「論文3行まとめ」は、大菌輪管理人がその日に読んだ論文(主に分類学分野)を要約して紹介するコンテンツです。
最近かなり忙しいので十分更新できていない状況ですが、日々こつこつと追加していければと思います。

「論文3行まとめ」の目的

  1. 「全菌類の電子図鑑」Mycoscouter構想に向けたデータ収集
  2. タグ(索引語)からの検索、世界地図からの検索、日本語キーワードによる検索など、一般的な検索エンジンにない検索手段を提供し、論文に対するアクセス性の向上を図る
  3. 論文の要点を日本語に翻訳することにより、非専門家の理解を阻む「言語の壁」を可能な限り低くすることを目指す
  4. 記載文や識別形質などをセマンティックに(機械が読みやすいように)記述し、将来のサイバータクソノミー (cybertaxonomy) に資するデータを提供する
  5. いちおう、論文に関わる職業に就いているので、そのスキルを活かしたプロボノ (pro bono) 活動
  6. 私自身の筋トレ

最終更新日:2018/4/22
紹介させていただいた論文の数:5057

エクセルファイルをダウンロード

sekaitizumenutagmenu

世界地図…2015/4/20更新【諸事情により更新停止中、よりよいマッピング手段を考えています】
タグ…2018/1/28更新(6378件、R3-04799まで反映)、1か月に一度くらいの頻度で更新したかった

中間報告

2013年11月23日~2014年11月23日に収集したデータの統計の一部を公開します(スライド5枚)。
これらはあくまで基礎的なデータをまとめたもので、より専門的な解析結果は今後アマチュア雑誌などに投稿する予定です。

スライド1スライド2スライド35f63f49b6b7d98988e1002a4a4f2d6d5スライド5

【お読みください】
大菌輪のコンテンツ「論文3行まとめ」は、あくまで論文の検索の補助として提供されている情報です。作成者は専門家ではなく、翻訳や内容の解釈が誤っている場合がありうるので、正確な情報は必ず元の論文で確認してください。また、各ページのリンクは必ずしも有効ではありません(大菌輪未掲載の種や、MycoBank/Species fungorum未登録の種がありうるため)。
最新の50記事を表示しています。
フィルタリング、並べ替え機能が使用できます。表の上で矢印キーを押すとスクロールできます。実は右の方に【タグ一覧】【書誌情報】【3行抄録】【掲載種一覧】の列があるので、それらを対象とした検索も可能です。複数のキーワードで検索したい時には半角スペースで区切ります。(【例】日本 新種 2016年)

※全てのデータを掲載すると非常に重くなってしまい、まともに表示できなくなってしまうので、不本意ながらこの表は直近1000件を抽出したものとなっています。エクセルファイルには全データがありますので、ダウンロードして検索してください。
<
A列B列出版年雑誌名タグ英文題名3行まとめ13行まとめ23行まとめ3掲載種一覧_x分類群一覧
R3-05057Myriococcum属の再検討:見過ごされてきた菌類の属の改訂2016Plant Systematics and Evolution2016年の論文/published in 2016, Plant Systematics and Evolution, エピタイプ指定/epitype designation, オランダ/Netherlands, カエデ属/Acer, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ヌマミズキ属/Nyssa, ヌマミズキ科/Nyssaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ユトレヒト州/Utrecht, レクトタイプ指定/lectotype designation, 不稔菌糸/sterile mycelium, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 命名法/nomenclature, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 堆肥/compost, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新学名提唱/new scientific name, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 標本入手不可/specimen not available, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 疑問種/doubtful species, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌核/sclerotium, 走査型電子顕微鏡/SEMMyriococcum revisited: a revision of an overlooked fungal genus従来見過ごされてきたMyriococcum属菌を再検討し、各種の系統的位置を明らかにした。M. consimileをCryptendoxyla属に移し、M. thermophilumに対して新学名Crassicarpon hotsoniiを提唱した。M. sparsumの記載が有殻アメーバを菌の構造と誤認したものであることから、本種を疑問種と考えた。Crassicarpon hotsonii◆ / Cryptendoxyla consimilis▲ / Melanocarpus albomyces / Myriococcum everhartii / Myriococcum praecox / Myriococcum spinuligerumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Cephalothecaceae/セファロテカ科
R3-05056台湾産のHyphodontia属3新種2009Mycological Progress2009年の論文/published in 2009, Mycological Progress, イネ科/Poaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, スギ属/Cryptomeria, ヒノキ科/Cupressaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 切片/section, 南投県/Nantou, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 宜蘭県/Yilan, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 花蓮県/Hualien, 雲南省/Yunnan, 高雄市/KaohsiungThree new species of Hyphodontia from Taiwan台湾からHyphodontia capitatocystidiata、H. heterocystidiata、およびH. subpallidulaの3新種を記載した。これらはそれぞれ広楕円形の担子胞子と頭状のシスチジア、狭楕円形で円筒状棍棒形および頭状のシスチジア、広楕円形の担子胞子と有隔シスチジアなどで特徴づけられた。有隔シスチジアを持つ本属菌の検索表を掲載した。Hyphodontia capitatocystidiata★ / Hyphodontia heterocystidiata★ / Hyphodontia subpallidula★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科
R3-05055管孔状あるいはラデュロイドの子実層托を有するHyphodontia属(広義)の3新種2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, TreeBASE, イネ科/Poaceae, カラマツ属/Larix, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シノニム/synonym, タイグエン省, タイプスタディ/type study, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ベトナム/Vietnam, マツ科/Pinaceae, ヴィンフック省/Vĩnh Phúc, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 京都府/Kyoto, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 台湾/Taiwan, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 宜蘭県/Yilan, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 日本/Japan, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 桃園市/Taoyuan, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 長白山脈/Changbai Mountains, 雲南省/YunnanThree new species of Hyphodontia s.l. (Basidiomycota) with poroid or raduloid hymenophoreHyphodontia chinensis、H. reticulata、およびH. subtropicaの3新種を記載した。これらの新種はそれぞれ中国、日本および台湾、中国およびベトナムにおいて採集された。また、近年記載されたH. dimiticaがH. nongravisと同種であることを示した。Hyphodontia chinensis★ / Hyphodontia nongravis / Hyphodontia reticulata★ / Hyphodontia subtropica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科
R3-05054ブラジルの半乾燥地域において分離されたMucor indicus:南米新産種2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, ウシ科/Bovidae, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ヤギ属/Capra, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半乾燥地域/semi-arid area, 南米新産種/South America_new record, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 気温/temperature, 湿室法/moist chamber method, 糞生菌/coprophilous fungi, 降水量/precipitationMucor indicus isolated from the semiarid region of Brazil: A first record for South Americaブラジル、ペルナンブーコ州においてヤギの糞から湿室法で得られた菌をMucor indicusと同定し、本種を南米新産種として報告した。形態学的検討およびnrLSUに基づく分子系統解析に基づき同定した。ブラジル、カーチンガにおいて知られているケカビ属菌の検索表を掲載した。Mucor indicus■
R3-05053ブラジルの大西洋岸森林南部に産した新種、Marasmius magnus2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 森林/forest, 沿岸域/coastal areaMarasmius magnus (Marasmiaceae), a new species from the southern Atlantic Forest of Brazilブラジル、サンタカタリーナ州およびリオグランデ・ド・スル州の森林においてリターに生じた菌を検討し、Marasmius magnusとして新種記載した。本種は子実体が非常に大型で、担子胞子が楕円形、縁シスチジアを欠くことなどで特徴づけられた。本種はGlobulares節の形態学的特徴を有し、ITS領域の塩基配列データからもそのクレードに位置付けられた。Marasmius magnus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-05052チリ産スッポンタケ類への追加2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, アイセン・デル・ヘネラル・カルロス・イバニェス・デル・カンポ州/Aisén del General Carlos Ibáñez del Campo, オリーブ属/Olea, コケ上に生える菌/fungi on moss, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, チリ/Chile, チリ新産種/Chile_new record, モクセイ科/Oleaceae, ロス・ラゴス州/Los Lagos, ロス・リオス州/Los Ríos, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 移入種/alien species, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic survey, 首都州(チリ)/Metropolitana (Chile)Additions to the Chilean phalloid mycotaLaternea pusillaおよびLysurus cruciatusをチリ新産種として報告した。前者はナンキョクブナ林に普通に見られ、後者はオリーブ樹下の土壌に発生していた。また、チリ産スッポンタケ類の検索表を掲載した。Laternea pusilla■ / Lysurus cruciatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-05051アナモルフ酵母の新種:Candida infanticola、Candida polysorbophila、Candida transvaalensis、およびTrigonopsis californica2007Antonie van Leeuwenhoek2007年の論文/published in 2007, Antonie van Leeuwenhoek, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, カリフォルニア州/California, コンタミ/contamination, トランスヴァール州, ドイツ/Germany, ビタミン要求性/vitamin requirement, リター菌/litter fungi, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 嫌気培養/anaerobic culture, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 森林/forest, 水試料/water sample, 発酵/fermentation, 発酵試験/fermentation test, 米国/USA, 臨床検体/clinical specimens, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 雑種形成/hybridizationNew anamorphic yeast species: Candida infanticola sp. nov., Candida polysorbophila sp. nov., Candida transvaalensis sp. nov. and Trigonopsis californica sp. nov.ドイツにおいて乳児の耳から分離された酵母をCandida infanticolaとして新種記載した。また、南アフリカからC. polysorbophilaおよびC. transvaalensisの2新種を記載した。カリフォルニアにおいてワインの汚染酵母として分離された菌をTrigonopsis californicaとして新種記載した。Candida infanticola★ / Candida polysorbophila★ / Candida transvaalensis★ / Trigonopsis californica★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-05050中国においてチャノキに輪斑病を引き起こした新種、Pseudopestalotiopsis ignotaおよびPs. camelliae2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, タイプスタディ/type study, タコノキ属/Pandanus, タコノキ科/Pandanaceae, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 浙江省/Zhejiang, 葉枯病/leaf blotch, 複合種/species complexPseudopestalotiopsis ignota and Ps. camelliae spp. nov. associated with grey blight disease of tea in China中国においてチャノキの葉に病害を引き起こした菌を検討し、Pseudopestalotiopsis camelliaeとして新種記載した。また、中国で採集されたが宿主も採集者も不明な標本を検討し、Ps. ignotaとして新種記載した。また、Pestalotiopsis simitheaeのホロタイプ標本を検討し、本種をPseudopestalotiopsis属に移した。Pseudopestalotiopsis camelliae★ / Pseudopestalotiopsis ignota★ / Pseudopestalotiopsis simitheae▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科
R3-05049タイ産のPestalotiopsis属新種がこの様々な化学物質を創成する属の未知の多様性を指し示す2014Cryptogamie Mycologie2014年の論文/published in 2014, Cryptogamie Mycologie, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サラノキ属/Shorea, スラートターニー県/Surat Thani, タイ/Thailand, タコノキ属/Pandanus, タコノキ科/Pandanaceae, チエンマイ県/Chiang Mai, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 生長速度/growth rate, 種の境界/species delimitation, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeNovel Pestalotiopsis Species from Thailand Point to the Rich Undiscovered Diversity of this Chemically Creative GenusタイからPestalotiopsis shoreaおよびP. simitheaeの2新種を記載した。前者はShorea obtusaの種子、後者はPandanus odoratissimus respectivelyの葉に発生し、病原性は不明であった。両種は複数遺伝子に基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Pestalotiopsis shorea★ / Pestalotiopsis simitheae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科
R3-05048ブラジル、パラナ州西部産の向神経性の属、Copelandia2018Revista Mexicana de Biodiversidad2018年の論文/published in 2018, Revista Mexicana de Biodiversidad, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 草地/grasslandThe neurotropic genus Copelandia (Basidiomycota) in western Paraná State, Brazilブラジル、パラナ州西部の森林においてハラタケ類の調査を行い、Copelandia cyanescensi>およびC. mexicanaの2種を同定した。前者は汎世界的に分布し、調査地においてはウシの糞に発生していた。後者は腐朽材に単生しており、従来メキシコのみから知られていたことから南米新産種として報告された。Copelandia cyanescens / Copelandia mexicana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科
R3-05047フォークランド諸島(マルビナス諸島)産のホウネンゴケ属地衣の1新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アルゼンチン/Argentina, イギリス/United kingdom, ティエラ・デル・フエゴ州/Tierra del Fuego, フォークランド諸島/Falkland Islands, マロン酸類/malonic acids, リゾカルプ酸/rhizocarpic acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜南極地域, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 好窒素地衣/nitrophilous lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 配列決定/sequencing, 鱗片状地衣/squamulose lichenA new species of Acarospora (Acarosporaceae, Acarosporales, lichenized Ascomycota) from the Falkland Islands (Islas Malvinas)フォークランド諸島で採集された地衣の一種を検討し、Acarospora malouinaとして新種記載した。本種は南極産のA. gwynniiに類似し、肉眼的・顕微鏡的形質では識別できなかった。一方、両者は地理的分布や地衣成分が異なり、ITS領域の塩基配列が異なることも示された。Acarospora malouina★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-05046中国産の病原性木材腐朽菌2007Forest Pathology2007年の論文/published in 2007, Forest Pathology, アカシア属/Acacia, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, クスノキ科/Lauraceae, クララ属/Sophora, クリ属/Castanea, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, コナラ属/Quercus, スイカズラ属/Lonicera, スイカズラ科/Caprifoliaceae, トウヒ属/Picea, ニッケイ属/Cinnamomum, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ハリエンジュ属/Robinia, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤマナラシ属/Populus, 中国/China, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 交配試験/mating test, 単胞子分離/single spore isolation, 固有種/endemic species, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 幹腐病/stem rot, 庭園/garden, 接種試験/inoculation test, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 根株心腐病/butt heart rot, 根腐病/root rot, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 褐色腐朽菌/brown rot fungiPathogenic wood-decaying fungi in China中国において病原性木材腐朽菌の調査を12年間にわたり実施し、約3000点の標本を採集した。102種の担子菌を記録し、そのうち20種について、中国における生木での発生を初めて報告した。大多数は温帯林および亜寒帯林で見出され、88種が白色腐朽菌、14種が褐色腐朽菌であった。Amauroderma elmerianum / Antrodiella zonata / Armillaria ostoyae / Armillaria tabescens / Aurantiporus fissilis / Bjerkandera adusta / Bondarzewia berkeleyi / Bondarzewia montana / Cerrena unicolor / Climacocystis borealis / Climacodon septentrionalis / Corticium salmonicolor / Corticium scutellare / Daedaleopsis confragosa / Flammulina velutipes / Fomes fomentarius / Fomitiporia bannaensis / Fomitiporia dryadea / Fomitiporia hartigii / Fomitiporia hippophaeicola / Fomitiporia punctata / Fomitiporia robusta / Fomitiporia tibetica / Fomitiporia torreyae / Fomitopsis nivosa / Fomitopsis officinalis / Fomitopsis pinicola / Fomitopsis spraguei / Funalia trogii / Ganoderma australe / Ganoderma lipsiense / Ganoderma microsporum / Ganoderma pseudoferreum / Ganoderma tropicum / Ganoderma tsugae / Ganoderma tsunodae / Ganoderma weberianum / Gyrodontium sacchari / Haploporus odorus / Helicobasidium purpureum / Hericium erinaceus / Heterobasidion parviporum / Inonotus andersonii / Inonotus compositus / Inonotus diverticuloseta / Inonotus hispidus / Inonotus obliquus / Inonotus pruinosus / Inonotus radiatus / Inonotus tamaricis / Laetiporus sulphureus / Laetiporus versisporus / Leucophellinus irpicoides / Lyophyllum ulmarium / Melanoporia castanea / Onnia leporina / Onnia tomentosa / Onnia triquetra / Oxyporus populinus / Oxyporus sinensis / Oxyporus subpopulinus / Parmastomyces taxi / Perenniporia martia / Perenniporia robiniophila / Perenniporia subacida / Phaeolus schweinitzii / Phellinidium noxium / Phellinidium sulphurascens / Phellinidium weirii / Phellinus baumii / Phellinus conchatus / Phellinus gilvus / Phellinus himalayensis / Phellinus igniarius / Phellinus inermis / Phellinus laricis / Phellinus lonicerinus / Phellinus mcgregorii / Phellinus pini / Phellinus rhabarbarinus / Phellinus tremulae / Phellinus tuberculosus / Phellinus vaninii / Phellinus yamanoi / Pholiota squarrosa / Phylloporia ribis / Piptoporus betulinus / Piptoporus soloniensis / Pleurotus ostreatus / Polyporus fraxineus / Polyporus squamosus / Polyporus subvarius / Rigidoporus lineatus / Rigidoporus microporus / Schizophyllum commune / Sparassis crispa / Sparassis latifolia / Spongipellis delectans / Spongipellis spumeus / Stereum sanguinolentum / Trametes suaveolens / Tyromyces sibiricusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Russulales/ベニタケ目_Bondarzewiaceae/ミヤマトンビマイ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Boletales/イグチ目_Coniophoraceae/イドタケ科_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Helicobasidiales/ヘリコバシディウム目_Helicobasidiaceae/ヘリコバシディウム科_Hericiaceae/サンゴハリタケ科_Schizoporaceae/アナタケ科_Lyophyllaceae/シメジ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Meripilaceae/トンビマイタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Sparassidaceae/ハナビラタケ科_Stereaceae/キウロコタケ科
R3-05045イタリア南部、カラブリア州新産の地衣生菌類、および初のチェックリスト2016Herzogia2016年の論文/published in 2016, Degelia属, Herzogia, Lecanographa属, Melanelixia属, Physconia属, Pseudevernia属, Ricasolia属, Teloschistes属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, イチジク属/Ficus, イワノリ属/Collema, イワノリ科/Collemataceae, ウスバトコブシゴケ属/Platismatia, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, ウラミゴケ属/Nephroma, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, オリーブ属/Olea, カエデ属/Acer, カチラリゴケ属, カチラリゴケ科, カバノキ科/Betulaceae, カブトゴケ属/Lobaria, カブトゴケ科/Lobariaceae, カラクサゴケ属/Parmelia, カラタチゴケ属/Ramalina, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, カラブリア州/Calabria, カラマツ属/Larix, キウメノキゴケ属/Flavoparmelia, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, キッコウゴケ属/Diploschistes, クリ属/Castanea, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, クロウラムカデゴケ属/Phaeophyscia, クワ科/Moraceae, コナウロコゴケ属/Hypocenomyce, コナラ属/Quercus, ゴール/gall, サクラ属/Prunus, サルオガセ属/Usnea, サルオガセ科/Usneaceae, シソ科/Lamiaceae, シブゴケ属/Lecania, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チブサゴケ科/Thelotremataceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, トスカーナ州/Tuscany, トネリコ属/Fraxinus, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, ナシ属/Pyrus, ナリアイウメノキゴケ属/Parmelina, ニガキ科/Simaroubaceae, ニクイボゴケ属/Ochrolechia, ニワウルシ属/Ailanthus, ニワトコ属/Sambucus, ハクテンゴケ属/Punctelia, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ハナビラゴケ科/Pannariaceae, ハマゴウ属/Vitex, ハリガネキノリ属/Bryoria, ハンノキ属/Alnus, バジリカータ州/Basilicata, バラ科/Rosaceae, ヒゲアワビゴケ属/Tuchermannopsis, フクロゴケ属/Hypogymnia, フトモモ科/Myrtaceae, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, モジゴケ属/Graphis, モジゴケ科/Graphidaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヤマヒコノリ属/Evernia, ユーカリ属/Eucalyptus, リトマスゴケ科/Roccelaceae, リンゴ属/Malus, レンプクソウ科/Adoxaceae, ロウソクゴケモドキ属/Candelariella, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 南欧新産種/South Europe_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 変形菌類/slime mold, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 漂白/bleaching, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 砂丘/dune, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 膠質菌/jelly fungi, 草地/grassland, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complex, 酸性土壌/acidic soil, 降水量/precipitationNew records of lichenicolous fungi from Calabria (southern Italy), including a first checklistイタリア、カラブリア州の66ヶ所で地衣生菌類を調査し、目録を初めて作成した。そのうちEchinodiscus lesdainiiなど4種を地中海地域新産種、13種をイタリア新産種として報告した。Abrothallus puntilloiおよびXenonectriella calabricaの2新種を記載した。Abrothallus caerulescens■ / Abrothallus microspermus■ / Abrothallus puntilloi★ / Acremonium pertusariae■ / Arthonia epiphyscia■ / Arthonia molendoi■ / Athelia arachnoidea■ / Biatoropsis usnearum■ / Briancoppinsia cytospora■ / Burgoa angulosa■ / Calongeomyces gibelluloides■ / Carbonea supersparsa■ / Cercidospora epipolytropa■ / Chalara lobariae■ / Cladophialophora parmeliae■ / Cladosporium licheniphilum■ / Clypeococcum hypocenomycis■ / Cornutispora ciliata■ / Dactylospora lobariella■ / Dactylospora saxatilis■ / Didymocyrtis cladoniicola■ / Didymocyrtis consimilis■ / Didymocyrtis epiphyscia■ / Didymocyrtis foliaceiphila■ / Didymocyrtis infestans■ / Didymocyrtis melanelixiae■ / Didymocyrtis pseudeverniae■ / Didymocyrtis ramalinae■ / Didymocyrtis slaptoniensis■ / Echinodiscus lesdainii■ / Endococcus macrosporus■ / Endococcus pseudocarpus■ / Endococcus ramalinarius■ / Epicladonia sandstedei■ / Erythricium aurantiacum■ / Illosporiopsis christiansenii■ / Intralichen baccisporus■ / Intralichen lichenum■ / Licea parasitica■ / Lichenochora obscuroides■ / Lichenoconium erodens■ / Lichenoconium lichenicola■ / Lichenoconium reichlingii■ / Lichenoconium usneae■ / Lichenoconium xanthoriae■ / Lichenodiplis lecanorae■ / Lichenopeltella ramalinae■ / Lichenostigma alpinum■ / Lichenostigma chlaroterae■ / Lichenostigma cosmopolites■ / Lichenostigma maureri■ / Lichenothelia rugosa■ / Marchandiomyces corallinus■ / Merismatium heterophractum■ / Monodictys fuliginosa■ / Muellerella erratica■ / Muellerella lichenicola■ / Nectriopsis cariosae■ / Nectriopsis hirta■ / Nectriopsis lecanodes■ / Niesslia lobariae■ / Paranectria oropensis■ / Phacopsis fusca■ / Phacothecium varium■ / Phoma grumantiana■ / Phoma lobariae■ / Phoma melanohaleicola■ / Plectocarpon nashii■ / Polycoccum pulvinatum■ / Pronectria echinulata■ / Pronectria fissuriprodiens■ / Pronectria pertusariicola■ / Pyrenochaeta xanthoriae■ / Reconditella physconiarum■ / Roselliniella cladoniae■ / Roselliniopsis tartaricola■ / Skyttea pertusariicola■ / Sphaerellothecium cladoniae■ / Sphaerellothecium parietinarium■ / Sphaerellothecium parmeliae■ / Sphaerellothecium reticulatum■ / Spirographa fusisporella■ / Stigmidium acetabuli■ / Stigmidium congestum■ / Stigmidium degelii■ / Stigmidium microspilum■ / Stigmidium squamariae■ / Stigmidium tabacinae■ / Stigmidium xanthoparmeliarum■ / Syzygospora physciacearum■ / Taeniolella pertusariicola■ / Taeniolella phaeophysciae■ / Taeniolella punctata■ / Taeniolina scripta■ / Telogalla olivieri■ / Tremella cetrariicola■ / Tremella everniae■ / Tremella hypogymniae■ / Tremella pertusariae■ / Tremella ramalinae■ / Trichonectria anisospora■ / Trichonectria rubefaciens■ / Tubeufia heterodermiae■ / Unguiculariopsis lettaui■ / Vouauxiella lichenicola■ / Vouauxiomyces ramalinae■ / Xanthoriicola physciae■ / Xenonectriella calabrica★ / Xenonectriella leptaleae■ / Xenonectriella protopannariae■ / Xenonectriella septemseptata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Liceales/コホコリ目_Liceaceae/コホコリ科_Phyllachorales/フィラコラ目_Microthyriales/ミクロチリウム目_Microthyriaceae/ミクロチリウム科_Lichenotheliaceae/リチェノテリア科_Verrucariales/アナイボゴケ目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Niessliaceae/ニースリア科_Lecanographaceae/レカノグラファ科_Cucurbitariaceae/ククルビタリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Odontotremataceae/オドントトレマ科_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Syzygosporaceae/シジゴスポラ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Helotiaceae/ビョウタケ科_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05044メキシコにおけるうどんこ病菌の3新産種および1新属1新種の提唱2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オジギソウ属/Mimosa, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, ヌエボ・レオン州/Nuevo León, ハカマカズラ属/Bauhinia, ブナ科/Fagaceae, マメ科/Fabaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiThree new records of powdery mildews found in Mexico with one genus and one new species proposedメキシコにおいてMimosa aculeaticarpaに発生したうどんこ病菌の一種を検討し、Phyllactinia mimosaeとして新種記載した。また、メキシコ新産種としてCystotheca lanestrisおよびMicroidium bauhiniicolaを報告した。そのうちM. bauhiniicolaに対して新属Bulbomicroidiumを提唱した。Bulbomicroidium bauhiniicola▲■ / Cystotheca lanestris■ / Phyllactinia mimosae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05043ブラジルの大西洋岸森林南部における新産種、Sarcodon atroviridis2015Brazilian Journal of Botany2015年の論文/published in 2015, Brazilian Journal of Botany, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMSarcodon atroviridis (Bankeraceae, Thelephorales): new records for the southern Atlantic Forest, Brazilブラジル、サンタカタリーナ州およびリオグランデ・ド・スル州の森林からSarcodon atroviridisを報告した。本種はブラジルにおいてはアマゾナス州から知られていたが、本報告により既知の分布域が南部まで拡大することとなった。本種の記載文および走査型電子顕微鏡写真などを掲載した。Sarcodon atroviridis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Thelephorales/イボタケ目_Bankeraceae/マツバハリタケ科
R3-05042オーストラリアおよびイタリアにおいてAgapanthus praecoxの葉および茎に斑点を引き起こした、ビカベリンおよびフサルビンを産生する新種Fusarium agapanthi2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, Agapanthus属, GCPSR, MAT遺伝子/MAT gene, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イディオモルフ/idiomorph, オーストラリア/Australia, キサントン類/xanthones, コッホの原則/Koch_s postulation, ナフトキノン類/naphthoquinones, ビカベリン類, ビクトリア州/Victoria, ピエモンテ州/Piedmont, フサルビン類, マイコトキシン/mycotoxin, ユリ科/Liliaceae, リニアグロース/linear growth, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配型/mating type, 全ゲノム解析/whole genome analysis, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生物地理学/biogeography, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 複合種/species complex, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyFusarium agapanthi sp. nov., a novel bikaverin and fusarubin-producing leaf and stem spot pathogen of Agapanthus praecox (African lily) from Australia and ItalyイタリアおよびオーストラリアにおいてAgapanthus praecoxに病害を引き起こした菌を検討し、Fusarium agapanthiとして新種記載した。本種は貧栄養培地において気生分生子柄が密に分枝し、気生菌糸体全体にポリフィアライドを形成することなどで特徴づけられた。本種の病原性を接種試験により確かめるとともに、ビカベリンおよびフサルビンの産生を認めた。Fusarium agapanthi★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05041臨床検体由来Aspergillus属Circumdati節の複数遺伝子に基づく系統解析および抗真菌薬感受性試験、および新種A. pseudosclerotiorumの記載2017Journal of Clinical Microbiology2017年の論文/published in 2017, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Journal of Clinical Microbiology, M38-A2, MEC, MIC, アスペルギルス症/aspergillosis, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ヒト病原菌/human pathogen, ペンシルバニア州/Pennsylvania, 二次代謝産物/secondary metabolite, 侵襲性アスペルギルス症/invasive aspergillosis, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水試料/water sample, 生体組織診断/biopsy, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 痰検体/sputum specimen, 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 臨床検体/clinical specimens, 色素産生/pigment production, 菌核/sclerotiumMultilocus Phylogeny and Antifungal Susceptibility of Aspergillus Section Circumdati from Clinical Samples and Description of A. pseudosclerotiorum sp. nov.米国で得られた34の臨床検体から分離されたAspergillus属Circumdati節について、8種の抗真菌薬に対する感受性を調査した。2番目に分離頻度が高かった菌をA. pseudosclerotiorumとして新種記載したほか、A. subramanianiiを臨床検体から初めて報告した。最も効果が高かった抗真菌薬はカスポファンギン、ミカファンギン、およびテルビナフィンであり、アムホテリシンBは最も活性が低かった。Aspergillus pseudosclerotiorum★ / Aspergillus subramanianiiPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-05040インド産のコウヤクタケ類の新属、Radulomycetopsis2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アルナーチャル・プラデーシュ州/Arunachal Pradesh, インド/India, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 材生息菌/lignicolous fungusRadulomycetopsis (Agaricomycetes), a new corticioid genus from Indiaインド、アルナーチャル・プラデーシュ州で採集されたコウヤクタケ類の一種を検討し、新属新種Radulomycetopsis cystidiataとして記載した。本種はRadulomyces属と形態的に類似しており、子実層に菌糸状構造を含む点などが共通していた。一方、本種はRadulomyces属とは子実体が暗色で、シスチジアを有し、クランプを欠くことなどで区別された。Radulomycetopsis cystidiata★
R3-05039新属新種Pseudobambusicola thailandica由来の殺線虫活性および抗真菌活性を有する二次代謝産物2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MIC, MycoKeys, NMR, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バイオアッセイ/bioassay, モノセリン類, ラクトン類/lactones, ロッブリー県/Lopburi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 共培養/coculture, 分取HPLC/preparative HPLC, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 対峙培養/dual culture, 抗真菌活性/antifungal activity, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新規化合物/novel compound, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 殺線虫活性, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 胞子形成誘導/sporulation induction, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNew nematicidal and antimicrobial secondary metabolites from a new species in the new genus, Pseudobambusicola thailandicaタイの熱帯雨林で植物の枝に発生した菌を検討し、新属新種Pseudobambusicola thailandicaとして記載した。本種は分生子殻、フィアロ型分生子形成細胞、大分生子と小分生子を形成し、分子系統解析では本種はスルカティスポラ科菌類とクレードを形成した。本種は培養下で殺線虫活性を示し、6種類の新規化合物(タイラノンA-F)を産生した。Pseudobambusicola thailandica★
R3-05038韓国、多島海海上国立公園における2種の木材腐朽菌の新産種2018The Korean Journal of Mycology2018年の論文/published in 2018, The Korean Journal of Mycology, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, トネリコ属/Fraxinus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordTwo Unrecorded Wood Decay Fungi (Polyporales) in Dadohaehaesang National Park, Korea韓国全羅南道の多島海海上国立公園において木材腐朽菌の多様性調査を実施した。Cinereomyces lindbladiiおよびSteccherinum bourdotiiを韓国新産種として報告した。前者はマツ属、後者はカバノキ属およびトネリコ属植物に発生し、同定には形態学的検討のほか、分子系統解析も用いた。Cinereomyces lindbladii■ / Steccherinum bourdotii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05037韓国の畑地土壌から分離された菌類の7新産種2018The Korean Journal of Mycology2018年の論文/published in 2018, The Korean Journal of Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, 京畿道/Gyeonggi-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新産種報告/new record, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordSeven Unrecorded Fungal Species from Field Soils in Korea韓国各地で畑地土壌から分離された菌を検討し、Emericellopsis pallidaなど7種を韓国新産種として報告した。各種の同定は形態学的検討およびITS領域の分子系統解析を基に行った。各種について記載文およびコロニーの写真、走査型電子顕微鏡写真などを掲載した。Bionectria rossmaniae■ / Duddingtonia flagrans■ / Emericellopsis pallida■ / Exophiala xenobiotica■ / Pseudocercosporella fraxini■ / Scedosporium aurantiacum■ / Stachybotrys sansevieriae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科_Stachybotryaceae/スタキボトリス科
R3-05036混乱から混沌を除く:Neocosmospora属のヒトおよび動物病原菌の普通種に対する命名2018Persoonia1F=1N, 2018年の論文/published in 2018, Persoonia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, ガボン/Gabon, ジョージア州/Georgia, タイプスタディ/type study, テネシー州/Tennessee, トラフザメ属, トラフザメ科, ナイジェリア/Nigeria, ニューヨーク州/New York, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, ヒト病原菌/human pathogen, フロリダ州/Florida, ブラジル/Brazil, ペンシルバニア州/Pennsylvania, マサチューセッツ州/Massachusetts, ルイジアナ州/Louisiana, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 保留名/conserved name, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 室内環境/indoor condition, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水試料/water sample, 温度適性/temperature aptitude, 獣医真菌学/veterinary mycology, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 胞子形成誘導/sporulation induction, 臨床検体/clinical specimens, 色素産生/pigment production, 血液検体/blood specimen, 複合種/species complex, 角膜炎/keratitis, 非合法名/illegitimate name, 魚類病原菌/fish pathogenRemoving chaos from confusion: assigning names to common human and animal pathogens in NeocosmosporaNeocosmospora属にN. catenata、N. gamsii、およびN. suttonianaの3新種を記載した。これらの新種は従来Fusarium solani複合種のFSSC43、FSSC7、およびFSSC20と呼ばれてきた。FSSC9がCylindrocarpon tonkinenseと同一であることを示し、本種をNeocosmospora属に移した。Neocosmospora catenata★ / Neocosmospora gamsii★ / Neocosmospora keratoplastica▲ / Neocosmospora lichenicola▲ / Neocosmospora metavorans▲ / Neocosmospora petroliphila▲ / Neocosmospora suttoniana★ / Neocosmospora tonkinensis▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05035Fomitopsis属およびRhodofomes属の遺伝学的検討に基づく新種Fomitopsis incarnatusの記載2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, TreeBASE, クローニング/cloning, トネリコ属/Fraxinus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 江原道/Kangwon-do, 韓国/South KoreaFomitopsis incarnatus sp. nov. based on generic evaluation of Fomitopsis and Rhodofomes韓国江原道で採集された多孔菌の一種を検討し、Fomitopsis incarnatusとして新種記載した。本種は森林においてトネリコ属およびマツ属植物の材に生じていた。本種は孔口面が帯桃白色であり、孔口のサイズおよび形状、担子器が2胞子性である点などで同属他種と区別された。Fomitopsis incarnatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-05034南アフリカにおいてマングローブを宿主とする、新種Ophiostoma palustreを含むオフィオストマトイド菌類2016Antonie van Leeuwenhoek2016年の論文/published in 2016, Antonie van Leeuwenhoek, オヒルギ属/Bruguiera, オフィオストマトイド菌類/ophiostomatoid fungi, キツネノマゴ科/Acanthaceae, クワズール・ナタール州/KwaZulu-Natal, サガリバナ属/Barringtonia, サガリバナ科/Lecythidaceae, ヒルギダマシ属/Avicennia, ヒルギ科/Rhizophoraceae, マングローブ林/mangrove forest, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 塩分濃度/salinity, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 東ケープ州/Eastern Cape, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 沿岸域/coastal area, 温度適性/temperature aptitude, 湿地帯/wetland, 種内変異/intraspecific variation, 虫散布/dispersal by insects, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complexOphiostomatoid fungi associated with mangroves in South Africa, including Ophiostoma palustre sp. nov.南アフリカの2州において4種のマングローブの幹に傷をつけ、オフィオストマトイド菌類の発生を系統的に調査した。Barringtonia racemosaに発生した3種のうち1種を検討し、Ophiostoma palustreとして新種記載した。この他には既知種のOphiostoma tsotsiおよびSporothrix eucalyptigenaが見出された。Ophiostoma palustre★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-05033イラン新産のPenicillium属およびTalaromyces属5種2015Rostaniha2015年の論文/published in 2015, Rostaniha, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, ガズヴィーン州/Qazvīn, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 西アーザルバーイジャーン州/West AzerbaijanFive new species of Penicillium and Talaromyces for mycobiota of IranPenicillium crocicolaなど5種のPenicillium属およびTalaromyces属菌をイラン新産種として報告した。これらの種は3州の果樹園においてブドウおよびレーズンの果実から分離された。各種について記載文およびコロニーの写真、顕微鏡写真を掲載した。Penicillium crocicola■ / Penicillium olsonii■ / Penicillium sumatrense■ / Talaromyces atroroseus■ / Talaromyces minioluteus■Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-05032東南アジア熱帯域新産のViridothelium virens2017Herzogia2017年の論文/published in 2017, Herzogia, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 東南アジア新産種/Southeast Asia_new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyFirst record of Viridothelium virens (Trypetheliales, Ascomycota) in the Southeast Asian tropicsタイ北部の熱帯林からViridothelium virensをタイ新産種として報告した。本種は従来北米および日本の温帯域から知られており、熱帯からの報告は初となった。本種との同定はmtSSU+nrLSUによる分子系統解析の結果からも支持された。Viridothelium virens■Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-05031インドネシア産Erysiphe属アナモルフの2新種、Erysiphe baliensisおよびE. sidae2016Mycoscience1F=1N, 2016年の論文/published in 2016, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Gliricidia属, Mycoscience, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インドネシア/Indonesia, キンゴジカ属/Sida, タイプスタディ/type study, バリ州/Bali, フジ属/Wisteria, マメ科/Fabaceae, 三重県/Mie, 付着器/appressorium, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 西ジャワ州/West JavaErysiphe baliensis and E. sidae, two new species of anamorphic Erysiphe (powdery mildew) from Indonesiaバリ島においてGliricidia属植物に発生したうどんこ病菌を検討し、Erysiphe baliensisとして新種記載した。本種は三重県においてナツフジに発生し、Pseudoidium属の一種として報告されていたうどんこ病菌と同一であることが示された。また、西ジャワ州においてSida rhombifoliaに生じた菌を検討し、E. sidaeとして新種記載した。Erysiphe baliensis★ / Erysiphe sidae★Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05030南米の熱帯外地域においてナンヨウスギ属植物に生じた新種の地衣、Palicella lueckingii2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アトラノリン類/atranorins, チリ/Chile, ナンヨウスギ属/Araucaria, ナンヨウスギ科/Araucariaceae, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ラ・アラウカニア州/Araucanía, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyPalicella lueckingii (Lecanorales, Ascomycota), a new lichen species inhabiting Araucaria from the extratropical South Americaチリの温帯林においてチリマツの樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Palicella lueckingiiとして新種記載した。本種は分子系統解析でPalicella属クレードに含まれ、同属の4番目の種として記載した。本種は同属他種とは子器の粉霜や子嚢胞子のサイズ、地衣成分などで区別された。Palicella lueckingii★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05029中国福建省産のHeteroconium属1新種2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ツバキ科/Theaceae, ヒメツバキ属/Schima, 中国/China, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 福建省/FujianA new species of Heteroconium from Fujian, China中国福建省の熱帯林においてヒメツバキ属植物の枯れ枝に生じた菌を検討し、Heteroconium schimaeとして新種記載した。本種は分生子が広紡錘形、倒棍棒形、円筒形で最大4つが鎖生し、0-6隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは分生子形成細胞の形態、分生子のサイズや隔壁などで区別された。Heteroconium schimae★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Antennulariellaceae/アンテニュラリエラ科
R3-05028中国、哈納斯における地衣類の新産種2015Plant Diversity and Resources2015年の論文/published in 2015, Plant Diversity and Resources, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichenA New Record of Lichen Genus from Kanas, China中国、新疆ウイグル自治区の哈納斯から中国新産種としてPlacynthiella oligotrophaを報告した。本種は従来ヨーロッパおよび韓国から知られており、Placynthiella属地衣の中国からの報告は初となった。本種は森林において焼け焦げた材の上に発生していた。Placynthiella oligotropha■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱
R3-05027タイ産のHalocyphina属に関連する海生不完全糸状菌の新属新種、Marinophialophora garethjonesii2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Halocyphina属, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, フウリンタケ科, ペッチャブリー県/Phetchaburi, マングローブ林/mangrove forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 潮間帯/intertidal zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of sporesMarinophialophora garethjonesii gen. et sp. nov.: a new hyphomycete associated with Halocyphina from marine habitats in Thailandタイの潮間帯においてマングローブの腐朽材に生じたHalocyphina属菌から分離された菌を検討し、新属新種Marinophialophora garethjonesiiとして記載した。本属は分生子柄が分化分生子柄で隔壁を有し、分生子形成様式がフィアロ型で、分生子が求基的に鎖生し隔壁を欠くすることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でヘルポトリキエラ科に含まれることが示唆された。Marinophialophora garethjonesii★
R3-05026タイ産のエンドファイトの新種、Pseudoplagiostoma dipterocarpi2016Mycoscience2016年の論文/published in 2016, Mycoscience, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, フタバガキ属/Dipterocarpus, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 表面殺菌法/surface sterilization methodPseudoplagiostoma dipterocarpi sp. nov., a new endophytic fungus from Thailandタイ、チエンマイ県においてDipterocarpus tuberculatusの葉からエンドファイトとして分離された菌を検討し、Pseudoplagiostoma dipterocarpiとして新種記載した。本種は同属他種よりも分生子が長いことなどで特徴づけられた。新種を含む本属菌の検索表を掲載した。Pseudoplagiostoma dipterocarpi★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-05025タイ新産属、Singerocybe属2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, リター菌/litter fungi, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 配列決定/sequencingFirst report of Singerocybe in Thailandタイ、チエンマイ県で採集された菌をSingerocybe alboinfundibuliformisと同定した。本報告はSingerocybe属のタイからの初報告となった。本種との同定はITS領域の塩基配列データからも裏付けられた。Singerocybe alboinfundibuliformis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05024ケニア産の食用きのこの新種、Macrolepiota aberdarense2018Current Research in Environmental & Applied Mycology2018年の論文/published in 2018, Current Research in Environmental & Applied Mycology, ケニア/Kenya, 中央州(ケニア)/Central Province (Kenya), 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 草地/grassland, 食用きのこ/edible mushroomsMacrolepiota aberdarense, a new edible mushroom from Kenyaケニアのアバーディア・フォレストで採集された菌を検討し、Macrolepiota aberdarenseとして新種記載した。本種は子実体が大型で黄褐色~帯褐色の小粒状の小鱗片を伴い、中丘が顕著で、担子胞子が小型楕円形であることなどで特徴づけられた。ITS領域に基づく分子系統解析を実施し、近縁種のM. dolichaulaと形態形質を比較した。Macrolepiota aberdarense★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05023新種Fusarium metavorans:頻繁に生じる日和見感染菌「FSSC6」2018Medical Mycology2018年の論文/published in 2018, M38-A2, Medical Mycology, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アッティカ地方/Attica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カミキリムシ科/Cerambycidae, ギリシャ/Greece, ゴマダラカミキリ属, ヒト病原菌/human pathogen, リニアグロース/linear growth, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗真菌薬耐性/antifungal drug resistance, 新種記載/new species, 日和見感染症/opportunistic infection, 最大生長温度/maximum growth temperature, 水試料/water sample, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 腐生菌/saprobe, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 臨床検体/clinical specimens, 色素産生/pigment production, 複合種/species complexFusarium metavorans sp. nov.: The frequent opportunist ‘FSSC6’「FSSC6(Fusarium solani複合種第6系統)」として広く知られてきた菌をFusarium metavoransとして新種記載した。本種はギリシャにおいて肺癌患者の胸水から分離され、ツヤハダゴマダラカミキリの腸内、土壌などからも分離された。本種は大分生子を形成せず、37°Cで生育可能であり、幅広い抗真菌薬に耐性を示した。Fusarium metavorans★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05022ブラジル産のサボテンのエンドファイトであるToxicocladosporium属新種、および新属Neocladosporiumの記載2017IMA fungus2017年の論文/published in 2017, Banksia属, Ficinia属, Hakea属, IMA fungus, Kunzea属, Melocactus属, Petrophile属, Phaenocoma属, Pilosocereus属, Posoqueria属, Protea属, TreeBASE, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, カヤツリグサ科/Cyperaceae, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, キク科/Asteraceae, ギンヨウジュ属/Leucadendron, ゴクラクチョウカ属/Strelitzia, ゴクラクチョウカ科/Strelitziaceae, サボテン科/Cactaceae, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ヒト病原菌/human pathogen, フトモモ科/Myrtaceae, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤマモガシ科/Proteaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, リター菌/litter fungi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水試料/water sample, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 臨床検体/clinical specimens, 色素産生/pigment production, 菌核/sclerotium, chNew endophytic Toxicocladosporium species from cacti in Brazil, and description of Neocladosporium gen. nov.ブラジルの熱帯林においてサボテンのエンドファイトとして分離された菌を検討し、Toxicocladosporium cactiおよびT. immaculatumの2新種を記載した。Toxicocladosporium属のタイプ由来菌株全てを調査し、分子系統解析を実施して本属に13種を認めた。T. leucadendriに対して新属Neocladosporiumを提唱した。Neocladosporium leucadendri▲ / Toxicocladosporium banksiae / Toxicocladosporium cacti★ / Toxicocladosporium chlamydosporum / Toxicocladosporium ficiniae / Toxicocladosporium hominis / Toxicocladosporium immaculatum★ / Toxicocladosporium irritans / Toxicocladosporium pini / Toxicocladosporium posoqueriae / Toxicocladosporium protearum / Toxicocladosporium pseudovelox / Toxicocladosporium rubrigenum / Toxicocladosporium strelitziaeAscomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目
R3-05021Bulleribasidiumクレードの担子菌アナモルフ酵母に対する分子系統解析に基づく新属Mingxiaeaの提唱、および6新組み合わせと4新種2011International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2011年の論文/published in 2011, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イネ科/Poaceae, ウレアーゼ試験/urease test, キビ属/Panicum, デンプン/starch, ノボタン属/Melastoma, ノボタン科/Melastomataceae, ビタミン要求性/vitamin requirement, ユビキノン/ubiquinone, ラン科/Orchidaceae, 中国/China, 二型性/dimorphism, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 射出胞子/ballistospore, 山地/mountains, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 海南省/Hainan, 発酵試験/fermentation test, 胞子射出/spore discharge, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastProposal of Mingxiaea gen. nov. for the anamorphic basidiomycetous yeast species in the Bulleribasidium clade (Tremellales) based on molecular phylogenetic analysis, with six new combinations and four novel speciesBulleribasidiumクレードの射出分生子形成性アナモルフ酵母に対して新属Mingxiaeaを提唱した。従来Bullera属に含まれていた6種を本新属に移した。また、中国海南省において葉から分離された4新種を本新属に加えた。Mingxiaea begoniae▲ / Mingxiaea foliicola★ / Mingxiaea hainanensis★ / Mingxiaea panici▲ / Mingxiaea pseudovariabilis▲ / Mingxiaea sanyaensis★ / Mingxiaea setariae▲ / Mingxiaea siamensis▲ / Mingxiaea variabilis▲ / Mingxiaea wuzhishanensis★Basidiomycota/担子菌門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目
R3-05020中国産の裂芽を有するモジゴケ属地衣の1新種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 広東省/Guangdong, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA new isidiate species of Graphis (lichenised Ascomycotina) from China中国広東省において広葉樹の樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Graphis guangdongensisとして新種記載した。本種は地衣体に裂芽を有し、果殻が完全に炭化し、子嚢胞子に横隔壁を有し、地衣成分を欠くことなどで特徴づけられた。本種は裂芽と子嚢胞子の横隔壁を有する3番目のモジゴケ属地衣となった。Graphis guangdongensis★Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科
R3-05019中国産Antrodia heteromorpha複合種の系統解析および分類2015Mycoscience2015年の論文/published in 2015, Mycoscience, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 浙江省/Zhejiang, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 雲南省/YunnanPhylogenetic analysis and taxonomy of the Antrodia heteromorpha complex in China中国産Antrodia heteromorpha複合種を検討し、A. subserpensを新種記載した。本種は褐色腐朽菌であり、子実体が一年生で背着生~半背着生、担子胞子が楕円形~長楕円形、シスチジオールが棍棒形、2菌糸型であることなどで特徴づけられた。A. heteromorpha複合種の検索表および形質比較表を掲載した。Antrodia subserpens★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-05018フィンランド、ラップランド産のヨーロッパ新産種、Chaenothecopsis marcineae2017Graphis Scripta2017年の論文/published in 2017, Graphis Scripta, トウヒ属/Picea, フィンランド/Finland, フィンランド新産種/Finland_new record, マツ科/Pinaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, ラッピ県/Lappi, 北欧新産種/Nordic_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹脂生菌/resin inhabiting fungusChaenothecopsis marcineae new to Europe from Lapland, Finlandフィンランドのラップランドからピンゴケ類非地衣の一種、Chaenothecopsis marcineaeを東半球およびヨーロッパ新産種として報告した。本種は森林においてドイツトウヒの樹脂に生じていた。本種は他種との混同は考えづらく、広範に分布すると思われるが、そのサイズと微小生息環境から見過ごされてきたと考えられた。Chaenothecopsis marcineae■Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科
R3-05017タイの熱帯林に産した不完全糸状菌の2新種、Lauriomyces cylindricusおよびLauriomyces ellipticus2007Nova Hedwigia2007年の論文/published in 2007, Nova Hedwigia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, スラートターニー県/Surat Thani, タイ/Thailand, ナコーンナーヨック県/Nakhon Nayok, リター菌/litter fungi, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 腐生菌/saprobeLauriomyces cylindricus and Lauriomyces ellipticus spp. nov., two new hyphomycetes from tropical forest of Thailandタイの熱帯林からLauriomyces cylindricusおよびLauriomyces ellipticusの2新種を記載した。前者は枯れ葉のリター、後者は腐朽果実からそれぞれ湿室法で得られた。前者は分生子が長い円筒形、後者は分生子が比較的小型の楕円形であることなどで特徴づけられた。Lauriomyces cylindricus★ / Lauriomyces ellipticus★Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱
R3-05016ズキンタケ綱の新系統Lauriomyces属、および3新種2017Cryptogamie Mycologie1F=1N, 2017年の論文/published in 2017, Cryptogamie Mycologie, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ナコーンラーチャシーマー県/Nakhon Ratchasima, ニュージーランド/New Zealand, ニュージーランド新産種/New Zealand_new record, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 熱帯域/tropics, 腐生菌/saprobeLauriomyces, a New Lineage in the Leotiomycetes with Three New Speciesタイ、ナコーンラーチャシーマー県において腐朽葉から分離されたLauriomyces acerosus、L. basitruncatus、およびL. glumateusの3新種を記載した。これらの新種はそれぞれ円筒形で鋭頭の分生子、円筒形で基部が截断状の分生子、狭卵形の分生子などで特徴づけられた。また、Haplographium catenatumを命名規約に従ってDematioscypha属に移した。Dematioscypha catenata▲ / Lauriomyces acerosus★ / Lauriomyces basitruncatus★ / Lauriomyces bellulus■ / Lauriomyces glumateus★Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Hyaloscyphaceae/ヒアロスキファ科
R3-05015堆肥およびハイビスカスから分離されたFusarium solani複合種の2新種2018Antonie van Leeuwenhoek2018年の論文/published in 2018, Antonie van Leeuwenhoek, Fusarium MLST, Fusarium-ID, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, コンタミ/contamination, ドイツ/Germany, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, バイオアッセイ/bioassay, フヨウ属/Hibiscus, ヘッセン州/Hessen, リニアグロース/linear growth, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 堆肥/compost, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 枝枯病/branch blight, 栄養摂取様式/nutrition style, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 病害評価尺度/disease rating scale, 統計解析/statistical analysis, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 萎凋病/wilt, 複合種/species complexTwo new species of the Fusarium solani species complex isolated from compost and hibiscus (Hibiscus sp.)ドイツにおいて庭園の生ゴミ堆肥および萎凋病のハイビスカスから分離された菌を検討し、それぞれFusarium stercicolaおよびF. witzenhausenenseとして新種記載した。形態学的検討および分子系統解析により両種がFusarium solani複合種クレード3に含まれることを示した。接種試験により両種が複数のマメ科植物に対して病原性を有することを示し、宿主特異性を否定する結果を得た。Fusarium stercicola★ / Fusarium witzenhausenense★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05014タイ南部産標本の形態型およびDNA配列データに基づくタコノキ科植物葉由来エンドファイトの同定2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, タイ/Thailand, タコノキ属/Pandanus, タコノキ科/Pandanaceae, チュムポーン県/Chumphon, ツルアダン属/Freycinetia, ラノーン県/Ranong, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 生物多様性調査/biodiversity survey, 表面殺菌法/surface sterilization methodIdentification of endophytic fungi from leaves of Pandanaceae based on their morphotypes and DNA sequence data from southern Thailandタイのチュムポーン県およびラノーン県においてタコノキ科樹木の葉からエンドファイトとして分離された菌を検討し、8種類の形態型に分けた。分子系統解析の結果、それらが16分類群からなることが示され、形態型が実際の種に対応していなかった。1新属 (Endopandanicola) および7新種(不稔の種を含む)を記載し、その他に9つの既知種を同定した。Alternaria burnsii / Cladosporium endophyticum★ / Colletotrichum fructicola / Colletotrichum pandanicola★ / Diaporthe pandanicola★ / Diaporthe siamensis / Endomelanconiopsis freycinetiae★ / Endopandanicola thailandica★ / Lasiodiplodia theobromae / Massarina pandanicola★ / Meyerozyma caribbica / Mycoleptodiscus endophyticus★ / Pestalotiopsis jiangxiensis / Pestalotiopsis microspora / Phanerochaete chrysosporium / Phyllosticta capitalensisDothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellaceae/グロメレラ科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Massarinaceae/マッサリナ科_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Debaryomycetaceae/デバリオマイセス科_Magnaporthaceae/マグナポルテ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-05013フィラコラ目菌類の系統分類:5遺伝子座に基づく目間および目内の系統関係2017Persoonia2017年の論文/published in 2017, Mesquite, Persoonia, Picramnia属, TreeBASE, エピタイプ指定/epitype designation, コスタリカ/Costa Rica, サンホセ州/San Jose, スペルマチア/spermatia, タイプスタディ/type study, パナマ/Panama, ピクラムニア科, ホストシフト/host shift, 仮説提唱/hypothesis proposed, 共有派生形質/synapomorphy, 共種分化/co-speciation, 共進化/coevolution, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新科提唱/new family, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 祖先形質推定/ancestral character estimation, 種分化/speciation, 絶対寄生菌/obligate parasite, 黒ごま病/kurogoma-byo (tar spot), 黒紋病/tar spot, 黒脂病/kuroyani-byo (tar spot)Phylogeny of the order Phyllachorales (Ascomycota, Sordariomycetes): among and within order relationships based on five molecular lociフィラコラ目菌類の複数遺伝子に基づく分子系統解析を実施し、本目がフンタマカビ綱に含まれること、ボリニア目に近縁であることなどを確かめた。本目の祖先は単子葉植物を宿主とし、子嚢殻が埋生し、黒色の子座を有すると推定された。フィラコラ科が2つの系統からなることを示し、子嚢殻周囲に黒色の偽子座を有することなどで特徴づけられる新科テリメナ科を提唱した。Telimena aequatoriensis▲ / Telimena bicincta / Telimena canafistulae▲ / Telimena engleri▲ / Telimena leeae▲ / Telimena picramniae▲ / Telimena ulei▲ / Telimena zanthoxylicola▲Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Phyllachorales/フィラコラ目
R3-05012メキシコ、ベラクルス州においてカゲロウ目およびカワゲラ目若虫の消化管に生息するハルペラ目菌類2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Baetis属, Leptohyphes属, Mycologia, Tricorythodes属, オナシカワゲラ科/Nemouridae, コカゲロウ科/Baetidae, トビイロカゲロウ科/Leptophlebiidae, トリコミケス類/Trichomycetes, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 属概念/genus concept, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 水温/water temperature, 水生昆虫/aquatic insect, 水辺/waterside, 河川/river, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異所的種分化/ectopic speciation, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 降水量/precipitation, 隔離分布/disjunct distribution, 雲霧林/cloud forestHarpellales in the digestive tracts of Ephemeroptera and Plecoptera nymphs from Veracruz, Mexicoメキシコ、ベラクルス州で採集されたカゲロウ目およびカワゲラ目若虫の内部共生菌を検討し、ハルペラ目菌類をメキシコから初めて報告した。Allantomyces zopilotei、Bojamyces olmecensis、Gauthieromyces viviparus、およびGraminella ophiuroideaの4新種を記載した。また、Lancisporomyces nemouridarumおよびZygopolaris ephemeridarumをメキシコ新産種として報告した。Allantomyces zopilotei★ / Bojamyces olmecensis★ / Gauthieromyces viviparus★ / Graminella ophiuroidea★ / Lancisporomyces nemouridarum■ / Zygopolaris ephemeridarum■Legeriomycetaceae/レゲリオマイセス科
R3-05011コロンビア新産の大型菌類 (1):アンティオキア県メデジンの都市環境に産した大型菌類2011Actualidades Biológicas2011年の論文/published in 2011, Actualidades Biológicas, アンティオキア県/Antioquia, イチジク属/Ficus, ウルシ科/Anacardiaceae, キンキジュ属/Pithecelobium, クワ科/Moraceae, コロンビア/Columbia, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, バンジロウ属/Psidium, フトモモ科/Myrtaceae, マメ科/Fabaceae, マンゴー属/Mangifera, 堆肥/compost, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 都市環境/urban environment, 降水量/precipitationNuevos registros de macromicetes de Colombia i. Macromicetes recolectados en zonas urbanas de Medellín (Antioquia)コロンビア、メデジンにあるアンティオキア大学のキャンパスに発生した大型菌類の子実体を11年間にわたって採集した。28種を同定し、そのうち26種が担子菌、2種が子嚢菌であった。コロンビア新産種として8種、アンティオキア県新産種として6種を報告した。Agaricus bisporus / Auricularia fuscosuccinea / Auricularia polytricha■ / Calvatia cyathiformis■ / Chlorophyllum molybdites / Coprinellus disseminatus / Coprinus comatus / Coriolopsis polyzona■ / Cyathus striatus■ / Cyptotrama asprata■ / Favolus tenuiculus / Hexagonia hydnoides / Lactocollybia epia■ / Lentinus crinitus / Lentinus strigellus■ / Lepista subisabellina / Lycoperdon pyriforme■ / Macrocystidia occidentalis■ / Oudemansiella canarii / Oudemansiella platensis / Polyporus philippinensis■ / Psilocybe caerulescens■ / Pycnoporus sanguineus / Schizophyllum commune / Schizophyllum umbrinum■ / Tetrapyrgos nigripes / Xylaria arbuscula■ / Xylaria curta■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05010メキシコ新産のクロイボタケ綱菌類2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Baccharis属, Mycotaxon, アカシア属/Acacia, イネ科/Poaceae, オアハカ州/Oaxaca, キク科/Asteraceae, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, ケレタロ州/Queretaro, ゲレーロ州/Guerrero, タケ生息菌/bambusicolous fungus, タバスコ州/Tabasco, タマウリパス州/Tamaulipas, チアパス州/Chiapas, トガサワラ属/Pseudotsuga, ナンバンサイカチ属/Cassia, ヌエボ・レオン州/Nuevo León, プエブラ州/Puebla, ベラクルス州/Veracruz, ホウライチク属/Bambusa, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, ユカタン州/Yucatan, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 稀産種/rare species, 遺存林/relict forests, 雲霧林/cloud forestNew records of Dothideomycetes from MexicoメキシコからHeptameria obesaなど10種のクロイボタケ綱菌類を報告した。そのうち5種をメキシコ新産種として報告し、記載文などを掲載した。また、その他にベラクルス州、プエブラ州など各州における新産種5種を報告した。Anteaglonium abbreviatum■ / Astrosphaeriella trochus■ / Gloniopsis praelonga■ / Heptameria obesa■ / Hysterobrevium mori■ / Leptospora rubella■ / Macrovalsaria leonensis■ / Oedohysterium insidens■ / Psiloglonium clavisporum■ / Rhytidhysteron rufulum■Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目
R3-05009韓国産のグリセオフルビン産生性クロサイワイタケ科エンドファイトの新属新種、Abieticola koreana2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, グリセオフルビン類, シンネマ形成菌/synnematous fungus, マイコトキシン/mycotoxin, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 培養性状/colony characteristics, 大田広域市/Daejeon, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 抗真菌薬/antifungal drug, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水分活性/water activity, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 生長速度/growth rate, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South KoreaAbieticola koreana gen. et sp. nov., a griseofulvin-producing endophytic xylariaceous ascomycete from Korea韓国、大田広域市においてモミ属樹木の樹皮から分離されたエンドファイトの一種を検討し、新属新種Abieticola koreanaとして記載した。本種はグリセオフルビンおよびデクロログリセオフルビンの2種の抗真菌物質を産生する未知のXylaria属菌とされていた。本種はPoronia属類似のシンネマを形成し、分生子形成菌糸がコイル状で、テレオモルフは確認されなかった。Abieticola koreana★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05008パキスタンにおいてキワタに生じた菌類の新記録 (2)2016International Journal of Biology and Biotechnology2016年の論文/published in 2016, International Journal of Biology and Biotechnology, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キワタ属/Bombax, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), 分生子果不完全菌/coelomycetes, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungusNew Fungal Records on Bombax ceiba Linn. from Pakistan. II.パキスタン、ファイサラーバードにおいて、3種と1品種のキワタにおける発生を初めて報告した。Triadelphia inquinans、Fusarium semitectum、Lasiodiplodia theobromae、およびTorula herbarum f. quaternellaを報告した。そのうちT. inquinansをパキスタン新産種として報告した。Fusarium semitectum / Lasiodiplodia theobromae / Torula herbarum / Triadelphia inquinans■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-05007韓国新産のミズアブ科幼虫の腸から分離されたケカビ目2種2016Mycobiology2016年の論文/published in 2016, Mycobiology, ガマ属/Typha, ガマ科/Typhaceae, ミズアブ科, リニアグロース/linear growth, 光州広域市/Gwangju, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 水生昆虫/aquatic insect, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordCharacterization of Two New Records of Mucoralean Species Isolated from Gut of Soldier Fly Larva in Korea韓国においてミズアブ科幼虫の腸から分離された2種の菌を検討し、Mucor irregularisおよびM. fragilisと同定した。両種は韓国新産種であり、ミズアブ科幼虫からのケカビ属菌の報告も初であった。3種類の寒天培地で異なる温度における生長速度を測定した。Mucor fragilis■ / Mucor irregularis■
R3-05006新熱帯産盤菌類の研究:ドミニカ共和国産のGeodina属1新種 (Geodina salmonicolor)2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, ドミニカ共和国/Dominican Republic, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 腐植土/humusContribution to the study of neotropical discomycetes: a new species of the genus Geodina (Geodina salmonicolor sp. nov.) from the Dominican Republicドミニカ共和国で採集された菌を検討し、Geodina salmonicolorとして新種記載した。本種は子実層面が鮭肉色で外面に環紋を生じ、柄が先細りになり、子嚢胞子が楕円形またはレモン形、毛に隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種はnrLSUに基づく分子系統解析でWynnea属に近縁であった。Geodina salmonicolor★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科
R3-05005インド、カルナータカ州の西ガーツ地域におけるハラタケ類菌類相の多様性2016Current Research in Environmental & Applied Mycology2016年の論文/published in 2016, Current Research in Environmental & Applied Mycology, インド/India, インド新産種/India_new record, カルナータカ州/Karnataka, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationDiversity of agaric mycota of Western Ghats of Karnataka, Indiaインド、カルナータカ州の森林で採集された15種のハラタケ目菌類を報告した。そのうちCrepidotus payettensisをインド新産種として報告した。また、Cyptotrama asprataなど6種をカルナータカ州新産種として報告し、計60属132種からなる目録を掲載した。Anthracophyllum nigritum / Chlorophyllum molybdites■ / Coprinellus disseminatus / Crepidotus payettensis■ / Cyptotrama asprata■ / Cystoagaricus trisulphuratus / Hygrocybe acutoconica■ / Hygrocybe alwisii■ / Hygrocybe astatogala / Hypholoma subviride■ / Lactocollybia epia■ / Leucocoprinus birnbaumii / Oudemansiella furfuracea■ / Termitomyces clypeatus / Termitomyces microcarpusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Agaricaceae/ハラタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Inocybaceae/アセタケ科_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Lyophyllaceae/シメジ科
R3-05004北米の五大湖地域に産した岩上生地衣の新種、Lecanora carlottiana2012The Bryologist2012年の論文/published in 2012, The Bryologist, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, キサントン類/xanthones, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyLecanora carlottiana, a new saxicolous lichen species from the Great Lakes region of North Americaカナダ、オンタリオ州において垂直な石灰岩の崖に生じた地衣の一種を検討し、Lecanora carlottianaとして新種記載した。本種は地衣体が白色で比較的薄く、亀裂状~小区画状、子器に豊富な粉霜を伴い、子実上層に小粒を含み、側糸が分枝することなどで特徴づけられた。本種の採集地マップおよび同属他種との形質比較表を掲載した。Lecanora carlottiana★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-05003インド、ケララ州産の褐色の胞子を有する2種の特筆すべきハラタケ類2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, アジアゾウ属/Elephas, インド/India, インド新産種/India_new record, ケララ州/Kerala, ゾウ科/Elephantidae, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 標本入手不可/specimen not available, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore printOn two remarkable brown-spored agarics from Kerala State, Indiaインド、ケララ州で採集された菌を検討し、Tubaria virescensとして新種記載した。本種は傷つくと青緑色に変色し、担子胞子が顕著に大型の類円筒形であり、側シスチジアを有し、クランプを欠くことなどで特徴づけられた。また、ゾウの糞に発生したPanaeolina rhombispermaをインド新産種として報告するとともに、本種がナヨタケ属に移される可能性を示唆した。Panaeolina rhombisperma■ / Tubaria virescens★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05002ボトリオスフェリア科の新種のアナモルフ菌、Aplosporella prunicola2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サクラ属/Prunus, バラ科/Rosaceae, リンポポ州/Limpopo, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 南アフリカ/South Africa, 単胞子分離/single spore isolation, 宿主特異性/host specificity, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 胞子形成誘導/sporulation inductionAplosporella prunicola, a novel species of anamorphic Botryosphaeriaceae南アフリカにおいてネクタリンの枯れ枝から分離された菌を検討し、Aplosporella prunicolaとして新種記載した。本種は培養下で容易に分生子殻を形成し、分生子が暗褐色、広楕円形~類円筒形であり、側糸が無色で分枝することなどで特徴づけられた。本種の病原性、潜在的宿主範囲などは明らかでなかった。Aplosporella prunicola★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-05001メキシコ新産のFomitiporia属菌2012Revista Mexicana de Biodiversidad2012年の論文/published in 2012, Revista Mexicana de Biodiversidad, イダルゴ州/Hidalgo, オアハカ州/Oaxaca, カンペチェ州/Campeche, グアナフアト州/Guanajuato, ケレタロ州/Queretaro, ゲレーロ州/Guerrero, コアウイラ州/Coahuila, コナラ属/Quercus, コリマ州/Colima, サン・ルイス・ポトシ州/San Luis Potosí, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ソノラ州/Sonora, タマウリパス州/Tamaulipas, チワワ州/Chihuahua, ドゥランゴ州/Durango, ヌエボ・レオン州/Nuevo León, ハリスコ州/Jalisco, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ブナ科/Fagaceae, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, メヒコ州/Estado de Mexico, モレロス州/Morelos, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeNuevos registros del género Fomitiporia (Hymenochaetales, Basidiomycota) en Méxicoメキシコ新産種としてFomitiporia apiahynaなど6種のFomitiporia属菌を報告した。また、F. sonoraeをケレタロ州新産種として報告した。各種の分布地図、種の検索表などを掲載した。Fomitiporia apiahyna■ / Fomitiporia calkinsii■ / Fomitiporia dryophila■ / Fomitiporia langloisii■ / Fomitiporia maxonii■ / Fomitiporia sonorae■ / Fomitiporia texana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05000中国南部産の新種Xylaria spinulosaおよびX. atrosphaerica2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海南省/Hainan, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 貴州省/GuizhouXylaria spinulosa sp. nov. and X. atrosphaerica from southern China中国南部から新種Xylaria spinulosaおよび中国新産種X. atrosphaericaを報告した。前者は棍棒形の子座の表面を長い刺が覆うこと、発芽溝が胞子の半分の長さであることなどで特徴づけられた。両種は分子系統解析でX. polymorpha複合種のクレードに含まれた。Xylaria atrosphaerica■ / Xylaria spinulosa★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04999水生の新規ケートスフェリア科不完全糸状菌2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 腐生菌/saprobeNovel chaetosphaeriaceous hyphomycetes from aquatic habitatsタイで採集された淡水生のアナモルフ菌を検討し、水中に沈んだ材から3種のケートスフェリア科菌類を見出した。Dictyochaeta siamensisおよびTainosphaeria siamensisの2新種を記載した。残りのMenisporopsis theobromaeについては初めて塩基配列データを取得した。Dictyochaeta siamensis★ / Menisporopsis theobromae / Tainosphaeria siamensis★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科
R3-04998パキスタン産のInospermaクレードの新種、Inocybe shawarensis2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, コナラ属/Quercus, パキスタン/Pakistan, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitationInocybe shawarensis sp. nov. in the Inosperma clade from Pakistanパキスタン、スワート地区のオーク林に生じた菌を検討し、Inocybe shawarensisとして新種記載した。本種は傘が褐色鐘形で繊維状、襞が帯灰色、柄の基部が僅かに塊茎状、担子胞子が小型の豆形、縁シスチジアが棍棒形であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でInospermaクレード、Maculataサブクレードに含まれた。Inocybe shawarensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04997Svanhildur Svane氏コレクションにおけるアイスランド産地衣2014Botanica Lithuanica2014年の論文/published in 2014, Botanica Lithuanica, アイスランド/Iceland, アイスランド新産種/Iceland_new record, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, ナナカマド属/Sorbus, バラ科/Rosaceae, ヒロハセンニンゴケ属/Baeomyces, ヒロハセンニンゴケ科/Baeomycetaceae, 北アイスランド西部, 南アイスランド, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 東アイスランド/Austfirðir, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類学者/mycologist, 葉状地衣/foliose lichen, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 西アイスランドLichens from Iceland in the Collection of Svanhildur SvaneアイスランドにおいてSvanhildur Svane氏により採集された、コペンハーゲン大学植物博物館収蔵の地衣類標本を検討した。Agonimia tristiculaなど11種をアイスランド新産種として報告した。また、6種をアイスランドの特定の地域における新産種として報告した。Agonimia tristicula■ / Arctomia delicatula■ / Aspicilia mashiginensis■ / Coccotrema citrinescens■ / Euopsis pulvinata■ / Fuscidea tenebrica■ / Gyalecta flotowii■ / Gyalidea fritzei■ / Lecania baeomma■ / Lithographa tesserata■ / Pyrenopsis grumulifera■ / Pyrenopsis haemaleella■ / Rimularia fuscosora■ / Steinia geophana■ / Thelidium submethorium■ / Thelignya lignyota■ / Umbilicaria nylanderiana■Ascomycota/子嚢菌門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Coccotremataceae/コッコトレマ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Fuscideaceae/フスキデア科_Ostropales/オストロパ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科_Gomphillaceae/ヒゲゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Aphanopsidaceae/アファノプシス科_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-04996トルコにおいて石灰岩に生じたアジア新産のクロサビゴケ科地衣3種、およびPlacynthium posterulumの子器の記載2015Herzogia2015年の論文/published in 2015, Herzogia, アジア新産種/Asia_new record, トルコ新産種/Turkey_new record, ブルドゥル県/Burdur, 切片/section, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 葉状地衣/foliose lichen, 藍藻地衣/cyanolichenThree Placynthiaceae reported new to Asia from limestone in Turkey, with the description of the apothecia of Placynthium posterulumトルコにおいて石灰岩に生じたCollolechia caesia、Placynthium hungaricum、およびP. posterulumをアジア新産種として報告した。また、従来不稔の種として知られていたP. posterulumの子器を報告した。本種の子器は果托の縁を有し、この特徴はP. stenophyllumのみで知られていたことから、両種の類縁性が示唆された。Collolechia caesia■ / Placynthium hungaricum■ / Placynthium posterulum■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Placynthiaceae/クロサビゴケ科
R3-04995地衣類および地衣生菌類の研究(その21):Lambiella caecaおよびL. fuscosoraについて2018Opuscula Philolichenum2018年の論文/published in 2018, Opuscula Philolichenum, Oxydendrum属, アパラチア山脈/Appalachian Mountains, オキセピン類/oxepins, オンタリオ州/Ontario, カエデ属/Acer, カナダ新産種/Canada_new record, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, サウスカロライナ州/South Carolina, ジョージア州/Georgia, スチクチン酸類/stictic acids, タイプスタディ/type study, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トウヒ属/Picea, ナナカマド属/Sorbus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒノキ属/Chamaecyparis, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モミ属/Abies, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 痂状地衣/crustose lichen, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentificationStudies in Lichens and Lichenicolous Fungi – No. 21: Notes on Lambiella caeca and L. fuscosoraLambiella caecaを米国のアパラチア山脈南部から報告した。また、北米産のLambiella fuscosoraがJapewiella dollypartonianaであることを示した。Japewiella属およびJ. dollypartonianaをカナダ新産属/新産種として報告した。Japewiella dollypartoniana■ / Lambiella caeca■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱
R3-04994ツバキ属を宿主とするPestalotiopsis属および類縁属:中国産11新種の記載2017Scientific Reports2017年の論文/published in 2017, Scientific Reports, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オークランド地方/Auckland, クスノキ科/Lauraceae, チベット自治区/Tibet, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, ニュージーランド/New Zealand, ヒサカキ属/Eurya, モッコク科/Ternstroemiaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 四川省/Sichuan, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江西省/Jiangxi, 浙江省/Zhejiang, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 生物多様性調査/biodiversity survey, 福建省/Fujian, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 胞子形成誘導/sporulation induction, 貴州省/Guizhou, 雲南省/YunnanPestalotiopsis and allied genera from Camellia, with description of 11 new species from China中国の8省でチャノキなどのツバキ属植物から分離されたPestalotiopsis属および類縁属の菌を検討した。3属19種を認め、そのうちPestalotiopsis属8種およびPseudopestalotiopsis属3種を新種記載した。Pestalotiopsis属の形質のうち分生子基部付属糸の数、分枝パターン、および長さが重要であることが示された。Pestalotiopsis aggestorum★ / Pestalotiopsis brachiata★ / Pestalotiopsis dilucida★ / Pestalotiopsis jiangxiensis★ / Pestalotiopsis jinchanghensis★ / Pestalotiopsis longiappendiculata★ / Pestalotiopsis lushanensis★ / Pestalotiopsis yanglingensis★ / Pseudopestalotiopsis ampullacea★ / Pseudopestalotiopsis camelliae-sinensis★ / Pseudopestalotiopsis chinensis★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱
R3-04993Mycosphereノート 102-168:中国、イタリア、ロシア、およびタイ産のブドウ属植物に生じた腐生菌類2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンラーイ県/Chiang Rai, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ロシア/Russia, ロストフ州/Rostov, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 北京市/Beijing, 単胞子分離/single spore isolation, 卵菌類/Oomycetes, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 栄養摂取様式/nutrition style, 根圏/rhizosphere, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 異隔壁/distoseptum, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 軟腐病/soft rot, 都市環境/urban environment, 雲南省/YunnanMycosphere Notes 102–168: Saprotrophic fungi on Vitis in China, Italy, Russia and Thailand中国、イタリア、ロシア、およびタイにおいてブドウ属植物から分離された27科42属62分類群を報告した。Alternaria italicaおよびAlfaria vitisの2新種を記載した。また、複数種について新宿主、新生活様式、新規分布などを記録した。Actinomucor elegans■ / Albifimbria verrucaria / Albifimbria viridis / Alfaria cyperi-esculenti / Alfaria vitis★ / Alternaria alternata / Alternaria italica★ / Alternaria vitis / Angustimassarina populi / Aspergillus aculeatus / Aspergillus niger / Aureobasidium pullulans■ / Bipolaris maydis■ / Botryosphaeria dothidea / Botrytis cinerea / Chaetomium globosum■ / Cladosporium cladosporioides / Cladosporium cucumerinum / Colletotrichum dematium■ / Colletotrichum godetiae■ / Colletotrichum hebeiense / Colletotrichum siamense■ / Colletotrichum truncatum / Colletotrichum viniferum / Coniella vitis / Cryptovalsa ampelina / Diaporthe ampelina / Diaporthe eres / Diaporthe rudis■ / Didymella negriana■ / Didymella pomorum / Diplodia seriata / Dothiorella iberica■ / Dothiorella sarmentorum / Epicoccum nigrum / Floricola viticola / Fusarium oxysporum / Fusarium sambucinum / Lophiostoma macrostomum / Mucor circinelloides■ / Mucor racemosus■ / Neoanthostomella viticola / Neofusicoccum italicum / Neofusicoccum parvum / Neomassaria fabacearum■ / Neopestalotiopsis clavispora / Neopestalotiopsis vitis / Penicillium brevicompactum / Penicillium citrinum / Penicillium terrigenum / Pestalotiopsis chamaeropis / Pseudocamarosporium propinquum / Pseudocercospora vitis■ / Pseudolachnea hispidula / Pseudopestalotiopsis camelliae-sinensis / Pythium amasculinum / Rhizopus oryzae / Seimatosporium vitis / Talaromyces amestolkiae / Talaromyces pinophilus / Talaromyces purpureogenus / Trichoderma atroviride / Trichoderma harzianum / Trichoderma lixiiMucorales/ケカビ目_Mucoraceae/ケカビ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Dothioraceae/ドチオラ科_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Sclerotiniaceae/キンカクキン科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科_Capnodiales/カプノディウム目_Glomerellaceae/グロメレラ科_Diaporthales/ディアポルテ目_Schizoparmaceae/シゾパルメ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Diatrypaceae/シトネタケ科_Diaporthaceae/ディアポルテ科_Didymellaceae/ディディメラ科_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Lophiostomataceae/ロフィオストマ科_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目_Massariaceae/マッサリア科_Didymosphaeriaceae/ディディモスフェリア科_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Pythiales/フハイカビ目_Pythiaceae/フハイカビ科_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-04992ブルガリア新産の稀産あるいは特筆すべき大型菌類2010Trakia Journal of Sciences2010年の論文/published in 2010, Trakia Journal of Sciences, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, ギョリュウ属/Tamarix, ギョリュウ科/Tamaricaceae, クマシデ属/Carpinus, クリ属/Castanea, ゲンゲ属/Astragalus, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, トウヒ属/Picea, トガサワラ属/Pseudotsuga, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, ベルン条約/Bern Convention, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, モミ属/Abies, リター菌/litter fungi, リラ山脈, 保全生態学/conservation ecology, 再発見/rediscovery, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 移入種/alien species, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌輪/fairy ring, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushroomsNew records of some rare and noteworthy larger fungi from Bulgariaブルガリアから稀産種や絶滅危惧種を含む25種の大型菌類を報告した。そのうちPterula multifidaをブルガリア新産種として報告した。ヌメリイグチ属の2種はそれぞれカラマツ属、トガサワラ属樹木を宿主とする移入種であった。Albatrellus pes-caprae / Amanita caesarea / Amanita strobiliformis■ / Cantharellus friesii / Clathrus ruber / Clavariadelphus pistillaris■ / Cortinarius violaceus■ / Cyathus olla■ / Geastrum triplex / Gomphus clavatus■ / Hericium coralloides■ / Inonotus tamaricis / Laccaria bicolor / Macrotyphula fistulosa / Macrotyphula juncea / Mutinus caninus / Phallus hadriani■ / Phylloporus pelletieri / Pisolithus arrhizus / Porphyrellus porphyrosporus / Pseudocraterellus sinuosus / Pterula multifida■ / Suillus grevillei / Suillus lakei / Suillus sibiricus / Tremiscus helvelloides / Tylopilus felleusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Albatrellaceae/ニンギョウタケモドキ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cantharellales/アンズタケ目_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Agaricaceae/ハラタケ科_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科_Hericiaceae/サンゴハリタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科_Typhulaceae/ガマノホタケ科_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科_Sclerodermataceae/ニセショウロ科_Pterulaceae/フサタケ科_Suillaceae/ヌメリイグチ科_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科
R3-04991インドのマングローブ林に産した新種Pontoporeia mangrovei、およびFalciformispora lignatilisの新たな地理的分布および宿主の記録2018Current Research in Environmental & Applied Mycology2018年の論文/published in 2018, Aegiceras属, Current Research in Environmental & Applied Mycology, アカザ科/Chenopodiaceae, インド/India, インド新産種/India_new record, キツネノマゴ科/Acanthaceae, サクラソウ科/Primulaceae, タミル・ナードゥ州/Tamil Nadu, ヒルギダマシ属/Avicennia, マツナ属/Suaeda, マングローブ林/mangrove forest, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungiPontoporeia mangrovei sp. nov, a new marine fungus from an Indian mangrove along with a new geographical and host record of Falciformispora lignatilisインドのマングローブ林において材に発生した海生菌の一種を検討し、Pontoporeia mangroveiとして新種記載した。本種は閉子嚢殻が半埋生~表在性、暗褐色~黒色で孔口を欠き、子嚢胞子が両洋独楽形~楕円形で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、Falciformispora lignalitisをインドのマングローブ林から初めて報告し、Aegiceras corniculatumを新宿主として報告した。Falciformispora lignatilis■ / Pontoporeia mangrovei★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱
R3-04990ケニアの熱帯山地林に産した地衣生菌の新属、Taitaia2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, Crocodia属, The Lichenologist, カブトゴケ科/Lobariaceae, ケニア/Kenya, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 山地/mountains, 撹乱地/disturbed place, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 海岸州(ケニア)/Coastal State (Kenya), 熱帯林/tropical forest, 走査型電子顕微鏡/SEMTaitaia, a novel lichenicolous fungus in tropical montane forests in Kenya (East Africa)ケニアの熱帯山地林においてCrocodia属地衣に生じた菌を検討し、新属新種Taitaia aureaとして記載した。分子系統解析で本種はヒゲゴケ科クレードに含まれ、特にGyalidea fritzeiに近縁であった。本種は子嚢盤が凝集し、鮭肉赤色で黄色の縁取りを有することなどで特徴づけられた。Taitaia aurea★
R3-04989トルコ新産の地衣類およびギレスン県における地衣類の多様性への追加2018Acta Botanica Hungarica2018年の論文/published in 2018, Acta Botanica Hungarica, カバノキ科/Betulaceae, ギレスン県/Giresun, クマシデ属/Carpinus, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, サクラ属/Prunus, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 不完全地衣/anamorphic lichen, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹状地衣/fruticose lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenA new lichen record for Turkey and additions to the lichen diversity of the Giresun province (Turkey)トルコ、ギレスン県の52ヶ所において地衣類の調査を実施し、134種2変種を報告した。Acarospora molybdinaをトルコ新産種として報告した。73種をギレスン県新産種として報告した。Acarospora badiofusca■ / Acarospora molybdina■ / Acarospora veronensis■ / Arthonia punctiformis■ / Arthopyrenia cinereopruinosa■ / Arthopyrenia salicis■ / Bacidina sulphurella■ / Bagliettoa calciseda■ / Buellia aethalea■ / Calicium abietinum■ / Caloplaca ceracea■ / Caloplaca pellodella■ / Caloplaca schoeferi■ / Caloplaca stillicidiorum■ / Carbonea vorticosa■ / Catillaria nigroclavata■ / Circinaria gibbosa■ / Clauzadea monticola■ / Endocarpon pusillum■ / Flavoplaca nigromarina■ / Fuscidea cyathoides■ / Fuscopannaria mediterranea■ / Immersaria athroocarpa■ / Immersaria cupreoatra■ / Lathagrium auriforme■ / Lecanora subrugosa■ / Lecidea promiscens■ / Lecidella asema■ / Lecidella patavina■ / Lepraria caesioalba■ / Lobaria amplissima■ / Lobothallia melanaspis■ / Lobothallia praeradiosa■ / Micarea melaena■ / Moelleropsis nebulosa■ / Mycobilimbia berengeriana■ / Mycocalicium subtile■ / Myriolecis perpruinosa■ / Myriolecis semipallida■ / Naetrocymbe punctiformis■ / Opegrapha lithyrga■ / Parvoplaca tiroliensis■ / Physconia detersa■ / Physconia grisea■ / Placidium lachneum■ / Placopyrenium fuscellum■ / Placynthiella icmalea■ / Placynthiella uliginosa■ / Porina ahlesiana■ / Protoparmeliopsis garovaglii■ / Pseudephebe pubescens■ / Psora globifera■ / Psorotichia schaereri■ / Rhizocarpon oederi■ / Rhizocarpon reductum■ / Rinodina bischoffii■ / Rinodina milvina■ / Rinodina oleae■ / Sarcogyne privigna■ / Staurothele frustulenta■ / Staurothele rufa■ / Thelenella muscorum■ / Trapeliopsis granulosa■ / Umbilicaria polyphylla■ / Verrucaria dolosa■ / Verrucaria latericola■ / Verrucaria ochrostoma■ / Verrucaria polysticta■ / Verrucaria viridula■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Arthopyreniaceae/アースロピレニア科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Catillariaceae/カティラリア科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Lecideaceae/レキデア科_Fuscideaceae/フスキデア科_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Lobariaceae/カブトゴケ科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Naetrocymbaceae/ネトロキンベ科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Psoraceae/プソラ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Ostropales/オストロパ目_Thelenellaceae/オオアミゴケ科_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-04988クモ寄生性不完全糸状菌、Gibellula pulchraについて2016Ascomycete.org1F=1N, 2016年の論文/published in 2016, Ascomycete.org, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クモ寄生菌/spider parasitic fungus, シンネマ形成菌/synnematous fungus, フランス語/French, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分類学的変遷/taxonomic changes, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 稀産種/rare species, 走査型電子顕微鏡/SEMNote sur Gibellula pulchra (Hypocreales), un hyphomycète parasite des araignéesクモ寄生菌、Gibellula pulchraの標本を検討し、記載文を掲載した。また、本種の生態写真および分生子柄、分生子などの走査型電子顕微鏡写真を掲載した。クモ生不完全糸状菌の分類史をまとめるとともに、ICN第59条に照らした本種の分類について議論した。Gibellula pulchraAscomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科
R3-04987インド、ジャンムー・カシミール州における地衣の一種、Pseudevernia furfuraceaの発生2014Phytotaxonomy2014年の論文/published in 2014, Phytotaxonomy, アトラノリン類/atranorins, インド/India, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 再発見/rediscovery, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyOccurrence of lichen species Pseudevernia furfuracea (L.) Zopf from Jammu & Kashmir, Indiaインド、ジャンムー・カシミール州から地衣の一種、Pseudevernia furfuraceaを報告した。本種はインドにおいて1960年代から報告されておらず、近年のインド産地衣の目録からも除外されていた種であった。本種は同州の2ヶ所においてマツ属の樹皮に生じていた。Pseudevernia furfuraceaAscomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-04986アルゼンチンの乾燥林に産したKoorchaloma属およびCiliochorella属新種2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, Scutia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルゼンチン/Argentina, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, ブエノスアイレス州/Buenos Aires, リター菌/litter fungi, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 走査型電子顕微鏡/SEMNew species Koorchaloma and Ciliochorella from xeric forests in ArgentinaアルゼンチンにおいてScutia属植物のリターから湿室法で得られたKoorchaloma scutiaeおよびCiliochorella buxifoliaeの2新種を記載した。前者は分生子のサイズが大きく形状が細長い点、後者は分生子のサイズが大きい点などで同属他種と異なっていた。Koorchaloma属およびCiliochorella属全種の検索表を掲載した。Ciliochorella buxifoliae★ / Koorchaloma scutiae★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱
R3-04985リヨン地域に産した新品種Myxarium grilletii f. invisibile2015Bulletin Mensuel de la Société Linnéenne de Lyon2015年の論文/published in 2015, Bulletin Mensuel de la Société Linnéenne de Lyon, コナラ属/Quercus, フランス/France, フランス語/French, ブナ科/Fagaceae, ローヌ県, 呈色反応/chemical reaction, 新品種記載/new forma, 材生息菌/lignicolous fungusMyxarium grilletii f. invisibile f. nov., récolté en région lyonnaise (France, Rhône)フランス、ローヌ県で採集された菌を検討し、新品種Myxarium grilletii f. invisibileとして記載した。本品種はオークの材に無数に生じ、子実体が極めて微小のため肉眼でほぼ見えず、個々が分離し、基質に強く固着することなどで特徴づけられた。品種として記載したが、今後の研究によっては種に昇格される可能性もあると考えられた。Myxarium grilletii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科
R3-04984新組み合わせSmardaea ovalisporaについて2009Bulletin Mycologique et Botanique Dauphiné-Savoie2009年の論文/published in 2009, Bulletin Mycologique et Botanique Dauphiné-Savoie, イトスギ属/Cupressus, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒマラヤスギ属/Cedrus, フランス/France, フランス語/French, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, ローヌ県, 呈色反応/chemical reaction, 新組み合わせ提唱/new combination, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare speciesNote sur Smardaea ovalispora comb. nov. (Pezizales)フランス、ローヌ県のオルリエナにおいてヒマラヤスギの落葉に発生した稀産種のGreletia ovalisporaを検討した。本種に対して新組み合わせSmardaea ovalisporaを提唱した。本種の生態写真および顕微鏡的形質のスケッチと写真を掲載した。Smardaea ovalispora▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-04983メキシコ、タバスコ州の都市潟湖における淡水生子嚢菌3種の新記録2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, タバスコ州/Tabasco, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 北米新産種/North America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 富栄養化/eutrophication, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 消失性子嚢/evanescent asci, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 都市環境/urban environment, 静水環境/lentic environmentNew records of three freshwater ascomycetes from an urban lagoon of Tabasco, Mexicoメキシコ、タバスコ州のビヤエルモサ市において汚染された静水環境の淡水中から得られた菌を検討した。ウッドパネルを3ヶ月間水中に沈め、回収後に室内環境で発生した子嚢果を観察した。Aniptodera inflatiascigera、Ascosacculus aquaticus、およびA. heteroguttulatusをメキシコ新産種として報告した。Aniptodera inflatiascigera■ / Ascosacculus aquaticus■ / Ascosacculus heteroguttulatus■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Halosphaeriaceae/ハロスフェリア科
R3-04982メキシコ産タバコウロコタケ科菌類 (3):Aurificaria属2007Polibotánica2007年の論文/published in 2007, Polibotánica, オアハカ州/Oaxaca, カンペチェ州/Campeche, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, ケレタロ州/Queretaro, コナラ属/Quercus, サカテカス州, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ソノラ州/Sonora, タマウリパス州/Tamaulipas, チアパス州/Chiapas, ヌエボ・レオン州/Nuevo León, ハリスコ州/Jalisco, ブナ科/Fagaceae, ベラクルス州/Veracruz, マメ科/Fabaceae, ミチョアカン州/Michoacan, メキシコ/Mexico, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeLa Familia Hymenochaetaceae en México III. El género Aurificaria D. A. Reidメキシコの12州および米国で採集されたAurificaria属33標本を検討した。新種A. castilloiおよび複数の州における新産種となるA. luteoumbrinaの計2種を同定した。本新種は白色腐朽菌であり、宿主に腐朽を起こし枯死させる性質を有していた。Aurificaria castilloi★ / Aurificaria luteoumbrina■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-04981アルゼンチンのパタゴニアの天然林における外来ハラタケ目2種の記録2017Boletín Micológico2017年の論文/published in 2017, Boletín Micológico, アルゼンチン/Argentina, アンデス山脈/Andes, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, チュブ州/Chubut, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, パタゴニア/Patagonia, 侵略的外来種/invasive alien species, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 移入種/alien species, 菌根菌/mycorrhizal fungiDos registros de Agaricales (Basidiomycota) exóticos en bosques nativos de la Patagonia argentinaアルゼンチンのパタゴニアの天然林においてInocybe sindoniaおよびAmanita rubescensの外生菌根菌2種を記録した。両種は移入種であり、前者はNothofagus dombeyi、後者はN. pumilioの樹下に見出された。両種のパタゴニア・アンデスからの報告は初となった。Amanita rubescens■ / Inocybe sindonia■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04980コールハープル地区産のアカコブタケ属菌2018International Journal of Researches in Biosciences, Agriculture & Technology2018年の論文/published in 2018, International Journal of Researches in Biosciences Agriculture & Technology, Memecylon属, アオイ科/Malvaceae, アジア新産種/Asia_new record, インド/India, インド新産種/India_new record, キワタ属/Bombax, ノボタン科/Melastomataceae, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 新変種記載/new variety, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variation, 胞子発達様式/spore development style, 色素産生/pigment productionGenus Hypoxylon Builliard ex Fr. from Kolhapur Districtインド、マハーラーシュトラ州のコールハープル地区においてアカコブタケ属菌の調査を実施し、19分類群を報告した。そのうち8分類群をインドから初めて報告した。H. congoenseなど5種に対して新変種を記載した。Hypoxylon anthochroum■ / Hypoxylon congoense★ / Hypoxylon deusta★ / Hypoxylon diatrypeoides / Hypoxylon dieckmannii■ / Hypoxylon elevatidiscus■ / Hypoxylon hypomiltum / Hypoxylon monticulosum■ / Hypoxylon pynaerthii■ / Hypoxylon pynaerthii★ / Hypoxylon ravidoroseum■ / Hypoxylon regale■ / Hypoxylon serpens / Hypoxylon serpens★ / Hypoxylon submonticulosum■ / Hypoxylon submonticulosum★ / Hypoxylon umbilicatum / Hypoxylon vandervekenii■ / Hypoxylon vogesiacumAscomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目
R3-04979中国においてErysiphe lespedezae(新規シノニムPseudoidium caesalpiniacearumを含む)により引き起こされたBauhinia blakeanaおよびB. purpureaのうどんこ病2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, うどんこ病/powdery mildew, シノニム/synonym, ハカマカズラ属/Bauhinia, マメ科/Fabaceae, 中国/China, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 命名法/nomenclature, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 葉面菌/leaf surface fungiPowdery mildew caused by Erysiphe lespedezae (including Pseudoidium caesalpiniacearum, syn. nov.) on Bauhinia blakeana and B. purpurea in China中国広東省においてBauhinia blakeanaおよびB. purpureaに発生したうどんこ病を検討した。原因菌を形態形質および分子系統解析の結果を基にErysiphe lespedezaeと同定した。Pseudoidium caesalpiniacearumを本種のシノニムとし、B. blakeanaを新宿主として報告した。Erysiphe lespedezaeAscomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04978オーストリア産の特筆すべき菌類(2017年版)2017Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2017年の論文/published in 2017, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, イチリンソウ属/Anemone, ウィーン/Wien, オーストリア/Austria, オーストリア新産種/Austria_new record, オーバーエスターライヒ州/Oberösterreich, カエデ属/Acer, カタバミ属/Oxalis, カタバミ科/Oxalidaceae, カラマツ属/Larix, キンポウゲ科/Ranunculaceae, ケルンテン州/Kärnten, コケ上に生える菌/fungi on moss, ザルツブルク州/Salzburg, シュタイアーマルク州/Steiermark, ドイツ語/German, ニーダーエスターライヒ州/Niederösterreich, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ピートボグ/peat bog, ブルゲンラント州/Burgenland, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, リター菌/litter fungi, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 呈色反応/chemical reaction, 宿主の同定/identification of host, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 液化/deliquescence, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐植土/humus, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 配列決定/sequencingBemerkenswerte Pilzarten aus Österreich – 2017オーストリア新産種としてChloroscypha alutipesなど5種を報告した。また、稀産種のPseudoplectania episphagnumを採集した。その他にGanoderma valesiacumおよびPeziza proteana f. sparassioidesを掲載した。Chloroscypha alutipes■ / Clavaria flavostellifera■ / Clavaria greletii■ / Coprinus levisticolens■ / Ganoderma valesiacum / Musumecia bettlachensis■ / Peziza proteana / Pseudoplectania episphagnumAscomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Clavariaceae/シロソウメンタケ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pezizaceae/チャワンタケ科_Sarcosomataceae/クロチャワンタケ科
R3-04977Anteaglonium属1新種およびその無性世代2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexA new species of genus Anteaglonium (Anteagloniaceae, Pleosporales) with its asexual morphタイ、チエンラーイ県において枯れ枝に生じた菌を検討し、Anteaglonium thailandicumとして新種記載した。本種は子宮形子嚢殻が類球形~長楕円形平滑で、子実体形成菌糸層およびKOH溶解性の色素を欠くことなどで特徴づけられた。また、本新種とともにA. parvulumの無性世代を記載したが、これはAnteaglonium属菌の無性世代の初報告となった。Anteaglonium parvulum / Anteaglonium thailandicum★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04976室内環境から得られた好乾性コウジカビ属菌の調査、およびユーロチウム属類似の有性世代を形成するAspergillus節2新種の記載2017MycoKeys1F=1N, 2017年の論文/published in 2017, DNAバーコーディング/DNA barcoding, GCPSR, MycoKeys, TreeBASE, ウッドラット属, オランダ/Netherlands, カナダ/Canada, カリフォルニア州/California, キヌゲネズミ科, クロマトグラム/chromatogram, ニューブランズウィック州/New Brunswick, ノバスコシア州/Nova Scotia, ハウスダスト/house dust, ハワイ州/Hawaii, マイコトキシン/mycotoxin, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 好稠菌/osmophilic fungus, 室内環境/indoor condition, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 糞生菌/coprophilous fungi, 終点希釈法/extinction dilution method, 質量分析法/mass spectrometry, 選択培地/selective medium, 食品汚染/Food contamination, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyA survey of xerophilic Aspergillus from indoor environment, including descriptions of two new section Aspergillus species producing eurotium-like sexual statesカナダおよびハワイにおいてハウスダストから分離されたコウジカビ属菌の調査を実施し、Aspergillus mallochiiおよびA. megasporusの2新種を記載した。両種は子嚢胞子が粗面で赤道面に溝を有し、後者は分生子が大型であることなどで特徴づけられた。両種はエキヌリン類、イソエキヌリン類、キノラクタチン類などの化合物を産生した。Aspergillus mallochii★ / Aspergillus megasporus★Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04975イラン北東部における地衣類および地衣生菌類の新産種2014Herzogia2014年の論文/published in 2014, Herzogia, アナイボゴケ属/Verrucaria, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カスミソウ属, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, クボミゴケ属/Aspicilia, クロイボゴケ属, クロイボゴケ科, サクラ属/Prunus, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チャクロイボゴケ属/Lecidella, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ナデシコ科/Caryophyllaceae, バラ科/Rosaceae, フジカワゴケ属/Toninia, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, ラザヴィー・ホラーサーン州/Razavi Khorasan, 二次代謝産物/secondary metabolite, 北ホラーサーン州/North Khorasan, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenNew records of lichenized and lichenicolous fungi from Northeastern Iranイランの北ホラーサーン州およびラザヴィー・ホラーサーン州から地衣類および地衣生菌類の計111種を報告した。そのうち22分類群がイランから初めて報告された。本報告により2州における既知種は22%増加することになった。Arthonia lapidicola■ / Aspicilia calcarea■ / Aspicilia cernohorskyana■ / Aspicilia contorta■ / Aspicilia farinosa■ / Caloplaca cerina■ / Caloplaca crenulatella■ / Caloplaca decipiens■ / Caloplaca diphyodes■ / Caloplaca persica■ / Caloplaca polycarpoides■ / Caloplaca saxicola■ / Candelaria pacifica■ / Candelariella oleaginescens■ / Candelariella rosulans■ / Cercidospora macrospora■ / Collema furfureolum■ / Collema subflaccidum■ / Collema tenax■ / Diploschistes ocellatus■ / Diplotomma hedinii■ / Endococcus verrucosus■ / Fulgensia fulgida■ / Lecania diplococca■ / Lecania flavescens■ / Lecania nylanderiana■ / Lecania polycycla■ / Lecania subfuscula■ / Lecania triseptata■ / Lecanora invadens■ / Lecanora percrenata■ / Lecanora perpruinosa■ / Lecanora persimilis■ / Lecanora semipallida■ / Lecidea atrobrunnea■ / Leptogium plicatile■ / Lichinella cribellifera■ / Lichinella stipatula■ / Melanohalea exasperatula■ / Muellerella erratica■ / Muellerella lichenicola■ / Muellerella pygmaea■ / Peccania terricola■ / Phaeophyscia orbicularis■ / Physcia biziana■ / Polyblastia albida■ / Polysporina cyclocarpa■ / Polysporina simplex■ / Psora rubiformis■ / Rhizocarpon intermediellum■ / Rinodina immersa■ / Rinodina lecanorina■ / Rinodina milvina■ / Rinodina straussii■ / Sarcogyne privigna■ / Sarcogyne regularis■ / Stigmidium cerinae■ / Stigmidium glebarum■ / Tephromela atra■ / Toninia cinereovirens■ / Toninia massata■ / Toninia weberi■ / Verrucaria latericola■ / Verrucaria viridicans■ / Verrucula elegantaria■ / Verruculopsis miniatum■ / Xanthomendoza fulva■Ascomycota/子嚢菌門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Peltigerales/ツメゴケ目_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Caliciaceae/ピンゴケ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Lecideaceae/レキデア科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Psoraceae/プソラ科_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Tephromelataceae/テフロメラ科
R3-04974バングラデシュにおいてセイヨウカボチャの種子に生じたAlternaria burnsiiの特性および病原性2015Mycobiology2015年の論文/published in 2015, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウリ科/Cucurbitaceae, カボチャ属/Cucurbita, バングラデシュ/Bangladesh, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 発芽率/germination rate, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 表面殺菌法/surface sterilization methodCharacterization and Pathogenicity of Alternaria burnsii from Seeds of Cucurbita maxima (Cucurbitaceae) in Bangladeshバングラデシュにおいてセイヨウカボチャの種子から分離された菌を検討し、Alternaria burnsiiと同定した。本種の同定は形態形質およびITS+gpd+Alt a1に基づく分子系統解析により実施した。接種試験で病原性を確かめ、セイヨウカボチャを本種の新宿主として報告した。Alternaria burnsiiDothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04973韓国、五台山国立公園産の材生息性多孔菌類およびコウヤクタケ類の多様性2016Mycobiology2016年の論文/published in 2016, Mycobiology, コウヤクタケ類/corticioid fungi, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 垂直分布/vertical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 江原道/Kangwon-do, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 韓国/South KoreaDiversity of Wood-Inhabiting Polyporoid and Corticioid Fungi in Odaesan National Park, Korea韓国の五台山において多孔菌類およびコウヤクタケ類の調査を実施し、424標本を採集して11目22科69属149種を同定した。63種が調査地における新産種であり、そのうち21種が韓国新産種であった。277分類群からなるITS領域に基づく分子系統解析を実施した。Botryobasidium subcoronatum■ / Botryodontia millavensis■ / Ceriporia bubalinomarginata■ / Ceriporia pseudocystidiata■ / Dentocorticium ussuricum■ / Fibricium rude■ / Fomitiporia punctata■ / Fuscoporia ferrea■ / Gloeostereum incarnatum■ / Haploporus papyraceus■ / Hydnocristella himantia■ / Hyphoderma transiens■ / Hyphodontia subalutacea■ / Hypochnicium karstenii■ / Megasporoporiella subcavernulosa■ / Oxyporus corticola■ / Perenniporia narymica■ / Phlebia acanthocystis■ / Porotheleum fimbriatum■ / Resinicium pinicola■ / Resinicium rimulosum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Botryobasidiaceae/ボトリオバシディウム科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cyphellaceae/フウリンタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Lentariaceae/レンタリア科_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Schizoporaceae/アナタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科
R3-04972タイ産の洋独楽形の頂嚢を有するFalcocladium属1新種2007Sydowia2007年の論文/published in 2007, Sydowia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイ/Thailand, ナコーンラーチャシーマー県/Nakhon Ratchasima, リター菌/litter fungi, 不稔菌糸/sterile mycelium, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 腐生菌/saprobeA new species of Falcocladium (Hyphomycetes) with turbinate vesicles from Thailandタイ、ナコーンラーチャシーマー県の熱帯林において枯れ葉から湿室法で得られた菌を検討し、Falcocladium turbinatumとして新種記載した。本種はシンネマを形成し、頂嚢が洋独楽形で、分生子が鎌形であることなどで特徴づけられた。Falcocladium属菌の検索表を掲載した。Falcocladium turbinatum★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱
R3-04971インド新産の地衣類2017Journal on New Biological Reports2017年の論文/published in 2017, Journal on New Biological Reports, インド/India, インド新産種/India_new record, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, バラ科/Rosaceae, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichenSome Records of Lichens new to Indiaインド、ヒマラヤ北西部において地衣類の調査を実施し、4種のインド/ヒマラヤ新産種を報告した。Leptogium papillosum、Melaspilea lentiginosa、Physconia pulverulenta、およびPyrenopsis furfureaを報告した。各種の記載文、生態写真および地理的分布、基質特異性などの情報を掲載した。Leptogium papillosum■ / Melanographa lentiginosa■ / Physconia pulverulenta■ / Pyrenopsis furfurea■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Melaspileaceae/メラスピレア科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科
R3-04970中国南東部においてタケのアブラムシに感染した病原菌の新種、Neozygites linanensis2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Metamacropodaphis属, Mycotaxon, Takecallis属, アブラムシ科/Aphididae, イネ科/Poaceae, カンチク属, タケ生息菌/bambusicolous fungus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 浙江省/Zhejiang, 生物農薬/biopesticide, 竹林/bamboo forest, 難培養性菌/uncultured fungiNeozygites linanensis sp. nov., a fungal pathogen infecting bamboo aphids in southeast China中国浙江省においてタイワンヒゲマダラアブラムシに感染した病原菌の一種を検討し、Neozygites linanensisとして新種記載した。本種はタイワンヒゲマダラアブラムシを宿主とする初のNeozygites属菌であり、中国の竹林における同種の天敵と考えられた。本種はnrSSUに基づく分子系統解析でアブラムシ類を宿主とする菌群のクレードに含まれ、かつ形態的に類似するどの種とも異なる系統を形成した。Neozygites linanesis★Entomophthoromycotina/ハエカビ亜門_Entomophthorales/ハエカビ目_Neozygitaceae/ネオジギテス科
R3-04969トルコ新産の子嚢菌、Geoglossum umbratileおよびPeziza lobulata2015Biological Diversity and Conservation2015年の論文/published in 2015, Biological Diversity and Conservation, アイドゥン県/Aydin, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ムーラ県/Mugla, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 焼け跡菌/carbonicolous fungusNew Ascomycete (Geoglossum umbratile, Peziza lobulata) records for Turkeyトルコ新産種としてGeoglossum umbratileおよびPeziza lobulataを報告した。前者はアイドゥン県においてマツ林の地上に、後者はムーラ県においてマツ林の焼け跡にそれぞれ発生していた。トルコにおいて前者は2番目のヒメテングノメシガイ属菌、後者は26番目のチャワンタケ属菌として報告された。Geoglossum umbratile■ / Peziza lobulata■Geoglossomycetes/テングノメシガイ綱_Geoglossales/テングノメシガイ目_Geoglossaceae/テングノメシガイ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-04968西シベリア産のStamnaria属1新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, vital taxonomy, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, シベリア/Siberia, チュメニ州/Tyumen, トクサ属/Equisetum, トクサ科/Equisetaceae, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 文献調査/literature survey, 新種記載/new species, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 気温/temperature, 湿室法/moist chamber method, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 誤同定/misidentification, 降水量/precipitationA new species of Stamnaria (Leotiomycetes, Helotiales) from Western Siberia西シベリアにおいてフサスギナに生じた菌を検討し、Stamnaria yugranaとして新種記載した。本種は子嚢盤が骨壺形で顕著な有柄、子嚢胞子が紡錘状~棍棒形、側糸が槍形で強く突出することなどで特徴づけられた。ITS領域に基づく分子系統解析の結果、本新種を含むStamnaria属3種の系統が強く支持された。Stamnaria yugrana★Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-04967小アンティル諸島およびプエルトリコにおける糞生菌の記録2008Caribbean Journal of Science2008年の論文/published in 2008, Caribbean Journal of Science, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, オジロジカ属/Odocoileus, クマネズミ属/Rattus, グアドループ/Guadeloupe, シカ科/Cervidae, セントルシア/Saint Lucia, セントルシア新産種/Saint Lucia_new record, ドミニカ国/Dominica, ドミニカ国新産種/Dominica_new record, ネズミ科/Muridae, ヒツジ属/Ovis, フランス/France, プエルトリコ/Puerto Rico, ヤギ属/Capra, ヴァージン諸島/Virgin Islands, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 移入種/alien species, 稀産種/rare species, 種の豊富さ/species richness, 米国/USA, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌寄生菌/mycoparasite, 西インド諸島/The West IndiesRecords of Coprophilous Fungi from the Lesser Antilles and Puerto Ricoプエルトリコ、セント・ジョン島(ヴァージン諸島)、グアドループ、ドミニカ、およびセントルシアにおいて草食哺乳類の糞に生じた糞生菌54種を記録した。カリブ海地域における新産種を複数報告した。その他にも各地域における新産種が含まれたが、グアドループ、ドミニカ国、セントルシアから報告された種は従来記録のない種であった。Ascobolus amoenus■ / Ascobolus immersus■ / Ascobolus scatigenus■ / Cercophora mirabilis■ / Conocybe neoantipus■ / Coprinus cordisporus■ / Coprinus heptemerus■ / Coprinus marculentus■ / Coprinus niveus■ / Coprinus pellucidus■ / Coprinus pseudoradiatus■ / Coprinus radiatus■ / Coprinus stercoreus■ / Coprotus leucopocillum■ / Coprotus ochraceus■ / Cunninghamella echinulata■ / Iodophanus carneus■ / Iodophanus granulipolaris■ / Phomatospora minutissima■ / Phycomyces blakesleeanus■ / Pilobolus crystallinus■ / Pilobolus lentiger■ / Pilobolus roridus■ / Podospora communis■ / Podospora fimiseda / Podospora immersa■ / Podospora longicaudata■ / Podospora pauciseta■ / Podospora prethopodalis■ / Podospora setosa■ / Podospora venezuelensis■ / Saccobolus citrinus■ / Saccobolus glaber / Saccobolus minimus■ / Saccobolus portoricensis■ / Saccobolus truncatus■ / Schizothecium dakotense■ / Selinia pulchra■ / Sordaria fimicola■ / Sporormiella minima■ / Thelebolus microsporus■ / Zygopleurage zygospora■Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Ascobolaceae/スイライカビ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Mucorales/ケカビ目_Cunninghamellaceae/クスダマカビ科_Pezizaceae/チャワンタケ科_Phycomycetaceae/ヒゲカビ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Sordariaceae/フンタマカビ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Thelebolales/テレボルスキン目
R3-04966アフリカ(ケニア、ナイロビ国立公園)におけるミズタマカビ属菌の初の遺伝学的同定2017South African Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, South African Journal of Botany, アフリカスイギュウ属/Syncerus, イランド属, インパラ属/Aepyceros, ウォーターバック属/Kobus, ウサギ科/Leporidae, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, カバ属/Hippopotamus, カバ科/Hippopotamidae, キリン属/Giraffa, キリン科/Giraffidae, ケニア/Kenya, サイ科/Rhinocerotidae, サバンナ/savannah, シロサイ属, ダマガゼル属, ディクディク属/Madoqua, トムソンガゼル属, ナイロビ州/Nairobi, ノウサギ属/Lepus, ハーテビースト属/Alcelaphus, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 採集地マッピング/collection site mapping, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 湿室法/moist chamber method, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子射出/spore discharge, 降水量/precipitation, 隠蔽種/cryptic speciesFirst genetic identification of Pilobolus (Mucoromycotina, Mucorales) from Africa (Nairobi National Park, Kenya)ケニア、ナイロビ国立公園において14種の草食動物の糞に見出されたミズタマカビ属菌の純粋培養株からの分子同定を実施した。2種を見出し、そのうち1種をPilobolus pullusと同定した。もう1種は形態に基づきP. crystallinusと同定されたが、分子同定では該当する種が存在しなかった。Pilobolus pullusMucorales/ケカビ目
R3-04965ケニア、ナイロビ国立公園において野生の草食動物の糞に生じたスイライカビ属およびミズタマカビ属菌の形態的多様性2015Journal of Microbiology Research2015年の論文/published in 2015, Journal of Microbiology Research, Shannon-Wienerの多様度指数/Shannon-Wiener diversity Index, Simpsonの多様度指数/Simpson diversity index, アフリカスイギュウ属/Syncerus, イランド属, インパラ属/Aepyceros, ウォーターバック属/Kobus, ウサギ科/Leporidae, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, カバ属/Hippopotamus, カバ科/Hippopotamidae, キリン属/Giraffa, キリン科/Giraffidae, ケニア/Kenya, サイ科/Rhinocerotidae, サバンナ/savannah, シロサイ属, ダマガゼル属, ディクディク属/Madoqua, トムソンガゼル属, ナイロビ州/Nairobi, ノウサギ属/Lepus, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 未記載種/undescribed species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種の豊富さ/species richness, 糞生菌/coprophilous fungiMorphological Diversity of Ascobolus and Pilobolus Fungi from Wild Herbivore Dung in Nairobi National Park, Kenyaケニア、ナイロビ国立公園において野生のシロサイ、シマウマなどの糞から湿室法で得られた菌を検討した。Ascobolus amoenusなど5種のスイライカビ属菌を観察し、そのうち1種は新種の可能性があった。また、Pilobolus crystallinusなど3種のミズタマカビ属菌を観察した。Ascobolus amoenus / Ascobolus bistisii / Ascobolus calesco / Ascobolus immersus / Pilobolus crystallinus / Pilobolus heterosporus / Pilobolus pullusPezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Ascobolaceae/スイライカビ科_Mucorales/ケカビ目
R3-04964ロシア新産のGyalecta biformisおよびGyalidea diaphana2016Graphis Scripta2016年の論文/published in 2016, Graphis Scripta, ムルマンスク州/Murmansk, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichenGyalecta biformis and Gyalidea diaphana new to Russiaロシア、ムルマンスク州からロシア新産種としてGyalecta biformisおよびG. diaphanaを報告した。両種の標本情報および写真を掲載した。そのうちG. biformisと類似種の相違点を記述した。Gyalecta biformis■ / Gyalidea diaphana■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科_Gomphillaceae/ヒゲゴケ科
R3-04963イラン産の新種Coniochaeta ershadii、および良好に記載されたConiochaeta属菌の検索表2007Nova Hedwigia2007年の論文/published in 2007, Nova Hedwigia, イラン/Iran, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, シノニム/synonym, テヘラン州/Tehran, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyConiochaeta ershadii, a new species from Iran, and a key to well-documented Coniochaeta speciesイラン、テヘラン州においてピスタチオの枯れ枝に生じた菌を検討し、Coniochaeta ershadiiとして新種記載した。本種は子嚢果が剛毛に覆われ、子嚢胞子の末端が突出し、培養下で結晶を豊富に形成することなどで特徴づけられた。本新種を含む54種のConiochaeta属菌の検索表を掲載した。Coniochaeta ershadii★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Coniochaetaceae/コニオケータ科
R3-04962インド新産属、Cheiromoniliophora2014Indian Phytopathology2014年の論文/published in 2014, Indian Phytopathology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, リター菌/litter fungi, 新産種報告/new record, 森林/forestCheiromoniliophora – A new generic record from Indiaインドのビンザー・フォレストにおいてリターに生じた菌を検討し、Cheiromoniliophora elegansと同定した。Cheiromoniliophora属菌のインドからの報告は初となった。記載文および顕微鏡写真を掲載した。Cheiromoniliophora elegans■Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04961バリ州においてドラゴンフルーツに茎腐病を引き起こした病原菌、Fusarium solaniの初報告2013Journal of Biology Agriculture and Healthcare2013年の論文/published in 2013, Journal of Biology Agriculture and Healthcare, インドネシア/Indonesia, コッホの原則/Koch_s postulation, サボテン科/Cactaceae, バリ州/Bali, ヒモサボテン属/Hylocereus, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 茎腐病/stem rot, 表面殺菌法/surface sterilization methodFirst Report on Fusarium solani, a Pathogenic Fungus Causing Stem Rot Disease on Dragon Fruits (Hylocereus sp.) in Baliインドネシア、バリ州においてドラゴンフルーツに深刻な茎腐病を引き起こした菌を検討し、Fusarium solaniと同定した。本種の病原性を接種試験により確かめ、ITS領域の配列に基づき同定結果を確かめた。本報告はバリ州におけるドラゴンフルーツの原因菌としての本種の初報告となった。Fusarium solaniAscomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04960ブラジル産コーヒーノキから分離された揮発性の抗菌物質を産生するエンドファイトの新種、Simplicillium coffeanum2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, UNITE, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, ガスクロマトグラフィー/gas chromatography, コーヒーノキ属/Coffea, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 二次代謝産物/secondary metabolite, 共培養/coculture, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 対峙培養/dual culture, 抗真菌活性/antifungal activity, 揮発性有機化合物/volatile organic compound, 未知成分/unknown component, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 生物農薬/biopesticide, 生長速度/growth rate, 表面殺菌法/surface sterilization method, 質量分析法/mass spectrometrySimplicillium coffeanum, a new endophytic species from Brazilian coffee plants, emitting antimicrobial volatilesブラジル、ミナスジェライス州においてコーヒーノキから分離された菌の一種を検討し、Simplicillium coffeanumとして新種記載した。本種は主に土壌菌や菌寄生菌として知られている同属他種とは異なり、健全枝からエンドファイトとして分離された。本種は抗菌活性を有する揮発性有機化合物を産生し、この特徴から生物農薬としての利用可能性が期待された。Simplicillium coffeanum★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科
R3-04959形態およびDNA配列データに基づく中国北部産ツメゴケ属地衣の1新種2015The Bryologist2015年の論文/published in 2015, The Bryologist, TreeBASE, コケ上に生える菌/fungi on moss, テルペノイド/terpenoids, フィリディア/phyllidia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 二次構造/secondary structure, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 検索表/identification key, 河北省/Hebei, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA new species in the lichen genus Peltigera from northern China based on morphology and DNA sequence data中国河北省の森林で採集された地衣の一種を検討し、Peltigera isidiophoraとして新種記載した。本種はP. caninaグループの他の種とは葉央に裂芽を生じること、仮根の形態、地衣成分などで区別された。ITS領域の塩基配列およびそれに基づく分子系統解析でも近縁種との顕著な差異が示された。Peltigera isidiophora★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Peltigeraceae/ツメゴケ科
R3-04958東南アジアの植林地土壌から分離されたCylindrocladiella属新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, アカシア属/Acacia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ゲアン省, サバ州/Sabah, トゥエンクアン省, ハノイ市/Hanoi, ベトナム/Vietnam, ベトナム新産種/Vietnam_new record, マメ科/Fabaceae, マレーシア/Malaysia, ヴィンフック省/Vĩnh Phúc, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 胞子形成誘導/sporulation induction, 釣菌法/baiting methodNew species of Cylindrocladiella from plantation soils in South-East Asiaベトナムおよびマレーシアにおいて植林地土壌から分離されたCylindrocladiella属菌を検討した。C. arbusta、C. malesiana、C. obpyriformis、C. parvispora、およびC. solicolaの5新種を記載した。また、ベトナム新産種としてC. lageniformisおよびC. peruvianaを報告した。Cylindrocladiella arbusta★ / Cylindrocladiella lageniformis■ / Cylindrocladiella malesiana★ / Cylindrocladiella obpyriformis★ / Cylindrocladiella parvispora★ / Cylindrocladiella peruviana■ / Cylindrocladiella solicola★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04957イラク、クルディスタン地域において土壌から得られた黒色のコウジカビ属菌の分類学的研究2009Journal of Duhok University2009年の論文/published in 2009, Journal of Duhok University, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルビール県/Arbīl, イラク/Iraq, ドホーク県/Dahūk, 二次代謝産物/secondary metabolite, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 草地/grasslandTaxonomic study on Black aspergilli from soil in Kurdistan Region, Iraqイラク、クルディスタン地域において土壌から分離されたコウジカビ属Nigri節5種を報告した。そのうちA. awamoriなど4種はイラクにおいて土壌から初めて報告された。掲載種の検索表を掲載した。Aspergillus awamori / Aspergillus carbonarius / Aspergillus foetidus / Aspergillus japonicus / Aspergillus nigerEurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04956イラク、クルディスタン地域において土壌から得られたアオカビ属菌の分類学的研究2010Journal of Duhok University2010年の論文/published in 2010, Journal of Duhok University, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルビール県/Arbīl, イラク/Iraq, スレイマニヤ県/Sulaymaniyah, ドホーク県/Dahūk, 二次代謝産物/secondary metabolite, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 検索表/identification key, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment productionTaxonomic study on Penicilli from soil in Kurdistan Region of Iraqイラク、クルディスタン地域において土壌から分離されたアオカビ属12種類を報告した。そのうち5種はイラクにおける土壌からの報告が初であった。掲載種の検索表を掲載した。Penicillium aurantiogriseum / Penicillium brevicompactum / Penicillium camemberti / Penicillium citrinum / Penicillium corylophilum / Penicillium digitatum / Penicillium echinulatum / Penicillium funiculosum / Penicillium glabrum / Penicillium roqueforti / Penicillium rugulosum / Penicillium variabileEurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04955中国西部産ヘリトリゴケ属地衣の新種および新産種2012The Lichenologist2012年の論文/published in 2012, The Lichenologist, オキセピン類/oxepins, コンフルエンチン酸類/confluentic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, チベット自治区/Tibet, デプシド類/depsides, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 化学型/chemical type, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 貴州省/Guizhou, 降水量/precipitation, 雲南省/Yunnan, 青海省/Chinghai, 高山帯/alpine region, 鱗片状地衣/squamulose lichenNew species and new records of the lichen genus Porpidia (Lecideaceae) from western China中国西部で採集された2種の地衣を検討し、Porpidia squamosaおよびP. shangrilaを新種記載した。また、P. flavicunda、P. soredizodes、P. thomsoniiの3種を中国新産種として報告した。中国産ヘリトリゴケ属地衣の検索表を掲載した。Porpidia flavicunda■ / Porpidia shangrila★ / Porpidia soredizodes■ / Porpidia squamosa★ / Porpidia thomsonii■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideaceae/レキデア科
R3-04954ブラジル南部産の新種、Psilocybe subbrunneocystidiata2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 切片/section, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroomPsilocybe subbrunneocystidiata (Strophariaceae, Agaricales): a new species from southern Brazilブラジル、リオグランデ・ド・スル州の亜熱帯林において腐朽幹に生じた菌を検討し、Psilocybe subbrunneocystidiataとして新種記載した。本種は熱帯産の幻覚きのこからなるBrunneocystidiatae節の特徴を有していた。本種と同節他種の形態的差異を記述した。Psilocybe subbrunneocystidiata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-04953ハーバリウム標本の再検討により見出された、スロバキアおよびチェコにおいてイヌゴマ属植物に生じたNeoerysiphe galeopsidis2008Czech Mycology2008年の論文/published in 2008, Czech Mycology, うどんこ病/powdery mildew, イヌゴマ属/Stachys, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, シソ科/Lamiaceae, スロバキア/Slovakia, チェコ/Czech, 付着器/appressorium, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 庭園/garden, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 胞子の発芽/germination of spores, 花生息菌/floricolous fungus, 葉面菌/leaf surface fungiNeoerysiphe galeopsidis on Stachys species in Slovakia and the Czech Republic based on a re-examination of herbarium collectionsスロバキアおよびチェコ産のイヌゴマ属植物を宿主とするNeoerysiphe galeopsidisを検討した。収蔵標本を基に、両国において本種がどのイヌゴマ属植物の種を宿主とするかを調査した。旧チェコスロバキアにおいてStachys glutinosaに本種が生じたという報告は、この種が両国に分布せず、標本も見出されないことから疑問とした。Neoerysiphe galeopsidisAscomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04952イラン北部におけるアナモルフ菌の新産種2017Mycologia Iranica2017年の論文/published in 2017, Mycologia Iranica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラナ科/Cruciferae, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, エノキ属/Celtis, オオバコ属/Plantago, オオバコ科/Plantaginaceae, カキノキ属/Diospyros, カキノキ科/Ebenaceae, カバノキ科/Betulaceae, キジムシロ属/Potentilla, キバナスズシロ属/Eruca, ゴレスターン州/Golestan, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, スイバ属/Rumex, スミレ属/Viola, スミレ科/Violaceae, タデ科/Polygonaceae, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ニレ科/Ulmaceae, ニワトコ属/Sambucus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヤマアイ属, レンプクソウ科/Adoxaceae, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew records of anamorphic fungi from North of Iranイラン、ゴレスターン州において植物の葉に斑点を生じた菌を調査し、10分類群を同定した。Passalora cf. bacilligeraおよびPseudocladosporium hachijoenseをイラン新産種として報告した。また、Cercospora pantoleucaをゴレスターン州新産種として報告し、2種の新宿主を報告した。Cercospora mercurialis / Cercospora pantoleuca■ / Cercospora violae / Pseudocladosporium hachijoense■ / Ramularia grevilleana / Ramularia rumicis■ / Ramularia sambucina / Sirosporium celtidisAscomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Venturiaceae/ヴェンテュリア科
R3-04951韓国沿岸域における地衣類の新産種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, アトラノリン類/atranorins, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, キサントン類/xanthones, サクラ属/Prunus, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, ジロホール酸/gyrophoric acid, スチクチン酸類/stictic acids, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, バラ科/Rosaceae, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ベンゾフラン類/benzofurans, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ラクトン類/lactones, レカノール酸/lecanoric acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 全羅北道/Jeollabuk-do, 全羅南道/Jeollanam-do, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordLichens newly recorded from the South Korean coast韓国南西部の沿岸域から12種の地衣類を報告した。そのうちCaloplaca yuchiorumおよびLecidea variansをアジア新産種として報告した。各種の写真および記載文、採集地の地図などを掲載した。Acarospora veronensis■ / Bacidia egenula■ / Buellia prospersa■ / Caloplaca yuchiorum■ / Lecanora melacarpella■ / Lecanora pseudistera■ / Lecanora strobilina■ / Lecidea varians■ / Ochrolechia tartarea■ / Pertusaria flavicans■ / Ramalina sekika■ / Xanthoparmelia congensis■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Lecideaceae/レキデア科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科
R3-04950インドネシア産のニンニク臭を有するMarasmiellus ignobilisの標本について2011Floribunda2011年の論文/published in 2011, Floribunda, Philodendron属, インドネシア/Indonesia, インドネシア新産種/Indonesia_new record, サトイモ科/Araceae, バリ州/Bali, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variation, 西ジャワ州/West JavaOn Collections of Garlic Odorous Marasmiellus ignobilis (Berk. & Br.) Singer from Indonesiaインドネシアの3ヶ所で採集されたMarasmiellus ignobilisを報告した。本種はインドネシア新産種として報告されたが、ニンニク臭を有するシロホウライタケ属菌の報告も初であった。インドネシア、スリランカ、東アフリカ、新熱帯産の標本の形質比較表を掲載した。Marasmiellus ignobilis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-04949トルコ、イスタンブール県のベオグラード・フォレストに産した新種、Marasmiellus istanbulensis2017Plant Biosystems2017年の論文/published in 2017, Plant Biosystems, イスタンブール県/Istanbul, トルコ/Turkey, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity surveyMarasmiellus istanbulensis (Omphalotaceae), a new species from Belgrade Forest (İstanbul-Turkey)トルコ、イスタンブール県において枯死した落葉樹の樹皮に叢生していた菌を検討し、Marasmiellus istanbulensisとして新種記載した。本種は傘が淡黄褐色~革色で襞が類白色~クリーム色、柄が淡クリーム色~帯赤褐色、担子胞子が豆形、類扁桃形、楕円形~円筒形であることなどで特徴づけられた。本種は類似種のGymnopus dichrousとは形態的に異なり、ITSおよびRPB2の塩基配列も異なっていた。Marasmiellus istanbulensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-04948ブラジル北部のセラード生態系において分離された酵母の2新種、Wickerhamomyces queroliaeおよびCandida jalapaonensis2009International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2009年の論文/published in 2009, Anastrepha属, Centropogon属, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, Peritassa属, アミノ酸要求性/amino acid requirement, ウレアーゼ試験/urease test, キキョウ科/Campanulaceae, デンプン/starch, トカンティンス州/Tocantins, ニシキギ科/Celastraceae, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブラジル/Brazil, ミバエ科, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 発酵試験/fermentation test, 花生息菌/floricolous fungus, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastWickerhamomyces queroliae sp. nov. and Candida jalapaonensis sp. nov., two yeast species isolated from Cerrado ecosystem in North BrazilブラジルのセラードにおいてPeritassa campestrisの果実中のミバエの一種から分離された酵母の一種を検討し、Wickerhamomyces queroliaeとして新種記載した。また、およびCentropogon cornutusの花から分離された酵母の一種を検討し、Candida jalapaonensisとして新種記載した。後者はD1/D2領域に基づく分子系統解析でC. drosophilaeと姉妹群を形成した。Candida jalapaonensis★ / Wickerhamomyces queroliae★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-04947メキシコ、チワワ州産腹菌類およびセコティオイド菌類の研究2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Larrea属, Mycotaxon, Opuntia属, Prosopis属, アカシア属/Acacia, イトスギ属/Cupressus, イネ科/Poaceae, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, コナラ属/Quercus, サボテン科/Cactaceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, セコティオイド菌類/secotioid fungus, チワワ州/Chihuahua, ハマビシ科/Zygophyllaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, リター菌/litter fungi, 乾燥地域/dry area, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新学名提唱/new scientific name, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEM, 都市環境/urban environment, 非合法名/illegitimate nameContribution to the study of gasteroid and secotioid fungi of Chihuahua, Mexicoメキシコ、チワワ州において腹菌類およびセコティオイド菌類の調査を実施し、27分類群を新たに報告した。そのうちGeastrum schmidelii var. parvisporumをメキシコ新産の変種として報告した。非合法名のAgaricus texensisに対して新学名Agaricus deserticolaを提唱した。Agaricus deserticola◆■ / Astraeus hygrometricus / Battarrea phalloides■ / Battarreoides diguetii / Bovista aestivalis■ / Bovista fusca■ / Calvatia fragilis■ / Crucibulum laeve / Cyathus stercoreus / Disciseda candida■ / Disciseda hyalothrix / Disciseda verrucosa■ / Geastrum fornicatum■ / Geastrum saccatum / Geastrum triplex / Geastrum xerophilum■ / Lycoperdon atropurpureum■ / Lycoperdon eximium■ / Lycoperdon lividum■ / Lycoperdon marginatum / Lycoperdon perlatum / Lycoperdon pyriforme / Montagnea arenaria■ / Mycenastrum corium / Pisolithus arhizus / Podaxis pistillaris■ / Schizostoma laceratum■ / Scleroderma areolatum / Scleroderma cepa / Scleroderma verrucosum / Tulostoma albicans■ / Tulostoma cretaceum■ / Tulostoma fimbriatum■ / Tulostoma involucratum■ / Tulostoma macrosporum■ / Tulostoma melanocyclum■ / Tulostoma obesum■ / Tulostoma striatum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Boletales/イグチ目_Diplocystaceae/ディプロシスティス科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科_Sclerodermataceae/ニセショウロ科
R3-04946カナダ、オンタリオ州における新産および興味深い地衣 (3)2017Opuscula Philolichenum2017年の論文/published in 2017, Opuscula Philolichenum, アオキノリ属/Leptogium, アサダ属/Ostrya, イワノリ科/Collemataceae, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オンタリオ州/Ontario, カエデ属/Acer, カナダ/Canada, カナダ新産種/Canada_new record, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, クロベ属/Thuja, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, サバンナ/savannah, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ハクテンゴケ属/Punctelia, ハナズオウ属/Cercis, ヒノキ科/Cupressaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 再発見/rediscovery, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 担子菌地衣/basidiomycete lichen, 指標種/indicator species, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 重金属汚染/heavy-metal contaminationNotes on new and interesting lichens from Ontario, Canada – IIIカナダ、オンタリオ州において記録した44属57種の地衣類を報告した。そのうちAbrothallus microspermusなど4種をカナダ新産種として報告した。その他、オンタリオ州新産種、稀産種、19世紀末以来の再発見された種などを報告した。Abrothallus microspermus■ / Acarospora sinopica / Anaptychia palmulata / Arthonia ruana / Arthothelium spectabile / Arthrorhaphis alpina / Catapyrenium cinereum / Chrysothrix chlorina / Chrysothrix xanthina / Dermatocarpon intestiniforme■ / Evernia prunastri / Gyalecta jenensis / Heppia adglutinata / Heterodermia hypoleuca / Hyperphyscia syncolla / Lecanora carlottiana / Lecanora epanora■ / Lecanora fugiens / Lecanora juniperina / Lempholemma polyanthes / Lepraria humida / Leptogium corticola / Lithothelium septemseptatum / Menegazzia subsimilis■ / Microcalicium arenarium / Multiclavula mucida / Multiclavula vernalis / Myriospora smaragdula / Normandina pulchella / Opegrapha mougeotii / Opegrapha rufescens / Parmelia neodiscordans■ / Parmeliella triptophylla / Parmotrema hypotropum■ / Phaeophyscia hispidula / Phaeophyscia squarrosa / Physcia americana / Physconia subpallida / Placidium arboreum■ / Polychidium muscicola■ / Porpidia melinodes■ / Protothelenella corrosa■ / Psilolechia lucida / Psora decipiens / Psora globifera / Psora pseudorussellii / Punctelia appalachensis / Ramalina sinensis■ / Rhizocarpon oederi / Rhizoplaca chrysoleuca / Scytinium dactylinum / Scytinium subtile / Scytinium teretiusculum / Teloschistes chrysophthalmus / Thyrea confusa / Toninia sedifolia / Usnea longissimaAscomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Physciaceae/ムカデゴケ科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Arthrorhaphidaceae/レモンイボゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Chrysothricaceae/コガネゴケ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Pyrenulales/サネゴケ目_Pyrenulaceae/サネゴケ科_Microcaliciaceae/ミクロカリキウム科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Clavulinaceae/カレエダタケ科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Pannariaceae/ハナビラゴケ科_Lecideaceae/レキデア科_Protothelenellaceae/プロトテレネラ科_Psoraceae/プソラ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-04945オーストラリア産ムカデゴケ科痂状地衣の新種および新産種2015Australasian Lichenology2015年の論文/published in 2015, Atherosperma属, Australasian Lichenology, Banksia属, Hakea属, Weinmannia属, アテロスペルマ科/Atherospermataceae, アトラノリン類/atranorins, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, キサントン類/xanthones, クイーンズランド州/Queensland, クノニア科/Cunoniaceae, サウスランド地方/Southland, タスマニア州/Tasmania, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ニュージーランド/New Zealand, ノーフォーク島/Norfolk Island, バルバチン酸類/barbatic acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヒースランド/heathland, ビクトリア州/Victoria, フタル酸類/phthalates, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤマモガシ科/Proteaceae, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 亜熱帯雨林/subtropical rainforest, 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 温帯雨林/temperate rainforest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 西オーストラリア州/Western Australia, 遺存林/relict forestsNew taxa and new records of crustose lichens in the family Physciaceae (Ascomycota) in AustraliaオーストラリアからEndohyalina arachniformis、Gassicurtia gallowayi、およびGassicurtia victorianaの3新種を記載した。また、オーストラリア新産種としてGassicurtia coccinea、G. pseudosubpulcella、およびG. vacciniiを報告した。Diplotomma venustumおよびRinodinella fertilisをそれぞれニューサウスウェールズ州・ビクトリア州、西オーストラリア州・タスマニア州・ノーフォーク島における新産種として報告した。Diplotomma venustum■ / Endohyalina arachniformis★ / Gassicurtia coccinea■ / Gassicurtia gallowayi★ / Gassicurtia pseudosubpulcella■ / Gassicurtia vaccinii■ / Gassicurtia victoriana★ / Rinodinella fertilis■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciaceae/ピンゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-04944モンテネグロにおける新産あるいは興味深い地衣類および地衣生菌類 (2)2017Fritschiana2017年の論文/published in 2017, Fritschiana, ウルシ科/Anacardiaceae, オリーブ属/Olea, カイノキ属/Pistacia, コケ上に生える菌/fungi on moss, スグリ属/Ribes, スグリ科/Grossulariaceae, ヒースランド/heathland, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, モンテネグロ/Montenegro, モンテネグロ新産種/Montenegro_new record, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew or otherwise interesting lichenized and lichenicolous fungi from Montenegro IIモンテネグロにおいて地衣類212分類群、地衣生菌類3種、および非地衣2種を記録した。そのうち地衣類32種1亜種3変種をモンテネグロ新産種として報告した。また、地衣生菌のBiatoropsis usnearumおよび非地衣のMicrocalicium arenariumを同じく新産種として報告した。Arthrorhaphis alpina■ / Biatora rhododendri■ / Biatoropsis usnearum■ / Bryoria taborensis■ / Callome multipartita■ / Calogaya pusilla■ / Caloplaca hungarica■ / Caloplaca inconnexa■ / Caloplaca oasis■ / Candelariella coralliza■ / Candelariella plumbea■ / Cladonia conista■ / Clavascidium umbrinum■ / Eiglera flavida■ / Farnoldia micropsis■ / Lecanora leptyrodes■ / Lecanora marginata■ / Lecidea lapicida■ / Lepraria diffusa■ / Lepraria ecorticata■ / Lepraria elobata■ / Leproplaca chrysodeta■ / Leproplaca proteus■ / Microcalicium arenarium■ / Myriolecis persimilis■ / Myriolecis reuteri■ / Pertusaria glomerata■ / Rhizocarpon atroflavescens■ / Rinodina orculata■ / Strigula stigmatella■ / Teloschistes chrysophthalmus■ / Tetramelas chloroleucus■ / Verrucaria fusca■ / Xylographa difformis■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Arthrorhaphidaceae/レモンイボゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Basidiomycota/担子菌門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Lecideaceae/レキデア科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Microcaliciaceae/ミクロカリキウム科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Strigulaceae/アオバゴケ科_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-04943中国海南島産のチャヒラタケ型のイッポンシメジ属1新種2014Mycoscience2014年の論文/published in 2014, Mycoscience, TreeBASE, コケ上に生える菌/fungi on moss, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新種記載/new species, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestA new crepidotoid Entoloma species from Hainan Island (China)中国海南省の熱帯雨林において地上に生じた菌を検討し、Entoloma crepidootidesとして新種記載した。本種は子実体がチャヒラタケ型で傘が白色~帯桃色、担子胞子が6-7角形で小型、稀にクランプを有することなどで特徴づけられた。本種は類似種よりも傘が大型で、担子胞子のサイズが顕著に小さい点などが異なっていた。Entoloma crepidotoides★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-04942属内初のシクエストレートの子実体を形成する種、Afroboletus sequestratus2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, カッパ-ベルト州, ザンビア/Zambia, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ラテライト/laterite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 種の境界/species delimitation, 腹菌化/gastromycetization, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungiAfroboletus sequestratus (Boletales), the first species with sequestrate basidioma in the genusザンビアで採集されたシクエストレート菌の一種を検討し、Afroboletus sequestratusとして新種記載した。本種はAfroboletus属(あるいは広義のオニイグチ属)初のシクエストレート菌として報告された。分子系統解析および走査型電子顕微鏡による担子胞子の観察を実施した。Afroboletus sequestratus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04941日本においてPenicillium ulaienseにより引き起こされたカンキツひげかび病の初報告2012Journal of General Plant Pathology2012年の論文/published in 2012, Journal of General Plant Pathology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, 佐賀県, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 実腐病/fruit rot, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 新病害報告/new disease, 新称和名/new Japanese name, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rateFirst report of whisker mold, a postharvest disease on citrus caused by Penicillium ulaiense (in Japan)佐賀県においてウンシュウミカンの貯蔵果実にアオカビの発生を認め、Penicillium ulaienseと同定した。本種は基質上および培養下で分生子柄束を形成する特徴などが同じミカン果実に生じるP. italicumと異なっていた。本病害の日本からの報告は初であり、髭状の分生子柄束から命名された”whisker mold”の病名に「ひげかび病」の和名を新たに与えた。Penicillium ulaiense■Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04940クワ科植物におけるLeveillula属菌の初記録:イチジクに発生したLeveillula taurica2010African Crop Science Journal2010年の論文/published in 2010, African Crop Science Journal, うどんこ病/powdery mildew, イチジク属/Ficus, イラン/Iran, クワ科/Moraceae, スィースターン・バルーチェスターン州/Sistan and Baluchestan, 付着器/appressorium, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiFirst record of genus Leveillula on a member of the Moraceae: Leveillula taurica on Ficus caricaイランにおいてイチジクの葉に生じたうどんこ病菌の一種を検討し、Leveillula tauricaと同定した。本種は多犯性菌であるが、イチジクにおける報告は初でなった。また、Leveillula属全体で見ても、クワ科植物における発生はこれまで知られてこなかった。Leveillula tauricaAscomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04939イラン、コフギールーイェ・ブーイェル=アフマド州のデナ地域においてQuercus brantiiから分離されたエンドファイトについて2017Mycologia Iranica2017年の論文/published in 2017, Mycologia Iranica, UNITE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, エンドファイト/endophyte, コナラ属/Quercus, コフギールーイェ・ブーイェル=アフマド州/Kohgiluyeh and Boyer-Ahmad, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ブナ科/Fagaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 腐生菌/saprobe, 表面殺菌法/surface sterilization methodNotes on some endophytic fungi isolated from Quercus brantii in Dena region of Kohgiluyeh and Boyer-Ahmad province, Iranイランのデナ地域においてQuercus brantiiの枝から分離されたエンドファイトを報告した。形態および分子データに基づき、Alternaria alternataなど13分類群を同定した。Lentinus tigrinusを除き全て子嚢菌であった。Kalmusia variispora / Lentinus tigrinus / Purpureocillium lilacinumAscomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Didymosphaeriaceae/ディディモスフェリア科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-04938中国産の昆虫病原菌の新種、Ophiocordyceps ponerus2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アリの巣/ant nest, アリ科/Formicidae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ハリアリ属/Ponera, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 昆虫の巣/insect nest, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 検索法, 検索表/identification key, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 貴州省/Guizhou, 走査型電子顕微鏡/SEMA new entomopathogenic fungus, Ophiocordyceps ponerus sp. nov., from China中国貴州省の森林においてハリアリ属の兵隊アリに生じた菌を検討し、Ophiocordyceps ponerusとして新種記載した。本種はシンネマ上部にフィアライドを輪生し、分生子形成細胞が卵形または円筒形、分生子が単生し、ほぼ卵形またはミカンの瓤嚢形で平滑であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でHymenostilbeクレードに含まれ、近縁種とはフィアライドや分生子の形態などが異なっていた。Ophiocordyceps ponerus★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-04937メキシコ、ベラクルス州のマングローブ林において記録されたPolyschema属とVanakripa属の2新種およびその他の微小菌類2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キツネノマゴ科/Acanthaceae, ヒルギダマシ属/Avicennia, ヒルギ科/Rhizophoraceae, ベラクルス州/Veracruz, マングローブ林/mangrove forest, メキシコ/Mexico, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 沿岸域/coastal area, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestTwo new species of Polyschema and Vanakripa and other microfungi recorded from mangrove in Veracruz, Mexicoメキシコ、ベラクルス州のマングローブ林からVanakripa rhizophoraeおよびPolyschema nigroseptatumの2新種を記載した。前者は分生子が様々な形状をとり単細胞で、後者は分生子が褐色卵状~棍棒形で2–3(–5)隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、その他にヒルギダマシ属およびヤエヤマヒルギ属植物の材や樹皮に発生した11種のアナモルフ菌を記録した。Coniosporium memorandum / Corynespora kamatii / Ellisembia adscendens / Helicoma proliferens / Intercalarispora nigra / Mycoenterolobium platysporum / Periconia minutissima / Polyschema nigroseptatum★ / Pseudopetrakia kambakkamensis / Tetracoccosporium aerium / Vanakripa rhizophorae★ / Virgaria nigraAscomycota/子嚢菌門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Corynesporascaceae/コリネスポラスカ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04936ハサミムシ目および咀顎目昆虫に感染するHirsutella属およびPandora属菌の最初かつ最南の記録2008Journal of Invertebrate Pathology2008年の論文/published in 2008, Doru属, Ectopsocus属, Heterocaecilius属, Journal of Invertebrate Pathology, アルゼンチン/Argentina, イネ科/Poaceae, ウスイロチャタテ科, クギヌキハサミムシ科, コナラ属/Quercus, シンネマ形成菌/synnematous fungus, トウモロコシ属/Zea, ニセケチャタテ科, ブエノスアイレス州/Buenos Aires, ブナ科/Fagaceae, 仮説提唱/hypothesis proposed, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 難培養性菌/uncultured fungiFirst and southernmost records of Hirsutella (Ascomycota: Hypocreales) and Pandora (Zygomycota: Entomophthorales) species infecting Dermaptera and PsocodeaアルゼンチンからHirsutella strigosa、H. citriformis、Pandora nouryiの3種を報告した。これらはそれぞれクギヌキハサミムシ科、ウスイロチャタテ科、ニセケチャタテ科の一種を宿主としていた。本報告はチャタテムシに感染する病原菌の初報告となった。Hirsutella citriformis / Hirsutella strigosa / Pandora nouryiAscomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科_Entomophthoromycotina/ハエカビ亜門_Entomophthorales/ハエカビ目_Entomophthoraceae/ハエカビ科
R3-04935スペイン、グラナダ県、シエラ・デ・バーサ国立公園のドロマイト質灌木地帯に産したグロムス綱の新種、Otospora bareai2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Mycologia, Pterocephalus属, アンダルシア州/Andalusia, アーバスキュラ-菌根菌, イブキジャコウソウ属/Thymus, シソ科/Lamiaceae, スイカズラ科/Caprifoliaceae, スペイン/Spain, 仮説提唱/hypothesis proposed, 保全生態学/conservation ecology, 共培養/coculture, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 栄養摂取様式/nutrition style, 根圏/rhizosphere, 特異的PCR/specific PCR, 絶滅危惧種/endangered species, 菌根菌/mycorrhizal fungiOtospora bareai, a new fungal species in the Glomeromycetes from a dolomitic shrub land in Sierra de Baza National Park (Granada, Spain)スペイン、シエラ・デ・バーサ国立公園において2種の稀な固有種植物の根圏から分離された菌を検討し、新属新種Otospora bareaiとして記載した。本種は胞子が褐色で永続性の柄を有し、外壁が3-4層、内壁が2-3層からなる独特の特徴を有していた。本種の胞子形成様式はアカウロスポラ型であったが、近縁種はグロムス型であった。Otospora bareai★Glomeromycetes/グロムス綱
R3-04934分生子果不完全菌の新属、Aurosphaeria2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, X線結晶構造解析, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, カラムクロマトグラフィー/column chromatography, サバンナ/savannah, ブレフェルジンA, ボリビア/Bolivia, モウセンゴケ属/Drosera, モウセンゴケ科/Droseraceae, ラパス県(ボリビア)/La Paz (Bolivia), 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 色素産生/pigment production, 走査型電子顕微鏡/SEMAurosphaeria, a novel coelomycetous genusボリビアのアマゾン地域においてDrosera montanaから分離されたエンドファイトの一種を検討し、新属新種Aurosphaeria flaviradiansとして記載した。本種は形態的にはHapalosphaeria属に類似していたが分生子殻や分生子柄の形態などが異なり、系統的にはStemphylium属の一種が近縁であった。本種は液体培養下で生理活性物質のブレフェルジンAを豊富に産生した。Aurosphaeria flaviradians★Ascomycota/子嚢菌門
R3-04933インド産の不完全糸状菌の新属、Chasakopama2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アーンドラ・プラデーシュ州/Andhra Pradesh, インド/India, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusChasakopama, a new dematiaceous hyphomycetous genus from Indiaインド、アーンドラ・プラデーシュ州において枯れ枝に生じた暗色のアナモルフ菌の一種を検討し、新属新種Chasakopama velgodensisとして記載した。本種は分生子形成細胞が多出芽型で小歯を有し、分生子が鐘形で単生し、隔壁が暗色帯状であることなどで特徴づけられた。本種は類似の属とは分生子形成細胞や分生子の形状が異なっていた。Chasakopama velgodensis★Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dematiaceae/デマティウム科
R3-04932ポーランド新産の淡水生地衣形成菌7種2017Polish Botanical Journal2017年の論文/published in 2017, Polish Botanical Journal, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Małopolska, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 淡水域/freshwater, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenSeven Species of Freshwater Lichen-Forming Fungi Newly Recorded from Polandポーランドの西カルパティア山脈において小川に生じた地衣類7種を検討し、これらをポーランド新産種として報告した。各種について記載文および生態、地理的分布などの情報を掲載した。Thelidium klementiiは従来ドイツのみから知られており、カルパティア山脈における初記録となった。Bryobilimbia ahlesii■ / Rhizocarpon sublavatum■ / Thelidium circumspersellum■ / Thelidium klementii■ / Thelidium pluvium■ / Thelidium rehmii■ / Verrucaria devensis■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideaceae/レキデア科_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-04931イタリア産のシメジ型イッポンシメジ属菌2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, イタリア/Italy, サルデーニャ自治州/Sardinia, 新種記載/new species, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 砂丘/dune, 砂地/sand, 草地/grassland, 酸性土壌/acidic soilA lyophylloid Entoloma species (Basidiomycota, Entolomataceae) from Italyイタリア、サルデーニャ自治州の海岸砂丘の草地に生じた菌を検討し、Entoloma decastesとして新種記載した。本種はRhodopolia亜属に含まれ、子実体がシメジ型で株をなし、Lyophyllum decastesに類似していた。本種は子実体が暗色で、傘表皮および傘実質上部に色素の結晶を豊富に含むことなどで特徴づけられた。Entoloma decastes★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-04930特異な胞子散布戦略をとる新種のツチグリ、Geastrum entomophilum2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, リター菌/litter fungi, 地下生菌/hypogeous fungi, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 胞子散布/spore dispersal, 腹菌類/gastromycetes, 菌食/mycophagy, 虫散布/dispersal by insects, 走査型電子顕微鏡/SEMGeastrum entomophilum, a new earthstar with an unusual spore dispersal strategyブラジルの大西洋岸森林で採集された腹菌の一種を検討し、Geastrum entomophilumとして新種記載した。本種のグレバの内部には様々な甲虫が見出され、胞子散布に関与しているとみられた。本種は内皮の小疣状装飾が束になった虫のような形の菌糸からなるという特徴を有していた。Geastrum entomophilum★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科
R3-04929ブラジル北東部の危機に瀕したカーチンガ・バイオームにおける担子菌地衣の予期せぬ発見2012The Bryologist2012年の論文/published in 2012, The Bryologist, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, ピアウイ州/Piaui, ブラジル/Brazil, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 収斂進化/convergent evolution, 地衣類/lichen, 担子菌地衣/basidiomycete lichen, 新種記載/new species, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 痂状地衣/crustose lichen, 砂質土壌/sandy soil, 降水量/precipitationUnexpected discovery of a novel basidiolichen in the threatened Caatinga biome of northeastern Brazilブラジルのカーチンガ・バイオームで採集された担子菌地衣の一種を検討し、Lepidostroma caatingaeとして新種記載した。本種は地衣体が鱗片状ではなくMulticlavula属類似の痂状である点などで同属他種と異なっていた。本種はMulticlavula属との類縁関係はなく、担子菌地衣における並行進化の一例と考えられた。Lepidostroma caatingae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱
R3-04928サウジアラビア産の材生息性海生菌の新属新種、Khaleijomyces marinus2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, サウジアラビア/Saudi Arabia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東部州(サウジアラビア)/Eastern Province (Saudi Arabia), 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 消失性子嚢/evanescent asci, 液化/deliquescence, 湿室法/moist chamber method, 潮間帯/intertidal zone, 腐生菌/saprobeKhaleijomyces marinus gen. et sp. nov. (Juncigenaceae, Torpedosporales) a new lignicolous marine fungus from Saudi Arabiaサウジアラビアにおいて潮間帯の流木に生じた菌を検討し、新属新種Khaleijomyces marinusとして記載した。本種は子嚢果が杏色~帯赤褐色の膜状で長い頸部を有し、子嚢に先端構造を欠き、子嚢胞子が成熟時淡褐色~褐色で1-4隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でトーピードスポラ目ジュンキゲナ科クレードに含まれた。Khaleijomyces marinus★
R3-04927タトラ山脈産寄生性微小菌 (5):フウロソウ属植物に生じたPlasmopara属卵菌2008Biologia2008年の論文/published in 2008, Biologia, べと病/downy mildew, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, スロバキア/Slovakia, スロバキア新産種/Slovakia_new record, フウロソウ属/Geranium, フウロソウ科/Geraniaceae, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, 亜高山帯/subalpine zone, 卵菌類/Oomycetes, 地理的分布/geographical distribution, 垂直分布/vertical distribution, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 発生頻度/frequency of occurrence, 草地/grassland, 高山帯/alpine regionParasitic microfungi of the Tatra Mountains: 5. Plasmopara representatives on the species of Geraniumポーランドおよびスロバキアのタトラ国立公園における20年間の調査においてフウロソウ属植物に生じたPlasmopara属卵菌を検討した。3種が見出され、各種は水平分布、垂直分布、発生頻度、宿主などが異なっていた。Plasmopara praetermissaをポーランドおよびスロバキアにおける新産種として報告した。Plasmopara geranii-sylvatici / Plasmopara praetermissa■ / Plasmopara pusillaOomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-04926大西洋中央海嶺、海底2300 mの熱水噴出孔から分離された新種の酵母、Candida oceani2011Antonie van Leeuwenhoek2011年の論文/published in 2011, Antonie van Leeuwenhoek, アゾレス諸島/Azores islands, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, サンゴ礁/coral reef, ポルトガル/Portugal, マカロネシア/Macaronesia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 吸光度, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分濃度/salinity, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 好塩菌/halophilic fungi, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 海生菌/marine fungi, 深海/deep sea, 温度適性/temperature aptitude, 熱水噴出孔/hydrothermal vent, 発酵試験/fermentation test, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 魚類生息菌Candida oceani sp. nov., a novel yeast isolated from a Mid-Atlantic Ridge hydrothermal vent (-2300 meters)大西洋中央海嶺の熱水噴出孔においてサンゴ、海水、および魚の胃から分離された酵母の一種を検討し、Candida oceaniとして新種記載した。本種は比較的高温で生育可能であり、D-グルコン酸を資化不能で、海塩3%添加培地で生育可能であることなどで特徴づけられた。本報告は熱水噴出孔付近の深海サンゴから真核微生物を分離した初の例となった。Candida oceani★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-04925タバスコ州産腐生性アナモルフ菌 (3)2008Revista Mexicana de Micología2008年の論文/published in 2008, Revista Mexicana de Micología, Scheelea属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タケ生息菌/bambusicolous fungus, タバスコ州/Tabasco, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveyLos hongos anamorfos saprobios del estado de Tabasco. IIIメキシコ、タバスコ州において植物残渣に生じた腐生性アナモルフ菌を調査した。タバスコ州新産種として40種を報告し、そのうちAcarocybellina arengaeなど20種がメキシコ新産種であった。メキシコ新産種について記載文および顕微鏡写真などを掲載した。Acarocybellina arengae■ / Acrodictys bambusicola■ / Belemnospora navicularia■ / Bipolaris hawaiiensis■ / Cacumisporium pleuroconidiophorum■ / Camposporium antennatum■ / Cheiromyceopsis echinulata■ / Chloridium virescens■ / Coleodictyospora micronesica■ / Corynespora foveolata■ / Corynesporopsis rionensis■ / Curvularia aeria■ / Curvularia pallescens■ / Cylindrocarpon orthosporum■ / Dactylaria candidula■ / Dactylaria obtriangularia■ / Dendryphiopsis atra■ / Dictyochaeta assamica■ / Didymobotryum verrucosum■ / Ellisembia brachypus■ / Ellisembia leonensis■ / Ellisembia leptospora■ / Ellisembia vaga■ / Endophragmiella pallescens■ / Helicoma palmigenum■ / Lauriomyces heliocephalus■ / Melanocephala australiensis■ / Melanocephala triseptata■ / Monotosporella rhizoidea■ / Myrothecium cinctum■ / Myrothecium verrucaria■ / Rhexoacrodictys erecta■ / Rhexoacrodictys queenslandica■ / Spadicoides atra■ / Spadicoides obovata■ / Tretopileus sphaerophorus■ / Veronaea botryosa■ / Veronaea carlinae■ / Veronaea coprophila■ / Xepicula leucotricha■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Corynesporascaceae/コリネスポラスカ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Sordariales/フンタマカビ目_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-04924中国産ノリミアナタケ属菌の研究 (3):形態形質およびrDNA配列データに基づく新種Wrightoporia subavellaneaの記載2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, TreeBASE, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeStudies on Wrightoporia from China 3. Wrightoporia subavellanea sp. nov. based on morphological characters and rDNA sequence data中国、広西チワン族自治区および海南省においてマツ属の腐朽材に生じた菌を検討し、Wrightoporia subavellaneaとして新種記載した。本種は子実体が一年生で背着生、白色の根状菌糸束を有し、孔口が大型で、担子胞子が強いアミロイドであることなどで特徴づけられた。本新種を含む中国産ノリミアナタケ属菌の検索表を掲載した。Wrightoporia subavellanea★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Wrightoporiaceae/ノリミアナタケ科
R3-04923ロシア、Belogor’e自然保護区のLes na Vorskle地域におけるヒダナシタケ類の新産種2015Folia Cryptogamica Estonica2015年の論文/published in 2015, Folia Cryptogamica Estonica, アオイ科/Malvaceae, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, ナシ属/Pyrus, ハシバミ属/Corylus, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, ベルゴロド州, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リンゴ属/Malus, ロシア/Russia, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 指標種/indicator species, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationNew records of aphyllophoroid fungi (Agaricomycetes, Basidiomycota) from the Les na Vorskle area of the Belogor’e Nature Reserve (Belgorod Region, Russia)ロシア、ベルゴロド州のBelogor’e自然保護区においてヒダナシタケ類の調査を実施し、52種を報告した。全種がベルゴロド州新産種であり、Hapalopilus croceus、Phellinus rimosusなどの稀産種も含まれた。Gloeohypochnicium analogumおよびGranulobasidium vellereumはヨーロッパ東部の広葉樹林における指標種と考えられた。Antrodia heteromorpha■ / Auriscalpium vulgare■ / Botryobasidium intertextum■ / Botryobasidium laeve■ / Botryobasidium medium■ / Byssomerulius corium■ / Ceriporia purpurea■ / Daedaleopsis confragosa■ / Datronia mollis■ / Dendrothele acerina■ / Gloeohypochnicium analogum■ / Gloeoporus dichrous■ / Granulobasidium vellereum■ / Hapalopilus croceus■ / Hymenochaete cinnamomea■ / Hyphoderma mutatum■ / Hyphoderma nemorale■ / Hyphoderma setigerum■ / Hyphoderma transiens■ / Inonotus dryadeus■ / Oligoporus alni■ / Oligoporus leucomallellus■ / Oligoporus tephroleucus■ / Oxyporus corticola■ / Peniophora limitata■ / Peniophora rufomarginata■ / Peniophora violaceolivida■ / Peniophorella praetermissa■ / Phanerochaete laevis■ / Phanerochaete tuberculata■ / Phellinus contiguus■ / Phellinus ferruginosus■ / Phellinus rimosus■ / Polyporus varius■ / Pseudomerulius aureus■ / Ramaria abietina■ / Sarcodontia crocea■ / Sarcoporia polyspora■ / Schizopora flavipora■ / Schizopora radula■ / Skeletocutis nivea■ / Skeletocutis odora■ / Steccherinum fimbriatum■ / Steccherinum ochraceum■ / Trametes hirsuta■ / Trametes suaveolens■ / Trechispora cohaerens■ / Trichaptum fuscoviolaceum■ / Tyromyces chioneus■ / Xylodon crustosus■ / Xylodon nespori■ / Xylodon spathulatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Russulales/ベニタケ目_Auriscalpiaceae/マツカサタケ科_Cantharellales/アンズタケ目_Botryobasidiaceae/ボトリオバシディウム科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cyphellaceae/フウリンタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizoporaceae/アナタケ科_Peniophoraceae/カワタケ科_Boletales/イグチ目_Tapinellaceae/イチョウタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-04922ブルガリア新産種、Boletus subappendiculatus2010Phytologia Balcanica2010年の論文/published in 2010, Phytologia Balcanica, ソフィア州/Sofia, トウヒ属/Picea, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブラゴエヴグラト州/Blagoewgrad, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushroomsFirst encounters of Boletus subappendiculatus (Boletaceae) in BulgariaBoletus subappendiculatusをブルガリア新産種として豊国した。本種はブルガリアにおけるAppendiculati節の5番目の種となった。ブルガリア産標本は肉眼的形態が先行研究と一致したものの、担子胞子にはいくらかの違いが認められた。Boletus subappendiculatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04921バルカン新産種、Hygrophoropsis macrospora2017Phytologia Balcanica2017年の論文/published in 2017, Phytologia Balcanica, コケ上に生える菌/fungi on moss, ソフィア州/Sofia, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 絶滅危惧種/endangered species, 酸性土壌/acidic soilHygrophoropsis macrospora (Basidiomycota, Boletales): a new record for the Balkan mycotaブルガリアで採集されたHygrophoropsis macrosporaをバルカン半島新産種として報告した。本報告はヨーロッパにおける最も南方からの本種の報告とみられた。本種は同属他種と比較しても長い、12 µmを超える担子胞子などで特徴づけられた。Hygrophoropsis macrospora■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Hygrophoropsidaceae/ヒロハアンズタケ科
R3-04920Phytophthora alticola;新規標本およびネオタイプ標本に基づく記載文の修正2017Sydowia2017年の論文/published in 2017, Sydowia, TreeBASE, アカシア属/Acacia, クワズール・ナタール州/KwaZulu-Natal, コンタミ/contamination, タイプスタディ/type study, ネオタイプ指定/neotype designation, フトモモ科/Myrtaceae, マメ科/Fabaceae, ムプマランガ州/Mpumalanga, ユーカリ属/Eucalyptus, リニアグロース/linear growth, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南アフリカ/South Africa, 卵菌類/Oomycetes, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 誤同定/misidentification, 釣菌法/baiting methodPhytophthora alticola; emended description based on new collections and a neotypePhytophthora alticolaに関する分類学的混乱を解決するために、本種のネオタイプ標本を選定した。本種の原記載は混合された培養菌株が基になっているとみられ、そのため本種は従来疑問種として扱われてきた。本種はユーカリの病原菌として南アフリカから記載され、その後の複数の調査で見出されなかったが、本研究では比較的普通種として分離された。Phytophthora alticolaOomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-04919スウェーデンの高山帯に産したMarginatae節の新種、Inocybe lemmi2017Karstenia2017年の論文/published in 2017, Karstenia, イブキトラノオ属/Bistorta, コロラド州/Colorado, シノニム/synonym, スウェーデン/Sweden, タイプスタディ/type study, タデ科/Polygonaceae, ノールボッテン県/Norrbotten, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 米国/USA, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 高山帯/alpine regionInocybe lemmi, a new species of section Marginatae from the alpine region of Swedenスウェーデン北部の高山帯で採集された菌を検討し、Inocybe lemmiとして新種記載した。また、米国コロラド州の高山帯で採集された菌を、本種およびI. candidipesに近縁な第3の種として報告した。I. tundraeのホロタイプ標本を検討し、I. rivularisのシノニムであることを確かめた。Inocybe lemmi★ / Inocybe rivularisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04918トルコ新産の科、アスコデスミス科2008Biological Diversity and Conservation2008年の論文/published in 2008, Biological Diversity and Conservation, アイドゥン県/Aydin, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 新産種報告/new record, 糞生菌/coprophilous fungi, 腐生菌/saprobeAscodesmidaceae J. Schröt. a new family (Ascomycota) record for the Turkish mycotaトルコ、アイドゥン県においてウシの糞に発生したLasiobolus papillatusを報告した。本種はトルコ新産種であり、アスコデスミス科菌類のトルコからの報告は初となった。本種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Lasiobolus papillatus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目
R3-04917日本におけるPlectania melastomaの発生2017菌蕈研究所報告/Reports of The Tottori Mycological Institute2017年の論文/published in 2017, スギ属/Cryptomeria, ヒノキ科/Cupressaceae, リター菌/litter fungi, 京都府/Kyoto, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新称和名/new Japanese name, 日本/Japan, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 生物地理学/biogeography, 稀産種/rare species, 腐植土/humus, 菌蕈研究所報告/Reports of The Tottori Mycological InstituteThe occurrence of Plectania melastoma (Pezizales, Sarcosomataceae) in Japan京都府京丹波町のスギ林で採集されたPlectania melastoma(新称アカサビクロチャワンタケ)を報告した。本種は従来ヨーロッパ、北米などから知られているが、発生は稀で局所的とされており、日本産のP. japonicaが本種のシノニムとされていた。本種は子嚢盤が小型椀状で子実層面が黒色、外面が赤橙色~赤褐色粉状、子嚢胞子が比較的大型の紡錘状楕円形であることなどで特徴づけられた。Plectania melastomaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcosomataceae/クロチャワンタケ科
R3-04916トルコにおいてヨーロッパグリに生じたホウライタケ属1新種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, イズミル県/Izmir, クリ属/Castanea, トルコ/Turkey, ブナ科/Fagaceae, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 胞子紋/spore printA new Marasmius on Castanea sativa from Turkeyトルコ、イズミル県の森林においてヨーロッパグリに生じた菌を検討し、Marasmius castaneophilusとして新種記載した。本種はヨーロッパグリの殻に限って発生するとみられた。本種は傘が純白で柄が成熟すると上部が赤褐色、担子胞子が大型、傘シスチジアが槍形であることなどで特徴づけられた。Marasmius castaneophilus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-04915亜南極地域産のニセクロイボゴケ属およびクロイボゴケ属地衣の新種および新組み合わせ2011The Lichenologist2011年の論文/published in 2011, The Lichenologist, アトラノリン類/atranorins, アルゼンチン/Argentina, サウス・シェトランド諸島/South Shetland Islands, シノニム/synonym, ジベンゾオキセピン類/dibenzoxepins, チリ/Chile, ティエラ・デル・フエゴ州/Tierra del Fuego, ニュージーランド/New Zealand, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フィソド酸類/physodic acids, フォークランド諸島/Falkland Islands, プリンス・エドワード諸島/Prince Edward Islands, マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州/Magallanes y la Antártica Chilena, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜南極諸島/Sub-Antarctic Islands, 切片/section, 南アフリカ/South Africa, 南極/Antarctic, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 未知成分/unknown component, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 検索表/identification key, 極地/polars, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine regionNew species and combinations in Calvitimela and Tephromela from the southern subpolar regionCalvitimela austrochilenisおよびTephromela superbaの2新種を記載した。また、T. atrocaesiaなど4種の新組み合わせを提唱し、2種のレクトタイプを指定した。亜南極地域に分布するニセクロイボゴケ属およびクロイボゴケ属地衣の検索表を掲載した。Calvitimela austrochilenis★ / Tephromela atrocaesia▲ / Tephromela atroviolacea▲ / Tephromela eatonii / Tephromela lirellina▲ / Tephromela superba★ / Tephromelia skottsbergii▲Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Tephromelataceae/テフロメラ科
R3-04914熱帯インド産のアカアザタケ属2新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Hopea属, Madhuca属, Phytotaxa, TreeBASE, アカテツ科/Sapotaceae, インド/India, ケララ州/Kerala, コケ上に生える菌/fungi on moss, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 菌類相調査/mycofloristic surveyTwo new species of Rhodocollybia from tropical Indiaインド、ケララ州で採集された2種の菌を検討し、Rhodocollybia ciliatomarginataおよびR. brevipesとして新種記載した。前者は傘の縁部が毛状で担子胞子がデキストリノイドでもシアノフィリックでもなく、後者は傘と柄が帯赤褐色で柄が短く、縁シスチジアの形状が多様であることなどで特徴づけられた。本報告はアカアザタケ属菌の南アジアからの初報告となった。Rhodocollybia brevipes★ / Rhodocollybia ciliatomarginata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-04913L. boreale類似の新種Lophiotrema borealiforme2018Karstenia2018年の論文/published in 2018, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Karstenia, ウプサラ県/Uppsala, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, スウェーデン/Sweden, スコーネ県/Skåne, トネリコ属/Fraxinus, ハシバミ属/Corylus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, モクセイ科/Oleaceae, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 誤同定/misidentificationLophiotrema borealiforme, a new species close to L. borealeスウェーデンで採集された地衣の一種を検討し、Lophiotrema borealiformeとして新種記載した。本種はカバノキ属、ハシバミ属、ブナ属、トネリコ属植物などの樹皮に子嚢果を形成した。本種はL. borealisに類似しており、以前誤ってこの種として扱われたこともあった。Lophiotrema borealiforme★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Lophiostomataceae/ロフィオストマ科
R3-04912日本においてヤブニッケイに気根状の菌癭を形成する新組み合わせLaurobasidium hachijoense2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, もち病/leaf or flower gall, クスノキ科/Lauraceae, ゴール/gall, ニッケイ属/Cinnamomum, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 奇形/malformation, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 植物病原菌/plant pathogenic fungiLaurobasidium hachijoense, comb. nov. (Cryptobasidiaceae) causing aerialroot-like galls on Cinnamomum japonicum in Japan日本産のヤブニッケイもち病菌 (Exobasidium hachijoense) をLaurobasidium属に移した。本種はLaurobasidium属菌と形態的に類似し、分子データおよび宿主特異性も類似性を示した。原記載で言及されなかった前担子器の存在を確かめた一方、本属の特徴であるクランプは原記載と同様に見出されなかった。Laurobasidium hachijoense▲Basidiomycota/担子菌門_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱_Exobasidiomycetidae/エクソバシデイウム亜綱_Exobasidiales/エクソバシデイウム目_Exobasidiaceae/エクソバシディウム科
R3-04911台湾においてイチョウの葉に胞子形成したPhyllosticta capitalensis2018Plant Pathology & Quarantine2018年の論文/published in 2018, Plant Pathology & Quarantine, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチョウ属/Ginkgo, イチョウ科/Ginkgoaceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, 分子同定/molecular identification, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 台湾/Taiwan, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 桃園市/Taoyuan, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 配列決定/sequencingPhyllosticta capitalensis sporulating on ginkgo leaves in Taiwan台湾桃園市においてイチョウの生葉および枯れ葉に生じたPhyllosticta capitalensisを報告した。本種のイチョウ葉上における分生子殻形成は初の報告となった。また、本論文の著者が2013年に発表したものの、命名規約42.1条違反(識別子の誤参照)により無効となっていたPseudocercospora ginkgoanaを改めて有効に記載した。Phyllosticta capitalensis / Pseudocercospora ginkgoana★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04910メキシコのナンヨウアブラギリ植林地におけるFusarium solaniおよびF. equisetiの初記録2017Revista Mexicana de Fitopatología2017年の論文/published in 2017, Revista Mexicana de Fitopatología, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナンヨウアブラギリ属/Jatropha, メキシコ/Mexico, ユカタン州/Yucatan, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 新病害報告/new disease, 根腐病/root rot, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 萎凋病/wilt, 表面殺菌法/surface sterilization method, 配列決定/sequencingFirst record of Fusarium solani and F. equiseti in plantations of Jatropha curcas in Mexicoメキシコ、ユカタン州のナンヨウアブラギリ植林地において萎凋病、根腐病などの病害を引き起こした菌を検討した。分離された菌をFusarium solaniおよびF. equisetiと特定し、接種試験で病原性を確かめた。前者を萎凋、根腐れ、および維管束壊死の原因菌として、後者を節間短縮および立ち枯れ症状の原因菌として、それぞれ初めて報告した。Fusarium equiseti / Fusarium solaniAscomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04909地衣および地衣生菌類の研究:北米産分類群についての追加記録2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, Physconia属, オオバスミイボゴケ属/Diploicia, カナダ/Canada, カナダ新産種/Canada_new record, カリフォルニア州/California, キク科/Asteraceae, キサントン類/xanthones, コナラ属/Quercus, ニューファンドランド・ラブラドール州/Newfoundland and Labrador, ハルシャギク属/Coreopsis, ピンゴケ科/Caliciaceae, フロリダ州/Florida, ブナ科/Fagaceae, ムカデゴケ科/Physciaceae, リケキサントン類/lichexanthones, ロウソクゴケモドキ属/Candelariella, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北米新産種/North America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌寄生菌/mycoparasiteStudies in lichen and lichenicolous fungi: more notes on taxa from North AmericaOpegrapha dolomiticaおよびThalloloma anguiniformeの2種の地衣を北米新産種として報告した。また、同じく北米新産種としてArthonia diploiciae、Reconditella physconiarum、およびSarcogyne sphaerosporaの3種の地衣生菌を報告した。P. physconiarumの新宿主としてPhysconia isidiigeraを報告した。Arthonia diploiciae■ / Opegrapha dolomitica■ / Reconditella physconiarum■ / Sarcogyne sphaerospora■ / Thalloloma anguiniforme■Ascomycota/子嚢菌門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科
R3-04908タイのPhru Toh Daeng泥炭沼森林に産した有刺の新種、Mycena variicystis2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, タイ/Thailand, ナラーティワート県/Narathiwat, ピートボグ/peat bog, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 湿地帯/wetlandMycena variicystis, a new spinose species from Phru Toh Daeng Peat Swamp in Thailandタイ南部の泥炭沼森林において樹皮に生じた菌を検討し、Mycena variicystisとして新種記載した。本種は縁シスチジア頂部に数個の長い付属糸を有することなどで特徴づけられ、これはLongisetae節において独特の形質であった。また、本種は傘シスチジアが薄壁で、柄シスチジアを欠くことなどでも特徴づけられた。Mycena variicystis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-04907フィリピンにおいてマングローブ葉リターに生じたPhytopythium属卵菌の新種、Phytopythium leanoiおよびPhytopythium dogmae2018Acta Mycologica2018年の論文/published in 2018, Acta Mycologica, ケソン州, フィリピン/Philippines, マングローブ林/mangrove forest, リター菌/litter fungi, リニアグロース/linear growth, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南ダバオ州, 卵菌類/Oomycetes, 台湾/Taiwan, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 胞子形成誘導/sporulation inductionPhytopythium leanoi sp. nov. and Phytopythium dogmae sp. nov., Phytopythium species associated with mangrove leaf litter from the Philippinesフィリピンのマングローブ林においてリターから分離された卵菌を検討し、Phytopythium leanoiおよびP. dogmaeとして新種記載した。前者は台湾産の菌株と一致し、遊走子嚢の形状や遊走子の放出様式はP. kandeliaeに類似していたが、ホモタリックである点などが異なっていた。後者は遊走子嚢に乳頭突起を有し、それが短い放出管に発達することなどで特徴づけられた。Phytopythium dogmae★ / Phytopythium leanoi★Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Pythiales/フハイカビ目_Pythiaceae/フハイカビ科
R3-04906オーストラリアからのPhoma multirostrataの初報告2015Australasian Plant Disease Notes2015年の論文/published in 2015, Australasian Plant Disease Notes, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, コエンドロ属, コッホの原則/Koch_s postulation, セリ科/Apiaceae, 分子同定/molecular identification, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 表面殺菌法/surface sterilization method, 西オーストラリア州/Western Australia, 配列決定/sequencingFirst report of Phoma multirostrata in Australiaオーストラリア、西オーストラリア州においてコリアンダーの葉の斑点病を検討し、Phoma multirostrataを分離した。本種をオーストラリア新産種として報告した。接種試験およびDNA塩基配列の解析を実施した。Phoma multirostrata■Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04905オーストラリアにおいてアボカドの根から分離されたGliocladiopsis属新種2017Mycoscience2017年の論文/published in 2017, Mycoscience, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, クスノキ科/Lauraceae, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ハゴロモノキ属, ヤマモガシ科/Proteaceae, ワニナシ属/Persea, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南オーストラリア州/South Australia, 単胞子分離/single spore isolation, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子形成誘導/sporulation induction, 花卉圃場/flower field, 複合種/species complexNovel species of Gliocladiopsis (Nectriaceae, Hypocreales, Ascomycota) from avocado roots (Persea americana) in Australiaオーストラリアにおいてアボカドに根腐病を引き起こす菌を検討し、Gliocladiopsis属3新種を記載した。G. peggiiはアボカドの根、茎、および周辺の土壌から分離され、G. mexicanaと姉妹群を形成した。G. whileyiおよびG. forsbergiiはG. curvataに近縁であった。Gliocladiopsis forsbergii★ / Gliocladiopsis peggii★ / Gliocladiopsis whileyi★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04904タイ産腐生性クロイボタケ綱菌類:形態および分子データに基づく新属Neoaquastromaの記載2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeSaprobic Dothideomycetes in Thailand: Neoaquastroma gen. nov. (Parabambusicolaceae) introduced based on morphological and molecular dataタイにおいて草本の枯茎に発生した菌を検討し、新属新種Neoaquastroma guttulatumとして記載した。本属は子嚢果が球形~類球形または不規則形で短い乳頭状孔口を有し、子嚢が棍棒形で短い柄を幽し、子嚢胞子が無色で各細胞に油滴を含むことなどで特徴づけられた。本属は分子系統解析でパラバンブシコラ科クレードに含まれた。Neoaquastroma guttulatum★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04903台湾産のチチタケ属3種2011Fungal Science2011年の論文/published in 2011, Fungal Science, ツガ属/Tsuga, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 南投県/Nantou, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 高山帯/alpine regionThree Lactarius (Russulaceae) species from Taiwan台湾南投県の合歓山からLactarius piperatus、L. deliciosus、およびL. chrysorrheusの3種を報告した。そのうちL. chrysorrheusは台湾新産種であった。各種について記載文および生態写真、担子器と担子胞子とシスチジアのスケッチなどを掲載した。Lactarius chrysorrheus■ / Lactarius deliciosus / Lactarius piperatusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-04902形態学的・系統学的根拠に基づき明らかになった、ハナシュクシャに生じた新種Fissuroma taiwanense2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, カルコフルオールホワイト/calcofluor white, シュクシャ属/Hedychium, ショウガ科/Zingiberaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 台湾/Taiwan, 嘉義県/Chiayi County, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 追熟/ripeningMorphological and phylogenetic evidence reveal Fissuroma taiwanense sp. nov. (Aigialaceae, Pleosporales) from Hedychium coronarium台湾においてハナシュクシャの枯茎に生じた菌を検討し、Fissuroma taiwanenseとして新種記載した。ショウガ科およびシュクシャ属植物からのFissuroma属菌の報告は初となった。本種は子嚢が棍棒形~広円筒形で子嚢胞子が厚い粘液質の鞘に包まれることなどで特徴づけられた。Fissuroma taiwanense★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Aigialaceae/アイジアルス科
R3-04901中国南西部産のショウロ属3新種2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, シクエストレート菌/sequestrate fungus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 四川省/Sichuan, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentification, 雲南省/Yunnan, 食用きのこ/edible mushroomsThree New Species of Rhizopogon from Southwest China中国四川省および雲南省のマツ林においてショウロ属菌を調査し、3新種を記載した。Rhizopogon jiyaoziは現地において食用にされ、R. flavidusは子実体が硫黄色、R. sinoalbidusは子実体が汚白色であることなどで特徴づけられた。これらの新種はそれぞれRoseoli亜属、Rhizopogon亜属、Amylopogon亜属に系統的に近縁であった。Rhizopogon flavidus★ / Rhizopogon jiyaozi★ / Rhizopogon sinoalbidus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Rhizopogonaceae/ショウロ科
R3-04900石油汚染土壌から得られたイラン新産の不完全糸状菌2016Mycologia Iranica2016年の論文/published in 2016, Mycologia Iranica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, フーゼスターン州/Khuzestan, 分子同定/molecular identification, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 石油汚染, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 配列決定/sequencingTwo new hyphomycete species from petroleum-contaminated soils for mycobiota of Iranイラン、フーゼスターン州において石油汚染土壌から分離された菌類を検討した。Alternaria obovoideaおよびEmericellopsis pallidaの2種をイラン新産種として報告した。両種の石油汚染土壌からの報告は世界初となった。Alternaria obovoidea■ / Emericellopsis pallida■Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-04899イラン新産種、Coprinopsis urticicola2015Mycologia Iranica2015年の論文/published in 2015, Mycologia Iranica, イネ属/Oryza, イネ科/Poaceae, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, マーザンダラーン州/Mazandaran, リター菌/litter fungi, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new recordFirst report of Coprinopsis urticicola from Iranイラン新産種としてCoprinopsis urticicolaを報告した。本種は稲藁に発生し、PDA培地で培養すると2週間後に子実体が発生した。記載文、担子胞子の写真、被膜の名残の菌糸のスケッチなどを掲載した。Coprinopsis urticicola■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-04898Ophiostoma stenoceras-Sporothrix schenckii複合種の新種、Sporothrix brunneoviolaceaおよびSporothrix dimorphospora2010Mycologia2010年の論文/published in 2010, Mycologia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オーストリア/Austria, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, カタルーニャ州/Catalonia, カリフォルニア州/California, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, スライド培養法/slide culture method, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ドイツ/Germany, ナバラ州/Navarra, ニーダーエスターライヒ州/Niederösterreich, ノルトライン=ヴェストファーレン州/Nordrhein-Westfalen, ブナ科/Fagaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収斂進化/convergent evolution, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 気温/temperature, 水溶性色素/water-soluble pigment, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 草地/grassland, 複合種/species complex, 資化試験/assimilation test, 選択培地/selective medium, 酸性土壌/acidic soil, 降水量/precipitation, 隠蔽種/cryptic speciesSporothrix brunneoviolacea and Sporothrix dimorphospora, two new members of the Ophiostoma stenoceras-Sporothrix schenckii complexスペイン産の紫褐色の色素などで特徴づけられた土壌菌の一種を検討し、Sporothrix brunneoviolaceaとして新種記載した。また、従来Sporothrix inflataのシノニムと考えられてきたHumicola dimorphosporaをSporothrix属に移した。S. inflataとOphiostoma bregantinumはテレオモルフ_アナモルフ関係にあると言われてきたが、分子系統解析の結果はその説に否定的であった。Sporothrix brunneoviolacea★ / Sporothrix dimorphospora▲Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-04897Dactylella複合属およびVermispora属の分類 (3):新属BrachyphorisおよびVermispora属の改訂2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, Globodera属, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キンゴジカ属/Sida, ヘテロデラ科/Heteroderidae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中国/China, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 属の境界/genus boundary, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 生長速度/growth rate, 福建省/Fujian, 線虫寄生菌/nematode parasitic fungus, 菌寄生菌/mycoparasiteTaxonomy of Dactylella complex and Vermispora. III. A new genus Brachyphoris and revision of Vermispora分生子柄がごく短いDactylella属菌の一群に対して新属Brachyphorisを設けた。中国福建省において土壌から分離された新種Vermispora leguminaceaを記載した。また、新組み合わせV. spermatophagaを提唱した。Brachyphoris brevistipitata▲ / Brachyphoris oviparasitica▲ / Brachyphoris tenuifusaria▲ / Vermispora fusarina / Vermispora grandispora / Vermispora leguminacea★ / Vermispora spermatophaga▲Ascomycota/子嚢菌門_Orbiliaceae/オルビリアキン科
R3-04896水中に沈んだ材に生じた不完全糸状菌の新属、Hyalocamposporium2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, ハンガリー/Hungary, ペシュト県/Pest, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber methodHyalocamposporium, a new genus of hyphomycetes from submerged woodハンガリーの河川から水中に沈んだ材に生じた新属新種、Hyalocamposporium longiflagellatumおよびH. acutumを記載した。本属はCamposporium属に類似するが、分生子柄および分生子が無色である点などが異なっていた。また、本属の新組み合わせとしてH. hyalinumおよびH. marylandicumを提唱した。Hyalocamposporium acutum★ / Hyalocamposporium hyalinum▲ / Hyalocamposporium longiflagellatum★ / Hyalocamposporium marylandicum▲Ascomycota/子嚢菌門
R3-04895Thecamoeba quadrilineata寄生性のトリモチカビ目菌類の一種、Cochlonema euryblastumの分子同定および分類2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, GC含量/GC content, Mycologia, Thecamoeba属, アメーバ寄生菌/amoeba parasitic fungus, 共培養/coculture, 内部寄生菌/internal parasitic fungus, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 絶対寄生菌/obligate parasite, 胞子の発芽/germination of spores, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEMMolecular identification and classification of Cochlonema euryblastum, a zoopagalean parasite of Thecamoeba quadrilineataThecamoeba quadrilineata寄生菌の形態学的検討および分子系統解析を実施し、Cochlonema euryblastumと同定した。透過型電子顕微鏡を用い、培養下の宿主細胞内に様々な生長段階の菌体を観察した。分子系統解析の結果、本種は動物寄生性ではなく菌寄生性のエダカビ科菌類に近縁であり、従来の分類が分子データにより支持されないことが示された。Cochlonema euryblastumZoopagales/トリモチカビ目
R3-04894子嚢菌酵母の新種、Vanderwaltozyma verrucispora2009FEMS yeast research2009年の論文/published in 2009, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, FEMS yeast research, GC含量/GC content, ウレアーゼ試験/urease test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 日本/Japan, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 鹿児島県/KagoshimaVanderwaltozyma verrucispora sp. nov., a newascomycetous yeast species日本および台湾において分離された酵母の一種を検討し、Vanderwaltozyma verrucisporaとして新種記載した。本種はグルコースおよびガラクトースの発酵能を有し、子嚢が1-4胞子性、子嚢胞子が球形~楕円形で表面が疣状であることなどで特徴づけられた。D1/D2領域に基づく分子系統解析を実施し、近縁種との形質比較表を掲載した。Vanderwaltozyma verrucispora★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-04893バラ科草本に寄生するTaphrina属菌の正体の解明、および新種Taphrina gei-montani2016International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2016年の論文/published in 2016, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, ウレアーゼ試験/urease test, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, スロバキア/Slovakia, ダイコンソウ属/Geum, デンプン/starch, バイオマス測定/biomass measurement, バラ科/Rosaceae, ビタミン要求性/vitamin requirement, プレショウ県/Prešov, 二型性/dimorphism, 亜高山帯/subalpine zone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 奇形/malformation, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 高山帯/alpine regionDisentangling identity of species of the genus Taphrina parasitizing herbaceous Rosaceae, with proposal of Taphrina gei-montani sp. nov.スロバキア、タトラ山脈においてバラ科草本の2属から分離された酵母を検討し、それぞれが別種であることを示した。そのうちGeum montanumの葉の組織から分離された酵母をTaphrina gei-montaniとして新種記載した。本新種はキジムシロ属植物を宿主とするT. tormentillaeとは異なる系統を形成し、生息環境や宿主の葉における分布も異なっていた。Taphrina gei-montani★Ascomycota/子嚢菌門_Taphrinomycetes/タフリナ綱_Taphrinomycetidae/タフリナ亜綱_Taphrinales/タフリナ目_Taphrinaceae/タフリナ科
R3-04892中国の青海-チベット盆地に産したトリハダゴケ属地衣の1新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, チベット自治区/Tibet, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA new species of Pertusaria (Pertusariaceae, Ascomycota) from Qinghai-Tibet Plateau of China中国で採集された地衣の一種を検討し、Pertusaria tibetensisとして新種記載した。本種は子器盤が帯桃色、子嚢が単胞子性で、ノルスチクチン酸を含むことなどで特徴づけられた。本種は類似する同属他種とは子器盤の色、子嚢の胞子数、子嚢胞子の形態などで区別された。Pertusaria tibetensis★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科
R3-04891ヤナギの葉の虫こぶから分離されたメタノール資化性酵母の新種、Ogataea cecidiorum2010Antonie van Leeuwenhoek(GTG)5-PCR, 2010年の論文/published in 2010, Antonie van Leeuwenhoek, CFU (Colony Forming Unit), PCR-RFLP, PCRフィンガープリンティング/PCR fingerprinting, RFLP解析/RFLP analysis, ウレアーゼ試験/urease test, エンドファイト/endophyte, ゴール/gall, ハバチ科, ビタミン要求性/vitamin requirement, フェノロジー/phenology, マイクロサテライト/microsatellite, メチロトローフ酵母/methylotrophic yeast, モスクワ州/Moscow Oblast, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ロシア/Russia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 独立種/independent species, 発酵試験/fermentation test, 虫こぶ/insect galls, 虫散布/dispersal by insects, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance testOgataea cecidiorum sp. nov., a methanol-assimilating yeast isolated from galls on willow leavesロシア、モスクワ州においてヤナギの葉に生じたハバチ類の虫こぶから分離された酵母の一種を検討し、Ogataea cecidiorumとして新種記載した。本種はメチロトローフ酵母であり、分子系統解析でOgataea属クレードに含まれた。また、Robnett (2010) により提唱された数種のOgataea属への転属を支持する結果を得た。Ogataea secidiorum★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-04890土壌から分離されたミクロボトリウム菌綱の新種、Leucosporidium drummii2012International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology1F=1N, 2012年の論文/published in 2012, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, ウレアーゼ試験/urease test, ギムザ染色/Giemsa stain, デンプン/starch, ドイツ/Germany, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブランデンブルク州/Brandenburg, 二型性/dimorphism, 交配型/mating type, 共培養/coculture, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 栄養摂取様式/nutrition style, 核染色/nuclear staining, 生活環/life cycle, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 胞子の発芽/germination of spores, 草地/grassland, 複合種/species complex, 資化試験/assimilation test, 選択培地/selective medium, 酵母/yeastLeucosporidium drummii sp. nov., a member of the Microbotryomycetes isolated from soilドイツ北部の草地土壌から分離された担子菌の一種を検討し、Leucosporidium drummiiとして新種記載した。本種は冬胞子が不規則かつ多様な方法で発芽し、ソルボース資化能を欠くことなどで特徴づけられた。分子系統解析により、本種がLeucosporidium属のコアグループに含まれること、およびL. scottii複合種の遺伝的多様性が大きいことが示された。Leucosporidium drummii★Basidiomycota/担子菌門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱
R3-04889形態および分子系統に基づくインド産Calocybella属3新種2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 走査型電子顕微鏡/SEMThree new species of Calocybella from India based on morphology and molecular phylogenyインド、ケララ州からCalocybella lohitha、C. babruka、およびC. swethaの3新種を記載した。本報告はCalocybella属菌のヨーロッパ以外からの初報告となった。3新種を含む本属全種の検索表を掲載した。Calocybella babruka★ / Calocybella lohitha★ / Calocybella swetha★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Lyophyllaceae/シメジ科
R3-04888インド、西ベンガル州産の暗色不完全糸状菌2新種2017International Journal of Current Research and Review2017年の論文/published in 2017, International Journal of Current Research and Review, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, トウゴマ属, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ヤマノイモ属/Dioscorea, ヤマノイモ科/Dioscoreaceae, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 西ベンガル州/West BengalTwo New Dematiaceous Fungi from West Bengal, Indiaインド、西ベンガル州からCercospora krishnathiiおよびCladosporium dioscoraeの2新種を記載した。前者はトウゴマ属植物、後者はヤマノイモ属植物の葉にそれぞれ生じた。いずれの宿主も葉に重度の損害を受け、重大な経済的損失に繋がっていた。Cercospora krishnathii★ / Cladosporium dioscoreae★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04887インドゾウの糞に見出されたCercophora属3種:新組み合わせ提唱および新種記載の機会2016Ascomycete.org2016年の論文/published in 2016, Ascomycete.org, アジアゾウ属/Elephas, インド/India, インド新産種/India_new record, ケララ州/Kerala, コンタミ/contamination, ゾウ科/Elephantidae, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 宿主選好性/host selectivity, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生長速度/growth rate, 糞生菌/coprophilous fungi, 複合種/species complex, 難培養性菌/uncultured fungiThree Cercophora species from Indian elephant dung. An opportunity to establish new combinations and a new taxonインド、ケララ州においてインドゾウの糞に発生したCercophora elephantina、sordarioides複合種の一種、および新種C. cephalothecoideaを見出した。本新種を含む、膜質あるいは炭質の殻壁を有する種の検索表を掲載した。また、Bombardia mutabilisおよびB. rostrataをCercophora属に移した。Cercophora cephalothecoidea★ / Cercophora elephantina■ / Cercophora mutabilis▲ / Cercophora rostrata▲Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-04886中国新産の痂状地衣 (1)2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, カラマツ属/Larix, サリチル酸類/salicylic acids, マツ科/Pinaceae, レカノール酸/lecanoric acid, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 大興安嶺山脈, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 氷河/glacier, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 遼寧省/Liaoning, 降水量/precipitation, 黒竜江省/HeilongjiangNew records of crustose lichens from China – 1中国北東部からCyphelium lucidum、Varicellaria lactea、およびDiploschistes euganeusの3種を報告した。前2種は中国新産種としてそれぞれ黒竜江省、内モンゴル自治区/吉林省/新疆ウイグル自治区から、後1種は中国本土新産種として遼寧省から報告された。各種の生態写真を掲載し、類似種との相違点などを記述した。Cyphelium lucidum■ / Diploschistes euganeus■ / Varicellaria lactea■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciaceae/ピンゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Pertusariales/トリハダゴケ目
R3-04885分子データによりDidymella aptrootiiがバンブシコラ科の新属であることが示された2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, イネ科/Poaceae, タイ/Thailand, タケ生息菌/bambusicolous fungus, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 水生菌/aquatic fungi, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 腐生菌/saprobeMolecular data shows Didymella aptrootii is a new genus in Bambusicolaceaeタイで見出されたタケ生息性水生菌のDidymella aptrootiiに対して新属Longipedicellataを提唱した。複数遺伝子に基づく分子系統解析により、本新属がバンブシコラ科に属することが示された。本種はPalmiascoma属とは子嚢胞子の色、Bambusicola属とは子嚢胞子の形状や偽側糸の有無などが異なっていた。Longipedicellata aptrootii▲Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04884日本においてスイカズラに発生した新種Phylloporia lonicerae、および全世界のPhylloporia属菌の検索表2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, スイカズラ属/Lonicera, スイカズラ科/Caprifoliaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 奈良県/Nara, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 日本/Japan, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification keyPhylloporia lonicerae (Hymenochaetales, Basidiomycota), a new species on Lonicera japonica from Japan and an identification key to worldwide species of Phylloporia奈良県においてスイカズラの蔓に発生した菌を検討し、Phylloporia loniceraeとして新種記載した。本種は子実体が一年生で無柄、傘表面に環紋を有し、肉が2層で黒色の帯によって隔てられ、担子胞子が楕円形で2菌糸型であることなどで特徴づけられた。Phylloporia属48種全種の検索表を掲載した。Phylloporia lonicerae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-04883ブラジルのパンタナールにおいて見出され、Vochysia divergensから分離された、生理活性を有する二次代謝産物を産生する新種Phaeophleospora vochysiae Savi & Glienke2018Scientific Reports2018年の論文/published in 2018, NMR, Scientific Reports, Vochysia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウォキシア科/Vochysiaceae, エンドファイト/endophyte, クロマトグラム/chromatogram, ブラジル/Brazil, マットグロッソ・ド・スル州/Mato Grosso do Sul, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 抗真菌活性/antifungal activity, 抗菌活性/antibacterial activity, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 新規化合物/novel compound, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 発酵/fermentation, 細胞毒性/cytotoxicity, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyPhaeophleospora vochysiae Savi & Glienke sp. nov. Isolated from Vochysia divergens Found in the Pantanal, Brazil, Produces Bioactive Secondary Metabolitesブラジルの湿地帯パンタナールにおいてVochysia divergensからエンドファイトとして分離された菌を検討し、Phaeophleospora vochysiaeとして新種記載した。本種はセルコスコスポリン、イソセルコスポリン、および抗微生物活性を示す新規化合物を産生した。本属菌の大多数は斑点病と関連しているが本種は健全葉から分離され、また本種はウォキシア科から分離された初の本属菌となった。Phaeophleospora vochysiae★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04882韓国産の新種の地衣、Arthothelium punctatum2017Mycobiology2017年の論文/published in 2017, Mycobiology, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 江原道/Kangwon-do, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 韓国/South KoreaArthothelium punctatum (Arthoniaceae, Arthoniales), A New Lichen Species from South Korea韓国、江原道に産した樹皮生地衣の一種を検討し、Arthothelium punctatumとして新種記載した。本種は子器が点状、子実下層が無色~淡褐色、子嚢胞子が倒卵形~広楕円形で石垣状であることなどで特徴づけられた。また、同じく韓国で採集された同属の地衣、A. ruanumの記載文を掲載し、両種の採集地マップを掲載した。Arthothelium punctatum★ / Arthothelium ruanumAscomycota/子嚢菌門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-04881韓国、鬱陵島における大型菌類の新産種10種2017Mycobiology2017年の論文/published in 2017, Mycobiology, コウヤクタケ類/corticioid fungi, リター菌/litter fungi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 韓国/South KoreaTen New Recorded Species of Macrofungi on Ulleung Island, Korea韓国鬱陵島において大型菌類の調査を実施した。Deconica phyllogenaなど10種の未記録種を報告した。これらの種の同定は形態形質およびITS領域に基づく分子系統解析により行った。Deconica phyllogena■ / Mycena zephirus■ / Phaeomarasmius proximans■ / Phlebia radiata■ / Pluteus semibulbosus■ / Postia alni■ / Resinicium pinicola■ / Scytinostroma portentosum■ / Tricholomopsis flammula■ / Tyromyces kmetii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Inocybaceae/アセタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Russulales/ベニタケ目_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科_Tricholomataceae/キシメジ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04880Clitocybe umbrinopurpurascensの再記載、およびNeohygrophorus属、Pseudoomphalina属の再検討2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Phytotaxa, イコノタイプ指定/iconotype designated, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, エピタイプ指定/epitype designation, カラブリア州/Calabria, サルデーニャ自治州/Sardinia, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トレンティーノ=アルト・アディジェ州/Trentino-Alto Adige, ネオタイプ指定/neotype designation, ヒマラヤスギ属/Cedrus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, リター菌/litter fungi, レクトタイプ指定/lectotype designation, 側系統群/paraphyletic group, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 雪だまり菌類/snowbank fungiRedescription of Clitocybe umbrinopurpurascens (Basidiomycota, Agaricales) and revision of Neohygrophorus and Pseudoomphalinaイタリア、カラブリア州において従来モロッコのみから知られていた稀産種、Clitocybe umbrinopurpurascensを報告した。分子データに基づき本種をPseudoomphalina属に含め、Neohygrophorus属をPseudoomphalina属のシノニムとした。P. umbrinopurpurascensのエピタイプ標本を指定したほか、Agaricus pachyphyllusに対して新属Pseudolaccariaを提唱し、本種のネオタイプ標本を指定した。Pseudolaccaria pachyphylla▲ / Pseudoomphalina angelesiana▲ / Pseudoomphalina cokeri▲ / Pseudoomphalina kalchbrenneri / Pseudoomphalina umbrinopurpurascensBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-04879ロシアにおけるClitocybula lignicola (Lj.N. Vassiljeva) E.F. Malysheva & O.V. Morozovaの新記録および地理的分布の改訂2016Check List2016年の論文/published in 2016, Check List, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, ロシア/Russia, ヴォログダ州, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetlandNew records and update on the geographic distribution of Clitocybula lignicola (Lj.N. Vassiljeva) E.F. Malysheva & O.V. Morozova (Basidiomycota: Agaricales) in Russiaロシア、ヴォログダ州の2ヶ所からClitocybula lignicolaを東ヨーロッパ平原新産種として報告した。本報告により、本種の既知の分布域が西方に1,204 km拡大することとなった。本種は河畔林においてトウヒの材に発生していた。Clitocybula lignicola■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-04878Atractosporocybe polaris – スヴァールバルおよびスカンジナビアにおいて極地-高山帯および北方亜寒帯域から記載されたカヤタケ型ハラタケ類の新種2016Agarica2016年の論文/published in 2016, Agarica, イェムトランド県/Jämtland, オップラン県/Oppland, コケ上に生える菌/fungi on moss, スヴァールバル諸島/Svalbard Islands, ツンドラ/tundra, テレマルク県/Telemark, トロムス県/Troms, ヌールラン県/Nordland, ノールボッテン県/Norrbotten, ヒースランド/heathland, フィンマルク県/Finnmark, ブスケルー県/Buskerud, ヘードマルク県/Hedmark, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リター菌/litter fungi, ヴェストラ・イェータランド県/Västra Götaland, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北極圏/Arctic, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 極地/polars, 沿岸域/coastal area, 石灰質土壌/calcareous soil, 胞子紋/spore print, 高山帯/alpine regionAtractosporocybe polaris – a new clitocyboid agaric described from arctic-alpine and northern boreal regions in Svalbard and Scandinaviaスヴァールバル諸島、スウェーデン、ノルウェー本土においてツンドラ、ヒースランド、亜寒帯林などに生じた菌を検討し、Atractosporocybe polarisとして新種記載した。本種はA. inornataに非常に類似しており、系統的にも近縁であったが、襞が暗色で強い臭いを欠くことなどで区別された。北方産のA. inornataと同定された標本の中には本新種と同定されたものがあった。Atractosporocybe polaris★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-04877菌類学ノート (12):チリ、バルパライソの自然史博物館において空中から分離された議論のある不完全糸状菌、Stenocephalopsis subalutacea2017Boletín Micológico2017年の論文/published in 2017, Boletín Micológico, アナモルフ菌/anamorphic fungi, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, チリ/Chile, バルパライソ州/Valparaiso, 培養性状/colony characteristics, 室内環境/indoor condition, 散布様式/dispersal style, 空中真菌/air-borne fungus, 胞子散布/spore dispersal, 風散布/wind dispersalNotas micológicas XII: Stenocephalopsis subalutacea un discutido hongo hifomicetoso desde el aire de un museo de historia natural (Valparaíso, Chile)チリ、バルパライソにおいて屋内の空中から分離されたStenocephalopsis subalutaceaを検討した。本種との同定は形態形質の観察に基づき行った。本種が分離された部屋には植物が存在し、胞子がそれらの植物から風で飛散した可能性が考えられた。Stenocephalopsis subalutaceaAscomycota/子嚢菌門
R3-04876タイ北部においてパラゴムノキに生じたシトネタケ科新規分類群:新属Allocryptovalsa2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, パヤオ県/Phayao, パラゴムノキ属/Hevea, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 新属提唱/new genus, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeNovel taxa of Diatrypaceae from Para rubber (Hevea brasiliensis) in northern Thailand; introducing a novel genus Allocryptovalsaタイにおいてパラゴムノキに生じた菌を検討し、新属新種Allocryptovalsa polysporaを記載した。また、A. cryptovalsoideaおよびA. rabenhorstiiをそれぞれEutypella属、Cryptovalsa属から本新属に移した。この他にDiatrypella heveaeおよびPeroneutypa longiascaの2新種を記載した。Allocryptovalsa cryptovalsoidea▲ / Allocryptovalsa polyspora★ / Allocryptovalsa rabenhorstii▲ / Diatrypella heveae★ / Peroneutypa longiasca★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Diatrypaceae/シトネタケ科
R3-04875Sopagraha elegansに対するアナモルフ菌の新属Phaeocandelabrum、および2新種Ph. callisporum、Ph. joseiturriagae2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Cedrela属, Cupania属, Mycotaxon, アラグア州/Aragua, シンアナモルフ/synanamorph, センダン科/Meliaceae, タイプスタディ/type study, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ベネズエラ/Venezuela, ムクロジ科/Sapindaceae, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, リター菌/litter fungi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 走査型電子顕微鏡/SEMPhaeocandelabrum, a new genus of anamorphic fungi to accommodate Sopagraha elegans and two new species, Ph. callisporum and Ph. joseiturriagaeSopagraha elegansに対して新属Phaeocandelabrumを提唱し、この属において2新種を記載した。Ph. callisporumはブラジル、Ph. joseiturriagaeはブラジルおよびベネズエラにおいてそれぞれ腐朽葉に発生した。前者は分生子が2個の球形の中央細胞と7-10個の半球形の細胞などからなり、後者は基部の細胞と5-7つの球形細胞などからなり、いくぶん幅広いY形をしていた。Phaeocandelabrum callisporum★ / Phaeocandelabrum elegans▲ / Phaeocandelabrum joseiturriagae★Ascomycota/子嚢菌門
R3-04874水中に沈んだ植物基質に発生するアナモルフ菌:Acumispora verruculosa、Pleurophragmium aquaticum、およびP. miniumbonatum2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, リター菌/litter fungi, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestAnamorphic fungi from submerged plant material: Acumispora verruculosa, Pleurophragmium aquaticum, and P. miniumbonatumメキシコ、ベラクルス州の熱帯雨林において小川に沈んだ葉および材に発生したアナモルフ菌3新種を記載した。Acumispora verruculosaは分生子がごく淡い淡褐色で倒棍棒形嘴状、Pleurophragmium aquaticumは分生子が淡褐色~褐色の舟形、紡錘形、類棍棒形で3隔壁を有していた。Acumispora属の検索表を掲載し、新組み合わせPleurophragmium miniumbonatumを提唱した。Acumispora verruculosa★ / Pleurophragmium aquaticum★ / Pleurophragmium miniumbonatum▲Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱
R3-04873ダイダイゴケ型地衣の新規3単型属2015Mycobiology2015年の論文/published in 2015, Mycobiology, アトラノリン類/atranorins, サリチル酸類/salicylic acids, ジロホール酸/gyrophoric acid, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, レカノール酸/lecanoric acid, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyThree New Monotypic Genera of the Caloplacoid Lichens (Teloschistaceae, Lichen-Forming Ascomycetes)Jasonhuria、Loekoesia、およびOlegblumia属の3新属を提唱した。これらの属はそれぞれCaloplaca bogilana、C. austrocoreana、C. demissaのみを含む単型属とした。これらの新属はいずれもITS+nrLSU+mtSSUに基づく分子系統解析で強い統計的支持を得た。Jasonhuria bogilana▲ / Loekoesia austrocoreana▲ / Olegblumia demissa▲Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-04872多孔菌の属、Antella、Austeria、Butyrea、Citripora、Metuloidea、およびTrulla2016Annales Botanici Fennici2016年の論文/published in 2016, Annales Botanici Fennici, Cecropia属, アンデス山脈/Andes, イラクサ科/Urticaceae, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, サクラ属/Prunus, シイ属/Castanopsis, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, ベネズエラ/Venezuela, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, メリダ州/Merida, レクトタイプ指定/lectotype designation, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 複合種/species complex, 雲南省/YunnanPolypore genera Antella, Austeria, Butyrea, Citripora, Metuloidea and Trulla (Steccherinaceae, Polyporales)新属Antella、Austeria、Butyrea、Citripora、およびTrullaを記載した。また、中国からCitripora bannaensis、ベネズエラからTrulla meridaeをそれぞれ新種記載した。21の新組み合わせを提唱し、2種のレクトタイプ標本を指定した。Antella americana▲ / Antella chinensis▲ / Antella niemelaei▲ / Austeria citrea▲ / Butyrea japonica▲ / Butyrea luteoalba▲ / Citripora afrocitrina▲ / Citripora bannaensis★ / Metuloidea cinnamomea▲ / Metuloidea fragrans▲ / Metuloidea murashkinskyi▲ / Metuloidea rhinocephala▲ / Steccherinum autumnale▲ / Steccherinum fimbriatellum▲ / Steccherinum formosanum▲ / Steccherinum semisupiniforme▲ / Steccherinum subnitidum▲ / Trulla crustulina▲ / Trulla dentipora▲ / Trulla duracina▲ / Trulla meridae★ / Trulla ochrotinctella▲ / Trulla polyporoides▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-04871Pseudolagarobasidium属:寄生菌、腐生菌、およびエンドファイトからなる背着生の属の復活2008Botany2008年の論文/published in 2008, Botany, アオイ科/Malvaceae, エンドファイト/endophyte, カカオ属/Theobroma, コウヤクタケ類/corticioid fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 栄養摂取様式/nutrition style, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobePseudolagarobasidium (Basidiomycota): on the reinstatement of a genus of parasitic, saprophytic, and endophytic resupinate fungi近年形態に基づきRadulodon属のシノニムとされたPseudolagarobasidium属を、分子データを基に再検討した。本属が良好に指示された単系統群を形成することを示し、本属をシノニムとしたStalpers (1998) の措置を却下した。本属には腐生菌および寄生菌が知られていたが、少なくとも一つのカカオのエンドファイトの系統を含むことを示した。
R3-04870フクロタケ属の新規観察データ2017International Journal of Environment Agriculture and Biotechnology2017年の論文/published in 2017, International Journal of Environment Agriculture and Biotechnology, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, モロッコ/Morocco, モロッコ新産種/Morocco_new record, ラバト=サレ=ケニトラ地方/Rabat-Salé-Kénitra, 切片/section, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushroomsSome new observations on the Volvariella genus Speg. 1898モロッコ、マモラの森からVolvariella bombycina、Volvaria speciosa、およびVolvariella mediaの3種を報告した。そのうちV. mediaはモロッコ新産種であった。2種はコルクガシに発生し、1種は庭園の草地に発生した。Volvaria speciosa / Volvariella bombycina / Volvariella media■Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-04869新種Montagnula jonesiiの系統分類学的評価2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, Mycosphere, TreeBASE, イタリア/Italy, トスカーナ州/Tuscany, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生長速度/growth rateTaxonomy and phylogenetic appraisal of Montagnula jonesii sp. nov. (Didymosphaeriaceae, Pleosporales)イタリアにおいてヨーロッパブナの枯れ枝に生じた腐生菌の一種を検討し、Montagnula jonesiiとして新種記載した。本種は子嚢果が埋生し褐色、子嚢胞子が楕円形~紡錘形で3隔壁を有することなどで特徴づけられた。本新種を含むMontagnula属菌の形質比較表を掲載した。Montagnula jonesii★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Didymosphaeriaceae/ディディモスフェリア科
R3-04868トルコ新産のテングノメシガイ類2属2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity surveyTwo earth-tongue genera new for Turkeyトルコ、トラブゾン県からSpathulariopsis velutipesおよびTrichoglossum hirsutumをトルコ新産種として報告した。Spathulariopsis属およびTrichoglossum属はトルコから初報告となった。両種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Spathulariopsis velutipes■ / Trichoglossum hirsutum■Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Geoglossomycetes/テングノメシガイ綱_Geoglossales/テングノメシガイ目_Geoglossaceae/テングノメシガイ科
R3-04867インド新産種、Lycoperdon rupicolaの形態・系統学的研究2017Taiwania2017年の論文/published in 2017, Taiwania, インド/India, インド新産種/India_new record, コケ上に生える菌/fungi on moss, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シッキム州/Sikkim, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 亜高山帯/subalpine zone, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 垂直分布/vertical distribution, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEMMorphological and phylogenetic studies of Lycoperdon rupicola: first report for the Indian mycobiotaインド、シッキム州から新産種としてLycoperdon rupicolaを報告した。本種の記載文、生態写真、顕微鏡(光学・SEM)写真、スケッチなどを掲載した。本種との同定は分子系統解析によっても確かめられた。Lycoperdon rupicola■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04866中国寧夏回族自治区、六盤山に産したPuccinia rhei-palmati2018茨城大学教育学部紀要2018年の論文/published in 2018, さび菌/rust fungi, タデ科/Polygonaceae, ダイオウ属/Rheum, 再発見/rediscovery, 半乾燥地域/semi-arid area, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 茨城大学教育学部紀要, 降水量/precipitationPuccinia rhei-palmati occurs in the Liupanshan, Ningxia Hui Autonomous Region, China中国、寧夏回族自治区においてRheum palmatumに生じたさび菌を検討し、Puccinia rhei-palmatiと同定した。本種は陝西省の秦嶺山脈から記載され、タイプ標本のみが知られていた。本種は葉の両面に夏胞子および冬胞子を形成し、重度の感染を受けた葉は黄変、衰退していた。Puccinia rhei-palmati■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-04865アルジェリアのコルクガシ林に産したベニタケ類2013Documents mycologiques2013年の論文/published in 2013, Documents mycologiques, アルジェリア/Algeria, エル・タルフ県, コナラ属/Quercus, フランス語/French, ブナ科/Fagaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 酸性土壌/acidic soilLes russules des subéraies d’Algérieアルジェリア、エルカラ国立公園のコルクガシ林においてベニタケ属菌の予備的インベントリ調査を実施した。既に報告されていた37種類の本属菌についてコメントを付し、現在の分類学的定義に沿った正しい学名を記述した。Russula amoenicolor f. nigrosanguineaなど7種類の本属菌の記載文を掲載した。Russula amoenicolor / Russula decipiens / Russula graveolens / Russula pelargonia / Russula persicina / Russula praetervisa / Russula subazureaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-04864Diplocystis guadalupensisの根状菌糸束2011Bulletin de la Société Mycologique de France2011年の論文/published in 2011, Bulletin de la Société Mycologique de France, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タイプスタディ/type study, タデ科/Polygonaceae, ハマベブドウ属/Coccoloba, フランス語/French, ラテライト/laterite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 固有種/endemic species, 栄養摂取様式/nutrition style, 根状菌糸束/rhizomorph, 沿岸域/coastal area, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 種内変異/intraspecific variation, 腐植土/humus, 腹菌類/gastromycetesLes rhizomorphes de Diplocystis guadalupensis (Boletales, Sclerodermataceae)Broomeia guadalupensisを検討し、本種をDiplocystis属に転属した。本種の形態、特に根状菌糸束の微細構造を検討し、記載文を掲載した。Diplocystis属およびBroomeia属のニセショウロ科における分類について議論した。Diplocystis guadalupensis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Diplocystaceae/ディプロシスティス科
R3-04863Geoglossum heuflerianum – スイスにおけるアルプス産の種の再発見2017Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2017年の論文/published in 2017, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, アルプス山脈/Alps, コケ上に生える菌/fungi on moss, スイス/Switzerland, タイプスタディ/type study, ドイツ語/German, レクトタイプ指定/lectotype designation, 再発見/rediscovery, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 石灰質土壌/calcareous soil, 高山帯/alpine regionGeoglossum heuflerianum – Wiederentdeckung einer alpinen Art in der Schweizスイス・アルプスにおいてGeoglossum heuflerianumを150年以上ぶりに再発見し、詳細に検討するとともにレクトタイプ標本を指定した。本種は高山帯に発生し、子実体が小型で、子嚢胞子が成熟時褐色で3隔壁を有し、側糸の末端細胞が褐色であることなどで特徴づけられた。本種が現在の文献に掲載されていないのは、原記載の記述が不十分であったためと考えられた。Geoglossum heuflerianumGeoglossomycetes/テングノメシガイ綱_Geoglossales/テングノメシガイ目_Geoglossaceae/テングノメシガイ科
R3-04862インド、ゴア州からのTermitomyces bulborhizusホロモルフの初報告2017Kavaka2017年の論文/published in 2017, Kavaka, インド/India, インド新産種/India_new record, ゴア州/Goa, シロアリの巣/termite nest, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 動物の巣/animal nest, 呈色反応/chemical reaction, 土壌温度/soil temperature, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 多糖類/polysaccharides, 子実体原基/fruiting body primordium, 子実体発達様式/fruiting body development style, 新産種報告/new record, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 昆虫の巣/insect nest, 生長速度/growth rate, 脂質蓄積/lipid accumulation, 菌体外多糖/extracellular polysaccharide, 蓚酸カルシウム/calcium oxalateFirst report of Termitomyces bulborhizus holomorph from Goa, Indiaインド、ゴア州からTermitomyces bulborhizusをインド新産種として報告した。本種の子実体とともにスポロドキア世代(アナモルフ)の形態および培養性状も報告した。本報告はインド産のシロアリと共生する菌のホロモルフを検討した初の研究となった。Termitomyces bulborhizus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Lyophyllaceae/シメジ科
R3-04861中欧に広範に分布する新種Bacidina mendax、およびコナハリイボゴケ属の新組み合わせ2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, The Lichenologist, イギリス/United kingdom, イングランド/England, イヴァーノ=フランキーウシク州/Ivano-Frankivsk, ウクライナ/Ukraine, オロモウツ州/Olomouc, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, クマシデ属/Carpinus, クヤヴィ=ポモージェ県/Kujawsko-Pomorskie, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, サリー/Surrey (England), シロンスク県/Silesian, スロバキア/Slovakia, チェコ/Czech, トネリコ属/Fraxinus, トレンチーン県/Trenčín, ニワトコ属/Sambucus, ブナ科/Fagaceae, プラハ/Prague, ポトカルパチェ県/Podkarpackie, ポドラシェ県/Podlaskie, ポモージェ県/Pomorskie, ポーランド/Poland, マウォポルスカ県/Małopolska, マゾフシェ県/Mazowsze, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, レンプクソウ科/Adoxaceae, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南モラヴィア州/South Moravian, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 都市環境/urban environmentBacidina mendax sp. nov., a new widespread species in Central Europe, together with a new combination within the genus Bacidinaスロバキア、チェコ、ポーランドなどで採集された地衣の一種を検討し、Bacidina mendaxとして新種記載した。本種は形態的に複数の同属他種と類似しており、従来混同されてきたが、種内変異の大きい単一の種として認められた。また、分子系統解析の結果を基に、新組み合わせB. pycnidiataを提唱した。Bacidina mendax★ / Bacidina pycnidiata▲Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-04860コウモリから分離された耐冷性を有する酵母の新種、Malassezia vespertilionis2018Persoonia2018年の論文/published in 2018, Lasionycteris属, Persoonia, TreeBASE, Tween希釈試験/Tween dilution test, β-グルコシダーゼ/β- glucosidase, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アラバマ州/Alabama, ウィスコンシン州/Wisconsin, カタラーゼ/catalase, カリフォルニア州/California, ケンタッキー州/Kentucky, ニューヨーク州/New York, ヒナコウモリ科/Vespertilionidae, ペンシルバニア州/Pennsylvania, ホオヒゲコウモリ属/Myotis, ミズーリ州/Missouri, 全ゲノム解析/whole genome analysis, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 常在菌, 採集地マッピング/collection site mapping, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 次世代シーケンシング/next generation sequencing, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 皮膚スワブ/skin swab, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 耐冷菌/cold-tolerant fungus, 脂質好性菌類/lipophilic fungus, 資化試験/assimilation test, 越冬/wintering, 選択培地/selective medium, 酵母/yeast, 酵母叢/yeast flora, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityMalassezia vespertilionis sp. nov.: a new cold-tolerant species of yeast isolated from bats米国において健全なコウモリの皮膚における菌類相を調査し、分離された酵母の一種をMalassezia vespertilionisとして新種記載した。本種は7-40°Cという広範な温度で生育可能であり、耐冷性を有する点で本属菌としては独特であった。全ゲノム配列決定の結果、本種はMalassezia属クレードの基部に位置した。Malassezia vespertilionis★Basidiomycota/担子菌門_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱
R3-04859中国南部産の縦隔壁のある担子器を有する新種、Aporpium miniporum2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 材生息菌/lignicolous fungus, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropicsAporpium miniporum, a new polyporoid species with vertically septate basidia from southern China中国海南省において被子植物の腐朽材に生じた菌を検討し、Aporpium miniporumとして新種記載した。本種は子実体が背着生、半背着生、傘状で孔口が微小、担子器に縦隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は近縁種とは子実体の形状、孔口のサイズ、担子胞子の形態などが異なっていた。Aporpium miniporum★Basidiomycota/担子菌門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Aporpiaceae/アポルピウム科
R3-04858米国東部において河川および灌漑用水から分離されたPhytophthora属クレード10の独特な新種、Phytophthora intercalaris2016International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2016年の論文/published in 2016, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, TreeBASE, ウェストバージニア州/West Virginia, ノースカロライナ州/North Carolina, バージニア州/Virginia, マサチューセッツ州/Massachusetts, メリーランド州/Maryland, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 固有種/endemic species, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 灌漑用水/irrigation water, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 選択培地/selective medium, 釣菌法/baiting methodA unique species in Phytophthora clade 10, Phytophthora intercalaris sp. nov., recovered from stream and irrigation water in the eastern USA米国東部5州において河川および灌漑用水から分離された卵菌の一種を検討し、Phytophthora intercalarisとして新種記載した。本種はHSAおよびCA培地において節間生薄壁の厚壁胞子を豊富に形成し、これは他の本属菌には知られていない特徴であった。本種はヘテロタリックで全ての分離菌株の交配型がA1であり、分子系統解析ではクレード10に含まれた。Phytophthora intercalaris★Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-04857中国産の水生不完全菌の新種、Xylohyphopsis aquatica2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 江西省/Jiangxi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of sporesXylohyphopsis aquatica sp. nov., a new aquatic hyphomycete from China中国江西省において水中に沈んだ材に生じた菌を検討し、Xylohyphopsis aquaticaとして新種記載した。本種は分生子が鎖生し、淡褐色で平滑薄壁、0-1隔壁を有することなどで特徴づけられた。本新種を含むXylohyphopsis属菌の検索表を掲載した。Xylohyphopsis aquatica★Ascomycota/子嚢菌門
R3-04856Repetophragma属における1新種および本属に置かれた分類群2011Mycosphere2011年の論文/published in 2011, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ベネズエラ/Venezuela, ベラクルス州/Veracruz, ボリバル州/Bolívar, メキシコ/Mexico, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 雲霧林/cloud forestA new species and re-disposed taxa in Repetophragmaメキシコおよびベネズエラで採集された菌を検討し、Repetophragma paracambrenseとして新種記載した。Sporidesmium属およびEndophragmiella属の12種をRepetophragma属に移した。本属の形質比較表および検索表を掲載した。Repetophragma apiceinflatum▲ / Repetophragma ellisii▲ / Repetophragma filisporum▲ / Repetophragma fragmentisporum▲ / Repetophragma laxisporum▲ / Repetophragma longiphorum▲ / Repetophragma moniliforme▲ / Repetophragma omahutaense▲ / Repetophragma paracambrense★ / Repetophragma perproliferatum▲ / Repetophragma peruamazonicum▲ / Repetophragma quadriloculare▲ / Repetophragma terminaliae▲Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-04855アリに生じる新種Ophiocordyceps thanathonensisの記載、およびO. pseudolloydiiのレファレンス標本2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, アリ科/Formicidae, カタアリ属, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungusIntroducing Ophiocordyceps thanathonensis, a new species of entomogenous fungi on ants, and a reference specimen for O. pseudolloydiiタイ北部においてアリに発生した菌を検討し、Ophiocordyceps thanathonensisとして新種記載した。本種は子嚢果が小型で子嚢および子嚢胞子が短く、二次胞子が屈曲することなどで特徴づけられた。また、O. pseudolloydiiのレファレンス標本を配列データとともに指定した。Ophiocordyceps pseudolloydii / Ophiocordyceps thanathonensis★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-04854担子菌アナモルフキラー酵母の新種、Trichosporon insectorum2008Mycological Research2008年の論文/published in 2008, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, Mycological Research, Paxillus属(甲虫), PCRフィンガープリンティング/PCR fingerprinting, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, キラー酵母, クロツヤムシ科/Passalidae, コガネムシ科/Scarabaeidae, チーズ/cheese, デンプン/starch, パナマ/Panama, パナマ県/Panama (Province), ビタミン要求性/vitamin requirement, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 二型性/dimorphism, 仮説提唱/hypothesis proposed, 共培養/coculture, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 発酵試験/fermentation test, 発酵食品/fermented food, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance testTrichosporon insectorum sp. nov., a new anamorphic basidiomycetous killer yeastパナマにおいてコガネムシ科およびクロツヤムシ科昆虫の腸、ブラジルにおいてチーズからそれぞれ分離されたアナモルフ酵母の一種を検討し、Trichosporon insectorumとして新種記載した。本種は分節分生子を形成し、二本鎖RNA関連とみられるキラー性を示すことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でOvoidesクレードに属し、乳酸を資化不能である点、42°Cでの生長が遅延することなどで他の全種と区別された。Trichosporon insectorum★Basidiomycota/担子菌門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Trichosporonaceae/トリコスポロン科
R3-04853中国新産のPhaeosphaeria属3種2013Mycosystema2013年の論文/published in 2013, Mycosystema, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 培養性状/colony characteristics, 安徽省/Anhui, 山地/mountains, 山東省/Shandong, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 福建省/FujianThree new Chinese records of Phaeosphaeria I. Miyake中国新産種としてPhaeosphaeria humerata、P. marciensis、およびP. typharumを報告した。これらの種はそれぞれ安徽省、福建省および山東省、山東省において腐朽材または枝に生じていた。各種について記載文、写真などを掲載した。Phaeosphaeria humerata■ / Phaeosphaeria marciensis■ / Phaeosphaeria typharum■Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-04852インド産イッポンシメジ属Pouzarella亜属の4新種2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, インド/India, ケララ州/Kerala, リター菌/litter fungi, 切片/section, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐植土/humus, 配列決定/sequencingFour new species of Entoloma subgenus Pouzarella from Indiaインド、ケララ州からEntoloma wayanadense、E. peechiense、E. silvanum、およびE. tropicumの4新種を記載した。これらの種はいずれもPouzarella亜属に含まれ、本報告によりインド産の本亜属の既知種数は8となった。各種についてITSおよびnrLSUの塩基配列を決定し、類似する配列が登録されていないことを確認した。Entoloma peechiense★ / Entoloma silvanum★ / Entoloma tropicum★ / Entoloma wayanadense★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-04851ブラジル、バイーア州、カーチンガ地域におけるDaedalea ryvardeniana Drechsler-Santos & Robledoの初記録2018Check List2018年の論文/published in 2018, Check List, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiFirst record of Daedalea ryvardeniana Drechsler-Santos & Robledo (Agaricomycetes, Polyporales, Fomitopsidaceae) in the Caatinga area of Bahia, Brazilブラジル、バイーア州の半乾燥地域、カーチンガからDaedalea ryvardenianaを初めて報告した。本種はブラジルにおいては従来マットグロッソ、セアラー、パライバ、ペルナンブーコの各州において記録されていた。カーチンガ産の標本の形態形質は原記載とよく一致した。Daedalea ryvardeniana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-04850スティクティス科の2新種、Cryptodiscus muriformisおよびSchizoxylon gilenstamii2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Globularia属, Mycological Progress, TreeBASE, vital taxonomy, アリゾナ州/Arizona, エーランド地方/Öland, オオバコ科/Plantaginaceae, オーストリア/Austria, グラウビュンデン州/Graubunden, シュタイアーマルク州/Steiermark, スイス/Switzerland, スウェーデン/Sweden, ストックホルム県/Stockholm, チロル州/Tirol (Austria), ティチーノ州/Ticino, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トウヒ属/Picea, トガサワラ属/Pseudotsuga, ベルン州/Bern, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, ロッキー山脈/Rocky Mountains, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 腐生菌/saprobeCryptodiscus muriformis and Schizoxylon gilenstamii, two new species of Stictidaceae (Ascomycota)Cryptodiscus muriformisおよびSchizoxylon gilenstamiiの2新種を記載した。前者はドイツトウヒおよびダグラスファーの枝に生じ、子嚢盤が黄橙色、子嚢胞子が石垣状であることなどで特徴づけられた。後者はスウェーデン、エーランドにおいてGlobularia vulgarisに生じ、子実上層に特有の赤紫色色素を含むことなどで特徴づけられた。Cryptodiscus muriformis★ / Schizoxylon gilenstamii★ / Stictis brunnescensAscomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Stictidaceae/スティクティス科
R3-04849イラン北東部の半砂漠地域における新規および特筆すべき地衣類2017Iranian Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Iranian Journal of Botany, アジア新産種/Asia_new record, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, ラザヴィー・ホラーサーン州/Razavi Khorasan, 二次代謝産物/secondary metabolite, 北ホラーサーン州/North Khorasan, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 砂漠/desert, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew and Noteworthy Lichens from the Semi-desert Areas of North East Iranイラン北東部の半砂漠地域において53種の地衣類を採集した。そのうちCaloplaca albovariegataなど4種をイラン新産種として報告した。また、17種をイラン北東部新産種として報告した。Caloplaca albovariegata■ / Lecidea promixta■ / Rinodina afghanica■ / Schaereria fuscocinerea■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Lecideaceae/レキデア科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱
R3-04848南極新産のMyriospora属地衣および全世界の種の検索表2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, The Lichenologist, TreeBASE, イギリス/United kingdom, サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島/South Georgia and the South Sandwich Islands, サウス・オークニー諸島/South Orkney Islands, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南極/Antarctic, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 極地/polars, 氷河/glacier, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 誤同定/misidentificationMyriospora, a genus newly reported for Antarctica with a worldwide key to the species南極のサウス・オークニー諸島で採集された菌を検討し、Myriospora signyensisとして新種記載した。本種は南極初のMyriospora属地衣で、子器が大型で顕著な縁部を有し、地衣体の縁部が裂片状で橙赤色、さび色、褐色などに色付くことなどで特徴づけられた。全世界のMyriospora属地衣の検索表を掲載した。Myriospora signyensis★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-04847Octospora leucoloma:トルコの菌類相における新規のコケ寄生菌の属2017Phytologia Balcanica2017年の論文/published in 2017, Phytologia Balcanica, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ寄生菌/bryoparasitic fungus, コケ生息菌/bryophilous fungus, コンヤ県/Konya, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハリガネゴケ属/Bryum, ハリガネゴケ科/Bryaceae, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 絶対寄生菌/obligate parasite, 菌類相調査/mycofloristic surveyOctospora leucoloma (Pyronemataceae): a new bryoparasitic genus record for Turkish mycobiotaトルコ、コンヤ県からコケ寄生菌のOctospora leucolomaをトルコ新産種として報告した。本種は春に地上のギンゴケの上に群生または小さな集まりをなして発生していた。トルコにおけるOctospora属菌の報告は初であり、ピロネマキン科の24番目の属となった。Octospora leucoloma■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-04846エジプトおよびアフリカ新産種、Chaetomium iranianum MF7875982017Microbial Biosystems2017年の論文/published in 2017, Microbial Biosystems, アフリカ新産種/Africa_new record, エジプト/Egypt, エジプト新産種/Egypt_new record, エンドファイト/endophyte, シソ科/Lamiaceae, ニガクサ属/Teucrium, リニアグロース/linear growth, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 南シナイ県/South Sinai, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 消失性子嚢/evanescent asci, 生長速度/growth rate, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEM, 配列決定/sequencingNew record of Chaetomium iranianum MF787598 (Chaetomiaceae) for the Egyptian and African mycobiotaアフリカ、エジプト新産種としてChaetomium iranianumを報告した。本種は南シナイ県においてTeucrium poliumから分離された。記載文を掲載し、ITS領域の塩基配列を決定してGenBankに登録した。Chaetomium iranianum■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-04845ブルガリア産菌生子嚢菌の新規データ2017Phytologia Balcanica2017年の論文/published in 2017, Cellulariella属, Phytologia Balcanica, イグチ科, タマチョレイタケ科/Polyporaceae, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, ヤマドリタケ属, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forestNew data on fungicolous ascomycetes in BulgariaHypomyces aurantiusをブルガリア新産種として報告した。本種はCellulariella warnieriの古い子実体に発生していた。また、ブルガリアから二度目の報告となるH. chrysospermusを報告した。Hypomyces aurantius■ / Hypomyces chrysospermusAscomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-04844ヨーロッパにおける新規の侵略的外来種、Erysiphe kenjiana2009Mycological Progress2009年の論文/published in 2009, Mycological Progress, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, キエフ州/Kiev, チェルニーヒウ州/Chernihiv, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 付着器/appressorium, 仮説提唱/hypothesis proposed, 侵略的外来種/invasive alien species, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分布域の変化/changes in the distribution area, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 東欧新産種/East Europe_new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 移入種/alien species, 葉面菌/leaf surface fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMErysiphe kenjiana (Erysiphales), a new invasive fungus in Europeアジア産のうどんこ病菌、Erysiphe kenjianaをウクライナからヨーロッパ新産種として報告した。本種はキエフにおいて線路沿いあるいは空港周辺のニレ属樹木4種に発生し、その後北方のチェルニーヒウでも見出された。分子系統解析では本種を含む数種が共通の祖先に由来し、ニレ科およびアサ科において宿主範囲を拡大したと推定された。Erysiphe kenjiana■Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04843中国北東部新産のうどんこ病菌2011Journal of Jilin Agricultural University2011年の論文/published in 2011, Journal of Jilin Agricultural University, うどんこ病/powdery mildew, ケシ科/Papaveraceae, シモツケソウ属/Filipendula, タケニグサ属/Macleaya, バラ科/Rosaceae, ヤマハッカ属/Isodon, 中国/China, 中国語/Chinese, 付着器/appressorium, 吉林省/Jilin, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiNew Record Species of Erysiphales in Northeast of China中国吉林省においてうどんこ病菌の調査を実施した。中国北東部新産種としてErysiphe ulmariae、E. macleayae、E. huayinensis、およびPodosphaera spiraeaeを報告した。各種について記載文、閉子嚢殻の写真、および分生子、発芽管、分生子柄、子嚢などの顕微鏡写真を掲載した。Erysiphe huayinensis■ / Erysiphe macleayae■ / Erysiphe ulmariae■ / Podosphaera spiraeae■Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04842中国産イワザクロゴケ科地衣の新種および新産種2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, The Lichenologist, アジア新産種/Asia_new record, ウスニン酸類/usnic acids, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, サリチル酸類/salicylic acids, タムノール酸類/thamnolic acids, チベット自治区/Tibet, トウヒ属/Picea, ナンヨウスギ属/Araucaria, ナンヨウスギ科/Araucariaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ベンゾフラン類/benzofurans, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, レカノール酸/lecanoric acid, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 化学型/chemical type, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 雲南省/Yunnan, 高山帯/alpine region, 鱗片状地衣/squamulose lichenNew species and new records of Ophioparmaceae (lichenized Ascomycota) from China中国においてビャクシン属およびトウヒ属植物に生じた粉霜を伴い、ウスニン酸を含む地衣を検討し、Ophioparma pruinosaとして新種記載した。O. araucariaeおよびHypocenomyce scalarisを中国新産種として報告した。また、中国産O. lapponicaの全標本を検討し、O. ventosaの誤同定であることを示した。Hypocenomyce scalaris■ / Ophioparma araucariae■ / Ophioparma pruinosa★ / Ophioparma ventosa■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ophioparmaceae/イワザクロゴケ科
R3-04841氷期遺存種と推定される隠蔽種、新種Thamnolia tundrae2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Dryad, The Lichenologist, TreeBASE, アラスカ州/Alaska, アリューシャン諸島, アルハンゲリスク州/Arkhangelsk, イェムトランド県/Jämtland, シノニム/synonym, シベリア/Siberia, スウェーデン/Sweden, ゼムリャフランツァヨシファ, タイプスタディ/type study, チュメニ州/Tyumen, ツンドラ/tundra, ノルウェー/Norway, ハプロタイプネットワーク/haplotype network, フィンマルク県/Finnmark, ベオミセス酸類/baeomycesic acids, ロシア/Russia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 化学型/chemical type, 北極圏/Arctic, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 極地/polars, 樹状地衣/fruticose lichen, 種の境界/species delimitation, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 遺存種/relict species, 隠蔽種/cryptic speciesThamnolia tundrae sp. nov., a cryptic species and putative glacial relictスウェーデンで採集された地衣の65標本を検討し、Thamnolia vermicularis、T. subuliformis、および新種T. tundraeの3種からなることを明らかにした。DEAD-boxヘリカーゼ遺伝子を初めて種レベルの系統解析のマーカーとして採用した。ムシゴケ属の分類には二次代謝産物および地理的起源が有用であり、ITS領域の信頼度が高いことを示した。Thamnolia subuliformis / Thamnolia tundrae★ / Thamnolia vermicularisAscomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Icmadophilaceae/アオシモゴケ科
R3-04840複数遺伝子の系統解析および形態に基づき中国産の新種Cytospora spiraeaeが明らかになった2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, シモツケ属, バラ科/Rosaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山西省/Shanxi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/canker, 甘粛省/Gansu, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt)Multigene phylogeny and morphology reveal Cytospora spiraeae sp. nov. (Diaporthales, Ascomycota) in China中国甘粛省および山西省においてホザキシモツケに生じた菌を検討し、Cytospora spiraeaeとして新種記載した。本種は子嚢胞子が無色長形~ソーセージ形で無隔壁であり、分生子がソーセージ形であることなどで特徴づけられた。本種はITS+nrLSU+ACT+RPB2に基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Cytospora spiraeae★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-04839ギリシャ新産の興味深い担子菌類7種2016Mycologia Montenegrina2016年の論文/published in 2016, Mycologia Montenegrina, アッティカ地方/Attica, イピロス地方/Epirus, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, ギリシャ/Greece, ギリシャ新産種/Greece_new record, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, ペロポネソス地方/Pelopónnisos, 北エーゲ地方, 南エーゲ地方/South Aegean, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 西マケドニア地方/Western MacedoniaSeven interesting basidiomycetes recorded in Greece for the first timeギリシャからAgaricus pseudolutosusなど7種の担子菌類を報告した。これら全てをギリシャ新産種として報告した。各種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Agaricus pseudolutosus■ / Coprinopsis cordispora■ / Coprinopsis strossmayeri■ / Crepidotus macedonicus■ / Lactarius mediterraneensis■ / Panaeolus guttulatus■ / Panaeolus subfirmus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Inocybaceae/アセタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-04838枯死した木生シダの幹に生じた新種、Cystolepiota oliveirae2016Mycologia Montenegrina2016年の論文/published in 2016, Dicksonia属, Mycologia Montenegrina, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, セントロ地方/Centro, タカワラビ科/Cibotiaceae, フランス語/French, ポルトガル/Portugal, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 移入種/alien speciesCystolepiota oliveirae sp. nov., récoltée au Portugal sur tronc de fougère arborescente morteポルトガルにおいて木生シダの幹に生じた菌を検討し、Cystolepiota oliveiraeとして新種記載した。本種はC. petasiformisに系統的に近縁であり、担子胞子が非常に緩やかにデキストリノイド性を示す点などが共通していた。本種が生じたDicksonia antarcticaはオーストラリアにおける普通種であり、本種は移入種と考えられた。Cystolepiota oliveirae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04837フランスおよびモンテネグロにおいて乾燥した針葉樹樹皮に生じた新属新種、Perzia triseptata2016Mycologia Montenegrina2016年の論文/published in 2016, Mycologia Montenegrina, vital taxonomy, ディナル・アルプス山脈/Dinaric Alps, トウヒ属/Picea, フランス/France, ポドゴリツァ市/Podgorica, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モンテネグロ/Montenegro, ロワール県/Loire, 亜高山帯/subalpine zone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 草地/grasslandPerzia triseptata gen. et sp. nov. (Ascomycota incertae sedis) from xeric coniferous bark in France and Montenegroフランスおよびモンテネグロにおいてトウヒ属およびマツ属植物の乾燥した樹皮にそれぞれ生じた菌を検討し、新属新種Perzia triseptataとして記載した。本種は子嚢盤が類円形で破出性、灰色で縁部が黒色、子嚢が非アミロイド、子嚢胞子が大型で3隔壁を有し、厚いゼラチン質の鞘に覆われることなどで特徴づけられた。本種は分子データが利用可能ないずれの菌群とも遠縁であり、系統的位置は確定しなかったが、リティズマ目Exarmidium属などとの形態的類似性が認められた。Perzia triseptata★
R3-04836Phaeomarasmius erinaceus Scherff. ex Romagn.の培養性状2017International Journal of Nature and Life Sciences2017年の論文/published in 2017, International Journal of Nature and Life Sciences, クルッカレ県, トルコ/Turkey, リニアグロース/linear growth, 培養性状/colony characteristics, 生長速度/growth rate, 走査型電子顕微鏡/SEMCultural characteristics of Phaeomarasmius erinaceus (Fr.) Scherff. ex Romagn.トルコ産Phaeomarasmius erinaceusの培養性状を尾検討した。PDA25°C暗所で12日間培養し、生長速度を記録した。菌糸体および胞子を光学顕微鏡および走査型電子顕微鏡で観察した。Phaeomarasmius erinaceusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04835韓国新産の接合菌3種の分離および特性:Cunninghamella bertholletiae、Cunninghamella echinulata、およびCunninghamella elegans2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, リニアグロース/linear growth, 分子同定/molecular identification, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 耐熱性菌/heat-tolerant fungus, 虫糞/insect frass, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordIsolation and Characterization of Three Unrecorded Zygomycete Fungi in Korea: Cunninghamella bertholletiae, Cunninghamella echinulata, and Cunninghamella elegans韓国からCunninghamella bertholletiae、C. echinulata、およびC. elegansの3種を韓国新産種として報告した。これらの種はそれぞれ河川の水、バッタの糞、土壌から分離された。同定は形態学的検討およびITS、nrLSUの分子系統解析に基づき行った。Cunninghamella bertholletiae■ / Cunninghamella echinulata■ / Cunninghamella elegans■Mucorales/ケカビ目_Cunninghamellaceae/クスダマカビ科
R3-04834ポーランド新産種、Disciseda verrucosa2017Acta Mycologica2017年の論文/published in 2017, Acta Mycologica, イネ科/Poaceae, イブキジャコウソウ属/Thymus, ウシノケグサ属/Festuca, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シソ科/Lamiaceae, シフィェンティクシシュ県/Świętokrzyskie, ハネガヤ属/Stipa, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEMDisciseda verrucosa (Agaricomycetes, Basidiomycota) – a species new to Polandポーランド南東部の好熱乾性草地において大型菌類の調査を実施し、ポーランド新産種としてDisciseda verrucosaを報告した。本種はポーランド産の本属菌としては3種目となり、ウシノケグサ属、ハネガヤ属、イブキジャコウソウ属植物などの近傍に発生していた。ポーランド産Disciseda属菌の形質比較表および検索表を掲載した。Disciseda verrucosa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04833セコイアの樹冠に生じた新種の地衣、Xylopsora canopeorum2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, カリフォルニア州/California, タムノール酸類/thamnolic acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 鱗片状地衣/squamulose lichenXylopsora canopeorum (Umbilicariaceae), a new lichen species from the canopy of Sequoia sempervirens米国カリフォルニア州においてセコイアの樹冠の樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Xylopsora canopeorumとして新種記載した。本種は小鱗片が微小な珊瑚状で、粉芽塊を形成することがあり、地衣成分として”friesiic acid”およびタムノール酸を含むことなどで特徴づけられた。本種はX. caradocensis–X. friesiiクレードにおいて独自の系統を形成した。Xylopsora canopeorum★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-04832中国南部においてサワスズメノヒエに病害を引き起こす新種、Microdochium paspali2015Mycologia2015年の論文/published in 2015, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, スズメノヒエ属/Paspalum, リニアグロース/linear growth, 中国/China, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 海南省/Hainan, 温度適性/temperature aptitude, 熱帯域/tropics, 特異的PCR/specific PCR, 生長速度/growth rate, 病害評価尺度/disease rating scale, 統計解析/statistical analysis, 胞子形成誘導/sporulation induction, 芝生/lawn, 草地/grassland, 萎黄病/chlorosis, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization methodMicrodochium paspali, a new species causing seashore paspalum disease in southern China中国海南省のゴルフ場においてサワスズメノヒエに葉枯病を引き起こした菌を検討し、Microdochium paspaliとして新種記載した。本種による病害は、初め葉に暗褐色の斑点が生じて速やかに黄変・枯死し、芝生にパッチが生じることから”sparse leaf patch”病と命名された。温室における接種試験で、本種が異なる気温条件において宿主に深刻な病害を引き起こすことを示した。Microdochium paspali★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目
R3-04831ヨーロッパ新産のMyriospora属地衣2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, ドイツ/Germany, ネオタイプ指定/neotype designation, フラデツ・クラーロヴェー州/Hradec Králové, フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州/Friuli-Venezia Giulia, メクレンブルク=フォアポンメルン州/Mecklenburg-Western Pomerania, 再発見/rediscovery, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 重金属汚染/heavy-metal contamination, 重金属耐性New reports of Myriospora (Acarosporaceae) from Europeチェコ新産種としてMyriospora dilatata、イタリア新産種としてM. myochroaをそれぞれ報告した。また、ドイツにおいて初報告の100年後にM. rufescensを再発見した。Acarospora fuscaのネオタイプ標本を指定し、M. rufescensのシノニムとした。Myriospora dilatata■ / Myriospora myochroa■ / Myriospora rufescensAscomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-04830タイ産の興味深いテングタケ属3種の研究:形態解析、複数遺伝子に基づく系統解析、および毒成分解析2017PLOS ONE2017年の論文/published in 2017, PLOS ONE, アマニチン類/amanitins, クロマトグラム/chromatogram, スクリーニング/screening, ソンクラー県/Songkhla, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 猛毒きのこ/deadly poisonous mushrooms, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyStudy of three interesting Amanita species from Thailand: Morphology, multiple-gene phylogeny and toxin analysisタイからAmanita ballerinaおよびA. brunneitoxicariaの2新種を記載し、タイ新産種としてA. fuligineoidesを記載した。これらの種の毒成分をHPLC-MSでスクリーニングし、A. fuligineoidesがα-アマニチンおよびファロイジン、A. brunneitoxicariaがα-アマニチンを含むことを明らかにした。A. ballerinaは傘に条線を持つもののタマゴテングタケ節に含まれるか、あるいはA. zangiiを含む新節をなすと考えられた。Amanita ballerina★ / Amanita brunneitoxicaria★ / Amanita fuligineoides■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-04829ケニア産クロサイワイタケ科菌類2新種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, ケニア/Kenya, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 海岸州(ケニア)/Coastal State (Kenya), 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungiTwo new xylariaceous species from KenyaケニアからKretzschmaria parvistromaおよびBiscogniauxia kenyanaの2新種を記載した。前者は子座が小型で無柄であることなどで特徴づけられた。後者は子嚢が1-8胞子性、子嚢胞子が類球形であることなどで特徴づけられた。Biscogniauxia kenyana★ / Kretzschmaria parvistroma★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Graphostromataceae/グラフォストロマ科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04828中国のカルスト洞窟における培養可能菌類相、および20新種の記載2017Persoonia2017年の論文/published in 2017, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Persoonia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, グアノ/guano, シンアナモルフ/synanamorph, シンネマ形成菌/synnematous fungus, リター菌/litter fungi, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分離頻度/isolation frequency, 切片/section, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 殺虫活性/insecticidal activity, 気温/temperature, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水試料/water sample, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 洞窟/cave, 淡水域/freshwater, 湿度/humidity, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 石灰岩/limestone, 空中真菌/air-borne fungus, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子形成誘導/sporulation induction, 色素産生/pigment production, 菌類相調査/mycofloristic survey, 貴州省/Guizhou, 降水量/precipitationCulturable mycobiota from Karst caves in China, with descriptions of 20 new species中国貴州省のカルスト洞窟において菌類相を調査し、希釈平板法で563菌株を得た。予備的な分子同定で116属246種を同定したが、23.5%は種レベルで同定されなかった。Amphichorda guanaなど20新種を記載した。Amphichorda guana★ / Auxarthronopsis guizhouensis★ / Biscogniauxia petrensis★ / Cladorrhinum globisporum★ / Collariella quadrum★ / Gymnoascus exasperatus★ / Humicola limonisporum★ / Metapochonia variabilis★ / Microascus anfractus★ / Microascus globulosus★ / Microdochium chrysanthemoides★ / Paracremonium variiforme★ / Pectinotrichum chinense★ / Phaeosphaeria fusispora★ / Ramophialophora globispora★ / Ramophialophora petraea★ / Scopulariopsis crassa★ / Simplicillium calcicola★ / Volutella aeria★ / Wardomycopsis longicatenata★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Onygenales/ホネタケ目_Onygenaceae/ホネタケ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Graphostromataceae/グラフォストロマ科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科_Gymnoascaceae/ジムノアスカス科_Clavicipitaceae/バッカクキン科_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-04827分子および形態形質に基づくChaetomidium属の再検討2009Mycologia2009年の論文/published in 2009, Mycologia, タイプスタディ/type study, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収斂進化/convergent evolution, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 標本入手不可/specimen not availableA re-evaluation of genus Chaetomidium based on molecular and morphological charactersChaetomidium属の形態学的検討および分子系統解析を実施した。その結果、本属が多系統群であること、基準種を含む2種のみに限定するべきことなどを明らかにした。その他の本属菌はケトミウム科およびラシオスフェリア科全体に散在し、形態的類似性が収斂進化の結果であることが示唆された。
R3-04826ブラジル産のアナモルフ菌2新種:Dictyochaetopsis polysetosaおよびMyrothecium compactum2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ブラジル/Brazil, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, リター菌/litter fungi, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 水生菌/aquatic fungi, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 走査型電子顕微鏡/SEMTwo new anamorphic fungi from Brazil: Dictyochaetopsis polysetosa and Myrothecium compactumブラジル、リオデジャネイロ州からDictyochaetopsis polysetosaおよびMyrothecium compactumの2新種を記載した。前者は分生子柄が褐色~暗褐色の輪生する多剛毛状で、分生子が無色ソーセージ形~鎌形であることなどで特徴づけられた。後者は分生子果が粗い疣状~瘤状、分生子が暗緑色桿形で無隔壁であることなどで特徴づけられた。Dictyochaetopsis gonytrichoides / Dictyochaetopsis polysetosa★ / Myrothecium compactum★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-04825インド、ウッタラーカンド・ヒマラヤに産した薬用きのこ類2018Current Research in Environmental & Applied Mycology2018年の論文/published in 2018, Current Research in Environmental & Applied Mycology, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コナラ属/Quercus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 温帯湿潤林/temperate wet forest, 胞子紋/spore print, 膠質菌/jelly fungi, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 食用きのこ/edible mushroomsHealing mushrooms of Uttarakhand Himalaya, Indiaインド、ウッタラーカンド州において大型菌類の調査を実施した。生理活性を有する14科15属15種を同定した。各種について記載文および生息環境、薬用きのことしての知見などを掲載した。Agaricus campestris / Auricularia auricula-judae / Boletus edulis / Cordyceps militaris / Fomes fomentarius / Ganoderma lucidum / Grifola frondosa / Hericium erinaceus / Lactarius deliciosus / Morchella esculenta / Ophiocordyceps sinensis / Pleurotus ostreatus / Schizophyllum commune / Trametes versicolor / Tremella fuciformisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Russulales/ベニタケ目_Hericiaceae/サンゴハリタケ科_Russulaceae/ベニタケ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Morchellaceae/アミガサタケ科_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科
R3-04824中国新産種、Huneckia polliniiおよびFlavoplaca oasis2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 貴州省/GuizhouHuneckia pollinii and Flavoplaca oasis newly recorded from China中国新産種としてHuneckia polliniiおよびFlavoplaca oasisを報告した。前者は貴州省において樹皮上に、後者は貴州省および内モンゴル自治区において石灰岩に、それぞれ発生した。Huneckia属地衣の中国からの報告も初となった。Flavoplaca oasis■ / Huneckia pollinii■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-04823タマチョレイタケ目における新属新種、Elaphroporia ailaoshanensis2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanElaphroporia ailaoshanensis gen. et sp. nov. in Polyporales (Basidiomycota)中国雲南省で採集された多孔菌の一種を検討し、新属新種Elaphroporia ailaoshanensisとして記載した。本種は子実体が一年生で背着生、乾燥すると硬く軽くなり、担子胞子が無色楕円形薄壁、1菌糸型で生殖菌糸が厚壁であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でresidual polyporoidクレードに含まれ、Junghuhnia crustaceaに近縁であった。Elaphroporia ailaoshanensis★
R3-04822アンブロシア菌の有性世代の初報告:養菌性キクイムシAnisandrus maicheと関係を持つ新種、Ambrosiella cleistominuta2017Botany2017年の論文/published in 2017, Anisandrus属, Botany, アンブロシア菌/ambrosia fungus, オハイオ州/Ohio, キクイムシ科/Scolytidae, コンタミ/contamination, サイカチ属/Gleditsia, マメ科/Fabaceae, ミズキ属/Cornus, ミズキ科/Cornaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 単菌糸分離/single hypha isolation, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 植林地/plantation, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 色素産生/pigment production, 菌嚢/mycangium, 菌食/mycophagy, 表面殺菌法/surface sterilization method, 養菌性キクイムシ/ambrosia beetleFirst report of a sexual state in an ambrosia fungus: Ambrosiella cleistominuta sp. nov. associated with the ambrosia beetle Anisandrus maiche米国オハイオ州においてAnisandrus maicheの菌嚢および坑道から分離された菌を検討し、Ambrosiella cleistominutaとして新種記載した。本種は子嚢果を坑道および培養下で形成し、養菌性キクイムシとの共生菌としてテレオモルフが見出された最初の例となった。本種は子嚢胞子が比較的大型であり、アレウロ型分生子およびフィアロ型分生子を形成し、ホモタリックであることなどで特徴づけられた。Ambrosiella cleistominuta★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目
R3-04821インド、ウッタラーカンド州、デヘラードゥーン地区の木材腐朽菌相におけるキコブタケ属菌の多様性への追加2017Research Journal of Life Sciences, Bioinformatics, Pharmaceutical, and Chemical Sciences2017年の論文/published in 2017, Azadirachta属, Research Journal of Life Sciences Bioinformatics Pharmaceutical and Chemical Sciences, アカシア属/Acacia, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, サラノキ属/Shorea, センダン科/Meliaceae, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ツルサイカチ属/Dalbergia, ヒマラヤスギ属/Cedrus, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, フトモモ属/Syzygium, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveySome additions to the diversity of genus Phellinus Quél. from wood rotting fungal flora of district Dehradun (Uttarakhand)Indiaインド、デヘラードゥーン地区においてキコブタケ属菌の調査を実施した。5種を同定し、そのうちインド新産種Phellinus pullus、ウッタラーカンド州新産種P. nigricansを含む4種を調査地から初めて報告した。各種の宿主多様性をまとめ、キコブタケ属菌の検索表を掲載した。Phellinus allardii / Phellinus merrillii■ / Phellinus nigricans■ / Phellinus pini■ / Phellinus pullus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-04820糞生ケラチン分解菌の新種Neogymnomyces virgineusの比較研究、およびそのホネタケ目菌類との関係2012Fungal Diversity2012年の論文/published in 2012, Fungal Diversity, イタリア/Italy, オオヤマネ属/Glis, ケラチン分解菌/keratinolytic fungi, ヤマネ科/Gliridae, リニアグロース/linear growth, ヴェネト州/Veneto, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 好ケラチン菌/kerationophillic fungus, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 洞窟/cave, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 糞生菌/coprophilous fungi, 統計解析/statistical analysis, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityA comparative study of Neogymnomyces virgineus, a new keratinolytic species from dung, and its relationships with the Onygenalesイタリアの洞窟で採集されたヤマネの糞から湿室法で得られた菌を検討し、Neogymnomyces virgineusとして新種記載した。本種は子嚢果が純白色で分生子表面が小疣状、ケラチン分解能を有し、不完全世代がChrysosporium属菌であった。Neogymnomyces属の分類を再検討し、ホネタケ目の科および属の検索表を掲載した。Neogymnomyces virgineus★Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Onygenales/ホネタケ目_Onygenaceae/ホネタケ科
R3-04819パイナップル科植物から分離されたシロキクラゲ科酵母の新種、Bullera vrieseae2015International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2015年の論文/published in 2015, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, インコアナナス属/Vriesea, ウレアーゼ試験/urease test, デンプン/starch, ハナアナナス属, パイナップル科/Bromeliaceae, ファイトテルマータ/phytotelmata, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 水試料/water sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 淡水域/freshwater, 発酵試験/fermentation test, 葉圏/phyllosphere, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastBullera vrieseae sp. nov., a tremellaceous yeast species isolated from bromeliadsブラジルにおいてパイナップル科植物(インコアナナス属2種およびハナアナナス属1種)のファイトテルマータおよび葉から分離された酵母を検討し、Bullera vrieseaeとして新種記載した。本種はITS+D1/D2に基づく分子系統解析でBullera属2種と近縁であった。本種はmeso-エリトリトールおよびL-ソルボースを資化不能であり、D-グルコサミンを資化可能であることなどでそれらの種と区別された。Bullera vrieseae★Basidiomycota/担子菌門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科
R3-04818緑色の胞子を有するTrichoderma属2新種およびそれらの系統的位置2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 河南省/Henan, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 福建省/FujianTwo new green-spored species of Trichoderma (Sordariomycetes, Ascomycota) and their phylogenetic positions中国において材から分離された2種の菌を検討し、Trichoderma fujianenseおよびT. zonatumとして新種記載した。前者は分生子柄がgliocladium型~verticillium型、フィアライドが長く、分生子が緑色楕円形~円筒形であることなどで特徴づけられた。後者は子座が淡黄色~淡褐色クッション状、分生子柄がtrichoderma型、分生子が緑色球形~洋梨形であることなどで特徴づけられた。Trichoderma fujianense★ / Trichoderma zonatum★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-04817中国産の新種、Baeomyces lotiformis2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 雲南省/YunnanBaeomyces lotiformis sp. nov. from China中国雲南省で採集された痂状地衣の一種を検討し、Baeomyces lotiformisとして新種記載した。本種は子器が暗赤色~帯赤褐色で子器盤の幅が広く、子柄がごく短いことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でもヒロハセンニンゴケ属に含まれることが裏付けられたが、蓮のような融合した形状の子器は本属において独特であった。Baeomyces lotiformis★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱
R3-04816イラン産の柑橘類を宿主とするColletotrichum属菌2016Mycologia Iranica2016年の論文/published in 2016, ISSR-PCR, Mycologia Iranica, PCRフィンガープリンティング/PCR fingerprinting, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, ギーラーン州/Gilan, ケルマーン州/Kerman, ゴレスターン州/Golestan, スライド培養法/slide culture method, マーザンダラーン州/Mazandaran, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, リニアグロース/linear growth, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 菌核/sclerotium, 複合種/species complexSpecies of Colletotrichum associated with citrus trees in Iranイランにおいてミカン属樹木の葉、果実、幹などから分離されたColletotrichum属菌を検討した。形態および分子データを基にC. gloeosporioidesなど5種を同定した。C. novae–zelandiaeをイラン新産種として報告し、2種をイランにおいて柑橘類から初めて報告した。Colletotrichum fructicola / Colletotrichum gloeosporioides / Colletotrichum karstii / Colletotrichum siamenseAscomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-04815イランにおいてPrunus aviumおよびPrunus cerasusを宿主とするエンドファイトの新産種2016Mycologia Iranica2016年の論文/published in 2016, Mycologia Iranica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルダビール州/Ardabil, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, イーラーム州/Ilam, エスファハーン州/Isfahan, エンドファイト/endophyte, ガズヴィーン州/Qazvīn, ケルマーン州/Kerman, サクラ属/Prunus, ハマダーン州/Hamadan, バラ科/Rosaceae, ラザヴィー・ホラーサーン州/Razavi Khorasan, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 北ホラーサーン州/North Khorasan, 南ホラーサーン州/South Khorasan, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 生物多様性調査/biodiversity survey, 表面殺菌法/surface sterilization method, 西アーザルバーイジャーン州/West AzerbaijanNew reports of endophytic fungi associated with cherry (Prunus avium) and sour cherry (Prunus cerasus) trees in Iranイランの複数の州においてPrunus cerasusおよびP. aviumのエンドファイトを調査した。Coniothyrium olivaceum、Collophora paarla、Sarocladium strictum、およびQuambalaria cyanescensの4種を同定した。このうちC. paarlaおよびQ. cyanescensはイラン新産種として報告された。Collophora paarla■ / Coniothyrium olivaceum / Quambalaria cyanescens■ / Sarocladium strictumDothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科_Basidiomycota/担子菌門_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-04814不死鳥の菌が灰の中から甦る?2010IMA fungus2010年の論文/published in 2010, IMA fungus, Protea属, ヤマモガシ科/Proteaceae, 侵略的外来種/invasive alien species, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 散布様式/dispersal style, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 根状菌糸束/rhizomorph, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 移入種/alien species, 西ケープ州/Western CapeFungal phoenix rising from the ashes?南アフリカ、ケープタウンにおいてナラタケ属の一種と見られる菌が大きな株をなしているのが見出された。子実体と繋がっていた植物の根からこの菌を分離し、ITSおよびIGS-1領域の塩基配列を基にArmillaria melleaと同定した。本種は南アフリカにおいては移入種であり、侵略的性質を持つと考えられた。Armillaria melleaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04813トルコにおいて遺存固有種、Liquidambar orientalisに発生したPsilopezia型の新産種2017Forestry Ideas2017年の論文/published in 2017, Forestry Ideas, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, フウ属/Liquidambar, フウ科/Altingiaceae, ブルドゥル県/Burdur, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 遺存林/relict forestsA New Psilopezioid Fungi Record on Relict Endemic Liquidambar orientalis in Turkeyトルコ、ブルドゥル県からトルコ新産種としてPsilopezia nummulariaを報告した。Psilopezia属はトルコにおけるピロネマキン科の25番目の属に追加された。本種の宿主として固有種のLiquidambar orientalisを初めて報告した。Psilopezia nummularia■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-04812分子系統および形態形質に基づき明らかになったTorula属新種および新規宿主記録2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アヤメ属/Iris, アヤメ科/Iridaceae, イタリア/Italy, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, キク科/Asteraceae, キンポウゲ科/Ranunculaceae, センダングサ属/Bidens, センニンソウ属/Clematis, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, ヒマワリヒヨドリ属/Chromolaena, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeMolecular taxonomy and morphological characterization reveal new species and new host records of Torula species (Torulaceae, Pleosporales)イタリアおよびタイにおいて草本のリターに生じた菌を検討し、Torula chiangmaiensisなど4新種を記載した。T. pluriseptataはイタリアにおいてセンニンソウ属植物に、T. chromolaenaeはタイにおいてヒマワリヒヨドリ属植物の枯茎にそれぞれ発生した。また、T. ficusおよびT. masoniiの新宿主を報告した。Torula chiangmaiensis★ / Torula chromolaenae★ / Torula ficus■ / Torula mackenziei★ / Torula masonii / Torula pluriseptata★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-04811Fibrodontia brevidensのアジアにおける新記録および形態学的変異2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, イネ科/Poaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ハノイ市/Hanoi, ベトナム/Vietnam, ベトナム新産種/Vietnam_new record, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 亜熱帯域/subtropics, 切片/section, 南投県/Nantou, 台東県/Taitung, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/YunnanNew Asian records and morphological variation in Fibrodontia brevidens (Basidiomycota)台湾、中国、およびベトナム産のFibrodontia brevidensを検討した。本種の担子胞子のサイズおよび骨格状菌糸の結晶には大きな変異が認められた。しかし、比較対象のベネズエラ産標本を含め、これらの変異は全て種内変異と判断された。Fibrodontia brevidens■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-04810新種Hygrocybe umbilicata:本属のバングラデシュからの初報告およびその系統的位置2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, サラノキ属/Shorea, バングラデシュ/Bangladesh, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, ロンプール管区/Rangpur, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 熱帯域/tropicsHygrocybe umbilicata sp. nov., with first generic report for Bangladesh and its phylogenetic placementバングラデシュで採集された菌を検討し、Hygrocybe umbilicataとして新種記載した。本種は傘が鮮やかな緋赤色で臍状に窪み、襞が白色で短く垂生し疎、柄がレモン色、担子胞子が類球形であることなどで特徴づけられた。バングラデシュからのアカヤマタケ属菌の報告は初となった。Hygrocybe umbilicata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-04809全北区産の地衣生菌の新種、Roselliniella stereocaulorum2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アラスカ州/Alaska, イルクーツク州/Irkutsk, キゴケ属/Stereocaulon, キゴケ科/Stereocaulaceae, サハ共和国/Sakha Republic, シベリア/Siberia, ヒースランド/heathland, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, ロシア/Russia, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 米国/USARoselliniella stereocaulorum (Sordariales, Ascomycota), a new lichenicolous fungus from the Holarcticポーランド、ロシア、アラスカにおいてキゴケ属地衣に生じた菌を検討し、Roselliniella stereocaulorumとして新種記載した。本種は子嚢が主に4胞子性であることなどで特徴づけられた。キゴケ属地衣からのRoselliniella属菌の報告は初となった。Roselliniella stereocaulorum★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-04808Abrothallus属の地衣生菌(新目アブロタルス目)は主として水生のヤーヌラ目の姉妹群である2014Fungal Diversity2014年の論文/published in 2014, Fungal Diversity, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新目提唱/new order, 新科提唱/new family, 走査型電子顕微鏡/SEMLichenicolous fungi of the genus Abrothallus (Dothideomycetes: Abrothallales ordo nov.) are sister to the predominantly aquatic Janhulales複数遺伝子に基づく分子系統解析により絶対地衣生菌の属、Abrothallus属の系統的位置を検討した。本属がプレオスポラ亜綱において主に水生菌からなるヤーヌラ目と姉妹群をなすことを示し、新目アブロタルス目を提唱した。本目は明瞭に2クレードに分かれ、片方はウメノキゴケ科およびカラタチゴケ科、もう片方はツメゴケ目およびハナゴケ科地衣を宿主とする種で構成された。
R3-04807オーストラリア、ニューサウスウェールズ州、ローアー・ブルー・マウンテンズ、クラジョンにおけるAmanita muscariaの記録、およびオーストラリア国内におけるこの種の生態に関する文献レビュー2017Calodema2017年の論文/published in 2017, Calodema, オーストラリア/Australia, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 侵略的外来種/invasive alien species, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 文献調査/literature survey, 毒きのこ/poisonous mushroom, 気温/temperature, 移入種/alien species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitationA record of Amanita muscaria (L.) Lam. (Basidiomycetes: Amanitaceae) from Kurrajong, lower Blue Mountains, New South Wales, Australia with a review of some literature on the ecology of the species within Australiaオーストラリア、ニューサウスウェールズ州のクラジョンにおいてAmanita muscariaの発生を記録した。2012年に2つの中型の子実体がPinus pinasterの樹下に発生していた。オーストラリアにおける本種の生態、分布に関する文献を調査した。Amanita muscariaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-04806euagaricsクレードに含まれるコウヤクタケ類の新属、Brunneocorticium pyriforme2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, TreeBASE, オキシダーゼ/oxidase, ゲッキツ属/Murraya, コウヤクタケ類/corticioid fungi, バーベンダム反応/Bavendamm test, ミカン科/Rutaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 台北市/Taipei, 台南市/Tainan, 台東県/Taitung, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 屏東県/Pingtung, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropics, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 雲南省/YunnanBrunneocorticium pyriforme, a new corticioid fungal genus and species belonging to the euagarics clade中国および台湾で採集されたコウヤクタケ類の一種を検討し、新属新種Brunneocorticium pyriformeとして記載した。本種は子実体が背着生で子実層面が平滑、担子器が2胞子性、担子胞子が洋梨形、薄壁シスチジアを有し、2菌糸型であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析ではMarasmiellus属、Campanella属などに近縁であった。Brunneocorticium pyriforme★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-04805スペイン産のカタホコリ属1新種2017Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2017年の論文/published in 2017, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, アンダルシア州/Andalusia, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, ブナ科/Fagaceae, リター菌/litter fungi, 変形菌類/slime mold, 新種記載/new species, 走査型電子顕微鏡/SEMA new species of Didymium from SpainスペインにおいてQuercus pyrenaicaの葉に生じた変形菌の一種を検討し、Didymium radiaticolumellumとして新種記載した。本種は子実体が有柄で子嚢が黄色の扁球形~類球形、胞子が大型で、細毛体に厚い節を有することなどで特徴づけられた。胞子の装飾および細毛体の炭酸カルシウム結晶を走査型電子顕微鏡で観察した。Didymium radiaticolumellum★Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Physarales/モジホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科
R3-04804韓国産の新種、Cryptothecia austrocoreana2017Mycobiology2017年の論文/published in 2017, Mycobiology, アトラノリン類/atranorins, アワブキ属/Meliosma, アワブキ科/Sabiaceae, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, バルバチン酸類/barbatic acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フタル酸類/phthalates, 二次代謝産物/secondary metabolite, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 韓国/South Korea, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyCryptothecia austrocoreana (Arthoniales, Arthoniaceae), a New Species from South Korea韓国全羅南道においてイヌシデおよびアワブキの樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Cryptothecia austrocoreanaとして新種記載した。本種は子嚢胞子が石垣状で、地衣成分としてアトラノリン、クロロアトラノリン、およびバルバチン酸を含むことなどで特徴づけられた。本種はmtSSUおよびRPB2に基づく分子系統解析でarthonioidクレードに含まれた。Cryptothecia austrocoreana★Ascomycota/子嚢菌門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-04803インド産の新組み合わせ、Passalora rhamnaecearum2017Kavaka2017年の論文/published in 2017, Kavaka, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, タイプスタディ/type study, ナツメ属/Ziziphus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 斑点病/spot disease, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungiPassalora rhamnaecearum comb.nov. (Capnodiales, Mycosphaerellaceae) from IndiaPhaeoramularia rhamnaecearumのタイプ標本を批判的に検討した。分生子柄および分生子の形態などを基に、本種をPassalora属に移した。本種の記載文、スケッチなどを掲載した。Passalora rhamnaecearum▲Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04802タイの土壌からのCalonectria sulawesiensisの分離およびそのEucalyptus camaldulensisに対する病原性2018Plant Pathology & Quarantine2018年の論文/published in 2018, Plant Pathology & Quarantine, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 菌核/sclerotium, 葉枯病/leaf blotch, 釣菌法/baiting methodIsolation of Calonectria sulawesiensis from soil in Thailand and its pathogenicity against Eucalyptus camaldulensisタイ、チエンマイ県の土壌からユーカリの葉による釣菌法で分離された菌をCalonectria sulawesiensisと同定した。従来インドネシアのみから知られていた本種をタイ新産種として報告した。接種試験により本種のEucalyptus camaldulensisに対する病原性を確かめた。Calonectria sulawesiensis■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04801褐色腐朽菌の系統分類:ツガサルノコシカケ属およびその類縁属2016Fungal Diversity2016年の論文/published in 2016, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Fungal Diversity, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クリ属/Castanea, コウヨウザン属/Cunninghamia, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, シイ属/Castanopsis, シナノキ属/Tilia, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, バラ科/Rosaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, ホウオウボク属/Poinciana, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モミ属/Abies, ユーカリ属/Eucalyptus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 雲南省/YunnanTaxonomy and phylogeny of the brown-rot fungi: Fomitopsis and its related generaツガサルノコシカケ属および類縁属の系統分類を検討し、Fragifomes、Niveoporofomes、Piptoporellus、Rhodofomitopsis、Rubellofomes、およびUngulidaedaleaの6新属を提唱した。また、Buglossoporus eucalypticola、Daedalea allantoidea、Piptoporellus hainanensis、およびP. triqueterの4新種を記載した。属レベルおよび種レベルの検索表を掲載した。Buglossoporus eucalypticola★ / Buglossoporus malesianus / Buglossoporus quercinus / Daedalea allantoidea★ / Fomitopsis betulina▲ / Fragifomes niveomarginatus▲ / Niveoporofomes spraguei▲ / Piptoporellus hainanensis★ / Piptoporellus soloniensis▲ / Piptoporellus triqueter★ / Rhodofomes cajanderi▲ / Rhodofomes carneus▲ / Rhodofomes incarnatus▲ / Rhodofomes roseus / Rhodofomes subfeei▲ / Rhodofomitopsis africana▲ / Rhodofomitopsis cupreorosea▲ / Rhodofomitopsis feei▲ / Rhodofomitopsis lilacinogilva▲ / Rubellofomes cystidiatus▲ / Rubellofomes minutisporus▲ / Ungulidaedalea fragilis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-04800コスタリカ産のGyrotrema属新種、Gyrotrema wirthii2008Sauteria2008年の論文/published in 2008, Sauteria, コスタリカ/Costa Rica, プンタレナス州/Puntarenas, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyGyrotrema wirthii, a new species of Gyrotrema (Ascomycota: Ostropales: Graphidaceae) from Costa Ricaコスタリカ、プンタレナス州で採集された地衣の一種を検討し、Gyrotrema wirthiiとして新種記載した。本種は樹皮生で子器に朱赤色の粉霜を伴い、地衣成分を欠くことなどで特徴づけられた。本種はGyrotrema属2番目の種として記載され、基準種のG. sinuosumとは粉霜の色および地衣成分が異なっていた。Gyrotrema wirthii★Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科
R3-04799Sclerotinia sclerotiorumの菌寄生菌、Coniothyrium minitansの初報告2009Australasian Plant Disease Notes2009年の論文/published in 2009, Australasian Plant Disease Notes, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, コッホの原則/Koch_s postulation, ジャガイモ属, ナス科/Solanaceae, ハマダーン州/Hamadan, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物農薬/biopesticide, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 茎腐病/stem rot, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌核/sclerotiumFirst report of Coniothyrium minitans, a mycoparasite of Sclerotinia sclerotiorum, in Iranイラン、ハマダーンのジャガイモ畑において菌核のサンプリングを実施し、培養下で分生子果不完全菌の一種を観察した。形態学的検討の結果から、この菌をイラン新産種のConiothyrium minitansと同定した。この菌の胞子懸濁液を菌核に噴霧し、コッホの原則が成立することを確認した。Coniothyrium minitans■Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科
R3-04798ブドウから分離されたPenicillium astrolabiumおよびPenicillium neocrassumの2新種、およびそれらのP. olsonii、P. brevicompactumクレードにおける系統的位置2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, GCPSR, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アレンテージョ/Alentejo, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ポルトガル/Portugal, マカロネシア/Macaronesia, マデイラ諸島/Madeira, 二次代謝産物/secondary metabolite, 共有派生形質/synapomorphy, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 好稠菌/osmophilic fungus, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 色素産生/pigment production, 菌核/sclerotium, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEM, 遺伝的浮動/genetic driftPenicillium astrolabium and Penicillium neocrassum, two new species isolated from grapes and their phylogenetic placement in the P. olsonii and P. brevicompactum cladeポルトガルにおいてブドウから分離された2種の菌を検討し、Penicillium astrolabiumおよびP. neocrassumとして新種記載した。前者はP. olsoniiに近縁であったが、培養下で特徴的な暗色の色素を産生することなどで特徴づけられた。後者はP. brevicompactumに近縁であったが、菌核を形成する点などが異なっていた。Penicillium astrolabium★ / Penicillium neocrassum★Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04797水中に沈んだ植物基質由来のアナモルフ菌類:Phaeomonilia pleiomorpha、P. corticola、およびCacumisporium pleuroconidiophorum2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Bursera属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カンラン科/Burseraceae, シンアナモルフ/synanamorph, タイプスタディ/type study, ベネズエラ/Venezuela, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 首都地区(ベネズエラ)/Capital District (Venezuela)Anamorphic fungi from submerged plant material: Phaeomonilia pleiomorpha, P. corticola and Cacumisporium pleuroconidiophorumメキシコ、ベラクルス州の河川において腐朽したヤシの葉柄に生じた菌を検討し、新属新種Phaeomonilia pleiomorphaとして記載した。本種は分生子が無色球形単細胞で、Stylaspergillus属類似のシンアナモルフが同一の栄養菌糸から生じることなどで特徴づけられた。また、タイプ標本の検討結果に基づき、新組み合わせP. corticolaおよびCacumisporium pleuroconidiophorumを提唱した。Antipodium spectabile / Cacumisporium pleuroconidiophorum▲ / Phaeomonilia corticola▲ / Phaeomonilia pleiomorpha★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04796新組み合わせQuaternaria carpinicola2011Mycosphere2011年の論文/published in 2011, Mycosphere, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, タイプスタディ/type study, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新組み合わせ提唱/new combination, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 米国/USAQuaternaria carpinicola, a comb. nov. (Diatrypaceae)米国産のEutypella carpinicolaの標本を検討し、本種をQuaternaria属に移した。本種の記載文、写真、採集地マップなどを掲載した。Quaternaria属をEutypella属に含める意見もあるが、筆者は子座の外見および発達箇所が異なることから別属として扱った。Quaternaria carpinicola▲Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Diatrypaceae/シトネタケ科
R3-04795庭園花卉のMaranta leuconeuraに葉枯病を引き起こすヘルミントスポリウム型の新種、Bipolaris marantae2017Mycobiology2017年の論文/published in 2017, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クズウコン属/Maranta, クズウコン科/Marantaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, スライド培養法/slide culture method, ブラジル/Brazil, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 葉枯病/leaf blotch, 観賞植物/ornamental plantBipolaris marantae sp. nov., A Novel Helminthosporoid Species Causing Foliage Blight of the Garden Plant Maranta leuconeura in Brazilブラジル、リオデジャネイロ州の庭園においてMaranta leuconeuraの葉に生じた菌を検討し、Bipolaris marantaeとして新種記載した。本種は宿主の葉に病斑および葉枯症状を引き起こし、病原性は接種試験により確かめられた。本種はITS+GAPDHに基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Bipolaris marantae★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04794Anomali節のフウセンタケの新種、Cortinarius lividomalvaceus2014Bulletin Trimestriel de la Société Mycologique de France2014年の論文/published in 2014, Bulletin Trimestriel de la Société Mycologique de France, UNITE, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, ハンガリー/Hungary, バ=ラン県/Bas-Rhin, フランス/France, フランス語/French, ブダペスト市/Budapest, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 粘土質土壌/clayey soil, 菌根菌/mycorrhizal fungiCortinarius lividomalvaceus sp. nov. un nouveau cortinaire de la section Anomaliフランスおよびハンガリーで採集された菌を検討し、Cortinarius lividomalvaceusとして新種記載した。本種はAnomali節の形態的特徴を有し、傘が鉛色および藤色を帯び、担子胞子が類球形疣状であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でAnomali節クレードにおいて独自の系統を形成した。Cortinarius lividomalvaceus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-04793新種Pochonia globispora2007Nova Hedwigia2007年の論文/published in 2007, Nova Hedwigia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オランダ/Netherlands, トウヒ属/Picea, トガサワラ属/Pseudotsuga, ドイツ/Germany, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth ratePochonia globispora sp. nov.オランダおよびドイツにおいて根圏から分離された菌を検討し、Pochonia globisporaとして新種記載した。本種は生長が遅く、フィアライドの頸部が非常に細長く、分生子が球形で頭状をなし、シアノフィリックであることなどで特徴づけられた。また、本種は多細胞の網状厚壁胞子を欠く唯一の本属菌として報告された。Pochonia globispora★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-04792パキスタン、フンザ渓谷における地衣類の新産種2017Pakistan Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Pakistan Journal of Botany, ギルギット・バルティスタン州/Gilgit-Baltistan, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, トウヒ属/Picea, パキスタン/Pakistan, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 亜高山帯/subalpine zone, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 湿度/humidity, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 降水量/precipitation, 鱗片状地衣/squamulose lichenSome new records of lichens from Hunza valley, Pakistanパキスタン、ギルギット・バルティスタン州のフンザ渓谷において地衣類の調査を実施した。Punctelia subrudecta、Punctelia borreri、Peltigera elisabethae、およびXanthoria sogdianaの4種をパキスタン新産種として報告した。各種についてITS領域に基づく分子系統解析を実施した。Peltigera elisabethae■ / Punctelia borreri■ / Punctelia subrudecta■ / Xanthoria sogdiana■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-04791ベラルーシ、ホメリ州に産する地衣類および地衣生菌類の知見の追加2017Botanica Lithuanica2017年の論文/published in 2017, Botanica Lithuanica, ウスニン酸類/usnic acids, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, カラクサゴケ属/Parmelia, クロウラムカデゴケ属/Phaeophyscia, コナラ属/Quercus, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, サルオガセ属/Usnea, サルオガセ科/Usneaceae, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ハンノキ属/Alnus, ピートボグ/peat bog, フクロゴケ属/Hypogymnia, ブナ科/Fagaceae, ベラルーシ/Belarus, ベラルーシ新産種/Belarus_new record, ベンゾフラン類/benzofurans, ホメリ州/Homyel, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムカデゴケ科/Physciaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ラクトン類/lactones, ロウソクゴケモドキ属/Candelariella, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 先駆種/pioneer species, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 都市環境/urban environmentContribution to the knowledge of lichen-forming and lichenicolous fungi of Gomel region (Belarus)ベラルーシ南東部のホメリ州において地衣類および地衣生菌類の調査を実施し、21種を記録した。そのうちBacidia fraxineaなど6種をベラルーシ新産種として報告した。Ochrolechia parellaの従来の記録が誤同定に基づくことを確かめ、この種を除外した。Bacidia fraxinea■ / Briancoppinsia cytospora■ / Calicium parvum■ / Candelaria concolor■ / Carbonicola anthracophila■ / Chaenotheca hispidula■ / Chaenothecopsis savonica■ / Cornutispora lichenicola■ / Enchylium bachmanianum■ / Hypogymnia farinacea■ / Intralichen christiansenii■ / Lichenochora obscuroides■ / Lichenoconium xanthoriae■ / Lichenostigma maureri■ / Ochrolechia microstictoides■ / Peltigera hymenina■ / Pyrenochaeta xanthoriae■ / Tremella cladoniae■ / Tremella hypogymniae■ / Usnea lapponica■ / Xylopsora friesii■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Caliciaceae/ピンゴケ科_Coniocybaceae/コニオシベ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Phyllachorales/フィラコラ目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Lichenotheliaceae/リチェノテリア科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Cucurbitariaceae/ククルビタリア科_Basidiomycota/担子菌門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-04790インド新産種、Microdochium fisheriの形態および系統2017Plant Pathology & Quarantine2017年の論文/published in 2017, Plant Pathology & Quarantine, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 水田/paddy field, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobeMorphology and phylogeny of Microdochium fisheri, a new record from Indiaインド、マハーラーシュトラ州において根圏土壌から分離された菌をMicrodochium fisheriと同定し、インド新産種として報告した。本種は従来イギリスにおいてイネのエンドファイトとして知られており、腐生菌としての報告は初となった。インド産とイギリス産の分離菌株は分生子の隔壁数や節間生厚壁胞子の有無などが異なっていた。Microdochium fisheri■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目
R3-04789短報:インドネシア、バリ島産のモジゴケ属地衣の新産種2018Biodiversitas2018年の論文/published in 2018, Biodiversitas, インドソケイ属/Plumeria, インドネシア/Indonesia, オキセピン類/oxepins, カルボン酸類/carboxylic acids, キサントン類/xanthones, キョウチクトウ科/Apocynaceae, ジバリカト酸/divaricatic acid, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, バリ州/Bali, バルバチン酸類/barbatic acids, フタル酸類/phthalates, フマル酸類/fumarates, プソロミン酸/psoromic acid, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 湿度/humidity, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 顕微結晶法/microcrystal methodShort Communication: New records of Graphis (Graphidaceae, Ascomycota) in Bali Island, Indonesiaバリ島の3ヶ所においてインドソケイ属樹木に生じるモジゴケ属地衣の種多様性を調査した。Graphis modestaなど7種を新産種として報告した。バリ島産モジゴケ属地衣の検索表を掲載した。Graphis dupaxana■ / Graphis immersicans■ / Graphis maritima■ / Graphis modesta■ / Graphis nana■ / Graphis palmicola■ / Graphis subradiata■Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科
R3-04788中国南部産の暗色刺状のつぼを有する新種、Phallus fuscoechinovolvatus2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 腹菌類/gastromycetesPhallus fuscoechinovolvatus (Phallaceae, Basidiomycota), a new species with a dark spinose volva from southern China中国広東省で採集された菌を検討し、Phallus fuscoechinovolvatusとして新種記載した。本種は白色の長い菌網を有し、つぼが暗褐色で白色~淡黄色の小刺状装飾を持つことなどで特徴づけられた。本種はITSおよびnrLSUに基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Phallus fuscoechinovolvatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-04787韓国において畑地土壌から分離された子嚢菌の3新産種2017Mycobiology2017年の論文/published in 2017, Mycobiology, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordThree New Records of Ascomycetes Isolates from Field Soils in Korea韓国慶尚南道の畑地土壌からChaetomium acropullum、Phialemonium globosum、およびPhialemonium atrogriseumを分離した。これらの3種を韓国新産種として報告した。各種について複数の寒天培地における培養性状を検討し、分子系統解析および走査型電子顕微鏡観察も実施した。Chaetomium acropullum■ / Phialemonium atrogriseum■ / Phialemonium globosum■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-04786中国においてHippeastrum striatumの葉の病害を引き起こす新種、Curvularia microspora2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, Hippeastrum属, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カンナ属/Canna, カンナ科/Cannaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, ヒガンバナ科/Amaryllidaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 観賞植物/ornamental plant, 重慶市/ChongqingCurvularia microspora sp. nov. associated with leaf diseases of Hippeastrum striatum in China中国重慶市においてバルバドスリリーおよびダンドクの葉の病斑から分離された菌を検討し、Curvularia microsporaとして新種記載した。本種は分生子が小型で屈曲し、4細胞からなることなどで特徴づけられた。接種試験により本種がバルバドスリリーに病原性を有することを確かめた。Curvularia microspora★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04785複数遺伝子の系統解析および形態に基づき、中国産の薬用きのこ”Cordyceps gunnii“が新種Metacordyceps neogunniiであることが明らかになった2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, 中国/China, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 四川省/Sichuan, 培養性状/colony characteristics, 安徽省/Anhui, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 江西省/Jiangxi, 河南省/Henan, 湖南省/Hunan, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 誤同定/misidentification, 貴州省/Guizhou, 雲南省/YunnanMultigene phylogeny and morphology reveal that the Chinese medicinal mushroom ‘Cordyceps gunnii’ is Metacordyceps neogunnii sp. nov.中国貴州省、安徽省などに産し、30年以上Cordyceps gunniiとされてきた薬用きのこの一種を検討し、Metacordyceps neogunniiとして新種記載した。本種は近縁種よりも子嚢が長く、子嚢胞子の幅が広く、複数遺伝子の分子系統解析で独自の系統を形成した。また、タスマニア産の”Cordyceps gunnii“はオフィオコルディセプス科に含まれると考えられた。Metacordyceps neogunnii★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-04784トルコ新産のビョウタケ目菌類2017ScienceAsia2017年の論文/published in 2017, ScienceAsia, アルトヴィン県/Artvin, デニズリ県/Denizli, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobeNew records of Helotiales in Turkeyトルコ新産種としてAscocoryne sarcoides、Chlorociboria aeruginascens、およびLachnellula agassiziiの3種を報告した。これらの種はアルトヴィン県およびデニズリ県においてブナ属あるいはマツ属植物に見出された。本報告によりトルコ産ビョウタケ目菌類の数は68に増加した。Ascocoryne sarcoides■ / Chlorociboria aeruginascens■ / Lachnella agassizii■Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Niaceae/ニア科
R3-04783中国広東省において腐朽材に生じたExserticlava属およびSpiropes属の2新種2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シクンシ科/Combretaceae, モクレンモドキ属/Manglietia, モクレン科/Magnoliaceae, モモタマナ属/Terminalia, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 亜熱帯雨林/subtropical rainforest, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobeTwo new species of Exserticlava and Spiropes on decaying wood from Guangdong, China中国広東省の亜熱帯雨林においてManglietia chingiiの腐朽枝に生じたアナモルフ菌の一種を検討し、Exserticlava manglietiaeとして新種記載した。また、Terminalia mantalyの腐朽枝に生じた菌をSpiropes terminaliaeとして新種記載した。前者は分生子が楕円形で1隔壁を有し、後者は分生子柄が膝折状、分生子が広紡錘形で5-7隔壁を有することなどで特徴づけられた。Exserticlava manglietiae★ / Spiropes terminaliae★Ascomycota/子嚢菌門
R3-04782トルコに新たに移入したうどんこ病菌、Erysiphe azaleae2017Biological Diversity and Conservation2017年の論文/published in 2017, Biological Diversity and Conservation, うどんこ病/powdery mildew, アジア新産種/Asia_new record, アルトヴィン県/Artvin, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 侵略的外来種/invasive alien species, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 移入種/alien species, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMErysiphe azaleae, a new powdery mildew fungus introduced into Turkeyトルコ、アルトヴィン県からアジア新産種としてErysiphe azaleaeを報告した。本種はRhododendron ponticumを宿主とし、子実体と分生子の両方を形成した。本種は北米からヨーロッパ経由で移入したと見られ、トルコのツツジ類にも潜在的危険性があると考えられた。Erysiphe azaleae■Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04781フロリダ南部産微小菌類:パルメットヤシから分離されたTaeniolella属1新種2017Nova Hedwigia2017年の論文/published in 2017, Nova Hedwigia, Sabal属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, フロリダ州/Florida, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 新種記載/new species, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 腐生菌/saprobeSouth Florida microfungi: a new species of Taeniolella (anamorphic Sordariomycetes) isolated from cabbage palm米国フロリダ州においてパルメットヤシの枯れ葉から分離された菌を検討し、Taeniolella sabalicolaとして新種記載した。本種は生長が遅く、コロニーが黒色で気生菌糸を豊富に形成し、分生子が褐色~帯黒褐色で多隔壁を有し、しばしば粘液質の鞘に包まれ、求頂的な分生子鎖をなすことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でフンタマカビ亜綱クレードに含まれたものの、目および科の位置は未定であり、広義のTaeniolella属は多系統であり、本新種は属の基準種との類縁性が認められなかった。Taeniolella sabalicola★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科
R3-04780タバコウロコタケ目におけるニグロフォメス科の系統的位置の解明および中国産の新種Nigrofomes sinomelanoporus2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, Pentaphylax属, TreeBASE, モッコク科/Ternstroemiaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 海南省/HainanResolution of phylogenetic position of Nigrofomitaceae within Hymenochaetales (Basidiomycota) and Nigrofomes sinomelanoporus sp. nov. (Nigrofomitaceae) from Chinaタマチョレイタケ科のシノニムとして長らく扱われてきたニグロフォメス科の系統的位置を検討した。本科がタバコウロコタケ目クレードにおいて独自の系統を形成することを明らかにし、この目の5番目の科とした。中国海南省産のN. melanoporusと同定された標本がそれとは別種であることを示し、N. sinomelanoporusとして新種記載した。Nigrofomes sinomelanoporus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04779アスパラガスおよびマレーヤマバショウを宿主とする新種の病原菌、Fusarium ershadii2018European journal of Plant Pathology2018年の論文/published in 2018, European journal of Plant Pathology, GCPSR, pH適性/pH aptitude, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イネ科/Poaceae, イリノイ州/Illinois, キジカクシ科/Asparagaceae, クサスギカズラ属/Asparagus, サトウキビ属/Saccharum, サルデーニャ自治州/Sardinia, ハノイ市/Hanoi, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, ベトナム/Vietnam, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexFusarium ershadii sp. nov., a Pathogen on Asparagus officinalis and Musa acuminataイタリアにおいてアスパラガスから、ベトナムにおいてバショウ属植物からそれぞれ分離された菌を検討し、Fusarium ershadiiとして新種記載した。本種は分子系統解析でF. solani複合種のクレード9に含まれ、真の大分生子の形成を認めなかった一方、厚壁胞子を形成した。本種は接種試験でアスパラガス苗に”hollow root”の症状を引き起こし、マレーヤマバショウにも軽度の病徴を引き起こした。Fusarium ershadii★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04778新種Singerocomus atlanticusおよびブラジル新産種Singerocomus rubriflavus2018Acta Botanica Brasilica2018年の論文/published in 2018, Acta Botanica Brasilica, TreeBASE, エスピリトサント州/Espirito Santo, オシロイバナ科/Nyctaginaceae, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, タイプスタディ/type study, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEMSingerocomus atlanticus sp. nov., and a first record of Singerocomus rubriflavus (Boletaceae, Boletales) for Brazilブラジルで採集された菌を検討し、Singerocomus atlanticusとして新種記載した。本種は傘が桃赤色~赤橙色、ビロード状でオリーブ黄色の粉に覆われ、NH4OHで傘表面が速やかに青色、柄がさび橙色にそれぞれ変色し、担子胞子が広楕円形、シスチジアが紡錘状~便腹状嘴形であることなどで特徴づけられた。また、従来ガイアナのみから知られていたS. rubriflavusをブラジル新産種として報告した。Singerocomus atlanticus★ / Singerocomus rubriflavus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04777養菌性キクイムシおよび植物宿主に関連する米国および台湾産のRaffaelea属新種2016IMA fungus2016年の論文/published in 2016, Ambrosiodmus属, Crossotarsus属, Cyclorhipidion属, IMA fungus, TreeBASE, Xyleborinus属, Xyleborus属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンブロシア菌/ambrosia fungus, オフィオストマトイド菌類/ophiostomatoid fungi, クスノキ科/Lauraceae, ゾウムシ科/Curculionidae, バイオアッセイ/bioassay, フロリダ州/Florida, ブナ科/Fagaceae, マテバシイ属/Lithocarpus, ワニナシ属/Persea, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 台湾/Taiwan, 培養性状/colony characteristics, 宜蘭県/Yilan, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 菌嚢/mycangium, 養菌性キクイムシ/ambrosia beetleNew Raffaelea species (Ophiostomatales) from the USA and Taiwan associated with ambrosia beetles and plant hosts米国南東部および台湾において養菌性キクイムシの共生菌を調査し、Raffaelea属の5新種を記載した。これらの新種はnrLSU+β-チューブリンに基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。また、これまで甲虫を宿主とすることが知られてこなかった植物病原菌2種を報告した。Raffaelea aguacate★ / Raffaelea campbellii★ / Raffaelea crossotarsa★ / Raffaelea cyclorhipidia★ / Raffaelea lauricola / Raffaelea quercivora / Raffaelea xyleborina★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-04776チェコ、南ボヘミア州で採集された2種の多孔菌の稀産種、Sarcoporia polysporaおよびJahnoporus hirtus2010Czech Mycology2010年の論文/published in 2010, Czech Mycology, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, 南ボヘミア州/South Bohemian, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 子実体発達様式/fruiting body development style, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 水辺/waterside, 河川/river, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 酸性土壌/acidic soilSarcoporia polyspora and Jahnoporus hirtus: two rare polypores collected in South Bohemia, Czech Republicチェコ、南ボヘミア州において稀産種のSarcoporia polysporaおよびJahnoporus hirtusを採集した。前者はチェコ新産種、後者はチェコから2番目の報告となった。両種は長期の観察を続けてきた発生基質に発生し、子実体の生長および発達を3ヶ月間観察した。Jahnoporus hirtus / Sarcoporia polyspora■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Albatrellaceae/ニンギョウタケモドキ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04775ボヘミア産クロサイワイタケ科核菌類:チェコ新産のクロイタタケ属およびアカコブタケ属、およびその他の稀産種について2017Czech Mycology2017年の論文/published in 2017, Czech Mycology, アオイ科/Malvaceae, ウワミズザクラ属/Padus, ウースチー州/Usti, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カルロヴィ・ヴァリ州/Karlovy Vary, クマシデ属/Carpinus, クロウメモドキ属/Rhamnus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, シナノキ属/Tilia, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, ツガサルノコシカケ属/Fomitopsis, ツガサルノコシカケ科/Fomitopsidaceae, トネリコ属/Fraxinus, ナナカマド属/Sorbus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, パルドゥビツェ州/Pardubický, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リベレツ州/Liberec, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 分布域の変化/changes in the distribution area, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主範囲/host range, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気候変動/climate change, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水辺/waterside, 河川/river, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 絶滅危惧種/endangered species, 色素産生/pigment production, 酸性土壌/acidic soilXylariaceous pyrenomycetes from Bohemia: species of Biscogniauxia and Hypoxylon new to the Czech Republic, and notes on other rare speciesチェコ、ボヘミア地方においてクロサイワイタケ科核菌類の調査を実施した。チェコ新産種としてBiscogniauxia mediterraneaおよびHypoxylon fuscoidesを報告した。将来のチェコ版大型菌類レッドリストの掲載種を推薦した。Biscogniauxia cinereolilacina / Biscogniauxia granmoi / Biscogniauxia mediterranea■ / Biscogniauxia repanda / Biscogniauxia simplicior■ / Euepixylon udum / Hypoxylon cercidicola / Hypoxylon fuscoides■ / Hypoxylon petriniae / Hypoxylon ticinense / Hypoxylon vogesiacum / Nemania aenea / Nemania atropurpurea / Nemania carbonacea / Nemania chestersii / Nemania diffusa / Nemania serpensAscomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Graphostromataceae/グラフォストロマ科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04774米国東部産のAntrodia serialis類似の豊富に発生する新種、A. serialiformis2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, オキシダーゼ/oxidase, コナラ属/Quercus, テネシー州/Tennessee, ノースカロライナ州/North Carolina, バージニア州/Virginia, ブナ科/Fagaceae, ペンシルバニア州/Pennsylvania, メリーランド州/Maryland, 交配試験/mating test, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 標本入手不可/specimen not available, 米国/USA, 菌食/mycophagy, 配列決定/sequencing, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityAntrodia serialiformis from the eastern USA, a new and abundant polypore similar to A. serialis米国東部でごく普通に見られる材生息菌を検討し、Antrodia serialiformisとして新種記載した。本種はA. serialisに非常に類似するが、オークに限って発生し、担子胞子がずっと小型で、この種との交配和合性を示さないことなどで区別された。両種はrDNAの塩基配列および生態も異なっていた。Antrodia serialiformis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-04773形態および分子の形質に基づく中国南部産の新種、Pythium cedriの記載2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, ヒマラヤスギ属/Cedrus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 江蘇省/Jiangsu, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 胞子形成誘導/sporulation inductionPythium cedri sp. nov. (Pythiaceae, Pythiales) from southern China based on morphological and molecular characters中国江蘇省においてヒマラヤスギの根から分離された卵菌の一種を検討し、Pythium cedriとして新種記載した。本種は遊走子嚢が数珠状で、造卵器に鈍い刺状装飾を有し、造精器が雌雄同菌糸性であり、生長が比較的遅いことなどで特徴づけられた。本種が含まれたPythium属クレードDの種の検索表を掲載した。Pythium cedri★Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Pythiales/フハイカビ目_Pythiaceae/フハイカビ科
R3-04772Nebria brevicollisを攻撃する知見に乏しい昆虫病原菌、Entomophthora nebriaeの記載の修正および新組み合わせ2018Alpine Entomology2018年の論文/published in 2018, Alpine Entomology, オサムシ科/Carabidae, タイプスタディ/type study, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ノルトライン=ヴェストファーレン州/Nordrhein-Westfalen, マルクビゴミムシ属/Nebria, 個体群動態/population dynamics, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 射出胞子/ballistospore, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 生活環/life cycle, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 越冬/wintering, 追熟/ripeningAmended description and new combination for Entomophthora nebriae Raunkiaer, (1893), a little known entomopathogenic fungus attacking the ground beetle Nebria brevicollis (Fabricius, 1792)ドイツにおいてオサムシの一種、Nebria brevicollisに寄生した菌を検討し、Entomophthora nebriaeと同定した。本種はデンマークにおける原記載以来初の報告であり、ノルトライン=ヴェストファーレン州の森林において見出された。本種をErynia属に移した(既に1981年に移されていたが有効発表されていなかった)。Erynia nebriae▲Entomophthoromycotina/ハエカビ亜門_Entomophthorales/ハエカビ目_Entomophthoraceae/ハエカビ科
R3-04771オーストラリア産の地生ランを宿主とするTulasnella属新種2017IMA fungus2017年の論文/published in 2017, Arthrochilus属, Caleana属, Chiloglottis属, Drakaea属, IMA fungus, オーストラリア/Australia, オーストラリア首都特別地域/Australian Capital Territory, クイーンズランド州/Queensland, コケ生息菌/bryophilous fungus, タスマニア州/Tasmania, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ヒースランド/heathland, ミズゴケ属/Sphagnum, ミズゴケ科/Sphagnaceae, ラテライト/laterite, ラン型菌根/orchid mycorrhiza, ラン科/Orchidaceae, 乾燥地域/dry area, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 文献調査/literature survey, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 生長速度/growth rate, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 種の境界/species delimitation, 粘土質土壌/clayey soil, 腐生菌/saprobe, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 西オーストラリア州/Western Australia, 高山帯/alpine regionNew species of Tulasnella associated with terrestrial orchids in Australiaオーストラリアにおいて地生ランを宿主とするTulasnella属菌を検討し、T. prima、T. secunda、およびT. warcupiiの3新種を記載した。また、高山帯においてミズゴケに発生するChiloglottis属ランを宿主とするT. sphagnetiを新種記載した。各新種は単一のランの属と強い関係性を有していた。Tulasnella prima★ / Tulasnella secunda★ / Tulasnella sphagneti★ / Tulasnella warcupii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Tulasnellaceae/ツラスネラ科
R3-04770ブラジル南部産のペルラトリン酸を含有する新種、Canoparmelia pustulifera2017Iheringia Série Botânica2017年の論文/published in 2017, Iheringia Série Botânica, アトラノリン類/atranorins, タイプスタディ/type study, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブラジル/Brazil, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyCanoparmelia pustulifera, a new species of Parmeliaceae containing perlatolic acid from Southern Brazilブラジル、リオグランデ・ド・スル州で採集された地衣の一種を検討し、Canoparmelia pustuliferaとして新種記載した。本種は崖の多い中程度に開けた場所において、樹皮上に発生していた。本種は地衣体下面が黒色で、不規則形で粉芽化するパスチュールを有し、ペルラトリン酸、アトラノリン、および未知成分を含むことなどで特徴づけられた。Canoparmelia pustulifera★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-04769インド、マハーラーシュトラ州産の子嚢菌アナモルフの新種、Thirumalacharia thanensis2018Species2018年の論文/published in 2018, Species, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, インド/India, ジュズダマ属/Coix, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungiThirumalacharia thanensis sp. nov – A new species of anamorphic Ascomycota from Maharashtra, Indiaインド、マハーラーシュトラ州においてジュズダマの生葉に発生した菌を検討し、Thirumalacharia thanensisとして新種記載した。本種は葉全体に褐色の斑点を生じ、分生子柄がアンプル形、分生子形成様式が多出芽型、分生子が単生することなどで特徴づけられた。本種は属の基準種のT. curcumaeとは分生子のサイズ、表面性状、隔壁数などが異なっていた。Thirumalacharia thanensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-04768中国貴州省産の昆虫病原菌の新種、Beauveria majiangensis2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 畑地/farmland, 貴州省/GuizhouBeauveria majiangensis, a new entomopathogenic fungus from Guizhou, China中国貴州省のブルーベリー畑においてコガネムシ上科の幼虫に発生した昆虫病原菌を検討し、Beauveria majiangensisとして新種記載した。本種は軸が無限生長で小歯状、分生子形成細胞が円筒形または時に類球形、分生子が楕円形であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で他のBeauveria属菌とクラスターを形成し、かつその中で独自の系統を形成した。Beauveria majiangensis★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科
R3-04767ブラジル新産のアオキノリ属地衣およびサンパウロ州の島嶼に産する種の検索表2017Current Research in Environmental & Applied Mycology2017年の論文/published in 2017, Current Research in Environmental & Applied Mycology, サンパウロ州/São Paulo, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 藍藻地衣/cyanolichen, 都市環境/urban environmentNew records of Leptogium species in Brazil with identification key to insular species from São Paulo Stateブラジル、サンパウロ州の4つの島において藍藻地衣を調査し、アオキノリ属地衣16種の発生を認めた。ブラジル新産種としてLeptogium milligranumおよびL. sulcatumを報告した。島嶼産の各種の詳細を記述し、検索表を掲載した。Leptogium atlanticum■ / Leptogium azureum■ / Leptogium cyanescens■ / Leptogium denticulatum■ / Leptogium isidiosellum■ / Leptogium milligranum■ / Leptogium moluccanum / Leptogium sulcatum■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目
R3-04766シロペンキタケ属菌について2009Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2009年の論文/published in 2009, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, カバノキ科/Betulaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, スペイン/Spain, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ハンノキ属/Alnus, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification keyNotas sobre el género Vuilleminia (Corticiaceae, Basidiomycota)イベリア半島産のシロペンキタケ属菌を調査した。スペイン、サラマンカからVuilleminia alniをイベリア半島新産種として報告した。本属の全既知種の解説および検索表を掲載した。Vuilleminia alni■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-04765パキスタン新産種、Parasola lilatincta2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, リター菌/litter fungi, 亜熱帯域/subtropics, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 降水量/precipitationFirst record of Parasola lilatincta from Pakistanパキスタン、マラカンドで採集されたParasola lilatinctaをパキスタン新産種として報告した。本種は担子胞子がレンズ形で、菌糸が淡紫色を帯びることなどで特徴づけられた。本種の同定はITS領域の塩基配列によっても裏付けられた。Parasola lilatincta■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-04764ラッパタケ目菌類 (4):イベリア半島におけるRamaria mediterraneaの新記録2009Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2009年の論文/published in 2009, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, アンダルシア州/Andalusia, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タイプスタディ/type study, ブナ科/Fagaceae, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungiNotas en Gomphales IV. Ramaria mediterranea, nuevas citas para la Península Ibéricaスペインの2ヶ所から極めて稀なRamaria mediterraneaを報告した。本種は森林においてQuercus suber近傍の地上に発生していた。本報告により、本種の既知の分布域はカスティーリャ・レオン州およびアンダルシア州マラガ県にまで拡張することとなった。Ramaria mediterranea■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科
R3-04763アジアにおいてブンタンのcitrus tan spotの原因となる新種、Phyllosticta citriasiana2009Fungal Diversity2009年の論文/published in 2009, Fungal Diversity, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, スペルマチア/spermatia, タイ/Thailand, ベトナム/Vietnam, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水溶性色素/water-soluble pigment, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種の境界/species delimitation, 胞子形成誘導/sporulation induction, 色素産生/pigment production, 黒星病/black spotPhyllosticta citriasiana sp. nov., the cause of Citrus tan spot of Citrus maxima in Asia中国、ベトナム、タイから輸入されたブンタン果実にcitrus tan spotを引き起こした菌を検討し、Phyllosticta citriasianaとして新種記載した。本種はミカン属植物を宿主とする他の2種とは分生子のサイズ、培養性状、温度適性などが異なっていた。本研究ではITS領域では本属の全分類群を分けるのに不十分であることが示唆されたが、本種と他の2種との判別にはITSおよびTEF1がACTよりも有効であった。Phyllosticta citriasiana★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-04762中国産の多孔菌の新種、Porodaedalea chinensis2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 雲南省/YunnanPorodaedalea chinensis (Hymenochaetaceae, Basidiomycota) — a new polypore from China中国雲南省においてPinus yunnanensisに発生した菌を検討し、Porodaedalea chinensisとして新種記載した。本種は子実体が多年生で傘状、孔口が比較的小型であり、担子胞子が無色広楕円形、2菌糸型であることなどで特徴づけられた。本種はITS+EF1-αに基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Porodaedalea chinensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-04761タイの淡水環境に産したフスコスポレラ科2新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, パンガー県/Phang Nga, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeTwo new species in Fuscosporellaceae from freshwater habitats in Thailandタイ、パンガー県の河川で採集された水生菌2種を検討し、それぞれFuscosporella aquatica、Mucispora phangngaensisとして新種記載した。前者はスポロドキアを形成し、分生子形成細胞が嚢状、分生子が暗褐色楕円形であることなどで特徴づけられた。後者は分生子柄が単生し、貫生伸長し、分生子が暗褐色倒卵状であることなどで特徴づけられた。Fuscosporella aquatica★ / Mucispora phangngaensis★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱
R3-04760ノヴォシビルスク地域新産のNeolentinus lepideus f. ceratoides2017Current Research in Environmental & Applied Mycology2017年の論文/published in 2017, Current Research in Environmental & Applied Mycology, シベリア/Siberia, タイプスタディ/type study, ノヴォシビルスク州/Novosibirsk, ロシア/Russia, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 奇形/malformation, 子実体原基/fruiting body primordium, 室内環境/indoor condition, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiFirst record of Neolentinus lepideus f. ceratoides (Gloeophyllales, Basidiomycota) in Novosibirsk Regionロシア、ノヴォシビルスク地域からNeolentinus lepideus f. ceratoidesを初めて報告した。本品種は暗所で生育し角状奇形を呈し、子実層托を有さず、担子胞子も形成しなかった。記載文および写真を掲載した。Neolentinus lepideus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Gloeophyllales/キカイガラタケ目_Gloeophyllaceae/キカイガラタケ科
R3-04759新種Cylindrocarpon pauciseptatumおよび幅広く主に3隔壁の大分生子を形成するCylindrocarpon属菌について2008Mycological Research2008年の論文/published in 2008, Erica属, Mycological Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, スロベニア/Slovenia, ツツジ科/Ericaceae, ニュージーランド/New Zealand, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ベイ・オブ・プレンティ地方/Bay of Plenty, 不稔菌糸/sterile mycelium, 二次代謝産物/secondary metabolite, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胞子形成誘導/sporulation induction, 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesCylindrocarpon pauciseptatum sp. nov., with notes on Cylindrocarpon species with wide, predominantly 3-septate macroconidiaスロベニアにおいてblack foot病のブドウの根から分離された菌を検討し、Cylindrocarpon pauciseptatumとして新種記載した。本種は分子系統解析でCyl. destructans複合種に近縁であったが、異なる系統を形成した。また、本種はニュージーランドにおいてErica melantheraの根からも見出され、C. theobromicolaと同定されていた。Cylindrocarpon pauciseptatum★ / Cylindrocarpon theobromicola / Neonectria austroradicicola▲Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04758中国産イワノリモドキ属地衣2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, テルペノイド/terpenoids, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安徽省/Anhui, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 江西省/Jiangxi, 浙江省/Zhejiang, 湖南省/Hunan, 脂肪酸/fatty acid, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 貴州省/Guizhou, 鱗片状地衣/squamulose lichenThe lichen genus Kroswia in China中国の浙江省および四川省で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Kroswia episporaとして新種記載した。また、K. crystallifera(中国本土からの初報告)およびK. gemmascensを報告した。イワノリモドキ属全種の検索表を掲載した。Kroswia crystallifera■ / Kroswia epispora★ / Kroswia gemmascens■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-04757中国産の2新種、Talaromyces heiheensisおよびT. mangshanicus2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 湖南省/Hunan, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 黒竜江省/HeilongjiangTalaromyces heiheensis and T. mangshanicus, two new species from China中国において腐朽材および土壌から分離された2種の菌を検討し、それぞれTalaromyces heiheensis、T. mangshanicusとして新種記載した。前者はTrachyspermi節に含まれ、CYA25°Cでの生長が遅く、分生子柄が二輪生および三輪生、フィアライドが針状、分生子が橙色類球形~楕円形平滑であることなどで特徴づけられた。後者はTalaromyces節に含まれ、CYA25°Cでの生長が遅く、分生子柄が二輪生、フィアライドがアンプル形、分生子が帯灰紫色類球形~楕円形小刺状、帯紫赤色の水溶性色素を産生することなどで特徴づけられた。Talaromyces heiheensis★ / Talaromyces mangshanicus★Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04756中国南部、海南島産の新種Candida pseudocylindraceaおよびCandida wuzhishanensis2009Mycosystema2009年の論文/published in 2009, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, Mycosystema, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 集積培養/enrichment cultureCandida pseudocylindracea sp. nov. and Candida wuzhishanensis sp. nov. from Hainan Island, southern China中国海南島の熱帯雨林において腐朽材から分離された2種のアナモルフ酵母を検討し、Candida pseudocylindraceaおよびC. wuzhishanensisとして新種記載した。前者はC. cylindracea、後者はC. llanquihuensisに最も近縁であったが、いずれも分子系統解析で独自の系統を形成した。また、後者はスクロース、マルトース、セロビオースなどの資化能によっても区別された。Candida pseudocylindracea★ / Candida wuzhishanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-04755トルコ新産のチャヒラタケ属菌2014Biological Diversity and Conservation2014年の論文/published in 2014, Biological Diversity and Conservation, イズミル県/Izmir, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungusNew Crepidotus (Fr.) Staude record for Turkish mycotaCrepidotus cinnabarinusをトルコ新産種として報告した。本種はイズミル県において広葉樹の切り株に発生した。本種は子実体が橙赤色であることなどで特徴づけられ、本種の発見によりトルコ産の既知の本属菌は12となった。Crepidotus cinnabarinus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-04754トルコ新産の稀なアンズタケ属菌2014Biological Diversity and Conservation2014年の論文/published in 2014, Biological Diversity and Conservation, イスタンブール県/Istanbul, トルコ/Turkey, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsA new and rare record for Turkish Cantharellusトルコ新産種として稀産種のCantharellus melanoxerosを報告した。本種はイスタンブール県においてブナ属植物の樹下に発生した。本種は子実体が小型~中型で傘がサフラン色、傷つくと黒変し、襞が帯桃ばら色~紫色、柄が帯黄色~帯桃淡紫色であることなどで特徴づけられた。Cantharellus melanoxeros■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目
R3-04753メキシコ、チアパス州産大型菌類の多様性の知見への追加2017Revista Mexicana de Micología2017年の論文/published in 2017, Revista Mexicana de Micología, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, チアパス州/Chiapas, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationAdiciones al conocimiento sobre la diversidad de los hongos (macromicetes) de Chiapas, Méxicoメキシコ、チアパス州、サルト・デ・アグア市において大型菌類の多様性調査を実施した。子嚢菌門6分類群、担子菌門28分類群を報告し、その全てがサルト・デ・アグア市から初報告となった。メキシコ新産種としてHygrocybe subminutulaを、チアパス州新産種としてClavulinopsis corniculataをそれぞれ報告した。Armillaria mellea■ / Auricularia auricula-judae■ / Auricularia mesenterica■ / Auricularia nigricans■ / Clavulinopsis corniculata■ / Cookeina speciosa■ / Cookeina tricholoma■ / Cymatoderma dendriticum■ / Daldinia eschscholtzii■ / Earliella scabrosa■ / Favolus tenuiculus■ / Hexagonia hydnoides■ / Hygrocybe subminutula■ / Lentinus crinitus■ / Lentinus tricholoma■ / Lentinus velutinus■ / Lenzites betulina■ / Oudemansiella canarii■ / Panus guaraniticus■ / Panus neostrigosus■ / Parasola plicatilis■ / Phellinus gilvus■ / Phylacia globosa■ / Pleurotus djamor■ / Pycnoporus sanguineus■ / Schizophyllum commune■ / Trametes elegans■ / Trametes maxima■ / Trametes polyzona■ / Trametes versicolor■ / Trametes villosa■ / Xylaria feejeensis■ / Xylaria telfairii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Auriculariaceae/キクラゲ科_Clavariaceae/シロソウメンタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04752新種Dendryphiella fasciculataおよびその他のDendryphiella属菌について2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeDendryphiella fasciculata sp. nov. and notes on other Dendryphiella speciesタイ、チエンマイ県において材に発生したアナモルフ菌を検討し、Dendryphiella fasciculataとして新種記載した。本種は分生子柄が束状でポリトレト型、分生子形成細胞が末端生および節間生で、分生子が淡褐色から褐色~暗褐色になる楕円形~紡錘形で3隔壁を有し、表面が疣状であることなどで特徴づけられた。Dendryphiella属菌の現在受け入れられている種および除外種の全てについて解説し、本属の検索表を掲載した。Dendryphiella fasciculata★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04751形態形質および系統解析に基づき明らかになった南アフリカ産のGanoderma lucidum複合種における1新種2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, イチジク属/Ficus, クワズール・ナタール州/KwaZulu-Natal, クワ科/Moraceae, 乾燥地域/dry area, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexMorphological characters and phylogenetic analysis reveal a new species within the Ganoderma lucidum complex from South Africa南アフリカにおいてイチジク属樹木に発生した白色腐朽菌を検討し、Ganoderma aridicolaとして新種記載した。本種は傘が帯褐灰色~黒色で顕著な環紋を有し、孔口が小型で白色、肉が帯褐灰色、担子胞子が広楕円形で粗い小刺状であることなどで特徴づけられた。ITS+EF1-αに基づく分子系統解析でも本種がG. lucidum複合種に含まれることが確かめられた。Ganoderma aridicola★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-04750基部系統に位置するPhyllactinia属菌に類似の無性世代を有する新種Leveillula buddlejae2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ゴマノハグサ科/Scrophulariaceae, ネパール/Nepal, フジウツギ属/Buddleia, 中部開発区域/Central Development Region (Nepal), 付着器/appressorium, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungiLeveillula buddlejae sp. nov., a new species with an asexual morph resembling phylogenetically basal Phyllactinia speciesネパールにおいてBuddleja asiaticaの葉に発生したうどんこ病菌の一種を検討し、Leveillula buddlejaeとして新種記載した。本種は分生子柄が子座ではなく表在性の菌糸のみから生じ、分生子に2型があることなどで特徴づけられた。本種の形態は基部系統のPhyllactinia属菌に類似していたが、分子系統解析でLeveillula属クレードに含まれた。Leveillula buddlejae★Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04749形態および複数遺伝子の系統解析に基づくインド産マングローブ生菌、Vaginatispora microarmatisporaの新種記載2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, サクラソウ科/Primulaceae, タミル・ナードゥ州/Tamil Nadu, ツノヤブコウジ属/Aegiceras, マングローブ林/mangrove forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 湿室法/moist chamber method, 潮間帯/intertidal zone, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeIntroducing the new Indian mangrove species, Vaginatispora microarmatispora (Lophiostomataceae) based on morphology and multigene phylogenetic analysisインド、タミル・ナードゥ州においてマングローブの材に生じた海生菌の一種を検討し、Vaginatispora microarmatisporaとして新種記載した。本種は同属他種とは生息環境、子嚢果の頸部の長さ、子嚢胞子のサイズや付属糸などが異なっていた。Vaginatispora属全種の形質比較表および検索表を掲載した。Vaginatispora microarmatispora★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Lophiostomataceae/ロフィオストマ科
R3-04748米国ウィスコンシン州においてFraxinus nigra生木に発生した新種Inonotus macrosporus2011North American Fungi2011年の論文/published in 2011, North American Fungi, ウィスコンシン州/Wisconsin, トネリコ属/Fraxinus, モクセイ科/Oleaceae, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 栄養摂取様式/nutrition style, 米国/USA, 誤同定/misidentificationInonotus macrosporus sp. nov. (Fungi: Basidiomycota: Hymenochaetales) on live Fraxinus nigra in Wisconsin, United States of America米国ウィスコンシン州においてFraxinus nigraの生木に発生した菌を検討し、Inonotus macrosporusとして新種記載した。本種は子実体が傘状、肉が2層からなり、担子胞子が大型有色厚壁で、子実層に剛毛、実質に剛毛状菌糸を有することなどで特徴づけられた。これらの形質の組み合わせは他のキコブタケ属およびカワウソタケ属菌には従来知られてこなかった。Inonotus macrosporus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-04747大西洋岸森林におけるNigrohydnum nigrum Ryvardenの新規分布記録2013Check List2013年の論文/published in 2013, Check List, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 誤同定/misidentificationNew distribution record of Nigrohydnum nigrum Ryvarden (Polyporales: Basidiomycota) in the Atlantic forest収蔵標本の再検討過程で見出された稀産種のNigrohydnum nigrumを報告した。本種は従来アマゾン盆地およびパラナ州から知られていたが、リオグランデ・ド・スル州からの報告は初となった。供試標本は原記載の70年前に採集され、Daeadelea subcoriaceaと同定されていた。Nigrohydnum nigrum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科
R3-04746Polyporus dictyopus複合種の解明:Atroporus属の復活および新属Neodictyopusの分離2017PLOS ONE2017年の論文/published in 2017, PLOS ONE, TreeBASE, アルゼンチン/Argentina, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ミシオネス州/Misiones, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 多系統群/polyphyletic group, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 疑問種/doubtful species, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 粗大木質デブリ/coarse woody debris, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 隔離分布/disjunct distributionDecrypting the Polyporus dictyopus complex: Recovery of Atroporus Ryvarden and segregation of Neodictyopus gen. nov. (Polyporales, Basidiomyocta)Polyporus dictyopusと同定された新熱帯産標本の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Atroporus属を復活させてA. diabolicusおよびA. rufoatratusをこれに含めた。また、新属Neodictyopusを提唱してN. dictyopusおよび2新種をこれに含めた。Atroporus diabolicus / Atroporus infernalis / Atroporus rufoatratus▲ / Neodictyopus atlanticae★ / Neodictyopus dictyopus▲ / Neodictyopus gugliottae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04745ザトウムシを宿主とする初のラブルベニア目菌類:新属Opilionomyces2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Dicranolasma属, Phytotaxa, イスタンブール県/Istanbul, ギリシャ/Greece, クモ寄生菌/spider parasitic fungus, ディクラノラスマ科/Dicranolasmatidae, トルコ/Turkey, ブルサ県/Bursa, プロトプラスト/protoplast, メルスィン県/Mersin, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 子実体原基/fruiting body primordium, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 感染様式/mode of infection, 散布様式/dispersal style, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 生活環/life cycle, 石灰質土壌/calcareous soil, 西ギリシャ地方/Ditiki Ellada, 部位特異性/site specificityFirst Laboulbeniales from harvestmen: the new genus Opilionomycesトルコおよびギリシャにおいて3種のDicranolasma属ザトウムシに寄生していた菌を検討し、新属新種Opilionomyces dicranolasmatisとして記載した。本種はザトウムシから初めて報告されたラブルベニア類であり、托が1列の細胞からなり2つに分かれることなどで特徴づけられた。本種は部位特異性を示し、触肢および鋏角の周辺に限って分布することが性的感染に関連しているとみられた。Opilionomyces dicranolasmatis★Ascomycota/子嚢菌門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-04744Placynthium pannariellum – スイス新産の小型の藍藻地衣2016Meylania2016年の論文/published in 2016, Meylania, アルプス山脈/Alps, シュヴィーツ州/Schwyz, スイス/Switzerland, スイス新産種/Switzerland_new record, ドイツ語/German, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 藍藻地衣/cyanolichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenPlacynthium pannariellum – eine kleine, in der Schweiz bisher unbekannte Cyanoflechteスイス新産種としてPlacynthium pannariellumを報告した。本種はベードメレンヴァルトの2ヶ所において乾燥した石灰岩の岩壁に生じ、他の中欧産標本と同様に不稔であった。本種の種内変異、基質、生息環境、生態、混同しやすい種などについて記述した。Placynthium pannariellum■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Placynthiaceae/クロサビゴケ科
R3-04743スイス新産種Lecania subfusculaおよびPsorotichia lutophila:Anton Gisler (1820-1888) 地衣類コレクションにおけるさらなる発見2017Meylania2017年の論文/published in 2017, Meylania, コケ上に生える菌/fungi on moss, スイス/Switzerland, スイス新産種/Switzerland_new record, チューリッヒ州/Zurich, ドイツ語/German, ニトヴァルデン準州/Nidwalden, 先駆種/pioneer species, 収蔵標本/stored specimen, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 菌類学者/mycologist, 誤同定/misidentificationLecania subfuscula und Psorotichia lutophila neu für die Schweiz – Weitere Entdeckungen im Flechtenherbar von Anton Gisler (1820–1888)Lecania subfusculaおよびPsorotichia lutophilaの2種の地衣をスイス新産種として報告した。前者はニトヴァルデン準州、後者はチューリッヒ州において19世紀に採集され、Anton Gislerの標本庫に収蔵されていた。両種について写真および解説を掲載した。Lecania subfuscula■ / Psorotichia lutophila■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科
R3-04742Mycena viscidocruentaを基準種とする新属、Cruentomycena2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, カバノキ科/Betulaceae, タイプスタディ/type study, ハンノキ属/Alnus, ラッカーゼ/laccase, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新学名提唱/new scientific name, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 沿海地方/Primorye, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 花生息菌/floricolous fungus, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 隔離分布/disjunct distribution, 非合法名/illegitimate nameA new genus, Cruentomycena, with Mycena viscidocruenta as type species分子系統解析の結果を基に、Mycena viscidocruentaに対して新属Cruentomycenaを提唱した。本属はpanelloidクレードにおいてPanellus stypticusおよびP. pusillusと姉妹群を形成した。また、本属にロシア沿海地方産の新種C. kedrovayaeを加えた。Cruentomycena kedrovayae★ / Cruentomycena viscidocruenta▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-04741Paralepistopsis amoenolens:トルコ新産の稀な毒きのこ2017Turkish Journal of Life Sciences2017年の論文/published in 2017, Turkish Journal of Life Sciences, ウスパルタ県/Isparta, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヒマラヤスギ属/Cedrus, マツ科/Pinaceae, 呈色反応/chemical reaction, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore printParalepistopsis amoenolens: First Record of A Rare and Poisonous Taxon in Turkeyトルコ、ウスパルタ県からトルコ新産種としてParalepistopsis amoenolensを報告した。本種はCedrus libaniの樹下に発生し、この樹種は初の報告となった。トルコ産標本の傘、柄、担子器、担子胞子などの計測値を先行研究の値と比較し、同等であることを確認した。Paralepistopsis amoenolens■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-04740中国南部産のAureoboletus属のスレンダーな新種2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiA new slender species of Aureoboletus from southern China中国広西チワン族自治区において広葉樹林の地上に発生した菌を検討し、Aureoboletus tenuisとして新種記載した。本種は子実体が小型で形状が細長く、傘が淡褐色、帯赤褐色~暗褐色で粘性を有し皺状で、担子胞子が比較的短いことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でA. thibetanusと姉妹群を形成し、形態的にも系統的にもそれと異なっていた。Aureoboletus tenuis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04739腐朽材から分離された酵母の新種、Spencermartinsiella silvicola2016International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2016年の論文/published in 2016, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アミノ酸要求性/amino acid requirement, キシラナーゼ/xylanase, デンプン/starch, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 二型性/dimorphism, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 種の境界/species delimitation, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 集積培養/enrichment cultureSpencermartinsiella silvicola sp. nov., a yeast species isolated from rotting woodブラジル、ミナスジェライス州の大西洋岸森林において腐朽材から分離された酵母の一種を検討し、Spencermartinsiella silvicolaとして新種記載した。本種はラフィノースを資化不能である点が同属他種と異なっていた。また、アナモルフのみが知られるCandida cellulosicolaをSpencermartinsiella属に移した。Spencermartinsiella cellulosicola▲ / Spencermartinsiella silvicola★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-04738南米新産種、Resupinatus poriaeformis2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, ヒルギ科/Rhizophoraceae, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マングローブ林/mangrove forest, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 走査型電子顕微鏡/SEMFirst record of Resupinatus poriaeformis (Agaricomycetes) from South Americaブラジル、ペルナンブーコ州のマングローブ林から南米新産種としてResupinatus poriaeformisを報告した。本種はRhizophora mangleの材に生じ、灰色小型の子実体や球形の担子胞子などで特徴づけられた。また、南米産本属菌の検索表を掲載した。Resupinatus poriaeformis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04737インド、カシミールからのヒャクニチソウ属植物に葉枯病を引き起こすAlternaria zinniaeの初報告2017International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences2017年の論文/published in 2017, International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, キク科/Asteraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, ヒャクニチソウ属/Zinnia, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花卉圃場/flower field, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization methodFirst Report of Alternaria zinniae causing Blight in Zinnia sp. from Kashmir, Indiaインド、カシミールにおいてヒャクニチソウ属の一種に激しい葉枯病を引き起こした菌を検討し、Alternaria zinniaeと同定した。接種試験により分離菌株の病原性を確かめた。カシミール渓谷における本病害および本種の報告は初となった。Alternaria zinniae■Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04736タイにおいてインドソケイ属植物のさび菌に生じたRamularia coleosporii2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, Coleosporium属, Studies in Fungi, インドソケイ属/Plumeria, キョウチクトウ科/Apocynaceae, コレオスポリウム科/Coleosporiaceae, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンラーイ県/Chiang Rai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 生物農薬/biopesticide, 菌寄生菌/mycoparasiteRamularia coleosporii (Mycosphaerella) on Plumeria rust in Thailandタイ、チエンラーイ県においてPlumeria rubraの葉に生じたColeosporium plumeriaの夏胞子堆に寄生したRamularia coleosporiiを報告した。本報告は本種のタイにおける当該宿主からの初報告となった。また、本種がインドソケイ属植物の葉のさび菌に発生した報告はなく、生物農薬としての潜在的有用性が示唆された。Ramularia coleosporii■Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-04735ニュージーランド、キャンベル島産の特筆すべき子実層内部に生じるArthothelium属菌2017The Lichenologist2017年の論文/published in 2017, Dracophyllum属, The Lichenologist, イボゴケ属/Bacidia, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, ツツジ科/Ericaceae, ニュージーランド/New Zealand, 亜南極諸島/Sub-Antarctic Islands, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 菌寄生菌/mycoparasiteA remarkable, endohymenial species of Arthothelium (Arthoniales) from Campbell Island, New Zealandニュージーランド、キャンベル島においてイボゴケ属地衣の一種の子実層に生じた菌を検討し、Arthothelium hymeniicolaとして新種記載した。本種はArthothelium属初の地衣生菌であり、子嚢果を形成せず、。本種の属および科の所属は暫定的であり、クッケラ科に含まれる可能性も示唆された。Arthothelium hymeniicola★Ascomycota/子嚢菌門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-04734Coprinopsis cinereaによる皮膚および軟組織の局所感染の初記載2018New Microbes and New Infections2018年の論文/published in 2018, New Microbes and New Infections, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, グロコット染色/Grocott staining, ヒト病原菌/human pathogen, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 新疾患報告/new animal disease, 生体組織診断/biopsy, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 組織染色/histological stain, 臨床検体/clinical specimensFirst description of a local Coprinopsis cinerea skin and soft tissue infection肺転移を伴う腎芽腫に対して免疫抑制療法を受けていた6歳女児にCoprinopsis cinereaによる創傷感染が生じた。本種は従来免疫不全の患者に播種性感染を引き起こすことが知られていたが、皮膚および軟組織の局所感染は初報告となった。本症例にはデブリードマンおよびポサコナゾール経口投与による経験的治療が奏効した。Coprinopsis cinereaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-04733パナマ産の新規および興味深い地衣類2017The Bryologist2017年の論文/published in 2017, Pelliciera属, The Bryologist, キサントン類/xanthones, チリキ県/Chiriquí, テトラメリスタ科/Tetrameristaceae, パナマ/Panama, パナマ新産種/Panama_new record, ヒョウモンメダイゴケ属/Chiodecton, ベラグアス県/Veraguas, マングローブ林/mangrove forest, リケキサントン類/lichexanthones, リトマスゴケ科/Roccelaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 北半球新産種/Northern Hemisphere_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew and interesting lichens from PanamaパナマからAnisomeridium trichialis、Arthothelium isidiatum、Astrothelium flavomegaspermum、Mycocalicium chiodectonicola、およびPolymeridium xanthopleurotheciumの5新種を記載した。また、パナマ新産種として41種を報告した。本報告によりパナマ産地衣類の既知分類群数は739に増加した。Anisomeridium trichialis★ / Arthonia isidiata■ / Arthothelium isidiatum★ / Astrothelium aeneum■ / Astrothelium flavomegaspermum★ / Astrothelium macrocarpum■ / Astrothelium megaspermum■ / Astrothelium ochrothelium■ / Astrothelium scorioides■ / Astrothelium sphaerioides■ / Candelariella reflexa■ / Chiodecton complexum■ / Chiodecton malmei■ / Coenogonium subdentatum■ / Coenogonium subvirescens■ / Cryptothecia fabispora■ / Dyplolabia afzelii■ / Gassicurtia caririensis■ / Graphis dendrogramma■ / Graphis glaucescens■ / Graphis subtecta■ / Lecanora achroa■ / Lecanora helva■ / Lecanora tropica■ / Leucodecton occultum■ / Malmidea psychotrioides■ / Megalaria bengalensis■ / Mycocalicium chiodectonicola★ / Ocellularia dolichotata■ / Ochrolechia africana■ / Pertusaria flavoisidiata■ / Phaeographis brasiliensis■ / Phaeographis dendritica■ / Phaeographis leiogrammodes■ / Phaeographis spondaica■ / Phyllopsora haemophaea■ / Polymeridium xanthopleurothecium★ / Pseudopyrenula subgregaria■ / Psoroglaena cubensis■ / Pyrenula fetivica■ / Pyrenula immissa■ / Pyrenula nitidula■ / Sclerophyton seriale■ / Stegobolus radians■ / Stigmatochroma gerontoides■ / Traponora asterella■Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Roccellaceae/ロクセラ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Physciaceae/ムカデゴケ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Malmideaceae/マルミデア科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Pyrenulales/サネゴケ目_Pyrenulaceae/サネゴケ科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-04732新種Albatrellus roseus:パキスタン初の本属菌2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, トウヒ属/Picea, パキスタン/Pakistan, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forestAlbatrellus roseus sp. nov. (Albatrellaceae; Basidiomycota), the first representative of the genus from Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州のスワート地区において温帯林地上に発生した菌を検討し、Albatrellus roseusとして新種記載した。本種は傘が帯黄褐色~帯桃赤色、孔口面が白色~帯黄色で赤変性を有し、担子胞子が大型であることなどで特徴づけられた。本種はパキスタンから初めて報告されたニンギョウタケモドキ属菌となった。Albatrellus roseus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Albatrellaceae/ニンギョウタケモドキ科
R3-047311つの種に3つの遺伝子型があるRicasolia amplissima、およびアラスカ州南東部産の新規分類群2017The Lichenologist2017年の論文/published in 2017, BEAST, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, The Lichenologist, アラスカ州/Alaska, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 化学型/chemical type, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新亜種記載/new subspecies, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 生殖的隔離/reproductive isolation, 生物地理学/biogeography, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌食/mycophagy, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 複合種/species complex, 遺伝子交換/genetic exchange, 遺伝子型/genotype, 遺伝的浮動/genetic drift, 隔離分布/disjunct distributionRicasolia amplissima (Lobariaceae): one species, three genotypes and a new taxon from south-eastern AlaskaRicasolia amplissimaの遺伝的多様性を分子系統解析により検討した。本種が2つの進化的中心を持つことが示され、そのうちアラスカ産の系統を新亜種sheiyiとして記載した。また、Lobaria japonicaに対して新組み合わせR. japonicaを提唱した。Ricasolia amplissima / Ricasolia amplissima★ / Ricasolia japonica▲Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Lobariaceae/カブトゴケ科
R3-04730Pistacia integerrimaを宿主とする菌類およびインドからの1新種、1新産種の報告2018Acta Mycologica2018年の論文/published in 2018, Acta Mycologica, さび菌/rust fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization methodFungi associated with Pistacia integerrima with a description of a new species and one new record from IndiaインドにおいてPistacia integerrimaにさび病および葉枯病を引き起こした菌類を調査した。そのうち、成熟した葉のみに生じたさび菌の一種をSkierka himalayensisとして新種記載した。また、Pileolaria pistaciaeおよびPestalotiopsis属の一種をインド新産種として報告した。Pileolaria pistaciae■ / Skierka himalayensis★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pileolariaceae/ピレオラリア科
R3-04729北米東部産の黒色のツチダンゴ属3新種およびヨーロッパ産の種に関する記録2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Fungal Systematics and Evolution, ウェストバージニア州/West Virginia, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, サウスカロライナ州/South Carolina, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シノニム/synonym, ツガ属/Tsuga, トウヒ属/Picea, ノースカロライナ州/North Carolina, バージニア州/Virginia, フロリダ州/Florida, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミシシッピ州/Mississippi, メリーランド州/Maryland, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 標本入手不可/specimen not available, 稀産種/rare species, 米国/USA, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 隔離分布/disjunct distributionThree new black Elaphomyces species (Elaphomycetaceae, Eurotiales, Ascomycota) from eastern North America with notes on selected European species北米東部からElaphomyces loebiae、E. cibulae、およびE. mitchelliaeの3新種を記載した。これらはそれぞれMalacodermei節、Ceratogaster節、Ascoscleroderma節に含まれ、それぞれ主に広葉樹、コナラ属植物、広葉樹/針葉樹と関係を持っていた。また、E. persoonii var. minorをE. cyanosporusのシノニムとした。Elaphomyces cibulae★ / Elaphomyces cyanosporus / Elaphomyces loebiae★ / Elaphomyces mitchelliae★Ascomycota/子嚢菌門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Elaphomycetales/ツチダンゴ目_Elaphomycetaceae/ツチダンゴ科
R3-04728ゾンビアント菌、Ophiocordyceps unilateralisのエピタイプ指定および再記載2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Fungal Systematics and Evolution, アリ科/Formicidae, エピタイプ指定/epitype designation, オオアリ属/Camponotus, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, レクトタイプ指定/lectotype designation, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主の同定/identification of host, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 種内変異/intraspecific variation, 複合種/species complex, 誤同定/misidentification, 追熟/ripeningEpitypification and re-description of the zombie-ant fungus, Ophiocordyceps unilateralis (Ophiocordycipitaceae)Ophiocordyceps unilateralisの原記載を批判的に再検討し、宿主を改めてCamponotus sericeiventrisと同定した。ホロタイプ標本が失われ、原記載も重要な情報を欠いていたことから、本種のエピタイプ標本を指定して再記載した。また、本種は分子系統解析で新世界クレードに含まれ、独自の系統を形成した。Ophiocordyceps unilateralisAscomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-04727多目的資源としてのオンライン画像データベース:AntWeb.orgのスクリーニングによるRickia wasmanniiの新規アリ宿主の発見2017Journal of Hymenoptera Research2017年の論文/published in 2017, Journal of Hymenoptera Research, アリ科/Formicidae, インターネットを活用した情報収集/using the Internet for research, ギリシャ/Greece, ギリシャ新産種/Greece_new record, クシケアリ属/Myrmica, スクリーニング/screening, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 西ギリシャ地方/Ditiki ElladaOnline image databases as multi-purpose resources: discovery of a new host ant of Rickia wasmannii Cavara (Ascomycota, Laboulbeniales) by screening AntWeb.orgオンラインデータベース、AntWeb.orgに収載されているクシケアリ属アリの画像1804枚を対象に、外部寄生菌のスクリーニングを実施した。133種397標本を目視で検討し、ギリシャで採集されたMyrmica hellenicaにおけるRickia wasmanniiの感染を確かめた。このアリは本種の新宿主であり(10種目)、ギリシャにおける本種の報告も初となった(18ヶ国目)。Rickia wasmannii■Ascomycota/子嚢菌門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-04726Berkleasmium属基準種における無性世代と有性世代の対応関係2017IMA fungus1F=1N, 2017年の論文/published in 2017, IMA fungus, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カナダ/Canada, ケベック州/Quebec, シノニム/synonym, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, テネシー州/Tennessee, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ノースカロライナ州/North Carolina, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 優先権/priority, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 米国/USAAsexual-sexual morph connection in the type species of Berkleasmium分子系統解析により、Berkleasmium属の基準種、B. concinnumがNeoacanthostigma septoconstrictumの無性世代であることを示した。タイプ標本の再検討で両種が同時に発生していたことを確認し、両種を同種と結論づけてN. septoconstrictumをシノニムとした。タイ、プラチュワップキーリーカン県の河川において腐朽材に発生していた標本を基にN. thailandicumを新種記載した。Berkleasmium concinnum / Neoacanthostigma thailandicum★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Ascomycota/子嚢菌門_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-04725メキシコにおけるCerinomyces属の初記録2009Revista Mexicana de Biodiversidad2009年の論文/published in 2009, Revista Mexicana de Biodiversidad, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タイプスタディ/type study, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyPrimer registro del género Cerinomyces (Fungi: Dacrymycetales) en Méxicoメキシコ、キンタナ・ロー州において採集されたCerinomyces lagerheimiiを報告した。Cerinomyces属菌のメキシコからの報告は初となった。本種は子実層面が平滑で、担子胞子に1-3隔壁を有し、菌糸にクランプを欠くことなどで特徴づけられた。Cerinomyces lagerheimii■Basidiomycota/担子菌門_Dacrymycetes/アカキクラゲ綱_Dacrymycetales/アカキクラゲ目_Cerinomycetaceae/セリノマイセス科
R3-04724Phytophthora属クレード6aの新種:最近の放散のエビデンス2018Persoonia2018年の論文/published in 2018, Banksia属, Dryad, Hibbertia属, Persoonia, アーティファクト/artifact, オーストラリア/Australia, ススキノキ属/Xanthorrhoea, ススキノキ科/Xanthorrhoeaceae, ヒースランド/heathland, ビワモドキ科/Dilleniaceae, モクマオウ属/Casuarina, モクマオウ科/Casuarinaceae, ヤマモガシ科/Proteaceae, リター菌/litter fungi, リニアグロース/linear growth, 不稔菌糸/sterile mycelium, 乾燥地域/dry area, 共進化/coevolution, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 形質の頻度分布/frequency distribution of the character, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 水試料/water sample, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 湿地帯/wetland, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 複合種/species complex, 西オーストラリア州/Western Australia, 釣菌法/baiting method, 降水量/precipitation, 隠蔽種/cryptic species, 雑種形成/hybridizationNew species from Phytophthora Clade 6a: evidence for recent radiationオーストラリア、西オーストラリア州の乾燥地域からクレード6aのPhytophthora属卵菌を報告した。その中からP. balyanboodja、P. condilina、P. cooljarloo、P. kwongonina、およびP. pseudorosacearumの5新種を記載した。これらの種はいずれもヒースランドの根圏土壌および植物から分離され、全て35°Cで生育可能で生長が速いことなどで特徴づけられた。Phytophthora balyanboodja★ / Phytophthora condilina★ / Phytophthora cooljarloo★ / Phytophthora kwongonina★ / Phytophthora pseudorosacearum★Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-04723新種Neohelicosporium fusisporumおよびNeohelicosporium属における有性世代の初記録2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, Studies in Fungi, アオイ科/Malvaceae, クラビー県/Krabi, タイ/Thailand, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 胞子の発芽/germination of sporesNeohelicosporium fusisporum sp. nov. (Tubeufiaceae) and a first record of a sexual morph within Neohelicosporiumタイ、クラビー県においてアオイ科植物の果実に発生した菌を検討し、Neohelicosporium fusisporumとして新種記載した。本種は子嚢が二重壁で、子嚢胞子が無色~淡褐色の紡錘形、分生子形成細胞および分生子の幅が狭いことなどで特徴づけられた。また、本種は従来無性世代しか知られていなかったNeohelicosporium属における初の有性世代の報告となった。Neohelicosporium fusisporum★
R3-04722メヒコ州テマスカルテペック市における大型菌類の新産種2011Revista Mexicana de Micología2011年の論文/published in 2011, Revista Mexicana de Micología, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, メヒコ州/Estado de Mexico, モミ属/Abies, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 糞生菌/coprophilous fungi, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 食用きのこ/edible mushroomsNuevos registros de macromicetos para el municipio de Temascaltepec, Estado de Méxicoメキシコ、メヒコ州のテマスカルテペック市から43種の大型菌類を同市における新産種として報告した。そのうちGymnopilus luteofoliusはメキシコ新産種であった。各種の生態写真を掲載し、G. luteofoliusについては走査型電子顕微鏡写真も撮影した。Agaricus augustus■ / Astraeus hygrometricus■ / Boletellus projectellus■ / Boletus edulis■ / Boletus luridus■ / Cortinarius cinnamomeus■ / Crepidotus cesatii■ / Crepidotus mollis■ / Gomphus floccosus■ / Gymnopilus luteofolius■ / Hygrophoropsis aurantiaca■ / Hygrophorus russula■ / Hypomyces hyalinus■ / Hypomyces lactifluorum■ / Hypomyces macrosporus■ / Inocybe geophylla■ / Inocybe lutescens■ / Inocybe obscura■ / Laccaria laccata■ / Laccaria trichodermophora■ / Lacrymaria lacrymabunda■ / Lactarius chrysorrheus■ / Lactarius vietus■ / Lactarius volemus■ / Lycoperdon pyriforme■ / Lycoperdon umbrinum■ / Mycena epipterygia■ / Mycena glaucopa■ / Mycena haematopus■ / Mycena inclinata■ / Pholiota squarrosa■ / Psilocybe coprophila■ / Psilocybe cubensis■ / Rhodophyllus sericeus■ / Russula albonigra■ / Russula virescens■ / Strobilomyces floccopus■ / Suillus bovinus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Boletales/イグチ目_Diplocystaceae/ディプロシスティス科_Boletaceae/イグチ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Inocybaceae/アセタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Hygrophoropsidaceae/ヒロハアンズタケ科_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-04721Karoowia属はXanthoparmelia属にネストされる非関連クレードを含む2010Australian Systematic Botany2010年の論文/published in 2010, Australian Systematic Botany, シノニム/synonym, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 多糖類/polysaccharides, 形質の頻度分布/frequency distribution of characters, 文献調査/literature survey, 新学名提唱/new scientific name, 新組み合わせ提唱/new combination, 痂状地衣/crustose lichen, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 走査型電子顕微鏡/SEM, 適応放散/adaptive radiation, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyThe genus Karoowia (Parmeliaceae, Ascomycota) includes unrelated clades nested within XanthoparmeliaKaroowia属の種を対象に分子系統解析を実施し、本属が多系統群であることを示した。本属はXanthoparmelia属とは地衣体が類痂状であることなどを基に分けられていたが、この形質は同属の複数の内部クレードで独自に獲得されていた。この結果を基に、Karoowia属をXanthoparmelia属のシノニムとした。Xanthoparmelia adligans▲ / Xanthoparmelia arquata▲ / Xanthoparmelia ganymedea▲ / Xanthoparmelia insipida▲ / Xanthoparmelia leptoplaca▲ / Xanthoparmelia lyrigera▲ / Xanthoparmelia microscopica▲ / Xanthoparmelia mucinae◆ / Xanthoparmelia perspersa▲ / Xanthoparmelia protocetrarica▲ / Xanthoparmelia ralla▲ / Xanthoparmelia salazinica▲ / Xanthoparmelia saxeti▲ / Xanthoparmelia scitula▲ / Xanthoparmelia spissa▲ / Xanthoparmelia subchalybaeizans▲Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-04720タイにおいて野生のゾウの糞に生じたPanaeolus antillarum2017Current Research in Environmental & Applied Mycology2017年の論文/published in 2017, Current Research in Environmental & Applied Mycology, DNAバーコーディング/DNA barcoding, アジアゾウ属/Elephas, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, ゾウ科/Elephantidae, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, ナコーンナーヨック県/Nakhon Nayok, 分子同定/molecular identification, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 新産種報告/new record, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 配列決定/sequencingPanaeolus antillarum (Basidiomycota, Psathyrellaceae) from wild elephant dung in Thailandタイのカオヤイ国立公園においてゾウの糞に発生したPanaeolus antillarumを報告した。本種の同定結果は形態のほか、ITS領域の塩基配列によっても裏付けられた。タイ産標本はアンティル産標本とは傘の色、担子胞子の形態、基質などが異なっていたが、塩基配列は同一であった。Panaeolus antillarum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-04719新組み合わせRicasolia virensのシアノモルフ2016Opuscula Philolichenum2016年の論文/published in 2016, Opuscula Philolichenum, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, シナノキ属/Tilia, トネリコ属/Fraxinus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ノルウェー/Norway, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 散布様式/dispersal style, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 沿岸域/coastal area, 生活環/life cycle, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 誤同定/misidentificationThe cyanomorph of Ricasolia virens comb. nov. (Lobariaceae, lichenized Ascomycetes)Lobaria virensに対して新組み合わせRicasolia virensを提唱した。また、本種のシアノモルフおよびフォトシンビオデームを初めて報告した。本種はクロロモルフの生育中にシアノモルフが腐朽、消失する性質を有していた。Ricasolia virens▲Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Lobariaceae/カブトゴケ科
R3-04718セルビア産のトリュフの新種、Tuber petrophilum2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ズラティボル郡/Zlatibor, セルビア/Serbia, ディナル・アルプス山脈/Dinaric Alps, トウヒ属/Picea, フェノロジー/phenology, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitation, 黒トリュフ/black truffleTuber petrophilum, a new truffle species from Serbiaセルビア、タラ山において石灰岩に溜まった土の中に見出されたトリュフの一種を検討し、Tuber petrophilumとして新種記載した。本種は子嚢果が微小で帯赤黒色、子嚢胞子が卵状、楕円形~類紡錘形で刺状装飾を有することなどで特徴づけられた。本種がITS領域に基づく分子系統解析で含まれたT. melanosporum系統の検索表を掲載した。Tuber petrophilum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-04717イラン、セミーロム地域におけるリンゴのCytospora潰瘍病の研究2011Journal of Agricultural Technology2011年の論文/published in 2011, Journal of Agricultural Technology, イラン/Iran, エスファハーン州/Isfahan, バラ科/Rosaceae, リンゴ属/Malus, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/canker, 種内変異/intraspecific variation, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization methodStudies on Cytospora canker disease of apple trees in Semirom region of Iranイラン、エスファハーン州のセミーロム地域においてリンゴの木にCytospora潰瘍病を引き起こした菌を検討した。C. cincta、C. schulzeriなどテレオモルフ、アナモルフ合わせて6種を同定した。C. leucostomaのイランにおけるリンゴからの報告は初となった。Cytospora chrysosperma■ / Cytospora leucostoma■ / Leucostoma cinctum■ / Valsa malicola■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-04716Carpinus betulusを宿主とするリトアニア産微小菌類 (2):アナモルフ菌2007Botanica Lithuanica2007年の論文/published in 2007, Botanica Lithuanica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アリートゥス郡/Alytus, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, マリヤンポレ郡/Marijampolė, リター菌/litter fungi, リトアニア/Lithuania, リトアニア新産種/Lithuania_new record, ヴィリニュス郡/Vilnius, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 地理的分布/geographical distribution, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveyMicroscopic fungi on Carpinus betulus in Lithuania. 2. Anamorphic fungiリトアニアにおいてCarpinus betulusに見出されたアナモルフ菌の一覧を作成した。材、樹皮、枝、幹、切り株、落葉、果実などから47属59種を報告した。そのうちChaetopsis griseaなど21種がリトアニア新産種であった。Alysidium resinae / Aposphaeria agminalis■ / Asteroma carpini / Bactrodesmium spilomeum / Bispora betulina■ / Brachysporium nigrum / Camposporium cambrense / Chaetopsis grisea■ / Chalara cylindrosperma / Cheirospora botryospora / Chloridium clavaeforme / Chloridium lignicola / Chloridium preussii■ / Chloridium virescens / Cordana pauciseptata / Corynesporopsis quercicola■ / Cryptocoryneum condensatum / Cryptosporiopsis fasciculata■ / Cytospora ambiens / Cytospora leucostoma / Dactylaria congregata■ / Dactylaria parvispora / Dendryphion nanum■ / Dendryphiopsis atra■ / Diaporthe carpini■ / Dictyosporium toruloides / Discosporina deplanata■ / Endophragmiella biseptata / Endophragmiella corticola■ / Endophragmiella ellisii■ / Gonytrichum caesium / Helicomyces roseus■ / Helicosporium vegetum / Hendersonia carpini■ / Kylindria zignoëllae / Lauriomyces catenatus / Melanconium microspermum / Melanconium ramulorum■ / Menispora caesia / Menispora ciliata / Monodictys paradoxa / Monostichella robergei / Oedemium minus / Oncopodiella trigonella / Periconia cookei / Phialocephala fusca■ / Phomopsis sordida / Pleurothecium recurvatum / Pseudospiropes obclavatus■ / Pseudospiropes subuliferus■ / Sporoschisma juvenile / Stachybotrys dichroa■ / Stilbospora macrosperma / Taeniolella alta / Taeniolella stilbospora / Taeniolina scripta■ / Trimmatostroma betulinum / Truncatella angustata / Tubercularia vulgarisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Botryobasidiaceae/ボトリオバシディウム科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Gnomoniaceae/グノモニア科_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Trichosphaeriaceae/トリコスフェリア科_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科_Valsaceae/ヴァルサ科_Diaporthaceae/ディアポルテ科_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Melanconidaceae/メラノコニス科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Vibrisseaceae/ピンタケ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Hypocreales/ニクザキン目_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04715ウズベキスタンのビャクシン林に産したAntrodia属1新種2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, ウズベキスタン/Uzbekistan, ジザフ州/Jizzakh, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiA new species of Antrodia (Basidiomycota, Polyporales) from juniper forest of Uzbekistanウズベキスタン、ジザフ州のビャクシン林で採集された褐色腐朽菌の一種を検討し、Antrodia uzbekistanicaとして新種記載した。本種は子実体が一年生で背着生、孔口が大型、担子胞子が無色円筒形薄壁、2菌糸型で生殖菌糸にクランプを有し、厚壁胞子がシアノフィリックであることなどで特徴づけられた。本種はITS+nrLSUに基づく分子系統解析でAntrodia属クレードにおいて独自の系統を形成した。Antrodia uzbekistanica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-04714新組み合わせPyrofomes juniperinus、北米に産するP. demidoffiiの姉妹種2017Annales Botanici Fennici2017年の論文/published in 2017, Annales Botanici Fennici, オクラホマ州/Oklahoma, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ニュージャージー州/New Jersey, バージニア州/Virginia, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ミズーリ州/Missouri, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 材生息菌/lignicolous fungusPyrofomes juniperinus, comb. nova, the North American sibling of P. demidoffii (Polyporales, Basidiomycota)北米産の従来Pyrofomes demidoffiiと同定されてきた種がそれとは別種のPolyporus juniperinusであることを示した。この種をPolyporus属からPyrofomes属に移した。また、Pyropolyporus earleiについてもタイプ標本を検討し、P. juniperinusの亜種とした。Pyrofomes juniperinus▲■ / Pyrofomes juniperinus▲●Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04713トルコにおいて石灰岩に発生した粉芽を有する新種、Lecania sessilisoraliata2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, トルコ/Turkey, ブルドゥル県/Burdur, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 気温/temperature, 湿度/humidity, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 降水量/precipitationLecania sessilisoraliata, a new sorediate lichen species from limestone in Turkeyトルコ、ブルドゥル県において石灰岩に発生した地衣の一種を検討し、Lecania sessilisoraliataとして新種記載した。本種は地衣体が淡いオリーブ色の小区画状で、子器が小型、粉芽塊が類白色無柄、粉芽が小粒状であることなどで特徴づけられた。本種はL. baeommaとは分布および粉芽塊の色が異なっていた。Lecania sessilisoraliata★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-04712北欧の老齢針葉樹林に生じた地衣の新種、Cliostomum piceicola2017Herzogia2017年の論文/published in 2017, Herzogia, アトラノリン類/atranorins, イェムトランド県/Jämtland, ウスニン酸類/usnic acids, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コミ共和国/Komi Republic, スウェーデン/Sweden, トウヒ属/Picea, ヌールラン県/Nordland, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ベンゾフラン類/benzofurans, マツ科/Pinaceae, ロシア/Russia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyCliostomum piceicola, a new lichen species from oldgrowth coniferous forests in northern Europeスカンジナビアおよびロシアの老齢林で採集された地衣を検討し、Cliostomum piceicolaとして新種記載した。本種は主にドイツトウヒの樹皮および材に発生し、地衣体表面が微細な疣状で、未知の地衣成分を含むことなどで特徴づけられた。本種はCliostomum corrugatumと混同されてきたが、分布、形態、化学成分、生態などが異なっていた。Cliostomum piceicola★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-04711パパイヤを宿主とするうどんこ病菌 – 混乱と隠れた多様性の物語2017Mycosphere1F=1N, 2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, エピタイプ指定/epitype designation, カリフォルニア州/California, ゲレーロ州/Guerrero, シノニム/synonym, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, チエンラーイ県/Chiang Rai, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, パパイヤ属/Carica, パパイヤ科/Caricaceae, メキシコ/Mexico, レクトタイプ指定/lectotype designation, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的変遷/taxonomic changes, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 無効学名/invalid name, 疑問種/doubtful species, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesPowdery mildew species on papaya – a story of confusion and hidden diversityパパイヤを宿主とするうどんこ病菌を検討し、Erysiphe caricae-papayae(新種)、E. fallax(新種)、E. diffusa、E. caricae、およびE. necatorを同定した。Oidium caricaeをE. diffusaの異タイプシノニムとし、新組み合わせPodosphaera caricicolaのエピタイプおよびレクトタイプ標本を指定した。パパイヤを宿主とするうどんこ病菌の検索表を掲載した。Erysiphe caricae / Erysiphe diffusa / Erysiphe fallax★ / Erysiphe necator / Podosphaera caricicola▲ / Podosphaera xanthiiAscomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-04710タイの水生環境において見出されたSporoschisma属新種2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeNew species of Sporoschisma (Chaetosphaeriaceae) from aquatic habitats in Thailandタイのプラチュワップキーリーカン県において小川に沈んだ材に生じた菌を検討し、Sporoschisma palauenseおよびS. longicatenatumの2新種を記載した。前者は褐色3隔壁の分生子、後者は長い分生子鎖などで特徴づけられ、いずれも有性世代は見出されなかった。また、同所で採集されたS. hemipsilaの記載文および写真などを掲載した。Sporoschisma hemipsila / Sporoschisma longicatenatum★ / Sporoschisma palauense★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科
R3-04709針葉樹の葉を占有するChalara属新種2011Fungal Diversity2011年の論文/published in 2011, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アーティファクト/artifact, ウプサラ県/Uppsala, ウースチー州/Usti, エピタイプ指定/epitype designation, エンドファイト/endophyte, コンタミ/contamination, シンアナモルフ/synanamorph, スウェーデン/Sweden, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, トウヒ属/Picea, ドイツ/Germany, ネステッドPCR/nested PCR, ヒマラヤスギ属/Cedrus, フランス/France, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, リターバッグ/litter bag, リター菌/litter fungi, リトアニア/Lithuania, レクトタイプ指定/lectotype designation, ヴォクリューズ県/Vaucluse, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南ボヘミア州/South Bohemian, 収斂進化/convergent evolution, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 胞子散布/spore dispersal, 腐生菌/saprobe, 虫散布/dispersal by insects, 誤同定/misidentification, 難培養性菌/uncultured fungiNew species of Chalara occupying coniferous needles針葉樹の葉から分離されたChalara属菌を検討した。その中からC. holubovae、C. hyalocuspica、C. pseudoaffinis、およびC. rectaの4新種を記載した。C. piceae-abietisのエピタイプ標本を指定した一方、他の2種は適切な標本が見出されなかった。Chalara austriaca / Chalara holubovae★ / Chalara hyalocuspica★ / Chalara longipes / Chalara piceae-abietis / Chalara pseudoaffinis★ / Chalara recta★Ascomycota/子嚢菌門
R3-04708中国雲南省産の目立つ青色の新種のきのこ、Entoloma mengsongense2017Turkish Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Turkish Journal of Botany, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新種記載/new species, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/YunnanEntoloma mengsongense sp. nov. (Entolomataceae, Agaricales), a remarkable blue mushroom from Yunnan Province, China中国雲南省で採集された菌を検討し、Entoloma mengsongenseとして新種記載した。本種は子実体が空色~帯緑青色、傘が円錐形~扁平凹形で帯黄褐色の被膜を伴い、担子胞子が立方体状正方形であることなどで特徴づけられた。本種はInocephalus亜属の特徴を有し、他の青色の近縁種とは形態および分子系統に基づき区別された。Entoloma mengsongense★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-04707韓国においてマツの木に生じたCladosporium属エンドファイト2種2008Mycobiology2008年の論文/published in 2008, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 大田広域市/Daejeon, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 生物多様性調査/biodiversity survey, 表面殺菌法/surface sterilization method, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordTwo Species of Endophytic Cladosporium in Pine Trees in Korea韓国、大田広域市の山地においてマツの針葉に生息するエンドファイトを調査した。Cladosporium oxysporumおよびC. sphaerospermumの2種を韓国新産種として報告した。両種の同定は培養性状、顕微鏡的形質、およびITS領域の配列を基に行った。Cladosporium oxysporum■ / Cladosporium sphaerospermum■Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目
R3-04706韓国新産の大型菌類8種2017The Korean Journal of Mycology2017年の論文/published in 2017, The Korean Journal of Mycology, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, リター菌/litter fungi, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 堆肥/compost, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 江原道/Kangwon-do, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordEight Previously Unreported Species of Macrofungi from Korea韓国の江原道、全羅南道、および忠清南道において大型菌類の調査を実施した。Coprinopsis romagnesiana、Daldinia loculataなど8種を韓国新産種として報告した。各種を形態形質およびrDNA配列データに基づき同定した。Coprinopsis romagnesiana■ / Daldinia loculata■ / Gymnopus biformis■ / Gymnopus montagnei■ / Gymnopus sepiiconicus■ / Hebeloma danicum■ / Pholiota limonella■ / Russula brevipes■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-04705トルコ新産属、Acrodictys、Corynespora、Karstenula、Oncopodium、およびSporocadus属2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クルシェヒル県/Kırşehir, クロウメモドキ属/Rhamnus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, グミ属/Elaeagnus, グミ科/Elaeagnaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 降水量/precipitationAcrodictys, Corynespora, Karstenula, Oncopodium, and Sporocadus: new genera for Turkeyトルコ、クルシェヒル県からAcrodictysなど5つの属をトルコ新産属として報告した。これらの種はヤナギ属、クロウメモドキ属、グミ属植物などの材に発生していた。各種について記載文などを掲載した。Acrodictys elliptica■ / Corynespora cambrensis■ / Karstenula rhodostoma■ / Oncopodium elaeagni■ / Sporocadus pezizoides■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Corynesporascaceae/コリネスポラスカ科_Didymosphaeriaceae/ディディモスフェリア科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Amphisphaeriaceae/アンフィスフェリア科
R3-04704ブラジルおよびガイアナ産のキクバナイグチ属Boletellus節菌の研究2017Current Research in Environmental & Applied Mycology2017年の論文/published in 2017, Current Research in Environmental & Applied Mycology, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), ガイアナ/Guyana, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiStudies on Boletellus sect. Boletellus in Brazil and Guyanaブラジル、ペルナンブーコ州で採集された菌を検討し、Boletellus cremeovelosusとして新種記載した。本種は子実体が全く桃色、赤色、紫色などを帯びず、傘表面が中央部ほど直立する柔らかい鱗片状であることなどで特徴づけられた。また、南米新産種としてB. ananas var. crassotunicatusを報告した。Boletellus ananas / Boletellus ananas■ / Boletellus cremeovelosus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04703糞および淡水試料由来の韓国新産種3種2017The Korean Journal of Mycology2017年の論文/published in 2017, Melanoplus属, The Korean Journal of Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クマネズミ属/Rattus, ネズミ科/Muridae, バッタ科/Acrididae, 光州広域市/Gwangju, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 虫糞/insect frass, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordThree Unrecorded Fungal Species from Fecal and Freshwater Samples in Korea韓国新産種としてAlbifimbria terrestris、Cephaliophora tropica、およびMariannaea aquaticolaの3種を報告した。これらは光州においてバッタの糞、ラットの糞、河川の水から分離された。各種について記載文およびコロニーの写真、顕微鏡写真を掲載し、分子系統解析を実施した。Albifimbria terrestris■ / Cephaliophora tropica■ / Mariannaea aquaticola■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-04702コスタリカの都市遺存林において見出された新規の地衣共生様式を有する菌類の新系統、Eremithallus costaricensis2008Symbiosis2008年の論文/published in 2008, Symbiosis, クローニング/cloning, コスタリカ/Costa Rica, サンホセ州/San Jose, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新属提唱/new genus, 新目提唱/new order, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 遺存林/relict forests, 都市環境/urban environmentEremithallus costaricensis (Ascomycota: Lichinomycetes: Eremithallales), a new fungal lineage with a novel lichen symbiotic lifestyle discovered in an urban relict forest in Costa Ricaコスタリカの森林から新種の地衣、Eremithallus costaricensisを記載し、本種を新目新科新属に置いた。本種の地衣化様式は未知の型であり、自身の地衣体を形成せず、さながらヤドカリのように樹皮の細胞内の共生藻と菌糸を介した関係を有していた。本種は形態的にオストロパ目菌類に類似していたが、分子系統解析ではリキナ目に近縁な独自の系統を形成した。Eremithallus costaricensis★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Melaspileaceae/メラスピレア科
R3-04701rDNA配列データに基づきZygosporium属に対して設立された新科ザイゴスポリウム科2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, Ptychosperma属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, タコノキ属/Pandanus, タコノキ科/Pandanaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新科提唱/new family, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanEstablishment of Zygosporiaceae fam. nov. (Xylariales, Sordariomycetes) based on rDNA sequence data to accommodate Zygosporium分子系統解析により、Zygosporium属が強く支持される単系統群を形成することを示し、本属に対して新科ザイゴスポリウム科を提唱した。本属は従来ミクロドチウム科の姉妹群と考えられていたが、コノセッシア科と近縁であることが示された。タイ産のZ. oscheoidesおよび中国産のZ. minus標本を検討し、それぞれをリファレンス標本に指定した。Zygosporium minus■ / Zygosporium oscheoidesAscomycota/子嚢菌門
R3-04700新種Xerocomellus redeuilhii2016Rivista di Micologia2016年の論文/published in 2016, Rivista di Micologia, UNITE, アサダ属/Ostrya, イタリア/Italy, イタリア語/Italian, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 石灰質土壌/calcareous soil, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentificationXerocomellus redeuilhii sp. nov.南欧においてコナラ属樹下などの石灰質土壌に発生した菌を検討し、Xerocomellus redeuilhiiとして新種記載した。本種は従来、北米産のX. dryophilusと誤同定されていた。本種はX. dryophilusとは傘表皮の末端細胞の形態などが異なっていた。Xerocomellus redeuilhii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-04699ツボカビ目の新種、Rhizidium phycophilum2009Mycologia2009年の論文/published in 2009, Mycologia, オーストラリア/Australia, キチン/chitin, キチン分解菌/chitinolytic fungi, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, 側系統群/paraphyletic group, 共培養/coculture, 冷温帯雨林/cool temperate rainforest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 土壌菌/soil fungi, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 緑藻/green algae, 腐生菌/saprobe, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEM, 釣菌法/baiting method, 鞭毛/flagellum, 鞭毛装置/flagellar apparatusRhizidium phycophilum, a new species in Chytridialesオーストラリア、ニューサウスウェールズ州の冷温帯雨林において採集された菌を検討し、Rhizidium phycophilumとして新種記載した。本種は土壌から花粉を用いて分離されたが、キチン分解性を有するとともに、緑藻と関係を持つとみられた。本種は同属他種とは遊走子嚢のサイズや装飾、遊走子の放出様式などが異なり、分子系統解析で単系統群を形成するとともに独自の超微細構造を有していた。Rhizidium phycophilum★Chytridiomycota/ツボカビ門_Chytridiomycetes/ツボカビ綱_Chytridiales/ツボカビ目
R3-04698ロシア新産種、Heterodermia incana2017Herzogia2017年の論文/published in 2017, Herzogia, アトラノリン類/atranorins, サハリン州/Sakhalin, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 隔離分布/disjunct distribution, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyHeterodermia incana (Physciaceae), a new record for Russiaロシア、サハリンから稀産種のHeterodermia incanaを報告した。本種は従来熱帯から知られており、この記録は最北であるとともに広い隔離分布が示された。HPTLCでは主要な成分としてアトラノリンおよびゼオリンが検出された。Heterodermia incana■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-04697形態データおよび分子系統学的根拠に基づく新熱帯産の新属新種Aegis boa2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, アルゼンチン/Argentina, サルタ州/Salta, ユンガス/yungas, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestAegis boa (Polyporales, Basidiomycota) a new neotropical genus and species based on morphological data and phylogenetic evidencesアルゼンチン北西部の山地で採集された菌を検討し、新属新種Aegis boaとして記載した。本種は担子胞子がソーセージ形であり、1菌糸型で生殖菌糸が幅広く厚壁であることなどで特徴づけられた。本種はAntrodiella aurantilaetaおよびマイタケ属菌とともにGrifolaクレードをなし、その内部で独立の系統を形成した。Aegis boa★
R3-04696養菌性キクイムシの坑道から分離された子嚢菌酵母の2新種、Wickerhamomyces scolytoplatypiおよびCyberlindnera xylebori2013International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2013年の論文/published in 2013, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, GC含量/GC content, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, Scolytoplatypus属, Xyleborus属, Xylosandrus属, キクイムシ科/Scolytidae, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ユビキノン/ubiquinone, 二型性/dimorphism, 京都府/Kyoto, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北海道/Hokkaido, 呈色反応/chemical reaction, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 宮城県/Miyagi, 岩手県/Iwate, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新潟県/Niigata, 新種記載/new species, 日本/Japan, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 養菌性キクイムシ/ambrosia beetle, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyTwo novel ascomycetous yeast species, Wickerhamomyces scolytoplatypi sp. nov. and Cyberlindnera xylebori sp. nov., isolated from ambrosia beetle galleries養菌性キクイムシの坑道から分離されたWickerhamomyces scolytoplatypiおよびCyberlindnera xyleboriの2新種を記載した。前者は岩手県、北海道、新潟県においてショウグンキクイムシの感染を受けたブナなどから分離された。後者は宮城県、京都府においてそれぞれXyleborus属、Xylosandrus属キクイムシの坑道から分離された。Cyberlindnera xylebori★ / Wickerhamomyces scolytoplatypi★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-04695Diaporthe属は側系統群である2017IMA fungus1F=1N, 2017年の論文/published in 2017, IMA fungus, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, オシロイバナ科/Nyctaginaceae, カエデ属/Acer, カタバミ科/Oxalidaceae, カンレンボク属/Camptotheca, キク科/Asteraceae, クスノキ科/Lauraceae, グミ属/Elaeagnus, グミ科/Elaeagnaceae, コミカンソウ属/Phyllanthus, コミカンソウ科/Phyllanthaceae, コーヒーノキ属/Coffea, ゴレンシ属/Averrhoa, サルスベリ属/Lagerstroemia, シロダモ属/Neolitsea, タイプスタディ/type study, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, トキワマンサク属/Loropetalum, トチュウ属/Eucommia, トチュウ科/Eucommiaceae, ヌマミズキ科/Nyssaceae, ハンノキ属/Alnus, ヒマワリ属/Helianthus, フウ属/Liquidambar, フウ科/Altingiaceae, ブーゲンビリア属/Bougainvillea, マンサク科/Hamamelidaceae, ミソハギ科/Lythraceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ラオス/Laos, リニアグロース/linear growth, ロウバイ属/Chimonanthus, ロウバイ科/Calycanthaceae, 中国/China, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新学名提唱/new scientific name, 新種記載/new species, 日本/Japan, 未記載種/undescribed species, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 江西省/Jiangxi, 浙江省/Zhejiang, 潰瘍病/canker, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 移入種/alien species, 種の境界/species delimitation, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 胞子形成誘導/sporulation induction, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex, 雲南省/YunnanDiaporthe is paraphyleticDiaporthe属菌の分類を検討して8新種を記載し、Phomopsis属12種を本属に移した。複数遺伝子に基づく分子系統解析により、本属が側系統群であることを明らかにした。しかし、単系統群の複数属に分割するには時期尚早であり、さらなる標本とデータセットを要するとした。Diaporthe acutispora★ / Diaporthe averrhoae▲ / Diaporthe camptothecae▲ / Diaporthe chimonanthi▲ / Diaporthe elaeagni-glabrae★ / Diaporthe eucommiae▲ / Diaporthe eucommiicola▲ / Diaporthe glabrae▲ / Diaporthe helianthi / Diaporthe incompleta★ / Diaporthe lagerstroemiae▲ / Diaporthe liquidambaris▲ / Diaporthe loropetali▲ / Diaporthe magnoliicola▲◆ / Diaporthe michelina▲ / Diaporthe phyllanthicola▲ / Diaporthe podocarpi-macrophylli★ / Diaporthe undulata★ / Diaporthe velutina★ / Diaporthe xishuangbanica★ / Diaporthe yunnanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科
R3-04694Octaviania asterospermaの近年の生態および分布データ2010Acta Mycologica2010年の論文/published in 2010, Acta Mycologica, アオイ科/Malvaceae, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シナノキ属/Tilia, トウヒ属/Picea, ハシバミ属/Corylus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ポーランド/Poland, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 動物散布/animal dispersal, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布様式/dispersal style, 文献調査/literature survey, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 石灰岩/limestone, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子散布/spore dispersal, 腹菌類/gastromycetes, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌食/mycophagy, 走査型電子顕微鏡/SEMOctaviania asterosperma (hypogeous Basidiomycota) Recent data to ecology and distributionOctaviania asterospermaの中欧における分布に関する新規データを報告した。採集された標本に基づく記載文を掲載し、ポーランドにおける本種の全採集地をマッピングした。また、ポーランドの2ヶ所で採集された標本はSepedonium laevigatumによる寄生を受けていた。Octaviania asterosperma / Sepedonium laevigatumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Octavianiaceae/ホシミノタマタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-04693中国産Atraporiella属1新種の形態学的・分子生物学的同定2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanMorphological and molecular identification of a new species of Atraporiella (Polyporales, Basidiomycota) in China中国雲南省で採集された多孔菌の一種を検討し、Atraporiella yunnanensisとして新種記載した。本種は子実体が背着生で孔口面がクリーム色、傷つくと速やかに暗褐色~黒色、担子胞子が僅かにソーセージ形、1菌糸型でクランプを有することなどで特徴づけられた。本種はITS+nrLSUに基づく分子系統解析でA. neotropicaに近縁であった。Atraporiella yunnanensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱
R3-04692フェオスフェリア科の新種および無性世代/有性世代の対応関係2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イネ科/Poaceae, イラン/Iran, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, クルマバソウ属/Asperula, ゴレスターン州/Golestan, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ヨシ属/Phragmites, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩類土壌/saline soil, 希釈平板法/dilution plate method, 新属提唱/new genus, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 水辺/waterside, 汽水域/brackish waters, 湿地帯/wetland, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanNovel fungal species of Phaeosphaeriaceae with an asexual/sexual morph connection中国雲南省においてイネ科植物に生じた菌を検討し、新属新種Yunnanensis phragmitisとして記載した。また、イラン産の土壌菌の新種、Neosetophoma iranianumを記載した。イタリアからWojnowicia dactylidisの有性世代を初めて報告した。Neosetophoma iranianum★ / Wojnowicia dactylidis / Yunnanensis phragmitis★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-04691ヒマーチャル・プラデーシュ州における不完全糸状菌類の多様性 (1)2016Journal on New Biological Reports2016年の論文/published in 2016, Journal on New Biological Reports, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, インド/India, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ナツメヤシ属/Phoenix, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, マツ科/Pinaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobeHyphomycetes diversity of Himachal Pradesh-Iインド、ヒマーチャル・プラデーシュ州からDendryphiopsis atra、Melanographium citri、Moorella speciosa、Sporoschisma mirabile、およびVirgaria nigraの5種を報告した。そのうち2種を北西ヒマラヤ新産種、1種をヒマーチャル・プラデーシュ州新産種として報告した。各種の記載文、顕微鏡写真などを掲載した。Dendryphiopsis atra■ / Melanographium citri■ / Moorella speciosa■ / Sporoschisma mirabile■ / Virgaria nigra■Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-04690中国産のマクカワタケ科に含まれるKOH陽性多孔菌の新属、新組み合わせGeliporus exilisporus2017Mycoscience2017年の論文/published in 2017, Mycoscience, TreeBASE, コナラ属/Quercus, シイ属/Castanopsis, タイプスタディ/type study, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeGeliporus exilisporus gen. et comb. nov., a xanthochroic polypore in Phanerochaetaceae from ChinaInonotopsis exilisporaに対して新属Geliporusを提唱した。本種は子実体が背着生で、KOHで暗色に呈色し、担子胞子が長楕円形~円筒形、1菌糸型でクランプを欠くことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でマクカワタケ科クレードに含まれ、Hyphodermella属に近縁であった。Geliporus exilisporus▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-04689裸子植物を宿主とするOnnia属菌の地球規模多様性および系統分類2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, Mycologia, TreeBASE, チベット自治区/Tibet, トウヒ属/Picea, ニュージャージー州/New Jersey, バージニア州/Virginia, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミシガン州/Michigan, メリーランド州/Maryland, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 地理的分布/geographical distribution, 安徽省/Anhui, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 浙江省/Zhejiang, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USAGlobal diversity and phylogeny of Onnia (Hymenochaetaceae) species on gymnosperms裸子植物を宿主とするOnnia属菌を検討し、O. subtriquetra、O. microspora、およびO. tibeticaの3新種を記載した。これらはそれぞれ米国、中国、中国において見出され、いずれもマツ属植物を宿主としていた。裸子植物を宿主とする本属菌の検索表を掲載した。Onnia microspora★ / Onnia subtriquetra★ / Onnia tibetica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-04688エジプト新産種、Lecanicillium aphanocladii2017Journal of Bacteriology & Mycology: Open Access2017年の論文/published in 2017, Journal of Bacteriology & Mycology: Open Access, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エジプト/Egypt, エジプト新産種/Egypt_new record, コンタミ/contamination, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 虫散布/dispersal by insectsNew Record of Lecanicillium aphanocladii Family: Cordycipitaceae from Egyptエジプト新産種としてLecanicillium aphanocladiiを報告した。本種は保存されたPDA培地のコンタミ菌として見出され、ダニなどによって運ばれたと考えられた。顕微鏡的形質および培養性状を基に同定し、nrLSUの配列決定によってその結果を確かめた。Lecanicillium aphanocladii■Ascomycota/子嚢菌門
R3-04687タスマニア産の高山性地衣の顕著な新属、Cameronia属2012The Lichenologist2012年の論文/published in 2012, The Lichenologist, オーストラリア/Australia, ジベンゾフラン類/dibenzofurans, タスマニア州/Tasmania, デプシド類/depsides, パンナリン類/pannarins, ヒースランド/heathland, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 未記載種/undescribed species, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 高山帯/alpine region, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyCameronia (lichenized Ascomycetes), a remarkable new alpine genus from Tasmaniaオーストラリア、タスマニアの高山帯に産した地衣類を検討し、新属Cameroniaを提唱した。本属は地衣体が痂状で被子器が深く埋生し、子嚢が4胞子性で子嚢胞子が無色石垣状であることなどで特徴づけられた。本属にタスマニア高地固有種のC. pertusarioidesおよびC. tectaの2新種を含めた。Cameronia pertusarioides★ / Cameronia tecta★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱
R3-04686サブサハラアフリカ産Fomitiporia属:形態および複数遺伝子に基づく系統解析によりギニア-コンゴ熱帯雨林産の3新種が支持された2010Mycologia2010年の論文/published in 2010, Gilbertiodendron属, Mycologia, Ocotea属, TreeBASE, エスチュエール州/Estuaire, オゴウェ・イヴィンド州/Ogooué-ivindo, ガボン/Gabon, クスノキ科/Lauraceae, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物地理学/biogeography, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 菌食/mycophagy, 隔離分布/disjunct distributionFomitiporia in sub-Saharan Africa: morphology and multigene phylogenetic analysis support three new species from the Guineo-Congolian rainforestガボンからFomitiporia nobilissima、F. gabonensis、およびF. ivindoensisの3新種を記載した。これらの新種は子実体が傘状で担子胞子が小型、剛毛を欠くことなどで特徴づけられ、傘の形態や孔口面の色などが互いに異なり、それぞれ分子系統解析で独自の系統を形成した。サブサハラアフリカ産の本属菌6種の検索表を掲載し、新組み合わせF. apiahynaを提唱した。Fomitiporia apiahyna▲ / Fomitiporia gabonensis★ / Fomitiporia ivindoensis★ / Fomitiporia nobilissima★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-04685オーストラリア産ニセザクロゴケ属地衣のさらなる追加2016Muelleria2016年の論文/published in 2016, Dacrydium属, Muelleria, アントラキノン類/anthraquinones, オーストラリア/Australia, シキミモドキ属/Tasmannia, シキミモドキ科/Winteraceae, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, タスマニア州/Tasmania, ビクトリア州/Victoria, マキ科/Podocarpaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 色素産生/pigment production, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine regionFurther additions to the lichen genus Ramboldia (Lecanoraceae) from Australiaオーストラリア、ビクトリア州からRamboldia atromarginataを、タスマニア州からR. greenianaをそれぞれ新種記載した。前者は樹皮生で子器縁部が帯黒褐色であることで、後者は岩上生で地衣体が裂芽状であることなどでそれぞれ特徴づけられた。また、Lecidea subsericeaがRamboldia stuartiiのシノニムであることを示した。Ramboldia atromarginata★ / Ramboldia greeniana★ / Ramboldia stuartiiAscomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-04684ブラジル、パラナ州西部産のヒメムキタケ属菌2017Acta Biológica Paranaense2017年の論文/published in 2017, Acta Biológica Paranaense, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 種内変異/intraspecific variationHohenbuehelia (Pleurotaceae) in western Paraná, Brazilブラジル、パラナ州西部の大西洋岸森林から5種のヒメムキタケ属菌を報告した。そのうちHohenbuehelia mastrucataをパラナ州新産種として報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Hohenbuehelia angustata / Hohenbuehelia bullulifera / Hohenbuehelia mastrucata■ / Hohenbuehelia paraguayensis / Hohenbuehelia portegnaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pleurotaceae/ヒラタケ科
R3-04683形態および分子の証拠により支持されたタイ産の新種のトリュフ、Tuber lannaense2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, TreeBASE, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 新種記載/new species, 森林/forest, 独立種/independent species, 白トリュフ/white truffle, 砂質ローム土壌/sandy loam soil, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMMorphological and molecular evidence support a new truffle, Tuber lannaense, from Thailandタイ、チェンマイ県で採集された地下生菌の一種を検討し、Tuber lannaenseとして新種記載した。本種はカバノキ属およびクマシデ属樹木を宿主とし、子嚢果が黄褐色~褐色でグレバが暗褐色、子嚢胞子が狭楕円形~楕円形で刺状の網目を有することなどで特徴づけられた。また、従来シノニムとされていたT. furfuraceumとT. huidongenseが別種であることを示した。Tuber lannaense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-04682Thaxterの収集品に隠されていたお宝:アフリカのゾウムシ科昆虫に寄生する新種Laboulbenia camerunensis2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, カメルーン/Cameroon, シギゾウムシ属/Curculio, ゾウムシ科/Curculionidae, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 菌類学者/mycologistLong-hidden in Thaxter’s treasure trove: Laboulbenia camerunensis sp. nov. parasitic on African CurculionidaeThaxterの永久プレパラートコレクションにおいて、カメルーン産のシギゾウムシ属甲虫に寄生していたラブルベニア菌の一種を見出し、Laboulbenia camerunensisとして新種記載した。本種はゾウムシ科を宿主とする7番目の種であり、アフリカの報告は初であった。本種は基部に2隔壁を有し、最も外側の枝が暗色である特徴的な外部付属糸を有し、これにより同属他種と区別された。Laboulbenia camerunensis★Ascomycota/子嚢菌門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-04681多肉植物に生じたヌカホコリ属変形菌の1新種2017Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2017年の論文/published in 2017, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, Opuntia属, アンダルシア州/Andalusia, エストレマドゥーラ州/Extremadura, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, カナリア諸島/Canary Islands, サボテン科/Cactaceae, スペイン/Spain, バハ・カリフォルニア州/Baja California, マカロネシア/Macaronesia, メキシコ/Mexico, リター菌/litter fungi, 乾燥地域/dry area, 変形菌類/slime mold, 新種記載/new species, 植林地/plantation, 走査型電子顕微鏡/SEMA new species of Hemitrichia in succulent plantsスペインおよびメキシコにおいてOpuntia属植物に生じた変形菌の一種を検討し、Hemitrichia succulenticolaとして新種記載した。本種は子実体が橙褐色球形、細毛体が管状の糸からなり、胞子が大型疣状であることなどで特徴づけられた。本種は細毛体に塊茎状の膨大部を有し、この特徴からH. minorと混同されてきた。Hemitrichia succulenticola★Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Trichiales/ケホコリ目_Trichiaceae/ケホコリ科
R3-04680イタリア、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州産の新種、Coprinopsis aesontiensis2016Micologia e vegetazione mediterranea2016年の論文/published in 2016, Micologia e vegetazione mediterranea, イタリア/Italy, フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州/Friuli-Venezia Giulia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore printCoprinopsis aesontiensis, a new species found in Friuli Venezia Giulia, Italyイタリア、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州において埋もれ木から発生した菌を検討し、Coprinopsis aesontiensisとして新種記載した。本種は子実体が比較的しっかりとしており液化せず、傘が淡灰色で、側シスチジアを欠くことなどで特徴づけられた。本種はITS+nrLSUに基づく分子系統解析で液化せず、被膜が発達し、側シスチジアを欠くか稀であることなどで特徴づけられるcanocepsサブクレードに含まれた。Coprinopsis aesontiensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-04679ブラジル産Neopestalotiopsis属葉面菌の1新種2016Agrotrópica1F=1N, 2016年の論文/published in 2016, Agrotrópica, Vismia属, オトギリソウ科/Hypericaceae, バイオマス測定/biomass measurement, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生長速度/growth rate, 葉面菌/leaf surface fungiA New Epifoliar Species of Neopestalotiopsis from Brazilブラジル、ペルナンブーコ州の大西洋岸森林においてVismia guianensisの葉に生じた菌を検討し、Neopestalotiopsis本種は同属他種とは子嚢胞子の形態などが異なり、ITSおよびEF1-αに基づく分子系統解析でも独自の系統を形成した。有性世代を有するNeopestalotiopsis属およびPestalotiopsis属の検索表を掲載した。Neopestalotiopsis pernambucana★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱
R3-04678パキスタン産の新種Russula brunneopurpureaおよびその外生菌根2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, ヒマラヤスギ属/Cedrus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 酸性土壌/acidic soil, 降水量/precipitationRussula brunneopurpurea sp. nov. and its ectomycorrhiza from Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州においてヒマラヤスギの樹下に発生した菌を検討し、Russula brunneopurpureaとして新種記載した。本種は傘が紫色~帯褐紫色で襞が類白色~帯黄色、担子胞子が類球形で顕著な疣を有し、子実層シスチジアが紡錘形、微突形、嘴形であることなどで特徴づけられた。土壌コアから得られた外生菌根の形態を検討するとともに、外生菌根由来の塩基配列が本新種の子実体由来のものと一致することを確かめた。Russula brunneopurpurea★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-04677アルゼンチンへのRelicina subabstrusaの分布域拡大およびその熱帯域における分布パターン2017Check List2017年の論文/published in 2017, Check List, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, フォルモーサ州/Formosa, ベンゾフラン類/benzofurans, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 生物地理学/biogeography, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyRange extension of Relicina subabstrusa (Parmeliaceae, lichenized Ascomycota) in Argentina and its distribution pattern in the Neotropicsアルゼンチン、フォルモーサ州からRelicina subabstrusaをアルゼンチン新産種として報告した。本種の新熱帯における分布マップを作成した。また、新熱帯産キフトネゴケ属地衣の検索表を改訂した。Relicina subabstrusa■Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-04676コスタリカ産の新種のヒステリウム科菌類2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Chusquea属, Mycologia, イネ科/Poaceae, グアナカステ州/Guanacaste, コスタリカ/Costa Rica, サンホセ州/San Jose, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 胞子の発芽/germination of sporesSome new hysteriaceous Fungi from Costa RicaコスタリカからGloniella gracilis、Graphyllium panduratum、Hysterium asymmetricum、およびHysterographium pulchrumの4新種を記載した。4種はいずれも材生息菌で、3種はグアナカステ州、1種はサンホセ州において見出された。各新種は近縁種とは子嚢胞子のサイズや隔壁数などが異なっていた。Gloniella gracilis★ / Graphyllium panduratum★ / Hysterium asymmetricum★ / Hysterographium pulchrum★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科
R3-04675中国南西部産のUlocladium属2新種2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Mycologia, アカザ属/Chenopodium, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラナ属/Brassica, アブラナ科/Cruciferae, タイプスタディ/type study, ヒユ科/Amaranthaceae, 中国/China, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 畑地/farmland, 貴州省/Guizhou, 雲南省/YunnanTwo new species of Ulocladium from Southwest China中国からUlocladium subcucurbitaeおよびU. brassicaeの2新種を記載した。前者は貴州省においてウラジロアカザの葉から分離され、長楕円形の分生子を形成することなどで特徴づけられた。後者は雲南省においてBrassica pekinensisの葉から分離され、培養7日で主に狭卵状、倒棍棒形で僅かに屈曲する分生子を形成することなどで特徴づけられた。Ulocladium brassicae★ / Ulocladium subcucurbitae★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-04674ポーランドにおいて鹿の角から分離されたAmauroascus kuehniiおよびその他の菌類2016Polish Botanical Journal2016年の論文/published in 2016, Polish Botanical Journal, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, ケラチン分解菌/keratinolytic fungi, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Małopolska, 中欧新産種/Central Europe_new record, 地理的分布/geographical distribution, 培地pH測定/medium pH measurement, 培養性状/colony characteristics, 好ケラチン菌/kerationophillic fungus, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 稀産種/rare species, 走査型電子顕微鏡/SEMAmauroascus kuehnii and other fungi isolated from a deer horn in Polandポーランドにおいて鹿の角から分離された好ケラチン菌4種を報告した。唯一のケラチン分解菌であったAmauroascus kuehniiは、スペインに続きヨーロッパから2番目の生息地の報告となった。また、本種の基質として鹿の角を初めて報告した。Amauroascus kuehnii■ / Isaria fumosorosea / Mortierella elongata / Penicillium spinulosumEurotiomycetes/ユーロチウム綱_Onygenales/ホネタケ目_Onygenaceae/ホネタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科_Mortierellales/クサレケカビ目_Mortierellaceae/クサレケカビ科_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04673中国南部産のヒダナシタケ類2新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeTwo new species of aphyllophoroid fungi (Basidiomycota) from southern China中国、広西チワン族自治区からPerenniporia nonggangensisおよびAporpium obtusisporumの2新種を記載した。前者は子実体が背着生~半背着生、孔口面がクリーム色~帯灰クリーム色、担子胞子が類球形~広楕円形であることなどで特徴づけられた。後者は子実層托が孔口状~襞状で担子胞子が卵状楕円形、ハイファルペグを傘表面と管孔の両方に豊富に有することなどで特徴づけられた。Aporpium obtusisporum★ / Perenniporia nonggangensis★Basidiomycota/担子菌門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Aporpiaceae/アポルピウム科_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04672Ocotea porphyriaからのアカコブタケ属菌の初記録2017Lilloa2017年の論文/published in 2017, Lilloa, Ocotea属, アルゼンチン/Argentina, クスノキ科/Lauraceae, サルタ州/Salta, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 色素産生/pigment productionPrimeras citas del género Hypoxylon (Ascomycota, Hypoxylaceae) sobre Ocotea porphyria (Lauraceae)Ocotea porphyriaを宿主とするアカコブタケ属菌の多様性を調査した。アルゼンチンからHypoxylon cf. undulatumを初めて報告した。また、H. flavoargillaceumおよびH. lenormandiiの宿主としてクスノキ科植物を初めて記録した。Hypoxylon flavoargillaceum / Hypoxylon lenormandiiAscomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目
R3-04671イラク北東部、スレイマニヤ県新産の7種の大型子嚢菌類2016Journal of Biology Agriculture and Healthcare2016年の論文/published in 2016, Journal of Biology Agriculture and Healthcare, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, スレイマニヤ県/Sulaymaniyah, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食毒不明/edibility unknownSeven new records of ascomycetous macrofungi from Suliamaniya province (Northeast of Iraq)イラク北東部、スレイマニヤ県の森林から7種の子嚢菌をイラク新産種として報告した。Helvella acetabulumなどノボリリュウ属5種、アミガサタケ属1種、およびTarzetta属1種を報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Helvella acetabulum■ / Helvella compressa■ / Helvella costifera■ / Helvella crispa■ / Helvella lacunosa■ / Morchella esculenta■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科_Morchellaceae/アミガサタケ科
R3-04670中国産アカコブタケ属菌 (2):新種H. dengiiおよび中国新産種H. crocopeplum2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 色素産生/pigment production, 雲南省/YunnanHypoxylon from China – 2: H. dengii sp. nov. and H. crocopeplum new to China中国の広東省および雲南省において樹皮に発生した菌を検討し、Hypoxylon dengiiとして新種記載した。本種は子嚢胞子の発芽溝が直線状で、稀にペリスポアが裂開することなどで特徴づけられた。また、中国新産種としてH. crocopeplumを報告した。Hypoxylon crocopeplum■ / Hypoxylon dengii★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目
R3-04669Thysanorea papuanaの形態学的・生物地理学的改訂2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アーティファクト/artifact, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 桃園市/Taoyuan, 標本入手不可/specimen not available, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 生物地理学/biogeography, 種内変異/intraspecific variation, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超微細構造/ultrastructure, 配列決定/sequencing, 高雄市/KaohsiungRevision of the morphology and biogeography of Thysanorea papuana台湾産標本を基に、Thysanorea papuanaの形態および地理的分布を再検討した。また、本種を台湾新産種として報告した。Ramichloridium lignicolaを本種のシノニムとし、Alysidiopsis lignicolaがシノニムである可能性を指摘した。Thysanorea papuana■Ascomycota/子嚢菌門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-04668新種Endophragmiella bogoriensis Rifai2008Reinwardtia2008年の論文/published in 2008, Reinwardtia, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インドネシア/Indonesia, ヤエヤマアオキ属/Morinda, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 西ジャワ州/West JavaEndophragmiella bogoriensis Rifai, spec. nov. (Hyphomycetes)インドネシアのボゴールで採集されたアナモルフ菌の一種を検討し、Endophragmiella bogoriensisとして新種記載した。本種はヤエヤマアオキの枯れた小枝に発生していた。本種は分生子が褐色の楕円形~広長楕円形で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。Endophragmiella bogoriensis★Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科
R3-04667オーストラリア産コガネゴケ属地衣2007The Lichenologist2007年の論文/published in 2007, Atherosperma属, Athrotaxis属, Banksia属, Callitris属, Hakea属, Olearia属, Pomaderris属, The Lichenologist, アカシア属/Acacia, アテロスペルマ科/Atherospermataceae, アトラノリン類/atranorins, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, カバノキ科/Betulaceae, カンタベリー地方/Canterbury, キク科/Asteraceae, キサントン類/xanthones, ギズボーン地方/Gisborne, ギョリュウバイ属/Leptospermum, クイーンズランド州/Queensland, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, コナラ属/Quercus, コバノブラシノキ属/Melaleuca, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, タスマニア州/Tasmania, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ニュージーランド/New Zealand, ニュージーランド新産種/New Zealand_new record, ネパール/Nepal, ノーザンテリトリー/Northern Territory, ノーフォーク島/Norfolk Island, ハンノキ属/Alnus, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ピナストル酸類/pinastric acids, フェニル酢酸類/phenylacetic acids, フトモモ科/Myrtaceae, フラン類/furans, ブナ科/Fagaceae, ブルピン酸類/vulpinic acids, ヘゴ属/Cyathea, ヘゴ科/Cyatheaceae, マキ属/Podocarpus, マキ科/Podocarpaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ヤマモガシ科/Proteaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, ラテライト/laterite, リケキサントン類/lichexanthones, 不完全地衣/anamorphic lichen, 中部開発区域/Central Development Region (Nepal), 二次代謝産物/secondary metabolite, 冷温帯雨林/cool temperate rainforest, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 温帯雨林/temperate rainforest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 西オーストラリア州/Western Australia, 隠蔽種/cryptic species, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyThe genus Chrysothrix in AustraliaオーストラリアからChrysothrix occidentalis、C. palaeophila、およびC. tchupalensisの3新種を記載した。また、新組み合わせC. sulphurellaを提唱し、C. granulosaをオーストラリアおよびニュージーランド新産種として報告した。オーストラリア産コガネゴケ属地衣の検索表を掲載した。Chrysothrix candelaris / Chrysothrix chlorina / Chrysothrix flavovirens / Chrysothrix granulosa■ / Chrysothrix occidentalis★ / Chrysothrix palaeophila★ / Chrysothrix pavonii / Chrysothrix sulphurella▲ / Chrysothrix tchupalensis★ / Chrysothrix xanthinaAscomycota/子嚢菌門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Chrysothricaceae/コガネゴケ科
R3-04666メキシコ、オアハカ州、ラグナス・チャカウア国立公園の熱帯乾燥林に産した子嚢菌類2014Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2014年の論文/published in 2014, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, オアハカ州/Oaxaca, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 色素産生/pigment production, 菌類相調査/mycofloristic surveyAscomicetos del bosque tropical caducifolio en el Parque nacional Lagunas de Chacahua, Oaxaca, Méxicoメキシコ、ラグナス・チャカウア国立公園において25種の子嚢菌類を記録した。そのうちBionectria byssicolaなど6種をメキシコ新産種として記録した。また、15種をオアハカ州新産種として報告した。Annulohypoxylon multiforme■ / Annulohypoxylon nitens■ / Bionectria byssicola■ / Biscogniauxia capnodes■ / Camillea coroniformis■ / Camillea cyclisca■ / Cookeina tricholoma / Cosmospora vilior■ / Daldinia caldariorum■ / Daldinia eschscholtzii / Entonaema pallidum■ / Fracchiaea heterogenea■ / Hypocreopsis macrostoma■ / Hypoxylon haematostroma / Hypoxylon lenormandii■ / Nemania serpens■ / Peroneutypa scoparia■ / Phillipsia domingensis / Phylacia poculiformis■ / Phylacia sagraeana■ / Rhytidhysteron rufulum■ / Thelonectria jungneri■ / Xylaria cubensis■ / Xylaria poitei■ / Xylaria scruposa■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Graphostromataceae/グラフォストロマ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Nitschkiaceae/ニチュキア科_Hypocreaceae/ニクザキン科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Diatrypaceae/シトネタケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科
R3-04665ブラジルの大西洋岸森林に産したスッポンタケ類の新種、Phallus fluminensis2017Studies in Fungi2017年の論文/published in 2017, Studies in Fungi, イネ科/Poaceae, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ブラジル/Brazil, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetesPhallus fluminensis (Phallaceae, Basidiomycota), a new species of stinkhorn from the Brazilian Atlantic rainforestブラジル、リオデジャネイロ市で採集されたスッポンタケ類の一種を検討し、Phallus fluminensisとして新種記載した。本種は托が生長段階によらず類球形、偽柄が白色、つぼが帯赤褐色、根状菌糸束が帯赤褐色で太いことなどで特徴づけられた。ブラジル産スッポンタケ属菌の検索表を掲載した。Phallus fluminensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-04664Glutinoglossum属、特にGlutinoglossum glutinosum種複合体の理解に向けて2018Persoonia2018年の論文/published in 2018, Persoonia, TreeBASE, イギリス/United kingdom, イチイ属/Taxus, イチイ科/Taxaceae, イネ科/Poaceae, エピタイプ指定/epitype designation, カバノキ科/Betulaceae, カラチャイ・チェルケス自治州/Karachay-Cherkess, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, キク科/Asteraceae, クラスノヤルスク地方/Krasnoyarsk, コケ上に生える菌/fungi on moss, サンザシ属/Crataegus, ザクセン州/Sachsen, シベリア/Siberia, ジリナ県/Žilina, スロバキア/Slovakia, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, トレンチーン県/Trenčín, ドイツ/Germany, ノガリヤス属/Calamagrostis, ノヴゴロド州/Novgorod, ハシバミ属/Corylus, ハバロフスク地方/Khabarovsk, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, バンスカー・ビストリツァ県/Banská Bystrica, フィンランド/Finland, フランス/France, ブラチスラヴァ県/Bratislava, プスコフ州/Pskov, ベトナム/Vietnam, ヤナギタンポポ属/Hieracium, ユダヤ自治州/Jewish Autonomous, ラッピ県/Lappi, ラムドン省/Lâm Đồng, リベレツ州/Liberec, レクトタイプ指定/lectotype designation, レニングラード州/Leningrad, ロシア/Russia, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 沿岸域/coastal area, 沿海地方/Primorye, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 疑問種/doubtful species, 石灰岩/limestone, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 草地/grassland, 複合種/species complexTowards an understanding of the genus Glutinoglossum with emphasis on the Glutinoglossum glutinosum species complex (Geoglossaceae, Ascomycota)Glutinoglossum属菌の分子系統解析を実施し、G. circinatumなど7新種を記載した。G. glutinosum var. lubricumのレクトタイプ標本、G. glabrum var. majusのエピタイプ標本をそれぞれ指定した。G. heptaseptatumの子嚢胞子が子嚢内部で分生子を形成し発芽することを見出した。Glutinoglossum circinatum★ / Glutinoglossum glutinosum / Glutinoglossum heptaseptatum / Glutinoglossum lumbricale★ / Glutinoglossum orientale★ / Glutinoglossum peregrinans★ / Glutinoglossum proliferatum★ / Glutinoglossum pseudoglutinosum★ / Glutinoglossum triseptatum★Ascomycota/子嚢菌門_Geoglossomycetes/テングノメシガイ綱_Geoglossales/テングノメシガイ目_Geoglossaceae/テングノメシガイ科
R3-04663ユーラシアおよび北米産のウスニン酸を含む不稔の新種、Lecanora stanislai2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, アウスト・アグデル県/Aust-Agder, アオイ科/Malvaceae, アディゲ共和国/Adygea, アラスカ州/Alaska, アーカンソー州/Arkansas, イソノキ属/Frangula, ウクライナ/Ukraine, ウスニン酸類/usnic acids, カエデ属/Acer, カナダ/Canada, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カリフォルニア州/California, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, クマシデ属/Carpinus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, コナラ属/Quercus, ザカルパッチャ州/Zakarpattia, シナノキ属/Tilia, ゼオリン類/zeorins, タイプスタディ/type study, チェコ/Czech, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, トリテルペン類/triterpenes, ナナカマド属/Sorbus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ノルウェー/Norway, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブスケルー県/Buskerud, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, ベンゾフラン類/benzofurans, ポドラシェ県/Podlaskie, ポモージェ県/Pomorskie, ポーランド/Poland, マツ属/Pinus, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, モラヴィア・スレスコ州/Moravian-Silesian, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, ワシントン州/Washington, ヴァルミア=マズールィ県/Warmian-Masurian, 不完全地衣/anamorphic lichen, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 米国/USA, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyLecanora stanislai, a new, sterile, usnic acid containing lichen species from Eurasia and North Americaヨーロッパおよび北米で採集された樹皮生痂状地衣の一種を検討し、Lecanora stainislaiとして新種記載した。本種は地衣体がごく薄く、粉芽がいくぶん連続的な層をなし、地衣成分としてウスニン酸を含むことなどで特徴づけられた。また、本種に類似するL. expallensの系統的位置を初めて明らかにした。Lecanora stanislai★Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目
R3-04662ピレネー山脈産好雪性変形菌類:分類および種多様性について その1:モジホコリ目およびケホコリ目2008Nova Hedwigia2008年の論文/published in 2008, Nova Hedwigia, アラゴン州/Aragon, アンドラ/Andorra, アンドラ新産種/Andorra_new record, エネルギー分散型X線分析/energy dispersive X-ray analysis, カタルーニャ州/Catalonia, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, キイチゴ属/Rubus, スノキ属/Vaccinium, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ニワトコ属/Sambucus, ハシバミ属/Corylus, バラ科/Rosaceae, ピレネー山脈/Pyrenees, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, リター菌/litter fungi, レンプクソウ科/Adoxaceae, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 好雪性変形菌/nivicolous myxomycetes, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌体の化学組成/chemical composition, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超微細構造/ultrastructure, 隔離分布/disjunct distribution, 高山帯/alpine regionNivicolous myxomycetes from the Pyrenees: notes on taxonomy and species diversity. Part 1. Physarales and Trichialesピレネー山脈において好雪性変形菌の調査を実施し、モジホコリ目およびケホコリ目の20分類群を同定した。そのうち8分類群をピレネー山脈新産種、2分類群をスペイン新産種、2分類群をアンドラ新産種としてそれぞれ報告した。Diderma peyerimhoffiiの子嚢壁の構造をX線解析したほか、2属の代表種について子嚢壁の化学組成を比較検討した。Dianema corticatum / Diderma alpinum / Diderma fallax / Diderma globosum■ / Diderma niveum / Diderma peyerimhoffii / Didymium dubium / Didymium nivicolum■ / Lepidoderma aggregatum■ / Lepidoderma carestianum■ / Lepidoderma chailletii / Physarum albescens■ / Physarum alpestre■ / Physarum vernum / Prototrichia metallica / Trichia alpina / Trichia contorta / Trichia favoginea / Trichia lutescens■ / Trichia sordida■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Trichiales/ケホコリ目_Dianemataceae/イトホコリ科_Physarales/モジホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科_Physaraceae/モジホコリ科_Trichiaceae/ケホコリ科
R3-04661ブラジル産のBertiella属1新種および認められている種の検索表2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, セアラー州/Ceará, ブラジル/Brazil, 半乾燥地域/semi-arid area, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveyA new species of Bertiella (Melanommataceae) from Brazil and a key to accepted speciesブラジルの半乾燥地域において枯枝に発生した菌を検討し、Bertiella gelatinosaとして新種記載した。本種は本属菌としては唯一、子嚢胞子がゼラチン質の鞘に包まれることなどで特徴づけられた。Bertiella属全種の形質比較表および検索表を掲載した。Bertiella gelatinosa★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Massarinaceae/マッサリナ科
R3-04660アメリカニンジンに”rusted root”病を引き起こした新種のアナモルフ菌、Rhexocercosporidium panacis2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, pH適性/pH aptitude, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウコギ科/Araliaceae, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, トチバニンジン属/Panax, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 統計解析/statistical analysis, 表面殺菌法/surface sterilization methodRhexocercosporidium panacis sp. nov., a new anamorphic species causing rusted root of ginseng (Panax quinquefolius)カナダにおいて”rusted root”の症状を示したアメリカニンジンの根から分離された菌を検討し、Rhexocercosporidium panacisとして新種記載した。本種はニンジンの病原菌であるR. carotaeと分生子の離脱様式が同一であった。一方、両種は宿主のほか、分生子の形態などが異なり、分子系統解析でも異なる系統を形成した。Rhexocercosporidium panacis★Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱
R3-04659アフリカ産のSyncesia属地衣2新種2010The Lichenologist2010年の論文/published in 2010, Erica属, The Lichenologist, アモロニ・マニア地域圏/Amoroni Mania, スミレモ属/Trentepohlia, セトラル酸類/cetraric acids, タイプスタディ/type study, ツツジ科/Ericaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, マダガスカル/Madagascar, ルワンダ/Rwanda, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 南部州(ルワンダ)/Province du Sud (Rwanda), 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 脂肪酸/fatty acid, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyTwo new species of Syncesia (Arthoniales, Roccellaceae) from AfricaルワンダからSyncesia afromontana、マダガスカルからS. madagascariensisをそれぞれ新種記載した。前者は地衣体が綿毛状で子嚢胞子に7隔壁を有し、地衣体にプロトセトラル酸を含み、ごく稀な固有種とみられた。後者は地衣体が痂状で子嚢胞子に5隔壁を有することなどで特徴づけられた。Syncesia afromontana★ / Syncesia madagascariensis★Ascomycota/子嚢菌門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科
R3-04658カリフォルニア州北部においてベイローレルに立ち枯れ病および胴枯病を引き起こすボトリオスフェリア科菌類、および新種Dothiorella californicaの記載2017Fungal Biology2017年の論文/published in 2017, Fungal Biology, TreeBASE, Umbellularia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, カリフォルニア州/California, クスノキ科/Lauraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 水辺/waterside, 河川/river, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization methodBotryosphaeriaceae species associated with dieback and canker disease of bay laurel in northern California with the description of Dothiorella californica sp. nov.カリフォルニア州北部において立ち枯れ病および胴枯病の症状を示したベイローレルを調査し、Botryosphaeria dothidea、Neofusicoccum nonquaesitum、および新種Dothiorella californicaを分離した。これらの菌のベイローレルに対する病原性を調査したところ、本新種は弱い病原菌あるいはエンドファイトと考えられた。本新種は北米においてベイローレルに発生した初のDothiorella属菌として報告された。Dothiorella californica★Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-04657潜在的分布範囲の南限におけるMarasmius epidryas:西バルカン山脈における個体群の発見2010Sydowia2010年の論文/published in 2010, Sydowia, チョウノスケソウ属/Dryas, ツンドラ/tundra, バラ科/Rosaceae, マケドニア/Macedonia, マケドニア新産種/Macedonia_new record, モンテネグロ/Montenegro, モンテネグロ新産種/Montenegro_new record, リター菌/litter fungi, 亜高山帯/subalpine zone, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 生物地理学/biogeography, 石灰質土壌/calcareous soil, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland, 隔離分布/disjunct distribution, 高山帯/alpine regionMarasmius epidryas at the southern edge of its potential distribution range: discovery of populations in the western Balkan mountainsバルカン半島西部においてMarasmius epidryasの分布南限とみられる生息地を見出した。本報告は本種のバルカン半島西部の山脈からの初報告であり、マケドニアおよびモンテネグロからの初報告ともなった。本種の分布マップとともに記載文、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Marasmius epidryas■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-04656ブラジルで見出されたコウジカビ属Nigri節の新種、Aspergillus labruscus2017Scientific Reports2017年の論文/published in 2017, Scientific Reports, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルカロイド/alkaloid, カゼイナーゼ/caseinase, カゼイン/casein, キサントン類/xanthones, セカロン酸類/secalonic acids, タンナーゼ/tannase, タンニン/tannin, トランセクト調査/transect survey, ネオキサリン類/neoxalines, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 加水分解試験/hydrolysis test, 加水分解酵素/hydrolase, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 宿主選好性/host selectivity, 感染率/infection rate, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 気温/temperature, 湿度/humidity, 発生頻度/frequency of occurrence, 細胞外酵素/extracellular enzyme, 菌核/sclerotium, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超高速液体クロマトグラフィー/ultra high performance liquid chromatography, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 降水量/precipitation, 食品汚染/Food contamination, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyAspergillus labruscus sp. nov., a new species of Aspergillus section Nigri discovered in Brazilブラジルにおいてブドウジュース原料のVitis labrusca果実表面に発生した菌を検討し、Aspergillus labruscusとして新種記載した。本種は菌糸体が黄色で鮭肉色~桃色の菌核および粗面の分生子を豊富に形成し、セカロン酸Dおよびネオキサリンを産生した。本種はオクラトキシン類やフモニシン類などのマイコトキシンを産生しなかった。Aspergillus labruscus★Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-04655インド、西ガーツ産の新種、Manoharachariella indica2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of sporesManoharachariella indica sp. nov. from the Western Ghats, Indiaインド、マハーラーシュトラ州において枯枝に生じた菌を検討し、Manoharachariella indicaとして新種記載した。本種は分生子が樽形、倒洋梨形、楕円形などで網状隔壁を有し、PDAおよびMEA培地での成長が非常に遅いことなどで特徴づけられた。本種は唯一の同属他種とは分生子柄の長さおよび隔壁数と分生子のサイズなどが異なっていた。Manoharachariella indica★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Diademaceae/ディアデマ科
R3-04654Arthrographis属の系統分類学的定義2014Persoonia2014年の論文/published in 2014, Persoonia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, カタルーニャ州/Catalonia, コロラド州/Colorado, シンアナモルフ/synanamorph, スペイン/Spain, テキサス州/Texas, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, フロリダ州/Florida, ユタ州/Utah, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 尿検体/urine specimen, 底泥/sediment, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新学名提唱/new scientific name, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 水辺/waterside, 河川/river, 海生菌/marine fungi, 消失性子嚢/evanescent asci, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 臨床検体/clinical specimens, 酵母/yeast, 隠蔽種/cryptic speciesPhylogenetic circumscription of Arthrographis (Eremomycetaceae, Dothideomycetes)Arthrographis属およびArthropsis属の全種を対象に分子系統解析を実施し、いずれも多系統群であることを明らかにした。Arthrographis chlamydospora、A. curvata、A. globosa、およびA. longisporaの4新種を記載した。また、従来テレオモルフ-アナモルフ関係にあるとされていたEremomyces langeroniiとA. kalraeが同種ではないことを示した。Arthrographis arxii◆ / Arthrographis chlamydospora★ / Arthrographis curvata★ / Arthrographis globosa★ / Arthrographis longispora★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Eremomycetaceae/エレモマイセス科
R3-04653ヨーロッパ新産の東アジア産多孔菌の一種、Favolus gracilisporus2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, エノキ属/Celtis, コマーロム・エステルゴム県/Komárom-Esztergom, ニレ科/Ulmaceae, ハンガリー/Hungary, ハンガリー新産種/Hungary_new record, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 中欧新産種/Central Europe_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungusFavolus gracilisporus (Polyporaceae, Basidiomycota), an East Asian polypore species new to the European mycobiotaハンガリーにおいて採集されたFavolus gracilisporusをヨーロッパ新産種として報告した。本種はコマーロム・エステルゴム県において植樹されたエノキ属樹木の幹に発生していた。ITS領域に基づく分子系統解析でも本種の同定が確かめられた。Favolus gracilisporus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-04652複雑な胞子壁を有する新種の菌、Acaulospora endographis2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, Wet-sieving法/wet sieving method, アクレ州/Acre, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, トラップカルチャー/trap culture, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 共培養/coculture, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 土壌菌/soil fungi, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 撹乱地/disturbed place, 新種記載/new species, 森林/forest, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 酸性土壌/acidic soil, 降水量/precipitationAcaulospora endographis (Glomeromycetes), a new fungus with a complex spore wallブラジルの熱帯雨林において頻繁に採集されたアーバスキュラー菌根菌の一種を検討し、Acaulospora endographisとして新種記載した。本種は胞子が10層構造で、4番目の層 (OWL4) に独特の刺状装飾を有することなどで特徴づけられた。本種は当該装飾により全ての同属他種と容易に区別された。Acaulospora endographis★Glomeromycetes/グロムス綱_Diversisporales/ディバーシスポラ目_Acaulosporaceae/アカウロスポラ科
R3-04651培養および分子データに基づくプレオスポラ目トゥベウフィア科、Aquaphila albicansのテレオモルフ、Tubeufia asiana2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, TreeBASE, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ナコーンラーチャシーマー県/Nakhon Ratchasima, プラーチーンブリー県/Prachinburi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 標本入手不可/specimen not available, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 釣菌法/baiting methodTubeufia asiana, the teleomorph of Aquaphila albicans in the Tubeufiaceae, Pleosporales, based on cultural and molecular dataタイにおいて水中に沈んだ材に発生した菌を検討し、Tubeufia asianaとして新種記載した。本種は子嚢果が黒色剛毛状、子嚢胞子が無色~淡褐色で複数隔壁を有し、分生子が螺旋状ではないことなどで特徴づけられ、Aquaphila albicansのテレオモルフであることが示された。分子系統解析の結果から、螺旋形の分生子がトゥベウフィア科クレードにおいて少なくとも一度喪失したと推定された。Tubeufia asiana★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-04650淡水環境に産した新属Neotubeufiaおよび新種Tubeufia guangxiensis2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, クラビー県/Krabi, タイ/Thailand, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 腐生菌/saprobeNeotubeufia gen. nov. and Tubeufia guangxiensis sp. nov. (Tubeufiaceae) from freshwater habitatsタイおよび中国において淡水に沈んだ材に生じた菌を検討し、新属新種Neotubeufia krabiensisおよび新種Tubeufia guangxiensisを記載した。前者は子嚢果が暗色、子嚢が円筒形、子嚢胞子が円筒状紡錘形であることなどで特徴づけられ、Tubeufia属と異なる系統を形成した。後者は子嚢果、子嚢、子嚢胞子が本属の基準種に類似していたが、材上にアナモルフを形成し、分生子が螺旋状であることなどで特徴づけられた。Neotubeufia krabiensis★ / Tubeufia guangxiensis★Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-04649Xanthagaricus属2新種およびアジア産Heinemannomyces属菌について2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, MycoKeys, TreeBASE, ダッカ管区/Dhaka, バングラデシュ/Bangladesh, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 江西省/Jiangxi, 走査型電子顕微鏡/SEMTwo new species of Xanthagaricus and some notes on Heinemannomyces from Asia中国およびバングラデシュで採集された菌を検討し、それぞれXanthagaricus flavosquamosusおよびX. necopinatusとして新種記載した。両種とも子実体が黄色で、前者は担子胞子が疣状で縁シスチジアが短棍棒形、後者は縁シスチジアが棍棒形~狭棍棒形、担子胞子表面が小皺状粗面であることなどで特徴づけられた。また、中国新産種としてHeinemannomyces splendidissimusを報告し、Xanthagaricus属菌の検索表を掲載した。Heinemannomyces splendidissimus■ / Xanthagaricus flavosquamosus★ / Xanthagaricus necopinatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-04648ベルギーにおいてヨーロッパハンノキに発生したMelampsoridium betulinum2010Revue du Cercle de Mycologie de Bruxelles2010年の論文/published in 2010, Revue du Cercle de Mycologie de Bruxelles, さび菌/rust fungi, カバノキ科/Betulaceae, ハンノキ属/Alnus, フランス語/French, フラームス=ブラバント州/Flemish Brabant, ブラバン・ワロン州/Brabant wallon, ブリュッセル市/Brussels, ベルギー/Belgium, ベルギー新産種/Belgium_new record, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungiMelampsoridium betulinum (Fr.) Kleb. sur aulne glutineux en Belgiqueベルギーにおいてヨーロッパハンノキの葉に発生したさび菌、Melampsoridium betulinumを報告した。本種のベルギーからの報告は初とみられた。葉の下面に黄金褐色の夏胞子堆が生じ、さらに小型の斑点状の冬胞子堆が生じたものもあった。Melampsoridium betulinum■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目
R3-04647中国新産のケコガサタケ属3種2017Mycosystema2017年の論文/published in 2017, Mycosystema, コケ上に生える菌/fungi on moss, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒竜江省/HeilongjiangThree species of Galerina new to China中国新産種としてGalerina pumila、G. atkinsoniana、およびG. styliferaの3種を報告した。前2種は内モンゴル自治区においてコケ上に発生し、後1種は黒竜江省においてリター上に発生した。ITS領域の塩基配列を取得し、形態に基づき行われた以前の同定を確かめた。Galerina atkinsoniana■ / Galerina pumila■ / Galerina stylifera■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-04646中国新産のOphiocordyceps属1種2015微生物学通報/Microbiology China2015年の論文/published in 2015, コウモリガ科/Hepialidae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 微生物学通報/Microbiology China, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 生物農薬/biopesticide, 生長速度/growth rate, 系統ネットワーク/phylogenetic network, 表面殺菌法/surface sterilization method, 貴州省/GuizhouA new record of the genus Ophiocordyceps from China中国貴州省においてコウモリガ科昆虫に発生した菌をOphiocordyceps macroacicularisのアナモルフと同定し、これを中国新産種として報告した。本種はフィアライドに2型を有し、分生子が瓤嚢形あるいは卵形であることなどで特徴づけられた。本種と類似のHirsutella属菌との形質比較表を掲載した。Ophiocordyceps macroacicularis■Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-04645中国、チベットのラサ川渓谷において分離された土壌生暗色不完全糸状菌類2010Mycosystema2010年の論文/published in 2010, Mycosystema, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サクラ属/Prunus, チベット自治区/Tibet, バラ科/Rosaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 広西チワン族自治区/Guangxi, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 畑地/farmland, 草地/grassland, 高山帯/alpine regionSoil dematiaceous hyphomycetes from Lhasa River Valley, Tibet, Chinaチベットのラサ川渓谷において土壌菌15属25種を分離した。そのうちGliomastix tibetensis、Monodictys tibetensis、およびPhialomyces microsporusを新種記載した。また、Chrysosporium keratinophilumを中国新産種として報告した。Chrysosporium keratinophilum■ / Gliomastix tibetensis★ / Monodictys tibetensis★ / Phialomyces microsporus★Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Onygenales/ホネタケ目_Onygenaceae/ホネタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-04644韓国産のモジゴケ属地衣1新種2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, キサントン類/xanthones, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 済州特別自治道/Jeju, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 韓国/South Korea, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyA new species of Graphis (lichenized Ascomycetes) from South Korea韓国、済州島においてモミ属樹木の樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Graphis flavopalmicolaとして新種記載した。本種は地衣体が帯白灰色で平滑~小皺状、リレラが分枝しないか不規則に分枝し、果殻が完全に炭化し、子嚢胞子に5-9隔壁を有し、地衣成分としてリケキサントンを含むことなどで特徴づけられた。本種は地衣体がUV+淡黄色で、その特徴が類似種のG. palmicolaと異なっていた。Graphis flavopalmicola★Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科
R3-04643Trechispora thelephoraの系統学的研究2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 祖先形質推定/ancestral character estimationA phylogenetic study of Trechispora thelephora同属他種の多くと異なる形状の子実体を形成するTrechispora thelephoraの系統的位置を検討した。