「論文3行まとめ」は、大菌輪管理人がその日に読んだ論文(主に分類学分野)を要約して紹介するコンテンツです。
最近かなり忙しいので十分更新できていない状況ですが、日々こつこつと追加していければと思います。

「論文3行まとめ」の目的

  1. 「全菌類の電子図鑑」Mycoscouter構想に向けたデータ収集
  2. タグ(索引語)からの検索、世界地図からの検索、日本語キーワードによる検索など、一般的な検索エンジンにない検索手段を提供し、論文に対するアクセス性の向上を図る
  3. 論文の要点を日本語に翻訳することにより、非専門家の理解を阻む「言語の壁」を可能な限り低くすることを目指す
  4. 記載文や識別形質などをセマンティックに(機械が読みやすいように)記述し、将来のサイバータクソノミー (cybertaxonomy) に資するデータを提供する
  5. いちおう、論文に関わる職業に就いているので、そのスキルを活かしたプロボノ (pro bono) 活動
  6. 私自身の筋トレ

最終更新日:2019/11/10
紹介させていただいた論文の数:6759

エクセルファイルをダウンロード

sekaitizumenutagmenu

世界地図…2015/4/20更新【諸事情により更新停止中、よりよいマッピング手段を考えています】
タグ…2018/12/30更新(6937件、R3-05815まで反映)、1か月に一度くらいの頻度で更新したかった

中間報告

2013年11月23日~2014年11月23日に収集したデータの統計の一部を公開します(スライド5枚)。
これらはあくまで基礎的なデータをまとめたもので、より専門的な解析結果は今後アマチュア雑誌などに投稿する予定です。

スライド1スライド2スライド35f63f49b6b7d98988e1002a4a4f2d6d5スライド5

【お読みください】
大菌輪のコンテンツ「論文3行まとめ」は、あくまで論文の検索の補助として提供されている情報です。作成者は専門家ではなく、翻訳や内容の解釈が誤っている場合がありうるので、正確な情報は必ず元の論文で確認してください。また、各ページのリンクは必ずしも有効ではありません(大菌輪未掲載の種や、MycoBank/Species fungorum未登録の種がありうるため)。
最新の50記事を表示しています。
フィルタリング、並べ替え機能が使用できます。表の上で矢印キーを押すとスクロールできます。実は右の方に【タグ一覧】【書誌情報】【3行抄録】【掲載種一覧】の列があるので、それらを対象とした検索も可能です。複数のキーワードで検索したい時には半角スペースで区切ります。(【例】日本 新種 2016年)

※全てのデータを掲載すると非常に重くなってしまい、まともに表示できなくなってしまうので、不本意ながらこの表は直近1000件を抽出したものとなっています。エクセルファイルには全データがありますので、ダウンロードして検索してください。
A列B列出版年雑誌名タグ英文題名3行まとめ13行まとめ23行まとめ3掲載種一覧_x分類群一覧
R3-06759スクレロコッカム科水生不完全菌の新規系統をなす新属新種、Cylindroconidiis aquaticus2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeCylindroconidiis aquaticus gen. et sp. nov., a new lineage of aquatic hyphomycetes in Sclerococcaceae (Eurotiomycetes)タイにおいて淡水に沈んだ材から発生した水生不完全菌の一種を検討し、新属新種Cylindroconidiis aquaticusとして記載した。本種は分生子柄が分枝せず、分生子形成細胞が多出芽型で末端生あるいは節間生、分生子が楕円形~円筒形で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種はこれまで海生菌、土壌菌、および陸上の材や地衣における発生が知られてきたスクレロコッカム科における初の淡水生菌となった。Cylindroconidiis aquaticus★
R3-06758中国雲南省の淡水環境に産したプレウロセシウム科新種の形態および分子分類2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/Yunnan, 高山帯/alpine regionMorphological and molecular taxonomy of novel species Pleurotheciaceae from freshwater habitats in Yunnan, China中国雲南省において淡水に沈んだ材から湿室法で得られた菌について、形態学的検討およびITS+nrLSU+nrSSU+RPB2に基づく分子系統解析を実施した。Pleurotheciella属6新種、Phaeoisaria属1新種、およびPleurothecium属1新種を記載した。また、Pleurotheciella uniseptata、Ph. clematidis、およびPleurothecium pulneyenseの3種を中国新産種として報告した。Phaeoisaria aquatica★ / Phaeoisaria clematidis■ / Pleurotheciella aquatica★ / Pleurotheciella fusiformis★ / Pleurotheciella guttulata★ / Pleurotheciella lunata★ / Pleurotheciella saprophytica★ / Pleurotheciella submersa★ / Pleurotheciella uniseptata■ / Pleurothecium aquaticum★ / Pleurothecium pulneyense■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Pleurotheciales/プレウロセシウム目_Pleurotheciaceae/プリューロセシウム科
R3-06757カキノキの葉の円星落葉病を引き起こすMycosphaerella nawaeの分子系統解析および形態2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, カキノキ属/Diospyros, カキノキ科/Ebenaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 和歌山県/Wakayama, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 斑点病/spot disease, 日本/Japan, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of spores, 表面殺菌法/surface sterilization method, 韓国/South KoreaMolecular Phylogeny and Morphology of Mycosphaerella nawae, the Causal Agent of Circular Leaf Spot on Persimmon日本および韓国においてカキノキの葉の斑点に生じた菌を検討し、Mycosphaerella nawaeと同定した。本種は子嚢胞子が卵形~紡錘形で1隔壁を有し、分生子が卵形で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。分子系統解析では本種はPhaeophleospora属に近縁であったが、これは本種の分子系統解析の初報告となった。Mycosphaerella nawaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06756ウズベキスタンの樹木および低木に生じたさび病菌の新産種2018European Science Review2018年の論文/published in 2018, European Science Review, さび菌/rust fungi, ウズベキスタン/Uzbekistan, ウズベキスタン新産種/Uzbekistan_new_record, クロウメモドキ属/Rhamnus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, スルハンダリヤ州, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungiNew Records of Rust Fungi of Trees and Shrubs from Uzbekistanウズベキスタンにおいて樹木のさび菌を調査し、18種の宿主植物から4科5属13種を同定した。内訳はPhragmidium属4種、Gymnosporangium属3種、Puccinia属3種、Melampsora属2種、Tranzschelia属1種であり、最も多い宿主の科はバラ科であった。そのうちPuccinia rhamniをウズベキスタン新産種として報告するとともに、Rhamnus coriaceaeを同種の新宿主として報告した。Puccinia rhamni■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-06755ヨーロッパの寒冷環境および北極圏に産した新種Cystobasidium alpinumおよびRhodosporidiobolus oreadorum2018Life2018年の論文/published in 2018, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, Life, アルプス山脈/Alps, イタリア/Italy, ウレアーゼ試験/urease test, スヴァールバル諸島/Svalbard Islands, セントロ地方/Centro, デンプン/starch, ノルウェー/Norway, ビタミン要求性/vitamin requirement, ポルトガル/Portugal, ロンバルディア州/Lombardia, ヴァッレ・ダオスタ州/Valle d’Aosta, 二型性/dimorphism, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北極圏/Arctic, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 山地/mountains, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 底泥/sediment, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 極地/polars, 氷河/glacier, 氷試料/ice sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 発芽誘導/germination induction, 発酵試験/fermentation test, 耐冷菌/cold-tolerant fungus, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastCystobasidium alpinum sp. nov. and Rhodosporidiobolus oreadorum sp. nov. from European Cold Environments and Arctic Regionヨーロッパの寒冷環境において酵母群集の調査を実施し、Cystobasidium alpinumおよびRhodosporidiobolus oreadorumの2新種を記載した。前者はイタリアのアルプスの氷河において氷河上堆積物および岩石から分離され、初めRhodotorula属の一種と同定され、分子系統解析ではC. laryngisに近縁であった。後者はスヴァールバル諸島およびポルトガルの山地において氷雪から分離され、R. lustitaniaeおよびR. colostriに近縁であった。Cystobasidium alpinum★ / Rhodosporidiobolus oreadorum★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Cystobasidiomycetes/フクロタンシキン綱_Cystobasidiales/シストバシディウム目_Cystobasidiaceae/シストバシディウム科_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Sporidiobolales/スポリディオボルス目_Sporidiobolaceae/スポリディオボルス科
R3-06754カメルーン、ジャー生物圏保護区に産した新規かつ特異なHericium属菌2019Mycological Progress2019年の論文/published in 2019, Gilbertiodendron属, Mycological Progress, カメルーン/Cameroon, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東部州(カメルーン)/East Province (Cameroon), 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexA new and unusual species of Hericium (Basidiomycota: Russulales, Hericiaceae) from the Dja Biosphere Reserve, Cameroonカメルーン、ジャー生物圏保護区で採集された菌を検討し、Hericium bembedjaenseとして新種記載した。本種はサハラ以南の低地の熱帯常緑樹林から報告された初のサンゴハリタケ科の種であり、側シスチジアを形成する点で全ての同属他種と異なっていた。本種はH. coralloides複合種に含まれたが、狭義の同種とは子実体の刺がより短い点や担子器、担子胞子のサイズも異なっていた。Hericium bembedjaense★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Hericiaceae/サンゴハリタケ科
R3-06753ブラジル産不完全糸状菌:Brachydesmiella属2新種、Repetophragma属2新組み合わせ、および新産種2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Cupania属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ホウライチク属/Bambusa, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber methodSome hyphomycetes from Brazil. Two new species of Brachydesmiella, two new combinations for Repetophragma, and new recordsブラジル、バイーア州の半乾燥地域からBrachydesmiella brasiliensisおよびB. obclavataの2新種を記載した。また、新組み合わせRepetophragma fasciatumおよびR. filiferumを提唱した。その他に数種の菌を報告し、Brachydesmiella属菌の検索表を掲載した。Acumispora phragmospora■ / Brachydesmiella brasiliensis★ / Brachydesmiella obclavata★ / Diploöspora zinniae■ / Phialosporostilbe setosa■ / Physalidiella matsushimae■ / Repetophragma fasciatum▲ / Repetophragma filiferum▲ / Stylaspergillus laxus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-06752インド、西ガーツの森林に産した暗色不完全糸状菌の新属新種、Natarajania indica2005Kavaka2005年の論文/published in 2005, Antiaris属, Kavaka, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, クワ科/Moraceae, ゴア州/Goa, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forestNatarajania indica gen. et sp. nov., a dematiaceous hyphomycete from the forests of Western Ghats, Indiaインドの森林においてウパスノキの枯れ葉から分離された菌を検討し、新属新種Natarajania indicaとして記載した。本種は分生子柄が分枝し、分生子形成細胞がフィアライド状で部分的に疣状であり、襟状の管を有し、分生子が暗褐色棍棒形平滑でスライム状であることなどで特徴づけられた。本種が示す独特の形質は、他のどのフィアロ型の属とも異なっていた。Natarajania indica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-06751地衣化した不完全糸状菌の属、Cheiromycinaの分子系統解析により明らかになった系統的位置2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アラスカ州/Alaska, ウクライナ/Ukraine, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, チェコ/Czech, ツンドラ/tundra, ナナカマド属/Sorbus, ノルウェー/Norway, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ポーランド/Poland, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ロシア/Russia, ワシントン州/Washington, 不完全地衣/anamorphic lichen, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 石灰質土壌/calcareous soil, 米国/USAMolecular analyses uncover the phylogenetic placement of the lichenized hyphomycetous genus Cheiromycina従来他の菌類との類縁性が明らかでなかったCheiromycina属菌の系統的位置を検討した。米国など6ヶ国で採集されたC. flabelliformis、C. petri、およびC. reimeriの3種を解析に含めた。その結果、本属はチャシブゴケ目マルミデア科クレードにおいて単系統を形成し、Savoronala属およびMalmidea属と姉妹群であることが明らかになった。Cheiromycina flabelliformis / Cheiromycina petri / Cheiromycina reimeriAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門
R3-06750Leucoagaricus属菌の形態および分子による識別およびトルコ新産種2019Mantar Dergisi2019年の論文/published in 2019, Mantar Dergisi, コナラ属/Quercus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハッキャリ県/Hakkâri, ビンギョル県/Bingöl, ブナ科/Fagaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 腐生菌/saprobeMorphologic and Molecular Diagnosis of Some Leucoagaricus Species and Revealing a New Record from Turkeyトルコ産のLeucoagaricus属菌について形態学的検討および分子系統解析を実施し、4種を同定した。そのうちRubrotincti節のL. subvolvatusをトルコ新産種として報告した。本報告により、トルコ産の本属既知種は11種に増加した。Leucoagaricus subvolvatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06749類白色の分生子を無数に生じる新種、Antrodia pulverulenta2010Bulletin Mensuel de la Société Linnéenne de Lyon2010年の論文/published in 2010, Bulletin Mensuel de la Société Linnéenne de Lyon, オート=サヴォワ県/Haute-Savoie, サヴォワ県/Savoie, トウヒ属/Picea, ナナカマド属/Sorbus, バラ科/Rosaceae, フランス/France, フランス語/French, マツ属/Pinus, ローヌ県/Rhône, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiAntrodia pulverulenta (Basidiomycota, polypore), une espèce nouvelle produisant des amas de mitospores blanchesフランスの森林においてナナカマド属およびトウヒ属樹木の枯幹に生じた多孔菌の一種を検討し、Antrodia pulverulentaとして新種記載した。本種は褐色腐朽菌で、子実体が背着生であり、類白色の分生子を無数に形成することなどで特徴づけられた。本種は天然において分生子を形成する初のAntrodia属菌とみられた。Antrodia pulverulenta★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-06748Antrodia ramentaceaグループの新種、Cartilosoma rene-hentic2015Bulletin Mensuel de la Société Linnéenne de Lyon2015年の論文/published in 2015, Bulletin Mensuel de la Société Linnéenne de Lyon, アン県/Ain, イタリア/Italy, カバノキ科/Betulaceae, コート=ドール県/Côte-d’Or, サクラ属/Prunus, セーヌ=エ=マルヌ県/Seine-et-Marne, トスカーナ州/Tuscany, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, パリ, フランス/France, フランス語/French, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ムーズ県, モゼル県/Moselle, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ルクセンブルク/Luxembourg, ルクセンブルク広域行政区/Distrikt Lëtzebuerg, ロット県, ロワール県/Loire, ローヌ県/Rhône, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiCartilosoma rene-hentic (Basidiomycota, Polyporales), une espèce nouvelle dans le groupe d’Antrodia ramentaceaフランス、ルクセンブルク、イタリアにおいて広葉樹に生じた多孔菌の一種を検討し、Cartilosoma rene-henticとして新種記載した。本種は褐色腐朽菌であり、実質が1菌糸型で、肉に疎らに骨格菌糸を含むことなどで特徴づけられた。本種はC. ramentaceumにかなり類似していたが、孔口のサイズや担子胞子の幅のほか、分子系統解析でも区別された。Cartilosoma rene-hentic★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-06747チェコ新産種、Cartilosoma rene-hentic2019Czech Mycology2019年の論文/published in 2019, Czech Mycology, カバノキ科/Betulaceae, カルロヴィ・ヴァリ州/Karlovy Vary, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, ハシドイ属/Syringa, ハシバミ属/Corylus, パルドゥビツェ州/Pardubický, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, プルゼニ州/Plzeň, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子同定/molecular identification, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 石灰岩/limestone, 移入種/alien species, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 誤同定/misidentification, 都市環境/urban environment, 配列決定/sequencingFirst records of Cartilosoma rene-hentic (Polyporales) in the Czech Republic多孔菌のCartilosoma rene-henticをチェコ新産種として報告した。本種との同定は形態およびITS領域の塩基配列により確かめられた。本種はチェコにおいて人の影響を受けた場所で見出され、近年移入された可能性もあると考えられた。Cartilosoma rene-hentic■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-06746球果、針葉、および材:宿主植物の組織によって分離されるMicraspis属の種分化2020Fungal Systematics and Evolution2020年の論文, Fungal Systematics and Evolution, エンドファイト/endophyte, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ホストシフト/host shift, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミクロサイクリック分生子形成/microcycle conidiation, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 散布様式/dispersal style, 新目提唱/new order, 新科提唱/new family, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 水散布/disparsal by water, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 生活環/life cycle, 生物地理学/biogeography, 種分化/speciation, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 虫散布/dispersal by insects, 表面殺菌法/surface sterilization method, 風散布/wind dispersalCones, needles and wood: Micraspis (Micraspidaceae, Micraspidales fam. et ord. nov.) speciation segregates by host plant tissues従来ファキディウム目に置かれていたMicraspis属菌を検討し、本属に対して新目ミクラスピス目および新科ミクラスピス科を提唱した。それぞれ針葉、球果、材に生息する本属の3種について再検討し、修正した記載文を掲載した。また、これら3種の有性世代の形態形質に基づく検索表を掲載した。Micraspis acicola / Micraspis strobilina / Micraspis tetrasporaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目
R3-06745韓国において植物検疫検査で発見された種子伝染性菌、Brachycladium penicillatum2012Mycobiology2012年の論文/published in 2012, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ケシ属/Papaver, ケシ科/Papaveraceae, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湿室法/moist chamber method, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 菌核/sclerotium, 葉枯病/leaf blotch, 韓国/South KoreaSeed-borne Brachycladium penicillatum Intercepted under Plant Quarantine Inspection in Korea韓国の検疫においてケシ属植物の輸入種子から検出された菌をBrachycladium penicillatumと同定した。本種は2006年から2011年にかけて頻繁に報告されており、282点中31点の種子荷口から見出された。本種の形態形質を記録し、先行研究における記載との比較表を掲載した。Brachycladium penicillatum
R3-06744インド産の新種Memnoniella mohanramiiおよびZygosporium anupamvarmae2006Indian Phytopathology2006年の論文/published in 2006, Indian Phytopathology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アーンドラ・プラデーシュ州/Andhra Pradesh, インド/India, テランガーナ州/Telangana, リター菌/litter fungi, 新種記載/new speciesMemnoniella mohanramii sp. nov. and Zygosporium anupamvarmae sp. nov. from Indiaインドにおいて未同定の枯れ葉に見出された2種のアナモルフ菌を新種記載した。Memnoniella mohanramiiは分生子が楕円形平滑である点で全ての同属他種と異なっていた。Zygosporium anupamvarmaeは頂嚢が一様に暗褐色なのではなく側面が淡色であり、分生子が広鎌形で条線状隆起を有することなどで特徴づけられた。Memnoniella mohanramii★ / Zygosporium anupamvarmae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-06743イラン産の新種、Ramularia uredinicola2005Mycotaxon2005年の論文/published in 2005, Melampsora属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, ギーラーン州/Gilan, メランプソラ科/Melampsoraceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 色素産生/pigment production, 菌寄生菌/mycoparasiteRamularia uredinicola – a new species from Iranイラン、ギーラーン州においてヤナギに寄生したMelampsora属さび菌に生じた菌を検討し、Ramularia uredinicolaとして新種記載した。本種は宿主の夏胞子堆に生じ、菌叢が成熟時桃色または帯赤色になることなどで特徴づけられた。本種は同じくヤナギ属植物に生じたり、さび菌を宿主としたりする同属他種とは菌叢の色または分生子柄の形態などで区別された。Ramularia uredinicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06742イタリアにおいて枯れたブドウに生じたアオカビ属菌とコウジカビ属菌、および新種Penicillium fructuariae-cellae2019Phytopathologia Mediterranea2019年の論文/published in 2019, Phytopathologia Mediterranea, イタリア/Italy, コッホの原則/Koch_s postulation, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, ヴェネト州/Veneto, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 病原力/virulence, 病害評価尺度/disease rating scale, 統計解析/statistical analysis, 色素産生/pigment production, 酸産生/acid productionNew records of Penicillium and Aspergillus from withered grapes in Italy, and description of Penicillium fructuariae-cellae sp. nov.イタリアにおいて枯れたブドウの果実から分離されたコウジカビ属およびアオカビ属菌を同定し、接種試験により病原性を検討した。そのうちの一種をPenicillium fructuariae-cellaeとして新種記載した。Penicillium bilaiae、Aspergillus pallidofulvus、およびA. puulaauensisをブドウから初めて報告した。Aspergillus pallidofulvus / Aspergillus puulaauensis / Penicillium bilaiae / Penicillium fructuariae-cellae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-06741インド産の地衣生菌の新種、Buelliella indica2019Acta Botanica Hungarica2019年の論文/published in 2019, Acta Botanica Hungarica, インド/India, ナガランド州/Nagaland, モジゴケ属/Graphis, モジゴケ科/Graphidaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition styleBuelliella indica (Dothideomycetes), a new lichenicolous species from Indiaインド、ナガランド州においてGraphis longirameaに生じた菌を検討し、Buelliella indicaとして新種記載した。本種は子実上層が褐色で子嚢胞子が小型であることなどで特徴づけられた。本種は宿主に対して害を与えている様子はなく、片利共生的であると考えられた。Buelliella indica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目
R3-06740Basidiopycnis hyalinaとそのアナモルフに関する補遺2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, すす病/sooty mold, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, リター菌/litter fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 材生息菌/lignicolous fungus, 標本入手不可/specimen not available, 胞子の発芽/germination of spores, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEMSupplementary notes on Basidiopycnis hyalina (Basidiomycota, Atractiellales) and its anamorphBasidiopycnis hyalinaとそのアナモルフに関する出版物を再検討した。当該種のアナモルフである可能性もあったBotryonipha dubiaのタイプ標本を再検討し、本種がNeodasyscypha cerinaの新規シノニムであることを示した。また、別の種であるMycogelidium sinenseの再検討により、キクラゲ型の担子器と解釈されていた部位が分生子柄の誤りであることを示した。Basidiopycnis hyalina / Mycogelidium sinense / Neodasyscypha cerinaBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Atractiellomycetes/アトラクティエラ綱_Atractiellales/アトラクティエラ目_Phleogenaceae/フレオゲナ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Hyaloscyphaceae/ヒアロスキファ科
R3-06739ボリビア産の新種、Umbilicaria isidiosa2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アンデス山脈/Andes, サンタクルス県/Santa Cruz, ジロホール酸/gyrophoric acid, ボリビア/Bolivia, ユンガス/yungas, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 珪質岩/siliceous rocks, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 雲霧林/cloud forestUmbilicaria isidiosa (lichenized Ascomycota), a new species from Boliviaボリビア、サンタクルス県で採集された岩上生葉状地衣の一種を検討し、Umbilicaria isidiosaとして新種記載した。本種は地衣体が鼠色~帯灰褐色で裂芽を豊富に形成し、下面が帯黒色で偽根を伴うことなどで特徴づけられた。本種は同属で唯一真の裂芽を有するU. deustaとは地衣体の色や表面性状、裂芽の位置や形状などが異なっていた。Umbilicaria isidiosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-06738中国湖北省産のバイオネクトリア科およびネクトリア科の新種および中国新産種2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 亜熱帯域/subtropics, 切片/section, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 海南省/Hainan, 湖北省/Hubei, 誤同定/misidentificationNew species and new Chinese records of Bionectriaceae and Nectriaceae (Hypocreales, Ascomycetes) from Hubei, China中国湖北省においてバイオネクトリア科およびネクトリア科菌類の調査を実施し、11属26種を記録した。その中からIjuhya hubeiensis、Leuconectria grandis、およびNeonectria hubeiensisの3新種を記載した。また、5種の中国新産種を報告した。Bionectria gibberosa■ / Ijuhya hubeiensis★ / Ijuhya paraparilis■ / Leuconectria grandis★ / Neonectria discophora■ / Neonectria galligena■ / Neonectria hubeiensis★ / Neonectria veuillotiana■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06737オーストラリア産地衣類の追加記録 (66):モジゴケ科2008Australasian Lichenology2008年の論文/published in 2008, Acmena属, Australasian Lichenology, オキセピン類/oxepins, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, クイーンズランド州/Queensland, スチクチン酸類/stictic acids, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ネムノキ属/Albizia, フトモモ科/Myrtaceae, マメ科/Fabaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 西オーストラリア州/Western AustraliaAdditional lichen records from Australia 66. GraphidaceaeオーストラリアからAcanthothecis tetraphoraなど5種のモジゴケ科地衣をオーストラリア新産種として報告した。これらの種はクイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、西オーストラリア州で採集された。各種の記載文、写真などを掲載した。Acanthothecis tetraphora■ / Graphis analoga■ / Graphis virescens■ / Hemithecium implicatum■ / Phaeographis colligata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-06736山東省の海岸に産した材生息性海生菌 (3)2008Mycosystema2008年の論文/published in 2008, Mycosystema, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 山東省/Shandong, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 湿室法/moist chamber method, 潮間帯/intertidal zone, 砂地/sand, 走査型電子顕微鏡/SEMWood–inhabiting marine fungi from the coast of Shandong, China III. Buergenerula, a genus new to China中国山東省において海岸の流木および潮間帯の材から湿室法で得られた菌を検討し、5種を同定した。Halosphaeriopsis属の報告は中国初であった。また、Torula herbarumとf. quaternellaとの形質比較表を掲載した。Ceriosporopsis halima■ / Halosphaeriopsis mediosetigera■ / Torula herbarum / Zalerion maritimum / Zalerion variaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Halosphaeriaceae/ハロスフェリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Torulaceae/トルラ科_Lulworthiales/ルルワーシア目_Lulworthiaceae/ルルワーシア科
R3-06735中央アフリカ産のCantharellus densifoliusおよびC. luteopunctatusのエピタイプ指定によりさらに2種が認識された2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, エピタイプ指定/epitype designation, カメルーン/Cameroon, サンガ・ムバエレ州/Sangha-Mbaéré, タイプスタディ/type study, タンザニア/Tanzania, ドドマ州, 中央アフリカ共和国/Central African Republic, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 東部州(カメルーン)/East Province (Cameroon), 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentification, 食用きのこ/edible mushroomsEpitypification of the Central African Cantharellus densifolius and C. luteopunctatus allows for the recognition of two additional species中央アフリカの熱帯雨林で採集されたCantharellus densifoliusおよびC. luteopunctatusを検討し、両種のエピタイプ標本を指定した。また、その過程で見出されたC. densilamellatusおよびC. tomentosoidesの2新種を記載した。これらの新種はC. densifoliusに類似し、従来しばしば混同されていた。Cantharellus densifolius / Cantharellus densilamellatus★ / Cantharellus luteopunctatus / Cantharellus tomentosoides★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科
R3-06734ベネズエラの洞窟から分離された酵母の新種、Debaryomyces psychrosporus2011Antonie van Leeuwenhoek2011年の論文/published in 2011, Antonie van Leeuwenhoek, ウレアーゼ試験/urease test, スライド培養法/slide culture method, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, ベネズエラ/Venezuela, ボリバル州/Bolívar, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 山地/mountains, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 洞窟/cave, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 系統ネットワーク/phylogenetic network, 複合種/species complex, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid productionDebaryomyces psychrosporus sp. nov., a yeast species from a Venezuelan caveベネズエラの洞窟において二次鉱物の堆積物から分離された酵母の一種を検討し、Debaryomyces psychrosporusとして新種記載した。本種はホモタリックであることが示唆され、子嚢胞子の形成には15°Cの低温が必要であった。本種はD. hanseniiと表現型からは区別できないほど類似していたが、ITS、nrSSU、D1/D2の各塩基配列に差異が認められた。Debaryomyces psychrosporus★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Debaryomycetaceae/デバリオマイセス科
R3-06733Ectrogella属と相当遠縁なオイディオプシス類似の珪藻寄生性卵菌の新科、ディアトモフトラ科2020Fungal Systematics and Evolution2020年の論文, Fungal Systematics and Evolution, Nitzschia属, エピタイプ指定/epitype designation, クサリケイソウ科/Bacillariaceae, タイプスタディ/type study, ドイツ/Germany, バイオフィルム/biofilm, ヘッセン州/Hessen, レクトタイプ指定/lectotype designation, 内部寄生菌/internal parasitic fungus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 卵菌類/Oomycetes, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新組み合わせ提唱/new combination, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 珪藻/diatom, 絶対寄生菌/obligate parasite, 藻類寄生菌/algae parasitic fungus, 藻類生息菌/algicolous fungusDiatomophthoraceae – a new family of olpidiopsis-like diatom parasitoids largely unrelated to Ectrogellaドイツ、フランクフルトにおいて採集された珪藻を宿主とする絶対寄生性の卵菌、Ectrogella bacillariacearumの系統学的位置を検討した。分子系統解析の結果から、同種が珪藻寄生性のOlpidiopsis属類似の菌群と系統的類縁性を欠くことを示した。また、それらがOlpidiopsis属と異なる系統を形成することを示し、2種に対して新属Diatomophthoraおよび新科ディアトモフトラ科を提唱した。Diatomophthora drebesii▲ / Diatomophthora gillii▲ / Ectrogella bacillariacearumOomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Myzocytiopsidales/ミゾキティオプシス目
R3-06732オーストラリア南東部産の新種、Rhizocarpon bicolor2019Australasian Lichenology2019年の論文/published in 2019, Australasian Lichenology, アルカン/alkane, オーストラリア/Australia, オーストラリア首都特別地域/Australian Capital Territory, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ヒースランド/heathland, ビクトリア州/Victoria, ブルゲアン酸類/bourgeanic acids, プロピオン酸類/propionic acids, マロン酸類/malonic acids, リゾカルプ酸/rhizocarpic acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜高山帯/subalpine zone, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 誤同定/misidentificationRhizocarpon bicolor (lichenized Ascomycota, Rhizocarpaceae), a new species from south-eastern Australiaオーストラリア南東部において珪質岩に生じた地衣の一種を検討し、Rhizocarpon bicolorとして新種記載した。本種は地衣体の小区画が明黄色および帯緑灰色~帯灰褐色で、子嚢胞子が暗い帯緑青色~暗褐色で1隔壁を有し、リゾカルプ酸およびブルゲアン酸を含むことなどで特徴づけられた。オーストラリア産のチズゴケ属地衣18種の検索表を掲載した。Rhizocarpon bicolor★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科
R3-06731新種Coenogonium hainanenseおよび中国新産種2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 痂状地衣/crustose lichen, 葉上生地衣/foliicolous lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 雲南省/YunnanCoenogonium hainanense sp. nov. and new records from China中国海南省において生葉上に生じた地衣の一種を検討し、Coenogonium hainanenseとして新種記載した。本種は子器が淡黄色~帯褐色で縁部が小歯状、子嚢胞子が楕円形で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、中国新産種としてC. coronatumなど8種のCoenogonium属菌を報告し、本属の検索表を掲載した。Coenogonium coronatum■ / Coenogonium curvulum■ / Coenogonium fallaciosum■ / Coenogonium geralense■ / Coenogonium hainanense★ / Coenogonium hypophyllum■ / Coenogonium moniliforme■ / Coenogonium siquirrense■ / Coenogonium usambarense■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Coenogoniaceae/セノゴニウム科
R3-06730ヨーロッパ産の日和見感染菌の新種、Saksenaea dorisiae2019International Journal of Microbiology2019年の論文/published in 2019, International Journal of Microbiology, MIC, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, セルビア/Serbia, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 医真菌学/medical mycology, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗真菌薬耐性/antifungal drug resistance, 新種記載/new species, 日和見感染症/opportunistic infection, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 水試料/water sample, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 耐熱性試験/heat tolerance test, 胞子形成誘導/sporulation induction, 選択培地/selective mediumSaksenaea dorisiae sp. nov., a New Opportunistic Pathogenic Fungus from Europeセルビアにおいて井戸水から分離された菌を検討し、Saksenaea dorisiaeとして新種記載した。本種はCZA培地でのみ胞子形成し、胞子嚢が円錐形で仮根が疎ら、胞子嚢胞子が短円筒形であることなどで特徴づけられ、接合胞子は観察されなかった。本種が日和見感染菌の属に含まれることから抗真菌薬感受性試験を実施したところ、ケトコナゾールなどに感受性を有していた一方、カスポファンギンなどに耐性を示した。Saksenaea dorisiae★Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Saksenaeaceae/サクセネア科
R3-06729イタリア南部において新種Biscogniauxia rosacearumにより引き起こされたナシ、セイヨウスモモ、およびマルメロの木の潰瘍病2016Plant Disease2016年の論文/published in 2016, Plant Disease, TreeBASE, イタリア/Italy, コッホの原則/Koch_s postulation, サクラ属/Prunus, ナシ属/Pyrus, バラ科/Rosaceae, プッリャ州/Puglia, マルメロ属/Cydonia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 統計解析/statistical analysis, 表面殺菌法/surface sterilization method, 誤同定/misidentificationCharcoal Canker of Pear, Plum, and Quince Trees Caused by Biscogniauxia rosacearum sp. nov. in Southern Italyイタリア、プッリャ州の果樹園において潰瘍病のセイヨウナシ、セイヨウスモモ、およびマルメロに見出された菌を検討し、Biscogniauxia rosacearumとして新種記載した。本種は宿主の幹および枝の樹皮に生じ、無性世代はNodulisporium属類似であり、近縁種とは子嚢および子嚢胞子のサイズや無性世代で区別された。本種の病原性は接種試験により確かめられ、樹皮表面に子座が形成された。Biscogniauxia rosacearum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Graphostromataceae/グラフォストロマ科
R3-06728真菌性副鼻腔炎を引き起こすFusarium solani複合種の新種、Fusarium riograndense2018Journal de Mycologie Médicale1F=1N, 2018年の論文/published in 2018, CTスキャン/CT scan, Fusarium MLST, Fusarium-ID, Journal de Mycologie Médicale, M38-A2, MIC, TreeBASE, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, ヒト病原菌/human pathogen, ブラジル/Brazil, ヘマトキシリン・エオシン染色/hematoxylin and eosin staining, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 副鼻腔炎, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 新種記載/new species, 生体組織診断/biopsy, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 組織染色/histological stain, 臨床検体/clinical specimens, 色素産生/pigment production, 複合種/species complexFusarium riograndense sp. nov., a new species in the Fusarium solani species complex causing fungal rhinosinusitisブラジル、リオグランデ・ド・スル州において急性リンパ芽球性白血病の11歳男児の鼻腔に侵襲性の病変を引き起こした菌を検討し、Fusarium riograndenseとして新種記載した。本種はスポロドキア、大分生子、小分生子、および厚壁胞子を形成し、アムホテリシンBに対する感受性が最も高かった。MLSTの結果および表現型から、本種がF. solani複合種に含まれることが示された。Fusarium riograndense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06727南仏産の水生菌の新属、Varicosporellopsis2016Ascomycete.org2016年の論文/published in 2016, Ascomycete.org, アリエージュ県/Ariège, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, ニワトコ属/Sambucus, フランス/France, レンプクソウ科/Adoxaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwaterVaricosporellopsis, a new aquatic genus from South of Franceフランス南西部において淡水中に沈んだ材に発生した菌を検討し、新属新種Varicosporellopsis aquatilisとして記載した。本種は子嚢果が淡橙色倒洋梨形で子座を形成せず、子嚢胞子に短い畝を有し、acremonium類似の無性世代を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でネクトリア科クレードに含まれ、Nalanthamala属などに近縁であった。Varicosporellopsis aquatilis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06726中国産のNeocosmospora属2新種2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, チベット自治区/Tibet, 中国/China, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 湖南省/Hunan, 生長速度/growth rateTwo new species of Neocosmospora from China中国のチベット自治区と湖南省からそれぞれ採集された菌について形態学的検討および分子系統解析を実施し、Neocosmospora bomiensisとN. hengyangensisを新種記載した。前者は子嚢殻が類球形~球形または洋梨形で、子嚢胞子が無色楕円形平滑で1隔壁を有し、大分生子に(3–)5–6隔壁を有することなどで特徴づけられた。後者は子嚢殻が類球形~球形で、子嚢胞子が楕円形~類紡錘形平滑で1隔壁を有し、大分生子が鎌形で4–6隔壁を有し、小分生子がソーセージ形~桿形であることなどで特徴づけられた。Neocosmospora bomiensis★ / Neocosmospora hengyangensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06725Acarospora cervinaに生じた新種、Lichenostigma svandae2007The Lichenologist2007年の論文/published in 2007, The Lichenologist, ウクライナ/Ukraine, クリミア共和国/Republic of Crimea, チェコ/Czech, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, 切片/section, 南モラヴィア州/South Moravian, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新種記載/new species, 石灰岩/limestoneLichenostigma svandae, a new lichenicolous fungus on Acarospora cervinaチェコおよびウクライナにおいてAcarospora cervinaに生じた地衣生菌の一種を検討し、Lichenostigma svandaeとして新種記載した。本種は宿主の地衣体上に黒色の子座状の菌糸束および黒色袋状の子嚢果を形成した。本種はこの地衣を宿主とする唯一のLichenostigma属菌であり、形態的に類似する種とは菌糸束の形態または子嚢胞子の隔壁数が異なっていた。Lichenostigma svandae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Phaeococcomycetaceae/フェオコッコマイセス科
R3-06724エストニアの菌類相の観察2006Folia Cryptogamica Estonica2006年の論文/published in 2006, Folia Cryptogamica Estonica, エストニア/Estonia, エストニア新産種/Estonia_new record, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, サーレ県/Saare, タルトゥ県/Tartu, ピートボグ/peat bog, フェノロジー/phenology, ムクロジ科/Sapindaceae, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂丘/dune, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 移入種/alien species, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complex, 酸性土壌/acidic soilObservations on Mycobiota in Estoniaエストニアで採集された菌を検討し、Melanoleuca pallidicutisとして新種記載した。また、エストニア新産種としてClitocybe concavaなど5種を報告した。ルーヌ島において菌類相調査を実施し、採集された種の一覧を掲載した。Agrocybe pediades / Clitocybe concava■ / Coprinus romagnesianus■ / Cortinarius stillatitius■ / Leucopaxillus cutefractus■ / Melanoleuca pallidicutis★ / Paxillus vernalis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Boletales/イグチ目_Paxillaceae/ヒダハタケ科
R3-06723ポーランド新産種、Pleuroflammula ragazziana2019Acta Mycologica2019年の論文/published in 2019, Acta Mycologica, アオイ科/Malvaceae, シナノキ属/Tilia, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Małopolska, 保全生態学/conservation ecology, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子紋/spore printThe first report of Pleuroflammula ragazziana in PolandPleuroflammula ragazzianaをポーランド新産種として報告した。本種はマウォポルスカ県においてシナノキ属樹木の枯枝に生じていた。本種は亜熱帯または熱帯起源ともいわれているが、それが誤りである可能性を指摘し、本種の保全における評価は本種がポーランドに自然分布するかどうかによって異なるとした。Pleuroflammula ragazziana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06722Crepidotus kubickae – 忘れられた名前2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 腐生菌/saprobe, 走査型電子顕微鏡/SEMCrepidotus kubickae – a forgotten nameCrepidotus kubickaeおよび類縁種についてタイプ標本やその他の標本を検討した。本種の学名はほとんど忘れ去られていたが、それが正しい学名であることを示した。本種の記載文などのほか、C. cesatiiとの比較表を掲載した。Crepidotus kubickaeBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06721タケ上のDolichoderus thoracicusを宿主とする新種の菌、Mycodomus formicartus2019Asia-Pacific Journal of Science and Technology2019年の論文/published in 2019, Asia-Pacific Journal of Science and Technology, TreeBASE, アリの巣/ant nest, アリ科/Formicidae, カタアリ属/Dolichoderus, タイ/Thailand, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ルーイ県/Loei, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 昆虫の巣/insect nest, 生長速度/growth rate, 菌園/fungus garden, 走査型電子顕微鏡/SEMA novel fungus, Mycodomus formicartus associated with black ant, Dolichoderus thoracicus (Smith) on bambooタイ、ルーイ県においてタケに生じた菌を検討し、新属新種Mycodomus formicartusとして記載した。本種の子実体は灰色~黒色の塊状で穴が開いており、アリの一種Dolichoderus thoracicusの巣として機能するとみられた。本種は分子系統解析でカプノディウム科クレードに含まれたが、どの既存の属とも一致しなかった。Mycodomus formicartus★
R3-06720ディアポルテ目の新科、メランスポレラ科2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/canker, 甘粛省/Gansu, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 色素産生/pigment production, 黒竜江省/HeilongjiangMelansporellaceae: a novel family of Diaporthales (Ascomycota)中国甘粛省においてクルミに潰瘍病を引き起こした病原菌を検討し、新属新種Melansporella juglandiumとして記載した。本種に対して新科メランスポレラ科を提唱した。本科はメランコニス科と共通する形態形質を有していたが、分生子がより大きく、鞘に包まれる点などが異なっていた。Melansporella juglandium★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-06719ポーランドにおいてオークの古木の材に生息する稀産種Buglossoporus pulvinus:生態、分布、および絶滅リスク評価2019Baltic Forestry2019年の論文/published in 2019, Baltic Forestry, アーティファクト/artifact, コナラ属/Quercus, フェノロジー/phenology, ブナ科/Fagaceae, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, ヴァルミア=マズールィ県/Warmian-Masurian, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 子実体発生調査/survey of fruiting bodies, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 西ポモージェ県/Pomorze ZachodnieBuglossoporus pulvinus, a rare wood-inhabiting fungus on ancient oak trees in Poland: ecology, distribution and extinction risk assessmentポーランドにおける稀産種Buglossoporus pulvinusの発生データを批判的に分析した。本種のポーランドにおける新規生息地を2ヶ所報告し、各生息地における子実体の数や共存種、フェノロジーなどを記録した。レッドリストの基準に照らし合わせて、本種を絶滅危惧種 (EN) に分類するべきだと指摘した。Buglossoporus pulvinus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-06718メキシコ東部の熱帯オーク林に産したLactifluus属2新種2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, コナラ属/Quercus, フェノロジー/phenology, ブナ科/Fagaceae, メキシコ/Mexico, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMTwo new species of Lactifluus (Fungi, Russulales) from tropical Quercus forest in eastern Mexicoメキシコ、ベラクルス州の熱帯林においてコナラ属の樹下に発生した2種の菌を検討し、Lactifluus lorenaeおよびL. mexicanusとして新種記載した。前者は子実体が白色で橙褐色に変色し、やや塩素臭があり、担子胞子が広楕円形であることなどで特徴づけられた。後者は傘表面が皺状で襞が密~非常に密、柄が桃色を帯びることなどで特徴づけられた。Lactifluus lorenae★ / Lactifluus mexicanus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06717タイ産の無性の菌の新種、Tretoheliocephala cylindrospora2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チャイヤプーム県/Chaiyaphum, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungiTretoheliocephala cylindrospora sp. nov., an asexual fungus from Thailandタイ、チャイヤプーム県において未同定植物の腐朽枝に生じたアナモルフ菌の一種を検討し、Tretoheliocephala cylindrosporaとして新種記載した。本種は分生子柄が分枝せず、分生子が単生し、長楕円形~円筒形で単細胞であることなどで特徴づけられた。本種は2010年からの調査で一度しか見出されなかったことから稀産種とみなされた。Tretoheliocephala cylindrospora★
R3-06716Dothiorella casuariniの分子・形態特性およびディプロディア様分生子を有するその他のボトリオスフェリア科菌類2009Mycologia2009年の論文/published in 2009, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イトスギ属/Cupressus, オーストラリア/Australia, オーストラリア首都特別地域/Australian Capital Territory, キプロス/Cyprus, キプロス新産種/Cyprus_new record, ギリシャ/Greece, ヒノキ科/Cupressaceae, ホストシフト/host shift, モクマオウ属/Casuarina, モクマオウ科/Casuarinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 潰瘍病/canker, 種分化/speciation, 胞子形成誘導/sporulation inductionMolecular and morphological characterization of Dothiorella casuarini sp. nov. and other Botryosphaeriaceae with diplodia-like conidiaオーストラリア、キャンベラにおいてモクマオウ属植物に生じた菌を検討し、Dothiorella casuariniとして新種記載した。また、ギリシャおよびキプロスにおいてイトスギ属植物に生じ、形態のみからD. pinea f. sp. cupressiと同定されていた分離菌株を再検討し、D. cupressiと再同定した。本病原菌のキプロスからの報告は初となった。Diplodia cupressi■ / Dothiorella casuarini★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06715カナダ、オンタリオ州産の新種、Lempholemma syreniarum2019The Bryologist2019年の論文/published in 2019, The Bryologist, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, シアノビオント/cyanobiont, トネリコ属/Fraxinus, モクセイ科/Oleaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水生地衣類/aquatic lichen, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenLempholemma syreniarum (Lichinaceae), a new species from Ontario, Canadaカナダ、オンタリオ州の季節により浸水する森林においてモクセイ属の樹皮に生じた半水生地衣の一種を検討し、Lempholemma syreniarumとして新種記載した。本種は地衣体が黒色小区画状で、子器が淡褐色、子嚢胞子が単細胞であることなどで特徴づけられた。痂状~鱗片状で樹皮生、微小で膠質、単純な子嚢胞子を有する藍藻地衣の検索表を掲載した。Lempholemma syreniarum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科
R3-06714カナダ、ブリティッシュコロンビア州および米国アラスカ州において海岸に産した新種、Opegrapha halophila2019The Bryologist2019年の論文/published in 2019, The Bryologist, アラスカ州/Alaska, カナダ/Canada, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 太平洋岸北西部/Pacific Northwest, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 米国/USA, 脂肪酸/fatty acid, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyOpegrapha halophila (Opegraphaceae), a new lichen species from coastal British Columbia, Canada, and Alaska, U.S.A.米国アラスカ州のクイウ島およびカナダのハイダグワイにおいて海岸の岩に生じた地衣の一種を検討し、Opegrapha halophilaとして新種記載した。本種は子器がリレラ状で粉芽を形成し、地衣成分としてロセリン酸/”angardianic acid”を含むことなどで特徴づけられた。粉芽形成性Opegrapha属地衣の検索表を掲載した。Opegrapha halophila★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Opegraphaceae/キゴウゴケ科
R3-06713セルビア新産種、Neolecta vitellinaおよびSowerbyella fagicola2019Biologica Nyssana2019年の論文/published in 2019, Biologica Nyssana, セルビア/Serbia, セルビア新産種/Serbia_new record, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered speciesFirst record of Neolecta vitellina (Bres.) Korf & J. K. Rogers and Sowerbyella fagicola J. Moravec in Serbia稀産種のNeolecta vitellinaおよびSowerbyella fagicolaをセルビア新産種として報告した。前者はドイツトウヒ林の非常に湿った場所において根に生じ、後者は混生林において湿ったリターから散生あるいは群生していた。両種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載し、保全の必要性について述べた。Neolecta vitellina■ / Sowerbyella fagicola■Ascomycota/子嚢菌門_Taphrinomycotina/タフリナ菌亜門_Neolectomycetes/ヒメカンムリタケ綱_Neolectomycetidae/ヒメカンムリタケ亜綱_Neolectales/ヒメカンムリタケ目_Neolectaceae/ヒメカンムリタケ科_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-06712スペイン産のTerfezia属1新種2019Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2019年の論文/published in 2019, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, Tuberaria属, アンダルシア州/Andalusia, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, キク科/Asteraceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン/Spain, マドリード州/Madrid, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酸性土壌/acidic soilA New Terfezia from Spainスペインの酸性土壌においてTuberaria guttataの下に発生した菌を検討し、Terfezia honrubiaeとして新種記載した。本種はグレバが成熟時褐色、子嚢胞子が刺状であり、外皮が偽柔組織状であることなどで特徴づけられた。本種は宿主が同一あるいは同じく子嚢胞子が刺状のどの同属他種とも形態的・系統的に異なっていた。Terfezia honrubiae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Terfeziaceae/イモタケ科
R3-06711Corynespora属およびTeratosperma属の非典型的な2種に対する新属Morganjonesia2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combinationMorganjonesia gen. nov. for two atypical Corynespora and Teratosperma speciesCorynespora calophylliおよびTeratosperma litchiiに対して新属Morganjonesiaを提唱した。本属は分生子形成様式がモノトレト型、分生子が単生し、褐色小疣状で隔壁を有し、頂部に無色の付属糸を伴うことなどで特徴づけられた。本属はSolicorynespora属に類似するが、分生子の付属糸の有無が異なっていた。Morganjonesia calophylli▲ / Morganjonesia litchii▲
R3-06710ノルウェー新産の海生菌類、および全体の多様性の展望2014Agarica2014年の論文/published in 2014, Agarica, DNAバーコーディング/DNA barcoding, エストフォル県/Østfold, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, スヴァールバル諸島/Svalbard Islands, トロムス県/Troms, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, フィンマルク県/Finnmark, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 潮間帯/intertidal zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 配列決定/sequencingMarine fungi new to Norway, with an outlook to the overall diversityノルウェーにおいて材片に生じた海生菌の形態学的検討を実施し、17種をノルウェー新産種として報告した。その中にはスヴァールバル諸島産のRostrupiella属未記載種も含まれた。また、7種の絶対海生菌のDNAバーコードを公開した。Asteromyces cruciatus■ / Capronia ciliomaris■ / Corollospora comata■ / Corollospora luteola■ / Corollospora maritima■ / Digitatispora marina■ / Halosphaeria pileata■ / Halosphaeria quadri-remis■ / Hypocrea schweinitzii■ / Nais inornata■ / Remispora stellata■ / Sphaerulina orae-maris■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dematiaceae/デマティウム科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Halosphaeriaceae/ハロスフェリア科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06709東欧-中欧の開放林冠のオーク林分に産した特筆すべき地衣類および地衣生菌類2018Herzogia2018年の論文/published in 2018, Herzogia, Melanohalea属, アトラノリン類/atranorins, イヴァーノ=フランキーウシク州/Ivano-Frankivsk, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, キウメノキゴケ属/Flavoparmelia, コナラ属/Quercus, ジバリカト酸/divaricatic acid, セトラル酸類/cetraric acids, ゼオリン類/zeorins, テルペノイド/terpenoids, デプシド類/depsides, トリテルペン類/triterpenes, ハルギタ県/Harghita, ハンガリー/Hungary, ハンガリー新産種/Hungary_new record, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フマル酸類/fumarates, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, ボルショド・アバウーイ・ゼンプレーン県/Borsod-Abaúj-Zemplén, ポトカルパチェ県/Podkarpackie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, ルーマニア/Romania, ルーマニア新産種/Romania_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 指標種/indicator species, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 東欧新産種/East Europe_new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNoteworthy lichenized and lichenicolous fungi of open-canopy oak stands in east-central Europeポーランド、ウクライナ、ルーマニア、およびハンガリーの4か国にまたがるカルパティア山脈のオーク林において地衣類および地衣生菌類の調査を実施し、それぞれ18種、2種を記録した。Rinodina isidioidesを東欧およびカルパティア山脈新産種として報告したほか、数種の新産種を報告した。各種についてカルパティア山脈および全世界における分布、生態、識別形質などを掲載した。Abrothallus bertianus■ / Abrothallus microspermus■ / Agonimia borysthenica■ / Bacidia sulphurella / Biatora pontica■ / Fuscidea arboricola■ / Fuscidea pusilla■ / Lecanora substerilis■ / Lecidea nylanderi■ / Lecidella flavosorediata■ / Lepraria rigidula■ / Protoparmelia hypotremella■ / Psoroglaena dictyospora■ / Ramonia chrysophaea■ / Rinodina excrescens■ / Rinodina isidioides■ / Rinodina subpariata■ / Ropalospora viridis■ / Verrucaria viridigrana■Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Fuscideaceae/フスキデア科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科_Ropalosporaceae/ロパロスポラ科
R3-06708トルコ、ビンギョル県において採集されたトルコ新産の大型菌類2010Turkish Journal of Botany2010年の論文/published in 2010, Turkish Journal of Botany, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ビンギョル県/Bingöl, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 温帯域/temperate zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationNew additions to the Turkish Macromycota from Bingöl province (Turkey)トルコ、ビンギョル県からトルコ新産種としてHymenoscyphus scutula、Crepidotus vulgaris、Psilocybe merdicola、およびTricholoma inamoenumを報告した。各種の記載文、生態写真、胞子の顕微鏡写真などを掲載した。本報告によりトルコにおける各属の既知種はそれぞれ3種、8種、13種、49種に増加した。Crepidotus vulgaris■ / Hymenoscyphus scutula■ / Psilocybe merdicola■ / Tricholoma inamoenum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-06707クロモサイフェラ科の系統学的評価、およびChromocyphella属の襞を持つ1新種2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, Erica属, Mycologia, アオイ科/Malvaceae, エピタイプ指定/epitype designation, カナリア諸島/Canary Islands, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ寄生菌/bryoparasitic fungus, コケ生息菌/bryophilous fungus, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, ツツジ科/Ericaceae, バスク自治州/Basque Country, ブナ科/Fagaceae, マカロネシア/Macaronesia, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 漂白/bleaching, 走査型電子顕微鏡/SEM, 進化的起源/evolutionary originPhylogenetic assessment of Chromocyphellaceae (Agaricineae, Basidiomycota) and a new lamellate species of Chromocyphellaクロモサイフェラ科の系統学的位置を検討し、本科がヒメノガステル科クレードに含まれ、Chromocyphella属がFlammula属と姉妹群を形成することを示した。カナリア諸島において樹皮上のコケに発生した菌を検討し、C. lamellataとして新種記載した。本属の基準種であるCymbella crouaniiのレクトタイプおよびエピタイプを指定し、新種記載に合わせて本属の定義を襞と柄を有する種を含むように修正した。Chromocyphella lamellata★ / Chromocyphella muscicolaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06706地衣に関連するアンズタケ目の小型菌核形成性の新種2014The Lichenologist2014年の論文/published in 2014, 454パイロシーケンシング/454 pyrosequencing, Butia属, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Hieronyma属, Lobariella属, The Lichenologist, × Chitalpa属, アルゼンチン/Argentina, アンデス山脈/Andes, イェムトランド県/Jämtland, イギリス/United kingdom, イースト・ロージアン/East Lothian, ウメノキゴケ属/Parmotrema, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, エクアドル/Ecuador, エントレ・リオス州/Entre Ríos, オランダ/Netherlands, カエデ属/Acer, カブトゴケ科/Lobariaceae, キウメノキゴケ属/Flavoparmelia, キンブチゴケ属/Pseudocyphellaria, クロウラムカデゴケ属/Phaeophyscia, グレーヴェンマハ広域行政区/Grevenmacher, コミカンソウ科/Phyllanthaceae, ゴンゲンゴケ属/Hypotrachyna, サバンナ/savannah, サモラ・チンチペ県/Zamora-Chinchipe Prefecture, スウェーデン/Sweden, スコットランド/Scotland, タイプスタディ/type study, チリ/Chile, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, トゥングラワ県/Tungurahua, トネリコ属/Fraxinus, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, ドイツ/Germany, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニワトコ属/Sambucus, ノウゼンカズラ科/Bignoniaceae, バイエルン州/Bayern, ピレネー=オリアンタル県/Pyrénées-Orientales, フランス/France, フラームス=ブラバント州/Flemish Brabant, フリースラント州/Friesland, ヘッセン州/Hessen, ベルギー/Belgium, ボリビア/Bolivia, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ユンガス/yungas, ヨロイゴケ属/Sticta, ラパス県(ボリビア)/La Paz (Bolivia), リター菌/litter fungi, ルクセンブルク/Luxembourg, レンプクソウ科/Adoxaceae, ロス・ラゴス州/Los Lagos, ロハ県/Loja, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北ブラバント州/North Brabant, 収蔵標本/stored specimen, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 次世代シーケンシング/next generation sequencing, 水辺/waterside, 河川/river, 草地/grassland, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌核/sclerotium, 難培養性菌/uncultured fungi, 雲霧林/cloud forestNew lichen-associated bulbil-forming species of Cantharellales (Basidiomycetes)スコットランドにおいて岩上生痂状地衣に生じ、白色の小型菌核を形成した菌を検討し、新属新種Burgellopsis niveaとして記載した。また、南米においてツメゴケ目地衣の地衣体や子器に生じた菌を検討し、新属新種Bulbilla applanataとして記載した。この他にBurgella luteaおよびCeratobasidium bulbillifaciensの2新種を記載した。Bulbilla applanata★ / Burgella flavoparmeliae / Burgella lutea★ / Burgellopsis nivea★ / Ceratobasidium bulbillifaciens★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Ceratobasidiaceae/ツノタンシキン科
R3-06705小房子囊菌類における子宮形子囊殻の平行進化2009Systematics and Biodiversity2009年の論文/published in 2009, Systematics and Biodiversity, インディアナ州/Indiana, ケニア/Kenya, テネシー州/Tennessee, リフトバレー州/Rift Valley, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海岸州(ケニア)/Coastal State (Kenya), 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 米国/USA, 色素産生/pigment productionParallel evolution of hysterothecial ascomata in ascolocularous fungi (Ascomycota, Fungi)小房子囊菌類の幅広い分類群を対象に分子系統解析を実施した。その結果、本菌群において子宮形子嚢果が複数回進化した可能性が示唆された。新属新種として米国産のAnteaglonium globosumとケニア産のA. latirostrumを記載した。Anteaglonium abbreviatum▲ / Anteaglonium globosum★ / Anteaglonium latirostrum★ / Anteaglonium parvulum▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Anteagloniaceae/アンテアグロニウム科
R3-06704Adonis palaestinaを宿主とする新種Phoma adonidicola2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キンポウゲ科/Ranunculaceae, フクジュソウ属, 中国/China, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 移入種/alien species, 菌核/sclerotium, 走査型電子顕微鏡/SEMPhoma adonidicola sp. nov. on Adonis palaestina中国、内モンゴル自治区においてAdonis palaestinaの茎および葉柄に斑点病を引き起こした菌を検討し、Phoma adonidicolaとして新種記載した。本種はコロニーの生長が速く、菌核を豊富に形成し、厚壁胞子が大型であることなどで特徴づけられた。病変部は初め淡黄褐色でのちに帯黒褐色に変色し、多数の黒色の分生子殻がそこに形成された。Phoma adonidicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-06703ケベック州の亜寒帯および混交林の小川において見出された新種の水生不完全糸状菌、Dwayaangam colodena2006Mycologia2006年の論文/published in 2006, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, カナダ/Canada, カナダ新産種/Canada_new record, ケベック州/Quebec, トウヒ属/Picea, マイクロコスム, マツ科/Pinaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北米新産種/North America_new record, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 種の豊富さ/species richness, 胞子形成誘導/sporulation induction, 菌類相調査/mycofloristic surveyStreams in Quebec boreal and mixed-wood forests reveal a new aquatic hyphomycete species, Dwayaangam colodena sp. nov.カナダ、ケベック州の2地域において小川の泡を採集して水生不完全菌を調査し、計54種を同定した。Anguillospora roseaなど6種は北米新産種として報告された。そのうち一種をDwayaangam colodenaとして新種記載したが、この種はトウヒ属樹木の針葉からも分離され、特異な形状の分生子で特徴づけられた。Anguillospora rosea■ / Colispora elongata■ / Dwayaangam colodena★ / Flagellospora fusarioides■ / Gemmulina botryosa■ / Porocladium aquaticum■ / Tricellula taiwanensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科_Ascomycetes/子嚢菌綱
R3-06702オーストララシア産シクエストレート菌類 (17):復活したHydnoplicata属2006Australasian Mycologist2006年の論文/published in 2006, Australasian Mycologist, アーティファクト/artifact, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タイプスタディ/type study, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新組み合わせ提唱/new combination, 菌根菌/mycorrhizal fungiAustralasian Sequestrate Fungi 17: The genus Hydnoplicata (Ascomycota, Pezizaceae) resurrectedオーストラリア固有種、Hydnocystis convolutaのタイプ標本を含む形態学的検討を基に、本種をHydnoplicata属に移した。同属はそれまでPeziza属のシノニムとされていたが、この転属に伴って復活させた。本種は地下生菌であり、子嚢がアミロイドであることなどで特徴づけられた。Hydnoplicata convoluta▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-06701ピレニディウム科の復活2019Mycosphere2019年の論文/published in 2019, Mycosphere, Scytinium属, イワノリ科/Collemataceae, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, カブトゴケ科/Lobariaceae, ゴール/gall, ツメゴケ科/Peltigeraceae, フランス/France, ヤイトゴケ属/Solorina, ヨロイゴケ属/Sticta, レユニオン/Reunion, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 森林/forest, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 菌寄生菌/mycoparasite, 複合種/species complexThe family Pyrenidiaceae resurrectedPyrenidium属の分子系統解析により本属がダカンピア科と遠縁であることを示し、それまでシノニムとされていたピレニディウム科を復活させた。また、レユニオンからヨロイゴケ属地衣を宿主とする新種Pyrenidium borbonicumを記載した。本属菌の子嚢果、子嚢、子嚢胞子、宿主地衣の比較表を掲載した。Pyrenidium actinellum / Pyrenidium borbonicum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科
R3-06700ブラジルの半乾燥地域におけるヒメツチグリ属3種の地理的分布に関する更新情報2014Mycosphere2014年の論文/published in 2014, Mycosphere, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 半乾燥地域/semi-arid area, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 熱帯域/tropics, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEMUpdates on the geographic distribution of three Geastrum species from Brazilian semi-arid regionブラジルの半乾燥地域からGeastrum floriforme、G. violaceum、およびG. xerophilumの3種を報告した。これらはそれぞれブラジルからの初記録、熱帯地域からの初記録、新熱帯からの2番目の記録であった。各種について記載文、生態写真、光学顕微鏡写真、SEM写真などを掲載した。Geastrum floriforme■ / Geastrum violaceus■ / Geastrum xerophilum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科
R3-06699イラク新産の担子菌類3種2019Plant Archives2019年の論文/published in 2019, Plant Archives, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, サラーフッディーン県/Saladin, バグダード県, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 湿度/humidity, 胞子紋/spore print, 草地/grassland, 食毒不明/edibility unknownFirst Record of Three Mycofungal Basidomycota from Iraqイラクのティクリートおよびバグダッドにおいて大型菌類の調査を実施し、Agrocybe pediades、Panaeolus guttulatus、Conocybe watlingii、およびPanaeolus guttulatusの4種を報告した。そのうち3種がイラク新産種、1種がバグダッド県新産種であった。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Agrocybe pediades■ / Conocybe watlingii■ / Panaeolus guttulatus■ / Psathyrella candolleana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-06698Paratrichaptum属の系統的位置およびキカイガラタケ目の再検討2020Fungal Systematics and Evolution2020年の論文, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シノニム/synonym, 保全生態学/conservation ecology, 共有派生形質/synapomorphy, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 祖先形質推定/ancestral character estimation, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 遺存種/relict speciesPhylogenetic placement of Paratrichaptum and reconsideration of GloeophyllalesParatrichaptum accuratumを分子系統解析に基づき検討し、本種をキカイガラタケ目キカイガラタケ科に含めた。それに伴い、Jaapia属がキカイガラタケ科に含まれることを示し、ヤーピア目およびヤーピア科をそれぞれキカイガラタケ目、キカイガラタケ科のシノニムとした。Paratrichaptum属は本目の系統の基部に位置し、傘状の子実体と褐色腐朽は本目の祖先形質とみられた。Paratrichaptum accuratumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizoporaceae/アナタケ科
R3-06697ガイアナ産の新規かつ特異な担子菌、Cantharellus pleurotoides2006Mycological Research2006年の論文/published in 2006, Dicymbe属, Mycological Research, ガイアナ/Guyana, コケ上に生える菌/fungi on moss, ポタロ・シパルニ州/Potaro-Siparuni, マメ科/Fabaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 胞子散布/spore dispersal, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 風散布/wind dispersalCantharellus pleurotoides, a new and unusual basidiomycete from Guyanaガイアナの熱帯雨林で採集された菌を検討し、Cantharellus pleurotoidesとして新種記載した。本種は林床から離れた木質基質と生木幹上の腐植質に生じ、子実体がヒラタケ型で、子実層面が平滑であるという特異な生態および形態を有していた。本種はDicymbe属樹木が優占する林分でのみ見出され、当該樹木との外生菌根菌としての関係が示唆された。Cantharellus pleurotoides★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科
R3-06696新種Phylacia mexicanaおよび特にメキシコ産の他種に関する考察2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Exothea属, Mycotaxon, キューバ/Cuba, サンショウ属/Zanthoxylum, チアパス州/Chiapas, バハマ/Bahamas, ベラクルス州/Veracruz, ベリーズ/Belize, ミカン科/Rutaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 砂質土壌/sandy soil, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲霧林/cloud forestPhylacia mexicana sp. nov. and consideration of other species with emphasis on Mexicoメキシコで採集された菌を検討し、Phylacia mexicanaとして新種記載した。本種は子座が偽洋独楽形で小さく、樹皮から破出し、子嚢および子嚢胞子が小型であることなどで特徴づけられた。本属既知種の検索表を掲載した。Phylacia bomba / Phylacia globosa / Phylacia mexicana★ / Phylacia poculiformis / Phylacia sagraeana / Phylacia surinamensis■ / Phylacia turbinataAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科
R3-06695熱帯産植物病原菌 (1):Pseudocercospora punicae2011Plant Pathology & Quarantine2011年の論文/published in 2011, Plant Pathology & Quarantine, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ザクロ属/Punica, タイ/Thailand, ミソハギ科/Lythraceae, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 総説記事/review article, 葉面菌/leaf surface fungi, 配列決定/sequencingTropical phytopathogens 1: Pseudocercospora punicaeザクロの病原菌であるPseudocercospora punicaeの宿主、病徴、防除などを解説した。タイ産の標本を検討して記載文、写真などを掲載し、分生子の形態などを先行研究の記述と比較した。nrLSUの塩基配列を決定してGenBankに登録した。Pseudocercospora punicaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06694タイ新産のサーコスポロイド類14種2012Maejo International Journal of Science and Technology2012年の論文/published in 2012, Maejo International Journal of Science and Technology, Olax属, Polyscias属, Spondias属, アオイ科/Malvaceae, アカネ科/Rubiaceae, アカメガシワ属/Mallotus, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, ウコギ科/Araliaceae, ウルシ科/Anacardiaceae, オラクス科/Olacaceae, キオン属/Senecio, キク科/Asteraceae, キンゴジカ属/Sida, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, クワ科/Moraceae, コウゾ属/Broussonetia, サワンナケート県/Savannakhet, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンラーイ県/Chiang Rai, ツヅラフジ科/Menispermaceae, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナツメ属/Ziziphus, ナンバンサイカチ属/Cassia, ヌカボ属/Agrostis, パヤオ県/Phayao, ヒエ属/Echinochloa, ヘクソカズラ属, マメ科/Fabaceae, ミヤコジマツヅラフジ属, ラオス/Laos, ラオス新産種/Laos_new record, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 東南アジア新産種/Southeast Asia_new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 複合種/species complex, 都市環境/urban environmentFourteen new records of cercosporoids from Thailandタイ北部からタイ新産のサーコスポロイド菌類14種を報告した。内訳はCercospora属5種、Passalora属3種、Pseudocercospora属5種、Zasmidium属1種であった。Ps. malloticolaはラオス新産種としても報告された。Cercospora malloti■ / Cercospora senecionicola■ / Cercospora sidicola■ / Cercospora verniciferae■ / Cercospora ziziphigena■ / Passalora broussonetiae■ / Passalora fusimaculans■ / Passalora graminis■ / Pseudocercospora cycleae■ / Pseudocercospora malloticola■ / Pseudocercospora olacicola■ / Pseudocercospora paederiae■ / Pseudocercospora polysciatis■ / Zasmidium cassiicola■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06693ウルビーノにおける興味深いPhlegmacium亜属の発見2016Journal des JEC2016年の論文/published in 2016, Journal des JEC, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, コナラ属/Quercus, ドイツ語/German, ブナ科/Fagaceae, マルケ州/Marche, 分子同定/molecular identification, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 配列決定/sequencingInteressante Phlegmacium-Funde um Urbinoイタリア、ウルビーノから7種の稀で興味深いPhlegmacium亜属の菌を報告した。これらの種はいずれも、石灰質土壌の森林においてコナラ属樹木とともに発生しており、C. murellensisはイタリア新産種として報告された。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Cortinarius aurantiorufus / Cortinarius chromataphilus / Cortinarius flavoaurantians / Cortinarius molochinus / Cortinarius murellensis■ / Cortinarius scaurocaninus / Cortinarius splendificusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-06692ベネズエラ、グラン・サバナから記載されたグロムス門の新種、Scutellospora striata2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, Wet-sieving法/wet sieving method, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, サバンナ/savannah, ベネズエラ/Venezuela, ボリバル州/Bolívar, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 砂質土壌/sandy soil, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酸性土壌/acidic soil, 釣菌法/baiting method, 難培養性菌/uncultured fungiScutellospora striata sp.nov., a newly described glomeromycotan fungus from La Gran Sabana, Venezuelaベネズエラで土壌試料に見出された菌を検討し、Scutellospora striataとして新種記載した。本種は胞子が帯桃黄褐色で独特な指紋状の装飾を有し、胞子壁の構造が複雑であることなどで特徴づけられた。本種は複数種を含むポットカルチャーで土壌中に胞子を形成したが、純粋培養による菌根合成は成功しなかった。Scutellospora striata★Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Diversisporales/ディバーシスポラ目_Gigasporaceae/ギガスポラ科
R3-06691ヨーロッパ新産種、Peltigera wulingensis2019Graphis Scripta2019年の論文/published in 2019, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Graphis Scripta, オップラン県/Oppland, コケ上に生える菌/fungi on moss, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, フィリディア/phyllidia, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 北欧新産種/Nordic_new record, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 河川/river, 石灰岩/limestone, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyPeltigera wulingensis new to Europeノルウェー、オップラン県からPeltigera wulingensisをヨーロッパ新産種として報告した。本報告は全世界から5番目の報告であり、川辺の石灰岩上のコケに発生していた。本種との同定は形態、地衣成分、およびITSバーコードに基づき確かめられた。Peltigera wulingensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Peltigeraceae/ツメゴケ科
R3-06690形態および分子の証拠に基づく中国南部産のベニタケ属3新種2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, UNITE, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMThree novel species of Russula from southern China based on morphological and molecular evidence中国広東省からRussula bubalina、R. pseudobubalina、およびR. subatropurpureaの3新種を記載した。R. bubalinaは傘が肉桂黄褐色~桃色で条線を有し、担子胞子が疣状で子実層シスチジアがSV+褐色であること、R. pseudobubalinaは襞が叉状分岐せず、担子器および担子胞子が前種よりも大きく、縁シスチジアが短いことなどで特徴づけられた。R. subatropurpureaは傘が帯紫褐色で肉がFeSO4+淡帯紫赤色、子実層シスチジアが長くSV+褐色であることなどで特徴づけられた。Russula bubalina★ / Russula pseudobubalina★ / Russula subatropurpurea★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06689土壌由来のPhialosporostilbe属およびPleurothecium属新種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, チベット自治区/Tibet, 中国/China, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 山西省/Shanxi, 新種記載/new species, 生長速度/growth rate, 草地/grasslandNew species of Phialosporostilbe and Pleurothecium from soil中国において土壌から分離された暗色のアナモルフ菌2種を検討し、Phialosporostilbe yadongensisおよびPleurothecium clavatumとして新種記載した。前者はチベット自治区の草地に産し、シンネマを形成し、分生子が4-10つの放射状の付属糸を有することなどで特徴づけられた。後者は山西省の山地に産し、分生子が淡褐色棍棒形で通常1隔壁を有することなどで特徴づけられた。Phialosporostilbe yadongensis★ / Pleurothecium clavatum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Pleurotheciales/プレウロセシウム目_Pleurotheciaceae/プリューロセシウム科
R3-06688カタールにおいて海水から分離された新種の酵母、Kondoa qatarensis2019International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2019年の論文/published in 2019, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, pH(水質)/pH (water), アッ=シャマール, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アル=ハウル, アル=ワクラ, ウレアーゼ試験/urease test, 交配試験/mating test, 培養性状/colony characteristics, 塩分濃度/salinity, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 水温/water temperature, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastKondoa qatarensis f.a., sp. nov., a novel yeast species isolated from marine water in Qatarカタールのアラビア湾において海水から分離されたアナモルフ酵母の一種を検討し、Kondoa qatarensisとして新種記載した。本種は分子系統解析でK. aeriaおよびK. malvinellaに近縁であったが、資化能や生長温度などが異なっていた。本種は交配試験でも有性世代を形成せず、射出分生子も認めなかった。Kondoa qatarensis★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Agaricostilbomycetes/アガリコスティルバム綱_Agaricostilbomycetidae/アガリコスティルバム亜綱_Agaricostilbales/アガリコスティルバム目
R3-06687中国新産のアンズタケ属の特筆すべき2種2009Edible Fungi of China2009年の論文/published in 2009, Edible Fungi of China, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 雲南省/Yunnan, 食用きのこ/edible mushroomsTwo notable species of the genus Cantharellus Adans. (Cantharellales, Basidiomycota) new to ChinaCantharellus cibarius var. bicolorおよびC. friesiiを中国から初めて報告した。前者はPinus yunnanensisの森林の草地に生じ、後者は混交林の地上に発生していた。両種の記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Cantharellus cibarius■ / Cantharellus friesii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科
R3-06686ブラジル新産種、Psathyrella euthygramma2019Darwiniana nueva serie2019年の論文/published in 2019, Darwiniana nueva serie, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestPsathyrella euthygramma (Agaricales, Basidiomycota), a new record from Brazilブラジル、ペルナンブーコ州の大西洋岸森林からPsathyrella euthygrammaをブラジル新産種として報告した。本種は腐朽材に叢生し、子実体が小型でつばを持ち、担子胞子が小型で発芽孔を有することなどで特徴づけられた。本種はヨーロッパ産のP. pygmaeaとは柄の基部が剛毛状である点、つばの有無、担子胞子のサイズなどで区別された。Psathyrella euthygramma■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-06685非血液学的素因条件を有する患者の検体から分離されたTerrei節の新種、Aspergillus citrinoterreus2015Journal of Clinical Microbiology2015年の論文/published in 2015, Journal of Clinical Microbiology, M38-A2, MIC, アスペルギルス症/aspergillosis, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エラッタ/errata, スペイン/Spain, ヒト病原菌/human pathogen, マドリード州/Madrid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 侵襲性アスペルギルス症/invasive aspergillosis, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 新種記載/new species, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水試料/water sample, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 痰検体/sputum specimen, 臨床検体/clinical specimens, 色素産生/pigment production, 誤同定/misidentification, 酸産生/acid productionAspergillus citrinoterreus, a New Species of Section Terrei Isolated from Samples of Patients with Nonhematological Predisposing Conditionsスペインの病院において侵襲性アスペルギルス症またはその可能性のある入院患者から分離された菌を検討し、Aspergillus citrinoterreusとして新種記載した。本種は培養下で可溶性の黄色色素を産生することなどで特徴づけられた。本種は狭義のA. terreusよりもイトラコナゾール、ボリコナゾール、およびポサコナゾールに対する感受性が高かった。Aspergillus citrinoterreus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-06684南米チリのアタカマ砂漠に産した地上生痂状地衣の2新種2008Herzogia2008年の論文/published in 2008, Herzogia, pH(水質)/pH (water), アントファガスタ州/Antofagasta, コキンボ州/Coquimbo, サリチル酸類/salicylic acids, ジロホール酸/gyrophoric acid, タラパカ州, チリ/Chile, バルパライソ州/Valparaiso, レカノール酸/lecanoric acid, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 付着器/appressorium, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 生物地理学/biogeography, 痂状地衣/crustose lichen, 砂地/sand, 砂漠/desert, 砂質ローム土壌/sandy loam soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 粘土質土壌/clayey soil, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 絶滅危惧種/endangered species, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 走査型電子顕微鏡/SEM, 顕微結晶法/microcrystal method, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyTwo new crustaceous soil lichens (Arthoniales) from the Chilean Atacama Desert, South Americaチリのアタカマ砂漠からLecanographa azureaおよびRoccellina ochraceaの2種の地上生地衣を新種記載した。前者はL. dimelaenoides、後者はR. accedensとそれぞれ近縁であった。アタカマ砂漠の地衣類相に関する知見は不十分だが、両種は稀産種とみなされ、生息地の破壊による深刻な危機に晒されていると考えられた。Lecanographa azurea★ / Roccellina ochracea★ / Roccellina terrestris■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Lecanographaceae/レカノグラファ科_Roccellaceae/ロクセラ科
R3-06683中国においてユーカリ属植物に枝枯病を引き起こした新組み合わせColletogloeopsis zuluenseの初記録2006Mycological Research2006年の論文/published in 2006, Mycological Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 広東省/Guangdong, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 潰瘍病/canker, 移入種/alien speciesFirst record of Colletogloeopsis zuluense comb. nov., causing a stem canker of Eucalyptus in China中国新産種としてConiothyrium zuluenseを報告し、本種をColletogloeopsis属に移した。分子系統解析の結果から、本種がMycosphaerella属のアナモルフであることが示された。従来分生子層を形成する種が含まれてきたColletogloeopsis属の属概念を、分生子殻を形成する本種を含むよう修正した。Colletogloeopsis zuluense▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Teratosphaeriaceae/テラトスフェリア科
R3-06682中国南部産のHygrocybe属Squamulosae節の新種2015Mycoscience2015年の論文/published in 2015, Mycoscience, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 草地/grasslandA new species of Hygrocybe subsect. Squamulosae from South China中国広東省の草地で採集された菌を検討し、Hygrocybe sparifoliaとして新種記載した。本種は傘表面が繊維状、襞が傷つくと桃色~帯紫灰褐色になり、担子器および傘表皮の細胞に帯灰褐色の色素を含むことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でSquamulosae亜節クレードに含まれ、近縁種とは形態的に異なっていた。Hygrocybe sparifolia★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科
R3-06681インド、マハーラーシュトラ州、メルガット・タイガー保護区に産したアナモルフ菌の新種、Tripospermum melghatensis2016Journal on New Biological Reports2016年の論文/published in 2016, Journal on New Biological Reports, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, シクンシ科/Combretaceae, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, モモタマナ属/Terminalia, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 葉面菌/leaf surface fungiTripospermum melghatensis – A new anamorphic fungus from Melghat Tiger Reserve, Maharashtra, Indiaインド、マハーラーシュトラ州においてモモタマナ属の一種の葉に生じた菌を検討し、Tripospermum melghatensisとして新種記載した。本種は分生子柄および分生子の腕が非常に長く、腕が無色の部分と褐色の部分からなり、腕の隔壁数が最大21であることなどで特徴づけられた。本種は同属他種のいずれとも形態的に異なっていた。Tripospermum melghatensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Capnodiaceae/カプノディウム科
R3-06680新種Discostroma ficicolaおよびDiscostroma属菌の検索表2006Sydowia2006年の論文/published in 2006, Sydowia, イチジク属/Ficus, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, クワ科/Moraceae, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity surveyDiscostroma ficicola sp. nov. (Amplhisphaeriaceae) and a key to species of Discostromaオーストラリア、クイーンズランド州の熱帯雨林で採集された菌を検討し、Discostroma ficicolaとして新種記載した。本種はFicus pleurocarpaの腐朽葉に生じ、子嚢胞子が類似する同属他種とは形態的に明瞭に異なっていた。Discostroma属菌の検索表および形質比較表を掲載した。Discostroma ficicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Discosiaceae/ディスコシア科
R3-06679タイ産の痂状地衣3新種2019The Bryologist2019年の論文/published in 2019, Lophopetalum属, The Bryologist, オキセピン類/oxepins, シイ属/Castanopsis, スチクチン酸類/stictic acids, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, タイ/Thailand, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ナコーンラーチャシーマー県/Nakhon Ratchasima, ニシキギ科/Celastraceae, ノーンブワラムプー県, ブナ科/Fagaceae, ルーイ県/Loei, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyThree new crustose lichens from Thailandタイから樹皮生痂状地衣3新種を記載した。Astrochapsa elongataは子器が細長く、子器が透明で子嚢胞子が類石垣状であること、Graphis khaoyaiensisは果殻側面が炭化し、子嚢胞子が石垣状であることなどでそれぞれ特徴づけられた。Phlyctis sirindhorniaeは子嚢胞子がが石垣状でノルスチクチン酸を含むことなどで特徴づけられた。Astrochapsa elongata★ / Graphis khaoyaiensis★ / Phlyctis sirindhorniae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Phlyctidaceae/フリクティス科
R3-06678Microascus属、Scopulariopsis属、および類縁属の再定義2016Persoonia2016年の論文/published in 2016, GCPSR, Persoonia, TreeBASE, アカザ科/Chenopodiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アヤメ科/Iridaceae, アルゼンチン/Argentina, イギリス/United kingdom, イタチ科/Mustelidae, イネ属/Oryza, イネ科/Poaceae, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, オランダイチゴ属/Fragaria, カスティーリャ・ラ・マンチャ州/Castilla-La Mancha, カンガルーネズミ属, コムギ属/Triticum, コンタミ/contamination, サフラン属/Crocus, スカンク属, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, チーズ/cheese, ツツハナバチ属/Osmia, トウモロコシ属/Zea, ネオタイプ指定/neotype designation, ハキリバチ属/Megachile, ハキリバチ科/Megachilidae, ハチの巣/honeycomb, バラ科/Rosaceae, ヒト病原菌/human pathogen, フダンソウ属/Beta, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ポケットマウス科, マツハバチ属, マツハバチ科, マングローブ林/mangrove forest, ミシオネス州/Misiones, メイン州/Maine, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 動物の巣/animal nest, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 命名法/nomenclature, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 堆肥/compost, 室内環境/indoor condition, 寄生菌/parasite, 属の境界/genus boundary, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 底泥/sediment, 新属提唱/new genus, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 日和見感染症/opportunistic infection, 昆虫の巣/insect nest, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 消失性子嚢/evanescent asci, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 生物劣化/biodeterioration, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 疑問種/doubtful species, 病原真菌/pathogenic fungi, 痰検体/sputum specimen, 砂地/sand, 砂漠/desert, 砂質ローム土壌/sandy loam soil, 砂質土壌/sandy soil, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 空中真菌/air-borne fungus, 米国/USA, 糞生菌/coprophilous fungi, 腐生菌/saprobe, 臨床検体/clinical specimens, 食品汚染/Food contaminationRedefining Microascus, Scopulariopsis and allied genera従来形態に基づき分類されてきたMicroascusおよびScopulariopsisの両属を含む67種141菌株を、GCPSRを用いて再検討した。新属Pseudoscopulariopsisおよび8新種、9新組み合わせを記載した。各属の検索表を掲載した。Microascus alveolaris★ / Microascus brunneosporus★ / Microascus campaniformis★ / Microascus chartarus▲ / Microascus cinereus / Microascus cirrosus / Microascus croci▲ / Microascus expansus★ / Microascus gracilis▲ / Microascus hyalinus▲ / Microascus intricatus★ / Microascus longirostris / Microascus macrosporus▲● / Microascus murinus▲ / Microascus paisii▲ / Microascus pyramidus / Microascus restrictus★ / Microascus senegalensis / Microascus trigonosporus / Microascus verrucosus★ / Pithoascus ater▲ / Pithoascus exsertus / Pithoascus intermedius / Pithoascus nidicola / Pithoascus stoveri / Pseudoscopulariopsis hibernica▲ / Pseudoscopulariopsis schumacheri▲ / Scopulariopsis asperula / Scopulariopsis brevicaulis / Scopulariopsis candida / Scopulariopsis cordiae★ / Scopulariopsis flava / Scopulariopsis soppiiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-06677キューバおよびブラジル産のグロムス綱の孔を有する新種、Acaulospora herrerae2013Nova Hedwigia2013年の論文/published in 2013, Byrsonima属, Nova Hedwigia, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, イネ科/Poaceae, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, キビ属/Panicum, キューバ/Cuba, キントラノオ科/Malpighiaceae, クローニング/cloning, グランマ州/Granma, セアラー州/Ceará, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, トケイソウ属/Passiflora, トケイソウ科/Passifloraceae, ナンヨウアブラギリ属/Jatropha, ネズミノオ属/Sporobolus, バイーア州/Bahia, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂丘/dune, 砂地/sand, 砂質ローム土壌/sandy loam soil, 砂質土壌/sandy soil, 種内変異/intraspecific variation, 胞子形成様式/sporulation style, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 酸性土壌/acidic soil, 釣菌法/baiting method, 降水量/precipitationAcaulospora herrerae, a new pitted species in the Glomeromycetes from Cuba and Brazilブラジルおよびキューバにおいて根圏土壌から分離された菌を検討し、Acaulospora herreraeとして新種記載した。本種の胞子は帯黄褐色~褐黄色であり、表面に隆起した網目状をなす孔を有する点で他の全ての本属菌と異なっていた。本種は分子系統解析でKuklospora kentinensisに隣接する単系統群を形成し、アカウロスポラ科の装飾を有するいくつかの種とも近縁であった。Acaulospora herrerae★Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Diversisporales/ディバーシスポラ目_Acaulosporaceae/アカウロスポラ科
R3-06676ペルーにおいてインカナッツの根圏土壌から見出された新種の菌、Acaulospora aspera2019Journal of Applied Botany and Food Quality2019年の論文/published in 2019, Journal of Applied Botany and Food Quality, Plukenetia属, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, クローニング/cloning, サン・マルティン県/San Martín, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ベナン/Benin, ペルー/Peru, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子ベイトカルチャー/single spore bait culture, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 土壌菌/soil fungi, 山地/mountains, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 根圏/rhizosphere, 植林地/plantation, 気温/temperature, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質ローム土壌/sandy loam soil, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 釣菌法/baiting method, 降水量/precipitationAcaulospora aspera, a new fungal species in the Glomeromycetes from rhizosphere soils of the inka nut (Plukenetia volubilis L.) in Peruペルーにおいてインカナッツ (Plukenetia volubilis) の根圏土壌から分離された菌を検討し、Acaulospora asperaとして新種記載した。本種は胞子が帯褐黄色~黄褐色で表面に密な小型の窪みを有し、洗濯板のような粗面をなすことなどで特徴づけられた。また、既に新種記載されたが命名規約上無効となっていたA. spinosissimaを再記載した。Acaulospora aspera★ / Acaulospora spinosissima★Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Diversisporales/ディバーシスポラ目_Acaulosporaceae/アカウロスポラ科
R3-06675アンゴラ産のリトマスゴケ属地衣上の地衣生菌3種、Lecanographa roseaの新種記載、およびリトマスゴケ属地衣に生じるアンゴラ産地衣生菌類の検索表2019Nova Hedwigia2019年の論文/published in 2019, Nova Hedwigia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アフリカ新産種/Africa_new record, アンゴラ/Angola, アンゴラ新産種, リトマスゴケ属/Roccella, リトマスゴケ科/Roccelaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 検索表/identification keyOn three lichenicolous species on Roccella montagnei from Angola with a description of the new species Lecanographa rosea (Lecanographaceae) and a key to the lichenicolous fungi growing on Roccella (Roccellaceae)アンゴラにおいてRoccella montagneiに生じた3種の地衣生菌を報告した。そのうち、帯桃色の子嚢果と無色3隔壁の子嚢胞子などで特徴づけられた菌をLecanographa roseaとして新種記載した。アンゴラ産のリトマスゴケ属地衣に生じる地衣生菌類の検索表を掲載した。Lecanographa imitans■ / Lecanographa rosea★ / Milospium graphideorum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Lecanographaceae/レカノグラファ科
R3-06674タイ北部産の新種、Clitopilus lampangensis2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, タイ/Thailand, ラムパーン県/Lampang, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobeClitopilus lampangensis (Agaricales, Entolomataceae), a new species from northern Thailandタイ、ラムパーン県の熱帯林で採集された菌を検討し、Clitopilus lampangensisとして新種記載した。本種は傘が淡黄色~帯灰黄色で胞子紋が帯桃色、担子胞子が長く、柄シスチジアが幅広いことなどで特徴づけられた。タイ産Clitopilus属菌の検索表を掲載した。Clitopilus lampangensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-06673白亜紀前期の琥珀における菌寄生および重複菌寄生の証拠2007Mycological Research2007年の論文/published in 2007, Mycological Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カチン州/Kachin, ミャンマー/Myanmar, 化石菌類/fossil fungi, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最古の化石/the oldest fossil, 琥珀/amber, 白亜紀/Cretaceous, 菌寄生菌/mycoparasiteEvidence of mycoparasitism and hypermycoparasitism in Early Cretaceous amberミャンマー、カチン州産の白亜紀前期の琥珀において菌寄生および重複菌寄生の例を見出した。新属新種Palaeoagaracites antiquus(最古の化石きのこ)は新属新種Mycetophagites atreboraの寄生を受け、それはさらに新属新種Entropezites patriciiの寄生を受けていた。本報告により、洗練された菌寄生の型が約1億年には既に発達していたことが示された。Entropezites patricii★ / Mycetophagites atrebora★ / Palaeoagaracites antiquus★Fossil Basidiomycota/化石担子菌類
R3-06672北米産の新種、Cintractia bulbostylidicola2007Nova Hedwigia2007年の論文/published in 2007, Nova Hedwigia, アリゾナ州/Arizona, カヤツリグサ科/Cyperaceae, ハタガヤ属, 分類未確定/classification undetermined, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 米国/USA, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 超微細構造/ultrastructure, 黒穂菌/smut fungiCintractia bulbostylidicola sp. nov. (Ustilaginomycotina) from North America米国アリゾナ州においてBulbostylis capillarisに感染した黒穂菌の一種を検討し、Cintractia bulbostylidicolaとして新種記載した。本種は花序の通常全ての花に不明瞭な胞子堆を生じ、黒穂胞子表面がSEM下で網目状~小疣状であることなどで特徴づけられた。Cintractia属菌の形質比較表およびハタガヤ属植物を宿主とする黒穂菌の検索表を掲載した。Cintractia bulbostylidicola★Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycotina/クロボキン亜門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Anthracoideaceae/アントラコイデア科
R3-06671新属Diutinaと新種Diutina siamensisの記載、およびCandida catenulata、Candida mesorugosa、Candida neorugosa、Candida pseudorugosa、Candida ranongensis、Candida rugosa、Candida scorzettiaeのDiutina属への再配置2015International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2015年の論文/published in 2015, forma asexualis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イネ属/Oryza, イネ科/Poaceae, ウレアーゼ試験/urease test, エンドファイト/endophyte, コナラ属/Quercus, ショウジョウバエ属/Drosophila, ショウジョウバエ科/Drosophilidae, スパンブリー県/Suphanburi, スライド培養法/slide culture method, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, ナコーンサワン県/Nakhon Sawan, ナコーンパトム県/Nakhon Pathom, ブナ科/Fagaceae, マングローブ林/mangrove forest, ムクロジ属/Sapindus, ムクロジ科/Sapindaceae, ユビキノン/ubiquinone, 二型性/dimorphism, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 加水分解試験/hydrolysis test, 医真菌学/medical mycology, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水試料/water sample, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 痰検体/sputum specimen, 発酵試験/fermentation test, 臨床検体/clinical specimens, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance test, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyDescription of Diutina gen. nov., Diutina siamensis, f.a. sp. nov., and reassignment of Candida catenulata, Candida mesorugosa, Candida neorugosa, Candida pseudorugosa, Candida ranongensis, Candida rugosa and Candida scorzettiae to the genus Diutinaタイにおいてイネの葉組織からエンドファイトとして分離されたアナモルフ酵母の一種を検討し、新属新種Diutina siamensisとして記載した。本新種に近縁であることが示された7種のCandida属酵母をDiutina属に移した。Diutina属全種を含む系統樹および生長特性の比較表などを掲載した。Diutina neorugosa▲ / Diutina pseudorugosa▲ / Diutina ranongensis▲ / Diutina rugosa▲ / Diutina scorzettiae▲ / Diutina siamensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-06670温帯の落葉樹から分離された新種Meyerozyma amylolytica、およびCandida属4種のMeyerozyma属への転属2017International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2017年の論文/published in 2017, forma asexualis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, テューリンゲン州/Thüringen, デンプン/starch, ドイツ/Germany, ハンガリー/Hungary, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ペシュト県/Pest, ヴァシュ県/Vas, 二型性/dimorphism, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 樹液/sap, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水試料/water sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 液化/deliquescence, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生長速度/growth rate, 発酵試験/fermentation test, 胞子形成誘導/sporulation induction, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance testMeyerozyma amylolytica sp. nov. from temperate deciduous trees and the transfer of five Candida species to the genus Meyerozymaドイツおよびハンガリーにおいて落葉樹の樹皮や樹液から分離された酵母の一種を検討し、Meyerozyma amylolyticaとして新種記載した。また、M. athensensisなど5点の新組み合わせを提唱した。真の菌糸を含む種の追加に伴い、本属の属概念を修正した。Meyerozyma amylolytica★ / Meyerozyma athensensis▲ / Meyerozyma carpophila▲ / Meyerozyma elateridarum▲ / Meyerozyma neustonensis▲ / Meyerozyma smithsonii▲Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Debaryomycetaceae/デバリオマイセス科
R3-06669中国産の新種、Phlebiella ailaoshanensis2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, コウヤクタケ類/corticioid fungi, 中国/China, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 配列決定/sequencing, 雲南省/YunnanPhlebiella ailaoshanensis sp. nov. (Polyporales, Basidiomycota) described from China中国雲南省において被子植物の幹に生じた菌を検討し、Phlebiella ailaoshanensisとして新種記載した。本種は子実他が背着生で薄く、子実層面が白色、担子胞子が類球形であることなどで特徴づけられた。本種のITS領域の塩基配列はPhelebiella属菌との相同性が高かった。Phlebiella ailaoshanensis★
R3-06668新種Cercidospora alpinaおよびフェノスカンジアにおける既知種の検索表2007The Lichenologist2007年の論文/published in 2007, The Lichenologist, イェムトランド県/Jämtland, キゴケ属/Stereocaulon, キゴケ科/Stereocaulaceae, スウェーデン/Sweden, ノールボッテン県/Norrbotten, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 菌寄生菌/mycoparasite, 複合種/species complex, 高山帯/alpine regionCercidospora alpina sp. nov. and a key to the known species in Fennoscandiaスウェーデンで採集された地衣生菌の一種を検討し、Cercidospora alpinaとして新種記載した。本種はStereocaulon cumulatumのみに生じ、子嚢殻が比較的大型で緑色、子嚢が8胞子性、子嚢胞子に3-4隔壁を有することなどで特徴づけられた。本新種を含むフェノスカンジア産Cercidospora属菌の検索表を掲載した。Cercidospora alpina★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目
R3-06667中国新産の地衣類の属(Lobothalia属)および種2010Journal of Wuhan Botanical Research2010年の論文/published in 2010, Journal of Wuhan Botanical Research, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, スチクチン酸類/stictic acids, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, ベンゾフラン類/benzofurans, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 天山山脈/Tian Shan, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 氷河/glacier, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA Newly Recorded Lichen Genus (Lobothallia) and Species from China中国、新疆の氷河で採集されたLobothallia alphoplacaを中国新産種として報告した。記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。本種は当初L. argopholisと同定されたが、地衣体の形態や地衣成分などが異なっていた。Lobothallia alphoplaca■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科
R3-06666スペインの土壌から分離されたLeptodiscella属1新種2012Mycological Progress2012年の論文/published in 2012, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, 乾燥地域/dry area, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 検索表/identification key, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 降水量/precipitationA new species of Leptodiscella from Spanish soilスペインにおいて土壌から分離された菌を検討し、Leptodiscella brevicatenataとして新種記載した。本種は分生子に付属糸を有し、厚壁胞子を単生または鎖生することなどで特徴づけられた。Leptodiscella属の検索表を掲載した。Leptodiscella brevicatenata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-066653新種を含む北米および中米産Jahnula属菌2006Mycologia2006年の論文/published in 2006, Mycologia, pH(水質)/pH (water), アメリカ大陸新産種/Americas_new record, アーカンソー州/Arkansas, イリノイ州/Illinois, エレディア州/Heredia, コスタリカ/Costa Rica, コスタリカ新産種/Costa Rica_new record, テネシー州/Tennessee, フロリダ州/Florida, 中米新産種/Central America_new record, 亜熱帯域/subtropics, 切片/section, 北米新産種/North America_new record, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水温/water temperature, 水生菌/aquatic fungi, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 温帯域/temperate zone, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 胞子の発芽/germination of spores, 静水環境/lentic environmentJahnula species from North and Central America, including three new species北米および中米の淡水環境において採集されたJahnula属菌を検討し、J. biopileataなど3新種を記載した。これらの新種はいずれも子嚢果が無色~帯黒色で子嚢が8胞子性、子嚢胞子が褐色広紡錘形で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、西半球新産種として4種のJahnula属菌を報告した。Jahnula aquatica■ / Jahnula bipileata★ / Jahnula bipolaris■ / Jahnula potamophila■ / Jahnula rostrata★ / Jahnula sangamonensis★ / Jahnula seychellensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Jahnulales/ヤーヌラ目_Aliquandostipitaceae/アリクァンドスティピテ科
R3-06664熱帯の水生環境に産したヤーヌラ目の新属、Megalohypha2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, クラビー県/Krabi, コロン県, タイ/Thailand, パナマ/Panama, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyMegalohypha, a new genus in the Jahnulales from aquatic habitats in the tropicsパナマおよびタイにおいて熱帯林の河川に沈んだ材に見出された菌を検討し、新属新種Megalohypha aqua-dulcesとして記載した。本種は子嚢果の柄および栄養菌糸が隔壁部分で強く狭窄することなどで特徴づけられた。本種は子嚢胞子の形態が他のヤーヌラ目菌類と顕著に異なり、褐色粗面で縦方向の条線を有していた。Megalohypha aqua-dulces★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Jahnulales/ヤーヌラ目
R3-06663記念碑の表面に見出されたCapnobotryella属1新種2007Mycological Research2007年の論文/published in 2007, Mycological Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンタルヤ県/Antalya, トルコ/Turkey, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 新種記載/new species, 生物劣化/biodeteriorationA new species of Capnobotryella from monument surfacesトルコにおいて歴史的な大理石の石碑に生じた菌の一種を検討し、Capnobotryella antalyensisとして新種記載した。本種はMEA培地およびCzA培地で生育し、分生子が淡褐色~暗褐色で洋梨形または腎臓形、ほとんどの場合中央部に隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析の結果からCapnobotryella属に含まれることが示されたが、同属の基準種とは形態的に異なっていた。Capnobotryella antalyensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目
R3-06662中国新産種、Fusarium kyushuense2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ属/Oryza, イネ科/Poaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 生長速度/growth rate, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 胞子形成誘導/sporulation induction, 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 貴州省/GuizhouFusarium kyushuense, a newly recorded species from China中国貴州省においてイネの種子から分離された菌をFusarium kyushuenseと同定し、中国新産種として報告した。分離菌株はPDA培地で洋紅色の色素を産生した。本種との同定はITSおよびβ-チューブリンの塩基配列からも確かめられた。Fusarium kyushuense■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06661南アフリカにおけるサクラ属植物の潜在的病原菌としてのボトリオスフェリア科菌類、および新種Diplodia africanaおよびLasiodiplodia plurivoraの記載2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オーストラリア/Australia, コッホの原則/Koch_s postulation, サクラ属/Prunus, バラ科/Rosaceae, フトモモ科/Myrtaceae, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, リンポポ州/Limpopo, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分離頻度/isolation frequency, 切片/section, 南アフリカ/South Africa, 南アフリカ新産種/South Africa_new record, 単胞子分離/single spore isolation, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 統計解析/statistical analysis, 胞子形成誘導/sporulation induction, 表面殺菌法/surface sterilization method, 西オーストラリア州/Western Australia, 西ケープ州/Western CapeBotryosphaeriaceae as potential pathogens of Prunus species in South Africa, with descriptions of Diplodia africana and Lasiodiplodia plurivora sp. nov.南アフリカにおいて立ち枯れや壊死などの病徴を示したサクラ属樹木の材から分離された菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。ボトリオスフェリア科の8種を同定し、そのうちDiplodia africanaおよびLasiodiplodia plurivoraを新種記載した。3種の新宿主としてサクラ属を報告したほか、1種を南アフリカ新産種として報告した。Diplodia africana★ / Diplodia mutila■ / Diplodia pinea / Diplodia seriata / Lasiodiplodia plurivora★ / Neofusicoccum australe / Neofusicoccum vitifusiformeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06660中国新産のアーバスキュラー菌根菌3種2006Mycosystema2006年の論文/published in 2006, Mycosystema, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 雲南省/YunnanThree new records of arbuscular mycorrhizal fungi in China中国新産種としてScutellospora dipurpurescens、Glomus multiforum、およびAcaulospora delicataの3種を報告した。これらの種はいずれも、雲南省金沙江乾熱河谷において土壌から見出された。各種について記載文および胞子の顕微鏡写真を掲載した。Acaulospora delicata■ / Glomus multiforum■ / Scutellospora dipurpurescens■Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Diversisporales/ディバーシスポラ目_Acaulosporaceae/アカウロスポラ科_Glomerales/グロムス目_Glomeraceae/グロムス科_Gigasporaceae/ギガスポラ科
R3-06659中国新産の材生息菌2種2011Guihaia2011年の論文/published in 2011, Guihaia, チベット自治区/Tibet, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 中国語/Chinese, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiTwo species of lignicolous fungi new to China中国新産種として多孔菌のPostia luteocaesiaおよびTyromyces humeanaを報告した。前者は褐色腐朽菌で、チベットにおいてマツの倒幹に発生していた。後者は白色腐朽菌で、広東省において被子植物の倒幹に発生していた。Postia luteocaesia■ / Tyromyces humeana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-06658ロシアおよびカザフスタンの乾燥地域に産したヒモホコリ属変形菌2新種2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Mycologia, アストラハン州/Astrakhan, アルマトイ州/Almaty, カザフスタン/Kazakhstan, カラガンダ州, サバクタデ属/Calligonum, タデ科/Polygonaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, ヴォルゴグラード州/Volgograd, 乾燥地域/dry area, 冷温帯域/cold temperate, 変形菌類/slime mold, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 湿室法/moist chamber method, 砂丘/dune, 砂地/sand, 砂漠/desert, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 降水量/precipitation, 難培養性菌/uncultured fungiTwo new species of Perichaena (Myxomycetes) from arid areas of Russia and Kazakhstanロシアとカザフスタンのステップおよび砂漠群集から湿室法で得られた2種の変形菌を検討し、Perichaena heterospinisporaおよびP. polygonosporaとして新種記載した。前者は葉のリターおよび枝に生じ、後者は葉のリターおよび齧歯類の糞に発生していた。両種とも細毛体を欠き、前者の胞子の装飾は大型でピラミッド状の刺状であり、後者は胞子が多角形で隆起した畝が粗い網目状をなすことなどで特徴づけられた。Perichaena heterospinispora★ / Perichaena polygonospora★Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Trichiales/ケホコリ目_Trichiaceae/ケホコリ科
R3-06657ブラジルにおいてマメ科Ormosia属の一種に生じた新種のさび菌、Dicheirinia antunesii2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Mycologia, Ormosia属, さび菌/rust fungi, ブラジル/Brazil, マットグロッソ・ド・スル州/Mato Grosso do Sul, マメ科/Fabaceae, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungiDicheirinia antunesii, a new rust species on the legume Ormosia from Brazilブラジル、マットグロッソ・ド・スル州においてOrmosia属の一種の葉に生じた菌を検討し、Dicheirinia antunesiiとして新種記載した。本種の冬胞子はいくぶん円錐形の疣からなる粗い瘤状の装飾を有し、夏胞子には2-3つの発芽孔を有し、糸状体は円筒形~蠕虫形であった。本種は同属の植物を宿主とするDicheirinia属の他2種とは冬胞子の装飾や糸状体の形態などが異なっていた。Dicheirinia antunesii★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Raveneliaceae/ラヴェネリア科
R3-06656ブラジル、アマゾン熱帯雨林において水中に沈んだ材に生じたArachnophora属1新種2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンアナモルフ/synanamorph, パラー州/Pará, ブラジル/Brazil, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestA new species of Arachnophora from submerged wood in the Amazon rainforest, Brazilブラジル、パラー州の熱帯雨林において水中に沈んだ材に生じた菌を検討し、Arachnophora combuensisとして新種記載した。本種は分生子柄が淡褐色で分枝せず、分生子形成細胞が単出芽型で貫生伸長し、分生子が2-3つの暗褐色の中央細胞と1-3本の腕、淡褐色の基部細胞からなることなどで特徴づけられた。本種は2種の同属他種に形態的に類似していたが、分生子の形態などが異なっていた。Arachnophora combuensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06655ブラジル産の新種、Pleurothecium bicoloratumおよびSporidesmiopsis pluriseptata2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Bactris属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラヤシ属/Elaeis, アマパー州/Amapá, アラグア州/Aragua, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ベネズエラ/Venezuela, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber methodPleurothecium bicoloratum & Sporidesmiopsis pluriseptata spp. nov. from BrazilブラジルからPleurothecium bicoloratumおよびSporidesmiopsis pluriseptataの2新種を記載した。前者はベネズエラでも見出され、分生子が2色からなる広ソーセージ形で3隔壁を有することなど、後者は分生子が汚褐色倒棍棒形で最大23隔壁を有することなどでそれぞれ特徴づけられた。Pleurothecium属の検索表を掲載した。Pleurothecium bicoloratum★ / Sporidesmiopsis pluriseptata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Pleurotheciales/プレウロセシウム目_Pleurotheciaceae/プリューロセシウム科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-06654木材穿孔性昆虫の幼生の腸内に見出されたアナモルフ酵母の新種、Wickerhamomyces mori2013International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2013年の論文/published in 2013, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, クワ属/Morus, クワ科/Moraceae, ビタミン要求性/vitamin requirement, ユビキノン/ubiquinone, 中国/China, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 河南省/Henan, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 胞子形成誘導/sporulation induction, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyWickerhamomyces mori sp. nov., an anamorphic yeast species found in the guts of wood-boring insect larvae中国河南省において昆虫の腸内から分離されたアナモルフ酵母の一種を検討し、Wickerhamomyces moriとして新種記載した。本種は近縁種とは形態および生理学的形質が明瞭に異なっていた。本種の有性世代は胞子形成培地においても認めなかった。Wickerhamomyces mori★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-06653キシロース資化能を有する土壌由来の新種の酵母、Wickerhamomyces xylosicaおよびCandida phayaonensis2012International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2012年の論文/published in 2012, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, スライド培養法/slide culture method, タイ/Thailand, デンプン/starch, パヤオ県/Phayao, ビタミン要求性/vitamin requirement, ユビキノン/ubiquinone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 呈色反応/chemical reaction, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 集積培養/enrichment culture, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyWickerhamomyces xylosica sp. nov. and Candida phayaonensis sp. nov., two xylose-assimilating yeast species from soilタイにおいて土壌から分離された2種の酵母を検討し、Wickerhamomyces xylosicaおよびCandida phayaonensisとして新種記載した。両種は同所において異なる土壌試料から分離され、いずれもキシロース資化能を有していた。両種はそれぞれ近縁なPichia exigua、W. pijperiと資化試験や分子系統解析で区別された。Candida phayaonensis★ / Wickerhamomyces xylosica★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-06652Candida thermophilaのテレオモルフである新種Ogataea thermophila2007FEMS yeast research2007年の論文/published in 2007, FEMS yeast research, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ハンガリー/Hungary, ブダペスト市/Budapest, メチロトローフ酵母/methylotrophic yeast, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 土壌菌/soil fungi, 培養性状.胞子形成誘導, 好熱菌/thermophile, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 配列決定/sequencing, 酵母/yeast, 韓国/South KoreaOgataea thermophila sp. nov., the teleomorph of Candida thermophilaハンガリーにおいて腐朽材から分離された酵母の一種をOgataea thermophilaと同定した。本菌株の子嚢胞子形成を認めたことから、同種のテレオモルフに対してOgataea thermophilaを新種記載した。両種が同種であることはD1/D2領域およびITS領域の塩基配列によって確かめられた。Ogataea thermophila★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-06651淡水の河川に沈んだ材から分離された不完全糸状菌の新属新種、Aquapteridospora lignicola2015Cryptogamie Mycologie2015年の論文/published in 2015, Cryptogamie Mycologie, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分類未確定/classification undetermined, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 洞窟/cave, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeAquapteridospora lignicola gen. et sp. nov., a New Hyphomycetous Taxon (Sordariomycetes) from Wood Submerged in a Freshwater Streamタイ、チエンラーイ県の河川に沈んだ材から分離された菌を検討し、新属新種Aquapteridospora lignicolaとして記載した。本種は分生子形成細胞が多出芽性でシンポジオ状に数回伸長し、分生子が紡錘形で中央の細胞は淡褐色~暗褐色、末端細胞はほぼ無色で、時に顕著な鞘に包まれることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でディアポルテ亜綱クレードに含まれ、目レベルの分類は未確定であった。Aquapteridospora lignicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱
R3-06650中国貴州省産のMetarhizium属新種の形態および系統学的特性2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, 中国/China, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 収斂進化/convergent evolution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 貴州省/GuizhouMorphological and phylogenetic characterization of novel Metarhizium species in Guizhou, China中国貴州省においてチョウ目昆虫の蛹に発生した菌を検討し、Metarhizium lepidopterorumおよびM. rongjiangenseとして新種記載した。両種とも分生子柄がlecanicillium類似でフィアライドが長く、分生子が単型であることなどで特徴づけられた。両種のシンネマおよびlecanicillium類似の分生子柄が収斂進化の結果である可能性を指摘した。Metarhizium lepidopterorum★ / Metarhizium rongjiangense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-06649中国南部に産し、形態および分子の形質に基づき新種記載された卵菌、Pythium subutonaiense2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, TreeBASE, リニアグロース/linear growth, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 江蘇省/Jiangsu, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 釣菌法/baiting methodPythium subutonaiense, A New Aquatic Oomycete from Southern China Based on Morphological and Molecular Characters中国江蘇省の湖において分離された卵菌の一種を検討し、Pythium subutonaienseとして新種記載した。本種はホモタリックで造卵器が平滑で単一の卵胞子を含み、造精器が下位生または雌雄同菌糸性であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、Pythium属クレードBにおいて独自の系統を形成し、近縁種とは形態のほか生長速度や温度適性などが異なっていた。Pythium subutonaiense★Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Pythiales/フハイカビ目_Pythiaceae/フハイカビ科
R3-06648カナリア諸島産のカラタチゴケ属地衣1新種2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, カナリア諸島/Canary Islands, スチクチン酸類/stictic acids, スペイン/Spain, ベンゾフラン類/benzofurans, マカロネシア/Macaronesia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA new endemic Ramalina species from the Canary Islands (Ascomycota, Lecanorales)カナリア諸島、エル・イエロ島の森林で採集された固有種とみられる樹皮生地衣の一種を検討し、Ramalina alisiosaeとして新種記載した。本種は地衣体の枝が細長くて徐々に先細りになり、地衣成分としてノルスチクチン酸およびウスニン酸を含むことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析ではR. farinaceaグループに近縁であり、形態的にも類似していた。Ramalina alisiosae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-06647C・W・ドッジにより南極および亜南極諸島から記載された地衣生菌類2006Antarctic Science2006年の論文/published in 2006, Antarctic Science, Rhizoplaca属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, サルオガセ属/Usnea, サルオガセ科/Usneaceae, シノニム/synonym, シンブ州/Chimbu, スミイボゴケ属/Buellia, スミイボゴケ科/Buelliaceae, タイプスタディ/type study, タカネケゴケ属/Pseudephebe, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ネオタイプ指定/neotype designation, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, パプアニューギニア/Papua New Guinea, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 亜南極諸島/Sub-Antarctic Islands, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 南極/Antarctic, 南極新産種/Antarctic_new record, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 極地/polars, 標本入手不可/specimen not available, 菌類学者/mycologistLichenicolous fungi described from Antarctica and the sub-Antarctic islands by Carroll W. Dodge (1895–1988)C・W・ドッジが南極および亜南極諸島から記載した12種の地衣生菌類を再検討した。Phacopsis usneaeのみを認め、6種をシノニムとし、Thelidiola属もMuellerella属のシノニムとし、Intralichen lichenumを南極新産種として報告した。4種を他属に移し、Endococcus matzeriおよびZwachkiomyces diederichiiの2新種を記載した。Arthonia parmeliae▲ / Carbonea antarctica▲ / Endococcus matzeri★ / Intralichen lichenum■ / Muellerella lichenicola / Muellerella pygmaea / Phacopsis usneae / Polycoccum rugulosarium / Sphaerellothecium buelliae▲ / Stigmidium pumilum / Weddellomyces gasparriniae▲ / Zwackhiomyces cladoniae / Zwackhiomyces diederichii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Trypetheliales/トリペテリウム目_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Collemopsidiales/コレモプシディウム目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科
R3-06646Polyandromyces coptosomatis:ブラジルにおける新記録、分布パターン、および宿主-寄生者相互作用2019Sydowia2019年の論文/published in 2019, Antiteuchus属, Sydowia, カメムシ科, スペルマチア/spermatia, ハカマカズラ属/Bauhinia, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マメ科/Fabaceae, マルカメムシ科, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 奇形/malformation, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 感染率/infection rate, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布様式/dispersal style, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 統計解析/statistical analysis, 絶対寄生菌/obligate parasite, 部位特異性/site specificityPolyandromyces coptosomatis (Dimorphomycetaceae, Laboulbeniales): new records, distribution patterns and host–parasite interactions in Brazilブラジル、ペルナンブーコ州から、カメムシの一種Antiteuchus tripterusを宿主とするPolyandromyces coptosomatisをブラジル新産種として報告した。A. tripterusは本種の新規宿主であり、74%という高い感染率を示した。部位特異性は認めなかったが、雌は生殖器および背面に集中的に感染していた。Polyandromyces coptosomatis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-06645ブラジル産の河川に生息するカラタチゴケ属地衣の新種、および新熱帯産の岩上生の種の検索表2018The Lichenologist2018年の論文/published in 2018, The Lichenologist, ウスニン酸類/usnic acids, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ベンゾフラン類/benzofurans, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 水生地衣類/aquatic lichen, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 温帯域/temperate zone, 湿度/humidity, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitationA new riparian species of Ramalina (Ramalinaceae) from Brazil, with a key to neotropical saxicolous speciesブラジル、リオグランデ・ド・スル州において高地の川底の岩に生じた地衣の一種を検討し、Ramalina fleigiaeとして新種記載した。本種は地衣体が同一の基部から生じ、上半分が盛んに分枝し、偽盃点が不規則な楕円形~短い線形であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、形態および地衣成分が類似する種よりも生息地が類似する種により近縁であった。Ramalina fleigiae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-06644メキシコ産のAureoboletus属3新産種2019Check List2019年の論文/published in 2019, Check List, イダルゴ州/Hidalgo, オアハカ州/Oaxaca, ケレタロ州/Queretaro, コナラ属/Quercus, ハリスコ州/Jalisco, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 雲霧林/cloud forest, 食用きのこ/edible mushroomsThree new records of Aureoboletus Pouzar (Boletaceae, Boletales) from MexicoAureoboletus auriflammeus、A. innixus、およびA. roxanaeの3種をメキシコ新産種として報告した。これらの種はハリスコ州、オアハカ州、イダルゴ州、およびケレタロ州で採集され、混生林および雲霧林に発生していた。メキシコ産の本属菌の検索表を掲載した。Aureoboletus auriflammeus■ / Aureoboletus innixus■ / Aureoboletus roxanae■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-06643Fissurina subcorallina:もう一つの「大海の一滴」2016Herzogia2016年の論文/published in 2016, Herzogia, コスタリカ/Costa Rica, プンタレナス州/Puntarenas, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyFissurina subcorallina (lichenized Ascomycota: Ostropales), another drop in the bucketコスタリカ、プンタレナス州で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Fissurina subcorallinaとして新種記載した。本種は裂芽が珊瑚状であり、子嚢胞子に(6-)7つの横隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種はFissurina属地衣としては4種目となる、稔性があり裂芽を形成する種であった。Fissurina subcorallina★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科
R3-06642インド、ケララ州産の新種Marasmiellus griseobrunneus2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variationMarasmiellus griseobrunneus sp. nov. (Omphalotaceae) from Kerala State, Indiaインド、ケララ州において樹皮に生じた菌を検討し、Marasmiellus griseobrunneusとして新種記載した。本種は傘が帯灰褐色で条溝を有し、脈間襞を有し、担子胞子が豆形~短槍形または涙状、子実層シスチジアが様々な形状をとり、傘表皮および柄表皮に斜上する剛毛を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でCampanella/Tetrapyrgos/Marasmiellus Sect. Candidiクレードに含まれ、M. bicoloripesと姉妹群を形成した。Marasmiellus griseobrunneus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-06641Arrhenia属について (I):イベリア半島北西部産の新種Arrhenia pontevedranaおよびA. subglobisemen2019Studies in Fungi2019年の論文/published in 2019, Studies in Fungi, イワダレゴケ科/Hylocomiaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生息菌/bryophilous fungus, シッポゴケ属/Dicranum, シッポゴケ科/Dicranaceae, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, タチハイゴケ属/Pleurozium, ツリバリゴケ属/Campylopus, 呈色反応/chemical reaction, 新学名提唱/new scientific name, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore printNotes on the genus Arrhenia (I): Arrhenia pontevedrana, sp. nov. and A. subglobisemen (Agaricales, Basidiomycota), from the northwest of the Iberian Peninsulaスペイン、ポンテベドラで採集された菌を検討し、Arrhenia pontevedranaとして新種記載した。また、A. subglobisemenをイベリア半島新産種として報告した。新組み合わせ・新学名A. kuhneriiを掲載し、イベリア半島産かつヒダサカズキタケ型でない本属菌の検索表を掲載した。Arrhenia kuhnerii▲◆ / Arrhenia pontevedrana★ / Arrhenia subglobisemen■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科
R3-06640オーストララシア産シクエストレート菌 (20):オーストラリア南東部の乾燥した草の多い林地に産した新種、Russula scarlatina2019Journal of Threatened Taxa2019年の論文/published in 2019, Allocasuarina属, Callitris属, Journal of Threatened Taxa, アカシア属/Acacia, オーストラリア/Australia, オーストラリア首都特別地域/Australian Capital Territory, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ヒノキ科/Cupressaceae, ビクトリア州/Victoria, フトモモ科/Myrtaceae, マメ科/Fabaceae, モクマオウ科/Casuarinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 乾燥地域/dry area, 切片/section, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungiAustralasian sequestrate Fungi 20: Russula scarlatina (Agaricomycetes: Russulales: Russulaceae), a new species from dry grassy woodlands of southeastern Australiaオーストラリアの乾燥した硬葉樹林で採集された腹菌の一種を検討し、Russula scarlatinaとして新種記載した。本種は地下生または時に露出し、幼時緋色で老成すると汚赤色または褐色になり、外皮がシスチジアに覆われることなどで特徴づけられた。また、本種の担子胞子は弱いアミロイド性を示す、異常に短い装飾に覆われることなどでも特徴づけられた。Russula scarlatina★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06639ブラジル半乾燥地域におけるスッポンタケ目菌類の新産種2019Current Research in Environmental & Applied Mycology2019年の論文/published in 2019, Current Research in Environmental & Applied Mycology, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, セアラー州/Ceará, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 腹菌類/gastromycetesNew records of Phallales (Basidiomycota) from Brazilian semi-arid regionブラジル、セアラー州の半乾燥地域においてスッポンタケ目菌類の調査を実施し、5種を同定した。そのうちLaternea dringiiをメキシコ以外からの2番目の報告であり、Mutinus albotruncatusは世界で2番目の報告となった。Phallus indusiatusなどをブラジル半乾燥地域新産種として報告した。Clathrus columnatus / Laternea dringii■ / Mutinus albotruncatus / Mutinus argentinus■ / Phallus indusiatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-06638Protohydnum属の改訂2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, エピタイプ指定/epitype designation, サンパウロ州/São Paulo, シナノキ属/Tilia, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ブラジル/Brazil, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, レクトタイプ指定/lectotype designation, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 吉林省/Jilin, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 長白山脈/Changbai MountainsRevision of Protohydnum (Auriculariales, Basidiomycota)Protohydnum属の3種について形態学的検討および分子系統解析を実施し、基準種のみを本属に留めた。P. piceicolaに対して新属Hyalodonを提唱し、中国産の新種H. antuiを本属に加えた。P. sclerodontiumをElmerina属に移し、Tremellacantha属を本属のシノニムとした。Elmerina sclerodontia▲ / Hyalodon antui★ / Hyalodon piceicola▲ / Protohydnum cartilagineumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Aporpiaceae/アポルピウム科_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科
R3-06637チリ産の管孔を有する新種のタバコウロコタケ科菌類2019Mycological Progress2019年の論文/published in 2019, Mycological Progress, Peumus属, TreeBASE, クスノキ科/Lauraceae, シナクスモドキ属/Cryptocarya, チリ/Chile, ビオビオ州/Biobío, モニミア科/Monimiaceae, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物地理学/biogeography, 生長速度/growth rate, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 首都州(チリ)/Metropolitana (Chile)New Poroid Hymenochaetaceae (Basidiomycota, Hymenochaetales) from ChileチリからFomitiporia chilensisおよびPhylloporia boldoの2新種を記載した。前者はPeumus boldusおよびCryptocarya albaに生じ、F. punctata複合種に含まれた。後者はP. boldusの生木のみに生じ、子実体が傘状、担子胞子が比較的大型で、2菌糸型であることなどで特徴づけられた。Fomitiporia chilensis★ / Phylloporia boldo★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-06636タイ産の新種、Yunnanomyces phoenicisの形態および系統2019Asian Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, Asian Journal of Mycology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チャンタブリー県/Chanthaburi, ナツメヤシ属/Phoenix, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ラノーン県/Ranong, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobeMorphology and phylogeny of Yunnanomyces phoenicis sp. nov. (Sympoventuriaceae) from ThailandタイにおいてPhoenix paludosaの落葉から分離されたアナモルフ菌の一種を検討し、Yunnanomyces phoenicisとして新種記載した。本種は分生子柄が退化的で、分生子が大型褐色で、球形~広楕円形石垣状であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析ではY. pandanicolaと姉妹群を形成し、それとは分生子柄や分生子の形態が異なっていた。Yunnanomyces phoenicis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Venturiales/ヴェンテュリア目_Sympoventuriaceae/シンポヴェンチュリア科
R3-06635パナマの熱帯雨林に産したTitaea属の菌生の1新種とBahusaganda indicaおよびExosporium ampullaceumの新報告2006Fungal Diversity2006年の論文/published in 2006, Fungal Diversity, Ocotea属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, クスノキ科/Lauraceae, チリキ県/Chiriquí, パナマ/Panama, パナマ新産種/Panama_new record, リター菌/litter fungi, 中米新産種/Central America_new record, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌寄生菌/mycoparasiteA new fungicolous species of Titaea and new reports of Bahusaganda indica and Exosporium ampullaceum (hyphomycetes) from tropical rainforests in Panamaパナマ、チリキ県においてOcotea属の葉上の子嚢菌に生じた菌を検討し、Titaea tetrabrachiataとして新種記載した。本新種を含むTitaea属の検索表を掲載した。また、Bahusaganda indicaおよびExosporium ampullaceumをパナマ新産種として報告した。Bahusaganda indica■ / Exosporium ampullaceum■ / Titaea tetrabrachiata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-06634見かけによらない:”deceiving milkcap”は形態変異は小さいが遺伝的多様性が大きい2019IMA fungus2019年の論文/published in 2019, IMA fungus, TreeBASE, UNITE, アンティオキア県/Antioquia, コスタリカ/Costa Rica, コロンビア/Columbia, コンタミ/contamination, サンホセ州/San Jose, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, チリキ県/Chiriquí, ドミニカ共和国/Dominican Republic, パナマ/Panama, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ラ・ベガ州/La Vega, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 次世代シーケンシング/next generation sequencing, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物地理学/biogeography, 疑似隠蔽種/pseudo-cryptic species, 種の境界/species delimitation, 菌根菌/mycorrhizal fungiLooks can be deceiving: the deceptive milkcaps (Lactifluus, Russulaceae) exhibit low morphological variance but harbour high genetic diversity従来単一種と認識されていたLactifluus deceptivusを分子系統解析により再検討し、本種が少なくとも15種を含む複合種であることを示した。これらはいずれも傘表面が綿毛状、柄表面がビロード状で、形態的に類似していた。本複合種の中から、新熱帯産のL. hallingiiおよびL. domingensisの2新種を記載し、3種をLactifluus属に移した。Lactifluus arcuatus▲ / Lactifluus caeruleitinctus▲ / Lactifluus domingensis★ / Lactifluus hallingii★ / Lactifluus mordax▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06633コンヤ県、デレブチャク、Kızıldağ産の地衣類および地衣生菌類2009Turkish Journal of Botany2009年の論文/published in 2009, Turkish Journal of Botany, アジア新産種/Asia_new record, コケ上に生える菌/fungi on moss, コンヤ県/Konya, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitationLichens and Lichenicolous Fungi of Kızıldağ (Derebucak, Konya)トルコ、コンヤ県のKızıldağにおいて地衣類および地衣生菌類の調査を実施し、計68属152分類群を報告した。Lecanora perpruinosaおよびToninia submexicanaをアジアおよびトルコにおける新産種として報告した。149分類群が調査地域、96分類群がコンヤ県における新産種であった。Lecanora perpruinosa■ / Toninia submexicana■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-06632北米東部産の誤解されてきた種、Hypotrachyna showmanii2006Opuscula Philolichenum2006年の論文/published in 2006, Opuscula Philolichenum, ウェストバージニア州/West Virginia, ケンタッキー州/Kentucky, コネチカット州/Connecticut, ジロホール酸/gyrophoric acid, タイプスタディ/type study, テネシー州/Tennessee, ニュージャージー州/New Jersey, ノースカロライナ州/North Carolina, バージニア州/Virginia, バーモント州/Vermont, ペンシルバニア州/Pennsylvania, マサチューセッツ州/Massachusetts, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 検索表/identification key, 米国/USA, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyHypotrachyna showmanii, A Misunderstood Species From Eastern North Americaオハイオバレー固有の稀産種と考えられてきたHypotrachyna showmaniiについて再検討した。本種の原記載の地衣成分の記述に誤りがあったことを指摘し、本種が実際には北米北部および中部の大部分に分布することを明らかにした。北米東部産のパスチュールを有するHypotrachynaおよびParmelinopsis属地衣の検索表を掲載した。Hypotrachyna showmanii■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06631ブルガリア南西部におけるディアポルテ目菌類の新規データ2007Trakia Journal of Sciences2007年の論文/published in 2007, Trakia Journal of Sciences, アオイ科/Malvaceae, アカバナ属/Epilobium, アカバナ科/Onagraceae, アサダ属/Ostrya, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, キジムシロ属/Potentilla, クリ属/Castanea, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, シナノキ属/Tilia, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, ダイコンソウ属/Geum, トウダイグサ属/Euphorbia, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, フウロソウ科/Geraniaceae, ブナ科/Fagaceae, ブルガリア/Bulgaria, ムクロジ科/Sapindaceae, リター菌/litter fungi, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew data on Diaporthales from southwest Bulgariaブルガリア南西部において採集された腐生性葉生息性ディアポルテ目菌類19種を報告した。そのうちブルガリアにおけるGnomonia gei-montani、G. setacea、Apiognomonia erythrostoma、A. errabundaの新宿主としてそれぞれGeum montanum、Castanea sativa、Prunus cerasifera、Tilia cordataをそれぞれ報告した。スラヴャンカ山地域から9種を新産種として報告した。Apiognomonia acerina / Apiognomonia errabunda / Apiognomonia erythrostoma / Apiognomonia veneta / Gnomonia betulina / Gnomonia comari / Gnomonia gei-montani / Gnomonia geranii / Gnomonia geranii-macrorrhizi / Gnomonia gnomon / Gnomonia leptostyla / Gnomonia nervisequa / Gnomonia setacea / Gnomonia tetraspora / Hypospilina pustula / Plagiostoma alneum / Plagiostoma arnstadtiense / Plagiostoma bavaricum / Plagiostoma inclinatum / Sydowiella fenestransAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Gnomoniaceae/グノモニア科_Valsaceae/ヴァルサ科_Sydowiellaceae/シドヴィエラ科
R3-06630Cladosporium herbarumは北米西部においてリュウキンカの葉の斑点病を引き起こす2008Plant Health Progress2008年の論文/published in 2008, Plant Health Progress, アイダホ州/Idaho, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キンポウゲ科/Ranunculaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, コロラド州/Colorado, フェノロジー/phenology, リュウキンカ属/Caltha, ワイオミング州/Wyoming, ワシントン州/Washington, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主の同定/identification of host, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 発生頻度/frequency of occurrence, 草地/grassland, 表面殺菌法/surface sterilization methodCladosporium herbarum Causes a Leaf Spot on Marshmarigold in Western North America北米西部の5つの州においてCaltha leptosepala ssp. howelliiに発生した葉の斑点病を検討した。病原菌をCladosporium herbarumと同定し、接種試験によりその病原性を確かめた。本病害に対して”Cladosporium leaf spot”の名称を提案した。Cladosporium herbarumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科
R3-06629ベラクルス州新産種としてのDiscoxylaria myrmecophilaの報告、および本種のハリスコ州、モレロス州およびヌエボ・レオン州からの新たな報告2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アリの巣/ant nest, アリ科/Formicidae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ヌエボ・レオン州/Nuevo León, ハキリアリ属/Atta, ハリスコ州/Jalisco, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, モレロス州/Morelos, 切片/section, 動物の巣/animal nest, 動物園/zoo, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 昆虫の巣/insect nest, 稀産種/rare species, 隔離分布/disjunct distributionFirst record of Discoxylaria myrmecophila (Ascomycotina, Xylariales) from Veracruz with new reports from Jalisco, Morelos, and Nuevo Leon (Mexico)ハキリアリの巣に発生するDiscoxylaria myrmecophilaをメキシコ、ベラクルス州新産種として報告した。また、ハリスコ州、モレロス州およびヌエボ・レオン州における本種の新規採集地を報告した。本種は菌類学研究が盛んなベラクルス州においてこれまで見出されてこなかったことから、稀産種であると考えられた。Discoxylaria myrmecophila■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-06628腹膜炎の原因菌としての新種Candida subhashiiの同定2009Medical Mycology2009年の論文/published in 2009, CTスキャン/CT scan, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, M27-A2, Medical Mycology, MIC, TreeBASE, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, カナダ/Canada, ヒト病原菌/human pathogen, ビタミン要求性/vitamin requirement, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養同定キット/culture identification kit, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 尿路感染/urinary tract infection, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 水試料/water sample, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 発酵試験/fermentation test, 腹膜炎/peritonitis, 臨床検体/clinical specimens, 血液検体/blood specimen, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastIdentification of a new species, Candida subhashii, as a cause of peritonitis真菌性腹膜炎を呈した69歳男性の末期腎不全患者の腹膜透析液から分離された酵母の一種を検討し、Candida subhashiiとして新種記載した。腹膜炎は迅速なカテーテル除去およびフルコナゾールによる3週間の治療後に回復した。本種はフルコナゾールなど全ての試験薬剤に感受性を示した。Candida subhashii★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-06627イタリアのコウモリからの白い鼻症候群の病原菌、Pseudogymnoascus destructansの初分離2019Mycopathologia2019年の論文/published in 2019, Mycopathologia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルプス山脈/Alps, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, ケラチン分解菌/keratinolytic fungi, ヒナコウモリ科/Vespertilionidae, ピエモンテ州/Piedmont, ホオヒゲコウモリ属/Myotis, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 好冷菌/psychrophilic fungi, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 洞窟/cave, 湿度/humidity, 病原真菌/pathogenic fungi, 白い鼻症候群/white nose syndrome, 皮膚スワブ/skin swab, 配列決定/sequencingFirst Isolation of Pseudogymnoascus destructans, the Fungal Causative Agent of White-Nose Disease, in Bats from Italyイタリア、ピエモンテ州のリオ・マルティーノ洞窟においてコウモリから分離された菌を検討した。Myotis emarginatusから分離された菌の中からコウモリの病原菌として知られるPseudogymnoascus destructansを同定し、本種をイタリア新産種として報告した。また、本種が引き起こす疾患について、”white-nose syndrome”ではなく”white-nose disease”の用語が適切だとした。Pseudogymnoascus destructans■Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱_Myxotrichaceae/ミクソトリカ科
R3-06626ハナゴケ属地衣を宿主とする地衣生Phoma属菌2007The Lichenologist2007年の論文/published in 2007, The Lichenologist, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アラゴン州/Aragon, アラバマ州/Alabama, アルデンヌ県/Ardennes, オランダ/Netherlands, スペイン/Spain, スヴァールバル諸島/Svalbard Islands, チェコ/Czech, ツンドラ/tundra, ディーキルヒ広域行政区/Diekirch, ドイツ/Germany, ノルウェー/Norway, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, バイエルン州/Bayern, パ=ド=カレー県/Pas-de-Calais, フランス/France, プラハ/Prague, ミネソタ州/Minnesota, ルクセンブルク/Luxembourg, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 北極圏/Arctic, 南モラヴィア州/South Moravian, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 散布図/scatter plot, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 漂白/bleaching, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 菌寄生菌/mycoparasiteThe lichenicolous Phoma species (coelomycetes) on Cladoniaハナゴケ属地衣を宿主とする入手可能な全てのPhoma属菌を検討した。その結果を基に、Phoma cladoniicola、P. foliaceiphila、およびP. grumantianaの3新種を記載した。これらの新種は肉眼的には全く同一に見えたが、分生子のサイズに基づき統計的に区別された。Phoma cladoniicola★ / Phoma foliaceiphila★ / Phoma grumantiana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-06625熱帯インド産の樹皮生の新種、Schadonia indica2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, インド/India, コケ上に生える菌/fungi on moss, サラノキ属/Shorea, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographySchadonia indica, a new corticolous species from tropical Indiaインドで採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Schadonia indicaとして新種記載した。本種はコケの生えた、成熟したサラソウジュの樹皮に発生し、地衣体が小粒状で子器が褐色であった。また、本種は子嚢がBacidia型で8胞子性、子嚢胞子が無色卵状~楕円形石垣状であることなどで特徴づけられた。Schadonia indica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-06624西オーストラリア産の見過ごされてきた地上生の種、Diploschistes elixii2007The Lichenologist2007年の論文/published in 2007, The Lichenologist, オーストラリア/Australia, サリチル酸類/salicylic acids, レカノール酸/lecanoric acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 西オーストラリア州/Western Australia, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyDiploschistes elixii (Ostropales: Thelotremataceae), an overlooked terricolous species from Western Australia西オーストラリア州で採集された地上生地衣の一種を検討し、Diploschistes elixiiとして新種記載した。本種は地衣体表面に粉霜を欠き、子嚢胞子が大型で、主要な地衣成分としてレカノール酸を含むことなどで特徴づけられた。本種は同属の類似種とは子嚢胞子のサイズ、形状、隔壁数や地衣成分などが異なっていた。Diploschistes elixii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-06623チリにおいてBotrytis cinereaおよび新種B. prunorumによって引き起こされたスモモの灰色かび花腐病の同定および特性2016Phytopathology2016年の論文/published in 2016, Phytopathology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, サクラ属/Prunus, チリ/Chile, トランスポゾン/transposon, バラ科/Rosaceae, マイコウイルス/mycovirus, リニアグロース/linear growth, リベルタドール・ベルナルド・オイギンス州/Libertador Bernardo O’Higgins, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 実腐病/fruit rot, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 接種試験/inoculation test, 散布図/scatter plot, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 病原力/virulence, 病害評価尺度/disease rating scale, 統計解析/statistical analysis, 胞子形成誘導/sporulation induction, 花生息菌/floricolous fungus, 花腐病/flower rot, 菌核/sclerotium, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEMIdentification and Characterization of Botrytis Blossom Blight of Japanese Plums Caused by Botrytis cinerea and B. prunorum sp. nov. in Chileチリにおいてスモモに花腐病を引き起こした病原菌を検討し、Botrytis cinereaおよび未記載種を同定して後者をB. prunorumとして新種記載した。両種は接種試験でスモモの花および果実、リンゴ、キウイフルーツに対する病原性を示した。後者は前者と分生子柄や分生子の長さが異なり、胞子の形成量が少なく、20°Cでの菌核形成の有無が異なる点などで区別された。Botrytis prunorum★
R3-06622稀産種Agaricus martineziensisの記載文および類縁関係2006Fungal Diversity2006年の論文/published in 2006, Fungal Diversity, サンパウロ州/São Paulo, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新産種報告/new record, 稀産種/rare speciesDescription and affinities of Agaricus martineziensis, a rare species稀産種のAgaricus martineziensisをブラジル新産種として報告した。本種の記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。分子系統解析により、本種がA. aridicolaに近縁であることを示した。Agaricus martineziensis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amanitaceae/テングタケ科
R3-06621ベルギー南部においてヨーロッパブナに見出された新種Ophiostoma arduennense2006Mycological Research2006年の論文/published in 2006, Hylecoetus属, Mycological Research, RAPD解析/RAPD analysis, Xyleborus属, Xyloterus属, オフィオストマトイド菌類/ophiostomatoid fungi, キクイムシ科/Scolytidae, ダニ生息菌/mite inhabiting fungus, ツツシンクイ科/Lymexylonidae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ベルギー/Belgium, リニアグロース/linear growth, リュクサンブール州/Province de Luxembourg, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 単胞子分離/single spore isolation, 坑道/gallery, 寄生菌/parasite, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 稀産種/rare species, 胞子散布/spore dispersal, 色素産生/pigment production, 虫散布/dispersal by insects, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEM, 養菌性キクイムシ/ambrosia beetleOphiostoma arduennense sp. nov. (Ophiostomatales, Ascomycota) from Fagus sylvatica in southern Belgiumベルギーにおいてヨーロッパブナから分離された菌を検討し、Ophiostoma arduennenseとして新種記載した。本種は養菌性キクイムシのXyloterus domesticusおよびX. signatusと関係していた。本種は子嚢殻が球形で基部が小さなボタン状、頸部が長い円筒形で、子嚢胞子が小型の腎臓形、アナモルフを伴わないことなどで特徴づけられた。Ophiostoma arduennense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-06620地中海地域におけるByssomerulius coriumの変異2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, イスラエル/Israel, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, ブナ科/Fagaceae, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北部地区(イスラエル)/Northern District (Israel), 半乾燥地域/semi-arid area, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新変種記載/new variety, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 腐生菌/saprobeVariability of Byssomerulius corium in the MediterraneanByssomerulius coriumを検討し、属および種概念の修正された記載文を掲載した。そのうち、半乾燥地域のQuercus calliprinosに生じていた標本を新変種halileensisとして記載した。本変種は子実層托がほぼ平滑または微細な皺状になることや担子胞子のサイズなどで特徴づけられた。Byssomerulius corium / Byssomerulius corium★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-06619ジャガイモに”annular leaf spot”を引き起こす新種、Septoria malagutii2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンデス山脈/Andes, エクアドル/Ecuador, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, フニン県/Junín, ベネズエラ/Venezuela, ペルー/Peru, ボリビア/Bolivia, ワヌコ県/Huánuco, 二次代謝産物/secondary metabolite, 侵略的外来種/invasive alien species, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 生長速度/growth rate, 移入種/alien species, 統計解析/statistical analysis, 胞子形成誘導/sporulation induction, 色素産生/pigment production, 配列決定/sequencingSeptoria malagutii sp. nov., cause of annular leaf spot of potatoジャガイモの葉に斑点病を引き起こす病原菌として記載されたが、無効学名であったSeptoria lycopersici var. malagutiiを再検討し、S. malagutiiとして有効記載した。本種は南米の高標高域に限って報告され、潜在的な侵略的外来種として検疫有害植物に指定されている種であった。本種はかつての基本種とは分生子形成細胞のサイズ、分生子のサイズおよび形状、より低温を好む点、色素産生などの点で異なっていた。Septoria malagutii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06618北米東部産のBiatoridium属1新種、Biatorella sensu Magnussonの種の位置付けに関するコメント2019The Bryologist2019年の論文/published in 2019, The Bryologist, アーカンソー州/Arkansas, カンザス州/Kansas, コナラ属/Quercus, ジョージア州/Georgia, タイプスタディ/type study, テキサス州/Texas, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ヌマミズキ属/Nyssa, ヌマミズキ科/Nyssaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ブナ科/Fagaceae, ミズーリ州/Missouri, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA new Biatoridium from eastern North America, with comments on the disposition of species of Biatorella sensu Magnusson米国で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Biatoridium lasiotheciumとして新種記載した。Biatorella sensu Magnussonおよび類似種の検索表を掲載した。また、新組み合わせStrangospora cyphaleaを提唱した。Biatoridium lasiothecium★ / Strangospora cyphalea▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Strangosporaceae/ストランゴスポラ科
R3-06617ダゲスタンに産したロシア新産の地衣化した菌類2019Folia Cryptogamica Estonica2019年の論文/published in 2019, Folia Cryptogamica Estonica, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, ダゲスタン共和国/Dagestan, ブナ科/Fagaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 乾燥地域/dry area, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 湿度/humidity, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 降水量/precipitationNew lichenized fungi for Russia from Dagestan (East Caucasus)ロシア、ダゲスタンからAnaptychia elbursiana、A. roemeri、Megaspora rimisorediataをロシア新産種として報告した。そのうちA. elbursianaは北コーカサス、残りの2種は大コーカサスにおける新産種でもあった。各種について記載文、生態写真、分布情報などを掲載した。Anaptychia elbursiana■ / Anaptychia roemeri■ / Megaspora rimisorediata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科
R3-06616藻類生息菌の新種Epibryon kondratyukii、およびウクライナ南部で採集された稀な地衣生菌類2019Folia Cryptogamica Estonica2019年の論文/published in 2019, Coccomyxa属, Flavoplaca属, Folia Cryptogamica Estonica, Myriolecis属, Squamarina属, Variospora属, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, カクレホウネンゴケ属/Sarcogyne, カラタチゴケ属/Ramalina, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, キゴケ科/Stereocaulaceae, クリミア共和国/Republic of Crimea, コッコミクサ科/Coccomyxaceae, ゴイシゴケ属/Lecidea, ゴイシゴケ科/Lecideaceae, シブゴケ属/Lecania, スギゴケ属/Polytrichum, スギゴケ科/Polytrichaceae, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チェルニーヒウ州/Chernihiv, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, バイオフィルム/biofilm, ヒメカワイワタケ属/Placidium, ヘルソン州/Kherson, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, マオウ属/Ephedra, マオウ科/Ephedraceae, ムィコラーイウ州/Mykolaiv, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, ロウソクゴケモドキ属/Candelariella, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 吸器/haustorium, 土壌クラスト/soil crust, 土壌菌/soil fungi, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 東欧新産種/East Europe_new record, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 石灰岩/limestone, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 緑藻/green algae, 菌寄生菌/mycoparasite, 藻類生息菌/algicolous fungusEpibryon kondratyukii sp. nov., a new algicolous fungus, and notes on rare lichenicolous fungi collected in Southern Ukraineウクライナにおいてスギゴケ属のコケ上の藻類フィルムに生じた菌を検討し、Epibryon kondratyukiiとして新種記載した。本種は偽子嚢殻が小型で黒色剛毛状、子嚢胞子が無色で0-1隔壁を有することなどで特徴づけられた。ウクライナ新産種として11種の地衣生菌を報告したほか、3種の地衣生菌についてそれぞれ1種ずつの新宿主を報告した。Adelococcus interlatens■ / Ascochyta candelariellicola■ / Clypeococcum psoromatis■ / Epibryon kondratyukii★ / Epithamnolia rangiferinae■ / Katherinomyces cetrariae■ / Lawalreea lecanorae■ / Llimoniella adnata■ / Merismatium decolorans■ / Sphaerellothecium cladoniae■ / Stigmidium bellemerei■ / Stigmidium ramalinae■ / Weddellomyces epicallopisma■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Adelococcaceae/アデロコッカス科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Trypetheliales/トリペテリウム目_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Pseudoperisporiaceae/シュードペリスポリウム科_Ascomycetes/子嚢菌綱_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Dacampiaceae/ダカンピア科
R3-06615中国南西部産のDiaporthe属菌2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, ナツフジ属/Millettia, マメ科/Fabaceae, モクセイ属/Osmanthus, モクセイ科/Oleaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 複合種/species complex, 貴州省/GuizhouDiaporthe species in south-western China中国において植物から分離された菌を検討し、Diaporthe millettiaeおよびD. osmanthiとして新種記載した。前者はβ分生子がJ形で大きい点、後者はαおよびβ分生子のサイズでそれぞれ特徴づけられた。また、チャノキから分離された菌をD. longicicolaと同定し、本種を貴州省新産種として報告するとともにチャノキを本種の新宿主として報告した。Diaporthe longicicola■ / Diaporthe millettiae★ / Diaporthe osmanthi★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科
R3-06614新種Orbilia laevimarginataおよびその無性世代2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, vital taxonomy, コナラ属/Quercus, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ブナ科/Fagaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中国/China, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variation, 雲南省/YunnanOrbilia laevimarginata sp. nov. and its asexual morph中国雲南省において広葉樹の腐朽材に生じた菌を検討し、Orbilia laevimarginataとして新種記載した。本種の無性世代は既知のどの菌とも一致せず、線虫捕食菌に類似の形態形質を有していたが、その能力を有さなかった。また、Dactylella pseudobrevistipitataおよびPseudotripoconidium sinenseをOrbilia属に移した。Orbilia laevimarginata★ / Orbilia pseudobrevistipitata▲ / Orbilia sinensis▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科
R3-06613Cyathus属において提案されたシノニム2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Mycotaxon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, 乾燥地域/dry area, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 材生息菌/lignicolous fungus, 種内変異/intraspecific variation, 腹菌類/gastromycetesProposed synonyms in CyathusCyathus cheliensis、C. gansuensis、C. megasporusの3種について、タイプ標本を含む形態学的検討を実施した。その結果を基に、これらの種をそれぞれC. limbatus、C. pygmaeus、C. poeppigiiのシノニムとした。各種について記載文、写真、および各々のシノニムとの形質比較表などを掲載した。Cyathus limbatus / Cyathus poeppigii / Cyathus pygmaeusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06612インド、ヒマラヤ北西部産のテングタケ属4種の形態形質、分布、および生態2019Asian Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, Asian Journal of Mycology, イトスギ属/Cupressus, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コナラ属/Quercus, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤマモモ属/Myrica, ヤマモモ科/Myricaceae, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiMorphological characterization, distribution and ecology of four species of Amanita from north-western Himalaya, Indiaインド、ヒマラヤ北西部からAmanita concentrica、A. flavipes、A. fritillaria、およびA. avellaneosquamosaの4種を報告した。これらの種はそれぞれコナラ属/ヤマモモ属、コナラ属/モミ属/ツツジ属、コナラ属/イトスギ属、コナラ属の樹下地上に発生していた。各種について記載文および写真を掲載し、生態および分布に関する情報をまとめた。Amanita avellaneosquamosa / Amanita concentrica / Amanita flavipes / Amanita fritillariaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amanitaceae/テングタケ科
R3-06611エジプトにおける菌類相の研究:ミカンおよびブドウの植林地における新産種および興味深い菌類の25分類群2018Journal of Basic & Applied Mycology (Egypt)2018年の論文/published in 2018, Journal of Basic & Applied Mycology (Egypt), アシュート県/Asyut, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エジプト新産種/Egypt_new record, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 実腐病/fruit rot, 寄生菌/parasite, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水試料/water sample, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 異隔壁/distoseptum, 空中真菌/air-borne fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 色素産生/pigment production, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉圏/phyllosphere, 食品汚染/Food contaminationContribution to the mycobiota of Egypt: 25 new records and interesting fungal taxa from citrus and grapevine plantationsエジプト、アシュートのミカン園およびブドウ園において葉圏、土壌、空中、果実、果汁などから分離された糸状菌を調査した。形態形質および塩基配列を基に同定された25種を報告した。Volutella consorsをエジプト新産種として報告した。Absidia cylindrospora / Acremonium curvulum / Acremonium furcatum / Alternaria tuberculata / Arthrinium arundinis / Aspergillus stellatus / Chuppia sarcinifera / Clonostachys chlorina / Clonostachys rogersoniana / Curvularia inaequalis / Dichotomopilus erectus / Exserohilum pedicellatum / Fusarium circinatum / Gibellulopsis nigrescens / Leptodontidium trabinellum / Neurospora tetraspora / Penicillium digitatum / Penicillium olsonii / Penicillium vinaceum / Quambalaria cyanescens / Ramichloridium apiculatum / Sporormiella minima / Stemphylium botryosum / Volutella consors■Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Cunninghamellaceae/クスダマカビ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Apiosporaceae/アピオスポラ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科_Nectriaceae/ネクトリア科_Glomerellales/グロメレラ目_Plectosphaerellaceae/プレクトスフェレラ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Sordariaceae/フンタマカビ科_Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycotina/クロボキン亜門_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱_Exobasidiomycetidae/エクソバシデイウム亜綱_Microstromatales/ミクロストロマ目_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目
R3-06610アルゼンチンのユンガスに産したAdiposae節Subflammans系の新種、Pholiota oblita2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, アルゼンチン/Argentina, アンデス山脈/Andes, サルタ州/Salta, タイプスタディ/type study, ティエラ・デル・フエゴ州/Tierra del Fuego, トゥクマン州/Tucuman, ネオタイプ指定/neotype designation, フフイ州/Jujuy, ユンガス/yungas, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 雲霧林/cloud forestPholiota oblita, new species in sect. Adiposae stirps Subflammans (Strophariaceae, Agaricomycetes), from the Argentinean Yungasアルゼンチンのユンガスで見出された、この地域の固有種とみられる菌を検討し、Pholiota oblitaとして新種記載した。本種は襞の幅が狭く、担子胞子が幅広く、縁シスチジアの形状が細長いことなどで近縁種と区別された。また、P. subflammansのネオタイプ標本を指定し、検索表を掲載した。Pholiota oblita★ / Pholiota subflammansBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-06609Bonomyces属の系統分類学的研究、およびClitocybe属からの2件の新組み合わせ2018Cryptogamie Mycologie2018年の論文/published in 2018, Cryptogamie Mycologie, UNITE, カラマツ属/Larix, タイプスタディ/type study, ナツメヤシ属/Phoenix, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒースランド/heathland, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤシ科/Arecaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 新組み合わせ提唱/new combination, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore print, 草地/grassland, 酸性土壌/acidic soilPhylogenetic studies on Bonomyces (Tricholomatineae, Agaricales) and two new combinations from ClitocybeBonomyces属の系統学的位置を検討し、本種がCleistocybe属に近縁であることを示した。また、Clitocybe属の2種をB. afrosinopicusおよびB. arnoldiiとして本属に移した。両種およびB. sinopicusの記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Bonomyces afrosinopicus▲ / Bonomyces arnoldii▲ / Bonomyces sinopicusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-06608空中から分離されたビョウタケ目アナモルフ菌の新属、Curviclavula2015Mycological Progress2015年の論文/published in 2015, Mycological Progress, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ニューメキシコ州/New Mexico, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 生長速度/growth rate, 空中真菌/air-borne fungus, 米国/USA, 胞子発達様式/spore development style, 走査型電子顕微鏡/SEMCurviclavula, a new genus of anamorphic Helotiales (Leotiomycetes) isolated from air米国ニューメキシコ州の針葉樹林において空中から分離された菌を検討し、Curviclavula anemophilaとして記載した。本種は分生子柄が1-5回二叉分岐し、分生子形成細胞が不規則なシンポジオ状で、分生子が類球形~広棍棒形であることなどで特徴づけられた。本種の分生子は頂部細胞が屈曲して側方、次いでその他の細胞と融合するという発達様式を示した。Curviclavula anemophila★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱
R3-06607メキシコ、ユカタン半島においてBursera simarubaのエンドファイトとして分離されたAcremonium camptosporum2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Bursera属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, カンラン科/Burseraceae, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 好ケラチン菌/kerationophillic fungus, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEMAcremonium camptosporum isolated as an endophyte of Bursera simaruba from Yucatan Peninsula, Mexicoメキシコの熱帯林においてBursera simarubaの葉からエンドファイトとして分離された菌を検討した。形態形質および分子系統解析の結果を基に、この菌をAcremonium camptosporumと同定した。本種はメキシコ新産種であり、植物の葉のエンドファイトとしての報告も初であった。Acremonium camptosporum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-06606スウェーデン産のコケ生息性地衣の新種、Micarea capitata2011The Lichenologist2011年の論文/published in 2011, The Lichenologist, イェムトランド県/Jämtland, イワダレゴケ属/Hylocomium, イワダレゴケ科/Hylocomiaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, スウェーデン/Sweden, フェノロジー/phenology, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 亜高山帯/subalpine zone, 凍結切片/frozen section, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 色素産生/pigment production, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyMicarea capitata, a new bryophilous lichen from Swedenスウェーデンの亜寒帯林においてイワダレゴケに生じた地衣の一種を検討し、Micarea capitataとして新種記載した。本種は子器が小型黒色で基部が狭窄し、子実下層が斑状で、子嚢胞子に(0-)1隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は小型で見過ごされやすく、宿主は僅かに退色し、確定はできないが寄生性を有する可能性が考えられた。Micarea capitata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科
R3-06605グレート・プレーンズ産地衣類エキシカータ第1集、および選ばれた分類群についてのコメント2015Opuscula Philolichenum2015年の論文/published in 2015, Opuscula Philolichenum, アイオワ州/Iowa, オクラホマ州/Oklahoma, カンザス州/Kansas, コロラド州/Colorado, サウスダコタ州/South Dakota, タイプスタディ/type study, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ネブラスカ州/Nebraska, ノースダコタ州/North Dakota, ミネソタ州/Minnesota, モンタナ州/Montana, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ワイオミング州/Wyoming, 二次代謝産物/secondary metabolite, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 米国/USA, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyLichenes Exsiccati Magnicamporum Fascicle 1, with comments on selected taxa北米グレート・プレーンズの地衣類相を調査し、44分類群からなる50点のエキシカータをまとめた。特に、地域外において普通種でないか知見に乏しい種を重点的に収集した。そのうちGraphis sophisticascens、Lecania constricta、およびMonoblastiopsis nigrocortinaの3種について各種について標本データ、分布図、画像などを掲載した。Graphis sophisticascens / Lecania constricta■ / Monoblastiopsis nigrocortinaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-06604中国の淡水環境に見出された新種Murispora aquaticaおよび新産種Murispora fagicola2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, チベット自治区/Tibet, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 雲南省/YunnanMurispora aquatica sp. nov. and Murispora fagicola, a new record from freshwater habitat in China中国において淡水中に沈んだ材に生じた2種の菌を検討した。雲南省で見出された菌をMurispora hawksworthiiに近縁かつ類似の菌をM. aquaticaとして新種記載した。また、チベットの河川からM. fagicolaを中国新産種として報告した。Murispora aquatica★ / Murispora fagicola■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Amniculicolaceae/アムニクリコラ科
R3-06603鄭国揚と畢志樹により中国南部から記載された多孔菌類のタイプスタディ2007Sydowia2007年の論文/published in 2007, Dacrydium属, Sydowia, ウコギ科/Araliaceae, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, フカノキ属/Schefflera, マキ科/Podocarpaceae, 中国/China, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 菌類学者/mycologist, 非合法名/illegitimate nameType studies on polypores described by G. Y. Zheng and Z. S. Bi. from southern China鄭国揚と畢志樹が中国南部から記載した13種の多孔菌類のタイプ標本を検討した。そのうち9種が他の分類群のシノニムであった。新組み合わせPerenniporia subadustaを提唱した。Abortiporus biennis / Coltriciella dependens / Earliella scabrosa / Haploporus alabamae / Megasporoporia major / Perenniporia subadusta▲ / Polyporus jiangenglingensis / Polyporus minor / Porogramme albocincta / Pycnoporus sanguineus / Pyrrhoderma sendaiense / Trametes ljubarskyiBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Grammotheleaceae/グランモテレ科
R3-06602多孔菌の新属、Frantisekia2007Czech Mycology2007年の論文/published in 2007, Czech Mycology, アオイ科/Malvaceae, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シナノキ属/Tilia, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ニジニ・ノヴゴロド州/Nizhny Novgorod, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 無効学名/invalid name, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeFrantisekia – a new polypore genus (Polyporales, Basidiomycota)新属Frantisekiaを提唱し、本属にF. fissiliformis、F. mentschulensis(ロシア新産種)、およびF. ussuriiの3種を含めた。本属は担子器が狭棍棒形、担子胞子が小型、菌糸構成が偽2菌糸型であることなどで特徴づけられた。また、Tyromyces aurantiacusをF. mentschulensisのシノニムとした。Frantisekia fissiliformis▲ / Frantisekia mentschulensis▲■ / Frantisekia ussurii▲Basidiomycota/担子菌門
R3-06601チェコにおいて記録されたCerrena unicolorとキバチの一種、Tremex fuscicornisの共生関係2007Czech Mycology2007年の論文/published in 2007, Czech Mycology, RAPD解析/RAPD analysis, カエデ属/Acer, キバチ科/Siricidae, ヒラアシキバチ属/Tremex, プラハ/Prague, ムクロジ科/Sapindaceae, リニアグロース/linear growth, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 生長速度/growth rate, 菌嚢/mycangium, 複合種/species complex, 都市環境/urban environmentSymbiotic relationship between Cerrena unicolor and the horntail Tremex fuscicornis recorded in the Czech Republicチェコ、プラハにおいてヒラアシキバチ属昆虫の菌嚢から分離された菌を検討した。ITS領域の塩基配列を基に、この菌をCerrena unicolorと同定した。全ての分離菌株がRAPD解析で同一のパターンを示した。Cerrena unicolorBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-06600細菌食性線虫に寄生する新種Hirsutella vermicola2006Fungal Diversity2006年の論文/published in 2006, Fungal Diversity, Mesocriconema属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, スライド培養法/slide culture method, ダイズ属/Glycine, マメ科/Fabaceae, ミネソタ州/Minnesota, ワセンチュウ科/Criconematidae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 生物農薬/biopesticide, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 米国/USA, 線虫寄生菌/nematode parasitic fungus, 胞子の発芽/germination of sporesHirsutella vermicola sp. nov., a new species parasitizing bacteria-feeding nematodes米国ミネソタ州において見出された線虫寄生菌の一種を検討し、Hirsutella vermicolaとして新種記載した。本種を同じく線虫を宿主とし、形態的に類似するH. rhossiliensisと比較し、分生子形成細胞や分生子の形態が異なることを示した。また、本種はH. rhossiliensisの宿主に感染しない場合があることや、分子系統解析で独自の系統を形成する点などでも特徴づけられた。Hirsutella rhossiliensis / Hirsutella vermicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-06599ブラジルにおいて有毒のアカネ科雑草Palicourea marcgraviiを宿主とする新種Pseudocercospora palicoureae、およびその菌相の観察2006Fungal Diversity2006年の論文/published in 2006, Fungal Diversity, Palicourea属, さび菌/rust fungi, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エスピリトサント州/Espirito Santo, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, サンパウロ州/São Paulo, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物農薬/biopesticide, 生長速度/growth rate, 葉面菌/leaf surface fungiPseudocercospora palicoureae sp. nov. associated with the toxic rubiaceous weed Palicourea marcgravii in Brazil, with observations on its mycobiotaブラジルにおいてPalicourea marcgraviiに生じた2種の病原菌を検討し、そのうちの一種をPseudocercospora palicoureaeとして新種記載した。本種は生物的防除への利用が検討されたが、症状はそれほど激しくなく、壊死も起こさず、葉の枯死や脱落にも至らず、生長も遅いことから有望ではないとされた。また、残りのさび菌の一種をPuccinia palicoureaeと同定した。Pseudocercospora palicoureae★ / Puccinia palicoureaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-06598海南省覇王嶺自然保護区産の多孔菌類2010Mycosystema2010年の論文/published in 2010, Mycosystema, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 熱帯モンスーン林/tropical monsoon forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 褐色腐朽菌/brown rot fungiPolypores from Bawangling Nature Reserve, Hainan Province中国海南省覇王嶺自然保護区で採集された木材腐朽性多孔菌約400標本を検討し、110種を同定した。そのうちLindtneria flavaを中国新産種として報告し、シスチジオールを初めて記述した。全世界のLindtneria属菌の検索表を掲載した。Lindtneria flava■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科
R3-06597中国において土壌から分離された新種、Gongronella sichuanensis2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 四川省/Sichuan, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 貴州省/GuizhouGongronella sichuanensis (Cunninghamellaceae, Mucorales), a new species isolated from soil in China中国四川省において土壌から分離された菌を検討し、Gongronella sichuanensisとして新種記載した。本種は系統的に近縁の同属他種とは胞子嚢胞子やアポフィシスの形態、厚壁胞子の有無などが異なっていた。本新種を含めたGongronella属菌の検索表を掲載した。Gongronella sichuanensis★Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Cunninghamellaceae/クスダマカビ科
R3-06596Phyllactinia guttataはワシントン州におけるCladosporium uredinicolaの宿主である2006Pacific Northwest Fungi2006年の論文/published in 2006, Pacific Northwest Fungi, Phyllactinia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウドンコカビ科/Erysiphaceae, カバノキ科/Betulaceae, コンタミ/contamination, ハシバミ属/Corylus, ワシントン州/Washington, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主の同定/identification of host, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 菌寄生菌/mycoparasitePhyllactinia guttata is a Host for Cladosporium uredinicola in Washington State米国ワシントン州においてうどんこ病菌のPhyllactinia guttataの子嚢果から分離された菌をCladosporium uredinicolaと同定した。当該宿主をC. uredinicolaの新宿主として報告した。本種が主に、宿主の子嚢果頂部の粘質の筆状細胞に定着することを示した。Cladosporium uredinicolaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科
R3-06595新熱帯におけるNeolentinus cirrhosusの発見2019Plant and Fungal Systematics2019年の論文/published in 2019, Plant and Fungal Systematics, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, セアラー州/Ceará, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, 半乾燥地域/semi-arid area, 南半球新産種/Southern Hemisphere_new record, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新産種報告/new record, 熱帯域/tropics, 砂地/sand, 腐生菌/saprobe, 菌核/sclerotiumThe discovery of Neolentinus cirrhosus (Gloeophyllales, Basidiomycota) in the Neotropicsブラジル、セアラー州からNeolentinus cirrhosusを南半球新産種として報告した。本種は従来ギニア、モーリタニア、およびジンバブエから知られており、新熱帯からの報告も初となった。本種は砂地に発生し、柄は砂粒に覆われ、基部は根状になって地下の菌核につながっていた。Neolentinus cirrhosus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Gloeophyllales/キカイガラタケ目_Gloeophyllaceae/キカイガラタケ科
R3-06594形態形質および系統解析により証拠づけられた新属Crassisporusおよび4新種の記載2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanCrassisporus gen. nov. (Polyporaceae, Basidiomycota) evidenced by morphological characters and phylogenetic analyses with descriptions of four new species多孔菌の新属Crassisporusを提唱し、本属にC. imbricatusなど中国およびオーストラリア産の4新種を含めた。本属菌は子実体が一年生で半背着生~傘状、傘が帯黄褐色で環紋または溝線を有し、担子胞子が無色広楕円形~長楕円形平滑、3菌糸型でクランプを有することなどで特徴づけられた。本属は分子系統解析でコア・ポリポロイドクレードに含まれ、Haploporus属に近縁な単系統群を形成した。Crassisporus imbricatus★ / Crassisporus leucoporus★ / Crassisporus macroporus★ / Crassisporus microsporus★
R3-06593韓国において土壌から分離された新産種、Scleroconidioma sphagnicola2019The Korean Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, The Korean Journal of Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 済州特別自治道/Jeju, 畑地/farmland, 菌核/sclerotium, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordA new record of Scleroconidioma sphagnicola isolated from soil in Korea韓国済州において畑地土壌から分離された菌を検討した。形態形質、培養性状、および分子系統解析の結果に基づき、韓国新産種のScleroconidioma sphagnicolaと同定した。本種は元々カナダにおいてミズゴケの寄生菌として報告されていたことから、韓国においてもミズゴケに生息していることが推測された。Scleroconidioma sphagnicola■Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱
R3-06592韓国新産の地衣、Ochrolechia akagiensis2019The Korean Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, The Korean Journal of Mycology, ジロホール酸/gyrophoric acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 江原道/Kangwon-do, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordFirst report of the lichen Ochrolechia akagiensis (Ochrolechiaceae, Ascomycota) in Korea韓国産ニクイボゴケ属地衣の104標本を形態、化学物質、および分子系統解析を基に同定し、4種を認めた。そのうちOchrolechia akagiensisを韓国新産種として報告した。これら4種を含む本属菌の検索表を掲載した。Ochrolechia akagiensis■ / Ochrolechia parellula / Ochrolechia trochophora / Ochrolechia yasudaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Ochrolechiaceae/ニクイボゴケ科
R3-06591新種Cordyceps qingchengensisおよびその類縁菌の分類学および生物学2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phocoderma属, Phytotaxa, イラガ科, カイコガ科, シノニム/synonym, ツチバチ科, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, フェノロジー/phenology, 中国/China, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 命名法/nomenclature, 四川省/Sichuan, 宿主の同定/identification of host, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 感染様式/mode of infection, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 生活環/life cycle, 畑地/farmland, 菌核/sclerotium, 貴州省/GuizhouTaxonomy and biology of Cordyceps qingchengensis sp. nov. and its allies中国四川省においてカイコガの蛹に生じた菌を検討し、Cordyceps qingchengensisとして新種記載した。観察結果を基に本種の生活環を推定して記述した。また、種子に発生するとされたC. ninchukisporaの宿主が、実際には種子によく似たイラガ科の蛹であったと考え、同種をC. pruinosaのシノニムとした。Cordyceps ningxiaensis / Cordyceps pruinosa / Cordyceps qingchengensis★ / Cordyceps tenuipesAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科
R3-06590パキスタンにおいてGerbera jamesoniiの葉に斑点病を引き起こした新規病原菌、Alternaria gaisen2018Mycopath2018年の論文/published in 2018, Gerbera属, Mycopath, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キク科/Asteraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, パキスタン/Pakistan, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 表面殺菌法/surface sterilization methodAlternaria gaisen: A new pathogen causing leaf spot of Gerbera jamesonii from Pakistanパキスタン、ラホールの庭園においてGerbera jamesoniiに生じた菌を検討し、Alternaria gaisenと同定した。接種試験により本種の病原性を確かめた。本種によるG. jamesoniiの斑点病はパキスタンから初報告となった。Alternaria gaisenAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06589米国東部において小川および河川から分離された新種Phytophthora caryae2016Plant Pathology2016年の論文/published in 2016, Plant Pathology, クルミ科/Juglandaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, ノースカロライナ州/North Carolina, ペカン属/Carya, マサチューセッツ州/Massachusetts, リニアグロース/linear growth, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 胞子形成誘導/sporulation induction, 萎凋病/wilt, 複合種/species complex, 選択培地/selective medium, 釣菌法/baiting methodPhytophthora caryae sp. nov., a new species recovered from streams and rivers in the eastern United States米国マサチューセッツ州およびノースカロライナ州において河川から分離された卵菌の一種を検討し、Phytophthora caryaeとして新種記載した。本種はP. citricola複合種に含まれ、分子系統解析でP. piniおよびP. citricola IIIに近縁であり、造卵器の基部が細まることが多いことなどで特徴づけられた。本種は接種試験でペカン属樹木に対する病原性を示した一方、クルミ属樹木には病原性を示さなかった。Phytophthora caryae★Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-06588中国の亜熱帯林において小川の水から分離された新種、Phytophthora pseudopolonica2017International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2017年の論文/published in 2017, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, コッホの原則/Koch_s postulation, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 四川省/Sichuan, 培養性状/colony characteristics, 接種試験/inoculation test, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 森林/forest, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 選択培地/selective medium, 釣菌法/baiting methodPhytophthora pseudopolonica sp. nov., a new species recovered from stream water in subtropical forests of China中国四川省の亜熱帯林において小川の水から分離された卵菌の一種を検討し、Phytophthora pseudopolonicaとして新種記載した。本種は造卵器が平滑、造精器が側着性で時に底着性であり、厚壁胞子および球形の菌糸の膨大部を豊富に形成した。本種の生育適温は30°Cで、分子系統解析ではクレード9の種に近縁であった。Phytophthora pseudopolonica★Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-06587韓国産のPhaeophyscia属地衣および類縁のアトラノリンを欠く分類群の改訂2019Microorganisms2019年の論文/published in 2019, Microorganisms, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 江原道/Kangwon-do, 沿岸域/coastal area, 済州特別自治道/Jeju, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordRevision of the Lichen Genus Phaeophyscia and Allied Atranorin Absent Taxa (Physciaceae) in South Korea韓国産のPhaeophyscia属およびそれに近縁の地衣類約650標本を検討した。新組み合わせPhysciella poeltiiを提唱し、韓国新産種として3種を報告した一方、4種を韓国産地衣類の一覧から除外した。全世界のPhaeophyscia属およびPhysciella属地衣の検索表を掲載した。Hyperphyscia crocata / Phaeophyscia adiastola / Phaeophyscia endococcinodes / Phaeophyscia exornatula / Phaeophyscia hirtella / Phaeophyscia hirtuosa / Phaeophyscia hispidula / Phaeophyscia hunana■ / Phaeophyscia leana■ / Phaeophyscia limbata / Phaeophyscia primaria / Phaeophyscia pyrrhophora / Phaeophyscia rubropulchra / Phaeophyscia sonorae■ / Phaeophyscia spinellosa / Phaeophyscia squarrosa / Physciella melanchra / Physciella poeltii▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-06586セファロテコイドの殻壁を有するChaetomidium属の新種C. vicugnaeについて、およびそのケートミア科との類縁関係2018Ascomycete.org2018年の論文/published in 2018, Ascomycete.org, アントファガスタ州/Antofagasta, チリ/Chile, ビクーニャ属, ラクダ科/Camelidae, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 湿室法/moist chamber method, 砂漠/desert, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子の発芽/germination of sporesOn a new species of Chaetomidium, C. vicugnae, with a cephalothecoid peridium and its relationships with Chaetomiaceae (Sordariales)チリのアタカマ砂漠においてビクーニャの糞に生じた菌を検討し、Chaetomidium vicugnaeとして新種記載した。本種は子嚢胞子が狭楕円形~紡錘形で2つの発芽孔を有し、殻壁の毛がごく淡色であることなどで特徴づけられた。ケートミア科の属レベルの検索表およびセファロテコイドの殻壁を有するChaetomidium/Corynascella属の検索表を掲載した。Chaetomidium vicugnae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-06585海産珪藻に寄生するベーサルな卵菌類の新属新種Miracula helgolandicaおよび新種Olpidiopsis drebesii、およびEctrogella属類似種の分類について2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, Pseudo-nitzschia属, Rhizosolenia属, カナダ/Canada, クサリケイソウ科, クローニング/cloning, シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州/Schleswig-Holstein, ツツガタケイソウ科, ドイツ/Germany, プリンスエドワードアイランド州/Prince Edward Island, 内部寄生菌/internal parasitic fungus, 分類未確定/classification undetermined, 卵菌類/Oomycetes, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 水生菌/aquatic fungi, 海生菌/marine fungi, 珪藻, 藻類寄生菌/algae parasitic fungus, 藻類生息菌/algicolous fungusPhylogeny of Miracula helgolandica gen. et sp. nov. and Olpidiopsis drebesii sp. nov., two basal oomycete parasitoids of marine diatoms, with notes on the taxonomy of Ectrogella-like speciesドイツにおいて珪藻のPseudo-nitzschia pungensとRhizosolenia imbricataにそれぞれ寄生していた2種の卵菌を検討し、新属新種Miracula helgolandicaおよび新種Olpidiopsis drebesiiとして報告した。前者は残りの卵菌類全てと姉妹群を形成し、後者は海産Olpidiopsis属菌のクレードに含まれたが、部分的なnrSSU配列しか得られていないので正確な系統的位置は推測不能であった。Ectrogella属類似種とOlpidiopsis属の卵菌について議論した。Miracula helgolandica★ / Olpidiopsis drebesii★Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Olpidiopsidales/オルピディオプシス目_Olpidiopsidaceae/フクロカビモドキ科
R3-06584イスラエルにおいてアボカドに炭疽病を引き起こす、新種を含むColletotrichum属菌の疫学、病原性、および同定2017Scientific Reports2017年の論文/published in 2017, RAPD解析/RAPD analysis, Scientific Reports, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イスラエル/Israel, クスノキ科/Lauraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, リニアグロース/linear growth, ワニナシ属/Persea, 中央地区(イスラエル), 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 北部地区(イスラエル)/Northern District (Israel), 南部地区(イスラエル)/Southern District (Israel), 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 実腐病/fruit rot, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新形質報告/new character, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湿室法/moist chamber method, 炭疽病/anthracnose, 生活環/life cycle, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 病害評価尺度/disease rating scale, 胞子形成誘導/sporulation induction, 茎腐病/stem rot, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex, 越冬/winteringEpidemiology, pathology and identification of Colletotrichum including a novel species associated with avocado (Persea americana) anthracnose in Israelイスラエルにおいてアボカドに炭疽病を引き起こすColletotrichum属菌の多様性調査を実施し、果実、葉、枝から分離された576菌株を検討した。形態学的検討および分子系統解析により8種を同定し、さらにC. perseaeを新種記載して病原性を確かめた。また、C. aenigmaのテレオモルフを記載した。Colletotrichum aenigma / Colletotrichum perseae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-06583ブラジル産のCunninghamella clavata:西半球新産種2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半乾燥地域/semi-arid area, 南米新産種/South America_new record, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 気温/temperature, 降水量/precipitationCunninghamella clavata from Brazil: A new record for the western hemisphereブラジル、ペルナンブーコ州の大西洋岸森林において土壌から分離された菌を検討し、Cunninghamella clavataと同定した。本種は従来中国のみから報告されており、西半球における新産種として報告された。ブラジル産Cunninghamella属菌の検索表を掲載した。Cunninghamella clavata■Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Cunninghamellaceae/クスダマカビ科
R3-06582インドの床屋の近くから分離された好地性クレードの皮膚糸状菌の新種、Nannizzia graeserae2018Kavaka2018年の論文/published in 2018, Kavaka, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ヒト病原菌/human pathogen, ヘアーベイト法/hair bait method, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 好ケラチン菌/kerationophillic fungus, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 稀産種/rare species, 走査型電子顕微鏡/SEM, 釣菌法/baiting methodNannizzia graeserae sp nov, a new dermatophyte of geophilic clade isolated from vicinity of a barbershop in Indiaインド、マハーラーシュトラ州においてヘアーベイト法で土壌から分離された好ケラチン菌の一種を検討し、Nannizzia graeseraeとして新種記載した。本種は特異な棍棒形~円筒形で粗面の大分生子を形成することなどで特徴づけられた。本種はインドから初めて報告された皮膚糸状菌であり、37°Cで生育可能であることから動物への感染可能性が考えられた。Nannizzia graeserae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Onygenales/ホネタケ目_Arthrodermataceae/アースロデルマ科
R3-06581南西太平洋、ノーフォーク島に産したEugeniella属の樹皮生地衣2新種2019Australasian Lichenology2019年の論文/published in 2019, Australasian Lichenology, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, オーストラリア/Australia, スチクチン酸類/stictic acids, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, ノーフォーク島/Norfolk Island, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 亜熱帯雨林/subtropical rainforest, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 葉上生地衣/foliicolous lichen, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyTwo new corticolous species of Eugeniella (lichenized Ascomycota, Pilocarpaceae) from Norfolk Island, south-western Pacific Oceanノーフォーク島からEugeniella pacificaおよびE. zeorinaの樹皮生地衣2新種を記載した。前者は地衣体が灰白色疣状で子嚢胞子が狭楕円形、短楕円形、または広楕円形で3隔壁を有し、スチクチン酸を含むことなどで特徴づけられた。後者は前者と顕微鏡的形質がほぼ同一であったが、子実下層がより厚く、子嚢胞子の形態が異なり、スチクチン酸に加えてゼオリンを豊富に含むことなどで特徴づけられた。Eugeniella pacifica★ / Eugeniella zeorina★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科
R3-06580Lichen fuscatusの保存されたタイプ2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, ジロホール酸/gyrophoric acid, タイプスタディ/type study, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保留名/conserved name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyThe conserved type of Lichen fuscatus [≡ Acarospora fuscata]Acarospora fuscataの基礎異名、Lichen fuscatusのホロタイプおよびアイソタイプ標本を検討した。それらの形態学的検討のみに基づく記載文を掲載した。また、タイプ標本から得られた塩基配列を基に分子系統解析を実施した。Acarospora fuscataAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-06579中国産の新種、Gliocladiopsis wuhanensis2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 湖北省/Hubei, 畑地/farmlandGliocladiopsis wuhanensis sp. nov. from China中国湖北省において土壌から分離された菌を検討し、Gliocladiopsis wuhanensisとして新種記載した。本種は分生子柄に三次の分枝を有することなどで特徴づけられた。本種は近縁で形態的に類似する種とは分生子柄の分枝および分生子の長さなどが異なっていた。Gliocladiopsis wuhanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06578DNAバーコーディングによりLodderomycesクレードにおける新属新種Nematodospora valgiおよび新種Candida cetoniaeが明らかになった2016Fungal Biology2016年の論文/published in 2016, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Fungal Biology, Oxythyrea属, TreeBASE, Valgus属, ウレアーゼ試験/urease test, キュステンディル州/Kyustendil, コガネムシ科/Scarabaeidae, ソフィア市/Sofia, デンプン/starch, ハナムグリ属, ビタミン要求性/vitamin requirement, ブルガリア/Bulgaria, ヴァルナ州/Varna, 二型性/dimorphism, 交配試験/mating test, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 山地/mountains, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 草地/grassland, 虫散布/dispersal by insects, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酵母叢/yeast floraDNA barcoding revealed Nematodospora valgi gen. nov., sp. nov. and Candida cetoniae sp. nov. in the Lodderomyces cladeブルガリアにおいて酵母の生物多様性調査を実施し、ハナムグリ亜科の甲虫から分離された酵母を新属新種Nematodospora valgiおよび新種Candida cetoniaeとして記載した。前者は分子系統解析において、Lodderomycesクレードの基底部で独自の系統を形成した。Nematodosporaは子嚢胞子が独特な線虫のような形状をとることなどで特徴づけられた。Candida cetoniae★ / Nematodospora valgi★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Debaryomycetaceae/デバリオマイセス科
R3-06577イランにおいて未耕作地土壌から分離されたNeocosmospora vasinfectaの初報告2018Rostaniha2018年の論文/published in 2018, Rostaniha, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, ケルマーンシャー州/Kermanshah, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new recordFirst report of Neocosmospora vasinfecta isolated from uncultivated soil in Iranイラン、ケルマーンシャー州において未耕作地の土壌から分離された菌を検討した。形態形質および分子系統解析の結果を基に、この菌をNeocosmospora vasinfectaと同定した。本種のイランからの報告は初となった。Neocosmospora vasinfecta■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06576海生ボーダーライン地衣類の隠れた多様性および新目コレモプシディウム目2016Fungal Diversity2016年の論文/published in 2016, BEAST, Fungal Diversity, GMYC法, 側系統群/paraphyletic group, 分子時計/molecular clock, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分岐年代推定/divergence time estimation, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣内生菌/endolichenic fungus, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 多系統群/polyphyletic group, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新目提唱/new order, 水生地衣類/aquatic lichen, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 海藻/seaweed, 淡水域/freshwater, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 種の境界/species delimitation, 藍藻地衣/cyanolichen, 藻類生息菌/algicolous fungus, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 走査型電子顕微鏡/SEMHidden diversity of marine borderline lichens and a new order of fungi: Collemopsidiales (Dothideomyceta)従来キサントピレニア科に含まれていたCollemopsidium属地衣に対し、新目コレモプシディウム目を提唱した。複数遺伝子に基づく分子系統解析により、本目がDothideomycetaクレードに含まれることが示された。化石情報による較正を用いて分岐年代を推定するとともに、GMYC法により潜在的種境界を推定した。
R3-06575パキスタン北西部に産したAmanita cinisとA. olivovaginataの2新種および新産種A. emodotrygon2019Turkish Journal of Botany2019年の論文/published in 2019, Turkish Journal of Botany, UNITE, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 湿度/humidity, 砂質ローム土壌/sandy loam soil, 砂質土壌/sandy soil, 種内変異/intraspecific variation, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitationAmanita cinis and A. olivovaginata (Basidiomycota, Amanitaceae), two new species, and the first record of A. emodotrygon, from Northwestern Pakistanパキスタン北西部で採集された2種の菌を検討し、Amanita cinisおよびA. olivovaginataとして新種記載した。前者はRoanokenses節、後者はVaginatae節に含まれた。また、インドから知られていたA. emodotrygonをパキスタン新産種として報告した。Amanita cinis★ / Amanita emodotrygon■ / Amanita olivovaginata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amanitaceae/テングタケ科
R3-06574トリコモナスカス科のリボフラビン産生性酵母の新属新種、Diddensiella caesifluorescens2012International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology1F=1N, 2012年の論文/published in 2012, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, MALDI-TOF MS, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, コナラ属/Quercus, スライド培養法/slide culture method, デンプン/starch, トネリコ属/Fraxinus, ハンガリー/Hungary, ビタミン要求性/vitamin requirement, ビタミン類/vitamins, ブナ科/Fagaceae, メチロトローフ酵母/methylotrophic yeast, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リボフラビン, 二型性/dimorphism, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 山地/mountains, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 胞子形成誘導/sporulation induction, 資化試験/assimilation test, 質量分析法/mass spectrometry, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance test, 集積培養/enrichment cultureDiddensiella caesifluorescens gen. nov., sp. nov., a riboflavin-producing yeast species of the family Trichomonascaceaeハンガリーにおいて腐朽材から分離された酵母の一種を検討し、新属新種Diddensiella caesifluorescensとして記載した。本種はヘテロタリックであり、液体培養でリボフラビンを産生した。また、Candida属2種をDiddensiella属に移した。Diddensiella caesifluorescens★ / Diddensiella santjacobensis▲ / Diddensiella transvaalensis▲Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-06573ブラジルにおいて沈んだ植物残渣に生じた新種、Linkosia aquatica2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 異隔壁/distoseptumLinkosia aquatica sp. nov. from submerged plant debris from Brazilブラジルにおいて河川に沈んだ腐朽枝に生じた菌を検討し、Linkosia aquaticaとして新種記載した。本種は分生子が円筒形、僅かに棍棒形、時に糸状であり、頂端細胞が顕著な淡褐色類棍棒形であることなどで特徴づけられた。Linkosia属菌の検索表を掲載した。Linkosia aquatica★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06572中国海南省産の新種、Ellisembia hainanensis2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, リター菌/litter fungi, 中国/China, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 海南省/Hainan, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity surveyEllisembia hainanensis sp. nov. from Hainan, China中国海南省において腐朽葉から分離された水生不完全菌の一種を検討し、Ellisembia hainanensisとして新種記載した。本種は分生子が褐色倒棍棒形で9-11隔壁を有し、粘液質の鞘に包まれることなどで特徴づけられた。本種と類似のEllisembia属菌の形質比較表を掲載した。Ellisembia hainanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱
R3-06571Alternaria属菌の節間分布 (5):分生子に多数の縦隔壁を形成する種2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undeterminedDistribution of Alternaria species among sections. 5. Species producing conidia with many longitudinal septaAlternaria属菌のうち、分生子に多数の縦隔壁を有する種について、既存の形態学的記述から節レベルの所属を検討した。Alternaria節に4種、Cheiranthus節に1種、Gypsophilae節に1種、Infectoriae節に2種、Panax節に2種を新たに加えた。Cheiranthus、Gypsophilae、Panax節の完全な種名一覧を作成した。
R3-06570ウガンダ新産の水生黒穂菌、Doassansiopsis tomasii2006Polish Botanical Journal2006年の論文/published in 2006, Polish Botanical Journal, ウガンダ/Uganda, ウガンダ新産種/Uganda_new record, スイレン属/Nymphaea, スイレン科/Nymphaeaceae, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水生菌/aquatic fungi, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 種内変異/intraspecific variation, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiDoassansiopsis tomasii, an aquatic smut fungus new to UgandaDoassansiopsis tomasiiをウガンダ新産種として報告した。本種の報告はエチオピアからの原記載以来であり、ウガンダにおいてはビクトリア湖においてスイレン属の一種に発生した。また、ザンビアにおけるD. nymphoidesのNymphaea nouchaliに対する偶発的感染の事例を報告した。Doassansiopsis nymphoides / Doassansiopsis tomasii■Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycotina/クロボキン亜門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Urocystidales/ウロシスティス目_Doassansiopsidaceae/ドアッサンシオプシス科
R3-06569Opegrapha inalbescensの正体について、およびCresponea属のオーストラリアにおける新産種2006Australasian Lichenology2006年の論文/published in 2006, Australasian Lichenology, Ceratopetalum属, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, クイーンズランド州/Queensland, クノニア科/Cunoniaceae, シノニム/synonym, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, 二次代謝産物/secondary metabolite, 冷温帯域/cold temperate, 冷温帯林/cool-temperate forest, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyOn the identity of Opegrapha inalbescens, with new Australian records of CresponeaOpegrapha inalbescensをCresponea plurilocularisのシノニムとし、当該種をニューサウスウェールズ州新産種として報告した。Cresponea flavaをオーストラリア、C. leprieuriiをニューサウスウェールズ州における新産種としてそれぞれ報告した。また、C. proximataをクイーンズランド州から再報告した。Cresponea flava■ / Cresponea leprieurii■ / Cresponea plurilocularis■ / Cresponea proximataAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Opegraphaceae/キゴウゴケ科
R3-06568すす点病を引き起こすCyphellophora属3新種2015PLOS ONE2015年の論文/published in 2015, PLOS ONE, すす点病/sooty blotch, イネ科/Poaceae, クワ科/Moraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, スライド培養法/slide culture method, タケ生息菌/bambusicolous fungus, トウチク属, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, パンノキ属/Artocarpus, マダケ属/Phyllostachys, メラニン/melanin, 中国/China, 二次構造/secondary structure, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 生合成経路, 種内変異/intraspecific variation, 菌核/sclerotiumThree New Species of Cyphellophora (Chaetothyriales) Associated with Sooty Blotch and Flyspeck中国南部からCyphellophora phyllostachysdis、C. artocarpi、およびC. musaeを新種記載した。分子系統解析に加えてITS1およびITS2の二次構造を解析し、接種試験によりこれらの菌のリンゴに対する病原性を示した。Cyphellophora属の検索表を掲載した。Cyphellophora artocarpi★ / Cyphellophora musae★ / Cyphellophora phyllostachydis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目
R3-06567イランにおいてイネ科植物に生じたParastagonospora dactylidisの同定2018Mycologia Iranica2018年の論文/published in 2018, Aegilops属, MAT遺伝子/MAT gene, Mycologia Iranica, イディオモルフ/idiomorph, イネ科/Poaceae, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, クサヨシ属/Phalaris, コフギールーイェ・ブーイェル=アフマド州/Kohgiluyeh and Boyer-Ahmad, スズメノチャヒキ属/Bromus, ファールス州/Fars, フーゼスターン州/Khuzestan, 交配型/mating type, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 胞子形成誘導/sporulation induction, 表面殺菌法/surface sterilization methodIdentification of the species Parastagonospora dactylidis on poaceous plants in Iranイランにおいて様々なイネ科植物から分離された菌を同定し、Parastagonospora dactylidisをイラン新産種として報告した。本種はPhalaris arundinacea、Bromus hordeaceus、およびAegilops tauschiiから分離され、これらの宿主はいずれも世界初報告であった。形態学的検討のほか、ITS+nrLSUによる分子系統解析、交配試験などを実施した。Parastagonospora dactylidis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-06566ブラジル、パラナ州西部に産したAnnulohypoxylon属菌2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 色素産生/pigment production, 走査型電子顕微鏡/SEMAnnulohypoxylon (Xylariales) from western Paraná, Brazilブラジル、パラナ州で採集された菌を検討し、Annulohypoxylon parvodiscumとして新種記載した。また、本新種の他にAnnulohypoxylon属の3種を報告した。これらの種の検索表を掲載した。Annulohypoxylon macrodiscum■ / Annulohypoxylon nitens■ / Annulohypoxylon parvodiscum★ / Annulohypoxylon stygiumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科
R3-06565ブラジルの半乾燥地域に産した腹菌の新種、Calvatia nodulata2014Journal of Mycology2014年の論文/published in 2014, Journal of Mycology, シクエストレート菌/sequestrate fungus, セアラー州/Ceará, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEMCalvatia nodulata, a New Gasteroid Fungus from Brazilian Semiarid Regionブラジル北東部の熱帯雨林で採集された腹菌の一種を検討し、Calvatia nodulataとして新種記載した。本種は子実体が洋梨形~洋独楽形、外皮が小粒状~長軟毛状で担子胞子が点状、弾糸表面が結節状であることなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは無性基部の発達、担子胞子の形状や弾糸の表面性状などが異なっていた。Calvatia nodulata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06564イベリア半島新産種、Mattirolomyces terfezioides:最南端・最西端の採集地2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, マドリード州/Madrid, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 生物地理学/biogeography, 稀産種/rare species, 誤同定/misidentification, 走査型電子顕微鏡/SEM, 都市環境/urban environmentFirst record of Mattirolomyces terfezioides from the Iberian Peninsula: its southern- and westernmost localityスペイン、マドリードで採集された標本を検討し、形態およびITS領域の塩基配列を基にMattirolomyces terfezioidesと同定した。本種はイベリア半島新産種であり、その採集地は既知の分布域における最南端および最西端であった。本種はイベリア半島において稀産種であるとも考えられたが、見落とされたり誤同定されたりしている可能性もあるとされた。Mattirolomyces terfezioides■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-06563Olpitrichum sphaerosporum:米国における新記録および系統的位置2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コネチカット州/Connecticut, シンアナモルフ/synanamorph, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 新産種報告/new record, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 腐生菌/saprobeOlpitrichum sphaerosporum: A new USA record and phylogenetic placementOlpitrichum sphaerosporumを米国新産種として報告した。本種は従来日本およびメキシコから報告されており、米国ではコネチカット州においてビャクシン属植物の枯葉に見出された。nrLSUおよびITSに基づく分子系統解析を実施したところ、本種がメラノスポラ目セラトストマ科に含まれることが示唆された。Olpitrichum sphaerosporum■Ascomycota/子嚢菌門
R3-06562クロサイワイタケ目の5属の系統関係および新属Rosasphaeria2012Fungal Diversity2012年の論文/published in 2012, Fungal Diversity, アオイ科/Malvaceae, イネ科/Poaceae, ウィーン/Wien, エピタイプ指定/epitype designation, オーストリア/Austria, オーバーエスターライヒ州/Oberösterreich, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, シナノキ属/Tilia, スノキ属/Vaccinium, タイプスタディ/type study, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ツツジ科/Ericaceae, ドイツ/Germany, バイエルン州/Bayern, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, ヒカゲノカズラ属/Lycopodium, ヒカゲノカズラ科/Lycopodiaceae, マダケ属/Phyllostachys, ミズキ属/Cornus, ミズキ科/Cornaceae, リター菌/litter fungi, レクトタイプ指定/lectotype designation, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variation, 難培養性菌/uncultured fungiPhylogenetic relationships of five genera of Xylariales and Rosasphaeria gen. nov. (Hypocreales)植物組織に発生する子座非形成性、子嚢殻形成性の8種について形態学的検討および分子系統解析を実施した。バラ属植物を宿主とするLeiosphaerella moravicaに対して新属Rosasphaeriaを提唱した。また、ヒカゲノカズラ属シダに生じていた菌をMonographella lycopodinaとして新種記載した。Collodiscula japonica / Leiosphaerella lycopodina▲ / Leiosphaerella praeclara / Melogramma campylosporum / Monographella lycopodina★ / Pseudomassaria chondrospora / Pseudomassaria fallax / Pseudomassaria sepincoliformis / Pseudomassariella vexata / Rosasphaeria moravica▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Melanconidaceae/メラノコニス科_Pseudomassariaceae/シュードマッサリア科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Niessliaceae/ニースリア科
R3-06561グリーンランド南部産の地衣類および地衣生菌類2009Bellemerea属2009年の論文/published in 2009, Allantoparmelia属, Amygdalaria属, Arctocetraria属, Bellemerea属, Bilimbia属, Euopsis属, Folia Cryptogamica Estonica, Japewia属, Koerberiella属, Megaspora属, Melanohalea属, Protopannaria属, Schaereria属, Sporastatia属, アオシモゴケ科/Icmadophilaceae, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, アナウロコゴケ科, イワアバタゴケ属/Ionaspis, イワアバタゴケ科/Hymeneliaceae, イワタケ属/Umbilicaria, イワタケ科/Umbilicariaceae, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, ウラミゴケ属/Nephroma, ウラミゴケ科/Nephromataceae, エイランタイ属/Cetraria, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラクサゴケ属/Parmelia, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, キゴケ属/Stereocaulon, キゴケ科/Stereocaulaceae, キシメジ科/Tricholomataceae, クボミゴケ属/Aspicilia, グリーンランド/Greenland, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ上生地衣, コケ生息菌/bryophilous fungus, ゴイシゴケ属/Lecidea, ゴイシゴケ科/Lecideaceae, サンゴゴケ属/Sphaerophorus, サンゴゴケ科/Sphaerophoraceae, シェレリア科, ジュズキノリ属, スポラスタティア科, タカネケゴケ属, タカネゴケ属/Melanelia, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チズゴケ属/Rhizocarpon, チズゴケ科/Rhizocarpaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ツブウスゴケ属, ツブノリ科/Lichinaceae, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, デイジーゴケ属, デンマーク/Denmark, トラペリア科/Trapeliaceae, ニクイボゴケ属/Ochrolechia, ニクイボゴケ科/Ochrolechiaceae, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ハナビラゴケ科/Pannariaceae, ハリガネキノリ属/Bryoria, ヒダサカズキタケ属, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒースランド/heathland, ビスケットゴケ属/Rinodina, ビャクシン属/Juniperus, フジカワゴケ属/Toninia, フジツボ属, フジツボ科, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, ミズゴケ属/Sphagnum, ミズゴケ科/Sphagnaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, ムシゴケ属/Thamnolia, メガスポラ科/Megasporaceae, ヤイトゴケ属/Solorina, レプラゴケ属/Lepraria, ロパディウム科, ワゴケ属/Arctoparmelia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 化学型/chemical type, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 淡水域/freshwater, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 葉状地衣/foliose lichen, 降水量/precipitationThe lichens and lichenicolous fungi of South Greenlandグリーンランド南部西海岸に産する地衣類および地衣生菌類の一覧を作成し、地衣類744、地衣生菌類156、類縁菌類6を記録した。Absconditella trivialisなど83種1変種1亜種をグリーンランドから初めて報告し、地衣類77種と地衣生菌類57種を調査地における新産種として報告した。新組み合わせNaetrocymbe kentrosporaを提唱した。Abrothallus bertianus■ / Absconditella trivialis■ / Acarospora brunneola■ / Acarospora complanata■ / Acarospora fusca■ / Acarospora moenium■ / Acarospora pyrenopsoides■ / Acarospora wahlenbergii■ / Agonimia gelatinosa■ / Amygdalaria consentiens■ / Amygdalaria pelobotryon■ / Anema nummularium■ / Arthonia fuscopurpurea■ / Arthonia molendoi■ / Arthonia nephromiaria■ / Arthonia peltigerea■ / Arthonia peltigerina■ / Arthonia stereocaulina■ / Arthrorhaphis olivaceae■ / Aspicilia aquatica■ / Aspicilia caesiocinerea■ / Aspicilia candida■ / Aspicilia mashiginensis■ / Aspicilia pergibbosa■ / Aspicilia perradiata■ / Aspicilia supertegens■ / Bacidia bagliettoana■ / Bacidia beckhausii■ / Baeomyces placophyllus■ / Bellemerea diamarta■ / Biatora pullata■ / Botryolepraria lesdainii■ / Bryonora castanea■ / Bryonora septentrionalis■ / Buellia arnoldii■ / Buellia badia■ / Buellia erubescens■ / Buellia ocellata■ / Buellia thiopoliza■ / Buellia triphragmoides■ / Caloplaca approximata■ / Caloplaca arenaria■ / Caloplaca castellana■ / Caloplaca citrina■ / Caloplaca epithallina■ / Caloplaca tornoënsis■ / Caloplaca xanthostigmoidea■ / Calvitimela melaleuca■ / Calvitimela perlata■ / Candelariella kuusamoënsis■ / Capronia peltigerae■ / Carbonea aggregantula■ / Cecidonia umbonella■ / Cercidospora epicarphinea■ / Cercidospora lichenicola■ / Cercidospora stereocaulorum■ / Cercidospora verrucosaria■ / Cladonia strepsilis■ / Cladonia trassii■ / Cliostomum pallens■ / Clypeococcum cetrariae■ / Collema crispum■ / Collemopsidium sublitorale■ / Corticifraga peltigerae■ / Dacampia hookeri■ / Dactylospora amygdalariae■ / Dactylospora deminuta■ / Dactylospora rinodinicola■ / Dactylospora urceolata■ / Echinothecium reticulatum■ / Endococcus macrosporus■ / Endococcus stigma■ / Endococcus verrucisporus■ / Endococcus verrucosus■ / Epibryon conductrix■ / Epicladonia simplex■ / Epilichen glauconigellus■ / Geltingia associata■ / Hymenelia cyanocarpa■ / Hypogymnia vittata■ / Intralichen christiansenii■ / Intralichen lichenum■ / Ionaspis ventosa■ / Lecanora aitema■ / Lecanora cadubriae■ / Lecanora campestris■ / Lecanora carpoides■ / Lecanora discoënsis■ / Lecanora leucococca■ / Lecanora subaurea■ / Lecanora zosterae■ / Lecidea nylanderi■ / Lecidea ramulosa■ / Lecidea turgidula■ / Lecidella anomaloides■ / Lecidella patavina■ / Lepraria eburnea■ / Lepraria rigidula■ / Leptogium gelatinosum■ / Leucocarpia dictyospora■ / Lichenoconium edgewoodensis■ / Lichenoconium lecanorae■ / Lichenoconium pyxidatae■ / Lichenoconium usneae■ / Lichenodiplis lecanorae■ / Lichenopeltella cetrariicola■ / Lichenostigma cosmopolites■ / Lobothallia melanaspis■ / Marchandiomyces corallinus■ / Merismatium coccisporum■ / Merismatium decolorans■ / Micarea lignaria■ / Micarea prasina■ / Micarea turfosa■ / Muellerella erratica■ / Muellerella ventosicola■ / Mycobilimbia epixanthoides■ / Mycoblastus fucatus■ / Naetrocymbe kentrospora▲ / Niesslia cladoniicola■ / Nigropuncta rugulosa■ / Ochrolechia parella■ / Peltigera polydactylon■ / Peltigera scabrosella■ / Pertusaria corallina■ / Pertusaria glomerata■ / Phacopsis doerfeltii■ / Phacopsis huuskonenii■ / Phaeorrhiza nimbosa■ / Phaeospora parasitica■ / Phaeosporobolus alpinus■ / Phaeosporobolus usneae■ / Phoma cladoniicola■ / Pilophorus dovrensis■ / Placopsis lambii■ / Placynthiella dasaea■ / Placynthiella icmalea■ / Placynthiella oligotropha■ / Polyblastia cupularis■ / Polyblastia hyperborea■ / Polyblastia inumbrata■ / Polycoccum rugulosarium■ / Polycoccum squamarioides■ / Polysporina subfuscescens■ / Porocyphus coccodes■ / Porpidia cinereoatra■ / Porpidia rugosa■ / Porpidia soredizodes■ / Porpidia speirea■ / Porpidia superba■ / Pronectria ornamentata■ / Protoparmelia leproloma■ / Protothelenella croceae■ / Protothelenella sphinctrinoidella■ / Pycnothelia papillaria■ / Pyrenidium actinellum■ / Pyrrhospora rubiginans■ / Raciborskiomyces peltigericola■ / Refractohilum galligenum■ / Refractohilum peltigerae■ / Rhagadostoma brevisporum■ / Rhizocarpon expallescens■ / Rhizocarpon frigidum■ / Rhizocarpon intermediellum■ / Rhizocarpon lindsayanum■ / Rhizocarpon oederi■ / Rhizocarpon pusillum■ / Rhizocarpon roridulum■ / Rhizoplaca glaucophana■ / Rhymbocarpus neglectus■ / Rimularia fuscosora■ / Rinodina gennarii■ / Rinodina parasitica■ / Rinodina roscida■ / Rinodina septentrionalis■ / Sagediopsis aquatica■ / Santessoniella arctophila■ / Sarcogyne privigna■ / Sarcopyrenia gibba■ / Scutula heerii■ / Skyttella mulleri■ / Sphaerellothecium atryneae■ / Sphaerellothecium minutum■ / Sphaerellothecium stereocaulorum■ / Squamarina nivalis■ / Staurothele fuscocuprea■ / Stereocaulon capitellatum■ / Stereocaulon condensatum■ / Stereocaulon grande■ / Stereocaulon incrustatum■ / Stereocaulon pileatum■ / Stereocaulon subcoralloides■ / Stereocaulon tennesseense■ / Stigmidium frigidum■ / Stigmidium joergensenii■ / Stigmidium mitchellii■ / Stigmidium mycobilimbiae■ / Stigmidium peltideae■ / Stigmidium pumilum■ / Stigmidium solorinarium■ / Stigmidium tabacinae■ / Taeniolella verrucosa■ / Thelidium zwackhii■ / Thelocarpon epibolum■ / Thelocarpon impressellum■ / Thrombium basalticum■ / Toninia alutacea■ / Toninia ruginosa■ / Trapelia involuta■ / Verrucaria margacea■ / Verrucaria umbrinula■ / Weddellomyces tartaricola■ / Xylographa trunciseda■ / Xylographa vitiligo■ / Zwackhiomyces coepulonus■ / Zwackhiomyces lacustris■Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Stictidaceae/スティクティス科_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Arthrorhaphidaceae/レモンイボゴケ科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Baeomycetales/センニンゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Tephromelataceae/テフロメラ科_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Trypetheliales/トリペテリウム目_Peltigerales/ツメゴケ目_Collemopsidiales/コレモプシディウム目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科_Capnodiales/カプノディウム目_Capnodiaceae/カプノディウム科_Pseudoperisporiaceae/シュードペリスポリウム科_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helicogoniaceae/ヘリコゴニウム科_Hymeneliales/ハイメネリア目_Hymeneliaceae/ハイメネリア科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Microthyriales/ミクロチリウム目_Microthyriaceae/ミクロチリウム科_Phaeococcomycetaceae/フェオコッコマイセス科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Naetrocymbaceae/ネトロキンベ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Niessliaceae/ニースリア科_Ochrolechiaceae/ニクイボゴケ科_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Trapeliaceae/トラペリア科_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Protothelenellaceae/プロトテレネラ科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Nitschkiaceae/ニチュキア科_Odontotremataceae/オドントトレマ科_Adelococcaceae/アデロコッカス科_Pannariaceae/ハナビラゴケ科_Micareaceae/ミカレア科_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Thelocarpales/テロカルポン目_Thelocarpaceae/テロカルポン科_Thrombiaceae/スロンビウム科_Xylographaceae/ザイログラファ科
R3-06560バイオネクトリア科の特異な新種、Stilbocrea walteri2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, ポルトガル/Portugal, リスボン地域/Lisbon, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobeStilbocrea walteri sp. nov., an unusual species of Bionectriaceaeポルトガルにおいてセイヨウヒイラギガシに生じた菌を検討し、Stilbocrea walteriとして新種記載した。本種は子座および子嚢果が暗色であるにもかかわらず、分子系統解析で意外にもバイオネクトリア科クレードに含まれた。本種と近縁なS. macrostomaの標本写真を比較のため提示した。Stilbocrea walteri★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-06559熱帯アフリカ産のCantharellus isabellinus複合種2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, エピタイプ指定/epitype designation, カメルーン/Cameroon, タイプスタディ/type study, 再発見/rediscovery, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 東部州(カメルーン)/East Province (Cameroon), 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complexThe Cantharellus isabellinus species complex (Cantharellales, Hydnaceae) in tropical AfricaCantharellus isabellinusを50年以上ぶりにアフリカの熱帯雨林で採集し、本種のエピタイプ標本を選定した。分子系統解析を実施し、本種がC. parvisporus(新階級・新組み合わせ)に最も近縁であることを示した。また、本種と同一の環境に発生するC. griseoisabellinusを新種記載した。Cantharellus griseoisabellinus★ / Cantharellus isabellinus / Cantharellus parvisporus▲●Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科
R3-06558イランにおいてペルシアン・オークを宿主とする新規の病原菌およびエンドファイト2019European journal of Plant Pathology2019年の論文/published in 2019, European journal of Plant Pathology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, イーラーム州/Ilam, エンドファイト/endophyte, コッホの原則/Koch_s postulation, コナラ属/Quercus, ナラ枯れ/oak wilt, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分離頻度/isolation frequency, 単胞子分離/single spore isolation, 単菌糸分離/single hypha isolation, 垂直感染/vertical transmission, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 発生頻度/frequency of occurrence, 統計解析/statistical analysis, 表面殺菌法/surface sterilization methodNew pathogenic and endophytic fungal species associated with Persian oak in Iranイラン、イーラーム州において衰退した、あるいは健全なQuercus brantiiから菌を分離し、形態学的検討および分子系統解析を実施した。4種が接種試験で病原性を示し、D. glomerataおよびN. dimidiatumについてQ. brantiiを新宿主として報告した。Acremonium属の一種など7種をQ. brantiiのエンドファイトとして初めて報告した。Cytospora ribis / Didymella glomerata / Fusarium solani / Fusarium tricinctum / Neoscytalidium dimidiatum / Neosetophoma samarorum / Trichothecium roseumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Didymellaceae/ディディメラ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-06557新組み合わせNeofavolus subpurpurascens、および新熱帯からの新記録2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, タイプスタディ/type study, フフイ州/Jujuy, ブラジル/Brazil, ボリビア/Bolivia, ボリビア新産種/Bolivia_new record, ラパス県(ボリビア)/La Paz (Bolivia), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 稀産種/rare speciesNeofavolus subpurpurascens comb. nov., with new records from the NeotropicsPolyporus subpurpurascensについてブラジル、アルゼンチン、ボリビア産標本の形態学的検討および分子系統解析を実施し、本種をNeofavolus属に移した。本種の傘表皮が他のNeofavolus属菌と同様に、肉の菌糸と異なる平行菌糸被からなることを見出し、傘表皮の形態の重要性を示した。本種をアルゼンチンおよびボリビアにおける新産種として報告した。Neofavolus subpurpurascens▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-06556ノルウェー新産種、Ophiognomonia rosae2011Agarica2011年の論文/published in 2011, Agarica, クロバナロウゲ属/Comarum, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, バラ科/Rosaceae, フィンマルク県/Finnmark, リター菌/litter fungi, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 地理的分布/geographical distribution, 宿主特異性/host specificity, 新産種報告/new record, 森林/forestOphiognomonia rosae (Ascomycota) new to NorwayOphiognomonia rosaeをノルウェー新産種として報告した。本種はフィンマルク県においてクロバナロウゲの枯葉および枯茎に生じていた。本報告はフェノスカンジアおよびヨーロッパ本土における本種の最北の報告となった。Ophiognomonia rosae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Gnomoniaceae/グノモニア科
R3-06555中国においてカバノキ属植物に生じるMelanconis属菌2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 北京市/Beijing, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 寧夏回族自治区/Ningxia, 感染率/infection rate, 散布様式/dispersal style, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水散布/disparsal by water, 潰瘍病/canker, 甘粛省/Gansu, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胞子散布/spore dispersal, 胴枯病/dogare-byo (canker), 風散布/wind dispersalMelanconis (Melanconidaceae) associated with Betula spp. in China中国において胴枯病および立ち枯れ病に罹病したカバノキ属樹木から45菌株を分離し、形態学的検討および分子系統解析を実施した。甘粛省でBetula albosinensisから分離された菌をMelanconis betulaeとして新種記載した。また、M. itoanaおよびM. stilbostomaを同定し、前者を中国新産種として報告した。Melanconis betulae★ / Melanconis itoana■ / Melanconis stilbostomaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Melanconidaceae/メラノコニス科
R3-06554インド産の新規および特筆すべきチャヒラタケ型ハラタケ類2018Cryptogamie Mycologie2018年の論文/published in 2018, Cryptogamie Mycologie, TreeBASE, アジア新産種/Asia_new record, インド/India, インド新産種/India_new record, ケララ州/Kerala, ココヤシ属/Cocos, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, パラゴムノキ属/Hevea, フェノロジー/phenology, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 胞子紋/spore printNew and Noteworthy Crepidotoid Agarics from Indiaインド、ケララ州においてココヤシやパラゴムノキなどに発生した菌を検討し、Crepidotus indicusとして新種記載した。本種は子実体が小型~大型で傘が白色でのちに帯灰橙色、担子胞子が大型球形で疣状、縁シスチジアが鞭状であることなどで特徴づけられた。また、Simocybe amaraをアジア新産種として報告した。Crepidotus indicus★ / Simocybe amara■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06553スウェーデン新産の海生菌類2016Svensk Mykologisk Tidskrift2016年の論文/published in 2016, Svensk Mykologisk Tidskrift, イチジク属/Ficus, クワ科/Moraceae, コナラ属/Quercus, コルク/cork, ゴットランド県/Gotland, スウェーデン/Sweden, スウェーデン新産種/Sweden_new record, ブナ科/Fagaceae, ヨーテボリ・ブーヒュース県, ヴェステルボッテン県/Västerbotten, ヴェストラ・イェータランド県/Västra Götaland, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 砂地/sand, 種内変異/intraspecific variation, 総説記事/review article, 胞子発達様式/spore development style, 菌類学者/mycologist, 藻類生息菌/algicolous fungus, 褐藻/brown algae, 配列決定/sequencing, 酵母/yeastNew records of marine fungi from Swedenスウェーデン産の海生菌類に関する知見をまとめた。Rolf Santessonにより採集された標本を再検討し、塩基配列を基に再同定した。Corollospora borealisおよびAmphitrite annulataの2新種を記載した。Amphitrite annulata★ / Amylocarpus encephaloides■ / Calycina marina / Corollospora borealis★ / Corollospora maritima / Didymella fucicola / Halokirschsteiniothelia maritima■ / Leptosphaeria orae-maris■ / Leucosporidium scottii■ / Lignincola laevis■ / Lulwoana uniseptata / Lulworthia longirostris■ / Lulworthia medusa / Nais inornata■ / Piricauda pelagica / Saagaromyces glitra■ / Sphaerulina orae-marisAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Halosphaeriaceae/ハロスフェリア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Didymellaceae/ディディメラ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Leucosporidiales/ロイコスポリディウム目_Lulworthiales/ルルワーシア目_Lulworthiaceae/ルルワーシア科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06552中国産の新種、Sanghuangporus toxicodendri2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, ウルシ属/Toxicodendron, ウルシ科/Anacardiaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 湖北省/Hubei, 腐生菌/saprobeSanghuangporus toxicodendri sp. nov. (Hymenochaetales, Basidiomycota) from China中国湖北省においてウルシ属の生木の幹に発生した菌を検討し、Sanghuangporus toxicodendriとして新種記載した。本種は子実体が多年生で半背着生~傘状、孔口面が帯黄褐色または帯褐黄色、担子胞子が広楕円形平滑、剛毛が暗褐色便腹形であることなどで特徴づけられた。Sanghuangporus属の検索表を掲載した。Sanghuangporus toxicodendri★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-06551中国江蘇省産のHelminthosporium属1新種2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 江蘇省/Jiangsu, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 配列決定/sequencingA new species of Helminthosporium from Jiangsu, China中国江蘇省において樹木の枯枝に生じていた菌を検討し、Helminthosporium nanjingenseとして新種記載した。本種はPDA培地上で黄緑色の色素を産生することなどで特徴づけられた。本種は同属他種よりも分生子柄が長く、分生子が長くて僅かに幅狭く、表面が平滑である点などが異なっていた。Helminthosporium nanjingense★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Massarinaceae/マッサリナ科
R3-06550オーストラリア産のトリハダゴケ属地衣5新種2019Australasian Lichenology2019年の論文/published in 2019, Australasian Lichenology, オキセピン類/oxepins, オーストラリア/Australia, キサントン類/xanthones, コンフルエンチン酸類/confluentic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, タスマニア州/Tasmania, デプシド類/depsides, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リケキサントン類/lichexanthones, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyFive new species of Pertusaria (Pertusariales, lichenized Ascomycota) from Australiaオーストラリアのロード・ハウ島から3種の樹皮生トリハダゴケ属地衣を新種記載した。また、タスマニア州から材上生、ニューサウスウェールズ州から岩上生の同属地衣を1新種ずつ記載した。これらの新種は形態的に類似する種とは子嚢の胞子数、子嚢胞子のサイズ、地衣成分の構成などが異なっていた。Pertusaria albidopunctata★ / Pertusaria insularicola★ / Pertusaria roccellica★ / Pertusaria submaritima★ / Pertusaria wallingatensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科
R3-06549ブラジル、アマゾン東部においてヤシの葉のリターに関連する腐生性分生子形成菌類2019Anais da Academia Brasileira de Ciências2019年の論文/published in 2019, Anais da Academia Brasileira de Ciências, Astrocaryum属, Attalea属, Bactris属, Bray-Curtisの類似度指数/Bray-Curtis similarity index, Oenocarpus属, Socratea属, Syagrus属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アマパー州/Amapá, ウスバヒメヤシ属/Geonoma, キャベツヤシ属/Euterpe, シンネマ形成菌/synnematous fungus, トランセクト調査/transect survey, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 分類未確定/classification undetermined, 南米新産種/South America_new record, 多次元尺度構成法/multidimensional scaling, 宿主選好性/host selectivity, 希薄化曲線/rarefaction curve, 散布図/scatter plot, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 種の豊富さ/species richness, 統計解析/statistical analysis, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveySaprobic conidial fungi associated with palm leaf litter in eastern Amazon, Brazilブラジル、アマパー州においてヤシの葉のリターに発生する腐生性アナモルフ菌類の調査を実施し、25科79属107種を同定した。3種を南米新産種、3種をブラジル新産種、83種をアマパー州、15種をブラジル・アマゾン新産種としてそれぞれ報告した。種の豊富さは葉柄および葉軸よりも小葉が大きく、この3種類の基質における種構成は有意に異なっていた。Acrodictys bambusicola■ / Acrodictys elaeidicola■ / Acrogenotheca ornata■ / Ardhachandra cristaspora■ / Atrosetaphiale flagelliformis■ / Bactrodesmium novageronensis■ / Beltrania rhombica■ / Beltraniella japonica■ / Beltraniella portoricensis■ / Bipolaris hawaiiensis■ / Brachysporiella gayana■ / Camposporium fusisporum■ / Canalisporium caribense■ / Chaetochalara laevis■ / Chaetopsina fulva■ / Chaetopsina nimbae■ / Chaetopsis intermedia■ / Chalara alabamensis■ / Chalara kendrickii■ / Chloridium botryoideum■ / Chloridium phaeosporum■ / Chloridium transvaalense■ / Chloridium virescens■ / Circinotrichum olivaceum■ / Clonostachys compactiuscula■ / Codinaea fertilis■ / Codinaea simplex■ / Corynesporopsis inaequiseptata■ / Corynesporopsis isabelicae■ / Cryptophiale kakombensis■ / Cryptophialoidea fasciculata■ / Curvularia eragrostidis■ / Cylindrocarpon curtum■ / Cylindrocladium naviculatum■ / Dactylaria belliana■ / Dactylaria parvispora■ / Dictyochaeta minutissima■ / Dictyosporium alatum■ / Dictyosporium bulbosum■ / Dictyosporium elegans■ / Dinemasporium lanatum■ / Ellisembia adscendens■ / Ellisembia brachypus■ / Ellisembia leonensis■ / Endophragmiella mexicana■ / Exserticlava triseptata■ / Exserticlava vasiformis■ / Gangliostilbe costaricensis■ / Gonytrichum chlamydosporium■ / Grallomyces portoricensis■ / Guedea novae-zelandiae■ / Gyrothrix ramosa■ / Gyrothrix verticiclada■ / Helicosporium guianense■ / Helicoubisia coronata■ / Helminthosporiella stilbacea■ / Helminthosporium palmigenum■ / Hermatomyces sphaericus■ / Hyphodiscosia jaipurensis■ / Inesiosporium longispirale■ / Junewangia globulosa■ / Kiliophora ubiensis■ / Kionochaeta ramifera■ / Lauriomyces heliocephala■ / Melanographium citri■ / Myrmecridium schulzeri■ / Paraceratocladium silvestre■ / Piricauda cochinensis■ / Pseudodictyosporium wauense■ / Septomyrothecium uniseptatum■ / Sporendocladia bactrospora■ / Sporidesmiella claviformis■ / Sporidesmium ghanaense■ / Sporidesmium macrurum■ / Sporoschisma saccardoi■ / Stachybotrys elegans■ / Stachybotrys parvispora■ / Thozetella cristata■ / Thozetella cubensis■ / Thysanophora verrucosa■ / Vermiculariopsiella immersa■ / Veronaea botryosa■ / Volutella minima■ / Wiesneriomyces laurinus■ / Zygosporium geminatum■ / Zygosporium gibbum■ / Zygosporium oscheoides■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Beltraniaceae/ベルトラニア科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dictyosporiaceae/ディクティオスポリウム科_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Massarinaceae/マッサリナ科_Microascales/ミクロアスカス目_Melanommataceae/メラノンマ科_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科_Stachybotryaceae/スタキボトリス科_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-06548ノーフォーク島で見出されたオーストラリア産モジゴケ属地衣の新種、Graphis norfolkensis2019Australasian Lichenology2019年の論文/published in 2019, Australasian Lichenology, イトスギ属/Cupressus, オーストラリア/Australia, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, セトラル酸類/cetraric acids, ノーフォーク島/Norfolk Island, ヒノキ科/Cupressaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ヘゴ属/Cyathea, ヘゴ科/Cyatheaceae, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 亜熱帯雨林/subtropical rainforest, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 撹乱地/disturbed place, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyGraphis norfolkensis, a new species in the Australian Graphidaceae (lichenized Ascomycota, Ostropales) from Norfolk Islandノーフォーク島の亜熱帯雨林においてヘゴの基部およびイトスギ属植物に生じていた地衣の一種を検討し、Graphis norfolkensisとして新種記載した。本種は果殻が完全に炭化し、子嚢胞子が無色小型で石垣状、サラジン酸およびプロトセトラル酸を含むことなどで特徴づけられた。本種は果殻や子嚢胞子が類似するG. subelmeriとは果托の縁の有無とサラジン酸の有無が異なっていた。Graphis norfolkensis★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-06547インド新産種、Amanita avellaneosquamosa2006Mushroom Research2006年の論文/published in 2006, Mushroom Research, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤマモモ属/Myrica, ヤマモモ科/Myricaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 温帯域/temperate zone, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiAmanita avellaneosquamosa – a new record for Indiaインド、ウッタラーカンド州のガルワールヒマラヤからAmanita avellaneosquamosaをインド新産種として報告した。本種は従来日本および中国から知られ、インドにおいてはヤマモモおよびマツの樹下に発生していた。記載文、生態写真、および肉眼的・顕微鏡的形態のスケッチなどを掲載した。Amanita avellaneosquamosa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amanitaceae/テングタケ科
R3-06546台湾新産属、Stachylina2006Fungal Science2006年の論文/published in 2006, Fungal Science, トリコミケス類/Trichomycetes, ユスリカ科/Chironomidae, 台北市/Taipei, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 水生昆虫/aquatic insect, 河川/river, 淡水域/freshwater, 絶対寄生菌/obligate parasite, 腸内生息菌/fungus in intestinal tract, 高雄市/KaohsiungNew records of genus Stachylina (Trichomycetes) in Taiwan台湾新産属としてトリコミセス類のStachylina属を報告した。S. nanaおよびS. pediferの2種がユスリカの幼虫に見出された。前者は台北市および高雄市、後者は台北市の河川においてそれぞれ採集された。Stachylina nana■ / Stachylina pedifer■Kickxellomycotina/キクセラ亜門_Harpellales/ハルペラ目_Harpellaceae/ハルペラ科
R3-06545タイおよびベトナム産のBactrospora、Enterographa、Graphidastra、Lecanographa属新種2006The Lichenologist2006年の論文/published in 2006, The Lichenologist, アカシア属/Acacia, アカネ科/Rubiaceae, ウルシ科/Anacardiaceae, オキセピン類/oxepins, キナノキ属/Cinchona, クワ科/Moraceae, コンフルエンチン酸類/confluentic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スギ属/Cryptomeria, スチクチン酸類/stictic acids, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, セトラル酸類/cetraric acids, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, デプシド類/depsides, パンノキ属/Artocarpus, ヒノキ科/Cupressaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベトナム/Vietnam, マメ科/Fabaceae, マンゴー属/Mangifera, ラムパーン県/Lampang, ラムプーン県/Lamphun, ヴィンフック省/Vĩnh Phúc, 二次代謝産物/secondary metabolite, 先駆種/pioneer species, 切片/section, 台中市/Taichung, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 都市環境/urban environmentNew species of Bactrospora, Enterographa, Graphidastra and Lecanographa from northern Thailand and VietnamBactrospora perspiralis、B. subdryina、Enterographa mesomela、Graphidastra laii、およびLecanographa atropunctataの5新種を記載した。これらの種はマンゴーやアカシアなどの幹に発生しており、都市から郊外までの調査で見出された。そのうちG. laiiは台湾においてスギの樹皮にも見出された。Bactrospora perspiralis★ / Bactrospora subdryina★ / Enterographa mesomela★ / Graphidastra laii★ / Lecanographa atropunctata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科_Lecanographaceae/レカノグラファ科
R3-06544パキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州におけるさび菌類の新宿主報告2019Plant Pathology & Quarantine2019年の論文/published in 2019, Plant Pathology & Quarantine, さび菌/rust fungi, イネ科/Poaceae, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, カヤツリグサ科/Cyperaceae, スゲ属/Carex, パキスタン/Pakistan, モロコシ属/Sorghum, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungiNew host reports of rust fungi (Pucciniales) from Khyber Pakhtunkhwa, Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州においてさび菌類の調査を実施した。Puccinia purpureaがSorghum halepense、P. caricis-filicinaeがCarex filicinaにそれぞれ発生していた。前者はパキスタンからの新宿主報告、後者はパキスタンのシャングラ地区における新産種報告となった。Puccinia caricis-filicinae■ / Puccinia purpureaBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-06543台湾において移入種のアサヒカズラに生じたうどんこ病菌、Erysiphe polygoniの初記録2019Plant Pathology & Quarantine2019年の論文/published in 2019, Plant Pathology & Quarantine, うどんこ病/powdery mildew, アサヒカズラ属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タデ科/Polygonaceae, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南投県/Nantou, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 桃園市/Taoyuan, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 移入種/alien species, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 萎黄病/chlorosis, 葉面菌/leaf surface fungi, 誤同定/misidentificationFirst record of the powdery mildew fungus Erysiphe polygoni on the introduced coral vine Antigonon leptopus (Polygonaceae) in Taiwan台湾においてアサヒカズラに発生したうどんこ病菌の形態学的検討および分子系統解析を実施し、Erysiphe polygoniと同定した。本種は台湾新産種として南投県および桃園市から報告された。また、台湾におけるアサヒカズラの病原菌の報告も初となった。Erysiphe polygoni■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-06542ワシントン州におけるAlbugo candidaによるイワナズナの白さび病の初報告2006Pacific Northwest Fungi2006年の論文/published in 2006, Pacific Northwest Fungi, アブラナ科/Cruciferae, イワナズナ属, ワシントン州/Washington, 卵菌類/Oomycetes, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 白さび病/white rust, 米国/USA, 絶対寄生菌/obligate parasite, 観賞植物/ornamental plant, 越冬/winteringFirst report of white rust of Aurinia saxatilis (Alyssum saxatile) caused by Albugo candida in Washington State米国ワシントン州シアトルの庭園からイワナズナの白さび病を報告した。イワナズナは米国におけるAlbugo candidaの初宿主として報告された。本種は感染葉で越冬しており、同じアブラナ科で近傍に生育していたゴウダソウが感染源となった可能性も考えられた。Albugo candidaOomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目_Albuginaceae/シロサビキン科
R3-06541北米においてヤマナラシ属植物と関係を持つCortinarius lucorum2006Pacific Northwest Fungi2006年の論文/published in 2006, Pacific Northwest Fungi, TreeBASE, UNITE, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ワシントン州/Washington, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiCortinarius lucorum (Fr.) Karst., a Populus associate from North America米国ワシントン州の森林からCortinarius lucorumを報告した。本種は子実体が大型で紫褐色、柄が塊茎状、被膜が厚いことなどで特徴づけられた。生態写真、顕微鏡写真、記載文、系統樹などを掲載した。Cortinarius lucorumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-06540メキシコ新産属、Queletia2019Scientia Fungorum2019年の論文/published in 2019, Scientia Fungorum, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ナヤリット州/Nayarit, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetesPrimer registro del género Queletia (Basidiomycota: Agaricaceae) en Méxicoメキシコ新産種としてQueletia mirabilisを報告した。本種はナヤリット州のアカポネタにおいて河畔の落葉樹林に群生していた。本種は従来イギリス、スペイン、フランス、イタリア、チェコ、米国から知られていた。Queletia mirabilis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06539メキシコ、ソノラ州における野生および栽培のGanoderma subincrustatumの形態形質2019Scientia Fungorum2019年の論文/published in 2019, Scientia Fungorum, きのこ栽培/mushroom cultivation, ソノラ州/Sonora, バラ科/Rosaceae, メキシコ/Mexico, モモ属/Amygdalus, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 奇形/malformation, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 子実体発達様式/fruiting body development style, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気温/temperature, 湿度/humidity, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 菌床栽培/mushroom bed cultivation, 薬用きのこ/medicinal mushroomsMorphological characteristics of wild and cultivated Ganoderma subincrustatum from Sonora, Mexicoメキシコ、ソノラ州において野生および菌床栽培のGanoderma subincrustatumの標本の形態変異を検討した。また、本種をソノラ州新産種として報告した。野生と栽培では肉、担子胞子、傘表皮細胞がいずれも類似していたが、前者の担子胞子が大きく、後者は高照度条件では鹿角霊芝の状態になった。Ganoderma subincrustatum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-06538ブラジル、ピアウイ州新産種、Chlorophyllum molybdites2019Check List2019年の論文/published in 2019, Check List, ピアウイ州/Piaui, ブラジル/Brazil, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 毒きのこ/poisonous mushroom, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobeFirst record of Chlorophyllum molybdites (G. Mey.) Massee (Basidiomycota, Agaricaceae) from Piauí state, Brazil毒きのこのChlorophyllum molybditesをブラジル、ピアウイ州新産種として報告した。本種は従来、ブラジルでは6つの州から報告されていた。本種の記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Chlorophyllum molybdites■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06537ポルトガル産さび菌類の注釈付きチェックリスト2019Sydowia2019年の論文/published in 2019, Darwin Core, GBIF, Sydowia, さび菌/rust fungi, クラスター分析/cluster analysis, フェノロジー/phenology, ポルトガル/Portugal, 主成分分析/principal component analysis, 保全生態学/conservation ecology, 分布域の変化/changes in the distribution area, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布図/scatter plot, 文献調査/literature survey, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温帯域/temperate zone, 生活環/life cycle, 生物多様性調査/biodiversity survey, 短世代型生活環/microcyclic life cycle, 移入種/alien species, 稀産種/rare species, 種分化/speciation, 絶滅危惧種/endangered species, 菌類相調査/mycofloristic surveyAn annotated checklist of rust fungi (Pucciniales) occurring in Portugal115件の文献および著者自身の調査に基づき、ポルトガルにおけるサビキン目246分類群、2319件の発生記録をまとめた。ポルトガル産のさび菌のチェックリストを作成し、宿主、発生時期、生活環、地理的分布などの情報を含めた。PucciniaとUromycesの両属で全体の77%を占め、属/科ごとの種数は他の温帯の国々におけるそれに類似していた。
R3-06536韓国においてスモモに炭疽病を引き起こすColletotrichum属菌2019Scientific Reports2019年の論文/published in 2019, GCPSR, Scientific Reports, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, サクラ属/Prunus, スライド培養法/slide culture method, バラ科/Rosaceae, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 炭疽病/anthracnose, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 種概念/species concept, 統計解析/statistical analysis, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex, 韓国/South KoreaColletotrichum Species Associated with Japanese plum (Prunus salicina) Anthracnose in South Korea韓国尚州市においてスモモの罹病果実から分離されたColletotrichum属菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。C. gloeosporioides(狭義)、C. nymphaeae、C. foriniae、およびC. siamenseの4種を同定した。これらの種の病原性を接種試験で確かめた。Colletotrichum fioriniae / Colletotrichum gloeosporioides / Colletotrichum nymphaeae / Colletotrichum siamenseAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-06535中国雲南省産の広義Buellia属の新種、Sculptolumina yunnanensis2019The Bryologist2019年の論文/published in 2019, The Bryologist, TreeBASE, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 共有派生形質/synapomorphy, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 未知成分/unknown component, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 雲南省/Yunnan, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographySculptolumina yunnanensis, a new species of Buellia s.l. (lichenized Ascomycota, Caliciaceae) from Yunnan, China中国雲南省で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Sculptolumina yunnanensisとして新種記載した。本種は地衣体が黄褐色、子器が扁平かつ粉霜を欠き、子実層に油滴を含まず、子嚢胞子がMischoblastia型、粉子が糸状であることなどで特徴づけられた。Sculptolumina属地衣の分子系統解析を初めて実施し、本属が広義Buellia属クレードにおいて単系統群を形成することが強く支持された。Sculptolumina yunnanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-06534スロベニア産Pseudodidymella fagi:初報告および宿主範囲の拡大2019Forests2019年の論文/published in 2019, Forests, アウトブレイク/outbreak, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, クリ属/Castanea, コッホの原則/Koch_s postulation, コナラ属/Quercus, スロベニア/Slovenia, スロベニア新産種/Slovenia_new record, ブナ科/Fagaceae, ホストシフト/host shift, 付着器/appressorium, 侵略的外来種/invasive alien species, 分子同定/molecular identification, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 採集地マッピング/collection site mapping, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水辺/waterside, 河川/river, 生長速度/growth rate, 移入種/alien species, 胞子の発芽/germination of spores, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization methodPseudodidymella fagi in Slovenia: First Report and Expansion of Host Range葉枯病の病原菌であるPseudodidymella fagiをスロベニア新産種として報告した。病原性試験ではヨーロッパブナに加え、Fagus orientalisおよびQuercus petraeaで初めてコッホの原則を満たした。重度の感染を示したブナの近傍にあるCarpinus betulusに損害が認められ、宿主範囲の拡大およびホストスイッチの可能性が考えられた。Pseudodidymella fagi■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-06533カナダのコウモリの洞窟におけるアオカビ属菌の多様性、および新種P. speluncae2020Fungal Systematics and Evolution2020年の論文, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, カナダ/Canada, ケベック州/Quebec, シロアシネズミ属, ニューブランズウィック州/New Brunswick, ネズミ科/Muridae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 白い鼻症候群/white nose syndrome, 石灰岩/limestone, 糞生菌/coprophilous fungi, 質量分析法/mass spectrometry, 酸産生/acid production, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyPenicillium diversity in Canadian bat caves, including a new species, P. speluncaeカナダ、ニューブランズウィック州およびケベック州の洞窟におけるアオカビ属菌の多様性を調査し、13種を同定した。そのうちネズミの毛皮や糞などから分離された菌をPenicillium speluncaeとして新種記載した。本種は二次代謝産物としてシクロペニン類、ビリジカチン類、ケトグロボシン類、環状および直鎖テトラペプチドなどを産生した。Penicillium speluncae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-06532中国において落葉に生じた新種Rhexodenticula zhengii2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, Sycopsis属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, マンサク科/Hamamelidaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 湖北省/HubeiRhexodenticula zhengii sp. nov. from fallen leaves from China中国湖北省においてSycopsis sinensisの落葉に生じた菌を検討し、Rhexodenticula zhengiiとして新種記載した。本種はRhexodenticula属の3番目の種であり、分生子が倒棍棒形で、隔壁部分で狭窄することなどで特徴づけられた。Rhexodenticula属菌の検索表を掲載した。Rhexodenticula zhengii★Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱
R3-06531トルコ新産種、Erysiphe syringae-japonicae2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, うどんこ病/powdery mildew, アンカラ県/Ankara, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハシドイ属/Syringa, モクセイ科/Oleaceae, 付着器/appressorium, 侵略的外来種/invasive alien species, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 移入種/alien species, 葉面菌/leaf surface fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMFirst record of Erysiphe syringae-japonicae in TurkeyErysiphe syringae-japonicaeをトルコ新産種として報告した。本種は従来ヨーロッパで侵略的外来種として知られており、トルコにおいてはアンカラでライラックに生じていた。記載文、走査型電子顕微鏡写真などを掲載した。Erysiphe syringae-japonicae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-06530ブラジルの土壌に産したJani節の新種2019Current Research in Environmental & Applied Mycology2019年の論文/published in 2019, Current Research in Environmental & Applied Mycology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, フトモモ科/Myrtaceae, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 植林地/plantation, 生長速度/growth rate, 走査型電子顕微鏡/SEMAspergillus trisporus: A new Jani section species from Brazilian soilブラジルにおいてユーカリの栽培地の土壌から分離された菌を検討し、Aspergillus trisporusとして新種記載した。本種はJani節の3番目の種となり、他種よりも分生子柄が顕著に小さく、培養下での生長が遅いことなどで特徴づけられた。本種と同節他種との形質比較表を掲載した。Aspergillus trisporus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-06529キルギスタン、ウズベキスタン、およびウクライナにおける地衣生菌類の新記録2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, イシク・クル州/Issyk Kul, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, ウズベキスタン/Uzbekistan, ウズベキスタン新産種/Uzbekistan_new_record, キルギス/Kyrgyzstan, キルギス新産種/Kyrgyz_new record, クボミゴケ属/Aspicilia, ザカルパッチャ州/Zakarpattia, ザポリージャ州/Zaporizhia, タシュケント州/Tashkent, チズゴケ属/Rhizocarpon, チズゴケ科/Rhizocarpaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, メガスポラ科/Megasporaceae, ルハーンシク州/Luhansk, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 天山山脈/Tian Shan, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variation, 菌寄生菌/mycoparasiteNew lichenicolous fungi records for Kyrgyzstan, Uzbekistan, and Ukraineウズベキスタン新産種としてGemmaspora lecanoraeおよびRosellinula haplosporaを報告した。キルギス新産種としてRosellinula frustulosaeを報告した。ウクライナ新産種としてMuellerella ventosicolaおよびWeddellomyces heterochrousを報告した。Gemmaspora lecanorae■ / Muellerella ventosicola■ / Rosellinula frustulosae■ / Rosellinula haplospora■ / Weddellomyces heterochrous■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科
R3-06528カリフォルニア州南部および中部におけるピナストル酸を含むコガネゴケ属地衣個体群の正体について2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Malosma属, Mycotaxon, Sequoia属, ウルシ科/Anacardiaceae, カリフォルニア州/California, カルボン酸類/carboxylic acids, コナラ属/Quercus, テルペノイド/terpenoids, ヒノキ科/Cupressaceae, ピナストル酸類/pinastric acids, フェニル酢酸類/phenylacetic acids, フラン類/furans, ブナ科/Fagaceae, ブルピン酸類/vulpinic acids, プルビン酸類/pulvinic acids, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 先駆種/pioneer species, 化学型/chemical type, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 垂直分布/vertical distribution, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNotes on the identity of Chrysothrix populations (Arthoniales, Ascomycota) containing pinastric acid from southern and central California米国カリフォルニア州の沿岸域で採集された地衣を検討し、Chrysothrix xanthinaと同定した。本種は主要な成分としてピナストル酸を含むことなどで特徴づけられた。カリフォルニア産標本の小粒の直径を先行研究における記述と比較した。Chrysothrix xanthina■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Chrysothricaceae/コガネゴケ科
R3-06527チュニジアにおいて衰退するQuercus canariensisの木々に見出された新種、Diplodia quercivora2013Mycologia2013年の論文/published in 2013, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, コナラ属/Quercus, ジェンドゥーバ県/Jendouba, チュニジア/Tunisia, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 種内変異/intraspecific variation, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 統計解析/statistical analysis, 胴枯病/dogare-byo (canker)Diplodia quercivora sp. nov.: a new species of Diplodia found on declining Quercus canariensis trees in TunisiaチュニジアにおいてQuercus canariensisに生じた菌を検討し、Diplodia quercivoraとして新種記載した。本種は同所的に分離されたD. corticolaとは分生子のサイズおよび形状により容易に区別された。また、D. corticolaに2つの異なるクレードが含まれることを初めて示した。Diplodia quercivora★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06526インドの土壌に産したメラノスポラ科の新属、Vittatispora2006Mycologia2006年の論文/published in 2006, Mycologia, インド/India, カルナータカ州/Karnataka, 不稔菌糸/sterile mycelium, 共培養/coculture, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 気温/temperature, 消失性子嚢/evanescent asci, 温度適性/temperature aptitude, 胞子形成誘導/sporulation induction, 走査型電子顕微鏡/SEM, 選択培地/selective medium, 降水量/precipitationVittatispora, a new melanosporaceous genus from Indian soilインドにおいて土壌から分離された菌を検討し、新属新種Vittatispora coorgiiとして記載した。本種は子嚢果に長い頸部を有し、子嚢胞子がレモン形で縦方向に無色の厚い隆起を有することなどで特徴づけられた。本種はTetracladium marchalianumに近縁な不稔菌との共培養のみが可能であった。Vittatispora coorgii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ceratostomataceae/セラトストマ科
R3-06525Fusarium avenaceum、F. graminearum、およびF. oxysporumに対する活物菌寄生菌である新種Sphaerodes mycoparasitica2009Mycological Research2009年の論文/published in 2009, Fusarium属, Mycological Research, アカツブタケ科/Nectriaceae, カナダ/Canada, ケベック州/Quebec, サスカチュワン州/Saskatchewan, スライド培養法/slide culture method, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 消失性子嚢/evanescent asci, 生物農薬/biopesticide, 畑地/farmland, 胞子の発芽/germination of spores, 菌寄生菌/mycoparasite, 選択培地/selective mediumSphaerodes mycoparasitica sp. nov., a new biotrophic mycoparasite on Fusarium avenaceum, F. graminearum and F. oxysporumカナダ、サスカチュワン州およびケベック州の畑地においてFusarium属3種を宿主としていた菌寄生菌の一種を検討し、Sphaerodes mycoparasiticaとして新種記載した。本種は子嚢胞子が紡錘形および三角形で表面が平滑および網目状、分生子が子嚢果表面やその周囲の禁止、分生子柄などにあるフィアライドから生じることなどで特徴づけられた。Sphaerodes属の全既知種の検索表を掲載した。Sphaerodes mycoparasitica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ceratostomataceae/セラトストマ科
R3-06524カリフォルニア州および北米新産の葉上生地衣、Phylloblastia fortuita2016Bulletin of the California Lichen Society2016年の論文/published in 2016, Bioblitz, Bulletin of the California Lichen Society, カリフォルニア州/California, 切片/section, 北米新産種/North America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 葉上生地衣/foliicolous lichen, 隔離分布/disjunct distributionPhylloblastia fortuita (Verrucariaceae), a foliicolous lichen new to California and North America米国カリフォルニア州におけるバイオブリッツで採集された地衣の一種を検討し、Phylloblastia fortuitaと同定した。本種はスペインから報告されたが、北米からの報告は初であり、Madrean-Tethyan隔離分布を示していた。本種はヨーロッパにおいては常緑広葉樹の葉に生じていたが、米国ではSequoia sempervirensの葉に発生していた。Phylloblastia fortuita■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-06523地衣類および地衣生菌類の研究:北米産分類群について2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アパラチア山脈/Appalachian Mountains, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, アラスカ州/Alaska, カリフォルニア州/California, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ニューメキシコ州/New Mexico, ノースカロライナ州/North Carolina, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ハリエンジュ属/Robinia, マメ科/Fabaceae, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北米新産種/North America_new record, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 固有種/endemic species, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 漂白/bleaching, 独立種/independent species, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 菌寄生菌/mycoparasite, 葉状地衣/foliose lichenStudies in lichens and lichenicolous fungi: notes on some taxa from North AmericaAcarospora instrataをA. obpallensのシノニムとし、一方でCyphelium brachysporumをC. notarisiiのシノニムではなく独立種とした。Amandinea insperata、Cercidospora cladoniicola、Chaenothecopsis kalbii、Leptogium juressianum、およびUsnea diffractaを北米新産種として報告した。Cercidospora cladoniicolaはCladonia pyxidata、C. kalbiiはLecanora caesiorubellaを宿主としていた。Acarospora obpallens■ / Amandinea insperata■ / Cercidospora cladoniicola■ / Chaenothecopsis kalbii■ / Cyphelium brachysporum / Leptogium juressianum■ / Usnea diffracta■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06522中国北西部産のクコ属植物の葉の病斑に関連するStigmella属1新種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クコ属/Lycium, ナス科/Solanaceae, 中国/China, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 甘粛省/Gansu, 走査型電子顕微鏡/SEMA new Stigmella species associated with Lycium leaf spots in northwestern China中国甘粛省においてクコの葉の病斑に生じた菌を検討し、Stigmella lyciiとして新種記載した。本種は近縁種とは分生子殻および分生子がより大きいことなどで区別された。中国からのStigmella属菌の報告は初となった。Stigmella lycii★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06521形態および分子の証拠に基づき記載された中国熱帯域産の新種、Daedaleopsis hainanensis2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeDaedaleopsis hainanensis sp. nov. (Polyporaceae, Basidiomycota) from tropical China based on morphological and molecular evidence中国海南省で採集された白色腐朽菌の一種を検討し、Daedaleopsis hainanensisとして新種記載した。本種は子実体が一年生で半円形無柄、傘が帯黄褐色で孔口面がばら色~桃色、孔口が円形であることなどで特徴づけられた。顕微鏡的には、本種は担子胞子がソーセージ形~円筒形で樹枝状糸状体およびハイファルペグを有することなどで特徴づけられた。Daedaleopsis hainanensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-06520ポーランド産ウメノキゴケ科地衣 (2):トコブシゴケ属2012Acta Societatis Botanicorum Poloniae2012年の論文/published in 2012, Acta Societatis Botanicorum Poloniae, アオイ科/Malvaceae, アトラノリン類/atranorins, アンジア酸類/anziaic acids, ウッチ県/Łódź, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, クマシデ属/Carpinus, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, シフィェンティクシシュ県/Świętokrzyskie, シロンスク県/Silesian, ジベンゾオキセピン類/dibenzoxepins, デプシド類/depsides, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, ドルヌィ・シロンスク県/Dolnoslezské, ナナカマド属/Sorbus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フィソド酸類/physodic acids, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, ポトカルパチェ県/Podkarpackie, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Małopolska, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リンゴ属/Malus, ルブリン県/Lublin, ヴァルミア・マズールィ県, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 脂肪酸/fatty acid, 草地/grassland, 葉状地衣/foliose lichen, 誤同定/misidentification, 高山帯/alpine regionThe lichen family Parmeliaceae in Poland. II. The genus Cetreliaポーランド産トコブシゴケ属地衣として4種を認め、そのうち2種をポーランド新産種として報告した。本属菌の薄層クロマトグラフィーを用いた研究をポーランドにおいて初めて実施した。各種について識別形質、地理的分布などの知見や標本情報を掲載した。Cetraria chicitae■ / Cetrelia cetrarioides / Cetrelia monachorum■ / Cetrelia olivetorumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06519ランブータンおよびライチを宿主とするDolabra nepheliaeはユーロチウム目植物病原菌の新規系統である2010Mycoscience2010年の論文/published in 2010, Mycoscience, TreeBASE, ゴール/gall, タイプスタディ/type study, ムクロジ科/Sapindaceae, ランブータン属/Rambutan, レイシ属/Litchi, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温室/greenhouse, 潰瘍病/canker, 移入種/alien species, 胴枯病/dogare-byo (canker)Dolabra nepheliae on rambutan and lychee represents a novel lineage of phytopathogenic Eurotiomycetesランブータンおよびライチに潰瘍病を引き起こす病原菌、Dolabra nepheliaeの系統学的位置を検討した。タイプ標本を含む形態学的検討および分子系統解析を実施し、子嚢果および分生子殻の壁構造を初めて詳細に記載した。分子系統解析の結果、本種がユーロチウム目クレードにおいて新規系統を形成し、Phaeomoniella chlamydosporaに近縁であることなどが示された。Dolabra nepheliaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目
R3-06518ブランデンブルク州産の特筆すべき地衣類 (12)2008Verhandlungen des Botanischen Vereins von Berlin und Brandenburg2008年の論文/published in 2008, Verhandlungen des Botanischen Vereins von Berlin und Brandenburg, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ドイツ語/German, ブランデンブルク州/Brandenburg, ベルリン/Berlin, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 保全生態学/conservation ecology, 先駆種/pioneer species, 再発見/rediscovery, 分布域の変化/changes in the distribution area, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気候変動/climate change, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 葉状地衣/foliose lichen, 誤同定/misidentification, 鱗片状地衣/squamulose lichenBemerkenswerte Flechtenfunde aus Brandenburg XIIPhyscia bizianaをドイツ新産種、Buellia badiaおよびNormandina pulchellaをブランデンブルク州新産種としてそれぞれ報告した。P. bizianaの調査地域における分布は近年の気候変動の結果である可能性があるとした。その他、数種をドイツまたはブランデンブルク州において再発見したほか、稀産種や絶滅危惧種なども掲載した。Buellia badia■ / Normandina pulchella■ / Physcia biziana■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-06517オオムギの穀粒から分離された新種Lewia hordeicola2006Mycologia2006年の論文/published in 2006, Mycologia, イネ科/Poaceae, オオムギ属/Hordeum, ソール・トロンデラーグ県/Sør-Trøndelag, タイプスタディ/type study, ノルウェー/Norway, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 胞子形成様式/sporulation style, 胞子形成誘導/sporulation induction, 表面殺菌法/surface sterilization methodLewia hordeicola sp. nov. from barley grainノルウェーにおいてオオムギの穀粒から分離された菌を検討し、Lewia hordeicolaとして新種記載した。本種はホモタリックであり、培養下で子嚢果を形成し、アナモルフはAlternaria infectoriaグループに類似していた。Lewia属菌の検索表を掲載した。Lewia hordeicola★ / Lewia infectoriaPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06516Calliderma属の新種および新組み合わせ2010Mycologia2010年の論文/published in 2010, Mycologia, サンパウロ州/São Paulo, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 胞子紋/spore print, 走査型電子顕微鏡/SEMNew species and new combinations of Calliderma (Entolomataceae, Agaricales)ブラジル、サンパウロ州の熱帯雨林で採集された2種の菌を検討し、それぞれCalliderma fibulatum、C. rimosumとして新種記載した。また、C. pruinatocutisおよびC. tucuchenseの2新組み合わせを提唱した。ブラジル産Calliderma属菌の検索表を掲載した。Calliderma fibulatum★ / Calliderma pruinatocutis▲ / Calliderma rimosum★ / Calliderma tucuchense▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-06515トルコ、トラブゾン県における大型菌類の新産種2019Applied Ecology and Environmental Research2019年の論文/published in 2019, Applied Ecology and Environmental Research, イラクサ属/Urtica, イラクサ科/Urticaceae, カバノキ科/Betulaceae, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, ハシバミ属/Corylus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 配列決定/sequencing, 降水量/precipitationNew records of macrofungi from Trabzon province (Turkey)トルコ、トラブゾン県からPluteus variabilicolor、Coprinopsis urticicola、およびChroogomphus confususをトルコ新産種として報告した。これらの種はそれぞれハシバミ属の樹下、イラクサ属植物の残渣、マツ属の樹下に発生していた。各種について記載文、写真、類似種との形質比較表などを掲載した。Chroogomphus confusus■ / Coprinopsis urticicola■ / Pluteus variabilicolor■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Gomphidiaceae/オウギタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-06514ベネズエラにおいてユーカリの木から分離された広義C. fimbriata複合種の新種、Ceratocystis fimbriatomima2009Fungal Diversity2009年の論文/published in 2009, Fungal Diversity, フトモモ科/Myrtaceae, ベネズエラ/Venezuela, ポルトゥゲサ州/Portuguesa, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 複合種/species complexCeratocystis fimbriatomima, a new species in the C. fimbriata sensu lato complex isolated from Eucalyptus trees in Venezuelaベネズエラにおいてユーカリの切り株に発生した菌を検討し、Ceratocystis fimbriatomimaとして新種記載した。本種は広義C. fimbriata複合種に含まれ、そのいずれの種とも形態的・系統的に異なっていた。本種はC. fimbriataと形態的に類似しており、両種は二次分生子柄および二次分生子を形成しない点で共通していた。Ceratocystis fimbriatomima★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目
R3-06513中国広東省において塩生植物のミルスベリヒユに生じたBipolaris属1新種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, コッホの原則/Koch_s postulation, ハマミズナ科/Aizoaceae, マングローブ林/mangrove forest, ミルスベリヒユ属/Sesuvium, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 異隔壁/distoseptum, 砂丘/dune, 砂地/sand, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 葉枯病/leaf blotchA new species of Bipolaris from the halophyte Sesuvium portulacastrum in Guangdong Province, China中国広東省においてミルスベリヒユの葉および茎に生じた菌を検討し、Bipolaris sesuviiとして新種記載した。本種は分生子が類円筒形直線状で、一極から発芽することなどで特徴づけられ、分生子の形態が類似する種とは近縁ではなかった。接種試験により本種がミルスベリヒユに病原性を有することを確かめた。Bipolaris sesuvii★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06512トルコ産微小菌類について2009Pakistan Journal of Botany2009年の論文/published in 2009, Pakistan Journal of Botany, うどんこ病/powdery mildew, アダナ県/Adana, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イスタンブール県/Istanbul, イナゴマメ属/Ceratonia, キイチゴ属/Rubus, サルスベリ属/Lagerstroemia, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, バラ科/Rosaceae, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブルサ県/Bursa, ボケ属/Chaenomeles, マメ科/Fabaceae, マラティヤ県/Malatya, ミソハギ科/Lythraceae, メルスィン県/Mersin, リゼ県/Rize, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 葉面菌/leaf surface fungiSome notes on Micromycetes from Turkeyトルコ産のCryptocoryneum condensatumなど9種の微小菌類を報告した。これらの種はいずれもトルコ新産種として報告された。各種の記載文および顕微鏡写真またはスケッチを掲載した。Cercospora garbiniana■ / Cercospora myrti■ / Cryptocoryneum condensatum■ / Microdiplodia buddlejae■ / Oidium ceratoniae■ / Pestalotia fibricola■ / Pestalotiopsis maculans■ / Pseudocercospora ceratoniae■ / Uncinuliella australiana■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Amphisphaeriaceae/アンフィスフェリア科
R3-06511インド産の新種、Hyphodontia dhingrae2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コウヤクタケ類/corticioid fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusHyphodontia dhingrae sp. nov. from Indiaインド、ウッタラーカンド州で採集されたコウヤクタケ類の一種を検討し、Hyphodontia dhingraeとして新種記載した。本種は被子植物の材に発生し、子実層面がクリーム色の針状であり、瓶型シスチジアの先端に結晶を伴うことなどで特徴づけられた。本種は近縁種のA. argutaとは子実層托の形態と担子胞子の幅で区別された。Hyphodontia dhingrae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科
R3-06510ニュージーランド新産種、Mycoleptodiscus terrestris2009New Zealand Journal of Botany2009年の論文/published in 2009, New Zealand Journal of Botany, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ニュージーランド/New Zealand, ニュージーランド新産種/New Zealand_new record, マツモ属, マツモ科, ワイカト地方/Waikato, 付着器/appressorium, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 水生菌/aquatic fungi, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 移入種/alien species, 胞子の発芽/germination of spores, 菌核/sclerotium, 表面殺菌法/surface sterilization methodNew record of fungus Mycoleptodiscus terrestris from New Zealandニュージーランド、ハミルトンにおいて移入種のマツモから分離された菌を検討し、Mycoleptodiscus terrestrisと同定した。本種はニュージーランド新産種であり、マツモは新宿主として報告された。本種は培養下でスポロドキア、付着器、菌核などを形成した。Mycoleptodiscus terrestris■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Magnaporthaceae/マグナポルテ科
R3-06509サウジアラビアに輸入されたバナナ果実からのFusarium thapsinumの初報告2009Pest Technology2009年の論文/published in 2009, Pest Technology, コッホの原則/Koch_s postulation, サウジアラビア/Saudi Arabia, サウジアラビア新産種/Saudi Arabia_new record, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, ポストハーベスト病害/post-harvest disease, リヤード州, 二次代謝産物/secondary metabolite, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization methodFirst Report of Fusarium thapsinum on Imported Banana Fruits into Saudi Arabiaサウジアラビアに輸入されたバナナ果実から分離された菌を検討し、Fusarium thapsinumと同定した。本種のサウジアラビアからの報告は初となった。接種試験により本種のバナナ果実に対する病原性を確かめた。Fusarium thapsinum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06508中国北西部産のStemphylium属2新種2009Mycological Progress2009年の論文/published in 2009, Mycological Progress, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ナシ属/Pyrus, バラ科/Rosaceae, リンゴ属/Malus, 中国/China, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungiTwo new species of Stemphylium from Northwest China中国、新疆ウイグル自治区においてリンゴ属およびナシ属植物の葉の病斑から分離された菌を検討し、それぞれStemphylium mali、S. pyrinumとして新種記載した。前者は類似種よりも分生子柄が短くて分生子のサイズが小さく、後者は分生子が疣状で0-2個の顕著な縦隔壁を有することなどで特徴づけられた。両種についてそれぞれの類似種との分生子の形態比較表を掲載した。Stemphylium mali★ / Stemphylium pyrinum★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06507異なるハエ目宿主における共生菌Smittium culisetaeの形態学的差異2009Mycological Research2009年の論文/published in 2009, Mycological Research, アシマダラブユ属/Simulium, カ科/Culicidae, トリコミケス類/Trichomycetes, ブユ科/Simuliidae, ヤブカ属/Aedes, 主成分分析/principal component analysis, 共培養/coculture, 判別分析/discrimination analysis, 散布図/scatter plot, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 水生昆虫/aquatic insect, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 種内変異/intraspecific variation, 統計解析/statistical analysis, 腸内生息菌/fungus in intestinal tractMorphological differences of symbiotic fungi Smittium culisetae (Harpellales: Legeriomycetaceae) in different Dipteran hosts異なる温度で飼育されたカまたはブユにおける共生菌Smittium culisetaeの形態を比較検討した。トリコスポア、生殖細胞のサイズおよび菌糸の幅の全てに宿主および温度が影響していた。特に宿主による差異は顕著であり、判別分析によってほとんどの場合で計測値から宿主を特定可能であった。Smittium culisetaeKickxellomycotina/キクセラ亜門_Harpellales/ハルペラ目_Legeriomycetaceae/レゲリオマイセス科
R3-06506シャットルアラブ川およびそのクリークの底泥に見出された新記録の菌類2009Marsh Bulletin2009年の論文/published in 2009, Marsh Bulletin, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, バスラ県/Basra Governorate, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 底泥/sediment, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 消失性子嚢/evanescent asci, 淡水域/freshwater, 生長速度/growth rateNew Record of Fungi from the Sediments of Shatt Al-Arab River and It’s Creeksイラク、バスラのシャットルアラブ川およびそのクリークにおいて、表面堆積物から分離された6種の菌類をイラク新産種として報告した。Aspergillus campestrisなど3種が不完全糸状菌であり、Emericellopsis glabraなど3種が子嚢菌類であった。Rhexothecium属はイラク新産属として報告された。Aspergillus campestris / Corynascus sepedonium / Emericellopsis glabra / Rhexothecium globosum / Sphaerodes quadrangularis / Tetracoccosporium paxianumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Eremomycetaceae/エレモマイセス科_Ceratostomataceae/セラトストマ科
R3-06505カナリア諸島産の新種Gerronema wildpretii2006Mycologia2006年の論文/published in 2006, Erica属, Mycologia, カナリア諸島/Canary Islands, クスノキ科/Lauraceae, ゲッケイジュ属/Laurus, サクラ属/Prunus, スペイン/Spain, ツツジ科/Ericaceae, バラ科/Rosaceae, マカロネシア/Macaronesia, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 胞子紋/spore print, 遺存林/relict forestsGerronema wildpretii sp. nov. (Agaricales, Basidiomycetes) a new species from the Canary Islandsカナリア諸島の森林において材に発生した菌を検討し、Gerronema wildpretiiとして新種記載した。本種は傘および柄上部表面が小粒状であり、襞が白色で、傘シスチジアを有することなどで特徴づけられた。本種はG. strombodesに近縁とみられたが、襞の色や担子胞子のサイズ、傘シスチジアの有無などが異なっていた。Gerronema wildpretii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-06504韓国においてマツの針葉から分離された耐酸性エピファイトの新種、Phaeomoniella zymoidesおよびPhaeomoniella pinifoliorum2006Mycologia2006年の論文/published in 2006, Mycologia, pH適性/pH aptitude, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, シンアナモルフ/synanamorph, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 耐酸性菌/acid-tolerant fungus, 葉面菌/leaf surface fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 選択培地/selective medium, 酵母/yeast, 韓国/South Korea, 黒色酵母/black yeastPhaeomoniella zymoides and Phaeomoniella pinifoliorum spp. nov., new acid-tolerant epiphytic fungi isolated from pine needles in Korea韓国においてマツの針葉表面から分離された2種のアナモルフ菌を検討し、Phaeomoniella zymoidesおよびPhaeomoniella pinifoliorumとして新種記載した。前者は菌糸体に大量の節間生および側生の膨大する細胞を形成し、分生子形成細胞はフィアライド状で、コロニーは暗緑色~黒色、シンアナモルフを形成した。後者はフィアライド様の膨大する細胞を形成し、酵母様の一次分生子から二次分生子を形成した。Phaeomoniella pinifoliorum★ / Phaeomoniella zymoides★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Phaeomoniellales/フェオモニエラ目
R3-06503タイの森林土壌から分離された子嚢菌酵母の新種、Wickerhamomyces edaphicusおよびPichia jaroonii2009FEMS yeast research2009年の論文/published in 2009, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, FEMS yeast research, ウレアーゼ試験/urease test, タイ/Thailand, デンプン/starch, ナコーンラーチャシーマー県/Nakhon Ratchasima, ビタミン要求性/vitamin requirement, ユビキノン/ubiquinone, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 消失性子嚢/evanescent asci, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation testWickerhamomyces edaphicus sp. nov. and Pichia jaroonii sp. nov., two ascomycetous yeast species isolated from forest soil in Thailandタイ、ナコーンラーチャシーマー県の混交落葉林土壌から分離された2種の子嚢菌酵母を検討し、Wickerhamomyces edaphicusおよびPichia jarooniiとして新種記載した。両種とも分節分生子および射出分生子を形成せず、ジアゾニウムブルーBおよびウレアーゼ反応陰性で、主要ユビキノンはQ-7であった。前者は発酵・資化能や40°Cおよび50%グルコース培地での生育可能性、後者は資化能やビタミン要求性などにより近縁種と区別された。Pichia jaroonii★ / Wickerhamomyces edaphicus★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-06502イラン産サーコスポロイドおよびラムラリオイド菌類の宿主範囲、地理的分布、および現在受け入れられている学名2019Current Research in Environmental & Applied Mycology2019年の論文/published in 2019, Current Research in Environmental & Applied Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルダビール州/Ardabil, ギーラーン州/Gilan, コフギールーイェ・ブーイェル=アフマド州/Kohgiluyeh and Boyer-Ahmad, コルデスターン州/Kurdistan, ゴレスターン州/Golestan, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ハマダーン州/Hamadan, ファールス州/Fars, マーザンダラーン州/Mazandaran, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北ホラーサーン州/North Khorasan, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉面菌/leaf surface fungi, 西アーザルバーイジャーン州/West AzerbaijanHost range, geographical distribution and current accepted names of cercosporoid and ramularioid species in Iranイラン産のサーコスポロイドおよびラムラリオイド菌類の宿主範囲、地理的分布、学名に関する知見をそれらの参考文献とともにまとめた。24属186分類群を記録し、最も多い宿主植物の科はマメ科、次いでキク科であった。イランにおけるこれらの菌類の情報が2009年以来倍増したことを示した。
R3-06501中国新産属、Zygophiala2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, すす点病/sooty blotch, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バラ科/Rosaceae, リンゴ属/Malus, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 河南省/Henan, 菌核/sclerotium, 陝西省/ShaanxiZygophiala (hyphomycetes) – A genus newly recorded from China中国、陝西省および河南省のリンゴ園において、すす点病の果実にコロニーを形成した菌を検討した。分生子の形態および分子系統解析の結果などを基に、本種をZygophiala wisconsinensisと同定した。Zygophiala属菌の中国からの報告は初となった。Zygophiala wisconsinensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Microthyriales/ミクロチリウム目_Schizothyriaceae/シゾチリウム科
R3-06500Leuconectria grandisのアナモルフの再同定2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclatureRe-identification of the anamorph of Leuconectria grandis以前形態に基づきGliocephalotrichum cylindrosporumとして報告されたLeuconectria grandisのアナモルフを再同定した。分子系統解析の結果、本種のアナモルフがG. cylindrosporumではなく同属の命名されていない種であることが示された。現行の命名規約に基づき、本種のアナモルフに対しては学名を与えなかった。Leuconectria grandisAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06499日本産のシビレタケ属幻覚きのこおよびP. subcaerulipesの新規シノニムとなるZapotecorum節に属するアジア産の3種2013International Journal of Medicinal Mushrooms2013年の論文/published in 2013, International Journal of Medicinal Mushrooms, シノニム/synonym, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, 亜熱帯域/subtropics, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 台湾/Taiwan, 命名法/nomenclature, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 日本/Japan, 毒きのこ/poisonous mushroom, 民族菌類学/ethnomycology, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore printThe Japanese Hallucinogenic Mushrooms Psilocybe and a New Synonym of P. subcaerulipes with Three Asiatic Species Belong to Section Zapotecorum (Higher Basidiomycetes)日本から記載された幻覚きのこの一種、Psilocybe subcaerulipesおよびそのシノニムとされる3種のタイプ標本を検討した。これらの標本における担子胞子、側シスチジア、縁シスチジアなどの重要な分類形質が同一であることを確かめた。さらにP. subaeruginascens、P. septentrionalis、P. venenataが本種の新たなシノニムになると考えたが、これら全てのタイプ標本の検討が必要だとした。Psilocybe subcaerulipesBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-06498イラン産Ramularia属4種の分子系統と形態、およびramularia類似分類群のチェックリスト2018Rostaniha2018年の論文/published in 2018, Rostaniha, アザミ属/Cirsium, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, キク科/Asteraceae, セリ科/Apiaceae, タンポポ属/Taraxacum, ハナウド属/Heracleum, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 西アーザルバーイジャーン州/West AzerbaijanMolecular phylogeny and morphology of four Ramularia species from Iran along with a checklist of ramularia-like taxaイランの北部および北西部で斑点病の調査を実施し、Ramularia属4種を同定した。これらの種はそれぞれアザミ属、ハナウド属、ブドウ属、タンポポ属植物を宿主としていた。そのうちRamularia hydrangeaemacrophyllaeはアジアおよびイラン新産種として報告された。Ramularia cynarae / Ramularia heraclei / Ramularia hydrangeae-macrophyllae■ / Ramularia inaequalisAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06497Heteroconium属について、およびベネズエラ産の1新種2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ベネズエラ/Venezuela, ミランダ州/Miranda, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 首都地区(ベネズエラ)/Capital District (Venezuela)Notes on Heteroconium and a new species from Venezuelaベネズエラにおいてヤシの一種の葉軸に発生した菌を検討し、Heteroconium avilaeとして新種記載した。本種は分生子が淡褐色~暗褐色、紡錘形~円筒形で僅かに舟形、平滑で1-3(4)隔壁を有することなどで特徴づけられた。Heteroconium属の検索表を掲載した。Heteroconium avilae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Antennulariellaceae/アンテニュラリエラ科
R3-06496新種Diversispora celata:目立たないアーバスキュラー菌根菌の分子生態学および系統分類2009New Phytologist2009年の論文/published in 2009, New Phytologist, アーティファクト/artifact, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, クローニング/cloning, スイス/Switzerland, チューリッヒ州/Zurich, トラップカルチャー/trap culture, 二酸化炭素濃度/carbon dioxide concentration, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子ベイトカルチャー/single spore bait culture, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 地理的分布/geographical distribution, 新種記載/new species, 気温/temperature, 環境配列/environmental sequence, 畑地/farmland, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 草地/grassland, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitationDiversispora celata sp. nov: molecular ecology and phylotaxonomy of an inconspicuous arbuscular mycorrhizal fungusスイスの農地において分離されたアーバスキュラー菌根菌の一種を検討し、Diversispora celataとして新種記載した。本種は胞子が小型で淡色であるため目立たず、胞子基部が漏斗状であり、胞子壁の最も外側の壁が崩壊性であることなどで特徴づけられた。nrSSU、nrLSU、およびITSを用いた分子系統解析により、本種がディヴァーシスポラ科クレードにおいて独自の系統を形成することを示した。Diversispora celata★Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Diversisporales/ディバーシスポラ目_Diversisporaceae/ディバーシスポラ科
R3-06495地衣の属、ハナゴケ属におけるフクロタンシキン綱酵母の初調査、および新属新種Lichenozyma pisutianaの記載2019Fungal Biology2019年の論文/published in 2019, Fungal Biology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アラゴン州/Aragon, イギリス/United kingdom, ウェールズ/Wales, エンドファイト/endophyte, スウェーデン/Sweden, スペイン/Spain, スロバキア/Slovakia, ダーラナ県/Dalarna, チェコ/Czech, ツンドラ/tundra, トルナヴァ県/Trnava, トロムス県/Troms, ドイツ/Germany, ノルウェー/Norway, ノールボッテン県/Norrbotten, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ハンガリー/Hungary, バレンシア州/Valencia, バーデン=ヴュルテンベルク州/Baden-Württemberg, フェイェール県/Fejér, プラハ/Prague, プルゼニ州/Plzeň, モンタナ州/Montana, ヴェスプレーム県/Veszprém, 地理的分布/geographical distribution, 地衣内生菌/endolichenic fungus, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 好冷菌/psychrophilic fungi, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 特異的PCR/specific PCR, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 米国/USA, 酵母/yeastThe first survey of Cystobasidiomycete yeasts in the lichen genus Cladonia; with the description of Lichenozyma pisutiana gen. nov., sp. nov.ヨーロッパ産の27種のハナゴケ属地衣に内生するフクロタンシキン綱酵母を調査し、広範な地域の様々な生息環境で両者が関連していることを初めて示した。スウェーデンなど複数国において分離あるいは特異的プライマーにより検出された1種を新属新種Lichenozyma pisutianaとして記載した。本研究で見出された菌類は全てミクロスポロマイセス科に属し、本科が主に地衣関連酵母を含むことを示した。Lichenozyma pisutiana★
R3-06494Fusarium属の新規系統を表す新種Fusarium burgessii2011Fungal Diversity2011年の論文/published in 2011, Fungal Diversity, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, ノーザンテリトリー/Northern Territory, ワタ属/Gossypium, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 根圏/rhizosphere, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生物地理学/biogeography, 生長速度/growth rate, 種分化/speciation, 色素産生/pigment production, 草地/grassland, 複合種/species complexFusarium burgessii sp. nov. representing a novel lineage in the genus Fusariumオーストラリアの草地土壌から分離され、仮に”Longreach Yellow”形態型と呼ばれてきた菌を検討し、Fusarium burgessiiとして新種記載した。本種はポリフィアライドを形成し、モノフィアライドが長く、PDA培地で黄色色素を産生することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、F. beomiformeおよび「形態型B」とともにFusarium属において独自の単系統群を形成した。Fusarium burgessii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06493スペイン産のCorynesporopsis属1新種2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アラゴン州/Aragon, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, スペイン/Spain, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 種内変異/intraspecific variationA new species of Corynesporopsis from Spainスペインにおいて植物の枝に生じた菌を検討し、Corynesporopsis variabilisとして新種記載した。本種は分生子形成様式が内生型であり、分生子形成細胞が膨大し、楕円形、円筒形などの分生子を長く鎖生することなどで特徴づけられた。Corynesporopsis属の検索表を掲載した。Corynesporopsis variabilis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06492新種Caloplaca lenaeおよびカロプロイシンとビカニシンを含むその他のダイダイゴケ属地衣2007The Lichenologist2007年の論文/published in 2007, The Lichenologist, アルタイ共和国/Altai Republic, アントラキノン類/anthraquinones, エモジン類/emodins, サハ共和国/Sakha Republic, シベリア/Siberia, デプシド類/depsides, パリエチン類/parietins, フブスグル県, モンゴル/Mongolia, ロシア/Russia, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 化学型/chemical type, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variation, 降水量/precipitation, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyCaloplaca lenae sp. nov., and other Caloplaca species with caloploicin and vicanicinロシア(シベリア)およびモンゴルにおいて石灰岩に生じた地衣の一種を検討し、Caloplaca lenaeとして新種記載した。本種は粉芽塊が良好に発達し、粉子器が暗色明瞭の唇形であり、子器は一部の地域でしか見出されず、子嚢胞子の変異が非常に大きいことなどで特徴づけられた。本種は地衣成分としてアントラキノン類の他に複数のデプシドン類を含み、その形質と分子系統解析の結果を関連付けて議論した。Caloplaca lenae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-06491フウリンタケ型の属、Maireinaに加わった新種Maireina afibulataおよびM. attenuatipilis2007Mycological Progress2007年の論文/published in 2007, Mycological Progress, イタリア/Italy, カナリア諸島/Canary Islands, サルデーニャ自治州/Sardinia, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, スペイン/Spain, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, マカロネシア/Macaronesia, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 標本入手不可/specimen not availableMaireina afibulata and M. attenuatipilis, new members of the cyphelloid genus Maireina (Basidiomycota, Agaricomycetes)Maireina afibulataおよびM. attenuatipilisの2新種を記載した。前者はカナリア諸島においてシダに生じ、クランプを欠いており、後者はイタリアにおいてビャクシン属植物に発生し、子実体外部の菌糸が先細りになることなどで特徴づけられた。両新種を含むMaireina属の検索表を掲載した。Maireina afibulata★ / Maireina attenuatipilis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Niaceae/ニア科
R3-06490Hymenoscyphus属について (3):Hymenoscyphus subcarneusの命名法2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, コケ寄生菌/bryoparasitic fungus, コケ生息菌/bryophilous fungus, シノニム/synonym, 優先権/priority, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 新組み合わせ提唱/new combination, 標本入手不可/specimen not available, 非合法名/illegitimate nameNotes on Hymenoscyphus – 3: On the nomenclature of Hymenoscyphus subcarneus (Ascomycota, Helotiales)コケ寄生菌のHymenoscyphus subcarneusの学名について再検討した。本種に対して正しい新組み合わせPhaeohelotium carneumを提唱した。また、Hymenoscyphus属の’epiphyllus‘グループに含まれる3種と1変種をPhaeohelotium属に移した。Phaeohelotium carneum▲ / Phaeohelotium carpinicola▲ / Phaeohelotium epiphyllum▲ / Phaeohelotium fagineum▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-06489クロボキン科におけるMoesziomyces penicillariaeの系統的位置2010African Journal of Microbiology Research2010年の論文/published in 2010, African Journal of Microbiology Research, イネ科/Poaceae, セネガル/Senegal, チカラシバ属/Pennisetum, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 花生息菌/floricolous fungus, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵母/yeast, 黒穂菌/smut fungiSystematic position of Moesziomyces penicillariae among Ustilaginaceaeトウジンビエの黒穂病菌であるMoesziomyces penicillariaeの系統的位置を検討した。形態学的検討により本種の胞子堆に柱軸様構造があること、黒穂胞子に装飾があることや、発芽様式に関する新知見を得た。本種は分子系統解析でUstilago 2グループに含まれ、形態観察の結果からも本種がUstilago/Sporisoriumグループに含まれることが明らかであった。Moesziomyces penicillariaeBasidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycotina/クロボキン亜門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Ustilaginaceae/クロボキン科
R3-06488コーカサス西部におけるハラタケ類の多様性の知見に関する研究2009Mycologia Balcanica2009年の論文/published in 2009, Mycologia Balcanica, アディゲ共和国/Adygea, アブハジア共和国/Republic of Abkhazia, イネ科/Poaceae, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, キク科/Asteraceae, キンポウゲ科/Ranunculaceae, クラスノダール地方/Krasnodar, コケ上に生える菌/fungi on moss, トリカブト属/Aconitum, ナシ属/Pyrus, ニセショウロ属, ニセショウロ科, ノガリヤス属/Calamagrostis, ハシバミ属/Corylus, バラ科/Rosaceae, フキ属, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, 亜高山帯/subalpine zone, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂丘/dune, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationContribution to the knowledge of agarics diversity in the Western Caucasusコーカサス西部新産種として30種のハラタケ類を報告した。本報告により、調査地域における既知のハラタケ類分類群数は867に増加した。各種の標本情報を掲載したほか、数種については形質情報も掲載した。Boletus parasiticus■ / Calyptella capula■ / Clitocybe phaeophthalma■ / Conocybe juniana■ / Cortinarius barbaricus■ / Cortinarius caninus■ / Cortinarius cinnamomeoluteus■ / Delicatula integrella■ / Entoloma caeruleum■ / Entoloma pleopodium■ / Entoloma poliopus■ / Entoloma pseudocoelestinum■ / Galerina pumila■ / Gliophorus subminutulus■ / Gyroporus ammophilus■ / Hemimycena crispata■ / Hemimycena cucullata■ / Hygrocybe reidii■ / Leucoagaricus sublittoralis■ / Limacella illinita■ / Marasmius wettsteinii■ / Melanoleuca subbrevipes■ / Melanotus phillipsii■ / Mycena capillaris■ / Omphalotus olearius■ / Phylloporus pelletieri■ / Psathyrella prona■ / Psilocybe subviscida■ / Russula roseipes■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Agaricaceae/ハラタケ科_Amanitaceae/テングタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06487オーストラリア産地衣の新種および新産種2018Australian Lichenology2018年の論文/published in 2018, Australian Lichenology, Callitris属, アオイ科/Malvaceae, オキセピン類/oxepins, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, オーストラリア首都特別地域/Australian Capital Territory, カルボン酸類/carboxylic acids, クイーンズランド州/Queensland, サキシマスオウノキ属, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, スチクチン酸類/stictic acids, ゼオリン類/zeorins, デイゴ属/Erythrina, トリテルペン類/triterpenes, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ナンヨウスギ属/Araucaria, ナンヨウスギ科/Araucariaceae, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ノーザンテリトリー/Northern Territory, ヒノキ科/Cupressaceae, ビクトリア州/Victoria, フトモモ科/Myrtaceae, プソロミン酸/psoromic acid, ヘゴ属/Cyathea, ヘゴ科/Cyatheaceae, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, モクマオウ属/Casuarina, モクマオウ科/Casuarinaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 亜熱帯雨林/subtropical rainforest, 亜高山帯/subalpine zone, 南オーストラリア州/South Australia, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 砂丘/dune, 砂地/sand, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 草地/grassland, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 誤同定/misidentificationNew species and new records of Australian lichensオーストラリア、ニューサウスウェールズ州からLeucodecton granulosumおよびMyriotrema protofrustillatumの2新種を記載した。また、Bellemerea cinereorufescensおよびMazosia carneaをオーストラリア新産種として報告した。その他に33分類群の州、テリトリー、島嶼レベルの新記録を報告した。Bellemerea cinereorufescens■ / Brigantiaea tricolor■ / Buellia reagenella■ / Bunodophoron formosanum■ / Coccotrema cucurbitula■ / Coenogonium luteum■ / Collema glaucophthalmum■ / Collema rugosum■ / Cratiria lauricassiae■ / Cresponea plurilocularis■ / Dendriscocaulon dendriothamnodes■ / Endocarpon simplicatum■ / Enterographa subgelatinosa■ / Eschatogonia marivelensis■ / Graphis cincta■ / Heterodermia obscurata■ / Jackelixia elixii■ / Leucodecton granulosum★ / Lobaria hartmannii■ / Mazosia carnea■ / Megalaria subintermixta■ / Mycoblastus coniophorus■ / Myriotrema protofrustillatum★ / Pannaria elatior■ / Pertusaria clarkeana■ / Pertusaria erubescens■ / Pertusaria trimera■ / Placopsis argillacea■ / Poeltidea perusta■ / Pyrenula balia■ / Pyrenula pyrenuloides■ / Pyrenula ravenelii■ / Ramboldia brunneocarpa■ / Sarcogyne hypophaea■ / Sculptolumina japonica■ / Septotrapelia usnica■ / Trapelia coarctata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Teloschistales/テロシステス目_Brigantiaeaceae/サビイボゴケ科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Coccotremataceae/コッコトレマ科_Ostropales/オストロパ目_Coenogoniaceae/セノゴニウム科_Peltigerales/ツメゴケ目_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Lobariaceae/カブトゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Teloschistaceae/テロシステス科_Tephromelataceae/テフロメラ科_Pannariaceae/ハナビラゴケ科_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Trapeliaceae/トラペリア科_Pyrenulales/サネゴケ目_Pyrenulaceae/サネゴケ科_Ramboldiaceae/ランブルディア科_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科
R3-06486オーストラリア産のThysanothecium属2分類群2009Australasian Lichenology2009年の論文/published in 2009, Australasian Lichenology, ウスニン酸類/usnic acids, オーストラリア/Australia, キサントン類/xanthones, クイーンズランド州/Queensland, ジバリカト酸/divaricatic acid, ジロホール酸/gyrophoric acid, デプシド類/depsides, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, フトモモ科/Myrtaceae, ベンゾフラン類/benzofurans, ユーカリ属/Eucalyptus, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 新亜種記載/new subspecies, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 粘土質土壌/clayey soil, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 西オーストラリア州/Western Australia, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatography, 鱗片状地衣/squamulose lichenTwo new taxa of Thysanothecium (Cladoniaceae: Ascomycota) from Australiaオーストラリアから新亜種Thysanothecium hookeri subsp. xanthonicumおよび新種T. sorediatumを記載した。前者は西オーストラリアの半乾燥地域において土壌に生じ、小型でねじれた偽子柄を有し、基本種とは地衣成分が異なっていた。後者はクイーンズランド州およびニューサウスウェールズ州においてユーカリの基部や焦げた材に生じ、地衣体に小粒状の粉芽を伴い、偽子柄が稀で微小であることなどで特徴づけられた。Thysanothecium hookeri★ / Thysanothecium sorediatum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科
R3-06485Russula swatica:パキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州のスワート・バレーに産し、分子生物学的、光学顕微鏡的、走査型電子顕微鏡的解析に基づき記載された新種2019Microscopy Research and Technique2019年の論文/published in 2019, Microscopy Research and Technique, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMRussula swatica : A new species of Russula based on molecular, light microscopy, and scanning electron microscopy analyses from Swat Valley of Khyber Pakhtunkhwa province of Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州のスワート地区においてモミ属植物の樹下に生じた菌を検討し、Russula swaticaとして新種記載した。本種は傘が類白色~クリーム色~灰色で襞が傷つくと褐変し、担子胞子が球形~類球形で部分的あるいは不完全な装飾を有することなどで特徴づけられた。本種と近縁種との形質比較表を掲載した。Russula swatica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06484ヒマーチャル・プラデーシュ州、チャンバ地区に産した特筆すべきコウヤクタケ類2019Global Journal of Bio-Science and BioTechnology2019年の論文/published in 2019, Adhatoda属, Global Journal of Bio-Science and BioTechnology, インド/India, インド新産種/India_new record, キツネノマゴ科/Acanthaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, トウヒ属/Picea, ナシ属/Pyrus, バラ科/Rosaceae, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobeSome noteworthy corticioid fungi from District Chamba (Himachal Pradesh)インド、ヒマーチャル・プラデーシュ州のチャンバ地区から5種のコウヤクタケ類を報告した。そのうちGranulobasidium vellereumおよびPhaenerochaete magnoliaeをインド新産種として報告した。その他の3種についても調査地における新産種として報告し、各種の写真や記載文などを掲載した。Granulobasidium vellereum■ / Phanerochaete leptoderma■ / Phanerochaete magnoliae■ / Steccherinum bourdotii■ / Steccherinum cremeoalbum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cyphellaceae/フウリンタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Meruliaceae/シワタケ科
R3-06483形態および分子系統データに基づき同定された新種、Ulocladium capsicuma2007Sydowia2007年の論文/published in 2007, Sydowia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, トウガラシ属/Capsicum, ナス科/Solanaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 種内変異/intraspecific variation, 統計解析/statistical analysis, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 雲南省/YunnanUlocladium capsicuma, a new species identified by morphological and molecular phylogenetic data中国雲南省においてトウガラシの葉に見出されたアナモルフ菌の一種を検討し、Ulocladium capsicumaとして新種記載した。本種は分生子柄が長く、成熟した分生子がしばしば鎖生し、分生子の長さ/幅比が大きく、表面がほぼ平滑で、横隔壁が多いことなどで特徴づけられた。本種と同属他種との形質比較表を掲載した。Ulocladium capsicuma★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06482Spegazziniにより南米から報告されたリティズマ科菌類の種の再検討2007Boletín de la Sociedad Argentina de Botánica2007年の論文/published in 2007, Adesmia属, Boletín de la Sociedad Argentina de Botánica, Desfontainea属, Embothrium属, Hebe属, Marsippospermum属, Rostkovia属, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, イグサ科/Juncaceae, イチゴツナギ属/Poa, イネ科/Poaceae, クスノキ科/Lauraceae, コウボウ属, コバノイシカグマ科/Dennstaedtiaceae, コルメリア科, ゴマノハグサ科/Scrophulariaceae, シシガシラ科/Blechnaceae, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, シラタマノキ属/Gaultheria, スグリ属/Ribes, スグリ科/Grossulariaceae, セリ科/Apiaceae, タイプスタディ/type study, チリ/Chile, チリ新産種/Chile_new record, ツツジ科/Ericaceae, ティエラ・デル・フエゴ州/Tierra del Fuego, ナギナタガヤ属/Festuca, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニシキギ科/Celastraceae, ハリツルマサキ属/Maytenus, バンジロウ属/Psidium, パタゴニア/Patagonia, ヒゴタイサイコ属/Eryngium, ヒリュウシダ属/Blechnum, フトモモ科/Myrtaceae, マメ科/Fabaceae, メギ属/Berberis, メギ科/Berberidaceae, モチノキ属/Ilex, モチノキ科/Aquifoliaceae, ヤマモガシ科/Proteaceae, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), リター菌/litter fungi, ロスラゴス州, ワラビ属/Pteridium, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 帯線/zone line, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 漂白/bleaching, 腐生菌/saprobe, 菌類学者/mycologist, 葉面菌/leaf surface fungi, 誤同定/misidentification, 非合法名/illegitimate nameRevision of the species of Rhytismataceae reported by Spegazzini from South AmericaSpegazziniが報告した21種の南米産リティズマ科菌類を再検討した。SpegazziniがCoccomyces dentatusと同定していた種をC. australisとして新種記載した。また、Lophodermium hysterioidesとされていた種をL. gamundiaeとして新種記載した。Coccomyces australis★ / Coccomyces leptosporus / Coccomyces pampeanus / Coccomyces puiggarii / Coccomyces spegazzinii / Coccomyces yerbae / Duplicaria antarctica / Hypoderma andinum / Hypoderma brachysporum / Lophodermium alpinum / Lophodermium clavuligerum / Lophodermium gamundiae★ / Lophodermium leptothecium / Lophodermium subtropicale / Pureke zelandicum■ / Terriera fuegianaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-06481ナシ属植物に発生したFuscoporia torulosa (Phellinus torulosus) の異常標本のDNA配列解析2007Czech Mycology2007年の論文/published in 2007, Czech Mycology, コナラ属/Quercus, ナシ属/Pyrus, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 多犯性菌/plurivorous fungus, 子実体形成様式, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 腐生菌/saprobe, 雑種形成/hybridizationDNA sequence analysis of extraordinary fruiting specimens of Fuscoporia torulosa (Phellinus torulosus) on Pyrus spp.通常根際に発生するが、ナシ属植物に発生した時に限って地上2 mに発生するという子実体形成パターンを示すFuscoporia torulosaを検討した。これが種分化の過程を表すとの仮説に基づき、ITS領域の塩基配列を解析し、コナラ属植物に発生した標本と比較した。顕著な差異を認めなかったため、検討した標本全てが単一種に属すると結論づけた。Fuscoporia torulosaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-06480アボカドに生じた新種、Oidium perseae-americanae2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クスノキ科/Lauraceae, サンパウロ州/São Paulo, ニューカレドニア/New Caledonia, フランス/France, ブラジル/Brazil, ワニナシ属/Persea, 付着器/appressorium, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiOidium perseae-americanae sp. nov. on avocadoニューカレドニアおよびブラジルにおいてアボカドの葉に発生したうどんこ病菌の一種を検討し、Oidium perseae-americanaeとして新種記載した。本種は葉の下面に菌糸体を形成し、卵状、樽形、または円筒形で平滑な分生子を単生し、有性世代は認めなかった。クスノキ科植物からは6種のうどんこ病菌が知られていたが、唯一知られているアナモルフの種とは分生子柄および分生子の長さや付着器の形状などが異なっていた。Oidium perseae-americanae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-06479潜在的価値を有する地下生菌、Mattirolomyces terfezioidesのブルガリアにおける初の標本2016Phytologia Balcanica2016年の論文/published in 2016, Phytologia Balcanica, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ハリエンジュ属/Robinia, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, マメ科/Fabaceae, ヴェリコ・タルノヴォ州, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 移入種/alien species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsFirst Bulgarian collections of Mattirolomyces terfezioides (Pezizaceae), a potentially valuable hypogeous fungus地下生菌の一種、Mattirolomyces terfezioidesをブルガリア新産種として報告した。本種はバルカン半島においてはセルビアおよびギリシャのみから知られていた。本種は移入種のニセアカシアの木の近くに発生しており、食用きのことしての潜在的価値があることからニセアカシアを用いた栽培可能性が指摘された。Mattirolomyces terfezioides■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-06478ギリシャ新産の特異な担子菌、Flagelloscypha faginea2012Cryptogamie Mycologie2012年の論文/published in 2012, Cryptogamie Mycologie, ギリシャ/Greece, ギリシャ新産種/Greece_new record, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, リター菌/litter fungi, 中央ギリシャ地方/Central Greece, 地理的分布/geographical distribution, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 稀産種/rare speciesFlagelloscypha faginea, an unusual basidiomycete new for Greeceギリシャ新産種としてFlagelloscypha fagineaを報告した。ギリシャからのFlagelloscypha属菌の報告は初となった。本種はPlatanus orientalisの落葉に群生しており、スズカケノキ属植物での発生は世界初の報告となった。Flagelloscypha faginea■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Niaceae/ニア科
R3-06477アルタイ山脈に産した亜寒帯性地衣類の稀産種および特筆すべき種2012The Bryologist2012年の論文/published in 2012, The Bryologist, アジア新産種/Asia_new record, アトラノリン類/atranorins, アルタイ共和国/Altai Republic, アルタイ地方/Altai Krai, アルタイ山脈/Altai Mountains, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カルボン酸類/carboxylic acids, コンタミ/contamination, シノニム/synonym, シベリア/Siberia, ジロホール酸/gyrophoric acid, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, タイプスタディ/type study, デプシド類/depsides, トウヒ属/Picea, ナナカマド属/Sorbus, バラ科/Rosaceae, パンナリン類/pannarins, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フマル酸類/fumarates, プソロミン酸/psoromic acid, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, ベンゾフラン類/benzofurans, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, レクトタイプ指定/lectotype designation, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 遺存林/relict forests, 降水量/precipitation, 隔離分布/disjunct distributionRare and noteworthy boreal lichens from the Altai Mountains (South Siberia, Russia)シベリア南部のアルタイ山脈において地衣類の調査を実施し、33種を報告した。Lecania croaticaなど5種をアジアおよびロシア新産種として、1種をアジア新産種、1種をロシア新産種、5種をシベリア新産種としてそれぞれ報告した。Bacidia zeroviiおよびLecidea brenneriをシノニムとし、新組み合わせPuttea exsequensを提唱した。Bacidia beckhausii■ / Bacidia hemipolia■ / Biatora chrysantha / Biatora fallax■ / Biatora meiocarpa / Biatora vernalis / Buellia arborea■ / Buellia griseovirens■ / Caloplaca herbidella■ / Caloplaca sorocarpa■ / Fellhanera subtilis■ / Lecania croatica■ / Lecania cyrtellina / Lecanora albellula / Lecanora boligera■ / Lecanora farinaria■ / Lecanora pseudosarcopidoides■ / Lecanora subintricata■ / Lecanora varia / Lecidea betulicola■ / Lecidea erythrophaea■ / Lecidea pullata■ / Lecidea sanguineoatra■ / Megaspora verrucosa■ / Pertusaria coccodes■ / Pertusaria pupillaris■ / Puttea exsequens▲■ / Pycnora leucococca■ / Pycnora sorophora■ / Rimularia fuscosora■ / Rinodina excrescens■ / Scoliciosporum chlorococcum / Scoliciosporum perpusillum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Pycnoraceae/ピクノラ科_Trapeliaceae/トラペリア科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Scoliciosporaceae/スコリシオスポリウム科
R3-06476チチタケ類に近縁な腹菌、Arcangeliella stephensiiのベルギーにおける2新記録2009Revue du Cercle de Mycologie de Bruxelles2009年の論文/published in 2009, Revue du Cercle de Mycologie de Bruxelles, エノー州/Hainaut, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ナミュール州/Namur, フランス語/French, ブナ科/Fagaceae, ベルギー/Belgium, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 散布様式/dispersal style, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 粘土質土壌/clayey soil, 胞子射出/spore discharge, 胞子散布/spore dispersal, 腹菌化/gastromycetization, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMDeux nouvelles récoltes belges d’Arcangeliella stephensii, espèce tubéroïde proche des lactairesベルギーの2ヶ所から地下生菌の一種、Arcangeliella stephensiiを報告した。本種の記載文、生態写真、SEM写真等を掲載した。本種と近縁種との差異や、Lactarius属菌のセコティオイドおよび腹菌類への進化に関する議論などを記述した。Arcangeliella stephensiiBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06475イワタケ科 – 形質の進化および新たな属概念2017Taxon2017年の論文/published in 2017, Mesquite, Taxon, 二次代謝産物/secondary metabolite, 共有派生形質/synapomorphy, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 属概念/genus concept, 新亜属提唱/new subgenus, 新科提唱/new family, 新組み合わせ提唱/new combination, 祖先形質推定/ancestral character estimation, 統計解析/statistical analysis, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyUmbilicariaceae (lichenized Ascomycota) – Trait evolution and a new generic conceptイワタケ科地衣の既知種の約8割を用いて分子系統解析を実施した。良好に支持された8つのクレードを認め、それらは形態形質および化学的形質の組み合わせによっても裏付けられた。本科にイワタケ属のみを置き、3つの新亜属を含む8亜属を含めるとともに、4件の新組み合わせを提唱した。Umbilicaria daliensis▲ / Umbilicaria hispanica▲ / Umbilicaria sinorientalis▲ / Umbilicaria xizangensis▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-06474中国産の新種Conioscypha tenebrosaおよびConioscypha属の種について2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水辺/waterside, 河川/river, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobe, 貴州省/GuizhouConioscypha tenebrosa sp. nov. (Conioscyphaceae) from China and notes on Conioscypha species中国貴州省において腐朽材に見出されたアナモルフ菌の一種を検討し、Conioscypha tenebrosaとして新種記載した。本種は分生子柄が無色でしばしば退化的、フィアライドが杯状、分生子が球形~類球形、倒卵状で基部が類截断状であることなどで特徴づけられた。現在認められているConioscypha属の各種についてコメントを掲載した。Conioscypha tenebrosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Conioscyphales/コニオスキファ目_Conioscyphaceae/コニオスキファ科
R3-06473Acarospora peliocyphaの正しい学名、Acarospora squamulosa2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, ジロホール酸/gyrophoric acid, タイプスタディ/type study, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保存名, 優先権/priority, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenAcarospora squamulosa, the correct name for A. peliocyphaAcarospora peliscyphaとして広く知られている地衣の学名が正しくは”peliocyphaであり、かつそれがA. squamulosaのシノニムであることを指摘した。優先権を有するLichen squamulosusのレクトタイプ標本を指定した。本種の形態学的検討を行い、記載文を改訂した。Acarospora squamulosaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-06472インド、西ガーツ北部産の新種、Tamhinispora srinivasaniiの形態および系統2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ココヤシ属/Cocos, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 庭園/garden, 新種記載/new species, 森林/forest, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobe, 走査型電子顕微鏡/SEMMorphology and phylogeny of Tamhinispora srinivasanii sp. nov. (Tubeufiaceae) from northern Western Ghats, Indiaインド、マハーラーシュトラ州においてココヤシのリターから直接分離された菌を検討し、Tamhinispora srinivasaniiとして新種記載した。本種は分生子が暗褐色~帯黒色でY形あるいは不規則形であり、頂部、側面、基部などから付属糸を生じることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析では唯一の同属他種であるT. indicaと単系統群を形成した。Tamhinispora srinivasanii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-06471リンゴ果実にすす点病を引き起こす新種、Strelitziana mali2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, すす点病/sooty blotch, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バラ科/Rosaceae, ミクロサイクリック分生子形成/microcycle conidiation, リンゴ属/Malus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 河南省/Henan, 菌核/sclerotium, 走査型電子顕微鏡/SEM, 陝西省/ShaanxiStrelitziana mali, a new species causing sooty blotch on apple fruitリンゴ果実にすす点病を引き起こした菌を検討し、Strelitziana maliとして新種記載した。光学顕微鏡およびSEMによる観察と分子系統解析を実施した。本種は唯一の同属他種であるS. africanaとは分生子形成細胞の位置や分生子のサイズが異なっていた。Strelitziana mali★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Strelitzianaceae/ストレリチアナ科
R3-06470ポーランド新産のフウリンタケ類、Calathella eruciformisの系統的位置および形態と生態の新規データ2019Plant and Fungal Systematics2019年の論文/published in 2019, Plant and Fungal Systematics, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 垂直分布/vertical distribution, 多系統群/polyphyletic group, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobePhylogenetic placement and new data on the morphology and ecology of Calathella eruciformis (Agaricales, Basidiomycota), a cyphelloid fungus new to Polandポーランド、ポドラシェ県の4ヶ所における調査で見出されたCalathella eruciformisをポーランド新産種として報告した。分子系統解析の結果、Calathella属およびFlagelloscypha属が単系統群ではないことなどが示された。また、本種はSphaerobasidioscypha citrisporaと独立した単系統群を形成した。Calathella eruciformis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-06469レユニオン産の新種、Mycena plicatula2011Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2011年の論文/published in 2011, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, スギ属/Cryptomeria, ツツジ科/Ericaceae, ドイツ語/German, ヒノキ科/Cupressaceae, フランス/France, レユニオン/Reunion, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification keyMycena plicatula, eine neue Art von der Insel La Réunion (Frankreich, Afrika)レユニオンにおいてスギの切り株およびツツジ科の一種の枝に発生した菌を検討し、Mycena plicatulaとして新種記載した。本新種を暫定的に含めたFuscoradiatae節の検索表を掲載した。本種は同節の唯一の種であるM. fuscoradiataとは傘の色、襞の数、柄基部の形状、子実層シスチジアの有無および量、柄表皮菌糸の表面性状などが異なっていた。Mycena plicatula★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-06468形態および分子データを基に記載された新種、Rhytisma huangshanense2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 安徽省/Anhui, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 誤同定/misidentification, 黒脂病/kuroyani-byo (tar spot)Rhytisma huangshanense sp. nov. described from morphological and molecular data中国安徽省においてRhododendron simsiiの葉に生じた菌を検討し、Rhytisma huangshanenseとして新種記載した。本種はCoccomyces属に類似していたが、子嚢果がいくぶん縦方向の裂け目により開く点などが異なっていた。本種はR. salicinumと姉妹群を形成したが、本属の基準種とは系統的に離れていた。Rhytisma huangshanense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-06467イタリア南部、シチリア産のElaphomyces citrinusおよびElaphomyces maculatus2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, イタリア/Italy, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シチリア州/Sicily, フェノロジー/phenology, 保全生態学/conservation ecology, 再発見/rediscovery, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 垂直分布/vertical distribution, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered speciesElaphomyces citrinus and Elaphomyces maculatus in Sicily (southern Italy)シチリア新産種としてElaphomyces maculatusを報告した。また、100年前にシチリアにおける存在が示唆されたE. citrinusを確かめた。両種の形態形質、採集地、生態および分布に関する記録などを掲載した。Elaphomyces citrinus / Elaphomyces maculatus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiomycetidae/ユーロチウム亜綱_Elaphomycetales/ツチダンゴ目_Elaphomycetaceae/ツチダンゴ科
R3-06466Lactifluus属Luteoli節の分類の更新:オーストラリア産のL. russulisporusおよびタイ産のL. caliendrifer2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 亜熱帯雨林/subtropical rainforest, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 砂地/sand, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 竹林/bamboo forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiUpdated taxonomy of Lactifluus section Luteoli: L. russulisporus from Australia and L. caliendrifer from Thailandオーストラリア、クイーンズランド州のユーカリ林からLactifluus russulisporus、タイの様々なタイプの森林からL. caliendriferをそれぞれ新種記載した。両種はLuteoli節の特徴を有し、分子系統解析では同節のクレードにおいて姉妹群を形成した。両種は傘の色、子実体の臭い、担子胞子の装飾、傘表皮の毛の長さなどで互いに区別された。Lactifluus caliendrifer★ / Lactifluus russulisporus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06465形態および分子データにより証拠づけられたボタンタケ科の2新種および中国新産種2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, TreeBASE, TrichOKEY, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, チベット自治区/Tibet, ハラタケ属, ハラタケ科/Agaricaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アジア新産種/East Asia_new record, 温度適性/temperature aptitude, 湖北省/Hubei, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment productionTwo New Species and a New Chinese Record of Hypocreaceae as Evidenced by Morphological and Molecular Data中国湖北省においてハラタケ属の一種の子実体に生じたHypomyces hubeiensisおよび広東省において材に生じたTrichoderma subiculoidesを新種記載した。前者は分生子柄がverticillium類似でフィアライドが錐形、分生子が桿形~狭楕円形であり、後者は子嚢が類円筒形で分生子柄がverticillium類似、フィアライドが類円筒形、分生子が桿形~類楕円形であった。また、中国新産種としてチベットにおいて多孔菌の子実体に生じたH. orthosporusを報告した。Hypomyces hubeiensis★ / Hypomyces orthosporus■ / Trichoderma subiculoides★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-06464ニュージーランド産の苔類病原菌の新種、Sphaeropezia leucocheila2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, コケ寄生菌/bryoparasitic fungus, コケ生息菌/bryophilous fungus, スギバゴケ属, ニュージーランド/New Zealand, ネルソン地方/Nelson, ヒラハスギバゴケ属, ムチゴケ科, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungiSphaeropezia leucocheila sp. nov. (Stictidaceae): a liverwort pathogen from New Zealandニュージーランド、ネルソン地方においてムチゴケ科の複数種の葉に発生した菌を検討し、Sphaeropezia leucocheilaとして新種記載した。本種が発生した葉は枯死したかあるいは枯れかけており、同属他種と同様に本種も病原菌である可能性が考えられた。本種は同じくコケを宿主とするS. hepaticarumとは子嚢胞子の形態が顕著に異なっていた。Sphaeropezia leucocheila★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Odontotremataceae/オドントトレマ科
R3-06463ノルウェー新産種、Psathyrella jacobssonii2016Agarica2016年の論文/published in 2016, Agarica, エストフォル県/Østfold, オップラン県/Oppland, タイプスタディ/type study, ヌールラン県/Nordland, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ピートボグ/peat bog, 分子同定/molecular identification, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantation, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 湿地帯/wetland, 石灰質土壌/calcareous soil, 草地/grassland, 配列決定/sequencingPsathyrella jacobssonii Örstadius (Basidiomycetes, Agaricales) – new to Norwayノルウェーのエストフォル県、ヌールラン県、およびオップラン県からPsathyrella jacobssoniiをノルウェー新産種として報告した。本種はフィンランドおよびスウェーデンから数度報告されていた。本種との同定はITS領域の同一性からも裏付けられた。Psathyrella jacobssonii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-06462形態および分子データを用いてスペインから記載されたハナビラタケ属1新種2006Mycological Research2006年の論文/published in 2006, Mycological Research, ガリシア州/Galicia, スペイン/Spain, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 検索表/identification keyA new Sparassis species from Spain described using morphological and molecular dataスペイン、ガリシア州の森林で採集された菌を検討し、Sparassis miniensisとして新種記載した。本種はマツの生木の根から生じ、裂片が強く裂け、基部が橙色~帯紫ばら色であり、肉に苦味と菌臭を有し、子実下層菌糸にクランプを有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でS. brevipesに近縁であったが、形態的に異なっていた。Sparassis miniensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Sparassidaceae/ハナビラタケ科
R3-06461韓国新産種、Karoowia saxeti2006Mycobiology2006年の論文/published in 2006, Mycobiology, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, クロマトグラム/chromatogram, スチクチン酸類/stictic acids, ベンゾフラン類/benzofurans, 二次代謝産物/secondary metabolite, 全羅南道/Jeollanam-do, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌類相調査/mycofloristic survey, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new record, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNew Record of Karoowia saxeti (Stizenb.) Hale in South Korea韓国全羅南道において海岸の岩に生じた地衣、Karoowia saxetiを韓国新産種として報告した。本種は裂芽を有し、K+黄色であることなどで特徴づけられた。HPLCでは本種が含有する地衣成分としてスチクチン酸、ノルスチクチン酸、およびウスニン酸が検出された。Karoowia saxeti■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06460フィンランドの国および地域における生物学的新記録(3):ハラタケ類および子嚢菌類の研究(2)2013Memoranda Societatis pro Fauna et Flora Fennica2013年の論文/published in 2013, Diatrype属, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Memoranda Societatis pro Fauna et Flora Fennica, Pseudochaete属, アカネ科/Rubiaceae, ウーシマー県/Uusimaa, エゾボウフウ属, カイヌー県/Kainuu, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カンタ=ハメ県/Kanta-Häme, キジムシロ属/Potentilla, キュメンラークソ県/Kymenlaakso, コケ上に生える菌/fungi on moss, サタクンタ県/Satakunta, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シトネタケ科/Diatrypaceae, シハイタケ属/Trichaptum, セリ科/Apiaceae, タイプスタディ/type study, タバコウロコタケ科/Hymenochaetaceae, タマチョレイタケ科/Polyporaceae, トウヒ属/Picea, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, パイヤト=ハメ県/Päijät-Häme, ヒースランド/heathland, ピルカンマー県/Pirkanmaa, ピートボグ/peat bog, フィンランド/Finland, フィンランド新産種/Finland_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤエムグラ属/Galium, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ラッピ県/Lappi, リター菌/litter fungi, 分子同定/molecular identification, 北カルヤラ県/North Karelia, 北ポフヤンマー県/Northern Ostrobothnia, 南カルヤラ県/South Kalyala, 南サヴォ県/Southern Savonia, 南西スオミ県/Southwest Finland, 収蔵標本/stored specimen, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 白トリュフ/white truffle, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complex, 配列決定/sequencingNew national and regional biological records for Finland 3. Contributions to agaricoid and ascomycetoid taxa of fungi 2フィンランド新産種としてAmanita flavescensなど10種のハラタケ類および16種の子嚢菌類を報告した。Ascocodinea、Pseudoproboscispora、およびScabropezia属はフィンランド新産属として報告された。また、近年発表された分類群や採集例に乏しい稀な分類群についても記載した。Amanita flavescens■ / Arachnocrea stipata■ / Ascocodinaea polyporicola■ / Capronia parasitica■ / Cortinarius alticaudus / Cortinarius barbaricus■ / Cortinarius bovinatus / Cortinarius brunneotinctus■ / Cortinarius claroplaniusculus■ / Cortinarius cobaltinus / Cortinarius luteobrunnescens / Cortinarius metarius / Cortinarius olympianus / Cortinarius orasericeus■ / Cortinarius pardinipes■ / Cortinarius patibilis / Cortinarius pseudonaevosus / Cortinarius rufoallutus■ / Cortinarius sannio / Cortinarius sobrius / Cortinarius subfoetens / Desmazierella piceicola / Diaporthe dulcamarae■ / Endoxylina astroidea■ / Entoloma querquedula■ / Galera calyptrospora■ / Galerina lacustris■ / Gnomoniopsis tormentillae■ / Gorgoniceps hypothallosa■ / Helvella latispora■ / Helvella terrestris■ / Hypocrea estonica■ / Mycosphaerella topographica■ / Ophiobolus galii■ / Peziza celtica■ / Pseudoproboscispora caudae-suis■ / Roesleria subterranea■ / Scabropezia scabrosa■ / Tricholomopsis flammula■ / Tuber anniaeBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amanitaceae/テングタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Gnomoniaceae/グノモニア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Helvellaceae/ノボリリュウ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科_Pezizaceae/チャワンタケ科_Ascomycetes/子嚢菌綱_Roesleriaceae/レスレリア科_Tricholomataceae/キシメジ科_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-06459インド、西ガーツの生物多様性ホットスポットに産したCryptothecia属新種2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, イチジク属/Ficus, インド/India, クワ科/Moraceae, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, バルバチン酸類/barbatic acids, フタル酸類/phthalates, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA new species of Cryptothecia (Arthoniales, Arthoniaceae) from the Western Ghats biodiversity hotspot, Indiaインド、マハーラーシュトラの西ガーツ山脈で採集された樹皮生痂状地衣の一種を検討し、Cryptothecia panchganiensisとして新種記載した。本種は地衣体が疣状で子器が顕著に隆起し、子嚢胞子が石垣状で、地衣成分としてバルバチン酸およびゼオリン類を含むことなどで特徴づけられた。本種と子嚢胞子の形質や地衣成分などが共通する同属他種との相違点などを記述した。Cryptothecia panchganiensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-06458ブラジル、アマゾンの森林において水中に沈んだ葉に生じたMatsushimiella属1新種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, パラー州/Pará, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新種記載/new species, 森林/forest, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 異隔壁/distoseptumA new species of Matsushimiella from submerged leaves in the Brazilian Amazon Forestブラジル、パラー州において川に沈んだ葉に生じた菌を検討し、Matsushimiella paraensisとして新種記載した。本種は分生子形成細胞が多出芽型でシンポジオ状に伸長し、分生子が黄金褐色の楕円形、長卵状、広長楕円形で2-4異隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は属の基準種のM. queenslandicaとは、分生子の形態に基づき容易に区別された。Matsushimiella paraensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06457カーチンガ産の分生子形成菌:材生息性の種2009Acta Botanica Brasilica2009年の論文/published in 2009, Acta Botanica Brasilica, Syagrus属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マイクロオーン/microawn, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 南米新産種/South America_new record, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyFungos conidiais na Caatinga: espécies lignícolasブラジル、カーチンガ・バイオームにおいてアナモルフ菌の調査を実施し、41種を同定した。スペインから記載されたDactylaria cazorliiおよびオーストラリアから記載されたThozetella queenslandicaの全世界で2番目となる報告を行った。Ellisembia bambusaeなど3種をアメリカ大陸新産種、4種を南米新産種、2種をブラジル新産種、1種をブラジル半乾燥地域新産種としてそれぞれ報告した。Acrophragmis coronata■ / Bactrodesmium linderi■ / Dactylaria cazorlii■ / Ellisembia bambusae■ / Gonytrichum mirabile■ / Paraceratocladium bacilliformis■ / Piricauda cochinensis■ / Sporoschisma saccardoi■ / Stachylidium bicolor■ / Taeniola alta■ / Thozetella queenslandica■ / Uberispora tropicalis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科
R3-06456中国江西省産の新種Cordana meilingensisおよびC. lushanensis2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 山地/mountains, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 江西省/Jiangxi, 腐生菌/saprobeCordana meilingensis and C. lushanensis spp. nov. from Jiangxi, China中国江西省において枯枝に生じた2種のアナモルフ菌を検討し、Cordana meilingensisおよびC. lushanensisとして新種記載した。前者は分生子が褐色長楕円形または円筒形で平滑、中央に1隔壁を有することなどで特徴づけられた。後者は分生子が淡褐色倒卵状~楕円形平滑で無隔壁であることなどで特徴づけられた。Cordana lushanensis★ / Cordana meilingensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06455シカホフ国立保護区に産した担子菌類のアルメニア新産種および新産属2019Proceedings of Yerevan State University2019年の論文/published in 2019, Proceedings of Yerevan State University, アルメニア/Armenia, アルメニア新産種/Armenia_new record, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シュニク地方/Syunik, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 猛毒きのこ/deadly poisonous mushrooms, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 粘土質土壌/clayey soil, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 膠質菌/jelly fungi, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushroomsNew for Armenia species and genera of Basidiomycetes from Shikahogh State Reserveアルメニア、シカホフ国立保護区において担子菌類の調査を実施した。2属をアルメニア新産属、12種をアルメニア新産種としてそれぞれ報告した。各種について分類階級、標本情報、毒の有無などを掲載した。Amanita virosa■ / Geastrum triplex■ / Gyroporus castaneus■ / Hymenochaete cinnamomea■ / Laccaria bicolor■ / Phellorinia herculeana■ / Ramaria aurea■ / Ramaria lutea■ / Rigidoporus ulmarius■ / Scleroderma areolatum■ / Stereum subtomentosum■ / Tremella foliacea■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amanitaceae/テングタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科_Boletales/イグチ目_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科_Phelloriniaceae/フェロリニア科_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meripilaceae/トンビマイタケ科_Sclerodermataceae/ニセショウロ科_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科
R3-06454中国江西省産の新種、Cacumisporium fusiforme2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 江西省/Jiangxi, 腐生菌/saprobeCacumisporium fusiforme sp. nov. from Jiangxi, China中国江西省の森林において広葉樹の枯枝に生じた菌を検討し、Cacumisporium fusiformeとして新種記載した。本種は同属の類似種とは分生子のサイズおよび形状が異なっていた。Cacumisporium属の検索表を掲載した。Cacumisporium fusiforme★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門
R3-06453新熱帯におけるSyncephalis obliquaの発見2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, Zopfiella属, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, スイライカビ属, スイライカビ科, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ラシオスフェリア科, 南米新産種/South America_new record, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 新形質報告/new character, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌寄生菌/mycoparasiteThe discovery of Syncephalis obliqua (Zoopagomycotina, Zoopagales) in the Neotropicsブラジル、ペルナンブーコ州における糞生菌の調査で、菌寄生菌のSyncephalis obliquaが見出された。本報告は台湾から記載された本種の世界で2番目の記録であり、新熱帯からの初の報告であった。ブラジル産Syncephalis属菌の検索表を掲載した。Syncephalis obliqua■Zoopagomycota/トリモチカビ門_Zoopagomycotina/トリモチカビ亜門_Zoopagomycetes/トリモチカビ綱_Zoopagales/トリモチカビ目
R3-06452ハキリアリから分離されたPhialophora属新種2014Fungal Diversity2014年の論文/published in 2014, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アリの巣/ant nest, アリ科/Formicidae, ウレアーゼ試験/urease test, サンパウロ州/São Paulo, スライド培養法/slide culture method, タイプスタディ/type study, ネオタイプ指定/neotype designation, ハキリアリ属/Atta, ブラジル/Brazil, ラッカーゼ/laccase, 二型性/dimorphism, 共進化/coevolution, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 昆虫の巣/insect nest, 最大生長温度/maximum growth temperature, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 菌園/fungus garden, 酵母/yeast, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 黒色酵母/black yeastNovel Phialophora species from leaf-cutting ants (tribe Attini)ブラジル、サンパウロ州においてハキリアリの巣から分離された黒色真菌を検討し、Phialophora attaeおよびP. capiguaraeの2新種を記載した。前者が未分化の菌糸に沿って単純なフィアライドを形成したのに対して、後者は分生子柄が直立し筆状体を生じた。両種は分子系統解析ではeuropaeaクレードにおいて独自の系統を形成した。Phialophora attae★ / Phialophora capiguarae★ / Phialophora verrucosaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-06451塩分環境から分離されたNeocamarosporium属3新種:N. aestuarinum、N. endophyticum、およびN. halimiones2019Mycosphere2019年の論文/published in 2019, Halimione属, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アマモ属/Zostera, アマモ科/Zosteraceae, アルガルヴェ地方/Algarve, エンドファイト/endophyte, ノルテ地方/Norte, ヒユ科/Amaranthaceae, ポルトガル/Portugal, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 海草/seagrass, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 選択培地/selective mediumThree new species of Neocamarosporium isolated from saline environments: N. aestuarinum sp. nov., N. endophyticum sp. nov. and N. halimiones sp. nov.ポルトガルにおいて海洋および河口域における菌類の多様性を調査し、植物や塩水などから分離されたNeocamarosporium属の3新種を記載した。これらの新種はいずれも分生子が黄金褐色であったが、無隔壁、1隔壁、あるいは石垣状である点で異なっていた。本研究の結果から、塩生植物のHalimione portulacoidesが多様なNeocamarosporium属菌を有していることが示された。Neocamarosporium aestuarinum★ / Neocamarosporium endophyticum★ / Neocamarosporium halimiones★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-06450トルコ新産の葉の病原菌2017Plant Pathology & Quarantine2017年の論文/published in 2017, Onosma属, Plant Pathology & Quarantine, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オオアマナ属/Ornithogalum, キジカクシ科/Asparagaceae, クルシェヒル県/Kırşehir, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ムラサキ科/Boraginaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMAdditions to the leaf pathogenic fungi of Turkeyトルコ新産種としてSeptoria ornithogaliおよびPhyllosticta onosmaeを報告した。いずれもクルシェヒル県において、前者はオオアマナ属植物、後者はOnosma tauricumに斑点病を引き起こした。両種について記載文および病徴、光学顕微鏡写真、SEM写真などを掲載した。Phyllosticta onosmae■ / Septoria ornithogali■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06449花およびハチから分離された新種Starmerella camargoi、Starmerella ilheusensis、Starmerella litoralis、Starmerella opuntiae、Starmerella roubikii、Starmerella vitae、および類縁のCandida属菌のStarmerella属との新組み合わせ2018International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2018年の論文/published in 2018, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, forma asexualis, Hymenaea属, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, Opuntia属, Tabebuia属, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アミノ酸要求性/amino acid requirement, ウレアーゼ試験/urease test, オレンジウォーク州/Orange Walk, キキョウ科/Campanulaceae, キク科/Asteraceae, キツネノマゴ科/Acanthaceae, グアナカステ州/Guanacaste, コスタリカ/Costa Rica, サツマイモ属/Ipomoea, サボテン科/Cactaceae, スイレン属/Nymphaea, スイレン科/Nymphaeaceae, デンプン/starch, トカンティンス州/Tocantins, ノウゼンカズラ科/Bignoniaceae, ハリナシミツバチ属/Trigona, バイーア州/Bahia, ヒルガオ科/Convolvulaceae, ブラジル/Brazil, ベリーズ/Belize, マツ科/Pinaceae, ミツバチ科/Apidae, ミナスジェライス州/Minas Gerais, メキシコ/Mexico, ヤハズカズラ属/Thunbergia, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, ワタ属/Gossypium, 交配試験/mating test, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主特異性/host specificity, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 樹液/sap, 水試料/water sample, 沿岸域/coastal area, 砂丘/dune, 砂地/sand, 胞子形成誘導/sporulation induction, 花の蜜/flower nectar, 花生息菌/floricolous fungus, 虫散布/dispersal by insects, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 集積培養/enrichment cultureStarmerella camargoi f.a., sp. nov., Starmerella ilheusensis f.a., sp. nov., Starmerella litoralis f.a., sp. nov., Starmerella opuntiae f.a., sp. nov., Starmerella roubikii f.a., sp. nov. and Starmerella vitae f.a., sp. nov., isolated from flowers and bees, and transfer of related Candida species to the genus Starmerella as new combinations中南米産のStarmerella camargoiなど6種のStarmerella属酵母を新種記載した。これらの新種の酵母は植物の花やハチの虫体から分離され、いずれも有性世代を認めなかった。また、25種のCandida属酵母をStarmerella属に移した。Starmerella apicola▲ / Starmerella apis▲ / Starmerella batistae▲ / Starmerella bombi▲ / Starmerella carmagoi★ / Starmerella cellae▲ / Starmerella davenportii▲ / Starmerella etchellsii▲ / Starmerella floricola▲ / Starmerella floris▲ / Starmerella geochares▲ / Starmerella gropengiesseri▲ / Starmerella ilheusensis★ / Starmerella khaoyaiensis▲ / Starmerella kuoi▲ / Starmerella lactis-condensi▲ / Starmerella litoralis★ / Starmerella magnoliae▲ / Starmerella opuntiae★ / Starmerella potacharoeniae▲ / Starmerella powellii▲ / Starmerella ratchasimensis▲ / Starmerella riodocensis▲ / Starmerella roubikii★ / Starmerella sirachaensis▲ / Starmerella sorbosivorans▲ / Starmerella stellata▲ / Starmerella stigmatis▲ / Starmerella tilneyi▲ / Starmerella vaccinii▲ / Starmerella vitae★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-06448熱帯泥炭沼沢林においてピートから分離されたD-キシロース発酵性の酵母の新種、Candida kantuleensis2018International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2018年の論文/published in 2018, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, ガスクロマトグラフィー/gas chromatography, スライド培養法/slide culture method, スラートターニー県/Surat Thani, タイ/Thailand, デンプン/starch, バイオエタノール/bioethanol, バイオ燃料/biofuel, ビタミン要求性/vitamin requirement, ピートボグ/peat bog, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 湿地帯/wetland, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 集積培養/enrichment cultureCandida kantuleensis sp. nov., a D-xylose-fermenting yeast species isolated from peat in a tropical peat swamp forestタイ、スラートターニー県の熱帯林においてピートから分離された酵母を検討し、Candida kantuleensisとして新種記載した。本種はD-キシロースおよびD-グルコース発酵能を有し、偽菌糸を形成し、子嚢胞子を形成しなかった。本種は分子系統解析でLodderomyces/Candida albicansクレードにおいて独自の系統を形成した。Candida kantuleensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetes/サッカロマイセス綱_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-06447パキスタンのマツ林におけるアセタケ属菌の新産種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentificationNew reports of Inocybe from pine forests in Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州のマツ林からInocybe amictaおよびI. mimicaをアジア新産種として報告した。両種ともPinus wallichianaの樹下に見出され、この種は初の宿主記録となった。本報告によりパキスタン産アセタケ属菌の種数は26に増加した。Inocybe amicta■ / Inocybe mimica■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06446Mycenastrum coriumの形態および生態学的研究2006Acta Mycologica2006年の論文/published in 2006, Acta Mycologica, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, 保全生態学/conservation ecology, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新形質報告/new character, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEMA contribution to the morphology and ecology of Mycenastrum corium (Agaricales)ポーランド、スバウキ地域で採集されたMycenastrum coriumを報告した。本種は土壌表面から20 cm下に見出され、地上生の標本とは形態が明らかに異なっていたが、胞子には顕著な差異を認めなかった。本属菌が地下生菌として言及された例は本報告が初となった。Mycenastrum coriumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06445ピスタチオの先枯病を引き起こすボトリオスフェリア科の新種2015Mycologia2015年の論文/published in 2015, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アリゾナ州/Arizona, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, ギリシャ/Greece, 中央マケドニア地方, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単菌糸分離/single hypha isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 茎枯病/stem blightNovel species of Botryosphaeriaceae associated with shoot blight of pistachio米国およびギリシャにおいてピスタチオのシュートに枯死病害を引き起こした菌を検討し、前者をLasiodiplodia americana、後者をNeofusicoccum hellenicumとして新種記載した。両種は分子系統解析で独自の系統を形成し、近縁種とは主に分生子のサイズが異なっていた。野外における接種試験で両種の宿主に対する病原性が確かめられ、ピスタチオの4品種が感受性を示した。Lasiodiplodia americana★ / Neofusicoccum hellenicum★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06444中国においてブルーベリーに茎枯病を引き起こす新種、Macrophomina vaccinii2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, スノキ属/Vaccinium, ツツジ科/Ericaceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 福建省/Fujian, 統計解析/statistical analysis, 胞子形成誘導/sporulation induction, 胴枯病/dogare-byo (canker), 茎枯病/stem blight, 菌核/sclerotium, 表面殺菌法/surface sterilization methodMacrophomina vaccinii sp. nov. causing blueberry stem blight in China中国福建省において茎枯病の症状を呈したブルーベリーから分離された菌を検討し、Macrophomina vacciniiとして新種記載した。本種は分生子殻が大型で分生子が幅広く、菌核が小さいことなどで類縁種と区別された。接種試験により本種のブルーベリーに対する病原性を確かめた。Macrophomina vaccinii★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06443Diploschistes scruposusの地衣生菌である新種Taeniolella diploschistis2019Herzogia2019年の論文/published in 2019, Herzogia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルプ=マリティーム県/Alpes-Maritimes, キッコウゴケ属/Diploschistes, クラスノヤルスク地方/Krasnoyarsk, シベリア/Siberia, ディーキルヒ広域行政区/Diekirch, フランス/France, モジゴケ科/Graphidaceae, ルクセンブルク/Luxembourg, ロシア/Russia, 切片/section, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 菌寄生菌/mycoparasite, 誤同定/misidentificationTaeniolella diploschistis sp. nov. – a new lichenicolous fungus on Diploschistes scruposus地衣生菌の一種を検討し、Taeniolella diploschistisとして新種記載した。本種はルクセンブルク、ロシア、フランスにおいて、Diploschistes scruposusの地衣体および子器の上に発生していた。損傷は顕著ではないものの、コロニーの下に退色および壊死が認められることから、本種が病原菌であることが示唆された。Taeniolella diploschistis★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科
R3-06442パキスタン産のテングタケ属Amanitina亜属Validae節の新種、Amanita ahmadii2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, トウヒ属/Picea, パキスタン/Pakistan, ヒマラヤスギ属/Cedrus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitationAmanita ahmadii, a new species of Amanita subgenus Amanitina section Validae from Pakistanパキスタンの針葉樹林で採集された菌を検討し、Amanita ahmadiiとして新種記載した。本種は傘が帯灰褐色~褐色で豊富な被膜を伴い、縁部が亀裂状、柄がクリーム色で基部が塊茎状、担子胞子が球形~広楕円形でアミロイド、菌糸にクランプを欠くことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、Amanitina亜属Validae節クレードにおいて独自の系統を形成した。Amanita ahmadii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amanitaceae/テングタケ科
R3-06441パラグアイ新産種、Leucoagaricus lilaceus2013Anatolian Journal of Botany2013年の論文/published in 2013, Reportes Científicos de la FACEN, アスンシオン, サン・ペドロ県/San Pedro, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, パラグアイ/Paraguay, パラグアイ新産種/Paraguay_new record, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 砂質土壌/sandy soil, 草地/grassland, 都市環境/urban environmentNuevo Registro de Leucoagaricus lilaceus Singer (Agaricomycetes – Agaricaceae) para Paraguay従来アルゼンチンおよびブラジルのみから知られてきたLeucoagaricus lilaceusをパラグアイ新産種として報告した。本種はパラグアイにおける初のLeucoagaricus属菌であった。本種はパラグアイにおいては首都地域およびサン・ペドロ県で採集され、豊富なリターを含む砂質土壌に単生していた。Leucoagaricus lilaceus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06440形態および分子により証拠づけられた中国熱帯域産の新種、Porpomyces submucidus2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 腐生菌/saprobePorpomyces submucidus (Hydnodontaceae, Basidiomycota), a new species from tropical China based on morphological and molecular evidence中国海南省において被子植物の材に発生した菌を検討し、Porpomyces submucidusとして新種記載した。本種は子実体が背着生で白色~クリーム色、孔口が小型、根状菌糸束を有し、1菌糸型で担子胞子が楕円形薄壁であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で形態的に類似するP. mucidusと異なる系統を形成した。Porpomyces submucidus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-06439中国雲南省産の新種、Megalaria yunnanensis2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, アトラノリン類/atranorins, セトラル酸類/cetraric acids, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フマル酸類/fumarates, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 湿度/humidity, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation, 雲南省/YunnanMegalaria yunnanensis sp. nov. from Yunnan, China中国雲南省で採集された樹皮生痂状地衣の一種を検討し、Megalaria yunnanensisとして新種記載した。本種は果殻が2層からなり、アトラノリン、ゼオリン、フマルプロトセトラル酸などを含むことなどで特徴づけられた。本種は果殻の構造および地衣成分が共通する同属他種とは子嚢胞子のサイズなどが異なっていた。Megalaria yunnanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-06438鱗殼状地衣形成菌の分子系統解析により新属Sedelnikovaeaが明らかになった2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, Sedelnikovaea属, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 痂状地衣/crustose lichenMolecular phylogeny of placodioid lichen-forming fungi reveal a new genus, Sedelnikovaea分子系統解析の結果に基づき、Lecanora baicalensisに対して新属Sedelnikovaeaを提唱した。本属は地衣体がいくぶん帯褐灰色であり、Sedelnikovaea型と称される独特の子嚢を有することなどで特徴づけられた。S. baicalensisおよびその地衣生菌であるZwackhiomyces zareiを中国新産種として報告した。Sedelnikovaea baicalensis▲■ / Zwackhiomyces zareii■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Collemopsidiales/コレモプシディウム目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科
R3-06437パナマにおけるすす点病菌の新記録および新宿主植物2006Fungal Diversity2006年の論文/published in 2006, Clusia属, Encyclia属, Fungal Diversity, Phoradendron属, Salacia属, すす点病/sooty blotch, アカテツ科/Sapotaceae, アカネ科/Rubiaceae, オーガストノキ属/Chrysophyllum, タイプスタディ/type study, チリキ県/Chiriquí, ニシキギ科/Celastraceae, パナマ/Panama, パナマ新産種/Panama_new record, ビャクダン科/Santalaceae, フクギ科/Clusiaceae, ボカス・デル・トーロ県/Bocas del Toro, ラン科/Orchidaceae, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 腐生菌/saprobeNew records and host plants of fly-speck fungi from Panamaパナマからすす点病菌のAsterina sphaerelloides、Morenoina epilobii、Micropeltis lecythisii、Schizothyrium rufulum、Myriangiella roupalae、およびChaetothyrium vermisporumとそのアナモルフを報告した。これらの種をパナマ新産種として報告した。これらはそれぞれPhoradendron属、キク科、スターアップル、Encyclia属、Salacia属、アカネ科植物を宿主としていた。Asterina sphaerelloides■ / Chaetothyrium vermisporum■ / Merismella concinna■ / Micropeltis lecythidis■ / Morenoina epilobii■ / Myriangiella roupalae■ / Schizothyrium rufulum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Asterinales/アステリナ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Chaetothyriaceae/ケートチリウム科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Micropeltidaceae/ミクロペルティス科_Microthyriales/ミクロチリウム目_Schizothyriaceae/シゾチリウム科
R3-06436アルゼンチン、パタゴニア・フォレスト産のCapronia属新種2019Plant and Fungal Systematics2019年の論文/published in 2019, Austrocedrus属, Plant and Fungal Systematics, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, アンデス山脈/Andes, カルコフルオールホワイト/calcofluor white, チュブ州/Chubut, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ネウケン州/Neuquén, パタゴニア/Patagonia, ヒノキ科/Cupressaceae, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 冷温帯域/cold temperate, 冷温帯林/cool-temperate forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 蛍光染色/fluorescent staining, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 難培養性菌/uncultured fungiNew species of Capronia (Herpotrichiellaceae, Ascomycota) from Patagonian forests, Argentinaアルゼンチン、パタゴニアにおいて材および樹皮に見出されたCapronia austrocedri、C. capucina、およびC. rubiginosaの3新種を記載した。また、南米新産種としてC. chlorosporaを報告した。アルゼンチン産の本属菌の検索表を掲載した。Capronia austrocedri★ / Capronia capucina★ / Capronia chlorospora■ / Capronia rubiginosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-06435カザフスタン、天山山脈産のタデ科植物を宿主とする黒穂菌2種2006Czech Mycology2006年の論文/published in 2006, Czech Mycology, カザフスタン/Kazakhstan, タデ科/Polygonaceae, ミチヤナギ属/Polygonum, 天山山脈/Tian Shan, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 花生息菌/floricolous fungus, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiTwo species of smut fungi on Polygonaceae from Thian Shan, Kazakhstanカザフスタン、天山山脈から黒穂菌の稀産種、Microbotryum dehiscensおよびM. piperiを報告した。前者はPolygonum nitensの堅果に生じ、この宿主は本種において初報告となった。後者はP. undulatumの葉および花序に生じ、黒穂胞子の装飾は畝状で非常に密に生じ、互いに連結していた。Microbotryum dehiscens / Microbotryum piperiBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Microbotryomycetidae/ミクロボトリウム菌亜綱_Microbotryales/ミクロボトリウム目_Microbotryaceae/ミクロボトリウム科
R3-06434インド産の新種、Phlebiopsis punjabensis2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, インド/India, コウヤクタケ類/corticioid fungi, バンジロウ属/Psidium, パンジャーブ州(インド)/Punjab (India), フトモモ科/Myrtaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusPhlebiopsis punjabensis sp. nov. from Indiaインド、パンジャーブ州で採集されたコウヤクタケ類の一種を検討し、Phlebiopsis punjabensisとして新種記載した。本種はグアバの幹に生じ、子実層面が類白色、担子胞子が楕円形~類円筒形平滑、シスチジアが類紡錘形であることなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは子実層面の色や担子胞子のサイズ、菌糸の色などが異なっていた。Phlebiopsis punjabensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-06433タイ、サケラート生物圏保護区においてDipterocarpus costatusの腐朽果実に生じた不完全糸状菌の新種、Lauriomyces sakaeratensis2006Nova Hedwigia2006年の論文/published in 2006, Nova Hedwigia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, ナコーンラーチャシーマー県/Nakhon Ratchasima, フタバガキ属/Dipterocarpus, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 検索表/identification key, 気温/temperature, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 降水量/precipitationLauriomyces sakaeratensis sp. nov., a new hyphomycete on decaying Dipterocarpus costatus fruits from Sakaerat Biosphere Reserve, ThailandタイにおいてDipterocarpus costatusの腐朽果実に生じた菌を検討し、Lauriomyces sakaeratensisとして新種記載した。本種は分生子が倒棍棒形であり、剛毛を有することなどで特徴づけられた。本新種を含むLauriomyces属の検索表を掲載した。Lauriomyces sakaeratensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱
R3-06432スペイン産のエノキタケ属の1新種、Flammulina cephalariae2007Revista Catalana de Micologia2007年の論文/published in 2007, Cephalaria属, Revista Catalana de Micologia, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, スペイン/Spain, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, フェノロジー/phenology, マツムシソウ科/Dipsacaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 検索表/identification key, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 草地/grasslandUna nueva especie de Flammulina P. Karsten, F. cephalariae (Agaricales) encontrada en Españaスペイン、ブルゴス県の石灰質土壌においてCephalaria leucanthaの根から生じていた菌を検討し、Flammulina cephalariaeとして新種記載した。本種は秋から冬にかけて発生し、傘が鮮やかな色で柄表面がビロード状、長い偽根を有し、担子器および担子胞子が大型であることなどで特徴づけられた。本新種を含むヨーロッパ産エノキタケ属菌の検索表を掲載した。Flammulina cephalariae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科
R3-06431韓国、鬱陵島産の地衣化した菌の新種、Arthonia ulleungdoensis2019Anatolian Journal of Botany2019年の論文/published in 2019, Microorganisms, カエデ属/Acer, ムクロジ科/Sapindaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 韓国/South KoreaArthonia ulleungdoensis, a New Lichenized Fungus from Ulleung Island, South Korea韓国、鬱陵島で採集された地衣の一種を検討し、Arthonia ulleungdoensisとして新種記載した。本種はカエデ属樹木の樹皮に生じ、特にArthonia節菌に共通する形質を有していた。北東アジア産で石垣状胞子を有するArthonia属地衣の検索表を掲載した。Arthonia ulleungdoensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科
R3-06430核菌類の生物地理学および分類 (3):日本海周辺地域2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, アムール州/Amur, イボタノキ属/Ligustrum, ウコギ属/Araliaceae, ウコギ科/Araliaceae, コナラ属/Quercus, サハリン州/Sakhalin, タラノキ属/Aralia, ハバロフスク地方/Khabarovsk, ブナ科/Fagaceae, モクセイ科/Oleaceae, ユダヤ自治州/Jewish Autonomous, ロシア/Russia, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 京畿道/Gyeonggi-do, 北海道/Hokkaido, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 日本/Japan, 材生息菌/lignicolous fungus, 江原道/Kangwon-do, 沿海地方/Primorye, 生物地理学/biogeography, 胞子の発芽/germination of spores, 色素産生/pigment production, 長白山脈/Changbai Mountains, 韓国/South KoreaBiogeography and taxonomy of pyrenomycetous fungi 3. The area around the Sea of Japan日本海周辺地域からAnnulohypoxylon orientale、Hypoxylon cyanescens、およびNectria araliaeの3新種を記載した。これらの新種はそれぞれロシアと韓国、中国とロシアと韓国、ロシアと国後島で採集された。これらの新種を含む東アジア地域産核菌類に関する生物地理学的議論を行った。Annulohypoxylon orientale★ / Hypoxylon cyanescens★ / Nectria araliae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06429フランス、マヨットに産したPeniophorella praetermissa複合種の新種、Peniophorella viperiformis2011Cryptogamie Mycologie2011年の論文/published in 2011, Cryptogamie Mycologie, コウヤクタケ類/corticioid fungi, フランス/France, フランス語/French, マヨット/Mayotte, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 植林地/plantation, 複合種/species complexPeniophorella viperiformis sp. nov. de l’île de Mayotte (France) une nouvelle espèce du complexe de P. praetermissa (Basidiomycota, Hymenochaetales)インド洋、コモロ諸島のマヨットで採集されたコウヤクタケ類の一種を検討し、Peniophorella viperiformisとして新種記載した。本種はステファノシストやグレオシスチジアを有し、レプトシスチジアの先端が膨大することなどで特徴づけられた。本種はP. praetermissa複合種に含まれ、同菌群の他種とはレプトシスチジアの形態や先端部の結晶の有無などが異なっていた。Peniophorella viperiformis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Rickenellaceae/ヒナノヒガサ科
R3-06428西アジア、ザグロス山脈においてオーク林に顕著な損害を引き起こすInonotus krawtzewii、およびその全世界の形態的に類似する種の検索表2016Nordic Journal of Botany2016年の論文/published in 2016, Nordic Journal of Botany, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, イーラーム州/Ilam, コナラ属/Quercus, コフギールーイェ・ブーイェル=アフマド州/Kohgiluyeh and Boyer-Ahmad, ブナ科/Fagaceae, ロレスターン州/Lorestan, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 感染率/infection rate, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 漂白/bleaching, 潰瘍病/canker, 胴枯病/dogare-byo (canker), 西アジア新産種Inonotus krawtzewii causes noteworthy damage to oak stands in Zagros, western Asia, with a key to morphologically similar species worldwideイラン、ザグロス山脈においてオーク林の衰退に関連している病原菌、Inonotus krawtzewiiを報告した。本種は西アジア新産種であり、Quercus brantiiからの報告も初となった。本種と同じく樹皮下に発達するカワウソタケ属の背着生の種の検索表を掲載した。Inonotus krawtzewii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-06427東アジア産の新種、Xylodon subflaviporus2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 台中市/Taichung, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 江蘇省/Jiangsu, 海南省/Hainan, 湖北省/Hubei, 熱帯域/tropics, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 苗栗県/Miaoli, 高雄市/KaohsiungXylodon subflaviporus sp. nov. (Hymenochaetales, Basidiomycota) from East Asia中国および台湾の亜熱帯~熱帯域で採集された菌を検討し、Xylodon subflaviporusとして新種記載した。本種は子実体が背着生で子実層托が管孔状、担子胞子が楕円形で、シスチジアに4型があることなどで特徴づけられた。また、6種のHyphodontia属菌をXylodon属に移すとともに、広義Hyphodontia属菌の検索表を掲載した。Xylodon bubalinus▲ / Xylodon chinensis▲ / Xylodon mollissimus▲ / Xylodon nongravis▲ / Xylodon reticulatus▲ / Xylodon subflaviporus★ / Xylodon subtropicus▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizoporaceae/アナタケ科
R3-06426トルコ、バルトゥン県における微小菌類の新産種2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, キイチゴ属/Rubus, キジカクシ科/Asparagaceae, クスノキ科/Lauraceae, クマシデ属/Carpinus, ゲッケイジュ属/Laurus, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ナギイカダ属/Ruscus, バラ科/Rosaceae, バルトゥン県, ムクロジ科/Sapindaceae, モチノキ属/Ilex, モチノキ科/Aquifoliaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温帯域/temperate zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew records of microfungi from Turkey (Bartin Province)トルコ、バルトゥン県において微小菌類に感染した植物の調査を実施し、担子菌および子嚢菌の計35属45種を同定した。Cheiromyces stellatusなど8種をトルコ新産種として報告した。Cheiromyces、Neosetophoma、およびOletheriostrigulaの子嚢菌3属はトルコから初報告となった。Cheiromyces stellatus■ / Coniothyrium ruscicola■ / Metasphaeria errabunda■ / Mycosphaerella winteri■ / Nectria viridescens■ / Neosetophoma samararum■ / Oletheriostrigula papulosa■ / Physalospora eriostega■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Dothioraceae/ドチオラ科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科_Strigulales/マンジュウゴケ目_Strigulaceae/アオバゴケ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hyponectriaceae/ハイポネクトリア科
R3-06425ブラジルにおいて水中に沈んだ葉に生じた新種、Xylomyces acerosisporus2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, リター菌/litter fungi, 切片/section, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwaterXylomyces acerosisporus sp. nov. from submerged leaves from Brazilブラジル、大西洋岸森林の河川において沈んだ葉から採集された菌を検討し、Xylomyces acerosisporusとして新種記載した。本種は厚壁胞子が鎖生し、褐色針状~糸状で、7-15隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は同属の類似種とは厚壁胞子のサイズや形状、隔壁数などが異なっていた。Xylomyces acerosisporus★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Jahnulales/ヤーヌラ目_Aliquandostipitaceae/アリクァンドスティピテ科
R3-06424ハラタケ綱におけるヒラタケ型の新属、Lignomyces2015Mycologia2015年の論文/published in 2015, Meixner試験, Mycologia, TreeBASE, きのこ栽培/mushroom cultivation, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, タイプスタディ/type study, チロシナーゼ/tyrosinase, ノヴゴロド州/Novgorod, バーベンダム反応/Bavendamm test, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ポーランド/Poland, モスクワ州/Moscow Oblast, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ラッカーゼ/laccase, ロシア/Russia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 核の挙動/behavior of nuclear, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 生長速度/growth rate, 発芽率/germination rate, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 菌床栽培/mushroom bed cultivation, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityLignomyces, a new genus of pleurotoid Agaricomycetesロシアの森林で採集され、LentinusまたはPhyllotopsis属と同定された菌を検討した。その後、これがポーランドから記載されたPleurotus vetlinianusと同一であることを確かめた。本種に対して新属Lignomycesを提唱した。Lignomyces vetlinianus▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-06423ブラジルの大西洋岸熱帯雨林に産した多孔菌の新種、Fuscoporia atlantica2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, サンパウロ州/São Paulo, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestFuscoporia atlantica sp. nov., a new polypore from the Brazilian Atlantic Rainforestブラジル、サンパウロ州の大西洋岸森林で採集された菌を検討し、Fuscoporia atlanticaとして新種記載した。本種は子実体が半背着生~傘状で孔口面が黄金さび色、孔口が小型で、担子胞子が広楕円形~楕円形で2菌糸型であることなどで特徴づけられた。ブラジル産サビアナタケ属菌の検索表を掲載した。Fuscoporia atlantica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-06422パキスタンの温帯ヒマラヤオーク林に産したHygrophorus属2新種2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, UNITE, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, コナラ属/Quercus, パキスタン/Pakistan, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungiTwo new species of Hygrophorus from temperate Himalayan Oak forests of Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州のオーク林で採集された2種の菌を検討し、Hygrophorus alboflavescensおよびH. scabrellusとして新種記載した。前者は傘が純白で中央が窪み、柄が白色で下半分が黄色のパッチ状であることなどで特徴づけられた。後者は傘が類白色で暗緑色および灰色の繊維状、柄が帯黄緑色で微細な鱗片状であり、担子胞子が卵状~楕円形であることなどで特徴づけられた。Hygrophorus alboflavescens★ / Hygrophorus scabrellus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科
R3-06421Arthonia属、Byssoloma属、Calenia属、Chroodiscus属、Coenogonium属、Eremothecella属、およびSemigyalecta属の中国新産種2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新産種報告/new record, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 葉上生地衣/foliicolous lichenArthonia, Byssoloma, Calenia, Chroodiscus, Coenogonium, Eremothecella, and Semigyalecta spp. new to China中国新産種としてArthonia accolensなど10種の葉上生地衣を報告した。このうち9種が海南省の熱帯雨林で採集され、1種が広西チワン族自治区で採集された。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Arthonia accolens■ / Arthonia cyanea■ / Arthonia palmulacea■ / Byssoloma annuum■ / Byssoloma subleucoblepharum■ / Calenia lueckingii■ / Chroodiscus argillaceus■ / Coenogonium minimum■ / Eremothecella macrosperma■ / Semigyalecta paradoxa■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Gomphillaceae/ヒゲゴケ科_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Coenogoniaceae/セノゴニウム科_Gyalectaceae/ジアレクタ科
R3-06420トルコ新産のキシメジ科菌類2018Anatolian Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Anatolian Journal of Botany, ガズィアンテプ県/Gaziantep, コケ上に生える菌/fungi on moss, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, リター菌/litter fungi, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew additions to Turkish Tricholomataceaeトルコ新産種としてArrhenia lilacinicolor、Cellypha goldbachii、Resupinatus taxi、およびRimbachia neckeraeを報告した。これらの種はガズィアンテプ県において、それぞれコケの間、腐朽草本、コケの生えた腐朽植物残渣、コケ上に発生していた。Cellypha属菌のトルコからの報告は初となった。Arrhenia lilacinicolor■ / Cellypha goldbachii■ / Resupinatus taxi■ / Rimbachia neckerae■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-06419スペイン中部産の新種、Eremiomyces magnisporus2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Macrochloa属, Mycotaxon, イネ科/Poaceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン/Spain, フェノロジー/phenology, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マドリード州/Madrid, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 移入種/alien species, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMEremiomyces magnisporus (Pezizales), a new species from central Spainスペインで採集された地下生菌の一種を検討し、Eremiomyces magnisporusとして新種記載した。本種はMacrochloa tenacissimaおよびPinus halepensisの下に発生し、外皮が淡褐色で帯赤色の部分があり、子嚢胞子が大型で円錐状の装飾を有することなどで特徴づけられた。本種は2番目となるEremiomyces属菌であり、基準種とは外皮の変色性や子嚢胞子のサイズなどが異なっていた。Eremiomyces magnisporus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-06418形態形質および分子系統により証拠づけられた新属新種、Cerarioporia cystidiata2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeCerarioporia cystidiata gen. et sp. nov. (Polyporales, Basidiomycota) evidenced by morphological characters and molecular phylogeny中国海南省の熱帯林で採集された菌を検討し、新属新種Cerarioporia cystidiataとして記載した。本種は白色腐朽菌とみられ、子実体が背着生で担子胞子が紡錘形平滑薄壁、2菌糸型で生殖菌糸および骨格菌糸にクランプを有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でコア・ポリポロイドクレードに含まれた。Cerarioporia cystidiata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目
R3-06417北欧産の新種、Trechispora elongata2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, コウヤクタケ類/corticioid fungi, スウェーデン/Sweden, ソール・トロンデラーグ県/Sør-Trøndelag, テレマルク県/Telemark, トウヒ属/Picea, ノルウェー/Norway, フィンランド/Finland, ポーランド/Poland, マウォポルスカ県/Małopolska, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヨンショーピング県/Jönköping, ヴェストラ・イェータランド県/Västra Götaland, 中央スオミ県/Keski-Suomi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 散布図/scatter plot, 新種記載/new speciesTrechispora elongata species nova from North Europeフィンランド、ノルウェー、ポーランド、およびスウェーデンにおいて針葉樹に生じたコウヤクタケ類の一種を検討し、Trechispora elongataとして新種記載した。本種は子実層面が平滑、担子胞子の形状が細長い楕円形であり、分節分生子を形成することなどで特徴づけられた。本種はT. farinaceaグループの他のどの種とも担子胞子の形態により区別された。Trechispora elongata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-06416トルコ新産の地衣類4種2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, カバノキ科/Betulaceae, ギュミュシュハーネ県/Gümüşhane, ギレスン県/Giresun, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, ジロホール酸/gyrophoric acid, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, ゾングルダク県/Zonguldak, トウヒ属/Picea, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハシバミ属/Corylus, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, マツ属/Pinus, ラクトン類/lactones, レカノール酸/lecanoric acid, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichenFour new lichens from TurkeyAcrocordia cavata、Cladonia awasthiana、Parmelinopsis afrorevoluta、およびUsnea silesiacaをトルコ新産種として報告した。これらの地衣はそれぞれギレスン県、ゾングルダク県、トラブゾン県、ギュミュシュハーネ県から報告された。基質はそれぞれハシバミ属樹木、コケ、珪質岩、トウヒ属樹木であった。Acrocordia cavata■ / Cladonia awasthiana■ / Parmelinopsis afrorevoluta■ / Usnea silesiaca■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiales/モノブラスティア目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06415ロシア、コストロマ州新産の地衣類および地衣類縁菌2019Folia Cryptogamica Estonica2019年の論文/published in 2019, Folia Cryptogamica Estonica, アオイ科/Malvaceae, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カブトゴケ属/Lobaria, カブトゴケ科/Lobariaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コストロマ州, サクラ属/Prunus, サリチル酸類/salicylic acids, シナノキ属/Tilia, ジベンゾオキセピン類/dibenzoxepins, ジロホール酸/gyrophoric acid, スチクチン酸類/stictic acids, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, バラ科/Rosaceae, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フィソド酸類/physodic acids, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, モクセイ科/Oleaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, レカノール酸/lecanoric acid, ロシア/Russia, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 指標種/indicator species, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyNew records of lichens and allied fungi from the Kostroma Region, Russiaロシア、コストロマ州新産種として地衣類29種、非地衣化ピンゴケ類3種、地衣生菌3種を報告した。そのうち15種が中央連邦管区における新産種でもあった。Leptogium burnetiaeおよびMenegazzia terebrumはロシアのレッドデータブック掲載種であった。Arthonia ruana■ / Biatora meiocarpa■ / Biatora mendax■ / Bryobilimbia sanguineoatra■ / Bryoria kuemmerleana■ / Chaenotheca chlorella■ / Chaenotheca gracillima■ / Chaenotheca subroscida■ / Chaenothecopsis pusiola■ / Chaenothecopsis viridireagens■ / Cheiromycina petri■ / Cresponea chloroconia■ / Dactylospora lobariella■ / Dictyocatenulata alba■ / Evernia divaricata■ / Heterocephalacria physciacearum■ / Hypogymnia incurvoides■ / Lecania croatica■ / Lecanora thysanophora■ / Lepra multipuncta■ / Leptogium burnetiae■ / Leptogium cyanescens■ / Loxospora cismonica■ / Menegazzia terebrata■ / Micarea hedlundii■ / Myrionora albidula■ / Peltigera neopolydactyla■ / Plectocarpon lichenum■ / Ramalina thrausta■ / Rinodina subpariata■ / Rostania occultata■ / Sclerophora coniophaea■ / Stenocybe major■ / Trapelia corticola■ / Tuckermannopsis ciliaris■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Filobasidiales/フィロバシディウム目_Filobasidiaceae/フィロバシディウム科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Sarrameanaceae/サラメアナ科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Lecanographaceae/レカノグラファ科_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科_Trapeliaceae/トラペリア科
R3-06414韓国において淡水環境から分離されたAchlya americanaおよびA. bisexualisの特性調査2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, メダカ属, メダカ科, 光州広域市/Gwangju, 全羅北道/Jeollabuk-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 水生菌/aquatic fungi, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 淡水域/freshwater, 病原真菌/pathogenic fungi, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new record, 魚類生息菌/fish inhabiting fungus, 魚類病原菌/fish pathogenCharacterization of Achlya americana and A. bisexualis (Saprolegniales, Oomycota) Isolated from Freshwater Environments in Korea韓国新産種として、淡水域から分離されたAchlya americanaおよびA. bisexualisを報告した。前者は光州において淡水から、後者は光州および全羅北道において生きたチュウゴクメダカと淡水から、それぞれ分離された。韓国における本属菌による淡水魚の真菌症の報告は初となった。Achlya americana■ / Achlya bisexualis■Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Saprolegniales/ミズカビ目_Saprolegniaceae/ミズカビ科
R3-06413朝鮮半島およびフィリピンにおいて思いがけず発見された担子菌地衣の新産種Sulzbacheromyces sinensis、およびSulzbacheromyces属の系統の再構築2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, フィリピン/Philippines, フィリピン新産種/Philippines_new record, フェノロジー/phenology, ベンゲット州/Benguet, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 子実体発達様式/fruiting body development style, 山地/mountains, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 担子菌地衣/basidiomycete lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 痂状地衣/crustose lichen, 粘土質土壌/clayey soil, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordSulzbacheromyces sinensis, an Unexpected Basidiolichen, was Newly Discovered from Korean Peninsula and Philippines, with a Phylogenetic Reconstruction of Genus SulzbacheromycesSulzbacheromyces sinensisを韓国およびフィリピン新産種として報告した(韓国からの担子菌地衣の報告は初)。レピドストロマ目全種を対象とした分子系統解析を実施し、本目の系統樹を再構築したところ、先行研究と異なる結果を得た。Sulzbacheromyces属はアジア、南アフリカ、南米に対応する3つのクレードに分かれることが示された。Sulzbacheromyces sinensis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱
R3-06412チリ産のAraucaria araucanaを宿主とする新種、Ophiostoma pehueninum2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アンデス山脈/Andes, オフィオストマトイド菌類/ophiostomatoid fungi, チリ/Chile, ナンヨウスギ属/Araucaria, ナンヨウスギ科/Araucariaceae, ビオビオ州/Biobío, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 固有種/endemic species, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 種内変異/intraspecific variationOphiostoma pehueninum, a new species associated with Araucaria araucana in ChileチリにおいてAraucaria araucanaの材から分離された菌を検討し、Ophiostoma pehueninumとして新種記載した。本種は子嚢殻に長い頸部を有し、子嚢胞子がソーセージ形でゼラチン質の鞘に包まれ、無性世代がhyalorhinocladiella類似であることなどで特徴づけられた。本種は同宿主から知られている同属他種のO. araucariaeとは系統的に近縁であったが、無性世代が異なっていた。Ophiostoma pehueninum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-06411オキナタケ科におけるアナモルフ2006Mycologia2006年の論文/published in 2006, Mycologia, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 発芽率/germination rate, 科概念/family concept, 科概念の修正/family concept_emendation, 胞子の発芽/germination of sporesAnamorphs of the Bolbitiaceae (Basidiomycota, Agaricales)オキナタケ科14種が培養下で形成したアナモルフを検討した。そのうち12種においては分生子形成が初めて報告された。オキナタケ属およびコガサタケ属はコイル状の分生子形成菌糸をシンポジオ状に生じ、フミヅキタケ属の形質は一様ではなかった。Agrocybe aegerita / Agrocybe arvalis / Agrocybe dura / Agrocybe firma / Agrocybe praecox / Bolbitius vitellinus / Conocybe albipes / Conocybe appendiculata / Conocybe magnicapitata / Conocybe semiglobata / Conocybe subovalis / Conocybe subpubescens / Conocybe sulcatipes / Conocybe teneroidesBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科
R3-06410ウッドチップ生息菌:サンフランシスコ・ベイエリアに産したAgrocybe putaminum2008Fungi2008年の論文/published in 2008, Fungi, ウッドチップ生息菌/wood chip inhabiting fungus, カリフォルニア州/California, 分布域の変化/changes in the distribution area, 北米新産種/North America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 移入種/alien species, 米国/USA, 米国新産種/USA_new recordWood Chip Fungi: Agrocybe putaminum in the San Francisco Bay Area米国カリフォルニア州においてウッドチップに発生したAgrocybe putaminumを報告した。本種はヨーロッパ諸国において分布を広げてきたが、北米からの報告は初とみられた。本種の短い記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Agrocybe putaminum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-06409Mycena phaeophyllaのタイプスタディによりM. clavataと同種であることが明らかになった2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, クロベ属/Thuja, コケ上に生える菌/fungi on moss, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, モミ属/Abies, リター菌/litter fungi, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 散布図/scatter plot, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 河川/river, 湿地帯/wetland, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 誤同定/misidentification, 走査型電子顕微鏡/SEMType study of Mycena phaeophylla reveals its conspecificity with M. clavataMycena phaeophyllaについて、タイプ標本を含む複数の標本を検討し、本種がM. clavataと同種であることを示した。M. phaeophyllaのレクトタイプ標本を指定した。Omphaliariae亜節の検索表を掲載した。Mycena clavataBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-06408パンジャーブ州および隣接地域に産した非多孔菌の背着生ハラタケ類の新報告2017Kavaka2017年の論文/published in 2017, Kavaka, インド/India, ギンゴウカン属/Leucaena, クワ属/Morus, クワ科/Moraceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, チャンディーガル連邦直轄領/Chandigarh, ナツメヤシ属/Phoenix, ハリヤーナー州/Haryana, パンジャーブ州(インド)/Punjab (India), フトモモ科/Myrtaceae, マメ科/Fabaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 腐生菌/saprobeSome New Reports of Resupinate Non-Poroid Agaricomycetous Fungi From Punjab and Adjoining Areasインド、パンジャーブ州とその隣接地域からAthelia decipiensなど5種の背着生菌を報告した。そのうちClavulicium venosum、Lindtneria chordulata、およびPiloderma lanatumをインド新産種として報告した。各種の記載文、写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Athelia decipiens■ / Clavulicium macounii■ / Clavulicium venosum■ / Lindtneria chordulata■ / Piloderma lanatum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Cantharellales/アンズタケ目_Clavulinaceae/カレエダタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科
R3-06407チャノキに生じたSetophoma属菌2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, チベット自治区/Tibet, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 安徽省/Anhui, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 山地/mountains, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 江西省/Jiangxi, 畑地/farmland, 福建省/Fujian, 貴州省/Guizhou, 雲南省/YunnanSetophoma spp. on Camellia sinensis中国の7省で見出されたチャノキの新病害を検討し、Setophoma属の4新種を明らかにした。そのうちS. yingyisheniaeは雲南省を除く6省、残りの3新種は雲南省で見出され、罹病葉から分離される種もあれば、健全葉のみから分離される種もあった。本属菌のチャノキにおける発生は初の報告であり、分生子果に剛毛を有さない種も初となった。Setophoma antiqua★ / Setophoma endophytica★ / Setophoma longinqua★ / Setophoma yingyisheniae★ / Setophoma yunnanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-06406形態および系統に基づき明らかになった中国産Coryneum属2新種2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, モチノキ属/Ilex, モチノキ科/Aquifoliaceae, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北京市/Beijing, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 河北省/Hebei, 潰瘍病/canker, 生長速度/growth rate, 異隔壁/distoseptum, 陝西省/ShaanxiMorphology and phylogeny reveal two novel Coryneum species from China中国において潰瘍病を呈した樹木の枝から分離された菌を検討し、Coryneum ilicisおよびC. songshanenseの2新種を含む5種を同定した。前者はモチノキ属植物が宿主で、分生子が大型で異隔壁数が多いこと、後者はコナラ属植物が宿主で、分生子に5-7異隔壁を有することなどでそれぞれ特徴づけられた。モチノキ科植物を宿主とするCoryneum属菌の報告は初となった。Coryneum ilicis★ / Coryneum songshanense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-06405シチメンチョウの糞に生じたベネズエラ新産種、Mycotypha indica2007Multiciencias2007年の論文/published in 2007, Multiciencias, キジ科/Phasianidae, シチメンチョウ属, スリア州, ベネズエラ/Venezuela, ベネズエラ新産種/Venezuela_new record, 二型性/dimorphism, 二次代謝産物/secondary metabolite, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 水溶性色素/water-soluble pigment, 湿室法/moist chamber method, 糞生菌/coprophilous fungi, 色素産生/pigment production, 酵母/yeast, 鳥の糞/bird droppingsMycotypha indica P.M. Kirk & Benny, in turkey dung, a new record for Venezuelaベネズエラ、スリア州においてシチメンチョウの糞に生じたMycotypha indicaをベネズエラ新産種として報告した。本種はMeye培地上で胞子嚢柄および小胞子嚢のほか、接合胞子も豊富に形成した。本種の記載文、顕微鏡写真、スケッチなどを掲載した。Mycotypha indica■Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Mycotyphaceae/マイコティファ科
R3-06404Stachybotrys cylindrosporaの再検討に基づく新種Stachybotrys eucylindrosporaの記載2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルバータ州/Alberta, イギリス/United kingdom, イボタノキ属/Ligustrum, イングランド/England, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, キク科/Asteraceae, クルミ科/Juglandaceae, ケベック州/Quebec, シシウド属/Angelica, シノニム/synonym, セリ科/Apiaceae, ソロモン諸島/Solomon Islands, タイプスタディ/type study, ダリア属/Dahlia, ドイツ/Germany, ニューヨーク州/New York, ハナウド属/Heracleum, ピートボグ/peat bog, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, ペカン属/Carya, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヨークシャー/Yorkshire, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 定量PCR/quantitative PCR, 新種記載/new species, 日本/Japan, 材生息菌/lignicolous fungus, 特異的PCR/specific PCR, 畑地/farmland, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USAStachybotrys eucylindrospora, sp. nov. resulting from a re-examination of Stachybotrys cylindrospora米国ニューヨーク州の耕地土壌から分離された菌を検討し、Stachybotrys eucylindrosporaとして新種記載した。かつてS. chartarumのシノニムとされたS. cylindrosporaの再検討の結果、これは確かにS. chartarumと同一であることが示された。しかし、その種に同定された他の標本を再検討したところ、分生子の長さや条線の有無などが異なる別種の存在が明らかになり、それを新種とした。Stachybotrys eucylindrospora★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Stachybotryaceae/スタキボトリス科
R3-06403タイの土壌に産したCylindrocladiella属新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, チエンラーイ県/Chiang Rai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 釣菌法/baiting method, 隠蔽種/cryptic speciesNew Cylindrocladiella spp. from Thailand soilsタイ北部で採集された土壌から分離されたCylindrocladiella属菌を検討した。C. brevistipitataなど6新種を記載した。本報告により、タイ産本属菌の既知種は13種に増加した。Cylindrocladiella brevistipitata★ / Cylindrocladiella horticola★ / Cylindrocladiella humicola★ / Cylindrocladiella lateralis★ / Cylindrocladiella reginae★ / Cylindrocladiella terrestris★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06402地中海において分離された新属新種、Elbamycella rosea2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, Posidonia属, TreeBASE, アミジグサ科, イタリア/Italy, ウミウチワ属, トスカーナ州/Tuscany, ポシドニア科, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 散布様式/dispersal style, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 海草/seagrass, 消失性子嚢/evanescent asci, 胞子散布/spore dispersal, 褐藻/brown algaeElbamycella rosea gen. et sp. nov. (Juncigenaceae, Torpedosporales) isolated from the Mediterranean Sea地中海のエルバ島においてPosidonia属海草およびウミウチワ属褐藻から分離された菌を検討し、新属新種Elbamycella roseaとして記載した。本種は分子系統解析でジュンキゲナ科クレードに含まれ、同科において初めて流木ではなく海中から見出された種となった。本種とジュンキゲナ科クレードに含まれる各種との形質比較表を掲載した。Elbamycella rosea★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱
R3-06401ベトナム産の新種Kiliophora novozhiloviiおよび新産種Zanclospora cf. novae-zelandiae2016Mycobiota2016年の論文/published in 2016, Mycobiota, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, クワ科/Moraceae, ドンナイ省/Dong Nai, ベトナム/Vietnam, ベトナム新産種/Vietnam_new record, ラムドン省/Lâm Đồng, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare speciesKiliophora novozhilovii sp. nov. and first record of Zanclospora cf. novae-zelandiae (asexual ascomycetes) from Vietnamベトナムにおいて未同定樹木の枯葉に生じた菌を検討し、Kiliophora novozhiloviiとして新種記載した。本新種を含むKiliophora属菌の検索表を掲載した。また、ベトナム新産種としてZanclospora cf. novae-zelandiaeを報告した。Kiliophora novozhilovii★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06400トルコおよびアジア新産のBuellia、Lempholemma、and Thelidium属地衣 Yazıcı, K. & Aptroot, A. 2015. Buellia, Lempholemma, and Thelidium species new for Turkey and Asia. Mycotaxon. Available at: https://www.ingentaconnect.com/content/mtax/mt/2015/00000130/00000003/art00016 [Accessed July 14, 2019] 2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, コナラ属/Quercus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブナ科/Fagaceae, ブルドゥル県/Burdur, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 湿度/humidity, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 藍藻地衣/cyanolichen, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 降水量/precipitation, 鱗片状地衣/squamulose lichenBuellia, Lempholemma, and Thelidium species new for Turkey and Asiaトルコ、ブルドゥル県からBuellia triseptata、Lempholemma isidioides、およびThelidium fontigenumを報告した。これら3種はいずれもトルコだけではなくアジアにおける新産種として報告された。前1種はコナラ属樹木、後2種は石灰岩にそれぞれ発生していた。Buellia triseptata■ / Lempholemma isidioides■ / Thelidium fontigenum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-06399米国コネチカット州産の新種Goidanichiella cylindrospora2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コナラ属/Quercus, コネチカット州/Connecticut, ブナ科/Fagaceae, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 米国/USA, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungiGoidanichiella cylindrospora sp. nov. from Connecticut, USA米国コネチカット州の森林において樹皮に生じたアナモルフ菌の一種を検討し、Goidanichiella cylindrosporaとして新種記載した。本種は単列の分生子頭を形成し、分生子が紡錘形~円筒形であることなどで特徴づけられた。Goidanichiella属の検索表を掲載した。Goidanichiella cylindrospora★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06398中国雲南省産のAgyrium属1新種2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, 中国/China, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 雲南省/YunnanA new species of Agyrium from Yunnan, China中国雲南省の高標高域で採集された、ゼラチン質の盤菌に似た菌を検討し、Agyrium aurantiumとして新種記載した。本種はツツジ属の樹皮の剥がれた材に生じていた。本種は従来単型属であった本属の2番目の種であり、基準種とは顕微鏡的形質が異なっていた。Agyrium aurantium★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Agyriales/マダラゴケ目_Agyriaceae/マダラゴケ科
R3-06397トルコ産のアジア新産種、Abrothallus tulasnei2008Turkish Journal of Botany2008年の論文/published in 2008, Turkish Journal of Botany, アジア新産種/Asia_new record, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ボル県/Bolu, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新産種報告/new record, 珪質岩/siliceous rocksA New Record for Asia: Abrothallus tulasnei M. Cole & D. Hawksw. (Dothideomycetes, Ascomycota) from Turkeyトルコ、ボル県で採集された地衣生菌の一種、Abrothallus tulasneiをアジア新産種として報告した。本種は珪質岩上のXanthoparmelia stenophyllaに発生しており、トルコ産本属菌における初のアナモルフの報告となった。本種の発生に伴う宿主の退色やゴール形成は認めなかった。Abrothallus tulasnei■Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱
R3-06396米国カリフォルニア州産のキツネノカラカサ科菌類 (1):新種Leucoagaricus amanitoides2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, Sequoia属, カリフォルニア州/California, コナラ属/Quercus, ヒノキ科/Cupressaceae, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 散布図/scatter plot, 新種記載/new species, 植林地/plantation, 生物多様性調査/biodiversity survey, 米国/USA, 粘土質土壌/clayey soil, 配列決定/sequencingLepiotaceous fungi in California, U.S.A. – 1. Leucoagaricus amanitoides sp. nov.米国カリフォルニア州の大学樹木園で採集された菌を検討し、Leucoagaricus amanitoidesとして新種記載した。本種は子実体が白色、柄が塊茎状でつぼを有し、担子胞子が楕円形で発芽孔を欠き、シスチジアが長狭棍棒形であることなどで特徴づけられた。本種はITSおよびnrLSUの塩基配列によればハキリアリの栽培きのこに近縁であった。Leucoagaricus amanitoides★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06395中国産の新種Albatrellus yunnanensis2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, 中国/China, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 雲南省/Yunnan, 食用きのこ/edible mushroomsAlbatrellus yunnanensis, a new species from China中国雲南省の市場で購入した野生きのこの一種を検討し、Albatrellus yunnanensisとして新種記載した。本種は傘が帯黄色~帯褐黄色で無毛または微細な鱗片を伴い、担子胞子が比較的大型でアミロイド、生殖菌糸にクランプを有することなどで特徴づけられた。中国産Albatrellus属菌の検索表を掲載したほか、A. mexicanusをPolyporoletus sublividusのシノニムとした。Albatrellus yunnanensis★ / Polyporoletus sublividusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Albatrellaceae/ニンギョウタケモドキ科
R3-06394Fusarium chlamydosporumのネオタイプ指定 – 臨床的に重要な複合種の再評価2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, Fusarium MLST, Fusarium-ID, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, アトランティダ県, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, イラン/Iran, ウリ科/Cucurbitaceae, オランダ/Netherlands, オーストラリア/Australia, ガウテン州/Gauten, キュウリ属/Cucumis, クウェート/Kuwait, コムギ属/Triticum, コンタミ/contamination, ゴレスターン州/Golestan, シロアリの巣/termite nest, タイプスタディ/type study, ダンチク属/Arundo, ドイツ/Germany, ネオタイプ指定/neotype designation, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, パキスタン/Pakistan, フランス/France, ブラジル/Brazil, ブーシュ=デュ=ローヌ県/Bouches-du-Rhône, ベルリン/Berlin, ペルー/Peru, ホンジュラス/Honduras, ポルトガル/Portugal, マメ科/Fabaceae, ラッカセイ属/Arachis, リスボン地域/Lisbon, ワタ属/Gossypium, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 動物の巣/animal nest, 医真菌学/medical mycology, 南アフリカ/South Africa, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新学名提唱/new scientific name, 新種記載/new species, 新階級提唱/new status, 昆虫の巣/insect nest, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水試料/water sample, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 胞子形成誘導/sporulation induction, 臨床検体/clinical specimens, 色素産生/pigment production, 複合種/species complex, 誤同定/misidentificationNeotypification of Fusarium chlamydosporum – a reappraisal of a clinically important species complexFusarium chlamydosporumと同定された菌株を再検討し、本種のネオタイプ標本を選定した。分子系統解析によりF. chlamydosporum複合種 (FCSC) に9つの系統学的種を認めた。この他にF. sambucinum複合種のF. nodosumを新種記載し、F. chlamydosporum var. fuscumを種に昇格させた。Fusarium atrovinosum★ / Fusarium chlamydosporum / Fusarium coffeatum◆● / Fusarium humicola★ / Fusarium microconidium★ / Fusarium nodosum★ / Fusarium peruvianum★ / Fusarium spinosum★ / Fusarium sporodochiale★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06393セルビアにおいてブドウに発生したEutypa lataの形態および分子による同定2019Journal of Plant Diseases and Protection2019年の論文/published in 2019, Journal of Plant Diseases and Protection, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, セルビア/Serbia, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 萎黄病/chlorosis, 表面殺菌法/surface sterilization methodMorphological and molecular identification of Eutypa lata on grapevine in Serbiaセルビアの果樹園において立ち枯れ病のブドウから分離された菌を検討し、Eutypa lataと同定した。本種との同定は形態学的検討に加え、ITS、TUB、およびRPB2に基づく分子系統解析の結果からも支持された。接種試験により分離菌株のブドウに対する病原性を確かめた。Eutypa lataAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Diatrypaceae/シトネタケ科
R3-06392ポーランド北東部、アウグストゥフ・フォレストにおける地衣類の新産種および特筆すべき種2018Acta Mycologica2018年の論文/published in 2018, Acta Mycologica, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, コナラ属/Quercus, トネリコ属/Fraxinus, ハンノキ属/Alnus, ブナ科/Fagaceae, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 担子菌地衣/basidiomycete lichen, 指標種/indicator species, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew and noteworthy species of lichens from the Augustów Forest (northeastern Poland)ポーランド北東部、アウグストゥフ・フォレストにおいて地衣類の調査を実施し、13の稀産種を報告した。そのうちBacidina egenulaなど4種を本調査地における新産種として報告した。また、Rhizocarpon hochstetteriをポーランド北東部新産種として報告した。Anisomeridium polypori / Arthonia muscigena / Bacidina egenula■ / Lecanora albella / Lecanora persimilis■ / Lichenomphalia umbellifera / Lobaria pulmonaria / Melanohalea olivacea / Menegazzia terebrata / Rhizocarpon hochstetteri■ / Rhizocarpon reductum■ / Scoliciosporum pruinosum■ / Thelotrema lepadinumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiales/モノブラスティア目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Lobariaceae/カブトゴケ科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Scoliciosporaceae/スコリシオスポリウム科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-06391スペイン、カナリア諸島、ラ・パルマ島産の広義シメジ属2新種2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, カナリア諸島/Canary Islands, ゴジアオイ属/Cistus, スペイン/Spain, ハンニチバナ科/Cistaceae, マカロネシア/Macaronesia, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore printTwo new species of Lyophyllum s.l. (Basidiomycota, Agaricomycetes) from La Palma (Canary Islands, Spain)カナリア諸島、ラ・パルマ島で採集された2種の菌を検討し、Lyophyllum fuscobrunneumおよびL. impudicumとして新種記載した。前者はゴジアオイ属植物の近傍に群生し、傘が暗褐色で、子実体に穀粉臭があり、担子器がややヌメリガサ型、担子胞子が広楕円形~楕円形であることなどで特徴づけられた。後者は子実体に悪臭があり、肉に変色性がなく、担子器が4胞子性、担子胞子が楕円形であることなどで特徴づけられた。Lyophyllum fuscobrunneum★ / Lyophyllum impudicum★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Lyophyllaceae/シメジ科
R3-06390形態学的観察および分子系統解析を基に推論されたPreussia属のエンドファイトの1新種2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, エストレマドゥーラ州/Extremadura, エンドファイト/endophyte, カスティーリャ・ラ・マンチャ州/Castilla-La Mancha, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, ゴジアオイ属/Cistus, ジンチョウゲ属/Daphne, ジンチョウゲ科/Thymelaeaceae, スペイン/Spain, ハンニチバナ科/Cistaceae, ハンノキ属/Alnus, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 子実体原基/fruiting body primordium, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 表面殺菌法/surface sterilization methodA new endophytic species of Preussia (Sporormiaceae) inferred from morphological observations and molecular phylogenetic analysisスペインにおいてエンドファイトとして分離された菌を検討し、Preussia mediterraneaとして新種記載した。本種はコナラ属、ゴジアオイ属、ハンノキ属、およびジンチョウゲ属植物の材や生葉から分離された。本種は形態的にはP. australisなどに類似していた一方、分子系統解析ではP. minimaおよびP. isabellaeと姉妹群を形成した。Preussia mediterranea★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-06389スカンジナビアおよびアパラチア山脈新産種、Hypogymnia incurvoides2007Graphis Scripta2007年の論文/published in 2007, Graphis Scripta, アパラチア山脈/Appalachian Mountains, オスロ/Oslo, カバノキ科/Betulaceae, スウェーデン/Sweden, スウェーデン新産種/Sweden_new record, トウヒ属/Picea, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ハンノキ属/Alnus, マツ科/Pinaceae, メイン州/Maine, ヴェストラ・イェータランド県/Västra Götaland, 収蔵標本/stored specimen, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 稀産種/rare species, 米国/USA, 葉状地衣/foliose lichenHypogymnia incurvoides new to Scandinavia and the Appalachian Mountainsノルウェーおよびスウェーデンで採集されたHypogymnia incurvoidesをスカンジナビア新産種として報告した。また、本種を米国からアパラチア山脈新産種としても報告した。本種は沼地の森林や川辺などにおいてトウヒ属、ハンノキ属樹木の幹などに発生していた。Hypogymnia incurvoides■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06388中国においてヤナギバグミに潰瘍病を引き起こす新種、Cytospora elaeagnicola2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, グミ属/Elaeagnus, グミ科/Elaeagnaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/cankerCytospora elaeagnicola sp. nov. Associated with Narrow-leaved Oleaster Canker Disease in China中国、新疆ウイグル自治区において潰瘍病に罹病したヤナギバグミに生じた菌を検討し、Cytospora elaeagnicolaとして新種記載した。本種は分生子殻が扁平で、分生子が無色ソーセージ形であることなどで特徴づけられた。本種は複数遺伝子座に基づく分子系統解析でも独自の系統を形成し、近縁種とは分生子のサイズやコロニーの色などについて形態的差異を認めた。Cytospora elaeagnicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Diaporthomycetidae/シトネタケ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-06387リボソームITSおよびRPB2配列に基づく新種Nemania plumbeaおよび類縁分類群の系統関係2007Mycological Research2007年の論文/published in 2007, Mycological Research, TreeBASE, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobePhylogenetic relationships of Nemania plumbea sp. nov. and related taxa based on ribosomal ITS and RPB2 sequencesタイ、チエンマイ県で採集された菌を検討し、Nemania plumbeaとして新種記載した。本種は子座が灰色で柔らかく、子嚢胞子が淡褐色で短い発芽溝を有し、培養下でGeniculosporium属類似アナモルフを形成することなどで特徴づけられた。ITS+RPB2に基づく分子系統解析では、本種はN. aeneaなどに近縁であることが示された。Nemania plumbea★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-06386オマーンおよびパキスタン産の壊滅的なマンゴーの萎凋病を引き起こす新種Ceratocystis manginecans2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, Hypocryphalus属, ウルシ科/Anacardiaceae, オマーン/Oman, キクイムシ科/Scolytidae, パキスタン/Pakistan, ブラジル/Brazil, マンゴー属/Mangifera, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮下キクイムシ/bark beetle, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生物地理学/biogeography, 移入種/alien species, 萎凋病/wilt, 虫散布/dispersal by insects, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesCeratocystis manginecans sp. nov., causal agent of a destructive mango wilt disease in Oman and Pakistanオマーンおよびパキスタンにおいてマンゴーに深刻な病害を引き起こしている病原菌を検討し、Ceratocystis manginecansとして新種記載した。本種は広義のC. fimbriata複合種とは形態的に異なり、分子系統解析でも異なる系統を形成した。本種と比較したブラジル産の標本もこの複合種の別の隠蔽種とみられたが、2菌株しか検討していないことから新種記載しなかった。Ceratocystis manginecans★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目
R3-06385カリフォルニアにおいてブドウおよびその他の果実やナッツの作物の罹病根に関連するcylindrocarpon類似種の分類および複数遺伝子座に基づく系統解析2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウルシ科/Anacardiaceae, オリーブ属/Olea, カイノキ属/Pistacia, カリフォルニア州/California, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, サクラ属/Prunus, バラ科/Rosaceae, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, マタタビ属/Actinidia, マタタビ科/Actinidiaceae, モクセイ科/Oleaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 米国/USA, 表面殺菌法/surface sterilization methodTaxonomy and multi-locus phylogeny of cylindrocarpon-like species associated with diseased roots of grapevine and other fruit and nut crops in California米国カリフォルニア州においてブドウの”black foot”病およびその他の果実やナッツの根病害を調査し、5属12種のcylindrocarpon類似種を認めた。カイノキ属樹木を宿主とするNeonectria californicaおよびオリーブ属樹木とモモを宿主とするThelonectria aureaの2新種を記載した。Dactylonectria属のほとんどの種においては、同定のためにHISマーカーが必須であった。Campylocarpon fasciculare / Dactylonectria alcacerensis / Dactylonectria ecuadoriensis / Dactylonectria macrodidyma / Dactylonectria novozelandica / Dactylonectria torresensis / Dactylonectria valentina / Ilyonectria capensis / Ilyonectria liriodendri / Ilyonectria robusta / Neonectria californica★ / Thelonectria aurea★Ascomycota/子嚢菌門_Ascomycetes/子嚢菌綱_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06384新種Kirschsteiniothelia arasbaranicaおよびキルシュシュタイニオテリア科の修正2017Cryptogamie Mycologie2017年の論文/published in 2017, Cryptogamie Mycologie, イラン/Iran, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 森林/forest, 検索表/identification key, 生長速度/growth rate, 科概念/family concept, 科概念の修正/family concept_emendation, 腐生菌/saprobeKirschsteiniothelia arasbaranica sp. nov., and an emendation of the Kirschsteiniotheliaceaeイランにおいてコナラ属樹木の枯枝に生じた菌を検討し、Kirschsteiniothelia arasbaranicaとして新種記載した。本種は子嚢が円筒状棍棒形で8胞子性、子嚢胞子が狭楕円形~広楕円形で1隔壁を有し、顕著な粘液質の鞘に包まれることなどで特徴づけられ、アナモルフは形成しなかった。また、キルシュシュタイニオテリア科の科概念を修正し、20種を含む検索表を掲載した。Kirschsteiniothelia arasbaranica★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Kirschsteiniotheliaceae/キルシュシュタイニオテリア科
R3-06383新種Orbilia vermiformisおよびそのアナモルフ2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, vital taxonomy, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, フランス/France, マルティニーク/Martinique, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生長速度/growth rate, 西インド諸島/The West Indies, 雲南省/YunnanOrbilia vermiformis sp. nov. and its anamorph中国雲南省において広葉樹の腐朽した根に生じた菌を検討し、Orbilia vermiformisとして新種記載した。本種は培養下でアナモルフを形成したが、線虫捕捉構造は誘導されなかった。アナモルフをDactylella vermiformisとして新種記載した。Dactylella vermiformis★ / Orbilia vermiformis★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科
R3-06382クロアチア、ヴェテルニツァ洞窟のモニタリング調査におけるPolycephalomyces属菌および分離された新属Perennicordyceps2014Ascomycete.org2014年の論文/published in 2014, Ascomycete.org, Heteromyza属, vital taxonomy, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クロアチア/Croatia, ザグレブ市, シンネマ形成菌/synnematous fungus, トゲハネバエ科, 二酸化炭素濃度/carbon dioxide concentration, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 洞窟/cave, 温度, 湿度/humidity, 石灰岩/limestoneThe genus Polycephalomyces (Hypocreales) in the frame of monitoring Veternica cave (Croatia) with a new segregate genus Perennicordycepsクロアチア、ヴェテルニツァ洞窟においてトゲハネバエ科の一種の成虫に発生したシンネマ形成性寄生菌の一種を検討し、Polycephalomyces ramosusと同定した。また、新属Perennicordyceps属を提唱し、Polycephalomyces属の4種を本新属に移した。PerennicordycepsおよびPolycephalomyces属の検索表を掲載した。Perennicordyceps cuboidea▲ / Perennicordyceps paracuboidea▲ / Perennicordyceps prolifica▲ / Perennicordyceps ryogamiensis▲ / Polycephalomyces ramosusAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-06381ドイツ新産のコケ寄生性盤菌の2種、Lamprospora hispanicaおよびLamprospora tuberculatella2014Zeitschrift für Mykologie2014年の論文/published in 2014, Zeitschrift für Mykologie, クチヒゲゴケ属, コケ寄生菌/bryoparasitic fungus, コゴケ属, ザクセン=アンハルト州/Sachsen-Anhalt, センボンゴケ科/Pottiaceae, テューリンゲン州/Thüringen, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ドイツ語/German, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, ロカイゴケ属, 保全生態学/conservation ecology, 半乾燥地域/semi-arid area, 寄生菌/parasite, 撹乱地/disturbed place, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 稀産種/rare species, 粘土質土壌/clayey soil, 絶滅危惧種/endangered species, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEMLamprospora hispanica und Lamprospora tuberculatella – zwei bryoparasitische Discomyceten (Ascomycota, Pezizales) neu für Deutschlandコケ寄生性盤菌のLamprospora hispanicaおよびL. tuberculatellaをドイツ新産種として報告した。前者はAloina aloidesおよび新宿主のTrichostomum crispulum、後者はおそらくコゴケ属の一種をそれぞれ宿主としていた。両種が発生していた環境は土地利用の変化に伴いドイツ全土で危機に瀕していることから、両種も絶滅が危惧されると考えられた。Lamprospora hispanica■ / Lamprospora tuberculatella■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-06380メキシコの雲霧林に産した新種Leucodermia guzmaniana、およびメキシコ産Leucodermia属地衣の検索表2019Asian Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, Asian Journal of Mycology, アカネ科/Rubiaceae, アトラノリン類/atranorins, カエンボク属/Spathodea, クチナシ属/Gardenia, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ノウゼンカズラ科/Bignoniaceae, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フウ属/Liquidambar, フウ科/Altingiaceae, ブナ科/Fagaceae, ベラクルス州/Veracruz, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, メキシコ/Mexico, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 雲霧林/cloud forestLeucodermia guzmaniana sp. nov. (Physciaceae, Lecanorales), a new species from Mexican cloud forest, and a key to Leucodermia in Mexicoメキシコ、ベラクルス州の雲霧林に産した樹上生葉状~亜樹状地衣の一種を検討し、Leucodermia guzmanianaとして新種記載した。本種は粉芽が末端生で、葉縁の白色のシリアにK+紫色の赤色色素を伴うことなどで特徴づけられた。本新種を含むメキシコ産Leucodermia属地衣全種の検索表を掲載した。Leucodermia guzmaniana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-06379ヒト呼吸器試料から分離された潜在的病原菌の新種、Fusarium volatile2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, MIC, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ属/Oryza, イネ科/Poaceae, ナイジェリア/Nigeria, ヒト病原菌/human pathogen, フランス/France, 仏領ギアナ/French Guiana, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗真菌薬耐性/antifungal drug resistance, 日和見感染症/opportunistic infection, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 検索表/identification key, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水試料/water sample, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 肺フザリウム症/pulmonary fusariosis, 臨床検体/clinical specimens, 複合種/species complexFusarium volatile, a new potential pathogen from a human respiratory sample仏領ギアナ在住の22歳女性の気管支肺胞洗浄液から分離された菌を検討し、Fusarium volatileとして新種記載した。本種は分子系統解析でF. fujikuroi複合種のアフリカクレードに含まれた。本種は抗真菌薬感受性試験ではエキノキャンディンなどに耐性を示した一方、アムホテリシンBなどに対するMICは低値であった。Fusarium volatile★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ネクトリア科
R3-06378台湾産の子実体が青色で子実層托が管孔状のクヌギタケ属1新種2019Mycoscience2019年の論文/published in 2019, Mycoscience, TreeBASE, トウ属/Calamus, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新北市/New Taipei, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusA new Mycena species with blue basidiomata and porioid hymenophore from Taiwan台湾において枯死したトウ属植物に生じた菌を検討し、Mycena indigoticaとして新種記載した。本種は子実体全体が青色で、管孔を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析ではM. illuminansに最も近縁とみられ、本種はこのクレードにおいて管孔を有する初の種であった。Mycena indigotica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-06377ロシア、ノヴゴロド州新産のハラタケ類2019Botanica2019年の論文/published in 2019, Botanica, アンモニア菌/ammonia fungi, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, ノヴゴロド州/Novgorod, ブナ科/Fagaceae, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyAgaricoid Fungi New to Novgorod Region, Russiaロシア、ノヴゴロド州新産種として23種のハラタケ類を報告した。そのうちGamundia striatulaなど5種はヨーロッパ・ロシア北西部における新産種であった。また、Baeospora myriadophyllaなど3種は絶滅危惧種であった。Baeospora myriadophylla■ / Coprinopsis urticicola■ / Cortinarius bibulus■ / Crepidotus applanatus■ / Crepidotus crocophyllus■ / Delicatula integrella■ / Entoloma strigosissimum■ / Galerina jaapii■ / Gamundia striatula■ / Lacrymaria lacrymabunda■ / Lentinus tigrinus■ / Lepiota felina■ / Marasmius cohaerens■ / Mycena erubescens■ / Mycena renati■ / Mycena tenerrima■ / Mycenella margaritispora■ / Mycetinis querceus■ / Pholiotina brunnea■ / Pluteus hispidulus■ / Pluteus inquilinus■ / Sagaranella tylicolor■ / Xerocomellus ripariellus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Inocybaceae/アセタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Agaricaceae/ハラタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科_Lyophyllaceae/シメジ科_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-06376Usnea confusaのレクトタイプ指定2019Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany2019年の論文/published in 2019, Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, サクラ属/Prunus, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スギ属/Cryptomeria, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, タイプスタディ/type study, ツガ属/Tsuga, バラ科/Rosaceae, ヒノキ属/Chamaecyparis, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾフラン類/benzofurans, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ラクトン類/lactones, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 台湾/Taiwan, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 日本/Japan, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyLectotypification of Usnea confusa (Parmeliaceae, Ascomycota)Usnea confusaを再検討し、本種のレクトタイプ標本を指定した。タイプ標本が異質な10標本で構成されていたことから、分類学的混乱を避けるため、粉芽塊に”isidiofibrils”を多数伴う単一の地衣体を選定した。日本および台湾産の標本を基に分子系統解析を実施したところ、本種はU. cornutaコアグループに含まれたが、両種が同種かどうかは確定できないとした。Usnea confusaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06375イタリアおよびロシアにおいて草本に発生したParastagonospora属2新種2019Asian Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, Asian Journal of Mycology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イネ科/Poaceae, エゾムギ属/Elymus, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, カモガヤ属/Dactylis, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, ロストフ州/Rostov, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 腐生菌/saprobeTwo novel species of Parastagonospora (Phaeosphaeriaceae, Pleosporales) on grasses from Italy and Russiaイネ科植物に生じた腐生菌2種を検討し、Parastagonospora elymiおよびP. macrouniseptataとして新種記載した。前者はロシアにおいてシバムギの枯稈に生じ、子嚢果が類球形~円錐形、子嚢胞子が無色紡錘形で成熟時3隔壁を有することなどで特徴づけられた。後者はイタリアにおいてカモガヤの枯稈に生じ、分生子果不完全菌であり、分子絵師が無色類円筒形~円筒形で平滑、1隔壁を有することなどで特徴づけられた。Parastagonospora elymi★ / Parastagonospora macrouniseptata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-06374Melanops属の基準種、Melanops tulasneiの分類、系統、およびエピタイプ指定2009Fungal Diversity2009年の論文/published in 2009, Fungal Diversity, TreeBASE, エピタイプ指定/epitype designation, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, ドイツ/Germany, バイエルン州/Bayern, ブナ科/Fagaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 胞子形成誘導/sporulation inductionTaxonomy, phylogeny, and epitypification of Melanops tulasnei, the type species of Melanopsドイツ、ミュンヘンにおいてコナラ属樹木の枝に生じたMelanops tulasneiについて、形態学的検討および分子系統解析を実施した。本標本の形態はネオタイプ標本とよく一致し、分子系統解析で本種はボトリオスフェリア科クレードの基部付近に位置した。本種のエピタイプ標本を指定し、エピタイプ由来菌株をCBSに寄託した。Melanops tulasneiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06373チェコ産コウヤクタケ類について (2):Athelidium caucasicum2019Czech Mycology2019年の論文/published in 2019, Czech Mycology, コウヤクタケ類/corticioid fungi, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, トネリコ属/Fraxinus, モクセイ科/Oleaceae, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variationNotes on corticioid fungi of the Czech Republic. II. Athelidium caucasicum (Stephanosporaceae, Agaricales)チェコからAthelidium caucasicumを報告し、記載文、写真、スケッチなどを掲載した。本報告はロシア、コーカサスからの原記載以来2番目の報告となった。本種は原記載のヤナギ属ではなくトネリコ属植物の材に発生していた。Athelidium caucasicum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科
R3-06372ヨーロッパ産の黒穂菌の2新種 – Entyloma crepidis-tectoriおよびUrocystis deschampsiae2006Polish Botanical Journal2006年の論文/published in 2006, Polish Botanical Journal, アイスランド/Iceland, イネ科/Poaceae, キク科/Asteraceae, コメススキ属/Deschampsia, デンマーク/Denmark, フタマタタンポポ属, 北アイスランド東部/Norðurland eystra, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 種の境界/species delimitation, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiEntyloma crepidis-tectori and Urocystis deschampsiae – two new smut fungi from EuropeヨーロッパからEntyloma crepidis-tectoriおよびUrocystis deschampsiaeの2新種を記載した。前者はデンマークにおいてヤネタビラコの葉に斑点を生じ、後者はアイスランドにおいてヒロハノコメススキの葉に長い条線を生じた。後者はコメススキ属植物を宿主とする初のUrocystis属菌として報告された。Entyloma crepidis-tectori★ / Urocystis deschampsiae★Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycotina/クロボキン亜門_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱_Exobasidiomycetidae/エクソバシデイウム亜綱_Entylomatales/エンティロマ目_Entylomataceae/エンティロマ科_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Urocystidales/ウロシスティス目_Urocystidaceae/ウロシスティス科
R3-06371中国においてLysidice rhodostegiaに生じた新種Pseudocercospora lysidices2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Lysidice属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, マメ科/Fabaceae, 中国/China, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 誤同定/misidentificationPseudocercospora lysidices sp. nov. on Lysidice rhodostegia from China中国広東省においてLysidice rhodostegiaに生じた菌を検討し、Pseudocercospora lysidicesとして新種記載した。本種は形態が類似すると考えられたことからCercospora lathyriと誤同定され、Pseudocercospora 属に転属されていた。本種は同じジャケツイバラ亜科の植物を宿主とする種とは分生子柄の形態や分生子のサイズ、形状などが異なっていた。Pseudocercospora lysidices★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06370ブラジル、リオグランデ・ド・スル州産のHypholoma属菌2007Acta Botanica Brasilica2007年の論文/published in 2007, Acta Botanica Brasilica, コケ上に生える菌/fungi on moss, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, リター菌/litter fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 疑問種/doubtful species, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore print, 草地/grasslandSpecies of Hypholoma (Fr.) P. Kumm. (Strophariaceae,Agaricales) in Rio Grande do Sul State, Brazilブラジル、リオグランデ・ド・スル州におけるHypholoma属菌の既知種について、記載文、写真およびスケッチ、検索表などを掲載した。H. aurantiacum、H. ericaeum、およびH. subvirideの3種を認め、それ以外の種をシノニム、疑問種、あるいは除外種とした。H. subvirideのおそらくサンタカタリーナ州における初記録を報告した。Hypholoma aurantiacum / Hypholoma ericaeum / Hypholoma subviride■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-06369ブラジル北東部、ペルナンブーコ州産の糞生シビレタケ属菌2007Sitientibus Série Ciências Biológicas2007年の論文/published in 2007, Sitientibus Série Ciências Biológicas, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 切片/section, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 毒きのこ/poisonous mushroom, 熱帯域/tropics, 糞生菌/coprophilous fungi, 草地/grasslandSome coprophilous Psilocybe (Strophariaceae) from Pernambuco State, Northeast BrazilPsilocybe argentina、P. pegleriana、およびP. cubensisをブラジル北東部新産種として報告した。これらの種はいずれも、草地においてウシの糞に発生していた。各種の記載文およびスケッチを掲載し、3種を含む検索表を作成した。Psilocybe argentina■ / Psilocybe cubensis■ / Psilocybe pegleriana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-06368インド、ゴア産の無性生殖を行う新属新種、Jayarambhatia rhizophorae2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ゴア州/Goa, ヒルギ科/Rhizophoraceae, マングローブ林/mangrove forest, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, リター菌/litter fungi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 潮間帯/intertidal zoneJayarambhatia rhizophorae gen. et sp. nov., an asexually reproducing fungus from Goa, Indiaインド、ゴア州のマングローブ林の潮間帯においてリターに生じた菌を検討し、新属新種Jayarambhatia rhizophoraeとして記載した。本種は分生子柄が淡褐色平滑で、末端生のフィアライドを有し、その先端に狭棍棒形~糸状で平滑、無隔壁の分生子が多数密集して生じることなどで特徴づけられた。本種と形態的に類似する他属との形質比較表を掲載した。Jayarambhatia rhizophorae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門
R3-06367中国新産属、Wallemia属2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, すす点病/sooty blotch, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バラ科/Rosaceae, リンゴ属/Malus, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 培養性状/colony characteristics, 好稠菌/osmophilic fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 腐生菌/saprobe, 陝西省/ShaanxiWallemia – A genus newly recorded from China中国陝西省からWallemia sebiを中国新産種として報告した。本種は果樹園で採集されたリンゴ果実表面から分離され、初の中国産Wallemia属菌として報告された。分離菌株はMEAやPDA培地などで生育し、分生子のサイズやsarcina様構造を欠くことに基づき本種と同定された。Wallemia sebi■Basidiomycota/担子菌門_Wallemiomycetes/ワレミア綱_Wallemiales/ワレミア目_Wallemiaceae/ワレミア科
R3-06366タバコウロコタケ科に含まれる新熱帯産の新属Phellinotus2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Eugenia属, Phytotaxa, Piptadenia属, Senegalia属, TreeBASE, アラゴアス州/Alagoas, オジギソウ属/Mimosa, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, キンキジュ属/Pithecelobium, ジャケツイバラ属/Caesalpinia, セルジッペ州/Sergipe, タイプスタディ/type study, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マメ科/Fabaceae, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 複合種/species complexPhellinotus, a new neotropical genus in the Hymenochaetaceae (Basidiomycota, Hymenochaetales)ブラジルの熱帯林においてジャケツイバラ属植物に発生した病原性多孔菌の一種を検討し、新属新種Phellinotus neoaridusとして記載した。また、新組み合わせP. piptadeniaeを提唱した。本属は肉眼的形態がPhellinus rimosusに類似するが、担子胞子が黄色楕円形厚壁で、管孔層実質が2菌糸型、肉が1菌糸型である点などが異なっていた。Phellinotus neoaridus★ / Phellinotus piptadeniae▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-06365トルコ産の地下生担子菌2種の新規採集地2019Anatolian Journal of Botany2019年の論文/published in 2019, Anatolian Journal of Botany, カバノキ科/Betulaceae, コンヤ県/Konya, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, ハンノキ属/Alnus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リゼ県/Rize, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew locality records for two hypogeous basidiomycete species in Turkeyトルコのリゼ県およびトラブゾン県からAlpova diplophloeus、コンヤ県からSchenella pityophilusをそれぞれ報告した。いずれの種もトルコから2番目の報告となった。前者は森林においてハンノキ属の樹下に、後者はマツ林にそれぞれ発生していた。Alpova diplophloeus / Schenella pityophilus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Melanogastraceae/メラノガステル科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科
R3-06364バスク新産種、Scopuloides leprosa2009ZIZAK2009年の論文/published in 2009, ZIZAK, コウヤクタケ類/corticioid fungi, スペイン/Spain, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, トネリコ属/Fraxinus, バスク自治州/Basque Country, モクセイ科/Oleaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水辺/waterside, 河川/river, 稀産種/rare speciesScopuloides leprosa (Bourdot & Galzin) Boidin, Lanq. & Gilles, nueva cita para el País Vascoスペイン、バスク自治州における新産種としてScopuloides leprosaを報告した。本種は稀産種とされるがスペインから既に知られており、本報告はイベリア半島からの2番目の報告となった。本種は子実体が背着生で子実層面が平滑、瘤状、または僅かに針状であり、担子器が棍棒形、担子胞子が楕円形で、菌糸にクランプを欠くことなどで特徴づけられた。Scopuloides leprosa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-06363インド、グジャラート州において淡水に沈んだ葉から生じた新種、Tripospermum limneticum2019International Journal of Advanced Research2019年の論文/published in 2019, International Journal of Advanced Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, グジャラート州/Gujarat, タデ科/Polygonaceae, フトモモ科/Myrtaceae, ミチヤナギ属/Polygonum, ユーカリ属/Eucalyptus, リター菌/litter fungi, 新種記載/new species, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity surveyTripospermum limneticum sp. nov. (Mitosporic Fungi) on Submerged Leaves from Freshwater, Gujarat, Indiaインド、グジャラート州の河川において沈んだ葉に生じた菌を検討し、Tripospermum limneticumとして新種記載した。本種はユーカリ属の一種およびPolygonum glabrumの葉に生じていた。本種は分生子が典型的には五放射状で、腕の形態により同属他種のいずれとも区別された。Tripospermum limneticum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Capnodiaceae/カプノディウム科
R3-06362Trichometasperia holmiiのDrechslera世代 – インドにおけるオウムバナ属植物の葉枯病の原因菌としての新記録2016Advances in Life Sciences2016年の論文/published in 2016, Advances in Life Sciences, インド/India, インド新産種/India_new record, オウムバナ属/Heliconia, オウムバナ科/Heliconiaceae, グジャラート州/Gujarat, コッホの原則/Koch_s postulation, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 胞子の発芽/germination of spores, 花卉圃場/flower field, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization method, 観賞植物/ornamental plantDrechslera state of Trichometasperia holmii – New Record as an Incitant of Heliconia Leaf Blight in Indiaインド、グジャラート州においてオウムバナ属植物に葉枯病を引き起こした菌を検討した。原因菌をTrichometasperia holmiiのDrechslera世代と同定し、本種をインド新産種として報告した。本種の病原性を接種試験により確かめ、本病害を初めて記録した。Trichometasphaeria holmii■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Lophiostomataceae/ロフィオストマ科
R3-06361Phlegmacium型のHumolentesクレードに含まれる2新種、Cortinarius hildegardiaeおよびC. mariekristinae2019Sydowia2019年の論文/published in 2019, Sydowia, ‎ヌーシャテル州, アオイ科/Malvaceae, アントラキノン類/anthraquinones, アーケシュフース県/Akershus, イタリア/Italy, エロー県/Hérault, オスロ/Oslo, オップラン県/Oppland, カンタブリア州/Cantabria, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, スイス/Switzerland, スペイン/Spain, テレマルク県/Telemark, トレンティーノ=アルト・アディジェ州/Trentino-Alto Adige, ドイツ/Germany, ノルウェー/Norway, ハンガリー/Hungary, バーデン=ヴュルテンベルク州/Baden-Württemberg, バ=ラン県/Bas-Rhin, フランス/France, ブスケルー県/Buskerud, ブダペスト市/Budapest, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ペシュト県/Pest, マツ科/Pinaceae, マルケ州/Marche, メクレンブルク=フォアポンメルン州/Mecklenburg-Western Pomerania, モミ属/Abies, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 色素産生/pigment production, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 遺存林/relict forestsCortinarius hildegardiae and C. mariekristinae spp. nov., two new species in the phlegmacioid clade Humolentes (sect. Calochroi s. l.)広義Calochroi節に含まれるCortinarius hildegardiaeおよびC. mariekristinaeの2新種を記載した。前者は傘、襞、および塊茎縁部の被膜が初め淡い帯緑黄色で、柄および肉が白色であることなどで特徴づけられた。後者は傘、襞、および塊茎縁部の被膜が初め帯緑黄色で、柄頂部に帯青淡紫色の斑点を生じ、担子胞子が大型であることなどで特徴づけられた。Cortinarius hildegardiae★ / Cortinarius mariekristinae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-06360広義Cladosporium属の分類学的改訂 (7):新種記載、1新組み合わせ、および追加の新規データ2007Schlechtendalia2007年の論文/published in 2007, Melosperma属, Schlechtendalia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルゼンチン/Argentina, アンダルシア州/Andalusia, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, インゲンマメ属/Phaseolus, オオバコ科/Plantaginaceae, カリフォルニア州/California, ザクセン=アンハルト州/Sachsen-Anhalt, シノニム/synonym, スペイン/Spain, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トウダイグサ属/Euphorbia, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, トスカーナ州/Tuscany, トチノキ属/Aesculus, ドイツ/Germany, ニシキギ属/Euonymus, ニシキギ科/Celastraceae, ヒトツバタゴ属, マメ科/Fabaceae, ミクロサイクリック分生子形成/microcycle conidiation, ムクロジ科/Sapindaceae, ムレスズメ属/Caragana, メンドーサ州/Mendoza, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 分類未確定/classification undetermined, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 米国/USA, 花生息菌/floricolous fungus, 韓国/South KoreaTaxonomic revision of the genus Cladosporium s. lat. 7. Descriptions of new species, a new combination and further new data米国、韓国、スペインなどからCladosporium asperistipitatumなどCladosporium属計6新種を記載した。C. salicisをFusicladium属に移した。C. fusisporumをPassalora chionanthiのシノニムとした。Cladosporium asperistipitatum★ / Cladosporium caraganae★ / Cladosporium leguminicola★ / Cladosporium melospermae★ / Cladosporium rhododendri★ / Cladosporium subobtectum★ / Fusicladium salicis▲ / Passalora chionanthiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Venturiaceae/ヴェンテュリア科_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06359カリフォルニアにおいてコナラ属植物と外生菌根関係にある新種Gymnomyces xerophilus2006Mycological Research2006年の論文/published in 2006, Mycological Research, TreeBASE, カリフォルニア州/California, コナラ属/Quercus, サバンナ/savannah, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブナ科/Fagaceae, 乾燥地域/dry area, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 気温/temperature, 稀産種/rare species, 米国/USA, 腹菌類/gastromycetes, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitationGymnomyces xerophilus sp. nov. (sequestrate Russulaceae), an ectomycorrhizal associate of Quercus in California米国カリフォルニア州においてコナラ属植物と外生菌根を形成していた地下生菌の一種を検討し、Gymnomyces xerophilusとして新種記載した。本種はグレバが橙黄色で、担子胞子が球形~類球形の網目状、シスチジアを欠き、外皮、実質、子実下層の膨大した細胞が密集せず散在している点、球状細胞が小型であることなどで特徴づけられた。コナラ属植物を宿主とするGymnomyces属菌の検索表を掲載した。Gymnomyces xerophilus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06358メキシコにおけるサボテンの葉の斑点病の原因菌である新種、Pseudocercospora opuntiae2006Fungal Diversity2006年の論文/published in 2006, Fungal Diversity, Opuntia属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, サボテン科/Cactaceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, スペルマチア/spermatia, メキシコ/Mexico, メキシコシティ/Mexico City, メヒコ州/Estado de Mexico, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子形成誘導/sporulation induction, 葉面菌/leaf surface fungiPseudocercospora opuntiae sp. nov., the causal organism of cactus leaf spot in Mexicoメキシコにおいてサボテンに深刻な斑点病を引き起こした菌を検討し、Pseudocercospora opuntiaeとして新種記載した。本種はサボテン科植物を宿主とする初のPseudocercospora属菌であり、その病原性は接種試験により確かめられた。分子系統解析により、Pseudocercospora属が側系統群であることが示唆された。Pseudocercospora opuntiae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06357旧熱帯産の葉上生地衣の新種、Opegrapha viridistellata2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, Tylostemon属, アビジャン自治区/Abidien, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, クスノキ科/Lauraceae, クロツグ属/Arenga, コートジボワール/Côte d’Ivoire, セイシェル/Seychelles, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, ニッケイ属/Cinnamomum, ニューカレドニア/New Caledonia, パプアニューギニア/Papua New Guinea, フランス/France, マダン州/Madang, マングローブ林/mangrove forest, モクレンモドキ属/Manglietia, モクレン科/Magnoliaceae, ヤエヤマヤシ属, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 南西諸島/Nansei Islands, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 日本/Japan, 森林/forest, 水辺/waterside, 沖縄県/Okinawa, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 葉上生地衣/foliicolous lichenOpegrapha viridistellata (Roccellaceae), a new foliicolous lichen species from the Paleotropics葉上生地衣の一種を検討し、Opegrapha viridistellataとして新種記載した。本種はパプアニューギニア、タイ、オーストラリア、ニューカレドニア、日本、セイシェル、およびコートジボワールから報告されていたが、全てnomen nudumであった。本種は地衣体が帯灰緑色で子器が部分的に分枝し、子嚢胞子に主に4隔壁を有し、粉子器を豊富に形成することなどで特徴づけられた。Opegrapha viridistellata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Opegraphaceae/キゴウゴケ科
R3-06356ブラジル南部においてオリーブおよびブドウの衰退を引き起こすPleurostomophora richardsiae2019Phytopathologia Mediterranea2019年の論文/published in 2019, Phytopathologia Mediterranea, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オリーブ属/Olea, コッホの原則/Koch_s postulation, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ブラジル/Brazil, モクセイ科/Oleaceae, 分子同定/molecular identification, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 最小生長温度/minimum growth temperature, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 腐生菌/saprobe, 表面殺菌法/surface sterilization method, 配列決定/sequencingPleurostomophora richardsiae associated with olive tree and grapevine decline in Southern Brazilブラジル、サンタカタリーナ州の果樹園においてブドウおよびオリーブから分離された病原菌を検討し、Pleurostomophora richardsiaeと同定した。罹病枝は維管束組織が褐変して樹皮に亀裂が生じ、病原性は接種試験でも確かめられた。本種のブラジルにおけるオリーブおよびブドウの病原菌としての報告は初となった。Pleurostomophora richardsiaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Calosphaeriales/カロスフェリア目_Pleurostomataceae/プリューロストマ科
R3-06355ナイジェリア、カドゥナ州、ザリアにおけるキシメジ科菌類数種の形態および分類の研究2012Journal of Biological Science and Bioconservation2012年の論文/published in 2012, Journal of Biological Science and Bioconservation, カドゥナ州, ナイジェリア/Nigeria, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子紋/spore printStudies on the Morphology and Taxonomy of Some Species of Tricholomataceae in Zaria, Kaduna State – Nigeriaナイジェリア、カドゥナ州のザリアにおいてキシメジ科菌類の調査を実施した。Hygrophoropsis aurantiacaなど6種を記録した。各種の記載文および写真を掲載した。Cantharellus infundibuliformis / Cantharocybe gruberi / Clitocybe alexandri / Hygrophoropsis aurantiaca / Omphalotus olivascensBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Boletales/イグチ目_Hygrophoropsidaceae/ヒロハアンズタケ科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-06354Lecanora filamentosaのシノニムについて2011Graphis Scripta2011年の論文/published in 2011, Graphis Scripta, アウスト・アグデル県/Aust-Agder, アトラノリン類/atranorins, ウスニン酸類/usnic acids, オップラン県/Oppland, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フィンランド/Finland, フィンランド新産種/Finland_new record, ベンゾフラン類/benzofurans, ホルダラン県/Hordaland, マツ科/Pinaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 南西スオミ県/Southwest Finland, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 種内変異/intraspecific variation, 脂肪酸/fatty acid, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNotes on the synonyms of Lecanora filamentosaLecidea hercynicaおよびL. dalecarlicaの標本を検討し、両種がLecanora filamentosaと同種であることを示した。本種をフィンランドおよびノルウェーにおける新産種として報告した。本種の命名法、変異、および既知の分布域などを記述した。Lecanora filamentosa■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科
R3-06353ブラジル南東部産のLeptogium juressianum複合種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, エスピリトサント州/Espirito Santo, コケ上に生える菌/fungi on moss, サンパウロ州/São Paulo, タイプスタディ/type study, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新変種記載/new variety, 新種記載/new species, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 葉状地衣/foliose lichen, 藍藻地衣/cyanolichen, 複合種/species complexThe Leptogium juressianum complex in southeastern Brazilブラジルから新種Leptogium subjuressianumおよび新変種L. subjuressianum var. caparoenseを記載した。両分類群の形態をヨーロッパ産L. subjuressianumのアイソタイプ標本と比較した。新種と新変種は小裂片の有無や地衣体下面の根状菌糸束状菌糸の分布などが異なっていた。Leptogium juressianum / Leptogium subjuressianum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目
R3-06352ブラジルの半乾燥地域におけるケカビ目の2新産種2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 半乾燥地域/semi-arid area, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 生長速度/growth rateTwo new records of Mucorales from the Brazilian semi-arid regionブラジル新産種としてApophysomyces elegansおよびMycotypha microsporaを報告した。両種は半乾燥地域の土壌から分離された。両種の記載文および顕微鏡写真を掲載した。Apophysomyces elegans■ / Mycotypha microspora■Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Mucoraceae/ケカビ科_Mycotyphaceae/マイコティファ科
R3-06351新種Marasmius mbalmayoensisの核LSU rDNA配列に基づく熱帯アフリカ産Marasmius bekolacongoli複合種との系統学的類縁性2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Mycologia, カメルーン/Cameroon, カンラン属/Canarium, カンラン科/Burseraceae, リター菌/litter fungi, 中央州(カメルーン)/Central Province (Cameroon), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収斂進化/convergent evolution, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 降水量/precipitationPhylogenetic relationship of Marasmius mbalmayoensis sp. nov. to the tropical African Marasmius bekolacongoli complex based on nuc-LSU rDNA sequencesカメルーンにおいて腐朽葉に生じた菌を検討し、Marasmius mbalmayoensisとして新種記載した。本種は子実体が大型で柄が長く、太い基部の菌糸体から根状菌糸束を生じ、担子胞子が大型の涙形~S字状であることなどで特徴づけられた。本種の形態はM. bekolacongoliに類似していたが、分子系統解析では異なる系統を形成した。Marasmius mbalmayoensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-06350ブラジルにおいて水中に沈んだ葉に生じた新種、Synchaetomella aquatica2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, シンネマ形成菌/synnematous fungus, テリハボク属/Calophyllum, テリハボク科/Calophyllaceae, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 半乾燥地域/semi-arid area, 新種記載/new species, 淡水域/freshwater, 腐生菌/saprobeSynchaetomella aquatica sp. nov. from submerged leaves from Brazilブラジル、カーチンガ・バイオームにおいて水中に沈んだCalophyllum brasilienseに生じた菌を検討し、Synchaetomella aquaticaとして新種記載した。本種はシンネマが有限生長、分生子形成細胞が末端生のモノフィアライドであり、分生子が単生し、無色鎌形単細胞であることなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは分生子形成細胞が常に末端生である点などが異なっていた。Synchaetomella aquatica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Chaetomellaceae/ケートメラ科
R3-06349南極新産の地衣生菌、Sphaerellothecium reticulatum2019Czech Polar Reports2019年の論文/published in 2019, Czech Polar Reports, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, キウメノキゴケ属/Flavoparmelia, 切片/section, 南極/Antarctic, 南極新産種/Antarctic_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 極地/polars, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 漂白/bleaching, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic surveySphaerellothecium reticulatum (Zopf) Etayo, a new lichenicolous fungus for Antarctica南極における調査で採集された地衣生菌のSphaerellothecium reticulatumを報告した。本種はヨーロッパ、グリーンランド、南北アメリカ等における分布が知られており、今回南極新産種として報告された。本種はFlavoparmelia gerlacheiを宿主とし、この宿主からの本種の報告は初であった。Sphaerellothecium reticulatum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06348オドントトレマ科に属する非地衣化菌の新属新種、Parakarstenia phyllostachydis2019Mycological Progress2019年の論文/published in 2019, Mycological Progress, TreeBASE, UNITE, vital taxonomy, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, マダケ属/Phyllostachys, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新種記載/new speciesParakarstenia phyllostachydis, a new genus and species of non-lichenized Odontotremataceae (Ostropales, Ascomycota)中国四川省においてPhyllostachys heterocladaの稈に生じた菌を検討し、新属新種Parakarstenia phyllostachydisとして記載した。本種は子嚢盤が通常群生し、初め埋生し、帯灰白色または淡褐色で、子嚢が棍棒形~円筒形、子嚢胞子が狭円筒状棍棒形~紡錘状、蠕虫形で成熟すると複数の横隔壁を生じることなどで特徴づけられた。本種はタケの生きた稈に寄生する初のオストロパ目菌として報告された。Parakarstenia phyllostachydis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Odontotremataceae/オドントトレマ科
R3-06347