「論文3行まとめ」は、大菌輪管理人がその日に読んだ論文(主に分類学分野)を要約して紹介するコンテンツです。
最近かなり忙しいので十分更新できていない状況ですが、日々こつこつと追加していければと思います。

「論文3行まとめ」の目的

  1. 「全菌類の電子図鑑」Mycoscouter構想に向けたデータ収集
  2. タグ(索引語)からの検索、世界地図からの検索、日本語キーワードによる検索など、一般的な検索エンジンにない検索手段を提供し、論文に対するアクセス性の向上を図る
  3. 論文の要点を日本語に翻訳することにより、非専門家の理解を阻む「言語の壁」を可能な限り低くすることを目指す
  4. 記載文や識別形質などをセマンティックに(機械が読みやすいように)記述し、将来のサイバータクソノミー (cybertaxonomy) に資するデータを提供する
  5. いちおう、論文に関わる職業に就いているので、そのスキルを活かしたプロボノ (pro bono) 活動
  6. 私自身の筋トレ

最終更新日:2019/3/24
紹介させていただいた論文の数:6065

エクセルファイルをダウンロード

sekaitizumenutagmenu

世界地図…2015/4/20更新【諸事情により更新停止中、よりよいマッピング手段を考えています】
タグ…2018/12/30更新(6937件、R3-05815まで反映)、1か月に一度くらいの頻度で更新したかった

中間報告

2013年11月23日~2014年11月23日に収集したデータの統計の一部を公開します(スライド5枚)。
これらはあくまで基礎的なデータをまとめたもので、より専門的な解析結果は今後アマチュア雑誌などに投稿する予定です。

スライド1スライド2スライド35f63f49b6b7d98988e1002a4a4f2d6d5スライド5

【お読みください】
大菌輪のコンテンツ「論文3行まとめ」は、あくまで論文の検索の補助として提供されている情報です。作成者は専門家ではなく、翻訳や内容の解釈が誤っている場合がありうるので、正確な情報は必ず元の論文で確認してください。また、各ページのリンクは必ずしも有効ではありません(大菌輪未掲載の種や、MycoBank/Species fungorum未登録の種がありうるため)。
最新の50記事を表示しています。
フィルタリング、並べ替え機能が使用できます。表の上で矢印キーを押すとスクロールできます。実は右の方に【タグ一覧】【書誌情報】【3行抄録】【掲載種一覧】の列があるので、それらを対象とした検索も可能です。複数のキーワードで検索したい時には半角スペースで区切ります。(【例】日本 新種 2016年)

※全てのデータを掲載すると非常に重くなってしまい、まともに表示できなくなってしまうので、不本意ながらこの表は直近1000件を抽出したものとなっています。エクセルファイルには全データがありますので、ダウンロードして検索してください。
A列B列出版年雑誌名タグ英文題名3行まとめ13行まとめ23行まとめ3掲載種一覧_x分類群一覧
R3-06065中国産クロボシゴケ属地衣の新種および新産種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, アトラノリン類/atranorins, カバノキ科/Betulaceae, キサントン類/xanthones, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, コナラ属/Quercus, シノニム/synonym, チベット自治区/Tibet, トウヒ属/Picea, ハンノキ属/Alnus, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブナ科/Fagaceae, ペカン属/Carya, マツ科/Pinaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リケキサントン類/lichexanthones, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 四川省/Sichuan, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 横断山脈/Hengduan Mountains, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 雲南省/YunnanNew species and records of Pyxine (Caliciaceae) in China中国産クロボシゴケ属地衣の多様性を調査し、19種を認めた。そのうちPyxine flavicans、P. hengduanensis、およびP. yunnanensisの3種を新種記載した。他に3種を中国新産種として報告し、中国産クロボシゴケ属地衣の検索表を掲載した。Pyxine cognata■ / Pyxine flavicans★ / Pyxine hengduanensis★ / Pyxine himalayensis■ / Pyxine minuta■ / Pyxine yunnanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-06064ポルトガル、コインブラの旧大聖堂において生物劣化を受けた美術品から分離された新種Aeminium ludgeri(新科アエミニア科、新属Aeminium属)2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, セントロ地方/Centro, ポルトガル/Portugal, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 好アルカリ菌/alkalophilic fungus, 好稠性菌, 室内環境/indoor condition, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 生物劣化/biodeterioration, 石灰岩/limestone, 耐アルカリ性試験, 耐塩性菌/salt-tolerant fungus, 耐熱性試験/heat tolerance test, 酸耐性試験/acid resistance testDescription of Aeminiaceae fam. nov., Aeminium gen. nov. and Aeminium ludgeri sp. nov. (Capnodiales), isolated from a biodeteriorated art-piece in the Old Cathedral of Coimbra, Portugalポルトガル、コインブラの旧大聖堂において生物劣化を受けた石灰岩の美術作品に発生した微小コロニー黒色真菌を検討し、新科新属に含まれる新種Aeminium ludgeriを記載した。本種は耐熱性を欠き、耐塩性を有し、機会的な好アルカリ菌であることなどで特徴づけられた。本種はイベリア半島の石灰岩採石場における固有種である可能性も考えられた。Aeminium ludgeri★
R3-06063ロシア、スヴェルドロフスク州におけるハラタケ類の新記録2018Botanica2018年の論文/published in 2018, Botanica, アオイ科/Malvaceae, ウラル山脈/Ural Mountains, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, シナノキ属/Tilia, シベリア/Siberia, スヴェルドロフスク州/Sverdlovsk, セリ科/Apiaceae, ハンノキ属/Alnus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ロシア/Russia, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 保全生態学/conservation ecology, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 植林地/plantation, 水辺/waterside, 河川/river, 温室/greenhouse, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂丘/dune, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew records of agaricoid fungi from Sverdlovsk Region, Russiaロシア、スヴェルドロフスク州から10種のハラタケ類を新産種として報告した。そのうちCrepidotus crocophyllusなど5種をウラル新産種、Pleurotus eryngiiを西シベリア平原新産種として報告した。各種についてウラル山脈および隣接する平原地域における分布を記述した。Crepidotus crocophyllus■ / Mycena picta■ / Pleurotus eryngii■ / Pluteus fenzlii■ / Psathyrella ammophila■ / Russula aurea■ / Volvariella bombycina■ / Volvariella caesiotincta■ / Volvariella murinella■ / Volvariella pusilla■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06062インド産のTrachyspermi節に含まれるシンネマ形成性の新種、Talaromyces amyrossmaniaeの形態および複数遺伝子に基づく系統解析2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, シクンシ科/Combretaceae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, モモタマナ属/Terminalia, リター菌/litter fungi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 酸産生/acid productionMorphology and multigene phylogeny of Talaromyces amyrossmaniae, a new synnematous species belonging to the section Trachyspermi from IndiaインドにおいてTerminalia bellericaの果実およびリターから分離された菌を検討し、Talaromyces amyrossmaniaeとして新種記載した。本種は天然基質上では鮮橙赤色~橙赤色の柄と帯灰緑色の頭部を有するシンネマを形成し、Trachyspermi節の種としては有限生長のシンネマを形成する初の種となった。本種は分生子柄が典型的には二輪生でフィアライドが針状、分生子表面が平滑または僅かに粗面であり、暗橙色~赤色の色素を産生することなどで特徴づけられた。Talaromyces amyrossmaniae★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-06061韓国において土壌および淡水から分離されたユーロチウム目菌類の4新産種2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 島根県/Shimane, 希釈平板法/dilution plate method, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 根圏/rhizosphere, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生長速度/growth rate, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordNew Records of Four Species Belonging to Eurotiales from Soil and Freshwater in Korea竹島(韓国名:独島)と珍島の土壌および河川から分離されたPenicillium pasqualenseなど4種を報告した。これらの菌は韓国新産種として報告された。Talaromyces lianiの淡水からの報告は初となった。Penicillium pasqualense■ / Penicillium sanguifluum■ / Talaromyces apiculatus■ / Talaromyces liani■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-06060カナリア諸島産藍藻地衣(主にリキナ目)について2007Nova Hedwigia2007年の論文/published in 2007, Nova Hedwigia, カナリア諸島/Canary Islands, シノニム/synonym, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, タイプスタディ/type study, マカロネシア/Macaronesia, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 藍藻地衣/cyanolichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenNotes on cyanobacterial lichens (mostly Lichinales, Ascomycota) of the Canary Islandsカナリア諸島産の藍藻地衣46種および3変種を報告した。そのうち19種および3変種がカナリア諸島における初報告であった。新組み合わせLichinella undulataを提唱した。Anema prodigulum■ / Arctomia delicatula■ / Collema coccophorum■ / Collema cristatum / Collema furfuraceum / Collema polycarpon / Collema ryssoleum / Gloeoheppia erosa / Gloeoheppia turgida / Heppia arenacea■ / Heppia conchiloba■ / Heppia despreauxii / Heppia echinulata■ / Heppia lutosa / Heppia solorinoides / Leptogium biatorinum■ / Leptogium palmatum / Lichinella algerica / Lichinella cribellifera / Lichinella iodopulchra / Lichinella nigritella / Lichinella robusta / Lichinella stipatula / Lichinella undulata▲ / Peccania arabica■ / Peccania cerebriformis / Peccania fontqueriana■ / Peccania teretiuscula■ / Peltula bolanderi■ / Peltula euploca / Peltula farinosa■ / Peltula obscurans■ / Peltula obscuratula■ / Peltula omphaliza / Peltula patellata / Peltula placodizans / Peltula radicata■ / Peltula rodriguesii■ / Phloeopeccania pulvinulina / Polychidium muscicola / Psorotichia hassei■ / Psorula rufonigra■ / Pterygiopsis canariensis / Pyrenopsis conferta■ / Pyrenopsis subareolata■ / Pyrenopsis triptococca / Spilonema revertens■ / Thyrea plicatissima■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Arctomiales/アークトミア科_Arctomiaceae/アークトミア科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Gloeoheppiaceae/グレオヘッピア科_Peltulaceae/ペルトゥラ科_Massalongiaceae/マッサロンギア科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Psoraceae/プソラ科_Coccocarpiaceae/コッコカルピア科
R3-06059ペルーにおいてAcarospora rhabarbarinaに生じた新種Endococcus janae2008Opuscula Philolichenum2008年の論文/published in 2008, Opuscula Philolichenum, アンデス山脈/Andes, イカ県, ペルー/Peru, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 山地/mountains, 新種記載/new speciesEndococcus janae, a new species from Peru on Acarospora rhabarbarinaペルーにおいてAcarospora rhabarbarinaの地衣体に生じた地衣生菌の一種を検討し、Endococcus janaeとして新種記載した。本種は子嚢が4胞子性、子嚢胞子が楕円形であることなどで特徴づけられた。北米および南米産のホウネンゴケ属地衣の標本を多数検討したが、本種の発生が見られたのは1標本のみであった。Endococcus janae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目
R3-06058インド、アンダマン諸島産のアイギアルス科子嚢菌類の新種2018Current Research in Environmental & Applied Mycology2018年の論文/published in 2018, Current Research in Environmental & Applied Mycology, アンダマン・ニコバル諸島/Andaman and Nicobar Islands, インド/India, トウ属/Calamus, パルミラヤシ属/Borassus, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungiNew Ascomycetous fungi in the family Aigialaceae from Andaman Islands, Indiaインド、アンダマン諸島においてヤシに発生した3種のFissuromaおよびNeoastrosphaeriella属菌を新種記載した。F. kavachebeejaeは子嚢子座に白色の溝を有し、F. microsporumは子嚢胞子が小型であることなどで特徴づけられた。N. alankrithabeejaeは子嚢胞子の末端が鋭く、鞘に包まれることなどで特徴づけられた。Fissuroma kavachabeejae★ / Fissuroma microsporum★ / Neoastrosphaeriella alankrithabeejae★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Aigialaceae/アイジアルス科_Ascomycota/子嚢菌門
R3-06057ブラジルの半乾燥地域に産した稀な新熱帯産の盤菌、Phillipsia olivacea2019Studies in Fungi2019年の論文/published in 2019, Studies in Fungi, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 稀産種/rare speciesPhillipsia olivacea: an uncommon Neotropical discomycete discovered in the Brazilian semiaridブラジル、パライバ州から稀産種のPhillipsia olivaceaを報告した。本種のブラジル半乾燥地域の山地林からの報告は初となった。本種の記載文、子嚢盤の写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Phillipsia olivacea■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科
R3-06056Melanospora属およびその類縁菌2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, コンタミ/contamination, ノースカロライナ州/North Carolina, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新属提唱/new genus, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 温度適性/temperature aptitude, 疑問種/doubtful species, 種の境界/species delimitation, 米国/USA, 胞子形成誘導/sporulation induction, 菌寄生菌/mycoparasite, 走査型電子顕微鏡/SEM, 隠蔽種/cryptic species, 難培養性菌/uncultured fungiMelanospora (Sordariomycetes, Ascomycota) and its relativesMelanospora属および関連分類群を対象とした分子系統解析を実施し、Melanospora属を子嚢果に錯綜した菌糸からなる頸部を有し、フィアライドを有する種に限定した。Dactylidispora、Echinusitheca、およびPseudomicrotheciumの3新属を提唱し、E. citrisporaを新種記載した。メラノスポラ目の属レベルの検索表、MelanosporaおよびMicrothecium属の種レベルの検索表を掲載した。Dactylidispora collipora▲ / Dactylidispora ellipsospora▲ / Dactylidispora singaporensis▲ / Echinusitheca citrispora★ / Melanospora arenaria / Melanospora caprina / Melanospora chionea / Melanospora damnosa / Melanospora lagenaria / Melanospora longisetosa / Melanospora mycoparasitica▲ / Melanospora tiffani / Melanospora verrucispora / Melanospora washingtonensis / Melanospora zamiae / Microthecium africanum▲ / Microthecium beatonii / Microthecium brevirostratum▲ / Microthecium brevirostrum▲ / Microthecium ciliatum / Microthecium compressum / Microthecium episphaerium / Microthecium fallax▲ / Microthecium fayodii▲ / Microthecium fimbriatum▲ / Microthecium fimicola▲ / Microthecium foveolatum / Microthecium fusisporum▲ / Microthecium geoporae / Microthecium hypomyces / Microthecium internum▲ / Microthecium japonicum▲ / Microthecium lenticulare▲ / Microthecium levitum / Microthecium marchicum▲ / Microthecium masonii▲ / Microthecium micropertusum▲ / Microthecium moreaui▲ / Microthecium nectrioides▲ / Microthecium pegleri▲ / Microthecium perplexum / Microthecium quadrangulatum▲ / Microthecium retisporum / Microthecium sepedonioides▲ / Microthecium tenuissimum▲ / Microthecium zobelii / Pseudomicrothecium subterraneum▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ceratostomataceae/セラトストマ科
R3-06055タマチョレイタケ目の科レベル分類の改訂2017Fungal Biology2017年の論文/published in 2017, Fungal Biology, PolyPEET, TreeBASE, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シノニム/synonym, 保留名/conserved name, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 多系統群/polyphyletic group, 寄生菌/parasite, 新科提唱/new family, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 核の挙動/behavior of nuclear, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiA revised family-level classification of the Polyporales (Basidiomycota)PolyPEETプロジェクトで得られた分子データを用いてタマチョレイタケ目の分子系統解析を実施し、37の命名規約上合法な科名の現況を検討して本目の分類のフレームワークを提供した。18クレードに対して科名を割り当て、そのうちミダレアミタケ科 (Cerrenaceae) 、ジェラトポリア科 (Panaceae) 、カワキタケ科 (Panaceae) の3科は本研究で新たに提唱した。各科について形態形質の短い記述を掲載するとともに、全科の形態、生理、遺伝学的形質の概観をまとめた一覧表を掲載した。
R3-06054北欧から記載された多孔菌の新種、Irpex cremicolor2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, カイヌー県/Kainuu, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, タイプスタディ/type study, ヌールラン県/Nordland, ノルウェー/Norway, ハンノキ属/Alnus, フィンランド/Finland, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北ポフヤンマー県/Northern Ostrobothnia, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 種概念/species concept, 菌類遷移/fungal successionA new polypore Irpex cremicolor described from North Europeフィンランドおよびノルウェーの老齢林で採集された多孔菌の一種を検討し、Irpex cremicolorとして新種記載した。本種はカバノキ属およびハンノキ属植物に生じ、子実体が背着生で2菌糸型、クランプが散在することなどで特徴づけられた。本新種に類似するOxyporus similisについて再記載し、しばしば同種とされるO. obducensとは別種として扱った。Irpex cremicolor★ / Oxyporus similisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizoporaceae/アナタケ科
R3-06053Urnula campylosporaについて2013Ascomycete.org2013年の論文/published in 2013, Ascomycete.org, オーストラリア/Australia, シノニム/synonym, タスマニア州/Tasmania, ニュージーランド/New Zealand, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 材生息菌/lignicolous fungus, 複合種/species complexNotes on Urnula campylospora (Pezizales)Urnula campylosporaについて、タスマニア産およびニュージーランド産標本を用いて詳細な形態学的検討を実施した。本種の記載文、生態写真、顕微鏡的形質の写真およびスケッチなどを掲載した。本種の正確な分布範囲は現在のところ不明確であり、オーストララシアに限るべきだと考えた。Urnula campylosporaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcosomataceae/クロチャワンタケ科
R3-06052中国新産の核菌類2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, ウコギ科/Araliaceae, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, トネリコ属/Fraxinus, ハシバミ属/Corylus, ハリギリ属/Kalopanax, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ブナ科/Fagaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, リンゴ属/Malus, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 吉林省/Jilin, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アジア新産種/East Asia_new record, 栃木県/Tochigi, 森林/forest, 長白山脈/Changbai Mountains, 隔離分布/disjunct distribution, 黒竜江省/HeilongjiangSome pyrenomycetous fungi new to China中国の黒竜江省および吉林省から、中国新産種として9種の核菌類を報告した。これらの種のほとんどは、従来ロシア東部のみから知られていた種であった。そのうち2種はユーラシア大陸から初の報告であり、2種は栃木県から日本新産種としても報告された。Biscogniauxia mandshurica■ / Chromendothia citrina■ / Cryptosphaeria exornata■ / Cryptosphaeria venusta■ / Daldinia gelatinoides■ / Diatrype macounii■ / Loranitschkia viticola■ / Melanconis marginalis■ / Melogramma corylina■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Graphostromataceae/グラフォストロマ科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Cryphonectriaceae/クリフォネクトリア科_Diatrypaceae/シトネタケ科_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Sordariales/フンタマカビ目_Nitschkiaceae/ニチュキア科_Melanconidaceae/メラノコニス科
R3-06051米国カリフォルニア州産キツネノカラカサ類 (4):Lepiota fumosifoliaおよびL. petasiformisのタイプスタディ2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 米国/USA, 菌類相調査/mycofloristic surveyLepiotaceous fungi in California, U.S.A. – 4. Type studies of Lepiota fumosifolia and L. petasiformis米国カリフォルニア州で採集されたLepiota fumosifoliaおよびL. petasiformisのタイプ標本を検討した。Cystolepiota fumosifolia、C. oregonensis、およびC. petasiformisの3新組み合わせを提唱した。北米西部産のCystolepiota属全種の検索表を掲載した。Cystolepiota fumosifolia▲ / Cystolepiota oregonensis▲ / Cystolepiota petasiformis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06050メキシコ、タバスコ州のアグアブランカ州立公園の滝に産した水生不完全菌類2018Scientia Fungorum2018年の論文/published in 2018, Scientia Fungorum, アナモルフ菌/anamorphic fungi, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タバスコ州/Tabasco, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyHongos ingoldianos de las cascadas del Parque Estatal Agua Blanca, Tabasco, Méxicoメキシコ、タバスコ州において滝の泡に見出される水生不完全菌の多様性を調査し、9種を同定した。9種全てをメキシコ新産種として報告した。本研究はメキシコにおける水生不完全菌の初調査となった。Campylospora chaetocladia■ / Diplocladiella taurina■ / Heliscus tentaculus■ / Jaculispora submersa■ / Lunulospora curvula■ / Miladina lecithina■ / Triscelophorus acuminatus■ / Triscelophorus monosporus■ / Trisulcosporium acerinum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Classiculomycetes/クラシキュラ綱_Classiculales/クラシキュラ目_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-06049ブラジル産の淡水生菌の新種、Campylospora brasiliensis2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サンパウロ州/São Paulo, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 森林/forest, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestCampylospora brasiliensis, a new species of freshwater fungi from Brazilブラジルの大西洋岸熱帯雨林において水に沈んだ葉のリターに発生した菌を検討し、Campylospora brasiliensisとして新種記載した。本種はブラジルの島嶼から初めて新種記載された水生不完全菌となった。本属を含むCampylospora属菌の形質比較表を掲載した。Campylospora brasiliensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06048東アジア産のトレキスポラ目のコウヤクタケ型4新種および本目の系統について2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, イネ科/Poaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, タイ/Thailand, タケ生息菌/bambusicolous fungus, チエンラーイ県/Chiang Rai, トウ属/Calamus, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 福建省/Fujian, 貴州省/GuizhouFour new corticioid species in Trechisporales (Basidiomycota) from East Asia and notes on phylogeny of the order中国およびタイからDextrinocystis calamicola、Subulicystidium acerosum、S. tropicum、およびTubulicium bambusicolaの4新種を記載した。Dextrinocystis属がヒドノドン科に含まれることを初めて示した。トレキスポラ目の全ての属の検索表を掲載した。Dextrinocystis calamicola★ / Subulicystidium acerosum★ / Subulicystidium tropicum★ / Tubulicium bambusicola★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-06047メキシコ、ユカタン半島に産したシクエストレート菌の新種、Stephanospora mayana2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, Gymnopodium属, Metopium属, MycoKeys, アカミノキ属/Haematoxylum, ウルシ科/Anacardiaceae, カンペチェ州/Campeche, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, サバンナ/savannah, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タデ科/Polygonaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, メキシコ/Mexico, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiStephanospora mayana (Stephanosporaceae, Russulales), a new sequestrate fungus from Yucatán Peninsula, Mexicoメキシコにおいてマツ属、アカミノキ属、Gymnopodium属、およびMetopium属植物の樹下に発生した菌を検討し、Stephanospora mayanaとして新種記載した。本種は傘が帯黄色網目状で薄く、担子胞子のサイズが様々で小型の冠を伴うことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でStephanosporaクレードIIIのサブクレードA (i) に含まれたが、同クレードのどの種よりも担子胞子が長い点などが異なっていた。Stephanospora mayana★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科
R3-06046ヒマワリの痩果から分離された新種、Alternaria roseogrisea2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, AFLP分析/AFLP analysis, Mycotaxon, RAPD解析/RAPD analysis, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キク科/Asteraceae, ヒマワリ属/Helianthus, マイクロサテライト/microsatellite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分離頻度/isolation frequency, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 米国/USA, 胞子形成様式/sporulation styleAlternaria roseogrisea, a new species from achenes of Helianthus annuus (sunflower)米国においてヒマワリの痩果から分離された菌を検討し、Alternaria roseogriseaとして新種記載した。本種は以前の調査で桃色のAlternaria sp. 2と呼ばれ、RAPD、RAMS、およびAFLP分析によりA. infectoria種群に含まれることが明らかになっていた。本種は6% NaCl-トマトジュース培地でのコロニーが帯灰桃色であり、分生子がごく小型でしばしば1-2細胞からなることなどで特徴づけられた。Alternaria roseogrisea★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06045イタリアの遺跡地区に産した極限環境の岩石に生息する黒色真菌2016Fungal Diversity2016年の論文/published in 2016, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, サルデーニャ自治州/Sardinia, スライド培養法/slide culture method, バチカン市国, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 極限環境/extreme environment, 沿岸域/coastal area, 温帯域/temperate zone, 湿度/humidity, 生物劣化/biodeterioration, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 発生頻度/frequency of occurrence, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variationExtremotolerant rock inhabiting black fungi from Italian monumental sitesイタリアおよびバチカン市国の遺跡において生物劣化を引き起こす菌を調査し、岩石から分離された菌を検討した。新属新種Lithophila guttulataおよびSaxophila tyrrhenicaを記載した。また、ケートチリウム目においてKnufia属とExophiala属の計5新種を記載し、カプノディウム目においてVermiconia calcicolaおよびDevriesia sardiniaeを新種記載した。Devriesia sardiniae★ / Exophiala bonariae★ / Knufia karalitana★ / Knufia marmoricola★ / Knufia mediterranea★ / Knufia vaticanii★ / Lithophila guttulata★ / Saxophila tyrrhenica★ / Vermiconia calcicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Extremaceae/エクストレマス科
R3-06044菌類学的多様性の記載 (2)2019Acta Botanica Brasilica2019年の論文/published in 2019, Acta Botanica Brasilica, Eugenia属, Myracrodruon属, Spondias属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, ウリ科/Cucurbitaceae, ウルシ科/Anacardiaceae, エピタイプ指定/epitype designation, エンドファイト/endophyte, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, スイカ属/Citrullus, タイプスタディ/type study, フトモモ科/Myrtaceae, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 種内変異/intraspecific variationMycological Diversity Description IIブラジルにおいてMyracrodruon urundeuvaからエンドファイトとして分離された菌を検討し、Diaporthe myracrodruonisとして新種記載した。また、Asterina mandaquiensisのエピタイプ標本を指定し、Serpula similisを新熱帯新産種として報告した。Perenniporia centrali-africanaをエンドファイトとして初めて報告するとともに厚壁胞子様構造を初めて記述し、Preussia africanaをSpondias tuberosaのエンドファイトとして報告した。Asterina mandaquiensis / Diaporthe myracrodruonis★ / Perenniporia centrali-africana / Preussia africana / Serpula similis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Asterinales/アステリナ目_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Boletales/イグチ目_Serpulaceae/ナミダタケ科
R3-06043屋根に生息する岩石生息菌の類縁種:光触媒反応性表面に産したメラニン化微小コロニー菌類の新種2018Life2018年の論文/published in 2018, Life, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ドイツ/Germany, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, バイオフィルム/biofilm, マドリード州/Madrid, メラニン/melanin, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 新種記載/new species, 極限環境/extreme environment, 生物劣化/biodeterioration, 種内変異/intraspecific variationRoof-Inhabiting Cousins of Rock-Inhabiting Fungi: Novel Melanized Microcolonial Fungal Species from Photocatalytically Reactive Subaerial Surfacesドイツにおいて光触媒表面反応性素材に覆われた屋根から分離された菌を検討し、Constantinomyces oldenburgensisとして新種記載した。また、本種に近縁なスペイン産の未記載の岩石生息菌をC. patouensisとして新種記載した。本種は高度に酸化した素材表面で生長し、材料試験に利用できる可能性が考えられた。Constantinomyces oldenburgensis★ / Constantinomyces patonensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目
R3-06042新規プライマーはCercospora属の種の境界を改善する2018IMA fungus2018年の論文/published in 2018, Anubias属, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Helminthotheca属, IMA fungus, Moluccella属, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, アカザ属/Chenopodium, アカザ科/Chenopodiaceae, アカバナ科/Onagraceae, アキギリ属/Salvia, アジサイ属/Hydrangea, アジサイ科/Hydrangeaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラナ科/Cruciferae, アリタソウ属, アルダビール州/Ardabil, イケマ属, イチビ属/Abutilon, イネ科/Poaceae, イラクサ属/Urtica, イラクサ科/Urticaceae, インゲンマメ属/Phaseolus, ウリ科/Cucurbitaceae, エピタイプ指定/epitype designation, オオアザミ属, オオバコ属/Plantago, オオバコ科/Plantaginaceae, オナモミ属/Xanthium, オランダミツバ属/Apium, オリーブ属/Olea, カエデ属/Acer, カボチャ属/Cucurbita, カララシ県, ガガイモ科/Asclepiadaceae, キクニガナ属/Cichorium, キク科/Asteraceae, キダチルリソウ属/Heliotropium, キンセンカ属/Calendula, ギーラーン州/Gilan, ケイトウ属/Celosia, コウオウソウ属, サトイモ科/Araceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ザンジャーン州/Zanjan, シソ科/Lamiaceae, スイカ属/Citrullus, スイバ属/Rumex, スズメノチャヒキ属/Bromus, セリ科/Apiaceae, センダングサ属/Bidens, ゼニアオイ属/Malva, ソラマメ属/Vicia, タイプスタディ/type study, タカサブロウ属, タデ科/Polygonaceae, ダイコン属, ダイズ属/Glycine, チョウセンアサガオ属/Datura, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, ツリフネソウ属/Impatiens, ツリフネソウ科/Balsaminaceae, テッポウウリ属, テンジクアオイ属/Pelargonium, ナス科/Solanaceae, ノゲシ属/Sonchus, ハナズオウ属/Cercis, ヒユ属/Amaranthus, ヒユ科/Amaranthaceae, フウチョウボク属, フウチョウボク科, フウロソウ科/Geraniaceae, フダンソウ属/Beta, フヨウ属/Hibiscus, マツヨイグサ属/Oenothera, マメグンバイナズナ属, マメ科/Fabaceae, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ムラサキ科/Boraginaceae, モクセイ科/Oleaceae, モロコシ属/Sorghum, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヨモギギク属/Tanacetum, ラッカセイ属/Arachis, ルーマニア/Romania, レクトタイプ指定/lectotype designation, ワタ属/Gossypium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新規プライマー設計/novel primer designation, 未記載種/undescribed species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 葉面菌/leaf surface fungi, 複合種/species complexNovel primers improve species delimitation in Cercospora8遺伝子の配列データを用いてCercospora属菌における種の境界を検討した。本属菌のDNAバーコード遺伝子候補を検討し、属全体に有効な単一の遺伝子はなかったものの、最も優れたものがgapdhであることを示した。複数の複合種における新規クレードを明らかにし、C. uwebraunianaおよびC. gamsianaの2新種を記載した。Cercospora apii / Cercospora beticola / Cercospora bizzozeriana / Cercospora flagellaris / Cercospora gamsiana★ / Cercospora plantaginis / Cercospora uwebrauniana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06041アジア新産種、Xanthoparmelia pustulosa2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, エルズィンジャン県/Erzincan, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 湿度/humidity, 珪質岩/siliceous rocks, 草地/grassland, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyXanthoparmelia pustulosa (Parmeliaceae), a lichen new to Asiaトルコ、エルズィンジャン県からアジア新産種としてXanthoparmelia pustulosaを報告した。本種は内陸の乾燥地域において草地の珪質岩に生じていた。本種の記載文を掲載した。Xanthoparmelia pustulosa■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06040ブラジルの半乾燥地域、カーチンガ・バイオームに産した淡水生子嚢菌の新種Annulatascus apiculatus2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, 半乾燥地域/semi-arid area, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 静水環境/lentic environmentAnnulatascus apiculatus sp. nov., a new freshwater ascomycete from the semi-arid Caatinga biome of Brazilブラジル、カーチンガ・バイオームにおいて小川に沈んだ材に発生した菌を検討し、Annulatascus apiculatusとして新種記載した。本種は子嚢殻が半埋生し、黒色球形で頸部を有し、子嚢が円筒形、子嚢胞子が無色で0-3隔壁を有し、ゼラチン質の鞘に包まれることなどで特徴づけられた。本種は子嚢胞子の両端に嘴状突起を有するという特徴により、全ての同属他種と区別された。Annulatascus apiculatus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Annulatascales/アニュラタスカス目_Annulatascaceae/アニュラタスカス科
R3-06039アトラクティエラ目との系統的類縁性を有するアナモルフ菌の新属新種Basidiopycnides albertensis2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, DAPI染色/DAPI staining, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルバータ州/Alberta, カナダ/Canada, シンネマ形成菌/synnematous fungus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収斂進化/convergent evolution, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 核の挙動/behavior of nuclear, 核染色/nuclear staining, 樹皮下キクイムシ/bark beetle, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 系統ネットワーク/phylogenetic network, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscopeBasidiopycnides albertensis gen. et sp. nov., a new anamorphic fungus with phylogenetic affinities in the Atractiellales (Basidiomycota)カナダ、アルバータ州においてマツ材の樹皮下キクイムシの坑道から分離された菌を検討し、新属新種Basidiopycnides albertensisとして記載した。本種は有性世代を形成せず、Graphium属のようなシンネマ類似の分生子柄を形成し、顕著なアネレーションを有することなどで特徴づけられた。詳細な形態観察および分子系統解析の結果、本種は菌糸細胞および分生子が常に二核であり、担子菌門のアトラクティエラ目に近縁であることが示された。Basidiopycnides albertensis★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Atractiellomycetes/アトラクティエラ綱_Atractiellales/アトラクティエラ目
R3-06038ヨーロッパロシア、ジグリ産のPachykytospora属1新種2007Ukrainian Botanical Journal2007年の論文/published in 2007, Ukrainian Botanical Journal, ウワミズザクラ属/Padus, サマラ州/Samara, バラ科/Rosaceae, ロシア/Russia, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeA new Pachykytospora (Basidiomycota, Polyporales) from Zhiguli, European Russiaロシア、サマラ州の広葉樹林においてPadus aviumに生じた菌を検討し、Pachykytospora wasseriとして新種記載した。本種は担子胞子および骨格菌糸が弱いデキストリノイドであることなどで特徴づけられた。本種は近縁の2種とは孔口のサイズ、担子胞子のサイズおよび形状、骨格菌糸のデキストリノイド性などで区別された。Pachykytospora wasseri★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-06037新規セコティオイド型を含むオーストラリアおよび北米産アセタケ属菌2新種2014Botany2014年の論文/published in 2014, Allocasuarina属, Botany, DAPI染色/DAPI staining, TreeBASE, オーストラリア/Australia, カリフォルニア州/California, シクエストレート菌/sequestrate fungus, セコティオイド菌類/secotioid fungus, フトモモ科/Myrtaceae, モクマオウ科/Casuarinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収斂進化/convergent evolution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新品種記載/new forma, 新種記載/new species, 核染色/nuclear staining, 森林/forest, 植林地/plantation, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 腹菌化/gastromycetization, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 西オーストラリア州/Western AustraliaTwo new species of Inocybe from Australia and North America that include novel secotioid formsオーストラリアおよび北米から、アセタケ科菌類としては2番目、3番目の例となるセコティオイドの子実体を報告した。オーストラリア産からはI. bicornisを新種記載し、セコティオイドのものはその品種secotioidesとした。北米からはI. multifoliaを新種記載し、セコティオイドのものはその品種cryptophyllaとした。Inocybe bicornis★ / Inocybe multifolia★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06036インド、ガルワール・ヒマラヤにおけるテングタケ属Amanita節の新産種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コナラ属/Quercus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew records of Amanita section Amanita from Garhwal Himalaya, Indiaインド、ガルワール・ヒマラヤからテングタケ属Amanita節の4種をインド新産種として報告した。各種について記載文および肉眼的形質、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。4番目の種はパキスタンから報告され、暫定的に「PAK5」と呼称されているA. altipes類似種であった。Amanita concentrica■ / Amanita rubrovolvata■ / Amanita subglobosa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-06035バングラデシュにおいてシッソノキに生じた新産種Phyllactinia dalbergiaeおよびそのアナモルフである新種Ovulariopsis sissoo2008Bangladesh Journal of Plant Pathology2008年の論文/published in 2008, Bangladesh Journal of Plant Pathology, うどんこ病/powdery mildew, ダッカ管区/Dhaka, ツルサイカチ属/Dalbergia, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, バングラデシュ/Bangladesh, バングラデシュ新産種/Bangladesh_new record, マメ科/Fabaceae, 吸器/haustorium, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生活環/life cycle, 葉面菌/leaf surface fungi, 難培養性菌/uncultured fungiNew record of Phyllactinia dalbergiae Piroz. and its anamorph Ovulariopsis sissoo sp. nov. on Dalbergia sissoo Roxb. from Bangladeshバングラデシュにおいてシッソノキの葉に生じたうどんこ病菌の一種を検討し、Ovulariopsis sissooとして新種記載した。本種はPhyllactinia dalbergiaeのアナモルフとして記載された。P. dalbergiaeは従来インド、パキスタンから知られていたが、バングラデシュからの報告は初であった。Ovulariopsis sissoo★ / Phyllactinia dalbergiae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-06034スイスにおいてムシゴケ属地衣に発生した初の地衣生コウヤクタケ属菌2018Bulletin de la Societe des Naturalistes Luxembourgeois2018年の論文/published in 2018, Bulletin de la Societe des Naturalistes Luxembourgeois, アオシモゴケ科/Icmadophilaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シノニム/synonym, スイス/Switzerland, ムシゴケ属/Thamnolia, ヴァレー州/Valais, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combinationA first lichenicolous Corticium species (Corticiaceae, Corticiales), described from Thamnolia in Switzerlandスイスにおいてムシゴケ属地衣に生じた地衣生菌の一種を検討し、Corticium silviaeとして新種記載した。本種は初の地衣生コウヤクタケ属菌であり、担子器果が淡桃色で担子器および担子胞子が比較的小型、シスチジアを欠き、菌糸にクランプを有することなどで特徴づけられた。Limonomyces属をLaetisaria属のシノニムと考え、Laetisaria buckiiなど5件の新組み合わせを提唱した。Corticium silviae★ / Laetisaria buckii▲ / Laetisaria culmigena▲ / Laetisaria marsonii▲ / Laetisaria nothofagicola▲ / Laetisaria roseipellis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-06033インド中部のサラノキ林におけるベニタケ属きのこの3記録2019International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences2019年の論文/published in 2019, International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences, インド/India, サラノキ属/Shorea, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiThree Records of Russula Mushroom from Sal Forest of Central Indiaインド、マディヤ・プラデーシュ州のサラノキ林においてベニタケ属菌3種を採集した。Russula brevipes、R. luteotacta、およびR. silvicolaがいずれもインド中部新産種として報告された。3種はいずれもサラノキ属植物の樹下に発生し、既にインドからの報告がある種であった。Russula brevipes■ / Russula luteotacta■ / Russula silvicola■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06032ブラジル産の独特な2分類群:Macrocybe titansおよびMarasmius leoninus2016RMR Boll. AMER2016年の論文/published in 2016, RMR Boll. AMER, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 仮説提唱/hypothesis proposed, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 腐生菌/saprobeTwo particular taxa from Brazil: Macrocybe titans and Marasmius leoninusブラジルで採集されたMacrocybe titansおよびMarasmius leoninusを報告した。前者について、偽シスチジアの有無が異なるとされるM. pachymeresは同種か、あるいは品種または変種と考えられるとした。後者について、地理的分布に関する知見を挙げたほか、M. floricepsとは同種の可能性が高いと考えた。Macrocybe titans / Marasmius leoninusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Catathelasmataceae/モミタケ科_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-06031日本産タケ生息菌 (8):屋久島産のPseudolachnella属1新種2008Mycoscience2008年の論文/published in 2008, Mycoscience, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, メダケ属/Pleioblastus, リター菌/litter fungi, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 南西諸島/Nansei Islands, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 日本/Japan, 生物多様性調査/biodiversity survey, 鹿児島県/KagoshimaBambusicolous fungi in Japan (8): a new species of Pseudolachnella from Yakushima Island, southern Japan屋久島においてタケの稈に発生した菌を検討し、Pseudolachnella yakushimensisとして新種記載した。本種は分生子果が杯状で無数の黒色の剛毛に覆われ、分生子が円筒形で3隔壁および両端に2-5つの付属糸を有していた。本種は分生子のサイズや付属糸の数などに基づき同属他種と区別された。Pseudolachnella yakushimensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06030マハーラーシュトラ州、アムラーワティー地域、Sipna川に産した淡水生菌類2015International Journal of Science and Research2015年の論文/published in 2015, International Journal of Science and Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwaterFresh Water Fungi From Sipna River, Dist. Amravati (M.S.)インド、マハーラーシュトラ州の河川において泡を採集し、水生不完全菌を調査した。Mycoleptodiscus lateralisなど4種を報告した。これらの種はいずれもマハーラーシュトラ州新産種として報告された。Mycoleptodiscus lateralis■ / Pseudorobillarda phragmitis■ / Speiropsis scopiformis■ / Trinacrium subtile■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Magnaporthaceae/マグナポルテ科_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科
R3-06029バルカン半島産のAestivumクレードの黒トリュフの新種、Tuber pulchrosporum2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, アッティカ地方/Attica, イピロス地方/Epirus, カバノキ科/Betulaceae, ギリシャ/Greece, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, テッサリア地方/Thessaly, ブナ科/Fagaceae, ブルガリア/Bulgaria, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 東マケドニア・トラキア地方/East Macedonia and Thrace, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 西ギリシャ地方/Ditiki Ellada, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒トリュフ/black truffleTuber pulchrosporum sp. nov., a black truffle of the Aestivum clade (Tuberaceae, Pezizales) from the Balkan peninsulaギリシャおよびブルガリアで採集された黒トリュフの一種を検討し、Tuber pulchrosporumとして新種記載した。本種は子嚢果が帯黄褐色~暗褐色で基部に浅い腔所を有し、子嚢が(1-)2-8胞子性、子嚢胞子が楕円形~類紡錘形で独特の装飾を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、Aestivumクレードにおいて独自の系統を形成した。Tuber pulchrosporum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-06028中米新産の2種、Geastrum echinulatumおよびG. rusticum2019Studies in Fungi2019年の論文/published in 2019, Studies in Fungi, エレディア州/Heredia, コスタリカ/Costa Rica, コスタリカ新産種/Costa Rica_new record, シクエストレート菌/sequestrate fungus, パナマ/Panama, パナマ新産種/Panama_new record, パナマ県/Panama (Province), リター菌/litter fungi, 中米新産種/Central America_new record, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetesGeastrum echinulatum and G. rusticum (Geastraceae, Basidiomycota) – two new records for Central AmericaコスタリカからGeastrum echinulatum、パナマからG. rusticumをそれぞれ報告した。両種はともにブラジルのみから知られており、中米からの報告は初となった。両種について記載文、生態写真、顕微鏡写真、類似種との相違点などを掲載した。Geastrum echinulatum■ / Geastrum rusticum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科
R3-06027トルコにおけるSclerogaster属の新産種および新規採集地2019Süleyman Demirel Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi2019年の論文/published in 2019, Süleyman Demirel Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi, イスタンブール県/Istanbul, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyA New Record and New Localities for the Genus Sclerogaster R.Hesse in TurkeyトルコからSclerogaster candidusおよびS. compactusを報告した。前者はトラブゾン県で採集され、トルコ新産種として報告された。後者はイスタンブール県から初めて報告された。Sclerogaster candidus■ / Sclerogaster compactus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Sclerogastraceae/スクレロガスター科
R3-06026中国南西部産の昆虫病原菌の新種、Metarhizium baoshanense2018Pakistan Journal of Zoology2018年の論文/published in 2018, Pakistan Journal of Zoology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クローニング/cloning, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 複合種/species complex, 釣菌法/baiting method, 雲南省/YunnanMetarhizium baoshanense sp. nov., a New Entomopathogen Fungus from Southwestern China中国雲南省で土壌から採集された昆虫病原菌の一種を検討し、Metarhizium baoshanenseとして新種記載した。本種は同じM. anisopliae複合種の近縁種とは分生子のサイズ、PDA培地におけるコロニーの色などが異なっていた。また、同地で採集されたM. indigoticumのアナモルフを初めて記録した。Metarhizium baoshanense★ / Metarhizium indigoticumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-06025ペルーにおいてマンゴーに立ち枯れ病を引き起こすLasiodiplodia属菌の系統および病原性2017Fungal Biology2017年の論文/published in 2017, Fungal Biology, GCPSR, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウルシ科/Anacardiaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, シノニム/synonym, ピウラ県, ペルー/Peru, ペルー新産種/Peru_new record, マンゴー属/Mangifera, 乾燥地域/dry area, 優先権/priority, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 採集地マッピング/collection site mapping, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 病害評価尺度/disease rating scale, 種概念/species concept, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 表面殺菌法/surface sterilization method, 雑種形成/hybridizationPhylogeny and pathogenicity of Lasiodiplodia species associated with dieback of mango in Peruペルー、ピウラにおいてマンゴーに立ち枯れ病を引き起こすLasiodiplodia属菌の特定および病原性評価を試みた。新組み合わせLasiodiplodia laeliocattleyaeを含む5種を同定し、うち4種をペルー新産種として報告した。そのうちLasiodiplodia sp.は2種の雑種である可能性が示唆された。Lasiodiplodia exigua / Lasiodiplodia iraniensis / Lasiodiplodia laeliocattleyae▲Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06024インド、マハーラーシュトラ州、Buldhana地域産の水生菌類(2):Camylospora属2015International Journal of Science and Research2015年の論文/published in 2015, International Journal of Science and Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 淡水域/freshwaterAquatic Fungi from Buldhana District (M.S., India) – II: Genus Camylospora Ranzoniインド、マハーラーシュトラ州、Buldhana地域において淡水の泡試料から採集された3種のCamylospora属菌を報告した。そのうちC. leptosomaをインド新産種として報告した。残りの2種は調査地域における新産種であった。Campylospora chaetocladia■ / Campylospora filicladia■ / Campylospora leptosoma■Ascomycota/子嚢菌門
R3-06023インド、マハーラーシュトラ州、Buldhana地域産の水生菌類(4):子嚢菌類2015International Journal of Science and Research2015年の論文/published in 2015, International Journal of Science and Research, インド/India, インド新産種/India_new record, ガマ属/Typha, ガマ科/Typhaceae, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, リター菌/litter fungi, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 腐生菌/saprobeAquatic Fungi from Buldhana District (M.S., India) – IV: Ascomycetesインド、マハーラーシュトラ州、Buldhana地域から5種の淡水生子嚢菌類を報告した。そのうちAniptodera inflatiascigeraをインド新産種として報告した。残りの4種はマハーラーシュトラ州新産種であった。Aniptodera inflatiascigera■ / Ascosacculus heteroguttulatus■ / Neomassariosphaeria typhicola■ / Savoryella verrucosa■ / Zopfiella karachiensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Halosphaeriaceae/ハロスフェリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Amniculicolaceae/アムニクリコラ科_Savoryellales/サヴォリエラ目_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-06022ヨーロッパの老齢林に産した粉芽を有する地衣の新種、Bacidia albogranulosa2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, アディゲ共和国/Adygea, アトラノリン類/atranorins, ウクライナ/Ukraine, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, ザカルパッチャ州/Zakarpattia, チェコ/Czech, トネリコ属/Fraxinus, ニシキギ属/Euonymus, ニシキギ科/Celastraceae, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, プルゼニ州/Plzeň, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ロシア/Russia, 不完全地衣/anamorphic lichen, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南モラヴィア州/South Moravian, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyBacidia albogranulosa (Ramalinaceae, lichenized Ascomycota), a new sorediate lichen from European old-growth forestsチェコ、ポーランド、ウクライナ、およびロシアの老齢林において広葉樹の樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Bacidia albogranulosaとして新種記載した。本種は地衣体が非常に薄く淡灰色、子器および粉子器を欠き、粉芽を有し、アトラノリンを含むことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、同じくアトラノリンを有する3種の同属菌と近縁であった。Bacidia albogranulosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-06021スペイン北部から報告されたラジアータマツの潜在的病原菌、Diplodia scrobiculata2017Phytopathologia Mediterranea2017年の論文/published in 2017, Phytopathologia Mediterranea, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, コッホの原則/Koch_s postulation, スペイン/Spain, バスク自治州/Basque Country, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 特異的PCR/specific PCR, 生長速度/growth rate, 病原力/virulence, 移入種/alien species, 表面殺菌法/surface sterilization methodDiplodia scrobiculata: a latent pathogen of Pinus radiata reported in northern Spainスペイン、バスク州のラジアータマツ植林地における枝枯病の病原菌を検討し、Diplodia scrobiculataと同定した。無症状の樹木から分離された菌株は温室条件において高い侵略力を示した。スペインにおける無症状ラジアータマツからの病原力を有する本種の報告は初となった。Diplodia scrobiculataPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06020スペインのブドウ園においてブドウのつるおよび環境試料から分離されたCadophora luteo-olivaceaおよびC. meliniiの特性2011Phytopathologia Mediterranea2011年の論文/published in 2011, Phytopathologia Mediterranea, クラスター分析/cluster analysis, コッホの原則/Koch_s postulation, スペイン/Spain, スライド培養法/slide culture method, バイオマス測定/biomass measurement, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 種内変異/intraspecific variation, 統計解析/statistical analysis, 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 選択培地/selective mediumCharacterization of Cadophora luteo-olivacea and C. melinii isolates obtained from grapevines and environmental samples from grapevine nurseries in Spainスペインのブドウ園においてペトリ病の病徴を示したブドウから58菌株のCadophora luteo-olivaceaと3菌株のC. meliniiを得た。異なるブドウ園や生産地で得られた菌株を比較しても、両種にはほとんど種内の遺伝的変異を認めなかった。Cadophora属の全種の組み合わせについて交配試験を行ったが、有性生殖構造の形成は認めなかった。Cadophora luteo-olivacea / Cadophora meliniiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱
R3-06019遺伝子データによりイベリア半島北東部、カディ・ムシェロ自然公園におけるCortinarius puellarisの存在が明らかになった2017Butlletí Societat Micològica Valenciana2017年の論文/published in 2017, Butlletí Societat Micològica Valenciana, カタルーニャ州/Catalonia, カタルーニャ語/Catalan, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, ハシバミ属/Corylus, ピレネー山脈/Pyrenees, ブナ科/Fagaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 菌根菌/mycorrhizal fungiDades genètiques confirmen la presència de Cortinarius puellaris (Cortinariaceae, Agaricales) al Parc Natural del Cadí-Moixeró (NE Península Ibèrica)スペイン、カディ・ムシェロ自然公園からCortinarius puellarisを報告した。本種はイベリア半島新産種として報告され、本種との同定はITS配列により裏付けられた。本種はおそらくコナラ属またはハシバミ属植物と関係を持っているとみられた。Cortinarius puellaris■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-06018中国においてクスノキに生じた新種Lasiodiplodia cinnamomi2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クスノキ科/Lauraceae, ニッケイ属/Cinnamomum, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 江蘇省/Jiangsu, 潰瘍病/cankerLasiodiplodia cinnamomi sp. nov. from Cinnamomum camphora in China中国江蘇省においてクスノキに枝枯病を引き起こした菌を検討し、Lasiodiplodia cinnamomiとして新種記載した。本種は分生子の形態が特徴的であったが、分生子果が成熟すると放出されるのでその観察は容易ではなかった。本種はL. pseudotheobromaeと姉妹群を形成したが、分生子がより小型であった。Lasiodiplodia cinnamomi★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06017中国産の新種Gyalecta caudiospora2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 貴州省/GuizhouGyalecta caudiospora sp. nov. from China中国貴州省で採集された地衣の一種を検討し、Gyalecta caudiosporaとして新種記載した。本種は地衣体が帯緑色、子器盤が淡黄色、子嚢が8胞子性、子嚢胞子に3隔壁および長い先細りの付属糸を有することなどで特徴づけられた。中国産サラゴケ属地衣の検索表を掲載した。Gyalecta caudiospora★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科
R3-06016河口に産したツユカビ科Phytopythium属の姉妹分類群、新属Calycofera2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, クマツヅラ科/Verbenaceae, ヒルギダマシ属/Avicennia, ベリーズ/Belize, リター菌/litter fungi, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 水生菌/aquatic fungi, 汽水域/brackish waters, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 胞子発達様式/spore development style, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesCalycofera gen. nov., an estuarine sister taxon to Phytopythium, PeronosporaceaeHalophytophthora operculataに対して新属Calycoferaを提唱した。本属はPhytopythium属と姉妹群を形成したが、遊走子嚢の形状や発達様式などが異なっていた。また、本属の2番目の種として、C. operculataの隠蔽種をC. crypticaとして新種記載した。Calycofera cryptica★ / Calycofera operculata▲Oomycota/卵菌門_Peronosporales/ツユカビ目
R3-06015珪藻寄生性卵菌Lagenisma coscinodisciはミズカビ綱における初期分岐系統である2015Mycological Progress2015年の論文/published in 2015, Mycological Progress, コアミケイソウ属, コアミケイソウ科, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 新綱提唱/new class, 水生菌/aquatic fungi, 海生菌/marine fungi, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 珪藻, 藻類寄生菌/algae parasitic fungus, 藻類生息菌/algicolous fungus, 褐藻/brown algae, 難培養性菌/uncultured fungiThe diatom parasite Lagenisma coscinodisci (Lagenismatales, Oomycota) is an early diverging lineage of the Saprolegniomycetes珪藻寄生菌Lagenisma coscinodisciの他の卵菌類との系統関係を分子系統解析により検討した。L. coscinodisciはミズカビ綱クレードの基部に位置づけられた。また、ミズカビ綱が命名規約36.1条に違反し無効であったため、本研究で改めて提唱した。Lagenisma coscinodisciOomycota/卵菌門
R3-06014ヒエノアブラムシにおけるLecanicillium longisporumの有性世代の報告2018Scientia Fungorum1F=1N, 2018年の論文/published in 2018, Melanaphis属, Scientia Fungorum, アブラムシ科/Aphididae, コリマ州/Colima, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, マイクロマニピュレーター/micromanipulator, メキシコ/Mexico, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 生物農薬/biopesticide, 配列決定/sequencingReporte del estado sexual de Lecanicillium longisporum en Melanaphis sacchariメキシコ、コリマ州においてヒエノアブラムシに発生した菌を検討し、Lecanicillium longisporumと同定した。採集3ヶ月後に、虫体上に本菌の有性世代(子嚢殻)を認めた。本種のテレオモルフの報告は初となった。Lecanicillium longisporumAscomycota/子嚢菌門
R3-06013タイにおいてパラゴムノキの枝に生じた新種Coryneum heveanum2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, パラゴムノキ属/Hevea, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子の発芽/germination of sporesCoryneum heveanum sp. nov. (Coryneaceae, Diaporthales) on twigs of Para rubber in Thailandタイにおいてパラゴムノキの枝に発生した菌を検討し、Coryneum heveanumとして新種記載した。本種は分生子が屈曲する棍棒形~紡錘形で4-6つの偽隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種と形態的に類似する種および系統的に近縁な種との形質比較表を掲載した。Coryneum heveanum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-06012H. macaronesicumの隠された系統である新種、Hyphoderma paramacaronesicum2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Banksia属, BEAST, Fungal Systematics and Evolution, GCPSR, Launaea属, Ocotea属, PlutoF, TreeBASE, UNITE, アゾレス諸島/Azores islands, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, カナリア諸島/Canary Islands, キク科/Asteraceae, クスノキ科/Lauraceae, クローニング/cloning, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ゴジアオイ属/Cistus, スペイン/Spain, タバコ属/Nicotiana, ナス科/Solanaceae, ネステッドPCR/nested PCR, ハプロタイプネットワーク/haplotype network, ハンニチバナ科/Cistaceae, ヒストグラム/histogram, ポルトガル/Portugal, マカロネシア/Macaronesia, ヤマモガシ科/Proteaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 同胞種/sibling species, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 移入種/alien species, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 系統ネットワーク/phylogenetic network, 統計解析/statistical analysis, 隠蔽種/cryptic speciesHyphoderma paramacaronesicum sp. nov. (Meruliaceae, Polyporales, Basidiomycota), a cryptic lineage to H. macaronesicumHyphoderma macaronesicumについて、ハプロタイプネットワークやGCPSRなどを用いて再検討した。本種が少なくとも2つの異なる種からなることを示した。そのうちの一つをH. paramacaronesicumとして新種記載した。Hyphoderma paramacaronesicum★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-06011南アフリカにおいてアカシアに菌癭を生じるRavenelia属さび菌の新規宿主関係および新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, Vachellia属, さび菌/rust fungi, クワズール・ナタール州/KwaZulu-Natal, ゴール/gall, マメ科/Fabaceae, ムプマランガ州/Mpumalanga, レーダーチャート, 主成分分析/principal component analysis, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 収蔵標本/stored specimen, 多犯性菌/plurivorous fungus, 奇形/malformation, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 散布図/scatter plot, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 特異的PCR/specific PCR, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 統計解析/statistical analysis, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEMNew host associations and a novel species for the gall-inducing acacia rust genus Ravenelia in South Africa南アフリカにおいてRavenelia属さび菌の調査を実施し、従来この菌の宿主として知られていなかったVachellia属(旧アカシア属)9種を新宿主として記録した。R. macowanianaとR. evansiiの宿主範囲はそれぞれ4種から9種、1種から3種に拡大した。V. xanthophloeaに発生した菌を検討し、R. xanthophloeaeとして新種記載した。Ravenelia evansii / Ravenelia macowaniana / Ravenelia xanthophloeae★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Raveneliaceae/ラヴェネリア科
R3-06010Leightoniella zeylanensisはハナビラゴケ科に属する2018Nordic Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Nordic Journal of Botany, TreeBASE, コケ上に生える菌/fungi on moss, スリランカ/Sri Lanka, タイプスタディ/type study, レクトタイプ指定/lectotype designation, 共有派生形質/synapomorphy, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新形質報告/new character, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestLeightoniella zeylanensis belongs to the PannariaceaeLeightoniella zeylanensisはイワノリ科やハナビラゴケ科など様々に分類されてきたが、本種のDNA配列データを取得し、分子系統解析により系統的位置を検討した。その結果、本種がハナビラゴケ科のPhysmaクレードに含まれることが明らかになったが、当該クレード内部の系統関係は不明確であった。基礎異名Pterygium zeylanenseのレクトタイプ標本を指定した。Leightoniella zeylanensisAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-06009マドリード、グアダラマ国立公園に産した北方産の稀産種、Inocybe bufonia2015Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2015年の論文/published in 2015, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タイプスタディ/type study, ピートボグ/peat bog, フェノロジー/phenology, マドリード州/Madrid, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 亜高山帯/subalpine zone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 散布図/scatter plot, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 湿地帯/wetland, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酸性土壌/acidic soilInocybe bufonia (Inocybaceae), una rara especie boreal encontrada en el Parque Nacional de la Sierra de Guadarrama (Madrid)スペイン、マドリードのグアダラマ国立公園から稀産種のInocybe bufoniaを報告した。本種は近年フィンランドおよびカナダから新種記載された北方の種であった。本種はスペインにおいては山地の非常に湿ったピートボグに発生しており、カバノキ属あるいはヤナギ属樹木と関係を持っているとみられた。Inocybe bufonia■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06008Trematosphaeria grisea(シノニム:Madurella grisea)ではなくNigrograna mackinnoniiがラテンアメリカにおける黒色穎粒菌腫の主な原因菌である2018Journal of Clinical Microbiology2018年の論文/published in 2018, Journal of Clinical Microbiology, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, ヒト病原菌/human pathogen, メキシコ/Mexico, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 採集地マッピング/collection site mapping, 生体組織診断/biopsy, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 臨床検体/clinical specimens, 菌腫/mycetoma, 誤同定/misidentificationNigrograna mackinnonii, Not Trematosphaeria grisea (syn., Madurella grisea), Is the Main Agent of Black Grain Eumycetoma in Latin AmericaTrematosphaeria griseaと同定されてきた菌腫の原因菌を検討し、Nigrograna mackinnoniiの誤同定が含まれることを示した。メキシコにおいて3例が当該種による菌腫を発症し、イトラコナゾール治療によりそのうち2例で臨床的改善を得た。さらに菌腫患者由来の21菌株を検討し、ラテンアメリカにおける菌腫の原因菌のほとんどが当該種であることを示した。Nigrograna mackinnoniiPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Nigrogranaceae/ニグログラナ科
R3-06007Muscodor属の系統的位置の確定およびMuscodor属1新種の記載2019Mycosphere2019年の論文/published in 2019, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, エンドファイト/endophyte, グラスエンドファイト/grass-endophyte, チヂミザサ属/Oplismenus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/YunnanConfirming the phylogenetic position of the genus Muscodor and the description of a new Muscodor species分子系統解析によりMuscodor属が他の近縁属と異なる独自の系統を形成することを示した。中国雲南省においてチヂミザサから分離されたエンドファイトを検討し、M. yunnanensisとして新種記載した。本新種は独自の系統を形成し、コロニーの色や菌糸体の生長様式なども近縁種と異なっていた。Muscodor yunnanensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06006新熱帯におけるFaurelina属菌の初記録2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ヤギ属/Capra, 半乾燥地域/semi-arid area, 南米新産種/South America_new record, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 糞生菌/coprophilous fungiFirst records of Faurelina in the Neotropics新熱帯新産種としてFaurelina fimigenaおよびF. hispanicaの2種を報告した。これらの菌はブラジル、カーチンガ・バイオームにおいて草食動物の糞に発生した。Faurelina属4種の検索表を掲載した。Faurelina fimigena■ / Faurelina hispanica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Chadefaudiellaceae/シャドフォーディエラ科
R3-06005コートジボワール産のアフラトキシンを産生する新種、Aspergillus korhogoensis2017Toxins2017年の論文/published in 2017, MAT遺伝子/MAT gene, Toxins, アスペルギリン酸/aspergillic acid, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アフラトキシン/aflatoxin, イディオモルフ/idiomorph, インドール類/indoles, コートジボワール/Côte d’Ivoire, シクロピアゾン酸/cyclopiazonic acid, ピラジン類/pyrazines, ポロ州, マイコトキシン/mycotoxin, マメ科/Fabaceae, ラッカセイ属/Arachis, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配型/mating type, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 生長速度/growth rate, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 菌核/sclerotium, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyAspergillus korhogoensis, a Novel Aflatoxin Producing Species from the Côte d’Ivoireコートジボワールにおいてピーナッツおよびピーナッツペーストの汚染に関与するコウジカビ属Flavi節菌を検討した。PreA、PreB、およびPpgA遺伝子を含む9つの遺伝子領域を用いて分子系統解析を実施し、分離された菌をAspergillus korhogoensisとして新種記載した。本種はアフラトキシンBおよびG類、アスペルギリン酸、シクロピアゾン酸などのマイコトキシンおよび二次代謝産物を産生した。Aspergillus korhogoensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-06004分生子果不完全菌、Dinemasporium属2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Chasmopodium属, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, イースタン州(ガーナ)/Eastern Region (Ghana), エンジュ属/Sophora, カエデ属/Acer, ガーナ/Ghana, シエラレオネ/Sierra Leone, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, ハシドイ属/Syringa, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 南部州(シエラレオネ), 命名法/nomenclature, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 河北省/Hebei, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanDinemasporium (coelomycetes)ガーナ、シエラレオネ、および中国からDinemasporium属の計4新種を記載した。また、新組み合わせD. neottiosporioidesを提唱した。本属菌の検索表を掲載した。Dinemasporium asetulum★ / Dinemasporium decipiens / Dinemasporium fusiforme★ / Dinemasporium ligongense★ / Dinemasporium neottiosporioides▲ / Dinemasporium sinense★ / Dinemasporium strigosumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科
R3-06003形態および分子の研究によりインド南西部におけるスイカの炭疽病の原因菌がColletotrichum orbiculareであることが明らかになった2018International Journal of Innovative Horticulture2018年の論文/published in 2018, International Journal of Innovative Horticulture, アウトブレイク/outbreak, インド/India, ウリ科/Cucurbitaceae, カルナータカ州/Karnataka, コッホの原則/Koch_s postulation, スイカ属/Citrullus, スライド培養法/slide culture method, リニアグロース/linear growth, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 炭疽病/anthracnose, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 種内変異/intraspecific variation, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complexMorphological and molecular studies reveal that Colletotrichum orbiculare is the causative agent of anthracnose of watermelon in South West Indiaインド、カルナータカ州において発生したスイカの炭疽病のアウトブレイクの原因菌を検討した。形態学的検討および分子系統解析の結果を基に、病原菌をColletotrichum orbiculareと特定した。果実および葉に対する接種試験を実施して病原性を確かめた。Colletotrichum orbiculareAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-06002フェノスカンジア新産の被果地衣類2種、Anisomeridium viridescensおよびArthopyrenia callunae2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, カバノキ科/Betulaceae, ギョリュウモドキ属, ツツジ科/Ericaceae, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ハシバミ属/Corylus, ホルダラン県/Hordaland, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 温帯雨林/temperate rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenAnisomeridium viridescens and Arthopyrenia callunae, two pyrenolichens new to Fennoscandiaノルウェーの森林からAnisomeridium viridescensおよびArthopyrenia callunaeの2種をフェノスカンジア新産種として報告した。前者はセイヨウハシバミ、後者はギョリュウモドキの樹皮にそれぞれ発生していた。両種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Anisomeridium viridescens■ / Arthopyrenia callunae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiales/モノブラスティア目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Arthopyreniaceae/アースロピレニア科
R3-06001Cryptophiale属、Cryptophialoidea属、Nawawia属、新属Neonawawia属、およびPhialosporostilbe属の系統的位置2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クラビー県/Krabi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, トラート県/Trat, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 貴州省/GuizhouPhylogenetic placement of Cryptophiale, Cryptophialoidea, Nawawia, Neonawawia gen. nov. and Phialosporostilbe中国およびタイにおいて淡水に沈んだ材に発生した菌を検討し、新属Neonawawiaを含む4属の系統的位置を検討した。中国およびタイで採集された菌を検討し、Phialosporostilbe scutiformisとして新種記載した。Neonawawia malaysianaおよびPhialosporostilbe dendroideaの2新組み合わせを提唱したほか、3種を再採集して初の配列データを得た。Cryptophiale udagawae / Cryptophialoidea fasciculata / Nawawia filiformis / Neonawawia malaysiana▲ / Phialosporostilbe dendroidea▲ / Phialosporostilbe scutiformis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06000ベンガル湾のアンダマン諸島に産した新規寄生性微小菌類2018Species2018年の論文/published in 2018, Species, すす病/sooty mold, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンダマン・ニコバル諸島/Andaman and Nicobar Islands, インド/India, シクンシ属/Combretum, シクンシ科/Combretaceae, ツルウメモドキ属/Celastrus, ニシキギ科/Celastraceae, 付着器/appressorium, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新変種記載/new variety, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉面菌/leaf surface fungiNew Parasitic Micro Fungi from Andaman Islands in the Bay of Bengalアンダマン諸島からAsterostomella celasteriおよびAsterina combreti var. andamanicaを記載した。前者はツルウメモドキ属の一種の葉に生じ、他のニシキギ科植物を宿主とする近縁種とは有性世代を有さないこと、付着器が互生または片側のみに生じ、2細胞からなることなどで区別された。後者はCombretum punctatumの葉に生じ、基本種とは付着器の形態が異なっていた。Asterina combreti★ / Asterostomella celasteri★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Asterinales/アステリナ目
R3-05999岩石生菌Phialophora sessilis2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, ロンバルディア州/Lombardia, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 新産種報告/new record, 生長速度/growth rate, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 配列決定/sequencingPhialophora sessilis, a lithobiont fungusイタリアの墓地において大理石の粉から繰り返し分離されたPhialophora sessilisを報告した。本種の地中海地域からの報告は初であり、既知の分布域が南方に拡大した。ITS領域の塩基配列はタイプ由来菌株のものと100%一致した。Phialophora sessilis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-05998形態および複数遺伝子解析を根拠とするアジア産のGeejayessia属2新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 新種記載/new species, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 河南省/Henan, 湖北省/Hubei, 生長速度/growth rateTwo new species of Geejayessia (Hypocreales) from Asia as evidenced by morphology and multi-gene analyses中国からGeejayessia clavataおよびG. sinicaの2新種、アジア初の本属菌として記載した。前者は子嚢殻が帯褐赤色~暗赤色で球形~卵状類球形、子嚢が円筒形で(4–7-)8胞子性、子嚢胞子が楕円形平滑~微細な小疣状で1隔壁を有し、大分生子を欠くことなどで特徴づけられた。後者は子嚢殻が赤色~明赤色洋梨形、球形~類球形で子嚢が棍棒形~類円筒形、子嚢胞子が楕円形で1隔壁を有し、大分生子を有することなどで特徴づけられた。Geejayessia clavata★ / Geejayessia sinica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05997タイ新産の熱帯産稀産種、Verrucospora vulgaris2013Chiang Mai Journal of Science2013年の論文/published in 2013, Chiang Mai Journal of Science, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, チエンラーイ県/Chiang Rai, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 腐植土/humusVerrucospora vulgaris (Agaricaceae, Agaricales), a Rare Tropical Species and a New Record for Thailandタイ、チエンマイ県およびチエンラーイ県からVerrucospora vulgarisをタイ新産種として報告した。本種は稀産種であり、熱帯アフリカ以外での報告は2番目となった。本種の記載文、生態写真、肉眼的形質および顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Verrucospora vulgaris■
R3-05996大西洋岸森林の小さな都市部の保護地域で発見された特筆すべき種、Phylloporia minuta2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Doliocarpus属, Phytotaxa, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ビワモドキ科/Dilleniaceae, ブラジル/Brazil, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 都市環境/urban environmentPhylloporia minuta sp. nov. (Basidiomycota, Hymenochaetales): a remarkable species discovered in a small protected urban area of Atlantic Forestブラジル都市部の保護地域においてDoliocarpus schottianusの生木の茎に発生した菌を検討し、Phylloporia minutaとして新種記載した。本種は子実体が顕著な小型で傘状、肉が黒色の線で区切られ、担子胞子が楕円形で1菌糸型であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で独自のクレードを形成し、近縁種は幹や根など異なる基質に発生していた。Phylloporia minuta★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05995ブラジルにおいてMagnolia aff. candolleiの葉に斑点病を引き起こしたBotryosphaeria ribisの初記録2008Brazilian Journal of Microbiology2008年の論文/published in 2008, Brazilian Journal of Microbiology, ブラジル/Brazil, モクレン属/Magnolia, モクレン科/Magnoliaceae, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉枯病/leaf blotch, 観賞植物/ornamental plantFirst record of Botryosphaeria ribis associated with leaf spots on Magnolia aff. candollei in Brazilブラジル、リオデジャネイロにおいてMagnolia aff. candolleiの葉に斑点病を引き起こした菌を検討した。病原菌をBotryosphaeria ribisと同定し、ブラジルにおける本種の同宿主への発生を初めて報告した。ブラジルにおけるモクレン属植物の菌類病害全体としても初の記録となった。Botryosphaeria ribisPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-05994イタリア新産種、Steccherinum straminellum2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, コナラ属/Quercus, シチリア州/Sicily, ブナ科/Fagaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobeSteccherinum straminellum, a new record for Italyイタリア、シチリアからSteccherinum straminellumをイタリア新産種として報告した。本種はQuercus ilexおよびQ. virgilianaに発生し、広葉樹の材における発生は初めて記録された。本種は南欧に限って分布するとみられ、シチリアにおいてはコナラ属樹木を選好するとみられた。Steccherinum straminellum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05993ブラジル産の糞生ハラタケ目菌類2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ヤギ属/Capra, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 液化/deliquescence, 湿室法/moist chamber method, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 草地/grasslandCoprophilous Agaricales (Agaricomycetes, Basidiomycota) from Brazilブラジル、ペルナンブーコ州から糞生ハラタケ目菌類12種を報告した。そのうちBolbitius demangeiなど8種をブラジル新産種として報告した。ブラジルにおいて糞に発生したハラタケ目菌類全種の検索表を掲載した。Bolbitius demangei■ / Conocybe siliginea■ / Coprinellus angulatus■ / Coprinellus marculentus■ / Coprinopsis cinerea / Coprinopsis cothurnata■ / Coprinopsis pseudoradiata■ / Coprinopsis stercorea / Coprinopsis vermiculifer■ / Coprinus foetidellus■ / Coprinus patouillardii / Panaeolus antillarumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科
R3-05992新属新種Pseudostanjehughesia aquitropicaおよび淡水環境に産した広義Sporidesmium属菌2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, パンガー県/Phang Nga, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 貴州省/GuizhouPseudostanjehughesia aquitropica gen. et sp. nov. and Sporidesmium sensu lato species from freshwater habitatsタイおよび中国において川に沈んだ材に発生した菌を採集し、形態学的検討および分子系統解析を実施した。新属新種Pseudostanjehughesia aquitropicaを含む5新種を記載した。また、3種の既知種についても知見をまとめ、分生子柄が顕著に長い種を反映させるようにDistoseptispora属の概念を修正した。Distoseptispora guttulata★ / Distoseptispora multiseptata / Distoseptispora phangngaensis★ / Distoseptispora suoluoensis★ / Pseudostanjehughesia aquitropica★ / Sporidesmium gyrinomorphum★ / Sporidesmium thailandense / Sporidesmium tropicaleAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科
R3-05991インド産の新属新種Saksenamyces kamalii2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, サラノキ属/Shorea, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 難培養性菌/uncultured fungiSaksenamyces kamalii gen. & sp. nov., from Indiaインド、マディヤ・プラデーシュ州においてサラノキの生葉に生じた菌を検討し、新属新種Saksenamyces kamaliiとして記載した。本種は分生子柄が未分化で、分生子形成細胞が単出芽型で塊茎状、分生子が褐色倒棍棒形嘴状で多隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種の培養には成功しなかった。Saksenamyces kamalii★
R3-05990肺感染の2症例において気管支肺胞洗浄液から初めて分離されたAscotricha chartarum2019New Microbes and New Infections2019年の論文/published in 2019, MIC, New Microbes and New Infections, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, カルコフルオールホワイト/calcofluor white, ヒト病原菌/human pathogen, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗真菌薬耐性/antifungal drug resistance, 最大生長温度/maximum growth temperature, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水試料/water sample, 生長速度/growth rate, 症例報告/case report, 臨床検体/clinical specimens, 蛍光染色/fluorescent staining, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscopeFirst isolation of Ascotricha chartarum from bronchoalveolar lavage of two patients with pulmonary infectionsAscotricha chartarumを肺感染の2患者(いずれも53歳男性)から初めて分離した。本種の呼吸器あるいはその他の臨床検体からの報告は初となった。本種との同定は形態形質およびITS、β-チューブリン遺伝子の塩基配列により確かめられた。Ascotricha chartarumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05989Seimatosporium vitisの有性型の記載2017Cryptogamie Mycologie2017年の論文/published in 2017, Cryptogamie Mycologie, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 種内変異/intraspecific variationDescription of the Sexual Morph of Seimatosporium vitisイランにおいてブドウに発生したSeimatosporium vitisを報告した。本種は近年イタリアから報告されたが、無性世代しか知られておらず、有性世代の報告は初となった。本報告は本種の2番目の報告であり、イランからの報告も初であった。Seimatosporium vitis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Discosiaceae/ディスコシア科
R3-05988Neodevriesia属の分子系統、および2新種と数件の新組み合わせ2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, エンドファイト/endophyte, オキツノリ属/Ahnfeltiopsis, オキツノリ科/Phyllophoraceae, クワ科/Moraceae, シオグサ属, シオグサ科, ヒメアオノリ属, ムカデノリ属, ムカデノリ科, モツキヒトエグサ科, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 宿主の同定/identification of host, 山東省/Shandong, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海南省/Hainan, 海生菌/marine fungi, 潮間帯/intertidal zone, 生長速度/growth rate, 紅藻/red algae, 緑藻/green algae, 藻類生息菌/algicolous fungus, 表面殺菌法/surface sterilization methodMolecular phylogeny of Neodevriesia, with two new species and several new combinations中国山東省において海藻からエンドファイトとして分離された菌を検討し、Neodevriesia cladophoraeおよびN. grateloupiaeの2新種を記載した。本報告はNeodevriesia属菌の海生菌としての初報告となった。また、Devriesia属3種をNeodevriesia属に移した。Neodevriesia cladophorae★ / Neodevriesia fici▲ / Neodevriesia fraserae▲ / Neodevriesia grateloupiae★ / Neodevriesia sardiniae▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Neodevriesiaceae/ネオデブリエシア科
R3-05987マツ林の砂質土壌に発生したフウセンタケ類の新種Cortinarius persimilis2018Bulletin Mycologique et Botanique Dauphiné-Savoie2018年の論文/published in 2018, Bulletin Mycologique et Botanique Dauphiné-Savoie, コケ上に生える菌/fungi on moss, ジロンド県/Gironde, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ネオタイプ指定/neotype designation, ピュイ=ド=ドーム県/Puy-de-Dôme, フランス語/French, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ロワール=アトランティック県/Loire-Atlantique, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 沿岸域/coastal area, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 配列決定/sequencingCortinarius persimilis sp. nov., un nouveau cortinaire des pinèdes sablonneusesフランスにおいて海岸のマツ樹下の砂質土壌に発生した菌を検討し、Cortinarius persimilisとして新種記載した。本種はC. obtusobrunneusの品種persimilisとして暫定的に公表されていた。C. obtusobrunneusのネオタイプ標本を指定した。Cortinarius obtusobrunneus / Cortinarius persimilis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-05986ブラジル産のウメノキゴケ科の新種、Parmotrema marcellii2014Brazilian Journal of Botany2014年の論文/published in 2014, Brazilian Journal of Botany, アトラノリン類/atranorins, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブラジル/Brazil, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 沿岸域/coastal area, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyParmotrema marcellii, a new species of Parmeliaceae (lichenized Ascomycota) from Brazilブラジル、サンタカタリーナ州の磯に発生した岩上生地衣の一種を検討し、Parmotrema marcelliiとして新種記載した。本種は縁部~主に亜縁部にパスチュールを形成し、上皮層が網目状~斑点状で、アトラノリンおよびサラジン酸を含むことなどで特徴づけられた。本種は同じく髄層にサラジン酸を含むブラジル南部産の同属他種とは、粉子が桿形であることなどで区別された。Parmotrema marcellii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-05985コロンビア新産種Ganoderma multiplicatumおよびその南米における分布2016Check List2016年の論文/published in 2016, Check List, コロンビア/Columbia, コロンビア新産種/Colombia_new record, ジャケツイバラ属/Caesalpinia, タイプスタディ/type study, バジェ・デル・カウカ県/Valle del Cauca, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 走査型電子顕微鏡/SEMNew records of Ganoderma multiplicatum (Mont.) Pat. (Polyporales, Basidiomycota) from Colombia and its geographic distribution in South AmericaGanoderma multiplicatumをコロンビア新産種として報告した。本種はコロンビアにおいてはCaesalpinia pelthophoroidesの生木に発生していた。新熱帯における本種の分布に関する知見をまとめた。Ganoderma multiplicatum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-05984韓国産の木材腐朽性担子菌の新種、Perenniporia koreana2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 京畿道/Gyeonggi-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 江原道/Kangwon-do, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 韓国/South KoreaPerenniporia koreana, a new wood-rotting basidiomycete from South Korea韓国京畿道および江原道で採集された菌を検討し、Perenniporia koreanaとして新種記載した。本種は子実体が背着生で淡褐色、担子胞子が無色楕円形平滑でデキストリノイドかつシアノフィリック、2菌糸型で骨格菌糸がシアノフィリックであることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でP. luteolaおよびP. rhizomorphaと姉妹群を形成した。Perenniporia koreana★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05983中国南部産の新種Perenniporia puerensis2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanPerenniporia puerensis sp. nov. from southern China中国雲南省で採集された多孔菌の一種を検討し、Perenniporia puerensisとして新種記載した。本種は子実体が一年生で背着生、孔口面が黄色~黄褐色で、担子胞子が類球形~卵状厚壁、骨格菌糸がシアノフィリックで淡黄色の結晶を伴うことなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは孔口面の色や孔口のサイズ、担子胞子や骨格菌糸の形態やデキストリノイド性などが異なっていた。Perenniporia puerensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05982広義Perenniporia属菌の研究 – アフリカ産分類群(5):カメルーン産の新種Perenniporia alboferruginea2011Plant Ecology and Evolution2011年の論文/published in 2011, Plant Ecology and Evolution, カメルーン/Cameroon, タイプスタディ/type study, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 東部州(カメルーン)/East Province (Cameroon), 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestStudies in Perenniporia s. lat. (Basidiomycota). African taxa V: Perenniporia alboferruginea sp. nov. from Cameroonカメルーン南東部で採集された菌を検討し、Perenniporia alboferrugineaとして新種記載した。本種は子実体が背着生で厚く、孔口面が純白色で縁部はさび色であり、担子胞子が小型で非デキストリノイドであることなどで特徴づけられた。ジャー生物圏保護区およびその周辺地域に産するPerenniporia属菌の検索表を掲載した。Perenniporia alboferruginea★ / Perenniporia djaensis / Perenniporia subdendrohyphidiaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05981Chrysoderma、Corneromyces、Dendrophysellum、Hyphoradulum、およびMycobonia属の分類学的研究2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, トウ属/Calamus, ハケヤシ属/Rhopalostylis, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, ミズキ属/Cornus, ミズキ科/Cornaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 新学名提唱/new scientific name, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 誤同定/misidentificationTaxonomic studies in Chrysoderma, Corneromyces, Dendrophysellum, Hyphoradulum, and MycoboniaChrysoderma、Corneromyces、Dendrophysellum、Hyphoradulum、およびMycobonia属の8種を検討した。Vararia amurensis、Pseudolagarobasidium conspicuum、およびCorneromyces murrilliiの3件の新組み合わせを提唱した。また、Mycobonia属2種に対してPolyporus polyacanthophorusおよびP. epitheloidesの2新学名を提唱した。Chrysoderma alboluteum / Corneromyces murrillii▲ / Mycobonia winkleri / Mycothele disciformis / Polyporus epitheloides◆ / Polyporus polyacanthophorus◆ / Pseudolagarobasidium conspicuum▲ / Vararia amurensis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Boletales/イグチ目_Coniophoraceae/イドタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Gloeophyllales/キカイガラタケ目_Gloeophyllaceae/キカイガラタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Russulales/ベニタケ目_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科
R3-05980テングタケ属マツカサモドキ節の興味深い種、Amanita magniverrucataの改訂2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, タイプスタディ/type study, バハ・カリフォルニア州/Baja California, メキシコ/Mexico, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新形質報告/new character, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiAmanita magniverrucata – revision of an interesting species of Amanita section LepidellaAmanita magniverrucataをメキシコ、バハ・カリフォルニア州から報告し、本種の改訂を実施した。本種の傘表面の外被膜は原記載および後続の文献における記述と異なり、傘肉から傘表皮を挟まずに直接生じていることが記録された。本種はマツカサモドキ節におけるどのstirpにも当てはまらない可能性があった。Amanita magniverrucataBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05979中欧の老齢林に産した稀産種Chromosera cyanophylla、およびそのヨーロッパにおける生息地選好性2015Nova Hedwigia2015年の論文/published in 2015, Nova Hedwigia, アルプス山脈/Alps, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, チェコ/Czech, トウヒ属/Picea, フェノロジー/phenology, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 亜高山帯/subalpine zone, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 垂直分布/vertical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 文献調査/literature survey, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 生活環/life cycle, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered speciesChromosera cyanophylla (Basidiomycota, Agaricales) – a rare fungus of Central European old-growth forests and its habitat preferences in Europeチェコの原生林に発生した稀産種のChromosera cyanophyllaを検討した。本種はヨーロッパにおいては、主に山地の混生老齢林において、腐朽途中~高度に腐朽したモミおよびトウヒの倒木および切株に生じていた。分子系統解析の結果、ユーラシア産と北米産の標本に顕著な差異を認めた。Chromosera cyanophyllaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05978ベトナム産の昆虫生菌の新種、Moelleriella pumatensis2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ゲアン省/Nghệ An, ベトナム/Vietnam, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 森林/forest, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rateMoelleriella pumatensis, a new entomogenous species from Vietnamベトナム、ゲアン省の森林においてカイガラムシの仔虫に生じた病原菌の一種を検討し、Moelleriella pumatensisとして新種記載した。本種は子座を囲んで黄金色の分生子を形成することなどで特徴づけられ、有性世代は見出されなかった。本種のアナモルフはAschersonia属に類似していたが、分子系統解析の結果、Moelleriella属菌のアナモルフであることが確かめられた。Moelleriella pumatensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Myriangiales/ミリアンギウム目_Elsinoaceae/エルシノエ科
R3-05977インド、ヒマラヤ西部におけるCanomaculina属地衣の新記録2019National Academy Science Letters2019年の論文/published in 2019, National Academy Science Letters, アトラノリン類/atranorins, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, クロマトグラム/chromatogram, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA New Record of Canomaculina (Parmeliaceae, Ascomycota) from Western Himalaya, Indiaインド、ヒマラヤ西部で採集されたCanomaculina haitiensisをインド新産種として報告した。本種はウッタラーカンド州の亜熱帯域においてナイロンネットハウス上に生じていた。インド産Canomaculina属地衣の検索表を掲載した。Canomaculina haitiensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-05976中国産のヒメアブラススキ属植物を宿主とする新種Sporisorium spinulosum2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, イネ科/Poaceae, ヒメアブラススキ属/Capillipedium, 中国/China, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/Yunnan, 黒穂菌/smut fungiSporisorium spinulosum sp. nov. (Ustilaginaceae) on Capillipedium (Poaceae) from China中国雲南省においてヒメアブラススキに生じた黒穂菌の一種を検討し、Sporisorium spinulosumとして新種記載した。本種は宿主の花序全体を破壊し、SEM下で黒穂胞子に微小で疎らな小刺を認めることなどで特徴づけられた。本種は同属の2種に類似していたが、胞子堆の位置、軸柱の形状、胞子団の有無、黒穂胞子の装飾などが異なっていた。Sporisorium spinulosum★Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Ustilaginaceae/クロボキン科
R3-05975新目ゼロアスペリスポリウム目およびZeloasperisporium属2新種2015Cryptogamie Mycologie2015年の論文/published in 2015, Cryptogamie Mycologie, Wrightia属, イチジク属/Ficus, キョウチクトウ科/Apocynaceae, クワ科/Moraceae, シノニム/synonym, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, リター菌/litter fungi, 優先権/priority, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新目提唱/new order, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 栄養摂取様式/nutrition style, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生活環/life cycle, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiZeloasperisporiales ord. nov., and two new species of Zeloasperisporiumタイ、チエンラーイ県において葉に生じたミクロチリウム科類似菌を採集し、形態学的検討および分子系統解析を実施した。Zeloasperisporium ficusicolaおよびZ. wrightiaeの2新種を記載した。Neomicrothyrium属をZeloasperisporium属のシノニムとし、新目ゼロアスペリスポリウム目を提唱した。Zeloasperisporium ficusicola★ / Zeloasperisporium siamense▲ / Zeloasperisporium wrightiae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Zeloasperisporiaceae/ゼロアスペリスポリウム科
R3-05974新種Phaeosphaeriopsis triseptataおよびPhaeosphaeriopsis glaucopunctataの系統と形態2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, イタリア/Italy, エピタイプ指定/epitype designation, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, クサスギカズラ科/Asparagaceae, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ナギイカダ属/Ruscus, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobePhylogeny and morphology of Phaeosphaeriopsis triseptata sp. nov., and Phaeosphaeriopsis glaucopunctataイタリアにおいてナギイカダに斑点病を引き起こした菌を検討し、Phaeosphaeriopsis triseptataとして新種記載した。本新種はPhaeosphaeriopsis属で唯一3隔壁の子嚢胞子を形成した。また、同所において同宿主に発生したP. glaucopunctataを検討し、本種のエピタイプ標本に指定した。Phaeosphaeria musae / Phaeosphaeriopsis glaucopunctata / Phaeosphaeriopsis triseptata★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科_Ascomycota/子嚢菌門
R3-05973形態および分子系統に基づくインド熱帯域産の新種Laccaria violaceotincta2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMLaccaria violaceotincta: a new species from tropical India based on morphology and molecular phylogenyインド、ケララ州で採集された菌を検討し、Laccaria violaceotinctaとして新種記載した。本種は子実体が紫色を帯び、担子器が2-4胞子性で、縁シスチジアを欠き、菌糸にクランプを有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で独自の系統を形成し、形態形質からLaccaria節またはAmethystinae節に属するとみられた。Laccaria violaceotincta★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科
R3-05972ブラジル産の不完全糸状菌の新種、Brachycephala exotica2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, セアラー州/Ceará, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 熱帯域/tropicsBrachycephala exotica, a new hyphomycete from Brazilブラジルの半乾燥地域において腐朽葉に生じた菌を検討し、新属新種Brachycephala exoticaとして記載した。本種は分生子柄が単生して蠍状に分枝し、分生子形成細胞が単出芽型で、分生子が暗色類球形で2-3隔壁および1-3本の枝を有することなどで特徴づけられた。本種の分生子柄の形状は不完全糸状菌類において独特であり、類似の形状は接合菌のケカビ科のみが有していた。Brachycephala exotica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-05971北米産Puccinia modiolae:分布および天然における宿主範囲2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, Alcea属, Herissantia属, MycoKeys, アオイ科/Malvaceae, インディアナ州/Indiana, キクノハアオイ属, サンパウロ州/São Paulo, ゼニアオイ属/Malva, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルー/Peru, ルイジアナ州/Louisiana, レクトタイプ指定/lectotype designation, 北米新産種/North America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 特異的PCR/specific PCR, 生活環/life cycle, 短世代型生活環/microcyclic life cycle, 移入種/alien species, 米国/USAPuccinia modiolae in North America: distribution and natural host range南米から移入されたとみられたPuccinia modiolaeを北米新産種として報告した。本種の新宿主としてMalva sylvestrisおよびAlcea roseaを報告した。P. heterosporaおよびP. heterogeneaの新記録を報告し、北米産のアオイ科植物を宿主とする短世代型Puccinia属菌の検索表を掲載した。Puccinia heterogenea / Puccinia heterospora / Puccinia modiolae■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-05970Fomitiporella属についての議論および南米南部におけるF. americanaの初記録2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, Austrocedrus属, Diostea属, Escallonia属, Eucryphia属, Luma属, MycoKeys, Peumus属, Tepualia属, Weinmannia属, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, エスカロニア科/Escalloniaceae, クスノキ科/Lauraceae, クノニア科/Cunoniaceae, クマツヅラ科/Verbenaceae, コルドバ州/Cordoba, シナクスモドキ属/Cryptocarya, チュブ州/Chubut, チリ/Chile, チリ新産種/Chile_new record, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニシキギ科/Celastraceae, ハリツルマサキ属/Maytenus, パタゴニア/Patagonia, ヒノキ科/Cupressaceae, ビオビオ州/Biobío, フトモモ科/Myrtaceae, モニミア科/Monimiaceae, ラ・アラウカニア州/Araucanía, ロス・ラゴス州/Los Lagos, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南米新産種/South America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 心腐れ/heart rot, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexA discussion on the genus Fomitiporella (Hymenochaetaceae, Hymenochaetales) and first record of F. americana from southern South AmericaFomitiporella属の分子系統解析および形態学的・生態学的データの再検討を実施した。本属がコア・Phellinotusクレード内で側系統群を形成すること、数種が本属の基準種を含むコアグループと近縁でない可能性などを示した。従来米国南東部のコナラ属樹木における発生が知られていたF. americanaをアルゼンチンおよびチリから初めて報告し、新宿主を多数記録した。Fomitiporella americana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05969ニカラグアにおけるさらなる地衣類の発見2011Stapfia2011年の論文/published in 2011, Stapfia, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, グラナダ県(ニカラグア), スチクチン酸類/stictic acids, ドイツ語/German, ニカラグア/Nicaragua, ニカラグア新産種/Nicaragua_new record, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, マングローブ林/mangrove forest, リオ・サン・フアン県/Río San Juan, リバス県, レオン県(ニカラグア), 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹状地衣/fruticose lichen, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyWeitere Flechtenfunde aus Nicaraguaニカラグアから30種の地衣を新産種として報告した。新産種はリオ・サン・フアン県、リバス県、グラナダ県、レオン県などの熱帯雨林やマングローブ林などから報告された。各種について分布域、呈色反応、地衣成分などに関するコメントを付した。Byssoloma chlorinum■ / Byssoloma discordans■ / Cryptothecia phlyctidiformis■ / Graphis conferta■ / Graphis farinulenta■ / Graphis furcata■ / Graphis ovata■ / Lecanographa lyncea■ / Lecanora argentata■ / Lecanora coronulans■ / Lecanora helva■ / Malmidea furfurosa■ / Malmidea leptoloma■ / Pertusaria dehiscens■ / Pertusaria flavens■ / Pertusaria sinusmexicani■ / Pertusaria tetrathalamia■ / Phaeographis caesiodisca■ / Phaeographis epruinosa■ / Pyrenula chilensis■ / Pyrenula confinis■ / Pyrenula globifera■ / Pyrenula microcarpa■ / Pyrenula micromma■ / Pyrenula quassiicola■ / Pyrenula thelemorpha■ / Ramalina alludens■ / Ramalina subcalicaris■ / Tapellaria albomarginata■ / Thalloloma hypoleptum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Lecanographaceae/レカノグラファ科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Malmideaceae/マルミデア科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目_Pyrenulaceae/サネゴケ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-05968ポーランド産Caloplaca soraliferaについて2012Acta Societatis Botanicorum Poloniae2012年の論文/published in 2012, Acta Societatis Botanicorum Poloniae, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, ポトカルパチェ県/Podkarpackie, ポモージェ県/Pomorskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Małopolska, マゾフシェ県/Mazowsze, ヴァルミア=マズールィ県/Warmian-Masurian, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 誤同定/misidentificationNote on Caloplaca soralifera (Teloschistaceae, lichenized Ascomycetes) in PolandCaloplaca soraliferaをポーランド新産種として報告した。本種はポーランド国内の7ヶ所で採集され、主にコンクリートに発生し、稀に石灰岩にも発生していた。本種の記載文を掲載し、類似種との相違点などを記述した。Caloplaca soralifera■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-05967ベネズエラ産のアナモルフ菌の新種、Pyriculariopsis formosa2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Clusia属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バルガス州, フクギ科/Clusiaceae, ベネズエラ/Venezuela, リター菌/litter fungi, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestA new anamorphic fungi from Venezuela: Pyriculariopsis formosaベネズエラ、カラカスで採集されたアナモルフ菌の一種を検討し、Pyriculariopsis formosaとして新種記載した。本種はClusia roseaの腐朽葉に生じ、分生子柄が直立して分枝せず、分生子が2つの暗褐色の細胞とほぼ無色の細胞からなり5-7隔壁を有することなどで特徴づけられた。Pyriculariopsis属全種の検索表を掲載した。Pyriculariopsis formosa★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05966中国南部産の広義Aleurodiscus属菌3新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, イネ科/Poaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, タケ生息菌/bambusicolous fungus, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 江西省/Jiangxi, 貴州省/Guizhou, 雲南省/YunnanThree new species of Aleurodiscus s.l. (Russulales, Basidiomycota) from southern China中国南部からAleurodiscus bambusinus、A. isabellinus、およびA. subroseusの3新種を記載した。3種はそれぞれ江西省、雲南省、広西チワン族自治区・貴州省で採集され、タケの枯稈や材に発生し、担子胞子は2種が平滑で1種が小刺状であった。中国産Aleurodiscus属26種の検索表を掲載した。Aleurodiscus bambusinus★ / Aleurodiscus isabellinus★ / Aleurodiscus subroseus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科
R3-05965中国北東部産の岩上生Circinaria属地衣1新種2019The Bryologist2019年の論文/published in 2019, The Bryologist, TreeBASE, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 二次構造/secondary structure, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 検索表/identification key, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 黒竜江省/HeilongjiangA new saxicolous Circinaria species (Megasporaceae) from northeast China中国黒竜江省で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Circinaria laxilobataとして新種記載した。本種は地衣体が帯緑オリーブ色で薄く、小区画が散在し、子器が円形、子嚢に1-2つの楕円形の胞子を含み、側糸が数珠状であり、地衣成分を欠くことなどで特徴づけられた。中国産Circinaria属地衣の検索表を掲載した。Circinaria laxilobata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科
R3-05964分子および表現型データはScedosporium apiospermum、Pseudallescheria boydii、および新種Scedosporium dehoogiiの種としての明確な地位を支持する2008Journal of Clinical Microbiology2008年の論文/published in 2008, Journal of Clinical Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウレアーゼ試験/urease test, カタルーニャ州/Catalonia, スペイン/Spain, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, デンプン/starch, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 医真菌学/medical mycology, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 庭園/garden, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 独立種/independent species, 複合種/species complex, 資化試験/assimilation test, 酸産生/acid productionMolecular and Phenotypic Data Supporting Distinct Species Statuses for Scedosporium apiospermum and Pseudallescheria boydii and the Proposed New Species Scedosporium dehoogiiPseudallescheria boydii複合種を検討し、新種Scedosporium dehoogiiを記載した。スペイン、バルセロナの庭園土壌から分離された菌株を本種のタイプ標本に指定した。従来同種でテレオモルフ-アナモルフ関係にあるとされていたS. apiospermumとP. boydiiが明確に別種であることを示した。Scedosporium dehoogii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-05963台湾産キクラゲ目菌類の3新産種2012Fungal Science2012年の論文/published in 2012, Fungal Science, アジア新産種/Asia_new record, コウヨウザン属/Cunninghamia, ヒノキ科/Cupressaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, 切片/section, 南投県/Nantou, 台北市/Taipei, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 嘉義県/Chiayi County, 射出胞子/ballistospore, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アジア新産種/East Asia_new record, 胞子の発芽/germination of spores, 膠質菌/jelly fungi, 隠蔽種/cryptic speciesThree new records of Auriculariales from Taiwan台湾からBasidiodendron deminutum、B. eyrei、およびMyxarium grilletiiを台湾新産種として報告した。これらの種はそれぞれ台北市、嘉義県、台北市・南投県において見出された。各種について記載文、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Basidiodendron deminutum■ / Basidiodendron eyrei■ / Myxarium grilletii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科
R3-05962トルコ新産種、Mycena ustalis2019Anatolian Journal of Botany2019年の論文/published in 2019, Anatolian Journal of Botany, イトスギ属/Cupressus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic surveyMycena ustalis, a new record for the mycobiota of Turkeyトルコ、トラブゾン県で採集されたMycena ustalisをトルコ新産種として報告した。本種はビャクシン属およびイトスギ属植物の樹下の草地に発生していた。本種はトルコにおける66番目のクヌギタケ属菌として報告された。Mycena ustalis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-05961中国産の新種Phylloporia lespedezae2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, ハギ属, マメ科/Fabaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 山西省/Shanxi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification keyPhylloporia lespedezae sp. nov. (Hymenochaetaceae, Basidiomycota) from China中国山西省においてハギ属の生木に発生した菌を検討し、Phylloporia lespedezaeとして新種記載した。本種は子実体が一年生で傘状、縁部が波状で肉が2層からなり、担子胞子が帯黄色楕円形厚壁、1菌糸型でクランプを欠くことなどで特徴づけられた。全世界のPhylloporia属41種の検索表を掲載した。Phylloporia lespedezae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05960ヒステリウム型クロイボタケ綱菌類の新規分類学的知見2018Mycosphere1F=1N, 2018年の論文/published in 2018, Hakea属, Mycosphere, TreeBASE, アジア新産種/Asia_new record, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, イトスギ属/Cupressus, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, オーストラリア/Australia, キイチゴ属/Rubus, キササゲ属, クラスノダール地方/Krasnodar, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, チエンラーイ県/Chiang Rai, トネリコ属/Fraxinus, ノウゼンカズラ科/Bignoniaceae, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ビクトリア州/Victoria, モクセイ科/Oleaceae, ヤマモガシ科/Proteaceae, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, ロストフ州/Rostov, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新目提唱/new order, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東南アジア新産種/Southeast Asia_new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 河川/river, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeTaxonomic novelties of hysteriform Dothideomycetesヒステリウム型クロイボタケ綱菌類を検討し、新目グロニウム目および新科アクロジェノスポラ科を提唱した。また、Hysterium doimaeensisなど5新種を記載した。また、新組み合わせPurpurepithecium minusを提唱した。Gloniopsis subrugosa■ / Hysterium angustatum■ / Hysterium doimaeensis★ / Hysterium thailandica★ / Hysterobrevium hakeae★ / Hysterobrevium rosae★ / Hysterographium fraxini■ / Mytilinidion didymospora★ / Psiloglonium macrosporum / Purpurepithecium minus▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Gloniaceae/グロニア科
R3-05959中国雲南省の滇池において水中に沈んだ材に発生した新種Jahnula dianchiaの形態および分子に基づく分類2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 水生菌/aquatic fungi, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanMorphological and molecular taxonomy of Jahnula dianchia sp. nov. (Jahnulales) from submerged wood in Dianchi Lake, Yunnan China中国雲南省において水中に沈んだ材に発生した菌を検討し、Jahnula dianchiaとして新種記載した。本種は子嚢胞子が暗褐色で頂部が乳房状であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でJ. sangamonensisと姉妹群を形成した。Jahnula dianchia★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Jahnulales/ヤーヌラ目_Aliquandostipitaceae/アリクァンドスティピテ科
R3-05958トルコ新産のクロチャワンタケ科菌類、Plectania ericae2018Mantar Dergisi2018年の論文/published in 2018, Erica属, Mantar Dergisi, イスタンブール県/Istanbul, ツツジ科/Ericaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyPlectania ericae, a New Record for Turkey from Sarcosomataceaeトルコ、イスタンブール県からPlectania ericaeをトルコ新産種として報告した。本種はErica属植物の根付近の地上に発生していた。本種の報告によりトルコ産のクロチャワンタケ科菌類は6分類群、Plectania属菌は3分類群となった。Plectania ericae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcosomataceae/クロチャワンタケ科
R3-05957中国産のCoryneum属新種および新産種2018Mycologia2018年の論文/published in 2018, GCPSR, Mycologia, TreeBASE, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クリ属/Castanea, コナラ属/Quercus, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ブナ科/Fagaceae, ホストシフト/host shift, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アジア新産種/East Asia_new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 生長速度/growth rate, 異隔壁/distoseptum, 発芽誘導/germination induction, 種分化/speciation, 陝西省/ShaanxiNew species and records of Coryneum from China中国陝西省においてクリ属およびコナラ属樹木に発生したCoryneum属菌を検討した。C. gigasporum、C. sinense、およびC. suttoniiの3新種を記載した。C. castaneicolaの有性世代を初めて記録した。Coryneum castaneicola■ / Coryneum gigasporum★ / Coryneum sinense★ / Coryneum suttonii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-05956形態および分子の形質に基づく中国南部産のColtriciella globosaおよびC. pseudodependensの新種記載2015Mycoscience2015年の論文/published in 2015, Mycoscience, TreeBASE, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 雲南省/YunnanColtriciella globosa and C. pseudodependens spp. nov. (Hymenochaetales) from southern China based on morphological and molecular characters中国からColtriciella globosaおよびC. pseudodependensの2新種を記載した。前者は孔口が角形で柄が中心生、担子胞子が帯黄色球形疣状、シスチジオールが紡錘状であることなどで特徴づけられた。後者はC. dependensにごく類似するが、孔口および担子胞子がより大きいことなどで特徴づけられた。Coltriciella globosa★ / Coltriciella pseudodependens★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05955Laetiporus属の系統分類および中国西部産の2新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, チベット自治区/Tibet, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 中国/China, 冷温帯域/cold temperate, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 温帯域/temperate zone, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 褐色腐朽菌/brown rot fungiPhylogeny and taxonomy of Laetiporus (Basidiomycota, Polyporales) with descriptions of two new species from western China中国のチベット自治区および新疆ウイグル自治区からそれぞれLaetiporus medogensisおよびL. xinjiangensisを新種記載した。前者は針葉樹に生じ、傘が帯桃黄褐色~粘土黄褐色で孔口面が帯褐黄色、担子胞子が卵状~楕円形であることなどで特徴づけられた。後者は広葉樹に生じ、傘が淡黄褐色~粘土桃色で孔口面がクリーム色~淡黄色、孔口が大型で担子胞子が小型であることなどで特徴づけられた。Laetiporus medogensis★ / Laetiporus xinjiangensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-05954リトアニアにおける新規の外来病原菌、Mycosphaerella dearnessiiの発生2011Botanica Lithuanica2011年の論文/published in 2011, Botanica Lithuanica, PCR-RFLP, RFLP解析/RFLP analysis, クライペダ郡/Klaipėda, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リトアニア/Lithuania, リトアニア新産種/Lithuania_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 侵略的外来種/invasive alien species, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分布域の変化/changes in the distribution area, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水溶性色素/water-soluble pigment, 沿岸域/coastal area, 生長速度/growth rate, 移入種/alien species, 種内変異/intraspecific variation, 色素産生/pigment production, 葉枯病/leaf blotchOccurrence of new alien pathogenic fungus Mycosphaerella dearnessii in Lithuaniaリトアニアのクルシュー砂州においてPinus mugoに発生した褐斑葉枯病の病原菌を検討し、Lecanosticta acicolaと同定した。本種はMycosphaerella dearnessiiのアナモルフであり、リトアニアからの報告は初であったが、テレオモルフの形成は認めなかった。同定は形態形質とITS領域の分子系統解析およびPCR-RFLPに基づき行った。Mycosphaerella dearnessii■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05953トルコにおける2新産種:Ophiobolus erythrosporusおよびLeptosphaeria modesta2017Mantar Dergisi2017年の論文/published in 2017, Alkanna属, Mantar Dergisi, カイセリ県/Kayseri, ゴマノハグサ属, ゴマノハグサ科/Scrophulariaceae, シソ科/Lamiaceae, スイバ属/Rumex, タデ科/Polygonaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ニガクサ属/Teucrium, ムラサキ科/Boraginaceae, 切片/section, 宿主範囲/host range, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantationTwo New Records for Turkey: Ophiobolus erythrosporus and Leptosphaeria modestaトルコ、カイセリ県で採集されたOphiobolus erythrosporusおよびLeptosphaeria modestaをトルコ新産種として報告した。前者はゴマノハグサ属およびスイバ属植物の枯枝に生じていた。後者はニガクサ属およびAlkanna属植物の枯枝に生じていた。Leptosphaeria modesta■ / Ophiobolus erythrosporus■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科_Ascomycota/子嚢菌門_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-05952イタリア産のRhodocybe属Rufobrunnea節1新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, UNITE, イタリア/Italy, リター菌/litter fungi, ヴェネト州/Veneto, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore printA new species of Rhodocybe sect. Rufobrunnea (Entolomataceae, Agaricales) from Italyイタリア、ヴェネト州で採集された菌を検討し、Rhodocybe fumanelliiとして新種記載した。本種はRufobrunnea節に属し、子実体がキシメジ型で帯赤褐色、襞が直生し密、長い根状菌糸束を有し、担子胞子が楕円形、縁シスチジアが細長く波打ち、柄シスチジアを有することなどで特徴づけられた。本種と同じRufobrunnea節の類似種との区別点などを記述した。Rhodocybe fumanellii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05951ブラジル、サンパウロ州、サンパウロ市のフンテス・ド・イピランガ州立公園に産した隠花植物 – 菌類(10):マンネンタケ科2011Hoehnea2011年の論文/published in 2011, Hoehnea, サンパウロ州/São Paulo, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ブラジル/Brazil, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complexCriptógamos do Parque Estadual das Fontes do Ipiranga, São Paulo, SP, Brasil. Fungos, 10: Ganodermataceaeブラジル、サンパウロのフンテス・ド・イピランガ州立公園において担子菌類の調査を実施し、12種のマンネンタケ科菌類を報告した。そのうちGanoderma perzonatumおよびG. zonatumをサンパウロ州新産種として報告した。全掲載種を含む検索表を掲載した。Amauroderma aurantiacum / Amauroderma calcigenum / Amauroderma oblongisporum / Amauroderma pseudoboletus / Amauroderma rude / Amauroderma schomburgkii / Amauroderma sprucei / Ganoderma australe / Ganoderma multiplicatum / Ganoderma orbiforme / Ganoderma perzonatum■ / Ganoderma zonatum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-05950分子および形態の根拠に基づくBresadolia属菌の進化的関係2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, アルゼンチン/Argentina, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, パラグアイ/Paraguay, ブラジル/Brazil, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 多系統群/polyphyletic group, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 疑問種/doubtful species, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexEvolutionary relationships of Bresadolia (Basidiomycota, Polyporales) based on molecular and morphological evidence南米産のPolyporus udusおよびそのシノニムと推定される種の系統関係を検討した。本種がBresadolia paradoxaと別種であること、両種が独自の単系統群を形成することを示した。形態学的検討および塩基配列の比較に基づき、P. aquosusをB. paradoxa、P. fuscomaculatusをB. udaのシノニムとした。Bresadolia craterella / Bresadolia cuticulata / Bresadolia paradoxa / Bresadolia udaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05949トルコ産チャワンタケ目菌類の追加2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Turkish Journal of Botany, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ガズィアンテプ県/Gaziantep, コケ上に生える菌/fungi on moss, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヒツジ属/Ovis, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤギ属/Capra, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 宿主選好性/host selectivity, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew additions to the Turkish Pezizalesトルコ、ガズィアンテプ県からトルコ新産種としてAscobolus carbonariusなど12種のチャワンタケ目菌類を報告した。Saccobolus、Barssia、Sepultariellaの各属はトルコ新産属であった。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真、類似種との区別点などを掲載した。Ascobolus carbonarius■ / Ascobolus crenulatus■ / Ascobolus foliicola■ / Ascobolus immersus■ / Barssia hellenica■ / Cheilymenia pulcherrima■ / Lasiobolus cuniculi■ / Marcelleina atroviolacea■ / Marcelleina rickii■ / Saccobolus glaber■ / Sepultariella semi-immersa■ / Thecotheus holmskioldii■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Ascobolaceae/スイライカビ科_Ascomycota/子嚢菌門_Helvellaceae/ノボリリュウ科_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-05948全世界のクリイロイグチ属菌の概観:分子系統、多様性パターン、および新種2018Mycologia2018年の論文/published in 2018, Lophostemon属, Mycologia, TreeBASE, オークランド地方/Auckland, カウカ県/Cauca, クイーンズランド州/Queensland, コスタリカ/Costa Rica, コナラ属/Quercus, コロンビア/Columbia, サンホセ州/San Jose, タイプスタディ/type study, タスマニア州/Tasmania, ニューサウスウェールズ州/New South Wales, ニュージーランド/New Zealand, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, モクマオウ科/Casuarinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 砂地/sand, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 種の境界/species delimitation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 西オーストラリア州/Western AustraliaA global view of Gyroporus : molecular phylogenetics, diversity patterns, and new species全世界のクリイロイグチ属菌の形態学的検討および分子系統解析を実施し、地理的・進化的パターンを解明することを試みた。cyanescensクレードとlongicystidiatusクレードが姉妹群を形成することを示した。オーストラリア、ニュージーランド、コロンビア、コスタリカから計5新種を記載した。Gyroporus australiensis★ / Gyroporus brunnescens★ / Gyroporus furvescens★ / Gyroporus mcnabbii★ / Gyroporus paralongicystidiatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目
R3-05947ノルウェー新産種、Entoloma fulvoviolaceum2015Agarica2015年の論文/published in 2015, Agarica, コケ上に生える菌/fungi on moss, タイプスタディ/type study, ヌールラン県/Nordland, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, 分子同定/molecular identification, 新産種報告/new record, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grassland, 配列決定/sequencingEntoloma fulvoviolaceum Noordel. & Vauras – not previously reported from Norwayノルウェー北部、Holmvassdalen自然保護区で採集されたEntoloma fulvoviolaceumをノルウェー新産種として報告した。本種はフィンランドから記載され、タイプロカリティ以外からの信頼できる報告は今回が初となった。本種との同定はパラタイプ標本との比較およびITS領域の塩基配列データによっても確かめられた。Entoloma fulvoviolaceum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05946ブラジルにおけるOligonema属変形菌の分布および発生2014Brazilian Journal of Botany2014年の論文/published in 2014, Brazilian Journal of Botany, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, サバンナ/savannah, ヒルギ科/Rhizophoraceae, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マットグロッソ州/Mato Grosso, マングローブ林/mangrove forest, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, 半乾燥地域/semi-arid area, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 稀産種/rare species, 降水量/precipitationDistribution and occurrence of Oligonema (Trichiales, Myxomycetes) in BrazilブラジルにおけるOligonema属変形菌の発生および地理的分布を記載した。ブラジル中西部およびセラード、カーチンガ・バイオームから本属菌を初めて報告した。ペルナンブーコ州新産種としてO. flavidum、マットグロッソ州新産種としてO. schweinitziiをそれぞれ報告した。Oligonema flavidum■ / Oligonema schweinitzii■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Trichiales/ケホコリ目_Trichiaceae/ケホコリ科
R3-05945淡水環境におけるCanalisporium属菌2014Journal of Microbiology & Experimentation2014年の論文/published in 2014, Advanced Materials Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber methodCanalisporium in freshwater habitatsタイにおいて淡水生菌の調査を実施し、Canalisporium属菌を採集した。C. caribenseなど5種の記載文、顕微鏡写真などを掲載した。淡水生Canalisporium属菌の検索表を掲載した。Canalisporium caribense / Canalisporium elegans / Canalisporium jinghongensis / Canalisporium pallidum / Canalisporium pulchrumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門
R3-05944南アフリカにおいてAcacia mearnsiiに突然かつ深刻な伝染病害を引き起こした菌、Uromycladium acaciae2015Australasian Plant Pathology2015年の論文/published in 2015, Australasian Plant Pathology, さび菌/rust fungi, アウトブレイク/outbreak, アカシア属/Acacia, エピタイプ指定/epitype designation, クワズール・ナタール州/KwaZulu-Natal, スペルマチア/spermatia, タイプスタディ/type study, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 奇形/malformation, 寄生菌/parasite, 新興感染症/emerging infectious disease, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生活環/life cycle, 短世代型生活環/microcyclic life cycle, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt)Uromycladium acaciae, the cause of a sudden, severe disease epidemic on Acacia mearnsii in South Africa南アフリカにおいてAcacia mearnsiiに病害を引き起こすさび菌の一種を検討した。形態学的検討および分子系統解析の結果から、当該病原菌をUromycladium acaciaeと同定した。1つの柄から2つの冬胞子を生じるUromycladium属菌の検索表を掲載した。Uromycladium acaciaeBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pileolariaceae/ピレオラリア科
R3-05943ニュージーランド産のトリハダゴケ属1新種2011Australasian Lichenology2011年の論文/published in 2011, Australasian Lichenology, キサントン類/xanthones, サウスランド地方/Southland, セトラル酸類/cetraric acids, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニュージーランド/New Zealand, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyA new species of Pertusaria (lichenized Ascomycota, Pertusariaceae) from New Zealandニュージーランドで採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Pertusaria southlandicaとして新種記載した。本種は疣に複数の孔口を有し、子嚢が2胞子性で子嚢胞子が粗面、地衣成分として2-クロロリケキサントンおよびコンヒポプロトセトラル酸を含むことなどで特徴づけられた。本種は類似種とは孔口の形態、子嚢胞子のサイズ、地衣成分などを基に区別された。Pertusaria southlandica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科
R3-05942Vamsapriya属および新組み合わせV. camagueyensisについて2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイプスタディ/type study, ツゲモドキ科/Putranjivaceae, ハツバキ属, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 熱帯域/tropicsNotes on Vamsapriya and V. camagueyensis comb. nov.Corynespora camagueyensisを分生子の隔壁の型を根拠としてVamsapriya属に移した。本種は分生子が帯赤褐色~褐色で円筒形、6-9隔壁を有することなどで特徴づけられた。Vamsapriya属菌の検索表を掲載した。Vamsapriya camagueyensis▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05941ドイツ産Erysiphe plataniの観察2011Plant Pathology & Quarantine2011年の論文/published in 2011, Plant Pathology & Quarantine, うどんこ病/powdery mildew, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ヘッセン州/Hessen, 付着器/appressorium, 侵略的外来種/invasive alien species, 分布域の変化/changes in the distribution area, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気候変動/climate change, 移入種/alien species, 葉面菌/leaf surface fungi, 都市環境/urban environmentObservations on Erysiphe platani in Germanyドイツ、フランクフルトにおいてモミジバスズカケノキに生じたうどんこ病菌、Erysiphe plataniを検討した。本種はドイツより南の国々から知られていたが、ドイツからの報告は初となった。本種は侵略的外来種であり、分布域の拡大は地球温暖化と関連する可能性が考えられた。Erysiphe platani■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05940イランにおいてコムギおよびオオムギにblack (sooty) head mold病を引き起こすAlternaria属Infectoriae節菌類の分類学的研究2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, TreeBASE, すす穂病, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルボルズ州/Alborz, イネ科/Poaceae, イラン/Iran, オオムギ属/Hordeum, コムギ属/Triticum, ゴレスターン州/Golestan, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湿室法/moist chamber method, 畑地/farmland, 花生息菌/floricolous fungus, 表面殺菌法/surface sterilization methodTaxonomic study on Alternaria sections Infectoriae and Pseudoalternaria associated with black (sooty) head mold of wheat and barley in Iranイラン、ゴレスターン州およびアルボルズ州の畑地においてコムギおよびオオムギにすす穂病を引き起こした菌を検討した。計140菌株を検討し、Alternaria属Infectoriae節およびPseudoalternaria節に属すると同定した。Pseudoalternaria節と共通の形態を有しながら同節他種と形態的差異を認めた1菌株を検討し、Alternaria kordkuyanaとして新種記載した。Alternaria kordkuyana★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05939子嚢菌門の2新綱:ザイロボトリウム綱およびロウソクゴケ綱2019Persoonia2019年の論文/published in 2019, Persoonia, エピタイプ指定/epitype designation, コケ上に生える菌/fungi on moss, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, タイプスタディ/type study, フランス/France, ヘゴ属/Cyathea, ヘゴ科/Cyatheaceae, マルティニーク/Martinique, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 培養性状/colony characteristics, 新目提唱/new order, 新科提唱/new family, 新綱提唱/new class, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 腐生菌/saprobe, 西インド諸島/The West Indies, 走査型電子顕微鏡/SEMTwo new classes of Ascomycota: Xylobotryomycetes and CandelariomycetesXylobotryumおよびCirrosporium属が独自の系統を形成することを示し、新綱ザイロボトリウム綱および新目ザイロボトリウム目を提唱した。マルティニークからX. andinumのエピタイプ標本を指定した。また、従来および今回の分子系統解析の結果から、新綱ロウソクゴケ綱を提唱した。Xylobotryum andinum / Xylobotryum portentosumAscomycota/子嚢菌門
R3-05938タスマニア産のコゲボシゴケ属地衣1新種2018Cryptogam Biodiversity and Assessment2018年の論文/published in 2018, Cryptogam Biodiversity and Assessment, オーストラリア/Australia, ゼオリン類/zeorins, タスマニア州/Tasmania, デプシド類/depsides, トリテルペン類/triterpenes, パンナリン類/pannarins, フトモモ科/Myrtaceae, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, ユーカリ属/Eucalyptus, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜高山帯/subalpine zone, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 草地/grassland, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA new species of Megalospora Meyen (lichenised Ascomycetes) from Tasmaniaオーストラリア、タスマニアで採集された樹皮生痂状地衣の一種を検討し、Megalospora clandestinaとして新種記載した。本種は子嚢が単胞子性、子嚢胞子が石垣状で、地衣成分としてパンナリンおよびゼオリンを含むことなどで特徴づけられた。本新種を含むタスマニア産コゲボシゴケ属地衣8種の検索表を掲載した。Megalospora clandestina★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Megalosporaceae/メガロスポラ科
R3-05937Agaricus pes-capraeに対する新属Pseudoporpoloma2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 草地/grasslandPseudoporpoloma, a new genus for Agaricus pes-caprae (Agaricales, Tricholomataceae)従来キシメジ属あるいはPorpoloma属に置かれてきたAgaricus pes-capraeに対して新属Pseudoporpolomaを提唱した。本属は子実体がキシメジ型で傘が円筒形、放射状繊維紋を有し、担子胞子がアミロイドであることなどで特徴づけられた。分子系統解析で本属はPseudotricholoma属およびキシメジ属に近縁であった。Pseudoporpoloma pes-caprae▲
R3-05936メキシコ産の知見に乏しいコウヤクタケ類の研究2012Revista Mexicana de Biodiversidad2012年の論文/published in 2012, Revista Mexicana de Biodiversidad, イダルゴ州/Hidalgo, コウヤクタケ類/corticioid fungi, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タバスコ州/Tabasco, ナヤリット州/Nayarit, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, メヒコ州/Estado de Mexico, モレロス州/Morelos, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic surveyEstudio taxonómico de hongos corticioides (Hymenomycetes: Fungi) poco conocidos en Méxicoメキシコ新産種として9種のコウヤクタケ類を報告した。また、オアハカ州から知られているSteccherinum ochraceumをイダルゴ州新産種として報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Basidioradulum radula■ / Dentipellis separans■ / Hyphodermella corrugata■ / Phlebia queletii■ / Radulodon americanus■ / Resinicium bicolor■ / Steccherinum hydneum■ / Steccherinum ochraceum■ / Steccherinum subcrinale■ / Xylodon asperus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizoporaceae/アナタケ科_Russulales/ベニタケ目_Hericiaceae/サンゴハリタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05935ベラクルス州産ハラタケ属菌類:新産種2015Revista Mexicana de Micología2015年の論文/published in 2015, DELTA, Revista Mexicana de Micología, シェッファー反応/Schäffer reaction, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 都市環境/urban environment, 雲霧林/cloud forest, 食用きのこ/edible mushroomsEl género Agaricus (Agaricales, Agaricaceae) en Veracruz: nuevos registrosメキシコ、ベラクルス州新産種として5種のハラタケ属菌を報告した。本報告により、同州におけるハラタケ属菌の既知種は17種となった。ベラクルス州産ハラタケ属菌の節レベルの検索表を掲載した。Agaricus comtulus■ / Agaricus phaeolepidotus■ / Agaricus semotus■ / Agaricus subrutilescens■ / Agaricus xanthodermus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05934ポーランド南西部におけるAmanita argenteaの新規採集地2009Opole Scientific Society Nature Journal2009年の論文/published in 2009, Opole Scientific Society Nature Journal, ドルヌィ・シロンスク県/Dolnoslezské, フェノロジー/phenology, ポーランド/Poland, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 都市環境/urban environmentThe first locality of Amanita argentea Huijsman (Agaricales, Basidiomycota) in south-western Polandポーランド、ヴロツワフの都市公園からAmanita argenteaをポーランド南西部新産種として報告した。広義の本種はポーランド南部および南東部の5ヶ所から既に知られていた。本種の定義を議論するとともに、地理的分布、生態などに関する知見をまとめた。Amanita argentea■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05933クロアチア産担子菌の研究 (3):Battarrea phalloidesの初記録および全世界のBattarrea属菌の分類学的レビュー2016Nova Hedwigia2016年の論文/published in 2016, Nova Hedwigia, イトスギ属/Cupressus, クロアチア/Croatia, クロアチア新産種/Croatia_new record, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ドゥブロヴニク=ネレトヴァ郡/Dubrovnik-Neretva, ヒノキ科/Cupressaceae, フトモモ科/Myrtaceae, ベンガジ県, ユーカリ属/Eucalyptus, リビア/Libya, リビア新産種/Libya_new record, 乾燥地域/dry area, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 沿岸域/coastal area, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEM, 降水量/precipitationStudies on Croatian Basidiomycota 3: The first record of Battarrea phalloides (Agaricales) with a worldwide taxonomic review of Battarrea speciesクロアチアおよびリビア新産種としてBattarrea phalloidesを報告した。本種はクロアチアでは温暖な地中海性気候の地域においてイトスギ属の樹下に発生した一方、リビアでは乾燥地域においてユーカリ属植物の樹下に発生した。両標本の相違点を記述したほか、文献データに基づき全世界のBattarrea属菌の知見をまとめた。Battarrea phalloides■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05932クロアチア産のオキナタケ科の2新規分類群2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, クロアチア/Croatia, ザグレブ郡/Zagreb, スプリト=ダルマチア郡/Split-Dalmatia, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新変種記載/new variety, 新種記載/new species, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyTwo new taxa of Bolbitiaceae (Agaricales) from Croatiaクロアチアから新種Conocybe caeruleobasisおよび新変種Pholiotina mairei var. stercoreaを記載した。前者は海岸の砂質土壌に生じ、柄が深く砂に埋まり、基部の肉が青色であること、担子胞子が扁平でなくアンモニア反応陰性であることなどで特徴づけられた。後者はウマの糞に生じ、基本種や類縁種とは糞生菌であることや担子胞子、縁シスチジアの形態、クランプの有無などで区別された。Conocybe caeruleobasis★ / Pholiotina mairei★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科
R3-05931ニュージーランド北部産の見過ごされてきた地衣、新組み合わせPannaria pyxinoides2018Australasian Lichenology2018年の論文/published in 2018, Australasian Lichenology, シアノビオント/cyanobiont, タイプスタディ/type study, ニュージーランド/New Zealand, フトモモ属/Syzygium, フトモモ科/Myrtaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 独立種/independent species, 稀産種/rare species, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 藍藻地衣/cyanolichen, 複合種/species complexPannaria pyxinoides comb. nov., an overlooked lichen species from northern New Zealandニュージーランド固有種のPsoroma pyxinoidesがPannaria sphinctrinaと別種であることを示し、本種をPannaria属に移した。本種はP. sphinctrinaとは地衣体、粉子器、子嚢胞子などの形態が異なっていた。本種の形態はむしろP. allorhizaに類似し、その種との関係性が示唆された。Pannaria pyxinoides▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-05930中欧で発見された地中海産の菌Gymnopilus suberis:地球温暖化の結果?2016Sydowia2016年の論文/published in 2016, Sydowia, ウースチー州/Usti, サクラ属/Prunus, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, ハプロタイプネットワーク/haplotype network, バラ科/Rosaceae, フェノロジー/phenology, ホストシフト/host shift, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分布域の変化/changes in the distribution area, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 子実体発生調査/survey of fruiting bodies, 宿主選好性/host selectivity, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 気候変動/climate change, 気温/temperature, 統計解析/statistical analysis, 降水量/precipitation, 隠蔽種/cryptic speciesMediterranean fungus Gymnopilus suberis discovered in Central Europe – a consequence of global warming?チェコにおいてサクラの材に発生した菌を形態学的検討および分子系統解析の結果からGymnopilus suberisと同定した。本種は地中海においてコルクガシに発生する種として知られており、それ以外の地域からの報告は初となった。採集地周辺では統計的に温暖化傾向が認められ、1990年以降の5年の温暖な年が子実体発生の開始と相関していた。Gymnopilus suberis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05929イランにおいてジャガイモに葉枯病を引き起こすUlocladium atrumの同定2018Phytopathologia Mediterranea2018年の論文/published in 2018, Phytopathologia Mediterranea, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, エスファハーン州/Isfahan, コッホの原則/Koch_s postulation, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, ファールス州/Fars, 分子同定/molecular identification, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 畑地/farmland, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization method, 配列決定/sequencingIdentification of Ulocladium atrum causing potato leaf blight in Iranイラン、エスファハーン州およびファールス州においてジャガイモに葉枯病を引き起こした病原菌を検討した。分離された菌を形態形質およびITS領域の塩基配列を基にUlocladium atrumと同定した。接種試験によりその病原性を確かめ、本病害をイランから初めて報告した。Ulocladium atrumPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05928Mythicomyces属およびStagnicola属に対する新科ミティコマイセス科、およびSimocybe parvisporaの再検討2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, コケ上に生える菌/fungi on moss, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新科提唱/new family, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 湿地帯/wetland, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobeMythicomycetaceae fam. nov. (Agaricineae, Agaricales) for accommodating the genera Mythicomyces and Stagnicola, and Simocybe parvispora reconsidered分子系統解析により単型属のMythicomycesおよびStagnicolaが単系統を形成することを示し、新科ミティコマイセス科を提唱した。本科は5.8S+nrLSU+nrSSU+rpb2に基づく分子系統解析でナヨタケ科と姉妹群を形成した。また、Simocybe parvisporaのタイプ標本などを再検討し、この種をStagnicola perplexaのシノニムと考えた。Mythicomyces corneipes / Stagnicola perplexaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-05927Pseudodidymosphaeria属2018Asian Journal of Mycology2018年の論文/published in 2018, Asian Journal of Mycology, イネ科/Poaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類学的変遷/taxonomic changes, 切片/section, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 腐生菌/saprobeThe genus PseudodidymosphaeriaPseudodidymosphaeria属菌の形態学的検討および分子系統解析による再検討を行った。分子系統解析では、本属がマッサリナ科クレードにおいて良好に支持される系統を形成することを示した。本属の分類史を概観し、修正を加えた記載文を掲載した。Pseudodidymosphaeria spartiiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Massarinaceae/マッサリナ科
R3-05926トルコ新産のホウライタケ型菌2018Biological Diversity and Conservation2018年の論文/published in 2018, Biological Diversity and Conservation, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, リター菌/litter fungi, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 果樹園/orchard, 森林/forest, 植林地/plantationA new record of a Marasmioid species for Turkish mycobiotaトルコ、トラブゾン県で採集されたMarasmius curreyiをトルコ新産種として報告した。本種はヘーゼルナッツの果樹園において草本の残渣に発生していた。本種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Marasmius curreyi■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-05925中国北西部産の岩上生地衣の新種、Diploschistes xinjiangensis2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, サリチル酸類/salicylic acids, レカノール酸/lecanoric acid, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyDiploschistes xinjiangensis, a new saxicolous lichen from Northwest China中国新疆ウイグル自治区の半乾燥地域に産した岩上生地衣の一種を検討し、Diploschistes xinjiangensisとして新種記載した。本種は地衣体が厚い帯青灰色で、子嚢胞子が大型の楕円形、地衣成分としてジプロシステス酸およびレカノール酸を有することなどで特徴づけられた。本種はITS領域に基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Diploschistes xinjiangensis★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05924イラン産の無性子嚢菌の新種Dermea persica、およびDermea属菌検索表の改訂2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 難培養性菌/uncultured fungiDescription of Dermea persica (Dermateaceae, Helotiales), a new asexual Ascomycete from Iran, and an updated key to Dermea speciesイランにおいて枯枝に発生した菌を検討し、Dermea persicaとして新種記載した。本種は本属菌として唯一有性世代を欠き、分生子殻が基部で無色~淡褐色、頂部で暗褐色の嘴状で、分生子が鎌形無隔壁であることなどで特徴づけられた。また、Dermea属菌検索表の改訂版を掲載した。Dermea persica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科
R3-05923形態および分子データに基づく、アルプス産のPinus mugo針葉に生じるLophodermium pini-mugonisの新種記載2009Mycological Progress2009年の論文/published in 2009, Mycological Progress, アルプス山脈/Alps, ドイツ/Germany, バイエルン州/Bayern, フェノロジー/phenology, ホストシフト/host shift, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 共種分化/co-speciation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 帯線/zone line, 新種記載/new species, 稀産種/rare species, 種分化/speciationLophodermium pini-mugonis sp. nov. on needles of Pinus mugo from the Alps based on morphological and molecular dataドイツのアルプス山脈においてPinus mugo針葉に生じた菌を検討し、Lophodermium pini-mugonisとして新種記載した。本種は子座がクチクラ下に生じ、表面が皺状で、分生子が楕円形、唇細胞の構造が複雑であることなどで特徴づけられた。分子系統解析で、本種はマツ属よりもモミ属やトウヒ属植物を宿主とする種と近縁であった。Lophodermium pini-mugonis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-05922新属Portalia2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, カスティーリャ・ラ・マンチャ州/Castilla-La Mancha, カヤツリグサ科/Cyperaceae, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, ホタルイ属/Scirpus, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 多系統群/polyphyletic group, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 花生息菌/floricolous fungus, 西欧新産種/Western Europe_new record, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiPortalia gen. nov. (Ustilaginomycotina)スペインにおいて採集されたCintractia uljanishchevianaに対して新属Portaliaを提唱した。本種は従来カザフスタンのみから知られており、ヨーロッパ新産種として報告された。本種の胞子の発芽を初めて記録した。Portalia uljanishcheviana▲Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Anthracoideaceae/アントラコイデア科
R3-05921タイ北部産の土壌菌の新種Apophysomyces thailandensis、およびそれによる不溶性ミネラルの可溶化2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, ミネラル可溶化, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 検索表/identification key, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 統計解析/statistical analysis, 資化試験/assimilation testApophysomyces thailandensis (Mucorales, Mucoromycota), a new species isolated from soil in northern Thailand and its solubilization of non-soluble mineralsタイ、チエンマイ県において土壌から分離された菌を検討し、Apophysomyces thailandensisとして新種記載した。本種は胞子嚢胞子が狭い台形であることなどで特徴づけられた。本種は炭酸コバルトなど5種の金属鉱物に対する低い可溶化能を有していた。Apophysomyces thailandensis★Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Mucoraceae/ケカビ科
R3-05920酸性土壌由来のアオカビ属Lanata-divaricata節菌類2018Cladistics2018年の論文/published in 2018, Cladistics, GCPSR, pH適性/pH aptitude, アナナス属/Ananas, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オオハリナシミツバチ属/Melipona, オランダ/Netherlands, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, クダ州, トレンガヌ州, パイナップル科/Bromeliaceae, フロリダ州/Florida, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マレーシア/Malaysia, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, ミツバチ科/Apidae, ムクロジ科/Sapindaceae, レイシ属/Litchi, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 水溶性色素/water-soluble pigment, 海南省/Hainan, 湖南省/Hunan, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 米国/USA, 耐酸性菌/acid-tolerant fungus, 色素産生/pigment production, 花粉生息菌/pollen inhabiting fungus, 菌核/sclerotium, 酸性土壌/acidic soil, 酸産生/acid production, 酸耐性試験/acid resistance test, 雲南省/YunnanPenicillium section Lanata-divaricata from acidic soil中国産アオカビ属菌の調査を実施し、分離されたうちLanata-divaricata節の60菌株を検討した。20系統中7系統は既知種に一致したが、残りの13系統を本研究で新種記載した。多くの種は酸性土壌から分離され、11種は酸性培地でより生長が速く、1種は耐酸性菌であった。Penicillium austrosinense★ / Penicillium flaviroseum★ / Penicillium globosum★ / Penicillium griseoflavum★ / Penicillium guangxiense★ / Penicillium hainanense★ / Penicillium jianfenglingense★ / Penicillium laevigatum★ / Penicillium rubriannulatum★ / Penicillium soliforme★ / Penicillium spinuliferum★ / Penicillium viridissimum★ / Penicillium yunnanense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05919統合的分類学的手法により見出されたテントウムシの普遍的な寄生菌における隠蔽種2018Scientific Reports2018年の論文/published in 2018, Scientific Reports, テントウムシ科/Coccinellidae, 主成分分析/principal component analysis, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 吸器/haustorium, 地理的分布/geographical distribution, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 散布図/scatter plot, 新規プライマー設計/novel primer designation, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 特異的PCR/specific PCR, 種の境界/species delimitation, 種概念/species concept, 統計解析/statistical analysis, 草地/grassland, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesIntegrative taxonomy reveals hidden species within a common fungal parasite of ladybirds約30種の広範なテントウムシを宿主とするとされてきたHesperomyces virescensの種概念を再検討した。3種の異なる宿主に発生した本種の形態形質を計測し、托の形状などの変数が有意に異なることを示したほか、主成分分析により細胞I、細胞VI、および子嚢殻の形状の寄与度が高いことを示した。分子系統解析により、本種において単一の宿主ごとに顕著なクレードが存在し、その各々が異なる種であることを示した。Hesperomyces virescensAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-05918オーストラリア産の黒色小型の盤菌の新種、Smardaea australis2017Swainsona2017年の論文/published in 2017, Swainsona, オーストラリア/Australia, コケ上に生える菌/fungi on moss, ヒースランド/heathland, ビクトリア州/Victoria, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南オーストラリア州/South Australia, 収斂進化/convergent evolution, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 栄養摂取様式/nutrition style, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 砂丘/dune, 砂地/sand, 種内変異/intraspecific variation, 粘土質土壌/clayey soil, 色素産生/pigment productionA new species of small black disc fungi, Smardaea australis (Pezizales, Pyronemataceae), is described from Australiaオーストラリアのビクトリア州および南オーストラリア州で採集された盤菌の一種を検討し、Smardaea australisとして新種記載した。本種は子嚢盤が淡色で子嚢が短いこと、色素の濃淡などから、同じく本属において球形平滑の子嚢胞子を有するS. planchonisとは別種と考えられた。本種はオーストラリア産の初のSmardaea属菌として報告された。Smardaea australis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-05917メキシコ、ベラクルス州、コフレ・デ・ペロテ国立公園に産した外生菌根性子嚢菌2012Revista Mexicana de Micología2012年の論文/published in 2012, Revista Mexicana de Micología, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 地下生菌/hypogeous fungi, 培養性状/colony characteristics, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyAscomicetos ectomicorrízicos del Parque Nacional Cofre de Perote, Veracruz, Méxicoメキシコ、ベラクルス州、コフレ・デ・ペロテ国立公園において外生菌根菌の調査を実施した。Elaphomyces granulatusなど13分類群を報告した。分離培養に成功したのはSarcosphaera coronariaのみであった。Elaphomyces granulatus / Elaphomyces muricatus / Gyromitra esculenta / Gyromitra infula / Helvella albella / Helvella crispa / Helvella lacunosa / Helvella macropus / Otidea leporina / Peziza badia / Sarcosphaera coronaria / Sowerbyella rhenanaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Elaphomycetales/ツチダンゴ目_Elaphomycetaceae/ツチダンゴ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Discinaceae/フクロシトネタケ科_Helvellaceae/ノボリリュウ科_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-05916中国雲南省において針葉樹感染性甲虫およびそれらの便乗ダニ類に関連するオフィオストマトイド菌類2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, Coccotrypes属, Cyrtogenius属, Insectolaelaps属, Ips属, MycoKeys, Orthotomicus属, Polygraphus属, Tomicus属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オフィオストマトイド菌類/ophiostomatoid fungi, コナダニ科/Acaridae, シンアナモルフ/synanamorph, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ジェネラリスト/generalist, ゾウムシ科/Curculionidae, タネノキクイムシ属, ダニ生息菌/mite inhabiting fungus, ツガ属/Tsuga, ハプロタイプネットワーク/haplotype network, ヒゲダニ属, ヒゲダニ科/Histiostomatidae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミズコナダニ属, ヨコスジムシダニ科, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 散布様式/dispersal style, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮下キクイムシ/bark beetle, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子散布/spore dispersal, 虫散布/dispersal by insects, 複合種/species complex, 雲南省/YunnanOphiostomatoid fungi associated with conifer-infesting beetles and their phoretic mites in Yunnan, China中国雲南省において針葉樹の坑道および甲虫から分離されたオフィオストマトイド菌類を検討し、19分類群を報告した。そのうちOphiostoma acarorumなど5種を新種記載した。甲虫に便乗するダニから分離された種も多く、ダニが重要なベクターであることが示唆された。Graphilbum kesiyae★ / Graphilbum puerense★ / Leptographium ningerense★ / Ophiostoma acarorum★ / Ophiostoma brevipilosi★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-05915インド中央部における大型菌類の多様性 (12):Leucoagaricus rubrotinctus2018Van Sangyan2018年の論文/published in 2018, Van Sangyan, アジアスイギュウ属/Bubalus, インド/India, ウシ科/Bovidae, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 地理的分布/geographical distribution, 堆肥/compost, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore printDiversity of macro-fungi in Central India-XII: Leucoagaricus rubrotinctusLeucoagaricus rubrotinctusをインド中央部における新産種として報告した。本種はバッファローの糞に発生し、傘が淡桃色で特徴的な橙褐色の斑点を有していた。インド産Leucoagaricus属菌の一覧表を掲載した。Leucoagaricus rubrotinctus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05914インド、グジャラート州におけるCyathus stercoreusの新規分布記録2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Studies in Fungi, インド/India, ウッドチップ生息菌/wood chip inhabiting fungus, グジャラート州/Gujarat, シクエストレート菌/sequestrate fungus, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 腐植土/humus, 腹菌類/gastromycetes, 配列決定/sequencingNew distribution record of Cyathus stercoreus (Schwein.) De Toni (Nidulariaceae) for India from Gujarat stateインド、グジャラート州における新産種としてCyathus stercoreusを報告した。本種の記載文、生態写真、小塊粒の拡大写真、コロニーの写真などを掲載した。本種との同定はITS領域のDNAバーコーディングによっても確かめられた。Cyathus stercoreus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05913イラン産の広義Aleurodiscus属1新種2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, イラン/Iran, イーラーム州/Ilam, カエデ属/Acer, シノニム/synonym, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forestA new species in Aleurodiscus s.l. (Stereaceae, Russulales) from Iranイラン西部の半乾燥地域で採集された菌を検討し、Aleurodiscus persicusとして新種記載した。本種は子実体が背着生で類白色~帯灰クリーム色、担子胞子が楕円形でアミロイド、類数珠状のグレオシスチジアを有し、1菌糸型でクランプを有することなどで特徴づけられた。また、新組み合わせA. graminicolaを提唱し、それに伴いGloeomyces属をAleurodiscus属のシノニムとした。Aleurodiscus graminicola▲ / Aleurodiscus persicus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科
R3-05912Rhododendron latoucheaeの落葉に生じた新種、Coccomyces jiangxiensis2015Mycosystema2015年の論文/published in 2015, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Mycosystema, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国語/Chinese, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 帯線/zone line, 新種記載/new species, 江西省/Jiangxi, 漂白/bleaching, 難培養性菌/uncultured fungiCoccomyces jiangxiensis, a new species of Rhytismataceae on fallen leaves of Rhododendron latoucheae中国江西省においてRhododendron latoucheaeの落葉に生じた菌を検討し、Coccomyces jiangxiensisとして新種記載した。本種は漂白斑および帯線を形成し、三角形~六角形の子嚢果を葉の両面に生じ、子嚢胞子は糸状で、側糸に複数の隔壁を有し、分生子果は形成しなかった。本種の培養およびDNA抽出は成功しなかった。Coccomyces jiangxiensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-05911メキシコの横断火山系西部に産した地下生子嚢菌類2018Acta Botánica Mexicana2018年の論文/published in 2018, Acta Botánica Mexicana, エゴノキ属/Styrax, エゴノキ科/Styracaceae, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ハイノキ属/Symplocos, ハイノキ科/Symplocaceae, ブナ科/Fagaceae, ミチョアカン州/Michoacan, メキシコ/Mexico, リョウブ属, リョウブ科, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白トリュフ/white truffle, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyAscomicetos hipogeos de la región occidental del Sistema Volcánico Transversal, Méxicoメキシコ、ミチョアカン州の横断火山系西部で採集された地下生菌類を検討し、Elaphomyces appalachiensisなど6種を同定した。これらの種はいずれもミチョアカン州新産種として報告された。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Elaphomyces appalachiensis■ / Genabea cerebriformis■ / Genea mexicana■ / Hydnobolites cerebriformis■ / Tuber pseudoseparans■ / Tuber tequilanum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Elaphomycetales/ツチダンゴ目_Elaphomycetaceae/ツチダンゴ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Pezizaceae/チャワンタケ科_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-05910新種Thalloloma microsporum2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, ケヤキ属/Zelkova, ニレ科/Ulmaceae, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 秦嶺山脈/Qinling Mountains, 色素産生/pigment production, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 陝西省/ShaanxiA new species, Thalloloma microsporum (Graphidaceae, Ostropales, Ascomycota)中国陝西省の秦嶺山脈においてケヤキの樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Thalloloma microsporumとして新種記載した。本種は唇が朱赤色で、子嚢胞子が小型であり、地衣成分としてイソヒポクレリンを含むことなどで特徴づけられた。本種は類似する同属他種とは唇の色、子嚢胞子のサイズまたは隔壁数、イソヒポクレリンの有無などで区別された。Thalloloma microsporum★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05909カメルーン産の新種Graphis lueckingiana2018The Korean Journal of Mycology2018年の論文/published in 2018, The Korean Journal of Mycology, カメルーン/Cameroon, サクラ属/Prunus, バラ科/Rosaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 北西州(カメルーン)/Northwest (Cameroon), 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyGraphis lueckingiana, a New Species from Cameroonカメルーンで採集された地衣の一種を検討し、Graphis lueckingianaとして新種記載した。本種は地衣体が帯灰緑色で光沢があり、リレラが星状に分枝し、ラビアがほぼ完全に厚い果托の縁に覆われることなどで特徴づけられた。また、本種は子嚢が単胞子性で、子嚢胞子が無色~帯黄色の石垣状であった。Graphis lueckingiana★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05908中国産のリティズマ科の新種、Lophodermium wuzhishanense2016Mycosystema2016年の論文/published in 2016, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Mycosystema, Phoebe属, クスノキ科/Lauraceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国語/Chinese, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 帯線/zone line, 新種記載/new species, 海南省/Hainan, 漂白/bleaching, 難培養性菌/uncultured fungiLophodermium wuzhishanense, a new species of Rhytismataceae from China中国海南省においてPhoebe tavoyanaの枯れ葉に生じた菌を検討し、Lophodermium wuzhishanenseとして新種記載した。本種は葉に漂白斑および帯線を形成し、子嚢果および分生子果を生じた。本種の単胞子分離およびDNA抽出には失敗したが、類似種とは形態的に異なっていた。Lophodermium wuzhishanense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-05907中国海南省産のCoccomyces属1新種2016Mycosystema2016年の論文/published in 2016, Chunia属, Mycosystema, マンサク科/Hamamelidaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国語/Chinese, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 帯線/zone line, 新種記載/new species, 海南省/Hainan, 漂白/bleachingA new species of Coccomyces (Rhytismatales) from Hainan, China中国海南省においてChunia bucklandioidesに発生した菌を検討し、Coccomyces chuniaeとして新種記載した。本種は葉の両面に漂白斑を生じて子嚢果および分生子果を形成し、帯線を有することもあった。本種は同属他種とは子嚢果や分生子果、子嚢、側糸などの形態が異なっていた。Coccomyces chuniae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-05906ベトナム産のSkeletocutis属1新種2019Journal of Microbiology & Experimentation2019年の論文/published in 2019, Journal of Microbiology & Experimentation, ベトナム/Vietnam, ラムドン省/Lâm Đồng, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusA new species of Skeletocutis (Polyporales, Basidiomycota) from Vietnamベトナムにおいて被子植物の幹に発生した菌を検討し、Skeletocutis vietnamensisとして新種記載した。本種は孔口面が雪白色、孔口が角形、担子胞子が卵状~洋梨形、2菌糸型であることなどで特徴づけられた。本種はITS領域に基づく分子系統解析でSkeletocutis属菌と近縁であり、単系統群を形成した。Skeletocutis vietnamensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05905中国南部産のLactarius属2新種:Lactarius verrucosporusおよびL. nigricans2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMLactarius verrucosporus sp. nov. and L. nigricans sp. nov., two new species of Lactarius (Russulaceae) from southern China中国広東省で採集された2種の菌を検討し、Lactarius verrucosporusおよびL. nigricansとして新種記載した。前者は傘が帯赤褐色で襞が淡クリーム色、担子胞子が球形~類球形で疣状、傘表皮の次端細胞が球形で末端細胞が膨大することなどで特徴づけられた。後者は傘が帯灰褐色で襞がベージュ色、担子胞子に高い畝状装飾がありアミロイド、柄シスチジアが類紡錘形~類円筒形で、傘表皮の末端細胞が長いことなどで特徴づけられた。Lactarius nigricans★ / Lactarius verrucosporus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05904中国産の水生不完全菌の新種、Phaeomonilia aquatica2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 江西省/Jiangxi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber methodPhaeomonilia aquatica sp. nov., an aquatic hyphomycete from China中国江西省の小川で採集された水生不完全菌の一種を検討し、Phaeomonilia aquaticaとして新種記載した。本種は分生子柄が貫生伸長し、分生子が鎖生し平滑で無隔壁であることなどで特徴づけられた。本新種を含むPhaeomonilia属菌の検索表を掲載した。Phaeomonilia aquatica★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05903ブルガリア産大型菌類の多様性に関する新規データ2018Phytologia Balcanica2018年の論文/published in 2018, Bruckenthalia属, Phytologia Balcanica, Syntrichia属, Warnstorfia属, アオギヌゴケ科/Brachytheciaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生息菌/bryophilous fungus, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, スギゴケ属/Polytrichum, スギゴケ科/Polytrichaceae, スノキ属/Vaccinium, センボンゴケ科/Pottiaceae, ソフィア市/Sofia, ツツジ科/Ericaceae, ツルハシゴケ属/Eurhynchium, ハリガネゴケ属/Bryum, ハリガネゴケ科/Bryaceae, ヒカゲノカズラ科/Lycopodiaceae, ピートボグ/peat bog, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, プロヴディフ州/Plovdiv, ペルニク州/Pernik, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミズゴケ属/Sphagnum, ミズゴケ科/Sphagnaceae, ミズゼニゴケ属, ミズゼニゴケ科, モミ属/Abies, ヤチスギラン属, ヤナギゴケ科/Amblystegiaceae, リター菌/litter fungi, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 水辺/waterside, 河川/river, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質ローム土壌/sandy loam soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew data about macrofungal species diversity in BulgariaPodophacidium xanthomelumなど5種の大型菌類をブルガリア新産種として報告した。また、その他に12分類群について新規採集地を報告した。Arrhenia lobata、Hericium flagellumなど、ブルガリアのレッドデータブックにも掲載される保全価値の高い種も見出された。Arrhenia lobata / Arrhenia obatra■ / Arrhenia onisca / Arrhenia spathulata / Arrhenia sphagnicola■ / Guepinia helvelloides / Gyromitra martinii / Hericium flagellum / Hygrophorus hypothejus / Lamprospora crechqueraultii / Marasmius curreyi■ / Neottiella rutilans / Peziza domiciliana / Podophacidium xanthomelum■ / Suillus flavidus / Thelephora penicillata■ / Typhula uncialisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Discinaceae/フクロシトネタケ科_Russulales/ベニタケ目_Hericiaceae/サンゴハリタケ科_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Pezizaceae/チャワンタケ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科_Typhulaceae/ガマノホタケ科
R3-05902ベラルーシ産レプラゴケ属地衣2016Folia Cryptogamica Estonica2016年の論文/published in 2016, Folia Cryptogamica Estonica, アオイ科/Malvaceae, アトラノリン類/atranorins, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, ジバリカト酸/divaricatic acid, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, ゼオリン類/zeorins, デプシド類/depsides, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, トリテルペン類/triterpenes, ナシ属/Pyrus, ナナカマド属/Sorbus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ピートボグ/peat bog, フロドナ州/Hrodna, ブナ科/Fagaceae, ブレスト州/Brest, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベラルーシ/Belarus, ベラルーシ新産種/Belarus_new record, ベンゾフラン類/benzofurans, ホメリ州/Homyel, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マヒリョウ州/Mogilev, ミンスク市/Minsk, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, モミ属/Abies, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヴィーツェプスク州, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 収蔵標本/stored specimen, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 脂肪酸/fatty acid, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyThe genus Lepraria (Stereocaulaceae, lichenized Ascomycota) in Belarusベラルーシ産のレプラゴケ属地衣360標本を検討し、9分類群を同定した。Lepraria ecorticata、L. finkii、およびL. rigidulaをベラルーシ新産種として報告した。標本の48%はL. incanaであり、この種が最も普通種とみられた。Lepraria eburnea / Lepraria ecorticata■ / Lepraria elobata / Lepraria finkii■ / Lepraria incana / Lepraria jackii / Lepraria neglecta / Lepraria rigidula■ / Lepraria vouauxiiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Stereocaulaceae/キゴケ科
R3-05901Globisporangium属新種の系統および形態2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, リニアグロース/linear growth, 不稔菌糸/sterile mycelium, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 大阪府/Osaka, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of sporesPhylogeny and morphology of new species of Globisporangium大阪府の池の水から分離された卵菌の一種を検討し、Globisporangium lacustreとして新種記載した。本種は当初G. marsipiumと同定されたが、生育適温や生長速度、コロニーのパターンなどが顕著に異なっており、分子系統解析でも異なる系統を形成した。また、分子系統解析の結果を基に、2種をGlobisporangium属に移した。Globisporangium camurandrum▲ / Globisporangium lacustre★ / Globisporangium takayamanum▲Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Pythiales/フハイカビ目_Pythiaceae/フハイカビ科
R3-05900ブラジル産の樹皮生地衣の新種、Coenogonium upretianum2018Cryptogam Biodiversity and Assessment2018年の論文/published in 2018, Cryptogam Biodiversity and Assessment, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyCoenogonium upretianum (Ascomycota: Coenogoniaceae), a new corticolous lichen species from Brazilブラジル、リオグランデ・ド・スル州で採集された地衣の一種を検討し、Coenogonium upretianumとして新種記載した。本種は子器が肉色で裂芽を有すること、子嚢胞子のサイズなどで特徴づけられ、同属他種のいずれとも区別された。本種は植物園において植林された樹木の樹皮に発生し、植物園の生物多様性保全上の重要性を示す例となった。Coenogonium upretianum★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Coenogoniaceae/セノゴニウム科
R3-05899ケニアの国立公園に産した新種Psathyrella aberdarensis2018Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2018年の論文/published in 2018, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, UNITE, ケニア/Kenya, 中央州(ケニア)/Central Province (Kenya), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 湿室法/moist chamber methodPsathyrella aberdarensis, a new species of Psathyrella (Agaricales) from a Kenyan National Parkケニアのアバーデア国立公園において落枝に群生した菌を検討し、Psathyrella aberdarensisとして新種記載した。本種は子実体が小型で被膜が永存性、担子胞子がごく淡色で発芽孔が視認されないことなどで特徴づけられた。本種はP. candolleanaの類縁種に含まれ、他の担子胞子が淡色で発芽孔を欠き、側シスチジアを欠く種とは形態的に異なっていた。Psathyrella aberdarensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-05898オーストリア新産種、Psathyrella lyckebodensis2018Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2018年の論文/published in 2018, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, オーストリア/Austria, オーストリア新産種/Austria_new record, シュタイアーマルク州/Steiermark, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 新産種報告/new record, 稀産種/rare speciesPsathyrella lyckebodensis, a first record for Austriaオーストリア、シュタイアーマルク州からPsathyrella lyckebodensisをオーストリア新産種として報告した。本報告は本種の全世界で2番目の報告とみられた。本種はヤナギ属樹木の近傍の湿った土壌に発生していたが、これはタイプ標本の生息環境とはやや異なっていた。Psathyrella lyckebodensis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-05897ブルガリア産の稀産種および知見に乏しい盤菌類についての新規データ2017Journal of Bioscience and Biotechnology2017年の論文/published in 2017, Journal of Bioscience and Biotechnology, カヤツリグサ科/Cyperaceae, コナラ属/Quercus, スゲ属/Carex, ソフィア州/Sofia, トウヒ属/Picea, ピートボグ/peat bog, ブナ科/Fagaceae, ブルガリア/Bulgaria, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 保全生態学/conservation ecology, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 絶滅危惧種/endangered species, 黒紋病/tar spotNew data about some rare and less known discomycetous fungi from Bulgariaブルガリアからビョウタケ目およびリティズマ目の盤菌類6種を報告した。そのうちOmbrophila violacea、Rutstroemia bulgarioides、およびR. calopusは保全上価値の高い種であった。Colpoma quercinumはソフィア州から初めて報告された。Ascocoryne turficola / Colpoma quercinum■ / Ombrophila violacea■ / Rhytisma salicinum / Rutstroemia bulgarioides / Rutstroemia calopusAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科_Rutstroemiaceae/ルトストロエミア科
R3-05896ベラルーシ北部産のコウヤクタケ類稀産種2007Mycena2007年の論文/published in 2007, Mycena, アカバナ科/Onagraceae, イワダレゴケ科/Hylocomiaceae, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, シッポゴケ属/Dicranum, シッポゴケ科/Dicranaceae, タチハイゴケ属, トネリコ属/Fraxinus, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ブナ科/Fagaceae, ベラルーシ/Belarus, ベラルーシ新産種/Belarus_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミンスク州/Minsk, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギラン属, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リター菌/litter fungi, ヴィーツェプスク州, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主選好性/host selectivity, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌根菌/mycorrhizal fungiRare corticioid fungi (Basidiomycetes, Aphyllophorales) from northern Belarusベラルーシ北部から13種のコウヤクタケ類を報告した。そのうちCeratobasidium pseudocornigerumなど8種がベラルーシ新産種であった。各種について記載文、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Ceratobasidium pseudocornigerum / Dendrothele amygdalispora■ / Dendrothele griseocana■ / Globulicium hiemale■ / Hyphodontia floccosa / Hyphodontia pilaecystidiata / Membranomyces delectabilis■ / Phlebia firma■ / Ramaricium albo-ochraceum / Rhizochaete radicata■ / Tomentella galzinii / Trechispora invisitata■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Ceratobasidiaceae/ツノタンシキン科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Clavulinaceae/カレエダタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-05895メキシコ新産種、Delastria rosea2017Acta Botánica Mexicana2017年の論文/published in 2017, Acta Botánica Mexicana, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ミチョアカン州/Michoacan, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 雲霧林/cloud forestPrimer reporte y distribución de Delastria rosea (Pezizales: Incertae sedis) en México従来北アフリカ、南欧、およびカリフォルニア州から知られてきたDelastria roseaをメキシコ新産種として報告した。本種はミチョアカン州の雲霧林においてCarpinus carolinianaの樹下に見出された。メキシコ産標本はヨーロッパ産標本と生息環境および子嚢胞子とその装飾のサイズが異なっていた。Delastria rosea■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Terfeziaceae/イモタケ科
R3-05894韓国において木本の根と関係を持つアーバスキュラー菌根菌の新種。Acaulosproa koreana2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, エゴノキ属/Styrax, エゴノキ科/Styracaceae, クスノキ科/Lauraceae, クロモジ属/Lindera, トラップカルチャー/trap culture, ムログラフ, 京畿道/Gyeonggi-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 密度勾配遠心法, 山地/mountains, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 菌根/mycorrhiza, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 表面殺菌法/surface sterilization method, 韓国/South KoreaAcaulosproa koreana, a New Species of Arbuscular Mycorrhizal Fungi (Glomeromycota) Associated with Roots of Woody Plants in Korea韓国の森林においてダンコウバイおよびハクウンボクの根圏土壌から分離されたアーバスキュラー菌根菌の一種を検討し、Acaulosproa koreanaとして新種記載した。本種は形態的にはA. melleaに類似していたが、それとは系統的には遠縁であった。本種は韓国から記載された初のグロムス綱菌類となった。Acaulospora koreana★Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Diversisporales/ディバーシスポラ目_Acaulosporaceae/アカウロスポラ科
R3-05893インドネシアの熱帯林に産したCeriporia inflataおよびCeriporia lacerataの初記録2018Agriculture and Natural Resources2018年の論文/published in 2018, Agriculture and Natural Resources, インドネシア/Indonesia, インドネシア新産種/Indonesia_new record, コウヤクタケ類/corticioid fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東カリマンタン州/East Kalimantan, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeFirst record of Ceriporia inflata and Ceriporia lacerata (Phanerochaetaceae, Basidiomycota) from Indonesian tropical forestインドネシア、東カリマンタン州の熱帯雨林からCeriporia inflataおよびCeriporia lacerataをインドネシア新産種として報告した。両種はITSおよびnrLSUに基づく分子系統解析でCeriporia属グループに含まれた。インドネシア産の両種はそれぞれ中国、日本産のタイプ標本と形態形質が類似していた。Ceriporia inflata■ / Ceriporia lacerata■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05892インドにおけるItajahya galericulataの発生についての形態学的および分子生物学的根拠2018Plant and Fungal Systematics2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Pithecellobium属, Plant and Fungal Systematics, Prosopis属, アジア新産種/Asia_new record, インド/India, インド新産種/India_new record, グジャラート州/Gujarat, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, マメ科/Fabaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 移入種/alien species, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEMMorphological and molecular evidence for the occurrence of Itajahya galericulata (Basidiomycota, Phallales) in Indiaインド、グジャラート州からItajahya galericulataをアジアおよびインドにおける新産種として報告した。本種はPithecellobium属およびProsopis属の樹下に発生しており、南米からの移入が示唆された。nrLSU+ATP6に基づく分子系統解析を実施するとともに、他に登録されていない本種のITS領域配列を取得した。Itajahya galericulata■
R3-05891トルコ新産の変形菌、Licea pescadorensis2017Iğdır Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi2017年の論文/published in 2017, Iğdır Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハタイ県/Hatay, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 沿岸域/coastal area, 湿室法/moist chamber method, 種内変異/intraspecific variationLicea pescadorensis, A New Myxomycetes Record for Turkeyトルコ、ハタイ県からLicea pescadorensisをトルコ新産種として報告した。本種は従来報告されていた牛糞ではなくPinus brutiaの樹皮に発生した。本種は子実体が密に群生し、子嚢が帯赤褐色~黒色で光沢があり、胞子が小型で均一な厚壁であることなどで特徴づけられた。Licea pescadorensis■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Liceales/コホコリ目_Liceaceae/コホコリ科
R3-05890中国産Graphina属地衣の解明、および数件の新組み合わせ2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, MycoKeys, オキセピン類/oxepins, シノニム/synonym, スチクチン酸類/stictic acids, タイプスタディ/type study, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新組み合わせ提唱/new combination, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyResolving the species of the lichen genus Graphina Müll. Arg. in China, with some new combinations中国から報告されたGraphina属地衣全種を検討し、チェックリストを掲載した。Diorygma isabellinumなど5件の新組み合わせを提唱した。また、5つの学名を新たにシノニムとした。Diorygma isabellinum▲ / Fissurina adscribens▲ / Graphis lecanactiformis▲ / Phaeographis haloniata▲ / Platygramme taiwanensis▲Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05889中国雲南省産の新種Bionectria vesiculosa2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 雲南省/YunnanBionectria vesiculosa sp. nov. from Yunnan, China中国雲南省において腐朽葉に生じた菌を検討し、Bionectria vesiculosaとして新種記載した。本種は子嚢殻が褐色、子嚢が棍棒形、子嚢胞子が紡錘形平滑であり、子嚢殻の次端部を大型の小胞状細胞が冠状に囲んでいることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でBionectria属クレードに含まれ、形態的にそれほど類似しない2種と統計的支持の弱いサブクレードを形成した。Bionectria vesiculosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科
R3-05888ミャンマーの琥珀に見出された白亜紀中期のアンブロシア菌の新属新種、Paleoambrosia entomophila、および腿節における菌嚢のエビデンス2018Fungal Biology2018年の論文/published in 2018, Fungal Biology, アンブロシア菌/ambrosia fungus, カチン州/Kachin, ゾウムシ科/Curculionidae, ミャンマー/Myanmar, 化石菌類/fossil fungi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 琥珀/amber, 白亜紀/Cretaceous, 菌嚢/mycangium, 酵母/yeast, 養菌性キクイムシ/ambrosia beetleA mid-Cretaceous ambrosia fungus, Paleoambrosia entomophila gen. nov. et sp. nov. (Ascomycota: Ophiostomatales) in Burmese (Myanmar) amber, and evidence for a femoral mycangiumミャンマー産の白亜紀中期の琥珀に含まれていたゾウムシ科甲虫に見出された菌を検討し、新属新種Paleoambrosia entomophilaとして記載した。本種は宿主の腿節にある菌嚢に含まれ、酵母様の散布体および菌糸の断片が認められた。本種は初めて記録された化石アンブロシア菌であり、昆虫との共生関係が1億年前から存在することが明らかになった。Paleoambrosia entomophila★
R3-05887熱帯インド産の新属新種、Indoporus shoreae2018Cryptogamie Mycologie2018年の論文/published in 2018, Cryptogamie Mycologie, UNITE, インド/India, サラノキ属/Shorea, ジャールカンド州/Jharkhand, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 西ベンガル州/West Bengal, 走査型電子顕微鏡/SEMIndoporus shoreae gen. et sp. nov. (Boletaceae) from tropical Indiaインド、ジャールカンド州および西ベンガル州のサラノキ林で採集された菌を検討し、新属新種Indoporus shoreaeとして記載した。本種はAfroboletus属菌やオニイグチ属菌などに形態的に類似し、イグチ科クレードに含まれたが、その他の属との系統関係は明らかにならなかった。本種と形態的に類似する属との形質比較表を掲載した。Indoporus shoreae★
R3-05886ヘマタムノール酸を含む南アフリカ産の新種、Xanthoparmelia krcmarii2018Herzogia2018年の論文/published in 2018, Herzogia, ウスニン酸類/usnic acids, キサントン類/xanthones, タムノール酸類/thamnolic acids, ベンゾフラン類/benzofurans, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 南アフリカ/South Africa, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 色素産生/pigment production, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 西ケープ州/Western Cape, 降水量/precipitationXanthoparmelia krcmarii, a new species from South Africa with haemathamnolic acid南アフリカ、西ケープ州で採集された地衣の一種を検討し、Xanthoparmelia krcmariiとして新種記載した。本種は裂片先端が粗い粉状、子器盤が黒色、子嚢胞子が類球形で、地衣成分としてヘマタムノール酸を含むことなどで特徴づけられた。キクバゴケ属地衣からのヘマタムノール酸の報告は初となった。Xanthoparmelia krcmarii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-05885トルコ産地下生菌類の新規データ2018Natura Croatica2018年の論文/published in 2018, Natura Croatica, アイドゥン県/Aydin, キュタヒヤ県/Kütahya, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブルサ県/Bursa, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew Data on Turkish Hypogeous FungiトルコからHydnocystis piligeraをトルコ新産種として報告した。Hydnocystis属菌のトルコからの報告は初であり、マツ属の樹下に発生していた。また、Melanogaster variegatusおよびOctaviania asterospermaのトルコにおける新規採集地を報告した。Hydnocystis piligera■ / Melanogaster variegatus / Octaviania asterospermaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Melanogastraceae/メラノガステル科_Octavianiaceae/ホシミノタマタケ科
R3-05884カシミール・ヒマラヤ産の未報告の大型子嚢菌類2018International Journal of advance Research in Science and Engineering2018年の論文/published in 2018, International Journal of advance Research in Science and Engineering, インド/India, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 水辺/waterside, 河川/river, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobe, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 食用きのこ/edible mushroomsHitherto unreported species of Ascomycetous Macrofungi of Kashmir Himalayaインド、カシミール・ヒマラヤにおいて大型子嚢菌類の調査を実施した。Disciotis venosaなど5種の新産種を報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Disciotis venosa■ / Geopyxis carbonaria■ / Gyromitra gigas■ / Gyromitra perlata■ / Helvella leucopus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Morchellaceae/アミガサタケ科_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Discinaceae/フクロシトネタケ科_Helvellaceae/ノボリリュウ科
R3-05883インドネシア、バリ島産のアミモジゴケ属地衣1新種および3新産種2018Bangladesh Journal of Plant Taxonomy2018年の論文/published in 2018, Bangladesh Journal of Plant Taxonomy, インドソケイ属/Plumeria, インドネシア/Indonesia, インドネシア新産種/Indonesia_new record, オキセピン類/oxepins, キョウチクトウ科/Apocynaceae, スチクチン酸類/stictic acids, バリ州/Bali, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 湿度/humidity, 熱帯域/tropics, 痂状地衣/crustose lichen, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 顕微結晶法/microcrystal methodA new species of Glyphis Ach. and three new records of Graphis Adans. (Graphidaceae) from Bali Island, Indonesiaインドネシア、バリ島で採集された地衣の一種を検討し、Glyphis batuanaとして新種記載した。本種は子器がリレラ状で分枝せず、子器盤が黒色で褐色の粉霜を伴い、果殻が完全に炭化し、子嚢が8胞子性で、地衣成分を欠くことなどで特徴づけられた。インドネシア新産種としてアミモジゴケ属3種を報告し、本属の検索表を掲載した。Glyphis batuana★ / Graphis conferta■ / Graphis immersella■ / Graphis nilgiriensis■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05882パナマ、フォルトゥナの雲霧林に産したキツネタケ属1新種2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, UNITE, コナラ属/Quercus, チリキ県/Chiriquí, パナマ/Panama, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 気温/temperature, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 降水量/precipitation, 雲霧林/cloud forestA new Laccaria species from cloud forest of Fortuna, Panamaパナマの雲霧林で採集された菌を検討し、Laccaria stellataとして新種記載した。本種は子実体が微小で帯桃橙色、襞が非常に疎で、担子器が4胞子性、担子胞子が球形で比較的大きな小刺に覆われることなどで特徴づけられた。分子系統解析によりstirps Ohiensisが多系統群であることを確かめたとともに、本種がL. murinaと最も近縁であることを示した。Laccaria stellata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科
R3-05881中国南部産の新種Codinaea jianfenglingensisおよび新産種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forestCodinaea jianfenglingensis sp. nov. and new records from southern China中国海南省において枯枝に発生した菌を検討し、Codinaea jianfenglingensisとして新種記載した。本種は分生子形成細胞が頂部に単生するモノフィアライドであり、分生子が紡錘形~三日月形で両端に1本ずつの小剛毛を有することなどで特徴づけられた。また、Craspedodidymum hyalosporumおよびEllisembiopsis brasiliensisを中国新産種として報告した。Codinaea jianfenglingensis★ / Craspedodidymum hyalosporum■ / Ellisembiopsis brasiliensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Deuteromycota/不完全菌門_Deuteromycotina/不完全菌亜門_Hyphomycetes/不完全糸状菌綱
R3-05880韓国の農地土壌から新規に分離されたAspergillus caninus(シノニム:Phialosimplex caninus)2018The Korean Journal of Mycology2018年の論文/published in 2018, The Korean Journal of Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新産種報告/new record, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordAspergillus caninus (Syn: Phialosimplex caninus): a New Isolate from Field Soils in Korea韓国慶尚南道において農地土壌から分離された菌を検討し、Aspergillus caninusと同定した。本種を韓国新産種として報告した。5種類の寒天培地における形態形質およびITS、β-チューブリン、カルモジュリン遺伝子に基づく分子系統解析に基づき同定を行った。Aspergillus caninus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05879台湾において白殻から分離されたクモノスカビ属菌および類縁菌2007Fungal Science2007年の論文/published in 2007, Fungal Science, 台南市/Tainan, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 培養性状/colony characteristics, 彰化県/Changhua, 新産種報告/new record, 新竹市/Hsinchu, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 桃園市/Taoyuan, 温度適性/temperature aptitude, 発酵/fermentation, 発酵食品/fermented food, 苗栗県/Miaoli, 醸造/brewing, 高雄市/KaohsiungRhizopus and related species from peka in Taiwan台湾において伝統的な醸造に利用される白麴(白殻)から分離された菌を検討し、17菌株を分離した。形態に基づき、Amylomyces rouxiiなど3種および2変種を同定した。そのうち1種および2変種を台湾新産種として報告した。Amylomyces rouxii / Mucor indicus■ / Rhizopus microsporus■ / Rhizopus oryzaeMucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Mucoraceae/ケカビ科
R3-05878Wrightoporiopsis属1新種および本属の認められている種の検索表2019Journal of Microbiology & Experimentation2019年の論文/published in 2019, Journal of Microbiology & Experimentation, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeA new species of Wrightoporiopsis (Russulales, Basidiomycota) and a key to accepted species in the genus中国海南省で採集された菌を検討し、Wrightoporiopsis irregularisとして新種記載した。本種は一年生で傘状、硫黄色で子実層托が管孔状~針状、肉が1菌糸型で実質が2菌糸型であることなどで特徴づけられた。本属菌の検索表を掲載した。Wrightoporiopsis irregularis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目
R3-05877侵略的外来種の淡水生珪藻、Pleurosira laevisの寄生菌である全実性の新種Miracula moenusica2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, Pleurosira属, ドイツ/Germany, バイオフィルム/biofilm, ヘッセン州/Hessen, ヨツメケイソウ科, 侵略的外来種/invasive alien species, 共培養/coculture, 内部寄生菌/internal parasitic fungus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 底泥/sediment, 感染様式/mode of infection, 散布様式/dispersal style, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 珪藻, 環境配列/environmental sequence, 生活環/life cycle, 移入種/alien species, 藻類寄生菌/algae parasitic fungus, 藻類生息菌/algicolous fungusMiracula moenusica, a new member of the holocarpic parasitoid genus from the invasive freshwater diatom Pleurosira laevisドイツ、フランクフルトのマイン川において採集されたPleurosira laevisの寄生菌を検討し、Miracula moenusicaとして新種記載した。本種はM. helgolandicaに次ぐ2番目のMiracula属卵菌となり、Pleurosira laevisを宿主とする初の種として報告された。本種の生活環を記述したほか、分子系統解析によって系統的位置を明らかにした。Miracula moenusica★Oomycota/卵菌門
R3-05876中国産Phaeographina属地衣の解明2017MycoKeys2017年の論文/published in 2017, MycoKeys, オキセピン類/oxepins, カルボン酸類/carboxylic acids, シノニム/synonym, スチクチン酸類/stictic acids, タイプスタディ/type study, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新組み合わせ提唱/new combination, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 無効学名/invalid name, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 非合法名/illegitimate nameResolving the genus Phaeographina Müll. Arg. in China中国産の従来Phaeographina属菌とされてきた地衣類を検討した。Phaeographis pleiosporaなど5つの新組み合わせを提唱した。また、Diorygma hieroglyphicumに対するPhaeographina callosporaなど、複数のシノニムを提案した。Chapsa mirabilis / Diorygma hieroglyphicum / Fissurina micromma / Glyphis scyphulifera / Graphis alpestris / Pallidogramme chlorocarpoides / Pallidogramme chrysenteron / Phaeographis pleiospora▲ / Phaeographis scalpturata / Platygramme elaeoplaca▲ / Platygramme platyloma / Platythecium maximum▲ / Platythecium pyrrhochroum▲ / Sarcographa glyphiza / Sarcographina heterospora▲ / Thecaria montagnei / Thecaria quassiicola / Thecographa prosiliensPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05875スイス新産のロウソクゴケ属およびロウソクゴケモドキ属地衣5種2012MycoKeys2012年の論文/published in 2012, MycoKeys, オーストリア/Austria, オーストリア新産種/Austria_new record, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, グラウビュンデン州/Graubunden, ジュラ州, スイス/Switzerland, スイス新産種/Switzerland_new record, ゾロトゥルン州/Solothurn, チロル州/Tirol (Austria), ツーク州/Zug, ティチーノ州/Ticino, ハンノキ属/Alnus, バーゼル=ラント準州, フリブール州/Fribourg, ベルン州/Bern, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, ルツェルン州/Luzern, ヴァレー州/Valais, 中欧新産種/Central Europe_new record, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 菌類相調査/mycofloristic surveyFive species of Candelaria and Candelariella (Ascomycota, Candelariales) new to Switzerlandスイス新産種としてロウソクゴケ属およびロウソクゴケモドキ属の計5種を報告した。また、Candelariella antennariaをオーストリア新産種としても報告した。その他にスイスにおける既知種についても生態、地理的分布などの情報を掲載した。Candelaria pacifica■ / Candelariella aggregata / Candelariella antennaria■ / Candelariella boleana■ / Candelariella efflorescens / Candelariella granuliformis■ / Candelariella subdeflexa / Candelariella viae-lacteae / Candelariella xanthostigmoides■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目
R3-05874中国産材生息性淡水生菌 (2):雲南省北西部産のDistoseptispora属新種、および材生息性淡水生菌研究の統一的手法の提案2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, Shannon-Wienerの多様度指数/Shannon-Wiener diversity Index, Simpsonの多様度指数/Simpson diversity index, Sørensenの類似度指数/Sørensen similarity index, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 実験手法の改良/improvement of experimental techniques, 山地/mountains, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異隔壁/distoseptum, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 雲南省/YunnanLignicolous freshwater fungi from China II: Novel Distoseptispora (Distoseptisporaceae) species from northwestern Yunnan Province and a suggested unified method for studying lignicolous freshwater fungi中国雲南省において材生息性淡水生菌の調査を実施し、Distoseptispora属4新種を記載した。これらの新種を含む、Distoseptispora属の生息環境および形態形質の比較表を掲載した。また、野外採集、形態観察、培養、単胞子分離、菌株保存などに関して、材生息性淡水生菌研究の標準化手法を提案した。Distoseptispora cangshanensis★ / Distoseptispora obpyriformis★ / Distoseptispora rostrata★ / Distoseptispora submersa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱
R3-05873トルコ新産種、Conocybe anthracophila2018Anatolian Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Anatolian Journal of Botany, カルス県/Kars, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 新産種報告/new record, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 稀産種/rare speciesConocybe anthracophila, A new record for the Turkish mycobiota稀産種のConocybe anthracophilaをトルコ新産種として報告した。本種はカルス県の国立公園において焼けた炭の上に発生していた。本種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Conocybe anthracophila■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科
R3-05872アマゾン産スッポンタケ類:南米およびブラジルにおける新産種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), イネ科/Poaceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, パラー州/Pará, フランス/France, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, 仏領ギアナ/French Guiana, 仏領ギアナ新産種/French Guiana_new record, 南米新産種/South America_new record, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 糞生菌/coprophilous fungi, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grasslandAmazonian phalloids: New records for Brazil and South Americaブラジル新産種としてLysurus arachnoideus、南米新産種としてPhallus cinnabarinusをそれぞれ報告した。前者はブラジル、アマゾナス州の森林において糞に発生し、南米においては変種がスリナムで一度報告されたのみであった。後者はブラジル、パラー州および仏領ギアナで採集され、菌網が明橙色、根状菌糸束が淡紫色~桃色であることなどで特徴づけられた。Lysurus arachnoideus■ / Phallus cinnabarinus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-05871寄生性大型菌類、Marasmius palmivorusの新宿主2018Current Science2018年の論文/published in 2018, Current Science, インド/India, サルスベリ属/Lagerstroemia, ミソハギ科/Lythraceae, 分子同定/molecular identification, 呈色反応/chemical reaction, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 西ベンガル州/West Bengal, 配列決定/sequencingA new host for the parasitic macrofungus Marasmius palmivorus Sharples (Marasmiaceae)インド、西ベンガル州からMarasmius palmivorusを報告し、記載文などを掲載した。Lagerstroemia speciosaを本種の新宿主として報告した。また、本種のインド産標本の形態形質は初の報告となった。Marasmius palmivorusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-05870メキシコ新産種、Leucoagaricus lilaceus2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, タマウリパス州/Tamaulipas, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 切片/section, 北米新産種/North America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 庭園/garden, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 都市環境/urban environmentFirst record of Leucoagaricus lilaceus (Agaricales: Agaricomycetes) in Mexicoメキシコの都市部の庭園に発生したLeucoagaricus lilaceusをメキシコ新産種として報告した。本種は傘が帯紫色、襞が類白色~帯桃色、柄の基部が塊茎状であることなどで特徴づけられた。本種はアルゼンチン、ブラジル、パラグアイから知られており、本報告はアメリカ大陸最北の採集地の報告となった。Leucoagaricus lilaceus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05869イラン産のKretzschmaria属2新種および1新産種2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, Parrotia属, TreeBASE, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, カバノキ科/Betulaceae, ギーラーン州/Gilan, クルミ科/Juglandaceae, コナラ属/Quercus, サワグルミ属/Pterocarya, ハンノキ属/Alnus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マンサク科/Hamamelidaceae, マーザンダラーン州/Mazandaran, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity surveyTwo new species and one new record of Kretzschmaria (Ascomycota, Xylariales) from IranイランからKretzschmaria hedjaroudeiおよびK. iranicaの2新種を記載した。前者はK. deusta、後者はK. pavimentosaにそれぞれ近縁であったが、形態的に異なっていた。また、これまで熱帯からのみ知られていたK. zonataをイラン新産種として報告した。Kretzschmaria deusta / Kretzschmaria hedjaroudei★ / Kretzschmaria iranica★ / Kretzschmaria zonata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05868新種Graphium carbonariumを含む中国産のシンネマ形成性樹皮下キクイムシ関連菌の特性2010Fungal Diversity2010年の論文/published in 2010, Fungal Diversity, Ips属, Pissodes属, Tomicus属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オフィオストマトイド菌類/ophiostomatoid fungi, カラマツ属/Larix, キクイムシ科/Scolytidae, シンアナモルフ/synanamorph, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ゾウムシ科/Curculionidae, ツガ属/Tsuga, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 吉林省/Jilin, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 散布様式/dispersal style, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮下キクイムシ/bark beetle, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 胞子散布/spore dispersal, 色素産生/pigment production, 虫散布/dispersal by insects, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/YunnanCharacterization of synnematous bark beetle-associated fungi from China, including Graphium carbonarium sp. nov中国においてシンネマ形成性樹皮下キクイムシ関連菌類を調査し、オフィオストマ目4種とミクロアスカス目2種の計6種を同定した。そのうちSalix babylonicaのPissodes属甲虫による坑道から分離された菌をGraphium carbonariumとして新種記載した。G. pseudormiticumを中国新産種として報告した。Graphium carbonarium★ / Graphium pseudormiticum■ / Ophiostoma piceae / Ophiostoma quercus / Ophiostoma setosum / Pesotum fragransAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-05867新興の角膜病原菌:Pseudopestalotiopsis theae角膜炎の初報告2019Indian Journal of Ophthalmology2019年の論文/published in 2019, Indian Journal of Ophthalmology, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ヒト病原菌/human pathogen, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 新疾患報告/new animal disease, 新興感染症/emerging infectious disease, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 稀産種/rare species, 臨床検体/clinical specimens, 角膜炎/keratitisEmerging corneal pathogens: First report of Pseudopestalotiopsis theae keratitis55歳女性が木の棒でできた傷から真菌性角膜炎を発症した。分離された菌は培養下でPestalotiopsis型の分生子を形成し、ITS領域の塩基配列からPseudopestalotiopsis theaeと同定された。本報告はPseudopestalotiopsis属菌による角膜炎の初報告となった。Pseudopestalotiopsis theaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科
R3-05866Alternaria属菌の節間分布 (6):旧Ulocladium属の種2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 新学名提唱/new scientific name, 新組み合わせ提唱/new combinationDistribution of Alternaria species among sections. 6. Species formerly assigned to genus Ulocladium旧Ulocladium属菌の形態学的検討を実施し、Alternaria属への転属を行った。Alternaria属Pseudoulocladium節に2種、Ulocladioides節に3種、Ulocladium節に1種を移した。8つの新組み合わせおよび4つの新学名を提唱した。Alternaria allii-tuberosi▲ / Alternaria castaneae▲ / Alternaria gpagarwalii▲ / Alternaria manihoticola▲ / Alternaria microspora▲ / Alternaria oblongo-obovoidea▲ / Alternaria populicola◆ / Alternaria preussii◆ / Alternaria pseudobotrytis◆ / Alternaria sorghi▲ / Alternaria sylvestris◆ / Alternaria zantedeschiae▲Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05865タイ産の新種、Clitopilus chalybescens2001Fungal Diversity2001年の論文/published in 2001, Fungal Diversity, タイ/Thailand, 新種記載/new species, 森林/forest, 走査型電子顕微鏡/SEMClitopilus chalybescens, a new species from Thailandタイ、カオヤイ国立公園で採集された菌を検討し、Clitopilus chalybescensとして新種記載した。本種はScyphoides節に含まれ、子実体が比較的大型で、傘および柄が帯灰青色であり、傘表皮の末端細胞が偽頭状であることなどで特徴づけられた。本種の担子胞子の走査型電子顕微鏡写真を掲載した。Clitopilus chalybescens★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05864インド北東部産の新種、Enterographa assamica2019Taiwania2019年の論文/published in 2019, Taiwania, アッサム州/Assam, インド/India, キサントン類/xanthones, コンフルエンチン酸類/confluentic acids, サリチル酸類/salicylic acids, デプシド類/depsides, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 畑地/farmland, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyEnterographa assamica, a new species from North-East Indiaインド、アッサム州の茶畑において樹皮に発生した痂状地衣の一種を検討し、Enterographa assamicaとして新種記載した。本種は地衣体が灰色で、リケキサントンおよびコンフルエンチン酸を含むことなどで特徴づけられた。インド産クチナワゴケ属地衣の検索表を掲載した。Enterographa assamica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科
R3-05863ブラジル、リオグランデ・ド・ノルテ州の2つの自然保護区に産した腹菌類2018Current Research in Environmental & Applied Mycology2018年の論文/published in 2018, Current Research in Environmental & Applied Mycology, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シロアリの巣/termite nest, スッポンタケ類/phalloid fungi, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, リター菌/litter fungi, 切片/section, 動物の巣/animal nest, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 地理的分布/geographical distribution, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 昆虫の巣/insect nest, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic surveyGasteroid fungi (Basidiomycota) from two protected natural areas in Rio Grande do Norte State, Brazilブラジル、リオグランデ・ド・ノルテ州の2つの自然保護区において腹菌類の調査を実施し、6属13種を報告した。Clathrus columnatusおよびGeastrum pusillipilosumをリオグランデ・ド・ノルテ州新産種として報告した。また、18属50種からなるリオグランデ・ド・ノルテ州産腹菌類のチェックリストを掲載した。Abrachium floriforme / Clathrus columnatus■ / Cyathus earlei / Cyathus gracilis / Cyathus limbatus / Geastrum entomophilum / Geastrum lloydianum / Geastrum pusillipilosum■ / Geastrum rusticum / Geastrum schweinitzii / Geastrum triplex / Phallus indusiatus / Scleroderma dunenseBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科_Boletales/イグチ目_Sclerodermataceae/ニセショウロ科
R3-05862インド産のコウヤクタケ類の新種、Phlebiopsis mussooriensis2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ヒマラヤスギ属/Cedrus, マツ科/Pinaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 庭園/garden, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification keyPhlebiopsis mussooriensis (Agaricomycetes), a new corticioid species from Indiaインド、ウッタラーカンド州で採集されたコウヤクタケ類の一種を検討し、Phlebiopsis mussooriensisとして新種記載した。本種はヒマラヤスギの腐朽材に生じ、子実体が帯灰黄色で、表面が平滑~やや瘤状であり、シスチジアが類紡錘形~紡錘形で結晶を伴うことなどで特徴づけられた。本新種を含むPhlebiopsis属菌の検索表を掲載した。Phlebiopsis mussooriensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-05861インド、西ベンガル州産大型菌類の研究:23-272018Journal of Threatened Taxa2018年の論文/published in 2018, Journal of Threatened Taxa, インド/India, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐植土/humus, 膠質菌/jelly fungi, 西ベンガル州/West BengalContribution to the Macromycetes of West Bengal, India: 23–27インド、西ベンガル州から5種の膠質菌を報告した。掲載種はDacryopinax spathularia、Exidia glandulosa、Pseudohydnum gelatinosum、Tremella fuciformis、およびT. mesentericaであった。各種について記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Dacryopinax spathularia / Exidia glandulosa / Pseudohydnum gelatinosum / Tremella fuciformis / Tremella mesentericaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Dacrymycetes/アカキクラゲ綱_Dacrymycetales/アカキクラゲ目_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科
R3-05860イラク、クルディスタン地域、アルビールにおけるきのこ類新産種の調査および同定2018Rafidain Journal of Science2018年の論文/published in 2018, Rafidain Journal of Science, アルビール県/Arbīl, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 庭園/garden, 採集地マッピング/collection site mapping, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveySurvey and Identification of some New Record Mushrooms in Erbil Governorate Kurdistan Region-Iraqイラン、アルビールにおいて担子菌類の調査を実施し、16種を同定した。クルディスタン地域におけるAmpulloclitocybe属など7属の報告は初となった。各種について形態形質、生息環境、採集地、生態写真などの情報を掲載した。Agaricus bitorquis / Ampulloclitocybe clavipes■ / Bovista plumbea■ / Coprinus micaceus / Hebeloma mesophaeum / Lyophyllum decastes■ / Meruliopsis taxicola■ / Mycena inclinata / Panaeolus papilionaceus / Pleurotus ostreatus / Polyporus arcularius / Russula turci■ / Schizophyllum commune / Scleroderma verrucosum■ / Trametes hirsuta / Vascellum pratense■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Lyophyllaceae/シメジ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Boletales/イグチ目_Sclerodermataceae/ニセショウロ科
R3-05859Micarea denigrataグループに属する西欧産のタマイボゴケ属地衣1新種2018Herzogia2018年の論文/published in 2018, Herzogia, イギリス/United kingdom, イングランド/England, イースト・ロージアン/East Lothian, ウェスト=フランデレン州/West Flanders, オランダ/Netherlands, コナラ属/Quercus, ジロホール酸/gyrophoric acid, スコットランド/Scotland, ゼーラント州/Zeeland, ディーキルヒ広域行政区/Diekirch, トチノキ属/Aesculus, ドイツ/Germany, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ニワトコ属/Sambucus, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, ハリエニシダ属/Ulex, フリースラント州/Friesland, フレヴォラント州/Flevoland, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ベルギー/Belgium, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヨークシャー/Yorkshire, ルクセンブルク/Luxembourg, ルクセンブルク広域行政区/Distrikt Lëtzebuerg, レンプクソウ科/Adoxaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 北ブラバント州/North Brabant, 北ホラント州/North Holland, 南ホラント州/South Holland, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 大気汚染/air pollution, 安息香酸類/benzoic acids, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 砂丘/dune, 砂地/sand, 粘土質土壌/clayey soil, 絶滅危惧種/endangered species, 絶滅種/extinct species, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 顕微結晶法/microcrystal methodA new Micarea species from western Europe, belonging in the Micarea denigrata group収蔵標本の再検討により見出された未記載種をMicarea sambuciとして新種記載した。本種はしばしばM. nitschkeanaに同定されていたが、”mesoconidia”を形成する点などが異なっていた。本種はオランダ、ベルギー、ルクセンブルク、ドイツ、スコットランドなどにおいて普通種であったが、近年の採集例はなく、現在は絶滅した可能性も考えられた。Micarea sambuci★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科
R3-05858Chlamydopsis属:属および基準種の修正2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クスノキ科/Lauraceae, サンパウロ州/São Paulo, ジャケツイバラ属/Caesalpinia, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, マメ科/Fabaceae, リター菌/litter fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南米新産種/South America_new record, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新産種報告/new record, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendationChlamydopsis: an emendment of the genus and its type speciesブラジル、サンパウロ州においてCaesalpinia echinataの葉から分離されたChlamydopsis proliferansを検討した。ブラジル産標本の形態が原記載と異なることを見出し、属および種の定義を修正した。また、本種を南米新産種として報告した。Chlamydopsis proliferans■Ascomycota/子嚢菌門
R3-05857ウッタラーカンド・ヒマラヤからのインド新産の野生大型菌類の報告2018Indian Phytopathology2018年の論文/published in 2018, Indian Phytopathology, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コナラ属/Quercus, チチタケ属/Lactarius, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トウヒ属/Picea, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ブナ科/Fagaceae, ベニタケ科/Russulaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 奇形/malformation, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEMFirst reports of wild macrofungi to the Indian mycobiota from Uttarakhand Himalayaインド、ウッタラーカンド・ヒマラヤにおいて大型菌類の調査を実施した。Amanita farinosaなど8種をインド新産種として報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真、類似種との差異などを掲載した。Amanita farinosa■ / Amanita sepiacea■ / Hypomyces lateritius■ / Lactarius horakii■ / Lactarius laeticolor■ / Lactifluus pilosus■ / Russula olivobrunnea■ / Sparassis latifolia■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Sparassidaceae/ハナビラタケ科
R3-05856台湾産不完全糸状菌:Chaetendophragmia属および類縁種2009Taiwania2009年の論文/published in 2009, Taiwania, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, インゲンマメ属/Phaseolus, タケ生息菌/bambusicolous fungus, マダケ属/Phyllostachys, マメ科/Fabaceae, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 南投県/Nantou, 単胞子分離/single spore isolation, 単菌糸分離/single hypha isolation, 台南市/Tainan, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 培養性状/colony characteristics, 新北市/New Taipei, 新産種報告/new record, 湿室法/moist chamber method, 澎湖県, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rateHyphomycetes from Taiwan: Chaetendophragmia and Allied Species台湾新産種としてChaetendophragmia triangulariaなど5種のアナモルフ菌を報告した。これらの種は南投県、台南市、台北県などにおいてタケ類の稈や腐朽葉、インゲンマメの葉などに見出された。各種について記載文、顕微鏡写真、スケッチなどを掲載した。Chaetendophragmia triangularia■ / Chlamydomyces palmarum■ / Coronospora dendrocalami■ / Corynespora cassiicola■ / Cylindrocarpon fusiforme■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Corynesporascaceae/コリネスポラスカ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05855中国新産種、Strelitziana africana2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, すす点病/sooty blotch, アオカズラ属/Sabia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アワブキ科/Sabiaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, バラ科/Rosaceae, ミクロサイクリック分生子形成/microcycle conidiation, ヤマノイモ属/Dioscorea, ヤマノイモ科/Dioscoreaceae, リンゴ属/Malus, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 保因宿主, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 広西チワン族自治区/Guangxi, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌核/sclerotiumStrelitziana africana newly recorded from China中国新産種として広西チワン族自治区からStrelitziana africanaを報告した。本種は薬用植物であるDioscorea cirrhosaおよびSabia parvifloraの茎から分離された。本種をリンゴ果実に接種してコッホの原則が成立することを確かめ、これらの植物がリンゴの病原菌の保因宿主である可能性を指摘した。Strelitziana africana■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Strelitzianaceae/ストレリチアナ科
R3-05854中国においてウッドチャックの糞に生じた新種、Lecanicillium coprophilum2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, マーモット属, リス科, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北京市/Beijing, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 糞生菌/coprophilous fungiLecanicillium coprophilum (Cordycipitaceae, Hypocreales), a new species of fungus from the feces of Marmota monax in China中国においてウッドチャックの糞から分離された菌を検討し、Lecanicillium coprophilumとして新種記載した。本種は同属他種とは分生子形成細胞や分生子のサイズおよび形状、網状厚壁胞子の有無などで区別された。本種と類似の同属他種を含む形質比較表および系統樹などを掲載した。Lecanicillium coprophilum★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05853台湾産の類白色のトリュフの新種、Tuber elevatireticulatum2018Botanical Studies2018年の論文/published in 2018, Botanical Studies, シクエストレート菌/sequestrate fungus, バイオマス測定/biomass measurement, マツ科/Pinaceae, ユサン属/Keteleeria, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南投県/Nantou, 台湾/Taiwan, 土壌pH/soil pH, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 植林地/plantation, 気温/temperature, 白トリュフ/white truffle, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酸性土壌/acidic soil, 降水量/precipitationTuber elevatireticulatum sp. nov., a new species of whitish truffle from Taiwan台湾で採集された菌を検討し、Tuber elevatireticulatumとして新種記載した。本種はPuberulumクレードに含まれ、Keteleeria fortunei var. cyclolepisの根元に生じ、子実体が小型で淡褐色、子嚢胞子が楕円形で隆起した網目状であることなどで特徴づけられた。台湾における白トリュフの報告は本種が初であり、ユサン属植物を宿主とするセイヨウショウロ属菌の報告も初となった。Tuber elevatireticulatum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-05852陸上環境に産した新種Helicosporium luteosporumおよびAcanthohelicospora aurea2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クラビー県/Krabi, タイ/Thailand, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeHelicosporium luteosporum sp. nov. and Acanthohelicospora aurea (Tubeufiaceae, Tubeufiales) from terrestrial habitatsタイ、クラビー県において地上の腐朽材に発生した菌を検討し、Helicosporium luteosporumとして新種記載した。本種はコロニーが黄色で光沢があり、分生子柄が有色で直立し、小歯状の分生子形成細胞およびコイル状の分生子を形成することなどで特徴づけられた。また、中国南部で採集されたAcanthohelicospora aureaの有性世代および無性世代を掲載した。Acanthohelicospora aurea / Helicosporium luteosporum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-05851台湾産の渦巻状胞子を有する不完全糸状菌2新種2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 台湾/Taiwan, 嘉義県/Chiayi County, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 気中水生菌/aero-aquatic fungi, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 走査型電子顕微鏡/SEMTwo new species of helicosporous hyphomycetes from Taiwan台湾嘉義県の河川において沈んだ材に生じたアナモルフ菌2種を検討し、Helicoma chiayienseおよびHelicosporium taiwanenseとして新種記載した。前者はViolaceum節に含まれ、分生子柄が無色で分生子の幅が広く、二次分生子を形成することなどで特徴づけられた。後者は分生子柄ががっしりとしていて複数の小歯を有し、分生子の幅が広いことなどで特徴づけられた。Helicoma chiayiense★ / Helicosporium taiwanense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-05850インド北東部の森林に産した新属新種Vittalia indicaおよび新種Helicoma indicum2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルナーチャル・プラデーシュ州/Arunachal Pradesh, インド/India, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ナガランド州/Nagaland, リター菌/litter fungi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobeVittalia indica gen. & sp. nov. and Helicoma indicum sp. nov. from the forests of northeastern Indiaインドの森林においてリターに発生したアナモルフ菌2種を検討し、新属新種Vittalia indicaおよび新種Helicoma indicumとして記載した。前者は分生子柄が分枝し、分生子形成細胞がモノトレト型で、分生子が単生し疣状で隔壁を有することなどで特徴づけられた。後者はHelicoma節に含まれ、分生子が単隔壁であることなどで特徴づけられた。Helicoma indicum★ / Vittalia indica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-05849南米新産種、Porobeltraniella porosa (Piroz. & S.D. Patil) Gusmão2014Check List2014年の論文/published in 2014, Check List, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サンパウロ州/São Paulo, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リター菌/litter fungi, 南米新産種/South America_new record, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 腐生菌/saprobeNew record of Porobeltraniella porosa (Piroz. & S.D. Patil) Gusmão, 2004 (Fungi: asexual Ascomycota) for South Americaブラジル、サンパウロ州で採集されたPorobeltraniella porosaを報告した。本種はインド、オーストラリア(、メキシコ?)から知られているが、南米からの報告は初となった。本種は撹乱された森林において葉のリターから湿室法で得られた。Porobeltraniella porosa■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Beltraniaceae/ベルトラニア科
R3-05848メキシコにおいて熱帯のリターに生じたアナモルフ菌の新産種2013Revista Mexicana de Micología2013年の論文/published in 2013, Revista Mexicana de Micología, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyNuevos registros de hongos anamorfos tropicales asociados a restos vegetales para Méxicoメキシコ、ベラクルス州において熱帯のリタに生じたアナモルフ菌の多様性を調査した。15種を記載し、そのうち13種がメキシコ新産種であった。1種はベラクルス州新産種であり、残りの1種は分生子柄および分生子のサイズの範囲が既報と異なっていた。Brachysporium nigrum■ / Camposporium ontariense■ / Chloridium phaeosporum■ / Dactylosporium macropus■ / Dendryphion digitatum■ / Dendryphion nanum■ / Dendryphiosphaera parvula / Endophragmia cesatii■ / Endophragmiella valdiviana■ / Fusariella bizzozeriana■ / Periconia digitata■ / Phialocephala humicola■ / Pseudobotrytis terrestris■ / Rhexoacrodictys erecta■ / Taeniolella robusta■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Trichosphaeriaceae/トリコスフェリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Torulaceae/トルラ科_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科_Periconiaceae/ペリコニア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Vibrisseaceae/ピンタケ科_Coniochaetales/コニオケータ目_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科
R3-05847中国一般微生物菌株保存センターにおけるコウジカビ属Terrei節菌類の系統分類2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new recordPhylogeny of Aspergillus section Terrei with two new records from the China General Microbiological Culture Collection Centre中国CGMCCにおいて保存されているコウジカビ属Terrei節菌類について、形態学的検討および分子系統解析を実施した。中国産の本節菌として6種を認め、そのうちAspergillus alabamensisおよびA. allahabadiiを中国新産種として報告した。本節の種の識別にCaMおよびBenAが有用であることを示した。Aspergillus alabamensis■ / Aspergillus allahabadii■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05846コウヤクタケ型きのこDendrothele arachisporaの日本における最初の報告2018菌蕈研究所報告/Reports of The Tottori Mycological Institute2018年の論文/published in 2018, アジア新産種/Asia_new record, アセビ属/Pieris, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ツツジ科/Ericaceae, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, 切片/section, 北半球新産種/Northern Hemisphere_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 菌蕈研究所報告/Reports of The Tottori Mycological Institute, 鳥取県/TottoriFirst record of the corticioid fungus Dendrothele arachispora (Agaricomycetes) in Japan鳥取県においてアセビの枯枝上に生じたコウヤクタケ類の一種を検討し、Dendrothele arachisporaと同定した。本種はニュージーランドのみから知られており、日本新産種として報告された。本種は担子胞子が楕円形で中央がくびれる落花生形であることなどで特徴づけられた。Dendrothele arachispora■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-05845ブラジル、パラー州、Caxiuanã国有林産のアナモルフ菌:新熱帯新産種2010Nota Científica2010年の論文/published in 2010, Astrocaryum属, Bactris属, Nota Científica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウスバヒメヤシ属/Geonoma, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, パラー州/Pará, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新産種報告/new record, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyFungos Anamorfos (hyphomycetes) da Floresta Nacional de Caxiuanã, Pará, Brasil. Novos registros para o Neotrópicoブラジル、パラー州の国有林においてアナモルフ菌の調査を実施した。Camposporium fusisporumなど5種を新熱帯新産種として報告した。また、Stachybotrys theobromaeをブラジル新産種として報告した。Camposporium fusisporum■ / Cylindrocarpon curtum■ / Minimidochium microsporum■ / Sporidesmiella aspera■ / Sporidesmium ghanaense■ / Stachybotrys theobromae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科_Stachybotryaceae/スタキボトリス科
R3-05844中国南部産の新種Blastophragma chongqingenseおよび新産種Bahusutrabeeja angularis2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 異隔壁/distoseptum, 重慶市/ChongqingBlastophragma chongqingense sp. nov. and a new record of Bahusutrabeeja angularis from southern China中国重慶市において枯枝に生じた菌を検討し、Blastophragma chongqingenseとして新種記載した。本種は同属他種とは分生子のサイズや形状、隔壁数などが異なっていた。また、海南省から中国新産種としてBahusutrabeeja angularisを報告した。Bahusutrabeeja angularis■ / Blastophragma chongqingense★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05843不動胞子を有するPhysoderma属の類縁菌、新属新種Paraphysoderma sedebokerense2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Haematococcus属, Mycotaxon, イスラエル/Israel, ヘマトコッカス科, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 共培養/coculture, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南部地区(イスラエル)/Southern District (Israel), 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 対峙培養/dual culture, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 水生菌/aquatic fungi, 淡水域/freshwater, 生活環/life cycle, 絶対寄生菌/obligate parasite, 緑藻/green algae, 藻類寄生菌/algae parasitic fungus, 藻類生息菌/algicolous fungusParaphysoderma sedebokerense, gen. et sp. nov., an aplanosporic relative of Physoderma (Blastocladiomycota)ヘマトコッカス属緑藻の寄生菌を新属新種Paraphysoderma sedebokerenseとして記載した。本種はParaphysoderma sedebokerensisと仮称され、コウマクノウキン目において植物に対する絶対寄生菌であるPhysoderma属菌と姉妹群を形成することが示されていた。本種は不動胞子を形成する一方で遊走子を形成しないことなどで特徴づけられた。Paraphysoderma sedebokerense★Blastocladiomycota/コウマクノウキン門
R3-05842マディヤ・プラデーシュ州、パチマーヒ産の淡水生菌類2015Annals of Plant Sciences2015年の論文/published in 2015, Annals of Plant Sciences, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 静水環境/lentic environmentFresh Water Fungi from Pachmarhi (Madhya Pradesh)インド、マディヤ・プラデーシュ州において水中に沈んだ木質残渣に生じた水生菌を報告した。そのうちTrinacrium subtile、Varicosporium elodeae、Canalisporium pallidum、およびDelortia palmicolaの4種をインド新産種として報告した。また、2種をマディヤ・プラデーシュ州新産種として報告した。Canalisporium pallidum■ / Delortia palmicola■ / Sporoschisma saccardoi■ / Sporoschisma uniseptatum■ / Trinacrium subtile■ / Varicosporium elodeae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-05841アラスカ州産の米国新産種Varicellaria lactea2018Opuscula Philolichenum2018年の論文/published in 2018, Opuscula Philolichenum, アラスカ州/Alaska, サリチル酸類/salicylic acids, ヒースランド/heathland, レカノール酸/lecanoric acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyVaricellaria lactea new to the U.S.A. from Alaska米国アラスカ州からVaricellaria lacteaを米国新産種として報告した。本種はアジア、ヨーロッパから知られており、北米では近年カナダから報告されていた。アラスカ産標本とスカンジナビア産標本を比較し、両者の特徴が一致することを示した。Variolaria lactea■
R3-05840メキシコ、オアハカ州の温帯林に産した胞子に装飾を有するイグチ科菌類2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, オアハカ州/Oaxaca, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 検索表/identification key, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲霧林/cloud forest, 食毒不明/edibility unknown, 食用きのこ/edible mushroomsSpecies of Boletaceae (Boletales, Basidiomycota) with ornamented spores from temperate forests at the state of Oaxaca, Mexicoメキシコ、オアハカ州の温帯林においてイグチ科菌類55標本を採集し、10種を報告した。そのうちBoletellus ananicepsをメキシコ新産種として、5種をオアハカ州新産種としてそれぞれ報告した。各掲載種について記載文、SEM写真などを掲載したほか、全種を含む検索表を掲載した。Aureoboletus russellii / Austroboletus gracilis■ / Boletellus ananiceps■ / Boletellus chrysenteroides■ / Boletellus coccineus / Boletellus flocculosipes■ / Boletellus pseudochrysenteroides■ / Heimioporus betula / Heimioporus ivoryi■ / Strobilomyces confususBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-05839インド、アーンドラ・プラデーシュ州のイースト・ゴダバリ地区、ベーネートヤ・ゴダバリ・マングローブにおける地衣類の発生記録2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, アーンドラ・プラデーシュ州/Andhra Pradesh, インド/India, セイシボク属/Excoecaria, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, マングローブ林/mangrove forest, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA note on the occurrence of lichens on Vainateya Godavari mangroves in East Godavari district of Andhra Pradesh Indiaインド、アーンドラ・プラデーシュ州のマングローブ林において地衣類の調査を実施した。Dirinaria consimilis、Parmotrema tinctorum、およびRoccella montagneiの3種を掲載した。これら3種はアーンドラ・プラデーシュ州のマングローブ林における新記録となった。Dirinaria consimilis■ / Parmotrema tinctorum■ / Roccella montagnei■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科
R3-05838中国産Melanops属2新種の形態および分子による同定2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クリ属/Castanea, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 河北省/Hebei, 陝西省/ShaanxiMorphological and molecular identification of two novel species of Melanops in China中国からMelanops castaneicolaおよびM. chinensisの2新種を記載した。前者は陝西省においてクリ属樹木、後者は河北省においてコナラ属樹木にそれぞれ発生した。両種は同じくブナ科植物を宿主とするM. tulasneiと分生子果の形態や分生子のサイズなどが異なっていた。Melanops castaneicola★ / Melanops chinensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-05837韓国において農地土壌から分離された新産種、Aspergillus allahabadiiおよびPenicillium sizovae2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 江原道/Kangwon-do, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酸産生/acid production, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordNew Records of Aspergillus allahabadii and Penicillium sizovae from Crop Field Soil in Korea韓国慶尚南道および江原道において農地土壌から土壌希釈法で分離された菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Aspergillus allahabadiiおよびPenicillium sizovaeを同定し、両種を韓国新産種として報告した。両種について記載文、コロニー写真、光学顕微鏡写真、SEM写真などを掲載した。Aspergillus allahabadii■ / Penicillium sizovae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05836中国南部産の新種Amylosporus sulcatus2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, TreeBASE, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 走査型電子顕微鏡/SEMAmylosporus sulcatus sp. nov. (Russulales, Basidiomycota) from Southern China中国広西チワン族自治区において発生した菌を検討し、Amylosporus sulcatusとして新種記載した。本種は傘表面に環溝を有し、孔口面が雪白色であり、有柄であることなどで特徴づけられた。ITS+nrLSUによる分子系統解析を実施し、同属他種との形質比較表などを掲載した。Amylosporus sulcatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Bondarzewiaceae/ミヤマトンビマイ科
R3-05835Carpinus betulusの衰退に関与するAnthostoma decipiensの研究2010Journal of Plant Pathology2010年の論文/published in 2010, Journal of Plant Pathology, イタリア/Italy, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, ロンバルディア州/Lombardia, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 新規プライマー設計/novel primer designation, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/canker, 特異的PCR/specific PCR, 生長速度/growth rate, 胴枯病/dogare-byo (canker), 走査型電子顕微鏡/SEM, 都市環境/urban environment, 配列決定/sequencingStudies on Anthostoma decipiens involved in Carpinus betulus declineイタリア各地においてCarpinus betulusの衰退および枯死を引き起こした菌を検討し、Anthostoma decipiensと同定した。本種は宿主の樹皮に赤色の胞子塊を形成し、子嚢殻が黒色フラスコ状で頂部に溝があり、子嚢が棍棒形であった。本種のITS領域の塩基配列を決定して類縁種と比較するとともに、本種に特異的なプライマーを設計した。Anthostoma decipiensAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Diatrypaceae/シトネタケ科
R3-05834南アフリカにおいてブドウに立ち枯れ病を引き起こすディアトリペ科菌類の多様性、および新種Eutypa cremeaの記載2018Plant Disease2018年の論文/published in 2018, Plant Disease, TreeBASE, アルジェリア/Algeria, イネ科/Poaceae, ダンチク属/Arundo, トネリコ属/Fraxinus, フランス/France, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, モクセイ科/Oleaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 切片/section, 南アフリカ/South Africa, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 子実体発生調査/survey of fruiting bodies, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/canker, 生活環/life cycle, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization method, 西ケープ州/Western CapeDiversity of Diatrypaceae Species Associated with Dieback of Grapevines in South Africa, with the Description of Eutypa cremea sp. nov.南アフリカにおいてブドウ園に発生するディアトリペ科菌類の多様性を調査し、7種を同定した。そのうち1種をEutypa cremeaとして新種記載した。E. lataが南アフリカにおける重要な病原菌であること、Cryptovalsa ampelinaの分離頻度が高く、従来考えられていたよりも立ち枯れ病に深く関係している可能性があることなどを示した。Cryptovalsa ampelina / Eutypa cremea★ / Eutypa lata / Eutypella citricola / Eutypella microthecaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Diatrypaceae/シトネタケ科
R3-05833中国産キツネノカラカサ属Stenosporae節菌類の系統分類2016Mycologia2016年の論文/published in 2016, Mycologia, TreeBASE, アマニチン類/amanitins, チベット自治区/Tibet, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 毒きのこ/poisonous mushroom, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 祖先形質推定/ancestral character estimation, 種内変異/intraspecific variation, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland, 複合種/species complex, 雲南省/Yunnan, 香港/Hong KongTaxonomy and phylogeny in Lepiota sect. Stenosporae from China中国産のキツネノカラカサ属Stenosporae節菌類として7種を認め、記載文、検索表、および形質比較表などを掲載した。そのうちLepiota mandarinaおよびL. subcastaneaを新種記載した。本節がOvisporae節Helveolinae亜節から進化したとする仮説を提唱したほか、担子胞子および傘表皮の形態の進化についても考察した。Lepiota boudieri / Lepiota castanea / Lepiota erythrosticta / Lepiota luteocastanea / Lepiota mandarina★ / Lepiota subcastanea★ / Lepiota subcitrophylla■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05832中国産多孔菌類のレッドリスト2010Mycosystema2010年の論文/published in 2010, Mycosystema, 中国/China, 中国語/Chinese, 保全生態学/conservation ecology, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 褐色腐朽菌/brown rot fungiA red list of polypores in China中国産多孔菌類の系統的調査を実施し、48種を稀産種かつ絶滅危惧種と判定した。そのうち38種が白色腐朽菌、9種が褐色腐朽菌、1種が菌根菌であった。ほとんどの種が自然保護区の原生林に見出され、管理された森林における発生は稀であった。Albatrellus dispansus / Anomoloma rhizosum / Anomoporia vesiculosa / Antrodia crassa / Auriporia aurulenta / Ceriporia crassitunicata / Ceriporiopsis albonigrescens / Ceriporiopsis egula / Coltricia tsugicola / Coltriciella subpicta / Diplomitoporus crustulinus / Flabellophora superposita / Inonotopsis exilispora / Inonotopsis subiculosa / Inonotus andersonii / Inonotus hainanensis / Junghuhnia japonica / Laccocephalum hartmannii / Melanoporia castanea / Microporellus obovatus / Nigrofomes melanoporus / Nigroporus ussuriensis / Oxyporus sinensis / Oxyporus subpopulinus / Parmastomyces taxi / Perenniporia ohiensis / Phellinus merrillii / Phellinus pachyphloeus / Polyporus fraxineus / Polyporus minor / Polyporus pseudobetulinus / Polyporus trametoides / Polyporus ulmi / Postia placenta / Postia qinensis / Pyrofomes demidoffii / Pyrrhoderma sendaiense / Rigidoporopsis tegularis / Rigidoporus cinereus / Skeletocutis brevispora / Skeletocutis lilacina / Skeletocutis ochroalba / Skeletocutis papyracea / Skeletocutis perennis / Trametes subsuaveolens / Tyromyces transformatus / Wolfiporia dilatohypha / Wrightoporia lentaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Albatrellaceae/ニンギョウタケモドキ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Schizoporaceae/アナタケ科_Bondarzewiaceae/ミヤマトンビマイ科_Meripilaceae/トンビマイタケ科_Wrightoporiaceae/ノリミアナタケ科
R3-05831Amauroderma属菌:生理活性物質、有用特性、およびラオスにおける2新産種2018Asian Journal of Mycology2018年の論文/published in 2018, Asian Journal of Mycology, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, サワンナケート県, シエンクワーン県, バイオアッセイ/bioassay, ラオス/Laos, ラオス新産種/Laos_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 抗菌活性/antibacterial activity, 抗酸化活性/antioxidant activity, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 細胞毒性/cytotoxicity, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobe, 薬用きのこ/medicinal mushroomsAmauroderma (Ganodermataceae, Polyporales) – bioactive compounds, beneficial properties and two new records from LaosAmauroderma pressuiiおよびA. rugosumをラオス新産種として報告した。両種について形態学的検討を行い、後者についてはITS+nrLSUに基づく分子系統解析も実施した。Amauroderma属における生理活性物質および有用特性についてレビューした。Amauroderma preussii■ / Amauroderma rugosum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-05830トルコ新産の地下生子嚢菌、Elaphomyces granulatus2019Turkish Journal of Botany2019年の論文/published in 2019, KSÜ Tarım ve Doga Dergisi, Turkish Journal of Botany, カバノキ科/Betulaceae, ギレスン県/Giresun, クリ属/Castanea, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トウヒ属/Picea, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハンノキ属/Alnus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, リゼ県/Rize, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 地下生菌/hypogeous fungi, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity surveyElaphomyces granulatus, A New Hypogeous Ascomycete Record for TurkeyElaphomyces granulatusをトルコ新産種として報告した。本種はギレスン県、トラブゾン県、およびリゼ県の森林で採集された。本種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Elaphomyces granulatus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Elaphomycetales/ツチダンゴ目_Elaphomycetaceae/ツチダンゴ科
R3-05829Polycephalomyces属の複数遺伝子による系統解析、およびタイ産の2新種2018Scientific Reports2018年の論文/published in 2018, Ophiocordyceps属, Scientific Reports, オフィオコルディセプス科/Ophiocordycipitaceae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, ボクトウガ科, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 菌寄生菌/mycoparasiteMultigene phylogenetics of Polycephalomyces (Ophiocordycipitaceae, Hypocreales), with two new species from ThailandタイからPolycephalomyces aurantiacusおよびP. marginaliradiansの2新種を記載した。両種はそれぞれオフィオコルディセプス属菌およびボクトウガ科の幼虫を宿主としていた。前者は分生子が橙色で、後者は子座を単生し、子嚢殻が小型で、α-フィアライドが分枝することなどで特徴づけられた。Ophiocordyceps barnesii / Polycephalomyces aurantiacus★ / Polycephalomyces marginaliradians★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ophiocordycipitaceae/オフィオコルディセプス科
R3-05828アシュワガンダから分離された新種Penicillium setosum2018Mycology2018年の論文/published in 2018, Mycology, TreeBASE, Withania属, イネ科/Poaceae, インド/India, エンドファイト/endophyte, ケララ州/Kerala, タイ/Thailand, トウモロコシ属/Zea, ナス科/Solanaceae, ナヤリット州/Nayarit, メキシコ/Mexico, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEMPenicillium setosum, a new species from Withania somnifera (L.) Dunalインド、ケララ州において薬用植物のアシュワガンダからエンドファイトとして分離された菌を検討し、Penicillium setosumとして新種記載した。本種はCYA培地でのコロニーが帯灰黄色で、閉子嚢殻を豊富に形成し、子嚢胞子表面が刺状であった。本種はAspergilloides亜属Lanata-divaricata節クレードに含まれ、タイおよびメキシコ産の菌株も本種と同定された。Penicillium setosum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05827ロシア産の大型の軸柱および3層の外皮を有するホネホコリ属変形菌の新種、Diderma velutinum2018Botanica Pacifica2018年の論文/published in 2018, Botanica Pacifica, DNAバーコーディング/DNA barcoding, キハダ属/Phellodendron, ミカン科/Rutaceae, ロシア/Russia, 変形体/plasmodium, 変形菌類/slime mold, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 沿海地方/Primorye, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 走査型電子顕微鏡/SEM, 配列決定/sequencingDiderma velutinum, a new species of Diderma (Myxomycetes) with large columella and triple peridium from RussiaロシアにおいてPhellodendron amurenseの生木樹皮に生じた変形菌の一種を検討し、Diderma velutinumとして新種記載した。本種は3重の外皮を有し、軸柱が大型球形であることなどで特徴づけられた。本種のnrSSU塩基配列は同属他種のいずれとも異なっていた。Diderma velutinum★Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Physarales/モジホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科
R3-05826ブラジル、バイーア州のチャパダ・ディアマンティナにおいて島状丘およびその周囲の大西洋岸熱帯雨林に産した地衣類の新種および新産種2018Herzogia2018年の論文/published in 2018, Herzogia, Vellozia属, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, キサントン類/xanthones, ジロホール酸/gyrophoric acid, スチクチン酸類/stictic acids, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, バイーア州/Bahia, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ベロジア科/Velloziaceae, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, マロン酸類/malonic acids, リケキサントン類/lichexanthones, リゾカルプ酸/rhizocarpic acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 南半球新産種/Southern Hemisphere_new record, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew species and new records of lichens from inselbergs and surrounding Atlantic rain forest in the Chapada Diamantina (Bahia, Brazil)ブラジル、バイーア州、チャパダ・ディアマンティナの熱帯雨林において地衣類の調査を実施した。Dimelaena mayrhoferiana、Enterographa glaucotremoidesなど、主に岩上生地衣の7新種を記載した。また、194種をバイーア州新産種として報告し、そのうち15種がブラジル新産種、Placynthiella oligotrophaが南半球新産種であった。Acanthothecis subabaphoides■ / Agonimia opuntiella■ / Alyxoria varia■ / Anisomeridium polypori■ / Arthonia rubrocincta■ / Arthrorhaphis citrinella■ / Aspidothelium cinerascens■ / Astrothelium degenerans■ / Astrothelium floridanum■ / Astrothelium inspersaeneum■ / Astrothelium laevithallinum■ / Astrothelium macrocarpum■ / Astrothelium quatuorseptatum■ / Astrothelium rufescens■ / Astrothelium subscoria■ / Bogoriella miculiformis■ / Buellia dejungens■ / Buellia halonia■ / Buellia mamillana■ / Buellia subtabacina■ / Buellia xanthinula■ / Bulbothrix isidiza■ / Bulbothrix subdissecta■ / Bulbothrix thomasiana■ / Caloplaca cinnabarina■ / Caloplaca diplacia■ / Caloplaca lecanorocarpa■ / Calvitimela aglaea■ / Candelaria concolor■ / Canoparmelia carneopruinata■ / Canoparmelia caroliniana■ / Canoparmelia crozalsiana■ / Canoparmelia texana■ / Carbacanthographis candidata■ / Celothelium dominicanum■ / Chiodecton complexum■ / Chrysothrix citrinella■ / Cladonia corallifera■ / Cladonia crustacea■ / Cladonia divaricata■ / Cladonia furfuracea■ / Cladonia humilis■ / Cladonia macilenta■ / Cladonia metaminiata■ / Cladonia ochrochlora■ / Cladonia polyscypha■ / Cladonia salmonea■ / Coccocarpia prostrata■ / Coenogonium flavoviride■ / Coenogonium pyrophthalmum■ / Coenogonium subdentatum■ / Coniocarpon cinnabarinum■ / Constrictolumina cinchonae■ / Corella brasiliensis■ / Crocynia pyxinoides■ / Dendrographa austrosorediata■ / Dimelaena mayrhoferiana★ / Diorygma minisporum■ / Endocarpon pallidulum■ / Enterographa compunctula■ / Enterographa glaucotremoides★ / Fissurina dumastii■ / Fissurina pseudostromatica■ / Fuscidea fulva■ / Gassicurtia caririensis■ / Gassicurtia rhizocarpoides★ / Graphis caesiella■ / Graphis cincta■ / Graphis conferta■ / Graphis consanguinea■ / Graphis furcata■ / Graphis haleana■ / Graphis ingarum■ / Graphis lumbricina■ / Graphis nanodes■ / Graphis pyrrhocheiloides■ / Graphis stellata■ / Haematomma persoonii■ / Haematomma rufidulum■ / Haematomma sulphureum■ / Heterodermia dactyliza■ / Heterodermia microphylla■ / Heterodermia obscurata■ / Heterodermia tremulans■ / Hyperphyscia adglutinata■ / Hyperphyscia granulata■ / Hypotrachyna eitenii■ / Hypotrachyna livida■ / Hypotrachyna maculata★ / Hypotrachyna osseoalba■ / Hypotrachyna subformosana■ / Hypotrachyna virensica■ / Jenmania osorioi■ / Lecanora atroflavens■ / Lecanora helva■ / Lecanora hensseniae■ / Lecanora hypocrocea■ / Lecanora hypofusca★ / Lecanora pseudistera■ / Lecanora stramineoalbida■ / Lecanora subimmergens■ / Lecanora subimmersa■ / Lecanora vainioi■ / Lepraria sipmaniana■ / Leprocaulon arbuscula■ / Letrouitia leprolyta■ / Leucodecton occultum■ / Lopadium hepaticicola■ / Lopezaria versicolor■ / Malmidea flavopustulosa■ / Malmidea papillosa■ / Maronina isidiata■ / Maronina multifera■ / Maronina saxicola★ / Mycoporum compositum■ / Myriostigma xanthonicum★ / Myriotrema arimense■ / Myriotrema frondosolucens■ / Nigrovothelium inspersotropicum■ / Normandina pulchella■ / Ocellularia antillensis■ / Ocellularia aurulenta■ / Ocellularia cavata■ / Ocellularia minutula■ / Ochrolechia africana■ / Pallidogramme chrysenteron■ / Parmelinella wallichiana■ / Parmelinopsis cryptochlora■ / Parmelinopsis horrescens■ / Parmelinopsis minarum■ / Parmelinopsis schindleri■ / Parmotrema cetratum■ / Parmotrema clavuliferum■ / Parmotrema crinitum■ / Parmotrema cristiferum■ / Parmotrema delicatulum■ / Parmotrema gardneri■ / Parmotrema lichexanthonicum■ / Parmotrema mellissii■ / Parmotrema mordenii■ / Parmotrema praesorediosum■ / Parmotrema reticulatum■ / Parmotrema robustum■ / Parmotrema subisidiosum■ / Parmotrema subrugatum■ / Parmotrema tinctorum■ / Peltula farinosa■ / Pertusaria flavoisidiata■ / Pertusaria subventosa■ / Phaeographis amazonica■ / Phaeographis crispata■ / Phaeographis dendritica■ / Phaeographis haematites■ / Phaeographis lobata■ / Phaeographis nylanderi■ / Phyllopsora chlorophaea■ / Physcia atrostriata■ / Physcia convexa■ / Physcia sorediosa■ / Placynthiella oligotropha■ / Platygramme caesiopruinosa■ / Polymeridium catapastoides■ / Polymeridium multiforme■ / Porina chlorotica■ / Porina isidioambigua■ / Pseudopyrenula americana■ / Pseudopyrenula subgregaria■ / Pterygiopsis atra■ / Pyrenula acutispora■ / Pyrenula anomala■ / Pyrenula aspistea■ / Pyrenula infraleucotrypa■ / Pyrenula inframamillana■ / Pyrenula psoriformis■ / Pyrenula quassiicola■ / Pyrenula rubromamillana■ / Pyrenula septicollaris■ / Pyrenula sublaevigata■ / Pyxine albovirens■ / Pyxine coralligera■ / Pyxine petricola■ / Pyxine subcinerea■ / Racoleus trichophorus■ / Ramalina peruviana■ / Ramboldia haematites■ / Rinodina guianensis■ / Rinodina placynthielloides■ / Roccellographa circumscripta■ / Scoliciosporum intrusum■ / Scoliciosporum umbrinum■ / Siphula decumbens■ / Siphula fastigiata■ / Thalloloma buriticum■ / Thelenella luridella■ / Triclinum cinchonarum■ / Trypethelium platystomum■ / Trypethelium subeluteriae■ / Usnea lunaria■ / Vainionora flavovirens■ / Vainionora stramineopallens■ / Verrucaria aethiobola■ / Xanthoparmelia crystallicola■ / Xanthoparmelia neopropaguloides■ / Xanthoparmelia succedans■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Ascomycota/子嚢菌門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Lecanographaceae/レカノグラファ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiales/モノブラスティア目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Arthrorhaphidaceae/レモンイボゴケ科_Thelenellaceae/オオアミゴケ科_Trypetheliales/トリペテリウム目_Trypetheliaceae/トリペテリウム科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Tephromelataceae/テフロメラ科_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Phaeomoniellales/フェオモニエラ目_Celotheliaceae/セロテリウム科_Roccellaceae/ロクセラ科_Chrysothricaceae/コガネゴケ科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Coccocarpiaceae/コッコカルピア科_Coenogoniaceae/セノゴニウム科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科_Crocyniaceae/ワタゴケ科_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Fuscideaceae/フスキデア科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Haematommataceae/ザクロゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Leprocaulaceae/レプロカウロン科_Letrouitiaceae/キンカンゴケ科_Lecideales/レキデア目_Lopadiaceae/ロパディウム科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Malmideaceae/マルミデア科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pertusariales/トリハダゴケ目_Ochrolechiaceae/ニクイボゴケ科_Peltulaceae/ペルトゥラ科_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Trapeliaceae/トラペリア科_Pyrenulales/サネゴケ目_Pyrenulaceae/サネゴケ科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Ramboldiaceae/ランブルディア科_Roccellographaceae/ロクセログラファ科_Scoliciosporaceae/スコリシオスポリウム科_Icmadophilaceae/アオシモゴケ科_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-05825フランスにおいて新宿主の野生絶滅種に生じたOidium neolycopersiciの初記載2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, フランス/France, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温室/greenhouse, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiFirst description of Oidium neolycopersici (Erysiphaceae) in France, on a new host plant extinct in the wildフランスにおいて野生絶滅種のNormania triphyllaに生じたOidium neolycopersiciを報告した。本種は温室において47%の宿主個体の葉に病害を引き起こした。本種はフランスから既に知られていたが、N. triphyllaにおける発生は初報告であり、接種試験で病原性も確かめられた。Oidium neolycopersiciAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05824トルコにおける2新産属2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アルトヴィン県/Artvin, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ビンギョル県/Bingöl, ベニタケ属/Russula, ベニタケ科/Russulaceae, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 森林/forest, 焼け跡菌/carbonicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌根菌/mycorrhizal fungiTwo new genus records for Turkish mycotaトルコからGeopyxis carbonariaおよびAsterophora lycoperdoidesを報告した。Geopyxis属およびAsterophora属はいずれもトルコ新産属であった。両種とも針葉樹林に発生し、後者はRussula nigricansの老成した子実体に発生していた。Asterophora lycoperdoides■ / Geopyxis carbonaria■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Lyophyllaceae/シメジ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-05823形態解析および複数遺伝子解析に基づく新熱帯産広義Junghuhnia属の再検討2018Persoonia2018年の論文/published in 2018, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Persoonia, ギムザ染色/Giemsa stain, コナラ属/Quercus, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, サンパウロ州/São Paulo, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ネステッドPCR/nested PCR, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 収斂進化/convergent evolution, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 新学名提唱/new scientific name, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 核の挙動/behavior of nuclear, 核染色/nuclear staining, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 複合種/species complexA re-evaluation of Neotropical Junghuhnia s.lat. (Polyporales, Basidiomycota) based on morphological and multigene analyses新熱帯産広義Junghuhnia属菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。1新種および1新組み合わせに対して新属Geesteraniaを提唱した。その他、ヨーロッパ産と異なる系統を形成した新種Steccherinum neonitidumを記載し、1新学名および3新組み合わせを提唱した。Flaviporus tenuis◆ / Geesterania carneola▲ / Geesterania davidii★ / Steccherinum meridionale▲ / Steccherinum neonitidum★ / Steccherinum polycystidiferum▲ / Steccherinum undigerum▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Steccherinaceae/ニクハリタケ科
R3-05822トルコ産ザラミノシメジ属の系統分類、およびトルコ新産種Melanoleuca angelesiana A.H. Sm.の同定2018Kastamonu Univ. Journal of Forestry Faculty2018年の論文/published in 2018, Kastamonu Univ. Journal of Forestry Faculty, カルス県/Kars, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new recordPhylogeny of Some Melanoleuca Species (Fungi: Basidiomycota) in Turkey and Identification of Melanoleuca angelesiana A.H. Sm. As a First Recordトルコ産のザラミノシメジ属14種22標本について、形態学的検討および分子系統解析を実施した。そのうちトルコ新産種としてMelanoleuca angelesianaを報告した。ITS領域の解析結果から、本属が単系統群であり、MelanoleucaおよびUrticocystisの2亜属に分けられることが示された。Melanoleuca angelesiana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05821韓国産の見過ごされてきた新種、Candelaria asiatica2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, Physciella属, カルボン酸類/carboxylic acids, サクラ属/Prunus, バラ科/Rosaceae, フィリディア/phyllidia, プルビン酸類/pulvinic acids, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムカデゴケ科/Physciaceae, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 多系統群/polyphyletic group, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 韓国/South Korea, 鱗片状地衣/squamulose lichenCandelaria asiatica, An Ignored New Species from South Korea韓国で採集された地衣の一種を検討し、Candelaria asiaticaとして新種記載した。本種は黄色の葉状~類樹状で表面が粉状の地衣体、粗面で僅かに反曲する裂片先端、ブラスティディアあるいはフィリディア様の小裂片などで特徴づけられた。本種は当初C. concolorと考えられていたが、形態学的検討および分子系統解析で区別された。Candelaria asiatica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目
R3-05820天然環境から分離されたFusarium fujikuroi複合種の2新種2017Antonie van Leeuwenhoek2017年の論文/published in 2017, Antonie van Leeuwenhoek, GCPSR, Striga属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, スーダン/Sudan, ハマウツボ科/Orobanchaceae, リター菌/litter fungi, リニアグロース/linear growth, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種概念/species concept, 複合種/species complex, 遺伝的組換え/genetic recombinationTwo new species of the Fusarium fujikuroi species complex isolated from the natural environmentFusarium fujikuroi複合種に含まれるF. sudanenseおよびF. terricolaの2新種を記載した。前者はスーダンにおいてStriga hermonthicaから、後者はオーストラリアにおいて土壌からそれぞれ分離された。本研究の分子系統解析ではTEF1、rPB2、BTに基づく系統樹に不一致が見られた。Fusarium sudanense★ / Fusarium terricola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05819形態学的・分子生物学的基準に基づくイラン産デザート・トラッフル類の宿主および分布2012Journal of Agricultural Science and Technology2012年の論文/published in 2012, Journal of Agricultural Science and Technology, PCR-RFLP, RFLP解析/RFLP analysis, イラン/Iran, カヤツリグサ科/Cyperaceae, キク科/Asteraceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スゲ属/Carex, バイオマス測定/biomass measurement, ヒマワリ属/Helianthus, ファールス州/Fars, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 塩類土壌/saline soil, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新規プライマー設計/novel primer designation, 根圏/rhizosphere, 正準対応分析/canonical correspondence analysis, 特異的PCR/specific PCR, 砂質土壌/sandy soil, 統計解析/statistical analysis, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungiHosts and Distribution of Desert Truffles in Iran, Based on Morphological and Molecular Criteriaイラン産デザート・トラッフル類を検討し、Terfezia属1種、Tirmania属2種、およびPicoa属2種を同定した。これら5種とHelianthemum ledifoliumなど4種の植物が外生菌根を形成することを示した。正準対応分析により、分布に影響する環境変数として土壌構造が重要であることを示した。Picoa juniperi / Picoa lefebvrei / Terfezia claveryi / Tirmania nivea / Tirmania pinoyiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科_Terfeziaceae/イモタケ科_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-05818閉子嚢殻形成性子嚢菌、Coprotiella venezuelensisの全世界における新記録2009Revista Científica2009年の論文/published in 2009, Revista Científica, サイ科/Rhinocerotidae, シロサイ属/Ceratotherium, スリア州, ド・バリー胞/De Bary's bubble, ベネズエラ/Venezuela, 動物園/zoo, 新種記載/new species, 消失性子嚢/evanescent asci, 湿室法/moist chamber method, 糞生菌/coprophilous fungi, 難培養性菌/uncultured fungiCoprotiella venezuelensis, a new record of cleistothecia genus of the ascomycetes in the worldベネズエラ、マラカイボの動物園において家畜および野生動物の糞に発生する菌を湿室法で調査した。そのうちシロサイの糞から発生した菌をCoprotiella venezuelensisとして新種記載した。本種は閉子嚢殻を形成し、子嚢胞子は無色類球形単細胞で通常明瞭なド・バリー胞を伴い、純粋培養は不成功であった。Coprotiella venezuelensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱
R3-05817メキシコ、ソノラ州産の新種Tulostoma rufescens2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, クローニング/cloning, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ソノラ州/Sonora, メキシコ/Mexico, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新種記載/new species, 砂質土壌/sandy soil, 種の境界/species delimitation, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEMTulostoma rufescens sp. nov. from Sonora, Mexicoメキシコ、ソノラ州の砂質土壌に生じた菌を検討し、Tulostoma rufescensとして新種記載した。本種は”spore sac”が小型~中型、外皮が薄い膜質で内皮が帯桃色、柄がねじれて基部が塊茎状であることなどで特徴づけられた。担子胞子の装飾は顕著な小刺状で時にやや網目状をなし、弾糸はほぼ無色で膨大し、隔壁が着色していた。Tulostoma rufescens★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05816Suillus himalayensisおよびそのPinus wallichianaの根との共生関係:パキスタンの針葉樹林からの初報告2018The Journal of Animal & Plant Sciences2018年の論文/published in 2018, The Journal of Animal & Plant Sciences, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 文献調査/literature survey, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 栄養摂取様式/nutrition style, 根圏/rhizosphere, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungiSuillus himalayensis (Boletales: Basidiomycota: Fungi) and its symbiotic association with roots of Pinus wallichiana, first report from coniferous forests of Pakistanパキスタンの針葉樹林からSuillus himalayensisを初めて報告した。子実体および菌根の形態学的検討を行い、ITS領域の塩基配列からも本種との同定を確かめた。本種の外生菌根菌としての記載は世界初となった。Suillus himalayensis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05815ヨーロッパ産のCortinarius sanguineusおよび同じく赤色の種、特に北欧産標本について2012Mycologia2012年の論文/published in 2012, Mycologia, TreeBASE, UNITE, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, フェノロジー/phenology, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 散布図/scatter plot, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 森林/forest, 検索表/identification key, 種内変異/intraspecific variation, 節概念/section concept, 節概念の修正/section concept_emendation, 粘土質土壌/clayey soil, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentification, 酸性土壌/acidic soilCortinarius sanguineus and equally red species in Europe with an emphasis on northern European materialヨーロッパ産のフウセンタケ属Dermocybe亜属の約360標本およびタイプ標本などについて形態学的検討および分子系統解析を実施した。Cortinarius sanguineus、C. puniceus、および新組み合わせC. vitiosusの3種を認めた。Sanguinei節が多系統群であることを示し、3種のみを本節に含めた。Cortinarius puniceus / Cortinarius sanguineus / Cortinarius vitiosus▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-05814新規に採集された、あるいは巣箱に貯蔵されたハチの花粉から分離された4種の新種の糸状菌2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラナ属/Brassica, アブラナ科/Cruciferae, ハチの巣/honeycomb, ミツバチ属/Apis, ミツバチ科/Apidae, リニアグロース/linear growth, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 昆虫の巣/insect nest, 温度適性/temperature aptitude, 湖北省/Hubei, 生長速度/growth rate, 花粉生息菌/pollen inhabiting fungus, 複合種/species complexFour new filamentous fungal species from newly-collected and hive-stored bee pollen中国湖北省において、アブラナの開花時期にミツバチの巣箱や貯蔵花粉から分離された糸状菌を検討した。Arthrinium locuta-pollinis、Chrysosporium alveariumなど4新種を記載した。Nigrograna属菌は樹皮生息菌やヒト病原菌として知られているが、貯蔵花粉からの報告は初となった。Arthrinium locuta-pollinis★ / Chrysosporium alvearium★ / Nigrograna locuta-pollinis★ / Trichoderma pollinicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Apiosporaceae/アピオスポラ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Onygenales/ホネタケ目_Onygenaceae/ホネタケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Nigrogranaceae/ニグログラナ科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-05813イギリスにおいて体白癬の症例から分離された皮膚糸状菌の類縁菌、新種Nannizzia perplicata2018Medical Mycology2018年の論文/published in 2018, MALDI-TOF MS, Medical Mycology, MIC, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イギリス/United kingdom, イングランド/England, カルコフルオールホワイト/calcofluor white, チェコ/Czech, ヒト病原菌/human pathogen, 体白癬/tinea corporis, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 白癬/ringworm, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 臨床検体/clinical specimens, 蛍光染色/fluorescent staining, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 複合種/species complex, 質量分析法/mass spectrometryA novel dermatophyte relative, Nannizzia perplicata sp. nov., isolated from a case of tinea corporis in the United Kingdomイギリスにおいて手首および腕の体白癬患者から分離された皮膚糸状菌の一種を検討し、Nannizzia perplicataとして新種記載した。本種は平滑薄壁の大分生子および単細胞のアレウロ型分生子を形成し、Microsporum属やTrichophyton属とも共通する形質を有していた。テルビナフィンの経口投与は不成功であり、実際に当該薬剤に対するMICが高かった。Nannizzia perplicata★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Onygenales/ホネタケ目_Arthrodermataceae/アースロデルマ科
R3-05812ズデーテン山地における地衣類相への追加 (1):クルコノシェ山脈からの記録2018Acta Mycologica2018年の論文/published in 2018, Acta Mycologica, アトラノリン類/atranorins, アントラキノン/anthraquinone, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, スミレモ属/Trentepohlia, スミレモ科/Trentepohliaceae, セトラル酸類/cetraric acids, トウヒ属/Picea, ナナカマド属/Sorbus, バラ科/Rosaceae, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フマル酸類/fumarates, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ポーランド/Poland, マツ科/Pinaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenAdditions to the lichen biota of the Sudety Mountains. I. Records from the Karkonosze Mountainsポーランド、ズデーテン山地のクルコノシェ山脈において地衣類の調査を実施し、10種を記録した。Japewia subaureaなど4種をズデーテン山地のポーランド側における新産種として報告した。Anisomeridium polyporiおよびPyrenula coryliをクルコノシェ山脈新産種として報告した。Anisomeridium polypori■ / Cladonia caespiticia / Japewia subaurifera■ / Mycoblastus sanguinarius / Myriolecis persimilis■ / Palicella filamentosa■ / Porina leptalea / Pyrenula coryli■ / Pyrenula nitida■ / Scoliciosporum sarothamni■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiales/モノブラスティア目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Tephromelataceae/テフロメラ科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目_Pyrenulaceae/サネゴケ科_Scoliciosporaceae/スコリシオスポリウム科
R3-0581150年前にキューバで採集された16種の腹菌類2018Czech Mycology2018年の論文/published in 2018, Czech Mycology, オルギン州/Holguín, カマグエイ州/Camagüey, キューバ/Cuba, キューバ新産種/Cuba_new record, グアンタナモ州/Guantanamo, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ハバナ市/Havana, ビジャ・クララ州/Villa Clara, ピナール・デル・リオ州/Pinar del Río, ラテライト/laterite, 乾燥地域/dry area, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 砂地/sand, 砂質ローム土壌/sandy loam soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 腐植土/humus, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 蛇紋岩土壌/serpentine soil, 複合種/species complexSixteen gasteromycetes collected in Cuba 50 years agoキューバにおいて50年前に採集された16種の腹菌類を報告した。そのうちDisciseda hyalothrixなど5種をキューバ新産種として報告した。各種について記載文、顕微鏡写真、分布などを掲載した。Calvatia cyathiformis / Clathrus columnatus / Clathrus crispus / Cyathus limbatus / Diplocystis wrightii / Disciseda hyalothrix■ / Geastrum corollinum■ / Geastrum kotlabae■ / Geastrum pectinatum / Geastrum schweinitzii / Geastrum trichiferum■ / Geastrum velutinum / Lycogalopsis solmsii■ / Scleroderma tenerum / Tulostoma floridanumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科_Boletales/イグチ目_Diplocystaceae/ディプロシスティス科_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科_Sclerodermataceae/ニセショウロ科
R3-05810トランスヒマラヤの最も孤立した寒冷乾燥地域において土壌から分離された新産種、Chalastospora gossypii2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, ジャンムー・カシミール州/Jammu and Kashmir, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 半乾燥地域/semi-arid area, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 極限環境/extreme environment, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 耐冷菌/cold-tolerant fungus, 腐生菌/saprobe, 配列決定/sequencingNew record of Chalastospora gossypii from cold arid soil of the most isolated region in trans-Himalayasトランスヒマラヤの土壌から分離されたChalastospora gossypiiをインド新産種として報告した。本種は既に土壌菌として知られていたが、寒冷乾燥地域からの本種の報告は初となった。形態形質、培養性状、およびITS領域の塩基配列に基づき本種と同定した。Chalastospora gossypii■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05809タイ、チエンラーイ県においてMagnolia champaca果実に発生した、顕著なカラレットを有する新種Diaporthe collariana2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, モクレン属/Magnolia, モクレン科/Magnoliaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 庭園/garden, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 腐生菌/saprobeDiaporthe collariana sp. nov., with prominent collarettes associated with Magnolia champaca fruits in ThailandタイにおいてMagnolia champacaの果実に生じた菌を検討し、Diaporthe collarianaとして新種記載した。本種は分生子形成様式に顕著なフレア状のカラレットを有し、α分生子およびβ分生子を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でD. subclavataおよびD. micheliaeに近縁であったが、分生子柄の形態、α分生子のサイズ、β分生子の有無などが異なっていた。Diaporthe collariana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科
R3-05808イラン産の新種Curvularia ahvazensisおよびC. rouhanii2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, Syngonium属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, キク科/Asteraceae, サトイモ科/Araceae, スライド培養法/slide culture method, ヒャクニチソウ属/Zinnia, フトモモ科/Myrtaceae, フーゼスターン州/Khuzestan, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 潰瘍病/canker, 生長速度/growth rate, 異隔壁/distoseptum, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胴枯病/dogare-byo (canker), 萎凋病/wilt, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization methodCurvularia ahvazensis and C. rouhanii spp. nov. from Iranイラン、フーゼスターン州からCurvularia ahvazensisおよびC. rouhaniiの2新種を記載した。前者はZinnia elegansから、後者はユーカリ属の一種およびSyngonium vellozianumからそれぞれ分離された。S. vellozianumを宿主とするCurvularia属菌の報告は初となった。Curvularia ahvazensis★ / Curvularia rouhanii★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05807日本においてブナに寄生する子嚢菌の新属、Crassiperidium2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 北海道/Hokkaido, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩手県/Iwate, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 日本/Japan, 材生息菌/lignicolous fungus, 秋田県/Akita, 胞子の発芽/germination of spores, 長野県/Nagano, 青森県/AomoriCrassiperidium (Pleosporales, Dothideomycetes), a new ascomycetous genus parasitic on Fagus crenata in Japan日本においてブナに生じた2種の菌を検討し、新属新種Crassiperidium octosporumおよびC. quadrisporumとして記載した。本種は子嚢果が扁球形で子嚢が棍棒形、子嚢胞子が無色広紡錘形、分生子殻を形成し、分生子が無色円筒形多隔壁であることなどで特徴づけられた。分子系統解析で、本属がプレオスポラ目シクロチリエラ科に近縁であることを示したが、科レベルの系統的位置は明らかにならなかった。Crassiperidium octosporum★ / Crassiperidium quadrisporum★
R3-05806タスマニア産のLecanora symmictaグループの新種、Lecanora helmutii2018Herzogia2018年の論文/published in 2018, Banksia属, Herzogia, ウスニン酸類/usnic acids, オーストラリア/Australia, ゼオリン類/zeorins, タスマニア州/Tasmania, トリテルペン類/triterpenes, ベンゾフラン類/benzofurans, ヤマモガシ科/Proteaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 沿岸域/coastal area, 湿地帯/wetland, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyLecanora helmutii, a New Species from the Lecanora symmicta Group from Tasmaniaオーストラリア、タスマニアの森林で採集された樹皮生痂状地衣の一種を検討し、Lecanora helmutiiとして新種記載した。本種はビアトラ型の子器、レカノラ型の子嚢などL. symmictaグループに典型的な形質を有し、さらに類白色の粉芽塊とウスニン酸およびゼオリンなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でもL. symmictaグループに位置付けられた。Lecanora helmutii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科
R3-05805米国南部における新興病害であるダイズのtaproot declineの原因菌の初記載2017Plant Health Progress2017年の論文/published in 2017, Plant Health Progress, TreeBASE, コッホの原則/Koch_s postulation, ダイズ属/Glycine, マメ科/Fabaceae, リニアグロース/linear growth, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 米国/USA, 萎黄病/chlorosis, 表面殺菌法/surface sterilization methodFirst Description of the Causal Agent of Taproot Decline of Soybean, an Emerging Disease in the Southern United States米国南部でダイズに発生し、従来病原体の特定に至らなかった”taproot decline”を検討し、病原菌をXylaria arbuscula集合種と特定した。根から分離された本種がコッホの原則を満たすことを確かめ、培養下でXylaria属様の子座の形成も認めた。主に腐生菌やエンドファイトとして知られるXylaria属菌がダイズの病原菌として報告されるのは初のことであった。Xylaria arbusculaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05804ブラジル、ペルナンブーコ州産の新種Inocybe lepidosparta2018New Zealand Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, New Zealand Journal of Botany, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiInocybe lepidosparta (Agaricales: Basidiomycota): a new species from Pernambuco, Brazilブラジル、ペルナンブーコ州の熱帯林で採集された菌を検討し、Inocybe lepidospartaとして新種記載した。本種は傘が帯褐色で小鱗片を有し、柄表面が繊維状~小鱗片状、大型のメチュロイドを有し、柄シスチジアを欠くことなどで特徴づけられた。本新種と、同じく新熱帯産で子実体の色および柄の表面性状が類似する3種との相違点を記述した。Inocybe lepidosparta★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-05803インドにおいてMartynia annuaに生じた葉生息性不完全糸状菌の新種、Curvularia martyniicola2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Martynia属, Studies in Fungi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ウッタル・プラデーシュ州/Uttar Pradesh, ツノゴマ科/Martyniaceae, 亜熱帯域/subtropics, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 葉枯病/leaf blotchCurvularia martyniicola, a new species of foliicolous hyphomycetes on Martynia annua from Indiaインド、ウッタル・プラデーシュ州においてMartynia annuaの生葉に生じた菌を検討し、Curvularia martyniicolaとして新種記載した。本種はツノゴマ科植物を宿主とする初のCurvularia属菌として報告された。本種とゴマ属植物を宿主とする種を含む比較表および検索表を掲載した。Curvularia martyniicola★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05802腐朽材から分離された新種、Saturnispora bothae2016International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2016年の論文/published in 2016, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, ウレアーゼ試験/urease test, デンプン/starch, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 二型性/dimorphism, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 酸耐性試験/acid resistance testSaturnispora bothae sp. nov., isolated from rotting woodブラジルの大西洋岸森林において腐朽材から分離された酵母の一種を検討し、Saturnispora bothaeとして新種記載した。本種は子嚢に1-4つの半球形の子嚢胞子を形成し、ヘテロタリックとみられ、セロビオースおよびキシロースを資化不能であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でSaturnispora属クレードに含まれ、近縁種とはD1/D2領域の塩基配列に60ヌクレオチド以上の置換が見られた。Saturnispora bothae★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-05801ケニア産のSetaria pallide-fuscaを宿主とし、長くねじれた胞子堆を有する黒穂菌の新種、Sporisorium kenyanum2006Polish Botanical Journal2006年の論文/published in 2006, Polish Botanical Journal, イネ科/Poaceae, エノコログサ属/Setaria, ケニア/Kenya, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiSporisorium kenyanum, a new smut fungus with long twisted sori on Setaria pallide-fusca in KenyaケニアにおいてSetaria pallide-fuscaに発生した黒穂菌の一種を検討し、Sporisorium kenyanumとして新種記載した。本種は胞子堆が長くてねじれ、胞子団が小型で微細な小疣状~小刺状の黒穂胞子からなることなどで特徴づけられた。本種はエノコログサ属植物を宿主とするSporisorium属菌としては4番目に報告されたが、他の3種とは胞子堆の形態などが全く異なっていた。Sporisorium kenyanum★Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Ustilaginaceae/クロボキン科
R3-05800インド、ヒマラヤ東部地域に産した新種Gliophorus glutinosus2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, UNITE, インド/India, シッキム州/Sikkim, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification keyGliophorus glutinosus sp. nov. (Hygrophoraceae, Agaricales) from Eastern Himalayan region of Indiaインド、シッキム州で採集された菌を検討し、Gliophorus glutinosusとして新種記載した。本種は子実体全体に強い粘性を有し、襞が垂生し、柄がねじれ、縁シスチジアがゼラチン化し、傘表皮菌糸にクランプを欠くことなどで特徴づけられた。全世界のGliophorus属Glutinosae節の検索表を掲載した。Gliophorus glutinosus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05799Aloe veraの葉の斑点病および根腐病を引き起こすFusarium属菌の分離および特性2018Journal on New Biological Reports2018年の論文/published in 2018, Journal on New Biological Reports, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アロエ属/Aloe, インド/India, コッホの原則/Koch_s postulation, ススキノキ科/Xanthorrhoeaceae, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新病害報告/new disease, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花卉圃場/flower field, 表面殺菌法/surface sterilization methodIsolation and Characterization of Fusarium species causing leaf spot and root rot diseases on Aloe veraインド、マディヤ・プラデーシュ州において斑点病および根腐病に罹病したAloe veraから分離された菌を検討した。Fusarium fusarioides、F. moniliforme、およびF. solaniの3種がこの病害に関連することを示した。インドにおけるF. fusarioidesおよびF. moniliformeによるA. veraの葉の斑点病は初報告とみられた。Fusarium fusarioides / Fusarium moniliforme / Fusarium solaniAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05798アフリカおよびエジプト新産種、Chaetomium grande2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, アフリカ新産種/Africa_new record, エジプト/Egypt, エジプト新産種/Egypt_new record, ゴマノハグサ科/Scrophulariaceae, モウズイカ属/Verbascum, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南シナイ県/South Sinai, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEMNew record of Chaetomium grande Asgari & Zare (Chaetomiaceae) for the Egyptian and African mycobiotaエジプト、南シナイ県で採集されたChaetomium grandeをアフリカ新産種として報告した。本種はVerbascum sinaiticumから表面殺菌法で分離された。本種との同定を分子系統解析の結果から確かめたほか、本種の記載文、SEM写真などを掲載した。Chaetomium grande■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-05797タイ産種子腐朽性クロイボタケ綱菌類:インドカリン属の莢の心皮に生じた新種Zeloasperisporium pterocarpi2018Asian Journal of Mycology2018年の論文/published in 2018, Asian Journal of Mycology, TreeBASE, インドカリン属/Pterocarpus, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, マメ科/Fabaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 腐生菌/saprobeSeed decaying Dothideomycetes in Thailand: Zeloasperisporium pterocarpi sp. nov., (Zeloasperisporiaceae, Zeloasperisporiales) on carpel of Pterocarpus sp. (Fabaceae) seed podタイにおいてインドカリン属の一種の莢に発生した菌を検討し、Zeloasperisporium pterocarpiとして新種記載した。本種は菌糸体を有し、盾状子嚢殻が褐色~暗褐色の斑点をなす表在性革質、子嚢胞子が卵形~倒卵状で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でZ. siamenseに近縁であったが、菌糸体の有無や子嚢胞子の形態、細胞壁の構造などが異なっていた。Zeloasperisporium pterocarpi★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Zeloasperisporiaceae/ゼロアスペリスポリウム科
R3-05796韓国新産の子嚢菌4種2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バッタ科/Acrididae, 光州広域市/Gwangju, 分子同定/molecular identification, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 島根県/Shimane, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 虫糞/insect frass, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordFour New Records of Ascomycete Species from KoreaAscodesmis sphaerosporaなど4種を韓国新産種として報告した。これらの菌は慶尚北道の川の水、光州で採集されたバッタの糞、竹島(韓国名:独島)の土壌などから分離された。A. sphaerosporaの土壌菌としての報告は初となった。Ascodesmis sphaerospora■ / Chaetomella raphigera■ / Gibellulopsis nigrescens■ / Myrmecridium schulzeri■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Ascodesmidaceae/アスコデスミス科_Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Chaetomellaceae/ケートメラ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Plectosphaerellaceae/プレクトスフェレラ科
R3-05795インド中部産大型菌類の多様性 (18):マハーラーシュトラ州産の盤菌、Cookeina tricholoma2018Van Sangyan2018年の論文/published in 2018, Van Sangyan, Xylia属, インド/India, クジャクヤシ属/Caryota, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, マメ科/Fabaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungusDiversity of macro-fungi in Central India-XVIII: Cookeina tricholoma, a cup fungus from Maharashtraインド、マハーラーシュトラ州からCookeina tricholomaを報告した。本種はCaryota urensの枯幹およびXylia xylocarpaの材に発生していた。本種はインドにおいては西ベンガル州から報告されていた。Cookeina tricholoma■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科
R3-05794中国産の新種Comatricha macrosporaおよび2種の近年記録されたカミノケホコリ属変形菌2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 吉林省/Jilin, 四川省/Sichuan, 変形菌類/slime mold, 山地/mountains, 山西省/Shanxi, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 貴州省/Guizhou, 走査型電子顕微鏡/SEM, 遼寧省/Liaoning, 長白山脈/Changbai MountainsIdentification of the new species Comatricha macrospora and two other recently recorded species of Comatricha from China中国吉林省において採集された変形菌の一種を検討し、Comatricha macrosporaとして新種記載した。本種はカミノケホコリ属においては子実体が小型で胞子が大型であることなどで特徴づけられた。また、中国新産種としてC. tenerrimaおよびC. afroalpinaを報告し、中国産の本属菌の検索表を掲載した。Comatricha afroalpina■ / Comatricha macrospora★ / Comatricha tenerrima■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科
R3-05793トルコ産の新種、Zwackhiomyces turcicus2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, コンヤ県/Konya, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 漂白/bleaching, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌寄生菌/mycoparasiteZwackhiomyces turcicus sp. nov. (Ascomycota, Xanthopyreniaceae) from TurkeyトルコにおいてPhyscia magnussoniiの地衣体に生じた菌を検討し、Zwackhiomyces turcicusとして新種記載した。本種はZwackhiomyces属において最大級の子嚢殻を形成した。本種は宿主の地衣体の感染部位を僅かに漂白させ、寄生菌である可能性もあった。Zwackhiomyces turcicus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Collemopsidiales/コレモプシディウム目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科
R3-05792パキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州においてイネ科に発生したさび菌の新産種2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, さび菌/rust fungi, イネ科/Poaceae, オニササガヤ属/Dichanthium, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, コブナグサ属/Arthraxon, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ミサヤマチャヒキ属/Helictotrichon, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew records of Puccinia on Poaceae from Khyber Pakhtunkhwa, PakistanPuccinia arthraxonis-ciliaris、P. pseudocesatiiをパキスタン新産種として報告した。前者はコブナグサ属の一種、後者はDichanthium annulatumを宿主としていた。また、P. helictotrichi var. pakistanicaをカイバル・パクトゥンクワ州から初めて報告した。Puccinia arthraxonis-ciliaris■ / Puccinia helictotrichi■ / Puccinia pseudocesatii■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-05791ブラジル南部産のウラベニガサ属Celluloderma節の1新種2018Lilloa2018年の論文/published in 2018, Lilloa, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forestA new species of Pluteus section Celluloderma (Agaricales, Basidiomycota) from Southern Brazilブラジル南部の森林で採集された菌を検討し、Pluteus elvaniaeとして新種記載した。本種はCelluloderma節のstirps ‘Venosus’グループに含まれると推定された。傘が褐色で乾燥時脈状~小皺状、担子胞子が球形、表皮シスチジアが鈍頭であることなどで特徴づけられた。Pluteus elvaniae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-05790コウヤクタケ型アトラクティエラ菌綱の予備的概観2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Botryobasidium属, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, Umbellularia属, UNITE, さび菌/rust fungi, アイオワ州/Iowa, アウスト・アグデル県/Aust-Agder, アオイ科/Malvaceae, アリゾナ州/Arizona, アーケシュフース県/Akershus, イギリス/United kingdom, イングランド/England, イースト・サセックス/East Sussex, ウェリントン地方/Wellington, ウクライナ/Ukraine, ウロコタケ科/Stereaceae, エストフォル県/Østfold, オップラン県/Oppland, オンタリオ州/Ontario, カエデ属/Acer, カナダ/Canada, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラチャイ・チェルケス共和国/Karachay-Cherkessia, カリフォルニア州/California, カンタ=ハメ県/Kanta-Häme, キウロコタケ属/Stereum, クスノキ科/Lauraceae, クラスノヤルスク地方/Krasnoyarsk, ケニア/Kenya, コウヤクタケ科/Corticiaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, サビアナタケ属/Fuscoporia, ザクセン=アンハルト州/Sachsen-Anhalt, シナノキ属/Tilia, シノニム/synonym, シベリア/Siberia, シロペンキタケ属/Vuilleminia, スウェーデン/Sweden, ソグン・オ・フィヨーラネ県/Sogn og Fjordane, ソール・トロンデラーグ県/Sør-Trøndelag, タイプスタディ/type study, タバコウロコタケ属/Hymenochaete, タバコウロコタケ科/Hymenochaetaceae, テレマルク県/Telemark, トウヒ属/Picea, トガサワラ属/Pseudotsuga, トネリコ属/Fraxinus, トロムス県/Troms, ドイツ/Germany, ドネツィク州/Donetsk, ナナカマド属/Sorbus, ニジニ・ノヴゴロド州/Nizhny Novgorod, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, ヌールラン県/Nordland, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ネオタイプ指定/neotype designation, ノルウェー/Norway, ノースカロライナ州/North Carolina, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒトツバエニシダ属/Genista, ヒメキクラゲ属/Exidia, ヒメキクラゲ科/Exidiaceae, フィンランド/Finland, フランス/France, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ヘードマルク県/Hedmark, ボトリオバシディウム科/Botryobasidiaceae, マサチューセッツ州/Massachusetts, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ミシガン州/Michigan, ムクロジ科/Sapindaceae, ムーレ・オ・ロムスダール県/Møre og Romsdal, モクセイ科/Oleaceae, モゼル県/Moselle, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ラッピ県/Lappi, リペツク州/Lipetsk, リンゴ属/Malus, レクトタイプ指定/lectotype designation, レニングラード州/Leningrad, ローガラン県/Rogaland, ヴェストフォル県/Vestfold, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 宿主選好性/host selectivity, 属概念/genus concept, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 河川/river, 沿海地方/Primorye, 海岸州(ケニア)/Coastal State (Kenya), 湿地帯/wetland, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesA preliminary overview of the corticioid Atractiellomycetes (Pucciniomycotina, Basidiomycetes)コウヤクタケ型子実体を形成するアトラクティエラ菌綱の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Helicogloea属に25種を認め、そのうち11種を新種記載したほか、Bourdotigloea属に9種を認め、そのうち6種を新種記載した。Leucogloea属を本属のシノニムとし、新属Saccosoma属を提唱して1新種を含めた。Bourdotigloea cerea★ / Bourdotigloea concisa★ / Bourdotigloea dura★ / Bourdotigloea grisea★ / Bourdotigloea lanea★ / Bourdotigloea longispora▲ / Bourdotigloea multifurcata★ / Bourdotigloea sebacinoidea▲ / Bourdotigloea vestita / Helicogloea angustispora / Helicogloea aquilonia★ / Helicogloea aurea / Helicogloea burdsallii★ / Helicogloea caroliniana / Helicogloea compressa▲ / Helicogloea crassitexta★ / Helicogloea dryina★ / Helicogloea eburnea★ / Helicogloea exigua★ / Helicogloea globosa / Helicogloea inconspicua / Helicogloea incrustans / Helicogloea intermedia / Helicogloea lagerheimii / Helicogloea lunula★ / Helicogloea microsaccata★ / Helicogloea ovispora▲ / Helicogloea pellucida★ / Helicogloea sebacea▲ / Helicogloea septifera★ / Helicogloea sputum★ / Helicogloea subardosiaca / Helicogloea terminalis / Helicogloea variabilis / Saccosoma album▲ / Saccosoma contortum▲ / Saccosoma farinaceum / Saccosoma farinaceum▲ / Saccosoma floccosum★ / Saccosoma globisporum▲ / Saccosoma medium▲ / Saccosoma sphaerosporum▲Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Atractiellomycetes/アトラクティエラ綱_Atractiellales/アトラクティエラ目_Phleogenaceae/フレオゲナ科
R3-05789スペイン産の土壌生不完全糸状菌の新種、Wardomycopsis litoralis2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, バレンシア州/Valencia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 検索表/identification key, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 走査型電子顕微鏡/SEM, 選択培地/selective medium, 降水量/precipitationWardomycopsis litoralis, a new soil-borne hyphomycete from Spainスペインにおいて海岸の土壌試料から分離された菌を検討し、Wardomycopsis litoralisとして新種記載した。本種は分生子形成細胞に顕著なアネレーションを有し、分生子中央に縦方向の発芽溝を有することなどで特徴づけられた。Wardomycopsis属菌の検索表を掲載した。Wardomycopsis litoralis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-05788ザラミノシメジ属菌、特にヨーロッパ産分類群の予備的ITS系統解析2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, イタリア/Italy, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, フランス/France, ヴェネト州/Veneto, 亜属概念/subgenus concept, 亜属概念の修正/subgenus concept_emendation, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 多系統群/polyphyletic group, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 未記載種/undescribed species, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 独立種/independent species, 種内変異/intraspecific variation, 複合種/species complexA preliminary ITS phylogeny of Melanoleuca (Agaricales), with special reference to European taxaザラミノシメジ属菌を対象に分子系統解析を実施し、本属の単系統性および形態に基づく属内分類を再検討した。本属は単系統であったが、Acystis亜属は人為分類群であり、UrticocystisおよびMelanoleucaの2亜属のみが支持された。新種Melanoleuca sublanipesを記載するとともに、M. exscissaの3品種およびM. paedida f. electropodaについて新組み合わせを提唱した。Melanoleuca exscissa▲● / Melanoleuca paedida▲● / Melanoleuca sublanipes★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05787広西新産の地衣類の属、Carbacanthographis2017Guihaia2017年の論文/published in 2017, Guihaia, オキセピン類/oxepins, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ラクトン類/lactones, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyCarbacanthographis (Graphidaceae), a lichen genus new to Guangxi中国広西チワン族自治区の亜熱帯林において樹皮に発生した地衣の一種を検討し、Carbacanthographis marcescensと同定した。Carbacanthographis属地衣は香港から報告されていたが、広西チワン族自治区からの報告は初となった。本種はリレラが白色で果殻の側面が炭化し、子嚢胞子が小型で石垣状、地衣成分としてサラジン酸を含むことなどで特徴づけられた。Carbacanthographis marcescens■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05786Verticillium nigrescensに対する適切な属Gibellulopsis、およびV. theobromaeに対する新属Musicillium2007Nova Hedwigia2007年の論文/published in 2007, Nova Hedwigia, pH適性/pH aptitude, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エジプト/Egypt, オランダ/Netherlands, タイプスタディ/type study, ネオタイプ指定/neotype designation, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 花生息菌/floricolous fungus, 菌核/sclerotiumGibellulopsis, a suitable genus for Verticillium nigrescens, and Musicillium, a new genus for V. theobromaeVerticillium nigrescensが狭義のVerticillium属に含まれないことを示し、本種をGibellulopsis属に移した。オランダの土壌から分離された菌株を本種のネオタイプ標本として指定した。また、V. theobromaeに対して新属Musicilliumを提唱し、エジプトにおいてバナナの葉から分離された菌株をネオタイプ標本に指定した。Gibellulopsis nigrescens▲ / Musicillium theobromae▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Plectosphaerellaceae/プレクトスフェレラ科
R3-05785米国南東部産の粉芽形成性痂状地衣の新種、Lecanora markjohnstonii2018The Bryologist2018年の論文/published in 2018, The Bryologist, TreeBASE, アトラノリン類/atranorins, アパラチア山脈/Appalachian Mountains, アラバマ州/Alabama, サウスカロライナ州/South Carolina, ジョージア州/Georgia, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 全ゲノム解析/whole genome analysis, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 森林/forest, 次世代シーケンシング/next generation sequencing, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitationLecanora markjohnstonii (Lecanoraceae, lichenized Ascomycetes), a new sorediate crustose lichen from the southeastern United States米国で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Lecanora markjohnstoniiとして新種記載した。本種は地衣体が灰緑色で亀裂状~小区画状であり、粉芽塊を形成し、2-O-メチルペルラトリン酸を含むことなどで特徴づけられた。核ゲノムrDNAコンティグおよびmtSSU配列データに基づく解析を実施し、本種がLecanora subfuscaグループに含まれることを示した。Lecanora markjohnstonii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科
R3-05784アジアにおいてサプロノーシスを引き起こすSporothrix globosaの起源および分布2017Journal of Medical Microbiology2017年の論文/published in 2017, Journal of Medical Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, スポロトリコーシス/sporotrichosis, ネコ属/Felis, ネコ科/Felidae, ハプロタイプネットワーク/haplotype network, ヒト病原菌/human pathogen, メタアナリシス/meta-analysis, 不稔菌糸/sterile mycelium, 二型性/dimorphism, 人獣共通感染症/zoonosis, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 文献調査/literature survey, 最大生長温度/maximum growth temperature, 温度適性/temperature aptitude, 獣医真菌学/veterinary mycology, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 皮膚真菌症/dermatomycosis, 皮膚糸状菌/dermatophyte, 種内変異/intraspecific variation, 臨床検体/clinical specimens, 進化的起源/evolutionary origin, 酵母/yeast, 隠蔽種/cryptic species, 集団構造/population structureOrigin and distribution of Sporothrix globosa causing sapronoses in AsiaアジアにおけるSporothrix globosaの進化的起源を検討し、分子系統解析を実施したほか、CAL遺伝子のハプロタイプネットワークにより集団構造を解析した。本種はアジアで優占する種であり、ほぼ全例がヒトに感染した一方、ネコを介した伝播は例外的で、ほとんどはS. schenckiiによるものであった。本種の遺伝的多様性は低く、祖先種であるS. schenckiiからの創始者効果を伴う最近の分岐が示唆された。Sporothrix globosaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-05783新種Mycoacia angustata:中国産の初のハリタケ型の種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海南省/Hainan, 湖北省/Hubei, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 腐生菌/saprobeMycoacia angustata sp. nov. (Basidiomycota, Meruliaceae), the first Chinese hydnoid species中国海南省、湖北省の熱帯林および亜熱帯林で採集された菌を検討し、Mycoacia angustataとして新種記載した。本種は子実層托が黄褐色~肉桂黄褐色の歯牙状~針状で、担子胞子が無色ソーセージ形で、シスチジアを欠き、1菌糸型であることなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは刺のサイズや形状、担子胞子の形態などが異なっていた。Mycoacia angustata★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05782地衣の属、KroswiaはFuscopannariaのシノニムである2015The Lichenologist2015年の論文/published in 2015, The Lichenologist, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ツツジ科/Ericaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 撹乱地/disturbed place, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 藍藻地衣/cyanolichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenThe lichen genus Kroswia is a synonym of Fuscopannaria (Pannariaceae)分子系統解析の結果から、Kroswia属がFuscopannaria属の系統内部に含まれることを確かめた。前者を後者のシノニムとし、K. crystalliferaをFuscopannaria属に移した。K. gemmascensおよびK. polydactylaについては分子データが存在しないことから、Fuscopannaria属への転属は控えられた。Fuscopannaria crystallifera▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-05781韓国新産のLactarius属およびLactifluus属チチタケ類8種2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 京畿道/Gyeonggi-do, 仁川広域市/Incheon, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 忠清北道/Chungcheongbuk-do, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新産種報告/new record, 森林/forest, 気候変動/climate change, 江原道/Kangwon-do, 済州特別自治道/Jeju, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 誤同定/misidentification, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordFirst Report of Eight Milkcap Species Belonging to Lactarius and Lactifluus in Korea韓国においてLactarius属およびLactifluus属菌の長期調査を実施した。Lactarius atromarginatusなど8種を韓国新産種として報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチおよびSEM写真などを掲載した。Lactarius atromarginatus■ / Lactarius austrotorminosus■ / Lactarius kesiyae■ / Lactarius tabidus■ / Lactarius vietus■ / Lactifluus acicularis■ / Lactifluus pilosus■ / Lactifluus pinguis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05780中国産のPicea crassifoliaに潰瘍病を引き起こす新種Cytospora piceae2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/canker, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胴枯病/dogare-byo (canker)Cytospora piceae sp. nov. associated with canker disease of Picea crassifolia in China中国、新疆ウイグル自治区においてPicea crassifoliaに発生した病原菌の一種を検討し、Cytospora piceaeとして新種記載した。本種は分生子殻に孔口を有し、分生子が無色ソーセージ形単細胞であることなどで特徴づけられた。本種はITS+nrLSU+ACT+RPB2+TEF1-αに基づく分子系統解析でも独自の系統を形成した。Cytospora piceae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-05779新種Entoloma aurorae-borealisおよび北欧産のイッポンシメジ属Sinuatumクレードの3稀産種2018Sydowia2018年の論文/published in 2018, Sydowia, UNITE, アオイ科/Malvaceae, エストフォル県/Østfold, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, シナノキ属/Tilia, テレマルク県/Telemark, ヌールラン県/Nordland, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, ブスケルー県/Buskerud, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ムーレ・オ・ロムスダール県/Møre og Romsdal, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 高山帯/alpine regionEntoloma aurorae-borealis sp. nov. and three rare Entoloma species in the Sinuatum clade (subg. Entoloma) from northern Europeノルウェーで採集された菌を検討し、Entoloma aurorae-borealisとして新種記載した。本種は高山帯においてヤナギ属植物と関係を持ち、傘がいくぶん亀裂状~小皺状で、縁シスチジアを豊富に有することなどで特徴づけられた。また、E. borgenii、E. eminens、およびE. serpensをノルウェー新産種として報告した。Entoloma aurorae-borealis★ / Entoloma borgenii■ / Entoloma eminens■ / Entoloma serpens■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05778インド、ゴア産の新種Sympodioplanus goaensis2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ゴア州/Goa, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity surveySympodioplanus goaensis sp. nov. from Goa, Indiaインド、ゴアの森林において腐朽枝に発生した微小菌の一種を検討し、Sympodioplanus goaensisとして新種記載した。本種は分生子形成細胞が多数生じ、多出芽型で、分生子が舟形で1-2隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種と他のSympodioplanus属菌との形質比較表を掲載した。Sympodioplanus goaensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05777マハーラシュトラ州北部産の淡水生菌 (7)2011Recent Research in Science and technology2011年の論文/published in 2011, Recent Research in Science and technology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwater, 稀産種/rare speciesAquatic fungi from north Maharashtra-VIIインド、マハーラーシュトラ州の河川において泡から見出された水生不完全菌を報告した。Anguillospora crassaなど5属5種を同定した。そのうち2種がマハーラーシュトラ州、3種がマハーラーシュトラ州北部地域における新産種であった。Anguillospora crassa■ / Campylospora filicladia■ / Clavariopsis azlanii■ / Lunulospora curvula■ / Tetracladium marchalianum■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Ascomycota/子嚢菌門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱
R3-05776中国南西部産の土壌生Trichoderma属3新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, UNITE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タバコ属/Nicotiana, ナス科/Solanaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 庭園/garden, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 複合種/species complex, 雲南省/YunnanThree new species of soil-inhabiting Trichoderma from southwest China中国雲南省において土壌から分離された3種の菌を検討し、Trichoderma kunmingense、T. speciosum、およびT. zeloharzianumとして新種記載した。T. speciosumは分生子柄が樹状で末端枝が屈曲し、フィアライドが紡錘形で、分生子が球形~類球形であることなどで特徴づけられた。T. kunmingenseは分生子柄がピラミッド状、フィアライドがアンプル形で先細り、分生子が卵形平滑であり、T. zeloharzianumは分生子が球形~類球形薄壁であった。Trichoderma kunmingense★ / Trichoderma speciosum★ / Trichoderma zeloharzianum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-05775中国産材生息性淡水生菌類 (3):雲南省北西部産のKirschsteiniothelia属3新種および1新産種2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エラッタ/errata, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanLignicolous freshwater fungi in China III: Three new species and a new record of Kirschsteiniothelia from northwestern Yunnan Province中国雲南省の河川において沈んだ材に発生したアナモルフ菌を検討し、Kirschsteiniothelia aquatica、K. cangshanensis、およびK. fluminicolaの3新種を記載した。これらの新種は分生子柄および分生子の形態が互いに類似していたが、分生子柄および分生子のサイズや形状などが異なっていた。また、中国新産種としてK. rostrataを報告した。Kirschsteiniothelia aquatica★ / Kirschsteiniothelia cangshanensis★ / Kirschsteiniothelia fluminicola★ / Kirschsteiniothelia rostrata■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Kirschsteiniotheliaceae/キルシュシュタイニオテリア科
R3-05774オーストラリア産の根感染菌2種に対する新属Wongia2016IMA fungus2016年の論文/published in 2016, IMA fungus, TreeBASE, イネ科/Poaceae, オーストラリア/Australia, ギョウギシバ属/Cynodon, タイプスタディ/type study, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungiWongia gen. nov. (Papulosaceae, Sordariomycetes), a new generic name for two root-infecting fungi from Australiaオーストラリア産ギョウギシバ属植物の根の病原菌であるMagnaporthe garrettiiおよびM. griffiniiに対して新属Wongiaを提唱した。本属は子嚢の先端リングが非アミロイドで、褐色の子嚢胞子に3隔壁を有することなどで特徴づけられた。本属は分子系統解析でマグナポルテ目の外側に位置し、パプロサ科クレードに含まれた。Wongia garrettii▲ / Wongia griffinii▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱
R3-05773海浜生の黒穂菌の新属、FlamingomycesおよびParvulago2007Mycological Research2007年の論文/published in 2007, Mycological Research, カヤツリグサ科/Cyperaceae, カワツルモ属/Ruppia, カワツルモ科/Ruppiaceae, ジロンド県/Gironde, ハリイ属/Eleocharis, フランス/France, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 吸器/haustorium, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 砂地/sand, 胞子の発芽/germination of spores, 超微細構造/ultrastructure, 透過型電子顕微鏡/TEM, 黒穂菌/smut fungiFlamingomyces and Parvulago, new genera of marine smut fungi (Ustilaginomycotina)黒穂菌のMelanotaenium ruppiaeおよびUstilago marinaを検討し、それぞれに対して新属FlamingomycesおよびParvulagoを提唱した。前者はウロシスティス科においてMelanustilospora属およびVankya属に類似し、後者は宿主の稈の基部にのみ発生する点や胞子形成様式などで同科他属と区別された。ハリイ属植物を宿主とする黒穂菌の検索表を掲載した。Flamingomyces ruppiae▲ / Parvulago marina▲Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Urocystidales/ウロシスティス目_Urocystidaceae/ウロシスティス科_Ustilaginales/クロボキン目_Ustilaginaceae/クロボキン科
R3-05772南米において見出された奇妙なキツネノカラカサ型菌類、Catatrama costaricensis2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 南米新産種/South America_new record, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 走査型電子顕微鏡/SEMCatatrama costaricensis (Agaricales): a strange lepiotoid fungus is found in South Americaブラジル、ペルナンブーコ州で採集されたCatatrama costaricensisを南米新産種として報告した。本種は担子胞子表面が小刺状で、子実層托実質が両側型であることなどで特徴づけられた。本種の材生息菌としての報告は初であり、ブラジル産標本は子実体が小型である点、柄表面の小鱗片が乏しい点なども特徴であった。Catatrama costaricensis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05771グローバル・プランツ・イニシアチブ・プロジェクトにおいて発見された地衣の新種、Coccocarpia melloniorum2011The Bryologist2011年の論文/published in 2011, The Bryologist, ケソン州/Quezon, タイプスタディ/type study, フィリピン/Philippines, 二次代謝産物/secondary metabolite, 再発見/rediscovery, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 葉上生地衣/foliicolous lichen, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyCoccocarpia melloniorum (Ascomycota: Peltigerales), a new lichen discovered through the Global Plants Initiative projectフィリピンで採集された葉上生地衣の歴史的な標本を検討し、Coccocarpia melloniorumとして新種記載した。本種はLeptogium phyllogenum f. subsinuatumのシンタイプ標本の再検討過程で未記載種であることが明らかになった。本新種と同様に地衣体が小型で裂片が幅狭く、裂芽を有するCoccocarpia属4種の検索表を掲載した。Coccocarpia melloniorum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Coccocarpiaceae/コッコカルピア科
R3-05770タイにおいて沈んだ材に発生したJahnula aquaticaおよびそのアナモルフ、Xylomyces chlamydosporus2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, コンタミ/contamination, タイ/Thailand, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トラート県/Trat, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobeJahnula aquatica and its anamorph Xylomyces chlamydosporus on submerged wood in ThailandJahnula aquaticaのアナモルフがXylomyces chlamydosporusであることを培養により初めて確かめた。本種はタイ、トラート県において淡水に沈んだ材に発生していた。タイ産のJahnulaおよび類縁属の種一覧を掲載した。Jahnula aquaticaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Jahnulales/ヤーヌラ目_Aliquandostipitaceae/アリクァンドスティピテ科
R3-05769中国産のErysiphe属1新種および2新産種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, うどんこ病/powdery mildew, アジサイ属/Hydrangea, アジサイ科/Hydrangeaceae, コマツナギ属/Indigofera, シソ科/Lamiaceae, マメ科/Fabaceae, ヤマハッカ属/Isodon, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 付着器/appressorium, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種内変異/intraspecific variation, 葉面菌/leaf surface fungi, 誤同定/misidentificationA new species and two new records of Erysiphe emend. from China中国、内モンゴル自治区においてHydrangea bretschneideriに発生したうどんこ病菌の一種を検討し、Erysiphe yanshanensisとして新種記載した。また、コマツナギ属植物を宿主とするE. indigoferaeおよびヤマハッカ属植物を宿主とするE. plectranthiを中国新産種として報告した。後者のRabdosia japonica var. glaucocalyxからの報告は初となった。Erysiphe indigoferae■ / Erysiphe plectranthi■ / Erysiphe yanshanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05768Lachnum winteriの正体について2018Czech Mycology2018年の論文/published in 2018, Czech Mycology, vital taxonomy, イネ科/Poaceae, タイプスタディ/type study, ヨシ属/Phragmites, リター菌/litter fungi, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新組み合わせ提唱/new combination, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 種概念/species concept, 配列決定/sequencingOn the identity of Lachnum winteri (Ascomycota, Helotiales)Lachnum winteriのシンタイプ標本を検討し、本種をAlbotricha属に移した。本種のレクトタイプ標本を指定した。また、Velenovskýらによる本種の種概念を検討し、それが不完全な記載を基にしている可能性を指摘した。Albotricha winteri▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Hyaloscyphaceae/ヒアロスキファ科
R3-05767オーストラリア、タスマニア産のセンニンゴケ属1新種、およびアオシモゴケ科地衣について2018Herzogia2018年の論文/published in 2018, Herzogia, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, タイプスタディ/type study, タスマニア州/Tasmania, タムノール酸類/thamnolic acids, フトモモ科/Myrtaceae, ベオミセス酸類/baeomycesic acids, ユーカリ属/Eucalyptus, レゾルシノール類/resorcinols, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有属/endemic genus, 固有種/endemic species, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 水生地衣類/aquatic lichen, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 鱗片状地衣/squamulose lichenA new species of Dibaeis from Australia (Tasmania), with notes on the family Icmadophilaceaeオーストラリア、タスマニアで採集された地衣の一種を検討し、Dibaeis inundataとして新種記載した。本新種を含むオーストラリア産センニンゴケ属地衣の検索表を掲載した。また、新組み合わせKnightiella eucalyptiを提唱し、新種K. queenslandicaを記載した。Dibaeis inundata★ / Knightiella eucalypti▲ / Knightiella queenslandica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Icmadophilaceae/アオシモゴケ科
R3-05766台湾産の甲虫と関係を持つGeosmithia属2種2016Fungal Science2016年の論文/published in 2016, Cnestus属, Fungal Science, Hadrodemius属, オオバギ属/Macaranga, キクイムシ科/Scolytidae, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, 南投県/Nantou, 台東県/Taitung, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 屏東県/Pingtung, 希釈平板法/dilution plate method, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 養菌性キクイムシ/ambrosia beetleTwo species of beetle-associated Geosmithia in TaiwanGeosmithia lavendulaおよびG. pallidaを台湾新産種として報告した。前者は不明な甲虫、後者はCnestus属およびHadrodemius属キクイムシ計3種(全て新宿主)の坑道や虫体表面からそれぞれ分離された。前者はコロニーが帯灰紫色で分生子柄が疣状であること、後者はコロニーが淡い帯黄色で各メトレに最大6つのフィアライドをつけることなどで特徴づけられた。Geosmithia lavendula■ / Geosmithia pallida■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-05765新種Geosmithia tibetensisおよび青海-チベット高原産のGibellulopsis属およびScopulariopsis属新産種2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, チベット自治区/Tibet, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 草地/grasslandGeosmithia tibetensis sp. nov. and new Gibellulopsis and Scopulariopsis records from Qinghai-Tibetチベットにおいて草地土壌から分離された菌を検討し、Geosmithia tibetensisとして新種記載した。本種は同属の類似種とは分生子形成細胞や分生子の形態が異なっていた。また、Gibellulopsis nigrescensおよびScopulariopsis canadensisを中国新産種として報告した。Geosmithia tibetensis★ / Gibellulopsis nigrescens■ / Scopulariopsis canadensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Glomerellales/グロメレラ目_Plectosphaerellaceae/プレクトスフェレラ科_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-05764ブラジルの半乾燥地域におけるPaliphora属の新種および新産種2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Mycologia, Verrucularia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キントラノオ科/Malpighiaceae, タイプスタディ/type study, バイーア州/Bahia, ピアウイ州/Piaui, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 南米新産種/South America_new record, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropicsNew species and records of Paliphora from the Brazilian semi-arid regionブラジルで採集された2種の菌を検討し、Paliphora inflataおよびP. multiseptataとして新種記載した。また、P. intermediaを南米新産種、P. porosaを新熱帯新産種としてそれぞれ報告した。Paliphora属の検索表および形質比較表を掲載した。Paliphora inflata★ / Paliphora intermedia■ / Paliphora multiseptata★ / Paliphora porosa■Ascomycota/子嚢菌門
R3-05763ウスパルタ県、ゴルジュク自然公園産のトルコ新産種を含む地衣類の多様性2018Muzeul Olteniei Craiova. Oltenia. Studii şi comunicări. Ştiinţele Naturii2018年の論文/published in 2018, Muzeul Olteniei Craiova. Oltenia. Studii şi comunicări. Ştiinţele Naturii, ウスパルタ県/Isparta, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, コナラ属/Quercus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ナナカマド属/Sorbus, ハリエンジュ属/Robinia, バラ科/Rosaceae, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロウソクゴケモドキ属/Candelariella, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 不完全地衣/anamorphic lichen, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 藍藻地衣/cyanolichen, 降水量/precipitation, 鱗片状地衣/squamulose lichenLichen Diversity of Gölcük Nature Park (Isparta), Including New Records for Turkeyトルコ、ウスパルタ県のゴルジュク自然公園において地衣類の調査を実施し、192分類群を記録した。Diplotomma pharcidium、Flavoplaca granulosa、およびMiriquidica pycnocarpaをトルコ新産種として報告した。73種が調査地およびウスパルタ県における新産種であった。Amygdalaria pelobotryon■ / Athallia cerinella■ / Blastenia ammiospila■ / Buellia schaereri■ / Buellia spuria■ / Calogaya arnoldii■ / Caloplaca aractina■ / Caloplaca grimmiae■ / Caloplaca nivalis■ / Caloplaca stillicidiorum■ / Calvitimela aglaea■ / Candelariella medians■ / Carbonea vorticosa■ / Cladonia chlorophaea■ / Cladonia foliacea■ / Cladonia symphycarpia■ / Diploschistes muscorum■ / Diploschistes scruposus■ / Diplotomma chlorophaeum■ / Diplotomma hedinii■ / Diplotomma pharcidium■ / Enchylium conglomeratum■ / Enchylium tenax■ / Flavoplaca granulosa■ / Flavoplaca microthallina■ / Hypogymnia physodes■ / Lambiella insularis■ / Lathagrium auriforme■ / Lecania subfuscula■ / Lecanora alpigena■ / Lecanora campestris■ / Lecanora cenisia■ / Lecanora filamentosa■ / Lecidea atrobrunnea■ / Lecidea confluens■ / Lecidea fuscoatra■ / Lecidella anomaloides■ / Lecidella scabra■ / Lecidella wulfenii■ / Lepra amara■ / Lepra corallina■ / Lepra excludens■ / Lepraria alpina■ / Lepraria caesioalba■ / Lepraria eburnea■ / Miriquidica pycnocarpa■ / Myriolecis albescens■ / Myriolecis semipallida■ / Nephromopsis chlorophylla■ / Peltigera degenii■ / Peltigera hymenina■ / Peltigera lepidophora■ / Peltigera leucophlebia■ / Peltigera neckeri■ / Placidium rufescens■ / Placidium squamulosum■ / Polycauliona polycarpa■ / Polychidium muscicola■ / Protoparmelia badia■ / Protoparmeliopsis garovaglii■ / Psorotichia schaereri■ / Ramalina capitata■ / Ramalina pollinaria■ / Ramalina polymorpha■ / Rhizocarpon lecanorinum■ / Rhizocarpon simillimum■ / Rhizocarpon subgeminatum■ / Rinodina interpolata■ / Rinodina milvina■ / Schaereria fuscocinerea■ / Silobia rufescens■ / Tephromela atra■ / Toninia taurica■ / Toninia toniniana■ / Umbilicaria crustulosa■ / Xanthoparmelia loxodes■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Tephromelataceae/テフロメラ科_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Peltigerales/ツメゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Xylographaceae/ザイログラファ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Massalongiaceae/マッサロンギア科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Rhizocarpales/チズゴケ目_Rhizocarpaceae/チズゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Schaereriaceae/シェレリア科_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-05762ウルグアイ産材生息性担子菌 (12):コウヤクタケ類の新産種2007Comunicaciones Botánicas del Museo Nacional de Historia Natural y Antropología de Montevideo2007年の論文/published in 2007, Comunicaciones Botánicas del Museo Nacional de Historia Natural y Antropología de Montevideo, ウルグアイ/Uruguay, ウルグアイ新産種/Uruguay_new record, コウヤクタケ類/corticioid fungi, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ソリアノ県/Soriano, フトモモ科/Myrtaceae, フロリダ県/Departamento de Florida, ユーカリ属/Eucalyptus, リオ・ネグロ県/Río Negro (Uruguay), 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantationNotas sobre Basidiomycetes xilófilos del Uruguay. XII. Nuevos registros de hongos corticioides (Aphyllophorales, Eumycota)ウルグアイ新産種として6種のコウヤクタケ類を報告した。そのうちの5種はユーカリ属植物に発生していた。本報告により、ウルグアイ産コウヤクタケ類の既知種は58種となった。Athelia acrospora■ / Cylindrobasidium torrendii■ / Gloeocystidiellum porosum■ / Hyphodontia sambuci■ / Phanerochaete luteoaurantiaca■ / Vuilleminia comedens■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Russulales/ベニタケ目_Gloeocystidiellaceae/グレオシスチディエルム科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-05761Sporothrix stylites:韓国の畑地土壌からの新記録2017The Korean Journal of Mycology2017年の論文/published in 2017, The Korean Journal of Mycology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 新産種報告/new record, 畑地/farmland, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordSporothrix stylites: A New Record from Field Soil in KoreaSporothrix stylitesを韓国新産種として報告した。本種は忠清南道の畑地において土壌から分離された。本種との同定はITS+β-チューブリンに基づく分子系統解析の結果からも確かめられた。Sporothrix stylites■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-05760新科ブルセオマイセス科に置かれたニューカレドニア産の樹脂生菌の新属新種、Resinogalea humboldtensis2016Annales Botanici Fennici2016年の論文/published in 2016, Annales Botanici Fennici, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, タイプスタディ/type study, ナンヨウスギ属/Araucaria, ナンヨウスギ科/Araucariaceae, ニューカレドニア/New Caledonia, フランス/France, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 保全生態学/conservation ecology, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 動物散布/animal dispersal, 収斂進化/convergent evolution, 固有種/endemic species, 山地/mountains, 散布様式/dispersal style, 新属提唱/new genus, 新形質報告/new character, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 樹脂生菌/resinicolous fungus, 絶滅危惧種/endangered species, 虫散布/dispersal by insects, 走査型電子顕微鏡/SEM, 難培養性菌/uncultured fungiResinogalea humboldtensis gen. et sp. nov., a New Resinicolous Fungus from New Caledonia, Placed in Bruceomycetaceae fam. nova (Ascomycota)ニューカレドニアにおいてAraucaria humboldtensisの樹脂に生じた菌を検討し、新属新種Resinogalea humboldtensisとして記載した。本種は子嚢果が有柄の典型的なピンゴケ型で、子嚢胞子が単細胞であることなどで特徴づけられた。ResinogaleaとBruceomyces属を含む新科ブルセオマイセス科を提唱した。Resinogalea humboldtensis★Ascomycota/子嚢菌門_Bruceomycetaceae/ブルセオマイセス科
R3-05759韓国、恋人山道立公園における3種の木材腐朽菌の同定2018Journal of Species Research2018年の論文/published in 2018, Journal of Species Research, 京畿道/Gyeonggi-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 誤同定/misidentification, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordIdentification of three wood decay fungi in Yeoninsan Provincial Park, Korea韓国京畿道の恋人山道立公園において木材腐朽菌の調査を実施し、3種を同定した。そのうちPostia hirsutaおよびHyphodontia reticulataを韓国新産種として報告した。残りのCeriporia alachuanaと合わせて、詳細な顕微鏡的形質の記録および分子系統解析の結果を掲載した。Ceriporia alachuana■ / Hyphodontia reticulata■ / Postia hirsutaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-05758パキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州におけるさび菌Phragmidium mexicanumの初報告2018Plant Pathology & Quarantine2018年の論文/published in 2018, Plant Pathology & Quarantine, さび菌/rust fungi, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, バラ科/Rosaceae, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, ヘビイチゴ属, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungiFirst report of the rust fungus Phragmidium mexicanum from Khyber Pakhtunkhwa, Pakistanパキスタン、カイバル・パクトゥンクワ州からPhragmidium mexicanumをパキスタン新産種として報告した。本種はDuchesnea indicaに発生した。本種の報告により、同州におけるさび菌の既知分類群数は181となった。Phragmidium mexicanum■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Phragmidiaceae/フラグミディウム科
R3-05757貴州省、堯人山国家森林公園においてテッポウムシから分離された新種Lecanicillium cauligalbarum2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カミキリムシ科/Cerambycidae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 貴州省/GuizhouLecanicillium cauligalbarum sp. nov. (Cordycipitaceae, Hypocreales), a novel fungus isolated from a stemborer in the Yao Ren National Forest Mountain Park, Guizhou中国貴州省においてテッポウムシから分離された昆虫病原菌の一種を検討し、Lecanicillium cauligalbarumとして新種記載した。本種はシンネマを形成し、分生子形成細胞が短く、分生子が卵状~楕円形で単細胞であることなどで特徴づけられた。本新種とその類縁種のコロニー、分生子形成細胞、および分生子の形質比較表を掲載した。Lecanicillium cauligalbarum★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05756Porogramme albocinctaの有効記載およびブラジルのアマゾンにおける新産のタマチョレイタケ目菌類2015Journal of the Torrey Botanical Society2015年の論文/published in 2015, Caryocar属, Eschweilera属, Inga属, Journal of the Torrey Botanical Society, Laetia属, Licania属, Parinarium属, Vouacapoua属, アカテツ科/Sapotaceae, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), アマパー州/Amapá, オオミアカテツ属, クリソバラヌス科/Chrysobalanaceae, サガリバナ科/Lecythidaceae, ジャケツイバラ科, バターナット科/Caryocaraceae, パラー州/Pará, ブラジル/Brazil, マメ科/Fabaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ロンドニア州/Rondonia, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity surveyValidation of Porogramme albocincta and new records of Polyporales from the Brazilian Amazoniaブラジル・アマゾンにおける新産種としてCoriolopsis asperaなど5種を報告した。また、命名規約上無効となっていた新組み合わせPorogramme albocinctaを有効に記載した。新熱帯産Porogramme属菌の検索表を掲載した。Coriolopsis hostmannii■ / Funalia aspera■ / Microporellus iguazuensis■ / Nigroporus macroporus■ / Porogramme albocincta▲ / Tinctoporellus epimiltinus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Grammotheleaceae/グランモテレ科
R3-05755ノルウェー新産の子嚢菌、Coccomycetella richardsonii2014Agarica2014年の論文/published in 2014, Agarica, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 切片/section, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 腐生菌/saprobeCoccomycetella richardsonii (Odontotremataceae, Ostropales), an ascomycete new to NorwayCoccomycetella richardsoniiをノルウェー新産種として報告した。本種はノルウェー中部、ヴァルダールの亜寒帯林においてヨーロッパアカマツの材に発生していた。本種は子嚢果が黒色で子実層が深く窪み、子嚢胞子がS字状で子嚢内部においてねじれることなどで特徴づけられた。Coccomycetella richardsonii■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Odontotremataceae/オドントトレマ科
R3-05754インド、マディヤ・プラデーシュ州、サーガル産のCurvularia属2新種2018International Journal of Botany Studies2018年の論文/published in 2018, International Journal of Botany Studies, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, インド/India, ゴクラクチョウカ科/Strelitziaceae, タビビトノキ属/Ravenala, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉枯病/leaf blotchTwo new species of Curvularia Boedijn from Sagar, (M.P.) Indiaインド、マディヤ・プラデーシュ州からCurvularia revenallaeおよびC. poacearumとして新種記載した。前者はタビビトノキ、後者は未同定のイネ科植物を宿主としていた。ゴクラクチョウカ科植物を宿主とする本属菌の有効記載は初となった。Curvularia poacearum★ / Curvularia revenallae★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05753米国カリフォルニア州、チャンネル諸島における新種Ramalina sarahae2018The Bryologist2018年の論文/published in 2018, Leptosyne属, The Bryologist, アルカン/alkane, ウスニン酸類/usnic acids, カリフォルニア州/California, キク科/Asteraceae, ブルゲアン酸類/bourgeanic acids, プロピオン酸類/propionic acids, ベンゾフラン類/benzofurans, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 沿岸域/coastal area, 稀産種/rare species, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyRamalina sarahae (Ramalinaceae), a new species from the Channel Islands of California, U.S.A.米国カリフォルニア州のチャンネル諸島で採集された地衣の一種を検討し、Ramalina sarahaeとして新種記載した。本種はLeptosyne giganteaの塊根に発生した。本種は分子系統解析でR. laceraと姉妹群を形成したが、地衣体の形態などが異なっていた。Ramalina sarahae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-05752トルコの菌類相におけるSuillus lakeiの興味深い記録2018Mantar Dergisi2018年の論文/published in 2018, Mantar Dergisi, イスタンブール県/Istanbul, コジャエリ県/Kocaeli, トガサワラ属/Pseudotsuga, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 菌根菌/mycorrhizal fungiSuillus lakei, An Interesting Record For Turkish Mycobiotaトルコ新産種としてSuillus lakeiを報告した。本種はイスタンブール県およびコジャエリ県においてダグラスファーの樹下に発生していた。本種との同定はITS領域を用いた分子生物学的手法によっても確かめられた。Suillus lakei■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-05751ウッタラーカンド・ヒマラヤ、ドゥーン・バレーの耕作地における土壌生微小菌類の形態-分類学的多様性2017Phytotaxonomy2017年の論文/published in 2017, Phytotaxonomy, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, ヒマラヤ山脈/Himalayas, 亜熱帯域/subtropics, 単胞子分離/single spore isolation, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌深部/deep soil, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 菌核/sclerotium, 菌類相調査/mycofloristic surveyMorpho-Taxonomic diversity of soil microfungi in selected croplands of Doon Valley of Uttarakhand Himalayasインド、ウッタラーカンド州において耕作地土壌から分離された微小菌類の多様性を調査した。11属20種を報告し、そのうち15種がアナモルフ菌、1種が子嚢菌、4種が接合菌であった。各種について記載文、コロニー写真、顕微鏡写真などを掲載した。Alternaria alternata / Alternaria tenuissima / Aspergillus awamori / Aspergillus fumigatus / Aspergillus oryzae / Aspergillus sydowii / Circinella spinosa / Cladosporium cladosporioides / Cladosporium herbarum / Cunninghamella elegans / Curvularia lunata / Emericella quadrilineata / Fusarium dimerum / Fusarium oxysporum / Mucor racemosus / Penicillium citrinum / Penicillium oxalicum / Rhizopus arrhizusPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Ascomycota/子嚢菌門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科_Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Lichtheimiaceae/リヒテイミア科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科_Cunninghamellaceae/クスダマカビ科_Trichocomaceae/マユハキタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Mucoraceae/ケカビ科
R3-05750カリフォルニア州新産の地衣類および地衣生菌類2008Crossosoma2008年の論文/published in 2008, Bacchris属, Crossosoma, Teloschistes属, Umbellularia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, カラクサゴケ属/Parmelia, カリフォルニア州/California, キク科/Asteraceae, クスノキ科/Lauraceae, サリチル酸類/salicylic acids, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, テルペノイド/terpenoids, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, レカノール酸/lecanoric acid, 不完全地衣/anamorphic lichen, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 砂漠/desert, 稀産種/rare species, 米国/USA, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌核/sclerotium, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew California records of lichens and lichenicolous fungiカリフォルニア州新産種として6種の地衣類と3種の地衣生菌類を報告した。これらの種は州内のセコイア林、山地、砂漠などで採集された。また、カリフォルニア州における報告に疑問があったSphaerellothecium reticulatumがこの州に分布することを確かめた。Anisomeridium polypori■ / Arthonia macounii■ / Arthrorhaphis aeruginosa■ / Botryolepraria lesdainii■ / Clauzadea monticola■ / Lecania arizonica■ / Lepraria lecanorica■ / Marchandiomyces corallinus■ / Roselliniella cladoniae■ / Sphaerellothecium reticulatumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiales/モノブラスティア目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Arthrorhaphidaceae/レモンイボゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05749米国産のS形態を有する新種のアフラトキシン産生菌、Aspergillus texensis2018Toxins2018年の論文/published in 2018, MAT遺伝子/MAT gene, Toxins, アスペルギリン酸/aspergillic acid, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アフラトキシン/aflatoxin, アーカンソー州/Arkansas, イディオモルフ/idiomorph, イネ科/Poaceae, シクロピアゾン酸/cyclopiazonic acid, テキサス州/Texas, トウモロコシ属/Zea, マイコトキシン/mycotoxin, ルイジアナ州/Louisiana, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配型/mating type, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 菌核/sclerotium, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyAspergillus texensis: A Novel Aflatoxin Producer with S Morphology from the United States米国においてトウモロコシや土壌から分離された菌を検討し、Aspergillus texensisとして新種記載した。本種は小型の菌核を豊富に形成し、生育適温は35°Cであり、形態的にはA. flavusS系統と識別不能であった。全菌株がアフラトキシンBおよびG類、シクロピアゾン酸、アスペルギリン酸を産生した。Aspergillus texensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05748イタリアの藻類相、コケ相、菌類相、および地衣類相 (6)2018Italian Botanist2018年の論文/published in 2018, Italian Botanist, さび菌/rust fungi, アトラノリン類/atranorins, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, カラブリア州/Calabria, カルボン酸類/carboxylic acids, カンパニア州/Campania, クマシデ属/Carpinus, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, コナラ属/Quercus, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, セトラル酸類/cetraric acids, トスカーナ州/Tuscany, ナヨシダ属, ナヨシダ科, ネギ属/Allium, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フマル酸類/fumarates, ブナ科/Fagaceae, プソロミン酸/psoromic acid, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, ムクロジ科/Sapindaceae, ユリ科/Liliaceae, ロンバルディア州/Lombardia, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 化学型/chemical type, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 絶対寄生菌/obligate parasite, 絶滅危惧種/endangered species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenNotulae to the Italian flora of algae, bryophytes, fungi and lichens: 6イタリアからコケ植物6種、菌類2種、および地衣類11種を報告した。菌類はいずれもカラブリア州新産のさび菌で、それぞれナヨシダ属、ネギ属植物を宿主とし、カラブリア州新産種であった。地衣類にはカラブリア州、カンパニア州、トスカーナ州、ロンバルディア州新産種が含まれた。Arthothelium ruanum■ / Chaenotheca brachypoda■ / Hyalopsora polypodii■ / Lepraria diffusa■ / Lepraria eburnea■ / Lepraria nivalis■ / Miriquidica deusta■ / Parmelia barrenoae■ / Rinodina aspersa■ / Solenopsora marina■ / Thelopsis rubella / Urocystis cepulae■ / Xanthoparmelia glabrans■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Stereocaulaceae/キゴケ科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科_Catillariaceae/カティラリア科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Stictidaceae/スティクティス科_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Urocystidales/ウロシスティス目_Urocystidaceae/ウロシスティス科
R3-05747イスラエル新産の多孔菌類 (1):Ceriporiopsis属、Postia属、およびSkeletocutis属2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, イスラエル/Israel, イスラエル新産種/Israel_new record, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, リンゴ属/Malus, 北部地区(イスラエル)/Northern District (Israel), 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 褐色腐朽菌/brown rot fungiPolypores new to Israel – 1: Genera Ceriporiopsis, Postia and SkeletocutisCeriporiopsis balaenae、Postia rancida、P. subcaesia、およびSkeletocutis percandidaの4種をイスラエル新産種として報告した。これらの種はいずれもイスラエル北部地方の森林において材や球果などに発生していた。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真、スケッチなどを掲載した。Ceriporiopsis balaenae■ / Postia rancida■ / Postia subcaesia■ / Skeletocutis percandida■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05746オーストリア、グラーツの都市部で採集された稀産種、Hypoxylon ferrugineumの研究2016Ascomycete.org2016年の論文/published in 2016, Ascomycete.org, アオイ科/Malvaceae, オーストリア/Austria, シナノキ属/Tilia, シュタイアーマルク州/Steiermark, ド・バリー胞/De Bary’s bubble, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 宿主選好性/host selectivity, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 河川/river, 走査型電子顕微鏡/SEM, 都市環境/urban environmentStudies on Hypoxylon ferrugineum (Xylariaceae), a rarely reported species collected in the urban area of Graz (Austria)オーストラリア、グラーツにおいて採集されたHypoxylon ferrugineumを検討した。本種は河川の周辺において枯死したシナノキ属樹木の枝に繰り返し発生し、宿主特異性が認められた。本種の記載文、生態写真、光学顕微鏡写真、SEM写真、分子系統樹などを掲載した。Hypoxylon ferrugineumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科
R3-05745北欧産キシメジ属菌のITS配列データおよび形態形質に基づく分類2017Persoonia2017年の論文/published in 2017, Persoonia, UNITE, ウプサラ県/Uppsala, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, ゴットランド県/Gotland, スウェーデン/Sweden, スペイン/Spain, トウヒ属/Picea, トルコ/Turkey, ノルウェー/Norway, フィンマルク県/Finnmark, フィンランド/Finland, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ラッピ県/Lappi, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 亜高山帯/subalpine zone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北ポフヤンマー県/Northern Ostrobothnia, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 生物地理学/biogeography, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 節概念/section concept, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 隠蔽種/cryptic speciesTaxonomy of Tricholoma in northern Europe based on ITS sequence data and morphological characters北欧産キシメジ属菌を対象に形態および分子データの解析を実施し、少なくとも72種の良好に定義された種を認めた。Tricholoma boreosulphurescens、T. bryogenum、およびT. ilkkaeの3新種を記載し、Agaricus rapipesを本属に移した。10の節を認め、傘の色、傘表皮の構造、担子胞子のサイズ、およびクランプの有無が各節内部における保存的な形質であることを示した。Tricholoma boreosulphurescens★ / Tricholoma bryogenum★ / Tricholoma ilkkae★ / Tricholoma rapipes▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05744スロバキア、ドナウ川低地に産した材生息菌の研究2018Catathelasma2018年の論文/published in 2018, Catathelasma, アオイ科/Malvaceae, ウコギ科/Araliaceae, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, キヅタ属/Hedera, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, スロバキア/Slovakia, スロバキア新産種/Slovakia_new record, トネリコ属/Fraxinus, ナシ属/Pyrus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, ミズキ属/Cornus, ミズキ科/Cornaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 保全生態学/conservation ecology, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種概念/species concept, 絶滅危惧種/endangered species, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complexA contribution to the knowledge of lignicolous fungi of Podunajská nížina Lowland (Slovakia)スロバキア、ドナウ川低地において材生息性大型菌類の調査を実施し、243分類群を記録した。そのうち64種が絶滅危惧種あるいは興味深い種であった。Ceriporia camaresianaなどのごく稀な種も採集された。Achroomyces effusus / Antrodia hyalina / Antrodia macra / Antrodia minuta / Antrodia xantha / Biscogniauxia dennisii / Bourdotia galzinii / Catinella olivacea / Ceriporia camaresiana / Ceriporia griseoviolascens / Ceriporia mellita / Chaetoporellus latitans / Clitocybe truncicola / Coprinopsis spelaiophila / Crepidotus crocophyllus / Cristinia rhenana / Crustoderma dryinum / Fibricium subceraceum / Gloeocystidiellum clavuligerum / Gloiothele lactescens / Hypochnella violacea / Hypocrea sulphurea / Hypoxylon perforatum / Hypoxylon submonticulosum / Hypoxylon ticinense / Irpex lacteus / Kneiffiella subalutacea / Lentinellus ursinus / Lindtneria panphyliensis / Lopadostoma dryophilum / Lopadostoma pouzarii■ / Merismodes ochracea / Nectria sinopica / Nemania aenea / Nemania carbonacea / Neolentinus schaefferi / Oligoporus subcaesius / Omphalina discorosea / Oxyporus latemarginatus / Perenniporia meridionalis / Phanerochaete livescens / Phellinus pilatii / Phellinus torulosus / Phlebia ochraceofulva / Phlebia subochracea / Polyporus alveolaris / Resupinatus striatulus / Rhodotus palmatus / Rigidoporus pouzarii / Scopuloides leprosa / Sistotrema raduloides / Sistotremella perpusilla / Steccherinum bourdotii / Stypella subgelatinosa / Subulicystidium perlongisporum / Tomentella italica / Tomentella tenuissima / Tomentella testaceogilva / Tomentellopsis pusilla / Trechispora byssinella / Tubulicrinis strangulatus / Tulasnella saveloides / Vuilleminia cystidiata / Xenasma parvisporum / Xenosperma ludibundumBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Platygloeales/プラティグレア目_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Graphostromataceae/グラフォストロマ科_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizoporaceae/アナタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Inocybaceae/アセタケ科_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科_Russulales/ベニタケ目_Gloeocystidiellaceae/グレオシスチディエルム科_Peniophoraceae/カワタケ科_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Auriscalpiaceae/マツカサタケ科_Niaceae/ニア科_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Gloeophyllales/キカイガラタケ目_Gloeophyllaceae/キカイガラタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Meripilaceae/トンビマイタケ科_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Tulasnellaceae/ツラスネラ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Xenasmataceae/クセナスマ科
R3-05743興味深い2種の子嚢菌:Tricharina striisporaおよびSowerbyella fagicola2010Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2010年の論文/published in 2010, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, アラゴン州/Aragon, アンダルシア州/Andalusia, オリーブ属/Olea, コケ上に生える菌/fungi on moss, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, モクセイ科/Oleaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 腐植土/humusDos Ascomicetes interesantes: Tricharina striispora y Sowerbyella fagicolaスペインから非常に稀な種、Tricharina striisporaおよびSowerbyella fagicolaを報告した。前者はアンダルシア州から既に報告があったが、カディスおよびサラゴサ県からの報告は初となった。後者はイベリア半島新産種として報告され、ヨーロッパにおける分布の南限に近いとみられた。Sowerbyella fagicola■ / Tricharina striispora■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-05742ローテーショナル走査型電子顕微鏡 (rSEM) により可視化された多数の新知見:ツムギヤスデ目のヤスデを宿主とするラブルベニア目菌2018PLOS ONE2018年の論文/published in 2018, Metopidiothrix属, PLOS ONE, インドネシア/Indonesia, スペルマチア/spermatia, バリ州/Bali, ヒメケヤスデ科, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 宿主の同定/identification of host, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 散布様式/dispersal style, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 森林/forest, 走査型電子顕微鏡/SEM, 部位特異性/site specificityNovelty upon novelty visualized by rotational scanning electron micrographs (rSEM): Laboulbeniales on the millipede order Chordeumatidaインドネシアのバリ島から、ツムギヤスデ目のヤスデを宿主とする初のラブルベニア目菌を新属新種Thaxterimyces baliensisとして記載した。また、宿主のヤスデをMetopidiothrix sheariとして新種記載した。本種の菌体のほとんどが宿主の脚に分布することを示したほか、ローテーショナルSEMにより3Dモデルを作成した。Thaxterimyces baliensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-05741花から分離された黒色酵母の新種、Moniliella floricola2018International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2018年の論文/published in 2018, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, Lantana属, PCRフィンガープリンティング/PCR fingerprinting, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, クアンナム省, クマツヅラ科/Verbenaceae, ゲアン省/Nghệ An, ゴマ属/Sesamum, ゴマ科/Pedaliaceae, サツマイモ属/Ipomoea, デンプン/starch, ヒルガオ科/Convolvulaceae, ビタミン要求性/vitamin requirement, ベトナム/Vietnam, マイクロサテライト/microsatellite, 乾燥耐性/xelotolerance, 二型性/dimorphism, 交配試験/mating test, 侵略的外来種/invasive alien species, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 沿岸域/coastal area, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 移入種/alien species, 種内変異/intraspecific variation, 花生息菌/floricolous fungus, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance test, 集積培養/enrichment culture, 黒色酵母/black yeastMoniliella floricola sp. nov., a species of black yeast isolated from flowersベトナムにおいて花から集積培養で得られた酵母を検討し、Moniliella byzoviiなど6種を同定した。この他にグンバイヒルガオ、ランタナ、ゴマの花から分離された未記載種を検討し、Moniliella floricolaとして新種記載した。本新種は昆虫と関係を持つMoniliella属数種とクレードを形成した。Moniliella floricola★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱
R3-05740Ononis spinosaに生じた新種Microsphaeropsis ononidicola2018Current Research in Environmental & Applied Mycology2018年の論文/published in 2018, Current Research in Environmental & Applied Mycology, Ononis属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobeMicrosphaeropsis ononidicola sp. nov. (Microsphaeropsidaceae, Pleosporales) from Ononis spinosa L.イタリアにおいてOnonis spinosaの枯幹に生じた菌を検討し、Microsphaeropsis ononidicolaとして新種記載した。本種は埋生する黒色球形~類球形の分生子殻を形成し、分生子が無色~帯黄褐色の倒卵状~楕円形で単細胞であることなどで特徴づけられた。この植物を宿主とするMicrosphaeropsis属菌は初めて報告された。Microsphaeropsis ononidicola★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Montagnulaceae/モンタグニュラ科
R3-05739新属Helicotubeufiaの系統と形態、および水生のトゥベウフィア科3新種2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, タイ/Thailand, トラート県/Trat, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobePhylogeny and morphology of Helicotubeufia gen. nov., with three new species in Tubeufiaceae from aquatic habitats中国およびタイにおいて小川の腐朽材に発生したトゥベウフィア科菌類を採集した。分子系統解析で明らかになった、同科クレードにおける独自の系統に対して新属Helicotubeufiaを提唱した。本新属にH. guangxiensis、H. hydei、およびH. jonesiiの3新種を含めた。Helicotubeufia guangxiensis★ / Helicotubeufia hydei★ / Helicotubeufia jonesii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科
R3-05738Isaria属類似のクモ生の新種、Akanthomyces araneogenum2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オニグモ属/Araneus, クモ寄生菌/spider parasitic fungus, コガネグモ科/Araneidae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 生長速度/growth rate, 貴州省/GuizhouAkanthomyces araneogenum, a new Isaria-like araneogenous species中国貴州省においてオニグモ属の一種に生じた菌を検討し、Akanthomyces araneogenumとして新種記載した。本種はIsaria属類似の分生子柄を形成し、分生子が小型球形であることなどで特徴づけられた。本種はAkanthomyces属他種およびIsaria属菌とは形態的・系統的に区別された。Akanthomyces araneogenum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科
R3-05737ブラジル中部からのカの病原菌、Leptolegnia chapmaniiの初報告2016Journal of Invertebrate Pathology2016年の論文/published in 2016, Journal of Invertebrate Pathology, イエカ属, エピタイプ指定/epitype designation, カ科, ゴイアス州/Goias, サウスカロライナ州/South Carolina, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ヤブカ属, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 卵菌類/Oomycetes, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 実験手法の改良/improvement of experimental techniques, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 気温/temperature, 水生昆虫/aquatic insect, 水生菌/aquatic fungi, 淡水域/freshwater, 湿度/humidity, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物農薬/biopesticide, 病原力/virulence, 米国/USA, 致死率/mortality rate, 配列決定/sequencing, 釣菌法/baiting method, 静水環境/lentic environmentFirst report of Leptolegnia chapmanii (Peronosporomycetes: Saprolegniales) affecting mosquitoes in central Brazilブラジル新産種としてAedes aegyptiに感染したLeptolegnia chapmaniiを報告した。本種のホロタイプ標本が喪失したことから、レクトタイプおよびエピタイプ標本を指定した。北米および南米産標本の形質比較表を掲載したほか、ITSおよびTEF配列を決定して比較し、同一分類群であることを示した。Leptolegnia chapmanii■Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Saprolegniales/ミズカビ目_Leptolegniaceae/レプトレゲニア科
R3-05736ドイツ/バイエルン州産の地衣生Endophragmiella属1新種2009Nova Hedwigia2009年の論文/published in 2009, Nova Hedwigia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウスバトコブシゴケ属/Platismatia, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, ドイツ/Germany, バイエルン州/Bayern, フクロゴケ属/Hypogymnia, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新種記載/new species, 森林/forestA new lichenicolous species of Endophragmiella from Bavaria/Germanyドイツ、バイエルン州においてPlatismatia glaucaおよびHypogymnia physodes<の地衣体に生じた菌を検討し、Endophragmiella franconicaとして新種記載した。本種はEndophragmiella属菌としては2番目の地衣生菌として報告された。本種は分生子に1隔壁を有し、基部細胞が崩壊することなどで特徴づけられた。Endophragmiella franconica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科
R3-05735土壌由来のEladia属2新種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 四川省/Sichuan, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification keyTwo new species of Eladia from soil中国四川省において土壌から分離されたEladia inflataおよびE. minimaの2新種を記載した。前者はフィアライドが大型で膨大し、後者は分生子が微小であることなどでそれぞれ特徴づけられた。両新種を含むEladia属の検索表を掲載した。Eladia inflata★ / Eladia minima★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-05734トルコ新産属および新産種のアナモルフ菌1種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エルズィンジャン県, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ナデシコ科/Caryophyllaceae, マンテマ属/Silene, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungiAn anamorphic genus and species newly recorded from Turkeyトルコからマンテマ属植物に生じたDiplosporonema delastreiを報告した。Diplosporonema属菌のトルコからの報告は初となった。本種は宿主の生葉に斑点を生じ、分生子果を形成した。Diplosporonema delastrei■Ascomycota/子嚢菌門
R3-05733ガイアナ産のテングタケ属Lepidella亜属の新種2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文, Dicymbe属, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, アッパー・デメララ=ベルビセ州/Upper Demerara-Berbice, ガイアナ/Guyana, クローニング/cloning, ポタロ=シパルニ州, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew species of Amanita subgen. Lepidella from Guyanaガイアナの熱帯雨林からAmanita cyanochlorinosma、A. fulvoalba、およびA. guyanensisの3新種を記載した。A. cyanochlorinosmaは帯灰青色の傘と袋状のつぼと塩素臭、A. fulvoalbaは黄褐色の傘と袋状のつぼ、A. guyanensisは帯褐色の傘と羊毛状の疣およびつぼなどでそれぞれ特徴づけられた。前2種はLepidella節、後1種はValidae節クレードにおいてそれぞれ独自の系統を形成した。Amanita cyanochlorinosma★ / Amanita fulvoalba★ / Amanita guyanensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05732カイガラムシ由来の黒色酵母の新種、Knufia aspidiotus2013Phytotaxa2013年の論文/published in 2013, Aspidiotus属, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, クロウメモドキ属/Rhamnus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, マルカイガラムシ科/Diaspididae, 中国/China, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 北京市/Beijing, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 酵母/yeast, 黒色酵母/black yeastKnufia aspidiotus sp. nov., a new black yeast from scale insects中国北京市においてカイガラムシの一種から分離された黒色酵母の一種を検討し、Knufia aspidiotusとして新種記載した。本種は生長が遅く、未分化の菌糸に内生分生子を形成し、多細胞の暗色で膨大した構造を形成することなどで特徴づけられた。本新種を含むKnufia属菌の生長速度および分生子の形態に関する比較表を掲載した。Knufia aspidiotus★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05731新種Microascus ennothomasiorumによるヒトの皮下感染2018Mycoses2018年の論文/published in 2018, MIC, MRI, Mycoses, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, ケラチン分解菌/keratinolytic fungi, シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州/Schleswig-Holstein, スライド培養法/slide culture method, ドイツ/Germany, ヒト病原菌/human pathogen, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 寄生菌/parasite, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 毛髪穿孔試験/hair perforation test, 温度適性/temperature aptitude, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 皮下真菌症/subcutaneous mycosis, 臨床検体/clinical specimensA human subcutaneous infection by Microascus ennothomasiorum sp. novドイツにおいて60歳女性の結節性肉芽腫性病変から分離された菌を検討し、Microascus ennothomasiorumとして新種記載した。本種は37°Cで生育可能であり、シクロヘキシミド耐性を有し、子嚢胞子が楕円形~僅かに腎臓形、分生子が暗色で鎖生することなどで特徴づけられた。本種はヒトのケラチンを分解可能であることなどから真の病原菌と考えられた。Microascus ennothomasiorum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-05730コウジカビ属Usti節の新種Aspergillus asperおよびAspergillus collinsii2016International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2016年の論文/published in 2016, DNAバーコーディング/DNA barcoding, GCPSR, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カリフォルニア州/California, ヒューレ細胞/Hülle cell, ペンシルバニア州/Pennsylvania, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 室内環境/indoor condition, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 水溶性色素/water-soluble pigment, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種概念/species concept, 空中真菌/air-borne fungus, 米国/USA, 色素産生/pigment production, 酸産生/acid productionAspergillus asper sp. nov. and Aspergillus collinsii sp. nov., from Aspergillus section Ustiコウジカビ属Usti節に含まれる新種Aspergillus asperおよびA. collinsiiを記載した。前者は米国ペンシルベニア州において室内の空中から、後者はカリフォルニア州において浴室の空中からそれぞれ分離された。両種はいずれもUsti節の種を含む分子系統解析において独自の系統を形成した。Aspergillus asper★ / Aspergillus collinsii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-05729低酸素・高二酸化炭素濃度の炭酸気孔環境に産した新種Occultifur mephitisおよびその他の酵母2018International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, forma asexualis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, pH(水質)/pH (water), アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, ゴジアオイ属/Cistus, スロベニア/Slovenia, ノルテ地方/Norte, ハンニチバナ科/Cistaceae, ポルトガル/Portugal, 二酸化炭素濃度/carbon dioxide concentration, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 吸光度/absorbance, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 嫌気性菌/anaerobe, 希釈平板法/dilution plate method, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 極限環境/extreme environment, 水試料/water sample, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 種内変異/intraspecific variation, 統計解析/statistical analysis, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸素濃度/oxygen concentrationOccultifur mephitis f.a., sp. nov. and other yeast species from hypoxic and elevated CO2 mofette environmentsスロベニアの炭酸気孔に生息する培養可能な酵母のインベントリ調査を実施し、142菌株を分離して担子菌酵母6種、子嚢菌酵母18種を同定した。そのうち担子菌アナモルフ酵母の一種をOccultifur mephitisとして新種記載した。本種はポルトガルにおいてゴジアオイ属植物の葉から分離された酵母とも同一であった。Occultifur mephitis★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Cystobasidiomycetes/フクロタンシキン綱_Cystobasidiales/シストバシディウム目_Cystobasidiaceae/シストバシディウム科
R3-05728オーストラリア産の地衣類6新種2018Australasian Lichenology2018年の論文/published in 2018, Australasian Lichenology, オーストラリア/Australia, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, セトラル酸類/cetraric acids, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ホウオウゴケ属/Fissidens, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographySix new lichen species from AustraliaオーストラリアからCarbacanthographis uniseptataなど6種の地衣類を新種記載した。Coenogonium bryophilumはオーストラリアのほか、ボルネオ島でも採集された。Traponora属のオーストラリアからの報告は初となった。Carbacanthographis uniseptata★ / Coenogonium bryophilum★ / Coniarthonia minima★ / Punctonora brunneosorediata★ / Roccellinastrum leprocauloides★ / Traponora flavothallina★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Coenogoniaceae/セノゴニウム科_Ascomycota/子嚢菌門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科
R3-05727オーストラリア産Colletotrichum属菌2016Australasian Plant Pathology2016年の論文/published in 2016, Australasian Plant Pathology, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, クイーンズランド州/Queensland, タイプスタディ/type study, トケイソウ属/Passiflora, トケイソウ科/Passifloraceae, パパイヤ属/Carica, パパイヤ科/Caricaceae, 分子同定/molecular identification, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complexColletotrichum species in Australiaオーストラリア産Colletotrichum属菌のインベントリ調査を実施した。培養菌株コレクションの86菌株を対象にDNA塩基配列解析を行い、44種を認めた。これらの種の他にも、DNA解析が実施されていない未検証の種が複数存在した。Colletotrichum acutatum / Colletotrichum alcornii / Colletotrichum alienum / Colletotrichum aotearoa / Colletotrichum asianum / Colletotrichum australe / Colletotrichum axonopodi / Colletotrichum boninense / Colletotrichum brevisporum■ / Colletotrichum brisbanense / Colletotrichum chlorophyti / Colletotrichum circinans / Colletotrichum coccodes / Colletotrichum cymbidiicola / Colletotrichum dematium / Colletotrichum destructivum / Colletotrichum dracaenophilum / Colletotrichum fioriniae / Colletotrichum fructicola / Colletotrichum gloeosporioides / Colletotrichum godetiae / Colletotrichum kahawae / Colletotrichum karsti / Colletotrichum lupini / Colletotrichum musae / Colletotrichum nymphaeae / Colletotrichum ocimi / Colletotrichum orbiculare / Colletotrichum petchii / Colletotrichum phormii / Colletotrichum pyricola / Colletotrichum queenslandicum / Colletotrichum salicis / Colletotrichum sansevieriae / Colletotrichum siamense / Colletotrichum simmondsii / Colletotrichum sloanei / Colletotrichum spinaciae / Colletotrichum spinosum / Colletotrichum tanaceti / Colletotrichum theobromicola / Colletotrichum tofieldiae / Colletotrichum trichellum / Colletotrichum xanthorrhoeaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-05726地衣生菌を模倣するレプラゴケ属に生じた不完全糸状菌の一種、Pseudospiropes longipilus2008Herzogia2008年の論文/published in 2008, Herzogia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, キゴケ科/Stereocaulaceae, ドイツ/Germany, バイエルン州/Bayern, レプラゴケ属/Lepraria, 切片/section, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 栄養摂取様式/nutrition stylePseudospiropes longipilus on Lepraria sp. – a hyphomycete imitating a lichenicolous habitドイツ、バイエルン州においてレプラゴケ属地衣の一種の地衣体に生じた菌を検討し、Pseudospiropes longipilusと同定した。本種は真の地衣生菌ではないが、偶然にも地衣体の外に菌糸体が伸長していなかったため、地衣生菌のように見られた。切片の観察により、菌糸体が地衣体内に発達し、そこから分生子柄が破出している様子が認められた。Pseudospiropes longipilusAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-057253遺伝子座データを用いたMultifurca属の系統学的・生物地理学的・分類学的再評価2018PLOS ONE2018年の論文/published in 2018, BEAST, GCPSR, PLOS ONE, TreeBASE, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, クローニング/cloning, コスタリカ/Costa Rica, コナラ属/Quercus, シイ属/Castanopsis, タイプスタディ/type study, テキサス州/Texas, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, プンタレナス州/Puntarenas, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 中国/China, 中新世/Miocene, 共有派生形質/synapomorphy, 分子時計/molecular clock, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分岐年代推定/divergence time estimation, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 始新世/Eocene, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新亜属提唱/new subgenus, 新生代/Cenozoic, 新種記載/new species, 暁新世, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物地理学/biogeography, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 祖先形質推定/ancestral character estimation, 稀産種/rare species, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 誤同定/misidentification, 隔離分布/disjunct distribution, 隠蔽種/cryptic speciesPhylogeny, biogeography and taxonomic re-assessment of Multifurca (Russulaceae, Russulales) using three-locus dataMultifurca属を対象に分子系統解析を実施し、本属が2つの主要な亜属レベルのクレードに分かれることを示した。2つの新亜属のうちFurcata亜属はチチタケ型の種からなるのに対し、Multifurca属はベニタケ型の種を含んでいた。オーストラリア産のM. australisおよびコスタリカ産のM. mesoamericanaを新種記載し、本属菌の検索表を掲載した。Multifurca aurantiophylla / Multifurca australis★ / Multifurca furcata / Multifurca mesoamericana★ / Multifurca ochricompacta / Multifurca orientalis / Multifurca pseudofurcata / Multifurca roxburghiae / Multifurca stenophylla / Multifurca zonariaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目
R3-05724新種Dicheirinia panamensisおよびパナマ新産のさび菌類2007Mycological Progress2007年の論文/published in 2007, Borreria属, Calathea属, Cayaponia属, Cojoba属, Diphysa属, Elephantopus属, Fuchsia属, Melampodium属, Mycological Progress, Serjania属, さび菌/rust fungi, アオイ科/Malvaceae, アカバナ科/Onagraceae, イネ科/Poaceae, インゲンマメ属/Phaseolus, インドソケイ属/Plumeria, ウコギ科/Araliaceae, ウスベニニガナ属, ウリ科/Cucurbitaceae, カタバミ属/Oxalis, カタバミ科/Oxalidaceae, カンナ属/Canna, カンナ科/Cannaceae, キイチゴ属/Rubus, キク科/Asteraceae, キマメ属/Cajanus, キョウチクトウ科/Apocynaceae, クズウコン科/Marantaceae, クマツヅラ科/Verbenaceae, コクレ県/Coclé, ササゲ属/Vigna, サツマイモ属/Ipomoea, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, シチヘンゲ属, スズメノヒエ属/Paspalum, タイプスタディ/type study, タバコソウ属, タンキリマメ属, チドメグサ属, チョウマメ属/Clitoria, チリキ県/Chiriquí, ツユクサ属/Commelina, ツユクサ科/Commelinaceae, ツルギク属, テンジクアオイ属, トウダイグサ属/Euphorbia, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ナガボソウ属/Stachytarpheta, ニシキソウ属, ヌスビトハギ属/Desmodium, バラ科/Rosaceae, パナマ/Panama, パナマ市, パナマ新産種/Panama_new record, ヒメシダ科/Thelypteridaceae, ヒメフヨウ属, ヒルガオ科/Convolvulaceae, フウロソウ科/Geraniaceae, フシザキソウ属/Synedrella, フヨウ属/Hibiscus, ホクチガヤ属, ホシダ属, ミソハギ科/Lythraceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ユリ科/Liliaceae, ワスレグサ属/Hemerocallis, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEMA new species, Dicheirinia panamensis, and new records of rust fungi from PanamaパナマにおいてCojoba rufescensに生じたさび菌の一種を検討し、Dicheirinia panamensisとして新種記載した。本種は夏胞子が不規則形扁平瘤状で2つの発芽孔を有し、冬胞子が3つの前担子器細胞からなることなどで特徴づけられた。また、パナマ新産種として24種のさび菌類を記録したほか、6種について新宿主を報告した。Coleosporium ipomoeae■ / Coleosporium plumeriae■ / Coleosporium vernoniae■ / Desmella aneimiae■ / Dicheirinia panamensis★ / Dietelia portoricensis / Gerwasia pittieriana■ / Kuehneola malvicola■ / Phakopsora cupheae■ / Phakopsora meibomiae■ / Puccinia arechavaletae■ / Puccinia cnici-oleracei / Puccinia hemerocallidis■ / Puccinia heterospora■ / Puccinia hydrocotyles■ / Puccinia lantanae■ / Puccinia lateritia■ / Puccinia oxalidis■ / Puccinia pelargonii-zonalis■ / Puccinia thaliae / Puccinia urbaniana■ / Pucciniastrum epilobii■ / Uromyces appendiculatus / Uromyces commelinae■ / Uromyces dolicholi■ / Uromyces euphorbiae■ / Uromyces hedysari-paniculati■ / Uromyces neurocarpi / Uromyces novissimus■ / Uromyces setariae-italicae / Uropyxis diphysae■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Coleosporiaceae/コレオスポリウム科_Raveneliaceae/ラヴェネリア科_Pucciniosiraceae/プクシニオシラ科_Phragmidiaceae/フラグミディウム科_Phakopsoraceae/ファコプソラ科_Pucciniaceae/プクシニア科_Uropyxidaceae/ウロピクシス科
R3-05723ヨーロッパにおいてケシに発生したSubramaniula thielavioidesの記録2009Acta Mycologica2009年の論文/published in 2009, Acta Mycologica, エンドファイト/endophyte, ケシ属/Papaver, ケシ科/Papaveraceae, スロバキア/Slovakia, スロバキア新産種/Slovakia_new record, ニトラ県/Nitra, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 中欧新産種/Central Europe_new record, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 畑地/farmland, 花生息菌/floricolous fungus, 表面殺菌法/surface sterilization methodEuropean record of Subramaniula thielavioides on opium poppyスロバキアにおいてケシの花弁から分離されたSubramaniula thielavioidesを報告した。本種をヨーロッパおよびスロバキアにおける新産種として報告した。スロバキア産標本の子嚢果、子嚢、および子嚢胞子の計測値を先行研究と比較した表を掲載した。Subramaniula thielavioides■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-05722中国新産属、Leohumicola2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, Pleione属, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, ラン科/Orchidaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 水溶性色素/water-soluble pigment, 色素産生/pigment production, 貴州省/Guizhou, 配列決定/sequencingLeohumicola, a genus new to China中国貴州省においてPleione yunnanensisの根から分離された菌を検討し、Leohumicola verrucosaと同定した。本種はこれまでカナダおよびプエルトリコから知られており、中国からのLeohumicola属菌の報告は初となった。中国産標本のITS領域塩基配列はカナダ産標本と一致した。Leohumicola verrucosa■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱
R3-05721南米南部においてイチリンソウ属植物に感染する黒穂菌類の再評価2007Polish Botanical Journal2007年の論文/published in 2007, Polish Botanical Journal, イチリンソウ属/Anemone, キンポウゲ科/Ranunculaceae, タイプスタディ/type study, チリ/Chile, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 新組み合わせ提唱/new combination, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiReassessment of the smut fungi infecting Anemone in southern South Americaチリ産のイチリンソウ属植物を宿主とする黒穂菌2種を検討した。Tuburcinia antucensisをUrocystis属に移した。また、Urocystis anemonesのチリ産標本を再検討し、現行の種の定義に合致することを確かめた。Urocystis anemones / Urocystis antucensis▲Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Urocystidales/ウロシスティス目_Urocystidaceae/ウロシスティス科
R3-05720カナリア諸島、テネリフェ島、テイデ国立公園における好雪性変形菌類の新産種2018Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2018年の論文/published in 2018, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, Spartocytisus属, アブラナ科/Cruciferae, カナリア諸島/Canary Islands, クジラグサ属/Descurainia, スペイン/Spain, マカロネシア/Macaronesia, マメ科/Fabaceae, 変形菌類/slime mold, 好雪性変形菌/nivicolous myxomycetes, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEMFirst records of nivicolous myxomycetes for Teide national park, Tenerife, Canary islandsカナリア諸島、テイデ国立公園において好雪性変形菌類の調査を実施した。Comatricha calderaensisなど4種のカナリア諸島新産種を報告した。各種について記載文、生態写真、走査型電子顕微鏡写真などを掲載した。Comatricha calderaensis■ / Didymium dubium■ / Didymium nivicola■ / Physarum vernum■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科_Physarales/モジホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科_Physaraceae/モジホコリ科
R3-05719アラバマ州マディソン郡レッドストーン兵器廠における予備的地衣類チェックリスト2018Opuscula Philolichenum2018年の論文/published in 2018, Opuscula Philolichenum, アラバマ州/Alabama, 不完全地衣/anamorphic lichen, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 降水量/precipitationA Preliminary Lichen Checklist of the Redstone Arsenal, Madison County, Alabama米国アラバマ州のレッドストーン兵器廠において地衣類の調査を実施し、64属151種を同定した。採集された種にはCaloplaca polliniiなど12種のアラバマ州新産種が含まれた。また、スミイボゴケ属の一種、Heterodermia langdoniana、およびLecanora markjohnstoniiの3種を現在発表待ちの新種として掲載した。Caloplaca pollinii■ / Clauzadea chondrodes■ / Enchylium coccophorum■ / Hypotrachyna dentella■ / Lepraria xanthonica■ / Phaeophyscia hirsuta■ / Phaeophyscia leana■ / Physciella chloantha■ / Physconia leucoleiptes■ / Physconia subpallida■ / Punctelia graminicola■ / Usnea halei■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Peltigerales/ツメゴケ目_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-05718マルティニーク産のAstrochapsa属1新種、および全世界の種の検索表2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, テルペノイド/terpenoids, フランス/France, マルティニーク/Martinique, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 異隔壁/distoseptum, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 西インド諸島/The West IndiesA new species of Astrochapsa (Graphidaceae) from Martinique, with a world-wide key to the speciesマルティニークで採集された地衣の一種を検討し、Astrochapsa martinicensisとして新種記載した。本種は地衣体が類白色粉質、子嚢が6-8胞子性、子嚢胞子に(4–)5–7(–9)隔壁を有し、未同定のテルペノイドを含むことなどで特徴づけられた。Astrochapsa属全種の検索表を掲載した。Astrochapsa martinicensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05717Deschampsia antarcticaを宿主とするエンドファイトとしてのJuncaceicola属菌の初記録2018Diversity2018年の論文/published in 2018, Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, エンドファイト/endophyte, コメススキ属/Deschampsia, サウス・シェトランド諸島/South Shetland Islands, リニアグロース/linear growth, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南極/Antarctic, 南極新産種/Antarctic_new record, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 極地/polars, 温度適性/temperature aptitude, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 統計解析/statistical analysis, 線虫捕捉菌/nematode trapping fungus, 表面殺菌法/surface sterilization methodFirst Record of Juncaceicola as Endophytic Fungi Associated with Deschampsia antarctica Desv.サウス・シェトランド諸島および南極においてDeschampsia antarcticaの葉から分離されたエンドファイトを検討し、Juncaceicola cf. typharumと同定した。本属菌の南極およびD. antarcticaからの報告は初となった。分離菌株の形態および生育適温を検討した。
R3-05716古来のニッチからの新規の菌類:シダ生息性のラクノイドおよびChalara属類似菌類2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Dicksonia属, Mycological Progress, Prestoea属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, エピタイプ指定/epitype designation, カニクサ属, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, コバノイシカグマ科/Dennstaedtiaceae, サバンナ/savannah, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, タイプスタディ/type study, タカワラビ科/Cibotiaceae, パラナ州/Parana, フサシダ科, ブラジル/Brazil, プエルトリコ/Puerto Rico, ヘゴ属/Cyathea, ヘゴ科/Cyatheaceae, ミナスジェライス州/Minas Gerais, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, リター菌/litter fungi, ワラビ属/Pteridium, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中国/China, 保全生態学/conservation ecology, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 斑点病/spot disease, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 生長速度/growth rate, 種の境界/species delimitation, 米国/USA, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 葉枯病/leaf blotch, 走査型電子顕微鏡/SEM, 難培養性菌/uncultured fungiNovel fungi from an ancient niche: lachnoid and chalara-like fungi on fernsブラジルにおいてシダ生息菌を調査し、5種の宿主から18の分離菌株を得た。Lachnopsis、Scolecolachnum、およびZymochalaraの3新属と2新組み合わせを提唱し、6新種を記載した。また、絶滅危惧種のDicksonia sellowianaを宿主とするLachnopsis catarinensisおよびLachnopsis dicksoniaeを絶滅危惧菌類のリストに加える可能性について議論した。Bloxamia cyatheicola★ / Erioscyphella euterpes▲ / Erioscyphella lushanensis▲ / Lachnopsis catarinensis★ / Lachnopsis dicksoniae★ / Scolecolachnum pteridii★ / Zymochalara cyatheae★ / Zymochalara lygodii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Hyaloscyphaceae/ヒアロスキファ科_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-05715メキシコのサバンナにおけるアーバスキュラー菌根菌、Glomus trufemiiの全世界で2番目の記録2018Revista Mexicana de Biodiversidad2018年の論文/published in 2018, Revista Mexicana de Biodiversidad, Wet-sieving法/wet sieving method, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, オアハカ州/Oaxaca, サバンナ/savannah, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 北米新産種/North America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 土壌菌/soil fungi, 新産種報告/new record, 根圏/rhizosphere, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveySecond world record of Glomus trufemii (Glomeromycota: Fungi), an arbuscular mycorrhizal fungus from a Mexican savannaメキシコ、オアハカ州の熱帯湿性サバンナからGlomus trufemiiを報告した。本種はブラジルからのみ知られており、本報告が世界で2番目の報告であるとともに、メキシコからの初報告であった。本種は胞子果が橙褐色で外皮やアモルファス状物質を欠き、胞子壁が2層からなることなどで特徴づけられた。Glomus trufemii■Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Glomerales/グロムス目_Glomeraceae/グロムス科
R3-05714中国雲南省産のエンドファイトの新種、Pestalotiopsis lijiangensis2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, シイ属/Castanopsis, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 雲南省/YunnanPestalotiopsis lijiangensis sp. nov., a new endophytic fungus from Yunnan, China中国雲南省においてCastanopsis carlesii var. spinulosaの葉に生じたエンドファイトの一種を検討し、Pestalotiopsis lijiangensisとして新種記載した。本種は分生子頂部、側方、基部にそれぞれ付属糸を有し、中ほどの細胞が褐色樽形であることなどで特徴づけられた。本種は類似種のP. montellicaおよびP. jesteriとは分生子の形態が異なっていた。Pestalotiopsis lijiangensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科
R3-05713メキシコ東部、亜熱帯雲霧林に産した根状菌糸束を有するモリノカレバタケ属1新種、および鳥の巣材としての記録2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, オリーブハエトリ属, コナラ属/Quercus, シノニム/synonym, タイランチョウ科, ブナ科/Fagaceae, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 雲霧林/cloud forest, 鳥の巣/bird’s nestA new Gymnopus species with rhizomorphs and its record as nesting material by birds (Tyrannideae) in the subtropical cloud forest from eastern Mexicoメキシコ、ベラクルス州の雲霧林においてコナラ属植物の落枝に生じた菌を検討し、Gymnopus nidus-avisとして新種記載した。本種は子実体が小型で、黒色ワイヤー状の根状菌糸束はオリーブハエトリ属の鳥により巣材として用いられていた。また、M. brevipesをモリノカレバタケ属に移し、Gymnopus westiiとした。Gymnopus nidus-avis★ / Gymnopus westii▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-05712南極半島、ジェイムズ・ロス島における岩内生地衣の普通種、Catenarina desolataの初記録2017Czech Polar Reports2017年の論文/published in 2017, Czech Polar Reports, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南極/Antarctic, 南極新産種/Antarctic_new record, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 極地/polars, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 誤同定/misidentificationFirst record of a common endolithic lichenized fungus species Catenarina desolata Søchting, Søgaard & Elvebakk. from James Ross Island (Antarctic Peninsula)ジェイムズ・ロス島で採集されたCatenarina desolataを南極新産種として報告した。本種は地衣上生地衣として記載されたが、ジェイムズ・ロス島においては異なっていた。また、同島におけるCaloplaca aff. anchon-phoeniceonの疑わしい記録が実際には本種であったことを示した。Catenarina desolata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-05711メキシコ、チワワ州産のモジホコリ属1新種2018Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2018年の論文/published in 2018, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, チワワ州/Chihuahua, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, メキシコ/Mexico, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 変形菌類/slime mold, 新種記載/new species, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 湿室法/moist chamber method, 都市環境/urban environmentA New Species of Physarum (Myxomycetes) from Chihuahua, Mexicoメキシコにおいてヤマナラシ属およびニレ属樹木の樹皮に生じた変形菌の一種を検討し、Physarum pauciverrucosumとして新種記載した。本種は子実体が有柄で、子嚢同士が結合して屈曲状になり、細毛体に石灰質の結節を豊富に有することなどで特徴づけられた。また、本種のように胞子の装飾が疎らな散在する疣状という特徴を有する種は稀であった。Physarum pauciverrucosum★Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Physarales/モジホコリ目_Physaraceae/モジホコリ科
R3-05710Bos indicusから分離されたルーメン菌の新種、Caecomyces sympodialis2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, DAPI染色/DAPI staining, Mycologia, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ルーメン菌/rumen fungus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 嫌気培養/anaerobic culture, 嫌気性菌/anaerobe, 新種記載/new species, 核染色/nuclear staining, 検索表/identification key, 水試料/water sample, 生活環/life cycle, 種内変異/intraspecific variation, 絶対嫌気性菌/absolutely anaerobic fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 資化試験/assimilation test, 鞭毛/flagellumCaecomyces sympodialis sp. nov., a new rumen fungus isolated from Bos indicusBos indicusから分離された嫌気性ルーメン菌の一種を検討し、Caecomyces sympodialisとして新種記載した。本種は遊走子嚢柄が分枝せず管状で、シンポジオ状に複数の遊走子嚢を形成することなどで特徴づけられた。ネオカリマスティクス科の属およびCaecomyces属の種に対する検索表を掲載した。Caecomyces sympodialis★Neocallimastigomycota/ネオカリマスティクス門_Neocallimastigomycetes/ネオカリマスティクス綱_Neocallimastigales/ネオカリマスティクス目_Neocallimastigaceae/ネオカリマスティクス科
R3-05709仏領西インド諸島産の新種Camarops alborugosaおよびハワイ産の新種Hypoxylon peleae2007Sydowia2007年の論文/published in 2007, Sydowia, ハワイ州/Hawaii, フランス/France, マルティニーク/Martinique, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 米国/USA, 色素産生/pigment production, 菌類相調査/mycofloristic survey, 西インド諸島/The West Indies, 走査型電子顕微鏡/SEMCamarops alborugosa sp. nov. from French West Indies and Hypoxylon peleae sp. nov. from Hawaiiマルティニークおよびハワイからそれぞれ1種ずつの核菌を新種記載した。Camarops alborugosaは子座が白色皺状であり、孔口が微小な盤状であることなどで特徴づけられた。Hypoxylon peleaeは子座表面に盤状装飾を有することなどで特徴づけられた。Camarops alborugosa★ / Hypoxylon peleae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Boliniales/ボリニア目_Boliniaceae/ボリニア科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科
R3-05708広義Lasiosphaeria属について (4):Echinosphaeria属新種2016Sterbeeckia2016年の論文/published in 2016, Sterbeeckia, vital taxonomy, オースト=フランデレン州/Oost-Vlaanderen, キク科/Asteraceae, ヒヨドリバナ属/Eupatorium, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ベルギー/Belgium, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, リュクサンブール州/Province de Luxembourg, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 誤同定/misidentificationAbout Lasiosphaeria s. l. (4) – New species in the genus Echinosphaeria A.N. Mill. & HuhndorfベルギーからEchinosphaeria curvatisporaおよびE. latisporaの2新種を記載した。前者は子嚢胞子が円筒形で屈曲する点、後者は子嚢が4胞子性で子嚢胞子が幅広い点などで特徴づけられた。両新種を含む西欧産Echinosphaeria属菌の検索表を掲載した。Echinosphaeria canescens / Echinosphaeria curvatispora★ / Echinosphaeria latispora★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科
R3-05707キプロス産菌類:微小菌類および大型菌類の新規データ2013Acta Mycologica2013年の論文/published in 2013, Acta Mycologica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチゴノキ属/Arbutus, カバノキ科/Betulaceae, キプロス/Cyprus, キプロス新産種/Cyprus_new record, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, ゴジアオイ属/Cistus, サクラソウ科/Primulaceae, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シクラメン属/Cyclamen, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, ツツジ科/Ericaceae, ハンニチバナ科/Cistaceae, ハンノキ属/Alnus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐植土/humus, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic surveyFungi of Cyprus: new data on micro- and macrofungiキプロスにおける調査で採集された79種の菌類を掲載した。内訳はアナモルフ菌25種、子嚢菌28種、担子菌26種であった。種名リストにはConferticium ochraceumなど14種の稀産種が含まれた。Conferticium ochraceum / Eutypa scabrosa / Glonium lineare / Hymenoscyphus calyculus / Hyphoderma incrustatum / Hyphoderma nemorale / Hysterographium mori / Myriostoma coliforme / Rectipilus cistophilus■ / Stictis friabilis / Stictis radiata / Thanatephorus sterigmaticus / Tomentella asperula / Vuilleminia macrosporaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Diatrypaceae/シトネタケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Gloniaceae/グロニア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Hysteriales/ヒステリウム目_Hysteriaceae/ヒステリウム科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Stictidaceae/スティクティス科_Cantharellales/アンズタケ目_Ceratobasidiaceae/ツノタンシキン科_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-05706グレート・スモーキー山脈国立公園産の核菌の新種、Cercophora rubrotuberculata2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Bioblitz, Mycologia, ノースカロライナ州/North Carolina, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 菌類相調査/mycofloristic surveyCercophora rubrotuberculata sp. nov., a new pyrenomycete from the Great Smoky Mountains National Park米国、グレート・スモーキー山脈国立公園において採集された材生息性の核菌の一種を検討し、Cercophora rubrotuberculataとして新種記載した。本種は子嚢殻が表在性で帯赤色の瘤に覆われ、子嚢胞子が褐色の膨らんだ頂部細胞と無色の長い基部細胞からなることなどで特徴づけられた。本種はCercophora属において帯赤色あるいは瘤状の子嚢殻を有する稀な例であった。Cercophora rubrotuberculata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-05705ノルウェー南部においてカバノキの樹皮下キクイムシと関係を持つ新種Ophiostoma denticiliatumおよびその他のOphiostoma属菌2009Persoonia2009年の論文/published in 2009, Persoonia, Scolytus属, アーケシュフース県/Akershus, エストフォル県/Østfold, オフィオストマトイド菌類/ophiostomatoid fungi, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, キクイムシ科/Scolytidae, シンアナモルフ/synanamorph, ノルウェー/Norway, リニアグロース/linear growth, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 庭園/garden, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 樹皮下キクイムシ/bark beetle, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 走査型電子顕微鏡/SEM, 青変菌/blue stain fungiOphiostoma denticiliatum sp. nov. and other Ophiostoma species associated with the birch bark beetle in southern NorwayノルウェーにおいてScolytus ratzeburgiの感染を受けたカバノキ属樹木2種の坑道および虫体から分離された菌を検討した。Ophiostoma karelicumの分離頻度が最も高く、宿主との特異的な関係が示唆された。また、PesotumおよびSporothrix属アナモルフを有する新種O. denticiliatumを記載した。Ophiostoma denticiliatum★ / Ophiostoma karelicumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-05704中国本土産の材生息性淡水産不完全糸状菌の3新産種2008Journal of Agricultural Technology2008年の論文/published in 2008, Journal of Agricultural Technology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 浙江省/Zhejiang, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyThree new records of lignicolous freshwater hyphomycetes from Mainland China中国浙江省の河川において、水中に沈んだ材に生じたアナモルフ菌の多様性調査を実施した。Brachydesmiella biseptata、Dictyosporium digitatum、およびXylomyces giganteusを中国本土新産種として報告した。各種について記載文、顕微鏡写真などを掲載した。Brachydesmiella biseptata■ / Dictyosporium digitatum■ / Xylomyces giganteus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dictyosporiaceae/ディクティオスポリウム科_Jahnulales/ヤーヌラ目_Aliquandostipitaceae/アリクァンドスティピテ科
R3-05703サワーソップ:インド、ウッタル・プラデーシュ州において葉の斑点病を引き起こしたAlternaria alternataの新宿主記録2015Plant Pathology & Quarantine2015年の論文/published in 2015, Plant Pathology & Quarantine, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ウッタル・プラデーシュ州/Uttar Pradesh, コッホの原則/Koch_s postulation, バンレイシ属/Annona, バンレイシ科/Annonaceae, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 表面殺菌法/surface sterilization methodAnnona muricata, a new host record for Alternaria alternata causing leaf spots in Uttar Pradesh, Indiaインド、ウッタル・プラデーシュ州においてサワーソップに生じた斑点病を検討し、病原菌をAlternaria alternataと同定した。サワーソップを本種の新宿主として報告した。本種のサワーソップに対する病原性を接種試験により確かめた。Alternaria alternataPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05702トルコ新産種、Macrophoma strobi2018Mantar Dergisi2018年の論文/published in 2018, Mantar Dergisi, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クルシェヒル県/Kırşehir, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyA New Species Record For Turkey Mycobiota: Macrophoma strobiMacrophoma strobiをトルコ新産種として報告した。本種はクルシェヒル県においてヨーロッパアカマツの球果に分生子殻を形成した。記載文および感染球果、分生子殻、分生子などの写真を掲載した。Macrophoma strobi■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-05701韓国において土壌から分離されたNeosartorya属新種2006International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2006年の論文/published in 2006, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アスゾナレニン類, インドールアルカロイド, オランダ/Netherlands, オランダイチゴ属/Fragaria, オーストラリア/Australia, ケニア/Kenya, シューロチン類, スリナム/Suriname, ドミニカ共和国/Dominican Republic, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, バラ科/Rosaceae, パキスタン/Pakistan, ピロリドン類, 二次代謝産物/secondary metabolite, 代謝産物プロファイル/extrolite profile, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 大田広域市/Daejeon, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 新種記載/new species, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未知成分/unknown component, 果樹園/orchard, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 米国/USA, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNovel Neosartorya species isolated from soil in Korea韓国において土壌から分離されたNeosartorya spinosa、N. glabra、および類縁の分類群を検討した。子嚢胞子の形態および分子系統解析の結果を基に、N. laciniosaおよびN. coreanaの2新種を記載した。前者は子嚢胞子表面が微細な瘤状で、赤道面に小突起からなる環を有し、後者は子嚢胞子表面が皺状~網目状で赤道面の小突起からなる環を欠いていた。Aspergillus coreanus★ / Aspergillus laciniosus★ / Neosartorya coreana★ / Neosartorya laciniosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-05700ブラジルのセラードに産した暗色糸状菌の新属、PhaeostilbelloidesおよびVelloziomyces2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, Vellozia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サバンナ/savannah, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ブラジリア連邦直轄区/Distrito Federal (Brazil), ブラジル/Brazil, 凍結切片/frozen section, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 切片/section, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 走査型電子顕微鏡/SEMPhaeostilbelloides and Velloziomyces – new dematiaceous genera from the Brazilian Cerradoブラジルのセラードにおいて固有種のVellozia squamataに生じた2種の菌を検討し、新属新種Phaeostilbelloides velloziaeおよびVelloziomyces ramosiconidialisとして記載した。前者はシンネマを形成し、分生子が楕円形~円筒形であること、後者は剛毛を伴うスポロドキアを形成し、分生子がY形であることなどでそれぞれ特徴づけられた。シンネマ形成性でフィアライドを有し、分生子が単細胞である暗色糸状菌の属レベルの検索表を掲載した。Phaeostilbelloides velloziae★ / Velloziomyces ramosiconidialis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05699パンジャーブ州新産のHyphoderma属4種2014Kavaka2014年の論文/published in 2014, Kavaka, イチジク属/Ficus, インド/India, クワ科/Moraceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ツルサイカチ属/Dalbergia, パンジャーブ州(インド)/Punjab (India), マメ科/Fabaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification keyFour new records of the genus Hyphoderma Wallr. from Punjabインド、パンジャーブ州からHyphoderma argillaceumなど4種のHyphoderma属菌を報告した。4種はいずれもパンジャーブ州新産種として報告された。各種について記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載し、4種の検索表を作成した。Hyphoderma argillaceum■ / Hyphoderma bicystidiatum■ / Hyphoderma lapponicum■ / Hyphoderma setigerum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05698タイ南部産の新種、Aschersonia narathiwatensis2014Mycotaxon2014年の論文/published in 2014, Mycotaxon, コナジラミ科/Aleyrodidae, タイ/Thailand, ナラーティワート県/Narathiwat, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rateAschersonia narathiwatensis sp. nov. from southern Thailandタイ、ナラーティワート県においてコナジラミの幼虫に発生した菌を検討し、Aschersonia narathiwatensisとして新種記載した。本種は子座が褐色~暗褐色、円形扁平盤状であり、子嚢胞子が断片化しないことなどで特徴づけられた。本新種とタイ産同属他種3種との形質比較表を掲載した。Aschersonia narathiwatensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-05697新属Neoroussoella、Roussoella属、およびRoussoellopsis属に対するプレオスポラ目の新科、ルソーエラ科2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, TreeBASE, イネ科/Poaceae, エピタイプ指定/epitype designation, ササ属/Sasa, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, タケ生息菌/bambusicolous fungus, チエンラーイ県/Chiang Rai, ホウライチク属/Bambusa, マダケ属/Phyllostachys, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 日本/Japan, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 神奈川県/Kanagawa, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 青森県/AomoriRoussoellaceae, a new pleosporalean family to accommodate the genera Neoroussoella gen. nov., Roussoella and RoussoellopsisRoussoella属類似の菌を対象に形態学的検討および分子系統解析を実施し、新科ルソーエラ科を提唱した。新属新種Neoroussoella bambusaeおよびRoussoella属6新種を記載した。また、R. nitidulaのエピタイプ標本を指定した。Neoroussoella bambusae★ / Roussoella chiangraina★ / Roussoella intermedia / Roussoella japanensis★ / Roussoella neopustulans★ / Roussoella nitidula / Roussoella pustulans / Roussoella scabrispora / Roussoella siamensis★ / Roussoella thailandica★ / Roussoella verrucispora★ / Roussoellopsis japonica / Roussoellopsis macrospora / Roussoellopsis tosaensisAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Thyridariaceae/チリダリア科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目
R3-05696ウガンダにおいてパイナップルに心腐病を引き起こしたエキビョウキン属卵菌の形態学的同定2018International Journal of Phytopathology2018年の論文/published in 2018, International Journal of Phytopathology, アウトブレイク/outbreak, アナナス属/Ananas, ウガンダ/Uganda, カユンガ県, コッホの原則/Koch_s postulation, パイナップル科/Bromeliaceae, マサカ県, ムコノ県, ルウェロ県, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 心腐れ/heart rot, 接種試験/inoculation test, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 種内変異/intraspecific variation, 統計解析/statistical analysis, 胞子形成誘導/sporulation induction, 表面殺菌法/surface sterilization methodMorphological Identification of Phytophthora A Causal Organism of Pineapple Heart Rot Disease in Ugandaウガンダ中部の4県においてパイナップルに心腐病を引き起こした病原菌を検討した。PDA培地における肉眼的形態および顕微鏡的形質を基に、分離された卵菌をPhytophthora nicotianaeと同定した。接種試験により分離菌株の病原性を確かめた。Phytophthora nicotianaeOomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目
R3-05695北アフリカ東部新産種、Lepista sordida (Schumach) Singer2017Egyptian Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Egyptian Journal of Botany, エジプト/Egypt, エジプト新産種/Egypt_new record, ディムヤート県/Damietta, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, リター菌/litter fungi, リニアグロース/linear growth, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 土壌湿度, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 気温/temperature, 湿度/humidity, 生長速度/growth rate, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌輪/fairy ring, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 食用きのこ/edible mushroomsFirst Record of Lepista sordida (Schumach) Singer in Eastern North Africaエジプト、ディムヤートのレモン園で採集されたLepista sordidaを報告した。本種の北東アフリカからの報告は初となった。本種との同定は形態およびITS領域の分子系統解析により確かめられた。Lepista sordida■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05694ハワイ新産のHalegrapha属地衣、および固有種の可能性がある新種H. paulsenianaとハワイ産リレラ形成性モジゴケ科地衣類の改訂版チェックリスト2018Willdenowia2018年の論文/published in 2018, Willdenowia, シュクシャ属/Hedychium, ショウガ科/Zingiberaceae, ハワイ州/Hawaii, 二次代謝産物/secondary metabolite, 侵略的外来種/invasive alien species, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地衣成分/lichen compound, 撹乱地/disturbed place, 新学名提唱/new scientific name, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 移入種/alien species, 米国/USA, 菌類相調査/mycofloristic survey, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyThe genus Halegrapha new to Hawaii, with the new and potentially endemic species H. paulseniana and an updated checklist of Hawaiian lirellate Graphidaceae (Ascomycota: Ostropales)ハワイにおいて侵略的外来種Halegrapha paulsenianaに生じた地衣の一種を検討し、Halegrapha paulsenianaとして新種記載した。Halegrapha属のハワイ諸島からの報告は初であり、本新種は固有種とみられた。また、ハワイ産のリレラ形成性モジゴケ科地衣類のチェックリストを作成し、12種の新組み合わせ/新階級などを提唱した。Allographa gracilescens▲● / Fissurina homichlodes▲ / Fissurina stromatoides▲ / Fissurina zahlbruckneriana◆ / Halegrapha paulseniana★ / Phaeographis faurieana▲ / Phaeographis fulgurata▲ / Phaeographis oscitans▲ / Platygramme kaalensis▲● / Sarcographa dendroides▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05693特異的環境由来の2種のケカビ目稀産種の分離および特性2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, キバノロ属, シカ科/Cervidae, ペクチナーゼ/pectinase, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 屈光性/phototropism, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 新産種報告/new record, 水試料/water sample, 河川/river, 湿室法/moist chamber method, 生長速度/growth rate, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 糞生菌/coprophilous fungi, 細胞外酵素/extracellular enzyme, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activity, 釜山広域市/Busan, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordIsolation and Characterization of Two Rare Mucoralean Species with Specific Habitats韓国の錦江の水から分離された菌を検討し、Gilbertella persicariaと同定した。釜山乙淑島においてキバノロの糞から湿室法で得られた菌を検討し、Pilobolus crystallinusと同定した。両種はいずれも稀産種であり、前者はペクチナーゼ活性を示した。Gilbertella persicaria■ / Pilobolus crystallinus■Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Gilbertellaceae/ジルベルテラ科
R3-05692韓国におけるTrichoderma harzianum複合種の3新産種2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ソウル特別市/Seoul, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水辺/waterside, 江原道/Kangwon-do, 河川/river, 湿地帯/wetland, 色素産生/pigment production, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic species, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordNew Report of Three Unrecorded Species in Trichoderma harzianum Species Complex in Korea韓国においてTrichoderma harzianumと同定された標本を再検討し、隠蔽種を見出した。3種の韓国新産種(T. afroharzianum、T. atrobruneum、T. pyramidale)およびT. harzianumを同定した。これらの種はいずれも土壌由来であったが、他の生息環境由来の菌株も検討することでさらなる隠蔽種が見出される可能性が推測された。Trichoderma afroharzianum■ / Trichoderma atrobrunneum■ / Trichoderma harzianum / Trichoderma pyramidale■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-05691ブラジル産発光性ハラタケ類の一種に対する新組み合わせNeonothopanus gardneri2011Mycologia2011年の論文/published in 2011, Attalea属, Mycologia, Orbignya属, TreeBASE, タイプスタディ/type study, トカンティンス州/Tocantins, ピアウイ州/Piaui, ブラジル/Brazil, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 再発見/rediscovery, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 発光きのこ/luminous mushroomNeonothopanus gardneri: A new combination for a bioluminescent agaric from Brazilブラジルにおいて発光きのこのAgaricus gardneriを再発見し、形態および分子データの再検討に基づき、本種をNeonothopanus属に移した。本種は矮性のヤシ類の根元に発生しており、子実体および菌糸体が強い生物発光を示した。本種の形態はOmphalotus属とも類似していたが、分子系統解析ではNeonothopanus属の系統に含まれた。Neonothopanus gardneri▲■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-05690リトアニア産ミズカビ類の研究:分類学的に曖昧なワタカビ属の新産種2007Botanica Lithuanica2007年の論文/published in 2007, Botanica Lithuanica, カウナス郡/Kaunas, タウラゲ郡/Taurage, パネヴェジース郡/Panevėžys, リトアニア/Lithuania, リトアニア新産種/Lithuania_new record, ヴィリニュス郡/Vilnius, 分類未確定/classification undetermined, 単菌糸分離/single hypha isolation, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 釣菌法/baiting method, 静水環境/lentic environmentContribution to the Lithuanian water moulds. New reports of critical Achlya (Saprolegniaceae, Peronosporomycetes) speciesリトアニア各地の淡水域で水試料を採集し、釣菌法で分離されたワタカビ属卵菌を検討した。Achlya androgynaおよびA. irregularisの2種をリトアニア新産種として報告した。両種について記載文、スケッチなどを掲載し、形態学的変異などを記述した。Achlya androgyna■ / Achlya irregularis■Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Saprolegniales/ミズカビ目_Saprolegniaceae/ミズカビ科
R3-05689トルコ新産種、Conidiobolus coronatus2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Issus属, Mycotaxon, カバノキ科/Betulaceae, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, ハシバミ属/Corylus, マルウンカ科, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 射出胞子/ballistospore, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子射出/spore discharge, 表面殺菌法/surface sterilization methodFirst report of Conidiobolus coronatus in TurkeyConidiobolus coronatusをトルコ新産種として報告した。本種はトラブゾン県のヘーゼルナッツ果樹園で採集されたIssus属のウンカの死骸から分離された。トルコ産標本の分生子のサイズは先行研究の計測値の範囲に収まった。Conidiobolus coronatus■Entomophthoromycota/ハエカビ門_Entomophthoromycotina/ハエカビ亜門_Entomophthoromycetes/ハエカビ綱_Entomophthorales/ハエカビ目
R3-05688中国、チベットにおいてバラ科植物に寄生するPhragmidium属菌および3新種の記載2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, TreeBASE, さび菌/rust fungi, キイチゴ属/Rubus, キジムシロ属/Potentilla, チベット自治区/Tibet, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMPhragmidium species parasitizing species of Rosaceae in Tibet, China, with descriptions of three new speciesチベット産のバラ科植物に寄生するPhragmidium属菌を調査し、既知種12種および新種3種を報告した。新種P. chayuensisは冬胞子が(5)7–9細胞性で短い乳頭突起を有し、P. cibanumは冬胞子が平滑で隔壁部が顕著に狭窄し、P. zangdongiiは夏胞子堆が大型で冬胞子が11-13細胞からなることなどでそれぞれ特徴づけられた。分子系統解析の結果から、本属菌の宿主範囲が明確であり、宿主特異性が多くの菌類の他属よりも強いことが示された。Phragmidium andersoni / Phragmidium barclayi / Phragmidium butleri / Phragmidium chayuensis★ / Phragmidium cibanum★ / Phragmidium fusiforme / Phragmidium griseum / Phragmidium himalense / Phragmidium mucronatum / Phragmidium octoloculare / Phragmidium potentillae / Phragmidium rubi-oldhami / Phragmidium tibeticum / Phragmidium tuberculatum / Phragmidium zangdongii★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Phragmidiaceae/フラグミディウム科
R3-05687Pileolaria属について2018Mycologia Iranica2018年の論文/published in 2018, Mycologia Iranica, さび菌/rust fungi, イラン/Iran, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, フランス/France, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新形質報告/new character, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生活環/life cycle, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 胞子発達様式/spore development style, 走査型電子顕微鏡/SEMNotes on the genus Pileolaria (Pucciniales)イラン産およびフランス産のPileolaria terebinthiを検討し、本種の生活環を明らかにした。本種の生活環は古くは半世代型と考えられていたが、実際には長世代型であった。本種のさび胞子世代はuredo型ではなくcaeoma型であり、夏胞子世代とは形態が異なっていた。Pileolaria terebinthiBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pileolariaceae/ピレオラリア科
R3-05686独特な胞子壁構造を有するグロムス綱の新種、Racocetra intraornata2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アーバスキュラー菌根菌/arbuscular mycorrhizal fungi, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 土壌pH/soil pH, 土壌分析/soil analysis, 根圏/rhizosphere, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂丘/dune, 砂地/sand, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitation, 難培養性菌/uncultured fungiRacocetra intraornata, a new species in the Glomeromycetes with a unique spore wall structureブラジル、カーチンガおよび大西洋岸において分離されたアーバスキュラー菌根菌の一種を検討し、Racocetra intraornataとして新種記載した。本種は胞子が黄色~橙黄色で、胞子壁の内層および外層がそれぞれ3層からなり、胞子壁外層の内面に顕著な装飾を有することなどで特徴づけられた。本種はこの独特な装飾によりラコセトラ科の全種と区別されたが、Gigaspora属の胞子との進化的類似性が推察された。Racocetra intraornata★Glomeromycota/グロムス菌門_Glomeromycotina/グロムス菌亜門_Glomeromycetes/グロムス綱_Diversisporales/ディバーシスポラ目_Racocetraceae/ラコセトラ科
R3-05685Phaeotremella foliaceaグループの研究2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, アオイ科/Malvaceae, イェムトランド県/Jämtland, ウロコタケ科/Stereaceae, ウワミズザクラ属/Padus, エピタイプ指定/epitype designation, オップラン県/Oppland, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, キウロコタケ属/Stereum, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, シノニム/synonym, スウェーデン/Sweden, タイプスタディ/type study, テレマルク県/Telemark, トウヒ属/Picea, ナナカマド属/Sorbus, ネオタイプ指定/neotype designation, ノルウェー/Norway, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, レクトタイプ指定/lectotype designation, レニングラード州/Leningrad, ロシア/Russia, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 吸器/haustorium, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 沿海地方/Primorye, 温帯域/temperate zone, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 膠質菌/jelly fungi, 菌寄生菌/mycoparasite, 複合種/species complex, 酵母/yeastStudies in the Phaeotremella foliacea group (Tremellomycetes, Basidiomycota)形態、生態、地理的分布、DNAデータに基づくPhaeotremella foliaceaグループの再検討を実施し、同種をユーラシアおよび北米産の、裸子植物に発生しStereum sanguinolentumを宿主とする系統に限定した。東アジア温帯域産の系統がヨーロッパ産P. fimbriataと異なるサイズおよび形状の担子胞子を形成することを示し、P. eugeniaeとして新種記載した。また、新組み合わせP. frondosaを提唱したほか、T. fuscosuccineaおよびT. roseotinctaをPhaeotremella属に移した。Phaeotremella eugeniae★ / Phaeotremella fimbriata▲ / Phaeotremella foliacea / Phaeotremella frondosa▲ / Phaeotremella fuscosuccinea▲ / Phaeotremella roseotincta▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Phaeotremellaceae/フェオトレメラ科
R3-05684ブルガリアの菌類相におけるAgaricus bernardiiおよびA. maleolens:多様性、分布、形態、および生態2014Journal of Biodiversity and Environmental Sciences2014年の論文/published in 2014, Journal of Biodiversity and Environmental Sciences, シェッファー反応/Schäffer reaction, ハリエンジュ属/Robinia, ブルガリア/Bulgaria, マメ科/Fabaceae, 保全生態学/conservation ecology, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 文献調査/literature survey, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic surveyAgaricus bernardii and A. maleolens (section Duploannulatae, Agaricaceae) in the Bulgarian mycobiota: diversity, distribution, morphology and ecologyブルガリアにおけるAgaricus bernardiiおよびA. maleolensの従来の記録をまとめ、新知見を追加した。両種は広範に分布するが普通種ではないとみられ、計21ヶ所の生息地が認められた。両種の検索表、文献ごとの形質比較表を掲載した。Agaricus bernardii / Agaricus maleolensBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05683カザフスタンにおける大型菌類の稀産種、Cerioporus rhizophilus、Galeropsis desertorum、およびPhellorinia herculeanaの新規採集地2017Current Research in Environmental & Applied Mycology2017年の論文/published in 2017, Current Research in Environmental & Applied Mycology, イネ科/Poaceae, カザフスタン/Kazakhstan, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ハネガヤ属/Stipa, 保全生態学/conservation ecology, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腹菌類/gastromycetes, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 食用きのこ/edible mushroomsNew location of rare macromycetes (Cerioporus rhizophilus, Galeropsis desertorum and Phellorinia herculeana) in Kazakhstanカザフスタンから稀産種のCerioporus rhizophilus、Galeropsis desertorum、およびPhellorinia herculeanaを報告した。そのうちC. rhizophilusおよびP. herculeanaはカザフスタンのレッドデータブック記載種であった。3種それぞれについて記載文、生態写真、顕微鏡写真、採集地の地図などを掲載した。Cerioporus rhizophilus / Galeropsis desertorum / Phellorinia herculeanaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Phelloriniaceae/フェロリニア科
R3-05682ナンキョクブナ属植物を宿主とする新属Aotearoamycesを含む、ファシディウム目の概観2018IMA fungus2018年の論文/published in 2018, IMA fungus, vital taxonomy, カンタベリー地方/Canterbury, サウスランド地方/Southland, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タスマン地方/Tasman, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニュージーランド/New Zealand, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 誤同定/misidentificationOverview of Phacidiales, including Aotearoamyces gen. nov. on Nothofagusニュージーランドのナンキョクブナ林で採集された菌を検討し、新属新種Aotearoamyces nothofagiとして記載した。本種は子嚢胞子が多細胞からなり、側糸の頂部が屈曲して部分的に螺旋状になり、托外被層が絡み合い菌糸組織で菌糸がゼラチン質に埋生することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でティンパニス科クレードに含まれ、子嚢胞子から直接分生子を生じないことなどで同科他属と異なっていた。Aotearoamyces nothofagi★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Tympanidaceae/ティンパニス科
R3-05681インド北西部産好雪性変形菌の4分類群について (1)2018Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2018年の論文/published in 2018, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, インド/India, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, リター菌/litter fungi, 変形体/plasmodium, 変形菌類/slime mold, 好雪性変形菌/nivicolous myxomycetes, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 高山帯/alpine regionNotes on Four Taxa of Nivicolous Myxomycetes from Northwestern India (1)インド、ヒマーチャル・プラデーシュ州のヒマラヤ山脈から好雪性変形菌3種1変種を報告した。これらの分類群はいずれもインド北西部のヒマラヤ山脈から初めて報告された。各種について記載文、生態写真、走査型電子顕微鏡写真などを掲載した。Didymium dubium■ / Lamproderma ovoideum■ / Trichia alpina■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Physarales/モジホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科_Trichiales/ケホコリ目_Trichiaceae/ケホコリ科
R3-05680マルタ島産オオロウソクゴケ属地衣2012The Central Mediterranean Naturalist2012年の論文/published in 2012, The Central Mediterranean Naturalist, マルタ/Malta, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣類/lichen, 宿主選好性/host selectivity, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variation, 葉状地衣/foliose lichenThe genus Xanthoria (Teloschistaceae, lichenised Ascomycota) in the Maltese Islandsマルタ島からXanthoria calcicola、X. aureola、およびX. parietinaの3種を報告した。各種について形態形質や生態学的選好性などを掲載したほか、3種の形質比較表を掲載した。また、マルタから知られていないオオロウソクゴケ属3種を加えた6種の検索表を掲載した。Xanthoria aureola / Xanthoria calcicola / Xanthoria parietinaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-05679カナリア諸島産の2新種、Entoloma luteoochraceumおよびE. luteoviolaceum2013Fungi non Delineati2013年の論文/published in 2013, Erica属, Fungi non Delineati, カナリア諸島/Canary Islands, クスノキ科/Lauraceae, ゲッケイジュ属/Laurus, ゴジアオイ属/Cistus, スペイン/Spain, スペイン語, ツツジ科/Ericaceae, ハンニチバナ科/Cistaceae, マカロネシア/Macaronesia, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 切片/section, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 降水量/precipitationEntoloma luteoochraceum y E. luteoviolaceum, dos nuevas especies de las Islas Canariasカナリア諸島、テネリフェ島で採集された2種の菌を検討し、それぞれEntoloma luteoochraceum、E. luteoviolaceumとして新種記載した。両種はPinus radiataの植林地に発生した。両種について、それぞれ形態的に類似する種との相違点などを記述した。Entoloma luteoochraceum★ / Entoloma luteoviolaceum★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05678南オーストラリア州産の新種、Entoloma ravinense2016Journal of the Adelaide Botanic Gardens2016年の論文/published in 2016, Journal of the Adelaide Botanic Gardens, オーストラリア/Australia, タイプスタディ/type study, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南オーストラリア州/South Australia, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 硬葉樹林/sclerophyll forest, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore printEntoloma ravinense (Agaricales, Basidiomycota), a new species from South Australiaオーストリア、カンガルー島の硬葉樹林で採集された菌を検討し、Entoloma ravinenseとして新種記載した。本種は子実体が白色で側生し、傘が密な毛に覆われ、内側に巻き、襞が密で、担子器が大型であることなどで特徴づけられた。オーストラリア産ヒラタケ型イッポンシメジ属菌の検索表およびヒラタケ型イッポンシメジ属菌の形質比較表を掲載した。Entoloma ravinense★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-05677ミクロネシア、カロリン諸島、コスラエ火山島に産したCintractiella属1新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, カヤツリグサ科/Cyperaceae, コスラエ州/Kosrae, スゲガヤ属, トランセクト調査/transect survey, ミクロネシア連邦/Federated States of Micronesia, 地理的分布/geographical distribution, 奇形/malformation, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 黒穂菌/smut fungiA new species of Cintractiella (Ustilaginales) from the volcanic island of Kosrae, Caroline Islands, Micronesiaミクロネシア連邦、コスラエ島においてMapania pacificaに発生した黒穂菌の一種を検討し、Cintractiella kosraensisとして新種記載した。本種は宿主の葉に集合した胞子堆を形成し、黒穂胞子が窪んだ球形で表面が微細な網目状、発芽孔が視認できないことなどで特徴づけられた。本種はスゲガヤ属植物を宿主とする黒穂菌として初の例であり、ヒポリツルム連を宿主とするCintractiella属として2番目の例となった。Cintractiella kosraensis★Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目
R3-05676菌類DNAバーコード (ITS nrDNA) によりマケドニア産ケシボウズタケ属菌の想定を超えた多様性が明らかになった2018Turkish Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Turkish Journal of Botany, UNITE, イトスギ属/Cupressus, コケ上に生える菌/fungi on moss, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トウヒ属/Picea, ヒノキ科/Cupressaceae, マケドニア/Macedonia, マツ科/Pinaceae, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 庭園/garden, 森林/forest, 植林地/plantation, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐植土/humus, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEMFungal DNA barcode (ITS nrDNA) reveals more diversity than expected in Tulostoma from Macedoniaマケドニアにおけるケシボウズタケ属菌の多様性を明らかにする目的で、形態に基づき同定された4種64標本を対象に分子生物学的解析を実施した。ITSバーコード配列に基づき10種の既知種を同定した。また、4種の未同定種を認め、マケドニアにおいて本属菌が少なくとも14種存在することが示された。Tulostoma brumale / Tulostoma fimbriatum / Tulostoma lusitanicum / Tulostoma melanocyclum / Tulostoma moravecii / Tulostoma punctatum / Tulostoma simulans / Tulostoma squamosum / Tulostoma subsquamosum / Tulostoma winterhoffiiBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05675米国東部産の普通種でありながら見過ごされてきた新種、Russula parvovirescens2006Mycologia2006年の論文/published in 2006, Mycologia, ウェストバージニア州/West Virginia, クルミ科/Juglandaceae, コナラ属/Quercus, ツガ属/Tsuga, テキサス州/Texas, ニュージャージー州/New Jersey, ニューヨーク州/New York, ノースカロライナ州/North Carolina, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ペカン属/Carya, ペンシルバニア州/Pennsylvania, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミシシッピ州/Mississippi, メイン州/Maine, モクレン科/Magnoliaceae, ユリノキ属/Liriodendron, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 砂質土壌/sandy soil, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 胞子紋/spore print, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentificationRussula parvovirescens sp. nov., a common but ignored species in the eastern United States米国で採集された菌を検討し、Russula parvovirescensとして新種記載した。本種は小型のR. virescens、あるいは緑色型のR. crustosaと見なされ、誤同定されてきた。本種は傘表皮の特徴的な末端細胞により、両種と容易に識別された。Russula parvovirescens★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-05674ブラジルにおいてミルクツリー (Sapium glandulosum) に発生したMycosphaerella属2新種2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, Sapium属, タイプスタディ/type study, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 凍結切片/frozen section, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyTwo new species of Mycosphaerella on milk tree, Sapium glandulosum, from Brazilブラジル、ミナスジェライス州においてSapium glandulosumに発生した2種の菌を検討し、それぞれMycosphaerella sapiicolaおよびM. sapiiとして新種記載した。両種は宿主の葉に斑点を形成し、前者はSeptoria属アナモルフを有していた。同じSapium属植物を宿主とする唯一のMycosphaerella属菌、M. sodiroanaのタイプ標本を再検討した。Mycosphaerella sapiicola★ / Mycosphaerella sapii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05673メキシコ東部の熱帯オーク林に産した新種、Cantharellus violaceovinosus2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 民族菌類学/ethnomycology, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食用きのこ/edible mushroomsCantharellus violaceovinosus, a new species from tropical Quercus forests in eastern Mexicoメキシコ、ベラクルス州の熱帯林で採集された菌を検討し、Cantharellus violaceovinosusとして新種記載した。本種はコナラ属植物を宿主とし、子実体が中型~大型、傘が紫色で表面が平滑、子実層托が黄色の隆起した襞状、担子胞子が中型の楕円形であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でC. lewisiiと姉妹群を形成した。Cantharellus violaceovinosus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目
R3-05672Gloiothele属の1新種および新組み合わせ2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, コウヤクタケ類/corticioid fungi, スギ属/Cryptomeria, タイプスタディ/type study, ナツメヤシ属/Phoenix, ヒノキ科/Cupressaceae, フランス/France, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, レユニオン/Reunion, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 散布図/scatter plot, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forestA new species and new combinations in the corticioid genus Gloiothele (Basidiomycota)レユニオンで採集された菌を検討し、Gloiothele ventricosaとして新種記載した。本種は子実層面が平滑で担子胞子が球形~類球形、グレオシスチジアが便腹形であることなどで特徴づけられた。G. torrendiiをLeptocorticium属に移すとともに、新組み合わせG. orientalisを提唱し、Flavophlebia sulfureoisabellinaのレクトタイプ標本を指定した。Flavophlebia sulfureoisabellina / Gloiothele orientalis▲ / Gloiothele ventricosa★ / Leptocorticium torrendii▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cyphellaceae/フウリンタケ科_Russulales/ベニタケ目_Peniophoraceae/カワタケ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-05671中国産のAntrodia属1新種2017Mycosphere2017年の論文/published in 2017, Mycosphere, TreeBASE, クワ属/Morus, クワ科/Moraceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 江西省/Jiangxi, 温帯域/temperate zone, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 黒竜江省/HeilongjiangA new species of Antrodia (Basidiomycota, Polypores) from China中国で採集された褐色腐朽菌の一種を検討し、Antrodia monomiticaとして新種記載した。本種は子実体が一年生で脆く、担子胞子が無色紡錘形~マンゴー形で、1菌糸型でクランプを有することなどで特徴づけられた。本種はITS+nrLSUに基づく分子系統解析で、広義Antrodiai>属クレードにおいて独自の系統を形成した。Antrodia monomitica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-05670ロシア、トヴェリ州、セントラル・フォレスト国立生物圏自然保護区におけるヒダナシタケ類の新記録2016Folia Cryptogamica Estonica2016年の論文/published in 2016, Folia Cryptogamica Estonica, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, トウヒ属/Picea, トヴェリ州/Tver, マツ科/Pinaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 膠質菌/jelly fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew occurrences of aphyllophoroid fungi (Agaricomycetes, Basidiomycota) in the Central Forest State Biosphere Nature Reserve, Tver Region, Russiaロシアのセントラル・フォレスト州立生物圏自然保護区において材に発生したヒダナシタケ類を調査し、計228種のサルノコシカケ類およびコウヤクタケ類を記録した。そのうち37種を本保護区における新産種として報告した。Antrodiella foliaceodentataのような稀産種や、未記載種とみられるPhlebiella属の一種などを記録した。Amylocorticium cebennense■ / Amylostereum chailletii■ / Antrodia heteromorpha■ / Basidiodendron eyrei■ / Basidiodendron radians■ / Basidioradulum radula■ / Bjerkandera fumosa■ / Botryobasidium conspersum■ / Ceraceomyces microsporus■ / Cristinia helvetica■ / Exidia pithya■ / Fibricium rude■ / Hypochnicium cremicolor■ / Hypochnicium vellereum■ / Oligoporus rennyi■ / Oligoporus romellii■ / Peniophorella pallida■ / Perenniporia medulla-panis■ / Phanerochaete sordida■ / Phlebia firma■ / Phlebiella borealis■ / Phlebiella fibrillosa■ / Sarcoporia polyspora■ / Schizopora flavipora■ / Scopuloides rimosa■ / Steccherinum murashkinskyi■ / Stereum gausapatum■ / Thanatephorus fusisporus■ / Trechispora hymenocystis■ / Tubulicrinis accedens■ / Tubulicrinis borealis■ / Tubulicrinis calothrix■ / Tubulicrinis propinquus■ / Tulasnella eichleriana■ / Vararia racemosa■ / Vesiculomyces citrinus■ / Xylodon bugellensis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amylocorticiaceae/アミロコルティシウム科_Russulales/ベニタケ目_Amylostereaceae/アミロステレウム科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizoporaceae/アナタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Cantharellales/アンズタケ目_Botryobasidiaceae/ボトリオバシディウム科_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Stereaceae/キウロコタケ科_Ceratobasidiaceae/ツノタンシキン科_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Tulasnellaceae/ツラスネラ科_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科_Peniophoraceae/カワタケ科
R3-05669トルコ産セイヨウショウロ属2種の新規採集地記録2018Anatolian Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Anatolian Journal of Botany, アルトヴィン県/Artvin, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, クリ属/Castanea, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トウヒ属/Picea, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, ハシバミ属/Corylus, ハンノキ属/Alnus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, 地下生菌/hypogeous fungi, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白トリュフ/white truffleNew locality records for two Tuber species in Turkeyトルコ、東部黒海地方においてTuber excavatumおよびT. puberulumを採集した。両種はトルコから既に知られていたが、いずれも一度しか報告されていない種であった。両種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Tuber excavatum■ / Tuber puberulum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-05668中国産のシラカンバを宿主とする新種、Cryptosporella platyphylla2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 北京市/Beijing, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/canker, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胴枯病/dogare-byo (canker)Cryptosporella platyphylla, a new species associated with Betula platyphylla in China中国北京市においてシラカンバに病害を引き起こした菌を検討し、Cryptosporella platyphyllaとして新種記載した。本種は分生子果が僅かに破出性で子座をなし、分生子形成細胞が狭円筒形、分生子が無色楕円形~円筒形で無隔壁であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で独自の系統を形成し、宿主も近縁種と異なる独自のものであった。Cryptosporella platyphylla★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Gnomoniaceae/グノモニア科
R3-05667ブラジル南部産のウメノキゴケ科の新種、Punctelia osorioi2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アトラノリン類/atranorins, カペラート酸類/caperatic acids, トリカルボン酸類/tricarboxylic acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 脂肪酸/fatty acid, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyPunctelia osorioi, a new species of Parmeliaceae from South Brazilブラジル、リオグランデ・ド・スル州で採集された地衣の一種を検討し、Punctelia osorioiとして新種記載した。本種は地衣体下面が淡褐色で、不明瞭な偽盃点を豊富に形成し、偽根が密で、髄層にカペラート酸類似成分を含むことなどで特徴づけられた。本種はP. bollianaなどに類似していたが、偽盃点の量や分布、偽根の密度などが異なっていた。Punctelia osorioi★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-05666Orbilia属菌由来のアナモルフの新種、Arthrobotrys nonseptata2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生長速度/growth rate, 線虫寄生菌/nematode parasitic fungus, 線虫捕捉菌/nematode trapping fungus, 雲南省/YunnanArthrobotrys nonseptata, a new anamorph from an Orbilia species中国雲南省において未同定のOrbilia属菌から分離されたアナモルフ菌の一種を検討し、Arthrobotrys nonseptataとして新種記載した。本種は分生子柄が分枝せず、分生子が卵状~長楕円形で隔壁を欠くことなどで特徴づけられた。本種は線虫の存在下で三次元的な吸着性の網目構造を形成した。Arthrobotrys nonseptata★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科
R3-05665アゼルバイジャンにおいてバラ科植物に生じるPodosphaera属菌について2017Proceedings of the Institute of Botany Azerbaijan National Academy of Sciences2017年の論文/published in 2017, Proceedings of the Institute of Botany Azerbaijan National Academy of Sciences, うどんこ病/powdery mildew, アゼルバイジャン/Azerbaijan, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キンミズヒキ属/Aqrimonia, サクラ属/Prunus, サンザシ属/Crataegus, セイヨウカリン属/Mespilus, ハゴロモグサ属/Alchemilla, バラ科/Rosaceae, マルメロ属/Cydonia, リンゴ属/Malus, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiNotes on the genus Podosphaera (Erysiphales) on rosaceous hosts in Azerbaijanアゼルバイジャンにおいてバラ科植物に発生したPodosphaerai>属うどんこ病菌を検討した。形態および分子生物学的手法を基に、11種の宿主において6種を同定した。P. leucotrichaについては有性世代が確認されず、アゼルバイジャンにおいては閉子嚢殻を形成しないとみられた。Podosphaera aphanis / Podosphaera clandestina / Podosphaera leucotricha / Podosphaera pannosa / Podosphaera tridactylaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05664イベリア半島産の稀産種、Chlorophyllum lusitanicum2018Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2018年の論文/published in 2018, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, エストレマドゥーラ州/Extremadura, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン/Spain, ナス科/Solanaceae, ペチュニア属, マドリード州/Madrid, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEMChlorophyllum lusitanicum a rare species from the Iberian Peninsulaスペイン、マドリードおよびカセレスにおいて採集された稀産種のChlorophyllum lusitanicumを検討した。本種はカセレス県から記載され、従来その地域のみから知られていたが、マドリード県から新たに採集された。新規標本のITSおよびnrLSU配列データはホロタイプ標本と一致した。Chlorophyllum lusitanicum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05663ブラジル産8新種を含むウラベニガサ属Celluloderma節の系統分類2015Mycologia2015年の論文/published in 2015, Dicksonia属, Mycologia, TreeBASE, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), サンパウロ州/São Paulo, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, タカワラビ科/Cibotiaceae, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 複合種/species complexPhylogeny of Pluteus section Celluloderma including eight new species from Brazilブラジル産のウラベニガサ属Celluloderma節菌類を対象とした形態学的検討および分子系統解析を実施した。P. brunneocrinitus、P. cebolinhaeなど8新種を記載した。ITS領域に基づく分子系統解析の結果、各新種はaurantiorugosusクレード、ephebeusクレード、podospileusクレードなどの異なる系統に含まれた。Pluteus brunneocrinitus★ / Pluteus cebolinhae★ / Pluteus crinitus★ / Pluteus halonatus★ / Pluteus hispidulopsis★ / Pluteus karstedtiae★ / Pluteus necopinatus★ / Pluteus paucicystidiatus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-05662ルーマニアにおいてChelidonium majusに生じたErysiphe macleayaeの有性世代2018Acta Botanica Croatica2018年の論文/published in 2018, Acta Botanica Croatica, うどんこ病/powdery mildew, クサノオウ属/Chelidonium, ケシ科/Papaveraceae, ヤシ県/Iaşi, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分布域の変化/changes in the distribution area, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiOccurrence of the sexual morph of Erysiphe macleayae on Chelidonium majus in Romaniaルーマニア、ヤシ県においてChelidonium majusの葉に生じた菌を検討し、Erysiphe macleayaeと同定した。本種の無性世代は2007年にルーマニアから既に報告されているが、有性世代の報告は初となった。ドイツ、スロバキアでも無性世代の後に有性世代が報告されており、分布域あるいは宿主範囲の拡大から数年間は閉子嚢殻を形成しない現象が裏付けられた。Erysiphe macleayaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05661コスタリカにおいてコナラ属およびComarostaphylis属植物と関係を持つフウセンタケ属新種2007Canadian Journal of Botany2007年の論文/published in 2007, Canadian Journal of Botany, Comarostaphylis属, TreeBASE, カルタゴ州/Cartago, コケ上に生える菌/fungi on moss, コスタリカ/Costa Rica, コナラ属/Quercus, サンホセ州/San Jose, ツツジ科/Ericaceae, ブナ科/Fagaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEM, 隠蔽種/cryptic speciesNew Cortinarius species associated with Quercus and Comarostaphylis in Costa Ricaコスタリカの熱帯林からフウセンタケ属10新種を記載した。これらの新種はAnomali、Cotoneusなど6つの異なるクレードに分かれた。これらの新種の多くはコナラ属植物を宿主とし、C. comarostaphyliiはComarostaphylis属植物を宿主としていた。Cortinarius aurantiobrunneus★ / Cortinarius aureopigmentatus★ / Cortinarius carranzae★ / Cortinarius comarostaphylii★ / Cortinarius comparioides★ / Cortinarius costaricensis★ / Cortinarius ovreboi★ / Cortinarius quercoarmillatus★ / Cortinarius savegrensis★ / Cortinarius sericeolazulinus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-05660中国、トングリ砂漠産の地衣化した属、Anamylopsora属の1新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, 中国/China, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 寧夏回族自治区/Ningxia, 新種記載/new species, 砂漠/desert, 砂質土壌/sandy soil, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation, 鱗片状地衣/squamulose lichenA new species of the lichenised genus Anamylopsora (Baeomycetaceae, Baeomycetales) from Tengger Desert of China中国寧夏回族自治区の砂漠で採集された地衣の一種を検討し、Anamylopsora pruinosai>として新種記載した。本種は地上生で、地衣体上面に密な粉霜を伴い、偽根が豊富で太いことなどで特徴づけられた。本種は属の基準種のA. pulcherrimai>とは基質、粉霜の有無などが異なり、分子系統解析でも異なる系統を形成した。Anamylopsora pruinosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Baeomycetales/センニンゴケ目
R3-05659フィンランドの地衣類相への追加 (9)2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, アオイ科/Malvaceae, ウーシマー県/Uusimaa, オーランド諸島/Åland, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カンタ=ハメ県/Kanta-Häme, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, コナラ属/Quercus, サタクンタ県/Satakunta, シナノキ属/Tilia, スノキ属/Vaccinium, タイプスタディ/type study, ツツジ科/Ericaceae, トネリコ属/Fraxinus, ナナカマド属/Sorbus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒースランド/heathland, フィンランド/Finland, ブナ科/Fagaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ラッピ県/Lappi, 中央スオミ県/Keski-Suomi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北カルヤラ県/North Karelia, 南西スオミ県/Southwest Finland, 収蔵標本/stored specimen, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenAdditions to the lichen flora of Finland. IXフィンランド新産種として13種の地衣類を報告した。そのうちBacidina mendaxなど3種がフェノスカンジア新産種であった。Verrucaria cinctaはタイプ標本の検討の結果、フィンランドにおける記録から除外された。Bacidia biatorina■ / Bacidina mendax■ / Biatora vacciniicola■ / Bryobilimbia sanguineoatra■ / Buellia arnoldii■ / Caloplaca fuscorufa■ / Lecidea strasseri■ / Opegrapha vermicellifera■ / Placynthium pulvinatum■ / Psorotichia lugubris■ / Thelocarpon sphaerosporum■ / Trapelia elacista■ / Verrucaria corcontica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Placynthiaceae/クロサビゴケ科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Thelocarpales/テロカルポン目_Thelocarpaceae/テロカルポン科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Trapeliaceae/トラペリア科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-05658Cystoderma luteohemisphaericumの再検討2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アオイ科/Malvaceae, エクアドル/Ecuador, エクアドル新産種/Ecuador_new record, カカオ属/Theobroma, タイプスタディ/type study, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, マナビ県/Manabi, ロス・リオス県/Los Rios, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 庭園/garden, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 沿岸域/coastal areaA re-evaluation of Cystoderma luteohemisphaericumタイプ標本および南米産の近年の標本を用いたCystoderma luteohemisphaericumの分類学的再検討を実施した。その結果を基に、本種をCystolepiota属に移した。また、本種をエクアドルおよびブラジル新産種として報告した。Cystolepiota luteohemisphaerica▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-05657サルノコシカケ型およびハリタケ型の種を含むタバコウロコタケ目の新属、Sidera2011Mycological Progress2011年の論文/published in 2011, Mycological Progress, シノニム/synonym, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 腐生菌/saprobeSidera, a new genus in Hymenochaetales with poroid and hydnoid speciesSkeletocutis lenisなど4種に対し、新属Sideraを提唱した。本属は白色腐朽菌で、子実体が背着生、担子胞子がソーセージ形であり、特殊な菌糸にロゼット状の結晶を伴うことなどで特徴づけられた。本属にはサルノコシカケ型およびハリタケ型、1菌糸型と2菌糸型のそれぞれ両方の形質を有する種が含まれた。Sidera lenis▲ / Sidera lowei▲ / Sidera lunata▲ / Sidera vulgaris▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05656ウリ科植物を宿主とする全世界のうどんこ病菌の簡易レビューおよび台湾における新記録2017Mycologia Iranica2017年の論文/published in 2017, Coccinia属, Mycologia Iranica, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウリ科/Cucurbitaceae, トウガン属/Benincasa, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 台中市/Taichung, 台湾/Taiwan, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 桃園市/Taoyuan, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気候変動/climate change, 生物地理学/biogeography, 葉面菌/leaf surface fungi, 配列決定/sequencingA brief global review on the species of cucurbit powdery mildew fungi and new records in Taiwan台湾においてCoccinia grandisに発生したGolovinomyces orontiiを報告した。同種のウリ科における発生は台湾から初めて報告された。また、トウガンに発生したPodosphaera xanthiiの疑わしい記録を検討し、再度確かめた。Golovinomyces orontii / Podosphaera xanthiiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-05655イランにおいてDichotomophthora luteaにより引き起こされたスベリヒユの葉の斑点病2018Australasian Plant Disease Notes2018年の論文/published in 2018, Australasian Plant Disease Notes, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, コッホの原則/Koch_s postulation, スベリヒユ属/Portulaca, スベリヒユ科/Portulacaceae, スライド培養法/slide culture method, フーゼスターン州/Khuzestan, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 表面殺菌法/surface sterilization methodOccurrence of purslane leaf spot caused by Dichotomophthora lutea in Iranイラン、フーゼスターン州においてスベリヒユの葉の病斑から分離された菌を検討し、Dichotomophthora luteaと同定した。接種試験により本種の病原性を確かめた。イランにおけるこの病原菌のスベリヒユにおける発生の報告は初であり、Dichotomophthora属もイラン新産属であった。Dichotomophthora lutea■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-05654Thyridaria属の隠れた多様性およびティリダリア科の新定義2016Studies in Mycology2016年の論文/published in 2016, Calosporella属, Chamaecytisus属, Diaporthe属, Hippocrepis属, Studies in Mycology, TreeBASE, アウスト・アグデル県/Aust-Agder, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アリエージュ県/Ariège, イギリス/United kingdom, イタチハギ属, イタリア/Italy, イングランド/England, ウィーン/Wien, エピタイプ指定/epitype designation, エンドファイト/endophyte, オーストリア/Austria, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, クワ科/Moraceae, ケルンテン州/Kärnten, コウゾ属/Broussonetia, シェラン地域/Zealand, シドヴィエラ科, シナノキ属/Tilia, シュタイアーマルク州/Steiermark, シンアナモルフ/synanamorph, スグリ属/Ribes, スグリ科/Grossulariaceae, タイプスタディ/type study, チロル州/Tirol (Austria), ディアポルテ科/Diaporthaceae, デンマーク/Denmark, デヴォン/Devon, ドイツ/Germany, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ニワトコ属/Sambucus, ニーダーエスターライヒ州/Niederösterreich, ノルウェー/Norway, ノルトライン=ヴェストファーレン州/Nordrhein-Westfalen, ハシバミ属/Corylus, ハンガリー/Hungary, フランス/France, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ブルゲンラント州/Burgenland, ヘッセン州/Hessen, ヘヴェシュ県/Heves, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, レンプクソウ科/Adoxaceae, ヴェネト州/Veneto, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生長速度/growth rate, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 草地/grassland, 隠蔽種/cryptic speciesHidden diversity in Thyridaria and a new circumscription of the ThyridariaceaeThyridaria属菌のプレオスポラ目における系統的位置を検討し、本属が多系統群であることを示した。シクロティリエラ科、ニグログラナ科、およびオーレリア科の3科およびCyclothyriella、Hobus、Parathyridariaの3属を提唱した。また、Parathyridaria ramulicolaなど5新種を記載し、4新組み合わせを提唱し、3種のエピタイプ標本を指定した。Cyclothyriella rubronotata▲ / Hobus wogradensis★ / Nigrograna fuscidula▲ / Nigrograna mycophila★ / Nigrograna norvegica★ / Nigrograna obliqua★ / Ohleria modesta / Ohleria rugulosa / Parathyridaria percutanea▲ / Parathyridaria ramulicola★ / Phoma ulmicola / Thyridaria acaciae▲ / Thyridaria broussonetiae / Thyridaria sambuciAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Cyclothyriellaceae/シクロチリエラ科_Nigrogranaceae/ニグログラナ科_Melanommataceae/メラノンマ科_Thyridariaceae/チリダリア科
R3-05653オカルティバンブーサ科の新種、Neooccultibambusa jonesii2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, Mycosphere, イタリア/Italy, イネ科/Poaceae, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, オオハマガヤ属/Ammophila, メラニン/melanin, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeNeooccultibambusa jonesii, a novel taxon within OccultibambusaceaeイタリアにおいてAmmophila arenariaに発生した菌を検討し、Neooccultibambusa jonesiiとして新種記載した。本種は子嚢果を埋生~半埋生し、子嚢胞子は無色~褐色で、培養下で厚壁胞子を形成することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でN. chiangraiensisに近縁であったが、子嚢胞子の色や隔壁数、鞘の有無などが異なっていた。Neooccultibambusa jonesii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-05652Cladonia subturgidaおよびC. ibericaは単一の、形態学的および化学的に多型の種をなす2012Mycological Progress2012年の論文/published in 2012, Mycological Progress, アトラノリン類/atranorins, シノニム/synonym, セトラル酸類/cetraric acids, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フマル酸類/fumarates, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 化学型/chemical type, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 樹状地衣/fruticose lichen, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 統計解析/statistical analysis, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyCladonia subturgida and C. iberica (Cladoniaceae) form a single, morphologically and chemically polymorphic speciesCladonia subturgidaおよびC. ibericaの変異について形態学的・化学的・系統学的検討を行った。6つの化学型を特定し、両種が単一の種を形成するという結論に至り、後者を前者のシノニムとした。また、C. turgida var. corsicanaに対して新組み合わせC. corsicanaを提唱した。Cladonia corsicana▲● / Cladonia subturgidaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科
R3-05651ロシア新産種、Megalospora porphyritis2018Botanica Pacifica2018年の論文/published in 2018, Botanica Pacifica, イチイ属/Taxus, イチイ科/Taxaceae, ウワミズザクラ属/Padus, ゼオリン類/zeorins, デプシド類/depsides, トウヒ属/Picea, トリテルペン類/triterpenes, バラ科/Rosaceae, パンナリン類/pannarins, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, マツ科/Pinaceae, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 北海道/Hokkaido, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 生物地理学/biogeography, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 遺存種/relict species, 隔離分布/disjunct distribution, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyMegalospora porphyritis (Tuck.) R.C. Harris, a new record for RussiaMegalospora porphyritisをロシア新産種として報告した。本種は従来北米および日本のみから知られていたが、サハリンおよびクリル列島(※)における分布が確認された。本種が示す北米西部と東アジアにおける隔離分布は、第三紀の地理的イベントに関連するものと考えられた。Megalospora porphyritis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Megalosporaceae/メガロスポラ科
R3-05650Cryptosporiopsis kienholziiの記載および米国太平洋岸北西部の主要なリンゴ生産地におけるNeofabraea属菌の菌種プロファイル2009Mycological Research2009年の論文/published in 2009, ELISA, Mycological Research, Shannon-Wienerの多様度指数/Shannon-Wiener diversity Index, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, オレゴン州/Oregon, オーストラリア/Australia, カナダ/Canada, シンネマ形成菌/synnematous fungus, ノバスコシア州/Nova Scotia, バイオアッセイ/bioassay, バラ科/Rosaceae, ポルトガル/Portugal, リンゴ属/Malus, ワシントン州/Washington, 二型性/dimorphism, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 凍結切片/frozen section, 分子同定/molecular identification, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分離頻度/isolation frequency, 切片/section, 吸光度/absorbance, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 太平洋岸北西部/Pacific Ocean Northwest, 実腐病/fruit rot, 寄生菌/parasite, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 殺菌剤感受性試験, 水溶性色素/water-soluble pigment, 潰瘍病/canker, 種内変異/intraspecific variation, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 褐色腐敗病, 配列決定/sequencing, 酵母/yeastDescription of Cryptosporiopsis kienholzii and species profiles of Neofabraea in major pome fruit growing districts in the Pacific Northwest USA米国オレゴン州およびワシントン州においてリンゴの果実に褐色腐敗病を引き起こすNeofabraea属菌を検討した。Neofabraea sp. nov.と呼ばれてきた菌をCryptosporiopsis kienholziiとして新種記載した。4種の病原菌の殺菌剤感受性を検討し、チアベンダゾールなど4種の有効性が最も高いことを示した。Cryptosporiopsis kienholzii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科
R3-05649インド、ウッタル・プラデーシュ州北東部産のZasmidium属2新種2014Nova Hedwigia2014年の論文/published in 2014, Nova Hedwigia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ウッタル・プラデーシュ州/Uttar Pradesh, サクラ属/Prunus, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, バラ科/Rosaceae, ヤマノイモ属/Dioscorea, ヤマノイモ科/Dioscoreaceae, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 切片/section, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 葉面菌/leaf surface fungiTwo new species of Zasmidium from northeastern Uttar Pradesh, Indiaインド、ウッタル・プラデーシュ州の亜熱帯林で採集された2種のアナモルフ菌を検討し、それぞれZasmidium dioscorinum、Z. robustumとして新種記載した。前者はDioscorea oppositifolia、後者はサクラ属の一種の生葉にそれぞれ病斑を生じていた。両種は近縁な植物を宿主とする種とは分生子柄や分生子のサイズ、隔壁数などが異なっていた。Zasmidium dioscorinum★ / Zasmidium robustum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-05648パナマおよびコスタリカに産したSenegalia属植物を宿主とするさび菌の2新種、Ravenelia piepenbringiaeおよびRavenelia hernandezii2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, Senegalia属, さび菌/rust fungi, グアナカステ州/Guanacaste, コスタリカ/Costa Rica, チリキ県/Chiriquí, パナマ/Panama, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 走査型電子顕微鏡/SEMRavenelia piepenbringiae and Ravenelia hernandezii, two new rust species on Senegalia (Fabaceae, Mimosoideae) from Panama and Costa Ricaパナマおよびコスタリカにおいて採集されたさび菌を検討し、それぞれRavenelia piepenbringiae、R. hernandeziiとして新種記載した。両新種を含む、新熱帯産のSenegalia属植物を宿主とするさび菌の検索表を掲載した。分子系統解析の結果から、新熱帯産のSenegalia属植物を宿主とするさび菌は南アフリカ産の種と独立に進化したことが示唆された。Ravenelia hernandezii★ / Ravenelia piepenbringiae★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Raveneliaceae/ラヴェネリア科
R3-05647バミューダ産の岩上生地衣の新種、Lithothelium bermudense2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, イギリス/United kingdom, バミューダ諸島/Bermuda, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 異隔壁/distoseptum, 石灰岩/limestone, 胞子発達様式/spore development styleLithothelium bermudense sp. nov., a new saxicolous lichen from Bermudaバミューダ諸島で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Lithothelium bermudenseとして新種記載した。本種は地衣体を岩石内部に生じ、子嚢胞子が赤褐色で3つの異隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種はL. australeと全ての顕微鏡的形質のサイズの範囲が重なっていたが、子嚢および子嚢胞子の形態が異なっていた。Lithothelium bermudense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目_Pyrenulaceae/サネゴケ科
R3-05646分子データによりTopeliopsis属が多系統群であることが示された2008The Lichenologist2008年の論文/published in 2008, The Lichenologist, オキセピン類/oxepins, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, シノニム/synonym, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, タイプスタディ/type study, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 多系統群/polyphyletic group, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 痂状地衣/crustose lichenMolecular data show that Topeliopsis (Ascomycota, Thelotremataceae) is polyphyleticTopeliopsis属地衣38種を対象とした分子系統解析を実施し、本属が多系統群であることを示した。T. toensbergiiおよびT. rugosaを新属Melanotopeliaに含めた。また、新組み合わせGraphis mexicanaを提唱し、G. muscicolaおよびT. globosaをシノニムとした。Graphis mexicana▲ / Melanotopelia rugosa▲ / Melanotopelia toensbergii▲Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-05645マツのリターから分離されたアナモルフ担子菌酵母の新種、Cryptococcus pinus2008International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2008年の論文/published in 2008, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, スライド培養法/slide culture method, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, マイコシン感受性試験, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モスクワ州/Moscow Oblast, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastCryptococcus pinus sp nov., an anamorphic basidiomycetous yeast isolated from pine litterロシア、モスクワ州においてマツの枯れた針葉から分離された担子菌酵母の一種を検討し、Cryptococcus pinusとして新種記載した。本種は分子系統解析でKwoniellaクレードに含まれ、C. dejecticolaに近縁であった。マイコシンの感受性プロファイルによっても、本種がどの既知のCryptococcus属菌とも異なることが示された。Cryptococcus pinus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科
R3-05644形態形質および分子データにより明らかになった東南アジア産のPhysisporinus属1新種2018Mycosystema2018年の論文/published in 2018, Mycosystema, シンガポール/Singapore, 呈色反応/chemical reaction, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusMorphological characters and molecular data reveal a new species of Physisporinus (Basidiomycota) from Southeast Asiaシンガポール、ブキ・ティマ自然保護区において腐朽材に発生した菌を検討し、Physisporinus sulphureusとして新種記載した。本種は子実体が背着生で、孔口が硫黄色であり、担子胞子が比較的小型で、シスチジアが菌糸状厚壁であることなどで特徴づけられた。本種がPhysisporinus属クレードに含まれ、かつシスチジアを有することから、本属の属概念を改訂する必要が生じた。Physisporinus sulphureus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meripilaceae/トンビマイタケ科
R3-05643ブラジル南部、大西洋岸森林産のクリイロイグチ属1新種2018Nova Hedwigia2018年の論文/published in 2018, Nova Hedwigia, TreeBASE, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), クスノキ科/Lauraceae, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, フトモモ