fabaceae, ラテライト/laterite, 子実体発生調査/survey of fruiting bodies, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 根圏/rhizosphere, 根状菌糸束/rhizomorph, 根腐病/root rot, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胞子紋/spore print, 致死率/mortality rate, 萎黄病/chlorosis, 降水量/precipitationFirst report of Armillaria tabescens (Scop.) causing root rot on Dalbergia sissoo Roxb. in Indiaインド、ジャールカンド州の森林においてシッソノキの根腐症状および枯死を引き起こした菌を検討した。子実体、菌糸体、根状菌糸束などの形態学的検討を実施し、原因菌をArmillaria tabescensと同定した。枯死木の根圏土壌を採集し、健全木の根系に配置したところ、5本中3本が2ヶ月以内に枯死した。Armillaria tabescensBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科
R3-05275西アフリカ、サントメ・プリンシペ共和国産のウラベニガサ属菌2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, サントメ・プリンシペ/São Tomé and Principe, サントメ・プリンシペ新産種/São Tomé and Principe_new record, シノニム/synonym, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 沿岸域/coastal area, 種内変異/intraspecific variationThe genus Pluteus (Basidiomycota, Agaricales, Pluteaceae) from Republic of São Tomé and Príncipe, West Africaサントメ・プリンシペから2新種および4新産種のウラベニガサ属菌を報告した。Pluteus thomensisは傘が暗褐色皺状で柄が帯桃白色であり、P. hirtellusは傘中央部が微細な暗褐色の鱗片状であることなどで特徴づけられた。サントメ・プリンシペ産ウラベニガサ属菌の検索表を掲載した。Pluteus albidus■ / Pluteus albostipitatus■ / Pluteus chrysaegis■ / Pluteus hirtellus★ / Pluteus losulus■ / Pluteus thomensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-05274盤菌の一種、Pestalopezia brunneopruinosaはPestalotiopsis gibbosaでありフンタマカビ綱に属する2018PLOS ONE1F=1N, 2018年の論文/published in 2018, PLOS ONE, TreeBASE, エピタイプ指定/epitype designation, カナダ/Canada, シノニム/synonym, シラタマノキ属/Gaultheria, タイプスタディ/type study, ツツジ科/Ericaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 新規プライマー設計/novel primer designation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 沿岸域/coastal area, 胞子の発芽/germination of spores, 難培養性菌/uncultured fungiThe cup fungus Pestalopezia brunneopruinosa is Pestalotiopsis gibbosa and belongs to Sordariomycetes同種と疑われてきたPestalopezia brunneopruinosaとPestalotia gibbosaを検討した。形態学的検討および分子系統解析の結果から、両種が同一であることを示し、新組み合わせPestalotiopsis gibbosaを提唱した。本報告により、フンタマカビ綱菌類が杯状の子嚢果を形成することが初めて示された。Pestalotiopsis gibbosa▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科
R3-05273Zythia nepenthisに対する新組み合わせ、Microthia nepenthis2018Czech Mycology2018年の論文/published in 2018, Czech Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウツボカズラ属, ウツボカズラ科, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, プラハ/Prague, リター菌/litter fungi, 再発見/rediscovery, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温室/greenhouse, 茎枯病/stem blight, 茎腐病/stem rot, 葉枯病/leaf blotchMicrothia nepenthis, a new combination for Zythia nepenthisチェコ、プラハにおいて温室のウツボカズラ属植物から分離された菌を検討し、Zythia nepenthisと同定した。本種は茎枯、葉枯、茎腐症状などを示した宿主から分離されたが、病原性は現在のところ不明であった。分子系統解析の結果を基に、本種をMicrothia属に移した。Microthia nepenthis▲■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Cryphonectriaceae/クリフォネクトリア科
R3-05272クラドスポリウム類似の不完全糸状菌3種の分類、命名法、および系統:Sorocybe resinae、Seifertia azaleae、およびAmorphotheca resinaeのHormoconis属アナモルフ2007Studies in Mycology2007年の論文/published in 2007, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Studies in Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カラマツ属/Larix, シノニム/synonym, シンアナモルフ/synanamorph, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイプスタディ/type study, ツガ属/Tsuga, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トウヒ属/Picea, トガサワラ属/Pseudotsuga, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 保存名, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的変遷/taxonomic changes, 分類未確定/classification undetermined, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 枝枯病/branch blight, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 樹脂生菌/resin inhabiting fungus, 水試料/water sample, 生物劣化/biodeterioration, 生長速度/growth rate, 花生息菌/floricolous fungusTaxonomy, nomenclature and phylogeny of three cladosporium-like hyphomycetes, Sorocybe resinae, Seifertia azaleae and the Hormoconis anamorph of Amorphotheca resinae分類および命名法上の混乱があるSorocybe resinae、Seifertia azaleae、およびAmorphotheca resinaeのHormoconis属アナモルフを検討した。分子系統解析の結果、A. resinaeがミクソトリカム科に含まれた一方、S. resinaeはハーポトリキエラ科のCapronia属に近縁であった。また、Pycnostysanus azaleaeがクロイボタケ綱に含まれることを示したが、正確な系統的位置は不明確であった。Amorphotheca resinae / Seifertia azaleae / Sorocybe resinaePezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Amorphothecaceae/アモルフォセカ科_Ascomycota/子嚢菌門_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-05271Phallus glutinolensの修正2009Mycological Progress2009年の論文/published in 2009, Mycological Progress, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, ブラジル/Brazil, 再発見/rediscovery, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新形質報告/new character, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 腹菌類/gastromycetesAn emendation of Phallus glutinolensブラジル、大西洋岸森林においてPhallus glutinolensの新たな標本を採集した。Möllerによる原記載が未熟な標本に基づいていることを示し、本種の種概念に修正を加えた。本種を含むブラジル産スッポンタケ属菌の検索表を掲載した。Phallus glutinolensBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-05270インド産の地衣類の属、Cryptotheciaの追加分布記録2017Cryptogam Biodiversity and Assessment2017年の論文/published in 2017, Cryptogam Biodiversity and Assessment, アッサム州/Assam, アルナーチャル・プラデーシュ州/Arunachal Pradesh, アーンドラ・プラデーシュ州/Andhra Pradesh, イトスギ属/Cupressus, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, ウッタル・プラデーシュ州/Uttar Pradesh, オキセピン類/oxepins, オリッサ州, カルナータカ州/Karnataka, カルボン酸類/carboxylic acids, キサントン類/xanthones, ケララ州/Kerala, コンフルエンチン酸類/confluentic acids, ゴア州/Goa, サリチル酸類/salicylic acids, シッキム州/Sikkim, ジロホール酸/gyrophoric acid, スチクチン酸類/stictic acids, タミル・ナードゥ州/Tamil Nadu, チャッティースガル州/Chhattisgarh, デプシド類/depsides, ヒノキ科/Cupressaceae, ビハール州/Bihar, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, ミゾラム州, メーガーラヤ州/Meghalaya, リケキサントン類/lichexanthones, レカノール酸/lecanoric acid, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 西ベンガル州/West BengalAdditional distributional records of the lichen genus Cryptothecia in Indiaインドの各州からCryptothecia属地衣、計25種を報告した。これらの多くは「不稔の標本」の再検討により報告された。各種について特徴や地理的分布などの情報を掲載した。Cryptothecia albomaculans■ / Cryptothecia albomaculata■ / Cryptothecia assimilis■ / Cryptothecia awasthii■ / Cryptothecia culbersonae■ / Cryptothecia dispersa■ / Cryptothecia effusa■ / Cryptothecia elata■ / Cryptothecia elongata■ / Cryptothecia eungellae■ / Cryptothecia farinosa■ / Cryptothecia faveolata■ / Cryptothecia faveomaculata■ / Cryptothecia involuta■ / Cryptothecia lunulata■ / Cryptothecia macrospora■ / Cryptothecia obtecta■ / Cryptothecia polymorpha■ / Cryptothecia porosa■ / Cryptothecia punctulata■ / Cryptothecia scripta■ / Cryptothecia stirtonii■ / Cryptothecia striata■ / Cryptothecia subtecta■ / Cryptothecia verrucominuta■ / Cryptothecia verruculifera■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-05269バングラデシュからのLimacella属菌の初報告、および1新種の記載2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, サラノキ属/Shorea, バングラデシュ/Bangladesh, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, ロンプール管区/Rangpur, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 水辺/waterside, 河川/river, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complexFirst report of Limacella from Bangladesh, with a new species descriptionバングラデシュにおいてサラソウジュの樹下に発生した菌を検討し、Limacella bangladeshanaとして新種記載した。本種は傘がクリーム白色~帯白褐色で橙褐色を帯び、担子胞子が球形、クランプが普通に見られることなどで特徴づけられた。本報告はバングラデシュからのLimacella属菌の初報告となった。Limacella bangladeshana★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05268オーストラリアにおいてEucalyptus cladocalyxおよびその他のユーカリ類に重度の胴枯病を引き起こす新種、Caliciopsis pleomorpha2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Fungal Systematics and Evolution, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, コッホの原則/Koch_s postulation, タイプスタディ/type study, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ビクトリア州/Victoria, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization methodCaliciopsis pleomorpha sp. nov. (Ascomycota: Coryneliales) causing a severe canker disease of Eucalyptus cladocalyx and other eucalypt species in AustraliaオーストラリアにおいてEucalyptus cladocalyxに重度の胴枯病を引き起こした菌を検討し、Caliciopsis pleomorphaとして新種記載した。本種による病害は、植林地などにおいてE. cladocalyx以外のユーカリ属植物にも認められた。本種は接種試験でも広範なユーカリ属植物に対して様々な重症度の病害を引き起こし、ユーカリ林における潜在的な脅威と考えられた。Caliciopsis pleomorpha★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Coryneliales/コリネリア目_Coryneliaceae/コリネリア科
R3-05267ポーランド新産種、Micarea contextaおよびM. lynceola2011Polish Botanical Journal2011年の論文/published in 2011, Polish Botanical Journal, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, トウヒ属/Picea, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マツ科/Pinaceae, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 稀産種/rare speciesMicarea contexta and M. lynceola (lichenized Ascomycota), new for Polandポーランドおよびカルパティア山脈新産種としてMicarea contextaおよびM. lynceolaを報告した。両種の肉眼的・顕微鏡的形質の写真を初めて文献上に掲載した。ポーランド産タマイボゴケ属地衣全種の検索表を掲載した。Micarea contexta■ / Micarea lynceola■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科
R3-05266ポルトガル産微小菌類:新種Minimelanolocus manifestusおよび新組み合わせVermiculariopsiella pediculata2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ノルテ地方/Norte, ポルトガル/Portugal, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combinationMicrofungi from Portugal: Minimelanolocus manifestus sp. nov. and Vermiculariopsiella pediculata comb. nov.ポルトガルにおいて腐朽葉に生じたアナモルフ菌の一種を検討し、Minimelanolocus manifestusとして新種記載した。本種は分生子形成細胞がシンポジオ状で、分生子が淡褐色の中央細胞およびほぼ無色の末端細胞からなる舟形で、(2-)3隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、分生子形成様式の類似性などを根拠に、Gyrothrix pediculataをVermiculariopsiella属に移した。Minimelanolocus manifestus★ / Vermiculariopsiella pediculata▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱
R3-05265フィリピン産のモジゴケ属地衣の新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, イフガオ州, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, フィリピン/Philippines, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 北イロコス州, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew species in the family Graphidaceae (Ascomycota: Ostropales) from the Philippinesフィリピン、ルソン島からThalloloma nitidum、Thelotrema isidiosum、およびThe. megasporumの3新種を記載した。Tha. nitidumは光沢のある地衣体やノルスチクチン酸、The. isidiosumは珊瑚状の裂芽や樽形二重縁の子器などで特徴づけられた。The. megasporumは帯褐色で厚い地衣体や樽形二重縁の子器、単胞子性の子嚢、無色大型の子嚢胞子などで特徴づけられた。Thalloloma nitidum★ / Thelotrema isidiosum★ / Thelotrema megasporum★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05264Nimbya属とEmbellisia属の再検討、およびAlternaria celosiaeおよびA. perpunctulataの新組み合わせ2012Mycological Progress2012年の論文/published in 2012, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新組み合わせ提唱/new combination, 新規プライマー設計/novel primer designation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 異隔壁/distoseptumNimbya and Embellisia revisited, with nov. comb for Alternaria celosiae and A. perpunctulataNimbya属、Embellisia属、および近縁属の系統関係を再検討した。複数遺伝子の分子系統解析の結果、Nimbya属およびEmbellisia属の正確な系統的位置は不明であり、いずれも多系統群であることが示された。Nimbya属グループIIの2種に対し、新組み合わせAlternaria celosiaeおよびA. perpunctulataを提唱した。Alternaria celosiae▲ / Alternaria perpunctulata▲Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05263ブラジル南部、パンパ・バイオームの外来種森林に産したニセショウロ属菌の形態・分子解析2015Mycosphere2015年の論文/published in 2015, Mycosphere, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 種内変異/intraspecific variation, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentification, 走査型電子顕微鏡/SEMMorphological and molecular analyses in Scleroderma (Basidiomycota) associated with exotic forests in Pampa biome, southern Brazilブラジル、リオグランデ・ド・スル州で採集されたニセショウロ属菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Scleroderma albidum、S. citrinum、およびS. verrucosumの3種を同定した。分子系統解析では本属菌は、担子胞子の装飾が小刺状でクランプを欠くクレード1と、網目状装飾でクランプを持つクレード2に分けられた。Scleroderma albidum / Scleroderma citrinumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Sclerodermataceae/ニセショウロ科
R3-05262トルコ新産種、Marasmiellus vaillantii2018Mantar Dergisi2018年の論文/published in 2018, Mantar Dergisi, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forestMarasmiellus vaillantii (Pers.) Singer (Omphalotaceae), a New Record for the Turkish Mycotaトルコ、トラブゾン県で採集されたMarasmiellus vaillantiiをトルコ新産種として報告した。本種は森林においてツツジ属樹木の枝に発生していた。本種はトルコ産シロホウライタケ属菌として5番目に報告された種となった。Marasmiellus vaillantii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-05261イギリス固有種、Enterographa sorediataは広範に分布するSyncesia myrticolaである2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, The Lichenologist, アイルランド/Ireland, イギリス/United kingdom, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, シノニム/synonym, セトラル酸類/cetraric acids, タイプスタディ/type study, トネリコ属/Fraxinus, ハンノキ属/Alnus, ブナ科/Fagaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, モクセイ科/Oleaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布様式/dispersal style, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyThe British endemic Enterographa sorediata is the widespread Syncesia myrticola (Roccellaceae, Arthoniales)イギリス固有種の樹皮生痂状地衣、Enterographa sorediataが、分子系統解析の結果からSyncesia myrticolaと同種であることを明らかにした。本結果は子器および粉芽塊の形態、地衣成分などの証拠からも裏付けられた。本種のイギリスおよびアイルランドにおける改訂版分布図を掲載し、粉芽型が内陸、稔性型が海岸域に分布することを示した。Syncesia myrticolaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科
R3-05260トルコ新産種、Serpula lacrymans (Wulfen) J.Schröt2010Biological Diversity and Conservation2010年の論文/published in 2010, Biological Diversity and Conservation, イスタンブール県/Istanbul, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 乾腐病/dry rot, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 沿岸域/coastal area, 湿度/humidity, 生物劣化/biodeterioration, 腐生菌/saprobe, 都市環境/urban environmentA new record for Turkish Mycota: Serpula lacrymans (Wulfen) J.Schrötトルコ、イスタンブールで採集されたナミダタケをトルコ新産種として報告した。本種はドルマバフチェ宮殿のマツ材に発生し、乾腐を引き起こした。記載文、生態写真、および担子胞子の顕微鏡写真などを掲載した。Serpula lacrymans■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Serpulaceae/ナミダタケ科
R3-05259ブラジル、リオグランデ・ド・スル州、モロ・サンタナ産の多孔菌類2010Hoehnea2010年の論文/published in 2010, Hoehnea, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationPolypores from Morro Santana, Rio Grande do Sul, Brazilブラジル、ポルトアレグレのモロ・サンタナにおいて多孔菌類の調査を実施し、44種を同定した。全種の検索表を掲載し、Datronia caperataなど6種については記載文およびスケッチを掲載した。リオグランデ・ド・スル州新産種としてTinctoporellus epimiltinusを報告した。Abundisporus subflexibilis / Amauroderma brasiliense / Antrodiella duracina / Ceriporia xylostromatoides / Coriolopsis rigida / Datronia caperata / Dichomitus setulosus / Fomitella supina / Ganoderma australe / Ganoderma resinaceum / Gloeoporus dichrous / Grammothele subargentea / Hyphodontia flavipora / Hyphodontia paradoxa / Inonotus splitgerberi / Junghuhnia polycystidifera / Nigroporus vinosus / Oxyporus obducens / Pachykytospora papyracea / Perenniporia martii / Perenniporia medulla-panis / Phellinus contiguus / Phellinus ferreus / Phellinus gilvus / Phellinus grenadensis / Phellinus rimosus / Phellinus umbrinellus / Phylloporia chrysites / Phylloporia fruticum / Polyporus alveolaris / Polyporus guianensis / Polyporus punctatus / Pycnoporus sanguineus / Rigidoporus lineatus / Rigidoporus microporus / Rigidoporus ulmarius / Skeletocutis lenis / Skeletocutis roseola / Tinctoporellus epimiltinus■ / Trametes villosa / Trechispora regularis / Trichaptum sector / Tyromyces leucomallusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Schizoporaceae/アナタケ科_Meripilaceae/トンビマイタケ科_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-05258Dothiorina属:分類学的概念およびその分生子形成についての論評2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, カバノキ科/Betulaceae, タイプスタディ/type study, チュブ州/Chubut, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ナシ属/Pyrus, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ネウケン州/Neuquén, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 属の境界/genus boundary, 属概念/genus concept, 新産種報告/new record, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 疑問種/doubtful species, 稀産種/rare species, 難培養性菌/uncultured fungiDothiorina: taxonomic concepts and comments on its conidiogenesisアルゼンチン新産種としてNothofagus pumilioの樹皮に生じたDothiorina tulasneiを報告した。Dothiorina属菌の属概念およびChalara属類似の分生子形成について議論した。本属の全種を検討し、D. discoideaをHainesia属類似の除外種、D. subcarneaを疑問種とした。Dothiorina tulasnei■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱
R3-05257アーバスキュラー菌根形成性グロムス菌綱の装飾を有する新種、Ambispora brasiliensis2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌菌/soil fungi, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 胞子の発芽/germination of spores, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 難培養性菌/uncultured fungiAmbispora brasiliensis, a new ornamented species in the arbuscular mycorrhiza-forming Glomeromycetesブラジル、ミナスジェライス州で採集されたアーバスキュラー菌根菌の一種を検討し、Ambispora brasiliensisとして新種記載した。本種はグロムス型とアカウロスポラ型の2型の胞子を有し、後者に水疱状の顕著な装飾を有することなどで特徴づけられた。本種のグロムス型の胞子は一度しか観察されず、無色球形で壁は2層からなり平滑であった。Ambispora brasiliensis★Mucoromycota/ケカビ門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Archaeosporales/アーケオスポラ目
R3-05256日本産リティズマ科菌類の新種および新産種2014Mycological Progress2014年の論文/published in 2014, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Mycological Progress, アオキ属/Aucuba, ガリア科/Garryaceae, クスノキ科/Lauraceae, シキミ属/Illicium, シロダモ属/Neolitsea, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, マツブサ科/Schisandraceae, リター菌/litter fungi, 京都府/Kyoto, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 帯線/zone line, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 漂白/bleachingNew species and new records of Rhytismataceae from Japan京都府から6種のリティズマ科菌類を報告し、そのうち3種を新種記載した。Coccomyces ellipticusはアオキ、C. illiciiはシキミの枯れ葉に生じ、Discocainia nervalisは未同定の被子植物の葉脈に生じていた。この他、新組み合わせTerriera mangiferaeを報告し、C. delta、C. sericea、C. sinensisを日本新産種として報告した。Coccomyces delta■ / Coccomyces ellipticus★ / Coccomyces illicii★ / Coccomyces sinensis■ / Discocainia nervalis★ / Terriera mangiferae▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-05255Bionectria属の1新種および中国新産種2種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 浙江省/Zhejiang, 熱帯域/tropics, 雲南省/YunnanA new species and two new Chinese records of Bionectria (Bionectriaceae, Hypocreales)中国雲南省において枯れ葉に生じた菌を検討し、Bionectria wenpingiiとして新種記載した。本種は子嚢殻が平滑で、典型的なClonostachys属アナモルフを有することなどで特徴づけられた。また、中国新産種として浙江省産のB. grammicosporaおよび雲南省産のB. pityrodesを報告した。Bionectria grammicospora■ / Bionectria pityrodes■ / Bionectria wenpingii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-05254ノルウェー最北部、バランゲル半島産の新種、Lecidella varangrica2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, アトラノリン類/atranorins, キサントン類/xanthones, ノルウェー/Norway, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フィンマルク県/Finnmark, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyLecidella varangrica sp. nov. from the Varanger Peninsula, northernmost Norwayノルウェー、フィンマルク県、バランゲル半島の海岸で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Lecidella varangricaとして新種記載した。本種は形態形質や地衣成分などからL. asemaグループに含まれるとみられた。本種は子器が小型、粉芽塊を有し、主要な地衣成分としてアオテアロンを含むことなどで特徴づけられた。Lecidella varangrica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05253プレオスポラ目Pleosporinaeの狭義Camarosporium属菌とその2新種2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, エニシダ属/Cytisus, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, キンポウゲ科/Ranunculaceae, ハリエンジュ属/Robinia, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeCamarosporium sensu stricto in Pleosporinae, Pleosporales with two new speciesイタリアで採集されたcamarosporium類似の分生子果不完全菌について、形態学的検討および分子系統解析を実施した。センニンソウ属植物を宿主とするCamarosporium clematidisおよびハリエンジュ属植物を宿主とするC. robiniicolaの2新種を記載した。また、エニシダ属植物の枯幹に発生した菌をC. spartiiと同定した。Camarosporium clematidis★ / Camarosporium robiniicola★ / Camarosporium spartiiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Camarosporiaceae/カマロスポリウム科
R3-05252南極および周辺地域に産した地衣の新種、Psoroma antarcticum2018Polar Biology2018年の論文/published in 2018, Polar Biology, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島/South Georgia and the South Sandwich Islands, サウス・オークニー諸島/South Orkney Islands, サウス・シェトランド諸島/South Shetland Islands, タイプスタディ/type study, チリ/Chile, ノルウェー/Norway, ブーベ島, マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州/Magallanes y la Antártica Chilena, メラニン/melanin, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南極/Antarctic, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 極地/polars, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂漠/desert, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenPsoroma antarcticum, a new lichen species from Antarctica and neighbouring areas南極のサウス・シェトランド諸島およびサウスジョージア島、ティエラ・デル・フエゴ、ブーベ島に産した鱗片状地衣の一種を検討し、Psoroma antarcticumとして新種記載した。本種はコケ、地衣、土壌などの上に発生し、分子系統解析ではPsoroma属(狭義)クレードにおいて単系統群を形成した。本種はP. hypnorumと形態的に類似し、系統的にも近縁であったが、地衣体のメラニンの色、子器や子嚢胞子などの形態が異なっていた。Psoroma antarcticum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-05251タイ北部産の新種Colletotrichum acidae、およびアヤメ属植物におけるC. dematiumの新記録2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, SILVA, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アヤメ属/Iris, アヤメ科/Iridaceae, クラスノダール地方/Krasnodar, コミカンソウ属/Phyllanthus, コミカンソウ科/Phyllanthaceae, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 腐生菌/saprobe, 花卉圃場/flower field, 複合種/species complexColletotrichum acidae sp. nov. from northern Thailand and a new record of C. dematium on Iris sp.タイ、チエンラーイ県においてPhyllanthus acidusに発生した菌を検討し、Colletotrichum acidaeとして新種記載した。本種はC. truncatum複合種に属し、腐生菌であり、C. fusiformeと姉妹群を形成した。また、ロシア、ソチにおいてアヤメ属の一種(新宿主)に発生したC. dematiumを報告した。Colletotrichum acidae★ / Colletotrichum dematiumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-05250ノルウェー産のrhodopolioidクレードのイッポンシメジ属菌2018Agarica2018年の論文/published in 2018, Agarica, UNITE, アオイ科/Malvaceae, エストフォル県/Østfold, オップラン県/Oppland, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, スヴァールバル諸島/Svalbard Islands, ソール・トロンデラーグ県/Sør-Trøndelag, タイプスタディ/type study, テレマルク県/Telemark, トウヒ属/Picea, ヌールラン県.ヌール・トロンデラーグ県, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, ブスケルー県/Buskerud, ブナ科/Fagaceae, ホルダラン県/Hordaland, マツ科/Pinaceae, ムーレ・オ・ロムスダール県/Møre og Romsdal, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半隠蔽種/semi-cryptic species, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 誤同定/misidentification, 高山帯/alpine regionEntoloma species of the rhodopolioid clade (subgenus Entoloma; Tricholomatinae, Basidiomycota) in Norwayノルウェー産のrhodopolioidクレードに含まれるイッポンシメジ属菌24種を記録した。そのうち未記載種を含む10種をノルウェー新産種として報告した。11種が主にヤナギ属およびハンノキ属、5種がカバノキ属植物などと関係を持っているとみられた。Entoloma alpicola / Entoloma atrosericeum / Entoloma bisporigerum / Entoloma boreale■ / Entoloma borgenii / Entoloma bryorum / Entoloma eminens■ / Entoloma lividoalbum / Entoloma majaloides / Entoloma melenosmum / Entoloma nidorosum / Entoloma noordeloosi■ / Entoloma politum / Entoloma rhodopolium / Entoloma rubrobasis■ / Entoloma sericatum / Entoloma serpens■ / Entoloma sinuatum / Entoloma sordidulum / Entoloma svalbardenseBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05249ベラルーシ産の新種、Athelicium hallenbergii2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, ベラルーシ/Belarus, ミンスク市/Minsk, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variationAthelicium hallenbergii sp. nov. (Basidiomycetes) from Belarusベラルーシ、ミンスク市の森林で採集された菌を検討し、Athelicium hallenbergiiとして新種記載した。本種はヤマナラシ属、コナラ属、およびヤナギ属植物の樹皮に発生していた。本種はAthelicium属の2番目の種であり、基準種とは担子器や担子胞子、菌糸のサイズなどが異なっていた。Athelicium hallenbergii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05248ロシア極東、サハリン島産の新規および特筆すべき地衣類とその類縁菌類 (2)2018Folia Cryptogamica Estonica2018年の論文/published in 2018, Folia Cryptogamica Estonica, カバノキ科/Betulaceae, キハダ属/Phellodendron, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, サハリン州/Sakhalin, ジロホール酸/gyrophoric acid, セトラル酸類/cetraric acids, トウヒ属/Picea, ニワトコ属/Sambucus, ハンノキ属/Alnus, ブナ科/Fagaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, マツ科/Pinaceae, ミカン科/Rutaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, レンプクソウ科/Adoxaceae, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 降水量/precipitation, 高山帯/alpine region, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyNew and noteworthy records of lichens and allied fungi from Sakhalin Island, Russian Far East, IIロシア、サハリン島において地衣類の調査を実施し、20種を報告した。Eopyrenula intermediaをユーラシア大陸新産種、Fauriea orientochinensisおよびHafellia subnexaをロシア新産種としてそれぞれ報告した。2種の極東ロシア新産種、5種の極東ロシア南部新産種を報告した。Acrocordia cavata■ / Arthothelium ruanum■ / Bryobilimbia hypnorum■ / Calicium salicinum■ / Caloplaca scotoplaca■ / Collema japonicum■ / Diploschistes muscorum■ / Eopyrenula intermedia■ / Fauriea orientochinensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiales/モノブラスティア目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Peltigerales/ツメゴケ目_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05247ナラ類しおれ病の病原菌、Ceratocystis fagacearumに対する新属Bretziella2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, MycoKeys, Q-bank, アイオワ州/Iowa, エピタイプ指定/epitype designation, コナラ属/Quercus, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ナラ枯れ/oak wilt, ブナ科/Fagaceae, ミネソタ州/Minnesota, レクトタイプ指定/lectotype designation, 交配試験/mating test, 侵略的外来種/invasive alien species, 保存名, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 移入種/alien species, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 萎凋病/wiltBretziella, a new genus to accommodate the oak wilt fungus, Ceratocystis fagacearum (Microascales, Ascomycota)分子系統解析でクワイカビ科クレードにおいて独自の系統を形成したCeratocystis fagacearumに対して新属Bretziellaを提唱した。原記載と同一の宿主樹種(コナラ属)および地域(米国ミネソタ州、アイオワ州)から得られた分離菌株を検討した。シノニムであるChalara quercinaのレクトタイプ標本およびEndoconidiophora fagacearumのレクトタイプおよびエピタイプ標本を指定した。Bretziella fagacearum▲
R3-05246インド産の稀な単型属のハラタケ類、Conchomyces bursiformisに関する追記2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, インド/India, ケララ州/Kerala, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobeAdditional notes on Conchomyces bursiformis (Agaricales), a rare monotypic agaric from Indiaインド、ケララ州の常緑樹林で採集されたチャヒラタケ型の菌について、形態学的検討および分子系統解析を実施した。本種をインドではカシミールから報告されている稀産種のConchomyces bursiformisと同定した。傘の粘性、傘シスチジア、傘表皮のゼラチン層、傘表皮菌糸の螺旋状帯など、先行研究で述べられていなかった形質を報告した。Conchomyces bursiformis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05245トルコ産菌類相の新知見2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Turkish Journal of Botany, イトスギ属/Cupressus, ガズィアンテプ県/Gaziantep, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヒノキ科/Cupressaceae, ブナ科/Fagaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌核/sclerotium, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew contributions to the Turkish Ascomycotaトルコ、ガズィアンテプ県およびトラブゾン県において菌類の調査を行い、7科9属10種をトルコ新産種として報告した。Coccomyces、Kompsoscypha、Lasiosphaeris、Pseudopithyella、およびStrobiloscypha属をトルコ新産属として報告した。各種について記載文、写真、標本情報、類似種との相違点などを掲載した。Anthracobia macrocystis■ / Coccomyces delta■ / Coccomyces dentatus■ / Kompsoscypha chudei■ / Lasiosphaeris hirsuta■ / Pithya cupressina■ / Plicaria carbonaria■ / Pseudopithyella minuscula■ / Sclerotinia trifoliorum■ / Strobiloscypha cupressina■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Pezizaceae/チャワンタケ科_Sclerotiniaceae/キンカクキン科
R3-05244天然の生息環境においてバクヤギクに対する病原性を有するCytospora属1新種2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Carpobrotus属, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, ハマミズナ科/Aizoaceae, 凍結切片/frozen section, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南アフリカ/South Africa, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 沿岸域/coastal area, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 統計解析/statistical analysis, 萎凋病/wilt, 西ケープ州/Western CapeA new Cytospora species pathogenic on Carpobrotus edulis in its native habitat南アフリカ、ケープタウン近郊の海岸においてバクヤギクに病害を生じた菌を検討し、Cytospora carpobrotiとして新種記載した。本種は宿主の葉の萎凋および木質の茎の枯死を引き起こし、有性世代は見出されなかった。接種試験では茎に不明瞭な病変を認め、そこから菌が再分離されたものの、新鮮な葉には病徴が現れなかった。Cytospora carpobroti★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-05243カナダ、ニューファンドランド産の新種、Hymenelia parva2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, カナダ/Canada, タイプスタディ/type study, ニューファンドランド・ラブラドール州/Newfoundland and Labrador, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 汽水域/brackish waters, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichenHymenelia parva (Hymeneliaceae, Ostropomycetidae): A new species from Newfoundland, Canadaカナダ、ニューファンドランドの河口域で採集された岩上生痂状地衣の一種を検討し、Hymenelia parvaとして新種記載した。本種は地衣体が淡い小区画状で、子器が微小な壺形で無色であることなどで特徴づけられた。本種は子器が小型で色素を欠き、共生藻が緑藻であることなどで他のHymenelia/Ionaspis複合属の種と区別された。Hymenelia parva★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Hymeneliales/ハイメネリア目_Hymeneliaceae/ハイメネリア科
R3-05242アイスランド産糞生菌相への追加2011Acta Botanica Islandica2011年の論文/published in 2011, Acta Botanica Islandica, Bray-Curtisの類似度指数/Bray-Curtis similarity index, Sørensenの類似度指数/Sørensen similarity index, アイスランド/Iceland, アイスランド新産種/Iceland_new record, アナウサギ属/Oryctolagus, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウサギ科/Leporidae, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, オジロジカ属/Odocoileus, カモ科, キジ科/Phasianidae, シカ科/Cervidae, ノウサギ属/Lepus, ヒツジ属/Ovis, ライチョウ属/Lagopus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的多様度指数/taxonomic diversity index, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布図/scatter plot, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 湿室法/moist chamber method, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 種の豊富さ/species richness, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 草地/grassland, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 鳥の糞/bird droppingsAdditions to the Coprophilous Mycota of Icelandアイスランドにおいて草食動物や鳥の糞から湿室法で得られた糞生菌を調査し、75種を記録した。そのうち19種をアイスランド新産種として報告した。2002年と2006年の調査における観察種数の比較、類似度の算出などを行った。Ascobolus crenulatus■ / Camptosphaeria citrinella■ / Coprinus radiatus■ / Coprotus disculus / Hypocopra merdaria■ / Laetisaria fuciformis■ / Melanospora brevirostris / Pilaira moreaui■ / Podospora intestinacea■ / Podospora pilosa■ / Pseudombrophila cervaria■ / Saccobolus citrinus■ / Schizothecium tetrasporum■ / Sordaria alcina■ / Sporormiella grandispora / Sporormiella heptamera■ / Sporormiella lageniformis / Sporormiella longispora■ / Sporormiella megalospora / Sporormiella octomera / Sporormiella octonalis■ / Sporormiella subtilis / Syspastospora parasitica■ / Thecotheus crustaceus■ / Thelebolus microsporus / Thelebolus stercoreus / Unguiculella tityrii■ / Viennotidia fimicola■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Ascobolaceae/スイライカビ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ceratostomataceae/セラトストマ科_Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Sordariaceae/フンタマカビ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Thelebolales/テレボルスキン目_Hyaloscyphaceae/ヒアロスキファ科_Microascales/ミクロアスカス目
R3-05241アイスランド新産種、Hypoxylon macrosporum2011Acta Botanica Islandica2011年の論文/published in 2011, Acta Botanica Islandica, アイスランド/Iceland, アイスランド新産種/Iceland_new record, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 亜寒帯域/subarctic, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アイスランド/Austfirðir, 腐生菌/saprobeHypoxylon macrosporum P. Karst., a new species for Icelandアイスランド、東アイスランドで採集されたHypoxylon macrosporumをアイスランド新産種として報告した。本種はSalix phylicifoliaの付着したままの枯枝に発生していた。本種は従来スカンジナビアのほかフランス、スイス、グリーンランド、米国、カナダから知られていた。Hypoxylon macrosporum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科
R3-05240海生Dactylospora属菌の1新種およびその子嚢菌門ユーロチウム綱における系統的類縁性2014Botanica Marina2014年の論文/published in 2014, BEAST, Botanica Marina, TreeBASE, パラフィン切片/paraffin section, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 台湾/Taiwan, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungiA new species of marine Dactylospora and its phylogenetic affinities within the Eurotiomycetes, Ascomycota台湾北部の磯において採集された材生息菌の一種を検討し、Dactylospora vrijmoediaeとして新種記載した。本種は子嚢胞子が類球形~広楕円形で無色の厚い鞘を有し、分子系統解析で他の海生Dactylospora属菌に近縁であった。海生Dactylospora属菌は地上生の同属菌と異なる未知の系統を形成した。Dactylospora vrijmoediae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科
R3-05239新種Graphis nudanorstictaおよび中国新産のモジゴケ属地衣2種2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安徽省/Anhui, 山地/mountains, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyGraphis nudanorsticta sp. nov. and two new records of Graphis spp. from China中国安徽省で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Graphis nudanorstictaとして新種記載した。本種はリレラがnuda型かつノルスチクチン酸を含むことなどで特徴づけられた。また、G. caribicaおよびG. contortuplicataの2種を中国新産種として報告した。Graphis caribica■ / Graphis contortuplicata■ / Graphis nudanorsticta★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05238屋久島産の小房子嚢菌類の新産種2006Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany2006年の論文/published in 2006, Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany, イネ科/Poaceae, ウコギ科/Araliaceae, カンノンチク属/Rhapis, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ハリギリ属/Kalopanax, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 切片/section, 南西諸島/Nansei Islands, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation, 鹿児島県/KagoshimaSome New Records of Loculoascomycetes from Yakushima Island, Southern Japan屋久島からByssosphaeria schiedermayerianaなど6種の小房子嚢菌類を報告した。そのうち5種を日本新産種として報告し、記載文および写真などを掲載した。また、Dendryphiopsis atraのテレオモルフであるKirschsteiniothelia incrustansを日本から初めて報告し、テレオモルフ-アナモルフ関係を確かめた。Byssosphaeria schiedermayeriana■ / Glonium clavisporum■ / Herpotrichia macrotricha■ / Hysterographium fraxini■ / Kirschsteiniothelia incrustans / Rhytidhysteron rufulum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Gloniaceae/グロニア科_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科_Kirschsteiniotheliaceae/キルシュシュタイニオテリア科
R3-05237中国南部産の液滴を伴う新種、Leucoagaricus tangerinus2014Mycological Progress2014年の論文/published in 2014, Mycological Progress, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 福建省/Fujian, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanLeucoagaricus tangerinus, a new species with drops from Southern China中国雲南省、福建省、広東省の森林で採集された菌を検討し、Leucoagaricus tangerinusとして新種記載した。本種は傘表面に淡橙色~帯褐橙色の繊維状小鱗片を伴い、柄が類白色で無色の液滴を伴い、担子胞子が楕円形であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でどの既知種とも異なる系統を形成し、傘の色や縁シスチジアの形態などが同属他種と異なっていた。Leucoagaricus tangerinus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05236ジローナにおいて見出された2種の興味深いナヨタケ属菌2010Micologia e vegetazione mediterranea2010年の論文/published in 2010, Micologia e vegetazione mediterranea, カタルーニャ州/Catalonia, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 稀産種/rare species, 腐植土/humusDos Psathyrella interesantes halladas en Gironaスペイン、カタルーニャ州のジローナからPsathyrella phegophilaおよびP. pseudogordoniiの2種を報告した。前者はヨーロッパブナの樹下に発生し、スペインにおいては従来ナバラ州およびアストゥリアス州のみから知られていた。後者はごく稀な種で、従来イングランド、ドイツ、イタリアから知られていたが、スペインからの報告は初となった。Psathyrella phegophila■ / Psathyrella pseudogordonii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-05235ヒマラヤ東部のインド、アルナーチャル・プラデーシュ州における地衣類相への大型地衣の追加2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, アルナーチャル・プラデーシュ州/Arunachal Pradesh, インド/India, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜高山帯/subalpine zone, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 垂直分布/vertical distribution, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine regionNew additions of macrolichens to the lichen flora of Arunachal Pradesh, India in Eastern Himalayaインド、アルナーチャル・プラデーシュ州において地衣類の調査を実施し、79種類を記録した。そのうち5科12属17種をアルナーチャル・プラデーシュ州新産種として報告した。そのうち1種が樹状地衣、16種が葉状地衣であった。Bryoria tenuis■ / Cetrelia collata■ / Cetrelia olivetorum■ / Dermatocarpon vellereum■ / Everniastrum neocirrhatum■ / Hypogymnia alpina■ / Hypogymnia enteromorpha■ / Hypogymnia pseudohypotrypa■ / Hypogymnia thomsoniana■ / Myelochroa metarevoluta■ / Parmelinella chozoubae■ / Parmotrema praesorediosum■ / Parmotrema saccatilobum■ / Peltigera collina■ / Physcia caesia■ / Sticta nylanderiana■ / Umbilicaria vellea■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Peltigerales/ツメゴケ目_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Lobariaceae/カブトゴケ科_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-05234ブラジルの大西洋岸森林から報告された有柄ホコリタケ類の稀産種、Tulostoma reticulatum2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, 南米新産種/South America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂丘/dune, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEMTulostoma reticulatum (Agaricales, Basidiomycota), a rare stalked puffball reported from the Brazilian Atlantic rainforest従来オーストラリアのみから知られていた稀産種のTulostoma reticulatumを、ブラジルの大西洋岸森林から報告した。本種は砂質土壌に発生し、オーストラリア産標本とは柄のサイズが小さい以外は非常に類似していた。本種の記載文、担子胞子のSEM写真などを掲載したほか、同属他種との相違点を挙げた。Tulostoma reticulatum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05233マグナポルテ目の単系統属概念に向けて:Harpophora属無性世代を有する種2015Mycologia2015年の論文/published in 2015, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ属/Oryza, イネ科/Poaceae, シノニム/synonym, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungiToward monophyletic generic concepts in Magnaporthales: species with Harpophora asexual statesHarpophora属類似の無性世代を有する種を対象に分子系統解析を実施したところ、多系統群であることが示唆された。Harpophora属を、その基準種が含まれることが明らかになったGaeummanomyces属のシノニムとした。また、Harpophora oryzaeに対して新属Falciphoraを提唱した。Falciphora oryzae▲ / Gaeumannomyces radicicola▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Magnaporthaceae/マグナポルテ科
R3-05232アニュラタスカス科類似分類群の自然分類に向けて:新目アトラクトスポラ目および6新科の導入2017Fungal Diversity2017年の論文/published in 2017, BEAST, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タイ/Thailand, タケ生息菌/bambusicolous fungus, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, リター菌/litter fungi, 分子時計/molecular clock, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新目提唱/new order, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 消失性子嚢/evanescent asci, 淡水域/freshwater, 無効学名/invalid name, 稀産種/rare species, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeTowards a natural classification of Annulatascaceae-like taxa: introducing Atractosporales ord. nov. and six new familiesタイの河川で採集されたアニュラタスカス科類似水生菌類の形態学的検討および分子系統解析を実施した。分子系統解析の結果を基に、3科からなる新目アトラクトスポラ目およびコンラリウム科など6新科を提唱した。また、Atractospora thailandensisなど9新種を記載した。Atractospora thailandensis★ / Conlarium aquaticum★ / Dictyosporella thailandensis★ / Diluviicola aquatica★ / Fluminicola aquatica★ / Fluminicola saprophytica★ / Fluminicola thailandensis★ / Pseudoproboscispora thailandensis★ / Sporidesmium thailandense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Annulatascales/アニュラタスカス目_Annulatascaceae/アニュラタスカス科_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科
R3-05231ラオス人民民主共和国産の帯黄緑色の新種、Leucoagaricus houaynhangensis2018Chiang Mai Journal of Science2018年の論文/published in 2018, Chiang Mai Journal of Science, ラオス/Laos, ヴィエンチャン都/Vientiane, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新種記載/new species, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobeLeucoagaricus houaynhangensis (Agaricaceae), A New Yellowish-green Species from Lao People’s Democratic Republicラオスの落葉樹林において腐植土に発生した菌を検討し、Leucoagaricus houaynhangensisとして新種記載した。本種は肉眼的には、子実体が淡黄色~帯黄緑色で乾燥すると青変し、傘が暗色の鱗片に覆われ、襞が離生、柄表面が平滑であることなどで特徴づけられた。顕微鏡的には、担子胞子が長卵状、側シスチジアを欠き、縁シスチジア頂部に長い付属糸を有し、クランプを欠くことなどで特徴づけられた。Leucoagaricus houaynhangensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05230ベネズエラの高地のテプイに産した新種、Scutellospora tepuiensis2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, トラップカルチャー/trap culture, ベネズエラ/Venezuela, ボリバル州/Bolívar, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 土壌菌/soil fungi, 山地/mountains, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 根圏/rhizosphere, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酸性土壌/acidic soil, 降水量/precipitationScutellospora tepuiensis sp. nov. from the highland tepuis of Venezuelaベネズエラ、ラ・グラン・サバナのテプイ(卓状台地)山頂で採集された土壌試料に見出された菌を検討し、Scutellospora tepuiensisとして新種記載した。本種は胞子に非常に複雑で特異な、無数の輪状の孔からなる装飾を有することなどで特徴づけられた。本種の菌根関係は不明であり、純粋培養で形成しなかったが、ナガバハマササゲを宿主とするポットカルチャーで豊富に胞子を形成した。Scutellospora tepuiensis★Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Diversisporales/ディバーシスポラ目_Gigasporaceae/ギガスポラ科
R3-05229Bahusandhika属、Cancellidium属、およびPseudoepicoccum属の系統的位置2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ココヤシ属/Cocos, ゴア州/Goa, タイプスタディ/type study, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新形質報告/new character, 材生息菌/lignicolous fungus, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気中水生菌/aero-aquatic fungi, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 河川/river, 淡水域/freshwater, 花生息菌/floricolous fungusPhylogenetic placement of Bahusandhika, Cancellidium and Pseudoepicoccum (asexual Ascomycota)分子系統解析により、インド産の3種のアナモルフ菌の系統的位置を検討した。Bahusandhika indicaおよびPseudoepicoccum cocosの培養性状を初めて報告した。Cancellidium applanatumはフンタマカビ綱クレードにおいて独自の系統を形成した。Bahusandhika indica / Cancellidium applanatum / Pseudoepicoccum cocosPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-05228台湾において天然基質から分離されたCyberlindnera属クレードに含まれるアナモルフ菌の属、Candida属の5新種2012Antonie van Leeuwenhoek2012年の論文/published in 2012, Antonie van Leeuwenhoek, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, アケビ科, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イズセンリョウ属, ウレアーゼ試験/urease test, サクラソウ科/Primulaceae, スライド培養法/slide culture method, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, ムベ属, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南投県/Nantou, 台東県/Taitung, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 屏東県/Pingtung, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 桃園市/Taoyuan, 森林/forest, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 葉面菌/leaf surface fungi, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 高雄市/KaohsiungFive novel species of the anamorphic genus Candida in the Cyberlindnera clade isolated from natural substrates in Taiwan台湾の山地において土壌、腐朽材、葉面などの天然基質から分離された酵母を検討し、5新種を記載した。これらの新種はいずれもCyberlindnera属クレードに含まれた。各種はD1/D2領域に基づく分子系統解析で独自の系統を形成し、近縁種とは生理学的形質などが異なっていた。Candida hungchunana★ / Candida maesa★ / Candida stauntonica★ / Candida takata★ / Candida taoyuanica★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-05227Thozetella属内部における新規の系統群:形態およびDNA配列解析に基づく1新分類群2009Biodiversity Research and Conservation2009年の論文/published in 2009, Canadian Journal of Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, マイクロオーン/microawn, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 香港/Hong KongA novel phylogenetic group within Thozetella (Chaetosphaeriaceae): A new taxon based on morphology and DNA sequence analyses香港においてPinus elliottiiのリターに生じた菌を検討し、Thozetella pinicolaとして新種記載した。本種はスポロドキアが帯クリーム白色、分生子柄が短く黒色、マイクロオーンがほとんどの場合L形あることなどで特徴づけられた。分子系統解析ではThozetella属とケトスフェリア科との類縁関係のほか、属内に強く支持される系統が含まれることなどが示された。Thozetella pinicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科
R3-05226スペインにおいてビワの衰退に関連するCylindrodendrum属、Dactylonectria属、Ilyonectria属分離菌株の特性、および新種Cylindrodendrum alicantinumの記載2016European journal of Plant Pathology2016年の論文/published in 2016, European journal of Plant Pathology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, スライド培養法/slide culture method, バイオマス測定/biomass measurement, バラ科/Rosaceae, バレンシア州/Valencia, ビワ属/Eriobotrya, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 果樹園/orchard, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 病害評価尺度/disease rating scale, 統計解析/statistical analysis, 萎黄病/chlorosis, 表面殺菌法/surface sterilization methodCharacterization of Cylindrodendrum, Dactylonectria and Ilyonectria isolates associated with loquat decline in Spain, with description of Cylindrodendrum alicantinum sp. nov.スペイン、アリカンテのビワ園において衰退したビワの根から分離されたCylindrocarpon属類似のアナモルフ菌を検討した。形態形質、培養性状、DNA配列データに基づき、Dactylonectria alcacerensis、D. torresensis、およびIlyonectria robustaを同定した(いずれもビワは新宿主)。また、ビワに根腐れ症状を引き起こした菌の一種をCylindrodendrum alicantinumとして新種記載した。Cylindrodendrum alicantinum★ / Dactylonectria alcacerensis / Dactylonectria torresensis / Ilyonectria robusta■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05225Virideクレードに属する材生息性Trichoderma属7新種2016Scientific Reports2016年の論文/published in 2016, Scientific Reports, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北京市/Beijing, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 河南省/Henan, 湖北省/Hubei, 湖南省/Hunan, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment productionSeven wood-inhabiting new species of the genus Trichoderma (Fungi, Ascomycota) in Viride cladeVirideクレードに含まれる中国産材生息性Trichoderma属菌を調査し、T. albofulvopsisなど7新種を記載した。各新種の記載文およびコロニーの写真、顕微鏡写真などを掲載し、T. sinokoningiiは子座の凍結切片を作製した。RPB2+TEF1-αに基づく分子系統解析を実施し、6つのサブクレードを認めた。Trichoderma albofulvopsis★ / Trichoderma densum★ / Trichoderma laevisporum★ / Trichoderma sinokoningii★ / Trichoderma sparsum★ / Trichoderma sphaerosporum★ / Trichoderma subviride★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-05224サナギタケの重要な病原菌である新種、Calcarisporium cordycipiticola2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, きのこ栽培/mushroom cultivation, きのこ栽培の害菌/harmful fungi in mushroom cultivation, きのこ農園/mushroom farm, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北京市/Beijing, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 浙江省/Zhejiang, 生長速度/growth rate, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌床栽培/mushroom bed cultivation, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 食用きのこ/edible mushroomsCalcarisporium cordycipiticola sp. nov., an important fungal pathogen of Cordyceps militaris中国のきのこ農園においてサナギタケに寄生した病原菌の一種を検討し、Calcarisporium cordycipiticolaとして新種記載した。本種は宿主の子実体に著しい質の劣化および収量減少をもたらした。本種は分生子が卵形~楕円形であり、PDA培地での生長が遅いことなどで特徴づけられた。Calcarisporium cordycipiticola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-05223ポーランド新産のサルオガセ属地衣、Usnea balcanica Bystr.2016Biodiversity Research and Conservation2016年の論文/published in 2016, Annales Universitatis Mariae Curie-Skłodowska. Sectio C Biologia, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, ルブリン県/Lublin, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 指標種/indicator species, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered speciesUsnea balcanica Bystr. – a new Usnea species in Poland (Ascomycota, Parmeliaceae)ポーランド、ロストチェ国立公園からポーランド新産種としてUsnea balcanicaを報告した。本種はブナ林においてブナの老木の枝に発生し、当初U. fagineaと同定された。本種は従来バルカン半島のみから知られていたごく稀な種であった。Usnea balcanica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05222インドネシアにおいて分離された新種、Pichia chibodasensis2017International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2017年の論文/published in 2017, GC含量/GC content, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, インドネシア/Indonesia, ウレアーゼ試験/urease test, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, ユビキノン/ubiquinone, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 西ジャワ州/West Java, 資化試験/assimilation test, 質量分析法/mass spectrometry, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 集積培養/enrichment culturePichia chibodasensis sp. nov., isolated in Indonesiaインドネシア、西ジャワ州において腐朽材および土壌から分離された酵母の一種を検討し、Pichia chibodasensisとして新種記載した。本種は子嚢胞子を形成せず、偽菌糸は痕跡的で、D-キシロース資化能を有することなどで特徴づけられた。分子系統解析では本種はPichia属クレードに含まれ、どの同属他種とも異なる系統を形成した。Pichia chibodasensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-05221タイ、ペッチャブリー県において人工の天日塩田に産した新種、Penicillium imranianum2018Pakistan Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Pakistan Journal of Botany, pH適性/pH aptitude, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アミラーゼ/amylase, インベルターゼ, キシラナーゼ/xylanase, セルラーゼ/cellulase, タイ/Thailand, バイオアッセイ/bioassay, ペッチャブリー県/Phetchaburi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分濃度/salinity, 塩分濃度適性/salinity aptitude, 塩類土壌/saline soil, 好塩菌/halophilic fungi, 希釈平板法/dilution plate method, 抗菌活性/antibacterial activity, 抗酸化活性/antioxidant activity, 新種記載/new species, 極限環境/extreme environment, 気温/temperature, 温度適性/temperature aptitude, 色素産生/pigment production, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 降水量/precipitationPenicillium imranianum, a new species from the man-made solar saltern of Phetchaburi province, Thailandタイ、ペッチャブリー県の塩田から分離された菌を検討し、Penicillium imranianumとして新種記載した。本種は最大20%の塩分濃度で生育可能であり、どの既知のアオカビ属菌よりも強い好塩性を有していた。本種はアミラーゼなど4種の酵素を顕著に産生したほか、塩分添加培地において赤色色素が誘導された。Penicillium imranianum★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-05220深海生息菌、Oceanitis scuticella Kohlmeyerが北半球に産する初の証拠2016Botanica Marina2016年の論文/published in 2016, Botanica Marina, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北半球新産種/Northern Hemisphere_new record, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 極限環境/extreme environment, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水生菌/aquatic fungi, 海生菌/marine fungi, 深海/deep sea, 種内変異/intraspecific variation, 走査型電子顕微鏡/SEMFirst evidence of the deep-sea fungus Oceanitis scuticella Kohlmeyer (Halosphaeriaceae, Ascomycota) from the Northern Hemisphere太平洋北西部(千島海溝東方の深海平原)において沈んだ材に発生した深海生息菌、Oceanitis scuticellを採集した。本標本は以前に報告された標本とは子嚢果の腔所の形状、内生子座の形状、殻皮の厚さ、子嚢胞子のサイズなどが異なっていた。また、ITS領域の塩基配列もバヌアツ産標本とは2.5-3%が異なっていた。Oceanitis scuticella■Ascomycota/子嚢菌門
R3-05219インド、グジャラート州産の材生息性大型菌類2016World Scientific News2016年の論文/published in 2016, World Scientific News, インド/India, グジャラート州/Gujarat, ニガキ科/Simaroubaceae, ニワウルシ属/Ailanthus, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 心腐れ/heart rot, 採集地マッピング/collection site mapping, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyLignicolous Macro Fungi from Gujarat, Indiaインド、グジャラート州において初の材生息菌の多様性調査を実施した。15科30属69種の大型菌類を報告し、それらすべてがグジャラート州新産種であった。また、Navisporus floccosusによるA. excelsaの心腐れを初めて報告した。Agaricus bisporus■ / Agaricus silvaticus■ / Auricularia auricula■ / Auricularia polytricha■ / Aurificaria indica■ / Bondarzewia berkeleyi■ / Coprinus plicatilis■ / Coriolopsis aspera■ / Coriolopsis gallica■ / Coriolopsis telfarii■ / Coriolus versicolor■ / Daedalea andamani■ / Daedalea quercina■ / Daedalea unicolor■ / Daedaleopsis confragosa■ / Daldinia concentrica■ / Daldinia sacchari■ / Flavodon flavus■ / Fomitopsis cupreorosea■ / Fomitopsis pinicola■ / Fomitopsis rosea■ / Ganoderma applanatum■ / Ganoderma colossus■ / Ganoderma curtisii■ / Ganoderma lucidum■ / Gloeophyllum sepiarium■ / Hexagonia apiaria■ / Hexagonia tenuis■ / Hyphodontia comptopsis■ / Hypoxylon rubiginosum■ / Irpex hydnoides■ / Lenzites betulina■ / Lenzites palisotii■ / Lenzites stereoides■ / Microporellus violaceocinerascens■ / Microporus affinis■ / Microporus alboater■ / Microporus xanthopus■ / Navisporus floccosus■ / Oxyporus ravidus■ / Phellinus adamantinus■ / Phellinus badius■ / Phellinus caryophylli■ / Phellinus conchatus■ / Phellinus extensus■ / Phellinus fastuosus■ / Phellinus gilvus■ / Phellinus hoehnelii■ / Phellinus linteus■ / Phellinus nilgheriensis■ / Phellinus noxius■ / Phellinus pachyphloeus■ / Phellinus pectinatus■ / Phellinus rhabarbarinus■ / Phellinus robustus■ / Phellinus setulosus■ / Phellinus shaferi■ / Phellinus xeranticus■ / Pleurotus pulmonarius■ / Schizophyllum commune■ / Stereum hirsutum■ / Trametes gibbosa■ / Trametes hirsuta■ / Trametes lactinea■ / Trichaptum biforme■ / Vararia pallescens■ / Xylaria allantoidea■ / Xylaria feejeensis■ / Xylaria polymorpha■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Russulales/ベニタケ目_Bondarzewiaceae/ミヤマトンビマイ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Gloeophyllales/キカイガラタケ目_Gloeophyllaceae/キカイガラタケ科_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Schizoporaceae/アナタケ科_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Stereaceae/キウロコタケ科_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05218インド新産の木材劣化に関与する材生息菌2012Mycosphere2012年の論文/published in 2012, Mycosphere, インド/India, インド新産種/India_new record, ギンゴウカン属/Leucaena, グジャラート州/Gujarat, コミカンソウ属/Phyllanthus, シクンシ科/Combretaceae, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, トゲナシジャケツ属/Peltophorum, ベンガルカラタチ属/Aegle, マメ科/Fabaceae, ミカン科/Rutaceae, モモタマナ属/Terminalia, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新変種記載/new variety, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobeNew records of lignicolous fungi deteriorating wood in Indiaインド、グジャラート州のラタンマハル野生動物保護区に産した木材腐朽菌を検討した。Aurificaria indica var. leucocephalaおよびMicroporus affinis var. glabricepsの2新変種を記載した。また、Fomitopsis cupreoroseaなど4種をインド新産種として報告した。Aurificaria indica★ / Fomitopsis cupreorosea■ / Ganoderma curtisii■ / Microporus affinis★ / Microporus alboater■ / Phellinus shaferi■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05217コートジボワールの森林地域に産する知見に乏しい食用きのこ、Leucoagaricus cf. americanus2018World Scientific News2018年の論文/published in 2018, International Journal of Biological and Chemical Sciences, アビジャン自治区, アブラヤシ属/Elaeis, コートジボワール/Côte d’Ivoire, ゴー州, フェノロジー/phenology, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 民族菌類学/ethnomycology, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 食用きのこ/edible mushroomsLeucoagaricus cf. americanus, an edible mushroom species poorly known of forest area of Côte d’Ivoireコートジボワールにおいて食用にされている、知見に乏しいきのこの一種の分類・生態・民族菌類学的調査を実施した。肉眼的・顕微鏡的検討に基づきLeucoagaricus cf. americanusと同定したが、欧米の種とは差異があり、別種と考えられた。本種は調査地域の市場において販売されており、現地では「偽のフクロタケ」と認識されていた。
R3-05216クロボキン亜門の新属、Floromyces属2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, キジカクシ科/Asparagaceae, タイプスタディ/type study, ハナスゲ属, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 吸器/haustorium, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子発達様式/spore development style, 芯新科提唱, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEM, 黒穂菌/smut fungiFloromyces, a new genus of Ustilaginomycotinaハナスゲ属植物を宿主とする黒穂菌の一種、Thecaphora anemarrhenaeを再検討した結果、本種が別属に含まれることが明らかになった。胞子堆の構造、胞子団の発達様式および形態などを検討し、SEMおよびTEM写真を掲載した。本種を新属Floromycesに移し、Antherospora属とともに新科フロロマイセス科に含めた。Floromyces anemarrhenae▲Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Urocystidales/ウロシスティス目_Floromycetaceae/フロロマイセス科
R3-05215Thecaphora属およびその新しいシノニムについて2008Mycological Progress2008年の論文/published in 2008, Mycological Progress, カタバミ属/Oxalis, カタバミ科/Oxalidaceae, シノニム/synonym, ホストシフト/host shift, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 収斂進化/convergent evolution, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEM, 黒穂菌/smut fungiAbout the genus Thecaphora (Glomosporiaceae) and its new synonymsThecaphora属菌を再検討し、本属の記載を微修正した。Tothiella属に加え、Glomosporium属およびKochmania属が本属のシノニムであることを示した。新組み合わせThecaphora oxalidisを提唱した。Thecaphora oxalidis▲Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Glomosporiaceae/グロモスポリア科
R3-05214日本産のエイランタイ属地衣を宿主とする地衣生子嚢菌の新種、Perigrapha cetrariae2018Folia Cryptogamica Estonica2018年の論文/published in 2018, Folia Cryptogamica Estonica, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, エイランタイ属/Cetraria, 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 埼玉県/Saitama, 山地/mountains, 新種記載/new species, 日本/Japan, 長野県/Nagano, 高山帯/alpine regionPerigrapha cetrariae, a new lichenicolous ascomycete on Cetraria from Japan長野県および埼玉県においてマキバエイランタイに発生した地衣生菌の一種を検討し、Perigrapha cetrariaeとして新種記載した。本種は小室が子座組織に埋生し、子嚢胞子に尾状の付属糸を欠くことなどで特徴づけられた。本種はPerigrapha属の既知種4種のいずれとも形態的に異なっていた。Perigrapha cetrariae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科
R3-05213形態および複数遺伝子の系統解析に基づき、中国雲南省北西部の淡水環境においてトルラ科の新属および新種が見出された2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 属の境界/genus boundary, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種概念/species concept, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanMorphology and multigene phylogeny reveal new genus and species of Torulaceae from freshwater habitats in northwestern Yunnan, China中国雲南省北西部において淡水生材生息菌の調査を実施し、新属新種Rostriconidium aquaticumを記載した。複数遺伝子に基づく分子系統解析により、トルラ科クレードが単系統群として強く支持された。また、Dendryphion fluminicolaおよびTorula aquaticaを新種記載し、Torula属2種を中国新産種として報告した。Dendryphion fluminicola★ / Rostriconidium aquaticum★ / Torula aquatica★ / Torula ficus■ / Torula masonii■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Torulaceae/トルラ科
R3-05212イラン北部、ギーラーン州におけるHypoxylon属およびAnnulohypoxylon属の知見の追加2012Rostaniha2012年の論文/published in 2012, Parrotia属, Rostaniha, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, カバノキ科/Betulaceae, ギーラーン州/Gilan, クマシデ属/Carpinus, クリ属/Castanea, クルミ科/Juglandaceae, ケヤキ属/Zelkova, コナラ属/Quercus, サイカチ属/Gleditsia, サクラ属/Prunus, サワグルミ属/Pterocarya, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ニレ科/Ulmaceae, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マメ科/Fabaceae, マンサク科/Hamamelidaceae, モチノキ属/Ilex, モチノキ科/Aquifoliaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity surveyContribution to the knowledge of Hypoxylon and Annulohypoxylon in Guilan province (N Iran)イラン、ギーラーン州からHypoxylon属4種およびAnnulohypoxylon属3種1変種を報告した。そのうちH. perforatumなど4種1変種をイランから初めて報告した。各種の記載文、生態写真、顕微鏡写真、コロニーの写真などを掲載した。Annulohypoxylon annulatum■ / Annulohypoxylon minutellum■ / Annulohypoxylon moriforme■ / Hypoxylon fragiforme / Hypoxylon howeanum / Hypoxylon perforatum■ / Hypoxylon rubiginosumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科
R3-05211アンズタケ属Pseudocantharellus亜属:1種のエピタイプ指定、1種の新規シノニム、および1新種2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Mycosphere, エピタイプ指定/epitype designation, サンガ・ムバエレ州, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, 中央アフリカ共和国, 優先権/priority, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 独立種/independent species, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiCantharellus subg. Pseudocantharellus (Hydnaceae, Cantharellales) revisited: one epityfication, one new synonym and one new speciesCantharellus rhodophyllusのエピタイプ標本を指定した。また、C. subincarnatusを再検討し、形態的に顕著な差異が見出されなかったことからこの種のシノニムと考えた。C. subincarnatus subsp. rubrosalmoneusを分子系統解析の結果から独立種と認め、C. rubrosalmoneusとして記載した。Cantharellus rhodophyllus / Cantharellus rubrosalmoneus▲●Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目
R3-05210黒穂菌の新産種 (6)2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アカヒゲガヤ属/Heteropogon, イグサ属/Juncus, イグサ科/Juncaceae, イネ科/Poaceae, カヤツリグサ属/Cyperus, カヤツリグサ科/Cyperaceae, キンシャサ市, コンゴ民主共和国/Democratic Republic of the Congo, コンゴ民主共和国新産種/Democratic Republic of the Congo_new record, シンジュガヤ属/Scleria, スズメノヒエ属/Paspalum, タンガニーカ州(コンゴ民主共和国), ミカヅキグサ属/Rhynchospora, メヒシバ属/Digitaria, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 東部州(コンゴ民主共和国)/Eastern (Democratic Republic of the Congo), 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiNew records of smut fungi. 6Leucocintractia scleriaeなど5種の黒穂菌をコンゴ民主共和国新産種として報告した。Cintractia limitataのアフリカにおける新宿主としてCyperus distansを報告した。また、新組み合わせ/新階級Entorrhiza tenuisを提唱した。Cintractia limitata / Entorrhiza tenuis▲● / Leucocintractia scleriae■ / Sporisorium caledonicum■ / Sporisorium paspali-thunbergii■ / Sporisorium ugandense■ / Ustanciosporium scleriicola■Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Anthracoideaceae/アントラコイデア科_Entorrhizomycetes/エントリザ綱_Entorrhizomycetidae/エントリザ亜綱_Entorrhizales/エントリザ目_Entorrhizaceae/エントリザ科_Ustilaginaceae/クロボキン科
R3-05209アフリカ産黒穂菌類の研究 (2):Anthracocystis compactaの第二の採集地2017Mycobiota2017年の論文/published in 2017, Mycobiota, イネ科/Poaceae, オガルカヤ属/Cymbopogon, クリコロ州, タイプスタディ/type study, マリ/Mali, マリ新産種, 天狗巣病/witches’ broom, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiContribution to the smut fungi of Africa. 2. A second locality of Anthracocystis compactaマリから黒穂菌のAnthracocystis compactaを報告した。本種は従来セネガルで一度報告されたのみであり、本報告は2番目となった。本種はCymbopogon giganteusの花序に天狗巣症状を引き起こした。Anthracocystis compacta■Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Ustilaginaceae/クロボキン科
R3-05208パナマ新産の葉圏生息性植物寄生菌3種、Annellophora phoenicis、Cercospora corniculatae、およびSclerotium coffeicola2018Check List2018年の論文/published in 2018, Check List, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, カタバミ属/Oxalis, カタバミ科/Oxalidaceae, ココヤシ属/Cocos, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ソケイ属/Jasminum, チリキ県/Chiriquí, バンレイシ属/Annona, バンレイシ科/Annonaceae, パナマ/Panama, パナマ新産種/Panama_new record, モクセイ科/Oleaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ヤマノイモ属/Dioscorea, ヤマノイモ科/Dioscoreaceae, 中米新産種/Central America_new record, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 庭園/garden, 文献調査/literature survey, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 異隔壁/distoseptum, 種内変異/intraspecific variation, 菌核/sclerotium, 菌食/mycophagy, 葉圏/phyllosphere, 配列決定/sequencingThree new records of plant parasitic phyllosphere fungi from Panama: Annellophora phoenicis, Cercospora corniculatae, and Sclerotium coffeicolaパナマ新産種としてAnnellophora phoenicis、Cercospora corniculatae、およびSclerotium coffeicolaの3種を報告した。これらの種はそれぞれココヤシ、Oxalis barrelieri、およびヤマトゲバンレイシとダイジョを宿主としていた。A. phoenicisおよびS. coffeicolaは宿主の葉に斑点を生じ、C. corniculataeはパナマにおけるカタバミ属からの本属菌の初報告となった。Annellophora phoenicis■ / Cercospora corniculatae■ / Sclerotium coffeicola■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Typhulaceae/ガマノホタケ科
R3-05207アルゼンチン北部産の”Inonotus linteus“複合種に含まれる新種、Tropicoporus drechsleri2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, アルゼンチン/Argentina, カキバチシャノキ属/Cordia, コリエンテス州/Corrientes, チャコ州/Chaco, フォルモサ州, ミシオネス州/Misiones, ムラサキ科/Boraginaceae, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 複合種/species complexTropicoporus drechsleri (Hymenochaetales, Basidiomycota), a new species in the “Inonotus linteus” complex from northern Argentinaアルゼンチンの乾燥亜熱帯林で採集された菌を検討し、Tropicoporus drechsleriとして新種記載した。本種は従来T. linteusと同定されていたが、肉が2層からなり、担子胞子がKOHで黄変する点などが異なっていた。新熱帯産Tropicoporus属菌の検索表を掲載した。Tropicoporus drechsleri★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-05206ブラジル南部の混生好雨性森林に産した背着生多孔菌類2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, コウヤクタケ類/corticioid fungi, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 菌類相調査/mycofloristic survey, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 誤同定/misidentification, 降水量/precipitationResupinate polypores from mixed ombrophilous forests in southern Brazilブラジル、リオグランデ・ド・スル州の森林において多孔菌類の調査を実施し、24種の背着生の種を記録した。そのうち稀産種のTrechispora mollusca、Antrodia variiformis、Diplomitoporus venezuelicus、およびFlaviporus subundatusを検討した。また、リオグランデ・ド・スル州新産種としてFomitiporia maxoniiを報告し、検索表および種名目録を掲載した。Antrodia variiformis■ / Diplomitoporus venezuelicus / Flaviporus subundatus / Fomitiporia maxonii■ / Trechispora mollusca■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-05205インド、アンダマン諸島に産した糞生菌の新種、Ascobolus gomayapriya2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, アンダマン・ニコバル諸島/Andaman and Nicobar Islands, インド/India, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 消失性子嚢/evanescent asci, 糞生菌/coprophilous fungi, 腐生菌/saprobeAscobolus gomayapriya: A new coprophilous fungus from Andaman Islands, Indiaインド、アンダマン諸島においてウシの糞に生じた菌を検討し、Ascobolus gomayapriyaとして新種記載した。本種は子嚢盤が淡い帯緑黄色で有柄、子嚢が円筒形で短い柄を有し、子嚢胞子が無色~淡黄赤色の円筒形で平滑厚壁であることなどで特徴づけられた。アンダマン諸島からのスイライカビ属菌の報告は初となった。Ascobolus gomayapriya★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Ascobolaceae/スイライカビ科
R3-05204ポーランドにおけるBadhamia versicolor Listerの新記録2017Biodiversity Research and Conservation2017年の論文/published in 2017, Biodiversity Research and Conservation, ポドラシェ県/Podlaskie, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, 乾燥地域/dry area, 保全生態学/conservation ecology, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered speciesA new record of Badhamia versicolor Lister (Physaraceae) in Polandポーランドから稀産種かつレッドリスト掲載種のBadhamia versicolorを報告した。本種はヤマナラシ属の一種の樹皮および落葉に発生していた。本種はポーランドにおいては従来マウォポルスカ県のみから知られていた。Badhamia versicolor■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Physarales/モジホコリ目_Physaraceae/モジホコリ科
R3-05203ノルウェー産の新規あるいは知見に乏しいTelamonia型フウセンタケ属菌2015Agarica2015年の論文/published in 2015, Agarica, DNAバーコーディング/DNA barcoding, アウスト・アグデル県/Aust-Agder, アオイ科/Malvaceae, アーケシュフース県/Akershus, イタリア/Italy, エロー県/Hérault, オスロ/Oslo, オップラン県/Oppland, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クリ属/Castanea, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, シェラン地域/Zealand, シナノキ属/Tilia, スロベニア/Slovenia, セーヌ=エ=マルヌ県, タイプスタディ/type study, テレマルク県/Telemark, ディナル・アルプス山脈/Dinaric Alps, デンマーク/Denmark, トレンティーノ=アルト・アディジェ州/Trentino-Alto Adige, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ハシバミ属/Corylus, ヒースランド/heathland, フィンマルク県/Finnmark, フランス/France, ブスケルー県/Buskerud, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ヘードマルク県/Hedmark, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 亜高山帯/subalpine zone, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 北欧新産種/Nordic_new record, 半隠蔽種/semi-cryptic species, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 絶滅危惧種/endangered species, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complexSome new and little known telamonioid Cortinarius species from Norwayノルウェー産のTelamonia型フウセンタケ属菌を検討し、38標本の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Cortinarius puellaris、C. annae-maritae、およびC. subtilisの3新種を記載した。また、8種のノルウェー新産種を報告した。Cortinarius annae-maritae★ / Cortinarius conterminus■ / Cortinarius fuscescens■ / Cortinarius fuscobovinus■ / Cortinarius impennoides■ / Cortinarius microglobisporus■ / Cortinarius niveotraganus■ / Cortinarius pseudofallax■ / Cortinarius puellaris★ / Cortinarius salicticolus■ / Cortinarius subtilis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-05202ロシア、レニングラード州産の分子データを基に同定された不稔ダイダイゴケ属地衣2010Folia Cryptogamica Estonica2010年の論文/published in 2010, Folia Cryptogamica Estonica, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, レニングラード州/Leningrad, ロシア/Russia, 分子同定/molecular identification, 収斂進化/convergent evolution, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grasslandSome sterile Caloplaca crusts identified by molecular data from the Leningrad region (Russia)ロシア、レニングラード州産の不稔のダイダイゴケ属地衣を対象に、ITS領域の塩基配列に基づく同定を実施した。Caloplaca dichroaなど3種を同定した。そのうち2種をヨーロッパ・ロシア北西部およびレニングラード州新産種として報告した。Caloplaca dichroa■ / Caloplaca obscurella / Caloplaca phlogina■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-05201オーストラリア、クイーンズランド州産のヤマトスミイボゴケ属地衣1新種2018Australasian Lichenology2018年の論文/published in 2018, Australasian Lichenology, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, ジロホール酸/gyrophoric acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 胞子発達様式/spore development style, 鱗片状地衣/squamulose lichenA new species of Sculptolumina (Caliciaceae, Ascomycota) from Queensland, Australiaオーストラリア、クイーンズランド州で採集された地衣の一種を検討し、Sculptolumina ramboldiiとして新種記載した。本種はヤマトスミイボゴケ属初の岩上生地衣として報告された。本種は汚白色~淡灰褐色で子嚢胞子に1隔壁を有し、ジロホール酸および5-O-メチルヒアス酸を含むことなどで特徴づけられた。Sculptolumina ramboldii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-05200ヤスデを宿主とするTroglomyces属およびDiplopodomyces属新種2018European Journal of Taxonomy2018年の論文/published in 2018, Caucaseuma属, Cylindroiulus属, European Journal of Taxonomy, Guadarramasoma属, Heterocaucaseuma属, Nepalmatoiulus属, Pachyiulus属, Proteroiulus属, Serboiulus属, アブハジア共和国, アンスロロイコソマ科, アンダルシア州/Andalusia, カラチャイ・チェルケス共和国/Karachay-Cherkessia, クラスノダール地方/Krasnodar, クリミア共和国/Republic of Crimea, グアノ/guano, グルジア/Georgia (country), コソボ, ザイェチャル郡, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, スペルマチア/spermatia, スリランカ/Sri Lanka, セルビア/Serbia, セルビア新産種/Serbia_new record, トルコ/Turkey, ハプロバイノソマ科, ヒメヤスデ科/Julidae, ブルガリア/Bulgaria, ポルトガル/Portugal, ポルトガル新産種/Portugal_new record, マケドニア/Macedonia, マデイラ諸島/Madeira, マンダレー地方域, ミャンマー/Myanmar, ムーラ県/Mugla, モンタナ州(ブルガリア), ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 洞窟/cave, 胞子散布/spore dispersal, 部位特異性/site specificityNew species of Troglomyces and Diplopodomyces (Laboulbeniales, Ascomycota) from millipedes (Diplopoda)Diplopodomyces属においてD. coronatus、D. liguliphorus、およびD. ramosusの3新種を記載した。また、Troglomyces属においてT. dioicus、T. tetralabiatusを、およびT. dioicusの3新種を記載した。両属の1種ずつについて新宿主を報告したほか、両属の既知種全種を含む検索表を掲載した。Diplopodomyces coronatus★ / Diplopodomyces liguliphorus★ / Diplopodomyces lusitanipodis / Diplopodomyces ramosus★ / Troglomyces dioicus★ / Troglomyces manfredii■ / Troglomyces tetralabiatus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-05199南アフリカ、クルーガー国立公園産のFusarium属新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, Kyphocarpa属, MycoKeys, Striga属, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, オーストラリア/Australia, カラスノゴマ属/Corchoropsis, キンゴジカ属/Sida, サバンナ/savannah, ニジェール/Niger, ハマウツボ科/Orobanchaceae, ヒユ科/Amaranthaceae, マダガスカル/Madagascar, ムプマランガ州/Mpumalanga, リニアグロース/linear growth, リンポポ州/Limpopo, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 単胞子分離/single spore isolation, 土壌pH/soil pH, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 複合種/species complexNew Fusarium species from the Kruger National Park, South Africa南アフリカ、クルーガー国立公園で採集された菌を検討し、Fusarium convolutans、Fusarium fredkrugeri、およびFusarium transvaalenseの3新種を記載した。これらの新種はそれぞれFusarium buharicum複合種、Fusarium fujikuroi複合種、Fusarium sambucinum複合種に含まれた。これらの新種はそれぞれ異なる植物の根圏土壌から分離され、宿主にはいかなる病徴も認められなかった。Fusarium convolutans★ / Fusarium fredkrugeri★ / Fusarium transvaalense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05198台湾産Gymnosporangium corniforme、G. unicorne、および新種G. niitakayamenseの解明2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, さび菌/rust fungi, カナメモチ属/Photinia, クローニング/cloning, ゴール/gall, ナシ属/Pyrus, ナナカマド属/Sorbus, バラ科/Rosaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, 亜熱帯域/subtropics, 再発見/rediscovery, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南投県/Nantou, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 命名法/nomenclature, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 特異的PCR/specific PCR, 生活環/life cycle, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異種寄生性/heteroecism, 胞子の発芽/germination of spores, 苗栗県/Miaoli, 走査型電子顕微鏡/SEM, 高山帯/alpine regionUnveiling Gymnosporangium corniforme, G. unicorne, and G. niitakayamense sp. nov. in Taiwan台湾の高山帯においてニイタカカマツカに発生したさび菌の一種を検討し、Gymnosporangium niitakayamenseとして新種記載した。G. corniformeの精子・さび胞子世代の宿主がSorbus randaiensisであることを野外観察、接種試験、および系統解析により示した。また、台湾新産種として、従来韓国のみから知られていたG. unicorneを報告した。Gymnosporangium corniforme / Gymnosporangium niitakayamense★ / Gymnosporangium unicorne■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-05197スペイン、カナリア諸島、グラン・カナリア島産のさらなる新規あるいは興味深い地衣類および地衣生菌類2015Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2015年の論文/published in 2015, Erica属, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, Pseudevernia属, Squamarina属, Witharia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウメノキゴケ属/Parmotrema, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カティラリア科, カナリア諸島/Canary Islands, カラタチゴケ属/Ramalina, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, キゴケ科/Stereocaulaceae, キサントン類/xanthones, クボミスミイボゴケ属/Diplotomma, クリ属/Castanea, ゴジアオイ属/Cistus, サクラ属/Prunus, サルオガセ属/Usnea, サルオガセ科/Usneaceae, スペイン/Spain, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ツツジ科/Ericaceae, ナス科/Solanaceae, ナリアイウメノキゴケ属/Parmelina, ニシキギ科/Celastraceae, ハリツルマサキ属/Maytenus, ハンニチバナ科/Cistaceae, バラ科/Rosaceae, ピンゴケ科/Caliciaceae, フタゴイボゴケ属, ブナ科/Fagaceae, マカロネシア/Macaronesia, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, ヤマヒコノリ属/Evernia, ヤマモモ属/Myrica, ヤマモモ科/Myricaceae, リンゴ属/Malus, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 痂状地衣/crustose lichen, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyFurther new or interesting lichens and lichenicolous fungi from Gran Canaria (Canary Islands, Spain)カナリア諸島のグラン・カナリア島から地衣類および地衣生菌類100分類群を報告した。これら全てがグラン・カナリア島新産種であり、19種がカナリア諸島新産種として報告された。本報告によりグラン・カナリア島における既知分類群数は534に増加した。Abrothallus chrysanthus■ / Arthonia atra■ / Arthonia cinnabarina■ / Arthonia molendoi■ / Arthonia muscigena■ / Arthonia punctella■ / Arthonia radiata■ / Asteroglobulus giselae■ / Bacidia canariensis■ / Bacidia scopulicola■ / Bacidia viridifarinosa■ / Buellia abstracta■ / Buellia caloplacivora■ / Buellia erubescens■ / Calicium glaucellum■ / Caloplaca cerinelloides■ / Caloplaca flavescens■ / Capronia triseptata■ / Cladonia coniocraea■ / Cladonia hammeri■ / Cladonia polydactyla■ / Cladonia ramulosa■ / Coenogonium pineti■ / Collema polycarpon■ / Cystobasidium usneicola■ / Diplotomma alboatrum■ / Dirina massiliensis■ / Endococcus rugulosus■ / Hypocenomyce anthracophila■ / Hypotrachyna rockii■ / Illosporiopsis christiansenii■ / Intralichen christiansenii■ / Lecania cyrtella■ / Lecania spadicea■ / Lecania turicensis■ / Lecanora chlarotera■ / Lecanora dispersa■ / Lecanora expallens■ / Lecanora muralis■ / Lecanora persimilis■ / Lecanora rubicunda■ / Lecanora sulphurea■ / Lecidea fuscoatra■ / Leptogium tenuissimum■ / Leptosphaeria ramalinae■ / Lichenoconium erodens■ / Lichenoconium usneae■ / Lobothallia radiosa■ / Marchandiobasidium aurantiacum■ / Massalongia carnosa■ / Moelleropsis nebulosa■ / Opegrapha endoleuca■ / Opegrapha varia■ / Opegrapha vulgata■ / Paralecanographa grumulosa■ / Parmelinopsis minarum■ / Parmotrema arnoldii■ / Peccania coralloides■ / Peltigera extenuata■ / Peltigera neckeri■ / Peltigera ponojensis■ / Peltigera praetextata■ / Peltula bolanderi■ / Pertusaria pupillaris■ / Phacopsis fusca■ / Phacothecium varium■ / Phaeophyscia hispidula■ / Phaeosporobolus usneae■ / Phlyctis agelaea■ / Phoma cladoniicola■ / Phoma epiphyscia■ / Physcia caesia■ / Physconia distorta■ / Placynthiella dasaea■ / Porina coralloidea■ / Pyrenidium actinellum■ / Ramalina lacera■ / Ramalina maderensis■ / Rinodina aspersa■ / Skyttea lecanorae■ / Spirographa fusisporella■ / Syzygospora physciacearum■ / Thelopsis isiaca■ / Trapelia coarctata■ / Tremella parmeliarum■ / Trichonectria rubefaciens■ / Usnea cornuta■ / Usnea dasopoga■ / Usnea esperantiana■ / Usnea flammea■ / Usnea flavocardia■ / Usnea praetervisa■ / Usnea rubicunda■ / Usnea subfloridana■ / Usnea subscabrosa■ / Usnea substerilis■ / Usnea wasmuthii■ / Xanthoriicola physciae■ / Zwackhiomyces physciicola■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Coenogoniaceae/セノゴニウム科_Peltigerales/ツメゴケ目_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Cystobasidiomycetes/フクロタンシキン綱_Cystobasidiales/シストバシディウム目_Cystobasidiaceae/シストバシディウム科_Roccellaceae/ロクセラ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Ophioparmaceae/イワザクロゴケ科_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Massalongiaceae/マッサロンギア科_Pannariaceae/ハナビラゴケ科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Peltulaceae/ペルトゥラ科_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Phlyctidaceae/フリクティス科_Trapeliaceae/トラペリア科_Dacampiaceae/ダカンピア科_Odontotremataceae/オドントトレマ科_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Syzygosporaceae/シジゴスポラ科_Stictidaceae/スティクティス科_Tremellaceae/シロキクラゲ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Collemopsidiales/コレモプシディウム目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科
R3-05196パキスタン、マラカンド産の新種、Parasola malakandensis2017Mycoscience2017年の論文/published in 2017, Mycoscience, TreeBASE, アカシア属/Acacia, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, ハンガリー/Hungary, パキスタン/Pakistan, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), マサチューセッツ州/Massachusetts, マメ科/Fabaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新種記載/new species, 米国/USA, 腐植土/humus, 草地/grasslandParasola malakandensis sp. nov. (Psathyrellaceae; Basidiomycota) from Malakand, Pakistanパキスタン北部の低地で採集された菌を検討し、形態形質および分子データを基にParasola malakandensisとして新種記載した。本種は担子胞子の発芽孔および傘表皮のスクレロシスチジアの特徴からAuricomi節に含まれた。2種の同じAuricomi節の近縁種について、本種との形質比較表を掲載した。Parasola malakandensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-05195南太平洋、クック諸島における地衣類の新種および新産種2018Australasian Lichenology2018年の論文/published in 2018, Allocasuarina属, Australasian Lichenology, Cecropia属, Fitchia属, Inocarpus属, Weinmannia属, アオイ科/Malvaceae, イラクサ科/Urticaceae, キク科/Asteraceae, クック諸島/Cook Islands, クック諸島新産種/Cook Islands_new record, クノニア科/Cunoniaceae, ココヤシ属/Cocos, サトイモ科/Araceae, フヨウ属/Hibiscus, マメ科/Fabaceae, モクマオウ科/Casuarinaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 珪質土/siliceous soil, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉上生地衣/foliicolous lichen, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenNew species and records of lichens from the Cook Islands, South Pacific Oceanクック諸島、ラロトンガ島において地衣類の調査を実施し、Lecanographa solicolaおよび異Pseudocyphellaria louwhoffiaeの2新種を記載した。また、クック諸島新産種として28分類群を報告した。113分類群からなるクック諸島産地衣類目録の改訂版を掲載した。Calopadia vermiculifera■ / Chrysothrix candelaris■ / Coenogonium lutescens■ / Coenogonium queenslandicum■ / Diorygma pruinosum■ / Dirinaria aegialita■ / Dirinaria applanata■ / Graphis furcata■ / Heterodermia isidiophorella■ / Heterodermia japonica■ / Heterodermia obscurata■ / Heterodermia propagulifera■ / Lecanographa solicola★ / Lecanora tropica■ / Megalospora sulphurata■ / Physcia dactylifera■ / Physcia erumpens■ / Physcia integrata■ / Physcia undulata■ / Pseudocyphellaria argyracea■ / Pseudocyphellaria louwhoffiae★ / Pyxine cocoes■ / Pyxine fallax■ / Pyxine farinosa■ / Pyxine retirugella■ / Sporopodium phyllocharis■ / Thelotrema diplotrema■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Chrysothricaceae/コガネゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Coenogoniaceae/セノゴニウム科_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Lecanographaceae/レカノグラファ科_Teloschistales/テロシステス目_Megalosporaceae/メガロスポラ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Lobariaceae/カブトゴケ科
R3-05194ポーランド新産の稀な被果地衣、Atla wheldonii2016Herzogia2016年の論文/published in 2016, Herzogia, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenAtla wheldonii, a rare pyrenocarpous lichen species new to Polandズデーテン山地から痂状地衣の稀産種、Atla wheldoniiを報告した。本種はポーランド新産種として報告された。本種は石灰岩地帯において石灰質土壌に発生していた。Atla wheldonii■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-05193複数遺伝子座のDNA配列に基づくPlectosphaerella属の系統解析、および新種P. sinensisの記載2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, TreeBASE, ウリ科/Cucurbitaceae, エンドファイト/endophyte, カボチャ属/Cucurbita, キュウリ属/Cucumis, スイカ属/Citrullus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 河北省/Hebei, 河南省/Henan, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 表面殺菌法/surface sterilization methodPhylogenetic analysis of Plectosphaerella species based on multi-locus DNA sequences and description of P. sinensis sp. nov中国において複数のウリ科植物から分離されたエンドファイトを検討した。そのうち河北省および河南省においてスイカ、メロン、およびニホンカボチャから分離された種をP. sinensisとして新種記載した。本種は厚壁胞子が不規則形であること、フィアライドおよび分生子のサイズなどで同属他種と区別された。Plectosphaerella sinensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Plectosphaerellaceae/プレクトスフェレラ科
R3-05192トルコ、ハタイ県における新産種:Craterium dictyosporum2018Acta Biologica Turcica2018年の論文/published in 2018, Acta Biologica Turcica, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハタイ県/Hatay, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 変形菌類/slime mold, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 湿室法/moist chamber method, 稀産種/rare species, 走査型電子顕微鏡/SEMCraterium dictyosporum: A new record of Myxomycetes from Hatay, Turkeyトルコ、ハタイ県で採集された変形菌の一種を検討し、Craterium dictyosporumをトルコ新産種として報告した。本種はPinus brutiaの落枝、枯死材などに発生した。光学顕微鏡および走査型電子顕微鏡で観察を行った。Craterium dictyosporum■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Physarales/モジホコリ目_Physaraceae/モジホコリ科
R3-05191オーストラリア、クイーンズランド州極北地域に産した淡水生不完全糸状菌の新種、Arachnophora longa2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, シンアナモルフ/synanamorph, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity surveyArachnophora longa sp. nov., a freshwater hyphomycete from far north Queensland, Australiaオーストラリア、クイーンズランドでにおいて河川に沈んだ材に生じた菌を検討し、Arachnophora longaとして新種記載した。本種は大分生子に長い腕を有することなどで特徴づけられた。本種はシンアナモルフを有する点、大分生子の腕の数や長さなどで同属他種と区別された。Arachnophora longa★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05190アルゼンチンにおいてヒメハキリアリ属の巣に関係するTrichoderma属菌、およびTrichoderma lentiformeの新産種報告2017Darwiniana nueva serie2017年の論文/published in 2017, Darwiniana nueva serie, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アリの巣/ant nest, アリ科/Formicidae, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, コリエンテス州/Corrientes, サルタ州/Salta, サンタフェ州/Santa Fe, トゥクマン州/Tucuman, ヒメハキリアリ属, ブエノスアイレス州/Buenos Aires, ラ・パンパ州, 共進化/coevolution, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 昆虫の巣/insect nest, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 菌園/fungus gardenTrichoderma species associated with Acromyrmex ant nests from Argentina and first report of Trichoderma lentiforme for the countryアルゼンチンにおいてヒメハキリアリ属の巣から5種のTrichoderma属菌を分離した。そのうちT. inhamatumおよびT. lentiformeをヒメハキリアリ属の巣から初めて報告した。また、T. lentiformeをアルゼンチン新産種として報告した。Trichoderma inhamatum / Trichoderma koningiopsis / Trichoderma lentiforme■ / Trichoderma virensAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-05189Terrei節の臨床関連の新種、Aspergillus alabamensis2009Eukaryotic Cell2009年の論文/published in 2009, Eukaryotic Cell, MIC, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アラバマ州/Alabama, アルゼンチン/Argentina, シトリニン類/citrinins, フロリダ州/Florida, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 医真菌学/medical mycology, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水試料/water sample, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痰検体/sputum specimen, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 臨床検体/clinical specimens, 隠蔽種/cryptic speciesAspergillus alabamensis, a New Clinically Relevant Species in the Section Terrei複数遺伝子の分子系統解析によりコウジカビ属Terrei節に隠蔽種を見出し、Aspergillus alabamensisとして新種記載した。本種は米国アラバマ州の病院で分離された菌株に多く認められたほか、フロリダ州やアルゼンチンの土壌からも分離された。本種は二次代謝産物としてシトリニンを産生し、in vitroにおいてアムホテリシンBに低い感受性を示した。Aspergillus alabamensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05188ノルウェーの高山帯に産したクヌギタケ属2新種2007Mycological Progress2007年の論文/published in 2007, Mycological Progress, テレマルク県/Telemark, ノルウェー/Norway, フィンマルク県/Finnmark, ホルダラン県/Hordaland, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 沈泥/silt, 高山帯/alpine regionTwo new species of Mycena from alpine sites in Norwayノルウェーの高山帯で採集された2種の菌を検討し、Mycena aphanes、M. exilisとして新種記載した。前者はFilipedes節に含まれ、傘および柄が黄色または帯黄褐色であることなどで特徴づけられた。後者はPolyadelphia節に含まれ、ヤナギ属の葉に生じ、傘が淡褐色、襞が直生し、担子器が4胞子性、菌糸にクランプを有することなどで特徴づけられた。Mycena aphanes★ / Mycena exilis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-05187原記載以来初のAspergillus porphyreostipitatusおよびAspergillus carlsbadensisの記録2018Czech Mycology2018年の論文/published in 2018, Czech Mycology, アシュート県/Asyut, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アフリカ新産種/Africa_new record, ウレアーゼ試験/urease test, エジプト/Egypt, エジプト新産種/Egypt_new record, ヒューレ細胞/Hülle cell, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, 再発見/rediscovery, 分子同定/molecular identification, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 稀産種/rare species, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 酸産生/acid productionFirst records of Aspergillus porphyreostipitatus and Aspergillus carlsbadensis since their original descriptionsエジプト、アシュート地域のオレンジ園、ブドウ園において葉圏や土壌などから分離された菌を検討し、Aspergillus porphyreostipitatusおよびA. carlsbadensisと同定した。これら2種はそれぞれメキシコ、米国・ガラパゴス諸島・チュニジアにおける原記載以来初の報告となった。両種がウレアーゼを産生すること、G25N培地25°Cで生育不能であることなど、原記載で言及されていない形質を報告した。Aspergillus carlsbadensis■ / Aspergillus porphyreostipitatus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05186木材腐朽菌Hexagonia tenuisの新宿主記録2018Plant Pathology & Quarantine2018年の論文/published in 2018, Plant Pathology & Quarantine, インド/India, オキシダーゼ/oxidase, キョウチクトウ属/Nelium, キョウチクトウ科/Apocynaceae, バーベンダム反応/Bavendamm test, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 西ベンガル州/West Bengal, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityRecord of a new host of the wood-rotting fungus Hexagonia tenuisインド、西ベンガル州においてNerium odorumの生木に発生したHexagonia tenuisを報告した。N. odorumはH. tenuisの新規宿主として報告された。本種は白色腐朽菌であり、培養下でオキシダーゼ反応陽性を示した。Hexagonia tenuisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05185インド熱帯域産のT. furfuracea複合種の新種、Tubaria keralensis2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, モクマオウ属/Casuarina, モクマオウ科/Casuarinaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 熱帯域/tropics, 胞子紋/spore print, 複合種/species complexTubaria keralensis, a new species of T. furfuracea complex from tropical Indiaインド、ケララ州で採集された菌を検討し、Tubaria keralensisとして新種記載した。本種の子実体は褐色小型のモリノカレバタケ型で、脈間襞を豊富に有し、柄に白色の菌糸体を伴い、担子胞子が卵状~広楕円形であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でT. furfuracea複合種に位置づけられた。Tubaria keralensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05184Hydropus mediterraneusに対する新属、Laccariopsis属2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, イネ科/Poaceae, オオハマガヤ属/Ammophila, タイプスタディ/type study, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 砂丘/dune, 砂地/sand, 胞子紋/spore printLaccariopsis, a new genus for Hydropus mediterraneus (Basidiomycota, Agaricales)地中海沿岸の砂浜に産する種、Hydropus mediterraneusに対して新属Laccariopsis属を提唱した。本属は子実体がキツネタケ型で傘および柄の上部に粘性を有し、長い偽根が植物の根に繋がり、子実層シスチジア、柄シスチジア、傘シスチジアを有することなどで特徴づけられた。分子系統解析の結果、本属はGloiocephala属およびRhizomarasmius属に近縁であった。Laccariopsis mediterranea▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科
R3-051832つのよく似た亜熱帯性新世界産ハラタケ類:Xerula hispidaおよびXerula setulosa(新組み合わせ)2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, コロンビア/Columbia, コロンビア新産種/Colombia_new record, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ナリーニョ県, ベネズエラ/Venezuela, ベネズエラ新産種/Venezuela_new record, 亜熱帯域/subtropics, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 優先権/priority, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的変遷/taxonomic changes, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 生物地理学/biogeographyXerula hispida and Xerula setulosa (comb. nov.), two similar subtropical New World agaricsカリブ海産のGymnopus setulosusを検討し、本種をXerula属に移した。また、従来コスタリカから知られていたXerula hispidaを検討し、本種を南米北部から初めて報告した。両種は互いに類似し、後者が前者の2胞子性アナログとみられた。Xerula hispida■ / Xerula setulosa▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科
R3-05182イタリア産の付属糸を有する分生子果不完全菌の新属新種Pseudotruncatella arezzoensis、およびMonochaetinula属について2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, エニシダ属/Cytisus, キク科/Asteraceae, シノニム/synonym, トスカーナ州/Tuscany, マメ科/Fabaceae, ムギワラギク属/Helichrysum, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeAn appendage-bearing coelomycete Pseudotruncatella arezzoensis gen. and sp. nov. (Amphisphaeriales genera incertae sedis) from Italy, with notes on Monochaetinulaイタリアにおいてエニシダ属およびムギワラギク属植物の枯枝から分離された菌を検討し、新属新種Pseudotruncatella arezzoensisとして記載した。本新属は分生子形成様式が全出芽型でアネライドを有し、分生子が紡錘形~棍棒形で3隔壁および3本の頂部付属糸を有することなどで特徴づけられた。また、Neotruncatella endophyticaをMonochaetinula terminaliaeのシノニムとした(それに伴いNeotruncatella属がMonochaetinula属のシノニムとなった)。Pseudotruncatella arezzoensis★
R3-05181ギリシャ産の地下生菌の新種、Barssia hellenica2015Ascomycete.org2015年の論文/published in 2015, Ascomycete.org, ギリシャ/Greece, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ペロポネソス地方/Pelopónnisos, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 新種記載/new species, 菌根菌/mycorrhizal fungiBarssia hellenica sp. nov. (Ascomycota, Pezizales), a new hypogeous species from GreeceギリシャにおいてAbies cephalonicaの樹下に発生した地下生菌の一種を検討し、Barssia hellenicaとして新種記載した。本種は子嚢が不規則な棍棒形または広楕円形、子嚢胞子が卵状であることなどで特徴づけられた。Barssia属の検索表を掲載した。Barssia hellenica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科
R3-05180Neoaquastroma属2新種およびそれらのphoma類似無性世代2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, クラビー県/Krabi, サガリバナ属/Barringtonia, サガリバナ科/Lecythidaceae, タイ/Thailand, ハカマカズラ属/Bauhinia, プレー県, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 腐生菌/saprobeTwo novel species of Neoaquastroma (Parabambusicolaceae, Pleosporales) with their phoma-like asexual morphsタイからNeoaquastroma bauhiniaeおよびN. krabienseの2新種を記載した。前者はプレー県においてハカマカズラ属植物、後者はクラビー県においてサガリバナ属植物の枝にそれぞれ発生した。両新種は互いに類似していたが、子嚢果、子嚢、子嚢胞子などのサイズが異なっていた。Neoaquastroma bauhiniae★ / Neoaquastroma krabiense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-05179タイ産の特筆すべき地衣の新種、Architrypethelium murisporum:系統関係の指標としての子嚢胞子の隔壁2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, ウボンラーチャターニー県/Ubon Ratchathani, タイ/Thailand, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenArchitrypethelium murisporum (Ascomycota, Trypetheliaceae), a remarkable new lichen species from Thailand challenging ascospore septation as an indicator of phylogenetic relationshipsタイの常緑樹林で採集された痂状地衣の一種を検討し、Architrypethelium murisporumとして新種記載した。本種は地衣体が黄緑色~緑色、被子器が黒色の偽子座をなし、子嚢胞子が小型無色石垣状であることなどで特徴づけられた。本新種は東南アジア初のArchitrypethelium属菌であり、子嚢胞子が石垣状である点で全ての同属他種と異なっていた。Architrypethelium murisporum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Trypetheliales/トリペテリウム目
R3-05178トルコ産のBarssia属1新種2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Turkish Journal of Botany, オスマニエ県/Osmaniye, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トルコ/Turkey, ヒマラヤスギ属/Cedrus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungiA new species of Barssia (Ascomycota, Helvellaceae) from Turkeyトルコで採集された地下生菌の一種を検討し、形態形質および分子系統解析の結果を基にBarssia guneriiとして新種記載した。本種はCedrus libaniの樹下に生じ、子嚢胞子が類球形~卵状であることなどで特徴づけられた。本新種を含むBarssia属菌の検索表を掲載した。Barssia gunerii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科
R3-05177ディアポルテ目の新科、ディアポルトスポレラ科2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, ハナズオウ属/Cercis, マメ科/Fabaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江蘇省/Jiangsu, 潰瘍病/canker, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt)Diaporthosporellaceae, a novel family of Diaporthales (Sordariomycetes, Ascomycota)中国江蘇省においてハナズオウの罹病枝に発生した菌を検討し、新属新種Diaporthosporella cercidicolaとして記載した。ホロモルフの形態形質および分子系統解析の結果に基づき、本種に対して新科、ディアポルトスポレラ科を提唱した。本科は子嚢胞子がソーセージ形または類腎臓形、分生子柄が側頂生で分枝するかシンポジオ状、楕円形無隔壁であることなどで特徴づけられた。Diaporthosporella cercidicola★
R3-05176イラク新産種、Penicillium vanoranjei2017Journal of Biotechnology Research Center2017年の論文/published in 2017, Journal of Biotechnology Research Center, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, サラーフッディーン県, ヒト病原菌/human pathogen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 水溶性色素/water-soluble pigment, 爪真菌症/onychomycosis, 病原真菌/pathogenic fungi, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 稀産種/rare species, 色素産生/pigment production, 菌核/sclerotiumNew Record of Penicillium vanoranjei in Iraqイラクにおいて爪真菌症の45歳女性患者から分離された菌をPenicillium vanoranjeiと同定した。本種をイラク新産種として報告した。本種は培養下で橙色色素を産生し、胞子形成は無しまたは乏しかった一方、明るい橙色の菌核を豊富に形成した。Penicillium vanoranjei■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-05175トルコ産のさび菌の新種、Pileolaria azerii2016Sydowia2016年の論文/published in 2016, Sydowia, さび菌/rust fungi, ウルシ科/Anacardiaceae, トルコ/Turkey, ヌルデ属/Rhus, ブルサ県/Bursa, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 走査型電子顕微鏡/SEMPileolaria azerii (Uredinales), a new rust species from Turkeyトルコ、ブルサ県においてRhus coriariaの葉に生じたさび菌の一種を検討し、Pileolaria azeriiとして新種記載した。本種は夏胞子が小型であり、冬胞子が皺状で長い柄を有することなどで特徴づけられた。同属のヌルデ属植物を宿主とする菌との形質比較表および検索表を掲載した。Pileolaria azerii★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pileolariaceae/ピレオラリア科
R3-05174アルバニアン・アルプス(コソボ、モンテネグロ)産の地衣類および地衣生菌類2015Herzogia2015年の論文/published in 2015, Aspilidea属, Bellemerea属, Bilimbia属, Bryobilimbia属, Herzogia, Letharia属, Megaspora属, Melanohalea属, Pseudevernia属, Romjularia属, Sporastatia属, アオシモゴケ科/Icmadophilaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イワタケ属/Umbilicaria, イワタケ科/Umbilicariaceae, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, カブトゴケ属/Lobaria, カブトゴケ科/Lobariaceae, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, キゴケ科/Stereocaulaceae, クボミゴケ属/Aspicilia, クボミゴケ科/Aspiciliaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コソボ, コソボ新産種, ゴイシゴケ属/Lecidea, ゴイシゴケ科/Lecideaceae, スジコゴケ属/Polysporina, スポロスタティア科, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チズゴケ属/Rhizocarpon, チズゴケ科/Rhizocarpaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ツメゴケ科/Peltigeraceae, トウヒ属/Picea, ナヨナヨサガリゴケ属, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ハナビラゴケ科/Pannariaceae, ハンノキ属/Alnus, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒメハナビラゴケ属, ヒースランド/heathland, ビャクシン属/Juniperus, フクロゴケ属/Hypogymnia, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ヘリトリゴケ属/Porpidia, ヘリトリゴケ科/Lecideaceae, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, ホソピンゴケ属/Chaenotheca, ホソピンゴケ科/Coniocybaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ムシゴケ属/Thamnolia, メガスポラ科/Megasporaceae, モミ属/Abies, モンテネグロ/Montenegro, モンテネグロ新産種/Montenegro_new record, ヤイトゴケ属/Solorina, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, レプラゴケ属/Lepraria, ロウソクゴケモドキ属/Candelariella, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜高山帯/subalpine zone, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 膠質菌/jelly fungi, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 降水量/precipitation, 高山帯/alpine regionLichenized and lichenicolous fungi from the Albanian Alps (Kosovo, Montenegro)アルバニアン・アルプス(プロクレティエ山地)から地衣類396分類群および地衣生菌45種を報告した。そのうち地衣類25分類群をバルカン半島から初めて報告した。モンテネグロ新産分類群は地衣類92/地衣生菌類26、コソボ新産分類群は地衣類165/地衣生菌類24であった。Acarospora bullata■ / Acarospora cervina■ / Alectoria nigricans■ / Arthonia caerulescens■ / Arthonia epiphyscia■ / Arthonia excentrica■ / Arthonia galactinaria■ / Arthonia protoparmeliopseos■ / Arthonia varians■ / Arthrorhaphis citrinella■ / Aspicilia candida■ / Aspicilia grisea■ / Aspicilia simoensis■ / Aspilidea myrinii■ / Athelia arachnoidea■ / Bacidia bagliettoana■ / Bacidia herbarum■ / Bacidia subincompta■ / Baeomyces rufus■ / Bellemerea alpina■ / Biatora beckhausii■ / Bilimbia accedens■ / Bilimbia lobulata■ / Brodoa intestiniformis■ / Bryonora castanea■ / Bryoria nadvornikiana■ / Buellia aethalea■ / Buellia elegans■ / Buellia erubescens■ / Buellia uberior■ / Caloplaca albopruinosa■ / Caloplaca alociza■ / Caloplaca ammiospila■ / Caloplaca australis■ / Caloplaca coccinea■ / Caloplaca erodens■ / Caloplaca herbidella■ / Caloplaca macrocarpa■ / Caloplaca nubigena■ / Caloplaca percrocata■ / Caloplaca saxifragarum■ / Caloplaca sinapisperma■ / Caloplaca stillicidiorum■ / Caloplaca tiroliensis■ / Calvitimela armeniaca■ / Candelariella reflexa■ / Carbonea atronivea■ / Carbonea intrudens■ / Carbonea vitellinaria■ / Catapyrenium daedaleum■ / Cecidonia umbonella■ / Cercidospora cecidiiformans■ / Cercidospora verrucosaria■ / Cetraria ericetorum■ / Chaenothecopsis consociata■ / Cladonia arbuscula■ / Cladonia bacilliformis■ / Cladonia borealis■ / Cladonia coccifera■ / Cladonia deformis■ / Cladonia macilenta■ / Cladonia macroceras■ / Cladonia macrophyllodes■ / Cladonia phyllophora■ / Cladonia pleurota■ / Cladonia pocillum■ / Cladonia stygia■ / Cladonia sulphurina■ / Cladonia symphycarpa■ / Cladonia uncialis■ / Clauzadea metzleri■ / Collema polycarpon■ / Cornicularia normoerica■ / Cyphelium pinicola■ / Dacampia hookeri■ / Dactylospora urceolata■ / Dermatocarpon intestiniforme■ / Diplotomma hedinii■ / Diplotomma lutosum■ / Diplotomma nivale■ / Diplotomma venustum■ / Endococcus macrosporus■ / Endococcus verrucosus■ / Farnoldia jurana■ / Farnoldia micropsis■ / Frutidella pullata■ / Fulgensia bracteata■ / Fuscopannaria praetermissa■ / Gyalecta foveolaris■ / Hymenelia ceracea■ / Hypocenomyce scalaris■ / Intralichen christiansenii■ / Lambiella furvella■ / Lambiella insularis■ / Lecania fuscella■ / Lecania inundata■ / Lecania suavis■ / Lecanora admontensis■ / Lecanora agardhiana■ / Lecanora anopta■ / Lecanora argentata■ / Lecanora bicincta■ / Lecanora cadubriae■ / Lecanora cenisia■ / Lecanora circumborealis■ / Lecanora gangaleoides■ / Lecanora hagenii■ / Lecanora marginata■ / Lecanora mughicola■ / Lecanora perpruinosa■ / Lecanora praesistens■ / Lecanora reuteri■ / Lecanora rupicola■ / Lecanora saligna■ / Lecanora semipallida■ / Lecanora swartzii■ / Lecidea atrobrunnea■ / Lecidea auriculata■ / Lecidea berengeriana■ / Lecidea confluens■ / Lecidea promiscens■ / Lecidea silacea■ / Lecidea umbonata■ / Lecidella carpathica■ / Lecidella euphorea■ / Lecidella patavina■ / Lecidella stigmatea■ / Lecidella wulfenii■ / Lecidoma demissum■ / Lepraria alpina■ / Lepraria borealis■ / Lepraria caesioalba■ / Lepraria eburnea■ / Lepraria humida■ / Lepraria jackii■ / Lepraria vouauxii■ / Leptogium imbricatum■ / Leptogium intermedium■ / Leptogium pulvinatum■ / Leucocarpia biatorella■ / Lichenoconium lecanorae■ / Lichenosticta alcicornaria■ / Lichenostigma maureri■ / Megaspora verrucosa■ / Melanelia stygia■ / Micarea lignaria■ / Miriquidica intrudens■ / Muellerella erratica■ / Muellerella pygmaea■ / Nigropuncta rugulosa■ / Ochrolechia alboflavescens■ / Ochrolechia androgyna■ / Ochrolechia szatalaensis■ / Ochrolechia upsaliensis■ / Opegrapha dolomitica■ / Ophioparma ventosa■ / Parmelinopsis horrescens■ / Parmeliopsis hyperopta■ / Peltigera leucophlebia■ / Peltigera malacea■ / Pertusaria pupillaris■ / Phacographa glaucomaria■ / Phacopsis lethariellae■ / Phacopsis vulpina■ / Phaeorrhiza nimbosa■ / Phaeosporobolus usneae■ / Physcia albinea■ / Physcia dubia■ / Physcia subalbinea■ / Physconia muscigena■ / Placidium squamulosum■ / Placynthiella oligotropha■ / Placynthiella uliginosa■ / Polycoccum sporastatiae■ / Porpidia cinereoatra■ / Porpidia crustulata■ / Porpidia tuberculosa■ / Protoparmelia cupreobadia■ / Pseudephebe pubescens■ / Psorinia conglomerata■ / Pycnora praestabilis■ / Pycnora sorophora■ / Pycnora xanthococca■ / Ramboldia insidiosa■ / Rhagadostoma lichenicola■ / Rhizocarpon alpicola■ / Rhizocarpon carpaticum■ / Rhizocarpon ferax■ / Rhizocarpon furax■ / Rhizocarpon lavatum■ / Rhizocarpon reductum■ / Rinodina dubyana■ / Rinodina freyi■ / Rinodina mniaraea■ / Rinodina parasitica■ / Rinodina roscida■ / Sagediopsis fissurisedens■ / Schaereria fuscocinerea■ / Scoliciosporum umbrinum■ / Solorina crocea■ / Sphaerellothecium cladoniae■ / Sphaerellothecium propinquellum■ / Sporastatia polyspora■ / Sporastatia testudinea■ / Staurothele areolata■ / Stereocaulon alpinum■ / Stigmidium congestum■ / Stigmidium gyrophorarum■ / Stigmidium mycobilimbiae■ / Stigmidium pumilum■ / Tetramelas chloroleucus■ / Tetramelas insignis■ / Thamnogalla crombiei■ / Thamnolia vermicularis■ / Thelidium auruntii■ / Thelomma ocellatum■ / Toninia cinereovirens■ / Toninia squalida■ / Toninia taurica■ / Trapeliopsis flexuosa■ / Trapeliopsis granulosa■ / Tremella hypogymniae■ / Tremolecia atrata■ / Umbilicaria cylindrica■ / Umbilicaria decussata■ / Umbilicaria hirsuta■ / Umbilicaria nylanderiana■ / Umbilicaria polyphylla■ / Usnea lapponica■ / Verrucaria dufourii■ / Verrucaria fischeri■ / Verrucaria funckii■ / Verrucaria hydrophila■ / Verrucaria poeltii■ / Verrucaria schindleri■ / Verrucaria selecta■ / Vouauxiella lichenicola■ / Vulpicida pinastri■ / Weddellomyces epicallopisma■ / Xanthoria fulva■ / Xanthoria sorediata■ / Xylographa parallela■ / Xylopsora caradocensis■ / Zwackhiomyces sphinctrinaeformis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Arthrorhaphidaceae/レモンイボゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Baeomycetales/センニンゴケ目_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Tephromelataceae/テフロメラ科_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科_Pannariaceae/ハナビラゴケ科_Ostropales/オストロパ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科_Hymeneliales/ハイメネリア目_Hymeneliaceae/ハイメネリア科_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Ophioparmaceae/イワザクロゴケ科_Xylographaceae/ザイログラファ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Lichenotheliaceae/リチェノテリア科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Ochrolechiaceae/ニクイボゴケ科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Trapeliaceae/トラペリア科_Pycnoraceae/ピクノラ科_Ramboldiaceae/ランブルディア科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Nitschkiaceae/ニチュキア科_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Adelococcaceae/アデロコッカス科_Schaereriaceae/シェレリア科_Scoliciosporaceae/スコリシオスポリウム科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Sporastatiaceae/スポラスタティア科_Icmadophilaceae/アオシモゴケ科_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科_Umbilicariaceae/イワタケ科_Collemopsidiales/コレモプシディウム目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科
R3-05173中国武夷山産の新種、Dictyosporium wuyiense2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 福建省/Fujian, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobeDictyosporium wuyiense sp. Nov. from Wuyi Mountain China中国福建省武夷山においてタイの枯枝に発生したアナモルフ菌の一種を検討し、Dictyosporium wuyienseとして新種記載した。本種は分生子に2型を有し、それらはほとんどの場合5列の細胞からなり、頂部の無色の付属物に変異があることなどで特徴づけられた。本種と同属他種の形質比較表を掲載した。Dictyosporium wuyiense★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dictyosporiaceae/ディクティオスポリウム科
R3-05172Araucaria angustifoliaに生じた新種、Cryptocoryneum parvulum2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ナンヨウスギ属/Araucaria, ナンヨウスギ科/Araucariaceae, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, リター菌/litter fungi, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification keyCryptocoryneum parvulum, a new species on Araucaria angustifolia (Brazilian pine)ブラジルの森林においてAraucaria angustifoliaの葉に生じた菌を検討し、Cryptocoryneum parvulumとして新種記載した。本種は分生子柄が膨らんだ棍棒形で、分生子が掌状であることなどで特徴づけられた。他に2種の本属菌をブラジル新産種として報告し、ブラジル産本属菌の検索表を掲載した。Cryptocoryneum condensatum■ / Cryptocoryneum parvulum★ / Cryptocoryneum rilstonei■Ascomycota/子嚢菌門
R3-05171中国におけるMelanotaenium属菌によるシロキクラゲのwhite mold病の初報告2018Plant Disease2018年の論文/published in 2018, Plant Disease, きのこ栽培/mushroom cultivation, きのこ栽培の害菌/harmful fungi in mushroom cultivation, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, シロキクラゲ属/Tremella, シロキクラゲ科/Tremellaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 射出胞子/ballistospore, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 福建省/Fujian, 菌寄生菌/mycoparasite, 走査型電子顕微鏡/SEMFirst Report of a Melanotaenium species Causing White Mold Disease of Tremella fuciformis in China中国福建省において栽培シロキクラゲに発生した白色のカビによる病害を検討した。子実体表面に初め不明瞭な白色の斑点が生じ、のちに白色の塊となって腐朽が生じた。菌寄生菌の形態形質はMelanotaenium endogenumに一致したが、分子系統解析で独自の系統を形成した。
R3-05170アジア産アンズタケ属Amethystini節菌類2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, インド/India, インド新産種/India_new record, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 忠清北道/Chungcheongbuk-do, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 韓国/South KoreaCantharellus sect. Amethystini in Asia韓国忠清北道で採集された菌を検討し、Cantharellus subvaginatusとして新種記載した。また、C. vaginatusをインド新産種として報告した。Amethystini節の種はかつては北米産1種のみとされていたが、本研究の結果からアジアに少なくとも4種存在することが示された。Cantharellus subvaginatus★ / Cantharellus vaginatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目
R3-05169韓国の朝鮮王朝王陵(東九陵、西五陵)および宗廟に産した大型菌類6新産種2018Journal of Species Research2018年の論文/published in 2018, Journal of Species Research, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, ソウル特別市/Seoul, ハンノキ属/Alnus, ブナ科/Fagaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, リター菌/litter fungi, 京畿道/Gyeonggi-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 誤同定/misidentification, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordSix unrecorded macrofungi from the Royal Tombs (Donggureung and Seooreung) of the Joseon Dynasty and Jongmyo Shrine, Koreaユネスコ世界遺産に認定された韓国の朝鮮王朝王陵(東九陵、西五陵)および宗廟において大型菌類の調査を実施した。Cruentomycena kedrovayaeなど6種を韓国新産種として報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを行い、分子系統解析を実施した。Cruentomycena kedrovayae■ / Dacrymyces aureosporus■ / Laetiporus versisporus■ / Parasola setulosa■ / Piptoporellus soloniensis■ / Pluteus longistriatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科_Dacrymycetes/アカキクラゲ綱_Dacrymycetales/アカキクラゲ目_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-05168中国産のタケおよびヨシを宿主とするArthrinium属菌2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Fargesia属, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ヨシ属/Phragmites, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 単菌糸分離/single hypha isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 山東省/Shandong, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江蘇省/Jiangsu, 発芽誘導/germination induction, 秦嶺山脈/Qinling Mountains, 胞子の発芽/germination of spores, 茎腐病/stem rot, 陝西省/ShaanxiArthrinium species associated with bamboo and reed plants in China中国においてタケおよびヨシに発生したArthrinium属菌を採集し、形態学的検討および分子系統解析を実施した。ヨシに生じたA. gaoyouenseおよびFargesia属タケに生じたA. qinlingenseの2新種を記載した。また、A. arundinisなど3種を形態形質を基に同定した。Arthrinium gaoyouense★ / Arthrinium qinlingense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Apiosporaceae/アピオスポラ科
R3-05167Tetrapyrgos属およびCampanella属の基準種を再記載およびエピタイプ指定した2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, アナラマンガ地域圏/Analamanga, アンタナナリボ州/Antananarivo, エピタイプ指定/epitype designation, サントメ・プリンシペ/São Tomé and Principe, タイプスタディ/type study, マダガスカル/Madagascar, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 材生息菌/lignicolous fungus, 標本の喪失/loss of specimen, 配列決定/sequencingThe type species of Tetrapyrgos and Campanella (Basidiomycota, Agaricales) are redescribed and epitypifiedTetrapyrgos属の基準種T. atrocyanea、Campanella属の基準種C. buettneriの2種を検討した。近年採集された標本(それぞれマダガスカル産、プリンシペ産)を基に記載文を掲載し、それらをエピタイプ標本に指定した。両種のタイプ標本のITS、nrLSUの塩基配列を決定し、BLAST検索などを行った。Campanella buettneri / Tetrapyrgos atrocyaneaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-05166アッサム州ナガオン地区におけるマンネンタケ属菌の多様性2018The Saudi Journal of Life Sciences2018年の論文/published in 2018, The Saudi Journal of Life Sciences, アッサム州/Assam, インド/India, 呈色反応/chemical reaction, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 薬用きのこ/medicinal mushroomsDiversity of Genus Ganoderma in Nagaon District, Assamインド、アッサム州ナガオン地区の10ヶ所においてマンネンタケ属菌の調査を実施し、7種を採集した。発生頻度が最も高かったのはGanoderma applanatum、最も低かったのはG. tsugaeであった。各種の担子器および担子胞子のサイズおよび形状、胞子紋の色、臭い、呈色反応などを表にまとめた。Ganoderma adspersum / Ganoderma applanatum / Ganoderma lucidum / Ganoderma resinaceum / Ganoderma testaceum / Ganoderma tsugaeBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-05165熱帯オーストラリア産の特筆すべきRimularia属1新種2008Austrobaileya2008年の論文/published in 2008, Austrobaileya, オーストラリア/Australia, サリチル酸類/salicylic acids, ジロホール酸/gyrophoric acid, ノーザンテリトリー/Northern Territory, レカノール酸/lecanoric acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 極限環境/extreme environment, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 降水量/precipitationA remarkable new species of Rimularia Nyl. (lichenized fungi: Trapeliaceae) from tropical Australiaオーストラリア、ノーザンテリトリーの乾燥ユーカリ林で採集された地衣の一種を検討し、Rimularia cerebriformisとして新種記載した。本種は低地の砂岩上の非常に過酷な環境に生じ、本属菌の多くが冷涼~寒冷な湿った環境に生じることからすると特異的であった。本種は地衣体が視認されず、曲がりくねった子器を有し、ジロホール酸を含むことなどで特徴づけられた。Rimularia cerebriformis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Trapeliaceae/トラペリア科
R3-05164オーストラリア産の印象的なセコティオイドのイグチ類、Gymnogaster boletoides2017Austrobaileya2017年の論文/published in 2017, Austrobaileya, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, シクエストレート菌/sequestrate fungus, セコティオイド菌類/secotioid fungus, タイプスタディ/type study, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 森林/forest, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 種の境界/species delimitation, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 隔離分布/disjunct distributionGymnogaster boletoides J.W. Cribb (Boletaceae, Boletales), a striking Australian secotioid boleteオーストラリア産のセコティオイド菌、Gymnogaster boletoidesの肉眼的・顕微鏡的形質を検討し、写真およびスケッチとともに現代的な記載文を掲載した。本種は硬葉樹林に生じ、子実体が小型で子実層托が完全に露出し、傘と柄が退化的、組織全体が青変し、担子胞子が扁桃形~レモン形平滑であることなどで特徴づけられた。本種のホロタイプ標本が退色し脆くなっていることから、種を代表する標本を新たに選定した。Gymnogaster boletoidesBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05163ドミニカ共和国産多孔菌類の多様性:新種Pseudowrightoporia dominicana2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, ドミニカ共和国/Dominican Republic, ラ・ベガ州/La Vega, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity surveyDiversity of polypores in the Dominican Republic: Pseudowrightoporia dominicana sp. nov. (Hericiaceae, Russulales)ドミニカ共和国で採集された多孔菌の一種を検討し、Pseudowrightoporia dominicanaとして新種記載した。本種は子実体が傘状で肉が明るい帯桃色、2-3菌糸型であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でP. gillesiiおよびP. japonicaと姉妹群を形成した。Pseudowrightoporia dominicana★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目
R3-05162アフリカ産イボタケ型菌類の研究 (1):Tomentella capitataおよびTomentella brunneocystidia、ベナン産の頭状シスチジアを有する2新種2007Mycological Progress2007年の論文/published in 2007, Mycological Progress, UNITE, コウヤクタケ類/corticioid fungi, トメンテロイド菌類/tomentelloid fungi, ベナン/Benin, ボルグー県/Borgou, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiStudies in African thelephoroid fungi: 1. Tomentella capitata and Tomentella brunneocystidia, two new species from Benin (West Africa) with capitate cystidiaベナンからTomentella capitataおよびT. brunneocystidiaの2新種を記載した。両種は非常に近縁で、子実体形成菌糸層の菌糸および担子胞子の形態が類似する一方、シスチジアの形態が異なっていた。両新種を含む、シスチジアを有するラシャタケ属菌の検索表を掲載した。Tomentella brunneocystidia★ / Tomentella capitata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科
R3-05161韓国産の未記載の接合菌2種の系統学的地位:Actinomucor elegansおよびMucor minutus2017Mycobiology2017年の論文/published in 2017, Mycobiology, 光州広域市/Gwangju, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 庭園/garden, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 種内変異/intraspecific variation, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordPhylogenetic Status of Two Undescribed Zygomycete Species from Korea: Actinomucor elegans and Mucor minutus韓国において淡水および土壌から分離した接合菌2種を検討し、それぞれActinomucor elegansおよびMucor minutusと同定した。これら2種を韓国新産種として報告した。両種のコロニー写真、顕微鏡写真、記載文などを掲載し、ITS領域に基づく分子系統解析を実施した。Actinomucor elegans■ / Mucor minutus■Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucorales/ケカビ目_Mucoraceae/ケカビ科
R3-05160プレオスポラ目の特異な2新種:Anteaglonium rubescensおよびAtrocalyx asturiensis2018Sydowia2018年の論文/published in 2018, Sydowia, アストゥリアス州/Asturias, イオニア諸島地方/Ionian Islands, ウルシ科/Anacardiaceae, エニシダ属/Cytisus, カイノキ属/Pistacia, カナリア諸島/Canary Islands, ギリシャ/Greece, クスノキ科/Lauraceae, クロウメモドキ属/Rhamnus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, ゲッケイジュ属/Laurus, スペイン/Spain, バスク自治州/Basque Country, フロリダ州/Florida, マカロネシア/Macaronesia, マメ科/Fabaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 山地/mountains, 帯線/zone line, 庭園/garden, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 色素産生/pigment productionTwo unusual new species of Pleosporales: Anteaglonium rubescens and Atrocalyx asturiensisAnteaglonium rubescensおよびAtrocalyx asturiensisの2新種を記載した。前者は2細胞の子嚢胞子が子嚢内部で分節し、天然基質中および培養下で桃色~赤橙色色素を産生することなどで特徴づけられた。後者は子嚢胞子が褐色で隔壁を有し、粘液質の鞘に包まれないことなどで特徴づけられた。Anteaglonium rubescens★ / Atrocalyx asturiensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Anteagloniaceae/アンテアグロニウム科
R3-05159中国泰山産の新種Buellia taishanensisおよびスミイボゴケ属地衣の新産種2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 山東省/Shandong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentificationBuellia taishanensis sp. nov. and new Buellia records from Mt. Tai, China中国山東省泰山から4種のスミイボゴケ属地衣を報告した。そのうち1種をB. taishanensisとして新種記載した。また、中国新産種としてB. chujanaおよびB. haloniaを報告した。Buellia badia■ / Buellia chujana■ / Buellia halonia■ / Buellia taishanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-05158韓国においてBrassica rapa subsp. pekinensisから分離された新種、Alternaria brassicifolii2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラナ属/Brassica, アブラナ科/Cruciferae, コッホの原則/Koch_s postulation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 大田広域市/Daejeon, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 韓国/South KoreaAlternaria brassicifolii sp. nov. Isolated from Brassica rapa subsp. pekinensis in Korea韓国大田広域市においてBrassica rapa subsp. pekinensisの葉の病斑から分離された菌を検討し、Alternaria brassicifoliiとして新種記載した。本種は形態的にはA. broccoli-italicaeに類似し、分子系統解析ではPseudoalternaria節の種に近縁であった。本種は分生子を単生するか時に2個を鎖生する点で、分枝する短い分生子鎖を有する同節他種と異なっていた。Alternaria brassicifolii★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05157オーストラリア産アセタケ属2種に対する代替学名2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, オーストラリア/Australia, 優先権/priority, 命名法/nomenclature, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新学名提唱/new scientific name, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 砂質土壌/sandy soil, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 非合法名/illegitimate nameReplacement names for two Australian species of Inocybe2017年に新種記載されたオーストラリア産アセタケ属2種の学名が非合法名(規約53.1条)であることを示した。Inocybe fibrillosipesに対してI. austrofibrillosipesの新学名を提唱した。I. mallocyboidesに対してI. fulvotomentosaの新学名を提唱した。Inocybe austrofibrillosipes◆ / Inocybe fulvotomentosa◆Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05156内モンゴル自治区産うどんこ病菌の分類学的記録2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Atraphaxis属, Mycotaxon, うどんこ病/powdery mildew, シソ科/Lamiaceae, シノニム/synonym, センダイハギ属, タデ科/Polygonaceae, マメ科/Fabaceae, ヤマハッカ属/Isodon, 中国/China, 付着器/appressorium, 優先権/priority, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種内変異/intraspecific variation, 葉面菌/leaf surface fungiTaxonomic notes on some powdery mildews from Inner Mongolia内モンゴル自治区に産した数種類のうどんこ病菌を検討した。新組み合わせErysiphe atraphaxis var. pluriappendicisを提唱し、本変種のアナモルフの詳細な記載文を掲載した。また、E. rabdosiaeをE. bunkinianaのシノニムとし、E. shiniiがE. thermopsidisと同一であることを示した。Erysiphe atraphaxis▲ / Erysiphe bunkiniana / Erysiphe thermopsidisAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05155チェコ産の明瞭な有色のオキナタケ属1新種2007Czech Mycology2007年の論文/published in 2007, Czech Mycology, ウッドチップ生息菌/wood chip inhabiting fungus, ズリーン州/Zlín, チェコ/Czech, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 子実体発生調査/survey of fruiting bodies, 撹乱地/disturbed place, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 配列決定/sequencingA new, conspicuously coloured Bolbitius species from the Czech Republicチェコにおいてヨーロッパブナのおが屑や材に生じた菌を検討し、Bolbitius psittacinusとして新種記載した。本種は子実体が大型で、傘の色が緑色、橙色、黄色など非常に変化に富み、表面が皺状であることなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは子実体の色のほか、担子胞子のサイズや縁シスチジアの形状などで区別された。Bolbitius psittacinus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科
R3-05154商用の水溶性ヘパリン溶液から分離された新種、Phialocephala urceolata2009Mycologia2009年の論文/published in 2009, DSE (dark septate endophyte), Mycologia, pH(水質)/pH (water), アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, コンタミ/contamination, ポリフェノールオキシダーゼ/polyphenol oxidase, ミズーリ州/Missouri, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 水試料/water sample, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 耐酸性菌/acid-tolerant fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityPhialocephala urceolata, sp. nov., from a commercial, water-soluble heparin solution米国ミズーリ州においてヘパリン溶液 (pH 2.5) の汚染菌として分離された菌を検討し、Phialocephala urceolataとして新種記載した。本種はフィアライドが骨壺形で分生子柄の軸に沿って疎らに分布し、培養下での生長が本属菌としては最も遅いことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でエンドファイトのPhialocephala属菌に近縁であることが示され、酵素活性や分離源などから天然では酸性環境の材に生息すると推測された。Phialocephala urceolata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Vibrisseaceae/ピンタケ科
R3-05153Caudospora属菌の分子系統およびイラン産1新種2018Sydowia2018年の論文/published in 2018, Sydowia, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, オーストリア/Austria, オーバーエスターライヒ州/Oberösterreich, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, ネオタイプ指定/neotype designation, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 標本入手不可/specimen not available, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 誤同定/misidentification, 走査型電子顕微鏡/SEMMolecular phylogeny and a new Iranian species of Caudospora (Sydowiellaceae, Diaporthales)イラン産Caudospora属菌を検討して2種を認め、そのうち1種をC. iranicaとして新種記載した。本種はコナラ属樹木の枯枝に偽子座を生じ、子嚢胞子表面が粗い疣状であることなどで特徴づけられた。また、属の基準種C. taleolaをイラン新産種として報告し、ネオタイプ標本を指定するとともに、本種の天然基質上での無性世代を初めて詳細に記録した。Caudospora iranica★ / Caudospora taleola■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-05152真菌性角膜炎を引き起こす新たな菌、Fusarium proliferatumの同定および特性2018Scientific Reports2018年の論文/published in 2018, Scientific Reports, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, ギムザ染色/Giemsa stain, ヒト病原菌/human pathogen, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分離頻度/isolation frequency, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 安徽省/Anhui, 寄生菌/parasite, 山西省/Shanxi, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗真菌薬耐性/antifungal drug resistance, 新疾患報告/new animal disease, 河北省/Hebei, 河南省/Henan, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 発生頻度/frequency of occurrence, 統計解析/statistical analysis, 臨床検体/clinical specimens, 角膜炎/keratitis, 配列決定/sequencingIdentification and Characterization of Fusarium proliferatum, a New Species of Fungi that Cause Fungal Keratitis従来トウモロコシやその他の穀物の病原菌として知られていたFusarium proliferatumを、角膜炎の病原菌として初めて報告した。中国において角膜炎患者から分離された菌株を検討し、同定は形態形質およびEF1-αの塩基配列を基に行った。抗真菌薬感受性試験の結果、本種はナタマイシンおよびボリコナゾールに感受性を示した一方、アムホテリシンBなどには耐性を有していた。Fusarium proliferatumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05151中国北東部産のベニタケ属2新種2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 温帯域/temperate zone, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒竜江省/HeilongjiangTwo new species of Russula from Northeast China中国黒竜江省からRussula heilongjiangensisおよびR. khinganensisの2新種を記載した。前者はMaculatinae亜節に含まれ、傘は明るい赤色、担子胞子はほとんどの場合孤立する短いとさか状であった。後者はPuellarinae亜節に含まれ、針広混交林に単生または散生し、傘は明るい赤色、傘シスチジアに隔壁を有することなどで特徴づけられた。Russula heilongjiangensis★ / Russula khinganensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05150トルコ固有種Liquidambar orientalisの遺存林におけるScutellinia legaliaeの初記録2018Czech Mycology2018年の論文/published in 2018, Czech Mycology, コケ上に生える菌/fungi on moss, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, フウ属/Liquidambar, フウ科/Altingiaceae, ブルドゥル県/Burdur, 固有種/endemic species, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐植土/humus, 遺存林/relict forestsFirst record of Scutellinia legaliae (Ascomycota, Pyronemataceae) from relict endemic Liquidambar orientalis forest in Turkeyトルコ新産種として、Liquidambar orientalisの遺存林で採集されたScutellinia legaliaeを報告した。本種はトルコにおいては低標高の温暖な気候帯において、湿った場所の土の上に見出された。トルコ産アラゲコベニチャワンタケ属菌の検索表を掲載した。Scutellinia legaliae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-05149水中に沈んだデトリタス由来の新種、Coniella lustricola2018Mycological Progress1000 Fungal Genome Project, 2018年の論文/published in 2018, MycoCosm, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドグルカナーゼ/endoglucanase, グルコシダーゼ/glucosidase, ゲノムサイズ/genome size, ストレス応答/stress response, セルラーゼ/cellulase, セルロース/cellulose, セルロース分解活性/cellulolytic activity, タンナーゼ/tannase, トランスクリプトームシーケンシング/transcriptome sequencing, フェノールオキシダーゼ/phenol oxidase, ペンシルバニア州/Pennsylvania, ポリガラクツロナーゼ/polygalacturonase, リアルタイムPCR/real-time PCR, リグニン/lignin, リター菌/litter fungi, 全ゲノム解析/whole genome analysis, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 湿地帯/wetland, 米国/USA, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityConiella lustricola, a new species from submerged detritus米国ペンシルバニア州の沼沢地において水中に沈んだデトリタスに発生した菌を検討し、Coniella lustricolaとして新種記載した。本種は同属他種と生息環境が大きく異なり、分生子が楕円形~紡錘状で左右不等、一端が丸く、もう一端が截断状であることなどで特徴づけられた。本新種のドラフトゲノム配列を解析し、セルロース、へミセルロース、キシラン分解関連あるいは酵素をエンコーディングしていると推定される遺伝子を見出した。Coniella lustricola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Schizoparmaceae/シゾパルメ科
R3-05148豊胸手術後の患者から分離された稀な真菌、Quambalaria cyanescens – 環境由来のコンタミ菌か、病原菌か?2014PLOS ONE2014年の論文/published in 2014, M38-A2, MALDI-TOF MS, MIC, PLOS ONE, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, エキノキャンディン類/echinocandins, コンタミ/contamination, ヒト病原菌/human pathogen, 中国/China, 二型性/dimorphism, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗真菌薬耐性/antifungal drug resistance, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生体組織診断/biopsy, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 臨床検体/clinical specimens, 色素産生/pigment production, 誤同定/misidentification, 質量分析法/mass spectrometry, 酵母/yeastA Rare Fungal Species, Quambalaria cyanescens, Isolated from a Patient after Augmentation Mammoplasty – Environmental Contaminant or Pathogen?中国において豊胸手術11年後に感染で入院した43歳女性から分離された稀な菌、Quambalaria cyanescensを報告した。本種は当初、CHROMagar培地におけるコロニーの色合いから、Candida tropicalisと誤同定された。本種は5-フルシトシンおよび全てのエキノキャンディン類に対して高いMICを示した一方、アムホテリシンBおよびアゾール類に感受性を示した。Quambalaria cyanescensBasidiomycota/担子菌門
R3-05147トルコ産のアカカゴタケ類1新属2018Mantar Dergisi2018年の論文/published in 2018, Mantar Dergisi, エディルネ県, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 新産種報告/new record, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grasslandA New Genus Record For Turkish Clathroid Fungiトルコ、エディルネ県からColus hirudinosuをトルコ新産種として報告した。トルコからのColus属菌の報告は初となった。本種は牧草地においてマツ属樹木の近傍に発生していた。Colus hirudinosus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-05146マハーラシュトラ州北部産の淡水生の子嚢菌-22012Current Botany2012年の論文/published in 2012, Current Botany, インド/India, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 切片/section, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobeFreshwater ascomycetes from north Maharashtra-IIインド、マハーラーシュトラ州からCaryospora putamium、Natantispora retorquens、およびPanorbis viscosusの3種を報告した。これら全種がマハーラーシュトラ州北部新産種として報告された。各種について記載文、スケッチなどを掲載した。Caryospora putaminum■ / Natantispora retorquens■ / Panorbis viscosus■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Caryosporaceae/カリオスポラ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Halosphaeriaceae/ハロスフェリア科
R3-05145トルコ、ビンギョル県産大型菌類の研究2017Turkish Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Turkish Journal of Botany, コナラ属/Quercus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ビンギョル県/Bingöl, ブナ科/Fagaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 民族菌類学/ethnomycology, 水辺/waterside, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushroomsContributions to the macrofungi of Bingöl, Turkeyトルコ、ビンギョル県において大型菌類を調査し、担子菌門と子嚢菌門合わせて112種を同定した。そのうちOrbilia auricolorなど10種をトルコ新産種として報告した。トルコ新産種については記載文および写真を掲載した。Amanita gilbertii■ / Calycina languida■ / Conocybe brachypodii■ / Coprinopsis cordispora■ / Iodophanus carneus■ / Mollisia lividofusca■ / Orbilia auricolor■ / Orbilia luteorubella■ / Paxillus vernalis■ / Vibrissea filisporia■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pezizaceae/チャワンタケ科_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科_Boletales/イグチ目_Paxillaceae/ヒダハタケ科_Vibrisseaceae/ピンタケ科
R3-05144トラブゾン県およびイスタンブール県産のトルコ新産の担子菌4種2017Mantar Dergisi2017年の論文/published in 2017, Mantar Dergisi, イスタンブール県/Istanbul, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyFour New Records of Basidiomycota for the Turkish Mycota From Trabzon and İstanbul Provincesトルコ、トラブゾン県およびイスタンブール県において担子菌類の調査を実施した。Hebeloma sacchariolens、Chroogomphus mediterraneus、Podoscypha multizonata、およびSarcodontia pachyodonをトルコ新産種として報告した。Podoscypha属は属レベルでもトルコから初報告となった。Chroogomphus mediterraneus■ / Hebeloma sacchariolens■ / Podoscypha multizonata■ / Sarcodontia pachyodon■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Gomphidiaceae/オウギタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05143Stipeae族およびMeliceae族から分離されたNeotyphodium属エンドファイトの新種2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルプス山脈/Alps, イゼール県, イネ科/Poaceae, エンドファイト/endophyte, オート=アルプ県/Hautes-Alpes, クローニング/cloning, グラウビュンデン州/Graubunden, グラスエンドファイト/grass-endophyte, コメガヤ属/Melica, コロラド州/Colorado, スイス/Switzerland, ハネガヤ属/Stipa, ピュイ=ド=ドーム県, フランス/France, ホストシフト/host shift, マイコトキシン/mycotoxin, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮説提唱/hypothesis proposed, 共進化/coevolution, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 表面殺菌法/surface sterilization methodNew Neotyphodium endophyte species from the grass tribes Stipeae and Meliceaeイネ科Stipeae族およびMeliceae族由来のグラスエンドファイトを検討した。フランス、スイスからNeotyphodium guerinii、米国からN. funkiiをそれぞれ新種記載した。また、中国新疆ウイグル自治区からN. gansuense var. inebriansを記載した。Neotyphodium funkii★ / Neotyphodium gansuense★ / Neotyphodium guerinii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-05142アルゼンチン、パタゴニアン・フォレスト産ナラタケ属菌の分類2010Mycologia2010年の論文/published in 2010, Fitzroya属, Mycologia, アルゼンチン/Argentina, イトスギ属/Cupressus, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, チュブ州/Chubut, トガサワラ属/Pseudotsuga, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ネウケン州/Neuquén, ネオタイプ指定/neotype designation, パタゴニア/Patagonia, ヒノキ科/Cupressaceae, フトモモ科/Myrtaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 水辺/waterside, 氷河/glacier, 池沼/ponds and swamps, 生長速度/growth rate, 種概念/species concept, 胞子紋/spore printTaxonomy of Armillaria in the Patagonian forests of Argentinaアルゼンチンのパタゴニアに産したナラタケ属菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Armillaria novae-zelandiae、A. montagnei、A. umbrinobrunnea(新組み合わせ)、およびA. sparreiを同定した。これらの種の宿主選好性は認められなかった。Armillaria montagnei / Armillaria novae-zelandiae / Armillaria sparrei / Armillaria umbrinobrunnea▲●Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05141伸長因子およびITS配列に基づく、日本の亜熱帯の島、奄美大島産ナラタケ属菌の系統的位置2011Mycoscience2011年の論文/published in 2011, Mycoscience, TreeBASE, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南西諸島/Nansei Islands, 培養性状/colony characteristics, 日本/Japan, 材生息菌/lignicolous fungus, 鹿児島県/KagoshimaThe phylogenetic position of an Armillaria species from Amami-Oshima, a subtropical island of Japan, based on elongation factor and ITS sequences奄美大島で採集されたナラタケ属未同定種の系統的位置を検討した。EF-1αおよびITSに基づく分子系統解析で、この種は日本産の既知種と異なる系統を形成した。本種はオーストラリアおよびニュージーランド産のA. novae-zelandiaeと良好な支持のもとで姉妹群を形成した。
R3-05140インドネシアの発酵した乾燥キャッサバ、”gathot”から分離された新規糸状菌、Acremonium charticola2016International Food Research Journal2016年の論文/published in 2016, International Food Research Journal, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イモノキ属/Manihot, インドネシア/Indonesia, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, 中部ジャワ州/Central Java, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 発酵/fermentation, 発酵食品/fermented food, 耐塩性菌/salt-tolerant fungusA novel filamentous fungus Acremonium charticola isolated from gathot (an Indonesian fermented dried cassava)インドネシア、中部ジャワ州において発酵食品”gathot”から分離された菌を検討し、Acremonium charticolaと同定した。帯桃色コロニーの本種のほか、帯褐灰色コロニーのRhizopus oryzaeが分離された。東ジャワ州ではBotryodiplodia theobromaeが優占するという報告があるが、本研究では見出されなかった。Acremonium charticolaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-05139中国北東部産の黄褐鮭肉色の新種、Crepidotus lutescens2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 吉林省/Jilin, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 胞子紋/spore print, 走査型電子顕微鏡/SEM, 長白山脈/Changbai MountainsCrepidotus lutescens sp. nov. (Inocybaceae, Agaricales), an ochraceous salmon colored species from northeast of China中国吉林省の長白山脈においてヤマナラシ属およびニレ属植物の腐朽材に生じた菌を検討し、Crepidotus lutescensとして新種記載した。本種は傘が黄褐鮭肉色、担子胞子が類球形~広楕円形で装飾が小粒状~疣状、シスチジアが頭状瓶形で、菌糸にクランプを有することなどで特徴づけられた。本種の担子胞子の走査型電子顕微鏡写真および系統樹を掲載した。Crepidotus lutescens★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05138韓国産のイグチ属およびアンズタケ属新種2007Korean Journal of Nature Conservation2007年の論文/published in 2007, Korean Journal of Nature Conservation, コナラ属/Quercus, ソウル特別市/Seoul, ブナ科/Fagaceae, 全羅北道/Jeollabuk-do, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新品種記載/new forma, 新種記載/new species, 森林/forest, 砂地/sand, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 韓国/South KoreaSome New Species of Boletus (Boletaceae) and Cantharellus (Cantharellaceae) from Korea韓国からBoletus alboporus、B. nigrriaeruginosa、およびB. tabicinusを新種記載した。これらはそれぞれ暗色小皺状の傘と白色の管孔および柄、緑色および黄色の傘と黄色の管孔および柄、淡黄色の傘と黄色網目状の柄などで特徴づけられた。また、新品種Cantharellus minor f. pallidを記載した。Boletus albopores★ / Boletus nigrriaeruginosa★ / Boletus tabicinus★ / Cantharellus minor★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科_Cantharellales/アンズタケ目
R3-05137ブラジルにおけるAmanita lilloiの発見2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, イチジク属/Ficus, クワ科/Moraceae, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 稀産種/rare species, 芝生/lawn, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentificationThe discovery of Amanita lilloi in BrazilAmanita lilloiをブラジル新産種として報告した。本種はペルナンブーコ州においてイチジク属樹木近傍の芝生土壌に発生していた。本種は傘表面に綿毛状ピラミッド状の被膜の名残を有し、襞が幼時上生することなどで特徴づけられた。Amanita lilloi■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05136中国においてスイレンの葉の病害を引き起こしたCalonectria属1新種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, TreeBASE, コッホの原則/Koch_s postulation, スイレン属/Nymphaea, スイレン科/Nymphaeaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 胞子形成誘導/sporulation induction, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex, 貴州省/Guizhou, 隠蔽種/cryptic speciesA new species of Calonectria causing leaf disease of water lily in China中国貴州省においてスイレンに葉の斑点病を引き起こした菌を検討し、Calonectria nymphaeaeとして新種記載した。本種は子嚢果が黄色、分生子柄の頂嚢が棍棒形であることなど、C. colhounii複合種と共通の形質を有していた。本種の病原性は接種試験により確かめられた。Calonectria nymphaeae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05135タスマニアにおいて再発見された盤菌に対する新学名、Jafnea pallida2016Ascomycete.org2016年の論文/published in 2016, Ascomycete.org, オーストラリア/Australia, タイプスタディ/type study, タスマニア州/Tasmania, レクトタイプ指定/lectotype designation, 再発見/rediscovery, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 誤同定/misidentificationJafnea pallida (Pezizales), a new name for a cup fungus rediscovered in Tasmania1920年に記載された種、Geopyxis pallidusを検討し、レクトタイプ標本を指定した。タスマニアから本種を再発見し、本種をJafnea属に移した。近年採集された本種がTarzetta jafneosporaに誤同定されていたことを指摘した。Jafnea pallida▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-05134マツ類に生じたリトアニア、ウクライナ新産種Neocatenulostroma germanicum、およびそのDothistroma属菌、その他の病原菌との同時発生2016Forest Pathology2016年の論文/published in 2016, Forest Pathology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, エンドファイト/endophyte, クライペダ郡/Klaipėda, コッホの原則/Koch_s postulation, ヘルソン州/Kherson, ポルタヴァ州/Poltava, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, リトアニア/Lithuania, リトアニア新産種/Lithuania_new record, ヴィリニュス郡/Vilnius, 乾燥地域/dry area, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的変遷/taxonomic changes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 帯線/zone line, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 生長速度/growth rate, 発生頻度/frequency of occurrence, 砂丘/dune, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 萎黄病/chlorosis, 葉枯病/leaf blotch, 複合種/species complex, 褐斑病/brown spotFirst record of Neocatenulostroma germanicum on pines in Lithuania and Ukraine and its co- occurrence with Dothistroma spp. and other pathogensリトアニアおよびウクライナ新産種としてNeocatenulostroma germanicumを報告した。本種は葉枯病を起こした針葉に生じ、Dothistroma属菌などと共に発生することが多かった。分子系統解析により本種がN. abietis/N. germanicum複合種に含まれることを示したほか、本種の病原性を接種試験によって確かめた。Neocatenulostroma germanicum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Teratosphaeriaceae/テラトスフェリア科
R3-05133中国青海省産の地衣化菌類3新種2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, エモジン類/emodins, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, パリエチン類/parietins, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 青海省/Chinghai, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyThree new species of lichenized fungi from Qinghai Province, China中国青海省からCalogaya qinghaiensis、Caloplaca zeorina、およびVerrucaria eminensの3新種を記載した。Calog. qinghaiensisはパリエチン、Calop. zeorinaはゼオリンを含むことなどで特徴づけられた。記載文、写真などを掲載し、類縁種との相違点を記述した。Calogaya qinghaiensis★ / Caloplaca zeorina★ / Verrucaria eminens★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-0513219世紀の収集美術品に生じたセルロース分解菌2新種2018Scientific Reports2018年の論文/published in 2018, Scientific Reports, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コスタリカ/Costa Rica, サンホセ州/San Jose, セルロース/cellulose, セルロース分解活性/cellulolytic activity, セルロース分解菌/cellulolytic fungi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 室内環境/indoor condition, 新種記載/new species, 生物劣化/biodeterioration, 色素産生/pigment production, 配列決定/sequencing, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityTwo new cellulolytic fungal species isolated from a 19 th-century art collectionコスタリカ大学所蔵の生物劣化を起こした19世紀のリトグラフから菌を分離し、セルロース分解活性を調査した。塩基配列を基にArthrinium属菌、Aspergillus属菌などを同定した。Periconia epilithographicolaおよびConiochaeta cipronanaの2新種を記載した。Coniochaeta cipronana★ / Periconia epilithographicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Coniochaetaceae/コニオケータ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Periconiaceae/ペリコニア科
R3-05131中国雲南省において水中に沈んだ材に発生した新種、Helminthosporium submersum2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異隔壁/distoseptum, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanHelminthosporium submersum sp. nov. (Massarinaceae) from submerged wood in north-western Yunnan Province, China中国雲南省において河川や小川に沈んだ材に発生した菌を検討し、Helminthosporium submersumとして新種記載した。本種はHelminthosporium属の形態的特徴を有し、分子系統解析でもその系統に含まれた。また、H. aquaticumおよびH. velutinumの新規分子データを提供した。Helminthosporium submersum★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Massarinaceae/マッサリナ科
R3-05130リトアニアにおける地衣類および関連する菌類の生物相の研究 (5)2017Botanica Lithuanica2017年の論文/published in 2017, Botanica Lithuanica, Protoparmeliopsis属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アリートゥス郡/Alytus, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カエデ属/Acer, カブトゴケ属/Lobaria, カブトゴケ科/Lobariaceae, クライペダ郡/Klaipėda, ゴール/gall, タウラゲ郡/Taurage, パネヴェジース郡/Panevėžys, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リトアニア/Lithuania, リトアニア新産種/Lithuania_new record, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, ヴィリニュス郡/Vilnius, 再発見/rediscovery, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichenContribution to the Lithuanian flora of lichens and allied fungi. Vリトアニア新産種として3種の地衣類および4種の地衣生菌類を報告した。そのうちDidymocyrtis cladoniicolaおよびMiriquidica leucophaeaはバルト三国新産種であった。また、既にリトアニアから記録されていたProtoparmelia badiaおよびPunctelia subrudectaの存在を初めて確かめた。Cercidospora macrospora■ / Didymocyrtis cladoniicola■ / Lecanora sulphurea / Miriquidica leucophaea■ / Montanelia disjuncta■ / Plectocarpon lichenum■ / Porpidia nigrocruenta■ / Protoparmelia badia / Punctelia subrudecta / Telogalla olivieri■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Lecanographaceae/レカノグラファ科_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-05129リトアニアにおける地衣類および関連する菌類の生物相の研究 (4)2013Botanica Lithuanica2013年の論文/published in 2013, Botanica Lithuanica, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アリートゥス郡/Alytus, ウテナ郡/Utena, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, カウナス郡/Kaunas, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラタチゴケ属/Ramalina, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, クライペダ郡/Klaipėda, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, タウラゲ郡/Taurage, トチノキ属/Aesculus, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ハンノキ属/Alnus, フクロゴケ属/Hypogymnia, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マリヤンポレ郡/Marijampolė, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リトアニア/Lithuania, リトアニア新産種/Lithuania_new record, ヴィリニュス郡/Vilnius, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹状地衣/fruticose lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 脂肪酸/fatty acid, 腐生菌/saprobe, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complexContribution to the Lithuanian flora of lichens and allied fungi. IVリトアニア新産種として4種の地衣類および2種の地衣生菌類を報告した。Endophragmiella franconicaの新宿主としてCladonia coniocraeaを報告した。また、Abrothallus suecicusのテレオモルフをリトアニアにおいて初めて記録した。Abrothallus suecicus / Candelaria pacifica / Chaenotheca sphaerocephala■ / Endophragmiella franconica■ / Merismatium decolorans■ / Microcalicium arenarium / Ochrolechia androgyna■ / Pertusaria ophthalmiza■ / Stereocaulon taeniarum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Microcaliciaceae/ミクロカリキウム科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Ochrolechiaceae/ニクイボゴケ科_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Stereocaulaceae/キゴケ科
R3-05128コロンビアの乾燥熱帯林からのAuriscalpium villipesの新報告2018Biodiversity International Journal2018年の論文/published in 2018, Biodiversity International Journal, コロンビア/Columbia, コロンビア新産種/Colombia_new record, バジェ・デル・カウカ県/Valle del Cauca, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 降水量/precipitationAuriscalpium villipes (Basidiomycota), new report from a dry topical forest in Colombiaコロンビア、バジェ・デル・カウカ県の乾燥熱帯林において倒木の幹に発生した菌を検討し、Auriscalpium villipesと同定した。本種をコロンビア新産種として報告し、記載文、写真などを掲載した。本種は傘が淡褐色扇形で有柄、担子胞子がアミロイドで2菌糸型であることなどで特徴づけられた。Auriscalpium villipes■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Auriscalpiaceae/マツカサタケ科
R3-05127中国南部産の新種、Lactifluus robustusの系統学的・形態学的根拠2017Nova Hedwigia2017年の論文/published in 2017, Nova Hedwigia, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMPhylogenetic and morphological evidence for Lactifluus robustus sp. nov. (Russulaceae) from southern China中国広東省で採集された菌を検討し、Lactifluus robustusとして新種記載した。本種はGerardii節の典型的特徴を示し、傘と柄が褐色、襞が淡色で疎、傘表皮が柵状であった。分子系統解析によっても、同節への位置付けが強く支持された。Lactifluus robustus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05126イラン産の黒色酵母の新種Knufia perfecta、およびKnufia属菌の検索表2017Nova Hedwigia2017年の論文/published in 2017, Nova Hedwigia, イラン/Iran, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, スライド培養法/slide culture method, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 検索表/identification key, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobe, 酵母/yeast, 黒色酵母/black yeastKnufia perfecta, a new black yeast from Iran, and a key to Knufia speciesイランにおいてクルミの枯枝に子嚢果を生じた菌を検討し、Knufia perfectaとして新種記載した。本種はアナモルフの黒色酵母からなる本属菌としては初めて無性世代と有性世代の両方が見出された。本属菌の検索表を掲載した。Knufia perfecta★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05125ニュージーランド新産種、Battarrea phalloides2018New Zealand Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, New Zealand Journal of Botany, イトスギ属/Cupressus, ウェリントン地方/Wellington, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ニュージーランド/New Zealand, ニュージーランド新産種/New Zealand_new record, ヒノキ科/Cupressaceae, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 山地/mountains, 散布様式/dispersal style, 新産種報告/new record, 生物地理学/biogeography, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子散布/spore dispersal, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 降水量/precipitation, 風散布/wind dispersalFirst record of the fungus Battarrea phalloides (Agariacaceae) in New Zealandニュージーランド新産種としてBattarrea phalloidesを報告した。分子系統解析の結果、ニュージーランド産標本はスペイン産標本に最も近縁であった。本種はイトスギ属の樹下に生じ、海外において乾燥・半乾燥地域に生じるのとは異なっていた。Battarrea phalloides■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05124S. aipoliumに対して優先権のある新組み合わせSphaerellothecium pumilum2018Revista Catalana de Micologia2018年の論文/published in 2018, Revista Catalana de Micologia, アルプス山脈/Alps, アルメニア/Armenia, アルメニア新産種/Armenia_new record, ウランバートル市, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, カナダ新産種/Canada_new record, シノニム/synonym, シラク地方, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タイプスタディ/type study, ネパール/Nepal, ネパール新産種/Nepal_new record, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, モンゴル/Mongolia, モンゴル新産種/Mongolia_new record, リヒテンシュタイン/Liechtenstein, リヒテンシュタイン新産種/Liechtenstein_new record, ルーマニア/Romania, ルーマニア新産種/Romania_new record, 中部開発区域/Central Development Region (Nepal), 優先権/priority, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combinationSphaerellothecium pumilum comb. nov. (hongos liquenícolas, Dothideomycetes), un nombre prioritario sobre S. aipolium子嚢果内菌糸系の形質を基に、Stigmidium pumilumに対して新組み合わせSphaerellothecium pumilumを提唱した。優先権を持たないS. aipoliumを本種のシノニムと考えた。本種をリヒテンシュタイン、ルーマニア、アルメニア、モンゴル、ネパール、およびカナダから初めて報告した。Sphaerellothecium pumilum▲■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05123インド産の海生菌の新属Thyridariella:形態形質および複数遺伝子DNA配列解析により推論される系統2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, TreeBASE, インド/India, キツネノマゴ科/Acanthaceae, タミル・ナードゥ州/Tamil Nadu, ヒルギダマシ属/Avicennia, マングローブ林/mangrove forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 水生菌/aquatic fungi, 汽水域/brackish waters, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeThyridariella, a novel marine fungal genus from India: morphological characterization and phylogeny inferred from multigene DNA sequence analysesインドのマングローブ林から新属新種Thyridariella mangroveiおよびT. mahakoshaeを記載した。両種はともにAvicennia marinaの材に生じ、子嚢胞子の形態や塩基配列が互いに異なっていた。本属は子嚢果に頸部を有し、子嚢胞子が無色で中央部がくびれる石垣状、粘液質の鞘に覆われることなどで特徴づけられた。Thyridariella mahakoshae★ / Thyridariella mangrovei★
R3-05122北米およびカリフォルニア州新産種、Stigmidium rouxianum2018Opuscula Philolichenum2018年の論文/published in 2018, Opuscula Philolichenum, カリフォルニア州/California, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 北米新産種/North America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 石灰岩/limestone, 米国/USA, 米国新産種/USA_new recordStigmidium rouxianum (Mycosphaerellaceae, Dothideomycetes), reported new for North America and California米国カリフォルニア州から北米新産種としてStigmidium rouxianumを報告した。本種は従来ヨーロッパにおいてAcarospora cervinaに生じることが知られていたが、米国ではA. obpallensを宿主としていた。本種の生態写真、顕微鏡写真、記載文などを掲載した。Stigmidium rouxianum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05121中国新産のサビキン科3種2018Mycosystema2018年の論文/published in 2018, Mycosystema, さび菌/rust fungi, イネ科/Poaceae, チシマアマナ属, ハネガヤ属/Stipa, ユリ科/Liliaceae, レンプクソウ属, レンプクソウ科/Adoxaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生活環/life cycleThree new records of Pucciniaceae from China中国、内モンゴル自治区から3種のさび菌を中国新産種として報告した。Puccinia albescensはAdoxa moschatellina、P. stipinaはStipa sareptana var. krylovii(新宿主)、Uromyces gageaeはLloydia trifloraをそれぞれ宿主としていた。各種について記載文を掲載し、分子系統解析を実施した。Puccinia albescens■ / Puccinia stipina■ / Uromyces gageae■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-05120中国においてStemphylium platycodontisにより引き起こされた新規のキキョウ葉の斑点病2018Mycosystema2018年の論文/published in 2018, Mycosystema, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キキョウ属/Platycodon, キキョウ科/Campanulaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, 中国/China, 中国語/Chinese, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 致死率/mortality rateA new leaf spot disease of bellflower (Platycodon grandiflorum) caused by Stemphylium platycodontis in China中国、内モンゴル自治区においてキキョウに発生した葉の斑点病を検討した。形態学的検討および分子系統解析の結果に基づき、分離された菌をStemphylium platycodontisと同定した。本種の病原性を接種試験により確かめた。Stemphylium platycodontisPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05119中国南西部産の無色の子嚢胞子を有するTrichoderma属4新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, チベット自治区/Tibet, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 雲南省/YunnanFour new species of Trichoderma with hyaline ascospores from southwest China中国の雲南省およびチベット自治区からTrichoderma fructicola、T. medogense、T. palidulumおよびT. virgineumの4新種を記載した。これらの4新種は、いずれも分子系統解析で子嚢胞子が無色のグループに含まれた。T. virgineumと既知種2種を含むVirgineumクレードを新たに提唱した。Trichoderma fructicola★ / Trichoderma medogense★ / Trichoderma palidulum★ / Trichoderma virgineum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-05118ウクライナ左岸森林ステップに産したSkeletocutis属菌2017Bulletin of Taras Shevchenko National University of Kyiv Series Biology2017年の論文/published in 2017, Bulletin of Taras Shevchenko National University of Kyiv Series Biology, Phellinidium属, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, サルノコシカケ科/Polyporaceae, シハイタケ属/Trichaptum, タバコウロコタケ科/Hymenochaetaceae, チェルニーヒウ州/Chernihiv, ハリエンジュ属/Robinia, ハンノキ属/Alnus, ベルン条約/Bern Convention, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, 保全生態学/conservation ecology, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered speciesGenus Skeletocutis (Polyporaceae) in the Ukrainian left bank forest steppeウクライナ左岸森林ステップ産のSkeletocutis属標本を検討し、5種を記録した。そのうちウクライナ新産種としてS. brevisporaを報告した。また、S. carneogriseaを本地域における新産種として報告した。Skeletocutis brevispora■ / Skeletocutis carneogrisea■ / Skeletocutis nivea / Skeletocutis odora / Skeletocutis subincarnataBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05117中国においてコナラ属植物に生じたCryphonectria属2新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クリ属/Castanea, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/canker, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発芽誘導/germination induction, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胞子の発芽/germination of spores, 胴枯病/dogare-byo (canker), 陝西省/ShaanxiTwo novel species of Cryphonectria from Quercus in China中国においてクリ胴枯病を引き起こした菌を検討し、Cryphonectria parasiticaが最重要の病原菌であることを確かめた。また、コナラ属植物を宿主とし、同じく胴枯病の病原菌であるC. quercicolaおよびC. quercusの2新種を記載した。両種の有性世代は見出されなかったが、C. parasiticaとは宿主や分生子のサイズが異なることなどから別種とされた。Cryphonectria quercicola★ / Cryphonectria quercus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-05116メキシコ新産種Trichoderma crassum、および異なる生態系におけるその形態的変異2012Revista Mexicana de Micología2012年の論文/published in 2012, Revista Mexicana de Micología, オアハカ州/Oaxaca, シンアナモルフ/synanamorph, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 水溶性色素/water-soluble pigment, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 色素産生/pigment productionNuevos registros de Trichoderma crassum para México y su variación morfológica en diferentes ecosistemasメキシコ、オアハカ州のパパロアパン地域において分離された菌をTrichoderma crassumと同定し、本種をメキシコ新産種として報告した。本種はバナナのプランテーションおよび熱帯半落葉樹林の土壌から希釈平板法で分離された。分子系統解析によっても本種との同定が確かめられ、類似種のT. virensとはシンアナモルフの有無および生長速度が異なっていた。Trichoderma crassum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-05115新熱帯産のBunodophoron属地衣1新種2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, The Lichenologist, エクアドル/Ecuador, エピタイプ指定/epitype designation, オキセピン類/oxepins, カウカ県, コケ上に生える菌/fungi on moss, コロンビア/Columbia, スチクチン酸類/stictic acids, タイプスタディ/type study, バジェ・デル・カウカ県/Valle del Cauca, ミズゴケ属/Sphagnum, ミズゴケ科/Sphagnaceae, ロハ県, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新規プライマー設計/novel primer designation, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 種の境界/species delimitation, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyA new Bunodophoron species (Sphaerophoraceae, Lecanorales) from the Neotropicsコロンビアのパラモで採集された地上生地衣の一種を検討し、Bunodophoron crespoaeとして新種記載した。本種は地衣体が大型の白色類円柱形であり、比較的豊富に分枝し、主要な地衣成分としてスフェロポリンを含むことなどで特徴づけられた。また、新組み合わせB. flabellatumを提唱し、本種のエピタイプ標本を指定した。Bunodophoron crespoae★ / Bunodophoron flabellatum▲ / Bunodophoron melanocarpumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05114中国産の地衣の新種、Graphis maomingensis2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyGraphis maomingensis, a new lichenized fungus from China中国広東省において様々な落葉樹の樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Graphis maomingensisとして新種記載した。本種は子嚢盤が覆われ、ラビアが条線状、果殻が完全に炭化し、子嚢胞子が無色で15-21隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは肉眼的形態、子嚢あたりの胞子数、子嚢胞子の隔壁数などが異なっていた。Graphis maomingensis★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05113新種A. attaleaeを含むブラジル新産属Arecomyces2011Cryptogamie Mycologie2011年の論文/published in 2011, Attalea属, Cryptogamie Mycologie, アブラヤシ属/Elaeis, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forestArecomyces New to Brazil, Including A. attaleae sp. nov.ブラジル、バイーア州で採集された菌を検討し、Arecomyces attaleaeとして新種記載した。本種は同属他種のどの種よりも子嚢胞子が大型であることなどで特徴づけられた。南米新産種として報告されたA. bruneiensisとともに、ブラジルからのArecomyces属菌の報告は初となった。Arecomyces attaleae★ / Arecomyces bruneiensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hyponectriaceae/ハイポネクトリア科
R3-05112担子器内部に菌糸を生じるベナン産の新種、Tomentella furcata2007Mycological Progress2007年の論文/published in 2007, Mycological Progress, UNITE, ベナン/Benin, ボルグー県/Borgou, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiTomentella furcata, a new species from Benin (West Africa) with basidia forming internal hyphaeベナンで採集された背着生イボタケ型菌の一種を検討し、Tomentella furcataとして新種記載した。本種は担子器に横隔壁および内部菌糸を有すること、担子胞子が黄色球形~類球形で、叉状分岐することもある長い刺に密に覆われることなどで特徴づけられた。イボタケ目菌類における担子器内部の菌糸は初報告となった。Tomentella furcata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科
R3-05111ヨーロッパ新産種、Fibricium gloeocystidiatum2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, コウヤクタケ類/corticioid fungi, サルデーニャ自治州/Sardinia, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, ゼンマイ属, ゼンマイ科, トネリコ属/Fraxinus, モクセイ科/Oleaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 種内変異/intraspecific variationFibricium gloeocystidiatum (Polyporales, Basidiomycetes), new to Europeイタリア、サルデーニャ島からFibricium gloeocystidiatumをヨーロッパ新産種として報告した。本種は従来パタゴニアのみから知られており、Osmunda regalisにおける発生は初報告となった。ヨーロッパ産Fibricium属菌の検索表を掲載した。Fibricium gloeocystidiatum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05110中央アジア産のHyphodontia属および類似分類群2017Botany2017年の論文/published in 2017, Botany, PlutoF, アジサイ科/Hydrangeaceae, アハル州/Ahal, アルマトイ州/Almaty, イシク・クル州, ウズベキスタン/Uzbekistan, ウズベキスタン新産種/Uzbekistan_new_record, カエデ属/Acer, カザフスタン/Kazakhstan, カザフスタン新産種/Kazakhstan_new record, キルギス, キルギス新産種, クルミ科/Juglandaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, サワグルミ属/Pterocarya, サンザシ属/Crataegus, ジャララバード州, タイプスタディ/type study, タシュケント州/Tashkent, タシュケント特別市/Tashkent, タジキスタン/Tajikistan, タジキスタン新産種, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, トルクメニスタン/Turkmenistan, トルクメニスタン新産種/Turkmenistan_new_record, ナナカマド属/Sorbus, ハトロン州/Khatlon, バイカウツギ属/Philadelphus, バラ科/Rosaceae, バルカン州, パミール高原/Pamir Mountains, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リンゴ属/Malus, 中央アジア新産種/Central Asia_new record, 乾燥地域/dry area, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 天山山脈/Tian Shan, 宿主範囲/host range, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexHyphodontia (Hymenochaetales, Basidiomycota) and similar taxa from Central AsiaHyphodontia属(広義)の中央アジア5ヶ国における多様性を調査した。11種を記録し、そのうち6種を中央アジア新産種として報告した。Hyphodontia属(広義)の検索表を掲載した。Hyphodontia alutaria■ / Hyphodontia arguta■ / Hyphodontia pallidula■ / Hyphodontia zhixiangii■ / Kneiffiella alutacea■ / Kneiffiella floccosa / Lyomyces crustosus■ / Lyomyces erastii■ / Lyomyces pruni / Lyomyces sambuci■ / Xylodon asperusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Schizoporaceae/アナタケ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-05109レユニオン産の新種、Hyphodontia borbonica2015Mycological Progerss2015年の論文/published in 2015, Agarista属, Mycological Progerss, TreeBASE, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ツツジ科/Ericaceae, フランス/France, レユニオン/Reunion, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 稀産種/rare speciesHyphodontia borbonica, a new species from La Réunionレユニオンで採集されたコウヤクタケ類の一種を検討し、Hyphodontia borbonicaとして新種記載した。本種は子実層托が管孔状、瓶形シスチジアを有し、偽2菌糸型であることなどで特徴づけられた。Hyphodontia属の属概念を改訂し、本属の検索表を掲載した。Hyphodontia borbonica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科
R3-05108Echinodontium属および類縁属の系統分類2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, Mycologia, TreeBASE, コナラ属/Quercus, コンタミ/contamination, ヌマスギ属/Taxodium, ヒノキ属/Chamaecyparis, ヒノキ科/Cupressaceae, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 南投県/Nantou, 台中市/Taichung, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 嘉義県/Chiayi County, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 福建省/Fujian, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 高雄市/KaohsiungPhylogeny and taxonomy of Echinodontium and related generaベニタケ目のEchinodontium、Laurilia、Perplexostereumの3属について分子系統解析を実施した。形態学的検討および分子系統解析の結果に基づき、Echinodontium japonicum(中国新産種)に対して新属Echinodontiellumを提唱した。また、Stereum taxodiiおよび台湾産1新種に対して新属Lauriliellaを提唱した。Echinodontiellum japonicum▲■ / Lauriliella taiwanensis★ / Lauriliella taxodii▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Echinodontiaceae/マンネンハリタケ科_Bondarzewiaceae/ミヤマトンビマイ科
R3-05107トルコ、黒海地域東部のトウヒ-ブナ林に産した新種、Cortinarius conicoumbonatus2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Turkish Journal of Botany, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌食/mycophagyCortinarius conicoumbonatus (Cortinarius subgen. Telamonia sect. Hinnulei): a new species from spruce-beech forests of the East Black Sea Region of Turkeyトルコ、トラブゾン県の森林で採集された菌を検討し、Cortinarius conicoumbonatusとして新種記載した。本種はTelamonia亜属Hinnulei節に含まれ、同節他種とはITS領域の塩基配列が異なっていた。本種は傘が淡ベージュ褐色で円錐形~中高、襞が淡黄褐色~帯赤さび褐色、柄が傘と同色、担子胞子が倒卵状~広楕円形で疣状であることなどで特徴づけられた。Cortinarius conicoumbonatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-05106ガズィアンテプ県においてトルコ新産のチャワンタケ目菌類として記録された好コケ性ピロネマキン科菌類2018Anatolian Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Anatolian Journal of Botany, Pterygoneurum属, Ptychostomum属, Syntrichia属, ガズィアンテプ県/Gaziantep, ギボウシゴケ属/Grimmia, ギボウシゴケ科/Grimmiaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ寄生菌/bryoparasitic fungus, コケ生息菌/bryophilous fungus, センボンゴケ科/Pottiaceae, タチヒダゴケ属/Orthotrichum, タチヒダゴケ科/Orthotrichaceae, タマウケゴケ属/Phascum, トルコ/Turkey, ネジレゴケ属/Tortula, ハリガネゴケ属/Bryum, ハリガネゴケ科/Bryaceae, ヒョウタンゴケ属/Funaria, ヒョウタンゴケ科/Funariaceae, 動物園/zoo, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew bryophillic Pyronemataceae records for Turkish Pezizales from Gaziantep provinceトルコ、ガズィアンテプ県からコケ生息性ピロネマキン科菌類を14種報告した。そのうち13種がトルコ新産種であり、Inermisia属およびLamprospora属は属レベルでの初報告となった。また、O. axillarisなど数種の新宿主を報告した。Inermisia gyalectoides■ / Lamprospora carbonicola■ / Lamprospora dictydiola■ / Lamprospora miniata■ / Octospora areolata■ / Octospora axillaris■ / Octospora coccinea■ / Octospora excipulata■ / Octospora gemmicola■ / Octospora leucoloma / Octospora musci-muralis■ / Octospora orthotricha■ / Octospora polytrichi■ / Octospora rustica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-05105スロバキアにおいて再発見されたPithya vulgaris2015Catathelasma2015年の論文/published in 2015, Catathelasma, スロバキア/Slovakia, フェノロジー/phenology, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 再発見/rediscovery, 山地/mountains, 材生息菌/lignicolous fungus, 稀産種/rare speciesPithya vulgaris rediscovered in Slovakiaスロバキア、クレムニツァ山地においてPithya vulgarisを報告した。本種はヨーロッパにおいてごく稀な種であり、スロバキアでは19世紀末から現在まで2例しか報告がなかった。本種は雪に埋もれたヨーロッパモミの落枝に発生していた。Pithya vulgarisAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科
R3-05104ハラタケ型帽菌類の新種、Pseudobaeospora calcarea2007Persoonia2007年の論文/published in 2007, Persoonia, コケ上に生える菌/fungi on moss, スイス/Switzerland, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, ヴァレー州/Valais, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 新種記載/new species, 核染色/nuclear staining, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 腐植土/humus, 降水量/precipitationPseudobaeospora calcarea, a new species of agaricoid hymenomycetesスイス、ローヌ谷のマツ林においてコケ上などに発生した菌を検討し、Pseudobaeospora calcareaとして新種記載した。本種は子実体が類白色で非常に辛い味があることなどで特徴づけられた。本種は同じグループの他種とは、KOHで黄変しないこと、担子胞子の壁がトルイジンブルーで染色されないこと、傘表皮の構造が不規則的である点などが異なっていた。Pseudobaeospora calcarea★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05103アフリカ東部および南部においてユーカリに生じた新種のさび菌、Phakopsora myrtacearum2015Plant Pathology2015年の論文/published in 2015, Plant Pathology, さび菌/rust fungi, アウトブレイク/outbreak, クワズール・ナタール州/KwaZulu-Natal, ケニア/Kenya, ナンプーラ州, ニアサ州, フトモモ科/Myrtaceae, ホストシフト/host shift, マプト州, ムプマランガ州/Mpumalanga, モザンビーク/Mozambique, ユーカリ属/Eucalyptus, リンポポ州/Limpopo, 中央州(ケニア)/Central Province (Kenya), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南アフリカ/South Africa, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 移入種/alien species, 種内変異/intraspecific variation, 胞子散布/spore dispersal, 走査型電子顕微鏡/SEM, 風散布/wind dispersalPhakopsora myrtacearum sp. nov., a newly described rust (Pucciniales) on eucalypts in eastern and southern Africa南アフリカ、ケニア、モザンビークにおいてユーカリの植林地および苗畑で発生したさび病の原因菌を検討し、Phakopsora myrtacearumとして新種記載した。本種は宿主の葉の上に微小な夏胞子堆を生じ、それが密集している部分は葉の組織が壊死し、退色していた。本種はユーカリ属植物を宿主とするさび菌としては2番目に有効記載され、ユーカリ属3種に見出された。Phakopsora myrtacearum★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Phakopsoraceae/ファコプソラ科
R3-05102新種Microbotryum vivipariおよび中国新産種Anthracoidea mulenkoi2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, カヤツリグサ科/Cyperaceae, タデ科/Polygonaceae, ヒゲハリスゲ属/Kobresia, ミチヤナギ属/Polygonum, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 四川省/Sichuan, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 甘粛省/Gansu, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiMicrobotryum vivipari sp. nov. and Anthracoidea mulenkoi new to China中国甘粛省においてPolygonum viviparumに生じた黒穂菌の一種を検討し、Microbotryum vivipariとして新種記載した。本種は宿主の花および葉全体に感染し、黒穂胞子は類球形、卵状、楕円形または僅かに不規則形で、表面が密な小疣状であった。また、中国新産種としてKobresia cuneata(新宿主)に生じたAnthracoidea mulenkoiを報告した。Anthracoidea mulenkoi■ / Microbotryum vivipari★Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Anthracoideaceae/アントラコイデア科_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Microbotryomycetidae/ミクロボトリウム菌亜綱_Microbotryales/ミクロボトリウム目_Microbotryaceae/ミクロボトリウム科
R3-05101ウズベキスタン南部産微小子嚢菌類の予備的チェックリスト2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Alhagi属, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウズベキスタン/Uzbekistan, ウズベキスタン新産種/Uzbekistan_new_record, カエデ属/Acer, ギョリュウ属/Tamarix, ギョリュウ科/Tamaricaceae, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, クロウメモドキ属/Rhamnus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, クワ属/Morus, クワ科/Moraceae, グミ属/Elaeagnus, グミ科/Elaeagnaceae, サクラ属/Prunus, スイカズラ属/Lonicera, スイカズラ科/Caprifoliaceae, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, マオウ属/Ephedra, マオウ科/Ephedraceae, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 乾燥地域/dry area, 半乾燥地域/semi-arid area, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 文献調査/literature survey, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 菌類相調査/mycofloristic surveyA preliminary checklist of Ascomycetous microfungi from Southern Uzbekistanウズベキスタン南部産の微小子嚢菌類の目録を作成した。文献調査、標本調査、野外調査の結果、107属333種を記録した。そのうちAnthostoma melanotesなど5種をウズベキスタン新産種、26種を調査地域における新産種として報告した。Amphisphaerella xylostei■ / Anthostoma melanotes■ / Botryosphaeria sarmentorum■ / Camarosporium alhagi■ / Camarosporium mori■ / Coniothyrium montagnei■ / Coniothyrium tamaricis■ / Cucurbitaria negundinis■ / Cucurbitaria rhamni■ / Cytospora aurora■ / Cytospora ceratophora■ / Cytospora hippophaës■ / Cytospora populina / Dothiorella sarmentorum■ / Gloeosporium populi-albae■ / Marssonina populi■ / Marssonina rosae■ / Marssonina salicicola■ / Melasmia aceris-trifidi■ / Melasmia lonicerae■ / Monostichella salicis■ / Ophiognomonia leptostyla■ / Rhytisma acerinum■ / Septoria acerella■ / Stegonsporium ephedrae■ / Stegonsporium mori■ / Stigmina carpophila■ / Strickeria cerasi■ / Strickeria circumclusa■ / Strickeria ephedrae■ / Valsa ambiens■ / Valsa salicina■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Diatrypaceae/シトネタケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Camarosporiaceae/カマロスポリウム科_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科_Cucurbitariaceae/ククルビタリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Pleomassariaceae/プレオマッサリア科
R3-05100エクアドル南部のパラモスにおける地上生地衣類の記録2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Mycotaxon, アスアイ県/Azuay, アトラノリン類/atranorins, アンデス山脈/Andes, ウスニン酸類/usnic acids, エクアドル/Ecuador, エクアドル新産種/Ecuador_new record, オキセピン類/oxepins, コケ上に生える菌/fungi on moss, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, バルバチン酸類/barbatic acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フィリディア/phyllidia, フタル酸類/phthalates, フマル酸類/fumarates, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾフラン類/benzofurans, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, ラクトン類/lactones, レカノール酸/lecanoric acid, ロハ県, ロバール酸類/lobaric acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 化学型/chemical type, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 樹状地衣/fruticose lichen, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 配列決定/sequencing, 鱗片状地衣/squamulose lichenRecords of terricolous lichens from páramos of southern Ecuadorエクアドル、アスアイ県およびロハ県のパラモスにおいて地上生地衣類を調査した。Bryoria nitidulaを南米新産種として、5種をエクアドル新産種として、2種をエクアドル本土新産種としてそれぞれ報告した。また、各県の新産種として計20種を報告した。Alectoria ochroleuca■ / Arthrorhaphis alpina■ / Bryoria nitidula■ / Cladia aggregata■ / Cladia fuliginosa■ / Cladonia aleuropoda■ / Cladonia arbuscula / Cladonia coccifera■ / Cladonia corniculata■ / Cladonia crispata■ / Cladonia grayi■ / Cladonia halei■ / Cladonia leprocephala■ / Cladonia lopezii■ / Cladonia macilenta■ / Cladonia melanopoda■ / Cladonia merochlorophaea■ / Cladonia pyxidata■ / Cladonia squamosa■ / Cladonia subreticulata■ / Dibaeis columbiana■ / Diploschistes diacapsis■ / Normandina pulchella■ / Phyllobaeis imbricata■ / Stereocaulon obesum■ / Stereocaulon ramulosum■ / Stereocaulon tomentosum■ / Thamnolia vermicularis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Arthrorhaphidaceae/レモンイボゴケ科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Icmadophilaceae/アオシモゴケ科_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Baeomycetales/センニンゴケ目_Stereocaulaceae/キゴケ科
R3-05099子実層アカントサイトを有するモエギタケ属1新種2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 胞子紋/spore printA new species of Stropharia with hymenial acanthocytesブラジル、リオグランデ・ド・スル州の森林で採集された菌を検討し、Stropharia acanthocystisとして新種記載した。本種は森林において腐朽した被子植物の根際に群生していた。本種はつばを欠き、子実層にシスチジア様のアカントサイトを有することなどで特徴づけられた。Stropharia acanthocystis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05098中国産の新種、Protubera beijingensis2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, シクエストレート菌/sequestrate fungus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北京市/Beijing, 山地/mountains, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetesProtubera beijingensis sp. nov. (Protophallaceae, Phallales) from China中国北京市の森林で採集された菌を検討し、Protubera beijingensisとして新種記載した。本種は子実体が淡褐色で淡緑色が混じり、グレバが淡緑色で細長い板状に分かれ、中心部にゼラチン質のマトリックスを含むことなどで特徴づけられた。また、Kobayasia属の1種と1変種をProtubera属に移した。Protubera beijingensis★ / Protubera kunmingica▲ / Protubera nipponica▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Protophallaceae/プロトファルス科
R3-05097イエメン産担子菌類の追補2008Feddes Repertorium2008年の論文/published in 2008, Azima属, Feddes Repertorium, Salvadora属, アカシア属/Acacia, アジア新産種/Asia_new record, アデン県, アビヤン県/Abiyan, アンモニア菌/ammonia fungi, イエメン/Yemen, イエメン新産種/Yemen_new record, イッブ県, カンラン科/Burseraceae, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, コンタミ/contamination, サルバドラ科/Salvadoraceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, セイシカズラ属/Cissus, セコティオイド菌類/secotioid fungus, ソコトラ県, タイズ県/Taiz, タマリンド属/Tamarindus, ダーリウ県, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナツメヤシ属/Phoenix, ナツメ属/Ziziphus, ナンヨウアブラギリ属/Jatropha, ハズ属/Croton, ハッジャ県, ハドラマウト県, ブドウ科/Vitaceae, マメ科/Fabaceae, ミルラノキ属/Commiphora, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ラヒジュ県, リター菌/litter fungi, 下水/sewage, 乾燥地域/dry area, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 塩類土壌/saline soil, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 底泥/sediment, 庭園/garden, 散布様式/dispersal style, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 毒きのこ/poisonous mushroom, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 淡水域/freshwater, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 砂漠/desert, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 胞子散布/spore dispersal, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEM, 都市環境/urban environment, 食用きのこ/edible mushroomsFurther Basidiomycetes from Yemenイエメン本土およびソコトラ島において担子菌類の調査を実施した。22種の大型菌類をイエメン新産種として報告した。また、ソコトラ島において115年ぶりに大型菌類を記録した。Agaricus bernardii / Agaricus devoniensis / Agrocybe pediades / Amanita nana / Battarrea stevenii / Broomeia congregata■ / Calvatia fragilis■ / Cerrena meyenii / Chlorophyllum molybdites■ / Coprinus disseminatus / Coprinus sterquilinus / Coriolopsis caperata / Coriolopsis polyzona / Ganoderma chalceum / Ganoderma colossus / Ganoderma resinaceum / Ganoderma xylonoides / Gymnopilus junonius / Gyrophragmium dunalii / Inonotus ochroporus / Inonotus patouillardii / Lentinus strigosus / Montagnea haussknechtii / Montagnea radiosa / Phallus roseus■ / Phellinus rimosus / Phellorinia herculeana / Pleurotus citrinopileatus / Pleurotus nebrodensis■ / Podaxis pistillaris / Pycnoporus sanguineus / Schizophyllum commune / Schizostoma laceratum■ / Schizostoma mundkurii / Trametes cingulata / Trametes lactinea / Tulostoma obesum / Volvariella gloiocephalaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Broomeiaceae/ブルーメイア科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科_Phelloriniaceae/フェロリニア科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-05096中国において土壌から分離された新種、Paecilomyces wawuensis2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 四川省/Sichuan, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 走査型電子顕微鏡/SEMPaecilomyces wawuensis, a new species isolated from soil in China中国四川省において土壌から分離された菌を検討し、Paecilomyces wawuensisとして新種記載した。本種はツァペック培地での生長が遅く、コロニーが白色で、ワイン色の水溶性色素を産生した。また、本種はフィアライドが円筒形で長い頸部を有し、分生子が楕円形~卵形で小刺状であることなどで特徴づけられた。Paecilomyces wawuensis★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-05095土壌試料由来の韓国新産のAcremonium2種の特性:A. variecolorおよびA. persicinum2017Mycobiology2017年の論文/published in 2017, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 全羅北道/Jeollabuk-do, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordCharacterization of Two Species of Acremonium (Unrecorded in Korea) from Soil Samples: A. variecolor and A. persicinum韓国において川の土手および山林の土壌から分離された菌を検討し、それぞれA. variecolor、A. persicinumと同定した。両種を韓国新産種として報告した。両種の記載文、走査型電子顕微鏡写真などを掲載した。Acremonium persicinum■ / Acremonium variecolor■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-05094ジンバブエ産のベニタケ属2新種および13新産種2007Cryptogamie Mycologie2007年の論文/published in 2007, Brachystegia属, Cryptogamie Mycologie, Julbernardia属, シロアリの巣/termite nest, ジンバブエ/Zimbabwe, ジンバブエ新産種, ブルンジ/Burundi, マメ科/Fabaceae, ミッドランズ州, ルモンゲ県/Rumonge, 中央マショナランド州, 動物の巣/animal nest, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 昆虫の巣/insect nest, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌食/mycophagy, 西マショナランド州, 食用きのこ/edible mushroomsTwo new species and first records for 13 other Russula (Russulales) from ZimbabweジンバブエからRussula termitariaおよびR. terrenaの2新種を記載した。また、13種のベニタケ属菌をジンバブエ新産種として報告した。各種の生態および民族菌類学的使用について記載した。Russula albofloccosa■ / Russula brunneofloccosa■ / Russula ciliata■ / Russula compressa■ / Russula congoana■ / Russula flavobrunnea■ / Russula heinemannii■ / Russula hiemisilvae■ / Russula ochrocephala■ / Russula oleifera■ / Russula sublaevis■ / Russula termitaria★ / Russula terrena★ / Russula testacea■ / Russula velutina■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05093北米東部産のイグチ科の新属2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, TreeBASE, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, ニューヨーク州/New York, ネオタイプ指定/neotype designation, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiA new genus of Boletaceae from eastern North America北米産のBoletinus castanellusの標本を検討し、本種に新属Bothiaを提唱した。本種は常にコナラ属植物と関係を持ち、傘が栗褐色、子実層托が淡褐色で垂生し、柄が偏心生で短く、つばを欠き、胞子紋が黄褐色であることなどで特徴づけられた。本属は分子系統解析でイグチ科クレードにおいて独自の系統を形成した。Bothia castanella▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05092高山および極地の生息環境に産した好冷性アナモルフ担子菌酵母の新属新種、Mrakiella cryoconiti2008International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2008年の論文/published in 2008, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アミノ酸要求性/amino acid requirement, ウレアーゼ試験/urease test, オーストリア/Austria, クリオコナイト, シベリア/Siberia, チュメニ州/Tyumen, チロル州/Tirol (Austria), デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, ペクチン酸リアーゼ, ロシア/Russia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 好冷菌/psychrophilic fungi, 山地/mountains, 底泥/sediment, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 極地/polars, 氷河/glacier, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 酸耐性試験/acid resistance test, 高山帯/alpine regionMrakiella cryoconiti gen. nov., sp. nov., a psychrophilic, anamorphic, basidiomycetous yeast from alpine and arctic habitatsヨーロッパの高山帯の氷河およびシベリア北部においてクリオコナイトや底泥から分離されたアナモルフ酵母の一種を検討し、新属新種Mrakiella cryoconitiとして記載した。本種は分子系統解析でシストフィロバシディウム目のMrakiaクレードにおいて独自の系統を形成した。また、Cryptococcus aquaticusに対して新組み合わせM. aquaticaを提唱した。Mrakiella aquatica▲ / Mrakiella cryoconiti★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Cystofilobasidiales/シストフィロバシディウム目
R3-05091中国西部、チベット東部産の多孔菌類2007Annales Botanici Fennici2007年の論文/published in 2007, Annales Botanici Fennici, チベット自治区/Tibet, トウヒ属/Picea, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 中国/China, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complexPolypores from eastern Xizang (Tibet), western China中国、チベット自治区東部において多孔菌類の多様性を調査し、チベット新産種を多く含む注釈付きチェックリストを作成した。Ceriporiopsis egula、Heterobasidion linzhiense、およびPolyporus subvariusを新種記載した。この他にInonotus、Megasporoporia、Phellinus、Skeletocutisの各属の未同定種の記載文を掲載した。Ceriporiopsis egula★ / Heterobasidion linzhiense★ / Polyporus subvarius★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Russulales/ベニタケ目_Bondarzewiaceae/ミヤマトンビマイ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05090中国雲南省において針葉樹の枝に生じたリティズマ科菌類の2新種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 中国/China, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 雲南省/YunnanTwo new species of Rhytismataceae on twigs of conifers from Yunnan Province, China中国雲南省からCoccomyces lijiangensisおよびTherrya abieticolaの2新種を記載した。前者はPinus armandiiの枝に生じ、後者はモミ属の一種の枝に生じた。両種は類似種とは子嚢や子嚢胞子の形態、側糸の形状などで区別された。Coccomyces lijiangensis★ / Therrya abieticola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-05089南米産多孔菌類:アルゼンチンのユンガスにおける初の注釈付きチェックリスト2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, アンデス山脈/Andes, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 雲霧林/cloud forestSouth American polypores: first annotated checklist from Argentinean Yungasアルゼンチン北西部のユンガスにおいて多孔菌類の菌類相を調査した。850標本を検討し、南米新産種としてPhellinus laevigatusおよびSkeletocutis stellaeを報告した。また、8種をアルゼンチン新産種として報告し、新組み合わせDichomitus hexagonoidesを提唱した。Amauroderma macrosporum■ / Amylosporus campbellii■ / Dichomitus hexagonoides▲ / Fomitopsis meliae■ / Phellinus johnsonianus■ / Phellinus laevigatus■ / Phellinus shaferi■ / Phylloporia capucina■ / Polyporus biskeletalis■ / Skeletocutis nivea■ / Skeletocutis stellae■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Russulales/ベニタケ目_Bondarzewiaceae/ミヤマトンビマイ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05088ベトナム、バックマー国立公園において葉リターから分離された菌類2017Journal of Science and Technology2017年の論文/published in 2017, Journal of Science and Technology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, トゥアティエン=フエ省/Thừa Thiên–Huế, ベトナム/Vietnam, ベトナム新産種/Vietnam_new record, リター菌/litter fungi, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 森林/forest, 気温/temperature, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 湿室法/moist chamber method, 湿度/humidity, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 菌類相調査/mycofloristic survey, 表面殺菌法/surface sterilization methodLeaf Litter Fungi Isolated in Bach Ma National Park, Viet Namベトナム、バックマー国立公園においてリターから表面殺菌法および湿室法と単胞子分離により得られた菌類を調査した。50サンプルから102菌株を分離し、5綱9目14科33属51種を同定した。そのうちCeratosporella deviataなど10種をベトナム新産種として報告した。Ceratosporella deviata■ / Isthmolongispora ampulliformis■ / Polylobatispora quinquecornuta■ / Scolecobasidium tricladiatum■ / Tricladiella pluvialis■ / Triglyphium alabamense■ / Tripospermum myrti■ / Varicosporium elodeae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Capnodiaceae/カプノディウム科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-05087中国熱帯域産の新種、Clitopilus amygdaliformis2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南投県/Nantou, 台湾/Taiwan, 新種記載/new species, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 雲南省/YunnanClitopilus amygdaliformis, a new species from tropical China中国雲南省および台湾南投県で採集された菌を検討し、Clitopilus amygdaliformisとして新種記載した。本種は広葉樹林または針葉樹林の地上に単生あるいは群生していた。本種は子実体が白色で柄が偏心生、担子胞子がレモン形~広扁桃形、側シスチジアおよび縁シスチジアを欠くことなどで特徴づけられた。Clitopilus amygdaliformis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05086ヨーロッパ・ロシア新産種、Platismatia norvegica2014Folia Cryptogamica Estonica2014年の論文/published in 2014, Folia Cryptogamica Estonica, アルハンゲリスク州/Arkhangelsk, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, ロシア/Russia, 保全生態学/conservation ecology, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 絶滅危惧種/endangered species, 葉状地衣/foliose lichen, 降水量/precipitationPlatismatia norvegica – a new lichen record from European Russiaロシア、アルハンゲリスク州からPlatismatia norvegicaをヨーロッパ・ロシア新産種として報告した。本種は老齢のトウヒ林においてPicea obovataの枝に発生していた。本種は従来ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、スコットランド、北米、アジアから知られていた。Platismatia norvegica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05085インド産のNeosporidesmium属2新種2018Mycobiota2018年の論文/published in 2018, Mycobiota, Wightia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, インド/India, キリ科/Paulowniaceae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ホウライチク属/Bambusa, メーガーラヤ州/Meghalaya, リター菌/litter fungi, 宿主選好性/host selectivity, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungiTwo novel species of Neosporidesmium from Indiaインド、メーガーラヤ州からNeosporidesmium garoenseおよびN. khasianumの2新種を記載した。前者はタケのリターに生じ、シンネマが大型で分生子が小型であることなどで特徴づけられた。後者はWightia speciosissimaの吊り下がった枝に生じ、分生子形成細胞が複数回伸長することなどで特徴づけられた。Neosporidesmium garoense★ / Neosporidesmium khasianum★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05084ブラジル、サンタカタリーナ州、セーハ・ド・タブレイロ州立公園におけるリグニン・セルロース分解性担子菌類の新産種2008Mycobiota2008年の論文/published in 2008, Biotemas, コウヤクタケ類/corticioid fungi, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブラジル/Brazil, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 褐色腐朽菌/brown rot fungiNew records of lignocellulolytic basidiomycetes (Fungi): Parque Estadual da Serra do Tabuleiro (P.E.S.T.), Santa Catarina, Brazilブラジル、サンタカタリーナ州のセーハ・ド・タブレイロ州立公園において材分解性担子菌類を調査した。27の新産種を新たに報告し、本調査地における既知種は74に増加した。1種が褐色腐朽菌で、残りは白色腐朽菌であった。Antrodia albida■ / Ceriporiopsis pannocincta■ / Coriolopsis rigida■ / Fomitiporia flavomarginata■ / Fomitiporia punctata■ / Fomitiporia undulata■ / Fuscoporia callimorpha■ / Fuscoporia ferrea■ / Fuscoporia punctatiformis■ / Hexagonia hydnoides■ / Junghuhnia undigera■ / Megasporoporia cavernulosa■ / Megasporoporia setulosa■ / Pachykytospora papyracea■ / Perenniporia medulla-panis■ / Perenniporia ohiensis■ / Perenniporia stipitata■ / Phellinus allardii■ / Phellinus bambusarum■ / Phellinus cesatii■ / Phellinus melanodermus■ / Phylloporia chrysites■ / Polyporus leprieurii■ / Rigidoporus lineatus■ / Schizopora flavipora■ / Schizopora paradoxa■ / Trametes socotrana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Meripilaceae/トンビマイタケ科_Schizoporaceae/アナタケ科
R3-05083新属新種Kusaghiporia usambarensisの系統的位置および分類2018Mycology2018年の論文/published in 2018, Maesopsis属, Mycology, TreeBASE, イチジク属/Ficus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, クワ科/Moraceae, タンガ州/Tanga, タンザニア/Tanzania, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 民族菌類学/ethnomycology, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 食用きのこ/edible mushroomsPhylogenetic position and taxonomy of Kusaghiporia usambarensis gen. et sp. nov. (Polyporales)タンザニア北東部で採集された大型の多孔菌類の一種を検討し、新属新種Kusaghiporia usambarensisとして報告した。本種は褐色腐朽菌であり、子実体が一年生、担子胞子が無色、2菌糸型でクランプを欠くことなどで特徴づけられた。本種は現地で”Kusaghizi”と呼ばれ、伝統的に長らく食用とされてきた。Kusaghiporia usambarensis★
R3-05082トルコの大型菌類相におけるアセタケ属2種の新記録2014Biological Diversity and Conservation2014年の論文/published in 2014, Biological Diversity and Conservation, アフィヨンカラヒサール県/Afyonkarahisar, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiTwo New Inocybe (Fr.) Fr. Records for Macrofungi of TurkeyInocybe inconcinnaおよびI. quietiodorの2種をトルコ新産種として報告した。両種はともにマツ林に発生していた。両種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Inocybe inconcinna■ / Inocybe quietiodor■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05081インド、シッキム州産モジゴケ科地衣について2017International Journal of Advanced Research in Science and Technology2017年の論文/published in 2017, International Journal of Advanced Research in Science and Technology, インド/India, インド新産種/India_new record, シッキム州/Sikkim, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 二次代謝産物/secondary metabolite, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNotes on the family Graphidaceae in Sikkim, Indiaインド、シッキム州において5属30種のモジゴケ科地衣を記録した。そのうちGraphis inversaをインド新産種として報告した。また、16種をシッキム州新産種として報告した。Diorygma megasporum■ / Graphis albidofarinacea■ / Graphis bipartita■ / Graphis furcata■ / Graphis garoana■ / Graphis illinata■ / Graphis inversa■ / Graphis leptoclada■ / Graphis librata■ / Graphis macella■ / Graphis neoraensis■ / Graphis parilis■ / Graphis pertricosa■ / Graphis semirigida■ / Graphis subvittata■ / Pallidogramme chrysenteron■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05080南米産モエギタケ科菌類のタイプスタディ (2):Pholiota trinitensisのモエギタケ属への転属2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, タイプスタディ/type study, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 新組み合わせ提唱/new combination, 根状菌糸束/rhizomorph, 熱帯域/tropics, 胞子紋/spore printType studies on South American Strophariaceae: 2. Pholiota trinitensis is transferred to StrophariaPholiota trinitensisのホロタイプ標本を検討した。顕微鏡的形質を観察し、記載文およびスケッチを掲載した。根状菌糸束に無数のアカントサイトを有する特徴を根拠に、本種をモエギタケ属に移した。Stropharia trinitensis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05079インド、西ベンガル州産大型菌類の研究:1-72017Research Journal of Pharmaceutical Biological and Chemical Sciences2017年の論文/published in 2017, Research Journal of Pharmaceutical Biological and Chemical Sciences, イワヒバ属/Selaginella, イワヒバ科/Selaginellaceae, インド/India, インド新産種/India_new record, コケ上に生える菌/fungi on moss, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, スギ属/Cryptomeria, ヒノキ科/Cupressaceae, リター菌/litter fungi, 再発見/rediscovery, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 竹林/bamboo forest, 粘土質土壌/clayey soil, 胞子紋/spore print, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 西ベンガル州/West BengalContribution To The Macromycetes Of West Bengal, India: 1-7インド、西ベンガル州から7種の菌類を報告した。各種の記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。報告された種の中には、以前の報告の約50年後に再発見されたものもあった。Calocera cornea / Calocera viscosa / Clavaria fragilis / Clavaria fumosa■ / Clavaria tenuipes / Clavulinopsis fusiformis / Deflexula subsimplexBasidiomycota/担子菌門_Dacrymycetes/アカキクラゲ綱_Dacrymycetales/アカキクラゲ目_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Clavariaceae/シロソウメンタケ科_Pterulaceae/フサタケ科
R3-05078ロシア新産種、Physarum spectabile2017Botanica Lithuanica2017年の論文/published in 2017, Botanica Lithuanica, GBIF, トヴェリ州/Tver, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 走査型電子顕微鏡/SEMFirst record of Physarum spectabile (Myxomycetes) in Russiaロシアのトヴェリ州、ネリドフスキー地区からロシア新産種としてPhysarum spectabileを報告した。本種は腐朽材に生じ、胞子が暗色で角張っており、一様に疣に覆われることなどで特徴づけられた。本種は従来北米、南米、ニューカレドニア、アフリカ、ヨーロッパなどに分布する稀産種として知られていた。Physarum spectabile■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Physarales/モジホコリ目_Physaraceae/モジホコリ科
R3-05077パキスタン、ファイサラーバード地区におけるユーカリ属植物からの菌類の新記録 (2)2010Pakistan Journal of Botany2010年の論文/published in 2010, Pakistan Journal of Botany, アナモルフ菌/anamorphic fungi, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 降水量/precipitationNew fungal records on Eucalyptus species from District Faisalabad Pakistan IIパキスタン、ファイサラーバード地区においてユーカリ属植物から分離された菌を検討した。Torula herbarum、Triadelphia属の一種、およびChuppia sarciniferaを報告した。本報告により、パキスタンにおける既知のユーカリ関連菌類は13種類となった。Chuppia sarcinifera■ / Torula herbarumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Torulaceae/トルラ科
R3-05076トルコ産ツメゴケ生菌類の検索表2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アイドゥン県/Aydin, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アフィヨンカラヒサール県/Afyonkarahisar, アルトヴィン県/Artvin, イズミル県/Izmir, ウスパルタ県/Isparta, エスキシェヒル県/Eskişehir, エルズルム県/Erzurum, カスタモヌ県/Kastamonu, カラビュック県/Karabük, ギュミュシュハーネ県/Gümüşhane, コンヤ県/Konya, サムスン県/Samsun, ジロホール酸/gyrophoric acid, ゾングルダク県, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マニサ県/Manisa, ムーラ県/Mugla, ヨズガト県/Yozgat, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 安息香酸類/benzoic acids, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 漂白/bleaching, 珪質岩/siliceous rocks, 菌寄生菌/mycoparasite, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA key to the peltigericolous fungi in Turkeyトルコ新産種としてArthonia fuscopurpureaなど11分類群のツメゴケ生地衣生菌類を報告した。各種について宿主、記載文、地理的分布、標本情報などを掲載した。トルコ産の19分類群の検索表および宿主目録を掲載した。Arthonia fuscopurpurea■ / Arthonia peltigerina■ / Capronia peltigerae / Corticifraga fuckelii■ / Corticifraga peltigerae■ / Dacampia rufescentis / Nectriopsis lecanodes■ / Neolamya peltigerae / Norrlinia peltigericola■ / Phoma peltigerae / Polycoccum crassum / Polycoccum peltigerae■ / Pronectria robergei / Refractohilum peltigerae / Scutula epiblastematica■ / Stigmidium leucophlebiae■ / Stigmidium peltideae / Thelocarpon epibolum■ / Zwackhiomyces kiszkianus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Verrucariales/アナイボゴケ目_Micareaceae/ミカレア科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Thelocarpales/テロカルポン目_Thelocarpaceae/テロカルポン科_Collemopsidiales/コレモプシディウム目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科
R3-05075ブラジル、大西洋岸森林北東部に産したニガイグチ属2新種2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, タイプスタディ/type study, バイーア州/Bahia, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 砂丘/dune, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMTwo new Tylopilus species (Boletaceae) from Northeastern Atlantic Forest, Brazilブラジルの大西洋岸森林で採集された2種の菌を検討し、Tylopilus dunensisi>およびT. pygmaeusとして新種記載した。前者は砂丘に生じ、形態的にT. ballouiに類似していた。後者は子実体が小型で、形態的にT. potamogetonに類似していた。Tylopilus dunensis★ / Tylopilus pygmaeus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05074パキスタンにおけるさび菌(Puccinia属とPhragmidium属)および宿主植物の分布2017Journal on New Biological Reports2017年の論文/published in 2017, Journal on New Biological Reports, さび菌/rust fungi, オダマキ属/Aquilegia, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, キイチゴ属/Rubus, キンポウゲ科/Ranunculaceae, スイバ属/Rumex, タデ科/Polygonaceae, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, パキスタン/Pakistan, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 配列決定/sequencingDistribution of rust fungi (Puccinia and Phragmidium) and host plants in Pakistanパキスタンのスワート地区およびマリー地区においてさび菌の調査を実施した。Puccinia nepalensisなど2属5種の記載文や走査型電子顕微鏡写真などを掲載した。Phragmidium bulbosumのパキスタンにおける宿主としてRubus fruticosusを初めて報告した。Phragmidium barclayi / Phragmidium bulbosum / Phragmidium butleri / Puccinia melasmioides / Puccinia nepalensisBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Phragmidiaceae/フラグミディウム科_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-05073イランの固有植物、Euphorbia polycaulisに生じたCollophorina属菌およびConiochaeta属菌2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, pH適性/pH aptitude, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イラン/Iran, エンドファイト/endophyte, ゴム州, トウダイグサ属/Euphorbia, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ミクロサイクリック分生子形成/microcycle conidiation, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 固有種/endemic species, 培養性状/colony characteristics, 塩分濃度適性/salinity aptitude, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 表面殺菌法/surface sterilization method, 酵母/yeast, 降水量/precipitationNovel Collophorina and Coniochaeta species from Euphorbia polycaulis, an endemic plant in Iranイラン、ゴム州において固有種のEuphorbia polycaulisから分離された酵母および酵母様糸状菌を検討した。Collophorina euphorbiae、Coniochaeta iranica、およびC. euphorbiaeの3新種を記載した。本報告はトウダイグサ属植物からのConiochaeta属菌およびConiochaeta属菌の初報告となった。Collophorina euphorbiae★ / Coniochaeta euphorbiae★ / Coniochaeta iranica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Coniochaetaceae/コニオケータ科
R3-05072ポーランド産のXanthoparmelia pullaグループ地衣形成性菌類2014Acta Societatis Botanicorum Poloniae2014年の論文/published in 2014, Acta Societatis Botanicorum Poloniae, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, ジバリカト酸/divaricatic acid, ジロホール酸/gyrophoric acid, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, ポーランド/Poland, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 珪質岩/siliceous rocks, 畑地/farmland, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 絶滅危惧種/endangered species, 草地/grassland, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentificationThe lichen-forming fungi of the Xanthoparmelia pulla group (Parmeliaceae, Ascomycota) in Polandポーランド産のXanthoparmelia pullaグループの地衣の収蔵標本を検討し、従来報告されていた4種の存在を確かめた。従来最も絶滅が危惧されていたX. verruculiferaが最も頻繁に見出された一方、X. loxodesの採集地が予想以上に少なかった。X. pullaが最も稀産種であり、絶滅危惧種であると考えられた。Xanthoparmelia delisei / Xanthoparmelia loxodes / Xanthoparmelia pulla / Xanthoparmelia verruculiferaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05071ブラジル産Codinaea属1新種および1新組み合わせ2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwaterA new species and a new combination in Codinaea from Brazilブラジルにおいて水中に沈んだ腐朽枝に生じた菌を検討し、Codinaea aquaticaとして新種記載した。本種は分生子形成細胞がモノフィアライドまたはポリフィアライドで、分生子が無色紡錘形~舟形であり、小剛毛を両端に1本ずつ有することなどで特徴づけられた。また、Dictyochaeta tropicalisをCodinaea属に移した。Codinaea aquatica★ / Codinaea tropicalis▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科
R3-05070タイ北部産糞生子嚢菌類2011Current Research in Environmental & Applied Mycology2011年の論文/published in 2011, Current Research in Environmental & Applied Mycology, アジアスイギュウ属/Bubalus, アジアゾウ属/Elephas, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, キジ科/Phasianidae, ゾウ科/Elephantidae, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンラーイ県/Chiang Rai, ド・バリー胞/De Bary’s bubble, ヤギ属/Capra, ヤケイ属/Gallus, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 水田/paddy field, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungiCoprophilous ascomycetes of northern Thailandタイ、チエンラーイ県においてアジアゾウ、ウシ、ニワトリ、スイギュウ、ヤギなどの糞から湿室法で得られた菌を検討した。5目11属の菌を同定し、その中にはタイ新産種も含まれた。最も頻繁に出現したのはSaccobolus citrinusで、主にウシの糞に見られた。Ascobolus immersus / Ascodesmis sphaerospora / Cercophora kalimpongensis■ / Chaetomium bostrychodes / Coprotus niveus / Podospora hyalopilosa■ / Saccobolus citrinus / Sporormiella minima / Zygopleurage zygospora■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Ascobolaceae/スイライカビ科_Ascodesmidaceae/アスコデスミス科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-05069ケニア産糞生子嚢菌類:野生動物の糞に生じたSaccobolus属菌2012Mycosphere2012年の論文/published in 2012, Mycosphere, アフリカスイギュウ属/Syncerus, アフリカゾウ属/Loxodonta, インパラ属/Aepyceros, ウォーターバック属/Kobus, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, カバ属/Hippopotamus, カバ科/Hippopotamidae, キリン属/Giraffa, キリン科/Giraffidae, クロサイ属/Diceros, ケニア/Kenya, サイ科/Rhinocerotidae, サバンナ/savannah, ゾウ科/Elephantidae, ディクディク属/Madoqua, ナイロビ州/Nairobi, ハーテビースト属/Alcelaphus, 中央州(ケニア)/Central Province (Kenya), 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 海岸州(ケニア)/Coastal State (Kenya), 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 草地/grassland, 菌類遷移/fungal successionCoprophilous ascomycetes in Kenya: Saccobolus species from wildlife dungケニアにおいて野生の草食動物の糞から湿室法で得られた7種のSaccobolus属菌を検討した。そのうちS. citrinusなど5種をケニア新産種として報告した。各種について記載文および生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Saccobolus citrinus■ / Saccobolus depauperatus / Saccobolus diffusus■ / Saccobolus infestans■ / Saccobolus platensis■ / Saccobolus truncatus■ / Saccobolus versicolorPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Ascobolaceae/スイライカビ科
R3-05068タイ北部産ホウライタケ属菌の交配試験、新種、および新産種2007Mycological Research2007年の論文/published in 2007, Mycological Research, アジア新産種/Asia_new record, インドネシア/Indonesia, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, リター菌/litter fungi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新学名提唱/new scientific name, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 東南アジア新産種/Southeast Asia_new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 水溶性色素/water-soluble pigment, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment productionMating studies, new species, and new reports of Marasmius from northern Thailandタイ北部で採集されたホウライタケ属菌の交配試験を実施し、5種が四極性、2種が二極性であることを示した。そのうちMarasmius cremeusおよびM. straminicepsの2種を新種記載した。また、M. incarnatus Cornerに新学名M. corneriを与えた。Marasmius apatelius■ / Marasmius corneri◆ / Marasmius cremeus★ / Marasmius guyanensis / Marasmius nigrobrunneus / Marasmius ruforotula / Marasmius straminiceps★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-05067南オーストラリア州、カンガルー島に産した新種、Micarea kartana2018Swainsona2018年の論文/published in 2018, Swainsona, オーストラリア/Australia, ジロホール酸/gyrophoric acid, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 南オーストラリア州/South Australia, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 色素産生/pigment production, 複合種/species complexMicarea kartana sp. nov. (lichenised Ascomycetes) from Kangaroo Island, South Australiaオーストラリア、カンガルー島においてユーカリの腐朽材に生じた地衣の一種を検討し、Micarea kartanaとして新種記載した。本種はM. prasina複合種に属し、地衣体がゴニオシスト状で、子器が灰色~帯黒色、子嚢胞子に0-1隔壁を有し、ジロホール酸を含むことなどで特徴づけられた。本新種を含むM. prasina複合種の形質比較表を掲載した。Micarea kartana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科
R3-05066ニューメキシコ州およびコロラド州に産したPardinicutis複合種の新種、Tricholoma smithii2018North American Fungi2018年の論文/published in 2018, North American Fungi, コロラド州/Colorado, ニューメキシコ州/New Mexico, ロッキー山脈/Rocky Mountains, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 種の境界/species delimitation, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 複合種/species complexTricholoma smithii, a new species in the Pardinicutis complex from New Mexico and Colorado米国ニューメキシコ州およびコロラド州で採集された菌を検討し、Tricholoma smithiiとして新種記載した。本種は傘が褐色で表面が乾燥した小鱗片状、担子胞子が比較的大型で、側シスチジア、縁シスチジア、およびクランプを有することなどで特徴づけられた。本種はスロベニア産のT. pardinumに近縁であり、その北米型からの遺伝的隔離も確かめられた。Tricholoma smithii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05065核ITSおよびLSU配列に基づくCystoderma属とCystodermella属の系統分類2009Mycological Progress2009年の論文/published in 2009, Mycological Progress, Polylepis属, UNITE, イネ属/Oryza, イネ科/Poaceae, ウッドチップ生息菌/wood chip inhabiting fungus, コケ上に生える菌/fungi on moss, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, バラ科/Rosaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 標本入手不可/specimen not available, 珪質岩/siliceous rocks, 種の境界/species delimitation, 種概念/species conceptThe phylogeny and taxonomy of genera Cystoderma and Cystodermella (Agaricales) based on nuclear ITS and LSU sequencesCystoderma属およびCystodermella属を形態およびITS、LSU rDNA塩基配列データに基づき検討した。Cystoderma jasonis var. lilacipesなど4件の新組み合わせを提唱した。Singerの定義したtribe Cystodermateaeが単系統群でないこと、Ripartitella属がCystodermella属の姉妹群であることなどを示した。Cystoderma amianthinum / Cystoderma andinum / Cystoderma carcharias / Cystoderma chocoanum / Cystoderma clastotrichum / Cystoderma japonicum / Cystoderma jasonis / Cystoderma jasonis▲ / Cystoderma subvinaceum / Cystoderma superbum / Cystoderma tuomikoskii / Cystodermella adnatifolia / Cystodermella cinnabarina / Cystodermella granulosa / Cystodermella papallactae▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05064Candida friedrichii類縁の子嚢菌アナモルフ酵母2新種:タイにおいて分離された新種Candida jarooniiおよびCandida songkhlaensis2008Antonie van Leeuwenhoek2008年の論文/published in 2008, Antonie van Leeuwenhoek, DNA-DNAハイブリダイゼーション/DNA-DNA hybridization, GC含量/GC content, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, カーンチャナブリー県/Kanchanaburi, クワ科/Moraceae, スライド培養法/slide culture method, ソンクラー県/Songkhla, タイ/Thailand, ナコーンシータンマラート県/Nakhon Si Thammarat, ノーンカーイ県/Nong Khai, パッターニー県, パルスフィールドゲル電気泳動/pulsed-field gel electrophoresis, パンノキ属/Artocarpus, ビタミン要求性/vitamin requirement, ホウライタケ属, ホウライタケ科/Marasmiaceae, ユビキノン/ubiquinone, 二型性/dimorphism, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 核型/karyotype, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 糞生菌/coprophilous fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 虫糞/insect frass, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 降水量/precipitation, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyTwo new ascomycetous anamorphic yeast species related to Candida friedrichii – Candida jaroonii sp. nov., and Candida songkhlaensis sp. nov. – isolated in Thailandタイにおいて昆虫の糞、ホウライタケ属の一種の子実体、花、ジャックフルーツの滲出物から分離されたアナモルフ酵母を検討した。分子系統解析を行い、Candida jarooniiおよびC. songkhlaensisの2新種を記載した。両種はITS領域の塩基配列のほか、DNA-DNAハイブリダイゼーションやパルスフィールドゲル電気泳動による核型分析により識別された。Candida jaroonii★ / Candida songkhlaensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目