「論文3行まとめ」は、大菌輪管理人がその日に読んだ論文(主に分類学分野)を要約して紹介するコンテンツです。
最近かなり忙しいので十分更新できていない状況ですが、日々こつこつと追加していければと思います。

「論文3行まとめ」の目的

  1. 「全菌類の電子図鑑」Mycoscouter構想に向けたデータ収集
  2. タグ(索引語)からの検索、世界地図からの検索、日本語キーワードによる検索など、一般的な検索エンジンにない検索手段を提供し、論文に対するアクセス性の向上を図る
  3. 論文の要点を日本語に翻訳することにより、非専門家の理解を阻む「言語の壁」を可能な限り低くすることを目指す
  4. 記載文や識別形質などをセマンティックに(機械が読みやすいように)記述し、将来のサイバータクソノミー (cybertaxonomy) に資するデータを提供する
  5. いちおう、論文に関わる職業に就いているので、そのスキルを活かしたプロボノ (pro bono) 活動
  6. 私自身の筋トレ

最終更新日:2019/7/20
紹介させていただいた論文の数:6419

エクセルファイルをダウンロード

sekaitizumenutagmenu

世界地図…2015/4/20更新【諸事情により更新停止中、よりよいマッピング手段を考えています】
タグ…2018/12/30更新(6937件、R3-05815まで反映)、1か月に一度くらいの頻度で更新したかった

中間報告

2013年11月23日~2014年11月23日に収集したデータの統計の一部を公開します(スライド5枚)。
これらはあくまで基礎的なデータをまとめたもので、より専門的な解析結果は今後アマチュア雑誌などに投稿する予定です。

スライド1スライド2スライド35f63f49b6b7d98988e1002a4a4f2d6d5スライド5

【お読みください】
大菌輪のコンテンツ「論文3行まとめ」は、あくまで論文の検索の補助として提供されている情報です。作成者は専門家ではなく、翻訳や内容の解釈が誤っている場合がありうるので、正確な情報は必ず元の論文で確認してください。また、各ページのリンクは必ずしも有効ではありません(大菌輪未掲載の種や、MycoBank/Species fungorum未登録の種がありうるため)。
最新の50記事を表示しています。
フィルタリング、並べ替え機能が使用できます。表の上で矢印キーを押すとスクロールできます。実は右の方に【タグ一覧】【書誌情報】【3行抄録】【掲載種一覧】の列があるので、それらを対象とした検索も可能です。複数のキーワードで検索したい時には半角スペースで区切ります。(【例】日本 新種 2016年)

※全てのデータを掲載すると非常に重くなってしまい、まともに表示できなくなってしまうので、不本意ながらこの表は直近1000件を抽出したものとなっています。エクセルファイルには全データがありますので、ダウンロードして検索してください。
A列B列出版年雑誌名タグ英文題名3行まとめ13行まとめ23行まとめ3掲載種一覧_x分類群一覧
R3-06377ロシア、ノヴゴロド州新産のハラタケ類2019Botanica2019年の論文/published in 2019, Botanica, アンモニア菌/ammonia fungi, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, ノヴゴロド州/Novgorod, ブナ科/Fagaceae, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyAgaricoid Fungi New to Novgorod Region, Russiaロシア、ノヴゴロド州新産種として23種のハラタケ類を報告した。そのうちGamundia striatulaなど5種はヨーロッパ・ロシア北西部における新産種であった。また、Baeospora myriadophyllaなど3種は絶滅危惧種であった。Baeospora myriadophylla■ / Coprinopsis urticicola■ / Cortinarius bibulus■ / Crepidotus applanatus■ / Crepidotus crocophyllus■ / Delicatula integrella■ / Entoloma strigosissimum■ / Galerina jaapii■ / Gamundia striatula■ / Lacrymaria lacrymabunda■ / Lentinus tigrinus■ / Lepiota felina■ / Marasmius cohaerens■ / Mycena erubescens■ / Mycena renati■ / Mycena tenerrima■ / Mycenella margaritispora■ / Mycetinis querceus■ / Pholiotina brunnea■ / Pluteus hispidulus■ / Pluteus inquilinus■ / Sagaranella tylicolor■ / Xerocomellus ripariellus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Inocybaceae/アセタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Agaricaceae/ハラタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科_Lyophyllaceae/シメジ科_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-06376Usnea confusaのレクトタイプ指定2019Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany2019年の論文/published in 2019, Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series B Botany, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, サクラ属/Prunus, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スギ属/Cryptomeria, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, タイプスタディ/type study, ツガ属/Tsuga, バラ科/Rosaceae, ヒノキ属/Chamaecyparis, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾフラン類/benzofurans, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ラクトン類/lactones, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 台湾/Taiwan, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 日本/Japan, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyLectotypification of Usnea confusa (Parmeliaceae, Ascomycota)Usnea confusaを再検討し、本種のレクトタイプ標本を指定した。タイプ標本が異質な10標本で構成されていたことから、分類学的混乱を避けるため、粉芽塊に”isidiofibrils”を多数伴う単一の地衣体を選定した。日本および台湾産の標本を基に分子系統解析を実施したところ、本種はU. cornutaコアグループに含まれたが、両種が同種かどうかは確定できないとした。Usnea confusaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06375イタリアおよびロシアにおいて草本に発生したParastagonospora属2新種2019Asian Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, Asian Journal of Mycology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イネ科/Poaceae, エゾムギ属/Elymus, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, カモガヤ属/Dactylis, リター菌/litter fungi, ロシア/Russia, ロストフ州/Rostov, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 腐生菌/saprobeTwo novel species of Parastagonospora (Phaeosphaeriaceae, Pleosporales) on grasses from Italy and Russiaイネ科植物に生じた腐生菌2種を検討し、Parastagonospora elymiおよびP. macrouniseptataとして新種記載した。前者はロシアにおいてシバムギの枯稈に生じ、子嚢果が類球形~円錐形、子嚢胞子が無色紡錘形で成熟時3隔壁を有することなどで特徴づけられた。後者はイタリアにおいてカモガヤの枯稈に生じ、分生子果不完全菌であり、分子絵師が無色類円筒形~円筒形で平滑、1隔壁を有することなどで特徴づけられた。Parastagonospora elymi★ / Parastagonospora macrouniseptata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-06374Melanops属の基準種、Melanops tulasneiの分類、系統、およびエピタイプ指定2009Fungal Diversity2009年の論文/published in 2009, Fungal Diversity, TreeBASE, エピタイプ指定/epitype designation, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, ドイツ/Germany, バイエルン州/Bayern, ブナ科/Fagaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 胞子形成誘導/sporulation inductionTaxonomy, phylogeny, and epitypification of Melanops tulasnei, the type species of Melanopsドイツ、ミュンヘンにおいてコナラ属樹木の枝に生じたMelanops tulasneiについて、形態学的検討および分子系統解析を実施した。本標本の形態はネオタイプ標本とよく一致し、分子系統解析で本種はボトリオスフェリア科クレードの基部付近に位置した。本種のエピタイプ標本を指定し、エピタイプ由来菌株をCBSに寄託した。Melanops tulasneiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06373チェコ産コウヤクタケ類について (2):Athelidium caucasicum2019Czech Mycology2019年の論文/published in 2019, Czech Mycology, コウヤクタケ類/corticioid fungi, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, トネリコ属/Fraxinus, モクセイ科/Oleaceae, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variationNotes on corticioid fungi of the Czech Republic. II. Athelidium caucasicum (Stephanosporaceae, Agaricales)チェコからAthelidium caucasicumを報告し、記載文、写真、スケッチなどを掲載した。本報告はロシア、コーカサスからの原記載以来2番目の報告となった。本種は原記載のヤナギ属ではなくトネリコ属植物の材に発生していた。Athelidium caucasicum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科
R3-06372ヨーロッパ産の黒穂菌の2新種 – Entyloma crepidis-tectoriおよびUrocystis deschampsiae2006Polish Botanical Journal2006年の論文/published in 2006, Polish Botanical Journal, アイスランド/Iceland, イネ科/Poaceae, キク科/Asteraceae, コメススキ属/Deschampsia, デンマーク/Denmark, フタマタタンポポ属, 北アイスランド東部/Norðurland eystra, 収蔵標本/stored specimen, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 種の境界/species delimitation, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiEntyloma crepidis-tectori and Urocystis deschampsiae – two new smut fungi from EuropeヨーロッパからEntyloma crepidis-tectoriおよびUrocystis deschampsiaeの2新種を記載した。前者はデンマークにおいてヤネタビラコの葉に斑点を生じ、後者はアイスランドにおいてヒロハノコメススキの葉に長い条線を生じた。後者はコメススキ属植物を宿主とする初のUrocystis属菌として報告された。Entyloma crepidis-tectori★ / Urocystis deschampsiae★Basidiomycota/担子菌門_Exobasidiomycetes/エクソバシデイウム綱_Exobasidiomycetidae/エクソバシデイウム亜綱_Entylomatales/エンティロマ目_Entylomataceae/エンティロマ科_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Urocystidales/ウロシスティス目_Urocystidaceae/ウロシスティス科
R3-06371中国においてLysidice rhodostegiaに生じた新種Pseudocercospora lysidices2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Lysidice属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, マメ科/Fabaceae, 中国/China, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 誤同定/misidentificationPseudocercospora lysidices sp. nov. on Lysidice rhodostegia from China中国広東省においてLysidice rhodostegiaに生じた菌を検討し、Pseudocercospora lysidicesとして新種記載した。本種は形態が類似すると考えられたことからCercospora lathyriと誤同定され、Pseudocercospora 属に転属されていた。本種は同じジャケツイバラ亜科の植物を宿主とする種とは分生子柄の形態や分生子のサイズ、形状などが異なっていた。Pseudocercospora lysidices★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06370ブラジル、リオグランデ・ド・スル州産のHypholoma属菌2007Acta Botanica Brasilica2007年の論文/published in 2007, Acta Botanica Brasilica, コケ上に生える菌/fungi on moss, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, リター菌/litter fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 疑問種/doubtful species, 砂質土壌/sandy soil, 胞子紋/spore print, 草地/grasslandSpecies of Hypholoma (Fr.) P. Kumm. (Strophariaceae,Agaricales) in Rio Grande do Sul State, Brazilブラジル、リオグランデ・ド・スル州におけるHypholoma属菌の既知種について、記載文、写真およびスケッチ、検索表などを掲載した。H. aurantiacum、H. ericaeum、およびH. subvirideの3種を認め、それ以外の種をシノニム、疑問種、あるいは除外種とした。H. subvirideのおそらくサンタカタリーナ州における初記録を報告した。Hypholoma aurantiacum / Hypholoma ericaeum / Hypholoma subviride■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-06369ブラジル北東部、ペルナンブーコ州産の糞生シビレタケ属菌2007Sitientibus Série Ciências Biológicas2007年の論文/published in 2007, Sitientibus Série Ciências Biológicas, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 切片/section, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 毒きのこ/poisonous mushroom, 熱帯域/tropics, 糞生菌/coprophilous fungi, 草地/grasslandSome coprophilous Psilocybe (Strophariaceae) from Pernambuco State, Northeast BrazilPsilocybe argentina、P. pegleriana、およびP. cubensisをブラジル北東部新産種として報告した。これらの種はいずれも、草地においてウシの糞に発生していた。各種の記載文およびスケッチを掲載し、3種を含む検索表を作成した。Psilocybe argentina■ / Psilocybe cubensis■ / Psilocybe pegleriana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-06368インド、ゴア産の無性生殖を行う新属新種、Jayarambhatia rhizophorae2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, ゴア州/Goa, ヒルギ科/Rhizophoraceae, マングローブ林/mangrove forest, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, リター菌/litter fungi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 潮間帯/intertidal zoneJayarambhatia rhizophorae gen. et sp. nov., an asexually reproducing fungus from Goa, Indiaインド、ゴア州のマングローブ林の潮間帯においてリターに生じた菌を検討し、新属新種Jayarambhatia rhizophoraeとして記載した。本種は分生子柄が淡褐色平滑で、末端生のフィアライドを有し、その先端に狭棍棒形~糸状で平滑、無隔壁の分生子が多数密集して生じることなどで特徴づけられた。本種と形態的に類似する他属との形質比較表を掲載した。Jayarambhatia rhizophorae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門
R3-06367中国新産属、Wallemia属2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, すす点病/sooty blotch, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バラ科/Rosaceae, リンゴ属/Malus, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 培養性状/colony characteristics, 好稠菌/osmophilic fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 腐生菌/saprobe, 陝西省/ShaanxiWallemia – A genus newly recorded from China中国陝西省からWallemia sebiを中国新産種として報告した。本種は果樹園で採集されたリンゴ果実表面から分離され、初の中国産Wallemia属菌として報告された。分離菌株はMEAやPDA培地などで生育し、分生子のサイズやsarcina様構造を欠くことに基づき本種と同定された。Wallemia sebi■Basidiomycota/担子菌門_Wallemiomycetes/ワレミア綱_Wallemiales/ワレミア目_Wallemiaceae/ワレミア科
R3-06366タバコウロコタケ科に含まれる新熱帯産の新属Phellinotus2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Eugenia属, Phytotaxa, Piptadenia属, Senegalia属, TreeBASE, アラゴアス州/Alagoas, オジギソウ属/Mimosa, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, キンキジュ属/Pithecelobium, ジャケツイバラ属/Caesalpinia, セルジッペ州/Sergipe, タイプスタディ/type study, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マメ科/Fabaceae, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 複合種/species complexPhellinotus, a new neotropical genus in the Hymenochaetaceae (Basidiomycota, Hymenochaetales)ブラジルの熱帯林においてジャケツイバラ属植物に発生した病原性多孔菌の一種を検討し、新属新種Phellinotus neoaridusとして記載した。また、新組み合わせP. piptadeniaeを提唱した。本属は肉眼的形態がPhellinus rimosusに類似するが、担子胞子が黄色楕円形厚壁で、管孔層実質が2菌糸型、肉が1菌糸型である点などが異なっていた。Phellinotus neoaridus★ / Phellinotus piptadeniae▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Hymenochaetaceae/タバコウロコタケ科
R3-06365トルコ産の地下生担子菌2種の新規採集地2019Anatolian Journal of Botany2019年の論文/published in 2019, Anatolian Journal of Botany, カバノキ科/Betulaceae, コンヤ県/Konya, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, ハンノキ属/Alnus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リゼ県/Rize, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew locality records for two hypogeous basidiomycete species in Turkeyトルコのリゼ県およびトラブゾン県からAlpova diplophloeus、コンヤ県からSchenella pityophilusをそれぞれ報告した。いずれの種もトルコから2番目の報告となった。前者は森林においてハンノキ属の樹下に、後者はマツ林にそれぞれ発生していた。Alpova diplophloeus / Schenella pityophilus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Melanogastraceae/メラノガステル科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科
R3-06364バスク新産種、Scopuloides leprosa2009ZIZAK2009年の論文/published in 2009, ZIZAK, コウヤクタケ類/corticioid fungi, スペイン/Spain, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, トネリコ属/Fraxinus, バスク自治州/Basque Country, モクセイ科/Oleaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水辺/waterside, 河川/river, 稀産種/rare speciesScopuloides leprosa (Bourdot & Galzin) Boidin, Lanq. & Gilles, nueva cita para el País Vascoスペイン、バスク自治州における新産種としてScopuloides leprosaを報告した。本種は稀産種とされるがスペインから既に知られており、本報告はイベリア半島からの2番目の報告となった。本種は子実体が背着生で子実層面が平滑、瘤状、または僅かに針状であり、担子器が棍棒形、担子胞子が楕円形で、菌糸にクランプを欠くことなどで特徴づけられた。Scopuloides leprosa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-06363インド、グジャラート州において淡水に沈んだ葉から生じた新種、Tripospermum limneticum2019International Journal of Advanced Research2019年の論文/published in 2019, International Journal of Advanced Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, グジャラート州/Gujarat, タデ科/Polygonaceae, フトモモ科/Myrtaceae, ミチヤナギ属/Polygonum, ユーカリ属/Eucalyptus, リター菌/litter fungi, 新種記載/new species, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity surveyTripospermum limneticum sp. nov. (Mitosporic Fungi) on Submerged Leaves from Freshwater, Gujarat, Indiaインド、グジャラート州の河川において沈んだ葉に生じた菌を検討し、Tripospermum limneticumとして新種記載した。本種はユーカリ属の一種およびPolygonum glabrumの葉に生じていた。本種は分生子が典型的には五放射状で、腕の形態により同属他種のいずれとも区別された。Tripospermum limneticum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Capnodiaceae/カプノディウム科
R3-06362Trichometasperia holmiiのDrechslera世代 – インドにおけるオウムバナ属植物の葉枯病の原因菌としての新記録2016Advances in Life Sciences2016年の論文/published in 2016, Advances in Life Sciences, インド/India, インド新産種/India_new record, オウムバナ属/Heliconia, オウムバナ科/Heliconiaceae, グジャラート州/Gujarat, コッホの原則/Koch_s postulation, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 胞子の発芽/germination of spores, 花卉圃場/flower field, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization method, 観賞植物/ornamental plantDrechslera state of Trichometasperia holmii – New Record as an Incitant of Heliconia Leaf Blight in Indiaインド、グジャラート州においてオウムバナ属植物に葉枯病を引き起こした菌を検討した。原因菌をTrichometasperia holmiiのDrechslera世代と同定し、本種をインド新産種として報告した。本種の病原性を接種試験により確かめ、本病害を初めて記録した。Trichometasphaeria holmii■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Lophiostomataceae/ロフィオストマ科
R3-06361Phlegmacium型のHumolentesクレードに含まれる2新種、Cortinarius hildegardiaeおよびC. mariekristinae2019Sydowia2019年の論文/published in 2019, Sydowia, ‎ヌーシャテル州, アオイ科/Malvaceae, アントラキノン類/anthraquinones, アーケシュフース県/Akershus, イタリア/Italy, エロー県/Hérault, オスロ/Oslo, オップラン県/Oppland, カンタブリア州/Cantabria, コケ上に生える菌/fungi on moss, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, スイス/Switzerland, スペイン/Spain, テレマルク県/Telemark, トレンティーノ=アルト・アディジェ州/Trentino-Alto Adige, ドイツ/Germany, ノルウェー/Norway, ハンガリー/Hungary, バーデン=ヴュルテンベルク州/Baden-Württemberg, バ=ラン県/Bas-Rhin, フランス/France, ブスケルー県/Buskerud, ブダペスト市/Budapest, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ペシュト県/Pest, マツ科/Pinaceae, マルケ州/Marche, メクレンブルク=フォアポンメルン州/Mecklenburg-Western Pomerania, モミ属/Abies, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 色素産生/pigment production, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 遺存林/relict forestsCortinarius hildegardiae and C. mariekristinae spp. nov., two new species in the phlegmacioid clade Humolentes (sect. Calochroi s. l.)広義Calochroi節に含まれるCortinarius hildegardiaeおよびC. mariekristinaeの2新種を記載した。前者は傘、襞、および塊茎縁部の被膜が初め淡い帯緑黄色で、柄および肉が白色であることなどで特徴づけられた。後者は傘、襞、および塊茎縁部の被膜が初め帯緑黄色で、柄頂部に帯青淡紫色の斑点を生じ、担子胞子が大型であることなどで特徴づけられた。Cortinarius hildegardiae★ / Cortinarius mariekristinae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-06360広義Cladosporium属の分類学的改訂 (7):新種記載、1新組み合わせ、および追加の新規データ2007Schlechtendalia2007年の論文/published in 2007, Melosperma属, Schlechtendalia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルゼンチン/Argentina, アンダルシア州/Andalusia, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, インゲンマメ属/Phaseolus, オオバコ科/Plantaginaceae, カリフォルニア州/California, ザクセン=アンハルト州/Sachsen-Anhalt, シノニム/synonym, スペイン/Spain, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, トウダイグサ属/Euphorbia, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, トスカーナ州/Tuscany, トチノキ属/Aesculus, ドイツ/Germany, ニシキギ属/Euonymus, ニシキギ科/Celastraceae, ヒトツバタゴ属, マメ科/Fabaceae, ミクロサイクリック分生子形成/microcycle conidiation, ムクロジ科/Sapindaceae, ムレスズメ属/Caragana, メンドーサ州/Mendoza, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 分類未確定/classification undetermined, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 固有種/endemic species, 寄生菌/parasite, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 米国/USA, 花生息菌/floricolous fungus, 韓国/South KoreaTaxonomic revision of the genus Cladosporium s. lat. 7. Descriptions of new species, a new combination and further new data米国、韓国、スペインなどからCladosporium asperistipitatumなどCladosporium属計6新種を記載した。C. salicisをFusicladium属に移した。C. fusisporumをPassalora chionanthiのシノニムとした。Cladosporium asperistipitatum★ / Cladosporium caraganae★ / Cladosporium leguminicola★ / Cladosporium melospermae★ / Cladosporium rhododendri★ / Cladosporium subobtectum★ / Fusicladium salicis▲ / Passalora chionanthiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Venturiaceae/ヴェンテュリア科_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06359カリフォルニアにおいてコナラ属植物と外生菌根関係にある新種Gymnomyces xerophilus2006Mycological Research2006年の論文/published in 2006, Mycological Research, TreeBASE, カリフォルニア州/California, コナラ属/Quercus, サバンナ/savannah, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブナ科/Fagaceae, 乾燥地域/dry area, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 気温/temperature, 稀産種/rare species, 米国/USA, 腹菌類/gastromycetes, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 降水量/precipitationGymnomyces xerophilus sp. nov. (sequestrate Russulaceae), an ectomycorrhizal associate of Quercus in California米国カリフォルニア州においてコナラ属植物と外生菌根を形成していた地下生菌の一種を検討し、Gymnomyces xerophilusとして新種記載した。本種はグレバが橙黄色で、担子胞子が球形~類球形の網目状、シスチジアを欠き、外皮、実質、子実下層の膨大した細胞が密集せず散在している点、球状細胞が小型であることなどで特徴づけられた。コナラ属植物を宿主とするGymnomyces属菌の検索表を掲載した。Gymnomyces xerophilus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06358メキシコにおけるサボテンの葉の斑点病の原因菌である新種、Pseudocercospora opuntiae2006Fungal Diversity2006年の論文/published in 2006, Fungal Diversity, Opuntia属, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, サボテン科/Cactaceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, スペルマチア/spermatia, メキシコ/Mexico, メキシコシティ/Mexico City, メヒコ州/Estado de Mexico, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新病害報告/new disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子形成誘導/sporulation induction, 葉面菌/leaf surface fungiPseudocercospora opuntiae sp. nov., the causal organism of cactus leaf spot in Mexicoメキシコにおいてサボテンに深刻な斑点病を引き起こした菌を検討し、Pseudocercospora opuntiaeとして新種記載した。本種はサボテン科植物を宿主とする初のPseudocercospora属菌であり、その病原性は接種試験により確かめられた。分子系統解析により、Pseudocercospora属が側系統群であることが示唆された。Pseudocercospora opuntiae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06357旧熱帯産の葉上生地衣の新種、Opegrapha viridistellata2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, Tylostemon属, アビジャン自治区/Abidien, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, クスノキ科/Lauraceae, クロツグ属/Arenga, コートジボワール/Côte d’Ivoire, セイシェル/Seychelles, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, ニッケイ属/Cinnamomum, ニューカレドニア/New Caledonia, パプアニューギニア/Papua New Guinea, フランス/France, マダン州/Madang, マングローブ林/mangrove forest, モクレンモドキ属/Manglietia, モクレン科/Magnoliaceae, ヤエヤマヤシ属, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 南西諸島/Nansei Islands, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 日本/Japan, 森林/forest, 水辺/waterside, 沖縄県/Okinawa, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 葉上生地衣/foliicolous lichenOpegrapha viridistellata (Roccellaceae), a new foliicolous lichen species from the Paleotropics葉上生地衣の一種を検討し、Opegrapha viridistellataとして新種記載した。本種はパプアニューギニア、タイ、オーストラリア、ニューカレドニア、日本、セイシェル、およびコートジボワールから報告されていたが、全てnomen nudumであった。本種は地衣体が帯灰緑色で子器が部分的に分枝し、子嚢胞子に主に4隔壁を有し、粉子器を豊富に形成することなどで特徴づけられた。Opegrapha viridistellata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Opegraphaceae/キゴウゴケ科
R3-06356ブラジル南部においてオリーブおよびブドウの衰退を引き起こすPleurostomophora richardsiae2019Phytopathologia Mediterranea2019年の論文/published in 2019, Phytopathologia Mediterranea, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オリーブ属/Olea, コッホの原則/Koch_s postulation, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ブラジル/Brazil, モクセイ科/Oleaceae, 分子同定/molecular identification, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 最小生長温度/minimum growth temperature, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 腐生菌/saprobe, 表面殺菌法/surface sterilization method, 配列決定/sequencingPleurostomophora richardsiae associated with olive tree and grapevine decline in Southern Brazilブラジル、サンタカタリーナ州の果樹園においてブドウおよびオリーブから分離された病原菌を検討し、Pleurostomophora richardsiaeと同定した。罹病枝は維管束組織が褐変して樹皮に亀裂が生じ、病原性は接種試験でも確かめられた。本種のブラジルにおけるオリーブおよびブドウの病原菌としての報告は初となった。Pleurostomophora richardsiaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Calosphaeriales/カロスフェリア目_Pleurostomataceae/プリューロストマ科
R3-06355ナイジェリア、カドゥナ州、ザリアにおけるキシメジ科菌類数種の形態および分類の研究2012Journal of Biological Science and Bioconservation2012年の論文/published in 2012, Journal of Biological Science and Bioconservation, カドゥナ州, ナイジェリア/Nigeria, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子紋/spore printStudies on the Morphology and Taxonomy of Some Species of Tricholomataceae in Zaria, Kaduna State – Nigeriaナイジェリア、カドゥナ州のザリアにおいてキシメジ科菌類の調査を実施した。Hygrophoropsis aurantiacaなど6種を記録した。各種の記載文および写真を掲載した。Cantharellus infundibuliformis / Cantharocybe gruberi / Clitocybe alexandri / Hygrophoropsis aurantiaca / Omphalotus olivascensBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Boletales/イグチ目_Hygrophoropsidaceae/ヒロハアンズタケ科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科
R3-06354Lecanora filamentosaのシノニムについて2011Graphis Scripta2011年の論文/published in 2011, Graphis Scripta, アウスト・アグデル県/Aust-Agder, アトラノリン類/atranorins, ウスニン酸類/usnic acids, オップラン県/Oppland, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フィンランド/Finland, フィンランド新産種/Finland_new record, ベンゾフラン類/benzofurans, ホルダラン県/Hordaland, マツ科/Pinaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 南西スオミ県/Southwest Finland, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 種内変異/intraspecific variation, 脂肪酸/fatty acid, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNotes on the synonyms of Lecanora filamentosaLecidea hercynicaおよびL. dalecarlicaの標本を検討し、両種がLecanora filamentosaと同種であることを示した。本種をフィンランドおよびノルウェーにおける新産種として報告した。本種の命名法、変異、および既知の分布域などを記述した。Lecanora filamentosa■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科
R3-06353ブラジル南東部産のLeptogium juressianum複合種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, エスピリトサント州/Espirito Santo, コケ上に生える菌/fungi on moss, サンパウロ州/São Paulo, タイプスタディ/type study, パラナ州/Parana, ブラジル/Brazil, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新変種記載/new variety, 新種記載/new species, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 葉状地衣/foliose lichen, 藍藻地衣/cyanolichen, 複合種/species complexThe Leptogium juressianum complex in southeastern Brazilブラジルから新種Leptogium subjuressianumおよび新変種L. subjuressianum var. caparoenseを記載した。両分類群の形態をヨーロッパ産L. subjuressianumのアイソタイプ標本と比較した。新種と新変種は小裂片の有無や地衣体下面の根状菌糸束状菌糸の分布などが異なっていた。Leptogium juressianum / Leptogium subjuressianum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目
R3-06352ブラジルの半乾燥地域におけるケカビ目の2新産種2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 半乾燥地域/semi-arid area, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 生長速度/growth rateTwo new records of Mucorales from the Brazilian semi-arid regionブラジル新産種としてApophysomyces elegansおよびMycotypha microsporaを報告した。両種は半乾燥地域の土壌から分離された。両種の記載文および顕微鏡写真を掲載した。Apophysomyces elegans■ / Mycotypha microspora■Mucoromycota/ケカビ門_Mucoromycotina/ケカビ亜門_Mucoromycetes/ケカビ綱_Mucorales/ケカビ目_Mucoraceae/ケカビ科_Mycotyphaceae/マイコティファ科
R3-06351新種Marasmius mbalmayoensisの核LSU rDNA配列に基づく熱帯アフリカ産Marasmius bekolacongoli複合種との系統学的類縁性2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Mycologia, カメルーン/Cameroon, カンラン属/Canarium, カンラン科/Burseraceae, リター菌/litter fungi, 中央州(カメルーン)/Central Province (Cameroon), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収斂進化/convergent evolution, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 降水量/precipitationPhylogenetic relationship of Marasmius mbalmayoensis sp. nov. to the tropical African Marasmius bekolacongoli complex based on nuc-LSU rDNA sequencesカメルーンにおいて腐朽葉に生じた菌を検討し、Marasmius mbalmayoensisとして新種記載した。本種は子実体が大型で柄が長く、太い基部の菌糸体から根状菌糸束を生じ、担子胞子が大型の涙形~S字状であることなどで特徴づけられた。本種の形態はM. bekolacongoliに類似していたが、分子系統解析では異なる系統を形成した。Marasmius mbalmayoensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-06350ブラジルにおいて水中に沈んだ葉に生じた新種、Synchaetomella aquatica2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, シンネマ形成菌/synnematous fungus, テリハボク属/Calophyllum, テリハボク科/Calophyllaceae, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 半乾燥地域/semi-arid area, 新種記載/new species, 淡水域/freshwater, 腐生菌/saprobeSynchaetomella aquatica sp. nov. from submerged leaves from Brazilブラジル、カーチンガ・バイオームにおいて水中に沈んだCalophyllum brasilienseに生じた菌を検討し、Synchaetomella aquaticaとして新種記載した。本種はシンネマが有限生長、分生子形成細胞が末端生のモノフィアライドであり、分生子が単生し、無色鎌形単細胞であることなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは分生子形成細胞が常に末端生である点などが異なっていた。Synchaetomella aquatica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Chaetomellaceae/ケートメラ科
R3-06349南極新産の地衣生菌、Sphaerellothecium reticulatum2019Czech Polar Reports2019年の論文/published in 2019, Czech Polar Reports, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, キウメノキゴケ属/Flavoparmelia, 切片/section, 南極/Antarctic, 南極新産種/Antarctic_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 極地/polars, 気温/temperature, 沿岸域/coastal area, 漂白/bleaching, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic surveySphaerellothecium reticulatum (Zopf) Etayo, a new lichenicolous fungus for Antarctica南極における調査で採集された地衣生菌のSphaerellothecium reticulatumを報告した。本種はヨーロッパ、グリーンランド、南北アメリカ等における分布が知られており、今回南極新産種として報告された。本種はFlavoparmelia gerlacheiを宿主とし、この宿主からの本種の報告は初であった。Sphaerellothecium reticulatum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06348オドントトレマ科に属する非地衣化菌の新属新種、Parakarstenia phyllostachydis2019Mycological Progress2019年の論文/published in 2019, Mycological Progress, TreeBASE, UNITE, vital taxonomy, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, マダケ属/Phyllostachys, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新種記載/new speciesParakarstenia phyllostachydis, a new genus and species of non-lichenized Odontotremataceae (Ostropales, Ascomycota)中国四川省においてPhyllostachys heterocladaの稈に生じた菌を検討し、新属新種Parakarstenia phyllostachydisとして記載した。本種は子嚢盤が通常群生し、初め埋生し、帯灰白色または淡褐色で、子嚢が棍棒形~円筒形、子嚢胞子が狭円筒状棍棒形~紡錘状、蠕虫形で成熟すると複数の横隔壁を生じることなどで特徴づけられた。本種はタケの生きた稈に寄生する初のオストロパ目菌として報告された。Parakarstenia phyllostachydis★
R3-06347中国において枯枝に発生した不完全糸状菌の新属、Atrosynnema2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, 中国/China, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 単胞子分離/single spore isolation, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 難培養性菌/uncultured fungiAtrosynnema, a new hyphomycete from dead branches in China中国海南省において枯枝に生じたアナモルフ菌の一種を検討し、新属新種Atrosynnema digitosporumとして記載した。本種はシンネマが黒色で分生子柄が分枝せず、分生子形成細胞が単出芽型で、分生子が倒棍棒形でしばしば頂部付近に粘質の帽を伴うことなどで特徴づけられた。本種の分生子の形状等はDictyospiropes属菌に類似していたが、シンネマの有無や分生子のサイズ、粘質の帽の有無などが異なっていた。Atrosynnema digitosporum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-06346インド、西ガーツ南部、サイレントバレー国立公園の湿潤常緑林およびショラ林における多孔菌類の多様性と分布、および3新産種2019Journal of Threatened Taxa2019年の論文/published in 2019, Cullenia属, Journal of Threatened Taxa, Shannon-Wienerの多様度指数/Shannon-Wiener diversity Index, Simpsonの多様度指数/Simpson diversity index, Sørensenの類似度指数/Sørensen similarity index, アオイ科/Malvaceae, インド/India, クスノキ科/Lauraceae, ケララ州/Kerala, コドラート調査/quadrat survey, ニッケイ属/Cinnamomum, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種の豊富さ/species richness, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 降水量/precipitationThe diversity and distribution of polypores (Basidiomycota: Aphyllophorales) in wet evergreen and shola forests of Silent Valley National Park, southern Western Ghats, India, with three new recordsインド、ケララ州のサイレントバレー国立公園において多孔菌類の調査を実施し、7科29属57種を記録した。そのうちInonotus pachyphloeusなど5種を西ガーツ南部新産種として報告した。採集された各科および各属について検索表を掲載した。Inonotus pachyphloeus■ / Phylloporia pectinata■ / Trametes menziesii■ / Trametes ochracea■ / Trametes pubescens■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-06345中国において土壌から分離されたHumicola属4新種2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, チベット自治区/Tibet, 中国/China, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 水田/paddy field, 湖北省/Hubei, 青海省/ChinghaiFour new Humicola species from soil in China中国において土壌から分離されたHumicola chinensis、H. irregularis、H. pyriformoides、およびH. tibetensisを新種記載した。これらの種はそれぞれ湖北省、青海省、福建省、チベット自治区において水田や森林などの土壌に産した。これらの種は類似の同属他種とはコロニーの色、分生子のサイズや形状、フィアロ型分生子や節間生厚壁胞子の有無などで区別された。Humicola chinensis★ / Humicola irregularis★ / Humicola pyriformoides★ / Humicola tibetensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-06344新種Phaeocollybia pakistanica:パキスタン初の本属菌2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, パキスタン/Pakistan, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 新種記載/new species, 森林/forest, 独立種/independent speciesPhaeocollybia pakistanica sp. nov., the first representative of the genus from Pakistanパキスタンの針葉樹林で採集された菌を検討し、Phaeocollybia pakistanicaとして新種記載した。本種は傘が帯紫赤色~帯褐赤色で襞が帯紫色、偽根を有し、担子胞子が小型褐色楕円形で小疣状であり、縁シスチジアが偽頭状薄壁であることなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは傘や襞の色、担子胞子の形状や装飾、クランプの有無などが異なり、分子系統解析でも独自の系統を形成した。Phaeocollybia pakistanica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-06343韓国産のProtodaedalea属菌2011Mycobiology2011年の論文/published in 2011, Mycobiology, カエデ属/Acer, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, 京畿道/Gyeonggi-do, 切片/section, 山地/mountains, 忠清北道/Chungcheongbuk-do, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新産種報告/new record, 江原道/Kangwon-do, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordSpecies Belonging to Genus Protodaedalea in Korea韓国の江原道、京畿道、忠清北道、および慶尚北道で採集されたProtodaedalea hispidaを韓国新産種として報告した。本種はブナ属およびカエデ属樹木に発生していた。本種は傘が帯黄白色、象牙色、帯褐橙色などで羽毛状の長い毛に覆われ、肉がゼラチン質でのちに革質、時にグレオシスチジアを有することなどで特徴づけられた。Protodaedalea hispida■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科
R3-06342インド、オリッサ州においてPodosphaera xanthiiによって引き起こされたCleome rutidospermaのうどんこ病の同定2018Indian Phytopathology2018年の論文/published in 2018, Indian Phytopathology, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, オリッサ州/Odisha, コッホの原則/Koch_s postulation, フウチョウソウ属/Cleome, フウチョウソウ科/Capparaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 新病害報告/new disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 草地/grassland, 葉面菌/leaf surface fungiIdentification of powdery mildew disease on Cleome rutidosperma caused by Podosphaera xanthii in Odisha, Indiaインド、オリッサ州においてCleome rutidospermaに発生したうどんこ病菌を検討し、Podosphaera xanthiiと同定した。形態およびITS領域の塩基配列に基づいて同定し、病原性を接種試験により確かめた。インドにおける本種によるC. rutidospermaのうどんこ病の報告は初となった。Podosphaera xanthiiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-06341中国、金沙江の乾燥した谷に産した地衣の新種、Upretia squamulosa2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, サリチル酸類/salicylic acids, ジロホール酸/gyrophoric acid, デプシド類/depsides, レカノール酸/lecanoric acid, 中国/China, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 水辺/waterside, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 雲南省/Yunnan, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatography, 鱗片状地衣/squamulose lichenUpretia squamulosa, a new lichen species from the arid valley of Jinsha-jiang River, China中国雲南省、金沙江に産した岩上生地衣の一種を検討し、Upretia squamulosaとして新種記載した。本種は地衣体が鱗片状で帯灰緑色~褐色、地衣成分としてジロホール酸およびレカノール酸を含むことなどで特徴づけられた。本種はITS領域に基づく分子系統解析でUpretia属の基準種と姉妹群を形成した。Upretia squamulosa★
R3-06340コウジカビ属Usti節の中国新産種、Aspergillus germanicus2015微生物学通報/Microbiology China2015年の論文/published in 2015, ヒューレ細胞/Hülle cell, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 山東省/Shandong, 希釈平板法/dilution plate method, 微生物学通報/Microbiology China, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 降水量/precipitationAspergillus germanicus, a new Chinese record of Aspergillus section Usti中国山東省泰山の土壌から分離されたAspergillus germanicusを中国新産種として報告した。本種との同定は形態学的検討および分子系統解析に基づき行った。本報告により、Usti節の中国産既知種は5種となった。Aspergillus germanicus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-06339インド、アーンドラ・プラデーシュ州およびオリッサ州におけるマングローブ地衣の新産種2019Studies in Fungi2019年の論文/published in 2019, Ceriops属, Studies in Fungi, アーンドラ・プラデーシュ州/Andhra Pradesh, インド/India, オリッサ州/Odisha, キツネノマゴ科/Acanthaceae, ヒルギダマシ属/Avicennia, ヒルギ科/Rhizophoraceae, マングローブ林/mangrove forest, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew record of mangrove lichens from Andhra Pradesh and Orissa states of Indiaインド、アーンドラ・プラデーシュ州およびオリッサ州においてそれぞれGraphis ajarekarii、Ramalina leiodeaを採集した。前者はヒルギダマシ属、後者はCeriops属のマングローブの枝にそれぞれ発生していた。両種をそれぞれの州のマングローブ林における新産種として報告した。Graphis ajarekarii■ / Ramalina leiodea■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Ascomycota/子嚢菌門_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-06338KOHで抽出される紫色色素を有する3種の顕著な新熱帯産Hypoxylon属菌:新種H. cypraeisporumおよび新変種H. sclerophaeum var. parvisporum等2015Ascomycete.org2015年の論文/published in 2015, Ascomycete.org, アーティファクト/artifact, イネ科/Poaceae, グアドループ/Guadeloupe, タイプスタディ/type study, タケ生息菌/bambusicolous fungus, フランス/France, フランス新産種/France_new record, マルティニーク/Martinique, リター菌/litter fungi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新変種記載/new variety, 新形質報告/new character, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 色素産生/pigment production, 西インド諸島/The West IndiesThree distinctive neotropical species of Hypoxylon (Xylariaceae) with purple KOH-extractable pigments, including two new taxa H. cypraeisporum sp. nov. and H. sclerophaeum var. parvisporum var. nov.仏領西インド諸島で採集された3分類群のHypoxylon属菌を検討し、グアドループ産の新種H. cypraeisporumおよび新変種H. sclerophaeum var. parvisporumを記載した。これらの種は紫色のKOH溶出性の紫色色素を含むことなどで特徴づけられ、前者は子嚢胞子のエピスポアに特徴的な孔状装飾を有していた。また、従来パプアニューギニアのみから知られていたH. rugulosporumを新熱帯新産種として報告した。Hypoxylon cypraeisporum★ / Hypoxylon rugulosporum■ / Hypoxylon sclerophaeum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科
R3-06337グレート・スモーキー山脈国立公園産の核菌類 (5):Annulohypoxylon属およびHypoxylon属2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, アパラチア山脈/Appalachian Mountains, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, トチノキ属/Aesculus, トネリコ属/Fraxinus, ハンノキ属/Alnus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 宿主範囲/host range, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 色素産生/pigment production, 菌類相調査/mycofloristic surveyPyrenomycetes of the Great Smoky Mountains National Park. V. Annulohypoxylon and Hypoxylon (Xylariaceae)グレート・スモーキー山脈国立公園産のAnnulohypoxylon属4種およびHypoxylon属18種を報告した。そのうちH. fendleriを米国新産種、18種を調査地における新産種としてそれぞれ報告した。また、これらの種を含む検索表を掲載した。Annulohypoxylon annulatum■ / Annulohypoxylon cohaerens / Annulohypoxylon multiforme■ / Annulohypoxylon truncatum / Hypoxylon anthochroum■ / Hypoxylon croceum■ / Hypoxylon crocopeplum■ / Hypoxylon fragiforme■ / Hypoxylon fuscopurpureum■ / Hypoxylon fuscum / Hypoxylon howeianum■ / Hypoxylon intermedium■ / Hypoxylon lenormandii■ / Hypoxylon notatum■ / Hypoxylon perforatum■ / Hypoxylon rubiginosum / Hypoxylon subgilvum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Hypoxylaceae/アカコブタケ科
R3-06336インド産のTomentella属4新産種2010The Journal of the Indian Botanical Society2010年の論文/published in 2010, The Journal of the Indian Botanical Society, インド/India, インド新産種/India_new record, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 稀産種/rare speciesFour New Records of Genus Tomentella (Agaricomycetes) from Indiaインド新産種としてTomentella bresadolae、T. brevispina、T. clavigera、およびT. subclavigeraの4種を報告した。これらの種はいずれも、ヒマーチャル・プラデーシュ州において被子植物の枝または腐朽材に発生していた。各種の記載文、生態写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Tomentella bresadolae■ / Tomentella brevispina■ / Tomentella clavigera■ / Tomentella subclavigera■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科
R3-06335Tetrapyrgos属のより良い理解に向けて:新種、タイプスタディ、および系統学的推論2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Chusquea属, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Phytotaxa, TreeBASE, アルゼンチン/Argentina, アーティファクト/artifact, イギリス/United kingdom, イグサ属/Juncus, イグサ科/Juncaceae, イネ科/Poaceae, ウルシ科/Anacardiaceae, クサヨシ属/Phalaris, グアナカステ州/Guanacaste, コスタリカ/Costa Rica, コナラ属/Quercus, サンショウモドキ属/Schinus, サンパウロ州/São Paulo, シノニム/synonym, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, チエンマイ県/Chiang Mai, チカラシバ属/Pennisetum, トゥクマン州/Tucuman, パイナップル科/Bromeliaceae, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, ブラジル/Brazil, プエルトリコ/Puerto Rico, ベニ県/Beni, ボリビア/Bolivia, ミシオネス州/Misiones, ユーカリ属/Eucalyptus, リター菌/litter fungi, ヴァージン諸島/Virgin Islands, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 水辺/waterside, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 誤同定/misidentificationTowards a better understanding of Tetrapyrgos (Basidiomycota, agaricales): New species, type studies, and phylogenetic inferencesTetrapyrgos属の16種について、最近採集された80標本および乾燥標本85標本を用いて検討し、9種を認めた。そのうち2種(T. longicystidiataおよびT. parvispora)を本論文で新種記載した。残りの7種はCampanella属に含めたか、あるいは所属未確定とした。Campanella aequatorialis / Campanella alba / Campanella austrochilensis / Campanella candida / Campanella dendrophora / Campanella diplocystis / Campanella peullensis / Campanella simulans / Campanella tenuitunicata / Gymnopus floridanus / Marasmiellus goniosporus / Marasmius dichromopus / Tetrapyrgos atrocyanea / Tetrapyrgos longicystidiata★ / Tetrapyrgos nigripes / Tetrapyrgos olivaceonigra / Tetrapyrgos parvispora★ / Tetrapyrgos reducta / Tetrapyrgos subcinerea / Tetrapyrgos subdendrophora / Tetrapyrgos tropicalis / Xerotus anastomosusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-06334北米において衰退するブドウの病斑から分離されたCytospora属菌の特性およびCytospora属2新種2016Plant Pathology2016年の論文/published in 2016, Plant Pathology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オハイオ州/Ohio, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, ケベック州/Quebec, コッホの原則/Koch_s postulation, コネチカット州/Connecticut, ニューハンプシャー州/New Hampshire, ニューヨーク州/New York, バージニア州/Virginia, バーモント州/Vermont, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ミシガン州/Michigan, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 潰瘍病/canker, 生長速度/growth rate, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 米国/USA, 統計解析/statistical analysis, 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization methodCharacterization of Cytospora isolates from wood cankers of declining grapevine in North America, with the descriptions of two new Cytospora species米国およびカナダにおいて胴枯病に罹病したブドウ類から分離されたCytospora属菌を検討した。C. vinaceaおよびC. viticolaの2新種を記載し、両種は分子系統解析のほか培養性状および分生子のサイズでも区別された。接種試験で両種の病原性を確かめた。Cytospora vinacea★ / Cytospora viticola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-06333中国産のアセタケ属Rimosae節の3新種2018Mycosystema2018年の論文/published in 2018, Mycosystema, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 中国/China, 中国語/Chinese, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 長白山脈/Changbai Mountains, 雲南省/YunnanThree new species of Inocybe sect. Rimosae from China中国からアセタケ属Rimosae節の3新種を記載した。Inocybe changbaiensisおよびI. neoumbrinellaは吉林省に産し、前者は混交林、後者はヤナギ属の樹下に発生し、I. yunnanensisは雲南省において落葉樹の樹下に発生した。中国産アセタケ属Rimosae節の種の検索表を掲載した。Inocybe changbaiensis★ / Inocybe neoumbrinella★ / Inocybe yunnanensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06332ポーランド産のPluteus aurantiorugosus2005Polish Botanical Journal2005年の論文/published in 2005, Polish Botanical Journal, ポーランド/Poland, マゾフシェ県/Mazowsze, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 保全生態学/conservation ecology, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobePluteus aurantiorugosus (fungi, agaricales) in Polandポーランド、ワルシャワの公園から、比較的稀でレッドリストに掲載されているPluteus aurantiorugosusを報告した。本種はマゾフシェ県新産種として報告された。本種はヤマナラシ属植物の切り株に発生していたが、これはポーランドにおける本種の新宿主として報告された。Pluteus aurantiorugosus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-06331キューバ産の水中に沈んだ葉に生じたアナモルフ菌類:新属新種Brevicatenospora enteroproliferataおよび新種Beltraniopsis aquatica2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Andira属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キューバ/Cuba, ピナール・デル・リオ州/Pinar del Río, マメ科/Fabaceae, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropicsAnamorphic fungi from submerged leaves in Cuba: Brevicatenospora enteroproliferata gen. et sp. nov. and Beltraniopsis aquatica sp. nov.キューバ、ピナール・デル・リオ州の河川において沈んだ葉に発生した2種の菌を検討し、新属新種Brevicatenospora enteroproliferataおよび新種Beltraniopsis aquaticaとして記載した。前者はAndira inermisの葉に生じ、分生子形成細胞が多数の内生出芽型の貫生伸長を行い、分生子が赤褐色~暗褐色で短く鎖生することなどで特徴づけられた。後者は未同定の植物の葉に生じ、分生子が褐色で紡錘形~舟形、単細胞であることなどで特徴づけられた。Beltraniopsis aquatica★ / Brevicatenospora enteroproliferata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Beltraniaceae/ベルトラニア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-06330トウヒ属植物のエンドファイトである新種Diaporthe maritimaによる抗真菌および抗昆虫代謝産物の産生2016Fungal Biology2016年の論文/published in 2016, Fungal Biology, GCPSR, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, カナダ/Canada, トウヒ属/Picea, ニューブランズウィック州/New Brunswick, マツ科/Pinaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 凍結切片/frozen section, 分取HPLC/preparative HPLC, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 抗真菌活性/antifungal activity, 抗菌活性/antibacterial activity, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 沿岸域/coastal area, 温度適性/temperature aptitude, 胞子形成誘導/sporulation induction, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyProduction of antifungal and antiinsectan metabolites by the Picea endophyte Diaporthe maritima sp. novカナダ、ニューブランズウィック州の森林においてトウヒ属樹木の針葉からエンドファイトとして分離された菌を検討し、Diaporthe maritimaとして新種記載した。本種はDiaporthe eres複合種に含まれ、ITS、Apn2、EF1-α、およびTUB遺伝子に基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。本種の粗液体培養抽出物は強力な抗真菌活性を示し、3種のジヒドロピロン類(ホモプソリドA-C)およびα-ピロンが同定された。Diaporthe maritima★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科
R3-06329スロバキア北西部、キスツェ地域に産したアカヤマタケ属菌2013Catathelasma2013年の論文/published in 2013, Catathelasma, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, ジリナ県/Žilina, スロバキア/Slovakia, ピートボグ/peat bog, 保全生態学/conservation ecology, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic surveyGenus Hygrocybe in Kysuce region, northwestern Slovakiaスロバキア北西部、キスツェ地域において採集されたアカヤマタケ属菌を報告した。主に牧草地やピートボグに発生した、稀産種を含む23種を同定した。そのうちHygrocybe ceraceaなど11種を本地域における新産種として報告した。Hygrocybe acutoconica / Hygrocybe calyptriformis / Hygrocybe cantharellus / Hygrocybe ceracea■ / Hygrocybe chlorophana / Hygrocybe citrinovirens / Hygrocybe coccinea / Hygrocybe coccineocrenata■ / Hygrocybe conica / Hygrocybe flavipes■ / Hygrocybe glutinipes■ / Hygrocybe helobia■ / Hygrocybe ingrata / Hygrocybe insipida■ / Hygrocybe intermedia■ / Hygrocybe irrigata / Hygrocybe miniata / Hygrocybe pratensis■ / Hygrocybe psittacina / Hygrocybe punicea / Hygrocybe reidii■ / Hygrocybe turunda■ / Hygrocybe virginea■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科
R3-06328中国産の黄色のホウネンゴケ属地衣の予備研究2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, オキセピン類/oxepins, ジロホール酸/gyrophoric acid, スチクチン酸類/stictic acids, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, マロン酸類/malonic acids, リゾカルプ酸/rhizocarpic acid, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地上生地衣/terricolous lichen, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 寄生菌/parasite, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 検索表/identification key, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 菌寄生菌/mycoparasite, 配列決定/sequencing, 鱗片状地衣/squamulose lichenA preliminary study of the yellow Acarospora of China中国、新疆産の黄色のホウネンゴケ属地衣4種を検討した。そのうちAcarospora fulvaおよびA. stapfianaを中国新産種として報告した。中国産ホウネンゴケ属地衣の検索表を掲載した。Acarospora fulva■ / Acarospora heufleriana / Acarospora schleicheri / Acarospora stapfiana■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-06327中国雲南省産の新種、Lemonniera yulongensis2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, リター菌/litter fungi, 中国/China, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 垂直分布/vertical distribution, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新種記載/new species, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 雲南省/YunnanLemonniera yulongensis sp. nov. From Yunnan, China中国雲南省の河川において水中に沈んだ腐朽葉から分離された菌を検討し、Lemonniera yulongensisとして新種記載した。本種は分生子形成細胞がモノフィアライドで、分生子に主に4本の腕を有することなどで特徴づけられた。本種は典型的な本属菌よりも高標高に産した。Lemonniera yulongensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱
R3-06326Haploporus属の系統分類および多様性2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, Melicytus属, MycoKeys, TreeBASE, アリゾナ州/Arizona, ウワミズザクラ属/Padus, オーストラリア/Australia, オーストラリア新産種/Australia_new record, コナラ属/Quercus, シノニム/synonym, スミレ科/Violaceae, タイプスタディ/type study, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, バラ科/Rosaceae, ビクトリア州/Victoria, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 米国/USA, 腐生菌/saprobe, 誤同定/misidentification, 雲南省/YunnanPhylogeny and diversity of Haploporus (Polyporaceae, Basidiomycota)中国または米国からHaploporus angustisporus、H. crassus、H. gilbertsonii、H. microsporusの4新種を記載した。また、新組み合わせH. pirongiaを提唱し、2種をシノニムに落とした。H. pirongiaをオーストラリア新産種として報告した。Haploporus angustisporus★ / Haploporus crassus★ / Haploporus gilbertsonii★ / Haploporus microsporus★ / Haploporus odorus / Haploporus pirongia▲■ / Haploporus subtrameteusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-06325インド産の新種、Antrodiella indica2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, インド/India, チャンディーガル連邦直轄領/Chandigarh, ナンバンサイカチ属/Cassia, ハリヤーナー州/Haryana, パンジャーブ州(インド)/Punjab (India), マメ科/Fabaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeAntrodiella indica, a new species from Indiaインド、チャンディーガルで採集された多孔菌の一種を検討し、Antrodiella indicaとして新種記載した。本種は枯死したCassia fistulaに発生していた。本種はA. romelliiとは担子胞子のサイズおよび形状が異なっていた。Antrodiella indica★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-06324Heteroconium属2新種および中国新産の森林に生息する微小菌2種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Anneslea属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クスノキ科/Lauraceae, シロダモ属/Neolitsea, モッコク科/Ternstroemiaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forestTwo new Heteroconium species and two other forest microfungi newly recorded from China中国海南省の熱帯林に産した2種の微小菌を検討し、Heteroconium annesleaeおよびH. neolitseaeとして新種記載した。前者はAnneslea hainanensis、後者はNeolitsea obtusifoliaの腐朽枝にそれぞれ発生した。また、中国新産種としてXenoheteroconium bicolorおよびCraspedodidymum fimbriatumを報告した。Craspedodidymum fimbriatum■ / Heteroconium annesleae★ / Heteroconium neolitseae★ / Xenoheteroconium bicolor■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Antennulariellaceae/アンテニュラリエラ科
R3-06323南アフリカにおけるヒマワリの葉枯病の原因菌、Alternaria alternata2018European journal of Plant Pathology2018年の論文/published in 2018, European journal of Plant Pathology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キク科/Asteraceae, コッホの原則/Koch_s postulation, ハウテン州/Gauteng, ヒマワリ属/Helianthus, フリーステイト州/Free State, ムプマランガ州/Mpumalanga, リンポポ州/Limpopo, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 病害評価尺度/disease rating scale, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 統計解析/statistical analysis, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization methodAlternaria alternata, the causal agent of leaf blight of sunflower in South Africa南アフリカにおいてヒマワリの葉枯病の原因菌を調査し、Alternaria alternataと同定した。接種試験で全分離菌株の病原性を確かめ、南アフリカにおいて本種がヒマワリの葉枯病を引き起こすことを初めて報告した。一方、従来病原菌とされてきたA. helianthiは分離されなかった。Alternaria alternataPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06322イネ科植物に生じるPhyllachora属2新種2018Mycosystema2018年の論文/published in 2018, Mycosystema, Sphaerocaryum属, イネ科/Poaceae, チゴザサ属, 中国/China, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 雲南省/Yunnan, 黒脂病/kuroyani-byo (tar spot)Two new species of graminicolous Phyllachora (Phyllachoraceae, Ascomycota)中国雲南省からPhyllachora isachnicolaおよびP. sphaerocaryiの2新種を記載した。前者はIsachne albens、後者はSphaerocaryum malaccenseをそれぞれ宿主としていた。Sphaerocaryum属植物を宿主とする本属菌の報告は初となった。Phyllachora isachnicola★ / Phyllachora sphaerocaryi★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Phyllachorales/フィラコラ目_Phyllachoraceae/フィラコラ科
R3-06321ルクセンブルク新産の地衣生担子菌、Arrhenia peltigerina2008Bulletin de la Societe des Naturalistes Luxembourgeois2008年の論文/published in 2008, Bulletin de la Societe des Naturalistes Luxembourgeois, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, フランス語/French, ルクセンブルク/Luxembourg, ルクセンブルク広域行政区/Distrikt Lëtzebuerg, ルクセンブルク新産種/Luxembourg_new record, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新産種報告/new record, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic surveyArrhenia peltigerina, un basidiomycète lichénicole nouveau pour la mycoflore luxembourgeoise (Basidiomycota, Agaricales, Tricholomataceae)地衣生担子菌の稀産種、Arrhenia peltigerinaをルクセンブルク新産種として報告した。本種は乾燥した石灰質土壌の芝生において、ツメゴケ属地衣の枯死した地衣体に生じていた。本種はヨーロッパにおいてはイギリス、スカンジナビア、フランス、スペインから報告されていた。Arrhenia peltigerina■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hygrophoraceae/ヌメリガサ科
R3-06320バミューダ産のイボゴケ属地衣を宿主とする地衣生不完全糸状菌の新属新種、Isthmoconidium bacidiicola2013Opuscula Philolichenum2013年の論文/published in 2013, Opuscula Philolichenum, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イギリス/United kingdom, イボゴケ属/Bacidia, エノキ属/Celtis, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, ニレ科/Ulmaceae, バミューダ諸島/Bermuda, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 菌寄生菌/mycoparasiteIsthmoconidium bacidiicola, a new genus and species of lichenicolous hyphomycetes on Bacidia from BermudaバミューダにおいてBacidia heterochroaの地衣体に生じた菌を検討し、新属新種Isthmoconidium bacidiicolaとして記載した。本種は分生子果がごく小型で、分生子形成細胞が多出芽型、分生子が帯紫色で2細胞からなり、接続部が狭窄することなどで特徴づけられた。本種の感染により宿主の地衣体は微かに暗色化したが、目に見える傷害は発生しなかった。Isthmoconidium bacidiicola★Deuteromycota/不完全菌門_Deuteromycotina/不完全菌亜門_Hyphomycetes/不完全糸状菌綱
R3-06319新種Hyphopichia buzziniiおよびCandida homilentomaのテレオモルフである新組み合わせHyphopichia homilentomaの記載2017Antonie van Leeuwenhoek2017年の論文/published in 2017, Antonie van Leeuwenhoek, Clidemia属, forma asexualis, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アミノ酸要求性/amino acid requirement, ウルシ科/Anacardiaceae, ウレアーゼ試験/urease test, スライド培養法/slide culture method, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, デンプン/starch, ノボタン科/Melastomataceae, パラー州/Pará, ブラジル/Brazil, マンゴー属/Mangifera, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 二型性/dimorphism, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 仏領ギアナ/French Guiana, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 森林/forest, 水試料/water sample, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 葉面菌/leaf surface fungi, 虫散布/dispersal by insects, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 酸耐性試験/acid resistance test, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyDescription of Hyphopichia buzzinii f.a., sp. nov. and Hyphopichia homilentoma comb. nov., the teleomorph of Candida homilentomaブラジルおよび仏領ギアナにおいて酵母の多様性を調査し、Hyphopichia buzziniiとして新種記載した。また、ブラジルにおいてCandida homilentomaを分離し、交配試験により本種のテレオモルフを見出してHyphopichia属に移した。その他、Hyphopichiaクレードに含まれる6種のCandida属菌を転属させた。Hyphopichia buzzinii★ / Hyphopichia fennica▲ / Hyphopichia gotoi▲ / Hyphopichia homilentoma▲ / Hyphopichia khmerensis▲ / Hyphopichia pseudorhagii▲ / Hyphopichia rhagii▲ / Hyphopichia wangnamkhiaoensis▲Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-06318臨床的に非常に重要な血流感染性病原菌、Lodderomyces elongisporus2018New Microbes and New Infections2018年の論文/published in 2018, MIC, New Microbes and New Infections, クウェート/Kuwait, ヒト病原菌/human pathogen, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養同定キット/culture identification kit, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 文献調査/literature survey, 日和見感染症/opportunistic infection, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 真菌血症/mycohaemia, 致死的転帰/fatal outcome, 誤同定/misidentification, 配列決定/sequencing, 酵母/yeastLodderomyces elongisporus: a bloodstream pathogen of greater clinical significanceLodderomyces elongisporusによる進行性真菌血症を発症した、明白なリスク因子のない71歳女性の症例を報告した。VITEK2では誤同定されたが、培養性状およびITS領域の塩基配列に基づき本種と同定した。カスポファンギンによる治療を実施したが、患者は3日以内に死亡した。Lodderomyces elongisporusAscomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-06317新種Fistulinella ruschii、およびブラジルの大西洋岸森林におけるFistulinella campinaranae var. scrobiculataの新記録2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Mycologia, TreeBASE, エスピリトサント州/Espirito Santo, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, タイプスタディ/type study, バイーア州/Bahia, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, マメ科/Fabaceae, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 標本入手不可/specimen not available, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 走査型電子顕微鏡/SEM, 降水量/precipitationFistulinella ruschii, sp. Nov., and a new record of Fistulinella campinaranae var. scrobiculata for the Atlantic Forest, Brazilブラジルの大西洋岸森林で採集された菌を検討し、Fistulinella ruschiiとして新種記載した。本種はマメ科樹木近傍の地上に発生し、側シスチジアが広円筒形で隔壁を有することなどで特徴づけられた。また、ブラジルのアマゾンから知られていたF. campinaranae var. scrobiculataを大西洋岸森林から初めて記録した。Fistulinella campinaranae■ / Fistulinella ruschii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-06316中国においてゲンゲ属植物に病害を引き起こす新種、Embellisia astragali2007Mycologia2007年の論文/published in 2007, Mycologia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ゲンゲ属/Astragalus, コッホの原則/Koch_s postulation, マメ科/Fabaceae, 中国/China, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分離頻度/isolation frequency, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 寧夏回族自治区/Ningxia, 山西省/Shanxi, 感染様式/mode of infection, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気温/temperature, 温帯域/temperate zone, 温度適性/temperature aptitude, 甘粛省/Gansu, 生長速度/growth rate, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胞子の発芽/germination of spores, 致死率/mortality rate, 草地/grassland, 萎黄病/chlorosis, 葉枯病/leaf blotch, 降水量/precipitationA new species, Embellisia astragali sp. nov., causing standing milk-vetch disease in China中国においてAstragalus adsurgensの葉、葉柄、および茎に生じた菌を検討し、Embellisia astragaliとして新種記載した。本種は甘粛省において壊滅的な被害をもたらしたが、中国北部のほとんどの省において種子に感染していることが示唆された。本種の病原性は接種試験でも確かめられ、本種はマメ科植物を宿主とする初のEmbellisia属病原菌として報告された。Embellisia astragali★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06315タイにおいて海生の海綿から分離された新種、Aspergillus similanensis2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, タイ/Thailand, パンガー県/Phang Nga, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 水生菌/aquatic fungi, 海生菌/marine fungi, 海綿動物/sponge, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 生長速度/growth rate, 稀産種/rare species, 走査型電子顕微鏡/SEMAspergillus similanensis sp. nov. from a marine sponge in Thailandタイ、パンガー県のサンゴ礁において海綿から分離された菌を検討し、Aspergillus similanensisとして新種記載した。本種は子嚢胞子表面が微細な網目状で、赤道面に2列の鶏冠状隆起を有することなどで特徴づけられた。また、本種はMEA培地でのコロニーが帯黄色であり、CzA培地での生長が著しく制限された。Aspergillus similanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-06314台湾新産の多孔菌類4種2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Mycotaxon, クスノキ科/Lauraceae, ニッケイ属/Cinnamomum, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 南投県/Nantou, 台中市/Taichung, 台北市/Taipei, 台湾/Taiwan, 台湾新産種/Taiwan_new record, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeFour species of polyporoid fungi newly recorded from Taiwan台湾新産種としてCeriporiopsis pseudogilvescens、Megasporia major、Phlebiopsis castanea、およびTrametes maximaを報告した。これらの種はそれぞれヤナギ属、ニッケイ属、マツ属植物、被子植物の材に発生し、白色腐朽を引き起こした。各種の同定はITS領域の塩基配列によっても確かめられた。Ceriporiopsis pseudogilvescens■ / Megasporia major■ / Phlebiopsis castanea■ / Trametes maxima■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科
R3-06313「地上の星」ヒメツチグリ属:パラグアイのパンタナルにおける新記録2018Steviana2018年の論文/published in 2018, Steviana, アルト・パラグアイ県, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, パラグアイ/Paraguay, パラグアイ新産種/Paraguay_new record, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 熱帯域/tropics, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes“Estrellas de tierra” Geastrum (Geastraceae, Basidiomycota): nuevas citas para el Pantanal paraguayoGeastrum argentinum、G. hariotii、およびG. pampeanum var. pallidumをパラグアイから初めて報告した。また、G. saccatumおよびG. triplexをパラグアイ北東部およびパンタナルから初めて報告した。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載し、分布および分類に関して記述した。Geastrum argentinum■ / Geastrum hariotii■ / Geastrum pampeanum■ / Geastrum saccatum■ / Geastrum triplex■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科
R3-06312イギリス新産の特筆すべきコウヤクタケ類、Trechinothus smardae2018Field Mycology2018年の論文/published in 2018, Field Mycology, イギリス/United kingdom, イギリス新産種/United Kingdom_new record, イングランド/England, インターネットを活用した情報収集/using the Internet for research, コウヤクタケ類/corticioid fungi, トネリコ属/Fraxinus, ハンプシャー/Hampshire, モクセイ科/Oleaceae, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorphTrechinothus smardae A remarkable new British corticioid fungusイギリスのハンプシャーにおいてセイヨウトネリコの材に発生した菌をTrechinothus smardaeと同定した。本種は厚壁胞子が初め無色で、成熟すると帯赤褐色の樹脂状物質に覆われることなどで特徴づけられた。本種は子実体にニンニク臭があり、5胞子性の担子器を有していたが、そのような報告は以前にはなかった。Trechinothus smardae■Basidiomycota/担子菌門
R3-06311モロッコ産の栽培植物に関連するサビキン目菌類の研究2013Journal of Applied Biosciences2013年の論文/published in 2013, Journal of Applied Biosciences, さび菌/rust fungi, イネ科/Poaceae, インゲンマメ属/Phaseolus, サトウキビ属/Saccharum, シソ科/Lamiaceae, タンジェ=テトゥアン=アル・ホセイマ地方, ネギ属/Allium, ハッカ属/Mentha, ヒガンバナ科/Amaryllidaceae, ヒヨコマメ属/Cicer, フランス語/French, マメ科/Fabaceae, モロッコ/Morocco, モロッコ新産種/Morocco_new record, ラバト=サレ=ケニトラ地方/Rabat-Salé-Kénitra, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 絶対寄生菌/obligate parasite, 胞子の発芽/germination of sporesÉtude de quelques Pucciniales lies aux plantes cultivees au Marocモロッコ北西部において栽培植物に発生するさび菌の調査を実施した。5種の栽培植物からPuccinia alliiなど5種を同定した。うち2種がモロッコからの初報告であり、その他の種も新規宿主に見出された。Puccinia allii / Puccinia melanocephala■ / Puccinia menthae / Uromyces appendiculatus■ / Uromyces ciceris-arietini■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-06310ロシア新産種Subulicystidium perlongisporum、およびその分子研究に関する記録2016Nova Hedwigia2016年の論文/published in 2016, Nova Hedwigia, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, カルーガ州, コウヤクタケ類/corticioid fungi, トネリコ属/Fraxinus, マツ科/Pinaceae, モクセイ科/Oleaceae, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 呈色反応/chemical reaction, 散布図/scatter plot, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 東欧新産種/East Europe_new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 配列決定/sequencingSubulicystidium perlongisporum (Trechisporales, Basidiomycota) new to Russia, with notes on a molecular study of the speciesロシア、カルーガ州のウグラ国立公園で採集されたSubulicystidium perlongisporumを東欧およびロシアにおける新産種として報告した。本種はセイヨウトネリコの倒木に発生し、顕著に長い針状の担子胞子などで特徴づけられた。本種の担子胞子のサイズおよびITS領域の塩基配列をS. longisporumと比較した。Subulicystidium perlongisporum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-06309新種Acrogenospora hainanensis、および中国南部産の微小菌類の新産種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 広東省/Guangdong, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 異隔壁/distoseptumAcrogenospora hainanensis sp. nov. and new records of microfungi from southern China中国海南省において枯れ枝に生じた菌を検討し、Acrogenospora hainanensisとして新種記載した。本種は分生子形成様式が単出芽型で、分生子が球形または類球形の単細胞であることなどで特徴づけられた。中国新産種としてAcrogenospora gigantospora、Nakataea fusispora、およびPseudospiropes costaricensisを報告した。Acrogenospora gigantospora■ / Acrogenospora hainanensis★ / Nakataea fusispora■ / Pseudospiropes costaricensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Magnaporthaceae/マグナポルテ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科
R3-06308インド産ソウメンタケ型菌類の多様性および分布、インド中部産の3種2018International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences2018年の論文/published in 2018, International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences, アカシア属/Acacia, インド/India, シソ科/Lamiaceae, チーク属/Tectona, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, マメ科/Fabaceae, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 担子菌地衣/basidiomycete lichen, 文献調査/literature survey, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 腐植土/humus, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食用きのこ/edible mushroomsDiversity and Distribution of Clavarioid Fungi in India, Three Fungi from Central India文献を基にインド産ソウメンタケ型菌類の一覧を作成し、13州から17属108種を記録した。最も多かった属はホウキタケ属で、シロソウメンタケ属、ナギナタタケ属がそれに続いた。Phaeoclavulina flaccida、Ramariopsis kunzei、およびR. subtilisの3種の標本を検討した。Phaeoclavulina flaccida / Ramariopsis kunzei / Ramariopsis subtilisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Clavariaceae/シロソウメンタケ科
R3-06307ヨズガト県に産したトルコ新産種、Leucopaxillus lepistoides2018Süleyman Demirel Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi2018年の論文/published in 2018, Süleyman Demirel Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヨズガト県/Yozgat, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 草地/grassland, 食用きのこ/edible mushroomsLeucopaxillus lepistoides: A New Record for Turkish Mycota from Yozgat Provinceトルコ、ヨズガト県からLeucopaxillus lepistoidesをトルコ新産種として報告した。本種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。本種は普通種ではなく、トルコにおいてはマツ林において草の間に発生していた。Leucopaxillus lepistoides■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-06306乾燥を好む稀産種、Battarrea stevenii:ブラジル新産種2007Acta Botanica Brasilica2007年の論文/published in 2007, Acta Botanica Brasilica, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 腹菌類/gastromycetes, 菌類相調査/mycofloristic survey, 走査型電子顕微鏡/SEMBattarrea stevenii (Libosch.) Fr. (Tulostomataceae), um raro fungo xerófilo: primeiro registro para o Brasil稀産種のBattarrea steveniiをブラジル新産種として報告した。本種は半乾燥地域において砂質土壌に単生していた。記載文および担子胞子と弾糸のSEM写真を掲載し、B. phalloidesとの相違点を記述した。Battarrea stevenii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06305ヒマラヤ産の新種の地衣、Cladonia lutescens2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, インド/India, ウスニン酸類/usnic acids, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, ベンゾフラン類/benzofurans, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyCladonia lutescens, a new lichen species from the Himalayasインド、ヒマーチャル・プラデーシュ州で採集された樹皮生地衣の一種を検討し、Cladonia lutescensとして新種記載した。本種はCocciferae節に含まれるとみられた。本種は地衣体が帯黄色で、地衣成分としてウスニン酸およびホモ石花酸を含むことなどで特徴づけられた。Cladonia lutescens★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科
R3-06304生体栄養性微小菌類に関する雑記2006Schlechtendalia2006年の論文/published in 2006, Cordylanthus属, Galega属, Hedypnois属, Jaborosa属, Oxybaphus属, Pfaffia属, Schlechtendalia, うどんこ病/powdery mildew, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, インド/India, ウコギ科/Araliaceae, オシロイバナ科/Nyctaginaceae, オランダ/Netherlands, キオン属/Senecio, キク科/Asteraceae, キヅタ属/Hedera, ケララ州/Kerala, コウゾリナ属/Picris, サバンナ/savannah, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, センダン属/Melia, センダン科/Meliaceae, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ナス科/Solanaceae, ナツフジ属/Millettia, ノルトライン=ヴェストファーレン州/Nordrhein-Westfalen, ハカマカズラ属/Bauhinia, ハス属/Nelumbo, ハス科/Nelumbonaceae, ハマウツボ科/Orobanchaceae, ヒユ科/Amaranthaceae, ブエノスアイレス州/Buenos Aires, ブラジリア連邦直轄区/Distrito Federal (Brazil), ブラジル/Brazil, ヘッセン州/Hessen, マメ科/Fabaceae, ユタ州/Utah, ユトレヒト州/Utrecht, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 付着器/appressorium, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 庭園/garden, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新学名提唱/new scientific name, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 水辺/waterside, 河川/river, 温室/greenhouse, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 花卉圃場/flower field, 葉面菌/leaf surface fungiMiscellaneous notes on biotrophic micromycetes米国、ブラジル、オランダ、アルゼンチン、インドからそれぞれ1種ずつの微小菌を新種記載した。また、Erysiphe castaneigenaなど3種の新学名を提唱した。ドイツ新産種として1種、アルゼンチン新産種として4種のうどんこ病菌をそれぞれ報告した。Cercospora apii■ / Erysiphe castaneigena◆ / Erysiphe coriariigena◆ / Fusicladium subsessile / Golovinomyces orontii■ / Golovinomyces rogersonii★ / Oidium bauhiniicola★ / Oidium meliacearum★ / Passalora senecionicola★ / Podosphaera negeri◆ / Pseudoasperisporium millettiae★ / Pseudocercospora gomphrenae-pulchellae■ / Ramularia galegae■ / Ramularia inaequalis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Venturiaceae/ヴェンテュリア科
R3-06303韓国においてツワブキに生じたPuccinia caricisの葉さび病の初報告2015Mycobiology2015年の論文/published in 2015, Mycobiology, さび菌/rust fungi, キク科/Asteraceae, ツワブキ属/Farfugium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 寄生菌/parasite, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South KoreaFirst Report of Leaf Rust Caused by Puccinia caricis in Farfugium japonicum in Korea韓国鬱陵島においてツワブキに生じたさび病を検討し、原因菌をPuccinia caricisと同定した。ツワブキは本種の宿主として初めて報告された。nrLSUに基づく分子系統解析や走査型電子顕微鏡による観察などを行い、形態形質の既報との比較表を掲載した。Puccinia caricisBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-06302トルコ、キュタヒヤ県およびコンヤ県における変形菌類の多様性と生態、および4新産種2018Mycobiology2018年の論文/published in 2018, Mycobiology, アジア新産種/Asia_new record, カバノキ科/Betulaceae, キュタヒヤ県/Kütahya, コンヤ県/Konya, サクラ属/Prunus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ナシ属/Pyrus, ハシバミ属/Corylus, バラ科/Rosaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リター菌/litter fungi, リンゴ属/Malus, 変形体/plasmodium, 変形菌類/slime mold, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 気温/temperature, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitationDiversity and Ecology of Myxomycetes from Kütahya and Konya (Turkey) with Four New Recordsトルコ、キュタヒヤ県およびコンヤ県において樹皮、リター、材などから湿室法で得られた変形菌類を検討した。12属36種を同定し、そのうちDidymium balearicum、Macbrideola oblonga、Paradiacheopsis erythropodia、およびPerichaena pedataをトルコ新産種として報告した。ほとんどの種はサクラ属、リンゴ属、およびPinus nigraの生木樹皮に見出された。Diderma deplanatum / Didymium balearicum■ / Macbrideola oblonga■ / Paradiacheopsis erythropodia■ / Perichaena pedata■ / Physarum serpulaMyxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Physarales/モジホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科_Trichiales/ケホコリ目_Trichiaceae/ケホコリ科_Physaraceae/モジホコリ科
R3-06301系統学的研究により証拠づけられた北半球の亜寒帯域および北極圏におけるRussula globispora系統内での異なる種分化メカニズム2019IMA fungus2019年の論文/published in 2019, IMA fungus, UNITE, アルプス山脈/Alps, カイバル・パクトゥンクワ州/Khyber Pakhtunkhwa, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, タイプスタディ/type study, チベット自治区/Tibet, チョウノスケソウ属/Dryas, バラ科/Rosaceae, パキスタン/Pakistan, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ビャクシン属/Juniperus, ホストシフト/host shift, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, ロッキー山脈/Rocky Mountains, 中国/China, 亜寒帯域/subarctic, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北極圏/Arctic, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林.亜高山帯, 環境配列/environmental sequence, 生物地理学/biogeography, 石灰岩/limestone, 種分化/speciation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 遺伝子流動/gene flow, 高山帯/alpine regionPhylogenetic study documents different speciation mechanisms within the Russula globispora lineage in boreal and arctic environments of the Northern Hemisphereヨーロッパ、北米、ヒマラヤ、パキスタンなどの亜高山帯~高山帯、亜寒帯域、北極圏、亜熱帯域などで採集されたRussula globispora系統を対象に、複数遺伝子に基づく分子系統解析を実施した。ヨーロッパおよび北米産標本が単一種R. dryadicolaからなり、ヒマラヤ南東部産標本が2新種、R. abbottabadensisおよびR. tengiiからなっていた。本菌群における種分化が地理的距離やホストスイッチではなく気候の分離および適応によりもたらされることが示唆された。Russula abbottabadensis★ / Russula dryadicola / Russula tengii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06300インド、ケララ州のコッタヤム・フォレストに産したメリオラ科の4新規分類群2011Journal of Threatened Taxa2011年の論文/published in 2011, Garuga属, Gouania属, Journal of Threatened Taxa, Lophopetalum属, アオギリ科/Sterculiaceae, インド/India, インド新産種/India_new record, カンラン科/Burseraceae, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, ケララ州/Kerala, ニシキギ科/Celastraceae, ピンポンノキ属/Sterculia, ベーリの式/Beeli formula, ホルトノキ属/Elaeocarpus, ホルトノキ科/Elaeocarpaceae, 付着器/appressorium, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新変種記載/new variety, 新産種報告/new record, 葉面菌/leaf surface fungiFour new Meliolaceae (Sordariomycetes: Meliolales) members from Kottayam forests in Kerala State, Indiaインド、ケララ州からAppendiculella elaeocarpicolaなど4分類群(3新種1新変種)を記載した。これらはそれぞれホルトノキ属、ピンポンノキ属、Gouania属、Lophopetalum属植物を宿主としていた。また、インド新産種としてMeliola garugaeを新規宿主のGaruga pinnataから報告した。Appendiculella elaeocarpicola★ / Meliola garugae■ / Meliola gouaniae★ / Meliola lophopetaligena★ / Meliola sterculicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Meliolales/メリオラ目_Meliolaceae/メリオラ科
R3-06299北米南東部に産したリケキサントンを含む葉状地衣の新種、Hypotrachyna oprah2019Castanea2019年の論文/published in 2019, Castanea, アパラチア山脈/Appalachian Mountains, アラバマ州/Alabama, キサントン類/xanthones, コナラ属/Quercus, ノースカロライナ州/North Carolina, フロリダ州/Florida, ブナ科/Fagaceae, リケキサントン類/lichexanthones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 稀産種/rare species, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyHypotrachyna oprah (Parmeliaceae, Lichenized Ascomycota), a new foliose lichen with lichexanthone from southeastern North America米国アラバマ州、フロリダ州、およびノースカロライナ州で採集された葉状地衣の一種を検討し、Hypotrachyna oprahとして新種記載した。本種は稀産種とみられ、粉芽塊が頭状であり、紫外線で明るい黄色の蛍光を発し、リケキサントンや”echinocarpic acid”を含むことなどで特徴づけられた。本種は同じく頭状の粉芽塊を有する同属他種とは地衣成分の構成などが異なっていた。Hypotrachyna oprah★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06298中国においてリンゴ果実に斑点病を引き起こす新種の病原菌、Alternaria malicola2018Plant Disease2018年の論文/published in 2018, Plant Disease, TreeBASE, バラ科/Rosaceae, リンゴ属/Malus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 陝西省/ShaanxiAlternaria malicola sp. nov., a New Pathogen Causing Fruit Spot on Apple in China中国陝西省において斑点病に罹病したリンゴ果実から分離された菌を検討し、Alternaria malicolaとして新種記載した。本種はin vitroでもリンゴの葉および心皮に病徴を引き起こした。本種はリンゴの”black dot”、”Alternaria leaf blotch”、および”moldy core”の3病害全てに潜在的に関係していると推測された。Alternaria malicola★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06297Alternaria属菌の節間分布 (3):Infectoriae節およびPseudoalternaria節2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カリフォルニア州/California, スノキ属/Vaccinium, ツツジ科/Ericaceae, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 節概念/section concept, 節概念の修正/section concept_emendation, 米国/USA, 胞子形成誘導/sporulation induction, 誤同定/misidentificationDistribution of Alternaria species among sections. 3. Sections Infectoriae and Pseudoalternaria形態学的検討に基づき、Alternaria属Infectoriae節に9種を加えた。また、Pseudoalternaria節を、ブルーベリー果実から分離された新種A. parvicaespitosaを含む3種とした。両節の記載を修正し、種名一覧を掲載した。Alternaria parvicaespitosa★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06296中国産のHansfordia属2新種および1新産種2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, マカオ特別行政区, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 浙江省/Zhejiang, 青海省/ChinghaiTwo new species and a new record of Hansfordia from China中国からHansfordia roseaおよびH. qinghaiensisの2新種を記載した。また、中国新産種としてH. caricisを報告した。本属菌の検索表を掲載した。Hansfordia caricis■ / Hansfordia qinghaiensis★ / Hansfordia rosea★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06295中国産腐生性不完全糸状菌類:Ceratosporium属およびTetraploa属の新産種2010Cryptogamie Mycologie2010年の論文/published in 2010, Cryptogamie Mycologie, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, リター菌/litter fungi, 中国/China, 安徽省/Anhui, 山地/mountains, 材生息菌/lignicolous fungus, 湿室法/moist chamber method, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 遼寧省/Liaoning, 雲南省/YunnanSaprobic hyphomycetes from China: New records of Ceratosporium and TetraploaCeratosporium fuscescensなど腐生性不完全糸状菌の5分類群を中国本土から初めて報告した。これらの菌はいずれも分生子に分枝する腕を有しており、遼寧省、雲南省、および安徽省において材やタケの稈に発生していた。C. gracileと類似分類群の形質比較表を掲載した。Ceratosporium fuscescens■ / Ceratosporium gracile■ / Ceratosporium productum■ / Ceratosporium verrucosum■ / Tetraploa aristata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Tetraplosphaeriaceae/テトラプロスフェリア科
R3-06294ブラジル、アマゾン南部地域に産した新種Geastrum hyalinum2019Studies in Fungi2019年の論文/published in 2019, Studies in Fungi, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ブラジル/Brazil, マットグロッソ州/Mato Grosso, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEMGeastrum hyalinum (Basidiomycota, Geastraceae), a new species from Brazilian Southern Amazonブラジル、マットグロッソ州で採集された菌を検討し、Geastrum hyalinumとして新種記載した。本種はグレバが白色で、担子胞子、弾糸、殻皮の菌糸などがいずれも無色である点が本属菌として特異的であった。本種はマットグロッソ州から報告された2番目のヒメツチグリ属菌となった。Geastrum hyalinum★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科
R3-06293ポー平原の乾燥した生息地に産したハナゴケ属地衣のイタリア新産種2種2018Herzogia2018年の論文/published in 2018, Herzogia, アルカン/alkane, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, カルボン酸類/carboxylic acids, コドラート調査/quadrat survey, セトラル酸類/cetraric acids, ヒースランド/heathland, ピエモンテ州/Piedmont, フマル酸類/fumarates, ブルゲアン酸類/bourgeanic acids, プソロミン酸/psoromic acid, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, プロピオン酸類/propionic acids, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, ロンバルディア州/Lombardia, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 土壌pH/soil pH, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 樹状地衣/fruticose lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 粘土質土壌/clayey soil, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 酸性土壌/acidic soilTwo Cladonia species new to Italy from dry habitats in the Po Plainイタリアのポー平原においてイタリア新産種のCladonia conistaおよびC. pulvinataを採集した。これらはそれぞれ乾燥した草地の4ヶ所、5ヶ所で見出され、同時に発生することもあった。本報告によりイタリア産のハナゴケ属地衣の既知分類群数は82に増加した。Cladonia conista■ / Cladonia pulvinata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Cladoniaceae/ハナゴケ科
R3-06292中国南西部、貴州省においてチョウ目昆虫の幼生に生じた新種Metacordyceps shibinensis2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, 中国/China, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 貴州省/GuizhouMetacordyceps shibinensis sp. nov. from larvae of Lepidoptera in Guizhou Province, southwest China中国貴州省においてチョウ目昆虫の幼生に発生した冬虫夏草の一種を検討し、Metacordyceps shibinensisとして新種記載した。本種は子座が白色~かすかに黄色を帯び、子嚢果が比較的短く、子嚢および子嚢胞子が本菌群において最短であることなどで特徴づけられた。本新種と類縁のMetacordyceps属菌を含む分子系統樹および形質比較表を掲載した。Metacordyceps shibinensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-06291ブラジルのアマゾンにおける水生不完全菌の新産種2015Brazilian Journal of Botany2015年の論文/published in 2015, Brazilian Journal of Botany, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), アメリカ大陸新産種/Americas_new record, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, 南米新産種/South America_new record, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyFirst records of Ingoldian fungi from the Brazilian Amazonブラジル、アマゾナス州の小川において泡を採取し、水生不完全菌の調査を実施した。Tricladium curvisporumはアメリカ大陸新産種、3種はブラジル新産種として報告された。また、13種はブラジルのアマゾン地域における新産種であった。Alatospora acuminata■ / Anguillospora longissima■ / Articulospora tetracladia■ / Condylospora flexuosa■ / Condylospora gigantea■ / Condylospora spumigena■ / Dendrosporium lobatum■ / Dwayaangam cornuta■ / Flagellospora curvula■ / Ingoldiella hamata■ / Lemonniera aquatica■ / Scutisporus brunneus■ / Tricladium curvisporum■ / Triscelophorus acuminatus■ / Triscelophorus curviramifer■ / Triscelophorus deficiens■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Leotiaceae/ズキンタケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Ascomycota/子嚢菌門_Helotiaceae/ビョウタケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科
R3-06290非在来のブナ科植物を宿主とするExsudoporus permagnificusおよびPulchroboletus roseoalbidusの初記録、および分類学的所見2019Phytologia Balcanica2019年の論文/published in 2019, Phytologia Balcanica, コナラ属/Quercus, ハスコヴォ州, ブナ科/Fagaceae, ブルガリア/Bulgaria, ホストシフト/host shift, 侵略的外来種/invasive alien species, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 石灰質土壌/calcareous soil, 移入種/alien species, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungiFirst records of Exsudoporus permagnificus and Pulchroboletus roseoalbidus (Boletales) in association with non-native Fagaceae, with taxonomic remarksブルガリア南部から侵略的外来種のQuercus rubraを宿主とするExsudoporus permagnificusおよびPulchroboletus roseoalbidusの2種を報告した。Quercus rubraのExsudoporus属およびPulchroboletus属菌の宿主としての報告は初となった。ヨーロッパにおいてQ. rubraを宿主し、管孔を有するイグチ類の一覧表を掲載したほか、両属の分類に関して議論した。Exsudoporus permagnificus / Pulchroboletus roseoalbidusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-06289オーストリア産Psathyrella calcarea2011Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde2011年の論文/published in 2011, Österreichische Zeitschrift für Pilzkunde, オーストリア/Austria, ドイツ語/German, 呈色反応/chemical reaction, 検索表/identification key, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂質土壌/sandy soil, 芝生/lawn, 草地/grasslandPsathyrella calcarea in Österreichオーストリア産Psathyrella calcareaの標本を検討した。本種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。乾燥した温暖な地域に産し、石灰質を好むナヨタケ属菌の検索表を掲載した。Psathyrella calcareaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-06288イラク、クルディスタン地域におけるチャワンタケ科およびピロネマキン科の興味深い3新産種2019Plant Archives2019年の論文/published in 2019, Plant Archives, イラク/Iraq, イラク新産種/Iraq_new record, ウッドチップ生息菌/wood chip inhabiting fungus, クルディスタン地域/Iraqi Kurdistan, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperatureNew Interesting Records of Three Species from Pezizaceae and Pyronemataceae Families (Pezizalea, Ascomycota) to Kurdistan Region -Iraqイラク、クルディスタン地域のハラブジャ県において大型菌類の調査を実施した。イラク新産種としてPeziza repanda、P. badia、およびGeopora sumnerianaの3種を報告した。イラクにおけるピロネマキン科菌類の報告は初となった。Geopora sumneriana■ / Peziza badia■ / Peziza repanda■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-06287メキシコ産のキコブタケ属2新種2008Revista Mexicana de Biodiversidad2008年の論文/published in 2008, Lysiloma属, Revista Mexicana de Biodiversidad, カンペチェ州/Campeche, ケレタロ州/Queretaro, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, マメ科/Fabaceae, メキシコ/Mexico, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeDos especies nuevas del genero Phellinus (Hymenochaetales, Basidiomycota) en Mexicoメキシコの熱帯植生から背着生のPhellinus guzmaniiおよびPhellinus herreraeを新種記載した。前者はケレタロ州に産し、担子胞子が帯黄色の類球形~楕円形で、子実体縁部に菌糸状剛毛を有することなどで特徴づけられた。後者はカンペチェ州に産し、担子胞子が黄金色~帯黄褐色の長楕円形であることなどで特徴づけられた。Phellinus guzmanii★ / Phellinus herrerae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-06286インドネシアの熱帯林においてPinus merkusiiに生じた多孔菌の新種、Coltriciella minuscula2018Mycoscience2018年の論文/published in 2018, Mycoscience, TreeBASE, インドネシア/Indonesia, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 西ジャワ州/West JavaColtriciella minuscula sp. nov., a new species of poroid fungus on Pinus merkusii from an Indonesian tropical forestインドネシア、ボゴールの熱帯林においてPinus merkusiiに生じた菌を検討し、Coltriciella minusculaとして新種記載した。本種は子実体が小型で懸垂し、傘表面に明瞭な環紋を欠き、柄表面に長い毛を有し、担子器が2胞子性で、担子胞子に装飾を有することなどで特徴づけられた。本種はITS領域に基づく分子系統解析で独自の系統を形成した。Coltriciella minuscula★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-06285モンゴル産ゲジゲジゴケ属地衣3種2019Proceedings of the Mongolian Academy of Sciences2019年の論文/published in 2019, Proceedings of the Mongolian Academy of Sciences, ウランバートル市/Ulaanbaatar, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, ドルノド県/Dornod, モンゴル/Mongolia, モンゴル新産種/Mongolia_new record, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 大興安嶺山脈/Greater Khingan, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 葉状地衣/foliose lichenThree species of Heterodermia recorded in MongoliaHeterodermia hypoleuca、H. japonica、およびH. subascendensをモンゴル新産種として報告した。1種はドルノド県において花崗岩に生じ、2種はウランバートル市の森林においてカバノキ属植物の樹皮に生じていた。本報告によりモンゴル産ゲジゲジゴケ属地衣の既知種は5種に増加した。Heterodermia hypoleuca■ / Heterodermia japonica■ / Heterodermia subascendens■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-06284サクランボ斑点病を引き起こす菌類の分子生物学的特性および病原性2019Mycosphere2019年の論文/published in 2019, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, サクラ属/Prunus, バラ科/Rosaceae, 中国/China, 付着器/appressorium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 北京市/Beijing, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生長速度/growth rate, 病原力/virulence, 統計解析/statistical analysis, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 萎黄病/chlorosis, 表面殺菌法/surface sterilization methodMolecular characterization and pathogenicity of fungal taxa associated with cherry leaf spot disease中国北京市においてセイヨウミザクラの葉の斑点病を調査し、分離された菌の形態学的検討および分子系統解析を実施した。Alternaria prunicola、A. pseudoeichhorniae、Colletotrichum pseudotheobromicola、Epicoccum pseudokeratinophilum、Nothophoma pruniの5新種を記載した。サクランボ3品種に対して3属9菌株を用いた接種試験を実施し、重症度が品種によって有意に異なることを示した。Alternaria alternata / Alternaria prunicola★ / Alternaria pseudoeichhorniae★ / Colletotrichum aenigma / Colletotrichum pseudotheobromicola★ / Epicoccum pseudokeratinophilum★ / Nothophoma pruni★ / Nothophoma quercina / Stagonosporopsis citrulliPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科_Didymellaceae/ディディメラ科
R3-06283インド、マハーラーシュトラ州、タプティ川において沈んだ材に生じた新種、Paoayensis aquatica2019Studies in Fungi2019年の論文/published in 2019, Studies in Fungi, インド/India, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 消失性子嚢/evanescent asci, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子発達様式/spore development stylePaoayensis aquatica sp. nov. (Ascomycetes) on submerged wood from the River Tapti, Maharashtra, Indiaインド、マハーラーシュトラ州の河川において沈んだ材に生じた菌を検討し、Paoayensis aquaticaとして新種記載した。本種は属の基準種であるP. lignicolaとは子嚢果、子嚢、および子嚢胞子の形態が異なっていた。インドからのPaoayensis属菌の報告は初となった。Paoayensis aquatica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Annulatascales/アニュラタスカス目_Annulatascaceae/アニュラタスカス科
R3-06282トルコ新産の3種の菌類2019Applied Ecology and Environmental Research2019年の論文/published in 2019, Applied Ecology and Environmental Research, エルズィンジャン県/Erzincan, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌根菌/mycorrhizal fungiThree new records for Turkish mycobiotaトルコ、トラブゾン県およびエルズィンジャン県からトルコ新産種として3種の大型担子菌類を報告した。Agaricus smithiiは地上、Coprinopsis goudensisは材上、Suillus tomentosusはマツの樹下のリターの間に発生していた。本報告によりハラタケ属、ヒトヨタケ属、ヌメリイグチ属のトルコ産既知分類群数はそれぞれ36、19、12となった。Agaricus smithii■ / Coprinopsis goudensis■ / Suillus tomentosus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Boletales/イグチ目_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-06281地衣生暗色不完全糸状菌について2006Herzogia2006年の論文/published in 2006, Herzogia, Physconia属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルタイ地方/Altai Krai, カエデ属/Acer, カナダ/Canada, ケベック州/Quebec, シェラン地域/Zealand, タイプスタディ/type study, デンマーク/Denmark, トリハダゴケ属/Pertusaria, トリハダゴケ科/Pertusariaceae, ムカデゴケ科/Physciaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 異隔壁/distoseptumOn some dematiaceous lichenicolous hyphomycetesロシアからCladosporium licheniphilum、カナダおよびデンマークからEllisembia lichenicolaをそれぞれ新種記載した。前者はPertusaria alpina、後者はトリハダゴケ属地衣およびPhysconia distortaを宿主としていた。Taeniolella laevistipitataをCorynespora属に移した。Cladosporium licheniphilum★ / Corynespora laevistipitata▲ / Ellisembia lichenicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Corynesporascaceae/コリネスポラスカ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱
R3-06280中国廬山産のSpadicoides属3新種2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 単胞子分離/single spore isolation, 山地/mountains, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 気温/temperature, 江西省/Jiangxi, 降水量/precipitation, 難培養性菌/uncultured fungiThree new species of Spadicoides from Lushan Mountain, China中国江西省の廬山からSpadicoides lushanensis、S. multiseptata、およびS. rostrataの3新種を記載した。S. lushanensisは分生子が淡褐色倒棍棒形平滑で6-8隔壁、S. multiseptataは分生子が淡褐色~褐色、倒棍棒形平滑で11-15隔壁であった。S. rostrataは分生子が淡褐色倒棍棒形平滑で主に5隔壁であった。Spadicoides lushanensis★ / Spadicoides multiseptata★ / Spadicoides rostrata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱
R3-06279横断山脈産の新種Hypogymnia caperatica、および大チベット地域およびブータンにおける稀な分類群について2018Herzogia2018年の論文/published in 2018, Herzogia, アトラノリン類/atranorins, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カペラート酸類/caperatic acids, クロマトグラム/chromatogram, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, スペルマチア/spermatia, タイプスタディ/type study, チベット自治区/Tibet, テルペノイド/terpenoids, トウヒ属/Picea, トリカルボン酸類/tricarboxylic acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ブムタン県, ブータン/Bhutan, ブータン新産種, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ルンツェ県, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 四川省/Sichuan, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 横断山脈/Hengduan Mountains, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 稀産種/rare species, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 脂肪酸/fatty acid, 草地/grassland, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine regionHypogymnia caperatica, a new species from the Hengduan Shan area (easternmost Tibetan region), with notes on some rare taxa from the greater Tibetan region and Bhutan中国で採集された地衣の一種を検討し、Hypogymnia caperaticaとして新種記載した。また、ブータン新産種としてH. sikkimensisなど3種を報告した。H. capitataをチベット東部地域の3ヶ所から新たに報告した。Hypogymnia caperatica★ / Hypogymnia capitata / Hypogymnia diffractaica■ / Hypogymnia hengduanensis■ / Hypogymnia pruinosa / Hypogymnia sikkimensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06278Hypoderma属5新種および中国産Hypoderma属既知種の検索表2006Nova Hedwigia2006年の論文/published in 2006, Nova Hedwigia, クスノキ科/Lauraceae, クロモジ属/Lindera, サルトリイバラ科/Smilacaceae, シオデ属/Smilax, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, メギ属/Berberis, メギ科/Berberidaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 安徽省/Anhui, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 帯線/zone line, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 漂白/bleaching, 葉面菌/leaf surface fungi, 雲南省/YunnanFive new species of Hypoderma (Rhytismatales, Ascomycota) with a key to Hypoderma species known from China中国の安徽省および雲南省において調査を実施し、Hypoderma属5新種を記載した。これらの新種はそれぞれメギ属、ツツジ属、クロモジ属、ツツジ属、シオデ属植物を宿主としていた。中国産の本属既知種の検索表を掲載した。Hypoderma berberidis★ / Hypoderma cuspidatum★ / Hypoderma linderae★ / Hypoderma shiqii★ / Hypoderma smilacicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-06277線虫捕食性Harposporium属菌、特に2新種における形態形質および感染過程2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 内部寄生菌/internal parasitic fungus, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染様式/mode of infection, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 生長速度/growth rate, 線虫寄生菌/nematode parasitic fungus, 線虫捕捉菌/nematode trapping fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 表面殺菌法/surface sterilization method, 雲南省/YunnanMorphological characteristics and infection processes of nematophagous Harposporium with reference to two new species中国雲南省から線虫捕食菌のHarposporium sinenseおよびH. multiformisを新種記載した。前者は三日月形の分生子および厚壁胞子を形成し、後者は純粋培養下で3種の分生子および1種の厚壁胞子を形成した。両種の感染過程を記述し、本属既知種の検索表を掲載した。Harposporium multiformis★ / Harposporium sinense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-06276タイ産糞生不完全糸状菌の多様性および分布2006Kasetsart Journal_Natural Science2006年の論文/published in 2006, Kasetsart Journal_Natural Science, アジアスイギュウ属/Bubalus, アジアゾウ属/Elephas, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウサギ科/Leporidae, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, サラブリー県/Saraburi, シカ科/Cervidae, ゾウ科/Elephantidae, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, ターミンジカ属, トラート県/Trat, ネズミ科/Muridae, バンコク/Bangkok, ヒト病原菌/human pathogen, ヤギ属/Capra, ラクダ属/Camelus, ラクダ科/Camelidae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 動物園/zoo, 動物病原菌/animal pathogen, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 希釈平板法/dilution plate method, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 病原真菌/pathogenic fungi, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyDiversity and Distribution of Hyphomycetes from Dung in Thailandタイにおいて様々な野生動物および家畜の糞から分離された不完全糸状菌を調査した。18県で採集された13種の動物の糞から406菌株を分離し、24属28種を記録した。Nodulisporium gregarium、Oidiodendron griseum、およびPithomyces karooの3種をタイ新産種として報告した。Alternaria alternata / Arthrinium phaeospermum / Arthrobotrys oligospora / Aspergillus candidus / Aspergillus clavatus / Aspergillus flavus / Aspergillus fumigatus / Aspergillus niger / Aspergillus terreus / Cephaliophora irregularis / Ceratocystis paradoxa / Cladosporium cladosporioides / Curvularia lunata / Exserohilum rostratum / Fusarium oxysporum / Fusarium solani / Memnoniella echinata / Myrothecium verrucaria / Nigrospora oryzae / Nodulisporium gregarium■ / Oidiodendron griseum■ / Paecilomyces lilacinus / Pithomyces karoo■ / Scopulariopsis brevicaulis / Scytalidium lignicola / Stachybotrys atra / Trichoderma hamatum / Trichoderma harzianumPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Apiosporaceae/アピオスポラ科_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Stachybotryaceae/スタキボトリス科_Xylariaceae/クロサイワイタケ科_Myxotrichaceae/ミクソトリカ科_Trichocomaceae/マユハキタケ科_Astrosphaeriellaceae/アストロスフェリエラ科_Microascaceae/ミクロアスカス科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Hypocreaceae/ニクザキン科
R3-06275ヨーロッパ新産種、Neoramularia bidentis2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キク科/Asteraceae, シロンスク県/Silesian, センダングサ属/Bidens, ポーランド/Poland, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 侵略的外来種/invasive alien species, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 東欧新産種/East Europe_new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 移入種/alien speciesThe first report of Neoramularia bidentis from EuropeポーランドからNeoramularia bidentisをヨーロッパ新産種として報告した。本種は侵略的外来種と考えられているBidens tripartitaを宿主としていた。本種は従来韓国のみから知られており、原記載とは分生子柄がやや短い点のみが異なっていた。Neoramularia bidentis■Ascomycota/子嚢菌門
R3-06274オランダのヤナギ林に産したピンゴケ類地衣の新種、Chaenotheca biesboschii2019The Lichenologist2019年の論文/published in 2019, The Lichenologist, オランダ/Netherlands, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分布域の変化/changes in the distribution area, 切片/section, 北ブラバント州/North Brabant, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気候変動/climate change, 水辺/waterside, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物地理学/biogeography, 移入種/alien speciesChaenotheca biesboschii a new calicioid lichen from willow forests in the Netherlandsオランダ、ビースボス国立公園で採集された地衣の一種を検討し、Chaenotheca biesboschiiとして新種記載した。本種は地衣体が埋生し帯灰緑色、子器が黄色、のちにさび褐色の粉霜に覆われ、子嚢胞子が球形で不規則な亀裂状装飾を有することなどで特徴づけられた。ヨーロッパ産ホソピンゴケ属地衣の検索表を掲載した。Chaenotheca biesboschii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科
R3-06273ザクロの葉の斑点病および実腐病を引き起こす新科ドウィルーパ科の新種、Dwiroopa punicae2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, ザクロ属/Punica, ジョージア州/Georgia, フロリダ州/Florida, ミソハギ科/Lythraceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 実腐病/fruit rot, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 米国/USA, 表面殺菌法/surface sterilization methodDwiroopa punicae sp. nov. (Dwiroopaceae fam. nov., Diaporthales), associated with leaf spot and fruit rot of pomegranate (Punica granatum)米国フロリダ州およびジョージア州においてザクロの葉の斑点病および実腐病を引き起こした菌を検討し、Dwiroopa punicaeとして新種記載し、接種試験により本種の病原性を確かめた。本種はザクロを宿主とする初のDwiroopa属菌として報告された。分子系統解析の結果を基に、Dwiroopa属に対する新科を提唱した。Dwiroopa punicae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-06272パキスタンにおけるさび菌類の新宿主記録2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, さび菌/rust fungi, アオイ科/Malvaceae, ウオトリギ属/Grewia, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, クワ科/Moraceae, コウゾ属/Broussonetia, ナツメ属/Ziziphus, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, パキスタン/Pakistan, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMNew host records of rust fungi (Pucciniales) from PakistanUredopeltis chevalieriの全世界における新宿主としてGrewia optivaおよびG. tenaxを報告した。パキスタンにおける新宿主としてCerotelium ficiのBroussonetia papyriferaを報告し、Phakopsora ziziphi-vulgarisの新宿主としてZiziphus spina-christi(パキスタン初)およびZ. oxyphylla(イスラマバード地域初)をそれぞれ報告した。また、Rosa centifoliaを宿主とするPhragmidium rosae-moschataeを掲載した。Cerotelium fici / Phakopsora ziziphi-vulgaris / Phragmidium rosae-moschatae / Uredopeltis chevalieriBasidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Phakopsoraceae/ファコプソラ科_Phragmidiaceae/フラグミディウム科
R3-06271ウクライナ新産種、Uromyces erythronii2017Ukrainian Botanical Journal2017年の論文/published in 2017, Ukrainian Botanical Journal, さび菌/rust fungi, ウクライナ/Ukraine, ウクライナ新産種/Ukraine_new record, カタクリ属, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, ザカルパッチャ州/Zakarpattia, ジトームィル州/Zhytomyr, フェノロジー/phenology, ユリ科/Liliaceae, リヴィウ州/Lviv, 保全生態学/conservation ecology, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 走査型電子顕微鏡/SEMNew records of Uromyces erythronii (Pucciniales) from Ukraineウクライナで採集されたさび菌の一種、Uromyces erythroniiをウクライナ新産種として報告した。本種はウクライナのレッドデータブック掲載種である稀産種のErythronium dens-canisを宿主としていた。同宿主の植物標本を検討したところ、さらに4標本に感染した本種が見出された。Uromyces erythronii■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-06270形態および分子データにより同定されたベナン産の新種、Tomentella africana2008Mycologia2008年の論文/published in 2008, Isoberlinia属, Mycologia, UNITE, アタコラ県/Atacora, サバンナ/savannah, タイプスタディ/type study, ベナン/Benin, ボルグー県/Borgou, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMTomentella africana, a new species from Benin (West Africa) identified by morphological and molecular dataベナンの熱帯林およびサバンナにおいて豊富に発生した背着生の菌を検討し、Tomentella africanaとして新種記載した。本種は子実体が黄褐色~赤褐色、根状菌糸束が黄褐色で、担子胞子が淡黄色~淡褐色不規則形で小刺状装飾を有することなどで特徴づけられた。T. umbrinosporaのホロタイプ標本を検討して本新種と比較した。Tomentella africana★ / Tomentella umbrinosporaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科
R3-06269イラン北西部からのコーカサス産コウヤクタケ類への追加2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, イチイ属/Taxus, イチイ科/Taxaceae, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, サンザシ属/Crataegus, スイカズラ属/Lonicera, スイカズラ科/Caprifoliaceae, トウヒ属/Picea, ニワトコ属/Sambucus, ハシバミ属/Corylus, ハマナツメ属/Paliurus, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ミズキ属/Cornus, ミズキ科/Cornaceae, モミ属/Abies, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, レンプクソウ科/Adoxaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 菌類相調査/mycofloristic survey, 褐色腐朽菌/brown rot fungiAdditions to the corticioids of the Caucasus from NW Iranイラン北西部において材生息性担子菌類の調査を実施し、イラン新産種として11種のコウヤクタケ類を報告した。そのうち6種をコーカサス新産種としても報告した。この他にイランから1-2回しか報告されていない種を掲載し、コーカサスにおける発生状況をまとめた。Acanthophysellum minor■ / Amylostereum laevigatum■ / Athelia arachnoidea / Ceraceomyces serpens / Corticium roseum / Dendrocorticium polygonioides■ / Hyphoderma litschaueri■ / Hyphoderma nemorale / Hyphodontia erastii■ / Hyphodontia subalutacea / Megalocystidium luridum■ / Melzericium bourdotii■ / Peniophora laeta■ / Peniophora nuda / Peniophora violaceolivida / Scytinostroma aluta■ / Terana caerulea / Tubulicrinis cinctus■ / Tubulicrinis incrassatus / Vuilleminia coryli■ / Xenasma pruinosumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科_Amylostereaceae/アミロステレウム科_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Amylocorticiaceae/アミロコルティシウム科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Punctulariaceae/プンクトゥラリア科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Peniophoraceae/カワタケ科_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Xenasmataceae/クセナスマ科
R3-06268腐朽材から分離された2種の酵母、新種Kodamaea neixiangensisおよび新種Kodamaea jinghongensis2017International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2017年の論文/published in 2017, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, forma asexualis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, デンプン/starch, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 河南省/Henan, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 発酵試験/fermentation test, 胞子形成誘導/sporulation induction, 虫散布/dispersal by insects, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance test, 隔離分布/disjunct distribution, 集積培養/enrichment culture, 雲南省/YunnanKodamaea neixiangensis f.a., sp. nov. and Kodamaea jinghongensis f.a., sp. nov., two yeast species isolated from rotting wood中国河南省および雲南省において採集された酵母を検討し、Kodamaea neixiangensisおよびK. jinghongensisとして新種記載した。両種は腐朽材から分離され、通常の胞子形成用培地で子嚢胞子を形成しなかった。両種は分子系統解析でサブクレードAに含まれ、同クレードがきのこやそれを食べる甲虫から分離される菌で構成されることから、両種も甲虫によって運ばれる可能性が考えられた。Kodamaea jinghongensis★ / Kodamaea neixiangensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-06267パプアニューギニア産の極めて尖った胞子を有する杯状担子菌の新種、Lachnella ansonbarishii2006Zeitschrift für Mykologie2006年の論文/published in 2006, Zeitschrift für Mykologie, シシガシラ科/Blechnaceae, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, ドイツ語/German, パプアニューギニア/Papua New Guinea, ヒリュウシダ属/Blechnum, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 東部山岳州/Eastern Mountain StateLachnella ansonbarishii sp. Nov., ein schüsselförmiger Basidiomycet aus Papua-Neuguinea mit extrem zugespitzten Sporenパプアニューギニアで採集された菌を検討し、Lachnella ansonbarishiiとして新種記載した。本種は担子器胞子が細長い扁桃形で顕著に尖ることなどで特徴づけられた。シダを宿主とする本属菌の報告は初となった。Lachnella ansonbarishii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Niaceae/ニア科
R3-06266ブラジル新産のフウリンタケ型菌類、Calathella columbiana2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, イネ科/Poaceae, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 種内変異/intraspecific variationCalathella columbiana (Basidiomycota): new record of a cyphelloid fungus from Brazilブラジル、サンタカタリーナ州からCalathella columbianaをブラジル新産種として報告した。本種の報告はこれまでコロンビアからの原記載のみが知られていた。ブラジル産の本種はC. digitiformisとの中間的形質を有していた。Calathella columbiana■
R3-06265ブラジル中部地域、マラカジュ山地の保護区におけるハラタケ綱菌類の多様性2017Hoehnea2017年の論文/published in 2017, Hoehnea, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, サバンナ/savannah, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, バイオレメディエーション/bioremediation, ブラジル/Brazil, マットグロッソ・ド・スル州/Mato Grosso do Sul, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 堆肥/compost, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 毒きのこ/poisonous mushroom, 気温/temperature, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発光きのこ/luminous mushroom, 糞生菌/coprophilous fungi, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 膠質菌/jelly fungi, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 降水量/precipitation, 食用きのこ/edible mushroomsAgaricomycetes (Basidiomycota, Fungi) diversity in a protected area in the Maracaju Mountains, in the Brazilian central regionブラジル、マットグロッソ・ド・スル州のマラカジュ山地においてハラタケ綱菌類の調査を実施し、62種を採集した。そのうち18種がブラジル新産種、36種がマットグロッソ・ド・スル州新産種として報告された。ブラジル新産種については生態写真および記載文を掲載した。Agaricus porosporus■ / Amauroderma omphalodes■ / Amauroderma schomburgkii■ / Arachnion album■ / Athelopsis galzinii■ / Bolbitius vitellinus■ / Chlorophyllum rhacodes■ / Clavulina cinerea■ / Clavulina coralloides■ / Clitocybe infundibuliformis■ / Conocybe crispa■ / Coprinellus micaceus■ / Coprinus jamaicensis■ / Cyathus stercoreus■ / Cymatoderma dendriticum■ / Cymatoderma elegans■ / Fomitiporia robusta■ / Fomitopsis rosea■ / Fulvifomes merrillii■ / Ganoderma parvulum■ / Guepinia helvelloides■ / Gymnopilus arenicola■ / Gymnopilus earlei■ / Gymnopus dryophilus■ / Hydnochaete badia■ / Hydnopolyporus fimbriatus■ / Hypholoma fasciculare■ / Irpex lacteus■ / Lepiota cristata■ / Marasmius androsaceus■ / Marasmius bellus■ / Marasmius oreades■ / Morganella puiggarii■ / Mycena pura■ / Neonothopanus gardneri■ / Panaeolus rickenii■ / Phallus indusiatus■ / Phellinus rimosus■ / Pleurotus eryngii■ / Pleurotus pulmonarius■ / Polyporus arcularius■ / Polyporus grammocephalus■ / Psilocybe brasiliensis■ / Psilocybe castanella■ / Pyrrhoglossum stipitatum■ / Rhodocollybia butyracea■ / Schizophyllum commune■ / Schizopora paradoxa■ / Steccherinum reniforme■ / Thelephora paraguayensis■ / Trametes ellipsospora■ / Trametes versicolor■ / Tremella mesenterica■ / Tricholoma argyraceum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Cantharellales/アンズタケ目_Clavulinaceae/カレエダタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Meripilaceae/トンビマイタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Cortinariaceae/フウセンタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Schizoporaceae/アナタケ科_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科
R3-06264URMハーバリウムの再検討 (4):チャダイゴケ科2009Nova Hedwigia2009年の論文/published in 2009, Nova Hedwigia, アラゴアス州/Alagoas, ウルシ科/Anacardiaceae, ココヤシ属/Cocos, シクエストレート菌/sequestrate fungus, パラー州/Pará, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, マンゴー属/Mangifera, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 糞生菌/coprophilous fungi, 腹菌類/gastromycetesRevision of the Herbarium URM IV. Nidulariaceae (Basidiomycota)URMハーバリウムに収蔵されているチャダイゴケ科15標本を検討し、Cyathus属9種を同定した。これらはいずれもブラジル北部新産種であり、うち1種は南米新産種、2種はブラジル新産種でもあった。同定された種の検索表を掲載した。Cyathus intermedius■ / Cyathus julietae■ / Cyathus limbatus■ / Cyathus montagnei■ / Cyathus pallidus■ / Cyathus poeppigii■ / Cyathus pygmaeus■ / Cyathus striatus■ / Cyathus triplex■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06263中国産の新種Septobasidium maesae2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Diaspidiotus属, Mycotaxon, Pinnaspis属, イズセンリョウ属/Maesa, サクラソウ科/Primulaceae, マルカイガラムシ科/Diaspididae, 中国/China, 吸器/haustorium, 山地/mountains, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropicsSeptobasidium maesae sp. nov. (Septobasidiaceae) from China中国海南省においてMaesa perlariusに生じた菌を検討し、Septobasidium maesaeとして新種記載した。本種はマルカイガラムシ科のPinnaspis属およびDiaspidiotus属と関係を持っていた。本種は子実体が帯灰褐色で担子器が4胞子性、担子胞子が褐色紡錘形で、吸器が不規則にコイルした菌糸からなることなどで特徴づけられた。Septobasidium maesae★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Septobasidiales/モンパキン目_Septobasidiaceae/モンパキン科
R3-06262クロイボタケ綱の自然分類に向けて (2):Cucurbidothis属、Heterosphaeriopsis属、Hyalosphaera属、Navicella属、およびPleiostomellina属2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, タイプスタディ/type study, ノボタン科/Melastomataceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 寄生菌/parasite, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobeTowards a natural classification of Dothideomycetes 2: The genera Cucurbidothis, Heterosphaeriopsis, Hyalosphaera, Navicella and Pleiostomellina (Dothideomycetes incertae sedis)Cucurbidothis属、Navicella属、Pleiostomellina属、Heterosphaeriopsis属、Hyalosphaera属のタイプ標本を再検討した。その結果を基に、前3属をそれぞれククルビドティス科、メラノンマ科、メラノンマ科に置いた。残りの2属はクロイボタケ綱のどの科にも典型的でなく、分類未確定のままとした。Cucurbidothis pityophila / Heterosphaeriopsis fulvodisca / Hyalosphaera miconiae / Navicella julii / Pleiostomellina pernambucensisPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Cucurbitariaceae/ククルビタリア科_Ascomycota/子嚢菌門_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目_Massariaceae/マッサリア科
R3-06261ブラジル産の不完全糸状菌の新種Corynespora subcylindrica、およびCorynespora類似属の分類に関する議論2008Sydowia2008年の論文/published in 2008, Lippia属, Sydowia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, クマツヅラ科/Verbenaceae, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 異隔壁/distoseptumCorynespora subcylindrica sp. nov., a new hyphomycete species from Brazil and a discussion on the taxonomy of corynespora-like generaブラジル、ペルナンブーコ州においてLippia sidoidesの生葉から分離されたエンドファイトを検討し、Corynespora subcylindricaとして新種記載した。本種は分生子が鎖生し、広楕円形、類円筒形などで0-3(6)つの異隔壁を有することなどで特徴づけられた。モノトレト型の分生子形成細胞を有するCorynespora類似属の検索表を掲載した。Corynespora subcylindrica★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Corynesporascaceae/コリネスポラスカ科
R3-06260北米におけるAcarospora bullataの初の確定報告2019Opuscula Philolichenum2019年の論文/published in 2019, Opuscula Philolichenum, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, カナダ新産種/Canada_new record, ジロホール酸/gyrophoric acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 切片/section, 北米新産種/North America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescenceThe first confirmed report of Acarospora bullata from North Americaカナダ、オンタリオ州からAcarospora bullataを北米新産種として報告した。本種は湖岸の花崗岩の崖の上に発生していた。本種は以前に北米から報告されたが別種であることが明らかになり、それ以来北米には分布しない種とされていた。Acarospora bullata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-06259韓国産ベニタケ属Foetentinae節菌類の分類および多様性の再検討2017Mycoscience2017年の論文/published in 2017, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Mycoscience, TreeBASE, コナラ属/Quercus, ソウル特別市/Seoul, ブナ科/Fagaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 忠清南道/Chungcheongnam-do, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentification, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordRe-evaluation of the taxonomy and diversity of Russula section Foetentinae (Russulales, Basidiomycota) in Korea韓国産ベニタケ属Foetentinae節菌類について形態学的検討および分子系統解析を実施し、7種を認めた。そのうち1種をRussula catillusとして新種記載し、R. insignisを韓国新産種として報告した。R. cerolensおよびR. sororiaについては、アジア産と北米産のものが別種であることを示した。Russula catillus★ / Russula insignis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06258チベット産ラブルベニア目菌類2種について2006Mycobiology2006年の論文/published in 2006, Mycobiology, オサムシ科/Carabidae, コガシラハネカクシ属/Philonthus, チベット自治区/Tibet, ハネカクシ科/Staphylinidae, マルガタゴミムシ属, 中国/China, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 草地/grasslandNotes on Two Species of the Laboulbeniales from Tibetチベット新産種として2種のラブルベニア目菌類を報告した。Laboulbenia polyphagaはオサムシ科のAmara majusculaを宿主とし、外側の付属糸が分枝しないことなどで特徴づけられた。Peyritschiella proteaはハネカクシ科のPhilonthus wuesthoffiを宿主とし、托の第3層から子嚢殻と造精器を2つずつ生じることなどで特徴づけられた。Laboulbenia polyphaga■ / Peyritschiella protea■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Laboulbeniomycetes/ラブルベニア綱_Laboulbeniomycetidae/ラブルベニア亜綱_Laboulbeniales/ラブルベニア目
R3-06257雪岳山および五台山国立公園に産した未記録の高等菌類2006Mycobiology2006年の論文/published in 2006, Mycobiology, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 気温/temperature, 江原道/Kangwon-do, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordSome Unrecorded Higher Fungi of the Seoraksan and Odaesan National Parks韓国江原道の雪岳山および五台山国立公園において高等菌類の調査を実施した。Rhodotus palmatus、Gomphus clavatus、Holtermannia corniformis、およびSebacina incrustansを韓国新産種として報告した。Rhodotus、Hotermannia、およびSebacinaは韓国新産属であった。Gomphus clavatus■ / Holtermannia corniformis■ / Rhodotus palmatus■ / Sebacina incrustans■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Gomphaceae/ラッパタケ科_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Holtermanniales/ホルターマニア目_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Auriculariomycetidae/キクラゲ亜綱_Auriculariales/キクラゲ目_Exidiaceae/ヒメキクラゲ科
R3-06256メキシコ産Agaricus subrufescens:食用、薬用、および栽培可能性のある非木材森林資源2018Madera y Bosques2018年の論文/published in 2018, Madera y Bosques, きのこ栽培/mushroom cultivation, シェッファー反応/Schäffer reaction, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ハプロタイプネットワーク/haplotype network, ベラクルス州/Veracruz, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 種内変異/intraspecific variation, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 雲霧林/cloud forest, 食用きのこ/edible mushroomsAgaricus subrufescens en México: un recurso forestal no maderable, comestible, medicinal y potencialmente cultivableメキシコの雲霧林においてAgaricus subrufescensを採集し、メキシコにおける本種の存在を形態学的検討および分子同定により初めて確かめた。本種は2001年にメキシコから既に報告されていたが、標本もDNA配列データも提供されていなかった。本報告により、本種の北米における既知の分布は南方に拡大することとなった。Agaricus subrufescens■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06255カナダ東部においてPicea glaucaに生じた新種Tryblidiopsis magnesii2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, エンドファイト/endophyte, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, ケベック州/Quebec, トウヒ属/Picea, ニューブランズウィック州/New Brunswick, ホストシフト/host shift, マツ科/Pinaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 水溶性色素/water-soluble pigment, 温度適性/temperature aptitude, 色素産生/pigment production, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesTryblidiopsis magnesii sp. nov. from Picea glauca in Eastern Canadaトウヒ属植物を宿主とするTryblidiopsis pinastriを検討し、少なくとも2種の隠蔽種の存在を示した。カナダにおいてPicea glaucaの枝に発生した菌を検討して以前にエンドファイトとして分離された菌と同一であることを明らかにし、これをT. magnesiiとして新種記載した。他にも未記載種に相当する葉のエンドファイトが分離され、北米産の本属菌の多様性が従来認識されてきたよりも大きいことが示唆された。Tryblidiopsis magnesii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Rhytismatales/リティスマ目_Rhytismataceae/リティスマ科
R3-06254中国産の白色の胞子を有する新属新種、Pseudolepiota zangmui2017Phytotaxa2017年の論文/published in 2017, Phytotaxa, TreeBASE, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanPseudolepiota zangmui gen. et sp. nov. (Agaricaceae, Basidiomycota), a new white-spored mushroom from China中国雲南省のブナ科亜熱帯林で採集された菌を検討し、新属新種Pseudolepiota zangmuiとして記載した。本種は襞が白色、柄が羊毛状の帯状の鱗片に覆われ、担子胞子がデキストリノイドで発芽孔を欠き、菌糸にクランプを欠くことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でHymenagaricus属と姉妹群を形成したが、同属は担子胞子の色や傘表皮の構造などが異なっていた。Pseudolepiota zangmui★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06253パキスタン、ラホール産のキツネノカラカサ属新種、Lepiota lahorensis2016Turkish Journal of Botany2016年の論文/published in 2016, Turkish Journal of Botany, パキスタン/Pakistan, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 庭園/garden, 新種記載/new species, 毒きのこ/poisonous mushroom, 猛毒きのこ/deadly poisonous mushrooms, 芝生/lawn, 草地/grasslandA new species of Lepiota, Lepiota lahorensis, from Lahore, Pakistanパキスタン、ラホールで採集された菌を検討し、Lepiota lahorensisとして新種記載した。本種は傘が帯桃褐色で表面に暗褐色の鱗片を有し、担子胞子が楕円形~長楕円形、縁シスチジアが棍棒形、傘表皮が毛状被であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析では猛毒きのこを多く含むOvisporae節クレードにおいて独自の系統を形成した。Lepiota lahorensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06252ハンガリー、ビュック山地に産した特筆すべき地衣形成菌および地衣生菌類2009Acta Botanica Hungarica2009年の論文/published in 2009, Acta Botanica Hungarica, アオイ科/Malvaceae, アトラノリン類/atranorins, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウスニン酸類/usnic acids, ウロコクボミゴケ属/Lobothallia, カエデ属/Acer, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, コナラ属/Quercus, シナノキ属/Tilia, ゼオリン類/zeorins, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, トウヒ属/Picea, トネリコ属/Fraxinus, トリテルペン類/triterpenes, ニワトコ属/Sambucus, ハンガリー/Hungary, ハンガリー新産種/Hungary_new record, バーチ・キシュクン県/Bács-Kiskun, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブナ科/Fagaceae, ヘヴェシュ県/Heves, ベンゾフラン類/benzofurans, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, ボルショド・アバウーイ・ゼンプレーン県/Borsod-Abaúj-Zemplén, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, メガスポラ科/Megasporaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤース・ナジクン・ソルノク県, レンプクソウ科/Adoxaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 珪質岩/siliceous rocks, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂丘/dune, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉上生地衣/foliicolous lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 酸性土壌/acidic soil, 鱗片状地衣/squamulose lichenNoteworthy lichen-forming and lichenicolous fungi from the Bükk Mts, Hungaryハンガリー、ビュック山地において地衣類および地衣生菌類の調査を実施した。ハンガリー新産種としてAgonimia allobataなど24種を報告した。2種をビュック山地新産種として報告した。Agonimia allobata■ / Agonimia opuntiella / Agonimia repleta■ / Agonimia tristicula / Amphisphaeria fallax■ / Anema tumidulum■ / Bacidia fuscoviridis■ / Biatoridium monasteriense■ / Caloplaca chrysodeta / Caloplaca conversa■ / Caloplaca crenulatella / Caloplaca oasis■ / Caloplaca raesaenenii■ / Caloplaca soralifera■ / Caloplaca xerica / Candelariella plumbea■ / Chromatochlamys muscorum■ / Diplotomma murorum■ / Dirina stenhammari / Evernia divaricata■ / Immersaria cupreoatra■ / Lecanora bolcana / Lecanora leuckertiana■ / Lecanora rouxii■ / Lepraria lesdainii■ / Leptogium magnussonii / Lichenostigma elongatum / Lichinella cribellifera■ / Lichinella nigritella / Mycobilimbia epixanthoides■ / Opegrapha suecica■ / Phaeophyscia hirsuta / Scoliciosporum curvatum■ / Stigmidium rouxianum■ / Strangospora ochrophora / Verrucaria bryoctona / Verrucaria helvetica■ / Verrucaria sorbinea■ / Xanthoria sorediata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Amphisphaeriaceae/アンフィスフェリア科_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Thelenellaceae/オオアミゴケ科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Roccellaceae/ロクセラ科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Peltigerales/ツメゴケ目_Phaeococcomycetaceae/フェオコッコマイセス科_Opegraphaceae/キゴウゴケ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Scoliciosporaceae/スコリシオスポリウム科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Strangosporaceae/ストランゴスポラ科
R3-06251土壌から分離された新種、Cladophialophora lanosa2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 大邱広域市/Daegu, 希釈平板法/dilution plate method, 新種記載/new species, 韓国/South KoreaCladophialophora lanosa sp. nov., a New Species Isolated from Soil韓国、大邱の土壌から分離された菌を検討し、Cladophialophora lanosaとして新種記載した。本種は菌糸体から帯緑色~暗い黒色の気生菌糸を豊富に形成し、分生子が鎖生し、無色~淡褐色の単細胞で、類円筒形の枝状分生子を形成することなどで特徴づけられた。本種と同属他種との形質比較表を掲載した。Cladophialophora lanosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-06250Temerariomyces indicum – インド、ムンバイ、サンジャイ・ガンディー国立公園に産したスポロドキアを有する新種2018Journal on New Biological Reports2018年の論文/published in 2018, Journal on New Biological Reports, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, スイレン属/Nymphaea, スイレン科/Nymphaeaceae, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 難培養性菌/uncultured fungiTemerariomyces indicum – a new species of sporodochial fungus from Sanjay Gandhi National Park, Mumbai, Indiaインド、マハーラーシュトラ州においてNymphae rubraの葉の毛に生じた菌の一種を検討し、Temerariomyces indicumとして新種記載した。本種はスポロドキアを形成し、分生子形成細胞は多出芽型、分生子は主に頂部から不規則に鎖生し、褐色球形であることなどで特徴づけられた。本種と属の基準種T. acutulusとの形態を比較し、検索表を作成した。Temerariomyces indicum★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06249イタリア産のナヨタケ属1新種2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, イタリア/Italy, カヤツリグサ科/Cyperaceae, カラブリア州/Calabria, ヒトモトススキ属/Cladium, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 水辺/waterside, 湿地帯/wetland, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore printA new species of Psathyrella (Psathyrellaceae, Agaricales) from Italyイタリア、カラブリア州の植物園においてCladium mariscusの稈の基部に生じた菌を検討し、Psathyrella cladii-marisciとして新種記載した。本種は春に発生し、シスチジアの形態などからSpadiceogriseae亜節に近縁とみられた。一方、本種は分子系統解析では”candolleana”クレードに含まれ、本種の形態は同クレードの種とは非常に異なっていた。Psathyrella cladii-marisci★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Psathyrellaceae/ナヨタケ科
R3-06248ヨーロッパ産Tricholomopsis属 – 系統、検索表、および変異について2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, コケ上に生える菌/fungi on moss, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 仮説提唱/hypothesis proposed, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 異所的種分化/allopatric speciation, 疑問種/doubtful species, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 誤同定/misidentificationTricholomopsis in Europe – phylogeny, key, and notes on variabilityヨーロッパ産Tricholomopsis属菌について形態学的検討および分子系統解析を実施した。T. rutilans、T. flammula、T. decora、およびT. osiliensisの4種を認め、それぞれの種内変異などについて議論した。また、本属の検索表を掲載したほか、T. ornataを疑問種として認めない立場をとった。Tricholomopsis decora / Tricholomopsis flammula / Tricholomopsis osiliensis / Tricholomopsis rutilansBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-06247中米産のキシメジ科およびイッポンシメジ科の新規分類群2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, イギリス/United kingdom, エレディア州/Heredia, コスタリカ/Costa Rica, タマリンド属/Tamarindus, パナマ/Panama, パナマ新産種/Panama_new record, パナマ県/Panama (Province), マメ科/Fabaceae, リター菌/litter fungi, ヴァージン諸島/Virgin Islands, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 熱帯域/tropics, 胞子紋/spore print, 西インド諸島/The West Indies, 走査型電子顕微鏡/SEMNew Taxa of Tricholomataceae and Entolomataceae (Agaricales) from Central Americaパナマおよびコスタリカにおいてどの既知の属とも異なる組織構造を有する菌を採集し、新属新種Lepistella oculaとして記載した。その他に、パナマからRhodocybe luteocinnamomeaおよびAlboleptonia cylindrocapitataの2新種を記載した。また、R. densifoliaをパナマ新産種として報告した。Alboleptonia cylindrocapitata★ / Lepistella ocula★ / Rhodocybe densifolia■ / Rhodocybe luteocinnamomea★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-06246ポーランド新産種、Russula torulosa2016Nova Hedwigia2016年の論文/published in 2016, Nova Hedwigia, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 砂丘/dune, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 西ポモージェ県/Pomorze Zachodnie, 走査型電子顕微鏡/SEMRussula torulosa (Basidiomycota: Russulales), a new record to Polandポーランド、西ポモージェ県の海岸砂丘で採集されたRussula torulosaをポーランド新産種として報告した。本種の記載文、生態写真、担子胞子およびシスチジアのSEM写真などを掲載した。本種と形態的に類似する4種との形質比較表を掲載した。Russula torulosa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06245ヴォリン国立公園産大型菌類の知見に関する新規データ2017Acta Mycologica2017年の論文/published in 2017, Acta Mycologica, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ポーランド新産種/Poland_new record, 保全生態学/conservation ecology, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂丘/dune, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 稀産種/rare species, 種の豊富さ/species richness, 絶滅危惧種/endangered species, 腹菌類/gastromycetes, 膠質菌/jelly fungi, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 西ポモージェ県/Pomorze ZachodnieNew data to the knowledge of macrofungi of Wolin National Parkポーランド、ヴォリン国立公園において大型菌類の調査を実施し、322分類群を記録した。そのうち39分類群がポーランドのレッドリストに掲載されていた。Russula torulosaをポーランド新産種として報告した。Russula torulosa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06244主に北方に分布するヨーロッパ産の2新種、Cortinarius stjernegaardiiおよびC. kristinae2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, TreeBASE, UNITE, アオイ科/Malvaceae, アーケシュフース県/Akershus, エーランド地方/Öland, オスロ/Oslo, オップラン県/Oppland, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, ゴットランド県/Gotland, シナノキ属/Tilia, スウェーデン/Sweden, ソグン・オ・フィヨーラネ県/Sogn og Fjordane, ダーラナ県/Dalarna, テレマルク県/Telemark, トウヒ属/Picea, ドイツ/Germany, ヌール・トロンデラーグ県/Nord-Trøndelag, ノルウェー/Norway, ハシバミ属/Corylus, バーデン=ヴュルテンベルク州/Baden-Württemberg, フランス/France, ブスケルー県/Buskerud, ブナ科/Fagaceae, ヘードマルク県/Hedmark, ホルダラン県/Hordaland, マツ科/Pinaceae, ムーレ・オ・ロムスダール県/Møre og Romsdal, ヴェストラ・イェータランド県/Västra Götaland, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 植林地/plantation, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 色素産生/pigment production, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 誤同定/misidentificationCortinarius stjernegaardii and C. kristinae (Basidiomycota, Agaricales), two new European species with a mainly northern distributionPhlegmacium亜属の再検討の過程で見出されたCortinarius stjernegaardiiおよびC. kristinaeの2新種を記載した。前者はPercomes節に含まれ、傘の中央部が帯オリーブ(赤)褐色で縁部が帯緑黄色であることなどで特徴づけられ、従来北欧ではC. bulbopodiusと同定されてきた。後者はCalochroi節に含まれ、傘がほぼ平滑、担子胞子が粗面でほぼ網目状であることなどで特徴づけられた。Cortinarius kristinae★ / Cortinarius stjernegaardii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-06243インド中部産大型菌類の多様性 (14):盤菌類の一種、Humaria hemisphaerica2018Van Sangyan2018年の論文/published in 2018, Madhuca属, Van Sangyan, アカテツ科/Sapotaceae, インド/India, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungusDiversity of macro-fungi in Central India-XIX: Humaria hemisphaerica, a cup fungusインド、マディヤ・プラデーシュ州においてMadhuca hemisphaericaの生木樹皮に生じたHumaria hemisphaericaを報告した。本種はインドにおいてウッタラーカンド州から知られていたが、インド中部からの報告は初となった。インド産Humaria属菌の多様性および分布、インド産の盤菌類の属をそれぞれ表にまとめた。Humaria hemisphaerica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-06242トルコ新産の子嚢菌4種2019Communications Faculty of Science University of Ankara Series C2019年の論文/published in 2019, Communications Faculty of Science University of Ankara Series C, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カイセリ県/Kayseri, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, サクラソウ科/Primulaceae, サクラ属/Prunus, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シクラメン属/Cyclamen, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハマナツメ属/Paliurus, バラ科/Rosaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, メルスィン県/Mersin, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungiFour New Microfungi for Turkish AscomycotaPhyllosticta cyclaminis、Passalora juniperina、Ascochyta paliuri、およびAsteroma padiの4種をトルコ新産種として報告した。これらの種はメルスィン県またはカイセリ県においてそれぞれシクラメン属、ビャクシン属、ハマナツメ属、サクラ属植物を宿主としていた。各種について記載文、標本の写真、胞子の顕微鏡写真などを掲載した。Ascochyta paliuri■ / Asteroma padi■ / Passalora juniperina■ / Phyllosticta cyclaminis■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Gnomoniaceae/グノモニア科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06241小刺状の担子胞子を有する東アジア産Aleurodiscus属4新種2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南投県/Nantou, 台中市/Taichung, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 四川省/Sichuan, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 新北市/New Taipei, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 腐生菌/saprobe, 雲南省/Yunnan, 高山帯/alpine regionFour new East Asian species of Aleurodiscus with echinulate basidiosporesAleurodiscus alpinus、A. pinicola、A. senticosus、およびA. sichuanensisの4新種を記載した。これらの新種はそれぞれ雲南省のツツジ、台湾および雲南省のマツ、台湾の被子植物、四川省・雲南省の被子植物に発生していた。これらの新種は形態学的にも系統学的にも広義Aleurodiscus属から分けられた属に一致しなかった。Aleurodiscus alpinus★ / Aleurodiscus pinicola★ / Aleurodiscus senticosus★ / Aleurodiscus sichuanensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科
R3-06240インドネシアにおいて花から分離されたMetschnikowia属新種、Metschnikowia cibodasensis2013Journal of Microbiology and Biotechnology2013年の論文/published in 2013, DNA-DNAハイブリダイゼーション/DNA-DNA hybridization, GC含量/GC content, Journal of Microbiology and Biotechnology, インドネシア/Indonesia, ウレアーゼ試験/urease test, スライド培養法/slide culture method, タカサゴシラタマ属/Saurauia, デンプン/starch, ナス科/Solanaceae, バンマツリ属, ビタミン要求性/vitamin requirement, マタタビ科/Actinidiaceae, メギ属/Berberis, メギ科/Berberidaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 散布様式/dispersal style, 新種記載/new species, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 花生息菌/floricolous fungus, 虫散布/dispersal by insects, 西ジャワ州/West Java, 資化試験/assimilation test, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵母/yeast, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNew Species of the Genus Metschnikowia Isolated from Flowers in Indonesia, Metschnikowia cibodasensis sp. nov.インドネシア、西ジャワ州のチボダス植物園において花から分離された酵母の一種を検討し、Metschnikowia cibodasensisとして新種記載した。本種は子嚢が球形~有柄楕円状で1-2胞子性であり、子嚢胞子が針状であることなどで特徴づけられ、子嚢が時に厚壁胞子から直接形成された。本種は形態・生理学的に類似するM. reukaufiiとはD1/D2およびITS領域の塩基配列、GC含量、およびDNA-DNAハイブリダイゼーションの結果で区別された。Metschnikowia cibodasensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目
R3-06239ブルガリアおよびバルカン半島における新産種、Boletus bubalinus2011Comptes rendus de l'Academie bulgare des Sciences2011年の論文/published in 2011, Comptes rendus de l'Academie bulgare des Sciences, アオイ科/Malvaceae, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, シナノキ属/Tilia, ソフィア市/Sofia, トウヒ属/Picea, ブルガリア/Bulgaria, ブルガリア新産種/Bulgaria_new record, マツ科/Pinaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主範囲/host range, 山地/mountains, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 植林地/plantation, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種の境界/species delimitation, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungiBoletus bubalinus (boletaceae). a new addition for the bolete mycota of Bulgaria and the BalkansBoletus bubalinusをバルカン半島およびブルガリアにおける新産種として報告した。本種はブルガリアにおいては6月から8月にかけてカバノキ属、シナノキ属、ヤマナラシ属、トウヒ属植物の樹下に発生していた。本種はヨーロッパ諸国から知られているが、ブルガリアが大陸における既知の分布の東限となった。Boletus bubalinus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-06238分類学・生物分布学ノート-その2 (20-27)2016Studia botanica hungarica2016年の論文/published in 2016, Studia botanica hungarica, ノーグラード県/Nógrád, ハンガリー/Hungary, ハンガリー新産種/Hungary_new record, フェイェール県/Fejér, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 絶滅危惧種/endangered speciesTaxonomical and chorological notes 2 (20–27)ハンガリーから5種の菌類と3種の維管束植物に関する新規分布記録を報告した。ハンガリー新産種としてEntoloma tjallingiorumおよびMycoacia nothofagi、Vértesおよびベルジェニュ山地における新産種としてHohenbuehelia mastrucataをそれぞれ報告した。また、その他にEntoloma lampropusおよびHohenbuehelia atrocoeruleaを報告した。Entoloma lampropus / Entoloma tjallingiorum■ / Hohenbuehelia atrocoerulea / Hohenbuehelia mastrucata■ / Mycoacia nothofagi■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-06237チェコ新産種、Xeromphalina cauticinalis2013Acta Musei Moraviae Scientiae biologicae2013年の論文/published in 2013, Acta Musei Moraviae Scientiae biologicae, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, トネリコ属/Fraxinus, ハンノキ属/Alnus, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, 南モラヴィア州/South Moravian, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 水辺/waterside, 河川/river, 腐生菌/saprobeFirst record of Xeromphalina cauticinalis (Basidiomycota, Agaricales) in the Czech Republicチェコ、南モラヴィア州で採集されたXeromphalina cauticinalisをチェコ新産種として報告した。本種はヨーロッパに広く分布し、中欧においてはこれまでオーストリア、ドイツ、ハンガリー、ポーランド、およびスロバキアから知られていた。本種は地上に発生し、担子胞子が小型、柄シスチジアが分枝するか珊瑚状であることなどで特徴づけられた。Xeromphalina cauticinalis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-06236ポルトガル新産種、Chrysothrix flavovirens、Lepraria elobata、およびOchrolechia arborea2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, アトラノリン類/atranorins, アルガルヴェ地方/Algarve, アレンテージョ/Alentejo, オキセピン類/oxepins, キサントン類/xanthones, サリチル酸類/salicylic acids, ジロホール酸/gyrophoric acid, スチクチン酸類/stictic acids, セントロ地方/Centro, ゼオリン類/zeorins, トリテルペン類/triterpenes, ノルテ地方/Norte, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ポルトガル/Portugal, ポルトガル新産種/Portugal_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マロン酸類/malonic acids, リケキサントン類/lichexanthones, リスボン地域/Lisbon, リゾカルプ酸/rhizocarpic acid, レカノール酸/lecanoric acid, 不完全地衣/anamorphic lichen, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 痂状地衣/crustose lichen, 砂丘/dune, 砂地/sand, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyChrysothrix flavovirens, Lepraria elobata, and Ochrolechia arborea new to Portugalポルトガルの海岸砂丘のマツ林において着生地衣類の調査を実施した。ポルトガル新産種としてChrysothrix flavovirens、Lepraria elobata、およびOchrolechia arboreaの3種の地衣を報告した。ほとんどがPinus pinaster上に見出されたが、P. pinea上に発生していたものもあった。Chrysothrix flavovirens■ / Lepraria elobata■ / Ochrolechia arborea■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Chrysothricaceae/コガネゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Stereocaulaceae/キゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Ochrolechiaceae/ニクイボゴケ科
R3-06235トルコ新産属 (Balsamia) の追加2019Mantar Dergisi2019年の論文/published in 2019, Mantar Dergisi, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブナ科/Fagaceae, ムーラ県/Mugla, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 菌根菌/mycorrhizal fungiA new genus (Balsamia) addition for Turkish mycotaトルコ、ムーラ県から地下生菌の一種、Balsamia vulgarisを報告した。Balsamia属菌のトルコからの報告は初となった。本種は子嚢胞子が長く、楕円形で3つの油滴を含むことなどで特徴づけられた。Balsamia vulgaris■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Helvellaceae/ノボリリュウ科
R3-06234韓国産の樹皮生スミイボゴケ型地衣2新種2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, カキノキ属/Diospyros, カキノキ科/Ebenaceae, カバノキ科/Betulaceae, カルボン酸類/carboxylic acids, キサントン類/xanthones, クスノキ科/Lauraceae, コナラ属/Quercus, ジロホール酸/gyrophoric acid, スギ属/Cryptomeria, タブノキ属/Machilus, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, ハンノキ属/Alnus, ヒノキ属/Chamaecyparis, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒマラヤスギ属/Cedrus, ブナ科/Fagaceae, プルビン酸類/pulvinic acids, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マロン酸類/malonic acids, メタセコイア属/Metasequoia, ラクトン類/lactones, リケキサントン類/lichexanthones, リゾカルプ酸/rhizocarpic acid, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仁川広域市/Incheon, 全羅北道/Jeollabuk-do, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 多系統群/polyphyletic group, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 忠清北道/Chungcheongbuk-do, 慶尚南道/Gyeongsangnam-do, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 済州特別自治道/Jeju, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 誤同定/misidentification, 韓国/South Korea, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyTwo New Corticolous Buellioid Species from South Korea韓国からBuellia boseongensisおよびSculptolumina coreanaの2新種を記載した。前者は地衣体が淡灰色または黄色~淡黄緑色の小粒状であり、UV+橙色のキサントン類を含む点、後者は地衣体が小粒状~微細な小鱗片状で帯緑色、子嚢胞子がMischoblastia型であることなどでそれぞれ特徴づけられた。韓国産スミイボゴケ型地衣の検索表を掲載した。Buellia boseongensis★ / Sculptolumina coreana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-06233ヤシ生息性子嚢菌:ブラジル北東部における新産種および新宿主2014Agrotrópica2014年の論文/published in 2014, Agrotrópica, Attalea属, Bactris属, Polyandrococos属, Syagrus属, アブラヤシ属/Elaeis, キャベツヤシ属/Euterpe, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, テングヤシ属, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyAscomycota em palmeiras: novos registros e novos hospedeiros para o Nordeste brasileiroブラジルのペルナンブーコ州およびバイーア州においてリター生息性核菌類の菌類相を調査した。ブラジル北東部新産種として3種、ペルナンブーコ州新産種として2種、バイーア州新産種として1種をそれぞれ報告した。また、8種の植物をこれらの菌の新宿主として報告した。Byssosphaeria schiedermayeriana■ / Coccostromopsis diplothemii■ / Coccostromopsis palmicola■ / Fasciatispora petrakii■ / Javaria samuelsii■ / Pemphidium zonatum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Melanommataceae/メラノンマ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Phyllachorales/フィラコラ目_Phyllachoraceae/フィラコラ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目
R3-06232ブラジルボクの葉のリターに生じた不完全糸状菌:ブラジル新産の2種2008Hoehnea2008年の論文/published in 2008, Hoehnea, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サンパウロ州/São Paulo, ジャケツイバラ属/Caesalpinia, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, マメ科/Fabaceae, リター菌/litter fungi, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 南米新産種/South America_new record, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 菌類相調査/mycofloristic surveyHyphomycetes sobre o folhedo de Caesalpinia echinata Lam. com duas novas citações para o Brasilブラジル、サンパウロ州の2ヶ所においてブラジルボクの葉のリターに生息する菌を検討し、25属32分類群を同定した。2種をブラジル新産種、複数種をサンパウロ州新産種として報告した。また、17種は従来ブラジルボクのリターから知られていない種であった。Beltraniopsis ramosa / Camposporium pellucidum / Chaetopsina fulva / Chaetopsina splendida / Cryptophiale minor■ / Cryptophiale udagawae / Gonytrichum macrocladum■ / Gyrothrix ramosa / Mariannaea elegans■ / Periconia minutissima■ / Pithomyces maydicus / Sporidesmium flagelliforme■ / Thozetella havanensis / Triposporium deviatum / Uberispora heteroseptata■ / Volutella minima / Zygosporium echinosporumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Beltraniaceae/ベルトラニア科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Periconiaceae/ペリコニア科_Astrosphaeriellaceae/アストロスフェリエラ科_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科_Asterinales/アステリナ目
R3-06231水生不完全菌の新種、Verticicladus hainanensis2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, リター菌/litter fungi, 中国/China, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 海南省/Hainan, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity surveyVerticicladus hainanensis, a new aquatic hyphomycete中国海南省の河川において水中に沈んだ腐朽葉に発生した菌を検討し、Verticicladus hainanensisとして新種記載した。本種は分生子が僅かに灰色~暗い煤色の紡錘状で5-8隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は類似の同属他種とは分生子の長さや形状などが異なっていた。Verticicladus hainanensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06230ヤシ生息性の新属Longicorpus属および新属Striatiguttulaに対するプレオスポラ目の新科、ストリアティグットゥラ科2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, BEAST, MycoKeys, TreeBASE, エピタイプ指定/epitype designation, クラビー県/Krabi, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, ナツメヤシ属/Phoenix, ニッパヤシ属/Nypa, マングローブ林/mangrove forest, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ラノーン県/Ranong, リター菌/litter fungi, 分子時計/molecular clock, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分岐年代推定/divergence time estimation, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 潮間帯/intertidal zone, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungiStriatiguttulaceae, a new pleosporalean family to accommodate Longicorpus and Striatiguttula gen. nov. from palmsタイ産のヤシ生息菌の一群について形態学的検討および分子系統解析を実施し、新科ストリアティグットゥラ科を提唱した。本科にはLongicorpusおよびStriatiguttulaの2新属を含めた。本科は子座または子嚢果に頸部を有し、子嚢胞子が紡錘形~楕円形で1-3隔壁を有し、末端細胞が淡色で粘液質の鞘に包まれることなどで特徴づけられた。Longicorpus striataspora▲ / Striatiguttula nypae★ / Striatiguttula phoenicis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目
R3-06229中国広西チワン族自治区に産したカイガラムシ病原菌の新種、Aschersonia fusispora2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カタカイガラムシ科/Coccidae, 中国/China, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 寄生菌/parasite, 広西チワン族自治区/Guangxi, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity surveyA new pathogen of scale insects, Aschersonia fusispora sp. nov. (Clavicipitaceae) from Guangxi Province, China中国広西チワン族自治区の常緑広葉樹林においてカタカイガラムシ科昆虫の幼生に発生した病原菌の一種を検討し、Aschersonia fusisporaとして新種記載した。本種は子座が淡橙色で、僅かに凸形の薄いクッション状であり、分生子が幅狭く短紡錘状であることなどで特徴づけられた。本種は分生子のサイズが類似する同属他種とは子座の色や分生子の形状などが異なっていた。Aschersonia fusispora★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-06228アラバマ州新産の地衣の稀産種、Phaeophyscia leana2019Evansia2019年の論文/published in 2019, Evansia, アラバマ州/Alabama, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 保全生態学/conservation ecology, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 河川/river, 湿地帯/wetland, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 米国/USA, 絶滅危惧種/endangered species, 葉状地衣/foliose lichenThe first report of the rare lichen species Phaeophyscia leana (Physciaceae) from Alabama稀産種であり保全対象とされている葉状地衣の一種、Phaeophyscia leanaを米国アラバマ州から初めて報告した。本種はテネシー川周辺の湿地帯においてオークの基部に発生していた。本報告により、既知の分布域は南方に約195 km拡大することになった。Phaeophyscia leana■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-06227インド、タミル・ナードゥ州の西ガーツ南部地域、ニルギリ生物圏保護区におけるAseroe rubraの新規分布記録2019I3 Biodiversity2019年の論文/published in 2019, I3 Biodiversity, インド/India, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タミル・ナードゥ州/Tamil Nadu, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 腐植土/humus, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 食毒不明/edibility unknownNew distributional record of Aseroe rubra La bill. from Nilgiri biosphere reserve, Southern Western Ghats of Tamilnadu, Indiaインド、タミル・ナードゥ州で採集されたAseroë rubraを報告し、記載文および生態写真を掲載した。本種は既にタミル・ナードゥ州を含むインドからの報告があったが、ニルギリ生物圏保護区からの報告は初であった。Aseroë属の検索表を掲載した。Aseroë rubra■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-06226臨床上の関心があるSporothrix属3新種、Sporothrix brasiliensis、S. globosa、およびS. mexicana2007Journal of Clinical Microbiology2007年の論文/published in 2007, Journal of Clinical Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アラゴン州/Aragon, イギリス/United kingdom, イタリア/Italy, イネ科/Poaceae, インド/India, ウレアーゼ試験/urease test, コムギ属/Triticum, スポロトリコーシス/sporotrichosis, ナデシコ属/Dianthus, ナデシコ科/Caryophyllaceae, ヒト病原菌/human pathogen, ブラジル/Brazil, プエブラ州/Puebla, メキシコ/Mexico, ヨシ属/Phragmites, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, 中国/China, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 加水分解試験/hydrolysis test, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 塩化マグネシウム耐性/magnesium chloride tolerance, 寄生菌/parasite, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 皮膚糸状菌症, 米国/USA, 臨床検体/clinical specimens, 菌体外多糖/extracellular polysaccharide, 複合種/species complex, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid productionSporothrix brasiliensis, S. globosa, and S. mexicana, Three New Sporothrix Species of Clinical Interest従来Sporothrix schenckiiとして扱われてきた127菌株を検討し、S. brasiliensis、S. globosa、およびS. mexicanaの3新種を記載した。これらの種は単一遺伝子(カルモジュリン)に基づく分子系統解析でそれぞれS. schenckiiと異なる独自の系統を形成し、うち2種がヒトへの感染に関連していた。これらの種は有色無柄の分生子の有無、30、35、37°Cでの生長、およびスクロース、ラフィノース、リビトールの資化能などの形質により認識された。Sporothrix brasiliensis★ / Sporothrix globosa★ / Sporothrix mexicana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Ophiostomatales/オフィオストマ目_Ophiostomataceae/オフィオストマ科
R3-06225地衣類かエンドファイトか?:新科レプトシッリア科に含まれる謎の属Leptosillia、および新属Furfurella2019Persoonia2019年の論文/published in 2019, Calicotome属, Chamaecytisus属, Persoonia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンダルシア州/Andalusia, イギリス/United kingdom, イングランド/England, ウルシ科/Anacardiaceae, エピタイプ指定/epitype designation, エンドファイト/endophyte, オーストリア/Austria, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, ギリシャ/Greece, クレタ地方/Crete, コナラ属/Quercus, サリー/Surrey (England), シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ニーダーエスターライヒ州/Niederösterreich, ヌルデ属/Rhus, ハンノキ属/Alnus, ヒトツバエニシダ属/Genista, ブナ科/Fagaceae, ブルゲンラント州/Burgenland, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣類/lichen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 新階級提唱/new status, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 潰瘍病/canker, 科概念/family concept, 科概念の修正/family concept_emendation, 胞子の発芽/germination of spores, 胴枯病/dogare-byo (canker)Lichens or endophytes? The enigmatic genus Leptosillia in the Leptosilliaceae fam. nov. (Xylariales), and Furfurella gen. nov. (Delonicicolaceae)分子系統解析の結果およびデロニシコラ科との形態・生態的差異に基づき、Leptosillia属に対して新科レプトシッリア科を提唱した。地中海地域においてマメ科樹木の枯枝に発生していた3新種に対して新属Furfurellaを提唱した。その他、複数種について転属、シノニム化、エピタイプ指定、レクトタイプ指定などの分類学的措置をとった。Cresporhaphis rhoina / Furfurella luteostiolata★ / Furfurella nigrescens★ / Furfurella stromatica★ / Leptosillia acerina▲ / Leptosillia fusariospora▲ / Leptosillia macrospora▲● / Leptosillia muelleri▲ / Leptosillia pinicola▲ / Leptosillia pistaciae▲ / Leptosillia slaptonensis▲ / Leptosillia wienkampii▲ / Rhaphidicyrtis trichosporellaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Trichosphaeriaceae/トリコスフェリア科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目
R3-06224トルコ新産種、Inocybe sphagnophila Bandini & B. Oertel2019Mantar Dergisi2019年の論文/published in 2019, Mantar Dergisi, コケ上に生える菌/fungi on moss, トウヒ属/Picea, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 配列決定/sequencingInocybe sphagnophila Bandini & B. Oertel (Agaricales, Inocybaceae): A new record for the Turkish mycotaトルコ、トラブゾン県においてPicea orientalis樹下のコケの間に生じたInocybe sphagnophilaをトルコ新産種として報告した。本種は従来、同一亜節に含まれるI. assimilataなどと混同されていたとみられた。本種との同定は形態学的検討のほか、ITS領域の塩基配列によっても確かめられた。Inocybe sphagnophila■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06223黒穂菌の稀産種、Haradaea moenchiae-manticaeの特筆すべき分布域拡大2017Mycobiota2017年の論文/published in 2017, Moenchia属, Mycobiota, アフリカ新産種/Africa_new record, アルジェリア/Algeria, アルジェリア新産種/Algeria_new record, カスティーリャ・レオン州/Castilla y León, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, ティジ・ウズー県, ナデシコ科/Caryophyllaceae, フェズ=メクネス地方, モロッコ/Morocco, モロッコ新産種/Morocco_new record, 北アフリカ新産種/North Africa_new record, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 稀産種/rare species, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiA noteworthy range extension for Haradaea moenchiae-manticae, a rarely reported smut fungusイベリア半島およびアフリカ(モロッコ・アルジェリア)新産種としてHaradaea moenchiae-manticaeを報告した。また、同種はアフリカにおいては新宿主Moenchia erecta subsp. octandraに認められた。本種の記載文、光学顕微鏡写真、SEM写真などを掲載した。Haradaea moenchiae-manticae■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Microbotryomycetes/ミクロボトリウム菌綱_Microbotryomycetidae/ミクロボトリウム菌亜綱_Microbotryales/ミクロボトリウム目_Microbotryaceae/ミクロボトリウム科
R3-06222ヨーロッパにおけるAphanomyces frigidophilusの初の分離2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Austropotamobius属, Mycotaxon, カスティーリャ・ラ・マンチャ州/Castilla-La Mancha, キチナーゼ/chitinase, ザリガニ科, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 不稔菌糸/sterile mycelium, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 日和見感染症/opportunistic infection, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 種の境界/species delimitation, 細胞外酵素/extracellular enzyme, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 致死率/mortality rate, 西欧新産種/Western Europe_new record, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityFirst isolation of Aphanomyces frigidophilus (Saprolegniales) in Europeスペイン、グアダラハラにおいてザリガニの病原菌Aphanomyces frigidophilusを分離した。本種に類似する標本が既にポーランドから報告されていたが、ヨーロッパにおける本種の分離例は初となった。不稔の菌株をITS領域の塩基配列を用いて同定し、細胞外キチナーゼの活性測定やザリガニへの接種試験などを実施した。Aphanomyces frigidophilus■Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Saprolegniales/ミズカビ目_Leptolegniaceae/レプトレゲニア科
R3-06221中国産淡水生アナモルフ菌:新種Dictyosporium tetrasporumおよびExserticlava yunnanensis、中国新産種Pseudofuscophialis lignicolaおよびPseudobotrytis terrestris2007Mycoscience2007年の論文/published in 2007, Mycoscience, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異隔壁/distoseptum, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungi, 雲南省/YunnanAnamorphic fungi from freshwater habitats in China: Dictyosporium tetrasporum and Exserticlava yunnanensis spp. nov., and two new records for Pseudofuscophialis lignicola and Pseudobotrytis terrestris中国の小川において沈んだ材に発生した淡水生菌の調査を実施し、Dictyosporium tetrasporumおよびExserticlava yunnanensisの2新種を記載した。前者はスポロドキアから掌状の分生子を形成する点、後者は分生子柄が直立し平滑で頂端の分生子形成細胞が漏斗状で、異隔壁を有する厚壁の分生子を形成する点などでそれぞれ特徴づけられた。また、中国新産種としてPseudofuscophialis lignicolaおよびPseudobotrytis terrestrisを報告し、いずれも淡水環境からの初の報告であった。Dictyosporium tetrasporum★ / Exserticlava yunnanensis★ / Pseudobotrytis terrestris■ / Pseudofuscophialis lignicola■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dictyosporiaceae/ディクティオスポリウム科_Ascomycota/子嚢菌門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Coniochaetales/コニオケータ目
R3-06220Phialophora属類似のアナモルフを有する新属Teracosphaeria2007Mycological Research2007年の論文/published in 2007, Mycological Research, ウェスト・コースト地方/West Coast, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニュージーランド/New Zealand, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 新属提唱/new genus, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子の発芽/germination of sporesA new fungal genus, Teracosphaeria, with a Phialophora-like anamorph (Sordariomycetes, Ascomycota)ニュージーランドにおいて腐朽材に生じた菌を検討し、新属新種Teracosphaeria petroicaとして記載した。本種は子嚢殻がceratosphaeria類似で埋生し、子嚢胞子が無色楕円形で3隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種はin vitroでphialophora類似のアナモルフを形成し、分生子は無色楕円形で、分子系統解析ではアナモルフのDictyochaeta cylindrosporaに近縁であった。Teracosphaeria petroica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱
R3-06219Deutzia parvifloraを宿主とするうどんこ病菌の新種、Erysiphe deutziicola2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, アジサイ科/Hydrangeaceae, ウツギ属/Deutzia, 中国/China, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北京市/Beijing, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiErysiphe deutziicola sp. nov., a powdery mildew species found on Deutzia parviflora中国北京市においてDeutzia parvifloraに生じたうどんこ病菌の一種を検討し、Erysiphe deutziicolaとして新種記載した。本種は分生子柄が非常に長く、閉子嚢殻の付属糸が菌糸状でありながら、先端が巻き毛状であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、形態的に類似し、アジサイ科植物を宿主とするどの他種とも異なる独自の系統を形成した。Erysiphe deutziicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-06218ベトナムの味噌(トゥーン)から分離された黒色酵母の新種Moniliella sojae、Moniliella suaveolens菌株の新種Moniliella pyrgileucinaと新種Moniliella caseiへの再割り当て、および訂正新組み合わせMoniliella macrospora2018International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2018年の論文/published in 2018, CFU (Colony Forming Unit), Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, PCRフィンガープリンティング/PCR fingerprinting, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, オランダ/Netherlands, セントロ地方/Centro, チーズ/cheese, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, フンイエン省, ポルトガル/Portugal, マイクロサテライト/microsatellite, ユビキノン/ubiquinone, 二型性/dimorphism, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配試験/mating test, 味噌/miso, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 最大生長温度/maximum growth temperature, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵/fermentation, 発酵試験/fermentation test, 発酵食品/fermented food, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 耐塩性菌/salt-tolerant fungus, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸耐性試験/acid resistance test, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatography, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatography, 黒色酵母/black yeastMoniliella sojae sp. nov., a species of black yeasts isolated from Vietnamese soy paste (tuong), and reassignment of Moniliella suaveolens strains to Moniliella pyrgileucina sp. nov., Moniliella casei sp. nov. and Moniliella macrospora emend. comb. nov.ベトナムの味噌(トゥーン)の異なる製造工程において分離される酵母を調査し、Moniliella sojaeを新種記載した。また、ポルトガルおよびオランダにおいてチーズからそれぞれ分離されたM. pyrgileucinaおよびM. caseiを新種記載した。この他に訂正新組み合わせM. macrosporaを提唱した。Moniliella casei★ / Moniliella macrospora▲ / Moniliella pyrgileucina★ / Moniliella sojae★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱
R3-06217エジプト新産のTomophagus属およびBattarrea属菌2019Current Research in Environmental & Applied Mycology2019年の論文/published in 2019, Current Research in Environmental & Applied Mycology, イスマイリア県/Ismailia, エジプト/Egypt, エジプト新産種/Egypt_new record, シクエストレート菌/sequestrate fungus, ディムヤート県/Damietta, リター菌/litter fungi, 保全生態学/conservation ecology, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分布域の変化/changes in the distribution area, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 根圏/rhizosphere, 植林地/plantation, 気候変動/climate change, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEMNew records on the genus Tomophagus and Battarrea for mycobiota of EgyptTomophagus colossusおよびBattarrea phalloidesをエジプト新産種として報告した。両種の記載文、生態写真、走査型電子顕微鏡写真などを掲載した。両種との同定はITS領域に基づく分子系統解析によっても確かめられた。Battarrea phalloides■ / Tomophagus colossus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-06216トルコ新産の子嚢菌2017Hacettepe Journal of Biology and Chemistry2017年の論文/published in 2017, Hacettepe Journal of Biology and Chemistry, アイドゥン県/Aydin, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity surveyNew Ascomycete Record for Turkish MycobiotaPeziza succosellaをトルコ新産種として報告した。本種の追加により、トルコ産チャワンタケ属菌の既知種は28種となった。トルコ産チャワンタケ属菌の一覧表を掲載した。Peziza succosella■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pezizaceae/チャワンタケ科
R3-06215タイ新産のホコリタケ類2種2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 腹菌類/gastromycetesTwo new records of puffballs in Thailandタイ新産種としてCalvatia holothurioidesおよびMorganella puiggariiを報告した。前者は落葉樹林の土壌、後者は常緑樹林の腐朽材上にそれぞれ発生していた。両種との同定はITS領域に基づく分子系統解析でも確かめられた。Calvatia holothurioides■ / Morganella puiggarii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06214Lecidea toensbergii:狭義Lecidea属地衣における初の粉芽形成性の種2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, オキセピン類/oxepins, オップラン県/Oppland, スチクチン酸類/stictic acids, タイプスタディ/type study, デプシド類/depsides, ヌールラン県/Nordland, ノルウェー/Norway, パンナリン類/pannarins, ヒースランド/heathland, フィンマルク県/Finnmark, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, ムーレ・オ・ロムスダール県/Møre og Romsdal, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 化学型/chemical type, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 珪質岩/siliceous rocks, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 隠蔽種/cryptic species, 高山帯/alpine regionLecidea toensbergii, the first described sorediate species in Lecidea sensu strictoLecidea leucothallinaの12標本について分子系統解析を実施し、2つの子器形成性系統および1つの粉芽形成性系統からなる計3つの単系統群を特定した。そのうち粉芽形成性のクレードをL. toensbergiiとして新種記載し、残りの2クレードをL. leucothallinaにおける隠蔽種と考えた。3つの単系統群のいずれにもPD陽性と陰性の標本が混在しており、パンナリンの有無が識別形質として用いられないことが示された。Lecidea toensbergii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecideales/レキデア目_Lecideaceae/レキデア科
R3-06213新属・新組み合わせPattersoniomyces tillandsiae:パイナップル科植物を宿主とする唯一の黒穂菌の有性世代-無性世代の結びつき2017Organisms Diversity & Evolution2017年の論文/published in 2017, Canistrum属, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, Organisms Diversity & Evolution, アミノ酸要求性/amino acid requirement, アラゴアス州/Alagoas, インコアナナス属/Vriesea, グアテマラ/Guatemala, グアテマラ新産種/Guatemala_new record, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, デンプン/starch, パイナップル科/Bromeliaceae, ファイトテルマータ/phytotelmata, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ホストシフト/host shift, ホンジュラス/Honduras, ホンジュラス新産種/Honduras_new record, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 寄生菌/parasite, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水試料/water sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生活環/life cycle, 生物地理学/biogeography, 発酵試験/fermentation test, 花生息菌/floricolous fungus, 葉圏/phyllosphere, 葉面菌/leaf surface fungi, 資化試験/assimilation test, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 黒穂菌/smut fungiPattersoniomyces tillandsiae gen. et comb. nov.: linking sexual and asexual morphs of the only known smut fungus associated with BromeliaceaeUstilago tillandsiaeの形態・生理学的検討および分子系統解析を実施し、本種を新属Pattersoniomycesに移した。本種はクロボキン科においてTranzscheliella属と姉妹群を形成したが、当該属とは胞子堆の発達様式や構造、黒穂胞子の装飾などに差異が見られた。本種は南米において単一のホストジャンプによりカヤツリグサ科あるいはイネ科からパイナップル科植物へと宿主を変換したとみられた。Pattersoniomyces tillandsiae▲■Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Ustilaginaceae/クロボキン科
R3-06212インド産Diorygma属地衣の4新種2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, インド/India, オキセピン類/oxepins, カルナータカ州/Karnataka, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, シッキム州/Sikkim, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, ナガランド州/Nagaland, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, メーガーラヤ州/Meghalaya, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyFour new species of Diorygma from IndiaインドからDiorygma agumbense、D. dandeliense、D. karnatakense、およびD. rupicolaの4新種を記載した。3種はカルナータカ州において樹皮に生じ、1種はメーガーラヤ州において岩上に生じていた。本属の検索表を掲載した。Diorygma agumbense★ / Diorygma dandeliense★ / Diorygma karnatakense★ / Diorygma rupicola★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科
R3-06211Mycoleptodiscus属菌および形態的に類似する菌類の再検討2019Persoonia2019年の論文/published in 2019, Carpobrotus属, Cattleya属, Epidendrum属, Gyranthera属, Opuntia属, Persoonia, Poincianella属, Sannantha属, TreeBASE, Zamia属, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, エンドファイト/endophyte, オリヅルラン属/Chlorophytum, オーストラリア/Australia, カカオ属/Theobroma, キキョウラン属, キジカクシ科/Asparagaceae, キビ属/Panicum, クイーンズランド州/Queensland, サボテン科/Cactaceae, ザミア科/Zamiaceae, シノニム/synonym, ススキノキ科/Xanthorrhoeaceae, スペイン/Spain, タイプスタディ/type study, タコノキ科/Pandanaceae, ツルアダン属/Freycinetia, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ナバラ州/Navarra, ハマミズナ科/Aizoaceae, バイーア州/Bahia, ヒト病原菌/human pathogen, フトモモ科/Myrtaceae, フロリダ州/Florida, ブラジル/Brazil, ベネズエラ/Venezuela, マメ科/Fabaceae, ラン科/Orchidaceae, リター菌/litter fungi, 不稔菌糸/sterile mycelium, 二次代謝産物/secondary metabolite, 付着器/appressorium, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 斑点病/spot disease, 新学名提唱/new scientific name, 新属提唱/new genus, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 日和見感染症/opportunistic infection, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水辺/waterside, 河川/river, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生体組織診断/biopsy, 疑問種/doubtful species, 病原真菌/pathogenic fungi, 目概念/Order concept, 目概念の修正/Order concept_emendation, 科概念/family concept, 科概念の修正/family concept_emendation, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 臨床検体/clinical specimens, 色素産生/pigment production, 菌核/sclerotium, 葉枯病/leaf blotch, 褐色糸状菌症/phaeohyphomycosisRe-evaluation of Mycoleptodiscus species and morphologically similar fungiMycoleptodiscus属を中心とする菌類の再検討を実施し、本属が多系統群であることを示した。基準種のM. sphaericusをシノニムに落とし、新種M. suttoniiを記載したほか、新属新種Neomycoleptodiscus venezuelenseを記載した。本属菌の一部をMuyocopron属やOmnidemptus属に移したほか、系統解析の結果に基づきそれらの属に計3新種を記載した。Muyocopron alcornii★ / Muyocopron atromaculans▲ / Muyocopron coloratum▲ / Muyocopron freycineticola◆ / Muyocopron geniculatum▲ / Muyocopron laterale▲ / Muyocopron sahnii◆ / Muyocopron taiwanense▲ / Muyocopron zamiae★ / Mycoleptodiscus suttonii★ / Mycoleptodiscus terrestris / Neomycoleptodiscus venezuelense★ / Omnidemptus affinis / Omnidemptus graminis★ / Omnidemptus lunatus▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Magnaporthaceae/マグナポルテ科
R3-06210オーストラリア産のクリイロイグチ属3新種2019Muelleria2019年の論文/published in 2019, Agonis属, Allocasuarina属, Lophostemon属, Muelleria, Syncarpia属, アカシア属/Acacia, オーストラリア/Australia, クイーンズランド州/Queensland, フトモモ科/Myrtaceae, マメ科/Fabaceae, モクマオウ科/Casuarinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 複合種/species complex, 西オーストラリア州/Western AustraliaThree new species of Gyroporus (Boletales, Basidiomycota) from AustraliaオーストラリアからGyroporus naranjus、G. occidentalis、およびG. robinsoniiの3新種を記載した。このうちG. naranjusは傘および柄が橙色であることなどで特徴づけられた。他2種はそれぞれ暗青色、淡青色に変色しG. cyanescens複合種に含まれた。Gyroporus naranjus★ / Gyroporus occidentalis★ / Gyroporus robinsonii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目
R3-06209トルコ新産種、Cortinarius caerulescensの系統分類学的研究2019Mantar Dergisi2019年の論文/published in 2019, Mantar Dergisi, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハッキャリ県/Hakkâri, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiPhylogenetic and Taxonomic Studies on Cortinarius caerulescens (Schaeff.) Fr. a New Record for Turkish Mycotaトルコ、ハッキャリ県からCortinarius caerulescensをトルコ新産種として報告した。形態学的検討およびITSおよびnrLSUに基づく分子系統解析を実施した。本種は分子系統解析でC. terpsichoresに近縁であったが、両種は宿主や形態が異なっていた。Cortinarius caerulescens■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-06208特異な怪物状の形態をとったロシア、ノヴォシビルスク州産のNeolentinus cyathiformis2019Botanica Pacifica2019年の論文/published in 2019, Botanica Pacifica, ノヴォシビルスク州/Novosibirsk, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ロシア/Russia, 呈色反応/chemical reaction, 奇形/malformation, 新品種記載/new forma, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungi, 都市環境/urban environmentUnusual monstrose form of Neolentinus cyathiformis (Gloeophyllaceae) from the Novosibirsk Region (Russia)ロシア、ノヴォシビルスク州において採集された、怪物のような奇形の子実体を形成したNeolentinus cyathiformisを報告した。この種における特異な形態の子実体の報告は初であり、これを新品種crateriformisとして記載した。当該標本は傘の上面が火山のようになり、その内部に子実層面を形成していた。Neolentinus cyathiformis / Neolentinus cyathiformis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Gloeophyllales/キカイガラタケ目_Gloeophyllaceae/キカイガラタケ科
R3-06207韓国産の地衣類の属、スミイボゴケ属について2010Mycobiology2010年の論文/published in 2010, Mycobiology, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, カバノキ科/Betulaceae, ケヤキ属/Zelkova, コンフルエンチン酸類/confluentic acids, サリチル酸類/salicylic acids, スチクチン酸類/stictic acids, デプシド類/depsides, ニレ科/Ulmaceae, ハンノキ属/Alnus, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, 二次代謝産物/secondary metabolite, 全羅南道/Jeollanam-do, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 東アジア新産種/East Asia_new record, 検索表/identification key, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 済州特別自治道/Jeju, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new record, 鱗片状地衣/squamulose lichenNotes on Lichen Genus Buellia De Not. (lichenized Ascomycetes) from South KoreaBuellia maritima、B. polyspora、B. spuria、およびB. stellulataの4種を韓国新産種として報告した。そのうち前2種は東アジアにおける新産種でもあった。韓国産のスミイボゴケ属地衣全種の検索表を掲載した。Buellia disciformis / Buellia maritima■ / Buellia polyspora■ / Buellia punctata / Buellia spuria■ / Buellia stellulata■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-06206Chrysosporium linfenense:ケラチン分解活性を有する新種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Chukrasia属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ケラチン分解菌/keratinolytic fungi, スズカケノキ属/Platanus, スズカケノキ科/Platanaceae, センダン科/Meliaceae, ニシキギ属/Euonymus, ニシキギ科/Celastraceae, ヒマラヤスギ属/Cedrus, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山西省/Shanxi, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 温度適性/temperature aptitude, 酵素/enzyme, 酵素活性/enzyme activityChrysosporium linfenense: a new Chrysosporium species with keratinolytic activity中国山西省においてヒマラヤスギなどの根圏土壌から分離された菌を検討し、Chrysosporium linfenenseとして新種記載した。本種はコロニーが白色で分生子がしばしば2-3個鎖生し、ほとんどの場合楕円形または紡錘形で、ラケット菌糸を有することなどで特徴づけられた。本種はケラチナーゼを有し、毛髪を用いた試験でケラチン分解活性を持っているとみられた。Chrysosporium linfenense★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Onygenales/ホネタケ目_Onygenaceae/ホネタケ科
R3-06205エクアドル産のウメノキゴケ科地衣の新種、Hypotrachyna carchiensis2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, ウスニン酸類/usnic acids, エクアドル/Ecuador, カルチ県/Carchi, セトラル酸類/cetraric acids, フマル酸類/fumarates, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾフラン類/benzofurans, 二次代謝産物/secondary metabolite, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyHypotrachyna carchiensis, a new species in the Parmeliaceae from Ecuadorエクアドル、カルチ県で採集された地衣の一種を検討し、Hypotrachyna carchiensisとして新種記載した。本種は樹皮生で地衣体が黄緑色、葉央に裂芽を生じ、髄層にフマルプロトセトラル酸を含むことなどで特徴づけられた。本種は形態的に類似する同属他種とは地衣体の形態、地衣成分などが異なっていた。Hypotrachyna carchiensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06204マングローブを宿主とするCytospora属の形態・系統学的特性2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シクンシ科/Combretaceae, センダン科/Meliaceae, タイ/Thailand, ヒルギモドキ属, ペッチャブリー県/Phetchaburi, ホウガンヒルギ属/Xylocarpus, マングローブ林/mangrove forest, ラノーン県/Ranong, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 沿岸域/coastal area, 胞子の発芽/germination of spores, 表面殺菌法/surface sterilization methodMorphological and phylogenetic characterisation of novel Cytospora species associated with mangrovesタイにおいて3種のマングローブの罹病葉や枝に生じた微小菌類を分離し、形態学的検討および分子系統解析を実施した。Cytospora lumnitzericola、C. thailandica、およびC. xylocarpiの3新種を記載した。C. thailandicaは分生子果が多室で、子嚢胞子および分生子が無色類円筒形単細胞であることなどで特徴づけられた。Cytospora lumnitzericola★ / Cytospora thailandica★ / Cytospora xylocarpi★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Valsaceae/ヴァルサ科
R3-06203トゥベウフィア科のKamalomyces属2新種の系統学的特性2018Mycological Progress2018年の論文/published in 2018, Mycological Progress, TreeBASE, イネ科/Poaceae, タイ/Thailand, タケ生息菌/bambusicolous fungus, チエンマイ県/Chiang Mai, チエンラーイ県/Chiang Rai, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth ratePhylogenetic characterization of two novel Kamalomyces species in Tubeufiaceae (Tubeufiales)タイからタケ生息菌のKamalomyces bambusicolaおよびK. thailandicusを新種記載した。前者はchlamydotubeufia状のアナモルフを伴う点、後者は子実体形成菌糸層をなす菌糸が乏しく、殻壁側面が3層からなる点などでそれぞれ特徴づけられた。Kamalomyces属の形質比較表を掲載した。Kamalomyces bambusicola★ / Kamalomyces thailandicus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱
R3-06202Palawania属に対する新科パラワニア科の提唱およびその進化時期の推定2016Mycosphere2016年の論文/published in 2016, BEAST, Dypsis属, Mycosphere, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 分子時計/molecular clock, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分岐年代推定/divergence time estimation, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 腐生菌/saprobePalawaniaceae fam. nov., a new family (Dothideomycetes, Ascomycota) to accommodate Palawania species and their evolutionary time estimatesタイ産のPalawania属標本を検討し、本属に対して新科パラワニア科を提唱した。また、タイにおいてDypsis lutescensに発生した新種P. thailandenseを記載した。本科の分岐年代推定を実施し、ムヨコプロン目との最近共通祖先がジュラ紀に分岐したとの結果を得た。Palawania thailandense★
R3-06201中国産Ganoderma sinenseの高度な表現型可塑性2019Asian Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, Asian Journal of Mycology, SNP解析/SNP genotyping, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 垂直分布/vertical distribution, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 気温/temperature, 海南省/Hainan, 湿度/humidity, 種内変異/intraspecific variation, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 複合種/species complex, 誤同定/misidentification, 貴州省/Guizhou, 降水量/precipitationHigh phenotypic plasticity of Ganoderma sinense (Ganodermataceae, Polyporales) in China中国産のGanoderma sinense20標本について形態学的検討および分子系統解析を実施し、環境要因によって高度な表現型の可塑性が生じることを示した。肉眼的形態は非常に変異が大きかった一方、担子胞子のサイズ、形状、菌糸構成などの顕微鏡的形態はほとんど有意差を示さなかった。本種およびG. japonicumは形態に基づき別種とされるものの、分子系統解析ではともに単系統群を形成し区別されなかったが、これは誤同定によるものと考えられた。Ganoderma sinenseBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-06200台湾産のArachnopeziza属1新種2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, 南投県/Nantou, 台湾/Taiwan, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 生長速度/growth rate, 胞子の発芽/germination of sporesA new species of Arachnopeziza from Taiwan台湾南投県で採集された菌を検討し、Arachnopeziza hiemalisとして新種記載した。本種は広葉樹の腐朽材に生じ、子嚢盤がレモン色で、子嚢胞子に3隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種の子嚢胞子は素寒天培地上で容易に発芽し、MEA培地でのコロニーの生長速度は非常に緩慢であった。Arachnopeziza hiemalis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Arachnopezizaceae/クモノスヒナチャワンタケ科
R3-06199トルコ、ウルガズ山国立公園およびその周辺における大型菌類の多様性2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, カスタモヌ県/Kastamonu, チャンクル県/Çankırı, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyMacrofungal diversity of Ilgaz Mountain National Park and its environs (Turkey)トルコ、ウルガズ山国立公園およびその周辺において大型菌類の多様性調査を実施した。59科220分類群を同定し、そのうち201が担子菌、19が子嚢菌であった。Bisporella subpallida、Tricholoma bufonium、およびLeucogyrophana pseudomolluscaをトルコ新産種として報告した。Bisporella subpallida■ / Leucogyrophana pseudomollusca■ / Tricholoma bufonium■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Hygrophoropsidaceae/ヒロハアンズタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-06198中国において新たに発見されたキンカクキン科菌類2016Nova Hedwigia2016年の論文/published in 2016, Nova Hedwigia, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, リター菌/litter fungi, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 熱帯域/tropics, 雲南省/YunnanNewly discovered sclerotiniaceous fungi from China中国の熱帯域からDicephalospora dentataとLanzia pteridiicolaの2新種を記載した。前者は子嚢盤縁部が歯牙状であること、後者はシダに生じ、子嚢および子嚢胞子が小型であることなどで特徴づけられた。また、中国新産種としてLambertella makilingensisを報告した。Dicephalospora dentata★ / Lambertella makilingensis■ / Lanzia pteridiicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Sclerotiniaceae/キンカクキン科_Rutstroemiaceae/ルトストロエミア科
R3-06197Athallia pyraceaとXanthoria parietinaに生じた新種Trichoconis hafellneri、Trichoconis属に関する議論および本属の種の検索表2016Herzogia2016年の論文/published in 2016, Athallia属, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Herzogia, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウクライナ/Ukraine, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, ヘルソン州/Kherson, ポルタヴァ州/Poltava, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 多系統群/polyphyletic group, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 難培養性菌/uncultured fungiTrichoconis hafellneri sp. nov. on Athallia pyracea and Xanthoria parietina, a generic discussion of Trichoconis and keys to the species of this genusウクライナ産のAthallia pyraceaとXanthoria parietinaを宿主とする地衣生菌の一種を検討し、Trichoconis hafellneriとして新種記載した。本種は形態に基づきTrichoconis属に含められたが、培養および配列決定の試みは失敗した。Trichoconis属の定義について議論したほか、本属の検索表を掲載した。Trichoconis hafellneri★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06196中国河南省においてヘチマに発生したエンドファイトの新種、Phialemoniopsis endophytica2016Mycological Progress2016年の論文/published in 2016, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウリ科/Cucurbitaceae, エンドファイト/endophyte, ヘチマ属/Luffa, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 河南省/Henan, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 表面殺菌法/surface sterilization methodPhialemoniopsis endophytica sp. nov., a new species of endophytic fungi from Luffa cylindrica in Henan, China中国河南省においてヘチマから分離されたエンドファイトの一種を検討し、Phialemoniopsis endophyticaとして新種記載した。本種は分生子果に孔口を有し、フィアライドがフラスコ形~円筒形、分生子が鎌形、厚壁胞子が楕円形であることなどで特徴づけられた。本種および本種に類似するPhialemoniopsis属菌の形質比較表を掲載した。Phialemoniopsis endophytica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱
R3-06195メキシコ、キンタナ・ロー州産の興味深いイグチ目菌類2018Scientia Fungorum2018年の論文/published in 2018, Scientia Fungorum, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, サバンナ/savannah, シクエストレート菌/sequestrate fungus, メキシコ/Mexico, 切片/section, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 採集地マッピング/collection site mapping, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 都市環境/urban environmentSome interesting Boletales (Basidiomycota) from Quintana Roo, Mexicoメキシコ、キンタナ・ロー州の熱帯林においてイグチ目菌類の調査を実施し、6種を報告した。そのうちPhlebopus brasiliensis、Suillus decipiens、Scleroderma nitidum、およびXerocomus coccolobaeはキンタナ・ロー州新産種として報告された。キンタナ・ロー州産イグチ目菌類の検索表を掲載した。Boletellus cubensis / Phlebopus brasiliensis■ / Scleroderma bermudense / Scleroderma nitidum■ / Suillus decipiens■ / Xerocomus coccolobae■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科_Boletinellaceae/ミダレアミイグチ科_Sclerodermataceae/ニセショウロ科_Suillaceae/ヌメリイグチ科
R3-06194トルコ、ビンギョル県における新産の大型菌類、Hebeloma subtortumの形態および分子生物学的特性2019Kastamonu Üniversitesi Orman Fakültesi Dergisi2019年の論文/published in 2019, Kastamonu Üniversitesi Orman Fakültesi Dergisi, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ビンギョル県/Bingöl, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 誤同定/misidentificationMorphological and Molecular Characterization of Hebeloma subtortum (Hymenogastraceae), a New Record Macrofungus from Bingöl Province, Turkeyトルコ、ビンギョル県で採集されたHebeloma subtortumをトルコ新産種として報告した。本種はH. mesophaeum var. lacteumおよびH. sordidumとして既にトルコから報告されていたが、本研究でH. subtortumと確かめられた。本種と類似種H. mesophaeumとの形質比較表を掲載した。Hebeloma subtortum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-06193植物の葉から分離された射出分生子形成性酵母の新種、Kondoa gutianensis2018Antonie van Leeuwenhoek2018年の論文/published in 2018, Antonie van Leeuwenhoek, Dalmau平板培養法/Dalmau plate culture method, forma asexualis, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, カギカズラ属/Uncaria, デンプン/starch, ビタミン要求性/vitamin requirement, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 射出胞子/ballistospore, 山地/mountains, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 森林/forest, 気温/temperature, 浙江省/Zhejiang, 発酵試験/fermentation test, 胞子射出/spore discharge, 葉圏/phyllosphere, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 降水量/precipitationKondoa gutianensis f.a. sp. nov., a novel ballistoconidium-forming yeast species isolated from plant leaves中国浙江省の亜熱帯林において葉から分離されたアナモルフ酵母の一種を検討し、Kondoa gutianensisとして新種記載した。本種はCMA培地上で腎臓形またはソーセージ形の射出分生子を形成した。本種はビタミン要求性を欠くことなどで特徴づけられた。Kondoa gutianensis★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Agaricostilbomycetes/アガリコスティルバム綱_Agaricostilbomycetidae/アガリコスティルバム亜綱_Agaricostilbales/アガリコスティルバム目
R3-06192インド新産の菌類2016Indian Phytopathology2016年の論文/published in 2016, Indian Phytopathology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, テランガーナ州/Telangana, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 気温/temperature, 種内変異/intraspecific variation, 降水量/precipitationNew additions to the fungi of Indiaインド、テランガーナ州の森林において2年間リター菌の調査を実施した。Craspedodidymum abigianense、Cryptocoryneum condensatum、Septosporium bulbotrichum、およびBactrodesmium linderiをインド新産種として報告した。各種の記載文、顕微鏡写真、スケッチなどを掲載した。Bactrodesmium linderi■ / Craspedodidymum abigianense■ / Cryptocoryneum condensatum■ / Septosporium bulbotrichum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科
R3-06191ノルウェー本土新産種、Agonimia globulifera2019Graphis Scripta2019年の論文/published in 2019, Graphis Scripta, カギハイゴケ属, キンシゴケ科/Ditrichaceae, ケキンシゴケ属, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, センボンゴケ科/Pottiaceae, ソグン・オ・フィヨーラネ県/Sogn og Fjordane, ネジクチゴケ属, ノルウェー/Norway, ヒシャクゴケ属, ヒシャクゴケ科, ヤナギゴケ科/Amblystegiaceae, ヤリカツギ属, ヤリカツギ科, ヨリイトゴケ属/Tortella, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 沿岸域/coastal area, 石灰質土壌/calcareous soil, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenAgonimia globulifera new to mainland Norwayノルウェー、ソグン・オ・フィヨーラネ県で採集されたAgonimia globuliferaをノルウェー本土新産種として報告した。本種は従来ヨーロッパ諸国やスヴァールバル諸島における分布が知られ、ノルウェー本土においては浜辺の貝殻砂の上のコケに発生していた。本種は地衣体上に光沢のある不稔の小球を伴うことなどで特徴づけられた。Agonimia globulifera■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-06190カリシンおよびウスニン酸を含む広義チャシブゴケ属地衣の系統的位置、および新種Lecanora solarisの記載2019The Lichenologist2019年の論文/published in 2019, The Lichenologist, アルタイ共和国/Altai Republic, アルタイ山脈/Altai Mountains, ウスニン酸類/usnic acids, シベリア/Siberia, タイプスタディ/type study, ツンドラ/tundra, トゥヴァ共和国/Tyva, ベンゾフラン類/benzofurans, マガダン州/Magadan, ロシア/Russia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 水辺/waterside, 河川/river, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variation, 草地/grassland, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 高山帯/alpine region, 鱗片状地衣/squamulose lichenThe phylogenetic position of species of Lecanora s. l. containing calycin and usnic acid, with the description of Lecanora solaris Yakovchenko & Davydov sp. nov.ロシア、シベリアのアルタイ山脈で採集された地衣の一種を検討し、Lecanora solarisとして新種記載した。本種は地衣体が明るい黄色で、地衣成分としてカリシンおよびウスニン酸を含むことなどで特徴づけられた。L. somervelliiのネオタイプ標本を検討し、本種と形態的に異なることを示した。Lecanora solaris★ / Lecanora somervelliiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科
R3-06189中国においてキンミズヒキ属植物に発生した新属新種Quasipucciniastrum agrimoniae2019Mycology2019年の論文/published in 2019, Mycology, さび菌/rust fungi, キンミズヒキ属/Aqrimonia, チベット自治区/Tibet, バラ科/Rosaceae, 内モンゴル自治区/Inner Mongolia, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北京市/Beijing, 四川省/Sichuan, 大興安嶺山脈/Greater Khingan, 寄生菌/parasite, 寧夏回族自治区/Ningxia, 山地/mountains, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 甘粛省/Gansu, 貴州省/Guizhou, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/Yunnan, 黒竜江省/HeilongjiangQuasipucciniastrum agrimoniae, gen. et sp. nov. on Agrimonia (Rosaceae) from China中国においてAgrimonia pilosaに発生したさび菌の一種を検討し、新属新種Quasipucciniastrum agrimoniaeとして記載した。本種は夏胞子堆の護膜細胞が粗面であること、冬胞子が多細胞からなり、無柄で頂部が厚壁であることなどで特徴づけられた。本種はPucciniastrum属に形態的に類似していたが系統的に異なり、分子系統解析ではCronartium属と姉妹群を形成したが、冬胞子の形態などが異なっていた。Quasipucciniastrum agrimoniae★
R3-06188ブラジル南東部、サンパウロ州の海岸に産したプロトセトラル酸あるいはスチクチン酸を含むウメノキゴケ属地衣の新種2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アトラノリン類/atranorins, ウスニン酸類/usnic acids, オキセピン類/oxepins, サンパウロ州/São Paulo, スチクチン酸類/stictic acids, セトラル酸類/cetraric acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブラジル/Brazil, プロトセトラル酸類/protocetraric acids, ベンゾフラン類/benzofurans, マングローブ林/mangrove forest, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 沿岸域/coastal area, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 都市環境/urban environment, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNew species of Parmotrema containing protocetraric or stictic acids from the coast of São Paulo State, southeastern Brazilブラジル、サンパウロ州の海岸で採集された地衣の一種を検討し、ウメノキゴケ属の3新種を記載した。そのうちParmotrema eliasaroanumはスチクチン酸、P. graniticumおよびP. milaneziiはプロトセトラル酸を含んでいた。新種を含むP. dilatatumグループの形質比較表を掲載した。Parmotrema eliasaroanum★ / Parmotrema graniticum★ / Parmotrema milanezii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06187中国および韓国産のロウソクゴケモドキ属地衣2新種2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, カルボン酸類/carboxylic acids, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, サクラ属/Prunus, バラ科/Rosaceae, プルビン酸類/pulvinic acids, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ラクトン類/lactones, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 全羅北道/Jeollabuk-do, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 種内変異/intraspecific variation, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 誤同定/misidentification, 雲南省/Yunnan, 韓国/South Korea, 鱗片状地衣/squamulose lichenTwo New Species of the Genus Candelariella from China and Korea中国および韓国において採集された2種の地衣を検討し、それぞれCandelariella rubrisoliおよびC. subsquamulosaとして新種記載した。前者は地衣体が小区画状~類鱗片状で崩壊し粉芽となる点、後者は地衣体が緑色~暗緑色で明るい黄色~橙色の粉芽に覆われる点などでそれぞれ特徴づけられた。また、中国本土新産種としてC. canadensisを報告した。Candelariella canadensis■ / Candelariella placodizans / Candelariella rubrisoli★ / Candelariella subsquamulosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目
R3-06186葉のリターに生息する腐生性ディディメラ科菌類:新種Leptosphaerulina longifloriおよびダイオウヤシから新たに見出されたDidymella sinensis2019Asian Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, Asian Journal of Mycology, TreeBASE, ダイオウヤシ属, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ユリ属/Lilium, ユリ科/Liliaceae, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 台湾/Taiwan, 嘉義県/Chiayi County, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 湿室法/moist chamber method, 腐生菌/saprobeLeaf litter saprobic Didymellaceae (Dothideomycetes): Leptosphaerulina longiflori sp., nov. and Didymella sinensis, a new record from Roystonea regia台湾嘉義県においてLilium longiflorumの葉に生じた菌を検討し、Leptosphaerulina longifloriとして新種記載した。本種はユリ科植物を宿主とする初の本属菌であり、近縁種とは子嚢果、子嚢、子嚢胞子のサイズなどが異なっていた。また、Didymella sinensisの新基質としてダイオウヤシの枯れ葉を報告した。Didymella sinensis / Leptosphaerulina longiflori★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Didymellaceae/ディディメラ科_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06185ブラジルにおいてカシューナッツにゴム病を引き起こすボトリオスフェリア科菌類の系統、分布、病原性の解析およびLasiodiplodia属1新種2017Fungal Biology2017年の論文/published in 2017, Fungal Biology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アラゴアス州/Alagoas, ウルシ科/Anacardiaceae, カシューナットノキ属/Anacardium, ゴム病, セアラー州/Ceará, ピアウイ州/Piaui, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ミナスジェライス州/Minas Gerais, リオグランデ・ド・ノルテ州/Rio Grande do Norte, リニアグロース/linear growth, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分離頻度/isolation frequency, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 熱帯域/tropics, 生長速度/growth rate, 病原力/virulence, 発生頻度/frequency of occurrence, 統計解析/statistical analysisAnalysis of phylogeny, distribution and pathogenicity of Botryosphaeriaceae species associated with gummosis of Anacardium in Brazil, with a new species of Lasiodiplodiaブラジルの6州において果樹園のカシューナッツにゴム病を引き起こす菌類を検討し、10分類群を同定した。そのうち、分生子表面に顕著な縦方向の条線を有することなどで特徴づけられた1種をLasiodiplodia gravistriataとして新種記載した。全分離菌株が接種試験で病原性を示し、最も多く検出されたL. theobromaeを除く全種がカシューナッツからの初報告となった。Lasiodiplodia gravistriata★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06184エジプト、ワディエルナトルーンのアルカリ湖に産した新種、Ramophialophora chlamydospora2019Asian Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, Asian Journal of Mycology, pH(水質)/pH (water), TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エジプト/Egypt, ブハイラ県, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 好アルカリ菌/alkalophilic fungus, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 水質分析/water quality analysis, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwaterRamophialophora chlamydospora, a new species from an alkaline lake of Wadi-El-Natron, Egyptエジプト、ブハイラ県の湖水から分離された菌を検討し、Ramophialophora chlamydosporaとして新種記載した。本種は分生子柄が分枝して末端がフィアライドになり、分生子が褐色涙形でスライム状の頭状をなすこと、厚壁胞子を豊富に形成することなどで特徴づけられた。本種は炭酸塩および重炭酸塩を多く含むアルカリ性の湖水から分離され、pH9-10の範囲で良好に生育し、好アルカリ菌であることが示された。Ramophialophora chlamydospora★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-06183ベナンにおいてEncephalartos barteriに生じたPseudocercospora属1新種2019Asian Journal of Mycology2019年の論文/published in 2019, Asian Journal of Mycology, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, オニソテツ属/Encephalartos, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ザミア科/Zamiaceae, ベナン/Benin, ボルグー県/Borgou, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉面菌/leaf surface fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMA new species of Pseudocercospora on Encephalartos barteri from BeninベナンにおいてEncephalartos barteriの葉に繰り返し見出された菌を検討し、Pseudocercospora encephalartiとして新種記載した。本種はオニソテツ属植物を宿主とする初のPseudocercospora属菌として報告された。また、同宿主に見出されたCorynespora属未同定種の記載文および写真を掲載した。Pseudocercospora encephalarti★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06182トマトの葉に斑点病を引き起こすパキスタン新産種、Alternaria metachromatica2014Pakistan Journal of Agricultural Sciences2014年の論文/published in 2014, Pakistan Journal of Agricultural Sciences, アウトブレイク/outbreak, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, パキスタン/Pakistan, パキスタン新産種/Pakistan_new record, パンジャーブ州(パキスタン)/Punjab (Pakistan), 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 畑地/farmland, 配列決定/sequencingFirst report of Alternaria metachromatica from Pakistan causing leaf spot of tomatoパキスタン、ラホールにおいてトマトに斑点病のアウトブレイクを引き起こした菌を検討した。病原菌をAlternaria metachromaticaと同定し、本種をパキスタン新産種として報告した。本種との同定は形態学的検討に加え、ITS領域の塩基配列でも確かめられた。Alternaria metachromatica■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06181トルコ新産のツメゴケ属地衣を宿主とする菌類2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アフィヨンカラヒサール県/Afyonkarahisar, アルトヴィン県/Artvin, エスキシェヒル県/Eskişehir, キュタヒヤ県/Kütahya, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ビレジク県/Bilecik, ブルサ県/Bursa, ムーラ県/Mugla, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 漂白/bleaching, 腐生菌/saprobe, 菌寄生菌/mycoparasiteNew records of peltigericolous fungi from Turkeyトルコからツメゴケ属地衣を宿主とする7種の菌類を報告した。そのうちCapronia peltigeraeなど6種をトルコ新産種として報告した。これらの中には宿主に対する損傷が見られず、共生的であると考えられた種もあったが、宿主に漂白や壊死斑を生じた種もあった。Capronia peltigerae■ / Dacampia rufescentis■ / Neolamya peltigerae■ / Phoma peltigerae■ / Polycoccum crassum / Pronectria robergei■ / Stigmidium peltideae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06180中国においてクリの枝に生息するメラノクレイティック菌類の同定および特性調査2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, クリ属/Castanea, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北京市/Beijing, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山東省/Shandong, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 河北省/Hebei, 潰瘍病/canker, 生長速度/growth rate, 発芽誘導/germination induction, 胴枯病/dogare-byo (canker), 腐生菌/saprobe, 陝西省/ShaanxiIdentification and characterization of chestnut branch-inhabiting melanocratic fungi in China中国の河北省、陝西省および山東省のクリ園において枯枝に発生した、黒色の子嚢胞子あるいは分生子を形成する菌類を調査した。Pseudomelanconis属に近縁の新属新種Neopseudomelanconis castaneaeを記載した。他にAplosporella javeedii、Coryneum umbonatum、Lopadostoma americanum、およびMyrmaecium fulvopruinatumを同定した。Aplosporella javeedii / Coryneum umbonatum / Lopadostoma americanum■ / Myrmaecium fulvopruinatum / Neopseudomelanconis castaneae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目_Aplosporellaceae/アプロスポレラ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目
R3-06179スペイン、エストレマドゥーラ州および周辺地域で採集された新種Comatricha parvulaおよびその他の変形菌類2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, Opuntia属, アンダルシア州/Andalusia, イグサ属/Juncus, イグサ科/Juncaceae, カスティーリャ・ラ・マンチャ州/Castilla-La Mancha, キイチゴ属/Rubus, キョウチクトウ属/Nelium, キョウチクトウ科/Apocynaceae, コナラ属/Quercus, コバノイシカグマ科/Dennstaedtiaceae, サボテン科/Cactaceae, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, スペイン/Spain, バラ科/Rosaceae, フトモモ科/Myrtaceae, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ユーカリ属/Eucalyptus, リター菌/litter fungi, ワラビ属/Pteridium, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 温帯域/temperate zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complex, 走査型電子顕微鏡/SEM, 降水量/precipitationComatricha parvula sp. nov. and other myxomycetes recorded from Extremadura (Spain) and adjacent areasスペイン、エストレマドゥーラ州および周辺地域から63種の変形菌類を報告した。そのうちヤマナラシ属の一種の材に発生した菌を検討し、Comatricha parvulaとして新種記載した。本種は子実体が小型であり、細毛体が子嚢下半部において網目状をなすことなどで特徴づけられた。Arcyria affinis / Arcyria cinerea / Arcyria incarnata / Arcyria minuta / Badhamia foliicola / Badhamia gracilis / Badhamia melanospora / Badhamia panicea / Badhamia utricularis / Comatricha anomala / Comatricha parvula★ / Dictydiaethalium plumbeum / Didymium bahiense / Didymium laxifilum / Didymium megalosporum / Didymium rubeopus / Didymium squamulosum / Didymium vaccinum / Hemitrichia succulenticola / Physarum brunneolum / Physarum clavisporum / Physarum hongkongense / Physarum leucophaeum / Physarum pusillum / Physarum robustum / Physarum spectabile / Stemonitis flavogenita / Trichia contorta / Trichia crateriformisMyxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Trichiales/ケホコリ目_Arcyriaceae/ウツボホコリ科_Physarales/モジホコリ目_Physaraceae/モジホコリ科_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科_Liceales/コホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科_Trichiaceae/ケホコリ科
R3-06178タイの泥炭湿地林から分離された新種Nakazawaea todaengensis2017International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2017年の論文/published in 2017, forma asexualis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, スライド培養法/slide culture method, タイ/Thailand, テリハボク属/Calophyllum, テリハボク科/Calophyllaceae, デンプン/starch, ナラーティワート県/Narathiwat, ビタミン要求性/vitamin requirement, ピートボグ/peat bog, ユビキノン/ubiquinone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 希釈平板法/dilution plate method, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 水辺/waterside, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 湿地帯/wetland, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酸産生/acid production, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyNakazawaea todaengensis f.a., sp. nov., a yeast isolated from a peat swamp forest in Thailandタイの泥炭湿地林において泥炭から希釈平板法で分離されたアナモルフ酵母の一種を検討し、Nakazawaea todaengensisとして新種記載した。本種はN. laoshanensisに系統的に近縁であり、一部の表現型も類似していた。本報告は泥炭湿地林からのNakazawaea属酵母の初報告とみられた。Nakazawaea todaengensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-06177イラン、ケルマーンシャー州においてウリ科植物の根腐病および根頭腐敗病を引き起こす卵菌類の形態学的検討および分子生物学的特性2018Mycologia Iranica2018年の論文/published in 2018, Mycologia Iranica, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, ウリ科/Cucurbitaceae, カボチャ属/Cucurbita, キュウリ属/Cucumis, ケルマーンシャー州/Kermanshah, スイカ属/Citrullus, リニアグロース/linear growth, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 根腐病/root rot, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 葉枯病/leaf blotch, 表面殺菌法/surface sterilization methodMorphological and molecular characterization of Oomycetes associated with root and crown rot of cucurbits in Kermanshah province, Iranイラン、ケルマーンシャー州においてウリ科植物の畑地から分離された卵菌類を検討した。Pythium属9種、Phytopythium属2種、Phytophthora属3種を同定した。Phytopythium mercurialeをイラン新産種として報告し、4種をウリ科植物の根腐病・根頭腐敗病の病原菌として初めて報告した。Phytopythium litorale / Phytopythium mercuriale■ / Pythium catenulatum / Pythium dissotocum / Pythium kashmirense / Pythium nodosum / Pythium torulosumOomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Pythiales/フハイカビ目_Pythiaceae/フハイカビ科
R3-06176ビョウタケ目の新属新種Blastosporium persicolor2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タバコ属/Nicotiana, ナス科/Solanaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分類未確定/classification undetermined, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 福建省/Fujian, 葉面菌/leaf surface fungiBlastosporium persicolor gen. et sp. nov., a new helotialean fungus中国福建省においてカビの生えたタバコの葉から分離された菌を検討し、新属新種Blastosporium persicolorとして記載した。本種は分生子柄が分枝しないか疎らに分枝し、分生子形成細胞が単出芽または多出芽型で、分生子が無色単細胞であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でビョウタケ目の系統に含まれたが、科レベルの所属は未確定であった。Blastosporium persicolor★
R3-06175サリサピリア科の再検討2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, Phytophthora Database, エピタイプ指定/epitype designation, タイプスタディ/type study, バハマ/Bahamas, ヒルギ科/Rhizophoraceae, マングローブ林/mangrove forest, ヤエヤマヒルギ属/Rhizophora, リター菌/litter fungi, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 卵菌類/Oomycetes, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 腐生菌/saprobe, 西インド諸島/The West IndiesRevisiting SalisapiliaceaeSalisapilia属を再検討し、Halophytophthora属から本属に5種を移した。また、バハマにおいてヤエヤマヒルギ属植物の腐朽葉に生じた菌を検討し、S. coffeyiとして新種記載した。本属の属概念およびS. nakagiriiの種概念を修正するとともに、本属の検索表を掲載した。Salisapilia bahamensis▲ / Salisapilia coffeyi★ / Salisapilia elongata▲ / Salisapilia epistomia▲ / Salisapilia masteri▲ / Salisapilia mycoparasitica▲ / Salisapilia nakagirii / Salisapilia sapeloensis / Salisapilia tartarea▲Oomycota/卵菌門_Oomycetes/卵菌綱_Peronosporales/ツユカビ目_Salisapiliaceae/サリサピリア科
R3-06174中国産の新種Wiesneriomyces machilicola2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クスノキ科/Lauraceae, タブノキ属/Machilus, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 湖北省/HubeiWiesneriomyces machilicola sp. nov. from China中国湖北省においてMachilus ichangensisの枯れ葉に生じた菌を検討し、Wiesneriomyces machilicolaとして新種記載した。本種は分生子が無色直線状または鎌形で3-6細胞からなることなどで特徴づけられた。本種および2種の同属他種を含む検索表を掲載した。Wiesneriomyces machilicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目
R3-06173主にフィンランドおよびロシアにおける地衣生菌類の新産種2007Karstenia2007年の論文/published in 2007, Karstenia, Melanelixia属, Melanohalea属, Protopannaria属, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, アルバータ州/Alberta, インド/India, インド新産種/India_new record, ウスバトコブシゴケ属/Platismatia, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, ウラミゴケ属/Nephroma, ウラミゴケ科/Nephromataceae, ウランバートル市/Ulaanbaatar, ウーシマー県/Uusimaa, オンタリオ州/Ontario, オーランド諸島/Åland, カナダ/Canada, カラクサゴケ属/Parmelia, カリフォルニア州/California, カレリア共和国/Karelia Republic, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, ケゴケ属, サハ共和国/Sakha Republic, サンゴゴケ属/Sphaerophorus, サンゴゴケ科/Sphaerophoraceae, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, チリ/Chile, チリ新産種/Chile_new record, ツブノリ科/Lichinaceae, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, ティエラ・デル・フエゴ州/Tierra del Fuego, トゥヴァ共和国/Tyva, ニューファンドランド・ラブラドール州/Newfoundland and Labrador, ニューメキシコ州/New Mexico, ノバスコシア州/Nova Scotia, ノースウエスト準州/Northwest Territories, ハイマツゴケ属/Vulpicida, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, ハナビラゴケ科/Pannariaceae, ハバロフスク地方/Khabarovsk, パイヤト=ハメ県/Päijät-Häme, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, フィンランド/Finland, フィンランド新産種/Finland_new record, フクロゴケ属/Hypogymnia, プスコフ州/Pskov, マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州/Magallanes y la Antártica Chilena, モンゴル/Mongolia, ヤイトゴケ属/Solorina, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, ラッピ県/Lappi, レニングラード州/Leningrad, ロシア/Russia, ワゴケ属/Arctoparmelia, 北サヴォ県/Northern Savonia, 北ポフヤンマー県/Northern Ostrobothnia, 北欧新産種/Nordic_new record, 南西スオミ県/Southwest Finland, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 米国/USANew reports of lichenicolous fungi, mainly from Finland and Russiaアルゼンチン、ロシアなど8ヶ国で採集された地衣生菌類を報告した。各種を採集された国または地域における新産種として報告した。Lichenoconium cargillianumはヨーロッパ新産種として報告された。Abrothallus bertianus■ / Abrothallus caerulescens■ / Abrothallus cetrariae■ / Abrothallus parmeliarum■ / Abrothallus peyritschii■ / Abrothallus prodiens■ / Arthonia peltigerina■ / Dactylospora protothallina■ / Echinothecium reticulatum■ / Epicladonia simplex■ / Homostegia piggotii■ / Karsteniomyces peltigerae■ / Libertiella malmedyensis■ / Lichenoconium cargillianum■ / Lichenoconium lecanorae■ / Lichenoconium usneae■ / Lichenostigma cosmopolites■ / Merismatium nigritellum■ / Muellerella lichenicola■ / Neolamya peltigerae■ / Phacopsis cephalodioides■ / Phacopsis oxyspora■ / Phaeopyxis punctum■ / Phaeospora peltigericola■ / Sphaerellothecium minutum■ / Stigmidium ephebes■ / Stigmidium solorinarium■ / Syzygospora bachmannii■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Dactylosporaceae/ダクティロスポラ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Capnodiaceae/カプノディウム科_Dothideales/クロイボタケ目_Phaeococcomycetaceae/フェオコッコマイセス科_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Syzygosporaceae/シジゴスポラ科
R3-06172ホウネンゴケ科カクレホウネンゴケ属の1新種 Sarcogyne endopetrophila2015植物研究雑誌/The Journal of Japanese Botany2015年の論文/published in 2015, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩石内生地衣, 岩石薄片, 広島県/Hiroshima, 新称和名/new Japanese name, 新種記載/new species, 日本/Japan, 植物研究雑誌/The Journal of Japanese Botany, 水辺/waterside, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 脂肪酸/fatty acid, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 配列決定/sequencingSarcogyne endopetrophila (Acarosporaceae, Lichenized Ascomycota), a New Species from Japan広島県安芸太田町の太田川において川辺の花崗閃緑岩に発生した岩石内生地衣の一種を検討し、Sarcogyne endopetrophila(和名:イワカクレホウネンゴケ)として新種記載した。本種は子器が小型で縁部が平滑、粉子器が球形~疣状、粉子が長円形、共生藻がMyrmecia属緑藻であった。同所において多数確認された粉子器が本種のものであることをITS領域の塩基配列に基づき確かめた。Sarcogyne endopetrophila★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-06171カナリア諸島産の地衣類の新種、Tephromela follmannii2010Mycotaxon2010年の論文/published in 2010, Mycotaxon, アトラノリン類/atranorins, カナリア諸島/Canary Islands, ジベンゾオキセピン類/dibenzoxepins, スペイン/Spain, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, フィソド酸類/physodic acids, マカロネシア/Macaronesia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 垂直分布/vertical distribution, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 未知成分/unknown component, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyTephromela follmannii (lichenized Ascomycota), a new species from the Canary Islandsカナリア諸島において玄武岩に発生した地衣の一種を検討し、Tephromela follmanniiとして新種記載した。本種は中標高~高標高に分布し、地衣体が帯灰クリーム色で厚く、小区画状~水疱状から疣状であり、子器が黒色であることなどで特徴づけられた。本種はアレクトロン酸など、未知成分を含む多様な地衣成分を含んでいた。Tephromela follmannii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Tephromelataceae/テフロメラ科
R3-06170トルコ新産のクヌギタケ属1種2017Anatolian Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Anatolian Journal of Botany, コバノイシカグマ科/Dennstaedtiaceae, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, リター菌/litter fungi, ワラビ属/Pteridium, 新産種報告/new recordA New Mycena Record for the Mycobiota of Turkeyトルコ新産種としてMycena pterigenaを報告した。本種はトラブゾン県においてワラビ属の一種の枯茎に発生していた。本種の報告により、トルコ産の既知のクヌギタケ属菌は63種となった。Mycena pterigena■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-06169中国において淡水環境から採集されたClohiesia属およびParaniesslia属新種2007Mycoscience2007年の論文/published in 2007, Mycoscience, 中国/China, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生長速度/growth rate, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanNew species of Clohiesia and Paraniesslia collected from freshwater habitats in China中国雲南省において水中に沈んだ材に発生した2種の菌を検討し、それぞれClohiesia curvispora、Paraniesslia aquaticaとして新種記載した。前者は子嚢果が埋生し、子嚢が円筒形、子嚢胞子が長紡錘形で屈曲することなどで特徴づけられた。後者は子嚢果が表在性で剛毛状、子嚢が棍棒形で子嚢胞子が褐色疣状であることなどで特徴づけられた。Clohiesia curvispora★ / Paraniesslia aquatica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Niessliaceae/ニースリア科
R3-06168インド、パンジャーブ州産シビレタケ属菌2015International Journal of Advanced Multidisciplinary Research2015年の論文/published in 2015, International Journal of Advanced Multidisciplinary Research, インド/India, インド新産種/India_new record, パンジャーブ州(インド)/Punjab (India), 呈色反応/chemical reaction, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 検索表/identification key, 毒きのこ/poisonous mushroom, 畑地/farmland, 砂丘/dune, 砂地/sand, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 芝生/lawn, 草地/grasslandPsilocybe (Fr.) P. Kumm. from Punjab, Indiaインド、パンジャーブ州産のPsilocybe sabulosa、P. moelleri、P. uda var. elongata、およびP. coprophilaを検討した。そのうち2分類群をインドから初めて報告し、残りをインド北部新産種として報告した。これらの分類群の検索表を掲載した。Psilocybe coprophila■ / Psilocybe moelleri■ / Psilocybe sabulosa■ / Psilocybe uda■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科
R3-061673ヶ所のレファレンスコレクションに収蔵されたキューバ産変形菌類の分類学的再検討:米国国立菌類コレクション (BPI-USA)、大英博物館 (BM-UK)、およびキュー植物園 (K-UK)2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, シダ生息菌/fern inhabiting fungus, タマシダ属/Nephrolepis, ツルシダ科/Oleandraceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 変形菌類/slime mold, 山地/mountains, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 菌類学者/mycologist, 誤同定/misidentification, 走査型電子顕微鏡/SEMTaxonomic revision of the myxomycetes from Cuba deposited in three reference collections: U.S. National Fungus Collections (BPI-USA), British Museum (BM-UK) and Kew (K-UK)米国国立菌類コレクション、大英博物館、およびキュー植物園に収蔵されたキューバ産変形菌類の標本を検討した。各標本について形態学的検討を行い、同定結果を検証した。胞子の装飾を走査型電子顕微鏡により観察した。Arcyria cinerea / Arcyria denudata / Diachea bulbillosa / Diderma effusum / Hemitrichia calyculata / Physarum compressum / Physarum polycephalum / Stemonitis splendens / Trichia affinisMyxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Trichiales/ケホコリ目_Arcyriaceae/ウツボホコリ科_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科_Physarales/モジホコリ目_Didymiaceae/カタホコリ科_Trichiaceae/ケホコリ科_Physaraceae/モジホコリ科
R3-06166中国の熱帯域に産した小型の子実体を有する2種のイグチ類2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 命名法/nomenclature, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 熱帯域/tropics, 福建省/Fujian, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 雲南省/YunnanNotes on two boletes with tiny basidioma in tropical China中国雲南省で採集されたBoletus coccineinanusおよびB. patouillardiiを中国新産種として報告した。両種の記載文および担子胞子、傘表皮構造などのスケッチを掲載した。福建省で採集されたB. minimusをB. patouillardiiのシノニムとした。Boletus coccineinanus■ / Boletus patouillardii■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-06165イランにおいてFallopia convolvulusに生じた新属新種、Parastagonosporella fallopiae2019Mycological Progress2019年の論文/published in 2019, Mycological Progress, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, ギーラーン州/Gilan, ソバカズラ属/Fallopia, タデ科/Polygonaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子形成誘導/sporulation inductionParastagonosporella fallopiae gen. et sp. nov. (Phaeosphaeriaceae) on Fallopia convolvulus from IranイランにおいてFallopia convolvulusの葉に斑点病を引き起こした分生子果不完全菌の一種を検討し、新属新種Parastagonosporella fallopiaeとして記載した。本種は形態的にはParastagonospora属菌に類似し、フェオスフェリア科クレードにおいて独自の系統を形成した。本種はソバカズラ属植物を宿主とする初のフェオスフェリア科菌類とみられた。Parastagonosporella fallopiae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科
R3-06164南米のナンキョクブナ林に産したフウセンタケ属の新節Austroamericaniに属する新種2018Mycologia2018年の論文/published in 2018, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Mycologia, UNITE, アルゼンチン/Argentina, アンデス山脈/Andes, チリ/Chile, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, パタゴニア/Patagonia, マガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州/Magallanes y la Antártica Chilena, リオネグロ州/Río Negro (Argentina), 共進化/coevolution, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主特異性/host specificity, 山地/mountains, 新種記載/new species, 新節提唱/new section, 森林/forest, 検索表/identification key, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 環境配列/environmental sequence, 生物地理学/biogeography, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 菌根/mycorrhiza, 菌根サンプリング/mycorrhizal sampling, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 適応放散/adaptive radiationNew species of Cortinarius sect. Austroamericani, sect. nov., from South American Nothofagaceae forests南米のナンキョクブナ林において採集されたフウセンタケ属の新節Austroamericaniに含まれる種を報告した。本節には既に記載された1種に加え、本研究で記載したCortinarius austroamericanusなど7新種と、環境配列のみが知られる4種が認識された。採集した全種のDNAバーコードを作成したほか、本節の検索表を掲載した。Cortinarius austroamericanus★ / Cortinarius mascardiensis★ / Cortinarius morenense★ / Cortinarius patagoniensis★ / Cortinarius rufoides★ / Cortinarius rufosimilis★ / Cortinarius rufus / Cortinarius subrufus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-06163Fusarium oxysporumのエピタイプ指定 – 分類学的混沌の解消2019Persoonia2019年の論文/published in 2019, Agathosma属, Aloidendron属, Aspalathus属, Bouvardia属, Fusarium MLST, Fusarium-ID, GCPSR, Hoodia属, Persoonia, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, アカネ科/Rubiaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラナ科/Cruciferae, アブラヤシ属/Elaeis, アマ属/Linum, アマ科/Linaceae, アラセイトウ属, アルゼンチン/Argentina, イタリア/Italy, イヌ属/Canis, イヌ科/Canidae, イネ科/Poaceae, ウコギ科/Araliaceae, エゾギク属, エピタイプ指定/epitype designation, オランダ/Netherlands, カリフォルニア州/California, ガガイモ科/Asclepiadaceae, キク属/Chrysanthemum, キク科/Asteraceae, キジカクシ科/Asparagaceae, キヅタ属/Hedera, クワズール・ナタール州/KwaZulu-Natal, グベケ州, コガタペンギン属, コンゴ民主共和国/Democratic Republic of the Congo, コートジボワール/Côte d’Ivoire, サツマイモ属/Ipomoea, シソ科/Lamiaceae, ススキノキ科/Xanthorrhoeaceae, タイプスタディ/type study, ダイズ属/Glycine, チューリップ属/Tulipa, テキサス州/Texas, テネシー州/Tennessee, トウモロコシ属/Zea, トケイソウ属/Passiflora, トケイソウ科/Passifloraceae, トックリラン属, ドイツ/Germany, ナス属/Solanum, ナス科/Solanaceae, ナデシコ属/Dianthus, ナデシコ科/Caryophyllaceae, ネズミ科/Muridae, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, バンダマ渓谷地方, バーデン=ヴュルテンベルク州/Baden-Württemberg, パプアニューギニア/Papua New Guinea, ヒト病原菌/human pathogen, ヒルガオ科/Convolvulaceae, フロリダ州/Florida, ベルリン/Berlin, ペンギン科, マメ科/Fabaceae, ミカン科/Rutaceae, メボウキ属/Ocimum, メリーランド州/Maryland, モロッコ/Morocco, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, ユリ科/Liliaceae, ライムギ属/Secale, リニアグロース/linear growth, ワタ属/Gossypium, 不稔菌糸/sterile mycelium, 中央地区(イスラエル), 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物病原菌/animal pathogen, 北ケープ州/Northern Cape, 北ホラント州/North Holland, 北西州(南アフリカ)/North West Province (South Africa), 医真菌学/medical mycology, 南アフリカ/South Africa, 南ホラント州/South Holland, 命名法/nomenclature, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 根圏/rhizosphere, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水試料/water sample, 獣医真菌学/veterinary mycology, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 病原真菌/pathogenic fungi, 米国/USA, 糞生菌/coprophilous fungi, 系統ネットワーク/phylogenetic network, 胞子形成誘導/sporulation induction, 臨床検体/clinical specimens, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complex, 西ケープ州/Western Cape, 西部州(パプアニューギニア)/Western Province (Papua New Guinea), 隠蔽種/cryptic species, 食品汚染/Food contaminationEpitypification of Fusarium oxysporum – clearing the taxonomic chaos経済的に重要かつ普通種であるにもかかわらず複合種であることが知られ、タイプ由来菌株が存在しないなど分類学的混乱が続いてきたFusarium oxysporumのエピタイプ標本を指定した。ドイツ、ベルリンの畑地で採集されたジャガイモ塊茎から分離された菌株をエピタイプ標本とした。複数遺伝子に基づく分子系統解析で21種の系統学的種が見出され、そのうち15種を新種として記載した。Fusarium callistephi★ / Fusarium carminascens★ / Fusarium contaminatum★ / Fusarium curvatum★ / Fusarium elaeidis★ / Fusarium fabacearum★ / Fusarium glycines★ / Fusarium gossypinum★ / Fusarium hoodiae★ / Fusarium languescens★ / Fusarium libertatis★ / Fusarium nirenbergiae★ / Fusarium oxysporum / Fusarium pharetrum★ / Fusarium triseptatum★ / Fusarium veterinarium★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-06162チャコ東部地域産ハラタケ類 (1):Tetrapyrgos nigripesおよびXeromphalina tenuipesの初報告2013Boletín de la Sociedad Argentina de Botánica2013年の論文/published in 2013, Boletín de la Sociedad Argentina de Botánica, アルゼンチン/Argentina, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, チャコ州/Chaco, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 腐生菌/saprobeAgaricales del Chaco Oriental 1: Primer registro de Tetrapyrgos nigripes (Marasmiaceae) y Xeromphalina tenuipes (Mycenaceae) para la regiónアルゼンチン、チャコ東部地域から汎熱帯的に分布する種、Tetrapyrgos nigripesおよびXeromphalina tenuipesをチャコ州新産種として報告した。前者は柄が中心生で担子胞子が四面体であり、傘表皮にラメアレス構造を有することなどで特徴づけられた。後者は傘が帯黄色~帯黄褐橙色で襞が淡黄色、柄が帯赤褐色でビロード状であることなどで特徴づけられた。Tetrapyrgos nigripes■ / Xeromphalina tenuipes■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科
R3-06161Rossbeevera bisporaのタイプスタディおよび中国南部産のRossbeevera属1新種2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, MycoKeys, TreeBASE, シイ属/Castanopsis, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タイプスタディ/type study, ツバキ科/Theaceae, ヒメツバキ属/Schima, ブナ科/Fagaceae, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 検索表/identification key, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMType studies of Rossbeevera bispora, and a new species of Rossbeevera from south ChinaRossbeevera bisporaについて、タイプ標本および同じ中国広東省から新たに採集された標本を検討した。また、同省で採集され、当初この種として扱われていたが明確に異なっていた菌を検討し、R. griseobrunneaとして新種記載した。本新種は子実体が帯灰白色~帯灰褐色の球形~類球形で傷つくと淡青色を呈し、担子胞子が紡錘状であることなどで特徴づけられた。Rossbeevera bispora■ / Rossbeevera griseobrunnea★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-06160Golovinomyces orontiiの系統分類の再検討2019Mycological Progress2019年の論文/published in 2019, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Kalanchoe属, Misopates属, Mycological Progress, TreeBASE, うどんこ病/powdery mildew, アイオワ州/Iowa, アイダホ州/Idaho, アカネ属, アカネ科/Rubiaceae, アキノノゲシ属/Lactuca, アゼナ科, アゼルバイジャン/Azerbaijan, アブラナ科/Cruciferae, アルゼンチン/Argentina, アルメニア/Armenia, イエメン/Yemen, イギリス/United kingdom, イスラエル/Israel, イタリア/Italy, イヌタデ属/Persicaria, イラク/Iraq, イラン/Iran, イワダレソウ属/Phyla, ウィスコンシン州/Wisconsin, ウクライナ/Ukraine, ウズベキスタン/Uzbekistan, ウリ科/Cucurbitaceae, ウースチー州/Usti, エクアドル/Ecuador, エストニア/Estonia, エピタイプ指定/epitype designation, オオバコ科/Plantaginaceae, オドリコソウ属/Lamium, オランダ/Netherlands, オランダイチゴ属/Fragaria, オレゴン州/Oregon, オロモウツ州/Olomouc, オンタリオ州/Ontario, オーストリア/Austria, カザフスタン/Kazakhstan, カナダ/Canada, カボチャ属/Cucurbita, カリフォルニア州/California, キキョウ科/Campanulaceae, キクニガナ属/Cichorium, キク科/Asteraceae, キュウリ属/Cucumis, キョウチクトウ科/Apocynaceae, キルギス/Kyrgyzstan, ギリシャ/Greece, クマツヅラ科/Verbenaceae, クワガタソウ属/Veronica, ケシ属/Papaver, ケシ科/Papaveraceae, コウゾリナ属/Picris, ゴマノハグサ科/Scrophulariaceae, サウジアラビア/Saudi Arabia, サウスカロライナ州/South Carolina, ササゲ属/Vigna, サヴォワ県/Savoie, ザクセン州/Sachsen, ザクセン=アンハルト州/Sachsen-Anhalt, シソ科/Lamiaceae, シノニム/synonym, シベリア/Siberia, シュニク地方/Syunik, シロイヌナズナ属/Arabidopsis, ジュネーヴ州/Geneva, スイス/Switzerland, スウェーデン/Sweden, スペイン/Spain, スロバキア/Slovakia, セルビア/Serbia, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, タデ科/Polygonaceae, タバコ属/Nicotiana, タンポポ属/Taraxacum, チェコ/Czech, チリ/Chile, ツタバウンラン属, ツルウリクサ属, ツルニチニチソウ属, デンマーク/Denmark, トルクメニスタン/Turkmenistan, トルコ/Turkey, ドイツ/Germany, ドイツ新産種/Germany_new record, ナス科/Solanaceae, ナズナ属/Capsella, ニュージャージー州/New Jersey, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, ネオタイプ指定/neotype designation, ネバダ州/Nevada, ノウゼンカズラ科/Bignoniaceae, ノルウェー/Norway, ハナゴマ属, ハンガリー/Hungary, バラ科/Rosaceae, フィンランド/Finland, フランス/France, フロリダ州/Florida, ブエノスアイレス州/Buenos Aires, ブダペスト市/Budapest, ブルガス州/Burgas, ブルガリア/Bulgaria, ヘヴェシュ県/Heves, ベネズエラ/Venezuela, ベンケイソウ科/Crassulaceae, ペチュニア属/Petunia, ペルー/Peru, ホタルブクロ属/Campanula, ポルトガル/Portugal, ポーランド/Poland, マメ科/Fabaceae, ミクロサイクリック分生子形成/microcycle conidiation, ミシガン州/Michigan, ミネソタ州/Minnesota, モロッコ/Morocco, モンタナ州/Montana, モンテネグロ/Montenegro, ヤエムグラ属/Galium, ユタ州/Utah, ヨルダン/Jordan, リトアニア/Lithuania, リビア/Libya, ルーマニア/Romania, レクトタイプ指定/lectotype designation, レバノン/Lebanon, ロシア/Russia, ロス・リオス州/Los Ríos, ワシントン州/Washington, ヴォー州/Vaud, 中国/China, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南ホラント州/South Holland, 命名法/nomenclature, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 沿岸域/coastal area, 温室/greenhouse, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 複合種/species complex, 誤同定/misidentification, 韓国/South KoreaPhylogeny and taxonomy of Golovinomyces orontii revisited単系統性に疑義が呈されていたGolovinomyces orontiiについて多数の標本を用いた形態学的検討および分子系統解析を実施した。そのうち狭義の本種を除く2グループをそれぞれ新種G. bolayi、新組み合わせG. tabaciとした。ツルニチニチソウ属植物を宿主とするグループをG. vincaeとして新種記載したほか、Euoidium longipesおよびE. lycopersiciをGolovinomyces属に移した。Golovinomyces bolayi★ / Golovinomyces longipes▲ / Golovinomyces lycopersici▲ / Golovinomyces orontii / Golovinomyces spadiceus / Golovinomyces tabaci▲ / Golovinomyces vincae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-06159ボリビア、ラパス県、コタパタ国立公園産のリター生アナモルフ菌の新産種2007Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2007年の論文/published in 2007, Baccharis属, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, キク科/Asteraceae, クワ科/Moraceae, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, ボリビア/Bolivia, ボリビア新産種/Bolivia_new record, リター菌/litter fungi, 南米新産種/South America_new record, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 異隔壁/distoseptum, 菌類相調査/mycofloristic survey, 降水量/precipitation, 雲霧林/cloud forestPrimeros registros de hongos anamorfos (Hyphomycetes) colectados en restos vegetales del Parque Nacional Cotapata, La Paz, Boliviaボリビアのコタパタ国立公園においてリター生アナモルフ菌の調査を実施し、19種を報告した。全種がボリビア新産種であり、Phragmocephala ellipticaおよびKionochaeta spissaはアメリカ大陸新産種でもあった。Phialosporostilbe turbinataおよびBeltraniella amoenaはキューバにおける原記載以来の報告となった。Acrodictys bambusicola■ / Beltraniella amoena■ / Camposporium pellucidum■ / Candelabrum brocchiatum■ / Dactylaria candidula■ / Dictyochaeta fertilis■ / Dischloridium laeënse■ / Helicosporium guianensis■ / Kionochaeta spissa■ / Myrothecium cinctum■ / Periconia cookei■ / Periconia jabalpurensis■ / Phialosporostilbe turbinata■ / Phragmocephala elliptica■ / Selenodriella perramosa■ / Sporendocladia bactrospora■ / Sporidesmiella hyalosperma■ / Triposporium elegans■ / Wiesneriomyces laurinus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Beltraniaceae/ベルトラニア科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Tubeufiales/トゥベウフィア目_Tubeufiaceae/トゥベウフィア科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Stachybotryaceae/スタキボトリス科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Periconiaceae/ペリコニア科_Microascales/ミクロアスカス目_Melanommataceae/メラノンマ科_Asterinales/アステリナ目
R3-06158Uredo macluraeおよびUredo celtidisに対するホロモルフの新種、Chaconia hennenii2008Mycoscience2008年の論文/published in 2008, Mycoscience, さび菌/rust fungi, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), アラグア州/Aragua, エノキ属/Celtis, クワ科/Moraceae, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, シノニム/synonym, ニレ科/Ulmaceae, ハリグワ属/Maclura, ブラジル/Brazil, ベネズエラ/Venezuela, 切片/section, 命名法/nomenclature, 宿主の同定/identification of host, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 生活環/life cycle, 胞子の発芽/germination of spores, 誤同定/misidentificationChaconia hennenii, a new holomorph species for Uredo maclurae and Uredo celtidis (Uredinales)Uredo macluraeの冬胞子を発見し、本種に対してホロモルフの新種Chaconia henneniiを記載した。また、エノキ属植物が宿主とされたUredo celtidisを同一のホロモルフ種に属するシノニムとした。U. celtidisの宿主はエノキ属ではなくハリグワ属植物であったと考えられた。Chaconia hennenii★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Chaconiaceae/チャコニア科
R3-06157近年バナナに見出された新種Gibberella musaeはF. verticillioidesの姉妹種である2011Mycologia2011年の論文/published in 2011, Fusarium-ID, GCPSR, MAT遺伝子/MAT gene, Mycologia, TreeBASE, エクアドル/Ecuador, カナリア諸島/Canary Islands, グアテマラ/Guatemala, スペイン/Spain, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ニカラグア/Nicaragua, バショウ属/Musa, バショウ科/Musaceae, パナマ/Panama, フィリピン/Philippines, フモニシン類, ホンジュラス/Honduras, マイコトキシン/mycotoxin, マカロネシア/Macaronesia, メキシコ/Mexico, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配型/mating type, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 生物地理学/biogeography, 生長速度/growth rate, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic species, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyGibberella musae (Fusarium musae) sp. nov., a recently discovered species from banana is sister to F. verticillioides新熱帯、カナリア諸島、フィリピンのバナナ果実から分離され、Fusarium verticillioidesと同定されてきた菌を検討し、Gibberella musaeとして新種記載した。両種はG. fujikuroi複合種において異なるクレードを形成し、小分生子のサイズや偽厚壁胞子の有無なども異なっていた。また、本新種はフモニシン産生能を欠き、2-ベンゾオキサゾリノンに感受性を有する点などでも特徴づけられた。Fusarium musae★ / Gibberella musae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-06156Castanediella属2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンマイ県/Chiang Mai, ラムパーン県/Lampang, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 湿室法/moist chamber method, 胞子の発芽/germination of sporesThe genus Castanediellaタイの森林において腐朽葉から発生した菌を検討し、Castanediella brevisおよびC. monoseptataの2新種を記載した。前者は分生子柄が短く無色で分生子が無色紡錘形無隔壁、後者は分生子柄が分枝せず、分生子が無色紡錘形で屈曲することなどで特徴づけられた。Castanediella属全種間および本属と形態的に類似する属との形質比較表を掲載した。Castanediella brevis★ / Castanediella monoseptata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目
R3-06155韓国において海洋環境に見出されたPenicillium属Sclerotiora節の3新産種2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ハタハタ属, ハタハタ科, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新産種報告/new record, 水溶性色素/water-soluble pigment, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 海生菌/marine fungi, 海藻/seaweed, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂地/sand, 色素産生/pigment production, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new record, 魚類生息菌/fish inhabiting fungusThree Unrecorded Species Belonging to Penicillium Section Sclerotiora from Marine Environments in Korea韓国において海洋環境から分離された菌を検討し、Penicillium属Sclerotiora節の8種を同定した。そのうちP. exsudans、P. mallochii、およびP. maximaeの3種を韓国新産種として報告した。各種の同定はBenA+CaMの分子系統解析に基づく逆分類学的アプローチにより行った。Penicillium exsudans■ / Penicillium mallochii■ / Penicillium maximae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-06154北米新産種、Chaenothecopsis perforata2019Opuscula Philolichenum2019年の論文/published in 2019, Opuscula Philolichenum, アイオワ州/Iowa, ウィスコンシン州/Wisconsin, ウルシ科/Anacardiaceae, オンタリオ州/Ontario, カナダ/Canada, カナダ新産種/Canada_new record, ケベック州/Quebec, テキサス州/Texas, ヌルデ属/Rhus, ネブラスカ州/Nebraska, ペンシルバニア州/Pennsylvania, ミシガン州/Michigan, ミネソタ州/Minnesota, 二次代謝産物/secondary metabolite, 北米新産種/North America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 庭園/garden, 新産種報告/new record, 森林/forest, 植林地/plantation, 樹脂生菌/resinicolous fungus, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 生物地理学/biogeography, 米国新産種/USA_new record, 走査型電子顕微鏡/SEM, 都市環境/urban environmentThe first report of Chaenothecopsis perforata from North America米国およびカナダで採集されたChaenothecopsis perforataを北米新産種として報告した。本種はヌルデ属樹木の樹脂に生じ、場所によっては普通に見られたため、従来見落とされてきたと考えられた。本報告は被子植物の滲出物に生じた初の北米産ピンゴケ類の報告となった。Chaenothecopsis perforata■Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Mycocaliciomycetidae/クギゴケ菌亜綱_Mycocaliciales/クギゴケ目_Mycocaliciaceae/クギゴケ科
R3-06153ポンディシェリにおける白色の胞子のハラタケ類の多様性2011Journal of Mycology and Plant Pathology2011年の論文/published in 2011, Bassia属, Journal of Mycology and Plant Pathology, インド/India, インド新産種/India_new record, ウルシ科/Anacardiaceae, シロアリの巣/termite nest, タマリンド属/Tamarindus, ナンバンクサフジ属/Tephrosia, ヒユ科/Amaranthaceae, ポンディシェリ連邦直轄領, マメ科/Fabaceae, マンゴー属/Mangifera, リター菌/litter fungi, 動物の巣/animal nest, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 昆虫の巣/insect nest, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 胞子紋/spore print, 腐植土/humus, 菌類相調査/mycofloristic surveyDiversity of White-spored Agarics in Puducherryインド、ポンディシェリ連邦直轄領から9科18属30種の白色の胞子のハラタケ類を報告した。そのうちCrinipellis megalosporaをインド新産種として報告した。種レベルまで同定された18種の記載文を掲載した。Chlorophyllum molybdites / Crinipellis megalospora■ / Hohenbuehelia atrocaerulea / Lactocollybia epia / Lentinus cladopus / Lentinus squarrosulus / Lepiota serena / Lepista hyalodes / Leucocoprinus birnbaumii / Leucocoprinus cepaestipes / Macrolepiota rhacodes / Marasmiellus nigripes / Marasmius conicopapillatus / Pleurotus ostreatus / Schizophyllum commune / Termitomyces microcarpus / Termitomyces striatus / Volvariella volvaceaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Tricholomataceae/キシメジ科_Omphalotaceae/ツキヨタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Lyophyllaceae/シメジ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-06152リトアニア新産の変形菌類2007Botanica Lithuanica2007年の論文/published in 2007, Botanica Lithuanica, ウテナ郡/Utena, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生息菌/bryophilous fungus, トウヒ属/Picea, パネヴェジース郡/Panevėžys, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, リトアニア/Lithuania, リトアニア新産種/Lithuania_new record, ヴィリニュス郡/Vilnius, 地理的分布/geographical distribution, 変形菌類/slime mold, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水辺/waterside, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew records of myxomycetes from LithuaniaCollaria rubens、Physarum rubiginosum、およびTrichia verrucosaの3種をリトアニア新産種として報告した。各種の記載文、顕微鏡写真、スケッチなどを掲載した。各種の全世界における分布を記述し、リトアニアにおける採集地の地図を掲載した。Collaria rubens■ / Physarum rubiginosum■ / Trichia verrucosa■Myxomycota/変形菌門_Myxomycetes/変形菌綱_Stemonitales/ムラサキホコリ目_Stemonitidaceae/ムラサキホコリ科_Physarales/モジホコリ目_Physaraceae/モジホコリ科_Trichiales/ケホコリ目_Trichiaceae/ケホコリ科
R3-06151マレーシア、ボルネオ産の新種Subilispora biappendiculataおよび本属の総説2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サバ州/Sabah, マレーシア/Malaysia, ミクロサイクリック分生子形成/microcycle conidiation, リター菌/litter fungi, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 文献調査/literature survey, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生長速度/growth rate, 総説記事/review article, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation inductionSubilispora biappendiculata, anamorph sp. nov. from Borneo (Malaysia) and a review of the genusボルネオ島の河川において水中に沈んだ葉から分離されたアナモルフ菌の一種を検討し、Subilispora biappendiculataとして新種記載した。本種は分生子頂部に典型的には2本の付属糸を有することなどで同属他種と異なっていた。文献を基にSubilispora属全種の分類学的ステータスをまとめ、検索表を掲載した。Subulispora biappendiculata★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06150Umbilicaria cinereorufescensのタイプ指定2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, タイプスタディ/type study, レクトタイプ指定/lectotype designation, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 命名法/nomenclature, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 珪質岩/siliceous rocks, 葉状地衣/foliose lichen, 高山帯/alpine regionTypification of Umbilicaria cinereorufescens高山帯に世界的に広く分布するものの、明確にタイプ標本が指定されていないUmbilicaria cinereorufescensを検討した。標本番号「G00053127」をレクトタイプ標本に指定した。この標本はFreyにより”Originalexemplar”と呼ばれていたが、その用語の用法が曖昧であるため、レクトタイプとしての指定が妥当と考えられた。Umbilicaria cinereorufescensAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Umbilicariaceae/イワタケ科
R3-06149多相分類学的データによりAspergillus candidusの2種への分割が支持された:新種Aspergillus dobrogensisの記載2018International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2018年の論文/published in 2018, BEAST, EUCAST, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, MIC, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, オランダ/Netherlands, ガリシア州/Galicia, グアノ/guano, コンスタンツァ県/Constanţa, シェラン地域/Zealand, スペイン/Spain, チェコ/Czech, デンマーク/Denmark, ドイツ/Germany, ニューヨーク州/New York, ネズミ科/Muridae, ハウスダスト/house dust, ヘルダーラント州/Gelderland, リター菌/litter fungi, リンブルフ州(オランダ)/Limburg (Netherlands), ルーマニア/Romania, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 医真菌学/medical mycology, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 室内環境/indoor condition, 底泥/sediment, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 未知成分/unknown component, 洞窟/cave, 爪真菌症/onychomycosis, 生長速度/growth rate, 病原真菌/pathogenic fungi, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 空中真菌/air-borne fungus, 米国/USA, 糞生菌/coprophilous fungi, 統計解析/statistical analysis, 臨床検体/clinical specimens, 菌核/sclerotium, 酸産生/acid production, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyPolyphasic data support the splitting of Aspergillus candidus into two species; proposal of Aspergillus dobrogensis sp. nov主に屋内環境、洞窟、臨床検体などに由来するAspergillus candidusの分離菌株を検討し、本種が2種に分けられることを示した。その片方について、計7ヶ国に由来する22菌株を基に新種A. dobrogensisを記載した。両種は複数遺伝子に基づく分子系統解析のほか、二次代謝産物プロファイルや分生子柄および頂嚢のサイズなどによっても区別された。Aspergillus dobrogensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-06148シストバシディウム綱の新種の酵母、Occultifur plantarum2017International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2017年の論文/published in 2017, forma asexualis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, イネ科/Poaceae, ウレアーゼ試験/urease test, サトウキビ属/Saccharum, サラブリー県/Saraburi, スパンブリー県/Suphanburi, スライド培養法/slide culture method, タイ/Thailand, デンプン/starch, トウモロコシ属/Zea, ナコーンサワン県/Nakhon Sawan, パイナップル科/Bromeliaceae, ビタミン要求性/vitamin requirement, ピッサヌローク県/Phitsanulok, ブラジル/Brazil, ユビキノン/ubiquinone, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, ロッブリー県/Lopburi, 亜熱帯域/subtropics, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南西諸島/Nansei Islands, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 日本/Japan, 最大生長温度/maximum growth temperature, 根圏/rhizosphere, 沖縄県/Okinawa, 沿岸域/coastal area, 海岸砂丘/coastal dune, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 熱帯域/tropics, 畑地/farmland, 発酵試験/fermentation test, 砂丘/dune, 砂地/sand, 腐生菌/saprobe, 葉面菌/leaf surface fungi, 表面殺菌法/surface sterilization method, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyOccultifur plantarum f.a., sp. nov., a novel cystobasidiomycetous yeast species熱帯および亜熱帯域において植物から分離された酵母を検討し、Occultifur plantarumとして新種記載した。本種はタイではサトウキビおよびトウモロコシの葉組織、ブラジルではサトウキビの葉面および根圏とパイナップル科植物の葉組織、日本(西表島)においては植物の葉から分離された。本種の担子器は観察されなかったが、分子系統解析では担子菌のシストバシディウム綱クレードに含まれた。Occultifur plantarum★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Cystobasidiomycetes/フクロタンシキン綱_Cystobasidiales/シストバシディウム目_Cystobasidiaceae/シストバシディウム科
R3-06147Acromyrmex lundiiの巣の菌園から分離された子嚢菌酵母の新種、Wickerhamomyces spegazzinii2016International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2016年の論文/published in 2016, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アリの巣/ant nest, アリ科/Formicidae, アルゼンチン/Argentina, ウレアーゼ試験/urease test, サンタフェ州/Santa Fe, デンプン/starch, ヒメハキリアリ属/Acromyrmex, ビタミン要求性/vitamin requirement, メチル化特異的PCR, 二型性/dimorphism, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 昆虫の巣/insect nest, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 菌園/fungus garden, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastWickerhamomyces spegazzinii sp. nov., an ascomycetous yeast isolated from the fungus garden of Acromyrmex lundii nest (Hymenoptera: Formicidae)アルゼンチンにおいてAcromyrmex lundiiの巣の菌園から分離された酵母を検討し、Wickerhamomyces spegazziniiとして新種記載した。本種はメリビオース、5-ケト-D-グルコン酸、コハク酸、DL-乳酸の資化能などが他種と異なっていた。本種はアリの菌園から分離された初のWickerhamomyces属酵母であった。Wickerhamomyces spegazzinii★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Wickerhamomyceteae/ウィッカーハモマイセス綱
R3-06146中国本土新産のRopalospora属地衣2種2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 未知成分/unknown component, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 福建省/Fujian, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 貴州省/Guizhou, 雲南省/YunnanTwo Ropalospora lichens new to mainland China中国からRopalospora chloranthaおよびR. phaeoplacaの2種を報告した。前者は雲南省、後者は福建省・貴州省・雲南省の山地においてそれぞれ樹皮に発生していた。前者は中国新産種、後者は中国本土新産種であった。Ropalospora chlorantha■ / Ropalospora phaeoplaca■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Ropalosporaceae/ロパロスポラ科
R3-06145東部アマゾニア産の菌類の新種および稀産種 (1):新属新種Circinoconiopsis2013Mycotaxon2013年の論文/published in 2013, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サケミヤシ属, パラー州/Pará, ブラジル/Brazil, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestNew or rare fungi from eastern Amazonia. 1. Circinoconiopsis amazonica gen. and sp. nov.ブラジル、パラー州の熱帯雨林で採集された菌を検討し、Circinoconiopsis amazonicaとして記載した。本種はサケミヤシ属のヤシの腐朽部位に生じていた。本種の分生子はCircinoconis属菌のものに類似していたが、分生子形成様式および分生子柄と分生子の形状などが異なっていた。Circinoconiopsis amazonica★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06144中国新産種、Pluteus umbrosoidesおよびP. chrysaegis2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 吉林省/Jilin, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 湖南省/Hunan, 腐生菌/saprobe, 長白山脈/Changbai MountainsPluteus umbrosoides and P. chrysaegis, new records from ChinaPluteus umbrosoidesおよびP. chrysaegisを中国新産種として報告した。前者は吉林省、後者は広東省および湖南省で採集された。前者は傘が褐色~暗褐色で小鱗片を有し、柄がほぼ平滑で担子胞子が楕円形である点、後者は傘が明黄色で担子胞子が球形~類球形、縁シスチジアが紡錘状~瓶形で長い付属糸を有することなどで特徴づけられた。Pluteus chrysaegis■ / Pluteus umbrosoides■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-06143中国においてワジュロに生じた新種Arthrinium trachycarpum2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, シュロ属/Trachycarpus, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 潰瘍病/canker, 生長速度/growth rate, 陝西省/ShaanxiArthrinium trachycarpum sp. nov. from Trachycarpus fortunei in China中国陝西省においてワジュロの罹病枝から分離された菌を検討し、Arthrinium trachycarpumとして新種記載した。本種はITS+TEF1+TUB2による分子系統解析で独自の系統を形成した。本種は同じく中国においてワジュロを宿主とするA. sinenseとは有性世代の有無および分生子のサイズなどが異なっていた。Arthrinium trachycarpum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Apiosporaceae/アピオスポラ科
R3-06142中国広東省産の苦味のある新種、Tricholoma sinoacerbum2016Mycoscience2016年の論文/published in 2016, Mycoscience, TreeBASE, シイ属/Castanopsis, ブナ科/Fagaceae, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 共有派生形質/synapomorphy, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiTricholoma sinoacerbum, a bitter species from Guangdong Province of China中国広東省の亜熱帯常緑広葉樹林で採集された菌を検討し、Tricholoma sinoacerbumとして新種記載した。本種は外生菌根菌とみられ、傘がクリーム色~淡黄色で苦味と乾燥時の強い臭いがあり、担子胞子が卵状~楕円形であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でクレードIIに含まれ、近縁種と同様に子実体がクリーム色で苦味と強い臭いがあり、担子胞子のサイズが類似していた。Tricholoma sinoacerbum★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-06141ブラジル、ピアウイ州産のカワリミズカビ属菌2016Hoehnea2016年の論文/published in 2016, Hoehnea, ピアウイ州/Piaui, ブラジル/Brazil, 不稔菌糸/sterile mycelium, 土壌菌/soil fungi, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 採集地マッピング/collection site mapping, 水生菌/aquatic fungi, 生活環/life cycle, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発芽率/germination rate, 胞子の発芽/germination of spores, 釣菌法/baiting methodThe genus Allomyces (Blastocladiomycota) in the State of Piauí, Brazilブラジル、ピアウイ州において土壌から分離された22菌株のカワリミズカビ属菌を検討し、4種を同定した。各種について遊走子嚢の生存率を測定したところ、A. arbusculusが10%で最大であった。また、本種は10か所中7か所で分離され、最大の地理的分布も示した。Allomyces anomalus / Allomyces arbusculus / Allomyces moniliformis / Allomyces neomoniliformisBlastocladiomycota/コウマクノウキン門_Blastocladiomycetes/コウマクノウキン綱_Blastocladiaceae/コウマクノウキン科
R3-06140タイにおいて潮間帯のマングローブ林に産した新種、Helicascus mangrovei2017Mycoscience2017年の論文/published in 2017, Mycoscience, TreeBASE, タイ/Thailand, トラート県/Trat, マングローブ林/mangrove forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 潮間帯/intertidal zoneHelicascus mangrovei sp. nov., a new intertidal mangrove fungus from Thailandタイにおいて潮間帯のマングローブ腐朽材に発生した菌を検討し、Helicascus mangroveiとして新種記載した。本種は子座様構造を形成し、子嚢果が半埋生でレンズ形、子嚢が二重壁で、子嚢胞子が倒卵形平滑で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でプレオスポラ目モロスフェリア科クレードに含まれ、他の海生菌と近縁であった。Helicascus mangrovei★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目
R3-06139メキシコ、チワワ砂漠の中央平原に産したDisciseda属菌2010Revista Mexicana de Micología2010年の論文/published in 2010, Larrea属, Revista Mexicana de Micología, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, チワワ州/Chihuahua, ハマビシ科/Zygophyllaceae, フェノロジー/phenology, メキシコ/Mexico, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 砂地/sand, 砂漠/desert, 砂質土壌/sandy soil, 腹菌類/gastromycetes, 走査型電子顕微鏡/SEMEl género Disciseda (Agaricales, Agaricaceae) en la Planicie Central del Desierto Chihuahuense, Méxicoメキシコ、チワワ砂漠の中央平原においてDisciseda属菌を調査し、29標本を検討して5種を同定した。D. bovistaおよびD. stuckertiiをチワワ州新産種として報告した。各種について記載文およびSEM写真などを掲載したほか、5種を含む検索表を作成した。Disciseda bovista■ / Disciseda candida / Disciseda hyalothrix / Disciseda stuckertii■ / Disciseda verrucosaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06138ヨーロッパおよびマカロネシア産O. parellaグループにおける別種:新組み合わせOchrolechia incarnata2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Phytotaxa, TreeBASE, サリチル酸類/salicylic acids, ジロホール酸/gyrophoric acid, タイプスタディ/type study, マカロネシア/Macaronesia, レカノール酸/lecanoric acid, 乾燥地域/dry area, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 化学型/chemical type, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新組み合わせ提唱/new combination, 未知成分/unknown component, 独立種/independent species, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyOchrolechia incarnata comb. nov. (Lecanoromycetes, Ascomycota), a distinct species of the O. parella group from Europe and MacaronesiaOchrolechia parellaのシノニムとされてきた種を独立種と認め、新組み合わせOchrolechia incarnataとした。本種はO. parellaに形態的に非常に類似するが、オリベトール酸を含む点が異なり、系統的にも異なっていた。本種はおそらくオリベトール酸を含むことにより子器縁部髄層がC+赤色であることなどで特徴づけられた。Ochrolechia incarnata▲Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Ochrolechiaceae/ニクイボゴケ科
R3-06137インド、ヒマラヤ北西部(ヒマーチャル・プラデーシュ州)におけるさび菌の新産種2018Studies in Fungi2018年の論文/published in 2018, Studies in Fungi, さび菌/rust fungi, イネ科/Poaceae, インド/India, タケ生息菌/bambusicolous fungus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, マチク属/Dendrocalamus, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 文献調査/literature survey, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 異種寄生性/heteroecism, 絶対寄生菌/obligate parasiteA new record to rust fungi of North Western Himalayas (Himachal Pradesh), Indiaインド、ヒマーチャル・プラデーシュ州においてタケの葉に生じたさび菌を検討し、Kweilingia divinaと同定した。本種はインド各地で既に報告されていたが、本研究でヒマラヤ北西部およびヒマーチャル・プラデーシュ州新産種として報告された。本種の肉眼的・顕微鏡写真および記載文を掲載した。Kweilingia divina■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目
R3-06136中国の熱帯域、海南省における暖地型芝草のレッドスレッド病およびピンクパッチ病の調査および特性評価2014European journal of Plant Pathology2014年の論文/published in 2014, DAPI染色/DAPI staining, European journal of Plant Pathology, イネ科/Poaceae, ギョウギシバ属/Cynodon, コッホの原則/Koch_s postulation, リニアグロース/linear growth, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 採集地マッピング/collection site mapping, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 核染色/nuclear staining, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 海南省/Hainan, 温度適性/temperature aptitude, 漂白/bleaching, 熱帯域/tropics, 生長速度/growth rate, 統計解析/statistical analysis, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌核/sclerotium, 葉枯病/leaf blotch, 蛍光染色/fluorescent staining, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 表面殺菌法/surface sterilization methodInvestigation and characterization of red thread and pink patch on warm-season turfgrasses in Hainan Province, tropical China中国海南省の6つの都市にある14のゴルフコースおよび3つの大学の芝生においてハイブリッド・バミューダグラスの病害を調査した。レッドスレッド病およびピンクパッチ病の罹病芝からそれぞれ21菌株、5菌株を分離し、形態形質、培養性状、およびmtSSUとnrLSUの塩基配列に基づき同定した。同定されたLaetisaria fuciformisおよびLimonomyces roseipellisについて生育適温、病原性などを調査した。Laetisaria fuciformis■ / Limonomyces roseipellis■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-06135中国産のゼラチン質杯状で小型菌核を有し、キクラゲ目との類縁性を示すアナモルフ菌の新種、Ovipoculum album2010Fungal Diversity2010年の論文/published in 2010, Fargesia属, Fungal Diversity, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タイプスタディ/type study, タケ生息菌/bambusicolous fungus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 属概念/genus concept, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/Yunnan, 高山帯/alpine regionOvipoculum album, a new anamorph with gelatinous cupulate bulbilliferous conidiomata from China and with affinities to the Auriculariales (Basidiomycota)中国雲南省においてFargesia属のタケの枯稈に杯状の分生子果を形成した菌を検討し、新属新種Ovipoculum albumとして記載した。本種は形態的にDacryoscyphus属菌に類似していたが、小型菌核を形成することなどで特徴づけられ、分子系統解析ではキクラゲ目に近縁であった。日本産のDacrymyces pinacearumおよびDacrym. subarcticusの2種を再検討し、Dacryoscyphus属に移した。Dacryoscyphus pinacearum▲ / Dacryoscyphus subarcticus▲ / Ovipoculum album★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Dacrymycetes/アカキクラゲ綱_Dacrymycetales/アカキクラゲ目_Deuteromycota/不完全菌門_Deuteromycotina/不完全菌亜門_Hyphomycetes/不完全糸状菌綱
R3-061342遺伝子の系統解析から推定された地衣化担子菌類の新系統:熱帯産のレピドストロマ科3種2008American journal of Botany2008年の論文/published in 2008, American journal of Botany, コスタリカ/Costa Rica, サバンナ/savannah, メキシコ/Mexico, ラテライト/laterite, ルワンダ/Rwanda, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収斂進化/convergent evolution, 地衣類/lichen, 多系統群/polyphyletic group, 担子菌地衣/basidiomycete lichen, 新科提唱/new family, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 水辺/waterside, 河川/river, 熱帯域/tropicsA new lineage of lichenized basidiomycetes inferred from a two-gene phylogeny: The Lepidostromataceae with three species from the tropicsコスタリカおよびメキシコ産のLepidostroma calocerumおよびルワンダ産のMulticlavula属菌を対象とした分子系統解析を実施した。ルワンダ産Multiclavula属2種をLepidostroma属に移した。これら3種に対して新科レピドストロマ科を提唱し、本科の検索表を掲載した。Lepidostroma akagerae▲ / Lepidostroma rugaramae▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱
R3-06133日本の屋久島に産した子嚢菌の新種、Lophiostoma sagittiforme2008Sydowia2008年の論文/published in 2008, Sydowia, TreeBASE, エピタイプ指定/epitype designation, クスノキ科/Lauraceae, タブノキ属/Machilus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南西諸島/Nansei Islands, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 日本/Japan, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子散布/spore dispersal, 降水量/precipitation, 鹿児島県/KagoshimaLophiostoma sagittiforme sp. nov., a new ascomycete (Pleosporales, Dothideomycetes) from Island Yakushima in Japan屋久島においてホソバタブの枝に発生した菌を検討し、Lophiostoma sagittiformeとして新種記載した。本種は子嚢果に鶏冠状の嘴を有し、子嚢胞子が狭紡錘形で先端が矢尻のような形状をしていることなどで特徴づけられた。本種と同様に子嚢胞子に鞘を有する種には水生菌が多い中で、本種は標高1000 m以上の陸地の枝に発生したが、屋久島の多雨な環境における胞子散布との関連が示唆された。Lophiostoma sagittiforme★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Lophiostomataceae/ロフィオストマ科
R3-06132オーストラリアからの移入種である可能性があるヨーロッパ産の種、Marchantiana asserigena2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, GBIF, Graphis Scripta, アントラキノン類/anthraquinones, ギョリュウモドキ属, スノキ属/Vaccinium, タイプスタディ/type study, ツツジ科/Ericaceae, デンマーク/Denmark, ヒースランド/heathland, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, レクトタイプ指定/lectotype designation, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 移入種/alien species, 絶滅危惧種/endangered species, 絶滅種/extinct speciesMarchantiana asserigena comb. nov., a possible European immigrant from Australia共通の地衣成分(ネオクロロエモジン)および分子系統解析の結果などを根拠に、Caloplaca asserigenaをMarchantiana属に移した。本種はデンマークにおいては絶滅したと考えられていたが、近年ヒースランドにおいて低木の枝から報告されてきた。本種は同一の地衣成分を有するオーストラリア産のC. marchantiorumと同種である可能性が指摘されたが、分子データが得られず確定できなかった。Marchantiana asserigena▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-06131フランス産の淡水生菌、Amniculicola lignicolaの複数遺伝子に基づく系統解析および形態分類学、およびそのプレオスポラ目菌類との関係2008Mycological Research2008年の論文/published in 2008, Mycological Research, アリエージュ県/Ariège, カバノキ科/Betulaceae, トネリコ属/Fraxinus, ハンノキ属/Alnus, ピレネー山脈/Pyrenees, フランス/France, モクセイ科/Oleaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 淡水域/freshwater, 生長速度/growth rateMulti-gene phylogeny and morphotaxonomy of Amniculicola lignicola: a novel freshwater fungus from France and its relationships to the Pleosporalesフランスのピレネー山脈において水中に沈んだ材に発生した菌を検討し、新属新種Amniculicola lignicolaとして記載した。本種は子嚢果が類球形でスリット状の孔口周囲に顕著な唇を有し、子嚢が二重壁、子嚢胞子が紡錘形で1隔壁を有し、隔壁部分で強く狭窄することなどで特徴づけられた。本種は形態的にOstropella属およびXenolophium属に類似していたが、子嚢や子嚢胞子の形態が異なり、プレオスポラ目クレードに含まれた。Amniculicola lignicola★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Amniculicolaceae/アムニクリコラ科
R3-06130中国福建省産のChrysosporium属2新種の形態形質および分子生物学的解析2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ケラチン分解菌/keratinolytic fungi, ヘアーベイト法/hair bait method, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物園/zoo, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 森林/forest, 福建省/Fujian, 釣菌法/baiting methodMorphological traits and molecular analysis for two new Chrysosporium species from Fujian Province, China中国福建省の森林および動物園の土壌から髪の毛を用いた釣菌法で分離された菌を検討し、Chrysosporium laterisporumおよびC. ovalisporumとして新種記載した。両種は分子系統解析でC. georgii、C. magnasporum、C. oceanitesii、およびC. vespertiliumなどに近縁であった。両種および類縁種の形質比較表を掲載した。Chrysosporium laterisporum★ / Chrysosporium ovalisporum★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Onygenales/ホネタケ目_Onygenaceae/ホネタケ科
R3-06129アナナス類の貯水葉から分離された新種の酵母、Kockovaella libkindii2016International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2016年の論文/published in 2016, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, アミノ酸要求性/amino acid requirement, インコアナナス属/Vriesea, ウレアーゼ試験/urease test, デンプン/starch, パイナップル科/Bromeliaceae, ファイトテルマータ/phytotelmata, ブラジル/Brazil, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 射出胞子/ballistospore, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 水試料/water sample, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 発酵試験/fermentation test, 胞子射出/spore discharge, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 酵母叢/yeast flora, 酸産生/acid productionKockovaella libkindii sp. nov., a yeast species isolated from water tanks of bromeliadブラジルにおいてVriesea minarumのファイトテルマータから分離された酵母を検討し、Kockovaella libkindiiとして新種記載した。本種は分生子柄および出芽細胞から射出分生子および出芽型分生子を形成した。本種は同属他種とはD1/D2領域に14以上、ITS領域に26以上の塩基置換を有していた。Kockovaella libkindii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目
R3-06128韓国において淡水試料に見出された子嚢菌の稀産種、Acrostalagmus luteoalbus、Bartalinia robillardoides、およびCollariella carteriの初記録2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, 光州広域市/Gwangju, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 希釈平板法/dilution plate method, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 池沼/ponds and swamps, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordFirst Records of Rare Ascomycete Fungi, Acrostalagmus luteoalbus, Bartalinia robillardoides, and Collariella carteri from Freshwater Samples in Korea韓国から淡水生菌のAcrostalagmus luteoalbus、Bartalinia robillardoides、およびCollariella carteriを報告した。これらの種は属レベルも合わせて韓国からの初報告となった。これらの種の同定は形態学的検討およびITS、nrLSUの分子系統解析を基に行った。Acrostalagmus luteoalbus■ / Bartalinia robillardoides■ / Collariella carteri■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目_Chaetomiaceae/ケタマカビ科
R3-06127ヨーロッパロシア、リペツク州の森林ステップ群集におけるヒダナシタケ類の新規データ2018Acta Mycologica2018年の論文/published in 2018, Acta Mycologica, アオイ科/Malvaceae, イソノキ属/Frangula, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラマツ属/Larix, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, コナラ属/Quercus, サクラ属/Prunus, サルノコシカケ科/Polyporaceae, シナノキ属/Tilia, ツリガネタケ属/Fomes, ナシ属/Pyrus, ニレ属/Ulmus, ニレ科/Ulmaceae, ハシバミ属/Corylus, バラ科/Rosaceae, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リペツク州/Lipetsk, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 種の豊富さ/species richness, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complexNew data on aphyllophoroid fungi (Basidiomycota) in forest-steppe communities of the Lipetsk region, European Russiaロシア、リペツク州においてヒダナシタケ類の調査を実施し、150種を記録した。そのうちAcanthophysellum minorをロシア新産種、53種をリペツク州新産種として報告した。知見に乏しい各種の生態および分布に関する新規データを報告した。Acanthophysellum minor■ / Antrodia xantha■ / Antrodiella faginea■ / Antrodiella pallescens■ / Antrodiella romellii■ / Athelia nivea■ / Botryobasidium pruinatum■ / Ceratobasidium cornigerum■ / Ceriporia viridans■ / Cylindrobasidium laeve■ / Dendrothele acerina■ / Dendrothele alliacea■ / Fibrodontia gossypina■ / Fuscoporia contigua■ / Gloeoporus pannocinctus■ / Henningsomyces candidus■ / Hydnocristella himantia■ / Hyphoderma mutatum■ / Hyphoderma occidentale■ / Hyphoderma transiens■ / Hypochnicium wakefieldiae■ / Kneiffiella barba-jovis■ / Lyomyces erastii■ / Marchandiomyces quercinus■ / Metuloidea murashkinskyi■ / Peniophora incarnata■ / Peniophora lilacea■ / Peniophora nuda■ / Peniophora violaceolivida■ / Peniophorella praetermissa■ / Phanerochaete cumulodentata■ / Phanerochaete laevis■ / Phanerochaete livescens■ / Phanerochaete velutina■ / Phellinus rhamni■ / Postia balsamea■ / Postia stiptica■ / Sistotrema alboluteum■ / Sistotrema brinkmannii■ / Sistotrema oblongisporum■ / Steccherinum bourdotii■ / Tomentella crinalis■ / Tomentella radiosa■ / Tomentella stuposa■ / Tomentella umbrinospora■ / Trechispora cohaerens■ / Trechispora farinacea■ / Trechispora mollusca■ / Vararia ochroleuca■ / Vuilleminia megalospora■ / Xylodon pruni■ / Xylodon quercinus■ / Xylodon spathulatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Atheliales/アテリア目_Atheliaceae/アテリア科_Cantharellales/アンズタケ目_Botryobasidiaceae/ボトリオバシディウム科_Ceratobasidiaceae/ツノタンシキン科_Meruliaceae/シワタケ科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Gomphales/ラッパタケ目_Lentariaceae/レンタリア科_Schizoporaceae/アナタケ科_Peniophoraceae/カワタケ科_Hydnaceae/ハリタケ科_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科
R3-06126トルコ新産のピロネマキン科3属2013Turkish Journal of Botany2013年の論文/published in 2013, Turkish Journal of Botany, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生息菌/bryophilous fungus, トウヒ属/Picea, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハシバミ属/Corylus, マツ科/Pinaceae, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyThree pyronemataceous macrofungi genera new to Turkish Mycotaトルコ、トラブゾン県からAcervus epispartius、Neottiella rutilans、およびRhodoscypha ovillaを報告した。これらのピロネマキン科の属のトルコからの報告は初となった。本報告により、既知のトルコ産ピロネマキン科菌類の属および分類群はそれぞれ16および28となった。Acervus epispartius■ / Neottiella rutilans■ / Rhodoscypha ovilla■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-06125タマザキクサフジの葉の斑点病の原因菌であるCercospora rautensisのエピタイプ指定、およびそのイラン新産種としての報告2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, TreeBASE, アジア新産種/Asia_new record, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, エピタイプ指定/epitype designation, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ザンジャーン州/Zanjan, タイプスタディ/type study, タマザキクサフジ属, マメ科/Fabaceae, ルーマニア/Romania, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 葉面菌/leaf surface fungi, 複合種/species complex, 西アーザルバーイジャーン州/West AzerbaijanEpitypification of Cercospora rautensis, the causal agent of leaf spot disease on Securigera varia, and its first report from Iranイランおよびルーマニアにおいてタマザキクサフジの葉の斑点病を引き起こしたCercospora rautensisを検討した。形態学的検討、分子系統解析、および宿主データの検討を行い、ルーマニア産標本を本種のエピタイプ標本に指定した。また、本種をアジアおよびイランにおける新産種として報告した。Cercospora rautensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06124極東ロシア産核菌類 (2):新属新種Mollicamarops stellata2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, ユダヤ自治州/Jewish Autonomous, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 収斂進化/convergent evolution, 新属提唱/new genus, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungusPyrenomycetes of the Russian Far East 2. Mollicamarops stellata gen. et sp. novロシア、ユダヤ自治州で採集された菌を検討し、新属新種Mollicamarops stellataとして記載した。本種は孔口が星形であることなどで特徴づけられ、この形質にはシトネタケ科菌類との顕著な形態的収斂が認められた。また、従来日本からのみ知られていたHypocrea megalosulphureaおよびPodostroma giganteumをロシア新産種として報告した。Hypocrea megalosulphurea■ / Mollicamarops stellata★ / Podostroma giganteum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Hypocreaceae/ニクザキン科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Boliniales/ボリニア目_Boliniaceae/ボリニア科
R3-06123イラン産の広義キコブタケ属菌2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Erica属, Mycotaxon, Ocotea属, Parrotia属, アカシア属/Acacia, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, クスノキ科/Lauraceae, クマシデ属/Carpinus, クロウメモドキ属/Rhamnus, クロウメモドキ科/Rhamnaceae, ケヤキ属/Zelkova, コナラ属/Quercus, コフギールーイェ・ブーイェル=アフマド州/Kohgiluyeh and Boyer-Ahmad, ゴレスターン州/Golestan, サクラ属/Prunus, スイカズラ属/Lonicera, スイカズラ科/Caprifoliaceae, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, ツツジ科/Ericaceae, ニシキギ属/Euonymus, ニシキギ科/Celastraceae, ニレ科/Ulmaceae, ネムノキ属/Albizia, ハシドイ属/Syringa, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ビャクシン属/Juniperus, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, ホルモズガーン州/Hormozgan, マメ科/Fabaceae, マンサク科/Hamamelidaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主範囲/host range, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植林地/plantation, 検索表/identification key, 疑問種/doubtful species, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 誤同定/misidentificationThe genus Phellinus s.l. (Basidiomycota) in Iranイラン新産種としてPhellinus allardii、P. rosmarini、およびP. senexの3種を報告した。また、Fomitiporia rosmariniおよびFuscoporia senex、およびFuscoporia discipesの3新組み合わせを提唱した。イランから報告された数種の本属菌が誤同定であったことを示したほか、イラン産本属菌の検索表および全世界の本属菌の予備的検索表を掲載した。Fomitiporia punctata / Fomitiporia rosmarini▲■ / Fuscoporia contigua / Fuscoporia discipes▲ / Fuscoporia ferruginosa / Fuscoporia senex▲■ / Fuscoporia torulosa / Phellinus allardii■ / Phellinus baumii / Phellinus igniarius / Phellinus tuberculosus / Phylloporia ribis / Phylloporia spathulataBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-06122バイケイソウに生じる分生子層形成性分生子果不完全菌の新種、Colletogloeum veratri-albi2007Fritschiana2007年の論文/published in 2007, Fritschiana, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルプス山脈/Alps, オーストリア/Austria, グラウビュンデン州/Graubunden, シノニム/synonym, シュタイアーマルク州/Steiermark, シュロソウ属/Veratrum, スイス/Switzerland, タンボフ州/Tambov, チェコ/Czech, ドイツ/Germany, ニーダーエスターライヒ州/Niederösterreich, バイエルン州/Bayern, メランチウム科/Melanthiaceae, ロシア/Russia, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 地理的隔離/geographical isolation, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not availableColletogloeum veratri-albi – a new acervular coelomycete on Veratrum albumヨーロッパ、コーカサス、およびトランスコーカシアにおいてVeratrum albumに発生した菌を検討し、Colletogloeum veratri-albiとして新種記載した。本種は宿主の葉の両面に斑点を、主に上面に分生子層を形成し、分生子が顕著な嘴状であることなどで特徴づけられた。本種は同じシュロソウ属植物を宿主とするC. veratriとは宿主および地理的分布のほか、分生子果の色や分生子の形状および隔壁数が異なっていた。Colletogloeum veratri-albi★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06121北米北西部産の地衣生子嚢菌の新種、Bellemerella ritae2007Nova Hedwigia2007年の論文/published in 2007, Nova Hedwigia, カナダ/Canada, ザイログラファ科, ブリティッシュコロンビア州/British Columbia, モクハンゴケ属, モンタナ州/Montana, ロッキー山脈/Rocky Mountains, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 宿主の同定/identification of host, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 湿地帯/wetland, 米国/USA, 複合種/species complexBellemerella ritae sp. nov. (Verrucariaceae), new lichenicolous ascomycete from northwest North Americaカナダおよび米国においてモクハンゴケ属地衣に発生した子嚢菌の一種を検討し、Bellemerella ritaeとして新種記載した。本種はモクハンゴケ属地衣を宿主とする初の地衣生菌とみられ、同属他種とは宿主のほか子嚢殻や子嚢胞子のサイズなどが異なっていた。Bellemerella属全種の検索表を掲載した。Bellemerella ritae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目
R3-06120中国新産のサネゴケ属地衣4種2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 切片/section, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 気温/temperature, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 被果地衣類/pyrenocarpous lichen, 貴州省/Guizhou, 降水量/precipitationFour Pyrenula species new to China中国貴州省からPyrenula brunnea、P. punctella、P. subducta、およびP. submastophoraを中国新産種として報告した。各種について記載文、写真、および分布に関する記述などを掲載した。本報告により、中国産の既知のサネゴケ属地衣は46種となった。Pyrenula brunnea■ / Pyrenula punctella■ / Pyrenula subducta■ / Pyrenula submastophora■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目_Pyrenulaceae/サネゴケ科
R3-06119イランにおけるヤドリフカノキの葉の斑点病の原因菌である狭義のColletotrichum gloeosporioides2018Mycologia Iranica2018年の論文/published in 2018, Mycologia Iranica, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, ウコギ科/Araliaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, ハマダーン州/Hamadan, フカノキ属/Schefflera, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 斑点病/spot disease, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温室/greenhouse, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complexColletotrichum gloeosporioides s. str., the causal agent of a leaf spot disease of Schefflera arboricola in Iranイラン、ハマダーン州においてヤドリフカノキの葉の斑点から分離された菌を検討し、狭義のColletotrichum gloeosporioidesと同定した。接種試験により本種が病原菌であることを確かめた。イランにおけるヤドリフカノキの病原菌としての本種の報告は初となった。Colletotrichum gloeosporioidesAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-06118ブラジル新産のウラベニガサ属菌2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, リオグランデ・ド・スル州/Rio Grande do Sul, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 亜熱帯雨林/subtropical rainforest, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 胞子紋/spore printNew records of Pluteus (Pluteaceae, Agaricales) from BrazilPluteus aquosus、P. nigrolineatus、およびP. globigerをブラジル新産種として報告した。また、リオグランデ・ド・スル州からP. albostipitatusおよびP. beniensisを報告した。これらの種はいずれも亜熱帯雨林において腐朽材から発生していた。Pluteus albostipitatus / Pluteus aquosus■ / Pluteus beniensis / Pluteus globiger■ / Pluteus nigrolineatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-06117ブラジルのアマゾンにおけるEntoloma azureovirideの2番目の記録2019Hoehnea2019年の論文/published in 2019, Hoehnea, アマゾナス州/Amazonas (Brazil), タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 新形質報告/new character, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 熱帯域/tropics, 粘土質土壌/clayey soilA second record of Entoloma azureoviride (Agaricales, Basidiomycota) from Brazilian Amazonブラジルのアマゾンで採集されたEntoloma azureovirideを報告した。これは本種の2番目の報告であったが、本種のホロタイプ標本を再検討したところ、原記載の記述との食い違いが見出された。記載文を掲載したほか、本種の傘実質が特有の構造であることを新たに記述した。Entoloma azureovirideBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Entolomataceae/イッポンシメジ科
R3-06116ニュージーランドにおいてMetrosideros excelsaに生じた新種Blastacervulus metrosideriの葉の病斑2019Fungal Systematics and Evolution2019年の論文/published in 2019, Fungal Systematics and Evolution, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウェスト・コースト地方/West Coast, オガサワラフトモモ属/Metrosideros, オークランド地方/Auckland, ニュージーランド/New Zealand, ノースランド地方/Northland, フトモモ科/Myrtaceae, ワイカト地方/Waikato, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungiBlastacervulus metrosideri sp. nov. leaf spot on Metrosideros excelsa in New ZealandニュージーランドにおいてMetrosideros excelsaの葉に斑点を生じた菌を検討し、Blastacervulus metrosideriとして新種記載した。本種による病害はニュージーランドではごく普通に見られ、Leptomelanconiumの一種あるいはStaninwardia breviusculaとして記録されていた。本種が含まれる属は分子系統解析の結果から確かめられた。Blastacervulus metrosideri★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Asterinales/アステリナ目
R3-06115ボリビア新産の2種の地衣、Icmadophila aversaおよびPiccolia conspersa2010Polish Botanical Journal2010年の論文/published in 2010, Polish Botanical Journal, アンデス山脈/Andes, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ生地衣/bryophilous lichen, コケ生息菌/bryophilous fungus, ボリビア/Bolivia, ボリビア新産種/Bolivia_new record, ラパス県/La Paz, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 撹乱地/disturbed place, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forestIcmadophila aversa and Piccolia conspersa, two lichen species new to Boliviaボリビア、マディディ国立公園で採集されたIcmadophila aversaおよびPiccolia conspersaをボリビア新産種として報告した。両種は山地の森林に生息し、前者は岩に生えたコケの上、後者は樹皮に生じていた。両種の記載文、生態写真などを掲載した。Icmadophila aversa■ / Piccolia conspersa■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Icmadophilaceae/アオシモゴケ科
R3-06114子嚢胞子に複数隔壁を有するNectria属1新種2015Nova Hedwigia2015年の論文/published in 2015, Nova Hedwigia, TreeBASE, 中国/China, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 安徽省/Anhui, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 河南省/Henan, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 菌類相調査/mycofloristic surveyA new species of Nectria (Nectriaceae, Hypocreales) with multiseptate ascospores中国安徽省および河南省で採集された菌を検討し、Nectria triseptataとして新種記載した。本種は子嚢果が群生し、子嚢胞子が楕円形~円筒形で(1–)3(–5)隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でN. magnisporaおよびN. mariaeと姉妹群を形成した。Nectria triseptata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-06113中国北部、山西省産の新種Postia cana2010Nordic Journal of Botany2010年の論文/published in 2010, Nordic Journal of Botany, トウヒ属/Picea, マツ科/Pinaceae, 中国/China, 呈色反応/chemical reaction, 山西省/Shanxi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyPostia cana sp. nov. (Basidiomycota, Polyporales) from Shanxi Province, northern China中国山西省においてトウヒ属植物の材や切り株に生じた菌を検討し、Postia canaとして新種記載した。本種は子実体が重生し、傘上面が新鮮時桃色~淡黄褐色、乾燥すると灰色~暗灰色の長剛毛状になり、担子胞子がソーセージ形薄壁であることなどで特徴づけられた。また、調査地域からその他に104種の多孔菌を記録した。Postia cana★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科
R3-06112新種Calcarisporium xylariicolaの記載およびボタンタケ目の新科カルカリスポリウム科の提唱2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, イタリア/Italy, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, クロサイワイタケ属/Xylaria, クロサイワイタケ科/Xylariaceae, タイプスタディ/type study, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 菌寄生菌/mycoparasite, 誤同定/misidentificationCalcarisporium xylariicola sp. nov. and introduction of Calcarisporiaceae fam. nov. in Hypocrealesイタリアにおいてクロサイワイタケ属の一種の子座表面に生じた菌を検討し、Calcarisporium xylariicolaとして新種記載した。本種は分生子柄が短くて基部が膨らみ、分生子の長さ/幅比が小さいことなどで特徴づけられた。分子系統解析の結果から、Calcarisporium属に対して新科カルカリスポリウム科を提唱した。Calcarisporium arbuscula / Calcarisporium xylariicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-06111Helicogloea属とSpiculogloea属の新種、およびH. graminicolaのタイプスタディ2018Cryptogamie Mycologie2018年の論文/published in 2018, Cryptogamie Mycologie, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, オースト=フランデレン州/Oost-Vlaanderen, タイプスタディ/type study, ツツジ属/Rhododendron, ツツジ科/Ericaceae, ハリタケ科, ヒメハリタケモドキ属, ベルギー/Belgium, 吸器/haustorium, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 検索表/identification key, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 菌寄生菌/mycoparasiteNew species in Helicogloea and Spiculogloea, including a type study of H. graminicola (Bres.) G.E. Baker (Basidiomycota, Pucciniomycotina)ベルギーで採集された2種の菌を検討し、Helicogloea jozefiiおよびSpiculogloea inaequalisとして新種記載した。前者が樹皮に生じた一方、後者はヒメハリタケモドキ属菌の子実層内に寄生し、担子器が比較的短いが幅広いことなどで特徴づけられた。各種について検索表を掲載したほか、H. graminicolaのタイプ標本を検討した。Helicogloea graminicola / Helicogloea jozefii★ / Spiculogloea inaequalis★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Atractiellomycetes/アトラクティエラ綱_Atractiellales/アトラクティエラ目_Phleogenaceae/フレオゲナ科_Spiculogloeomycetes/スピキュログレア綱_Spiculogloeales/スピキュログレア目_Spiculogloeaceae/スピキュログレア科
R3-06110チュニジアにおいてザクロに枝枯病および実腐病を引き起こす新たな潜在的脅威、Coniella granati2018Journal of Plant Pathology & Microbiology2018年の論文/published in 2018, Journal of Plant Pathology & Microbiology, pH適性/pH aptitude, コッホの原則/Koch_s postulation, ザクロ属/Punica, スース県, チュニジア/Tunisia, チュニジア新産種/Tunisia_new record, ミソハギ科/Lythraceae, 乾腐病/dry rot, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 実腐病/fruit rot, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新産種報告/new record, 最大生長温度/maximum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 果樹園/orchard, 枝枯病/branch blight, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rate, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 統計解析/statistical analysis, 表面殺菌法/surface sterilization method, 軟腐病/soft rotConiella granati (Saccardo) a New Potential Threat to Pomegranate (Punica granatum L.) in Tunisia Causing Twig Dieback and Fruit Rotチュニジアの果樹園においてザクロの病原菌、Coniella granatiの調査を実施した。形態および分子データに基づき同定したのち、分離菌株の至適生長温度およびpHを検討し、葉、枝、果実に対する接種試験を実施した。本種は20-25°Cで最もよく生育し、35°Cで生長できず、pH4-10の範囲で生長し、接種した果実は11-15日以内に完全に腐敗した。Coniella granati■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Schizoparmaceae/シゾパルメ科
R3-06109インド、ウッタル・プラデーシュ州北東部における大型菌類の多様性2019International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences2019年の論文/published in 2019, International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences, インド/India, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウッタル・プラデーシュ州/Uttar Pradesh, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, 呈色反応/chemical reaction, 商業価値のあるきのこ/mushrooms with commercial value, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 材生息菌/lignicolous fungus, 毒きのこ/poisonous mushroom, 民族菌類学/ethnomycology, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 食用きのこ/edible mushroomsMacrofungal Diversity of North-Eastern Part of Uttar Pradesh (India)インド、ウッタル・プラデーシュ州において大型菌類の種構成および種多様性を調査し、16科23属30種を採集した。そのうち7種が食菌であり、22種が不食、1種が毒菌であった。各種について記載文および生態写真などを掲載した。Albatrellus flettii / Cantharellus cibarius / Cantharellus subalbidus / Cheilymenia stercorea / Clitocybe discolor / Clitocybe phyllophila / Collybia erythropus / Collybia fuscopurpurea / Cordyceps canadensis / Fomitopsis pinicola / Funalia trogii / Ganoderma applanatum / Ganoderma praelongum / Hygrocybe acutopunicea / Hygrocybe miniata / Hyphodontia sambuci / Inonotus cuticularis / Laetiporus sulphureus / Lenzites sepiaria / Omphalina ericetorum / Peziza ampliata / Phlebia cornea / Pholiota adiposa / Polyporus brumalis / Postia caesia / Postia stiptica / Sparassis crispa / Trametes hirsuta / Trametes suaveolens / Xylaria carpophilaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Albatrellaceae/ニンギョウタケモドキ科_Cantharellales/アンズタケ目_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Cordycipitaceae/ノムシタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Ganodermataceae/マンネンタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Tubulicrinaceae/トゥブリクリナ科_Pezizaceae/チャワンタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Sparassidaceae/ハナビラタケ科_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-06108中国におけるDermea prunusの再採集、および新種D. chinensisの記載2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, サクラ属/Prunus, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, バラ科/Rosaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 山地/mountains, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 秦嶺山脈/Qinling Mountains, 陝西省/ShaanxiRe-collection of Dermea prunus in China, with a description of D. chinensis sp. nov.中国においてカバノキ属植物から分離された菌を検討し、Dermea chinensisとして新種記載した。本種は有性世代と無性世代の両方を形成し、両者の繋がりは配列データにより確かめられた。また、有性世代のみを基に記載されたD. pruniについて、原記載と同一の国(中国)および宿主の標本を用いて無性世代を報告した。Dermea chinensis★ / Dermea pruniAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Dermateaceae/ハイイロチャワンタケ科
R3-06107アジアのカルスト地形に産する菌類 (3):分子および形態に基づき明らかになったフェオスフェリア科菌類の新規分類群2019Mycosphere2019年の論文/published in 2019, Mycosphere, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 生長速度/growth rate, 石灰岩/limestone, 腐生菌/saprobe, 貴州省/GuizhouFungi from Asian Karst formations III. Molecular and morphological characterization reveal new taxa in Phaeosphaeriaceae中国貴州省のカルスト地形において子嚢菌類の調査を実施し、2つの新属新種を含む6分類群を新たに記載した。新属Pseudoophiosphaerellaは子嚢および子嚢胞子の形態がOphiosphaerella属に類似していたが、系統的に異なっていた。新属Hydeopsisは子嚢胞子が紡錘形で3隔壁を有する点で数属と形態的に類似していたが、独自の系統を形成した。Hydeomyces pinicola★ / Hydeopsis verrucispora★ / Leptospora hydei★ / Pseudoophiosphaerella huishuiensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目
R3-06106中国北西部産の新種Anamylopsora altaica2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, TreeBASE, アルタイ山脈/Altai Mountains, カルボン酸類/carboxylic acids, プソロミン酸/psoromic acid, ベンゾオキセピン類/benzoxepins, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新疆ウイグル自治区/Xinjiang, 新種記載/new species, 森林/forest, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 鱗片状地衣/squamulose lichenAnamylopsora altaica sp. nov. from Northwestern China中国、新疆のアルタイ山脈で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Anamylopsora altaicaとして新種記載した。本種は鱗片が密に重なり、子器が球形、子嚢が8胞子性で、子嚢胞子が無色であり、地衣成分としてプソロミン酸を含むことなどで特徴づけられた。本種は近縁種のA. pulcherrimaとは地衣体の色や表面性状、子器の色や形状、地衣成分などが異なっていた。Anamylopsora altaica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Baeomycetales/センニンゴケ目
R3-06105野生の種子および果実生菌類の追加 (1):タイにおいてMagnolia champacaおよびSenna siamea果実に生じたDiaporthe rosaeの有性世代2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, Senna属, SILVA, タイ/Thailand, タイプスタディ/type study, チエンラーイ県/Chiang Rai, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, パヤオ県/Phayao, マメ科/Fabaceae, モクレン属/Magnolia, モクレン科/Magnoliaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variation, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobeAdditions to wild seed and fruit fungi 1: The sexual morph of Diaporthe rosae on Magnolia champaca and Senna siamea fruits in ThailandタイにおいてMagnolia champacaおよびSenna siameaの乾燥果実に生じたDiaporthe rosaeの有性世代を報告した。本種は同所で採集されたことがあったが、それまで無性世代しか知られておらず、バラ属植物のみが宿主として知られていた。本種の有性世代および無性世代と同属近縁種を含む形質比較表を掲載した。Diaporthe rosaeAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科
R3-06104淡水生および海生のSigmoidea属菌の系統的位置:海生不完全糸状菌の新属Halosigmoidea属2009Botanica Marina2009年の論文/published in 2009, Botanica Marina, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アマモ属/Zostera, アマモ科/Zosteraceae, イギス属, イギス科, イトグサ属/Polysiphonia, シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州/Schleswig-Holstein, ドイツ/Germany, フジマツモ科/Rhodomelaceae, メクレンブルク=フォアポンメルン州/Mecklenburg-Western Pomerania, リニアグロース/linear growth, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 北海道/Hokkaido, 培養性状/colony characteristics, 宮城県/Miyagi, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 検索表/identification key, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 海生菌/marine fungi, 海草/seagrass, 海藻/seaweed, 淡水域/freshwater, 生長速度/growth rate, 紅藻/red algae, 腐生菌/saprobe, 表面殺菌法/surface sterilization method, 選択培地/selective mediumPhylogenetic position of freshwater and marine Sigmoidea species: introducing a marine hyphomycete Halosigmoidea gen. nov. (Halosphaeriales)Sigmoidea属の海生菌2種(S. luteola、S. marina)に対して新属Halosigmoideaを提唱した。また、ドイツおよび日本において海藻、海草、海の泡から分離された新種H. parvulaを記載して本新属に加えた。Halosigmoidea、Pseudosigmoidea、Sigmoidea属の属レベルおよびHalosigmoidea属の種レベル検索表を掲載した。Halosigmoidea luteola▲ / Halosigmoidea marina▲ / Halosigmoidea parvula★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Halosphaeriaceae/ハロスフェリア科
R3-06103海生クロイボタケ綱菌類の分子系統2009Studies in Mycology2009年の論文/published in 2009, Studies in Mycology, TreeBASE, シノニム/synonym, マングローブ林/mangrove forest, リター菌/litter fungi, 側系統群/paraphyletic group, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 多系統群/polyphyletic group, 宿主特異性/host specificity, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水生菌/aquatic fungi, 水辺/waterside, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 海草/seagrass, 海藻/seaweed, 湿地帯/wetland, 潮間帯/intertidal zone, 異隔壁/distoseptum, 耐塩性菌/salt-tolerant fungus, 胞子の発芽/germination of sporesMolecular systematics of the marine Dothideomycetesクロイボタケ綱菌類の海生菌を対象に4遺伝子による分子系統解析を実施した。その結果を基に2新科(アイギアルス科およびモノスフェリア科)、3新属(Halomassarina、Morosphaeria、Rimora)を提唱した。また、H. thalassiaeなど4新組み合わせを提唱した。Halomassarina thalassiae▲ / Morosphaeria ramunculicola▲ / Morosphaeria velataspora▲ / Rimora mangrovei▲Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Ascomycota/子嚢菌門_Morosphaeriaceae/モノスフェリア科_Aigialaceae/アイジアルス科
R3-06102トルコにおけるHymenoscyphus属、Parascutellinia属、およびScutellinia属の新産種2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, スィイルト県, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヴァン県/Van, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水辺/waterside, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew records of Hymenoscyphus, Parascutellinia, and Scutellinia for Turkeyトルコ新産種としてHymenoscyphus kathiae、Parascutellinia violacea、およびScutellinia crinitaの3種を報告した。Parascutellinia属菌のトルコからの報告は初となった。P. violaceaはヤナギ属、S. crinitaはヤマナラシ属植物の樹下にそれぞれ発生した。Hymenoscyphus kathiae■ / Parascutellinia violacea■ / Scutellinia crinita■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-06101インド、ケララ州においてゾウの糞に生じたハラタケ類2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アジアゾウ属/Elephas, インド/India, ケララ州/Kerala, ゾウ科/Elephantidae, 呈色反応/chemical reaction, 宿主選好性/host selectivity, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 検索表/identification key, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 毒きのこ/poisonous mushroom, 生物多様性調査/biodiversity survey, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 菌類相調査/mycofloristic surveyAgarics on elephant dung in Kerala State, Indiaインド、ケララ州からゾウの糞の糞生ハラタケ類5科12属19種を報告した。そのうち1種は日本産のPanaeolina rhombispermaにほぼ全形質が類似していたが、硫酸中で担子胞子が退色する性質を有していた。全種を含む検索表を掲載した。Agrocybe guruvayoorensis / Bolbitius coprophilus / Conocybe brunneoaurantiaca / Conocybe pseudopubescens / Conocybe volvata / Copelandia cyanescens / Entoloma anamikum / Macrocybe gigantea / Panaeolus antillarum / Panaeolus rickenii / Pholiotina indica / Psilocybe coprophila / Psilocybe pegleriana / Psilocybe subaeruginascens / Psilocybe subcubensis / Stropharia bicolor / Stropharia rugosoannulata / Volvariella volvaceaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Strophariaceae/モエギタケ科_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Entolomataceae/イッポンシメジ科_Catathelasmataceae/モミタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-06100ブラジル産のRosenscheldia属1新種2019Forest Pathology2019年の論文/published in 2019, DNA抽出失敗/DNA extraction failure, Forest Pathology, Protium属, カンラン科/Burseraceae, ブラジル/Brazil, ミナスジェライス州/Minas Gerais, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 難培養性菌/uncultured fungiA new species of Rosenscheldia (Dothideomycetes) from Brazilブラジル、ミナスジェライス州においてProtium warmingianumの生木の枝に生じた菌を検討し、Rosenscheldia spegazzinianaとして新種記載した。本種は子嚢胞子が無色紡錘形平滑で0-6隔壁を有することなどで特徴づけられ、、培養およびDNA抽出の試みは全て失敗した。本種はブラジル産カンラン科に発生した初のRosenscheldia属菌であり、Protium属からの初報告であった。Rosenscheldia spegazziniana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目
R3-06099Sarcogyne integraのネオタイプ指定2018Opuscula Philolichenum2018年の論文/published in 2018, Opuscula Philolichenum, タイプスタディ/type study, ネオタイプ指定/neotype designation, モンタナ州/Montana, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 米国/USA, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類学者/mycologist, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNeotypfication of Sarcogyne integra (Acarosporaceae)第二次世界大戦中にタイプ標本が失われたSarcogyne integraのネオタイプ標本を指定した。ネオタイプ標本は米国モンタナ州において苦灰石に生じており、タイプロカリティのニューメキシコ州産ではないものの、原記載によく一致した。本種の記載文および生態写真などを掲載した。Sarcogyne integraAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Acarosporomycetidae/ホウネンゴケ亜綱_Acarosporales/ホウネンゴケ目_Acarosporaceae/ホウネンゴケ科
R3-06098イタリア、シチリア州産の新種Phoma ficuzzaeおよびその他の地衣生菌類2008Sauteria2008年の論文/published in 2008, Melanohalea属, Pleurosticta属, Sauteria, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, オオロウソクゴケ属/Xanthoria, カラクサゴケ属/Parmelia, カラタチゴケ属/Ramalina, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, キクバゴケ属/Xanthoparmelia, クボミゴケ属/Aspicilia, クロイボゴケ属/Tephromela, クロイボゴケ科/Tephromelataceae, ゴイシゴケ属/Lecidea, ゴイシゴケ科/Lecideaceae, ゴール/gall, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, シチリア州/Sicily, ダイダイゴケ属/Caloplaca, ダイダイゴケ科/Teloschistaceae, チズゴケ属/Rhizocarpon, チズゴケ科/Rhizocarpaceae, チャクロイボゴケ属/Lecidella, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, トネリコ属/Fraxinus, ナシ属/Pyrus, ハナゴケ属/Cladonia, ハナゴケ科/Cladoniaceae, バラ科/Rosaceae, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, メガスポラ科/Megasporaceae, モクセイ科/Oleaceae, ロウソクゴケ科/Candelariaceae, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 漂白/bleaching, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 稀産種/rare species, 膠質菌/jelly fungi, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 複合種/species complex, 遺存林/relict forestsPhoma ficuzzae sp. nov. and some other lichenicolous fungi from Sicily, Italyイタリア、シチリア州においてRamalina fraxineaに発生した地衣生菌の一種を検討し、Phoma ficuzzaeとして新種記載した。本種は類似するP. epiphysciaや同じカラタチゴケ属地衣を宿主とする同属他種とは分生子の幅がより広い点が異なっていた。また、33分類群を採集し、そのうちArthonia intextaなど26種をシチリア州新産種として報告した。Arthonia galactinaria / Arthonia intexta■ / Arthonia molendoi■ / Arthonia varians / Carbonea supersparsa / Cercidospora epipolytropa■ / Dendrophoma lecanorae / Intralichen baccisporus■ / Leptosphaeria ramalinae■ / Lichenochora obscuroides■ / Lichenoconium erodens■ / Lichenoconium lecanorae / Lichenoconium usneae / Lichenodiplis lecanorae / Lichenostigma cosmopolites■ / Lichenostigma elongatum / Muellerella erratica / Muellerella lichenicola / Muellerella pygmaea / Muellerella ventosicola■ / Nectriopsis parmeliae■ / Phacopsis fusca■ / Phoma ficuzzae★ / Polycoccum kerneri■ / Pronectria leptaleae■ / Pseudocercospora lichenum■ / Stigmidium congestum■ / Stigmidium neofusceliae■ / Stigmidium squamariae■ / Taeniolella beschiana■ / Telogalla olivieri■ / Tremella ramalinae■ / Vouauxiomyces ramalinae■ / Zwackhiomyces coepulonus■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Leptosphaeriaceae/レプトスフェリア科_Phyllachorales/フィラコラ目_Phaeococcomycetaceae/フェオコッコマイセス科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科_Dacampiaceae/ダカンピア科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Mytilinidiales/ミティリニディオン目_Mytilinidiaceae/ミティリニディオン科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Tremellaceae/シロキクラゲ科_Collemopsidiales/コレモプシディウム目_Xanthopyreniaceae/ザントピレニア科
R3-06097ラトビアにおけるUsnea floridaの新記録およびラトビアにおける種の分布について2017Acta Biologica Universitatis Daugavpiliensis2017年の論文/published in 2017, Acta Biologica Universitatis Daugavpiliensis, アオイ科/Malvaceae, ウスニン酸類/usnic acids, シナノキ属/Tilia, タムノール酸類/thamnolic acids, ベンゾフラン類/benzofurans, ラトビア/Latvia, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 保全生態学/conservation ecology, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 絶滅危惧種/endangered species, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyNew record of Usnea florida (L.) Weber ex F.H. Wigg. (1780) in Latvia with notes on species distribution in LatviaUsnea floridaをラトビアのラトガレ北東部における新産種として報告した。本種はラトビアにおいて従来3ヶ所からしか知られておらず、レッドリストや各地の保全対象種リストに掲載されていた。ラトビア産全標本の地衣成分を薄層クロマトグラフィーで調査し、ウスニン酸、タムノール酸、およびアレクトリアル酸を検出した。Usnea florida■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06096新種Spadicoides matsushimaeおよび非典型的なSpadicoides属2種に対する新属Anisospadicoides2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combinationSpadicoides matsushimae sp. nov., and Anisospadicoides gen. nov. for two atypical Spadicoides speciesSpadicoides macrocontinuaおよびS. macroobovataに対して新属Anisospadicoidesを提唱した。本属は分生子形成様式がポリトレト型および出芽型であり、分生子形成細胞頂部から分生子を生じることなどで特徴づけられた。また、ペルーにおいてヤシの腐朽葉柄に発生したが正式に記載されなかった菌を改めてS. matsushimaeとして新種記載した。Anisospadicoides macrocontinua▲ / Anisospadicoides macroobovata▲ / Spadicoides matsushimae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱
R3-06095エクアドルにおいて水中に沈んだ腐朽葉から分離された新属新種Coronosporidium ecuadorianum2019Mycotaxon2019年の論文/published in 2019, Mycotaxon, アスアイ県/Azuay, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エクアドル/Ecuador, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 難培養性菌/uncultured fungiCoronosporidium ecuadorianum gen. & sp. nov. from submerged decaying leaf from Ecuadorエクアドルの小川で採集された水生菌の一種を検討し、新属新種Coronosporidium ecuadorianumとして記載した。本種は分生子形成細胞が多出芽型でシンポジオ状に伸長し、分生子離脱が破裂的で、分生子が星形胞子で1隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種は形態的に類似する種とは分生子形成細胞の伸長様式、分生子形成部位の襟の痕跡、分生子の形状や隔壁などが異なっていた。Coronosporidium ecuadorianum★
R3-06094ドミニカ共和国産の赤色の孔口を有する初のイグチである新種Neoboletus antillanus、およびNeoboletus属に関する知見2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, UNITE, タデ科/Polygonaceae, ドミニカ共和国/Dominican Republic, ハマベブドウ属/Coccoloba, プエルト・プラタ州/Puerto Plata, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 石灰岩/limestone, 胞子紋/spore print, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 食毒不明/edibility unknownNeoboletus antillanus sp. nov. (Boletaceae), first report of a red-pored bolete from the Dominican Republic and insights on the genus Neoboletusドミニカ共和国で採集された菌を検討し、Neoboletus antillanusとして新種記載した。本種はブナ科やマツ科植物ではなくハマベブドウと外生菌根を形成するとみられ、固有種を宿主とすることから新熱帯に起源を有する可能性が考えられた。本種はドミニカ共和国から初めて報告された、赤色の孔口を有するイグチ類であった。Neoboletus antillanus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Boletaceae/イグチ科
R3-06093シロキクラゲ科の有性世代の酵母の新種、Papiliotrema plantarum2018International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2018年の論文/published in 2018, Clidemia属, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, イネ科/Poaceae, ウレアーゼ試験/urease test, タイ/Thailand, チャイナート県/Chai Nat, デンプン/starch, トウモロコシ属/Zea, ノボタン科/Melastomataceae, フランス/France, 二型性/dimorphism, 交配試験/mating test, 仏領ギアナ/French Guiana, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 吸器/haustorium, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 担子菌酵母/basidiomycetous yeast, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 生活環/life cycle, 発酵試験/fermentation test, 葉面菌/leaf surface fungi, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeastPapiliotrema plantarum sp. nov., a novel tremellaceous sexual yeast speciesタイ、チャイナート県においてトウモロコシの葉面から分離された担子菌酵母の一種を検討し、Papiliotrema plantarumとして新種記載した。また、本種は仏領ギアナにおいてもClidemia属植物の果実から分離され、タイ産の分離菌株と性的和合性を示した。本種はPapiliotrema属において3番目に有性生殖が観察された種となった。Papiliotrema plantarum★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目
R3-06092仏領ギアナにおいて花から分離された新種Starmerella reginensisおよびStarmerella kourouensis2018International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology2018年の論文/published in 2018, forma asexualis, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アナモルフ酵母/anamorphic yeast, ウレアーゼ試験/urease test, サバンナ/savannah, スライド培養法/slide culture method, フヨウ属/Hibiscus, フランス/France, 仏領ギアナ/French Guiana, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 気温/temperature, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 温度適性/temperature aptitude, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発酵試験/fermentation test, 花生息菌/floricolous fungus, 資化試験/assimilation test, 酵母/yeast, 降水量/precipitation, 高稠耐性菌Starmerella reginensis f.a., sp. nov. and Starmerella kourouensis f.a., sp. nov., isolated from flowers in French Guiana仏領ギアナにおいて花から分離されたアナモルフ酵母を検討し、Starmerella reginensisおよびS. kourouensisとして新種記載した。前者はフヨウ属、後者は未同定の花から分離された。両種はそれぞれ分子系統解析でS. apicola、S. ratchasimensisに近縁であった。Starmerella kourouensis★ / Starmerella reginensis★Ascomycota/子嚢菌門_Saccharomycotina/サッカロマイセス亜門_Saccharomycetidae/サッカロマイセス亜綱_Saccharomycetales/サッカロマイセス目_Saccharomycetaceae/サッカロマイセス科
R3-06091中国新産種、Pluteus losulus2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, ツバキ科/Theaceae, ヒメツバキ属/Schima, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 広東省/Guangdong, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 種内変異/intraspecific variationPluteus losulus, a new record from south China中国広東省からPluteus losulusを中国新産種として報告した。本種は傘が帯灰褐色~褐色で低い中丘を有し、側シスチジアが鉤状でメチュロイド、傘表皮に頻繁にクランプを有することなどで特徴づけられた。中国産標本はアフリカ産標本と子実体や柄のサイズ、側シスチジアの色などが異なっていたが変異と考えられ、ITS領域の塩基配列は99%一致した。Pluteus losulus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Pluteaceae/ウラベニガサ科
R3-06090トルコ新産のピロネマキン科の属、Octospora属2017Anatolian Journal of Botany2017年の論文/published in 2017, Anatolian Journal of Botany, Pterygoneurum属, コケ上に生える菌/fungi on moss, センボンゴケ科/Pottiaceae, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity surveyOctospora Hedw., A New Genus Record for Turkish Pyronemataceaeトルコ、ガズィアンテプ県からトルコ新産種としてOctospora itzerottiiを報告した。トルコにおけるOctospora属菌の記録は初となった。本報告により、トルコにおける既知のピロネマキン科の種は63種に増加した。Octospora itzerottii■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-06089新種の草本に生じた新種の黒穂菌:中国四川省において新種Capillipedium alpinumに感染した新種Sporisorium capillipedii-alpini2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, アブラススキ属, イネ科/Poaceae, オニササガヤ属/Dichanthium, タイプスタディ/type study, 中国/China, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 収蔵標本/stored specimen, 四川省/Sichuan, 地理的分布/geographical distribution, 宿主の同定/identification of host, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 横断山脈/Hengduan Mountains, 水辺/waterside, 河川/river, 花生息菌/floricolous fungus, 草地/grassland, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒穂菌/smut fungiA new smut fungus on a new grass: Sporisorium capillipedii-alpini (Ustilaginales) sp. nov. infecting Capillipedium alpinum (Poaceae) sp. nov., from Sichuan, China中国四川省においてイネ科草本に生じた黒穂菌を採集し、宿主と菌の双方を新種記載した。新種Sporisorium capillipedii-alpiniと同属3種を比較検討した。アブラススキ属、Botriochloa属、オニササガヤ属植物を宿主とする本属菌の検索表を掲載した。Sporisorium andropogonis-annulati / Sporisorium capillipedii-alpini★ / Sporisorium mysorense / Sporisorium sahayaiBasidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Ustilaginaceae/クロボキン科
R3-06088Phallus indusiatus – インド、東ガーツにおける新産属の記録2010Journal of Threatened Taxa2010年の論文/published in 2010, Journal of Threatened Taxa, インド/India, オリッサ州/Odisha, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, 地下生菌/hypogeous fungi, 地理的分布/geographical distribution, 子実体発達様式/fruiting body development style, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 生活環/life cycle, 腐生菌/saprobe, 腹菌類/gastromycetes, 食用きのこ/edible mushroomsPhallus indusiatus Vent. & Pers. (Basidiomycetes) – a new generic record for Eastern Ghats of Indiaインド、オリッサ州で採集されたPhallus indusiatusを報告した。本種は東ガーツ山脈から初めて報告されたスッポンタケ属菌となった。本種は従来、インドにおいてはシッキム州、マハーラーシュトラ州、北ベンガル、カルナータカ州(西ガーツ山脈)から知られていた。Phallus indusiatus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-06087ミティリニディオン目の新種Septonema lohmaniiおよびS. fasciculareの系統的位置2019Cryptogamie Mycologie2019年の論文/published in 2019, Cryptogamie Mycologie, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アリゾナ州/Arizona, ウースチー州/Usti, チェコ/Czech, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 半乾燥地域/semi-arid area, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 属概念/genus concept, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 胞子形成誘導/sporulation induction, 腐生菌/saprobeSeptonema lohmanii G. Delgado & O. koukol, sp. nov., a new species in Mytilinidiales (Dothideomycetes) and the phylogenetic position of S. fasciculare (Corda) S. Hughes米国およびチェコにおいてマツ属植物の樹皮および材にコロニーを形成した微小菌の一種を検討し、Septonema lohmaniiとして新種記載した。本種は分生子柄、分生子、および菌糸の表面に顕著な疣状装飾を有し、短い求頂性の分生子鎖を形成することなどで特徴づけられた。また、S. secedensと同定されていたMUCL 8886株を検討したところ、S. fasciculareと再同定された。Septonema fasciculare / Septonema lohmanii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱
R3-06086インド、西ベンガル州、ムルシダバード地区産のCladosporium属2新種2019International Journal of Current Research and Review2019年の論文/published in 2019, International Journal of Current Research and Review, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, チョウマメ属/Clitoria, フェノロジー/phenology, フヨウ属/Hibiscus, マメ科/Fabaceae, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 西ベンガル州/West Bengal, 観賞植物/ornamental plant, 降水量/precipitationTwo New Cladosporium Species from Murshidabad District, West Bengal, Indiaインド、西ベンガル州においてチョウマメおよびフヨウの罹病葉に生じた菌を検討し、それぞれCladosporium clitoriae、C. murshidabadenseとして新種記載した。Cladosporium属菌のマメ科およびアオイ科における発生記録はなく、両新種が初の例となった。両種は冬の数か月から春および初夏にかけて大量に発生し、重度の病害を引き起こして宿主の生長を妨げることが示された。Cladosporium clitoriae★ / Cladosporium murshidabadense★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Cladosporiaceae/クラドスポリウム科
R3-06085中国南部においてバナバから分離されたクリフォネクトリア科の新属2017Plant Pathology2017年の論文/published in 2017, Plant Pathology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, サルスベリ属/Lagerstroemia, フトモモ科/Myrtaceae, ミソハギ科/Lythraceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 凍結切片/frozen section, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地理的起源/geographical origin, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 広東省/Guangdong, 庭園/garden, 接種試験/inoculation test, 新属提唱/new genus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 海南省/Hainan, 潰瘍病/canker, 移入種/alien species, 統計解析/statistical analysis, 胴枯病/dogare-byo (canker), 観賞植物/ornamental plantA new genus of Cryphonectriaceae isolated from Lagerstroemia speciosa in southern China中国広東省および海南省においてバナバ(オオバナスルスベリ)に胴枯病を引き起こした菌を検討し、新属新種Chrysomorbus lagerstroemiaeとして記載した。本種は無性世代のみが観察され、分生子果が橙色で球形~凸形で頸部を欠き、分生子形成細胞がフラスコ形または円筒形で先細りになり、分生子が無色卵形~紡錘状単細胞であることなどで特徴づけられた。本種の病原力は接種試験で確かめられ、また本種がユーカリ属植物にも感染可能であることが示された。Chrysomorbus lagerstroemiae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Cryphonectriaceae/クリフォネクトリア科
R3-06084中国においてRosa chinensisの茎枯病を引き起こす新種Neopestalotiopsis rosicolaMycotaxonMycotaxon, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, コッホの原則/Koch_s postulation, バラ属/Rosa, バラ科/Rosaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 江蘇省/Jiangsu, 潰瘍病/canker, 茎枯病/stem blight, 観賞植物/ornamental plantNeopestalotiopsis rosicola sp. nov. causing stem canker of Rosa chinensis in China中国江蘇省においてRosa chinensisに病害を引き起こした菌を検討し、Neopestalotiopsis rosicolaとして新種記載した。本種は近縁種とは分生子頂部の付属糸の数および長さなどが異なっていた。本種は中国においてバラの茎枯病を引き起こすNeopestalotiopsis属菌として初めて報告された。Neopestalotiopsis rosicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Pestalotiopsidaceae/ペスタロティプシス科
R3-06083巨大なパズルのさらなるピース:ハキリアリ類の菌園に見出されたEscovopsis属2新種2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アリの巣/ant nest, アリ科/Formicidae, クビボソキノコアリ属, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ブラジル/Brazil, マットグロッソ州/Mato Grosso, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物の巣/animal nest, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫と菌の共生関係/symbiotic relationship of insects and fungi, 昆虫の巣/insect nest, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 森林/forest, 温度適性/temperature aptitude, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 菌園/fungus garden, 菌寄生菌/mycoparasite, 走査型電子顕微鏡/SEMMore pieces to a huge puzzle: Two new Escovopsis species from fungus gardens of attine antsブラジルにおいてクビボソキノコアリ属のハキリアリの菌園から分離された2種の菌を検討し、Escovopsis clavatusおよびE. multiformisとして新種記載した。両種は分生子柄に頂嚢を有し、中心軸に膨大した領域 (swollen cells) を有し、分生子が平滑で僅かに厚壁であることなどで特徴づけられた。両種はEscovopsis属クレードの中でも最も派生的な系統に位置付けられた。Escovopsis clavatus★ / Escovopsis multiformis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目
R3-06082ベオグラードの「イェヴレモヴァツ」植物園における大型菌類の多様性2016Botanica Serbica2016年の論文/published in 2016, Botanica Serbica, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シクエストレート菌/sequestrate fungus, セルビア/Serbia, セルビア新産種/Serbia_new record, ベオグラード市, 地下生菌/hypogeous fungi, 培養性状/colony characteristics, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 幻覚きのこ/magic mushrooms, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 毒きのこ/poisonous mushroom, 温室/greenhouse, 温帯域/temperate zone, 生物多様性調査/biodiversity survey, 移入種/alien species, 腐生菌/saprobe, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薬用きのこ/medicinal mushrooms, 食用きのこ/edible mushroomsDiversity of macromycetes in the Botanical Garden “Jevremovac” in Belgradeセルビア、ベオグラード(イェヴレモヴァツ)植物園の屋外および温室内において大型菌類の調査を実施し、124種を記録した。そのうち担子菌門が113種、腐生菌が81.5%、材生息菌が45.2%であり、食用、有毒、幻覚性、薬用きのこも含まれた。22種をセルビア新産種として報告した。Agaricus impudicus■ / Antrodia malicola■ / Antrodia pulvinascens■ / Cheilymenia granulata■ / Crepidotus bresadolae■ / Crustomyces subabruptus■ / Flammulina fennae■ / Gloeocystidiellum leucoxanthum■ / Granulobasidium vellereum■ / Helicobasidium purpureum■ / Leucoagaricus rubrotinctus■ / Leucocoprinus birnbaumii■ / Leucocoprinus brebissonii■ / Marasmius epodius■ / Mycoacia fuscoatra■ / Odontia fibrosa■ / Psathyrella rostellata■ / Psilocybe cubensis■ / Schizophyllum radiatum■ / Sistotrema coroniferum■ / Subulicystidium longisporum■ / Trechispora stellulata■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科_Polyporales/タマチョレイタケ目_Fomitopsidaceae/ツガサルノコシカケ科_Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Inocybaceae/アセタケ科_Cystostereaceae/シストステレウム科_Physalacriaceae/タマバリタケ科_Russulales/ベニタケ目_Gloeocystidiellaceae/グレオシスチディエルム科_Cyphellaceae/フウリンタケ科_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Helicobasidiales/ヘリコバシディウム目_Helicobasidiaceae/ヘリコバシディウム科_Marasmiaceae/ホウライタケ科_Meruliaceae/シワタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Strophariaceae/モエギタケ科_Schizophyllaceae/スエヒロタケ科_Cantharellales/アンズタケ目_Hydnaceae/ハリタケ科_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-06081プルビン酸誘導体を欠くコガネゴケ科の新規単型属、Galbinothrix2018Plant and Fungal Systematics2018年の論文/published in 2018, Plant and Fungal Systematics, ウスニン酸類/usnic acids, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, トネリコ属/Fraxinus, ハンノキ属/Alnus, ブナ科/Fagaceae, ベンゾフラン類/benzofurans, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, モミ属/Abies, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 北海道/Hokkaido, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 山梨県/Yamanashi, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 日本/Japan, 栃木県/Tochigi, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 水辺/waterside, 江原道/Kangwon-do, 河川/river, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 群馬県/Gunma, 蓚酸カルシウム/calcium oxalate, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 長野県/Nagano, 韓国/South Korea, 高性能薄層クロマトグラフィー/high-performance thin-layer chromatographyGalbinothrix, a new monotypic genus of Chrysotrichaceae (Arthoniomycetes) lacking pulvinic acid derivatives日本および韓国において落葉樹に生じた地衣の一種を検討し、新属新種Galbinothrix caesiopruinosaとして記載した。本種は地衣体が亀裂状~小区画状の痂状でプルビン酸誘導体を含まず、子嚢が狭棍棒形からほぼ管状、子嚢胞子が大型の長楕円形で厚壁であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でコガネゴケ科クレードに含まれ、他属とは子嚢や子嚢胞子の形態などが異なっていた。Galbinothrix caesiopruinosa★
R3-06080アルナーチャル・外ヒマラヤのシワリク・フォレストにおいて葉圏に生じたPhomites属2新種2018Journal of Mycopathological Research2018年の論文/published in 2018, Amherstia属, Journal of Mycopathological Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルナーチャル・プラデーシュ州/Arunachal Pradesh, インド/India, オオバギ属/Macaranga, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, ヒマラヤ山脈/Himalayas, マメ科/Fabaceae, 共進化/coevolution, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 化石菌類/fossil fungi, 山地/mountains, 新生代/Cenozoic, 新種記載/new species, 更新世, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 鮮新世Two new species of Phomites Fritel from the phyllosphere of Siwalik forest of Arunachal sub-Himalayaインド、アッパー・シワリクの被子植物葉化石(鮮新世後期~更新世初期)に見出された2種の菌を検討し、Phomites arunachalensisおよびP. macarangensisとして新種記載した。前者はAmherstia属、後者はオオバギ属植物の葉に生じていたとみられた。両種は分生子殻のサイズおよび形状などが互いに異なっていた。Phomites arunachalensis★ / Phomites macarangensis★
R3-06079Asperisporium属およびPantospora属:エピタイプ指定および系統的位置2011Persoonia2011年の論文/published in 2011, Guazuma属, Persoonia, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エピタイプ指定/epitype designation, シノニム/synonym, シンネマ形成菌/synnematous fungus, スペルマチア/spermatia, タイプスタディ/type study, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, パパイヤ属/Carica, パパイヤ科/Caricaceae, ブラジル/Brazil, メキシコ/Mexico, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新産種報告/new record, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物検疫/plant quarantine, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子形成誘導/sporulation induction, 黒星病/black spotAsperisporium and Pantospora (Mycosphaerellaceae): epitypifications and phylogenetic placement植物病原菌のアナモルフ属であるAsperisporium属およびPantospora属の基準種を再検討した。両種について、生きた菌株とDNA配列データに関連付けたエピタイプ標本を指定し、後者をメキシコから初めて報告した。分子系統解析の結果、A. caricaeはPassalora属菌に近縁であり、P. guazumaeはマイコスフェレラ科クレードにおいて独自の系統を形成した。Asperisporium caricae / Pantospora guazumae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06078マレーシアの泥炭湿地林に産した気中水生菌の新属新種Polyancora globosa2006Mycological Research2006年の論文/published in 2006, Mycological Research, pH(水質)/pH (water), TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, パハン州/Pahang, ピートボグ/peat bog, マレーシア/Malaysia, リター菌/litter fungi, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 分類未確定/classification undetermined, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 森林/forest, 気中水生菌/aero-aquatic fungi, 気温/temperature, 水温/water temperature, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水質分析/water quality analysis, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 淡水域/freshwater, 湿地帯/wetland, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 発芽率/germination rate, 胞子の発芽/germination of spores, 走査型電子顕微鏡/SEM, 難培養性菌/uncultured fungiPolyancora globosa gen. sp. nov., an aeroaquatic fungus from Malaysian peat swamp forestsマレーシア、パハン州の泥炭湿地林において沈んだ葉に生じた気中水生菌の一種を検討し、新属新種Polyancora globosaとして記載した。本種は多細胞からなり、最も外側の細胞が錨状の独特の分生子を形成し、それは内部に効率的に空気を閉じ込める構造となっていた。本種は分子系統解析でクロサイワイタケ目クレードに含まれたが、科レベルの分類は不明確であった。Polyancora globosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目
R3-06077インドネシア産の新種、Amaurodon sumatranus2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, UNITE, インドネシア/Indonesia, タイプスタディ/type study, ピートボグ/peat bog, リアウ州/Riau, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 栄養摂取様式/nutrition style, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 湿地帯/wetland, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 菌根菌/mycorrhizal fungiAmaurodon sumatranus (Thelephorales, Basidiomycota), a new species from Indonesiaインドネシア、スマトラ島の泥炭湿地林で採集された菌を検討し、Amaurodon sumatranusとして新種記載した。本種は子実体が背着生のイボタケ型で、子実層托がターコイズ~緑色の針状、担子胞子が広楕円形疣状であることなどで特徴づけられた。本種は熱帯アジアから初めて報告されたAmaurodon属菌となった。Amaurodon sumatranus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Thelephorales/イボタケ目_Thelephoraceae/イボタケ科
R3-06076ロシア、北東コーカサス、インナー・マウンテン・ダゲスタン、グニブ高原における地衣類相2013Turkish Journal of Botany2013年の論文/published in 2013, Circinaria属, Dirina属, Turkish Journal of Botany, アオイ科/Malvaceae, アオキノリ属/Leptogium, アジア新産種/Asia_new record, アナイボゴケ属/Verrucaria, アナイボゴケ科/Verrucariaceae, イワノリ科/Collemataceae, ウメノキゴケ科/Parmeliaceae, カイガラゴケ科/Psoraceae, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, カラクサゴケ属/Parmelia, カラタチゴケ科/Ramalinaceae, クボミゴケ属/Aspicilia, クボミスミイボゴケ属/Diplotomma, クマシデ属/Carpinus, クロウラムカデゴケ属/Phaeophyscia, サクラ属/Prunus, サルオガセ属/Usnea, サルオガセ科/Usneaceae, シナノキ属/Tilia, スミイボゴケ属/Buellia, ダゲスタン共和国, チャシブゴケ属/Lecanora, チャシブゴケ科/Lecanoraceae, ツメゴケ属/Peltigera, ツメゴケ科/Peltigeraceae, ナシ属/Pyrus, ニセザクロゴケ属/Ramboldia, バラ科/Rosaceae, ヒノキ科/Cupressaceae, ヒメキウメノキゴケ属/Flavopunctelia, ビャクシン属/Juniperus, ピンゴケ科/Caliciaceae, フジカワゴケ属/Toninia, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムカデゴケ属/Physcia, ムカデゴケ科/Physciaceae, メガスポラ科/Megasporaceae, ヤイトゴケ属/Solorina, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマヒコノリ属/Evernia, リトマスゴケ科/Roccelaceae, ロシア/Russia, ロシア新産種/Russia_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜高山帯/subalpine zone, 呈色反応/chemical reaction, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 指標種/indicator species, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 樹状地衣/fruticose lichen, 気温/temperature, 水辺/waterside, 河川/river, 湿度/humidity, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 石灰質土壌/calcareous soil, 稀産種/rare species, 草地/grassland, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation, 高山帯/alpine region, 鱗片状地衣/squamulose lichenThe lichen flora of Gunib plateau, inner-mountain Dagestan (North-East Caucasus, Russia)ロシア、ダゲスタン共和国のグニブ高原において地衣類の調査を実施し、地衣類402種、地衣生菌37種、非地衣7種を報告した。そのうち19種がロシア新産種であった。また、アジア新産種として15分類群、コーカサス新産種として71分類群をそれぞれ報告した。Abrothallus chrysanthus■ / Abrothallus microspermus■ / Agonimia allobata■ / Anisomeridium polypori■ / Arthonia apotheciorum■ / Arthonia epiphyscia■ / Arthonia hertelii■ / Arthonia peltigerina■ / Arthonia phaeophysciae■ / Arthonia subfuscicola■ / Bacidina chloroticula■ / Bagliettoa baldensis■ / Buellia epigaea■ / Caloplaca albopruinosa■ / Caloplaca lenae■ / Caloplaca marmorata■ / Caloplaca sinapisperma■ / Caloplaca trachyphylla■ / Candelariella efflorescens■ / Candelariella plumbea■ / Candelariella rhodax■ / Catillaria erysiboides■ / Chaenotheca xyloxena■ / Cladonia farinacea■ / Cladonia firma■ / Cladonia magyarica■ / Cladonia norvegica■ / Cryptodiscus foveolaris■ / Dacampia engeliana■ / Elixia flexella■ / Endococcus propinquus■ / Halospora deminuta■ / Halospora discrepans■ / Heppia adglutinata■ / Heteroplacidium compactum■ / Homostegia piggotii■ / Lecanora strobilina■ / Lecidella xylophila■ / Lichenochora obscuroides■ / Lichenoconium usneae■ / Lichenostigma epipolina■ / Lichenostigma semiimmersum■ / Micarea misella■ / Milospium graphideorum■ / Mycomicrothelia atlantica■ / Nectriopsis lecanodes■ / Parabagliettoa cyanea■ / Peltigera monticola■ / Peltula bolanderi■ / Phaeosporobolus usneae■ / Physconia rossica / Placidiopsis cinerascens■ / Placidiopsis pseudocinerea■ / Placynthium garovaglioi■ / Placynthium hungaricum■ / Placynthium subradiatum■ / Placynthium tremniacum■ / Polyblastia dermatodes■ / Polycoccum bryonthae■ / Rinodina orculata■ / Rusavskia digitata■ / Sagiolechia protuberans■ / Squamarina stella-petraea■ / Staurothele bacilligera■ / Staurothele elenkinii■ / Stigmidium tabacinae■ / Strigula jamesii■ / Synalissa ramulosa■ / Syzygospora physciacearum■ / Thallinocarpon nigritellum■ / Toninia nordlandica■ / Unguiculariopsis thallophila■ / Verrucaria endocarpoides■ / Xanthoparmelia pulvinaris■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Verrucariales/アナイボゴケ目_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiales/モノブラスティア目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科_Candelariomycetidae/ロウソクゴケ亜綱_Candelariales/ロウソクゴケ目_Catillariaceae/カティラリア科_Coniocybomycetes/コニオシベ綱_Coniocybales/コニオシベ目_Coniocybaceae/コニオシベ科_Cladoniaceae/ハナゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Stictidaceae/スティクティス科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Dacampiaceae/ダカンピア科_Umbilicariomycetidae/イワタケ亜綱_Umbilicariales/イワタケ目_Elixiaceae/エリクシア科_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Phyllachorales/フィラコラ目_Phaeococcomycetaceae/フェオコッコマイセス科_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Arthopyreniaceae/アースロピレニア科_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Bionectriaceae/ビオネクトリア科_Peltigerales/ツメゴケ目_Peltigeraceae/ツメゴケ科_Peltulaceae/ペルトゥラ科_Physciaceae/ムカデゴケ科_Placynthiaceae/クロサビゴケ科_Sagiolechiaceae/サギオレキア科_Stereocaulaceae/キゴケ科_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科_Strigulales/マンジュウゴケ目_Strigulaceae/アオバゴケ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Tremellomycetes/シロキクラゲ綱_Tremellomycetidae/シロキクラゲ亜綱_Tremellales/シロキクラゲ目_Syzygosporaceae/シジゴスポラ科_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Helotiaceae/ビョウタケ科_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06075北米新産の地衣生菌、Roselliniella microthelia2007Evansia2007年の論文/published in 2007, Evansia, Trapelia属, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, ゴール/gall, チェコ/Czech, トラペリア科/Trapeliaceae, ペンシルベニア州, 北米新産種/North America_new record, 収蔵標本/stored specimen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 森林/forest, 米国/USA, 米国新産種/USA_new record, 菌寄生菌/mycoparasiteRoselliniella microthelia, a New Lichenicolous Fungus for North America米国ペンシルベニア州からRoselliniella microtheliaを北米新産種として報告した。本種は従来ヨーロッパからしか知られていなかった。本種を同じくTrapelia属地衣にゴールを誘導する2種と比較し、それらの種も含めてチェコ産の未公表の標本情報を掲載した。Roselliniella microthelia■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-06074ブラジル、カーチンガ・バイオームの半乾燥地域に産した分生子形成菌の新種、Diplococcium verruculosumおよびLobatopedis longistriatum2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, ペルナンブーコ州/Pernambuco, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 湿室法/moist chamber methodConidial fungi from the semi-arid Caatinga biome of Brazil. Diplococcium verruculosum sp. nov. and Lobatopedis longistriatum sp. nov.ブラジルで採集された2種の菌を検討し、Diplococcium verruculosumおよびLobatopedis longistriatumとして新種記載した。前者は分生子が鎖生し、淡褐色長楕円形~円筒形で小疣状、1-4隔壁を有することなどで特徴づけられた。後者は分生子が褐色~暗褐色で蠕虫形、表面に長い条線を有し、16-31隔壁を有することなどで特徴づけられた。Diplococcium verruculosum★ / Lobatopedis longistriatum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Trichosphaeriales/トリコスフェリア目_Helminthosphaeriaceae/ヘルミントスフェリア科
R3-06073イスラエル産Peniophora属菌(特にPeniophora quercinaの変異について)2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, イスラエル/Israel, イスラエル新産種/Israel_new record, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 北部地区(イスラエル)/Northern District (Israel), 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新品種記載/new forma, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 検索表/identification key, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobeThe genus Peniophora in Israel (highlighting the variability of Peniophora quercina)イスラエルからQuercus calliprinosの材に発生した新品種Peniophora quercina f. merulioidesを記載した。本品種は基本種とはシワタケ型の子実層托を有する点で異なっていた。また、P. quercinaおよびP. cinereaをイスラエル新産種として報告し、イスラエル産Peniophora属菌の検索表を掲載した。Peniophora cinerea■ / Peniophora quercina■ / Peniophora quercina★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Peniophoraceae/カワタケ科
R3-06072Rinodina degeliana:ポーランド産の見過ごされてきた樹皮生地衣2010Acta Mycologica2010年の論文/published in 2010, Acta Mycologica, アトラノリン類/atranorins, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, ゼオリン類/zeorins, トネリコ属/Fraxinus, トリテルペン類/triterpenes, ハシバミ属/Corylus, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブナ科/Fagaceae, ポーランド/Poland, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, 二次代謝産物/secondary metabolite, 保全生態学/conservation ecology, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 鱗片状地衣/squamulose lichenRinodina degeliana: a corticolous lichen species overlooked in PolandポーランドからRinodina degelianaの新規採集地を報告した。本種はほとんどの場合広葉樹の樹皮から報告されていたが、本報告は本種が材に発生した初報告となった。本種とそれに一見よく似た種を含む地衣体、粉芽塊、化学成分の比較表を掲載した。Rinodina degelianaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Physciaceae/ムカデゴケ科
R3-06071サワグルミ属植物を宿主とするJuglanconis属菌2019Mycological Progress2019年の論文/published in 2019, Mycological Progress, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イラン/Iran, エンドファイト/endophyte, オーストリア/Austria, オーストリア新産種/Austria_new record, オーバーエスターライヒ州/Oberösterreich, ギーラーン州/Gilan, クルミ科/Juglandaceae, サワグルミ属/Pterocarya, シュタイアーマルク州/Steiermark, チェコ/Czech, チェコ新産種/Czech_new record, ネオタイプ指定/neotype designation, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 中欧新産種/Central Europe_new record, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南モラヴィア州/South Moravian, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 寄生菌/parasite, 新学名提唱/new scientific name, 新産種報告/new record, 新規プライマー設計/novel primer designation, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 潰瘍病/canker, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 胴枯病/dogare-byo (canker), 表面殺菌法/surface sterilization methodThe genus Juglanconis (Diaporthales) on Pterocaryaヨーロッパおよびイラン産のJuglanconis pterocaryaeを検討し、それがその有性世代と考えられていた日本産のMelanconis pterocaryaeと別種であることを示した。後者に対して新学名Juglanconis japonicaを提唱した。J. pterocaryaeをオーストリアおよびチェコからヨーロッパ新産種として報告し、ネオタイプ標本を指定した。Juglanconis japonica◆ / Juglanconis pterocaryae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-06070アフリカ、サントメ島産のスッポンタケ属1新種2009Mycologia2009年の論文/published in 2009, Mycologia, サントメ・プリンシペ/São Tomé and Principe, シクエストレート菌/sequestrate fungus, スッポンタケ類/phalloid fungi, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 腹菌類/gastromycetesA new species of Phallus from São Tomé, Africaサントメ島で採集されたスッポンタケ類の一種を検討し、Phallus drewesiiとして新種記載した。本種は材に発生し、傘が白色網目状、偽柄が白色で表面が孔状~網目状、つぼが褐色~帯灰褐色で、菌網を欠くことなどで特徴づけられた。本種は傘表面が網目状、偽柄表面が孔状~網目状という特徴を併せ持つ初の本属菌となった。Phallus drewesii★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Phallales/スッポンタケ目_Phallaceae/スッポンタケ科
R3-06069北米産のRipartitella属に近縁な新属新種、Cercopemyces crocodilinus2014Mycologia2014年の論文/published in 2014, Cercocarpus属, Mycologia, TreeBASE, コロラド州/Colorado, バラ科/Rosaceae, ユタ州/Utah, 乾燥地域/dry area, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 稀産種/rare species, 米国/USA, 走査型電子顕微鏡/SEMCercopemyces crocodilinus, a new genus and species related to Ripartitella, is described from North America米国ユタ州、コロラド州で採集された菌を検討し、新属新種Cercopemyces crocodilinusとして記載した。本種は肉眼的にはテングタケ属に類似するが、分子系統解析でRipartitella属およびCystodermella属に近縁であった。米国東部産の稀産種、Ripartitella ponderosaを本新属に移した。Cercopemyces crocodilinus★ / Cercopemyces ponderosus▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-06068中国四川省産のPhyllostachys heterocladaに生じた新属新種Neostagonosporella sichuanensis2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, マダケ属/Phyllostachys, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 四川省/Sichuan, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新属提唱/new genus, 新種記載/new speciesNeostagonosporella sichuanensis gen. et sp. nov. (Phaeosphaeriaceae, Pleosporales) on Phyllostachys heteroclada (Poaceae) from Sichuan Province, China中国四川省において生きたPhyllostachys heterocladaの枝に生じた菌を検討し、新属新種Neostagonosporella sichuanensisとして記載した。本種は子嚢子座に複数の小室を含み、子嚢胞子が紡錘形~円筒形で直線状~屈曲状、複数の横隔壁を有すること、大分生子と小分生子を形成することなどで特徴づけられた。Neostagonosporella、Setophoma、Edeniaの各属の形態形質比較表を掲載した。Neostagonosporella sichuanensis★
R3-06067東部黒海地域に産したトルコ産チャワンタケ目菌類の追加2019Turkish Journal of Botany2019年の論文/published in 2019, Turkish Journal of Botany, ギボウシゴケ属/Grimmia, ギボウシゴケ科/Grimmiaceae, ギュミュシュハーネ県/Gümüşhane, ギレスン県/Giresun, コケ上に生える菌/fungi on moss, コケ寄生菌/bryoparasitic fungus, コケ生息菌/bryophilous fungus, コゴケ属, ゴジアオイ属/Cistus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, シッポゴケ科/Dicranaceae, センボンゴケ科/Pottiaceae, ツリバリゴケ属/Campylopus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, ハンニチバナ科/Cistaceae, バイブルト県, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic survey, 都市環境/urban environmentNew Additions to Turkish Pezizales from the Eastern Black Sea Regionトルコ、東部黒海地域の4県で調査を実施し、トルコ新産種として10種のチャワンタケ目菌類を報告した。内訳はチャワンタケ科2種、ピロネマキン科8種であった。各種について記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Genea hispidula■ / Lamprospora campylopodis■ / Lamprospora tuberculatella■ / Octospora grimmiae■ / Octospora lilacina■ / Pachyella clypeata■ / Pulvinula convexella■ / Ramsbottomia crechqueraultii■ / Terfezia cistophila■ / Trichophaea gregaria■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科_Pezizaceae/チャワンタケ科_Terfeziaceae/イモタケ科
R3-06066新属TyrannicordycepsおよびUstilaginoidea属による近縁種間および界を超えたホストジャンプ2012American journal of Botany2012年の論文/published in 2012, American journal of Botany, Mesquite, アズマザサ属/Sasaella, イネ属/Oryza, イネ科/Poaceae, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ノースカロライナ州/North Carolina, パラフィン切片/paraffin section, ホストシフト/host shift, 偽黒穂病/false smut, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 宿主の同定/identification of host, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新属提唱/new genus, 新組み合わせ提唱/new combination, 日本/Japan, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 栄養摂取様式/nutrition style, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 水田/paddy field, 石川県/Ishikawa, 祖先形質推定/ancestral character estimation, 米国/USA, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌核/sclerotium, 青森県/Aomori, 麦角病/ergotHost jumping onto close relatives and across kingdoms by Tyrannicordyceps (Clavicipitaceae) gen. nov. and Ustilaginoidea_(Clavicipitaceae).バッカクキン科菌類および麦角菌の寄生菌であるCordyceps fratricidaを対象とした形態学的検討、分子系統解析、および祖先形質推定を実施した。その結果、初めにカメムシ目昆虫に寄生したことにより、後の植物病原菌への生活様式の変化が促進されたことが示唆された。Cordyceps fratricidaなどに対して新属Tyrannicordycepsを提唱し、本種の宿主が草本から草本の病原菌へと移り変わった可能性を示した。Tyrannicordyceps clavicipiticola▲ / Tyrannicordyceps clavicipitis▲ / Tyrannicordyceps ergoticola▲ / Tyrannicordyceps fratricida▲ / Tyrannicordyceps sclerotium▲
R3-06065中国産クロボシゴケ属地衣の新種および新産種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, アトラノリン類/atranorins, カバノキ科/Betulaceae, キサントン類/xanthones, クルミ属/Juglans, クルミ科/Juglandaceae, コナラ属/Quercus, シノニム/synonym, チベット自治区/Tibet, トウヒ属/Picea, ハンノキ属/Alnus, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブナ科/Fagaceae, ペカン属/Carya, マツ科/Pinaceae, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, リケキサントン類/lichexanthones, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 四川省/Sichuan, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 横断山脈/Hengduan Mountains, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 生物多様性調査/biodiversity survey, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 雲南省/YunnanNew species and records of Pyxine (Caliciaceae) in China中国産クロボシゴケ属地衣の多様性を調査し、19種を認めた。そのうちPyxine flavicans、P. hengduanensis、およびP. yunnanensisの3種を新種記載した。他に3種を中国新産種として報告し、中国産クロボシゴケ属地衣の検索表を掲載した。Pyxine cognata■ / Pyxine flavicans★ / Pyxine hengduanensis★ / Pyxine himalayensis■ / Pyxine minuta■ / Pyxine yunnanensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Caliciales/ピンゴケ目_Caliciaceae/ピンゴケ科
R3-06064ポルトガル、コインブラの旧大聖堂において生物劣化を受けた美術品から分離された新種Aeminium ludgeri(新科アエミニア科、新属Aeminium属)2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, セントロ地方/Centro, ポルトガル/Portugal, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子形成様式/conidial ontogeny, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 塩分耐性試験/salinity tolerance test, 好アルカリ菌/alkalophilic fungus, 好稠性菌, 室内環境/indoor condition, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 新属提唱/new genus, 新科提唱/new family, 新種記載/new species, 浸透圧耐性試験/osmotic tolerance test, 生物劣化/biodeterioration, 石灰岩/limestone, 耐アルカリ性試験, 耐塩性菌/salt-tolerant fungus, 耐熱性試験/heat tolerance test, 酸耐性試験/acid resistance testDescription of Aeminiaceae fam. nov., Aeminium gen. nov. and Aeminium ludgeri sp. nov. (Capnodiales), isolated from a biodeteriorated art-piece in the Old Cathedral of Coimbra, Portugalポルトガル、コインブラの旧大聖堂において生物劣化を受けた石灰岩の美術作品に発生した微小コロニー黒色真菌を検討し、新科新属に含まれる新種Aeminium ludgeriを記載した。本種は耐熱性を欠き、耐塩性を有し、機会的な好アルカリ菌であることなどで特徴づけられた。本種はイベリア半島の石灰岩採石場における固有種である可能性も考えられた。Aeminium ludgeri★
R3-06063ロシア、スヴェルドロフスク州におけるハラタケ類の新記録2018Botanica2018年の論文/published in 2018, Botanica, アオイ科/Malvaceae, ウラル山脈/Ural Mountains, カエデ属/Acer, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, シナノキ属/Tilia, シベリア/Siberia, スヴェルドロフスク州/Sverdlovsk, セリ科/Apiaceae, ハンノキ属/Alnus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ロシア/Russia, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 保全生態学/conservation ecology, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 根圏/rhizosphere, 森林/forest, 植林地/plantation, 水辺/waterside, 河川/river, 温室/greenhouse, 球果生息菌/cones inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 砂丘/dune, 砂地/sand, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered species, 腐生菌/saprobe, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyNew records of agaricoid fungi from Sverdlovsk Region, Russiaロシア、スヴェルドロフスク州から10種のハラタケ類を新産種として報告した。そのうちCrepidotus crocophyllusなど5種をウラル新産種、Pleurotus eryngiiを西シベリア平原新産種として報告した。各種についてウラル山脈および隣接する平原地域における分布を記述した。Crepidotus crocophyllus■ / Mycena picta■ / Pleurotus eryngii■ / Pluteus fenzlii■ / Psathyrella ammophila■ / Russula aurea■ / Volvariella bombycina■ / Volvariella caesiotincta■ / Volvariella murinella■ / Volvariella pusilla■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科_Mycenaceae/クヌギタケ科_Pleurotaceae/ヒラタケ科_Pluteaceae/ウラベニガサ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06062インド産のTrachyspermi節に含まれるシンネマ形成性の新種、Talaromyces amyrossmaniaeの形態および複数遺伝子に基づく系統解析2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, シクンシ科/Combretaceae, シンネマ形成菌/synnematous fungus, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, モモタマナ属/Terminalia, リター菌/litter fungi, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 水溶性色素/water-soluble pigment, 生長速度/growth rate, 色素産生/pigment production, 酸産生/acid productionMorphology and multigene phylogeny of Talaromyces amyrossmaniae, a new synnematous species belonging to the section Trachyspermi from IndiaインドにおいてTerminalia bellericaの果実およびリターから分離された菌を検討し、Talaromyces amyrossmaniaeとして新種記載した。本種は天然基質上では鮮橙赤色~橙赤色の柄と帯灰緑色の頭部を有するシンネマを形成し、Trachyspermi節の種としては有限生長のシンネマを形成する初の種となった。本種は分生子柄が典型的には二輪生でフィアライドが針状、分生子表面が平滑または僅かに粗面であり、暗橙色~赤色の色素を産生することなどで特徴づけられた。Talaromyces amyrossmaniae★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-06061韓国において土壌および淡水から分離されたユーロチウム目菌類の4新産種2019Mycobiology2019年の論文/published in 2019, Mycobiology, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 全羅南道/Jeollanam-do, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 土壌希釈法/soil dilution method, 土壌平板法/soil plate method, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 山地/mountains, 島根県/Shimane, 希釈平板法/dilution plate method, 慶尚北道/Gyeongsangbuk-do, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 根圏/rhizosphere, 水試料/water sample, 河川/river, 淡水域/freshwater, 生長速度/growth rate, 走査型電子顕微鏡/SEM, 韓国/South Korea, 韓国新産種/South Korea_new recordNew Records of Four Species Belonging to Eurotiales from Soil and Freshwater in Korea竹島(韓国名:独島)と珍島の土壌および河川から分離されたPenicillium pasqualenseなど4種を報告した。これらの菌は韓国新産種として報告された。Talaromyces lianiの淡水からの報告は初となった。Penicillium pasqualense■ / Penicillium sanguifluum■ / Talaromyces apiculatus■ / Talaromyces liani■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科_Trichocomaceae/マユハキタケ科
R3-06060カナリア諸島産藍藻地衣(主にリキナ目)について2007Nova Hedwigia2007年の論文/published in 2007, Nova Hedwigia, カナリア諸島/Canary Islands, シノニム/synonym, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, タイプスタディ/type study, マカロネシア/Macaronesia, ヨーロッパ新産種/Europe_new record, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地上生地衣/terricolous lichen, 地理的分布/geographical distribution, 地衣上生地衣/lichenicolous lichen, 地衣類/lichen, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 稀産種/rare species, 菌寄生菌/mycoparasite, 菌類相調査/mycofloristic survey, 藍藻地衣/cyanolichen, 鱗片状地衣/squamulose lichenNotes on cyanobacterial lichens (mostly Lichinales, Ascomycota) of the Canary Islandsカナリア諸島産の藍藻地衣46種および3変種を報告した。そのうち19種および3変種がカナリア諸島における初報告であった。新組み合わせLichinella undulataを提唱した。Anema prodigulum■ / Arctomia delicatula■ / Collema coccophorum■ / Collema cristatum / Collema furfuraceum / Collema polycarpon / Collema ryssoleum / Gloeoheppia erosa / Gloeoheppia turgida / Heppia arenacea■ / Heppia conchiloba■ / Heppia despreauxii / Heppia echinulata■ / Heppia lutosa / Heppia solorinoides / Leptogium biatorinum■ / Leptogium palmatum / Lichinella algerica / Lichinella cribellifera / Lichinella iodopulchra / Lichinella nigritella / Lichinella robusta / Lichinella stipatula / Lichinella undulata▲ / Peccania arabica■ / Peccania cerebriformis / Peccania fontqueriana■ / Peccania teretiuscula■ / Peltula bolanderi■ / Peltula euploca / Peltula farinosa■ / Peltula obscurans■ / Peltula obscuratula■ / Peltula omphaliza / Peltula patellata / Peltula placodizans / Peltula radicata■ / Peltula rodriguesii■ / Phloeopeccania pulvinulina / Polychidium muscicola / Psorotichia hassei■ / Psorula rufonigra■ / Pterygiopsis canariensis / Pyrenopsis conferta■ / Pyrenopsis subareolata■ / Pyrenopsis triptococca / Spilonema revertens■ / Thyrea plicatissima■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lichinomycetes/リキナ菌綱_Lichinomycetidae/リキナ亜綱_Lichinales/リキナ目_Lichinaceae/リキナ科_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Arctomiales/アークトミア科_Arctomiaceae/アークトミア科_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Gloeoheppiaceae/グレオヘッピア科_Peltulaceae/ペルトゥラ科_Massalongiaceae/マッサロンギア科_Lecanorales/チャシブゴケ目_Psoraceae/プソラ科_Coccocarpiaceae/コッコカルピア科
R3-06059ペルーにおいてAcarospora rhabarbarinaに生じた新種Endococcus janae2008Opuscula Philolichenum2008年の論文/published in 2008, Opuscula Philolichenum, アンデス山脈/Andes, イカ県, ペルー/Peru, ホウネンゴケ属/Acarospora, ホウネンゴケ科/Acarosporaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 山地/mountains, 新種記載/new speciesEndococcus janae, a new species from Peru on Acarospora rhabarbarinaペルーにおいてAcarospora rhabarbarinaの地衣体に生じた地衣生菌の一種を検討し、Endococcus janaeとして新種記載した。本種は子嚢が4胞子性、子嚢胞子が楕円形であることなどで特徴づけられた。北米および南米産のホウネンゴケ属地衣の標本を多数検討したが、本種の発生が見られたのは1標本のみであった。Endococcus janae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Dothideales/クロイボタケ目
R3-06058インド、アンダマン諸島産のアイギアルス科子嚢菌類の新種2018Current Research in Environmental & Applied Mycology2018年の論文/published in 2018, Current Research in Environmental & Applied Mycology, アンダマン・ニコバル諸島/Andaman and Nicobar Islands, インド/India, トウ属/Calamus, パルミラヤシ属/Borassus, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腐生菌/saprobe, 難培養性菌/uncultured fungiNew Ascomycetous fungi in the family Aigialaceae from Andaman Islands, Indiaインド、アンダマン諸島においてヤシに発生した3種のFissuromaおよびNeoastrosphaeriella属菌を新種記載した。F. kavachebeejaeは子嚢子座に白色の溝を有し、F. microsporumは子嚢胞子が小型であることなどで特徴づけられた。N. alankrithabeejaeは子嚢胞子の末端が鋭く、鞘に包まれることなどで特徴づけられた。Fissuroma kavachabeejae★ / Fissuroma microsporum★ / Neoastrosphaeriella alankrithabeejae★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Aigialaceae/アイジアルス科_Ascomycota/子嚢菌門
R3-06057ブラジルの半乾燥地域に産した稀な新熱帯産の盤菌、Phillipsia olivacea2019Studies in Fungi2019年の論文/published in 2019, Studies in Fungi, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, パライバ州/Paraiba, ブラジル/Brazil, 半乾燥地域/semi-arid area, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 稀産種/rare speciesPhillipsia olivacea: an uncommon Neotropical discomycete discovered in the Brazilian semiaridブラジル、パライバ州から稀産種のPhillipsia olivaceaを報告した。本種のブラジル半乾燥地域の山地林からの報告は初となった。本種の記載文、子嚢盤の写真、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Phillipsia olivacea■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcoscyphaceae/ベニチャワンタケ科
R3-06056Melanospora属およびその類縁菌2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, コンタミ/contamination, ノースカロライナ州/North Carolina, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新属提唱/new genus, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 温度適性/temperature aptitude, 疑問種/doubtful species, 種の境界/species delimitation, 米国/USA, 胞子形成誘導/sporulation induction, 菌寄生菌/mycoparasite, 走査型電子顕微鏡/SEM, 隠蔽種/cryptic species, 難培養性菌/uncultured fungiMelanospora (Sordariomycetes, Ascomycota) and its relativesMelanospora属および関連分類群を対象とした分子系統解析を実施し、Melanospora属を子嚢果に錯綜した菌糸からなる頸部を有し、フィアライドを有する種に限定した。Dactylidispora、Echinusitheca、およびPseudomicrotheciumの3新属を提唱し、E. citrisporaを新種記載した。メラノスポラ目の属レベルの検索表、MelanosporaおよびMicrothecium属の種レベルの検索表を掲載した。Dactylidispora collipora▲ / Dactylidispora ellipsospora▲ / Dactylidispora singaporensis▲ / Echinusitheca citrispora★ / Melanospora arenaria / Melanospora caprina / Melanospora chionea / Melanospora damnosa / Melanospora lagenaria / Melanospora longisetosa / Melanospora mycoparasitica▲ / Melanospora tiffani / Melanospora verrucispora / Melanospora washingtonensis / Melanospora zamiae / Microthecium africanum▲ / Microthecium beatonii / Microthecium brevirostratum▲ / Microthecium brevirostrum▲ / Microthecium ciliatum / Microthecium compressum / Microthecium episphaerium / Microthecium fallax▲ / Microthecium fayodii▲ / Microthecium fimbriatum▲ / Microthecium fimicola▲ / Microthecium foveolatum / Microthecium fusisporum▲ / Microthecium geoporae / Microthecium hypomyces / Microthecium internum▲ / Microthecium japonicum▲ / Microthecium lenticulare▲ / Microthecium levitum / Microthecium marchicum▲ / Microthecium masonii▲ / Microthecium micropertusum▲ / Microthecium moreaui▲ / Microthecium nectrioides▲ / Microthecium pegleri▲ / Microthecium perplexum / Microthecium quadrangulatum▲ / Microthecium retisporum / Microthecium sepedonioides▲ / Microthecium tenuissimum▲ / Microthecium zobelii / Pseudomicrothecium subterraneum▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Ceratostomataceae/セラトストマ科
R3-06055タマチョレイタケ目の科レベル分類の改訂2017Fungal Biology2017年の論文/published in 2017, Fungal Biology, PolyPEET, TreeBASE, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シノニム/synonym, 保留名/conserved name, 優先権/priority, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 命名法/nomenclature, 多系統群/polyphyletic group, 寄生菌/parasite, 新科提唱/new family, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 核の挙動/behavior of nuclear, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 褐色腐朽菌/brown rot fungiA revised family-level classification of the Polyporales (Basidiomycota)PolyPEETプロジェクトで得られた分子データを用いてタマチョレイタケ目の分子系統解析を実施し、37の命名規約上合法な科名の現況を検討して本目の分類のフレームワークを提供した。18クレードに対して科名を割り当て、そのうちミダレアミタケ科 (Cerrenaceae) 、ジェラトポリア科 (Panaceae) 、カワキタケ科 (Panaceae) の3科は本研究で新たに提唱した。各科について形態形質の短い記述を掲載するとともに、全科の形態、生理、遺伝学的形質の概観をまとめた一覧表を掲載した。
R3-06054北欧から記載された多孔菌の新種、Irpex cremicolor2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, カイヌー県/Kainuu, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, タイプスタディ/type study, ヌールラン県/Nordland, ノルウェー/Norway, ハンノキ属/Alnus, フィンランド/Finland, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 北ポフヤンマー県/Northern Ostrobothnia, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 種概念/species concept, 菌類遷移/fungal successionA new polypore Irpex cremicolor described from North Europeフィンランドおよびノルウェーの老齢林で採集された多孔菌の一種を検討し、Irpex cremicolorとして新種記載した。本種はカバノキ属およびハンノキ属植物に生じ、子実体が背着生で2菌糸型、クランプが散在することなどで特徴づけられた。本新種に類似するOxyporus similisについて再記載し、しばしば同種とされるO. obducensとは別種として扱った。Irpex cremicolor★ / Oxyporus similisBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目_Schizoporaceae/アナタケ科
R3-06053Urnula campylosporaについて2013Ascomycete.org2013年の論文/published in 2013, Ascomycete.org, オーストラリア/Australia, シノニム/synonym, タスマニア州/Tasmania, ニュージーランド/New Zealand, フトモモ科/Myrtaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 山地/mountains, 材生息菌/lignicolous fungus, 複合種/species complexNotes on Urnula campylospora (Pezizales)Urnula campylosporaについて、タスマニア産およびニュージーランド産標本を用いて詳細な形態学的検討を実施した。本種の記載文、生態写真、顕微鏡的形質の写真およびスケッチなどを掲載した。本種の正確な分布範囲は現在のところ不明確であり、オーストララシアに限るべきだと考えた。Urnula campylosporaAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Sarcosomataceae/クロチャワンタケ科
R3-06052中国新産の核菌類2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, ウコギ科/Araliaceae, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, タイプスタディ/type study, トネリコ属/Fraxinus, ハシバミ属/Corylus, ハリギリ属/Kalopanax, ハンノキ属/Alnus, バラ科/Rosaceae, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, ブナ科/Fagaceae, モクセイ科/Oleaceae, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, ユーラシア新産種/Eurasia_new record, リンゴ属/Malus, 中国/China, 中国新産種/China_new record, 吉林省/Jilin, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 日本/Japan, 日本新産種/Japan_new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アジア新産種/East Asia_new record, 栃木県/Tochigi, 森林/forest, 長白山脈/Changbai Mountains, 隔離分布/disjunct distribution, 黒竜江省/HeilongjiangSome pyrenomycetous fungi new to China中国の黒竜江省および吉林省から、中国新産種として9種の核菌類を報告した。これらの種のほとんどは、従来ロシア東部のみから知られていた種であった。そのうち2種はユーラシア大陸から初の報告であり、2種は栃木県から日本新産種としても報告された。Biscogniauxia mandshurica■ / Chromendothia citrina■ / Cryptosphaeria exornata■ / Cryptosphaeria venusta■ / Daldinia gelatinoides■ / Diatrype macounii■ / Loranitschkia viticola■ / Melanconis marginalis■ / Melogramma corylina■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Graphostromataceae/グラフォストロマ科_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Cryphonectriaceae/クリフォネクトリア科_Diatrypaceae/シトネタケ科_Hypoxylaceae/アカコブタケ科_Sordariales/フンタマカビ目_Nitschkiaceae/ニチュキア科_Melanconidaceae/メラノコニス科
R3-06051米国カリフォルニア州産キツネノカラカサ類 (4):Lepiota fumosifoliaおよびL. petasiformisのタイプスタディ2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 新形質報告/new character, 新組み合わせ提唱/new combination, 森林/forest, 検索表/identification key, 沿岸域/coastal area, 生物多様性調査/biodiversity survey, 稀産種/rare species, 米国/USA, 菌類相調査/mycofloristic surveyLepiotaceous fungi in California, U.S.A. – 4. Type studies of Lepiota fumosifolia and L. petasiformis米国カリフォルニア州で採集されたLepiota fumosifoliaおよびL. petasiformisのタイプ標本を検討した。Cystolepiota fumosifolia、C. oregonensis、およびC. petasiformisの3新組み合わせを提唱した。北米西部産のCystolepiota属全種の検索表を掲載した。Cystolepiota fumosifolia▲ / Cystolepiota oregonensis▲ / Cystolepiota petasiformis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Agaricaceae/ハラタケ科
R3-06050メキシコ、タバスコ州のアグアブランカ州立公園の滝に産した水生不完全菌類2018Scientia Fungorum2018年の論文/published in 2018, Scientia Fungorum, アナモルフ菌/anamorphic fungi, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タバスコ州/Tabasco, メキシコ/Mexico, メキシコ新産種/Mexico_new record, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 淡水域/freshwater, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic surveyHongos ingoldianos de las cascadas del Parque Estatal Agua Blanca, Tabasco, Méxicoメキシコ、タバスコ州において滝の泡に見出される水生不完全菌の多様性を調査し、9種を同定した。9種全てをメキシコ新産種として報告した。本研究はメキシコにおける水生不完全菌の初調査となった。Campylospora chaetocladia■ / Diplocladiella taurina■ / Heliscus tentaculus■ / Jaculispora submersa■ / Lunulospora curvula■ / Miladina lecithina■ / Triscelophorus acuminatus■ / Triscelophorus monosporus■ / Trisulcosporium acerinum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科_Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Classiculomycetes/クラシキュラ綱_Classiculales/クラシキュラ目_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Pyronemataceae/ピロネマキン科
R3-06049ブラジル産の淡水生菌の新種、Campylospora brasiliensis2015Phytotaxa2015年の論文/published in 2015, Phytotaxa, アナモルフ菌/anamorphic fungi, サンパウロ州/São Paulo, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 新種記載/new species, 森林/forest, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestCampylospora brasiliensis, a new species of freshwater fungi from Brazilブラジルの大西洋岸熱帯雨林において水に沈んだ葉のリターに発生した菌を検討し、Campylospora brasiliensisとして新種記載した。本種はブラジルの島嶼から初めて新種記載された水生不完全菌となった。本属を含むCampylospora属菌の形質比較表を掲載した。Campylospora brasiliensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06048東アジア産のトレキスポラ目のコウヤクタケ型4新種および本目の系統について2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, イネ科/Poaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, タイ/Thailand, タケ生息菌/bambusicolous fungus, チエンラーイ県/Chiang Rai, トウ属/Calamus, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 海南省/Hainan, 熱帯域/tropics, 福建省/Fujian, 貴州省/GuizhouFour new corticioid species in Trechisporales (Basidiomycota) from East Asia and notes on phylogeny of the order中国およびタイからDextrinocystis calamicola、Subulicystidium acerosum、S. tropicum、およびTubulicium bambusicolaの4新種を記載した。Dextrinocystis属がヒドノドン科に含まれることを初めて示した。トレキスポラ目の全ての属の検索表を掲載した。Dextrinocystis calamicola★ / Subulicystidium acerosum★ / Subulicystidium tropicum★ / Tubulicium bambusicola★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Trechisporales/トレキスポラ目_Hydnodontaceae/ヒドノドン科
R3-06047メキシコ、ユカタン半島に産したシクエストレート菌の新種、Stephanospora mayana2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, Gymnopodium属, Metopium属, MycoKeys, アカミノキ属/Haematoxylum, ウルシ科/Anacardiaceae, カンペチェ州/Campeche, キンタナ・ロー州/Quintana Roo, サバンナ/savannah, シクエストレート菌/sequestrate fungus, タデ科/Polygonaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, メキシコ/Mexico, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungiStephanospora mayana (Stephanosporaceae, Russulales), a new sequestrate fungus from Yucatán Peninsula, Mexicoメキシコにおいてマツ属、アカミノキ属、Gymnopodium属、およびMetopium属植物の樹下に発生した菌を検討し、Stephanospora mayanaとして新種記載した。本種は傘が帯黄色網目状で薄く、担子胞子のサイズが様々で小型の冠を伴うことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でStephanosporaクレードIIIのサブクレードA (i) に含まれたが、同クレードのどの種よりも担子胞子が長い点などが異なっていた。Stephanospora mayana★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Stephanosporaceae/ステファノスポラ科
R3-06046ヒマワリの痩果から分離された新種、Alternaria roseogrisea2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, AFLP分析/AFLP analysis, Mycotaxon, RAPD解析/RAPD analysis, アナモルフ菌/anamorphic fungi, キク科/Asteraceae, ヒマワリ属/Helianthus, マイクロサテライト/microsatellite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分離頻度/isolation frequency, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 発生頻度/frequency of occurrence, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 米国/USA, 胞子形成様式/sporulation styleAlternaria roseogrisea, a new species from achenes of Helianthus annuus (sunflower)米国においてヒマワリの痩果から分離された菌を検討し、Alternaria roseogriseaとして新種記載した。本種は以前の調査で桃色のAlternaria sp. 2と呼ばれ、RAPD、RAMS、およびAFLP分析によりA. infectoria種群に含まれることが明らかになっていた。本種は6% NaCl-トマトジュース培地でのコロニーが帯灰桃色であり、分生子がごく小型でしばしば1-2細胞からなることなどで特徴づけられた。Alternaria roseogrisea★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Pleosporaceae/プレオスポラ科
R3-06045イタリアの遺跡地区に産した極限環境の岩石に生息する黒色真菌2016Fungal Diversity2016年の論文/published in 2016, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, サルデーニャ自治州/Sardinia, スライド培養法/slide culture method, バチカン市国, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分離頻度/isolation frequency, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 極限環境/extreme environment, 沿岸域/coastal area, 温帯域/temperate zone, 湿度/humidity, 生物劣化/biodeterioration, 生物多様性調査/biodiversity survey, 生長速度/growth rate, 発生頻度/frequency of occurrence, 石灰岩/limestone, 種内変異/intraspecific variationExtremotolerant rock inhabiting black fungi from Italian monumental sitesイタリアおよびバチカン市国の遺跡において生物劣化を引き起こす菌を調査し、岩石から分離された菌を検討した。新属新種Lithophila guttulataおよびSaxophila tyrrhenicaを記載した。また、ケートチリウム目においてKnufia属とExophiala属の計5新種を記載し、カプノディウム目においてVermiconia calcicolaおよびDevriesia sardiniaeを新種記載した。Devriesia sardiniae★ / Exophiala bonariae★ / Knufia karalitana★ / Knufia marmoricola★ / Knufia mediterranea★ / Knufia vaticanii★ / Lithophila guttulata★ / Saxophila tyrrhenica★ / Vermiconia calcicola★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Extremaceae/エクストレマス科
R3-06044菌類学的多様性の記載 (2)2019Acta Botanica Brasilica2019年の論文/published in 2019, Acta Botanica Brasilica, Eugenia属, Myracrodruon属, Spondias属, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, ウリ科/Cucurbitaceae, ウルシ科/Anacardiaceae, エピタイプ指定/epitype designation, エンドファイト/endophyte, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, スイカ属/Citrullus, タイプスタディ/type study, フトモモ科/Myrtaceae, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 南米新産種/South America_new record, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 種内変異/intraspecific variationMycological Diversity Description IIブラジルにおいてMyracrodruon urundeuvaからエンドファイトとして分離された菌を検討し、Diaporthe myracrodruonisとして新種記載した。また、Asterina mandaquiensisのエピタイプ標本を指定し、Serpula similisを新熱帯新産種として報告した。Perenniporia centrali-africanaをエンドファイトとして初めて報告するとともに厚壁胞子様構造を初めて記述し、Preussia africanaをSpondias tuberosaのエンドファイトとして報告した。Asterina mandaquiensis / Diaporthe myracrodruonis★ / Perenniporia centrali-africana / Preussia africana / Serpula similis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Asterinales/アステリナ目_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目_Diaporthaceae/ディアポルテ科_Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Boletales/イグチ目_Serpulaceae/ナミダタケ科
R3-06043屋根に生息する岩石生息菌の類縁種:光触媒反応性表面に産したメラニン化微小コロニー菌類の新種2018Life2018年の論文/published in 2018, Life, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ドイツ/Germany, ニーダーザクセン州/Niedersachsen, バイオフィルム/biofilm, マドリード州/Madrid, メラニン/melanin, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 新種記載/new species, 極限環境/extreme environment, 生物劣化/biodeterioration, 種内変異/intraspecific variationRoof-Inhabiting Cousins of Rock-Inhabiting Fungi: Novel Melanized Microcolonial Fungal Species from Photocatalytically Reactive Subaerial Surfacesドイツにおいて光触媒表面反応性素材に覆われた屋根から分離された菌を検討し、Constantinomyces oldenburgensisとして新種記載した。また、本種に近縁なスペイン産の未記載の岩石生息菌をC. patouensisとして新種記載した。本種は高度に酸化した素材表面で生長し、材料試験に利用できる可能性が考えられた。Constantinomyces oldenburgensis★ / Constantinomyces patonensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目
R3-06042新規プライマーはCercospora属の種の境界を改善する2018IMA fungus2018年の論文/published in 2018, Anubias属, DNAバーコーディング/DNA barcoding, Helminthotheca属, IMA fungus, Moluccella属, TreeBASE, アオイ科/Malvaceae, アカザ属/Chenopodium, アカザ科/Chenopodiaceae, アカバナ科/Onagraceae, アキギリ属/Salvia, アジサイ属/Hydrangea, アジサイ科/Hydrangeaceae, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アブラナ科/Cruciferae, アリタソウ属, アルダビール州/Ardabil, イケマ属, イチビ属/Abutilon, イネ科/Poaceae, イラクサ属/Urtica, イラクサ科/Urticaceae, インゲンマメ属/Phaseolus, ウリ科/Cucurbitaceae, エピタイプ指定/epitype designation, オオアザミ属, オオバコ属/Plantago, オオバコ科/Plantaginaceae, オナモミ属/Xanthium, オランダミツバ属/Apium, オリーブ属/Olea, カエデ属/Acer, カボチャ属/Cucurbita, カララシ県, ガガイモ科/Asclepiadaceae, キクニガナ属/Cichorium, キク科/Asteraceae, キダチルリソウ属/Heliotropium, キンセンカ属/Calendula, ギーラーン州/Gilan, ケイトウ属/Celosia, コウオウソウ属, サトイモ科/Araceae, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, ザンジャーン州/Zanjan, シソ科/Lamiaceae, スイカ属/Citrullus, スイバ属/Rumex, スズメノチャヒキ属/Bromus, セリ科/Apiaceae, センダングサ属/Bidens, ゼニアオイ属/Malva, ソラマメ属/Vicia, タイプスタディ/type study, タカサブロウ属, タデ科/Polygonaceae, ダイコン属, ダイズ属/Glycine, チョウセンアサガオ属/Datura, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, ツリフネソウ属/Impatiens, ツリフネソウ科/Balsaminaceae, テッポウウリ属, テンジクアオイ属/Pelargonium, ナス科/Solanaceae, ノゲシ属/Sonchus, ハナズオウ属/Cercis, ヒユ属/Amaranthus, ヒユ科/Amaranthaceae, フウチョウボク属, フウチョウボク科, フウロソウ科/Geraniaceae, フダンソウ属/Beta, フヨウ属/Hibiscus, マツヨイグサ属/Oenothera, マメグンバイナズナ属, マメ科/Fabaceae, ミカン属/Citrus, ミカン科/Rutaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, ムラサキ科/Boraginaceae, モクセイ科/Oleaceae, モロコシ属/Sorghum, ヤナギ科/Salicaceae, ヤマナラシ属/Populus, ヨモギギク属/Tanacetum, ラッカセイ属/Arachis, ルーマニア/Romania, レクトタイプ指定/lectotype designation, ワタ属/Gossypium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 多犯性菌/plurivorous fungus, 宿主特異性/host specificity, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新規プライマー設計/novel primer designation, 未記載種/undescribed species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種分化/speciation, 葉面菌/leaf surface fungi, 複合種/species complexNovel primers improve species delimitation in Cercospora8遺伝子の配列データを用いてCercospora属菌における種の境界を検討した。本属菌のDNAバーコード遺伝子候補を検討し、属全体に有効な単一の遺伝子はなかったものの、最も優れたものがgapdhであることを示した。複数の複合種における新規クレードを明らかにし、C. uwebraunianaおよびC. gamsianaの2新種を記載した。Cercospora apii / Cercospora beticola / Cercospora bizzozeriana / Cercospora flagellaris / Cercospora gamsiana★ / Cercospora plantaginis / Cercospora uwebrauniana★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Mycosphaerellaceae/マイコスフェレラ科
R3-06041アジア新産種、Xanthoparmelia pustulosa2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, アジア新産種/Asia_new record, エルズィンジャン県/Erzincan, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, 乾燥地域/dry area, 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新産種報告/new record, 気温/temperature, 湿度/humidity, 珪質岩/siliceous rocks, 草地/grassland, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 降水量/precipitation, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyXanthoparmelia pustulosa (Parmeliaceae), a lichen new to Asiaトルコ、エルズィンジャン県からアジア新産種としてXanthoparmelia pustulosaを報告した。本種は内陸の乾燥地域において草地の珪質岩に生じていた。本種の記載文を掲載した。Xanthoparmelia pustulosa■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-06040ブラジルの半乾燥地域、カーチンガ・バイオームに産した淡水生子嚢菌の新種Annulatascus apiculatus2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Mycotaxon, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, バイーア州/Bahia, ブラジル/Brazil, 半乾燥地域/semi-arid area, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 静水環境/lentic environmentAnnulatascus apiculatus sp. nov., a new freshwater ascomycete from the semi-arid Caatinga biome of Brazilブラジル、カーチンガ・バイオームにおいて小川に沈んだ材に発生した菌を検討し、Annulatascus apiculatusとして新種記載した。本種は子嚢殻が半埋生し、黒色球形で頸部を有し、子嚢が円筒形、子嚢胞子が無色で0-3隔壁を有し、ゼラチン質の鞘に包まれることなどで特徴づけられた。本種は子嚢胞子の両端に嘴状突起を有するという特徴により、全ての同属他種と区別された。Annulatascus apiculatus★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Annulatascales/アニュラタスカス目_Annulatascaceae/アニュラタスカス科
R3-06039アトラクティエラ目との系統的類縁性を有するアナモルフ菌の新属新種Basidiopycnides albertensis2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, DAPI染色/DAPI staining, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アルバータ州/Alberta, カナダ/Canada, シンネマ形成菌/synnematous fungus, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 収斂進化/convergent evolution, 坑道/gallery, 培養性状/colony characteristics, 子実体形成誘導/fruiting body induction, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 核の挙動/behavior of nuclear, 核染色/nuclear staining, 樹皮下キクイムシ/bark beetle, 生長速度/growth rate, 種内変異/intraspecific variation, 系統ネットワーク/phylogenetic network, 胞子の発芽/germination of spores, 胞子形成誘導/sporulation induction, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscopeBasidiopycnides albertensis gen. et sp. nov., a new anamorphic fungus with phylogenetic affinities in the Atractiellales (Basidiomycota)カナダ、アルバータ州においてマツ材の樹皮下キクイムシの坑道から分離された菌を検討し、新属新種Basidiopycnides albertensisとして記載した。本種は有性世代を形成せず、Graphium属のようなシンネマ類似の分生子柄を形成し、顕著なアネレーションを有することなどで特徴づけられた。詳細な形態観察および分子系統解析の結果、本種は菌糸細胞および分生子が常に二核であり、担子菌門のアトラクティエラ目に近縁であることが示された。Basidiopycnides albertensis★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Atractiellomycetes/アトラクティエラ綱_Atractiellales/アトラクティエラ目
R3-06038ヨーロッパロシア、ジグリ産のPachykytospora属1新種2007Ukrainian Botanical Journal2007年の論文/published in 2007, Ukrainian Botanical Journal, ウワミズザクラ属/Padus, サマラ州/Samara, バラ科/Rosaceae, ロシア/Russia, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobeA new Pachykytospora (Basidiomycota, Polyporales) from Zhiguli, European Russiaロシア、サマラ州の広葉樹林においてPadus aviumに生じた菌を検討し、Pachykytospora wasseriとして新種記載した。本種は担子胞子および骨格菌糸が弱いデキストリノイドであることなどで特徴づけられた。本種は近縁の2種とは孔口のサイズ、担子胞子のサイズおよび形状、骨格菌糸のデキストリノイド性などで区別された。Pachykytospora wasseri★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-06037新規セコティオイド型を含むオーストラリアおよび北米産アセタケ属菌2新種2014Botany2014年の論文/published in 2014, Allocasuarina属, Botany, DAPI染色/DAPI staining, TreeBASE, オーストラリア/Australia, カリフォルニア州/California, シクエストレート菌/sequestrate fungus, セコティオイド菌類/secotioid fungus, フトモモ科/Myrtaceae, モクマオウ科/Casuarinaceae, ユーカリ属/Eucalyptus, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 収斂進化/convergent evolution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新品種記載/new forma, 新種記載/new species, 核染色/nuclear staining, 森林/forest, 植林地/plantation, 砂地/sand, 砂質土壌/sandy soil, 種内変異/intraspecific variation, 米国/USA, 腹菌化/gastromycetization, 芝生/lawn, 草地/grassland, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscope, 西オーストラリア州/Western AustraliaTwo new species of Inocybe from Australia and North America that include novel secotioid formsオーストラリアおよび北米から、アセタケ科菌類としては2番目、3番目の例となるセコティオイドの子実体を報告した。オーストラリア産からはI. bicornisを新種記載し、セコティオイドのものはその品種secotioidesとした。北米からはI. multifoliaを新種記載し、セコティオイドのものはその品種cryptophyllaとした。Inocybe bicornis★ / Inocybe multifolia★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06036インド、ガルワール・ヒマラヤにおけるテングタケ属Amanita節の新産種2007Mycotaxon2007年の論文/published in 2007, Mycotaxon, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, コナラ属/Quercus, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ヒマーチャル・プラデーシュ州/Himachal Pradesh, ブナ科/Fagaceae, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 未記載種/undescribed species, 森林/forest, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiNew records of Amanita section Amanita from Garhwal Himalaya, Indiaインド、ガルワール・ヒマラヤからテングタケ属Amanita節の4種をインド新産種として報告した。各種について記載文および肉眼的形質、顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。4番目の種はパキスタンから報告され、暫定的に「PAK5」と呼称されているA. altipes類似種であった。Amanita concentrica■ / Amanita rubrovolvata■ / Amanita subglobosa■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-06035バングラデシュにおいてシッソノキに生じた新産種Phyllactinia dalbergiaeおよびそのアナモルフである新種Ovulariopsis sissoo2008Bangladesh Journal of Plant Pathology2008年の論文/published in 2008, Bangladesh Journal of Plant Pathology, うどんこ病/powdery mildew, ダッカ管区/Dhaka, ツルサイカチ属/Dalbergia, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, バングラデシュ/Bangladesh, バングラデシュ新産種/Bangladesh_new record, マメ科/Fabaceae, 吸器/haustorium, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生活環/life cycle, 葉面菌/leaf surface fungi, 難培養性菌/uncultured fungiNew record of Phyllactinia dalbergiae Piroz. and its anamorph Ovulariopsis sissoo sp. nov. on Dalbergia sissoo Roxb. from Bangladeshバングラデシュにおいてシッソノキの葉に生じたうどんこ病菌の一種を検討し、Ovulariopsis sissooとして新種記載した。本種はPhyllactinia dalbergiaeのアナモルフとして記載された。P. dalbergiaeは従来インド、パキスタンから知られていたが、バングラデシュからの報告は初であった。Ovulariopsis sissoo★ / Phyllactinia dalbergiae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱_Erysiphales/ウドンコカビ目_Erysiphaceae/ウドンコカビ科
R3-06034スイスにおいてムシゴケ属地衣に発生した初の地衣生コウヤクタケ属菌2018Bulletin de la Societe des Naturalistes Luxembourgeois2018年の論文/published in 2018, Bulletin de la Societe des Naturalistes Luxembourgeois, アオシモゴケ科/Icmadophilaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, シノニム/synonym, スイス/Switzerland, ムシゴケ属/Thamnolia, ヴァレー州/Valais, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 地衣生菌/lichenicolous fungus, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combinationA first lichenicolous Corticium species (Corticiaceae, Corticiales), described from Thamnolia in Switzerlandスイスにおいてムシゴケ属地衣に生じた地衣生菌の一種を検討し、Corticium silviaeとして新種記載した。本種は初の地衣生コウヤクタケ属菌であり、担子器果が淡桃色で担子器および担子胞子が比較的小型、シスチジアを欠き、菌糸にクランプを有することなどで特徴づけられた。Limonomyces属をLaetisaria属のシノニムと考え、Laetisaria buckiiなど5件の新組み合わせを提唱した。Corticium silviae★ / Laetisaria buckii▲ / Laetisaria culmigena▲ / Laetisaria marsonii▲ / Laetisaria nothofagicola▲ / Laetisaria roseipellis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Corticiales/コウヤクタケ目_Corticiaceae/コウヤクタケ科
R3-06033インド中部のサラノキ林におけるベニタケ属きのこの3記録2019International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences2019年の論文/published in 2019, International Journal of Current Microbiology and Applied Sciences, インド/India, サラノキ属/Shorea, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 毒きのこ/poisonous mushroom, 稀産種/rare species, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiThree Records of Russula Mushroom from Sal Forest of Central Indiaインド、マディヤ・プラデーシュ州のサラノキ林においてベニタケ属菌3種を採集した。Russula brevipes、R. luteotacta、およびR. silvicolaがいずれもインド中部新産種として報告された。3種はいずれもサラノキ属植物の樹下に発生し、既にインドからの報告がある種であった。Russula brevipes■ / Russula luteotacta■ / Russula silvicola■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Russulaceae/ベニタケ科
R3-06032ブラジル産の独特な2分類群:Macrocybe titansおよびMarasmius leoninus2016RMR Boll. AMER2016年の論文/published in 2016, RMR Boll. AMER, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 仮説提唱/hypothesis proposed, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 腐生菌/saprobeTwo particular taxa from Brazil: Macrocybe titans and Marasmius leoninusブラジルで採集されたMacrocybe titansおよびMarasmius leoninusを報告した。前者について、偽シスチジアの有無が異なるとされるM. pachymeresは同種か、あるいは品種または変種と考えられるとした。後者について、地理的分布に関する知見を挙げたほか、M. floricepsとは同種の可能性が高いと考えた。Macrocybe titans / Marasmius leoninusBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Catathelasmataceae/モミタケ科_Marasmiaceae/ホウライタケ科
R3-06031日本産タケ生息菌 (8):屋久島産のPseudolachnella属1新種2008Mycoscience2008年の論文/published in 2008, Mycoscience, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, タケ生息菌/bambusicolous fungus, メダケ属/Pleioblastus, リター菌/litter fungi, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 南西諸島/Nansei Islands, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 日本/Japan, 生物多様性調査/biodiversity survey, 鹿児島県/KagoshimaBambusicolous fungi in Japan (8): a new species of Pseudolachnella from Yakushima Island, southern Japan屋久島においてタケの稈に発生した菌を検討し、Pseudolachnella yakushimensisとして新種記載した。本種は分生子果が杯状で無数の黒色の剛毛に覆われ、分生子が円筒形で3隔壁および両端に2-5つの付属糸を有していた。本種は分生子のサイズや付属糸の数などに基づき同属他種と区別された。Pseudolachnella yakushimensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06030マハーラーシュトラ州、アムラーワティー地域、Sipna川に産した淡水生菌類2015International Journal of Science and Research2015年の論文/published in 2015, International Journal of Science and Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 河川/river, 流水環境/lotic environment, 淡水域/freshwaterFresh Water Fungi From Sipna River, Dist. Amravati (M.S.)インド、マハーラーシュトラ州の河川において泡を採集し、水生不完全菌を調査した。Mycoleptodiscus lateralisなど4種を報告した。これらの種はいずれもマハーラーシュトラ州新産種として報告された。Mycoleptodiscus lateralis■ / Pseudorobillarda phragmitis■ / Speiropsis scopiformis■ / Trinacrium subtile■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Magnaporthaceae/マグナポルテ科_Orbiliomycetes/オルビリアキン綱_Orbiliomycetidae/オルビリアキン亜綱_Orbiliales/オルビリアキン目_Orbiliaceae/オルビリアキン科
R3-06029バルカン半島産のAestivumクレードの黒トリュフの新種、Tuber pulchrosporum2019MycoKeys2019年の論文/published in 2019, MycoKeys, TreeBASE, アッティカ地方/Attica, イピロス地方/Epirus, カバノキ科/Betulaceae, ギリシャ/Greece, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, シクエストレート菌/sequestrate fungus, テッサリア地方/Thessaly, ブナ科/Fagaceae, ブルガリア/Bulgaria, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新種記載/new species, 東マケドニア・トラキア地方/East Macedonia and Thrace, 森林/forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 西ギリシャ地方/Ditiki Ellada, 走査型電子顕微鏡/SEM, 黒トリュフ/black truffleTuber pulchrosporum sp. nov., a black truffle of the Aestivum clade (Tuberaceae, Pezizales) from the Balkan peninsulaギリシャおよびブルガリアで採集された黒トリュフの一種を検討し、Tuber pulchrosporumとして新種記載した。本種は子嚢果が帯黄褐色~暗褐色で基部に浅い腔所を有し、子嚢が(1-)2-8胞子性、子嚢胞子が楕円形~類紡錘形で独特の装飾を有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、Aestivumクレードにおいて独自の系統を形成した。Tuber pulchrosporum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Pezizomycetes/チャワンタケ綱_Pezizomycetidae/チャワンタケ亜綱_Pezizales/チャワンタケ目_Tuberaceae/セイヨウショウロ科
R3-06028中米新産の2種、Geastrum echinulatumおよびG. rusticum2019Studies in Fungi2019年の論文/published in 2019, Studies in Fungi, エレディア州/Heredia, コスタリカ/Costa Rica, コスタリカ新産種/Costa Rica_new record, シクエストレート菌/sequestrate fungus, パナマ/Panama, パナマ新産種/Panama_new record, パナマ県/Panama (Province), リター菌/litter fungi, 中米新産種/Central America_new record, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetesGeastrum echinulatum and G. rusticum (Geastraceae, Basidiomycota) – two new records for Central AmericaコスタリカからGeastrum echinulatum、パナマからG. rusticumをそれぞれ報告した。両種はともにブラジルのみから知られており、中米からの報告は初となった。両種について記載文、生態写真、顕微鏡写真、類似種との相違点などを掲載した。Geastrum echinulatum■ / Geastrum rusticum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Phallomycetidae/スッポンタケ亜綱_Geastrales/ヒメツチグリ目_Geastraceae/ヒメツチグリ科
R3-06027トルコにおけるSclerogaster属の新産種および新規採集地2019Süleyman Demirel Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi2019年の論文/published in 2019, Süleyman Demirel Üniversitesi Fen Bilimleri Enstitüsü Dergisi, イスタンブール県/Istanbul, シクエストレート菌/sequestrate fungus, トラブゾン県/Trabzon, トルコ/Turkey, トルコ新産種/Turkey_new record, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 半地下生菌/semihypogeous fungus, 地下生菌/hypogeous fungi, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新産種報告/new record, 森林/forest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 腹菌類/gastromycetes, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 菌類相調査/mycofloristic surveyA New Record and New Localities for the Genus Sclerogaster R.Hesse in TurkeyトルコからSclerogaster candidusおよびS. compactusを報告した。前者はトラブゾン県で採集され、トルコ新産種として報告された。後者はイスタンブール県から初めて報告された。Sclerogaster candidus■ / Sclerogaster compactus■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Boletales/イグチ目_Sclerogastraceae/スクレロガスター科
R3-06026中国南西部産の昆虫病原菌の新種、Metarhizium baoshanense2018Pakistan Journal of Zoology2018年の論文/published in 2018, Pakistan Journal of Zoology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クローニング/cloning, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 森林/forest, 複合種/species complex, 釣菌法/baiting method, 雲南省/YunnanMetarhizium baoshanense sp. nov., a New Entomopathogen Fungus from Southwestern China中国雲南省で土壌から採集された昆虫病原菌の一種を検討し、Metarhizium baoshanenseとして新種記載した。本種は同じM. anisopliae複合種の近縁種とは分生子のサイズ、PDA培地におけるコロニーの色などが異なっていた。また、同地で採集されたM. indigoticumのアナモルフを初めて記録した。Metarhizium baoshanense★ / Metarhizium indigoticumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Clavicipitaceae/バッカクキン科
R3-06025ペルーにおいてマンゴーに立ち枯れ病を引き起こすLasiodiplodia属菌の系統および病原性2017Fungal Biology2017年の論文/published in 2017, Fungal Biology, GCPSR, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウルシ科/Anacardiaceae, コッホの原則/Koch_s postulation, シノニム/synonym, ピウラ県, ペルー/Peru, ペルー新産種/Peru_new record, マンゴー属/Mangifera, 乾燥地域/dry area, 優先権/priority, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 採集地マッピング/collection site mapping, 接種試験/inoculation test, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 新組み合わせ提唱/new combination, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 標本入手不可/specimen not available, 病害評価尺度/disease rating scale, 種概念/species concept, 立ち枯れ病/tachigare-byo (wilt), 表面殺菌法/surface sterilization method, 雑種形成/hybridizationPhylogeny and pathogenicity of Lasiodiplodia species associated with dieback of mango in Peruペルー、ピウラにおいてマンゴーに立ち枯れ病を引き起こすLasiodiplodia属菌の特定および病原性評価を試みた。新組み合わせLasiodiplodia laeliocattleyaeを含む5種を同定し、うち4種をペルー新産種として報告した。そのうちLasiodiplodia sp.は2種の雑種である可能性が示唆された。Lasiodiplodia exigua / Lasiodiplodia iraniensis / Lasiodiplodia laeliocattleyae▲Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06024インド、マハーラーシュトラ州、Buldhana地域産の水生菌類(2):Camylospora属2015International Journal of Science and Research2015年の論文/published in 2015, International Journal of Science and Research, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, インド新産種/India_new record, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, 新産種報告/new record, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 水試料/water sample, 淡水域/freshwaterAquatic Fungi from Buldhana District (M.S., India) – II: Genus Camylospora Ranzoniインド、マハーラーシュトラ州、Buldhana地域において淡水の泡試料から採集された3種のCamylospora属菌を報告した。そのうちC. leptosomaをインド新産種として報告した。残りの2種は調査地域における新産種であった。Campylospora chaetocladia■ / Campylospora filicladia■ / Campylospora leptosoma■Ascomycota/子嚢菌門
R3-06023インド、マハーラーシュトラ州、Buldhana地域産の水生菌類(4):子嚢菌類2015International Journal of Science and Research2015年の論文/published in 2015, International Journal of Science and Research, インド/India, インド新産種/India_new record, ガマ属/Typha, ガマ科/Typhaceae, マハーラーシュトラ州/Maharashtra, リター菌/litter fungi, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 腐生菌/saprobeAquatic Fungi from Buldhana District (M.S., India) – IV: Ascomycetesインド、マハーラーシュトラ州、Buldhana地域から5種の淡水生子嚢菌類を報告した。そのうちAniptodera inflatiascigeraをインド新産種として報告した。残りの4種はマハーラーシュトラ州新産種であった。Aniptodera inflatiascigera■ / Ascosacculus heteroguttulatus■ / Neomassariosphaeria typhicola■ / Savoryella verrucosa■ / Zopfiella karachiensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Halosphaeriaceae/ハロスフェリア科_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Amniculicolaceae/アムニクリコラ科_Savoryellales/サヴォリエラ目_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-06022ヨーロッパの老齢林に産した粉芽を有する地衣の新種、Bacidia albogranulosa2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, アディゲ共和国/Adygea, アトラノリン類/atranorins, ウクライナ/Ukraine, カエデ属/Acer, カバノキ科/Betulaceae, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, クマシデ属/Carpinus, コナラ属/Quercus, ザカルパッチャ州/Zakarpattia, チェコ/Czech, トネリコ属/Fraxinus, ニシキギ属/Euonymus, ニシキギ科/Celastraceae, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブナ属/Fagus, ブナ科/Fagaceae, プルゼニ州/Plzeň, ポドラシェ県/Podlaskie, ポーランド/Poland, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, ロシア/Russia, 不完全地衣/anamorphic lichen, 中央ボヘミア州/Central Bohemian, 二次代謝産物/secondary metabolite, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 南モラヴィア州/South Moravian, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 新種記載/new species, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyBacidia albogranulosa (Ramalinaceae, lichenized Ascomycota), a new sorediate lichen from European old-growth forestsチェコ、ポーランド、ウクライナ、およびロシアの老齢林において広葉樹の樹皮に生じた地衣の一種を検討し、Bacidia albogranulosaとして新種記載した。本種は地衣体が非常に薄く淡灰色、子器および粉子器を欠き、粉芽を有し、アトラノリンを含むことなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で、同じくアトラノリンを有する3種の同属菌と近縁であった。Bacidia albogranulosa★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-06021スペイン北部から報告されたラジアータマツの潜在的病原菌、Diplodia scrobiculata2017Phytopathologia Mediterranea2017年の論文/published in 2017, Phytopathologia Mediterranea, アナモルフ菌/anamorphic fungi, エンドファイト/endophyte, コッホの原則/Koch_s postulation, スペイン/Spain, バスク自治州/Basque Country, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 森林/forest, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹木エンドファイト/tree endophyte, 特異的PCR/specific PCR, 生長速度/growth rate, 病原力/virulence, 移入種/alien species, 表面殺菌法/surface sterilization methodDiplodia scrobiculata: a latent pathogen of Pinus radiata reported in northern Spainスペイン、バスク州のラジアータマツ植林地における枝枯病の病原菌を検討し、Diplodia scrobiculataと同定した。無症状の樹木から分離された菌株は温室条件において高い侵略力を示した。スペインにおける無症状ラジアータマツからの病原力を有する本種の報告は初となった。Diplodia scrobiculataPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06020スペインのブドウ園においてブドウのつるおよび環境試料から分離されたCadophora luteo-olivaceaおよびC. meliniiの特性2011Phytopathologia Mediterranea2011年の論文/published in 2011, Phytopathologia Mediterranea, クラスター分析/cluster analysis, コッホの原則/Koch_s postulation, スペイン/Spain, スライド培養法/slide culture method, バイオマス測定/biomass measurement, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配試験/mating test, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 材生息菌/lignicolous fungus, 果樹園/orchard, 植林地/plantation, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 温度適性/temperature aptitude, 種内変異/intraspecific variation, 統計解析/statistical analysis, 色素産生/pigment production, 表面殺菌法/surface sterilization method, 選択培地/selective mediumCharacterization of Cadophora luteo-olivacea and C. melinii isolates obtained from grapevines and environmental samples from grapevine nurseries in Spainスペインのブドウ園においてペトリ病の病徴を示したブドウから58菌株のCadophora luteo-olivaceaと3菌株のC. meliniiを得た。異なるブドウ園や生産地で得られた菌株を比較しても、両種にはほとんど種内の遺伝的変異を認めなかった。Cadophora属の全種の組み合わせについて交配試験を行ったが、有性生殖構造の形成は認めなかった。Cadophora luteo-olivacea / Cadophora meliniiAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Leotiomycetes/ズキンタケ綱_Leotiomycetidae/ズキンタケ亜綱
R3-06019遺伝子データによりイベリア半島北東部、カディ・ムシェロ自然公園におけるCortinarius puellarisの存在が明らかになった2017Butlletí Societat Micològica Valenciana2017年の論文/published in 2017, Butlletí Societat Micològica Valenciana, カタルーニャ州/Catalonia, カタルーニャ語/Catalan, カバノキ科/Betulaceae, コナラ属/Quercus, スペイン/Spain, ハシバミ属/Corylus, ピレネー山脈/Pyrenees, ブナ科/Fagaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 菌根菌/mycorrhizal fungiDades genètiques confirmen la presència de Cortinarius puellaris (Cortinariaceae, Agaricales) al Parc Natural del Cadí-Moixeró (NE Península Ibèrica)スペイン、カディ・ムシェロ自然公園からCortinarius puellarisを報告した。本種はイベリア半島新産種として報告され、本種との同定はITS配列により裏付けられた。本種はおそらくコナラ属またはハシバミ属植物と関係を持っているとみられた。Cortinarius puellaris■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-06018中国においてクスノキに生じた新種Lasiodiplodia cinnamomi2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クスノキ科/Lauraceae, ニッケイ属/Cinnamomum, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 枝枯病/branch blight, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 江蘇省/Jiangsu, 潰瘍病/cankerLasiodiplodia cinnamomi sp. nov. from Cinnamomum camphora in China中国江蘇省においてクスノキに枝枯病を引き起こした菌を検討し、Lasiodiplodia cinnamomiとして新種記載した。本種は分生子の形態が特徴的であったが、分生子果が成熟すると放出されるのでその観察は容易ではなかった。本種はL. pseudotheobromaeと姉妹群を形成したが、分生子がより小型であった。Lasiodiplodia cinnamomi★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-06017中国産の新種Gyalecta caudiospora2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 貴州省/GuizhouGyalecta caudiospora sp. nov. from China中国貴州省で採集された地衣の一種を検討し、Gyalecta caudiosporaとして新種記載した。本種は地衣体が帯緑色、子器盤が淡黄色、子嚢が8胞子性、子嚢胞子に3隔壁および長い先細りの付属糸を有することなどで特徴づけられた。中国産サラゴケ属地衣の検索表を掲載した。Gyalecta caudiospora★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Gyalectaceae/ジアレクタ科
R3-06016河口に産したツユカビ科Phytopythium属の姉妹分類群、新属Calycofera2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, クマツヅラ科/Verbenaceae, ヒルギダマシ属/Avicennia, ベリーズ/Belize, リター菌/litter fungi, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 培養性状/colony characteristics, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 水生菌/aquatic fungi, 汽水域/brackish waters, 河川/river, 沿岸域/coastal area, 海生菌/marine fungi, 胞子発達様式/spore development style, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complex, 隠蔽種/cryptic speciesCalycofera gen. nov., an estuarine sister taxon to Phytopythium, PeronosporaceaeHalophytophthora operculataに対して新属Calycoferaを提唱した。本属はPhytopythium属と姉妹群を形成したが、遊走子嚢の形状や発達様式などが異なっていた。また、本属の2番目の種として、C. operculataの隠蔽種をC. crypticaとして新種記載した。Calycofera cryptica★ / Calycofera operculata▲Oomycota/卵菌門_Peronosporales/ツユカビ目
R3-06015珪藻寄生性卵菌Lagenisma coscinodisciはミズカビ綱における初期分岐系統である2015Mycological Progress2015年の論文/published in 2015, Mycological Progress, コアミケイソウ属, コアミケイソウ科, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 卵菌類/Oomycetes, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 感染率/infection rate, 新綱提唱/new class, 水生菌/aquatic fungi, 海生菌/marine fungi, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 珪藻, 藻類寄生菌/algae parasitic fungus, 藻類生息菌/algicolous fungus, 褐藻/brown algae, 難培養性菌/uncultured fungiThe diatom parasite Lagenisma coscinodisci (Lagenismatales, Oomycota) is an early diverging lineage of the Saprolegniomycetes珪藻寄生菌Lagenisma coscinodisciの他の卵菌類との系統関係を分子系統解析により検討した。L. coscinodisciはミズカビ綱クレードの基部に位置づけられた。また、ミズカビ綱が命名規約36.1条に違反し無効であったため、本研究で改めて提唱した。Lagenisma coscinodisciOomycota/卵菌門
R3-06014ヒエノアブラムシにおけるLecanicillium longisporumの有性世代の報告2018Scientia Fungorum1F=1N, 2018年の論文/published in 2018, Melanaphis属, Scientia Fungorum, アブラムシ科/Aphididae, コリマ州/Colima, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, マイクロマニピュレーター/micromanipulator, メキシコ/Mexico, 分子同定/molecular identification, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 命名法/nomenclature, 寄生菌/parasite, 新形質報告/new character, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 生物農薬/biopesticide, 配列決定/sequencingReporte del estado sexual de Lecanicillium longisporum en Melanaphis sacchariメキシコ、コリマ州においてヒエノアブラムシに発生した菌を検討し、Lecanicillium longisporumと同定した。採集3ヶ月後に、虫体上に本菌の有性世代(子嚢殻)を認めた。本種のテレオモルフの報告は初となった。Lecanicillium longisporumAscomycota/子嚢菌門
R3-06013タイにおいてパラゴムノキの枝に生じた新種Coryneum heveanum2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, トウダイグサ科/Euphorbiaceae, パラゴムノキ属/Hevea, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 胞子の発芽/germination of sporesCoryneum heveanum sp. nov. (Coryneaceae, Diaporthales) on twigs of Para rubber in Thailandタイにおいてパラゴムノキの枝に発生した菌を検討し、Coryneum heveanumとして新種記載した。本種は分生子が屈曲する棍棒形~紡錘形で4-6つの偽隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種と形態的に類似する種および系統的に近縁な種との形質比較表を掲載した。Coryneum heveanum★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Diaporthales/ディアポルテ目
R3-06012H. macaronesicumの隠された系統である新種、Hyphoderma paramacaronesicum2018Fungal Systematics and Evolution2018年の論文/published in 2018, Banksia属, BEAST, Fungal Systematics and Evolution, GCPSR, Launaea属, Ocotea属, PlutoF, TreeBASE, UNITE, アゾレス諸島/Azores islands, ウルシ科/Anacardiaceae, カイノキ属/Pistacia, カナリア諸島/Canary Islands, キク科/Asteraceae, クスノキ科/Lauraceae, クローニング/cloning, コウヤクタケ類/corticioid fungi, ゴジアオイ属/Cistus, スペイン/Spain, タバコ属/Nicotiana, ナス科/Solanaceae, ネステッドPCR/nested PCR, ハプロタイプネットワーク/haplotype network, ハンニチバナ科/Cistaceae, ヒストグラム/histogram, ポルトガル/Portugal, マカロネシア/Macaronesia, ヤマモガシ科/Proteaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 同胞種/sibling species, 固有種/endemic species, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 移入種/alien species, 種の境界/species delimitation, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 系統ネットワーク/phylogenetic network, 統計解析/statistical analysis, 隠蔽種/cryptic speciesHyphoderma paramacaronesicum sp. nov. (Meruliaceae, Polyporales, Basidiomycota), a cryptic lineage to H. macaronesicumHyphoderma macaronesicumについて、ハプロタイプネットワークやGCPSRなどを用いて再検討した。本種が少なくとも2つの異なる種からなることを示した。そのうちの一つをH. paramacaronesicumとして新種記載した。Hyphoderma paramacaronesicum★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-06011南アフリカにおいてアカシアに菌癭を生じるRavenelia属さび菌の新規宿主関係および新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, Vachellia属, さび菌/rust fungi, クワズール・ナタール州/KwaZulu-Natal, ゴール/gall, マメ科/Fabaceae, ムプマランガ州/Mpumalanga, レーダーチャート, 主成分分析/principal component analysis, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 南アフリカ/South Africa, 収蔵標本/stored specimen, 多犯性菌/plurivorous fungus, 奇形/malformation, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 散布図/scatter plot, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新形質報告/new character, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 特異的PCR/specific PCR, 生物多様性調査/biodiversity survey, 種内変異/intraspecific variation, 種概念/species concept, 種概念の修正/species concept_emendation, 統計解析/statistical analysis, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEMNew host associations and a novel species for the gall-inducing acacia rust genus Ravenelia in South Africa南アフリカにおいてRavenelia属さび菌の調査を実施し、従来この菌の宿主として知られていなかったVachellia属(旧アカシア属)9種を新宿主として記録した。R. macowanianaとR. evansiiの宿主範囲はそれぞれ4種から9種、1種から3種に拡大した。V. xanthophloeaに発生した菌を検討し、R. xanthophloeaeとして新種記載した。Ravenelia evansii / Ravenelia macowaniana / Ravenelia xanthophloeae★Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Raveneliaceae/ラヴェネリア科
R3-06010Leightoniella zeylanensisはハナビラゴケ科に属する2018Nordic Journal of Botany2018年の論文/published in 2018, Nordic Journal of Botany, TreeBASE, コケ上に生える菌/fungi on moss, スリランカ/Sri Lanka, タイプスタディ/type study, レクトタイプ指定/lectotype designation, 共有派生形質/synapomorphy, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新形質報告/new character, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestLeightoniella zeylanensis belongs to the PannariaceaeLeightoniella zeylanensisはイワノリ科やハナビラゴケ科など様々に分類されてきたが、本種のDNA配列データを取得し、分子系統解析により系統的位置を検討した。その結果、本種がハナビラゴケ科のPhysmaクレードに含まれることが明らかになったが、当該クレード内部の系統関係は不明確であった。基礎異名Pterygium zeylanenseのレクトタイプ標本を指定した。Leightoniella zeylanensisAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Peltigerales/ツメゴケ目_Pannariaceae/ハナビラゴケ科
R3-06009マドリード、グアダラマ国立公園に産した北方産の稀産種、Inocybe bufonia2015Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid2015年の論文/published in 2015, Boletín de la Sociedad Micológica de Madrid, カバノキ属/Betula, カバノキ科/Betulaceae, コケ上に生える菌/fungi on moss, スペイン/Spain, スペイン新産種/Spain_new record, スペイン語_ポルトガル語/Spanish or Portuguese, タイプスタディ/type study, ピートボグ/peat bog, フェノロジー/phenology, マドリード州/Madrid, ヤナギ属/Salix, ヤナギ科/Salicaceae, 亜高山帯/subalpine zone, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 山地/mountains, 散布図/scatter plot, 新産種報告/new record, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 湿地帯/wetland, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 酸性土壌/acidic soilInocybe bufonia (Inocybaceae), una rara especie boreal encontrada en el Parque Nacional de la Sierra de Guadarrama (Madrid)スペイン、マドリードのグアダラマ国立公園から稀産種のInocybe bufoniaを報告した。本種は近年フィンランドおよびカナダから新種記載された北方の種であった。本種はスペインにおいては山地の非常に湿ったピートボグに発生しており、カバノキ属あるいはヤナギ属樹木と関係を持っているとみられた。Inocybe bufonia■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Inocybaceae/アセタケ科
R3-06008Trematosphaeria grisea(シノニム:Madurella grisea)ではなくNigrograna mackinnoniiがラテンアメリカにおける黒色穎粒菌腫の主な原因菌である2018Journal of Clinical Microbiology2018年の論文/published in 2018, Journal of Clinical Microbiology, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, ヒト病原菌/human pathogen, メキシコ/Mexico, 不稔菌糸/sterile mycelium, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 多系統群/polyphyletic group, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 採集地マッピング/collection site mapping, 生体組織診断/biopsy, 病原真菌/pathogenic fungi, 症例報告/case report, 臨床検体/clinical specimens, 菌腫/mycetoma, 誤同定/misidentificationNigrograna mackinnonii, Not Trematosphaeria grisea (syn., Madurella grisea), Is the Main Agent of Black Grain Eumycetoma in Latin AmericaTrematosphaeria griseaと同定されてきた菌腫の原因菌を検討し、Nigrograna mackinnoniiの誤同定が含まれることを示した。メキシコにおいて3例が当該種による菌腫を発症し、イトラコナゾール治療によりそのうち2例で臨床的改善を得た。さらに菌腫患者由来の21菌株を検討し、ラテンアメリカにおける菌腫の原因菌のほとんどが当該種であることを示した。Nigrograna mackinnoniiPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Nigrogranaceae/ニグログラナ科
R3-06007Muscodor属の系統的位置の確定およびMuscodor属1新種の記載2019Mycosphere2019年の論文/published in 2019, Mycosphere, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, エンドファイト/endophyte, グラスエンドファイト/grass-endophyte, チヂミザサ属/Oplismenus, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 表面殺菌法/surface sterilization method, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/YunnanConfirming the phylogenetic position of the genus Muscodor and the description of a new Muscodor species分子系統解析によりMuscodor属が他の近縁属と異なる独自の系統を形成することを示した。中国雲南省においてチヂミザサから分離されたエンドファイトを検討し、M. yunnanensisとして新種記載した。本新種は独自の系統を形成し、コロニーの色や菌糸体の生長様式なども近縁種と異なっていた。Muscodor yunnanensis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06006新熱帯におけるFaurelina属菌の初記録2016Mycotaxon2016年の論文/published in 2016, Mycotaxon, アメリカ大陸新産種/Americas_new record, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, カーチンガ・バイオーム/Caatinga Biome, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ヤギ属/Capra, 半乾燥地域/semi-arid area, 南米新産種/South America_new record, 新熱帯新産種/Neotropic_new record, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 糞生菌/coprophilous fungiFirst records of Faurelina in the Neotropics新熱帯新産種としてFaurelina fimigenaおよびF. hispanicaの2種を報告した。これらの菌はブラジル、カーチンガ・バイオームにおいて草食動物の糞に発生した。Faurelina属4種の検索表を掲載した。Faurelina fimigena■ / Faurelina hispanica■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Chadefaudiellaceae/シャドフォーディエラ科
R3-06005コートジボワール産のアフラトキシンを産生する新種、Aspergillus korhogoensis2017Toxins2017年の論文/published in 2017, MAT遺伝子/MAT gene, Toxins, アスペルギリン酸/aspergillic acid, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アフラトキシン/aflatoxin, イディオモルフ/idiomorph, インドール類/indoles, コートジボワール/Côte d’Ivoire, シクロピアゾン酸/cyclopiazonic acid, ピラジン類/pyrazines, ポロ州, マイコトキシン/mycotoxin, マメ科/Fabaceae, ラッカセイ属/Arachis, 二次代謝産物/secondary metabolite, 交配型/mating type, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 新種記載/new species, 新規プライマー設計/novel primer designation, 生長速度/growth rate, 種子生息菌/seed inhabiting fungus, 菌核/sclerotium, 質量分析法/mass spectrometry, 高速液体クロマトグラフィー/high performance liquid chromatographyAspergillus korhogoensis, a Novel Aflatoxin Producing Species from the Côte d’Ivoireコートジボワールにおいてピーナッツおよびピーナッツペーストの汚染に関与するコウジカビ属Flavi節菌を検討した。PreA、PreB、およびPpgA遺伝子を含む9つの遺伝子領域を用いて分子系統解析を実施し、分離された菌をAspergillus korhogoensisとして新種記載した。本種はアフラトキシンBおよびG類、アスペルギリン酸、シクロピアゾン酸などのマイコトキシンおよび二次代謝産物を産生した。Aspergillus korhogoensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Eurotiales/ユーロチウム目_Aspergillaceae/コウジカビ科
R3-06004分生子果不完全菌、Dinemasporium属2007Fungal Diversity2007年の論文/published in 2007, Chasmopodium属, Fungal Diversity, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イネ科/Poaceae, イースタン州(ガーナ)/Eastern Region (Ghana), エンジュ属/Sophora, カエデ属/Acer, ガーナ/Ghana, シエラレオネ/Sierra Leone, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ツバキ属/Camellia, ツバキ科/Theaceae, ハシドイ属/Syringa, マメ科/Fabaceae, ムクロジ科/Sapindaceae, モクセイ科/Oleaceae, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 切片/section, 南部州(シエラレオネ), 命名法/nomenclature, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 河北省/Hebei, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanDinemasporium (coelomycetes)ガーナ、シエラレオネ、および中国からDinemasporium属の計4新種を記載した。また、新組み合わせD. neottiosporioidesを提唱した。本属菌の検索表を掲載した。Dinemasporium asetulum★ / Dinemasporium decipiens / Dinemasporium fusiforme★ / Dinemasporium ligongense★ / Dinemasporium neottiosporioides▲ / Dinemasporium sinense★ / Dinemasporium strigosumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Chaetosphaeriales/ケートスフェリア目_Chaetosphaeriaceae/ケートスフェリア科
R3-06003形態および分子の研究によりインド南西部におけるスイカの炭疽病の原因菌がColletotrichum orbiculareであることが明らかになった2018International Journal of Innovative Horticulture2018年の論文/published in 2018, International Journal of Innovative Horticulture, アウトブレイク/outbreak, インド/India, ウリ科/Cucurbitaceae, カルナータカ州/Karnataka, コッホの原則/Koch_s postulation, スイカ属/Citrullus, スライド培養法/slide culture method, リニアグロース/linear growth, 付着器/appressorium, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 接種試験/inoculation test, 果実生息菌/fruit inhabiting fungus, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 炭疽病/anthracnose, 生長速度/growth rate, 畑地/farmland, 種内変異/intraspecific variation, 表面殺菌法/surface sterilization method, 複合種/species complexMorphological and molecular studies reveal that Colletotrichum orbiculare is the causative agent of anthracnose of watermelon in South West Indiaインド、カルナータカ州において発生したスイカの炭疽病のアウトブレイクの原因菌を検討した。形態学的検討および分子系統解析の結果を基に、病原菌をColletotrichum orbiculareと特定した。果実および葉に対する接種試験を実施して病原性を確かめた。Colletotrichum orbiculareAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Glomerellales/グロメレラ目_Glomerellaceae/グロメレラ科
R3-06002フェノスカンジア新産の被果地衣類2種、Anisomeridium viridescensおよびArthopyrenia callunae2018Graphis Scripta2018年の論文/published in 2018, Graphis Scripta, カバノキ科/Betulaceae, ギョリュウモドキ属, ツツジ科/Ericaceae, ノルウェー/Norway, ノルウェー新産種/Norway_new record, ハシバミ属/Corylus, ホルダラン県/Hordaland, 亜寒帯域/subarctic, 亜寒帯林/boreal forest, 呈色反応/chemical reaction, 地衣類/lichen, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹上生地衣/lignicolous or corticolous lichen, 温帯域/temperate zone, 温帯林/temperate forest, 温帯雨林/temperate rainforest, 痂状地衣/crustose lichen, 被果地衣類/pyrenocarpous lichenAnisomeridium viridescens and Arthopyrenia callunae, two pyrenolichens new to Fennoscandiaノルウェーの森林からAnisomeridium viridescensおよびArthopyrenia callunaeの2種をフェノスカンジア新産種として報告した。前者はセイヨウハシバミ、後者はギョリュウモドキの樹皮にそれぞれ発生していた。両種の記載文、生態写真、顕微鏡写真などを掲載した。Anisomeridium viridescens■ / Arthopyrenia callunae■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Monoblastiales/モノブラスティア目_Monoblastiaceae/モノブラスティア科_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Arthopyreniaceae/アースロピレニア科
R3-06001Cryptophiale属、Cryptophialoidea属、Nawawia属、新属Neonawawia属、およびPhialosporostilbe属の系統的位置2018Mycosphere2018年の論文/published in 2018, Mycosphere, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, クラビー県/Krabi, シンネマ形成菌/synnematous fungus, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, トラート県/Trat, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 貴州省/GuizhouPhylogenetic placement of Cryptophiale, Cryptophialoidea, Nawawia, Neonawawia gen. nov. and Phialosporostilbe中国およびタイにおいて淡水に沈んだ材に発生した菌を検討し、新属Neonawawiaを含む4属の系統的位置を検討した。中国およびタイで採集された菌を検討し、Phialosporostilbe scutiformisとして新種記載した。Neonawawia malaysianaおよびPhialosporostilbe dendroideaの2新組み合わせを提唱したほか、3種を再採集して初の配列データを得た。Cryptophiale udagawae / Cryptophialoidea fasciculata / Nawawia filiformis / Neonawawia malaysiana▲ / Phialosporostilbe dendroidea▲ / Phialosporostilbe scutiformis★Ascomycota/子嚢菌門
R3-06000ベンガル湾のアンダマン諸島に産した新規寄生性微小菌類2018Species2018年の論文/published in 2018, Species, すす病/sooty mold, アナモルフ菌/anamorphic fungi, アンダマン・ニコバル諸島/Andaman and Nicobar Islands, インド/India, シクンシ属/Combretum, シクンシ科/Combretaceae, ツルウメモドキ属/Celastrus, ニシキギ科/Celastraceae, 付着器/appressorium, 切片/section, 寄生菌/parasite, 新変種記載/new variety, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 熱帯域/tropics, 生物多様性調査/biodiversity survey, 菌類相調査/mycofloristic survey, 葉面菌/leaf surface fungiNew Parasitic Micro Fungi from Andaman Islands in the Bay of Bengalアンダマン諸島からAsterostomella celasteriおよびAsterina combreti var. andamanicaを記載した。前者はツルウメモドキ属の一種の葉に生じ、他のニシキギ科植物を宿主とする近縁種とは有性世代を有さないこと、付着器が互生または片側のみに生じ、2細胞からなることなどで区別された。後者はCombretum punctatumの葉に生じ、基本種とは付着器の形態が異なっていた。Asterina combreti★ / Asterostomella celasteri★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Asterinales/アステリナ目
R3-05999岩石生菌Phialophora sessilis2006Mycotaxon2006年の論文/published in 2006, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, ロンバルディア州/Lombardia, 分子同定/molecular identification, 培養性状/colony characteristics, 岩石生菌類/saxicolous fungus, 新産種報告/new record, 生長速度/growth rate, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 配列決定/sequencingPhialophora sessilis, a lithobiont fungusイタリアの墓地において大理石の粉から繰り返し分離されたPhialophora sessilisを報告した。本種の地中海地域からの報告は初であり、既知の分布域が南方に拡大した。ITS領域の塩基配列はタイプ由来菌株のものと100%一致した。Phialophora sessilis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Chaetothyriales/ケートチリウム目_Herpotrichiellaceae/ヘルポトリキエラ科
R3-05998形態および複数遺伝子解析を根拠とするアジア産のGeejayessia属2新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, ツゲ属/Buxus, ツゲ科/Buxaceae, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 新種記載/new species, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 河南省/Henan, 湖北省/Hubei, 生長速度/growth rateTwo new species of Geejayessia (Hypocreales) from Asia as evidenced by morphology and multi-gene analyses中国からGeejayessia clavataおよびG. sinicaの2新種、アジア初の本属菌として記載した。前者は子嚢殻が帯褐赤色~暗赤色で球形~卵状類球形、子嚢が円筒形で(4–7-)8胞子性、子嚢胞子が楕円形平滑~微細な小疣状で1隔壁を有し、大分生子を欠くことなどで特徴づけられた。後者は子嚢殻が赤色~明赤色洋梨形、球形~類球形で子嚢が棍棒形~類円筒形、子嚢胞子が楕円形で1隔壁を有し、大分生子を有することなどで特徴づけられた。Geejayessia clavata★ / Geejayessia sinica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Hypocreales/ニクザキン目_Nectriaceae/ベニアワツブタケ科
R3-05997タイ新産の熱帯産稀産種、Verrucospora vulgaris2013Chiang Mai Journal of Science2013年の論文/published in 2013, Chiang Mai Journal of Science, タイ/Thailand, タイ新産種/Thailand_new record, チエンマイ県/Chiang Mai, チエンラーイ県/Chiang Rai, 呈色反応/chemical reaction, 新産種報告/new record, 森林/forest, 稀産種/rare species, 種内変異/intraspecific variation, 胞子紋/spore print, 腐植土/humusVerrucospora vulgaris (Agaricaceae, Agaricales), a Rare Tropical Species and a New Record for Thailandタイ、チエンマイ県およびチエンラーイ県からVerrucospora vulgarisをタイ新産種として報告した。本種は稀産種であり、熱帯アフリカ以外での報告は2番目となった。本種の記載文、生態写真、肉眼的形質および顕微鏡的形質のスケッチなどを掲載した。Verrucospora vulgaris■
R3-05996大西洋岸森林の小さな都市部の保護地域で発見された特筆すべき種、Phylloporia minuta2018Phytotaxa2018年の論文/published in 2018, Doliocarpus属, Phytotaxa, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ビワモドキ科/Dilleniaceae, ブラジル/Brazil, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 大西洋岸森林/Atlantic forest, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 都市環境/urban environmentPhylloporia minuta sp. nov. (Basidiomycota, Hymenochaetales): a remarkable species discovered in a small protected urban area of Atlantic Forestブラジル都市部の保護地域においてDoliocarpus schottianusの生木の茎に発生した菌を検討し、Phylloporia minutaとして新種記載した。本種は子実体が顕著な小型で傘状、肉が黒色の線で区切られ、担子胞子が楕円形で1菌糸型であることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で独自のクレードを形成し、近縁種は幹や根など異なる基質に発生していた。Phylloporia minuta★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05995ブラジルにおいてMagnolia aff. candolleiの葉に斑点病を引き起こしたBotryosphaeria ribisの初記録2008Brazilian Journal of Microbiology2008年の論文/published in 2008, Brazilian Journal of Microbiology, ブラジル/Brazil, モクレン属/Magnolia, モクレン科/Magnoliaceae, リオデジャネイロ州/Rio de Janeiro, 凍結切片/frozen section, 切片/section, 多犯性菌/plurivorous fungus, 寄生菌/parasite, 庭園/garden, 斑点病/spot disease, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 葉枯病/leaf blotch, 観賞植物/ornamental plantFirst record of Botryosphaeria ribis associated with leaf spots on Magnolia aff. candollei in Brazilブラジル、リオデジャネイロにおいてMagnolia aff. candolleiの葉に斑点病を引き起こした菌を検討した。病原菌をBotryosphaeria ribisと同定し、ブラジルにおける本種の同宿主への発生を初めて報告した。ブラジルにおけるモクレン属植物の菌類病害全体としても初の記録となった。Botryosphaeria ribisPezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Botryosphaeriales/ボトリオスフェリア目
R3-05994イタリア新産種、Steccherinum straminellum2012Mycotaxon2012年の論文/published in 2012, Mycotaxon, イタリア/Italy, イタリア新産種/Italy_new record, コナラ属/Quercus, シチリア州/Sicily, ブナ科/Fagaceae, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 森林/forest, 稀産種/rare species, 腐生菌/saprobeSteccherinum straminellum, a new record for Italyイタリア、シチリアからSteccherinum straminellumをイタリア新産種として報告した。本種はQuercus ilexおよびQ. virgilianaに発生し、広葉樹の材における発生は初めて記録された。本種は南欧に限って分布するとみられ、シチリアにおいてはコナラ属樹木を選好するとみられた。Steccherinum straminellum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科
R3-05993ブラジル産の糞生ハラタケ目菌類2016Phytotaxa2016年の論文/published in 2016, Phytotaxa, ウシ属/Bos, ウシ科/Bovidae, ウマ属/Equus, ウマ科/Equidae, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルナンブーコ州/Pernambuco, ヤギ属/Capra, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 液化/deliquescence, 湿室法/moist chamber method, 稀産種/rare species, 糞生菌/coprophilous fungi, 胞子紋/spore print, 草地/grasslandCoprophilous Agaricales (Agaricomycetes, Basidiomycota) from Brazilブラジル、ペルナンブーコ州から糞生ハラタケ目菌類12種を報告した。そのうちBolbitius demangeiなど8種をブラジル新産種として報告した。ブラジルにおいて糞に発生したハラタケ目菌類全種の検索表を掲載した。Bolbitius demangei■ / Conocybe siliginea■ / Coprinellus angulatus■ / Coprinellus marculentus■ / Coprinopsis cinerea / Coprinopsis cothurnata■ / Coprinopsis pseudoradiata■ / Coprinopsis stercorea / Coprinopsis vermiculifer■ / Coprinus foetidellus■ / Coprinus patouillardii / Panaeolus antillarumBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Bolbitiaceae/オキナタケ科_Psathyrellaceae/ナヨタケ科_Coprinaceae/ヒトヨタケ科
R3-05992新属新種Pseudostanjehughesia aquitropicaおよび淡水環境に産した広義Sporidesmium属菌2017Mycological Progress2017年の論文/published in 2017, Mycological Progress, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, タイ/Thailand, パンガー県/Phang Nga, プラチュワップキーリーカン県/Prachuap Khiri Khan, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類未確定/classification undetermined, 単胞子分離/single spore isolation, 培養性状/colony characteristics, 属概念/genus concept, 属概念の修正/genus concept_emendation, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生不完全菌/aquatic hyphomycetes, 水生菌/aquatic fungi, 河川/river, 淡水域/freshwater, 湿室法/moist chamber method, 熱帯域/tropics, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobe, 貴州省/GuizhouPseudostanjehughesia aquitropica gen. et sp. nov. and Sporidesmium sensu lato species from freshwater habitatsタイおよび中国において川に沈んだ材に発生した菌を採集し、形態学的検討および分子系統解析を実施した。新属新種Pseudostanjehughesia aquitropicaを含む5新種を記載した。また、3種の既知種についても知見をまとめ、分生子柄が顕著に長い種を反映させるようにDistoseptispora属の概念を修正した。Distoseptispora guttulata★ / Distoseptispora multiseptata / Distoseptispora phangngaensis★ / Distoseptispora suoluoensis★ / Pseudostanjehughesia aquitropica★ / Sporidesmium gyrinomorphum★ / Sporidesmium thailandense / Sporidesmium tropicaleAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sporidesmiaceae/スポリデスミウム科
R3-05991インド産の新属新種Saksenamyces kamalii2018Mycotaxon2018年の論文/published in 2018, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, インド/India, サラノキ属/Shorea, サーコスポロイド/cercosporoid fungi, フタバガキ科/Dipterocarpaceae, マディヤ・プラデーシュ州/Madhya Pradesh, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungi, 走査型電子顕微鏡/SEM, 難培養性菌/uncultured fungiSaksenamyces kamalii gen. & sp. nov., from Indiaインド、マディヤ・プラデーシュ州においてサラノキの生葉に生じた菌を検討し、新属新種Saksenamyces kamaliiとして記載した。本種は分生子柄が未分化で、分生子形成細胞が単出芽型で塊茎状、分生子が褐色倒棍棒形嘴状で多隔壁を有することなどで特徴づけられた。本種の培養には成功しなかった。Saksenamyces kamalii★
R3-05990肺感染の2症例において気管支肺胞洗浄液から初めて分離されたAscotricha chartarum2019New Microbes and New Infections2019年の論文/published in 2019, MIC, New Microbes and New Infections, アゾール系抗真菌薬/azole antifungals, カルコフルオールホワイト/calcofluor white, ヒト病原菌/human pathogen, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 医真菌学/medical mycology, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 抗真菌薬/antifungal drug, 抗真菌薬感受性試験/antifungal susceptibility test, 抗真菌薬耐性/antifungal drug resistance, 最大生長温度/maximum growth temperature, 気管支肺胞洗浄液/bronchoalveolar lavage fluid, 水試料/water sample, 生長速度/growth rate, 症例報告/case report, 臨床検体/clinical specimens, 蛍光染色/fluorescent staining, 蛍光顕微鏡/fluorescence microscopeFirst isolation of Ascotricha chartarum from bronchoalveolar lavage of two patients with pulmonary infectionsAscotricha chartarumを肺感染の2患者(いずれも53歳男性)から初めて分離した。本種の呼吸器あるいはその他の臨床検体からの報告は初となった。本種との同定は形態形質およびITS、β-チューブリン遺伝子の塩基配列により確かめられた。Ascotricha chartarumAscomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Xylariales/クロサイワイタケ目_Xylariaceae/クロサイワイタケ科
R3-05989Seimatosporium vitisの有性型の記載2017Cryptogamie Mycologie2017年の論文/published in 2017, Cryptogamie Mycologie, イラン/Iran, イラン新産種/Iran_new record, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, ブドウ属/Vitis, ブドウ科/Vitaceae, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 培養性状/colony characteristics, 新形質報告/new character, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 東アーザルバーイジャーン州/East Azerbaijan, 種内変異/intraspecific variationDescription of the Sexual Morph of Seimatosporium vitisイランにおいてブドウに発生したSeimatosporium vitisを報告した。本種は近年イタリアから報告されたが、無性世代しか知られておらず、有性世代の報告は初となった。本報告は本種の2番目の報告であり、イランからの報告も初であった。Seimatosporium vitis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Xylariomycetidae/クロサイワイタケ亜綱_Amphisphaeriales/アンフィスフェリア目_Discosiaceae/ディスコシア科
R3-05988Neodevriesia属の分子系統、および2新種と数件の新組み合わせ2017Mycologia2017年の論文/published in 2017, Mycologia, TreeBASE, アナモルフ菌/anamorphic fungi, イチジク属/Ficus, エンドファイト/endophyte, オキツノリ属/Ahnfeltiopsis, オキツノリ科/Phyllophoraceae, クワ科/Moraceae, シオグサ属, シオグサ科, ヒメアオノリ属, ムカデノリ属, ムカデノリ科, モツキヒトエグサ科, 中国/China, 分子同定/molecular identification, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 培養性状/colony characteristics, 宿主の同定/identification of host, 山東省/Shandong, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 材生息菌/lignicolous fungus, 水生菌/aquatic fungi, 沿岸域/coastal area, 海南省/Hainan, 海生菌/marine fungi, 潮間帯/intertidal zone, 生長速度/growth rate, 紅藻/red algae, 緑藻/green algae, 藻類生息菌/algicolous fungus, 表面殺菌法/surface sterilization methodMolecular phylogeny of Neodevriesia, with two new species and several new combinations中国山東省において海藻からエンドファイトとして分離された菌を検討し、Neodevriesia cladophoraeおよびN. grateloupiaeの2新種を記載した。本報告はNeodevriesia属菌の海生菌としての初報告となった。また、Devriesia属3種をNeodevriesia属に移した。Neodevriesia cladophorae★ / Neodevriesia fici▲ / Neodevriesia fraserae▲ / Neodevriesia grateloupiae★ / Neodevriesia sardiniae▲Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Capnodiales/カプノディウム目_Neodevriesiaceae/ネオデブリエシア科
R3-05987マツ林の砂質土壌に発生したフウセンタケ類の新種Cortinarius persimilis2018Bulletin Mycologique et Botanique Dauphiné-Savoie2018年の論文/published in 2018, Bulletin Mycologique et Botanique Dauphiné-Savoie, コケ上に生える菌/fungi on moss, ジロンド県/Gironde, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, ネオタイプ指定/neotype designation, ピュイ=ド=ドーム県/Puy-de-Dôme, フランス語/French, マツ属/Pinus, マツ科/Pinaceae, ロワール=アトランティック県/Loire-Atlantique, 仮称で呼ばれてきた菌の正式記載/formal description of provisional name, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 沿岸域/coastal area, 無効学名/invalid name, 無効学名の再記載/redescription of invalid name, 砂質土壌/sandy soil, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 配列決定/sequencingCortinarius persimilis sp. nov., un nouveau cortinaire des pinèdes sablonneusesフランスにおいて海岸のマツ樹下の砂質土壌に発生した菌を検討し、Cortinarius persimilisとして新種記載した。本種はC. obtusobrunneusの品種persimilisとして暫定的に公表されていた。C. obtusobrunneusのネオタイプ標本を指定した。Cortinarius obtusobrunneus / Cortinarius persimilis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Cortinariaceae/フウセンタケ科
R3-05986ブラジル産のウメノキゴケ科の新種、Parmotrema marcellii2014Brazilian Journal of Botany2014年の論文/published in 2014, Brazilian Journal of Botany, アトラノリン類/atranorins, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, サンタカタリーナ州/Santa Catarina, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ブラジル/Brazil, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 新種記載/new species, 沿岸域/coastal area, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyParmotrema marcellii, a new species of Parmeliaceae (lichenized Ascomycota) from Brazilブラジル、サンタカタリーナ州の磯に発生した岩上生地衣の一種を検討し、Parmotrema marcelliiとして新種記載した。本種は縁部~主に亜縁部にパスチュールを形成し、上皮層が網目状~斑点状で、アトラノリンおよびサラジン酸を含むことなどで特徴づけられた。本種は同じく髄層にサラジン酸を含むブラジル南部産の同属他種とは、粉子が桿形であることなどで区別された。Parmotrema marcellii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-05985コロンビア新産種Ganoderma multiplicatumおよびその南米における分布2016Check List2016年の論文/published in 2016, Check List, コロンビア/Columbia, コロンビア新産種/Colombia_new record, ジャケツイバラ属/Caesalpinia, タイプスタディ/type study, バジェ・デル・カウカ県/Valle del Cauca, マメ科/Fabaceae, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 材生息菌/lignicolous fungus, 熱帯域/tropics, 走査型電子顕微鏡/SEMNew records of Ganoderma multiplicatum (Mont.) Pat. (Polyporales, Basidiomycota) from Colombia and its geographic distribution in South AmericaGanoderma multiplicatumをコロンビア新産種として報告した。本種はコロンビアにおいてはCaesalpinia pelthophoroidesの生木に発生していた。新熱帯における本種の分布に関する知見をまとめた。Ganoderma multiplicatum■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Ganodermataceae/マンネンタケ科
R3-05984韓国産の木材腐朽性担子菌の新種、Perenniporia koreana2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, コナラ属/Quercus, ブナ科/Fagaceae, 京畿道/Gyeonggi-do, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 山地/mountains, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 根状菌糸束/rhizomorph, 江原道/Kangwon-do, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 韓国/South KoreaPerenniporia koreana, a new wood-rotting basidiomycete from South Korea韓国京畿道および江原道で採集された菌を検討し、Perenniporia koreanaとして新種記載した。本種は子実体が背着生で淡褐色、担子胞子が無色楕円形平滑でデキストリノイドかつシアノフィリック、2菌糸型で骨格菌糸がシアノフィリックであることなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析でP. luteolaおよびP. rhizomorphaと姉妹群を形成した。Perenniporia koreana★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05983中国南部産の新種Perenniporia puerensis2017Mycotaxon2017年の論文/published in 2017, Mycotaxon, 中国/China, 亜熱帯域/subtropics, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 新種記載/new species, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 雲南省/YunnanPerenniporia puerensis sp. nov. from southern China中国雲南省で採集された多孔菌の一種を検討し、Perenniporia puerensisとして新種記載した。本種は子実体が一年生で背着生、孔口面が黄色~黄褐色で、担子胞子が類球形~卵状厚壁、骨格菌糸がシアノフィリックで淡黄色の結晶を伴うことなどで特徴づけられた。本種は同属他種とは孔口面の色や孔口のサイズ、担子胞子や骨格菌糸の形態やデキストリノイド性などが異なっていた。Perenniporia puerensis★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05982広義Perenniporia属菌の研究 – アフリカ産分類群(5):カメルーン産の新種Perenniporia alboferruginea2011Plant Ecology and Evolution2011年の論文/published in 2011, Plant Ecology and Evolution, カメルーン/Cameroon, タイプスタディ/type study, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 培養性状/colony characteristics, 宿主特異性/host specificity, 宿主選好性/host selectivity, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 材生息菌/lignicolous fungus, 東部州(カメルーン)/East Province (Cameroon), 森林/forest, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestStudies in Perenniporia s. lat. (Basidiomycota). African taxa V: Perenniporia alboferruginea sp. nov. from Cameroonカメルーン南東部で採集された菌を検討し、Perenniporia alboferrugineaとして新種記載した。本種は子実体が背着生で厚く、孔口面が純白色で縁部はさび色であり、担子胞子が小型で非デキストリノイドであることなどで特徴づけられた。ジャー生物圏保護区およびその周辺地域に産するPerenniporia属菌の検索表を掲載した。Perenniporia alboferruginea★ / Perenniporia djaensis / Perenniporia subdendrohyphidiaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Polyporaceae/タマチョレイタケ科
R3-05981Chrysoderma、Corneromyces、Dendrophysellum、Hyphoradulum、およびMycobonia属の分類学的研究2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, コウヤクタケ類/corticioid fungi, コナラ属/Quercus, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, トウヒ属/Picea, トウ属/Calamus, ハケヤシ属/Rhopalostylis, ブナ科/Fagaceae, マツ科/Pinaceae, ミズキ属/Cornus, ミズキ科/Cornaceae, ヤシ生息菌/palmicolous fungus, ヤシ科/Arecaceae, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 分類未確定/classification undetermined, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 山地/mountains, 新学名提唱/new scientific name, 新組み合わせ提唱/new combination, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 樹皮生息菌/bark inhabiting fungus, 種内変異/intraspecific variation, 腐生菌/saprobe, 誤同定/misidentificationTaxonomic studies in Chrysoderma, Corneromyces, Dendrophysellum, Hyphoradulum, and MycoboniaChrysoderma、Corneromyces、Dendrophysellum、Hyphoradulum、およびMycobonia属の8種を検討した。Vararia amurensis、Pseudolagarobasidium conspicuum、およびCorneromyces murrilliiの3件の新組み合わせを提唱した。また、Mycobonia属2種に対してPolyporus polyacanthophorusおよびP. epitheloidesの2新学名を提唱した。Chrysoderma alboluteum / Corneromyces murrillii▲ / Mycobonia winkleri / Mycothele disciformis / Polyporus epitheloides◆ / Polyporus polyacanthophorus◆ / Pseudolagarobasidium conspicuum▲ / Vararia amurensis▲Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Polyporales/タマチョレイタケ目_Meruliaceae/シワタケ科_Boletales/イグチ目_Coniophoraceae/イドタケ科_Polyporaceae/タマチョレイタケ科_Gloeophyllales/キカイガラタケ目_Gloeophyllaceae/キカイガラタケ科_Phanerochaetaceae/マクカワタケ科_Russulales/ベニタケ目_Lachnocladiaceae/ラクノクラディウム科
R3-05980テングタケ属マツカサモドキ節の興味深い種、Amanita magniverrucataの改訂2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, タイプスタディ/type study, バハ・カリフォルニア州/Baja California, メキシコ/Mexico, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新形質報告/new character, 胞子紋/spore print, 菌根菌/mycorrhizal fungiAmanita magniverrucata – revision of an interesting species of Amanita section LepidellaAmanita magniverrucataをメキシコ、バハ・カリフォルニア州から報告し、本種の改訂を実施した。本種の傘表面の外被膜は原記載および後続の文献における記述と異なり、傘肉から傘表皮を挟まずに直接生じていることが記録された。本種はマツカサモドキ節におけるどのstirpにも当てはまらない可能性があった。Amanita magniverrucataBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目
R3-05979中欧の老齢林に産した稀産種Chromosera cyanophylla、およびそのヨーロッパにおける生息地選好性2015Nova Hedwigia2015年の論文/published in 2015, Nova Hedwigia, アルプス山脈/Alps, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, チェコ/Czech, トウヒ属/Picea, フェノロジー/phenology, マツ科/Pinaceae, モミ属/Abies, 亜高山帯/subalpine zone, 保全生態学/conservation ecology, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 垂直分布/vertical distribution, 宿主選好性/host selectivity, 山地/mountains, 文献調査/literature survey, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 水辺/waterside, 河川/river, 生活環/life cycle, 稀産種/rare species, 絶滅危惧種/endangered speciesChromosera cyanophylla (Basidiomycota, Agaricales) – a rare fungus of Central European old-growth forests and its habitat preferences in Europeチェコの原生林に発生した稀産種のChromosera cyanophyllaを検討した。本種はヨーロッパにおいては、主に山地の混生老齢林において、腐朽途中~高度に腐朽したモミおよびトウヒの倒木および切株に生じていた。分子系統解析の結果、ユーラシア産と北米産の標本に顕著な差異を認めた。Chromosera cyanophyllaBasidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Tricholomataceae/キシメジ科
R3-05978ベトナム産の昆虫生菌の新種、Moelleriella pumatensis2011Mycotaxon2011年の論文/published in 2011, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ゲアン省/Nghệ An, ベトナム/Vietnam, 冬虫夏草/entomoparasitic mushrooms, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分生子果不完全菌/coelomycetes, 切片/section, 動物寄生菌/animal parasitic fungus, 動物病原菌/animal pathogen, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新種記載/new species, 昆虫寄生菌/entomoparasitic fungus, 昆虫病原菌/entomopathogenic fungus, 最大生長温度/maximum growth temperature, 最小生長温度/minimum growth temperature, 森林/forest, 温度適性/temperature aptitude, 生長速度/growth rateMoelleriella pumatensis, a new entomogenous species from Vietnamベトナム、ゲアン省の森林においてカイガラムシの仔虫に生じた病原菌の一種を検討し、Moelleriella pumatensisとして新種記載した。本種は子座を囲んで黄金色の分生子を形成することなどで特徴づけられ、有性世代は見出されなかった。本種のアナモルフはAschersonia属に類似していたが、分子系統解析の結果、Moelleriella属菌のアナモルフであることが確かめられた。Moelleriella pumatensis★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Dothideomycetidae/クロイボタケ亜綱_Myriangiales/ミリアンギウム目_Elsinoaceae/エルシノエ科
R3-05977インド、ヒマラヤ西部におけるCanomaculina属地衣の新記録2019National Academy Science Letters2019年の論文/published in 2019, National Academy Science Letters, アトラノリン類/atranorins, インド/India, インド新産種/India_new record, ウッタラーカンド州/Uttarakhand, クロマトグラム/chromatogram, サラジン酸類/salazinic acids, サリチル酸類/salicylic acids, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ヒマラヤ山脈/Himalayas, ラクトン類/lactones, 二次代謝産物/secondary metabolite, 亜熱帯域/subtropics, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 検索表/identification key, 葉状地衣/foliose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyA New Record of Canomaculina (Parmeliaceae, Ascomycota) from Western Himalaya, Indiaインド、ヒマラヤ西部で採集されたCanomaculina haitiensisをインド新産種として報告した。本種はウッタラーカンド州の亜熱帯域においてナイロンネットハウス上に生じていた。インド産Canomaculina属地衣の検索表を掲載した。Canomaculina haitiensis■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Parmeliaceae/ウメノキゴケ科
R3-05976中国産のヒメアブラススキ属植物を宿主とする新種Sporisorium spinulosum2009Mycotaxon2009年の論文/published in 2009, Mycotaxon, イネ科/Poaceae, ヒメアブラススキ属/Capillipedium, 中国/China, 寄生菌/parasite, 山地/mountains, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 花生息菌/floricolous fungus, 走査型電子顕微鏡/SEM, 雲南省/Yunnan, 黒穂菌/smut fungiSporisorium spinulosum sp. nov. (Ustilaginaceae) on Capillipedium (Poaceae) from China中国雲南省においてヒメアブラススキに生じた黒穂菌の一種を検討し、Sporisorium spinulosumとして新種記載した。本種は宿主の花序全体を破壊し、SEM下で黒穂胞子に微小で疎らな小刺を認めることなどで特徴づけられた。本種は同属の2種に類似していたが、胞子堆の位置、軸柱の形状、胞子団の有無、黒穂胞子の装飾などが異なっていた。Sporisorium spinulosum★Basidiomycota/担子菌門_Ustilaginomycetes/クロボキン綱_Ustilaginales/クロボキン目_Ustilaginaceae/クロボキン科
R3-05975新目ゼロアスペリスポリウム目およびZeloasperisporium属2新種2015Cryptogamie Mycologie2015年の論文/published in 2015, Cryptogamie Mycologie, Wrightia属, イチジク属/Ficus, キョウチクトウ科/Apocynaceae, クワ科/Moraceae, シノニム/synonym, タイ/Thailand, チエンラーイ県/Chiang Rai, リター菌/litter fungi, 優先権/priority, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 新目提唱/new order, 新種記載/new species, 新組み合わせ提唱/new combination, 栄養摂取様式/nutrition style, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 生活環/life cycle, 胞子の発芽/germination of spores, 葉面菌/leaf surface fungiZeloasperisporiales ord. nov., and two new species of Zeloasperisporiumタイ、チエンラーイ県において葉に生じたミクロチリウム科類似菌を採集し、形態学的検討および分子系統解析を実施した。Zeloasperisporium ficusicolaおよびZ. wrightiaeの2新種を記載した。Neomicrothyrium属をZeloasperisporium属のシノニムとし、新目ゼロアスペリスポリウム目を提唱した。Zeloasperisporium ficusicola★ / Zeloasperisporium siamense▲ / Zeloasperisporium wrightiae★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Zeloasperisporiaceae/ゼロアスペリスポリウム科
R3-05974新種Phaeosphaeriopsis triseptataおよびPhaeosphaeriopsis glaucopunctataの系統と形態2014Phytotaxa2014年の論文/published in 2014, Phytotaxa, イタリア/Italy, エピタイプ指定/epitype designation, エミリア=ロマーニャ州/Emilia-Romagna, クサスギカズラ科/Asparagaceae, シノニム/synonym, タイプスタディ/type study, ナギイカダ属/Ruscus, リター菌/litter fungi, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 単胞子分離/single spore isolation, 命名法/nomenclature, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 斑点病/spot disease, 新種記載/new species, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 胞子の発芽/germination of spores, 腐生菌/saprobePhylogeny and morphology of Phaeosphaeriopsis triseptata sp. nov., and Phaeosphaeriopsis glaucopunctataイタリアにおいてナギイカダに斑点病を引き起こした菌を検討し、Phaeosphaeriopsis triseptataとして新種記載した。本新種はPhaeosphaeriopsis属で唯一3隔壁の子嚢胞子を形成した。また、同所において同宿主に発生したP. glaucopunctataを検討し、本種のエピタイプ標本に指定した。Phaeosphaeria musae / Phaeosphaeriopsis glaucopunctata / Phaeosphaeriopsis triseptata★Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Dothideomycetes/クロイボタケ綱_Pleosporomycetidae/プレオスポラ亜綱_Pleosporales/プレオスポラ目_Phaeosphaeriaceae/フェオスフェリア科_Ascomycota/子嚢菌門
R3-05973形態および分子系統に基づくインド熱帯域産の新種Laccaria violaceotincta2019Phytotaxa2019年の論文/published in 2019, Phytotaxa, TreeBASE, インド/India, ケララ州/Kerala, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 外生菌根菌/ectomycorrhizal fungus, 新種記載/new species, 森林/forest, 水辺/waterside, 池沼/ponds and swamps, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 菌根菌/mycorrhizal fungi, 走査型電子顕微鏡/SEMLaccaria violaceotincta: a new species from tropical India based on morphology and molecular phylogenyインド、ケララ州で採集された菌を検討し、Laccaria violaceotinctaとして新種記載した。本種は子実体が紫色を帯び、担子器が2-4胞子性で、縁シスチジアを欠き、菌糸にクランプを有することなどで特徴づけられた。本種は分子系統解析で独自の系統を形成し、形態形質からLaccaria節またはAmethystinae節に属するとみられた。Laccaria violaceotincta★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Agaricomycetidae/ハラタケ亜綱_Agaricales/ハラタケ目_Hydnangiaceae/ヒドナンギウム科
R3-05972ブラジル産の不完全糸状菌の新種、Brachycephala exotica2015Mycotaxon2015年の論文/published in 2015, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, セアラー州/Ceará, ブラジル/Brazil, リター菌/litter fungi, 半乾燥地域/semi-arid area, 新属提唱/new genus, 新種記載/new species, 熱帯域/tropicsBrachycephala exotica, a new hyphomycete from Brazilブラジルの半乾燥地域において腐朽葉に生じた菌を検討し、新属新種Brachycephala exoticaとして記載した。本種は分生子柄が単生して蠍状に分枝し、分生子形成細胞が単出芽型で、分生子が暗色類球形で2-3隔壁および1-3本の枝を有することなどで特徴づけられた。本種の分生子柄の形状は不完全糸状菌類において独特であり、類似の形状は接合菌のケカビ科のみが有していた。Brachycephala exotica★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Sordariomycetidae/フンタマカビ亜綱_Sordariales/フンタマカビ目
R3-05971北米産Puccinia modiolae:分布および天然における宿主範囲2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, Alcea属, Herissantia属, MycoKeys, アオイ科/Malvaceae, インディアナ州/Indiana, キクノハアオイ属, サンパウロ州/São Paulo, ゼニアオイ属/Malva, タイプスタディ/type study, ブラジル/Brazil, ブラジル新産種/Brazil_new record, ペルー/Peru, ルイジアナ州/Louisiana, レクトタイプ指定/lectotype designation, 北米新産種/North America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 宿主範囲/host range, 寄生菌/parasite, 文献調査/literature survey, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 検索表/identification key, 標本入手不可/specimen not available, 特異的PCR/specific PCR, 生活環/life cycle, 短世代型生活環/microcyclic life cycle, 移入種/alien species, 米国/USAPuccinia modiolae in North America: distribution and natural host range南米から移入されたとみられたPuccinia modiolaeを北米新産種として報告した。本種の新宿主としてMalva sylvestrisおよびAlcea roseaを報告した。P. heterosporaおよびP. heterogeneaの新記録を報告し、北米産のアオイ科植物を宿主とする短世代型Puccinia属菌の検索表を掲載した。Puccinia heterogenea / Puccinia heterospora / Puccinia modiolae■Basidiomycota/担子菌門_Pucciniomycotina/サビキン亜門_Pucciniomycetes/サビキン綱_Pucciniales/サビキン目_Pucciniaceae/プクシニア科
R3-05970Fomitiporella属についての議論および南米南部におけるF. americanaの初記録2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, Austrocedrus属, Diostea属, Escallonia属, Eucryphia属, Luma属, MycoKeys, Peumus属, Tepualia属, Weinmannia属, アルゼンチン/Argentina, アルゼンチン新産種/Argentina_new record, エスカロニア科/Escalloniaceae, クスノキ科/Lauraceae, クノニア科/Cunoniaceae, クマツヅラ科/Verbenaceae, コルドバ州/Cordoba, シナクスモドキ属/Cryptocarya, チュブ州/Chubut, チリ/Chile, チリ新産種/Chile_new record, ナンキョクブナ属/Nothofagus, ナンキョクブナ科/Nothofagaceae, ニシキギ科/Celastraceae, ハリツルマサキ属/Maytenus, パタゴニア/Patagonia, ヒノキ科/Cupressaceae, ビオビオ州/Biobío, フトモモ科/Myrtaceae, モニミア科/Monimiaceae, ラ・アラウカニア州/Araucanía, ロス・ラゴス州/Los Lagos, 亜熱帯域/subtropics, 亜熱帯林/subtropical forest, 側系統群/paraphyletic group, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 分類学的再検討/taxonomic re-examination, 南米新産種/South America_new record, 地理的分布/geographical distribution, 培養性状/colony characteristics, 寄生菌/parasite, 心腐れ/heart rot, 新基質_新宿主報告/new substrate_host, 新産種報告/new record, 木材腐朽菌/wood decaying fungi, 材生息菌/lignicolous fungus, 森林/forest, 植物病原菌/plant pathogenic fungi, 白色腐朽菌/white-rot fungi, 腐生菌/saprobe, 複合種/species complexA discussion on the genus Fomitiporella (Hymenochaetaceae, Hymenochaetales) and first record of F. americana from southern South AmericaFomitiporella属の分子系統解析および形態学的・生態学的データの再検討を実施した。本属がコア・Phellinotusクレード内で側系統群を形成すること、数種が本属の基準種を含むコアグループと近縁でない可能性などを示した。従来米国南東部のコナラ属樹木における発生が知られていたF. americanaをアルゼンチンおよびチリから初めて報告し、新宿主を多数記録した。Fomitiporella americana■Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Hymenochaetales/タバコウロコタケ目
R3-05969ニカラグアにおけるさらなる地衣類の発見2011Stapfia2011年の論文/published in 2011, Stapfia, アトラノリン類/atranorins, オキセピン類/oxepins, グラナダ県(ニカラグア), スチクチン酸類/stictic acids, ドイツ語/German, ニカラグア/Nicaragua, ニカラグア新産種/Nicaragua_new record, ヒドロキシ安息香酸類/hydroxybenzoic acids, ペルラトリン酸類/perlatolic acids, マングローブ林/mangrove forest, リオ・サン・フアン県/Río San Juan, リバス県, レオン県(ニカラグア), 二次代謝産物/secondary metabolite, 呈色反応/chemical reaction, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 安息香酸類/benzoic acids, 山地/mountains, 新産種報告/new record, 森林/forest, 樹状地衣/fruticose lichen, 沿岸域/coastal area, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforest, 生物多様性調査/biodiversity survey, 痂状地衣/crustose lichen, 紫外線蛍光/UV fluorescence, 菌類相調査/mycofloristic survey, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatographyWeitere Flechtenfunde aus Nicaraguaニカラグアから30種の地衣を新産種として報告した。新産種はリオ・サン・フアン県、リバス県、グラナダ県、レオン県などの熱帯雨林やマングローブ林などから報告された。各種について分布域、呈色反応、地衣成分などに関するコメントを付した。Byssoloma chlorinum■ / Byssoloma discordans■ / Cryptothecia phlyctidiformis■ / Graphis conferta■ / Graphis farinulenta■ / Graphis furcata■ / Graphis ovata■ / Lecanographa lyncea■ / Lecanora argentata■ / Lecanora coronulans■ / Lecanora helva■ / Malmidea furfurosa■ / Malmidea leptoloma■ / Pertusaria dehiscens■ / Pertusaria flavens■ / Pertusaria sinusmexicani■ / Pertusaria tetrathalamia■ / Phaeographis caesiodisca■ / Phaeographis epruinosa■ / Pyrenula chilensis■ / Pyrenula confinis■ / Pyrenula globifera■ / Pyrenula microcarpa■ / Pyrenula micromma■ / Pyrenula quassiicola■ / Pyrenula thelemorpha■ / Ramalina alludens■ / Ramalina subcalicaris■ / Tapellaria albomarginata■ / Thalloloma hypoleptum■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Lecanorales/チャシブゴケ目_Pilocarpaceae/ピロカルポン科_Arthoniomycetes/ホシゴケ菌綱_Arthoniomycetidae/ホシゴケ亜綱_Arthoniales/ホシゴケ目_Arthoniaceae/ホシゴケ科_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Ostropales/オストロパ目_Graphidaceae/モジゴケ科_Graphidoideae/モジゴケ亜科_Lecanographaceae/レカノグラファ科_Lecanoraceae/チャシブゴケ科_Malmideaceae/マルミデア科_Pertusariales/トリハダゴケ目_Pertusariaceae/トリハダゴケ科_Eurotiomycetes/ユーロチウム綱_Chaetothyriomycetidae/ケートチリウム亜綱_Pyrenulales/サネゴケ目_Pyrenulaceae/サネゴケ科_Ramalinaceae/カラタチゴケ科
R3-05968ポーランド産Caloplaca soraliferaについて2012Acta Societatis Botanicorum Poloniae2012年の論文/published in 2012, Acta Societatis Botanicorum Poloniae, カルパティア山脈/Carpathian Mountains, ポトカルパチェ県/Podkarpackie, ポモージェ県/Pomorskie, ポーランド/Poland, ポーランド新産種/Poland_new record, マウォポルスカ県/Małopolska, マゾフシェ県/Mazowsze, ヴァルミア=マズールィ県/Warmian-Masurian, 切片/section, 収蔵標本/stored specimen, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新産種報告/new record, 痂状地衣/crustose lichen, 石灰岩/limestone, 誤同定/misidentificationNote on Caloplaca soralifera (Teloschistaceae, lichenized Ascomycetes) in PolandCaloplaca soraliferaをポーランド新産種として報告した。本種はポーランド国内の7ヶ所で採集され、主にコンクリートに発生し、稀に石灰岩にも発生していた。本種の記載文を掲載し、類似種との相違点などを記述した。Caloplaca soralifera■Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Lecanoromycetidae/チャシブゴケ菌亜綱_Teloschistales/テロシステス目_Teloschistaceae/テロシステス科
R3-05967ベネズエラ産のアナモルフ菌の新種、Pyriculariopsis formosa2008Mycotaxon2008年の論文/published in 2008, Clusia属, Mycotaxon, アナモルフ菌/anamorphic fungi, バルガス州, フクギ科/Clusiaceae, ベネズエラ/Venezuela, リター菌/litter fungi, 新種記載/new species, 森林/forest, 検索表/identification key, 熱帯域/tropics, 熱帯林/tropical forest, 熱帯雨林/tropical rainforestA new anamorphic fungi from Venezuela: Pyriculariopsis formosaベネズエラ、カラカスで採集されたアナモルフ菌の一種を検討し、Pyriculariopsis formosaとして新種記載した。本種はClusia roseaの腐朽葉に生じ、分生子柄が直立して分枝せず、分生子が2つの暗褐色の細胞とほぼ無色の細胞からなり5-7隔壁を有することなどで特徴づけられた。Pyriculariopsis属全種の検索表を掲載した。Pyriculariopsis formosa★Ascomycota/子嚢菌門
R3-05966中国南部産の広義Aleurodiscus属菌3新種2018MycoKeys2018年の論文/published in 2018, MycoKeys, TreeBASE, イネ科/Poaceae, コウヤクタケ類/corticioid fungi, タケ生息菌/bambusicolous fungus, リター菌/litter fungi, 中国/China, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 広西チワン族自治区/Guangxi, 新種記載/new species, 材生息菌/lignicolous fungus, 検索表/identification key, 江西省/Jiangxi, 貴州省/Guizhou, 雲南省/YunnanThree new species of Aleurodiscus s.l. (Russulales, Basidiomycota) from southern China中国南部からAleurodiscus bambusinus、A. isabellinus、およびA. subroseusの3新種を記載した。3種はそれぞれ江西省、雲南省、広西チワン族自治区・貴州省で採集され、タケの枯稈や材に発生し、担子胞子は2種が平滑で1種が小刺状であった。中国産Aleurodiscus属26種の検索表を掲載した。Aleurodiscus bambusinus★ / Aleurodiscus isabellinus★ / Aleurodiscus subroseus★Basidiomycota/担子菌門_Agaricomycotina/ハラタケ亜門_Agaricomycetes/ハラタケ綱_Russulales/ベニタケ目_Stereaceae/キウロコタケ科
R3-05965中国北東部産の岩上生Circinaria属地衣1新種2019The Bryologist2019年の論文/published in 2019, The Bryologist, TreeBASE, 中国/China, 二次代謝産物/secondary metabolite, 二次構造/secondary structure, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 切片/section, 呈色反応/chemical reaction, 地理的分布/geographical distribution, 地衣成分/lichen compound, 地衣類/lichen, 山地/mountains, 岩上生地衣/saxicolous lichen, 採集地マッピング/collection site mapping, 新種記載/new species, 未記載種/undescribed species, 検索表/identification key, 痂状地衣/crustose lichen, 薄層クロマトグラフィー/thin-layer chromatography, 黒竜江省/HeilongjiangA new saxicolous Circinaria species (Megasporaceae) from northeast China中国黒竜江省で採集された岩上生地衣の一種を検討し、Circinaria laxilobataとして新種記載した。本種は地衣体が帯緑オリーブ色で薄く、小区画が散在し、子器が円形、子嚢に1-2つの楕円形の胞子を含み、側糸が数珠状であり、地衣成分を欠くことなどで特徴づけられた。中国産Circinaria属地衣の検索表を掲載した。Circinaria laxilobata★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Lecanoromycetes/チャシブゴケ菌綱_Ostropomycetidae/オストロパ亜綱_Pertusariales/トリハダゴケ目_Megasporaceae/メガスポラ科
R3-05964分子および表現型データはScedosporium apiospermum、Pseudallescheria boydii、および新種Scedosporium dehoogiiの種としての明確な地位を支持する2008Journal of Clinical Microbiology2008年の論文/published in 2008, Journal of Clinical Microbiology, アナモルフ菌/anamorphic fungi, ウレアーゼ試験/urease test, カタルーニャ州/Catalonia, スペイン/Spain, テレオモルフ_アナモルフ関係/teleomorph_anamorph relationship, デンプン/starch, 分子系統解析/molecular phylogenetic analysis, 医真菌学/medical mycology, 土壌菌/soil fungi, 培養性状/colony characteristics, 庭園/garden, 抗生物質耐性試験/antibiotic resistance test, 新種記載/new species, 最大生長温度/maximum growth temperature, 標本の喪失/loss of specimen, 標本入手不可/specimen not available, 独立種/independent species, 複合種/species complex, 資化試験/assimilation test, 酸産生/acid productionMolecular and Phenotypic Data Supporting Distinct Species Statuses for Scedosporium apiospermum and Pseudallescheria boydii and the Proposed New Species Scedosporium dehoogiiPseudallescheria boydii複合種を検討し、新種Scedosporium dehoogiiを記載した。スペイン、バルセロナの庭園土壌から分離された菌株を本種のタイプ標本に指定した。従来同種でテレオモルフ-アナモルフ関係にあるとされていたS. apiospermumとP. boydiiが明確に別種であることを示した。Scedosporium dehoogii★Ascomycota/子嚢菌門_Pezizomycotina/チャワンタケ亜門_Sordariomycetes/フンタマカビ綱_Hypocreomycetidae/ニクザキン亜綱_Microascales/ミクロアスカス目_Microascaceae/ミクロアスカス科
R3-05963